2000年4月その6
「空間の中の上」と「紙の中の上」 投稿者:リンコ  投稿日:04月24日(月)23時31分04秒

本やノートや紙の中の「上」は、本当は「奥」あるいは「向こう」なんですよね。
私は子どものときにずいぶん悩んだけど、結局、画用紙に風景画を描いてたときに、
空を描いたのが「奥」だったので、それを「上」と考えたのがきっかけで
割り切れるようになりました。

これは空間認知の問題ではなく、語義の問題だったのだと思います。
「上」という言葉に何種類もの意味があるのが受けいれられず、
最初に知った意味だけにとらわれてしまった。

あくまでも、私のときは、ですけどね。

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/


トップページ40000アクセス記念品 投稿者:M  投稿日:04月24日(月)23時56分48秒

さっき、39200でした。
今回は林明子さんの本ではなく、
「グニラ・ガーランド著 ニキ・リンコ訳 花風社」を
プレゼントします。わけあって、うちに2冊あるもので。
もう持っている? 


あれ?本の名は? 投稿者:M  投稿日:04月25日(火)00時03分45秒

『ずっと「普通」になりたかった。』
です。失礼しました。


Re:「空間の中の上」と「紙の中の上」 投稿者:のあ  投稿日:04月25日(火)03時16分17秒

リンコさん、ありがとうございます。

>空を描いたのが「奥」だったので、それを「上」と考えたのがきっかけで
>割り切れるようになりました。
あ、わたしもそのように理解してたような気がします。

さっきの発言の後、思い出したのですが、
私は、家の間取り図を描いたりする時、いまでも「南が上」でないと描けません。
やっぱり私にとっては、「南が上」で、「東が左」なんですね。
こんなところでつながっていたとは!

>これは空間認知の問題ではなく、語義の問題だったのだと思います。

そうなんですか?
それだととてもわかりやすいです。

"紙にとっての"「上」であり「下」っていうのも、なんか違っているような気がしたんですよ。
「じゃあ、右左はどうなるの?」と思ってしまいますものね。
かえって混乱させてしまったかな。

ちなみに、「向かって右」とかって難しいですよね。(私だけかも知れませんが)
私はやっぱりちょっと考えてからでないとわからなかったりします。


あみもの... 投稿者:のあ  投稿日:04月25日(火)03時25分36秒

あみものは結構得意なのですが、人には教えられません。
左利きなので逆になるんです。

家庭科の時間に「あなたには教えられないわ!」と先生に言われ、それはほんの少しトラウマに
なってたような気もするけど。

で、先生も教えてくれないし、本見てもわからないので(本も右利きの絵になっているので)、
独学!(たいしたものではありませんが)

前に座ってる人が編んでいるのをそのまま見て、「鏡に映して見るように」まねして出来るように
なりました。
ある程度できるようになると、本を見ても出来るようになりました。

って、思い出してしまったので。

私自身(息子だけじゃなく)いろいろ問題ありそうですね。

仲間に入れてもらえそう?(嬉)


専門家 投稿者:ゆきりん  投稿日:04月25日(火)07時56分21秒

某相談機関に言った時のことです。
「何もない。お母さんはもっとこの子のいいところを見つけなさい!」と怒られ、いやな
思いをして帰ってきたことがあります。
いったい何の為に電車代だして時間かけていったのだろうか〜
最後には「太鼓判押したる、万が一何かあれば言いに来てもらっても良い」
と言われたので名前と肩書きをメモして帰った。

>聴覚障害や構音障害、言語発達遅滞児の指導にかけては、素晴らしい実績をお持ちの方かもしれません。

そうですね、そのての先生にあたったのだと思います。
うちの子は唯一発音については問題ないように思うので・・・


うちの療育センターでは 投稿者:ひいろ  投稿日:04月25日(火)09時50分37秒

以前書き込みをしたと思いますが、私は療育センターでは、どうも有名人のようで
私は1度も、先生達にひどい言葉を言われたことはありません。
でも、最近わかった事なのですが、他の人はかなりな事を言われているようです。
自分が言われたことではないので、書き込みはやめますが
わたしならそんな事言われたら「責任者ででこい!!」と
言ってしまいそうな事も、言われてたりしているそうです。
私がいい先生と思っていた人もなので、ちょっとショックだったりしました。
専門知識以前に、自分の身の安全(給料)が1番という構図が見えてきてます。
この話題、裏のほうが良かったかな?


