2000年2月その1
まめもウナギも好きです。 投稿者:megumi@鬼  投稿日:02月01日(火)08時18分29秒

>megumiさんちの少年、それでも今の環境での
>「学校での生活の法則性を学習した」って事は
>ある意味で素晴らしい事だって思うなぁ。
そうなんですよね。彼は凄い努力をしたわけですから。
気分は、猿岩石なんてなんのその、コロンブス並の大冒険だったでしょう。

それで手放しで喜んでちゃダメなんだろうと思うのです。
担当の先生はみなさんそのことはわかっていて
少しずつ許容範囲が広がるような働きかけをして下さっているようです。

学級閉鎖中に、元気な子は教科書の「力太郎」の読みを
練習しましょうという宿題が出ていました。

内容も表現も難しくなっているのですが
なにより分かち書きではなく
しかも「単語」が2行にまたがっていては
彼には読めないことがわかりました。
読みにくいと集中力がそがれてもっと読めなくなります。
間違いを訂正しようものなら、泣き出しました。

分かち書きは(私が)好きでないので単語が意識できるように、読みにくい文節毎に太字にし、
入る(はいる)入れる(いれる)など紛らわしいところはルビをつけて、
一息で読むところを一行にまとめて
少年用の「読む教科書」を作りました。

少年は行を間違えることはないので罫線は入れませんでした。

完全に自信を失っているので、楽しい抑揚をつけて一緒に読んでみました。
せっかくおもしろいお話だから、楽しんで欲しいですものね。


きこりんさんへ 投稿者:megumi@鬼  投稿日:02月01日(火)08時29分53秒

>極々軽い知的障害と極々軽い自閉傾向と診断されました。
軽くても自閉傾向があれば、どうしても経験を学習しにくいですから
小さい間は、検査すれば、知的な遅れがでてくるのはある程度当然なのだと思います。
「経験と記憶の海の中から必要な情報をつまみ出すことが苦手」なのですから。

保育園と療育プログラムが受けられるなんてラッキ〜!!
お仕事との掛け持ちは大変でしょうが、短時間の通いの「プログラム」の回数が少なくても
ヨウスケくんが生活するのに「わかりやすい」保育園・お家にしてあげれば平気だと思いますよ。

きっと、また、いい話が聴けると思って待ってます。(*^_^*)


2月になりましたね 投稿者:ゆきりん  投稿日:02月01日(火)10時44分29秒

昨日、プロバイザーの料金を気にした主人はパソコンを会社に持って
行ってしまい掲示板を見ることができませんでした。
たくさんの書きこみを今読ませてもらいました。

るりさんへ

母子分離の件いい方向に進んでいるようですね。
ほんとうによかった。

並行通園の件は、うちの小2の子の時は、週に1度幼稚園降園後通っていました。
特別な療法をうけていたわけではなく、
特に幼稚園でできにくいことを個人的にしてもらっていました。
のでその時々によってすることは変わっていて
親が希望するこどであったりもしました。
うちは特に手先のことが苦手だったので教えてもらっていたように思います。
ただ苦手なものばかり続くと本人もいやになるので
ときには並行療育してる子と一緒にホットケーキ作りをしたり、
公園でボール遊びをしたりしました。

幼稚園の担任の先生か加配の先生が時々療育の方にも
顔を出して下さって幼稚園・療育・家庭の3者が互いに連絡が取れるような
状態でとても恵まれていたように思います。
できればお願いしてみてはどうでしょうか。

週一度の療育は子供にとっても親にとってもストレス解消の場でもありました。



ぴっぴさんへ

A君のこと気になりますね。
以前行った講演会で同じような話があり
結果を見るのではなくどうしてA君はそんなことをするのかを
先生がわかってあげなくてはいけないと言っておられました。
(目に見えないところをわかってあげるという表現もされていました)
このことも含めて療育に理解のある先生ってなかなかいないですね。
本当は、基本的なことばかりなのに・・・残念です。

保育後の懇談は幼稚園はほとんど全員参加なので残りました。
小1は役員をしていて司会をしないといけないので残りました。
小2は最初の一回だけ参加。
担任の先生にはいつもお世話になっていながら申し訳ないのですが、
でるとやはりいくら子供のことがわかってるつもりでも
複雑な気持ちになります。
もう少し私も成長したら参加するでしょう。


みなさん・ありがとうございます 投稿者:こくっぱの母  投稿日:02月01日(火)12時31分06秒

お礼が遅くなりました。
いろいろありがとうございます。
実は、ひいばあちゃん→次♀→ハカセ→こくっぱと下痢風邪にかかりまして、
それぞれは1日で回復したものの、付き合った母は4日も潰れてしまいました。
このバタバタのおかげで、悩んでるヒマもなく立ち直ってしまった母です。
やはり「悩む」にはそれなりの環境・・・静かな場所と時間が必要ですねぇ。

そんな中土曜日に、こくっぱが通う療育施設の親子教室に参加。
こくっぱは相変わらずプログラムを無視。おまけに施設のすみからすみまで探検。
「無理してはだめ。とことん好きな事をやらせたら、必ず周りが気になる時が来ます。
それに今から探検しとけば、4月から落ち着いて通園できます」
というありがたい先生のお言葉に、好き放題いしているこくっぱです。
おまけに、お弁当もやはり食べませんでした。
「何が食べれるのかなあ」
という先生の問いに、
「麺類なら必ず食べますけど・・・」
と母が答えると、
「大丈夫。それならここで生活できます。いま、果物だけ鱈腹食べてる子もいるし、
おかあさん気にすることないですよ。だいたいこういうタイプの子は、食べなくても
平気なんです。」
う〜ん。なんてすてきな所だ。
やはり、こくっぱにとっては最高の選択でした。
母は2年間、長距離運転手になる覚悟を決めた1日でした。

