2000年4月その3
指さし 投稿者:ぴっぴ  投稿日:04月07日(金)11時54分20秒

ずっと不思議に思ってきたので、この話題はとても興味深かったです。

満10ヶ月で指さしをするか、っていうのが正常発達の一つの指標になっていますよね。
私はボケッとしているので、そんなことはチェックしませんでした。
要求の指さしというのを、きっと上の子はこの年齢でしていたのでしょうね・・・。
下の娘の状態に気が付いて色々調べていくうちに、指さしの重要性に初めて気が付いたわけで、
ホントニお恥ずかしい限りです。

Mさんの、指さしが前言語的な意味合いがあるというお話には感心してしまいました。
人間ってすごくうまくできているのですね。


ところでうちの場合ですが、指さしができない、と検診でひっかかったことはありません。
なぜなら、近くのものはできていたのでその場ではクリアだったし、私も
あらゆる要求を伝えるいろんな意味での指さしができない、とまでは気が付いていなかった
からです。

今となっては、自分からいろんな所を指さして、あれ、これ、それを使い分けることができ
るような気がしていますが、こちらの指示する所を目で正確に追うことはまだまだ弱いです。
いくら「あれだよ、あれ、あの箱」と指さしても、「どれ〜?」ってかんじ。
言葉で「あの緑の本の隣にある黒い箱」とか言った方がよくわかるみたいです。

うちの場合、まだ診断なしですが、
>アスペルガーの場合、
 要求(必要)からことばが育つのではなく、
 不必要でも、とにもかくにも、まずは正しい日本語の獲得が優先される
 って訳か・・・。

は、指さしの不思議さからもちょっと想像できます


そういやー、 投稿者:リンコ  投稿日:04月07日(金)12時27分51秒

うちには健常の夫(男・39歳)がいるのですが、この人は指差しの意味はわかっているのに、
指差されている場所をつかむのが自動的には行かないみたい。
私が遠くのものを指差すと、私の指の先から指でたどって行って、自分で指差し直したりしてる。
果ては「口で言ってよ」。
あのなあー。

私は、口で言う方が自然なのですが、名詞が想起できなかったりして、オタオタするんですよ。
指差しをする方は、考えてやってるので、思いつくまでにムリがあるんですが、
指差しするってことさえ思いつけば、作文しなくていいんで楽なんだよね。


ハカセ1年生になる 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月07日(金)15時14分03秒

全校生徒33人。1年生は6人。ハカセは入学式を乗り切りました。
学校側の配慮に感激。

ハカセは自閉連邦の小市民ですが、なんともう二人それらしき仲間が・・・。
もっとも我が子が自閉だと自覚しているのは、我が家だけですが。
6人中3人が「指示が通らない」「いすに座ってられない」小市民なんです。
学校に到着してすぐ、ハカセは「歩けなくなった」(?何故ナゼ?)と涙を
流して訴えるし、集合写真を撮ろうにも「並べない」子はいるし。
こんなんで入学式ができるんだろうかと真剣に考えてしまいました。
すると校長先生が「今年は親子そろって入場、席も一緒に座ってもらうこと
にしました」と。
で、入学式は親子で手をつないで入場。子どものいすの後ろにそれぞれの親
が座って行われました。
とにかく入学式が終わった瞬間、親同士顔を見合わせて「みんなちゃんと座
れた!」と喜び合ってしまいました。う〜ん。普通の親の喜びとは違うなあ。

おそらく「親子で手をつないで入場」なんて学校始まって以来のことだと思
います。今までの形式に無理やり従わせるのではなく、こどもにあわせて式
のやり方を組み立ててくださった先生方に感謝です。
もっとも、今までどおりの入学式だったら、無茶苦茶になっていたでしょう。

リンコさ〜ん。
ハカセは少数派ではない環境で小学校生活をおくれそうです。
50%が仲間なんてすごいでしょ。
先生が胃潰瘍になったりして・・・。




↓ それって・・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日:04月07日(金)18時28分31秒

あまりのもすごすぎる。
超、ラッキーってもんですよね。


 投稿者:ぴっぴ  投稿日:04月07日(金)18時33分46秒

ごめんなさい。どうも急いでると失敗ばかり。
途中だったし、あまりのも→あまりにも だった。
ともかく、少数派でない、ってとこが多分すごくいいなあって思って!
ハカセ君、ご入学おめでとうございました〜!


あはは 投稿者:リンコ  投稿日:04月07日(金)18時46分32秒

少数派じゃないってのもすごいけど、みんな合わせても少数なのね
多数派と少数派と合わせても、まだ少数なのね

校長先生の柔軟な対応ですが、よく考えたら、その方が、学校側だって先生方だって、
困らなくて済んだんですよね。
と、いうことはー、柔軟な運営っていうのはー、双方が得だってこと?

