2000年3月その9
 投稿者:ままはっち  投稿日:03月24日(金)18時41分42秒

LDの子って、年齢に比べて幼いですよね。2歳くらい幼かったりする。
(うちの子の精神も自慢じゃないが幼いぞ。今5〜6歳くらいの精神年齢)
でもIQがあれば「精神発達遅滞」とは言わないのですよね?

じゃ、「精神発達遅滞」と「知的障害」って?


 投稿者:ままはっち  投稿日:03月24日(金)18時43分55秒

今5〜6歳くらいの精神年齢 
↓
今8歳で、精神年齢は5〜6歳


うちは芸人です。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:03月24日(金)20時36分51秒

>だいたいざっくりとどの流派、どの芸風

リンコさ〜ん、この表現気に入りました。
うちは流派というよりは「芸風」の方がぴったり。
ハカセはしゃべくりのおとぼけ。
こくっぱは踊り狂いのおとぼけ。

こくっぱなんて、ほとんど会話しないのに、最近ふるコーラスでいろんな歌うたってます。
歌えるのにしゃべれない!なぜ何故ナゼ・・・?


LDは、 投稿者:ペンギン  投稿日:03月24日(金)20時38分48秒

定義上、2年ぐらいの遅れがあるということになっているはずです。ただし、アンバランスが
あるので、教科ごとに違うはずですが。全体的に幼いですね。
「精神発達遅滞」と「知的障害」の違いは医学用語と俗語の違いです。今は昔のようにズバリ
言わずに、普通学級に通えるくらいの子供だと「ちょっと遅れています」っていう表現をして
いる人もいます。
それから、LDを診断する時に、「精神発達遅滞」でないことという前提があるので、IQが一定
の数値以下だと診断名は「精神発達遅滞」になってしまいます。が、「自閉症」がある場合は、
杓子定規にすぐに診断を下してしまう人もいれば、「自閉症」で「低機能」とする人もいるよ
うです。こういう場合の診断名は、どういう観点から見て何を重視するかで違ってきます


ウルトラの母さんへ 投稿者:まる  投稿日:03月24日(金)22時05分10秒

  解説ありがとうございます。前回もMさんに教えてもらったのですが、
パソコン初心者の私には、“戻る”まではできても、“コピーする”は
できなかったのです。3回子供が起きてしまい、寝かしつけたりもしていたので、結局
後半部分は送れませんでした。“掲示板”の仕組みから勉強しなくては、と思っています。
教えてもらったやり方は、パパに解説してもらいマスターしたいと思います。
  なにせ今日まで“裏”がどこにあるか分かっていなかった私。
どうやったら行けるのか、くまさんをクリックなんかしたりもしました。
過去ログを読んだ後は、載っていたリンクにいったりしていたので、気が付きませんでした。
私が書いた内容は、本当は裏のほうが合っているなと思いました。
せっかく紙にまで書き写した内容ですので、後半は裏の方に書きたいと思います。


ウルトラの母さん、ありがとう! 投稿者:るり  投稿日:03月24日(金)23時49分22秒

投稿の仕方、私にも参考になりました。
以前、Mさんにも少し教えていただきましたが、そういうやり方もあるのか・・・とは
思いましたが、実はその後も失敗し続けていたのです。

ただ、私のような人間は本当のところ、どこのボタンを押すのかから教えていただくと有難かった
のでありますが、なんとなく触っているうちに「コピー」、「切り取り」、「貼り付け」が、
どこにあるのか、見つける事が出来たのでこれから学習します。

もちろん、この書き込みは直接欠きこんでおります。


調査研究協力者会議から 投稿者:  投稿日:03月25日(土)00時04分39秒

学習障害の判断・実態把握基準(試案)が出ていますね。

具体的には、国語や算数(数学)等が
小2、3年     1学年以上の遅れ
小4年以上又は中学 2学年以上の遅れ

知能検査等で全般的な知的発達の遅れがないこと、あるいは現在及び過去の学習
の記録から、国語、算数(数学)、理科、社会、生活(小1及び小2)、外国語
(中学)の教科の評価の観点で、学年相当の普通程度の能力を示すものが
1以上あること。
等々の記述があります。