ただ、顔なじみのお母さんが「うちの子は(障害の程度が)中途半端だから、行き先が
決まらない。うらやましい」と・・・。
どうして、こんなに施設の数が少ないのか。
せめて、各市町村にひとつあれば助かる人が沢山いると思うのだけど。


三つの質問 投稿者:ぴっぴ  投稿日:02月02日(水)12時11分09秒

@megumiさんへ

>分かち書きは(私が)好きでないので単語が意識できるように、読みにくい文節毎に太字にし、
>入る(はいる)入れる(いれる)など紛らわしいところはルビをつけて、
>一息で読むところを一行にまとめて
>少年用の「読む教科書」を作りました。

うちの娘には、学校ではどんな工夫をしていくことになるのか、まだ全く想像がつかないのですが、
↑思いもつかないやりかたに驚きました。
で、ちょっと知りたくて質問なのですが、
今は、すべての読み物にこの工夫をするわけですか?
そしていずれは、工夫なしでできるようにすることに?
それとも大事なことは・・・・
方法は人と少し違っても、子供さんがそれを楽しめることなのかな?

まだ先のことだけど、ちょっと教えてください。


Aゆきりんさんへ

コメントつけてくださってありがとうございました。
前も躾のこと書いてくださいましたよね。
適当に思ったことをここに書き散らしてストレス解消しているような状態の私なので、
間違っていたらすみませんが・・・
以前書き込んでいられた小二の子供さんの様子、気になっていました。

うちも似たところがあります。
能動と受動がひっくり返りやすいし、その場の状態や相手の意志と無関係な発言も
多いです。
随分改善もしてきましたが、これは後々まで残りそうに思っています。
何をしたら、今としてのよりよい対応になるのだろう・・・と思っていますが、
手つかずです。
何か工夫があれば、是非教えてください。

あと、うちの場合、周りもまだ4歳、5歳なので、ちょっと?と思っても、
よくわからないのだろうなあと思っています。
ゆきりんさんの子供さんにそれが少し残っていてもなお、友達と遊べている
ことを聞き、ちょっとうれしくなりました。

講演会にもよく行かれているそうで、そんな話もまた教えてくださいね。

BMさん、皆さんへ

私は記憶力もあまりよくなくて、みなさんの書き込みを読んでいても
すぐ’このうちは何歳だっけ?’とか、’確かこんなこと言ってたのは○○さん?’
とか混乱します。
過去ログ調べるのもあまりまめなほうではなくて・・・
で、質問なのですが、
過去ログを人名とかで検索して読むことってどうやったらできるのでしょう?
そういう機能をつけてくださると、一番いいのだけど・・・。
過去ログを久々に読むと、オオ、こんなこと言ってる〜!!と、自分の発言に
驚く私としては、是非知りたいのですが・・・・。


私も思ってたんだけど 投稿者:ウルトラの母  投稿日:02月02日(水)14時24分49秒

>すぐ’このうちは何歳だっけ?’とか、’確かこんなこと言ってたのは○○さん?’
>とか混乱します。
>過去ログ調べるのもあまりまめなほうではなくて・・・

Mオーナー、『常連さんプロフィール一覧表』なんてもの持ってません?
<SMALL>・・・こっそりちょうだい♪

え? 持ってない?
じゃあ、作る?

http://www.hello.co.jp/~say2000/


下に同じ〜! 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月02日(水)14時48分30秒

書き込みしてる方たちの子どもさんの年齢とか、
私も知りたくなること、しょっちゅうです。
過去ログ見返すのも大変だし・・・(^_^;)

だから<small>『常連さんプロフィール一覧表』・・・ほしいなぁ・・・

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


しばらくお待ちを 投稿者:  投稿日:02月02日(水)18時47分13秒

ぴっぴさん
>過去ログを人名とかで検索して読むことってどうやったらできるのでしょう?
>そういう機能をつけてくださると、一番いいのだけど・・・。
 
 infoseekで作ってみたけど・・・。
 
 ここ
      
 掲示板過去ログをUPしているプロバイダにはtop(index)ページを作ってい
 ないので、さっき優先巡回検索ロボットにkako.htmlで登録してきたのだけど、
 これでもリンクしたページを検索してくれるかどうかは不明。

 まあ。取り敢えず1週間ぐらい待って、だめなら全ページ登録してみるね。
 もう少し待ってね。
 

ウルトラ玲&朝倉の母さん  <んっ??

>Mオーナー、『常連さんプロフィール一覧表』なんてもの持ってません?
 ・・・こっそりちょうだい♪

ははは、そこまで気が合うかねぇ、お二人さん・・・。
残念でした〜〜〜!!
プロフィール一覧表はMの頭の中にインプットされてるの!!
           <あ、今二人声を合わせて
             「うそだ〜〜、そんなはずないって言った?」

そうねぇ、したい人だけが自己申請できるようにすればいいのだけど、CGI使えないし、
どうしようねぇ。何か良い方法ないかな・・。
項目は、子の生年月、ニックネーム、兄弟の有無、親のニックネーム、親の年齢ぐらい?

  うそうそ、今、親の年齢って書きかけた時、某○○○さんあたりから、
  「やめて〜〜」って声が・・・・。


そりゃそうですよ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:02月02日(水)22時52分53秒

>ははは、そこまで気が合うかねぇ、お二人さん・・・。

 だって私と玲さん、親も年も違う双子の姉妹なんですもん。
 ムネの大きさで見分けるの。
 わかる人にはわかる話題でした。
 すみません。


>そうねぇ、したい人だけが自己申請できるようにすればいいのだけど
>何か良い方法ないかな・・。

全員同じ様式でメール送って1つにまとめて転送ってのは、面倒かしら〜?
(何百人という数でなければ、そんなに苦労しないと思うのですが)

  例えば、1.HN
      2.こどものニックネーム
      3.こどもの生年月(満○才)
      4.療育先(××施設とか、保健センターの「遊びの教室」とか、家庭で・・とか)
      5.診断名とか普段の様子とか
      6.家族構成など(省略可)
      7.その他にも書きたいこと(省略可)

    こんな順番だと私は分かりやすいんだけど。皆さんはどうてしょう?