ぴっぴさん、笑ったりしてごめんなさい。悪気はなかったの。
でも、あまりのも って、あまりもの に似てません? 
私、頭にアナグラムゲーム機が内蔵されてるらしくて、自動アナグラムやっちゃうんです
でもテレビのクイズなんかでアナグラムが出たら負けないわ

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/


いいなあ 投稿者:リンコ  投稿日:04月07日(金)19時00分30秒

学校だけじゃなくて、家でもー>ハカセ君

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/index.htm


うらやましい 投稿者:さる  投稿日:04月07日(金)20時57分06秒

珍しい存在にならないっていいな。
でも、リンコさんの言うように全員の人数も少数でいいわ、こじんまり。。。


いいなー 投稿者:リンコ  投稿日:04月07日(金)22時21分44秒

少数派でも多数派でもなく、同数派

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/


その後のハカセ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月07日(金)22時42分11秒

ハハハ・・・。そのまま「情緒障害児学級」みたいでしょ。
当事者の母ですらすごすぎると思っています。

教科書をもらって帰ったハカセのお気に入りはもちろん「さんすう」。
ひたすら計算しつづけ、全部終わっちゃいました。
「あしたもしよっと」
と大切におさめたあと、寝ちゃいました。
この先、笑い話がいっぱいできそうな予感がします。

月曜日はこくっぱの入園式。
こちらは全部「障害児」の集団です。
今から「何が起きるかなあ」と楽しみにしている不謹慎な母です。
もうここまできたら、とことん楽しまないとね。


Mさん、ありがとうございました。 投稿者:ふゆまやー  投稿日:04月07日(金)23時33分50秒

akagumiさんのご紹介どうもありがとうございました。
これからの家庭での療育に大変参考になりそうです。(^0^)
最近言葉の教材を買いすぎて、旦那にあきられております。
公文のカード類はとっても役にたっております。
2語、3語文のアプローチには「ぶんカード」
場所の概念には「お店カード」等など。
私の家庭での療育のモットーは、子供にあった
いいアプローチといい教材です。そ



あー、 投稿者:ともママ  投稿日:04月08日(土)00時47分04秒

なるほどー>とらさん
欲しい方に手を伸ばさせることから始めて、ちょっと距離を置いてみせたら、
うんうん、確かに指差してくれそうです。
すばらしい!!

>それにしても、とらさんはお子さんを良くみておられるなあといつも感心。
>二人で頼ろうね。

2人、って私と・・・??

CDのディスクを替えてくれ、ってさっき彼がやってきました。

ケースごと持ってきて、じいっと私の目を見て差し出す。
「なあに?」(これに替えてほしいわけだ)
「ありがと」
分からないふりをしてるのに、母さん、分かってくれたな、と
思ったのかコンポに向かってすたすた歩く。
(おいおいちょっと待て、まだ母さんは分かってやるわけには行かないよ)
「どうして欲しいの?母さんをつれてって」
手を差し出すと、とりあえずつなぐ。
「どこ行きたいの?」「あっち?(コンポを指差す)」
「・・・ぢ(同じ方を指差す)」

次に同じ事を要求する時には、CDを渡しながらコンポを指差し、
私の手を引いていって・・・・くれないかぁ、まだ。

要求の指差しも、まだまだな奴です。ただいま嘔吐下痢症(ToT)


ソーシャルスキル 投稿者:  投稿日:04月08日(土)20時27分20秒

>で、ソシャルスキル的な取り組みって、具体的にどんなことを指導されるのでしょう
 
 対人や社会面で、
 認知や情報処理能力の弱さから、周りの子と受け取り方にずれができてしまう子。
  衝動性のコントロールやフラストレーション耐性の弱さなどを併せ持っていると
 突発的な行動、トラブルも起こしやすくなる事もあるかな。
 
 要は、
 毎日の経験の積み重ねで、当然わかっていると思われるようなことが実はわかっ
 ていない事が多いって事ね。
 周囲からは、
 ”わがままな子”だとか”躾ができていない”とかの誤解も受けやすい。
 トラブルを起こすタイプではない場合も、”変わった子”とは言われでしょうね。 
 
 指導は、
 例えば下記のページのような事を一人ひとりに合わせてするのだけど・・。
 ソーシャルスキルなんて言葉で言うと難しそうだけど、
 状況の理解力の弱さを補い、
 その場に応じた対処法を学ばせて行く、
 ってことかな。
 
下記のページに少し書いてはいるけど、当たり前すぎてあまり参考にはならないかな。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/ldsidou.html


こんな本が出ました 投稿者:けやきの管理人  投稿日:04月09日(日)18時31分08秒

 「わがまま」といわれる子どもたち
  自己中心性の原因と対応
  湯汲 英史/石崎 朝世 鈴木出版
  ISBN4790271587 
 \1,600 

http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/


新年度が始まりましたね♪ 投稿者:ひろ  投稿日:04月10日(月)20時19分35秒

今晩は、Mさん。
いよいよ新年度が始まりましたね。
私の教室では、12日に開級式を行い
13日から本格的な指導が始まります。
幼児の教育相談も行っているので(サービスで)
またまた忙しい日々がやってきそうです。