実は、ことばの教室には、その周辺の子が沢山通って来ているんです。
IQが基準以下で、診断ではLDを否定されたとしても、
診断をされた子とプロフィールが同じようなものである場合はありうる訳ですね。
基準はあくまで人為的な線引きですからね。必要な指導には大きな違いはない筈
です。

敢えて言えば、プロフィールも、その子の状態をザクッととらえる判断材料でしか
なくて、実際の指導の中味は、日々のその子との関わりの中で、認知や学習のスタ
イルを確認しながら行うしかないものかなとも感じています。


ところで、30000をGETされたのはどなた?
              お知らせ下さ〜〜い。  

学習障害の判断・実態把握基準(試案)について詳しくは
下記LDステーションへ     
       ↓

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/yamaokash/toshin002.htm#b22


IQと精神年齢 投稿者:ぴっぴ  投稿日:03月25日(土)01時28分49秒

うちの子の場合、全体的にとにかくやることや雰囲気が幼いのですが、
IQ的には平均の範囲に入るそうで、
それじゃあ、精神年齢は低いのだろうと思っているのですが、
IQと精神年齢ってどう違うのでしょう?

まわりの人にはこの幼さが受けるのか、
「今が一番かわいいときでしょう?」とか、
「このまま成長が止まって欲しいなんて思ったりしないー?」
な〜んて言われてしまい、またしても返答に窮していますが・・・・・。
(それは誉め言葉なんか〜!!)




こういうところ、 投稿者:ペンギン  投稿日:03月25日(土)06時00分30秒

>IQが基準以下で、診断ではLDを否定されたとしても、
>診断をされた子とプロフィールが同じようなものである場合はありうる訳ですね。
IQは全体を平均化して一つの数字にしてしまうので、各項目に格差があってバランスが悪く
ても、そこで線を引かれてしまう危険性があります。
でも、本当に大事なのはどちらか、具体的に何を必要としているかを考えると、この数字だけ
で杓子定規に診断を下さない方が良心的だと思います。


どうもデス 投稿者:クレア  投稿日:03月25日(土)06時06分31秒

みなさん。
たくさんのレスありがとうございました。
参考になりました。
片付けって、確かにまだ出来なくてもあたりまえの年かも?
って思いますね。
言葉が遅いので、別のことを! って思ってしまってました。
まず、言葉を話せるようになってから、片付けさせます(笑)
たま〜には、やってくれるんだけどなぁ。


診断 投稿者:クレア  投稿日:03月25日(土)06時20分40秒

うちの娘は、確かに言葉も遅れてますし、変わってるなぁ〜と思うこともよくあります。
けど、病院では特別なことは何も言われてません。
一度高熱を出してけいれんを起こして(2時間以上続きました)、
その時脳波をとったら、「若干の乱れが出た」と言われ、それから何度か脳波をとりましたけ
ど、一度も乱れは出ませんでした。 「てんかん疑い」だったんですけど、今のところは心配ないようです。 ただ、今後も1年に1度は受ける必要あるそうですが。 神経科の先生は、言葉の遅れは心配してたけど、ほかのことについては何も触れませんでした。 だから、「障害はないのかな?」って思ってたんですね。 けど、ここに来たりして、色々話しを見てるうちに、「何かあるかも?」って気になって。 自閉症かどうかはわからないけど。 でも、まだ年齢も低いので、そんなに焦らないでおこうとは思ってます。 確かに診断が下った方が、アプローチもしやすいでしょうね。


IQと精神年齢 投稿者:  投稿日:03月25日(土)17時47分07秒

>IQと精神年齢ってどう違うのでしょう?

