2000年4月その2
ワンセットだと、 投稿者:リンコ  投稿日:04月04日(火)15時55分13秒

思い込んでいたのー。単純でしょー。
名前は変わらなかったというのが、しばらく、ずっと釈然としなかった
(偶然だと思っていた。すごくラッキーだっただけなんだと)
だいぶ大きくなって、誰かが転校するときに、みんなが新しい住所を聞いてたりして、
なぜ名前も聞かないのだろうと思っていたし(笑)

理由はもう一つあったのね。
私はよく、おんなじ質問をくり返してうるさがられていて(おんなじ答えを聞きたかった)、
「知ってることを、わざときいちゃいけません!」って叱られていたんですよ。
で、母が質問するってことは、母が知ってたらズルっ子ですよね。

母は知らないのかもしれない、とも思ったんです。

母は全知全能だと思っていたし、母は正義だとも思っていたし、

母が知らないのは困る。でも、母がズルっ子する人になってしまっても困る。
で、この母はにせものかなあと思って、「よし! 調べよう!」と思って、
服をめくってみようとして「きゃあ!」と言われたり、

なにやってたんだか・・・
みんな、そうやって、大きくなっていくのね(笑)

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/index.htm


ウフフ 投稿者:にゃんこママ  投稿日:04月04日(火)16時18分14秒

そうか、そうやって大きくなっていくのね。ウフフ。


ぎゃはは 投稿者:  投稿日:04月04日(火)19時05分36秒

>この母はにせものかなあと思って、「よし! 調べよう!」と思って、
>服をめくってみようとして「きゃあ!」と言われたり、

 只今自制中のMです。
 リンコさんの発言、いつも私のツボに大命中!!

 でも、何があったら本物だと思ったわけ?


何だったかなあ。 投稿者:リンコ  投稿日:04月04日(火)19時17分54秒

わすれちゃった。<めくって調べるポイント
何せ、小さかったですから。

でも、一応、論理的ではあるでしょ?
前提になるはずの情報が(「名前は、ずっと変わらない」)、抜けているだけで。


わっ、ともママしゃ〜ん!! 投稿者:  投稿日:04月04日(火)19時27分13秒

ともくん元気にしちょったぁ?

とらさん、彼女はウルトラ・玲姉妹より古株の、ここの最長老?なんですよ。

>友達が、「うちの子も当分そうだったよ、本人は心の中では全部言ってるつもりでも
>最後しか口には出ないみたいよ」と教えてくれたので、
>「そうかなあ、でもその子は障害の無い子だしなあ、一緒かな」と
>安心していいのやら分からない母なんです。

 ダウンの場合、確かにことばの音節がとんでしまう傾向の子は多いけど、
 語尾だけを復唱するという状態はダウン症の子特有のものではないと思う
 よ。
 障害の有無に関係なく、言語の発達の過程で、同じ道を通る子は結構いる
 んじゃないかな。 


なるほど 投稿者:とら  投稿日:04月04日(火)19時47分53秒

大先輩にアドバイスとはこれまた、とんだ失礼をば。
ご無礼のほどお許しいただき、今後ともよろしゅう申し上げます。


お久しぶりです 投稿者:ウルトラの母  投稿日:04月04日(火)20時40分52秒

ともママさんだ〜♪

あの頃の方達はみんなROM組に回っておられるのですね。
表に出てきて同窓会しましょうよ〜。


M先生へ 投稿者:ふゆまやー  投稿日:04月04日(火)21時02分23秒

家庭でアプローチし始めてから3ヶ月、会話が出来つつありやりがいを
感じています。
何処・何しているの?・誰が?等の概念は出来つつありますが、
いつ?(時間の概念)が弱いようです。
子供にアプローチしはじめてからMさんのように、言葉の先生になれたらー
なんて思う程、はまっております。
Mさん、言葉に関してお勧めの文献などございましたら、是非教えて下さい。(^^)
ウチの地域では、5歳ぐらいからの言葉の教室しかなくウチの子のように
3歳を対象にしている所が殆どなく、自分でやった方が早道だと感じています。