ドラマの掲示板を読ませていただいたら、
私のチャット仲間も書き込んでいました。
このHPを紹介した甲斐があったなあと、うれしく思います。

今年もまた、よろしくお願いいたします。

http://moon.gaiax.com/home/hiroko99/main


おしるし問題発生! 投稿者:るり  投稿日:04月10日(月)21時20分26秒

入園する幼稚園から入園式の案内状が届きました。
息子のクラスと担任の先生の名前とともに、キリンのシールが貼ってありました。

キリンさん・・・

私は療育施設から連絡があったと思っていて、幼稚園側に伝えてなかったのです。
息子のおしるしがネコだということを。
療育施設に電話をかけ、キリンさんのおしるしが余ってないかどうか聞くとすでに使われており、
幼稚園の方でも、ネコはすでに決まっていてそちらにもハガキが届いているだろうと言う事。
お昼寝から目が覚めた息子に説明すると、案の定、「ネコさん、ネコさん、キリンさん嫌!」と
ごねるではありませんか。
再度、幼稚園の担任の先生から電話があり、「ネコは無理ですが、様子を見てどうしても嫌という
ことであれば、残っているシールから本人の好きなものを選ばせることは出来ると思います」と
お返事いただきました。
そして、「療育施設と幼稚園の場所の切り替えが出来るようになる事も大切だと思います」とも。
それは私も望むところです。息子はこだわりはきつくないのですが、ネコに特別な愛着を示して
いるのを見て、トラブルを未然に防ぐため私がこだわっていたのです。

少し時間を置いて、洗脳作戦で、キリンさんがいかに素晴らしいか説明し、キリンの名前が出て来
る歌を振り付きで歌って見せました。その甲斐あってか、息子は短時間で、「○○園のネコさんの
おしるし、**くん」、「○○幼稚園のキリンさんのおしるし、**くん」のどちらでも、手を
あげてくれるようになりました。

入園前から担任の先生を困惑させた私。

当日もうまく行くと良いのですが・・・


エリナさんにお会いしました 投稿者:朝倉玲  投稿日:04月11日(火)00時43分21秒

エリナさんがお嬢さんを連れて会津に帰省なさったので、
私たちに共通の友人がお膳立てをして、私たちを会わせてくれました。
福島駅前のファーストフード店やレストラン、プレイコーナーをはしごしながらの
子供中心のミニオフ会。(^^)
私たちにしてみれば、初めて出会う、同じような立場のお母さんでもあり、
話は合うし、わかりあえることがたくさんあるしで、
本当に楽しいひとときを過ごせました。

エリナさんのお嬢さん(とりあえず、プチエリナちゃんと呼びましょうか)は
うちのショウと同い年。
今までは幼稚園付属の障害児クラスに通っていたものの、
そこの方針や保育姿勢に納得がいかなくて、この春から別の普通の幼稚園に入園が決まりました。
(このあたりのことは、この掲示板でも皆さんと相談していましたよね。(^^) )
この春から保育園が始まったショウと、これまた同じような境遇です。
うちの保育園は、一足早く4月1日から始まっていましたので、
ちょっぴり先輩風ふかせて、
「連絡帳がない幼稚園なら、こっちで作って、伝えたいことを書いたら〜?」
なんてアドバイスしたりしました。(^_^;)

普通の子どもでも、初めて幼稚園や保育園に入れるときには親は心配なものです。
まして、彼らのような子どもだったら、親が心配のかたまりになったって、おかしくはないですよね。(^_^;)
そんなとき、連絡帳があれば、こちらから子どものことを説明したり、適切な対処をお願いしたり出来ますし、
うまくすれば、先生からその日の生活の様子を教えてもらうこともできます。
ポイントは、先生の負担にならないよう、また、先生の指導の邪魔にならないよう、
あくまでも、「参考として」こちらの意見を述べることでしょうか。
保母や先生たちの指導の方が、良い結果をもたらすことだってありますから。(^^)
それと、先生が忙しくて連絡帳に返事を書けなくても怒らないこと、かな。(笑)
幸い、うちの園は1クラスに保母2人が対応しているので、
1人がショウの専属になってくれていて、かなり詳しく園の様子を教えてもらえるのですが、
これはとてもとてもラッキーなことなのだと思っています。

・・・ちょっと、話題が脱線しました。話を元に戻します。
エリナさんも私も、今回初めて相手の子どもを実際に見たわけですが、
そうして、お互いに言った言葉が
「全然普通の子と変わらなく見えるね〜〜〜!」でした。(^_^;)

HPや掲示板、メールで、お互い相手の子どものことは聞いていたのに、
実際に見てみると、
「年齢にしてはちょっと言葉の遅れている、おとなしい子」くらいにしか見えないのです。
どちらも、母親のわきに座って食べたり飲んだり、本やぬいぐるみで遊んだり、
自分の要求はちゃんと言葉で母に伝えられるし、母のいうこともかなり理解できるし。
これで「うちの子は実は障害児なんです」なんて言っても、
「それはお母さんの心配のしすぎよ!」と言われてしまうのは、無理ないんだなぁ、と
改めて理解しました。

