2000年2月その7
机上の旅 投稿者:るり  投稿日:02月25日(金)10時26分02秒

megumiさん
通販情報をありがとうございました。先程そのホームページを覗いてみました。
面白そう。さっそく私の「お気に入り」に加えました。

私も今よりのんびりしていたとき、机上の旅を楽しみました。
時刻表を片手に「1日目は何時にここに到着、バスであそこに行って、どこどこの
ホテルで一泊して、次の日は・・・」と遊んでました。
子供が生まれてからは、そのゆとりを失ってしまいましたが。
実際計画たてても、お金と時間(夫の休みがとれるかどうかその日にならないとわからない)が
なくって、却って欲求不満がたまってしまうので。
温泉くらいでしょうか、かなうのは。


また 投稿者:ぴっぴ  投稿日:02月25日(金)11時42分27秒

怒濤の書き込みですねえ。
玲さんの「共感」と「常識」は奥が深くてうなってしまいました。
共感というのが、
>自分自身の経験から得た感情や感覚を、同じような状況の相手の中に置いて
>相手も同じように感じているのだろう、と類推すること
ならば、「共感」とは、やはり経験という学習なしには育たないものなのでしょう。
そして、「常識」とは、この当たり前の最大公約数的な「共感」を持っていてこそ、
学習できるものではないのでしょうか?
玲さんの言われるように、
>生来の感覚の差や、人生の経験の差で、共感や常識の量が変わってしまう・・・
>最大公約数の量が、他の人たちより少なくなってしまう。
それは、確かだと私も思います。

さて、私がずっと言ってみたいと思っていたことがようやく話題に上ってきてくれたので、
このチャンスにちょっと書かせてください。

>うちの息子が、泣いている子の頭をよしよししてあげたり、私が足をぶつけて痛がると
>フー、フーしてくれますが、これって共感性というよりもこういうときはこうするもんだと
>どこかで学習した結果のような気がします

るりさんの言われたことですが、私もこういうことはずっと思っていました。
行動全部とはいいきれませんが、少なくともある一部については
本当は私達と同じように感じて、その気持ちからやっているのではなく、
そういうもんだろう、という’当たり’をつけて行動しているのではないか・・・
という推察です。
友達が泣けばハンカチで涙を拭いてあげている、優しいですね、って先生から言われる。
飼っていたハムスターが死んだら、かわいそうだねって言ってお墓で手を合わせている。
公園をただ走り回っていただけなのに、お母さん楽しかったねえ、また一緒に行こうね、
って言う。

周りから見ればすごく普通の当たり前の感情表現に見えるかもしれないけれど、
私は少し違うのではないかと思うのです。
そういうパターンを学習しているだけであり、本当に感情が伴っている
のかどうかは・・・・・・?????
と思っているのです。

以前書きましたが、うちの子はとても感情面が未熟です。
ようやく育ってきている部分もあるようだけど。
でも、何かそれなりの学習能力はあるみたいな気がする。
そのアンバランス感が、こういうことになっている様な気が、どうしてもしてしまうのです。

>それに、私たちの表情を見て、大人がせっかく「○○なんだよねーえ」って
>言葉にしてくれても、それが実感とは違っていたりすることもあります。
>だから、言葉だって、一度まちがって覚えた物を、後ではっと「間違いだったんだ」と気づいて
>覚え直し、ってことが、いっぱいあります

リンコさんの数々の書き込みの中で、私がうちの子ととてもダブらせて考えるのはこの部分
でした。
元々の本人の実感が人とは違うとは、まさかそんなことがあるとは、
普通は考えつきもしないですよね。
私だって始めはそうだった。
でも、子供の行動、言葉の受け取り方、その使い方・・・・
私の考えてる常識とは、他の子供達のそれとは何かが違う、それが何か・・・・
をずっと考えてきました。
リンコさんのそれに出会っってみると、
共通する部分はさほどは多くはなさそうなのですが、
’私が、誰もが感じるもう当然で当たり前の常識よって思うような感覚’とは、少し異なる感じ方を
娘はしているのかもしれない・・・っていう思いが強まりました。 誰に言ってみても、あなたは何を訳の分からないこと、言ってるんだ! って言われるだけなのですが、ここの皆さんならちょっと「共感」 してくださるかなあ・・・って思って。


入園式 投稿者:ぴっぴ  投稿日:02月25日(金)11時48分56秒

るりさん、入園式に着る’自分の’服で悩んでいるなんて、そりゃあ’余裕’ってもんですよ。
十分楽しめていていいと思いますよ〜。
うちなんて、
入園式なんて行き着くのかなあ?走り回るだろうなあ、寝ころぶだろうなあ、
黙っていられないだろうなあ、泣き叫ぶだろうなあ、ふらふら出て行っちゃうだろうなあ・・
などと思うだけで、もう、自分の格好なんてホントにどうでもよかったですよ。
スカーフもブローチも、そんなもん構ってる暇なしでしたよ。

だって、こんな晴れがましいの日の’カメラ’だって必要ありませんでしたしね。
よそのうちが何枚も家族の記念撮影しているそばを娘は走り抜けてましたし・・・。

いやあ、それを思い出すとずいぶん平和になったもんだなあと、感慨もありますが。
卒園式では私もるりさんのように悩んでみたいものです。(^.^) 

あっ、うちも買い物の時の’あの人達’は邪魔なだけです。
「これどう思う〜?」なんて言っても、みんな声をそろえて、「いい、いい、似合う!」
と、とにかくどうでもいいから早くしてくれ〜!っていう雰囲気が伝わって来るだけなの。

 ↓横長ビローン、すみません。


別行動 投稿者:とら  投稿日:02月25日(金)12時10分35秒

>「これどう思う〜?」なんて言っても、みんな声をそろえて、「いい、いい、似合う!」
>と、とにかくどうでもいいから早くしてくれ〜!っていう雰囲気が伝わって来るだけなの。