こんばんわぁ〜〜 投稿者:ruru  投稿日:04月04日(火)21時16分20秒

以前にカキコした事がある、ruruです。その節はお世話になりましたァ〜〜
今日は特に何もないのですが、もうじきわが娘も2年生になります。障級へと薦められて
いるのですが、もうちょっと普通で頑張ろうと思っています。弟も今度1年生になって、
お姉ちゃんらしさが出てくるかも…とちょっと期待したりなんかして・・・(^^) 1年生へのお祝いで鍵ハモを演奏するのですが出来そうにもないですぅ〜〜やっぱり。 でもまぁ、いいや。と思えるようになりました.アハハハ・・・・


私は、 投稿者:  投稿日:04月04日(火)23時00分33秒

>Mさん、言葉に関してお勧めの文献などございましたら、是非教えて下さい。(^^)

 ふゆまやーさんがやっておられるABAにも関心もないわけではないけど、
 基本的には良いとこ取りの混合我流指導なので、
 いわゆる「指導法」の本より「指導のヒント」の方が役立つんです。
 で、それは専らネットで仕入れています。

 
 ちょっと待ってください。指導法を正攻法で勉強していそうな人が・・。
 それに、幼児さん担当だし・・。
 「akagumiさん、出番ですよぅ!!」
 返事がないなあ・・。
 もう1回、大きな声で呼んでみよう。
 
 akagumiさ〜〜ん、出番ですよぅ!!

 あ、下記のサイトは知っておられますか? 
>ABA理論は有効的な教育方法ですが、全ての子供に効果をあげるためには、
>オリジナルのやり方を状況や子供の障害に応じて変えなければいけません

 と言う記述に心惹かれるものがあります。勿論、これはABA理論に限った
 事ではないですよね。まず、子どもの状態を見ながら、何が必要か何が可能
 かと考えて行くことから指導は始まると言うスタンスね。

http://www.geocities.co.jp/Beautycare/2812/aba.html


わ〜い、ともママさんだ〜♪ 投稿者:朝倉玲  投稿日:04月04日(火)23時19分12秒

おっひさっしぶりで〜すっ!!! \(^o^)/
ともくんも、お元気でいらっしゃったのですね。
お懐かしいです。

>あの頃の方達はみんなROM組に回っておられるのですね。
>表に出てきて同窓会しましょうよ〜。

そうそう。皆さん、是非出てきてくださいよ〜!
最近のお子さんの様子など、聞かせてもらいたいなぁ。(^^)

ちなみに、言葉の最後の音、あるいは最後の数音を繰り返す、というのは
うちのショウも話し始めの時期にやりました。
なぜ、頭の音でないのだろうか、と不思議でしたが、
そのうちに拾える音の数が増えていって、
いつのまにか単語そのものを言えるようになっていました。


それにしても、いまだに不思議なことが・・・。
いつだか、どなたかも書いていたような気がするのですが、
ショウの口にする言葉は名詞より動詞の方が多いのですよね。
「やってちょうだい」とか「切ってちょうだい」とかはスムーズにでるのに、
「なにを?」と聞くと、やって欲しいこと、切って欲しいものの名前が言えない。
何度も繰り返して聞くと、やっと答えられたりしますが、
これがなんとも不思議です。
普通は、動詞より名詞の方を先に覚えるような気がしていたから。

これって、普通の子どもでもそうでしたっけ?
なんか、上の子は名詞が先だったような気がするんですけど・・・

便乗して、自分の質問まで書いてしまいました。あはは。(^_^;)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


それぞれ、違います 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月04日(火)23時43分07秒

>ちなみに、言葉の最後の音、あるいは最後の数音を繰り返す、というのは
>うちのショウも話し始めの時期にやりました。

全然ツボをはずしていますが,うちの場合やっとしゃべり始めたころ「ゾウさん」の歌を
うたわせると4人ともずいぶん違ってたことを思い出してしまいました。
長女→「ぞ・ぞ・お・は・な・い・ね」と、どちらかといえば最初の音でうたう。
ハカセ→「・ん・ん・が・ね」と、最後の音しか言わない。
次女→「ぞ〜ぞ〜お〜がな〜いね〜」と、最初の音を妙に伸ばしまくる。
こくっぱ→いまだにこの歌はうたわない・・・。
不思議と3人は音程は合っていました。何か意味があったんだろうか?