 IQ=lntellgence Quotient 知能指数のことね。
 IQの計算式は、

    精神年齢(M.A. Mental Age)
IQ=────────────────── ×100
    歴年齢(C.A. Chronological Age)
 
例えば10歳の子が検査を受け、精神年齢が7歳の場合、IQは70となるわけね。

ウェクスラーによると、
知能とは
「目的的に行動し、合理的に思考し、能率的にその環境を処理しうる総合的、全体的力」  

検査そのものは 、
発達の水準と特性を明らかにして、援助の手だてを考える為、その指針作りのために使わ
れるべきもの。 間違っても、優性思想的な悪用をされることのないようにしないとね。


いよいよ小学生 投稿者:さつき改めナンナン  投稿日:03月25日(土)20時20分14秒

こんにちわ!Mさん、お返事を有り難うございました。
ところで今日、我が家の息子は卒園式をしました。
8月に3男を出産して、10月に引っ越し・・・その後、発達遅滞のある次男の
受け入れ先が見つからず、結局、隣の市の通園施設に行くことになったのです。
日本全国を転勤する私達にとって「障害を持つ子を取り巻く環境」ってのは
ほんとに重要な問題です。すすんでるところと遅れてるところ・・・
同じ日本なのにどうして差ができるんでしょうね??

http://www2.odn.ne.jp/himawari/


子供にしてあげられる事 投稿者:ふゆまやー  投稿日:03月25日(土)23時28分17秒

2度目の書き込みです。ウチには3歳9ヶ月になる息子がいます。
その子が現在自閉傾向があると言われています。
それで、公的な療育機関へ1年通いましたがあてにならず、現在家庭でのアプローチ
を始めています。始めて僅か3ヶ月程ですが最近ぐっと言葉が増えてきました。
今日もいしょにデパートへお買い物に行ったのですが、その時の話をウチに帰って
からいろいろしゃべり出したのです。
デパートで見た犬のおもちゃやプラレールのおもちゃの事、電車に乗って帰った事、その後
寄った公園で犬を見た事等など。
言葉が遅いと心配していただけに嬉しかったです。
私は個人的に公文関係の教材が気に入っていて、最近ホームページを捜してみたらこんな
記事がありました。
 
特殊学級や養護学校などの教育現場では、障害児には「知育よりも身辺自立が先」といった
認識が一般的のようだ。例えば、文字や数字を教えるよりは、衣服の着脱を自分でできるよ
うにさせるための指導といったように。一方、公文式の教室は一斉授業ではない。生徒ひと
りひとりのレベルに合わせる学習法だから、たとえハンディを背負った子どもでも、その子
にちょうど合った段階をその子のペースで学習することは決して無理なことではない。文字
や言葉を身につける、集中力を養う、作業する力を育てる・・・。個人別学習によって培われ
る「知力」が結果として身辺自立のためにも効果的であり、ハンディキャップを克服する礎
ともなる一障害をもった子どもたちが教えてくれている。 私はこの記事を見て、公文の障害児教育に関する考え方は的を得ていると感じました。 長文になりすいませんでせした。(−−;


又、やってしまった。(−−; 投稿者:ふゆまやー  投稿日:03月25日(土)23時32分19秒

コピーして貼り付けたら、その部分だけ横になってしまい
かなり、読みにくくなってしまいました。すいません。(><;


メープルさん、ふゆまやーさん、 投稿者:  投稿日:03月26日(日)00時15分09秒

こんにちは。
すっかり挨拶がおくれてしまって・・すみません。
一応管理人のMです。
        < 挨拶しておかないと忘れられそう・・A^^;


あ、ナンナンさん、産休明けで掲示板にも復帰ですね。お帰りなさい。
去年の6月頃、もうすぐ3人目の赤ちゃんが生まれるという大きなお腹をかかえて
ここに来てくれていたさつきさんね。
        < また出歩くHPが増えて、うれしい(*^^*)。   


それじゃあ、 投稿者:ぴっぴ  投稿日:03月26日(日)08時30分21秒

精神年齢によってIQが決まるわけですね。
で、神年齢とは、どうやって決めるのですか?
田中ビネー?
この年齢ならこれが出来る、っていうあれですか?