過去ログ調べればバレバレなんだけど、一応プライバシーと言えばプライバシーだし、
プロフィール公開してもいいよという人同士での交換・・・という範囲にしてもらいたいなぁ。
この『幻のXファイル』を入手したいがために、シャイなROM組さんからも名乗りがあるかも♪

・・・なんて、一人で盛り上がっちゃってる?
こりゃまた、失礼しました〜(←誰か私を止めてください)

http://www.hello.co.jp/~say2000/


いっそ 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月02日(水)23時30分59秒

データ専用掲示板をもう一つ作るとか。
そこには、親の名前(ハンドルネーム)と子どもの年齢、ニックネーム、
家族構成(あるいは兄弟の有無)と
子どもの紹介を書いてもらう・・・ってのは、どうかしら?
で、それ以外のことを書いていた場合は、管理人の権限で削除したり、
屋根裏部屋の方に書き込みを移す、とか・・・

でも、それでは、Mさんが大変かな? (^_^;)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


あ、ウルトラの母さんも書き込んでいた 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月02日(水)23時35分17秒

う〜ん、やっぱり私たちは親も年も違う双子の姉妹・・・(爆笑)

そうね、メールでのXファイル作成と言うのも、悪くないな。
ただ、新人さんが増えてきたら、またその都度作り直さなくちゃならなくなるかも。
でも、掲示板だとやっぱりプライバシーの公開になっちゃうから
二の足踏む人も多いだろうしねぇ。

誰か、名案はありませんか・・・???

あっ、データの項目は、ウルトラの母さんが言っているので良いな。
分かりやすいです。(^^)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


名案を・・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日:02月03日(木)09時28分00秒

ありがとうございます。
うーん、でも私はそんなに大それたこと、言うつもりではなかったのだけど。
プライバシーをどこまで公開するかは、それぞれで事情が違う
と思うので、一律に形式を決めるのはまずいかもしれないし。

で、過去ログがもっとサッと読めるようになればそれでいいかな?と。
どうでしょうねえ。
(でも、Xファイル案 も、盛り上がりとしては興味ある〜う!)

Mさん、infoseekでやってみたけど、さっぱりだった・・・!
私のやり方がだめなのかなあ?


ついに、 投稿者:とら[父・3.3・♂・傾]  投稿日:02月03日(木)10時16分41秒

家内から「療育口出し禁止例」が出てしまいました。皆さんの忠告を守らず口を出していたため
家内が切れてしまったようです。父親は接する時間が少ないしボケてる方がましなのかも。
トホホ...


とらさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月03日(木)14時00分20秒

>ついに、家内から「療育口出し禁止例」が出てしまいました。

かくなる上は、しばらくの間、じっと我慢の子になって(ふ、古い・・・苦笑)
奥様に全てを任せるしかないでしょう。
今、じたばたすると、かえってこじれますよ。

奥様には、「援助者(サポーター)」が必要なのですよ。
批評家ではなくてね。(^_^;)
いまは、あえてじっと奥様のやり方を見守って上げて下さい。
奥様を信用して。
そうすれば、そのうちにきっと、口出し禁止令も解けて、とらさんの出番がでてきます。
その時こそ、とらさんの本領を発揮して下さい。

子どもには、お母さんは2人も必要はないんです。
お母さんとお父さん、それぞれに違っているからこそ、いいんです。
違っているから、関わり方も違ってくるもの。
焦らず、お父さんの出番を待っていて下さい。
大丈夫。きっと、お父さんが必要な日がやってきますから。(^^) 

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


とらさんへ その2 投稿者:こくっぱの母  投稿日:02月03日(木)14時18分43秒

このさい、奥様が夢見るタイプなら花束を、
実用主義社ならまんじゅうでも買って、
「大変失礼致しました」
と頭の一つでも下げてみられたら・・・。
私?ウィスキーが好きです。

とにかく、大変なんですよ。日常生活てやつは。
療育だけしてちゃあ、生活できんでしょ。掃除、洗濯、家事・・・やる事は一杯です。
育児書どおりに子どもは育ちません。
どこの子だって「♪さ〜んぽすすんで、にほさがる〜」てなもんです。(もっと古いぞ)
昨日の姿ではなく、半年ぐらい前と比べて「成長したなあ」って感動してあげてください。

>大丈夫。きっと、お父さんが必要な日がやってきますから。(^^) 
私もそう思います。


節分 投稿者:ゆきりん  投稿日:02月03日(木)16時18分18秒

とらさんへ
はじめまして。
うちも小二の男の子、一人っ子なんですよ。
で、どうしても子供のできない所に2人とも目がいってしまうんです。
そこで同じ意見なら問題ないのですが・・・
うちは今いろんな過程をへて、ようやく同じ意見を持ち
子供に接することが出来るようになってきました。
今は奥さんとぶつかり合うこともあるかと思いますが、子供のことできっと
夫婦の絆が強くなると思います。
あせらずにね。

今日は節分なので豆まきをしてみて下さい。
おとうさん、鬼の役っていうのはどうですか。

ぴっぴさんへ
ご存知かと思いますが、能動受動を逆にした時は、
正しい言葉の使い方を教えてあげるという方法をとっています。
そうすることによって本人が正しい言葉に言い直すんです。
もう随分前からしてるんですが、
改善しそうにありませんが・・・気長にいきます。