名前の件、ハカセは昨年まで「○○君」までが自分の名前だと信じておりました。
「お名前は」と聞かれると,「○○くんです!」
「君」は名前ではないと納得?させるのに1年かかりました。
こくっぱは未だに自分の名前がいえません。・・・名前、難しいです・・・


無題 投稿者:るり  投稿日:04月05日(水)00時12分10秒

3週間前から顎関節症に悩まされていました。10年ごとに起こるのですが、前のときも、
整形外科に行き、先生に「これは口腔外科の専門だよ」と教えられていったものの、休診で、
そのまま直ってしまいました。今回の方が長引いていますが大分楽になったので大丈夫そう。
それよりも、同時期に、身体が温まると湿疹が出て来る様になり、原因がわからないので、
明日病院に行きます。息子を連れてなので疲れそう・・

ウルトラの母さん
>生きた言葉と言うのかな?とにかく言葉に感情が込もっているのです。嬉しいです。
それ、よーくわかります。心が通い合っているのが実感できるのですよね。
拙い言葉だけど、これも立派な会話ですよね。

とらさん
そうですか、「行動療法」というのですか。うちは知らないで上手い事ツボを押さえた
んでしょうね。でも、あんまり親が盛り上がると息子は盛り下がるタイプなので、調子に
乗らない様に気をつけたいと思います。

ともママさん
始めまして。
うちの息子も近頃、語尾のところに力を込めて発音する事が多いです。
たとえば、「いただきます」を「い○○きます」とか。
別にまったくその場にそぐわない事を言っているわけではないので、私としては言葉を
発するのに意欲的になって、良い傾向だと単純に喜んでます。単なる親の勘ですが。
玲さんとこのショウくんのように、それで単語が増えるといいのですけれどね。

こくっぱの母さん
なぜ、キャンディ位で名前を言えるようになったのか、不明です。いつもあげてるのに。
トイレトレーニングも、なぜ、突然自分でトイレに行く様になったのか、不明です。
子供の発達の仕方って謎だらけです。


名詞と動詞 投稿者:ウルトラの母  投稿日:04月05日(水)00時26分34秒

ウルトラは単語でのみしゃべるので、扱える言葉としては名詞が多いかな。
でも「オウッコ(オシッコ)」は実は「オシッコしたい」だから動詞になるのか?
「ウーヌー(ぎゅうにゅう)」も「牛乳飲みたい」だし、「ンデオ(ビデオ)」も「ビデオ
見たい」だなぁ。
そう言えば純粋に名詞となると、かなり怪しい。バナナを見て「ンー(リン)・・アババ(バ
ナナ)」とか「ンカ(みか)・・アババ(バナナ)」とか、りんごとみかんと混同しているし。
りんごとみかんは両方とも絶対間違えないのに、バナナは未だにしっかり覚えられない。
言語理解の方も、名詞を理解するよりも動詞の方が早くに理解できます。
この子にとっては名詞よりも動詞の方が生活に密着しているというか、必要性が高かったから
だと思ってました。

最後の1〜2音だけ発音するというのはないですが、発音がキレイな場合はそれでも何を言って
いるのか想像しやすくて良いですね。
うちの子は発音できる音が極端に少ないので、折角話してくれた言葉なのに私でさえ理解して
あげられない事が多くて、しゃべりたいという気持ちを損ねてしまっているのではないかと
心配しています。
解ったふりして「うん、そうだね」なんて言って違う事をしちゃったり、どう考えてもわから
なくて最終的に「わかんない。ゴメンね」って言うととても悲しそうな顔をします。
明後日保育園の入園式なんですが、お友達に「理解してもらえない」ストレス、どうやって
発散するのでしょうか。泣くのかな、やっぱり。
保育園の先生は「泣ければ大丈夫ですよ」と言ってくれました。泣くことすら出来ない子の
ストレスは相当なものなのだそうです。
明日は聾学校の幼稚部の入学式。こちらは同じ障害を持つ仲間達なので、気も楽なんですが。
二つを並行して通う事になるので、以前こくっぱの母さんがやっていた、通園カバンを2つ
用意するという方法を取り入れました。
カバンを見せて「今日は保育園」「今日は幼稚部」とやれば、本人もスムーズに気持ちの
切り替えができるだろうなぁと思いまして。こくっぱの母さん、こっそりお知恵拝借しました!