管理人さんはじめまして 投稿者:腐乱検死体  投稿日:03月26日(日)08時59分56秒

ふゆまやーの旦那です。いつも妻がご迷惑おかけしております。
ところで、精神年齢と知能指数のことですが、
アメリカで言う精神年齢と日本で言う精神年齢は違うのではないでしょうか。
日本では、どちらかというとEQ的なものを精神年齢と呼ぶのが普通では?
日本語の「知性」と英語の「lntelligence」はニュアンスが違いますので。


そうね。 投稿者:megumi  投稿日:03月26日(日)09時09分50秒

うちの場合は、6歳くらいで、使う検査がかわったみたい。
K式とか、津森式とか、から ビネーとかWISCに。

一覧を見つけましたので、ご参考に。
↓

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/yamaokash/test00.htm


日常生活用語と学術用語 投稿者:megumi  投稿日:03月26日(日)09時16分28秒

たしかに、混用されていますね。
そのせいで、「自閉症」もえらい迷惑しています。

あ、そうそう、子どもが発達検査を受けている間に
親も質問紙を書かされたんだけど、
それぞれの項目が生活年齢ではどれくらいになるのか
気になりますね。


学術用語っていえば、 投稿者:リンコ  投稿日:03月26日(日)11時51分54秒

すうがく用語で、「自閉曲線」ってあるでしょ。
autismとは何の関係もなく、loopの訳語ですが。私これが何だか好きで、うれしいの。
偶然なんだけど・・・ 何度も回れそうで、くり返し好きな私にはぴったりだ。
ちなみに私のハンドルの「リンコ」は、loopとよく似たイメージ、linkと、
「意味不明語」「宇宙語」という意味のlingoの合成なんです。link+lingo=Lingkoってわけ。
まあ、これは脱線。 

社会学で自閉っていったら、race holding なのね・・・
おもしろい(笑)


発達検査 投稿者:さつき改めナンナン  投稿日:03月26日(日)14時07分10秒

発達検査ってボヤーッとした親の希望を「これが現実よ!」って
突きつけられてるようで、ちょっと辛かったですね。
やっぱり、IQってこの子達が判断されるものの代表のようなものですものね。
なくならないですよね。


ありがとうfございました 投稿者:ひろ  投稿日:03月26日(日)14時19分09秒

M先生おひさしぶりです。
先日は(といっても、かなり前になってしまいました)
大阪の情報について、ご協力ありがとうございます。
M先生のお仲間の方からもDMいただき
本当に助かりました。

アメリカより連絡があって
何とかめどがついたということでした。
直接連絡するのは帰国後だということですが・・・。

突然のお願いに、いろいろと情報提供していただき
本当に感謝しております。
また、おじゃましますね♪

http://moon.gaiax.com/home/hiroko99/main


だけど、 投稿者:リンコ  投稿日:03月26日(日)14時20分47秒

お洋服を仕立てるときには、身体のサイズを測るし、
眼鏡をあつらえるには、視力を測ってもらいますよね。
知能とかも、そうやって扱ってもらえたらいいのになあ。

本当は教えてもらわないとわからないのに、「教えなくてもできるでしょう」と決めつけられて、
できないと「反抗している」「受けを狙っている」と叱られるのもそれなりにつらかったです(笑)


よくわからないです 投稿者:  投稿日:03月26日(日)15時57分00秒


IQ=lntellgence Quotient  知能指数
DQ=Developmental Quotient 発達指数
EQ=Educational Quotient  教育指数

>精神年齢とは、どうやって決めるのですか?