はい、おっしゃる通りでございます。で、うちでは別行動...良いのか悪いのか。
でも家内は結構満足しているようです、ひとりでのショッピング。 ポイントは、

1.別行動時間は考えている時間+15〜30分
   30分あればいいかな、って時は45分か60分。1時間かなってときは1時間半。

2.待ち合わせは昼食時のレストランか椅子などが有り退屈しない場所。
   時間は守るように気にはするがお互いあてにはしない。

ちなみに家でもこの春年少で入園式です。子供は新しい服やカチッとした服装を嫌うので
今からたまに着せて慣れさせています。
    


感覚が非標準仕様 投稿者:リンコ  投稿日:02月25日(金)13時43分16秒

私ね、「鈍痛」には、色がついていたんですよ。ま、いまもついてますけど。
深緑だったり灰色だったり紫だったり茶色だったりするんですが。
で、小さいときは、色しかわからなくて、痛くなかったんですよね。今は痛いのもわかりますが。

で、すりむきや切り傷や平手打ちなどの鋭い痛みはわかるので、「痛い」ってそっちのことだと思うでしょ。
でも鋭い痛みは色ナシだし・・・

どこかぶつけて「痛かったねえ」と言われても「???」で、
でもたいていは、転んだりぶつけたりしたら、痛くなくても驚いて泣くから・・・

病院で、「深緑なの」「あずき色なの」と言って叱られたこともあったような(笑)
家では、受けてたんですよね。「受ける」っていう概念をまだ知らなかったけど。
「おもしろいねえ」「ロマンティックだねえ」「詩人だねえ」ってことだったんだろうなあ。
てっきり、比喩だと思ってたんですね、大人たちは(笑)
そりゃあ、育てる方も、困るはずだ! と思います。

こういうのって、誰のせいでもないですからねえ。


あ、  ↓ 投稿者:リンコ  投稿日:02月25日(金)13時46分01秒

病院で色彩表現して叱られたというのは、

叱ったのは、うちの親です、先生じゃなく。
そして、叱られたのも、待合室に出てからか、家へ帰ってからでした。
その場では無事にすんだのに、後から叱られるというのは、わかんなかったですねー当時は。
おかげで、叱られてないときも、常に「あとで叱られるかも」って警戒するようになっちゃって(笑)


挽回手段としての「常識」 投稿者:リンコ  投稿日:02月25日(金)13時52分15秒

いやー、私は、「共感」がなくても、
カタチを覚えることで「常識」は追いつけると信じたいです。
(信じてる、じゃなくて、信じたい、ですが)

「共感」はできなくても、覚えりゃ何とかなる、ってとこで、挽回したいんですよね。
まごころが伴ってなくても、いいじゃない! とりあえず安全に泳いで行ける方が先決ですもん。

「常識」っていうのが、感覚が違うために「共感」の余地が少ない人にとっての
救済措置として使えたら、助かりますよねえ!


感覚のずれ 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月25日(金)14時01分10秒

ぴっぴさん

>’私が、誰もが感じるもう当然で当たり前の常識よって思うような感覚’とは、
>少し異なる感じ方を
>娘はしているのかもしれない・・・っていう思いが強まりました。

そういうのを、自閉症を説明する言葉では、
「感覚のずれ」と呼ぶようです。
以前、LDの親の会の世話役をしている叔母に、教えられました。

その時には、体感的な感覚のことなのかと思ったのですが、(痛感とか、平衡感覚とか、味覚・触覚とか)
それだけでなく、感覚全般に言えることだったようですね。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


リンコさんに一票!(笑) 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月25日(金)14時17分12秒

>「共感」はできなくても、覚えりゃ何とかなる、ってとこで、挽回したいんですよね。
>まごころが伴ってなくても、いいじゃない! とりあえず安全に泳いで行ける方が先決ですもん。

>「常識」っていうのが、感覚が違うために「共感」の余地が少ない人にとっての
>救済措置として使えたら、助かりますよねえ!

実際のところ、旅行に行ったときにお餞別をもらった人にお土産を買って帰る、とか
結婚披露宴の長ったらしい祝辞にも、空腹を我慢して耳を傾け、最後には拍手をしなくてはならない、
なんていう「常識」には、「共感」出来る部分は少ないですよね。
ただ、人間関係や場を取り持つために、そうした方がよい、と知っているから、みんなやっているだけで。
いちいち「共感」しなくても、円滑に人間関係を運ぶための知恵だと思うな〜、「常識」は。
まぁ、「共感」が伴った方が、「常識」の学習もスムーズに進むかもしれませんけどね。

私のように、他人の気持ちに気がつく、ということに疎い人間は(気がきかない人間、ってやつです)
本来なら、「常識」の部分をもっと学習しておかなくちゃならなかったんでしょうけど、
私の両親はあまり「常識」にとらわれない人たちだったものだから、その部分の学習も弱くて・・・・・・
                
・・・・・・おかげで犯した失敗の数々は、思い出すたび、顔から火が出そうです・・・(^_^A

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


いろいろ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:02月25日(金)14時58分53秒

書き込みしている間に、リンコさんと玲さんがいらしてました〜。
でも最近はちゃんとコピーしてからフォームを更新するというのを覚えたので、大丈夫!