説教部屋 投稿者:るり  投稿日:04月25日(火)10時20分20秒

私は以前ここで、STの情報を求めたことがありますが、実は、うちの療育施設にも
「ことばの教室」はあるのです。

でもそこは、言葉の指導というよりも、お母さんへの説教部屋。
子供の言葉が遅いのも落ち着かないのもお母さんの関わり方の不備、お父さんとの連携が取れない
のも、お母さんのせい。ちなみに、そのときは夫がお菓子をちょくちょくつまみ食いするので、
子供の手前やめて欲しいと言ったけどその癖が直らないと言った事でした。夫を育てたのは私では
ないのに、私のせいだとばかり言われました。(くすん)

非難されたから批判しているわけではありません。たまには的を得ていることも仰いますので、
そういうことは私も納得します。でも、それは市井の子育てのベテランのお母さんに相談しても
間に合うようなこと。専門家の意見としたら、ちよっとね。

私だけではなく、殆どのお母さん方もこの時間を苦痛に感じているようです。
「はい、はい、って頷いていればいいのよ。早く終わるから」と言います。みんな大人だから。
でも、私はある発言がきっかけとなって、その場でキレてしまい、担任の先生に詳しいことは
言わず、「もうあの時間は入れないで下さい」とお願いしました。それからは、はずされました。

一応、私は「ことばの教室」があるからと言って誘われたのですけどね。
園長先生はとてもその先生を信頼しているみたいなんですが・・・
あんまり書くとバレてしまうから、この辺で!

(http://


のあさん、 投稿者:とら  投稿日:04月25日(火)10時58分27秒

紙に「自分」もしくは「何かのキャラクター」を入れたらどうでしょう?
「3次元の現実の世界の上」と「2次元の紙の中の世界の上」というものが有って、
それが掴みにくいのではないかと思いました。
絵にしても文章にしても、その世界は別世界なんですよね、実は。


おーーわっちぃ! 投稿者:リンコ  投稿日:04月25日(火)20時55分52秒

(タイトルに意味はない)

はー、Mさん、宣伝してくださってありがとうございます<本
2冊もお買い上げくださったとは・・・ うるうる。

自分で当てないように気をつけよう。地雷原だ(爆)
万一私が踏んだ場合はどうなるんだろう。
あ、今のうちにこっち(BBS)に直ブッ熊しとくかな


お久しぶりです 投稿者:腐乱検死体  投稿日:04月25日(火)22時32分48秒

妻が言っていた言語療法士の件ですが、
自閉症の療育機関で指導されていらっしゃるのですから、
自閉症関連について情報を仕入れるのは職務上当然の事と考えます。

Mさんが常に最新の情報を仕入れようと努力されているのは、
本当に素晴らしいことです。

なお、熊本の療育事情に問題意識を持っておられる方は
県議会議員も含めたくさんいらっしゃいますので、
その方々と協力して最新の情報を取り入れた施設の開設
を実現させようと考えています。

http://dreamcity.gaiax.com/home/minta


すみません 投稿者:M  投稿日:04月26日(水)07時24分17秒

>自閉症の療育機関で指導されていらっしゃるのですから、
>自閉症関連について情報を仕入れるのは職務上当然の事と考えます。

 自閉症の療育機関ですかぁ。唖然・・・。それはどう考えても問題ですね。
 でもそれなら尚更のこと、そのSTの個人の資質というより、そんな不勉強なSTを、
 現場に配しているその機関の資質のほうがより問題視されるべきですね。
 自閉症に詳しいSTと交替させるなり、研修を義務付けるなりの対応をとるのはその
 療育機関の責任者の義務です!!
 
 
 実は、
 私は、何らの身分保障もないまま(パート的な臨時採用が多い)土・日に自費で研修会や、
 講習会に通っておられるSTを数名知っています。
 で、一方で、
 生半可な努力では、とても多様な子どもの状態像に対応できる知識も指導技術も得られる
 ものではないという事も私自身の実感として持っているので、
 ST個人を責めるのは酷だよなぁと言うところに行き着いてしまうのです。

>その方々と協力して最新の情報を取り入れた施設の開設
>を実現させようと考えています。

 結局はそう言うことなんでしょうね。
 知的障害の子にも自閉の子にも情緒の障害の子にも同じようなプレイをしていた昔の
 療育のパターンからなかなか抜け出せないのが現実かもしれませんから。
 