DQのもとになる発達年齢ということばは一般的によく使われますね。
新版K式発達検査というのは、ゲゼルの発達診断をもとに、ビネ式検査など
の検査項目を導入して作られたということだけど、全般的な発達段階を評価
するものだから、姿勢・運動領域、認知・適応領域、言語・社会領域それぞ
れの現段階の発達年齢やDQという形で算出されるわけね。

それに対して精神年齢は各種知能検査で求められる訳だけど、田中ビネ等で
は精神年齢ということばは使われるものの、WISC-3等では使わないですね。
理由は、もし”歴年齢6歳・10歳・16歳の子”に皆同一の”精神年齢6歳”と
言う検査結果が出たとしても、それはこれらの児童の知的水準が同一である
事を意味するわけではないと言うことが臨床的にも、統計的にも証明されて
いるからだそうです。WISCではIQは精神年齢からではなく偏差IQと言う
考え方で算出されている訳ね。
要は、様々な年齢群との比較ではなく被検者の年齢群の中で個々人が取得し
た得点と比較してIQを求めるってことのようです。
(因みに個人内差と言って、その子個人の認知スタイル、強い部分、弱い部
 分を見ることができるので、私はこちらをよく使います。)



>アメリカで言う精神年齢と日本で言う精神年齢は違うのではないでしょうか。
>日本では、どちらかというとEQ的なものを精神年齢と呼ぶのが普通では?

どうなのでしょう。私にはわからないです。
WISC-3もK-ABCもITPAも、もともとアメリカのものを日本用に標準化したもの
ですね。
その中で、K-ABCは、知能(認知処理能力・問題解決に要する情報処理能力)
と習得知識・技能(修得度・情報処理能力を応用して獲得された知識や技能)
とを分けて評価しているので、知能と、教育などで習得した知識・技能との
”落差”を推し量るには適していますね。
これはIQとEQの両方の要素が含まれているという事なのかな。
ちょっとその辺の所、勉強不足です。 A^^;


あのう、、、ところで、、、
腐乱検死体さんってHNの由来はフランケンシュタインさん?
何故にそのようなこわ〜〜いHNをつけられたのかちょっと興味あります。
宜しければ、教えて下さい。気になって気になって・・・。(^_^;)


皆さん、ありがとうございました! 投稿者:メープル  投稿日:03月26日(日)17時17分41秒

遅れましたが、皆さん沢山のアドバイスをありがとうございました。
一応、私も自己流の療育?をしているのですが、時々「これで良いの
だろうか??」など疑問に思う事もしばしば、、です。
モヤモヤした気分で、言葉を得る為に何をどうやってして良いのか
わからない、情けない母親です。(T_T)
ですから、しっかりした診断を得る事で、まとを絞った療育ができるのでは
ないかと思っているのですが、どうでしょう??
息子に「頂戴」を教えてから、息子が意識して言葉を出す時に
口が「ちょう」の口元になってしまいます。
お母さんも、おいでも、、口元がカラスの口になっています。
ですから、発音はめちゃくちゃ、、、直そうとして、手をそえても
まったくダメ、、
でも本人は、一生懸命に私が言った言葉を言おうとしています。
もし、同じような経験をおもちの方、そうでない方も、どうぞアドバイスをお願いします。
今、どうしょうか悩んでいます。
後、息子はチョキができません。これって発達の遅れがあるのでしょうか?
ウルトラの母さま、聴力検査は大丈夫でした。それと息子は
言語理解もあると思います。多分??
Mさま、はじめまして!これからも宜しくお願いします。m(__)m




ちょき 投稿者:とら  投稿日:03月26日(日)18時45分47秒

メープルさん、
チョキは大抵遅いようですね。うちも(3歳4ヶ月)チョキは「数字を指で数えられるように
なったら」できました。そう、2がそのままチョキですしね。
数字が好きなら指で数字を数えるのも好きになるかもしれません。
好きこそ物の上手なれです。
そして、診断を受ける事が大切というよりは、自分の子供にはどのようなアプローチ(療育)が
有効かを見極めて、実行する事だと思います。病院は予約が何箇月も入っている事が有りますが、
実は具体的なアプローチをあまり指導してくれません。
市町村の療育センターか民間から指導をうけることになると思います。
とはいえ基本は短い言葉で端的に話し掛け、要求を中心としたエコーをさせる事だと思います。
わかっているからといってあまり、親が先に要求を満たさないこと。
ただし、段階やレベルがあるので、すこしずつ前進させましょう。
あとは絵カードや文字を使ったりなど、そのお子さんに有ったアプローチがあると思います。