リンコさん、ボタンの質問にお答え有り難うございました。
長男が先生に頼み込んでやっと取ってもらったボタンをその日にうちに縫いつけてしまった
ので、あの時はきっと傷ついたんだろうなって気になってしまったものですから。
ボタンを取ることくらい、許してやれば良かった。命にかかわるわけでもないのに・・・。

ウルトラが入園する保育園の入園式は、年々スーツ姿の割合が多くなって来ているけれど、
中にはジーパン姿もいらっしゃいます。子供は園児服着用です。女の子は靴下やブラウス
がヒラヒラ〜だったりしますが、男の子はどこを飾れば良いのやら。
私は手持ちのスーツを着る予定ですが、ちゃんと入るかどうか確認しなくちゃねぇ。
(子供を産むたびに体重は前より減るんですが、体型はねぇ・・・)

私の洋服を選びはダンナに任しています。
新しい服を買う時は手持ちのどの服と合うかどうかまで考えて選んでくれます。
もちろん子供の服もちょっとよそ行きのものはダンナが選びます。
でも一緒にショッピングとなると、大変なんですねー。
他人と行動を共にするのが苦手な人なので、私が気に入ったものを幾つか選んでいる間は
別行動・・・というより、行方不明になります。
店内をぐるぐる回ってやっと見つけだして、私が選んだ候補の中から決めてもらいます。

障害のことだけでなくても、プライベートの部分を遠慮なく聞かれるのは失礼ですよね。
例えば、「ご主人はどこへお勤めなの?」とか。
たいていの場合、私は自分の事を先に話します。相手の反応は、ただ聞いているだけの人も
いるし、自分達のことも話してくれる場合もあります。基本的に他人の事を尋ねるのは私も
苦手です。尋ねられるのもあまり好きじゃないです。
でも、伝えたいことや解ってもらいたい事はどんどん話していますので、これも人によっては
「自己中心なのね」という印象をもたれる場合もきっとあるんだろうと思います。
だけど、多少イヤな思いをしたとしても、もしかしたら良い出会いや素晴らしい情報を手に
入れられるかもしれないので、他人と関わるのは好きです。
なんだか支離滅裂になってきました。そろそろやめます。

では。


常識 投稿者:ウルトラの母  投稿日:02月25日(金)15時15分33秒

最近、「常識」という部分がすごくあやふやになってません?

「個性」を大切にしようとかいう動きもありますが、それは単なる詭弁というか建前みたいな
ものでしかないし、相変わらず世間は「人と同じくない」ということを差別する。

だけど最近、「常識」とか「伝統」なんてのはどんどんアバウトになっているような気がします。
難しいですね。


感じ方と共感 投稿者:megumi  投稿日:02月25日(金)16時29分21秒

ぴッぴさんの書き込み
>’私が、誰もが感じるもう当然で当たり前の常識よって思うような感覚’とは、
>少し異なる感じ方を娘はしているのかもしれない

わかります!

少年が、赤ちゃんや小さい子が泣いていると、一緒に泣き出すのを見て
「共感している」と発達心理の先生は言ったけれど、
私にはそうは思えなかった。
だって、明らかに泣いている子を避けていたから。
自閉症に詳しい作業療法士に尋ねたら「泣き声が嫌いなんでしょう」と。

そうなんです。泣き声。
泣き顔。喧嘩している様子。そういうのが嫌いなんです。

だから、少し後に言葉での表現が伸びてくると
「泣くなよ!!」と、怒りにいったりしました。

でも、共感する能力がないわけじゃない。
『はやくねてよ』(岩崎書店)という絵本で、
眠れない男の子が柵を越える豚(何故か羊ではない)の数を数えます。
「ぶたさんが1ぴき、ぶたさんが2ひき、ぶたさんが3びき……。」
ページをめくるたびに、ぶたが増えて、
とうとう見開き2ページ一面にぶたの顔がひしめいている絵。
真ん中に、布団の上で耳を押さえて困った顔をしている男の子。
少年はそれを見て「うるさい……」と泣き出しました。
まだ、会話が成立しない頃のことです。

泣き声は嫌いだけど、妹は大好きでした。
妹の遺体には近づかなかったけれど
火葬場では「あかね焼いたら熱いよ!」とか
「空に登るの、高いよ。怖いよ!」とか
「あかね、ひとりぼっち寂しい」とか言いました。

とても優しい子です。

↓お父さんの書いた文章です。

http://village.infoweb.ne.jp/~tinker/papa/9kiiroku.htm


リンコさ〜ん 投稿者:megumi  投稿日:02月25日(金)16時32分50秒

少年に渦巻きを見せたら、大よろこびでした。
「早く!早く!」というのでスピードを上げると
即興のBGMを「ほにょほにょんがががあふにゅにゅにゃにょ〜」とか歌いつつ
かなり長い時間眺めていました。
ありがとうございました。


同じ! 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月25日(金)16時56分18秒

megumiさん

>少年が、赤ちゃんや小さい子が泣いていると、一緒に泣き出すのを見て
>「共感している」と発達心理の先生は言ったけれど、
> 私にはそうは思えなかった。
>だって、明らかに泣いている子を避けていたから。
>自閉症に詳しい作業療法士に尋ねたら「泣き声が嫌いなんでしょう」と。

それ、すごくよく分かります!!
今現在のショウがそれだから。
って、megumiさんはうちのHPの日記を見てくれているから、ご存じでしたね。(^_^;)
そう。「優しいね」とか言ってくれる人もいるんですが、
実際には違うんです。
泣いてる子が怖くて、泣いているんです。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ほらあ〜〜、 投稿者:リンコ  投稿日:02月25日(金)17時01分03秒

私だって、渦巻きには共感できるんだあ!
会ったこともないこどもたちなのに。

うずまき好きの星に帰れば、私だって何の苦労もなく常識人になれるのです。
    ↓  ↓  ↓

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/gorakusitu.htm


うずまき 投稿者:とら  投稿日:02月25日(金)17時09分19秒

見てたら気持ち悪くなってしまった...早くしたらもうだめです。修行が足りません。


人間は・・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日:02月25日(金)17時14分06秒

感情の動物っていうじゃないですか。
それがずっと私を苦しめてきました。
乙武君のお母さんなんて、あんなに明るくできてるのも当然ってもんよ!
な〜んて、ひねくれていた時もありました。
(今は、それはちょっと違うぞって気が付きましたけど)

>いやー、私は、「共感」がなくても、
>カタチを覚えることで「常識」は追いつけると信じたいです。
>(信じてる、じゃなくて、信じたい、ですが

>「共感」はできなくても、覚えりゃ何とかなる、ってとこで、挽回したいんですよね。
>まごころが伴ってなくても、いいじゃない! とりあえず安全に泳いで行ける方が先決ですも
>ん。

>「常識」っていうのが、感覚が違うために「共感」の余地が少ない人にとっての
>救済措置として使えたら、助かりますよねえ!