http://www.hello.co.jp/~say2000/


要求語 投稿者:とら  投稿日:04月05日(水)10時09分51秒

私の勝手な分析ですが、ウルトラの母さんの場合も玲さんの場合も名詞・動詞という概念より
「要求語」としての言葉が出ているのではないかと思います。要求は言葉の基本と言いますし。

>「なにを?」と聞くと、やって欲しいこと、切って欲しいものの名前が言えない。
これに関しては「何」の概念がまだ正確に掴めていないのかな、と。
ウチも似たような感じで今取り組んでいる所です。
「何を」に対して色を答えてしまう事も有り、疑問文は色々なケースが有るから
難しいなとあらためて思います。
普通の生活では自分達はそんなに正確にはしゃべっていないし、
生活の上では十分事足りるんですけどね。


がーーん! 投稿者:リンコ  投稿日:04月05日(水)10時25分19秒

そっかー、私のバアイ、ぺらぺらとしゃべるくせに、
「要求語」が遅れていたのか!

私の言語は、砂上の楼閣だったのね(爆)


勝手な分析2 投稿者:とら  投稿日:04月05日(水)10時31分32秒

リンコさんの引越しと名前の件ですが、これは郵便物などの宛名などが頭にあって、
「住所と名前がセットになっている」と考えていたんでしょうかね ?
でも、小さな子供なら自分宛てにあまり手紙も来ないか...

いつも思うんですがリンコさんって小さい頃の記憶をいくつも鮮明に覚えていますよね。


いやー、耳から覚えた 投稿者:リンコ  投稿日:04月05日(水)10時58分22秒

ただ漠然と、「何もかもが変わるんだ」って思ったんですよね。

名前は変わらないっていうのを、
当時の私にどう言ってくれてたら納得してたかと考えてみると、
引っ越し荷物を指差して、「これも前からあったでしょ」「これも前からあったでしょ」
「それと同じ」って言ってくれたら、わかったかもね。

実は、引っ越し荷物でさえ、イマイチ、前と同じかどうかわかっていなかったのです。
なぜかというと、家具と建具の区別がついてなかったから。
どこまでが本棚の壁で、どこからが家の壁か、わかっていなくて、
「家具が移動可能なもの」という感覚もなかったですから。
食器棚の引き手とか、ステレオのつまみとかが同じなのはわかっているけど、
他の食器棚と比較した経験も他のステレオと比較した経験もありませんから。
「ここらへん(前の家から持って来た家具を見ている)は、見覚えがあるなあ」と、
だんだん気がついていったのですが。

よく覚えているのは、やはりショックだったから、謎だったから、でしょう。
ただちに納得したことは、すぐわすれてしまいますが、
無実の罪で叱られた(ような気がした)ことは覚えているものです。
腑に落ちなかったことは、誰にもたずねずに(たずねる言葉はなかったので)、何年も
ときどき反芻しては考えこんでいましたから。

記憶が鮮明なのもよしあしです。
20年もたってから納得がいって、恥ずかしくて泣きたくなって、落ちこんだり、暴れたり、
精神衛生によろしくないことこの上ありません。
私は覚悟を固めて確信犯的に自分からぺらぺらしゃべってますが、ちょっぴりマゾ入ってるかな

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/index.htm


イントネーション 投稿者:ひいろ  投稿日:04月05日(水)11時19分54秒

うちの場合は、言語は未だに喃語レベルですが、
私がなるたけ話すときにイントネーションをつけて話すようにしているので
イントネーションで何をしゃべっているのか想像が出来ることがよくあります。
例えば「いち、にい、さん・・」と歌うように数を数えたりとか
(もちろん1、2、3とは言ってないです。節が無ければ全く理解できないレベルです)
あと話題にでていた語尾を言うというのも、やってますね。
「ちょーだい」というのを「・・ーかい」みたいに言います。
手を出してイントネーションが合っているので、多分親以外の人にも理解できるレベルには
なってきていると思います。
朝から晩までなんだかよくしゃべってはいますが、まだ幼稚園では口数が少ないようですし
道は遠いよ〜。

そうそう。私も叫んじゃおうかな〜。
akagumiさぁん〜。おげんきぃ?
♪♪ お暇ならきてよねぇ、私寂しいの・・・(おいおい、お前はいくつだ・・)