とはいえ、
どんなに普通に見えても、彼らに障害があることは確かなので、
特に、幼稚園・保育園や学校などで、不適切に扱われてしまうと、問題が多発します。
「普通に見えてしまうための苦労もあるよね〜」と
これまたエリナさんと共感しあったのでした。(^_^;)

掲示板でお話しするのももちろん楽しいのですが、
実際に会って話ができると、得るものもまた大きいと、つくづく感じた1日でした。
エリナさ〜ん、また子連れオフ会やろうね〜♪ (笑)
この掲示板の他の常連さんとも、いつか実際に会える日が来たら、素敵だなぁ〜・・・・・・(^^)


http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


困ってま〜す 投稿者:セーイチ  投稿日:04月11日(火)17時33分23秒

リンクをはらしてもらっているセーイチです。みなさんこんにちわ。

今現在、障害児のお子さんを援助するバイトをしてるんですがこの4月からもしかしたらそ
のお母さんの援助もしなければならないかもしれません(未だ予定ですが・・・)
今僕はまだ24歳の若造(笑)なので、すっごく不安です。なぜかというとやはり子どもを育
てたこと無いし、かといって専門知識も中途半端。経験もまるで無いのに、問題を抱えている
とはいえお子さんを育てていらっしゃるお母さんの援助なんか出来るのかな〜?・・・なんて思
っています。

それに、お母さんのほうもこんな若造を信頼できないでしょ?

もう、どうしよ〜!!!

やっぱり子どもの援助だけのほうがいいのかな〜???ってちょっと後悔・・・

http://www.twin.ne.jp/~pure/


やっとこれた 投稿者:とら  投稿日:04月11日(火)20時16分05秒

先週金曜日くらいから仕事が超忙しくなり土日も夜中まで出ていた上に昨日 4/10は
子供の幼稚園の入園式でした。
普通なら入園式はパスしたい所ですが、担任の先生にも会っておきたいし、
悪い意味ではなくほかの子供の成長と比較したいという事もあって無理して行ってきました。
おかげで仕事はたまって、今は会社より目を盗んで書き込んでいます。
(今日も今日中に帰れるかどうか...)
Mさん、子供の観察に関してお褒め頂いて光栄ですが、まだまだ試行錯誤の日々です。
イントラバーバルを誤って試みて「どーぞ」と「ありがとう」が逆転してしまい、
消去するのに一苦労と言う苦い経験もあります。本当に療育は奥が深いです。

入園式は思ったよりすんなりいいき、ほっとしていましたが、今日から一人で通うわけです。
なんと子供の園がやや遠い事と、私の会社がフレックスタイムで遅く出る事もあいまって
わずかですが子供の方が先に家を出るのです。(なんとバスステーションは通勤途中)
今日は家内がお見送りでしたが、そのうち私に回ってくるのではないかと覚悟しています。
で、生まれてこのかた、たった一人でバスに乗ってお出かけなんてさせた事は、
もちろんありませんから、はたして一人でバスに乗ってくれるかどうか...
ところが、うちの子に限らず年小の初登園なんて泣かない方がめずらしいらしく、
先生達も手慣れたもの。
案の定子供が喜んでバスに乗り込み、後ろを振り返って親が乗ってこないのを
確認するのが早いかドアを閉めるのが早いか、ってなわけで見事連れ去っていきました。
走り去るバスからかすかに「帰るーーーー」って言っている息子の声が聞こえたそうですが
まるで誘拐にあったかのように走り去っていったそうです。
11:20のお迎えの結果を聞く為、昼休みに自宅に電話した所、にこにこして帰ってきたそうで
まずは一安心です。はたしてどんな初日だった事やら、神のみぞ知る...
あ、先生は知っていますよね。
なんだかこれからの園生活、良い意味でも悪い意味でも楽しませてくれそうです。


スイミング 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月11日(火)20時56分50秒

こくっぱも昨日入園式でした。療育施設ですから、ちゃんと座っている子の方がめずらしい・・・。
でも、在園児の皆さんは座ってました。園長先生が挨拶で「来年は(在園児を指して)こんな風に
座ってると思います。お母さん方楽しみにしていてください。」楽しみにしてます。

で、今日は二日目。最初の三日間は母子通園ですが、いきなり「スイミング」でした。
毎週火曜日は親子スイミングなんです。いや〜疲れてます。
こくっぱはもううれしくて,「初めてのスイミングだから」と初心者クラスに振り分けられていた
のですが,10分後には最上級クラスに移動させられてしまいました。
飛び込むは、もぐるは、もう無茶苦茶。
少なくとも火曜日は「水着」を持たせれば必ず喜んで行くこと間違いなしです。

そうそう、給食で苦労することはなくなりました。「ふりかけ」と「味付け海苔」が常備して
あるんです。これなら絶対「何も食べないで帰ってくる」事はないですもん。
もちろん何でも食べれるように指導されてますが,とにかく偏食のレベルが普通の幼稚園児・
保育園児とは数段違いますからねえ。まず「命をつないどくために最低限は何か食べさせる」
といったところでしょうか。・・・やっぱりすごいところかもしれない・・・