私もリンコさんに一票!思いっきり入れたいです。

「きっと君は君なりにそうやって道を切り開いていけるよ」・・・って信じてあげたいです。


「愛の手帳」 投稿者:とら  投稿日:02月25日(金)19時30分29秒

市町村や自治体によって違うのが療育手帳の基準や、受けられる恩恵ですよね。
東京都では「愛の手帳」と呼ばれるものが有るとききました。
一番軽い4級で月8千円、3級で5万円出るとの事。実は某県庁に勤める知りあいが、
「手帳の発行はコンピューターで管理されていて、将来就職(公務員採用)の際などの
資料に情報として残る。」と言っていました。こんな脅しを言われれば申請に躊躇の気持ちも
出てきてしまいます。でも、一番軽くても年間約10万円。ちなみに療育センターで家内が
「あの子、家と同じような感じかしら」と言っていた子は3級ですから60万円です。
この費用を療育にかけるのも手か...と思わなくも無いです。


申請してないです 投稿者:あっきー  投稿日:02月26日(土)00時32分39秒

私も東京都在住ですが、役所に聞いたら、4度(といっていた)で4千円と言われました。
今のところ、なぜ申請していないかというと小学校に入学する際、就学相談の場で持って
いると、やはり特殊か養護にと勧められるような気がしてならないのです。
手帳を持っていることは、外部には洩れないと児童相談所や保健所はいいますが、
私には、信用できないのです。
後3年あることも考え、伸びて行く事を期待し、これなら普通学級にいれてみたい、
また、本人も行きたいという意志もできるかもしれない。
そんな時に不利になるかもしれないものをお金と引き換えに持つ事に対する抵抗を
感じてしまいました。でも、とらさんのいうことも一理あると思います。
どうしよう…。

とらさん、先日の言語の話。ほかにも情報仕入れてきました。前歯の裏を刺激する事。
固いものを噛ませる事(フランスパンとか)指先をマッサージすること、などです。
咀嚼力が弱いとはっきりとした音がだせないとの理屈と、指先を使うと脳に刺激がいって
よいとの理屈だそうです。言語指導に息子さんを連れて言ったお母さんから聞きました。
ちなみに、私は、毎日みかんを自分でむいて、たべる。固焼きせんべいを食べるは
以前からしておりました。最近は、みかんのすじも大きいものなら自分でとるように
なりました。こんなことぐらいしかしてませんが、結果としては、だいぶ言葉はっきりと
してきたかもと思ってます。なんのおかげかはわかりませんが。
とらさんのお子さんの好物で、楽しくやってみてはどうですか?


実はうつになってます 投稿者:あっきー  投稿日:02月26日(土)00時52分17秒

ここの掲示板にいらっしゃるお母さん方、他みなさんとてもすばらしい方ばかりですね。

玲さんや、ちびくまママさん、ウルトラの母さん、megumiさん…みなさんのHPも
みんな覗きにいってますが、とても強くたくましい愛を感じます。
なのに、私ときたら、気持ちは暗いわけではないんですけど、身体がうつになっちゃって。
薬をいっぱい飲んでいます。3日ぐらい前から声もほとんどでなくなっちゃいました。

自分をリフレッシュする方法とか教えていただけたらと思います。
うつとまではいかなくても、みなさんが、とてもつらく落ち込んだ日々があったからこそ
今のバイタリティがあるのだと思うと、ついアドバイスしていただきたいと
思ってしまいました。
もし、失礼な書き込みだと思われたら、Mさん消してください。
なんか、うまくない文章を書いてしまったような気がして心配なので…。


現実逃避します 投稿者:ウルトラの母  投稿日:02月26日(土)02時41分15秒

あっきーさん、大丈夫?
身体がうつというのは休みなさいというサインなんですよ、きっと。
リフレッシュして頑張ろうと言うよりも、ちょっと一休みが必要なの。

私、落ち込んだ時ってとりあえず寝ます。
最近、こどもたちも私が眠ると邪魔しなくなりました。言葉の理解ができる長男には、
「お母さんは機嫌が悪いから寝る。×時になったら起こして」と言って寝ます。
起こしてもいい時間を教えておくと、邪魔しには来ませんね。
こどもたちの大好きなビデオを見ることを許可して、おやつも山ほど出しておけば、
2時間くらいは夢の世界へ逃避行できます。

あとは、子供達を連れてパフェを食べに行くと幸せになれます。
長男を保育園に迎えに行って、そのままファミレス直行でチョコレートパフェを食べに行く。
私にとってパフェというのは子供の頃から特別のものなんです。滅多に食べられなかったし。

それからー
家事を思い切り放棄します。
「ごめん、なんか体調悪くてぇ」と演技してコンビニ弁当を食卓に並べたり。
「その割に良く食うな」とうすうすバレてるんですけどね。


それから、「手帳」の件。
手当を受けるのはそれぞれの選択だと思います。
でも、結構手当を不正に受給して本来の目的に使っていない親がいるのも事実。
知っている人で、療育手帳の等級を重くするために、母親からの聞き取りで行う検査に
全て「できません」と答えた人がいます。ちょっと憤りを感じました。
だけど、色々な意味で手のかかる子供を育ててゆくに当たり、見えないところにかなりの
出費がありますから、受給資格があるならば良いのではないかと、私は思います。