どうでもいいレスですが(^^; 投稿者:腐乱検死体  投稿日:03月26日(日)21時52分02秒

>腐乱検死体さんってHNの由来はフランケンシュタインさん?
はい、そうです。

>何故にそのようなこわ〜〜いHNをつけられたのかちょっと興味あります。
>宜しければ、教えて下さい。気になって気になって・・・。(^_^;)
「悪」キャラ用に開発したHNの出来が良かった(と感じた)ため、
以後利用するようになったのです。
とりあえず、3種類のHN(一つは本名)を分けて使ってます。


うちの子4人とも 投稿者:こくっぱの母  投稿日:03月26日(日)22時17分09秒

ちょき(2歳)がやっとできたころには、3歳になってました・・・。


フランケンシュタインって、 投稿者:リンコ  投稿日:03月26日(日)22時26分40秒

博士の方ですよね、怪物の方じゃなくて。
あの怪物、名前ないのね・・・

私、あの怪物、なんか好きなんですよー。子どものときから。(ヘン?)
私もあんな風にできたのかなあなんて思ったこともありました。


ちょき その2? その3? 投稿者:ウルトラの母  投稿日:03月26日(日)23時03分39秒

発達の送れた子は指先の力が弱い子が多いみたいですね。でも発達に問題なくてもチョキは
難しいと思います。親指と人差し指でチョキをしている3才児なんてのも、結構多いです。
うちの長男も「2さい」ができた時は3才になってました。
ウルトラは未だに空いた手で曲げた指を押さえています。

聴力は大丈夫でしたか。ならばメープルさんが言語理解があるというのなら、大丈夫ですね。
うちは軽度難聴なので「言語理解ができている」ような気がして補聴器を付けるのをずっと
保留にしてしまったので。

とらさんの言われるように、病院は具体的なアプローチの指導ってのはしてくれませんね。
私の住んでいる所では、就園前の子供の場合、まずは保健婦さんに相談して保健所でやっている
遊びの教室に通うようになります。そこは障害の有無に関わらず、近所にお友達がいないので
集団に入った時に上手く遊べないなどという理由で通う子もいますが、そこでの活動を通して
発達相談員さんや小児精神科の先生が「見極め」をしてくれ、指導にあたっています。

>しっかりした診断を得る事で、まとを絞った療育ができるのでは
>ないかと思っているのですが、どうでしょう??

私はそう思いますが、人それぞれでしょうね。
でも、まずは診断を下された後の事も考えてからの方が良いような・・・。
誰だって、できれば自分の子は何のトラブルもない子であって欲しいというのが本音でしょう?
過去ログの中にも「ラベリング」という話題での投稿がたくさんありますので、探して読んで
みると参考になるかも。
いつごろの話題だったかちょっと思い出せないんだけど、検索システムで出てくるかな?
(検索システムを使ったことないのでわかんない〜。すみません。)


しっかりした診断 投稿者:あっきー  投稿日:03月27日(月)01時09分55秒

お久しぶりです。
私は、しっかりした診断を受けてただいま落ち込み真っ最中です。
とは、言ってもだいぶ這い上がってきたので書き込みします。

息子は先週三歳になりましたが、去年保育園から、ことばの遅れと癇癪の問題から相談に行くように言われ
保健所の育児相談とことばの相談室の診察(有名な石崎先生)で『自閉傾向』と言われ
脳波をとるように勧められました。何で脳波をとるのかもわかりませんでした。
そしてそのまま療育センターと保育園と並行通園となりました。
療育センターではめきめきのびていってくれたので
先日の検査結果は遅れが少ないことがわかりました。
検査結果で私はなにをしてあげればいいのですか、と聞くと『普通に接してあげて下さい。
横目を使ったり、くるくるまわるのは楽しくてしているので個性と思ってください』と
言われました。発達検査の結果が思っていたより良かったりしたので『大丈夫。健常児ですよ。』
なんて言葉もわずかに期待していた私だったので『あ〜やっぱり障害があるのね』と
思わされがっくりと来ています。そしてそのままずるずると地をはっております。どろ〜。