 おっと、
 これ、教育の分野でも言える事ですね。
 ハイ、多くは語りません。取り敢えずは身分保障もされている私たちは、もっともっと
 勉強しなければね。
        < でも・・・個人的には・・力の限界を感じる日々であることは確か
          です・・・。ははは、またぼやいてしまった・・・ (;^_^A  


行政の無知 投稿者:megumi@oni  投稿日:04月26日(水)10時29分33秒

>最近のADHD・アスペルガー等の知識が全くなく、私が資料を
>提供すると喜んで他のスタッフのも配布しておりました。

どんどん提供してあげたら良いんじゃないでしょうか?
それをふがいないと思うよりは。
素直に受け取って他のスタッフにも配ってくれるなんて
結構いい人なのじゃないかと思います。
学説や定義が錯綜していますから、
情報不足や以前の情報を頼りに「思い込んで」いる場合もあるでしょうし。
「自分の子どものことを知りたい」と思って関連情報にアンテナを張っている親より
浅く、広くなりがちなのでしょう。

でも、
>中途半端な知識で専門家振っていて、私達を素人扱いする人には腹が
>立ちます。(−−;
まったく同感です。

療育センターでも何度噛みついたことか…………(-_-;)

言語の先生が紹介してくれた本(1996年発行)に
引用_______
また、学習塾に通って友達と付き合う時間が少なくなったことが
年齢に相応した他人とのつきあいが育っていない「自閉性障害児」が増えている原因だと
考えられます。
________
というのを読んで激怒。「こんな本を紹介するなんて信じられない。
他の部分に書いてあるのがとてもいいことだから余計に罪深い。」
と、申し入れたら解ってもらえました。

心理の先生にも、「ここまで伸びたら今度は自分では解らないことできないことを
他の人に『して下さい』『手伝って下さい』と頼めるようになることが目標です」と言われて
それが難しいのが自閉症なんだから、人に頼ることを教えるより、
自分でできるようになるためにはどうしたらいいか考える方がいいと思う。
第一、人に頼ってばかりの人生は悲しい。と言いました。
先生は「でも、世の中の人はみんな持ちつ持たれつなんだから。」
そうだけど、あまりにもバランスが悪い。それに「持ちつ」が実感できないとしたら
とても辛いはずだ、と、ここまで言ってとても悲しくなって号泣してしまいました。

私と子どもの通った療育センターの園長(作業療法士)は自費でノースカロライナにまで
行く方でした。
保育士の先生方も、自分でしっかり勉強して、
保育の範囲を超えた「療育」に取り組んでおられました。

ところが、自己研鑽を積んできた保育士を一般の保育園にいとも簡単に
転勤にするのは行政です。

>その方々と協力して最新の情報を取り入れた施設の開設
>を実現させようと考えています。
素晴らしい〜〜〜〜〜〜〜〜〜
志を持った先生方が安心して子ども達のことを考えられるような施設が、
キャパの小さい長崎や香川の附属だけでなく各地にできるためには
親の力が必要なんでしょうね。e(^。^)g_ファイト!!


私的には 投稿者:とら  投稿日:04月26日(水)10時46分32秒

指導する方への教育方法がいかなるものかは知り得ないのですが、
個人的には「臨床」と「分析」、あとは経験者の体験に耳を傾ける
と言うことになるのでしょうか。。。
私自身、子供が「何故?」と思うような行動をする時、通勤中などに何時間でも何日でも
考えています。結論が出る事も有れば、結局わからずじまいと言う事も有ります。
たった一つの言動に対してこれですから専門家の方達の努力に関しては
並々ならぬものが有るであろうと痛感します。

先日、ある療育指導の方の所で指導されている様子を見学する機会が有りました。
お子さんは年齢も小さいのですが、障害も割と重いようで、アイコンタクトも
ままならず、指導の方も試行錯誤しておられました。
自分ならどういったアプローチをするであろうかを考えましたが、結局具体的な
方法と言うものは思い浮かびませんでした。
唯一考えられたのは、まず自分をその子の親と同じくらいのレベルに、
せめて意識してもらえるところから始める、ということくらいでした。
でも、短時間でそんな事が出来るはずも有りません。
最高の療育士は親以外にはいない、と思ったのもそんな所からでした。