状況にあった話ができないことに関しては、過去のログでMさんが具体的に書いて
下さっていますのでぴっぴさんも参考にされてはどうですか。

そろそろ夕食の用意をする時間になってしまいました。
今日は、我が家は手巻き寿司をします。
節分も地域によっていろいろ違うんでしょうね。




よれよれです 投稿者:るり  投稿日:02月03日(木)17時37分28秒

こんにちは、るりです。

書き込みしたいことはたくさんあるのですが、3日前から風邪をひいて、よれよれです。
インフルエンザではなさそうなので安心いたしましたが、いつものより、ひどくって
病院でもらった薬もあまり効き目がありません。

今朝なんか、朝食はカロリーメイトと牛乳だけですよ〜。いいかげんですよね・・・
小さい子供がいると、寝てばっかりというわけにはいかないので、正直いって辛いものが
あります。何かいい民間薬というものはないでしょうかね。季節が違うので手に入らない
のですが、咳止めには、すりおろした梨の汁をハチミツを少し足して、お湯で割って飲む
と良いというのは、秋に薬屋さんで聞きましたが。


はちみつ大根 投稿者:ウルトラの母  投稿日:02月03日(木)19時14分45秒

大根を薄く輪切りにしてはちみつにつけて、翌日その上澄みを飲むというのをうちの母が
やってました。
母は良く効くと言ってましたが、一晩おくというのがせっかちな私には合わず、
まだ試した事がありません・・・。
私もインフルエンザから立ち直りつつありますが、やはり咳きが長引いています。
ピタッと止まる薬、欲しいです〜。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


咳止め 投稿者:しまの母  投稿日:02月03日(木)19時50分30秒

香辛料のタイム(粉になったやつ)をたくさんお湯に入れてうがいする、
というのを聞いた事があります。料理にたっぷり使うといい、というのも。
でもどっちもヨーロッパの民間療法です。
日本の味付けには合わないような。

アメリカの薬屋で処方箋無しで簡単に買える咳止めが
おや、と思うほどよく効くけど、はっきりいって「なめる局所麻酔剤」です。
咳風邪の最中これで乗り切りました。
ほしい人に送って上げますけど、
なんかの法律違反になりますか?


シソ湯 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月03日(木)20時04分06秒

私ももう3週間以上、ず〜っと咳が止まりません。
気管支炎になっていますね。(^_^;)
でも、熱もないし、体がだるいわけでもないから、
ショウをウィルスうようよの病院に連れて行ってまで診察を受けよう、
と言う気にもならないんですよね。

咳止めにはなりませんが、熱があるときや、熱の引き際に効くのがシソ湯です。
梅干しに入っているシソを茶碗にとり、熱いお湯を注ぐだけ。
シソには解熱作用があるし、熱で失われたナトリウムも水分も補給できるので、
実は理にかなった民間薬なのです。
梅干しに熱い番茶を注いだものでもOKですね。

私は、市販の風邪薬を飲んでいたらある程度咳もおさまってきたのだけど、
その薬がなくなって、買い置きの別な薬にしたら、また咳が復活してしまいました。
いろいろあるけど、やっぱりピリン系の薬の方が効くのかな〜・・・(^_^A
よく効く咳止め、私も欲しいです。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


あら 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月03日(木)20時12分51秒

下のを書き込んでいる間に、しまの母さんが書いてらした。
なんか、打てば響くようなお返事になっていたような・・・(笑)

「なめる局所麻酔剤」・・・(^_^;)<たらり
この際、欲しいような気もするけど、でも、ホントに何かの違反になったりして・・・。
やっぱり、やめといたほうが良いかな。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


いいかもしれない 投稿者:るり  投稿日:02月03日(木)21時27分38秒

こんにちは、るりです。

症状を書くのを忘れてました。
鼻水、鼻づまり、涙目、プラス身体に力が入らないです。熱は下がりました。

今回は咳はそんなにひどくなかったのですが、私も子供も気管が弱く、息子はケンケン咳を
よくやるので、1度、皆さんの療法もためしてみたいと思います。ありがとうございました。

余談ですが、私の偏頭痛には「イブA錠」が一番効くような気がします。
こんなこと書いていいのかわからないけど、まずかったら削除をお願いします。


羅漢果ってしってます? 投稿者:ひいろ  投稿日:02月03日(木)22時15分39秒

羅漢果は、中国ではぜん息の民間療法として使われているようです。
ドラくん、ちょっと風邪をこじらせるとぜん息のぜいぜいがででしまう体質で
何かいいのないかなぁって探してた時に、私の父が飲んでいたのが
羅漢果キュープというもので・・・
角砂糖になっていて、普通と甘味料と同じように使用するのですが
うちはコレを毎日カモミールティーに入れてお風呂上がりに飲ませてます。
甘いからドラは大好きで、熱があるときもコレなら飲みます。
私も喉が痛いときに飲んだ事がありますが、甘ったるくなくて
痛いところがちょっとすーっとする感じでした。

私はいつも両親に中華街から買ってきてもらってるのですが(1箱\400)
スーパーでも甘味料として売られてますよ。(カロリーが少ないらしい・・・)
多分、100%のものなら効果は同じじゃないかなって思います。
よろしかったら、お試し下さい。


鼻づまりの時 投稿者:ウルトラの母  投稿日:02月03日(木)22時45分06秒

ティッシュを丸めて両方の鼻の穴に詰めちゃうのって、私だけ?
でもこうやってしばらくすると、詰まってた鼻がグジュグジュになって、
鼻かむとスッキリするんだけど・・・私だけ??