ウルトラは身障手帳1種3級でいくつか手当をもらっています。
そのお陰で色々な訓練や診察を受けられているのは紛れもない事実です。
そうでなければ月に何万もの医療費、払えませんもの。
(人生計画によるとウルトラを未満児で保育園に入れて働かなくちゃならなかったんだから)
もしかしたら将来手帳を持つのにふさわしくないくらい元気になるかもしれないと思い、
使える間にあれもこれも診てもらおうと思って通院三昧しているのも、事実です。
身障者手帳は原則として本人からの申し出がない限り見直しはないのですが、
どうも後ろめたい事ができないタチなので・・・。

>今のところ、なぜ申請していないかというと小学校に入学する際、就学相談の場で持って
>いると、やはり特殊か養護にと勧められるような気がしてならないのです。

「手帳」=「特殊学校」という図式は、どこの自治体でもあるみたいですね。
このあたりは、megumiさんあたりが詳しいんじゃないかしら。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


鬱対策 投稿者:朝倉玲  投稿日:02月26日(土)07時46分37秒

あっきーさんへ

まず、ひとつ。鬱になって落ち込んでいるとき、それを口に出す(文字にして書き込む)のは、
決して悪いことでも恥ずかしいことでもないですよ。
自分でどうしようもない状態になったときには、堂々とSOSを出しましょう。
言葉にして、自分の外に鬱を吐き出しただけでも、元気になってくることだって、ありますしね。

ここで公に書くのがちょっとためらわれる、と言うのであれば、
「元気になりたい時のひとりごとの部屋」って裏掲示板(通称「屋根裏部屋」)もあります。
少し前に、ここでURLが紹介されていましたよね。
そこでなら、鬱だって悩みだって迷いだって、好きなだけ吐き出すことが出来ます。

で、心と言うよりは体が鬱で元気が出ない、という状態は
やはり、体が「疲れているよ〜」とサインを出しているんじゃないかと思います。
私も時々、どーんと鬱状態に落ち込みますが、
そういうときには自分で「ああ、疲れているんだわ、休まなくちゃ」と思うことにしています。
下手に、気力で何とかしよう、とか、自分を情けないとか考えてしまうと
さらに深い深い泥沼に陥ってしまいますからね。(^_^;)
実際、そういう時って大抵かなり疲れているものだから、
私もまず、睡眠時間の確保に努力します。
「お母さんはすご〜く疲れて機嫌が(調子が)悪いの。だから、寝るからね。
 ×時×分になったら起こして」
と、私も長男(小4)に言ってます。<やっぱり似てるねぇ、ウルトラの母さん。(笑)
旦那の夕飯を準備しておいて、あとは旦那が帰ってきても子どもと寝たふりをして起きない、
という手も時々使います。(爆笑)

それから、やっぱり、自分の好きなことをすることですね〜。
もう、子どものことなんか抜き。考えない。(笑)
出来るのなら、旦那に子どもを預けて自分だけで外出するのもいい。
それが不可能なら、子どもがなにしようと、命に関わる危険なことでさえなければ大目に見て、
好きな本を読んだり、ビデオを見たり、音楽を聴いたり・・・
まぁ、あとの部屋の惨状を思うと、それはそれで憂鬱だけど(^_^;)
この際、自分の精神衛生が先決だと思うことにしています。

実際、お母さんが元気でなければ、子どもだって嬉しくないと思うんですよね。
だから、自分のことをするのに罪悪感なんて覚えないで、
「これは私にも子どもにも必要なことなのよ!」って開き直って、
自分のためのことを楽しんじゃうのがポイントですね。d(^_-)-☆

そうそう。
軽めの鬱で、気晴らしすれば元気になりそうだな、って時には
私はケーキ屋さんに行って、ケーキセットを食べます。
ショウも一緒だけど、ケーキが大好きなので、つかの間の幸せが楽しめます。(^^)
これも、いつものダイエットは考えないのがポイント・・・(大爆笑)

鬱の時は、無理して自分の中に抱え込まない。
少しずつでも、外に吐き出して、
自分をいたわって、
ゆっくり回復してくるのを待つと良いのだ、と経験から思っています。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


チョコレートパフェ 投稿者:ぴっぴ  投稿日:02月26日(土)07時56分54秒

思うに、子供が小さいうちはみんな、’よくわからない’’先が想像つかない’
っていう不安で苦しいのでしょう。
もっと思春期ぐらいになってもこの原理は続くみたいだけれど、
そのぐらいには、我が子の程度というか、長所も短所も、親とて把握できていそう
じゃないですか。きっとこの部分でなんとかなるサ、っていう自信や目標
みたいなものも定まってくるのではないかなあ、と、
勝手な想像をしていますが、どう思いますか?

だから・・・、きっと、小さいとき程、苦しいのかもしれないなあ
と思います。
その後は、診断をどう捉えるか、っていうその人の姿勢にもよるのかもしれませんが。

たくましいお母さん達だって、きっと同じく不安時代はあったはず。
そして、子供さんがまだ小さいのですもの、そのまっただ中にいるはずだと思うのです。

でも、私も思います。
気持ちの切り替えっていうか、思い切りっていうか、しっかり足もとの幸福を見つめてる
っていうか・・・
そういう器用さが、素晴らしいなあ・・・って。

私もそのコツを教えてもらいたかった一人なのです。
あっきーさん、いい質問をありがとう。
ウルトラの母さんに続いて皆さん教えて〜!
(特にこくっぱの母さん、どうやって切り抜けてるのか聞いてみた〜い!
どう考えても、物理的にそんな時間なさそうだもの。)

’落ち込んだときにとりあえず寝る’ってのはあまりやったことなかったなあ。
’家事を放棄’ってのもなかなか勇気でなかった。
’チョコレートパフェ’!!・・・な〜んていい思いつき!

自分流、我が家流のそんなものを見つけていくのも、長い人生に必要だよね。
う〜ん、まった一つ、勉強になった!