長女の一言「まるで『いやいや園』じゃん。」う〜ん。そういう本もあったなあ。


いやいやえん、 投稿者:リンコ  投稿日:04月11日(火)21時14分03秒

くまが入園する話がありましたね。
あのくまさんって、どこか私達みたい。

ピングーのロビ(あざらし)も。

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/


ひろさん 投稿者:  投稿日:04月11日(火)21時19分45秒

>幼児の教育相談も行っているので(サービスで)
>またまた忙しい日々がやってきそうです。
 
 そうねぇ、うちは今年も定員いっぱいで、幼児さんも中学生も、
 本当に学期に1〜2回来てもらうのが精一杯といった感じです。
 リソースルーム的な役割を持つ教室として、通級教室は中学校にも
 もっともっと沢山必要だと思うのだけどね。

 もうしばらくは相談や検査やらが続くので、指導開始まで少し時間
 はあるのだけど、今年新しく通級することになった子たちの指導計
 画も同時進行で作成中。
 いやあ、私の大好きな枠にはまらないタイプの子が多くて、楽しみ
 な反面、プレッシャーも。
 週1回だからねぇ、濃いものにしたいものねぇ。


アンケートとってもいいですか? 投稿者:ひいろ  投稿日:04月11日(火)21時33分21秒

ドラもおかげさまで今年から年少さんなのですが、
突然幼稚園の担当の先生が、変わる事になって親子でとまどってます。
ドラは途中入園だったのですが、やっと先生になついて楽しく通っていたのに
担当の一人が変わってしまったのです。
今日新しい先生と一緒だったのですが、もちろんすぐには慣れずに
どうも、担当からはずれた先生を探しているようでした。
ドラは、本当に少しずつですがコミュニケーションがよくなってきているんです。
そんな状態で担当を替えるというのは、ものすごく不安です。
今まで1度もなかった自傷が始まる心配さえしています。

皆さんの幼稚園も、毎年担当がコロコロ変わるということはありましたか?
うちはご存じのように障害児クラスなので、担当が変わるという事は
全く考えていなかったのです。
すみませんが、他の幼稚園の状況を知りたいので、教えていただけませんでしょうか?


う〜ん。間違えた 投稿者:ひいろ  投稿日:04月11日(火)21時35分24秒

訂正。年少さんではなく年中さんです。ただ今4才・・


セーイチさん 投稿者:  投稿日:04月11日(火)21時50分09秒

掲示板には初登場ですよね。

みなさーーん、
野生児臨床心理士うまこちゃんの弟分?の、
発展途上臨床さいころじすとさんですよねぇ。


>今僕はまだ24歳の若造(笑)なので、すっごく不安です。
>なぜかというとやはり子どもを育てたこと無いし、

 そうそう、私も24歳で母になったんだった。 <遠い目
 確かに24歳って ”こども”だったような気もする。
 だけど、今は持っていないものも沢山持っていたような気も。
 
 これ、教師にも言えると思うんだけど、下手に背伸びせず、
 謙虚に、広角レンズで周りを見て、兎にも角にも、
 今の自分にできるベストの事を
 一つひとつ、積み重ねていくしかないんじゃないかな。

 
 
>かといって専門知識も中途半端。

 その不安、よ〜〜くわかる。!(^-^;)
 でも、専門知識なんて、どんなに勉強しても、
 「もうこれで十分」
 なんて思える時期は来ないような気がするなぁ。

 だから取り敢えずは、身近な所から勉強するしかないよね。
 セーイチさんも、是非、そのお子さんの障害についてのスペシャリスト
 (本当はゼネラリストのほうが良いのかな?)だと胸を張れるぐらいに
 勉強して見てね。


>経験もまるで無いのに、問題を抱えているとはいえお子さんを育ててい
>らっしゃるお母さんの援助なんか出来るのかな〜?・・・なんて思っていま
>す。

 あら? これ、
 問題を抱えている<たよりない>お母さんだけど一応子どもを育てている
 お母さん・・
 って意味ではないよね?
 単に読み間違いだったらごめん。
     
   <けっこう私も意地悪な読み方をする奴だって事が露呈してしまった。

 もしそういう意味が少しでもあるのならそれを白紙に戻してから、お母さん
 に相対してあげてね。
 障害のある子を育てるっていう仕事に労するエネルギーは、
 並大抵のものではないなと思う。
 初めての事なのだから、自信がなくて、弱くて、たよりなくて・・・・、
 それが普通だと思う。

 でも、そのかわり、
 それをきっちりやりきって行く過程では、もう、そんじょそこらのお母さん
 がたにはないずぶと・・いや逞しさが・・。
 
     <大きな声では言えないけど、ここのお母さん方をみたらわかるで
      しょ?   あっ、ごめんなさい(゚ ゚; )☆\(- - ;

 

 >経験もまるで無いのに、お母さんの援助なんか出来るのかな〜?・・・なんて
 >思っています。

 うーーん、カウンセリングって良くわからないけど、お母さんの子育ての援助
 っていう訳ではなくて、お母さんがこれからもお子さんと一緒に前を向いて、
 歩いて行くための援助をするってことよね? 違うかなぁ?