最近、特にABAをやられているところでは、「子供を療育する」のではなく
「親に指導法を教える」という方向で動いているようですね。


. 投稿者:ぴっぴ  投稿日:04月26日(水)15時16分23秒

>また、学習塾に通って友達と付き合う時間が少なくなったことが
>年齢に相応した他人とのつきあいが育っていない「自閉性障害児」が増えている原因だと
>考えられます。


’学習塾に通って’の前に’ゲームばかりやったり’を入れて、
「自閉生障害児」→子供  に変えると
ホントのことになるように思います。
最近、対人障害がなくても、うまく遊べない子って確かに多くなっていると思いませんか?
あなた達がお手本見せて教えてくれなくっちゃ・・・と、あきれてしまうことも多いような。

話の脱線ですみません。

うちは子供の「何故?」を専門家に質問したり自分の考えを述べてみても、
「お母さんが細かいことにこだわりすぎ。
どんな子だって少しは個性的で変な部分もありますよ。
もっといい所を見てあげなければ。」と言われました。

・・・・ゆきりんさん同様、そのてのタイプの先生だったのかなあ?と今は思うのですが。


親が一番の専門家! 投稿者:ふゆまやー  投稿日:04月26日(水)18時10分55秒

トラさんのおしゃる通りだと思います。
ウチの地域の専門家があてにならない事を療育機関を通して痛感し、その
もどかしさから自分自身が療育して行く事を決意しました。
そこで、応用行動分析の存在を知り現在独学で実践しています。
療育機関では言語療法士がいたのに関わらず、言葉の発達を促す為の
アプローチが殆ど無く、感覚統合訓練とリトミックをしてお集まりの
繰り返しの発展のない一年でした。
8月にはポーテージプログラム(応用行動分析の技法を用いた家庭
療育)の2泊3日間の講習会にもはるばる熊本から東京へ出向いて
参加する予定です。

Mさんは親御さんの言葉に耳を傾けてらしゃるし、常にアンテナを
貼ってらしょる、素晴らしい療育者だと思っております。


今日はPTAのあつまりにでかけました〜♪ 投稿者:のあ  投稿日:04月26日(水)19時24分19秒

とらさんへ
ありがとうございます。
>紙に「自分」もしくは「何かのキャラクター」を入れたらどうでしょう?
そうそう、でも、それって、今はまだ全然わからない「向かって右」という概念をあとで
身に付けたとき、混乱させてしまいそうな気がしたのですが...。
どうなんでしょうね?
先まで考えなくてもいいのかな?(ホントは自分が混乱してしまったから)(^_^;)



今日は、今年PTAの役員なぞを引き受けたもんで、雨の中、小学校に出没しました。

学校に着いてみるとちょうど一年生の教室から男の子が飛び出して来たところでした。
(一年生の教室は一階にあります。)
私が入ってきた門から外に出ようとするので、「どこにいくの?勝手に帰っちゃうと先
生が心配するよ。」と声をかけると、だ〜っと走り出して広いグランドの方へ行ってし
まいました。

担任の先生らしき方が、窓から顔を出して「おかあさんが迎えにこないとかえれないん
だよ〜。」と声をかけられましたが、無視して走り回っています。先生に「私が追いか
けましょうか?」と声をかけると「お願いします」と言われたので、急遽そういうこと
に。しばらく一緒に校庭を走り回りました。

-----このへん、もう少し詳しく書いたのですが、長すぎるのでカット♪-----

築山みたいなところで濡れてて足場が悪かったりして、その子に「気をつけてね、
おばさん、こわいよ〜」なんて言ったら、その子は手をつないでくれましたよ。
やさしい子なんだよね。ありがとう〜。

ぐるぐる回ってもとの場所に戻ってきたので、先生が教室から出てこられました。
先生にだっこされて「かえる〜。」やっぱり小さい声。。。ちょっとつかれたのかな?
他の子も心配して出てきて、みんなやさしいのね。(好奇心ってのもあるでしょうけど)

でも、先生からしたら、みんなも立ち上がって外に出てきちゃったりしたらやっぱり困る
でしょうね。
先生も人間だから「せんせい、きらい〜」と面と向かって言われたらやっぱり悲しいでし
ょうし。
年配の先生なら追いかけるのも大変でしょうし、その間他の子供たちは誰が見てくれる
の?というのもありますよね。
他の先生に協力してもらうとか、やはり学校全体で見ていかないといけないんだなと思
いました。

先生も大変だわ、やっぱり。

4月も末になって、最初の緊張もとけて来る頃だし、だいぶ授業らしくなってくるでしょ
うし、他の子は慣れてきてるのに、まだなじめなくてあせってしまったり、
つらくなっちゃう子もいるのでしょうね。