・・・こんなんでいいんだろうか? 投稿者:こくっぱの母  投稿日:02月26日(土)11時14分33秒

>特にこくっぱの母さん、どうやって切り抜けてるのか聞いてみた〜い!
>どう考えても、物理的にそんな時間なさそうだもの。

ハハハ・・・私に鬱はない・・・わけはない。
こんなところで書いていいんだろうかと思いましたが、答えてしまいましょう。

子どもで遊びます。(子どもと・・ではない)
ハカセの唇の両端からあごに向けて、アイラインで線を2本いれる。
アラ不思議、腹話術人形の出来上がり!で「ロボットみたいにしゃべって〜」と頼むと
「ボクロボット。エネルギーガタリマセン」なんてしゃべってくれるんですねえ。
もう、涙が出るほど笑えます。
あと、風呂敷きやバスタオルやシーツ、母の服やなんやかんやで仮装大会もします。
女ふたりはもっぱら「お姫様」になりたがります。口紅をつけたり自分でさせます。
で、この出来上がりが楽しめます。
最近、一番盛り上がるのは「ドンキーラップ」。ドンキーコング(ゲーム)の最初にある曲です。
で、それぞれがキャラクターになりきって、踊り狂う。4人の子どもに混じって母も大騒ぎ。

結論。母の辞書に「常識」という文字はない。

思いっきり「あほらしい事」をすると気分爽快です。
掃除に洗濯に料理は、ものすごくいいかげんですが、みんな元気に生きているので、気にしない
事にしています。特に冬場は、白菜が山ほど畑にあるというのを口実に「鍋料理」ばっかりして
ます。あ〜、文字にすると自分のいいかげんさを再確認してしまうではないか!


記憶力のいい人、いませんか? 投稿者:こくっぱの母  投稿日:02月26日(土)11時16分33秒

今朝、ハカセに白い靴下を出してあげたら、
「白は 絶対に はかない!」
といいきられてしまいました。理由は【足が白くなる】からだそうです。
???なぜ、どうして???という気持ちお押さえて、真っ黒の靴下に
替えてあげたら、さっさと履いていました。

こういう事ってたくさんあります。
もし、自閉症についてなにもしらなかったら、
「わけのわからん事いってないで、さっさとしなさい!」
などと毎日怒鳴っていたかもしれません。
でも、リンコさんの書き込み、本当にハカセにピッタリ合うんです。
「ああそうだったのか」とハカセを思い浮かべては納得しております。

ハカセは人間関係というか、人との距離が理解できていません。
全然知らない人でも捕まえては延々しゃべり続けます。
「ぼくの名前は・・・」から始まって、家族の事、住んでる家の事などだいたい内容は
決まっています。で、一通りしゃべると、今度は相手を質問攻めにします。
この儀式が済むと、たとえ相手が誰であろうと大親友のような接し方をしてくれます。
現在のハカセの<唯一他人を巻き込む悪いクセ>と申しましょうか・・・。
今までは「人懐こいかわいい子じゃねえ」で済んでいましたが、小学校に行くように
なったらやはり「変なやつ」でしょうねえ。

それで母は、複雑な人間関係をどう教えるか考え中です。

 身内と他人 → これは図式化できるので、大丈夫。

 年齢差   → 年上の人への接し方、これは難しい。見た目だけでは年齢はわから
         ないから、何歳?なんて必ず相手に質問する可能性あり。
         その上「年上の人に気軽にしゃべるな」なんて教えたら、大変な事
         になりそうだし・・・。

自分はどうやって人との距離を理解してきたんだろうなどと、グルグル考えている訳で
すが、いい方法を思い付きません。

     どうやって「人間関係」を学習したか覚えてる人いませんか〜!


はくさい? しろな? 投稿者:リンコ  投稿日:02月26日(土)11時50分35秒

でも、鍋ですから、はくさいですよねえ???

気になって気になってつらくて苦しい


私のは 投稿者:リンコ  投稿日:02月26日(土)11時53分35秒

失敗だらけだった上に、後遺症もてんこ盛り残ったので、「悪い例」の参考にしかならないし、
覚えているけど書くと思い出して落ちこみそうだから予防のためにやめておきます。


人間関係の同心円 投稿者:リンコ  投稿日:02月26日(土)12時02分36秒

トニー・アトウッドの「ガイドブック アスペルガー症候群」の256ページに載っています。
近い人遠い人の視覚的説明法です


子どものうちと 投稿者:リンコ  投稿日:02月26日(土)12時05分18秒

大人になってからとで、期待されるふるまいが違ってたりするのも
困りますよねえ・・・ 

小さいうちは、「かわいいねえ」で許容されてたりすると、
大きくなってから「前はいいってゆったじゃあああん!」ってびっくりしたし・・・

健常児もひっくるめて全員、ちいさいうちから大人の礼儀作法を叩き込んでくれたら簡単なのに(爆)


あるいは、 投稿者:リンコ  投稿日:02月26日(土)12時25分54秒

ある年齢までは野放しで何をしようと「子どもだから」で許容して、
ある年齢からいきなり大人の礼儀作法を叩き込まれるとか・・・ 楽だろうなあ。混乱しなくてすんで

ちょっとハクサイシロナ問題が苦しくて危険なのでしばらく来られませんごめんなさい


ハクサイよ! 投稿者:ウルトラの母  投稿日:02月26日(土)12時38分55秒

そうです、鍋料理に使うのはハクサイですよ! 早く楽になってね、リンコさん。

あの〜、人間関係なんですが。
うちの長男も『人類皆友達論』を信じていて、ハカセ君と似たところがあります。
初対面の人にいきなり自分のみならず家族のプロフィールまで話します。
なので、初めてあった大人の人には質問された事のみ答えるように、と教えてしまいました。
だって初めて行ったスーパーのレジの人にまで私の名前や年齢を教えるんだもん。
彼にとって自分より身体の大きい人は『お兄ちゃん』で、中・高校生ぐらいから大人だと思って
いるようです。
あとは全て『お友達』でいきなり遊びの中に入れます。でも大人しい子には敬遠されています。
親子連れに「あの、あっちへ行ってもらえませんか」と言われた事もあります・・・。(涙)
人間関係って、どうやって覚えたんだろう・・・??