風邪の引き始めでノドが痛いとき、刻んだネギとおろし生姜に味噌を加えてお湯でといた
ものをよく飲みます。

我が家はインフルエンザで母子3人やられてしまいましたが、父だけは無事だったんです。
ゾクゾクッて来たらすぐに葛根湯を飲んでました。(←最近のマイ・ブームらしいです)
色んな製薬会社から出ているけど、微妙に味が違うって言ってました。
まるで葛根湯マニアのようです。


それから、『羅漢果』知ってますよ〜
近所の大型スーパーのレジの横に置いてある。
こっちではTVでCMもしているんだけど、やはり地方版CM?

http://www.hello.co.jp/~say2000/


アドバイスをお願いします 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月03日(木)23時56分06秒

今夜は、私たちの知人の息子さんのことでお尋ねしたいことがあります。

彼は、現在3才10カ月。
私たち夫婦の知人である父と、母と、3人暮らしです。
言葉が遅れていると言うことで、以前からたまにうちに連絡があったりしたのですが、
つい先日、自閉症の診断を受けたのだというメールが届きました。
診断を受けたのは、自閉症専門の療育教室のある病院で、県でも一番くらいに有名なところです。
(現に、私たちもショウの自閉傾向を心配した心理判定員さんに、何度もそこを紹介されました)
ただ、それ以外にも2,3箇所で診察を受けたようで、そこでは自閉症とは言われなかったようです。

彼の症状としては、
・言葉が出ない。ママ、パパ程度。
・おむつが外れない。
・親の言葉が良く理解できずに会話が一方通行。
・鍵など特定のものに異常なこだわりを見せ,取り上げるとパニックを起こす。
・電話が鳴るとドライバーを持ち出すなど変な習慣がついている。・・・等々

ですが、知人夫婦は、どうも自閉症とは違うのではないか、と感じているようなのです。
その根拠が
・人に関心を示す。
・人と係わり合いを持とうとする。
ということのようです。
このほかにもあるのかも知れませんが、
当人たちがまだ自閉症をよく知らず、現在いろいろな情報を集めているところなので、
今は、これくらいしか思いつかない、と言うことでした。

療育に関しては、診断を受けた病院で、月2回の療育プログラムを受けているほか、
自閉症の親の会にも所属して、情報収集を始めているところのようです。

メールを通じて、この掲示板を紹介し、相談してみては、と誘ったのですが、
ご自宅のパソコンがインターネットに通じていない上、
メールも会社からこっそり書いて送っている状態のようなので、
独断ながら、私がこの場で相談してみることにしました。

このご夫婦に対して、どのようにアドバイスをするべきでしょうか?
うちのショウの3才10カ月の記録を見返してみたのですが、かなり状態像が違っていて、
私から直接アドバイスをすることは出来そうにないのです。
でも、少しでも早く、彼らに知ってもらわなくてはならないことがあるような気がしてなりません。
私の直感なのですが・・・。

彼らが息子さんをどう把握するべきか。
息子さんのために、どうしていくのがベストか。
何かアドバイスがありましたら、お聞かせ下さい。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

p.s.
 私は、ショウを診てもらっているM病院を紹介しました。
 私に出来ることはそのくらいなのです。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


infoseekに、 投稿者:  投稿日:02月04日(金)00時00分08秒

 全ページ登録しました。
ロボットが来てくれるか心配ならそうするようにって書いてあったもので・・。(;^_^A 

ことばの教材室も同じプロバイダにUPしてあるのだけど、そちらの方は既にロボット
さんも来てくれているようで、「ゲームコーナー」と打ち込んだら、教材室のページが
沢山呼び出されました。

もう1週間もしたら、使えるようになると思います。
Xファイルの方は、その結果を見て、問題のない方法をゆっくり考えましょうか?


うわぁ! 投稿者:megumi  投稿日:02月04日(金)02時43分31秒

ちょっと覗かないと、またまた怒濤の書き込みですね。

少年(小二・高機能自閉症)が妙に落ち着きがあると思ったら、
インフルエンザでした。
この頃は自分から「頭がぁ〜」と自覚症状を訴えるようになったので
助かっています。

ぐったりしているので、「しんどいねぇ」と近づくと
離れろという仕草をしながら、「うつるよ」といいました。
「お母さんは大丈夫よ。……たぶん」というと
彼は「ほんと?お母さん、お熱にならない?」
(T_T)なんて優しい子でしょう。
(幸いもう解熱しました。)

でも、「来る・いく」「あげる・もらう」などは間違えています。
もう何年も、そのつど私が言い換えてはいますが、
(言い直しは本人がするときとしないときがあります。
言い直しを促すことはもうやめました。)
友達も家族と同様、場面に応じて少年の言いたいことをくみとっているので
大人が思うほど、今のところは、不自由はなさそうです。

ぴっぴさん>
「読む教科書」は思いつきです。(^_^;)
1年生の「おむすびころりん」の時は本読みが好きで
少年が歌うように判読した後、クラス全員で読んで大好評だったのに
どうも、その頃の自信を失っているなあとは思いつつ、そのままになっていました。

「力太郎」は、おもしろい話なのに内容を楽しむところまで行けないのがもったいないなぁ、
じゃあ、これならどうかしら、と思いつきで作ってみただけです。
大胆な「たしませいぞう」の絵に、文字が押しやられているのも、
少年にとってはよみにくいのかなぁ、とか思って。

2年生のはじめの頃に、算数の教科書の計算問題に、直接答えを書き込むように言われて
パニックを起こしました。
先生は、すぐに「ノートに書きたい人は、そうしてもいいよ」とフォローしたのですが
自分で、「がまんして教科書に書くのか」「ノートに式も写して計算するのか」
どうしたらいいのか解らなくなって、何もかも中途半端。
そうなると、鉛筆で自分の顔や手をちくちくする自傷も出たのだろうと思います。
そういういきさつが連絡帳に書いてあったので、
これもまた思いつきで、少年に
「教科書をコピーして、『かいてもいい教科書』を作ろうか」というと
この案が結構気に入った様子だったので、
その単元だけコピーして表紙もつけて持たせました。

先生もこの案を使って下さって、様子を見ながらコピーを用意しておられたのですが
年明けに教科書に平気で書き込んだそうです。

こういうことは私の趣味なのだと、わかって下さる先生でよかったと思いますよ。

とらさん>
切れた奥様を許して下さい。指図されるのは嫌だけど、愚痴る相手は欲しいのですよ。
勝手なことをと思うかも知れないけれど、
「僕が何か言ったら、君は怒るじゃないか、だから、もうそんな話はやめよう」とは
言わないで下さいね。
奥様、一人で全部背負わなくちゃいけないと誤解なさったら大変。