セーイチさん 投稿者:とら  投稿日:04月11日(火)23時09分27秒

私もMさんの「ゼネラリスト」の書き込みを見て反応してしまいました。
ある療育の専門家が言っていたのが、「ある子供の療育に関して最高の指導者は
母親(親?)以外にはいない。なぜなら多岐に渡る発達障害のうちたった一つのケース
だけを見ていれば良いのだから、しかもつきっきりで。だから療育のアドバイザーは、
多くの障害に対応できる最高のゼネラリストを目指すべきなのです。」とのこと。

Mさん、私はセーイチさんの文章こんな解釈しました。
><障害という困難>問題を抱えている<からサポートを必要としているだろう>とはいえ、
><立派に>お子さんを育てていらっしゃるお母さんの援助なんか出来るのかな〜?・・・

そして再びセーイチさん、療育をサポートしてくれる人に対しての希望としては
「できるだけ具体的なアドバイスやアプローチの仕方が欲しい」と言う事。
(ゼネラリストの話と矛盾するかもしれませんが)割と抽象的なアドバイスは、
ちまたに転がっているのですが、「こういう場合にはこう」「だめならこう」といった
アドバイスは、例えそれがうまく行かなくても、指針&参考になると思っています。

若きホープに期待しております。


なるほど 投稿者:  投稿日:04月11日(火)23時37分34秒

Mさん、私はセーイチさんの文章こんな解釈しました。
><障害という困難>問題を抱えている<からサポートを必要としているだろう>とはいえ、
><立派に>お子さんを育てていらっしゃるお母さんの援助なんか出来るのかな〜?・・・

 意地悪Mと
 こころやさしきとら父さんとでは
 こうも解釈が違うのね。

 あちこちの掲示板を眺めていて思ったのだけど、
 入園、入学、進級で、
 指導の立場にいるものも、
 親の立場にいるものも、
 それぞれに新たな出会いがあったばかりです。

 互いが、
 M式でなく、
 とらさん式の解釈をしあえば、
 より実のある道も自ずから見えてくるかも知れないですね。

 立場は違っても、同じ方向を向いて歩くことはできるはずだから。


セミナー 発達障害と遺伝の関係 投稿者:けやきの管理人  投稿日:04月11日(火)23時51分22秒

のぞみ発達クリニック主催セミナー案内パンフレットから転載。

---------------------------------------------------------

のぞみ発達クリニック主催 治療・教育セミナー

−発達障害と遺伝の関係−

期 日 2000年6月17日(土)

会 場 江戸東京博物館 会議室
    JR両国駅西口下車3分

内 容 10:00〜12:30
    「広汎性発達障害やADHDの発達的特徴と遺伝的側面について」
    筑波大学心身障害学系 教授 児童精神科医 宮本 信也 氏

    13:30〜16:00
    「染色体疾患と発達障害」
    国立療養所西多賀病院 臨床研究部長 小児科 中井 博史 氏

参加費 10,000円

締 切 5月20日

問合せ TEL 03-3627-9029  FAX 03-5660-1600


玲さん〜 投稿者:エリナ  投稿日:04月12日(水)00時35分29秒

この前はお会い出来て嬉しかったです(^^)

噂のショウくんにもお会い出来て、勉強になることも多かったです。

ここの掲示板の皆さんも今、ちょうど入園式迎えた方、これから迎える方大勢いるんですね〜
うちは今日が入園式でした。

今までは障害児クラスにいたこともあって、同じ歳の子がみんなすごくしっかり見えてしまって
この中で園生活、大丈夫だろうかって不安もありますが、少しずつでもゆっくりと、
成長できればいいなぁって思いました。
あせらない、あせらない。最近の口癖です(笑)

今度のクラスは年中で新しく入る子が10人で年少から引き続き残る子が15人
全部で25人の先生1人のクラスです。
障害のある子は年少さんでは数人いますが、年中さんではうちの娘だけだそうです。

入園式は在園生はお休みで、年少、年中、年長さんの新入生だけで行われました。
年少、年中さんの子はお母さんと離れられなくて、ずーとお母さんとつきっきりの子も
数人いて、娘は、私の姿を確認して安心したのかちゃんとお座りして、先生の話聞くこと
出来たようです。
まずは一つクリアしたって気分です(^^)

その後担任の先生と個人面談があり、娘の障害の事、特に言語面での遅れや対人関係の
困難な事を詳しく説明したんですが、やはり「お母さんの心配のしすぎですよ」って
言われてしまって、他の健常の子でもオウム返しでしゃべる子も多いし、
友達とどのように関わっていいのかわからない子もまだまだたくさんいます」って
言われてきました。う〜ん〜ちょっと複雑ななんかモヤモヤした気持ちです。
そういう簡単な問題ではないんだけど、上手く先生に説明出来ない自分が悔しいです(^^;