行かなきゃ良かった、とも思ってます。こんなに落ち込むぐらいなら。今、受け入れきれて
ないです。こんなことなら、問題行動ひとつひとつに対処する事さえやって様子を見れば
良かったとも思ってます。『あなたは普通じゃなくて、普通に生きられないかもしれないのね。』と今までのようには息子を見られない自分があります。

ここに来るお母さん達はこんな時期を乗り越えていかれたばかりです。
私もそういう日がくるのかなあ、とは思っていますが、今はとても…。

しっかりした診断ってなんの為にあるのかわからなくなってしまう今日この頃です。
でも医学的な足の問題とか、血液の問題とかは病院に行ったからこそわかったので
良かったとは思ってます。
でも、本当に診断結果を受け入れるのは大変な事です。
私なんて初診ですでに『広汎性発達障害』と言われてはいたのに、にもかかわらずですから。(検査してみなきゃわかんないさ、と思ってたのもあったので)


訂正 投稿者:あっきー  投稿日:03月27日(月)01時17分31秒

ここに来るお母さん達はこんな時期を乗り越えていかれたばかりです。
〜間違えました。『乗り越えていかれた方ばかりです。』

ついでに横のび、またまたごめんなさい。


あっきーさんへ 投稿者:にゃんこママ  投稿日:03月27日(月)04時52分33秒

こんにちは。
そうですね。多くの方が通る道ではあるのですが、はっきりした診断をされた直後
からしぱらく(人によってはかなり長い期間)落ち込んでしまい、”こんな事なら
診断なんて受けなきゃ良かった”って思うんですよね。
うちの場合は、「自閉症」と診断された時、もう5才8ヶ月になっていて就学児検診
の直前だったので、落ち込む間もなく、そのまま就学問題に突入して障害児学級を
選択しました。
”もしかしたら健常児かも”というほんの僅かな期待が無くなってすぐに我が子を
「障害児学級」に入れることを決める(つまり障害児であると認める)
ということは、自分自身の頭の切替えや周囲の理解を得る時間が足りませんでした。
せめて3才か4才くらいで診断がはっきりしていれば、就学についてもっと早くから
考えることや、周りに理解を求めることができたのに・・・と思っています。
あっきーさん、今は辛いと思います。
だけど、うちのように就学ギリギリにその辛さを味わうよりずっといいです。
診断がついたからといって、目の前にいるお子さんが別人になるわけではありません。
○○ちゃんは○○ちゃんでしかないのです。

http://www.diana.dti.ne.jp/〜t−sumida/index.html


お久しぶりです。 投稿者:かずママ  投稿日:03月27日(月)08時59分06秒

>目の前にいるお子さんが別人になるわけではありません。

そうそう、メールにも書きましたが、にゃんこママさんも言われるように、息子さんは
今までと何も変わらないんですよ。
それだけは、忘れないであげて下さいね。

私は、診断を受ける前に大きな壁を乗り越えたんで(診断が遅かったので)、診断を受
けた時は、ショックより、やっとわかった喜びが大きかったんです。
だから、そういった意味ではあまりわかってあげられないかもしれないけど、ゆっくり
でいいから、前に進んでいきましょうね。

http://www9.freeweb.ne.jp/family/kazumm/


ちょき 投稿者:ゆきりん  投稿日:03月27日(月)10時15分32秒

いつ頃ちょきができるようになったか覚えがありませんが、
気にならなかったのか知識がなかったのか、気がついたときには
できるようになっていました。
が指先の力の弱さは今も残っています。
たぶんこの先長く残ると思います。
これに関しては麻痺等がなければ単に慣れも有ると思うのでいろんなことを
させてみて出来た時にはほめる方式でやっています。
大きくなってくると先に「出来ない」と子供が言うかもしれないので、
できるだけあせらず気長に向き合い自信をつけさせたらどうでしょう。
と言葉や理屈ではわかっていても実際子供を目の前にするとそうもいかないのが
現実ですね。

掲示板過去ログに戻る