あ、これは、うちの話でした。思い出してしまって。。。。。。

玲さん>
「自閉症」と診断されても納得できないのは、
「自閉症」=絶望的な状態という気持ちがあるからかもしれないですね。

毎日、母子通園していても納得していない方はいたし、
そのまま、保育園や幼稚園に出て行かれる方もいたから
こればっかりは、周りがどうこういっても難しいというのが
これまでの経験です。
わたし、すっかり嫌われたこともあるもの。

自閉症かどうかはちょっと\(・_\) (/_・)/オイトイテ
「コミュニケーションの育ちにくい子ども」とつきあう方法を考えることの方がいいかも。
日々の生活に直接影響が出てくるでしょうから。
親の言葉かけが「意味」を伴っていないなら、「現物」や「絵」をつかうというのは
玲さんが、以前ここにも書かれていましたよね。
そういう形のコミュニケーションが積み重なって言葉につながることはあっても
害にはならない、ということは言って差し上げたいですね。

ひいろさん>羅漢果、ローカロリーなの〜。明日、買いにいこっと。
カリンの蜂蜜漬けはどう考えても太るから、辛かったのですよ。

http://village.infoweb.ne.jp/~tinker/


色々 投稿者:ぴっぴ  投稿日:02月04日(金)11時15分45秒

megumiさん、ゆきりんさん、お答えありがとうございました。

言い直しは、うちも本人がやるときとやらないときがあります。
(もっと小さいときは、言い直しは禁止、って言われませんでした?)
何かとうるさいおかあさん、のイメージを植え付けないように気をつけつつ、
(すでに危ない・・・!)
たった一人で奮闘するのは大変です。 とらさん。

「力太郎」はうちの坊主もこの間までやっていました。
「本読み」を家で10回ぐらいは聞かされたでしょうかね。
のっしじゃんが、のっしじゃがんが・・がとても気にいって一緒に聞いていた娘ですが、
この長文を自分で読めて楽しめるようになるには・・・あまりにもハイレベルだよなあ・・と
思っていました。
そうか、’工夫できる母’、でなければならないのですねえ。
うーん、先は長い・・・・・。


ゆきりんさん、
>状況にあった話ができないことに関しては、過去のログでMさんが具体的に書いて
>下さっていますのでぴっぴさんも参考にされてはどうですか

これこれ、↑こういうのが、見つけられないのですウ〜。
でもこれは、最近でしたね。忘れやすい私は、メモメモ!
これを参考に、我が家風の具体案を練ってみたいと思いますが・・・むずかしいー!

玲さん、
ご友人夫妻が今望んでいられることは何なのでしょう?
自閉症という診断を覆したいのか、
それとも自閉症の療育をもっと知りたいのか?

自閉症のある一部を持っているのでは?、とどんなに訴えても
「自閉症(狭義の?)でないことだけは保証するから」
と言われてしまううちですが、
megumiさんの言われる「コミュニケーションの育ちにくい子ども」
であることは間違いなく、
私が欲しいのは、’自閉症でないことの安心感’ではなく、
’そのために、私は、何を援助してあげられるのか’、という確かな情報なんです。
その指針を決めるためとして必要な診断名なら、私なら欲しい。

今出た診断があっているかどうかに終始するのではなく、
療育プログラムを受けたり、情報を集めて子供とのよい関わり方を見つけていく
ことを、スタートできたこと、まずそれが大事なのではないでしょうか?

いろんな方のHPを見ていても、
その積み重ねが成長を促すのは確かなような気がしますもの。
そして、自閉症であっても、変化、成長をする例はたくさんあるようで、
一度は絶望はしても、だんだん希望も見えてくるかもしれませんよ。

>彼らが息子さんをどう把握するべきか。
は、みんな時間を掛けて、子供の成長とともに、
それぞれに感じていく、のだろうなあと思います。私にはこれが一番難しいのですが。(^_^;)


アドバイスできる立場に無いですが 投稿者:とら[父・3.3・♂・傾]  投稿日:02月04日(金)12時10分40秒

>玲さん、
いつも相談ばかりの私でアドバイスできる立場には有りませんが、自閉症に関する理解で、
だれもが通る3段階が有ると思います。第一段階が自閉症を「ネクラ、オタク」のように考える
知識の無い段階。そして次が自閉症だけが障害児で、そのスペクトルはそうではないから、
なんとか自閉症とだけは診断されないで欲しいという誤解のレベル。そして「それらはすべて
同じスペクトルに属し、一人一人が皆違って当然で、あてはまらないような症状も有るという
事を理解できる段階。やはり段階を経てご本人達がじっくり理解していくというのが最善と
思います。家内は療育センターに訪れた医師の講義の中で「誰一人とも視線をあわせなかったり、
関わりを持とうとしない自閉症児は反って希である。」「異常な行動等が時と共に収まっても
障害が無かった・直ったと勘違いしない事」というのをはっきり言われたといっています。
ぴっぴさんの書かれた事と全く同じですが、私自身は家内に現実を受け入れさせ、今すべき事を
伝える際にこう言いました。「症状の名前がどうのということではなく、少なくとも言葉を
中心とした発達が、放っておいても成長するタイプではなくアシストが必要な子のようだ。
療育方法のいくつかは障害のある人に有効なものだが、仮に障害が無かったとしてもそういった
アプローチをしていく事が悪い事であるはずはない。そして仮に障害が有った場合でも有効な
療育をしていけば、普通に生活していく事も十分可能だし、結婚したり、大学に進んでいる
人もいる。その為にも有効な療育を積極的に行なって成長を促していこう。ただし理解の仕方や、
本人の感覚に普通の人とは若干違うことがあるかもしれず、それを否定せずに受け入れて理解
していく必要はこれからも有ると思う。」