>「連絡帳がない幼稚園なら、こっちで作って、伝えたいことを書いたら〜?」
なんてアドバイスしたりしました。(^_^;)

玲さんのアドバイスのおかげで、その話しも先生にしてみました。
そしたら先生も初めは忙しいので返事は書けないと思うけど、でも娘の家での様子も知り
たいので、どんどん書いてきて下さい。必ず読みますのでって言ってくれました(^^) 連絡帳に書くことで、少しずつでも娘の障害の事理解してもらえたらいいなぁって思ってます。 アドバイス、感謝です(^^) またお会い出来たらもっといろんなお話したいですね(^^) 明日は園でどんな事してくるのか楽しみです。 やはり初めは泣くんだろうな・・・ こっそりと幼稚園に残って観察したい気分です(^^;


ソーシャルスキルは難しい 投稿者:ぴっぴ  投稿日:04月12日(水)10時57分50秒

遅くなりましたが、Mさん、教えていただいてありがとうございました。

ソーシャルスキルに問題がある子供さんには、週一回の指導の中に、こういう項目を織り交ぜて
指導していられると解釈すればいいのでしょうか?

で、またまた質問なんですけど、それで確実に効果あり、ってわかるものなんですか?
学習ものとちがって、そのことがいろんな生活上の場面に応用が効くようになった、
とまで実感するのは難しいような気がするのですが、どうなんでしょう?
また、Mさんの指導法を、その子供さんの家庭や学校の先生も連携して取り入れてやって
いられるということなんでしょうか?(それが一番効果を生む気がしますが)


ソーシャルスキルについては、私も独自でなんとか学ばせようとしていることは少しありますが、
その効果なのか、日々の生活の中での自然の発達で、段々わかるようになったのかどうかの
見極めはさっぱりです。
要は、当たり前の子育てを少し一生懸命やる、ってことなのかな、とも思うこの頃。
でも・・・
>要は、
 毎日の経験の積み重ねで、当然わかっていると思われるようなことが実はわかっ
 ていない事が多いって事ね。
 
そうそう、そうなんです!うーん、ソーシャルスキルはやっぱり難しい・・・・。


いろいろ 投稿者:ぴっぴ  投稿日:04月12日(水)11時01分21秒

皆さん、順調な新生活のすべりだしのようでよかったですね。

こくっぱ君スイミングかあ。いいなあ。体をしっかり使うって発達の基本ですものね。
どちらかというと、ちまちまと遊ぶことが多いので、そういう環境にぶち込むしかないかな
と、ちょっとスイミングも検討しましたが、状況的に多分無理なので、うらやましい!!


セーイチさん、
私もとらさんと同じ。
「できるだけ具体的なアドバイスやアプローチの仕方が欲しい」と言う事に尽きると思います。
「こういう場合にはこう」「だめならこう」とはっきりと言ってれる人ってなかなか
出会えませんでしたから。
みんな、「子供ってね・・・・」なんですよ。
子供一般にはあてはまらないところがあるから、そういう子供さんをよく経験している
あなたのアドバイスを参考にさせて欲しいのですが!という気持ちだったのですが。
そうそう、この掲示板のどこかに書いた記憶がありますが・・・、
「あの、ちょっと・・・」としつこくコロンボしてくる人をいやがらずに
熱心に答えて欲しいっていうのもありますねえ。(~_~)

ひいろさん、
うちは保育園なので参考にならないかもしれませんが、3年間、毎年先生が変わってくれまし
たよ。そのたびに、どう説明するかで悩み、だんだん、黙っていく私・・・。

玲さん、エリナさん
いいなあ、オフ会。
互いにわかっている前提があるから、話しもはずみますよねえ。
でも・・・、ちゃ〜んとレストランからゲームセンターから、一緒に行動できた二人は
ホントーに偉い!!
もうちょっと訓練するから、そのうちうちも入れて〜!!

リンコさん、
そうかあ〜!!
「いやいやえん」の中で、こぐまのこぐちゃんの話が一番好きで何度もせがまれるのだけど、
そうかあ、親密感があるのかもしれない!
あと、テーブルにのって、
「しげるちゃん、テーブルにのってもいいんですか?」
が今のお気に入りです。


こぐちゃん 投稿者:リンコ  投稿日:04月12日(水)12時41分58秒

みんなが知ってる歌をしらない。
みんなは服を着てるのに、はだか。
おべんとうもちがう。
あたりまえのことができない。
みんなと同じことができない。

でもそれは、くまだから。
くまなんだから、あたりまえ。


ギクッ!! 投稿者:  投稿日:04月12日(水)21時29分24秒

>ソーシャルスキルに問題がある子供さんには、週一回の指導の中に、
>こういう項目を織り交ぜて指導していられると解釈すればいいのでしょうか?
 
 そういうことです。

>それで確実に効果あり、ってわかるものなんですか?
>学習ものとちがって、そのことがいろんな生活上の場面に応用が効くようになった、
>とまで実感するのは難しいような気がするのですが、どうなんでしょう?