みなさ〜ん!あとちょっとで、ゴールデン・ウィーク!
ちょっとだけ中休みできますからねぇ〜。

親御さんだけでなく、先生も、子供もね。
あと、自分にも言い聞かせちゃうのでした。
(あんたはいいでしょに?!(-_-;)/~~~~~~~~~~~~☆ビシッッッ)


療育あれこれ 投稿者:とら  投稿日:04月26日(水)19時48分52秒

>療育機関では言語療法士がいたのに関わらず、言葉の発達を促す為のアプローチが殆ど無く、
>感覚統合訓練とリトミックをしてお集まりの繰り返しの発展のない一年でした。

おそらくなんの障害も無く単に言葉が遅れている子供や、言語発達遅滞と分類されるような
子供に対しては有効なのかもしれません。
でも私は、TEACCHのようなアプローチは、自閉的特徴が無い場合にはあまり有効ではないような
気がしますが ABAは単に遅れているような子供にも有効だと思います。 


うれしくて 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月26日(水)20時11分21秒

園から帰りの車のなかで、
「おかあちゃん、はっぴばすでい、けーき」
「ケーキ食べたの?」
「はい」
生まれて始めて,やった事を報告してくれました。

こくっぱの通っている園(療育施設)は,まず「楽しいところ!」と子どもたちが感じるように
4月はとことん子どもに付き合ってくださいます。
で、その次に「これができたら,あそぼうね」と少しずつ課題を与えてくれます。
普通の保育所では歌は絶対うたわず,朝の会も帰りの会も絶対参加しませんでした。
なのに,たった2週間で、こくっぱは手遊びをこなし、お片づけもし,何より泣かないで毎朝
通ってます。
遠距離通園の苦労も吹っ飛ぶ毎日です。


「何で言う事をきかないの!」 投稿者:るり  投稿日:04月26日(水)20時36分00秒

うちの息子、最近、幼稚園に登園するときにゴネます。
とりあえず、置いてくるわけですが、お迎えのときに担任の先生に様子を聞くと、私が帰ったら
機嫌も良くなり保育活動にも積極的に参加しているとのこと。

それはそれで結構なことですが、幼稚園の担任の先生は、今のところ息子の良かったところしか
報告してくれない。もしかすると迷惑かけているのではないかと、恐る恐るたずねてみても、
「そんなことはないですよ。椅子から離れても促せばもどってくれますし・・・」としか仰らな
いので、却って不安です。

そんなはずはないと思うのだけど・・・

たまに療育施設にも顔を出していますが、「お母さんといっしょだから」と言われるのですが、
とぉーってもとぉーっても扱いにくい。言う事を聞かない。どちらかというとワガママな感じで、
幼稚園に入れて自由を満喫するのに慣れた私はキレやすくなってます。

うちで2人でいるときはもともとそうでもないのですけどねぇ。

そうそう、やっぱり年少さんから入れたことは良かったと思います。
言葉が出ないということで、息子も少し疲れているときがあります。
でも、年少さんだとデコボコがあるので、言葉が達者でなくても遊べなくもありません。
そうやって、親しんでもらえれば良いと思いました。


良かったですね!! 投稿者:るり  投稿日:04月26日(水)20時39分41秒

こくっぱの母さん、うれしい気持ちが充分伝わってきました。

遠距離通園、お疲れでしょうけど、こういうことがあると通うのも楽しみになりますね。


向き不向き 投稿者:ひいろ  投稿日:04月26日(水)21時41分34秒

こくっぱ母さん、よかったですねぇ。
子供が楽しく通える場所も作ってあげるのが一番ですものね。よかった、よかった・・・
療育センターと幼稚園、どちらがいいかとよく相談された事があったのですが
私は「子供がストレスをためずに、楽しく1日を過ごせる場所」という風に、私は答えてました。
でもそれは子供によって違うから、結局お母さんが決めるしかないんだとも言いました。
冷たい言い方だったなと、あとで少し反省したこともあったけど、
子供の全てを知っているのは、親しかいないから・・・
ふゆまやーさんのおっしゃった「親が1番の専門家」というのは、私も本当にそう思います。
でもね、やっぱり素人だからねぇ、不安になる事もありますし。
だから信用できる人(ここの管理人さんや常連さん)の意見は貴重です。
それ以外ににも、ネット上にはいろんなヒントがあるから・・
「これドラに使えるかなぁ?」って思いつつ、ネットをフラフラしている毎日です。