(無題) 投稿者:こくっぱの母  投稿日:02月04日(金)12時13分26秒

朝倉さんへ
>言葉が遅れていると言うことで、以前からたまにうちに連絡があったりしたのですが、
>つい先日、自閉症の診断を受けたのだというメールが届きました。

今つらい時でしょうね。でも、そのお子さんはこくっぱと似ているような気がします。
こくっぱも、目が合うし、2才半頃から人に関心を示す様になりました。たとえば、
保育所でお気に入りの子を指で「つんつん」触ったり、追いかけっこをして遊べるよ
うになったり。でも自閉症です。
ただ、私がお医者さんに言われている事は、「診断名にこだわるより、現在の子どもの
状態をしっかり把握して、丁寧に関わる事が大切だ」ということです。
自閉症という言葉がもつ響きは、誤解とショックを生み出す気がします。これを乗り越
えないと次に進めないかもしれません。
もし、私で役に立てば声をかけて下さい。
うちにはハカセとこくっぱという生きた見本がおりますので。


「心の・・」を読みました 投稿者:こくっぱの母  投稿日:02月04日(金)16時43分41秒

ハカセの「ごっこ遊び」は確かに普通と違います。
兄弟でおままごとをしていて、すごく「うるさい」んです。

それぞれおかあさんとか、赤ちゃんとか役割を分担するところまでは普通ですが、
いざ始めると別の役の動作やセリフまで指示し、どうして今自分がこうしているかを
全部説明しながら遊ぶんです。
(赤ちゃん役になって)「今、お腹がすいてきたよ・・・バブバブ」
「おもちゃで遊ぼうと思ってるよ・・バブバブ・・お母さんはおもちゃをわたして」
という風に。赤ちゃんなら「バブバブ」だけいいながら、相手の出方で遊べると思うのですが。
とにかく、台本のト書きまで全部聞かされてるようで、とにかくウルサイ。
「心の・・・」を読んで、なんとなく謎がとけたような気分です。
こんなハカセを我が家では「演出家」と呼んでいます。
人生が台本道理に送れるのなら、何の問題も無いんでしょうが・・・。


難しいなあ 投稿者:ちびくまママ  投稿日:02月04日(金)17時34分15秒

玲さんの知人の方は、今、「自閉症」という診断を受けて
大揺れなんでしょうね。親としてなんとかしてやらなければ」と
いう理性と、「我が子に限って自閉症であるはずがない」という
感情がせめぎあっている状態のように思えます。
きちんとした診断を受けた親が通る、当たり前で、一番辛い
段階ですね。

私に限って言えば、そういう段階にあったときは、どんな症例を示されても
「でも我が子とはここが違う」という逃げ道を無理矢理にでも探しだしていたし、
反対に「大丈夫」とか「自閉じゃないんじゃないの」と言われると、
「何もわからないくせに無責任だ」と憤っていました。

友人に「自閉症という診断だった」というメールを送り付けるのも、
アドバイスを期待しているというよりは、他人にその事実をしらせることで
自分の気持ちを整理しようとする部分のほうが大きかったように思います。

本当に診断の客観性、正確さに疑念があって情報が欲しいのなら、今は
優れた書籍も、インターネットサイトも山ほどあるので、それを紹介して
あげればすむことなのですが、「こんなに可愛い我が子が障害児であるなんて
信じられない、納得出来ない」という気持ちから出てきている「情報集め」
ならば、他人がしてあげられることは殆どありません。「自閉に間違いない」
という意見も「自閉ではない」という意見も親を傷つけるばかりだからです。

他の皆さんもおっしゃっているように、まず、本人の気持ちの整理が
つくのを待つしかないような気がします。本人も、見ている周りも辛いけれど、
ここを自力で乗り越えないと、いつまでも我が子の状態に真っ正面から
向き合えないと思うのです。

私が僭越にも玲さんにアドバイスすることを許してもらえるとしたら、
アドバイスをするよりは聞き役に徹してあげて、ということかしら。
もし何か言ってあげたいのなら、「診断を受ける勇気をもったこと」と
「子供のために療育の一歩を踏み出したこと」を褒めてあげて欲しいのです。

そのお子さんが本当に自閉症であるかどうかより、今大切なのは
親が最初の一歩を踏み出したことだと。そして、子供の診断名が
どうであれ、その勇気は決して無駄にはならないよ、と。
私ならそう言うかもしれません。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


決していない友達の友達 投稿者:とら[父・3.3・♂・傾]  投稿日:02月04日(金)21時56分35秒

よく馬鹿な話をするときに「友達の友達の事なんだけど」といった表現があり、これに対して
「決して存在しない友達の友達」と言うことがありますよね。私が最近思うのは、3、4歳まで
一言もしゃべらなかったのに健常者だったという人が本当にいるのか、ということです。
家内の友達の友達(!?)にはいるそうです。でもそのひとの事は、それ以上わかりません。
3歳までしゃべらなかったけど、そのうちものすごいおしゃべりさんになったアスペさんなら
いると思います。また、親は健常者になったと思ったけど、実は本人はものすごく苦労した隠れ
アスぺさんかもしれません。先日、家内が療育センターで、センターの「OBさんの親のお話会」
が有り、聞いてきたそうです。さて4人のうちの一人は、3歳のときに自閉症と診断された
のですが、その後まったく正常に成長したとの事でした。(もちろん確立がゼロとはいいません)
皆さんのお知り合いにはいるのでしょうか? はたまた決して存在しない「友達の友達」
なんでしょうか...