 ドキッ!!
 以前もぴっぴさんにこの手の質問を受けてドギマギしたことがあったような・・。
 そうねぇ・・、
 会話相手の表情とか、その時々の場の雰囲気、周囲の状況とか、自分で読みとる
 ことができなかった部分については、図解説明モードで補足するのが結局は一番
 わかりやすいのではないかって気がするのよね。
 だから、当然、一般的な例題ではなく、その時々の旬の話題を教材にすることが
 多いわけだけど、一つずつ説明をしていくと、長年の謎が解けたといったような
 納得の顔を見せてくれて、
 「あ、そうなん? 知らんかった。」
 って。
 でも、
 それを、次に活かせるかどうかというと、そうできる時もあるだろうし、
 できない時もあるだろうな・・と。微妙に違う状況だと判断に迷ってしまう事も
 あると思う。
 でも、後々になって、
 「ああ、あの時のあれはこういう事だったのか・・」
 と気がつくこともあるのではないかな。


>また、Mさんの指導法を、その子供さんの家庭や学校の先生も連携して取り入れて
>やっていられるということなんでしょうか?(それが一番効果を生む気がしますが)

 う〜〜ん、どうだろう。
 毎時間、マジックミラーの向こうから授業を見てもらっているんですよ。
 指導の様子やお子さんの反応を客観的に見て、良いなと思われることは、勿論され
 ているんじゃないかな。

 実は、うちの保護者にもこの掲示板に来て下さっている方がおられるんですよね。

 「Mせんせー、そんなものひとつもありませんよ〜〜〜!!」
 と、書かれはしないかと内心ハラハラドキドキ。
 あ、心臓に悪いわ、ここ。
 又、しばらく引っ込んでいよう・・・。!(^-^;)


思い切り楽しんでます。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月12日(水)22時08分21秒

通園三日目。ほとんどが自閉連邦の小市民なので,送り迎えがまちまちだとスケジュールが狂う。
ということで、通園バスがあります。いっせいに到着して、いっせいに帰る毎日です。
こくっぱはバスが大好き!今日は最後の母子通園でしたが「バス乗る」ってうるさいので、通園バ
スに乗せ、母は車で後ろを追っかけました。・・・なんなんだろう・・・

園では4月中は「ここは楽しい」と心底思ってもらうために、すき放題遊ばせてくれてます。
こくっぱは自転車を乗り回したり、トランポリンで飛び跳ねたり、好き放題してます。
明日からは単独通園。どうなることやら。

そういえば、保育所では絶対参加しなかった「てあそび」「お歌」。この園の同じクラスでは、ま
ともに話せる子が一人もいません。しぐさはかろうじてできても、まともに歌っているのは先生だ
け。そのことに気づいたのか,こくっぱが興味深く落ち着いて手遊びを見学してます。
同じレベルのお友達はやはり大切です。自分とクラスメートが同じだと思えたことで,たった三日
間なのにものすごくゆとりがあるようです。


ひいろさんへ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:04月12日(水)23時01分22秒

>皆さんの幼稚園も、毎年担当がコロコロ変わるということはありましたか?

うちの保育園は各学年1クラスずつ、担任は3年間持ち上がりです。
でも長男の一つ上のクラスは、担任の先生が妊娠・出産で、産休の先生が年中の夏〜3月末まで、
年長の4月からはまた別の先生が担任になり、夏に本来の担任が復帰しました。
そのせいかどうか解らないけれど、このクラスはとにかくまとまりがなかったです。
年長になってから保育園を登園拒否する子が一人出てしまいました。
だけど大きな幼稚園では、1年ごとにクラス替えと担任替えがあるのが主流になってきている
みたいです。
何も心配がなければ、「たくさんのお友達と知り合えるチャンス」が増えることや「一人の先生
の見解に偏らない」というメリットはありますが、引っ込み思案な子には苦痛かもしれませんね。
ましてや障害がある子の場合、また一から信頼関係を築くのは一苦労ですものね〜。親も子も。
ドラくんに、その先生が担任を外れた事、上手く伝えられるといいですね。新しい担任の先生
とも早く仲良くなれますように。
ウルトラは母子教室の先生に懐くまで、1年かかりました。今度の担任の先生には、まだ懐かず、
抱っこを拒絶しているようです。泣いている時など先生が身体に触れようものなら、手で触られ
た場所をパッパッと払っているそうな・・・。(う、可愛くない・・・)

http://www.hello.co.jp/~say2000/


ひいろさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:04月13日(木)09時16分55秒

うちの長男が通った保育園も、
学年が変わるごとに担任が替わっていました。
今回ショウが通い始めた保育園もそうみたい。
ちなみに、長男は転勤のため、途中から幼稚園に移りましたので、
小学校に上がるまでに6人担任が替わりました。

・・・まぁ、普通の子はそれでもけっこう大丈夫のようですが、
確かに、彼らのような子どもの場合は、担任が替わると大変ですよね。(^_^;)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/

掲示板過去ログに戻る