るりさんへ 投稿者:ひいろ  投稿日:04月26日(水)22時06分23秒

>幼稚園の担任の先生は、今のところ息子の良かったところしか
>報告してくれない。もしかすると迷惑かけているのではないかと、
>恐る恐るたずねてみても、「そんなことはないですよ。
>椅子から離れても促せばもどってくれますし・・・」としか仰らないので、
>却って不安です。そんなはずはないと思うのだけど・・・

本当にそうなのかもしれないですよ。
うちではできない事でも、幼稚園ではできるいうのは、よく聞く話です。
実は最近、ドラも幼稚園では、なぜか果物が食べられる事が判明しまして・・
保母さんの食べてた、グレープフルーツを欲しがったので、あげたら
ベロリと食べたと聞かされて「へっ?」っと聞き返してしまいました。

母親と一緒の時に、扱いにくいっていうのは、幼稚園では甘えられない分
甘えているという可能性があるんじゃないでしょうか?
保母さんとの人間関係はまだまだでしょうし・・・
もうちょっと様子をみてもいいんじゃないでしょうか?

そういえば、うちのドラくん4才にして母親への愛着にめざめ
この頃、どこに行くにも私を追っかけ回しています。
顔が見えないと、大泣きして探す探す・・・
う〜ん。やっと1才レベルになったなぁと、感慨ひとしおです。
後追いされると、ものすごいうっとうしいけど、でも私は本当に嬉しいです!!!
でもね、幼稚園に行かないとダダこねはしないんだよねぇ。
幼稚園にはどうやら負けているようです・・・


じゃあ、二番目の専門家は、 投稿者:リンコ  投稿日:04月26日(水)22時10分47秒

子ども本人かな?

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/


Mさんに質問! 投稿者:ふゆまやー  投稿日:04月26日(水)23時59分42秒

先日、保健所の言葉の相談に行った際にウチの地域には5歳(年長)
からしか、言葉の教室がなくて困ると訴えたところ「言葉の訓練は
5歳ぐらいが丁度いいからです。」と断言しておりました。
でも、ウチの子は家庭でアプローチをし始めてからぐっと言葉が
増え、いまでは保育園での出来事もちょくちょく喋ってくれるまで
になりました。「お友達ねぇおしっこ漏らしたの!」「保育園で
饅頭食べたよ!」等など。
普通の子より遅れているからこそ、早期のアプローチが必要だと
私は感じますが。Mさんはどうお考えでしょうか?
その子に応じた時期があり、その子の応じたアプローチが必要だと
自分の経験を通じて実感しています。
やっぱり、ウチの地域の療育機関は遅れているのでしょうか?


あのー 投稿者:腐乱検死体  投稿日:04月27日(木)00時00分53秒

>やっぱり、ウチの地域の療育機関は遅れているのでしょうか?
聞くまでもないんじゃない?


そうそう... 投稿者:のあ  投稿日:04月27日(木)03時10分02秒

明日は(もう今日ですが)はじめて検査しに行ってきます。
どうしよう....。
どきどきどきどきどき

どんな検査をするのかもわからないので、あわててこちらの「諸検査」のあたりを
読ませていただいてます。
むむむ、すごくたくさん検査があるのですね。(わからない。。。(T_T)
検査の結果ってどのように教えてもらえるのでしょう。
前、言葉の教室に入所する際にやったものは、口頭で考察部分を教えてもらっただけ
でしたが、数値なども教えてもらえるんでしょうか?
(教えてもらっても今の私ではわからないでしょうけど)

あ、今日やっとこちらの掲示板の過去ログを読み終わりました。
読みでがありました〜。(ぜいぜい)

ほんとにこちらにはお世話になってます。
よろしくお願いします。


お答え? 投稿者:M  投稿日:04月27日(木)08時07分02秒

夫婦漫才コンビ様
>>やっぱり、ウチの地域の療育機関は遅れているのでしょうか?
>聞くまでもないんじゃない?
 
 言語指導・・構音指導なら4歳頃からとは良く言われますけどね。
 
 でも、お二人の息、ぴったりですねぇ。
 どこやらに、うらやましがっている人がいそう・・。

 
のあさん 
>検査の結果ってどのように教えてもらえるのでしょう。
>前、言葉の教室に入所する際にやったものは、口頭で考察部分を教えてもらっただけ
>でしたが、数値なども教えてもらえるんでしょうか?