記憶 投稿者:るり  投稿日:04月05日(水)14時04分36秒

>無実の罪で叱られた(ような気がした)ことは覚えているものです。

私が小1の時の話です。当時住んでいた家は、台所の横に子供部屋があり冷蔵庫も置いて
ありました。私の机のうしろです。その日、私はおやつに葡萄を食べて宿題をしてから遊びに
行きました。家に帰ると母が真っ赤な顔をして怒っていました。父の分の葡萄を乗せたお皿が
見当たらないと。「あなたが食べたんでしょう!正直に言いなさい!」私は母が出してくれた
分しか食べてないので、「食べてない、知らない!」と正直に答えました。それなのに母は、
「ウソをついて、あなたは口が卑しいから食べたんでしょう。夕食は抜きだからね!」と言って、
まったく口をきかなくなりました。父が帰ってきたのは夜の10時過ぎ、帰った父に母が、
「この子は恐ろしい子だわ。お父さん叱ってちょうだい。」と言ってます。父は私に声をかける
前に冷蔵庫の中を確かめました。

そしたらちゃーんと葡萄はあったじゃありませんか。

私はこの事を「葡萄事件」と呼び、冤罪事件のニュースを見る度に、父に「あのときはね・・」と
話すので、「おまえをしつこいね」と言われていました。もちろん夫にも話していてますので、
「いやー、あのときは・・」と話し出すと、やはり夫に「何度も聞いたよ」と言われます。

それくらい、私にとっては逃げ場もなく困り果てた出来事なのでした。
でも、うちの母も相当な人だよね。いくらなんでも、お金もなく自力で逃げることもできない
子供に食事抜きって事は私は出来ないし、腹が立っていたからといって何時間も子供と口を
聞かないなんて。

そんな母に育てられた私って、何?


そっか 投稿者:ウルトラの母  投稿日:04月05日(水)14時42分32秒

要求語か、なるほど!!


祝 入園・入学そして進級 投稿者:  投稿日:04月05日(水)20時30分51秒

目の前に大きな山が見える?
「あ、そこに石段があるよ。」
段々は1段ずつ登ればいいのよね。まず、最初の1段ね。


みなさん、お元気かなぁ・・ 投稿者:  投稿日:04月05日(水)20時36分14秒

>前にカキコした事がある、ruruです。その節はお世話になりましたァ〜〜
 
 ruruさんもあれから色々あったんですね。
 鍵盤ハーモニカの事を質問したときに答えてくれたのが、ピアノの先生のともママ
 しゃんだったよね。
 あ、HPを開いておられるんですよね。え、内緒?

>あの頃の方達はみんなROM組に回っておられるのですね。
>表に出てきて同窓会しましょうよ〜。

 うん、その頃やあの頃の皆さんどうしておられるのかなぁ。
 声を聞かせてくださ〜〜い。

>♪♪ お暇ならきてよねぇ、私寂しいの・・・(おいおい、お前はいくつだ・・)

 あのねぇ(;^_^A 
 それ知ってるのは某Mさんとひいろさんぐらいだと思うよ。


リンコちゃ〜〜ん 投稿者:  投稿日:04月05日(水)20時43分41秒

>記憶が鮮明なのもよしあしです。
>20年もたってから納得がいって、恥ずかしくて泣きたくなって、落ちこんだり、
>暴れたり、精神衛生によろしくないことこの上ありません。
>私は覚悟を固めて確信犯的に自分からぺらぺらしゃべってますが、ちょっぴりマゾ
>入ってるかな

 恥ずかしい? どうして?
 その頃のリンコちゃんを抱きしめて、思い切り頭をナデナデしてあげたい気分。
 だって、いじらしいくらいに一生懸命で、可愛いもん。

 私でもそう思うんだから、身近にリンコさんに似た部分をもっている子どもさんの
 いるママたちの思いは推して知るべし・・ね。

 でも、頭をナデナデばかりしてても、その子の生き難さは変わらないから、
 どう教えたら、「世の中の不思議」が理解できるのか、あの手この手を画策してみ
 るね。
 指導が始まるまでに、リンコ語録を読み返して考えてみなきゃ!!