http://www.hello.co.jp/~say2000/


人間関係ってムズカシイ 投稿者:ちびくまママ  投稿日:02月26日(土)14時29分30秒

例えば、「叱られたら、『ごめんなさい、もうしません』と言う」とか、
「誰かが怪我をしたのを見たら、『痛かったでしょう、可哀相』と言う」とかって
いうのは公式として習得できるんですが、人間関係って、それだけで
やっていけるほど簡単ではないですよね。

私の場合はひたすら経験則で、「こうすると他人は怒る」「こうすると
他人は嫌がる」ということを積み上げてきたように思うんです。
でも、「○○だから、怒った」といちいち説明してくれるような人は
希で、「怒るのあたりまえじゃない、何考えてんの?」と言われてしまうから
本人は何が悪かったのかわかっていなかったりして、泥沼になって
いきます。私も過去の失敗を思い出すと(全部じゃないけど、過去は3歳
くらいから覚えてます)この場で切腹しないといけないような気になっちゃいます。

30代後半に突入した今でも、実は人との距離の取り方にはものすごく
苦労しています。踏み込みすぎて、「なんてあつかましい人」と
言われてしまったり、反対に、こちらは全然胸襟を開くつもりがない相手に
踏み込まれたり、どちらも痛いほどの敗北感と罪悪感が伴います。

で、改めて見直してみると、私の友達って、10年、20年以上の長い
付き合いか、すごく人間ができていて、どんな相手でもまるごと受け容れて
しまうような度量の持ち主だったりします。前者は、経験からある程度
「その人との」距離のとりかた、適切な話題を選べるようになっていること、
後者はひたすら相手の人格の深さに依存しているわけですね。

私なら、例えば「お母さんの名前と年は、聞かれた時だけ言うように
しましょうね。○○ちゃんにとっては大事なことだけど、よその人は、
そうでない人も多いからね」と言ってもらえたら納得できたかな?

私は「またいらんことを言う!」と怒られてばかりの駄目な子だったんで、
皆さんのお子さんにあてはめられるかどうか、わかりませんけれど。

実は、アメリカには、小学生以上を対象に、「人との会話の仕方、遊び方、
距離のとりかた」を教えてくれる教室があります。こちらの言語療法士、と
いうのは(日本ではどうかわからないのですが)コミュニケーション行動
全般を扱うので、言語療法のクリニックで、こういう教室が開かれて
いるのです。主にアスペや高機能自閉症、ADHDの子達が対象の
ようです。

ちびくまも「小学生になったら通わせなさい」と言われているのですが、
日本にあるかしら、そんな教室。まず、親の私が行かないといけないかも
しれませんけどね(爆爆)。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


疲れました… 投稿者:るり  投稿日:02月26日(土)22時10分35秒

こんにちは、るりです。

スーツ、買いました。
とらさんのアドバイスを参考に、夫と息子には携帯を持たせて時間をつぶしてもらいました。
3時間もかかってしまい、あの人たちには気の毒な事をしてしまいました。
気に入ったブランドの小さいサイズに固執するよりも、身体に合ったどこかのスーツのほうが
すっきりして見えるという当たり前のことにやっと気がついた私。でも、これで一安心。

あっきーさん
鬱になったときはじたばたせずに、受け入れたほうが良いのではないかと思います。
「こころの風邪」をひいたと思えばどうでしょう?
無理をして「こころの喘息」にまでこじらせると、きついから。
私もしょっちゅう落ち込む人だからわかります。
そういう時は人に気持ちを吐き出したり(おもに夫、近頃はこの掲示板にも)
自分になにかプレゼントしたり(タオルのハンカチが好きなのでよく買います。安いし可愛いし)
とりあえず好きなだけ眠ったり・・・頑張るのをやめて。

ウルトラの母さん
「人類皆友達論」うちの息子もそうです。でも、あんまり相手にしてもらえないと引いちゃう
ところもあるかなぁ。それでも読んでいると共通点がたくさんありました。人懐っこいと言うと
微笑ましい感じですが、うちも大人しい子には敬遠されたり、買い物に行って他所の親子づれに
怪訝な顔をされたことがあります。いったん「ぼくの友達!」と決めるとしつこく遊びますし。
とにかく彼の場合一方的な感じがして、それはそれで心配になる私・・・

ちびくまさん
人との距離の取りかた、わたしも今でもまったく駄目です。
失敗の連続。ゆえに最近は大人しくしてます。
「人との会話の仕方、遊び方、距離のとりかた」を教えてくれる教室というのがあれば
まずは私が行ってみたいくらいです。あるといいなぁ・・・そういうの。


私の実感 投稿者:megumi  投稿日:02月27日(日)08時53分20秒

各役所の横のつながりはきわめて悪くて
当然連携を取っていると思われるようなことでも
伝わっていません。
保健センター・福祉課・就学指導委員・教育委員会・学校それぞれで
同じことを説明させられて、うんざりしましたよ。

特に昨今はプライバシーの問題があるので
各役所の書類がほかの役所に(同じ役所内でも福祉課の情報が教育委員会に)
当事者が知らないうちに流れるということはないように感じています。

担当者同士が個人的に知り合いだったらオフレコではあるかも知れませんが
それをタテにとって、どうこういわれることはないでしょう。
もしあっても、出るところへ出たらこちらの勝ちだと言うことは
役所もよく知っています。

療育手帳を持っているのかどうかは
療育センターでも障害児学級でも直接尋ねられました。
在籍児童に関する書類に記入欄があったようです。

兵庫県の場合は軽度(B2)の療育手帳のメリットは所得税の障害者扶養控除だけで
お金は出ません。別枠から年間7500円の「福祉金」だけですね。
だからだれも「取るように」と強くは勧めませんが、うちはもらいました。