…… 投稿者:megumi  投稿日:02月05日(土)08時09分41秒

個性的な健常児と障害児との線引きはとても難しいと思うのです。

とらさんも前回のの書き込みで「スペクトル」に触れておられますが
スペクトルの端っこに入るのか入らないのかはほとんど主観の世界になるのではないかしら。
そういう意味で、未就園児の「確定診断」は臨床数の多い医者ほど慎重になるのでしょう。
そして、自閉症かどうかという点に関してのみいうならば、
「言葉の有無」よりは、「相互の有効なコミュニケーションの有無(頻度)」の方が
ずっと大切な点だと思います。

療育センターで出会ったお子さんの中には、
驚くほど(羨ましいほど(^_^;))目覚ましい成長ぶりをみせる方がおられましたし。
「特別なシステムは不要で、ただ親や担任がちょっと気を付けて様子を見ていきましょう」と
いう状態です。
確かに、「suspective」の方は継続して相談できる場所を
確保しておくことが必要なのでしょうが。

というようなことよりも、

とらさん、療育センターにいらして、
他の親御さんや子どもたちにお会いになっておられるのでしょうか?
同じような問題に直面している人に会うというのは、
また、いろんなことを感じたり、考えたりするきっかけになるかと思います。
特に、親の集まりではなく、子どもたち。
実に、多種多様の子供たちでした。
そして、み〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んな、かわいいですよ。(*^_^*)


あっ、そうそう。 投稿者:megumi  投稿日:02月05日(土)08時18分50秒

以前、せっかちな私が怒らせてしまった方のお子さん。
昨春、地元小学校の障害児学級の1年生になったのですが、
療育センターでの積み重ねを学校へ行っても継続して
「噛み癖」がなくなったそうです。
お母さんの手にももう噛み痕はなくて
「よかったね〜〜〜」と一緒に喜びました。
辛い時期を共有した者同士の連帯感はかけがえのないものです。

辛いことを飲み込むには時間が必要なんでしょうね。
良い勉強をしました。


隠れアスペ 投稿者:リンコ(マルハナバチ)  投稿日:02月05日(土)11時07分35秒

Mさんこんにちは。某所でご挨拶いただいた「わらび」が怖かったリンコです。
あのときこちらのアドレスが書いてあったので覗きに来てみたのですが、
ちょうど、「食べ物のありがたさ」の話だったので、
火に油を注いだらいけないと思い、ご挨拶しませんでした。
きょう久しぶりに来てみたら、壁紙が変わっていて、
隠れアスペさんの話になっていたので、これだったら当たり障りなさそうなので
急いでご挨拶してしまうことにしますね。

私は33まで隠れアスペさんだったのですが、
どれくらい苦労をしたのかというのは相対的なものなので、
健常児になってみたことがないからわかりません。
「苦労した」と言うと、親御さんたちは
「うちの子もそんなに苦しむということなのか」と心配させてしまうし、
「大丈夫でしたよ」と言ったら、
「それ見ろ、何のフォローもしなくて大丈夫だろう」という口実に使われたら
迷惑をかけてしまうので、どっちも言ってはいけないんですよね。

さて、子どものときの事情は母があまり教えてくれないのですが
小学校は「お受験」で私学に入ったのは、あれは実は特殊逃れだったと最近聞きました。
要フォローだったかサスペクトだったか、そんなものだったらしいです。
母は「いろいろ言われたのはみんな誤解だった、私が守ってやった」と言っているし、
母が喜んでくれたからよかったのかなあと思っています。

私は、大人になってから発見された隠れアスペの人をたくさん知っていますが、
普通に生活できるようになった人たちの場合、普通の人たちとどう違うかというと、
「同じ処理ができるかどうか」っていう、機能レベルの差ではなくて、
「同じ処理をどういうプロセスでやるか」という、舞台裏の処理スタイルの差の
ようです。質的な差はいつまでも残るんですよね。
むしろ、質的な差は、あきらめるなり自慢するなり、受け入れてる方が、
量的な機能レベルを高める方に回せるエネルギーが残って、お得です。

言葉に遅れがなくて発見されなかった隠れアスペたちの場合、
言葉が出なくて早期療育のお世話になった人たちが、専門機関で教わったことを
一人で試行錯誤して自分でやってきたみたいなものかもしれません。
今でも、施設の職員と入所者と一人二役のような生活をしているし・・・・・・

健常の子どもさんとか、別の種類の障害の子どもさんとかだったら、
「カン」でなんとなくざっくり身につくことを、
(だから普通は大人が教えないことを)
自閉周辺の子どもたちというのは、全部、データを処理して理屈で解いていきます。
普通の人と同じくらいの生活のできるようになった隠れアスペさんたちというのは、
それを、たまたま超高速でできるようになった人たち、って感じです。
熟練によって処理が速くなったり、公式を導入することでバイパスを覚えたり、
そうやってスピードが上がったのであって、カンが身についたわけではないんですね。

でも、量的な意味での機能レベルは、何か欠けていた公式を一個発見するごとに、
不連続に、がくん、がくんと上がっていきます。
(これは隠れ君でなくても、きちんと援助されてる人でも、きっと同じですよね)

大人になった本人が、カンを身につけなくてはならない! って思い込んじゃうと、
それがつらいかな。
マニュアルを覚え込んで行くやりかたというのは、私たちには合っているのに、
「ファストフードやコンビニのマニュアル通りの応対は非人間的だ」とか
「暗記偏重の受験教育のせいで、マークシート人間が育っている」とか、
「女性はカンが働き、気配りができなくてはならない」とか、
「形式だけの礼儀作法よりも、真心が大切」とか、
そういう論調を真に受けちゃうと、こじらせてしまうようです。
私の出会ってきた人たちを見る限りでは、
横着なタイプの人がわりと安全で、ストイックなタイプの人たちが大変みたい。

だから、特別な援助の必要ない人たちでも、
「マニュアルの丸暗記でしのいでいく人生もあるんだよ〜」って懇々と言い聞かせる、
そういう意味でのフォローっていうのがあったらいいなあって思います。

掲示板過去ログ案内に戻る