みぎゃっ! 投稿者:リンコ  投稿日:04月05日(水)20時49分33秒

わたくし、当時より、触覚過敏がありましたゆえ、
なにか別の手を考えてやってくらさいまひ。
ふり回すとかな!

いやー、恥ずかしいのっていうのはいきなり襲ってくるもので、
「あの時はそれなりに大まじめだったのだろうなあ」と頭では分かっても、
やっぱり恥ずかしいっすよ。だって、それがなかったら、同じ失敗やりますよ(爆)
3歳では許される失敗も、35歳ではしゃれになりまへんがな

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/index.htm


ちなみに、 投稿者:リンコ  投稿日:04月05日(水)20時51分53秒

「恥ずかしい」という感覚は、かなり大きくなるまでわからなかったので、
スタートが遅れた分、取り返しているんじゃないですかね(笑)
恥ずかしいのは辛いですが、恥ずかしいという感覚を獲得したことは誇らしく思っているのです。


じゃあ 投稿者:  投稿日:04月05日(水)20時54分27秒

ふり回してあげる。
でも、触覚過敏の頭も少しずつ少しずつナデナデしたい!!


あ! 投稿者:ともママ  投稿日:04月05日(水)20時57分39秒

おぼえててもらえたんですねー!感激!!
はじめましての皆さんも、よろしくお願いします。

古株と言っても、ちょっと早くここに巡り合えた、って言う運の良さだけで・・・。

どうも私は一つの事しか追っかけられない人間みたいで、おむつはずしで
頭がいっぱいになってた時期は、言葉の事、何も気にしてなかったようです。
とほほ。

とらさんのおっしゃるように、語尾だけいってる時には単語をこちらが
返してやるように心がけてみようと思います。
い、が、でぃ、になったり、た、が、てゃ、になったりするので
親の解釈が子の思いと食い違う事は多々あるでしょうが。
そのうち単語になっていく事を願いながら、気長にいこうっと。

もう一つ質問してもいいですか?

どれ?や、どっち?に対して指差して意思表示することが無いのが
気になっているんです。
「犬がいたよ」「それちょうだい」など、自分の思いを伝える時には
指差しするのですが、質問に対して答える場面が無いのです。
「これがほしいの?」と聞いても知らん顔で、しびれを切らして私が手に取ると
欲しいものであれば取りにやって来る、という感じです。

質問されていることを理解してないのでしょうか?

質問に答えることは、人との関わりの中でとても基本的で大切なことだと思うので、
早くどうにかしてやりたいのですが、そのつど「ゆびさすのよ」と教える以外に
何か方法はないでしょうか?


反対側からヒントになるかな? 投稿者:リンコ  投稿日:04月05日(水)21時30分44秒

ともママさん初めまして。アスペ本人のリンコといいます。
私の指差しは、子どもさんとちょうど反対でした。

質問に答える指差しはできるけど、

>「犬がいたよ」「それちょうだい」など、自分の思いを伝える時には

できませんでした。
(まあ、それ以前に、自分の思いを伝えるという概念がなかったという問題があったみたいだけど)
それはオイトイテ、

質問に答えるときは、指が下向きかげんだったり、視線がナナメ下向きだったりするでしょう。
自分の思いを伝える指差しって、向こうの方だったりするものだから、指はまっすぐ前方むいてる。
「近くの指差し」と「遠くの指差し」では、自分から見える手の向きとかが違うし、
気分も違うものだから、

「遠くの指差し」ができるようになってからも、
まさかこれが「近くの指差し」と同じ行為だとは思いもよらなかったです。
「これも、『指差す』っていうのー? なまえがおんなじなのね」ってなものでした。
(「雨」と「飴」の関係と同じような感じかと思って)

全然、別の物だと思って、べつべつに覚えました。
そして、まぎらわしい名前がついていることに、ちょっと不満でした。

側方からのヒントにでもなりましたでしょうか・・・

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/index.htm


ともママさん 投稿者:とら  投稿日:04月06日(木)14時45分27秒

どうもです。あつかもしくもアドバイス。
おそらく指差しと言う意味では、自閉君とこの辺りが異なるもかもしれません。
たいていの自閉君はウチの子も含めて、物の選択の指差しの方が、自発的な指差しよりは
早いと思います。
「どれ」や「どっち」の概念が掴めていないのかもしれません。
最初は2つで「どっち」から始めて、おやつなどの際に「好きなもの」と
「それほど好きではないもの」の二者択一の練習が良いのではないでしょうか?
手が届くくらいの所から始めれば、おそらく手を伸ばしてくるはずで、
その時に「こっち」と確認して手渡す。少しずつ距離を離して手差しに変える。
手差しを指差しに変えるといった感じで、「どっち?」「こっち」と持っていけないでしょうか。
既にやられていてあまり参考にならないもしれませんね。