少年には「配慮」「援助」が必要だということを、
行政も認めていると言うしるしが欲しかったのです。
少年の特徴にあわせた援助を勝ち取るためには
「印籠」があった方がはるかに効率が良いと思ったのです。
少年のことを説明しても、解らない・解ろうとしない人たちでも
手帳があれば納得します。くだらない押し問答はもうたくさんだから……

療育手帳は、数年ごとに心理検査を受けて更新手続きをしなくてはなりません。
その時に非該当になれば、欲しくても取り上げられます。
逆に、もう要らないとなったら、システムとしては返せます。
(いろいろ言われるだろうけど (^_^;))

「障害児」だという理由だけで、その子どもの実態を見ずに
進路を限定されるとしたら、そのこと自体が問題。
それに、例えば高校受験の時に、受験しない子や、養護学校へ行く子に
「内申点がいらないから」と1を付けるなどと言うことに関しては
ゆるせませんから。
黙っちゃいないわ。――==≡≡≪〈〈〈《(-_-)=○》≫≫()゚O゚)バキ!!

↓大学における障害者の受け入れの現状

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t-tsubas/NSCSD/dg/daig_index.htm


愛の手帳 投稿者:ひいろ  投稿日:02月27日(日)23時14分55秒

実は、最近ドラも児童相談所に行って取ってきたばかりです。
書き込もうと思ったのですが、いろいろと複雑なお役所の事情があったりして
書くとエラい長文になってしまいそうだっだのでやめたのです・・
気が向いたらいつか書き込むかもしれません。

うちの場合は手帳を取ってもあまりメリットがなく、小学校に入学する前にでも
取ろうと思っていましたが、現在通っている幼稚園(私立)に補助金の申請のために
診断書がほしいといわれまして。手帳があれば、コピーですむらしいのですが
ないと、毎回申請の度に診断書を提出しなければいけないそうです。
これが、東京都と地域の補助が別々の申請なので年2回診断書が必要になるわけでして。
幼稚園サイドは、「手帳を取る取らないはご両親の考え方なので、
構わないし、診断書のお金も幼稚園が払う」と言ってくれたし、「了承しなくても構わない」とも
言ってくれたんですが(事実、中にはそうゆう人もいるらしい)
やはりドラにはお金や手間がかかっているのは事実だし、
毎回診断書をもらうのも面倒なので申請を決意しました。

とらさんが心配しているような事は、我が家も主人と話し合いました。
結果は、megumiさんと同意見で、いざとなったら
出るところに出るという事ですぐに決着しました。

とらさんのお子さんも確か幼稚園だとおっしゃっていましたよね。
私立なら言われる可能性はあると思いますよ。
聞いたら1人うん十万円ですもの。
それが2ヶ所あるんだから、幼稚園としては申請したいと思いますよ。
そうゆう情報は、療育センターでは教えてくれないんですよ。
保護者教室の福祉の事をやった時、手帳の申請の話はしてくれたけど
そんなシステムは教えてくれなかったんです。
欲しい情報は、自分で調べなければいけない体質、本当にどうにかしてほしいです。

ちなみにドラは案の定3度でした。
ドラパパは、「なぁんだ、カソリン券もらえないんだぁ」
なあんて言ってましたが、ホッとした顔をしてました。
私も、ドラがよくなった証拠だと思って納得して帰ってきました。

ちなみに最近聞いた話では、お金は3度でも2度のお金をもらえる事があるそうです。
児相が承認した場合は、3度でも2度のお金がもらえる事があるそうです。
基準は私にはわかりませんが、手帳をとって1年位してまた行って
「大変生活に困っている」とか「とても手がかかって困る」とかがあると
そんな事もあるそうです。ドラの審査の時もなんだかちゃんと電卓で計算をしてて
数値を出してたので基準自体はちゃんとあるようですが、謎か多い場所ではありますね。


ありがとうございます 投稿者:あっきー  投稿日:02月27日(日)23時50分56秒

皆様、いっぱいアドバイスしていただき、本当にありがとうございます。

私の一番のうつをひどくさせた原因の睡眠不足が、薬(睡眠導入剤)により、すこしづつ
長く寝られるようになってきました。他に漢方薬も足され、すこしだけ楽になってます。

甘いものも食べて、幸せを感じたり、アロマテラピーなんてのもちょいと買ってきました。
買物も子供と離れて行くとストレス発散になったと感じました。
おふろも、ひさしぶりにひとりで入って、ほっとしてみました。

実は我が家は息子9ヶ月から母子家庭をしています。(これがなかなかいいづらくて)
ですから、買物もおふろにしても必ず一緒でしたし、離れる時間ができたのは、
去年の4月、保育園に入ってからでした。その頃は、愛しい息子と離れる時間が出来た事を
寂しく感じていましたが、パニックや自傷がはじまってからは、かなり神経をすり減らし、
立ち向かってきました。何があっても、自分が息子のすべてを受け入れることをせねばと
思いましたが、自分をいたわり、休ませることを忘れてしまっていたようです。
みなさんのメッセージで、ああ、私は疲れているんだあっと自分のことに気がつきました。

保育園の先生や、療育の先生に『子育ては、ひとりでやるものではなく皆で育てていく
ものなのよ』とも言われ、育児、家事、仕事、療育すべてをひとりで突っ走ろうとして
いた自分にも気がつきました。

皆さんがおっしゃった『もっと、ゆっくり楽にいきましょう』という事も理解できました。

まだまだ当分、薬に頼らざるをえませんが、自分なりに自分に優しくする為のステップを
与えていただけたと思います。

まだ息子に元気な顔を見せられず、ちょっとした事で怒ってしまうようになり、よけいに
落ち込む事もありますが、少しづつでも元気を取り戻し、これからもみなさんと
いろいろな事、話していけたらと思います。
どうか、よろしくお願いしますね。


掲示板過去ログに戻る