ご無沙汰でした 投稿者:ぴっぴ  投稿日:04月06日(木)17時53分11秒

入園、入学の皆さん、おめでとうございます
春はやはりドキドキで、やっぱりちょっぴりワクワクですね。

急遽出かけてしまい、お礼が遅くなりました。
こくっぱの母さん、ハカセ君の言語指導のこと、教えていただいてありがとうございました。
そうか、やっぱり発音が中心の指導なんですね。
それが言語療法士さんのお仕事なんだ〜!!トーゼン???と改めて思いました。

うちは小さいとき、どうやったら子供が話したい気持ちになるか、というそのあたりを
突っ込んで聞いてきたので、
(そのため、小さいときって、発音は二の次でGO!っていう感じだった)
言語療法士さんって、なんていうか、もっと、療育全般的なプロなのかと思っていました。
で、今後もそういう指導をしてもらえると勝手に思っていました。
でもどうやら違うみたい・・・。
小学生の通う言葉の教室系は、なんだか勉強のことが中心のようだし。
この辺、どうなんでしょう、Mさん・・・。

うちも5歳をすぎ、次は発音練習をやるならやろうか、という感じですが、
私は、うちの子の問題は、発音じゃないんだけど・・・
と思うわけですね。
(もちろん、発音がもっときれいになれればそれに越したことはないのですが。)

療育のプロ(ってどんな人?)なら、ある程度しゃべれるけど一人語りも多いのよ!
っていう子にどんな指導をしてくれるのかなあ?


そんな事はないですよ。 投稿者:  投稿日:04月06日(木)22時57分20秒

>そうか、やっぱり発音が中心の指導なんですね。
>それが言語療法士さんのお仕事なんだ〜!!

 構音障害は短期間に、比較的簡単に改善するものなので、
 他に問題のある子も、取り敢えずそこから指導をする事
 は多いと思いますよ。


>小学生の通う言葉の教室系は、なんだか勉強のことが中心のようだし。
>この辺、どうなんでしょう、Mさん・・・。

 色々かな。
 勉強中心(文の読みとりや算数の文章問題等)の子もいるけど、
 語彙そのものを増やす事が中心の子もいるし、
 助詞の使用をはじめ様々な表現法を獲得する事が中心の子も・・・。
 書字障害、読字障害の子には勿論その辺の指導が必要。
 その他、ひとり一人の認知のスタイルや得手不得手な部分を見て指導計
 画は立てるから、ほんと色々ね。
 
 
 でも、この頃、
 うちの教室の傾向としては、ことばは沢山知っているけど、それをコミ
 ュニケーションに使えていないタイプの子の相談が増えて来たような気
 もする。
 社会性の育ちに弱さを残している子も多いからソシャルスキル的な取り
 組みも避けられない。
 それと、
 いわゆる5W1H、2歳代に理解できるとされる「なに?」「どこ?」
 「だれ?」、3歳代の「いつ?」「どうして?」「どんな?」等の疑問詞
 の理解に特異な困難さを残した子も。


あ、ともママさん、 投稿者:  投稿日:04月06日(木)23時09分39秒

  とらさんの言われるように要求の指さしと物の選択の指差しとは意味合
 いが違うよね。「どっち」や「どれ」は、前述の5W1Hよりは早期に
 獲得されるものだと思うし、とらさん提案の方法は有効かなと思います。
 それにしても、とらさんはお子さんを良くみておられるなあといつも感
 心。二人で頼ろうね。(*^^*)
 
 で、要求の指さしの話を続けると、それには前言語的な意味合いがある
 のね。
 赤ちゃんは自分の要求を初めは声や視線で、やがて指さしで伝えるよう
 になる訳だけど、それが出るとその後、意味と音声を結び付けことばの
 使用を始めると言うのが所謂一般的と言われることばの発達であるわけ
 ね。
 で、どうして指さしが前言語的な意味合いがあるかというと、
 要求・もの・動作(意味されるもの)を、ことば(意味するもの)で表
 現するためには、あるものを他のもので例えるという機能(象徴機能)
 の育ちが必要だということ。
 要求の指さしができるということは、その機能が育って来たということ
 でもあるわけらしいのね。象徴機能が形成されると、欲しいものや伝え
 たいことがある時、指さししたり、動作で伝えたり、絵と実物を見比べ
 て、これとそれが一緒だというような意志表示もできるようになってく
 るっていう事ね。

 ABAの言語指導で動作模倣やマッチングなどのレッスンをするのも、
 それね。

 う〜〜ん、
 アスペルガーの場合、
 要求(必要)からことばが育つのではなく、
 不必要でも、とにもかくにも、まずは正しい日本語の獲得が優先される
 って訳か・・・。これってカナータイプなどより、象徴機能の育ちが早
 いということなのかなぁ?

       <・・と呟いて・・今日はもうおやすみなさい。


うーむ、 投稿者:リンコ  投稿日:04月06日(木)23時29分38秒

私の場合、「言葉をおもちゃにしていた」というべきか、
「言葉をおもちゃだとしか思っていなかった」というべきか、
「言葉に実用的機能があることを知らなかった」というべきか。
カレンダーや糸巻きに執着するのと同じように言葉に執着していたんですよね。

「選択の指差し」は、手が下を向くから、手首の丸みが一番上に来るんですよ。
「要求の指差し」は、手がまっすぐ前を向くから、手首の丸みが見えないんです。
(ていうか、手首が反っているでしょ?)それに、肘も伸びている。

だから、別の物(と、当時の私は思った)

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/index.htm


ようわからん・・ 投稿者:ひいろ  投稿日:04月06日(木)23時33分41秒

今日、よくドラパパが日曜に連れていってる公園に行ってきました。
(いや、正確にはたどりつけなかったんですが・・・)
実は、私はその公園には行ったことがなくて、しかも私は方向オンチで・・
迷ってしまったんです。だからドラに「ねぇ、公園どっち?」って聞いたら
はっきり左を差したんです。ほんとかよ〜と思いながら行ったら
そこには、幼稚園の農園があったんです。何度もきていたので覚えていたらしい・・
それで拍手してよろこんでるんです。
普段は、そこは入れないので、そのままうろうろして
また「公園どっち?」って聞いたら、またはっきり指差すんです。
でも、そっちは主人に聞いていた方向と違っていたので
わからずじまいて、結局近所の公園に連れていってしまったのです。
でも、帰って主人に聞いてみたら、実は私の勘違いでドラがあっていた事が判明して・・
こいつ記憶力だけは、すごいわ。しかも方向オンチじゃない!!!
これって自閉っぽい?う〜ん、考えるのやめよ・・寝れなくなる


ソシャルスキル? 投稿者:ぴっぴ  投稿日:04月07日(金)11時49分47秒

Mさん、お答えありがとうございました。

>構音障害は短期間に、比較的簡単に改善するものなので、
 他に問題のある子も、取り敢えずそこから指導をする事
 は多いと思いますよ。

そうなんですか。発音の訓練をそろそろやってもいいし、やらなくて放っておいても、
かなりの自然改善するのでは・・・・?みたいに言われ、判断をこちらにゆだねられて
しまったので、ちょっと困っていました。
うちの場合、本人があまり困っていない(他の人に全く通じないことはない)ので、
私としては、今すぐもっとよくしたい、というほどでもないので・・・。
それよりももっと、のびのびと遊ばせてあげたいかな・・・。
あとからでも構音障害は比較的簡単に改善できるのなら。


ところで、もう一つ教えてください。

>ことばは沢山知っているけど、それをコミ ュニケーションに使えていないタイプの子
 の相談が増えて来たような気もする。
 社会性の育ちに弱さを残している子も多いからソシャルスキル的な取り
 組みも避けられない。
 
とのことですが、このへんがうちに近いなあと思います。
(ことばをそんなに沢山正確に知っているとは思わないけど)
で、ソシャルスキル的な取り組みって、具体的にどんなことを指導されるのでしょう?

掲示板過去ログに戻る