 数値ねぇ。
 血圧みたいにその日の状態によって結構上下するなあって気がする。
 1回実施してそれを、その子の知能指数、発達指数だって思いこんでしまう
 とまずいかなって・・。でも、日によってそのような状態の事はありうると
 いう一つの判断材料にはなるよね。
 しっかり聞いてきた方が良いと思うのは何が得意で、何が苦手かということ。
 それはあまりその日の状態に左右される事はないような気がするから。
 今後の手立てを取っていく上に必要な情報をしっかり聞き出してきてね。

   >でも、のあさんて○○人だ。うちの教室に来る子のお母さん、
    のあさんみたいな人が多いのよ。
  
>むむむ、すごくたくさん検査があるのですね。(わからない。。。(T_T)

 検査のコーナーに載せてあるのは、わたしが教室で実施しているものだけだ
 から、本当はもっともっと種類はあるよ。
 LD傾向のお子さんなんら、WISC-3とK-ABCを実施する事が多いかな。


ぐるんぱのようちえん 投稿者:ゆきりん  投稿日:04月27日(木)08時55分01秒

昨日放送の[天使が消えた街」をはじめてみました。
主人公はなぜこの絵本が好きなのかわからなかったのですが、うちの子もこの絵本が大好き
だったな〜となつかしくなりました。
図書館にいってはよく借りたものでした。
絵本をあまり読んであげない主人でさえもこの絵本の内容を覚えていました。
最近はほとんど絵本を読んであげることがなく過ぎていたように思います。
字が読めるのでそうなってくると親も怠慢になってしまうのか、聞き取りの
悪さも持っている子なので絵本を読んでその内容を聞くっといったこと必要なのに・・・

この掲示板にこられている方でまだこの絵本を読んであげたことのない方はぜひ読んであげ
て下さい。お勧めです。


リンコさん、 投稿者:とら  投稿日:04月27日(木)09時52分22秒

>じゃあ、二番目の専門家は、 
あなたですよ、あなた。
たいていの子供はまだ、認知の違いそのものがわかっていなかったり、
仮にわかっていてもそれを私達に教えてくれるすべ(話し言葉)が無いですからね。
それを代弁してくれるのは有りがたいです。


補足 投稿者:M  投稿日:04月27日(木)22時46分25秒

 IQ、DQについてその日の状態によって多少なりとも上下するかな
と書きましたが、WISC-3ではそれも考慮に入れて

          95%信頼区間
      全検査IQ=84 (78〜91 )  

といった報告をします。これは今回の検査のIQは 84と言う結果だったけれど、
78〜91の間である可能性が95%あるという意味です。


期待しすぎ・・・ 投稿者:まる  投稿日:04月28日(金)00時37分39秒

 以前お邪魔したまるです。こんばんは。
4月から療育センターに週一回通い始めました。一朗はおもちゃがいっぱいあるので
すごく楽しそうです。でも、みんなで集まる時間も、ひとり隠してあるおもちゃをひっぱりだし、
遊び続けようとしています。そして大泣き。一番うるさいかもしれない。
 始まったばかりなのですが、今週面談がありました。
その時、言葉を引き出すためのアドバイスがほしいと相談したのですが、まだその段階では
ないとのこと。べつに、訓練をしたいとかそういうことではなくて、もっと子供と会話(?)が
したいだけなんだけど、話が別のほうにそれてしまった感じがします。(訓練をしてもうんぬん
かんぬんと言うような)
 4月になればこの子にもっといい接し方が出来るようになる、と期待が大きすぎたみたいです。
夫も私も今のところ原因不明の病気(というか症状)になり、ちょつとボロボロなので、
風水にでも凝ろうか・・などと、現実逃避をしてしまいそうです。
 私のほうは、大きい病院を勧められ(そこは平日のみなので)、一朗をはじめて人様に
預けるという経験をする予定です。もうドキドキです。田舎が両方遠いので、ベビーシッター
さんにお願いするのですが、どうなることやら・・・。


(無題) 投稿者:のあ  投稿日:04月28日(金)05時17分53秒

検査は、WISC-3だったとのことです。

検査が終わって、先生は「お母さん、はっきりでましたよ〜!」と晴れやかにおっしゃる
ので、「そ、そうですか?」....。

正式な結果は、来週、私だけ聞きに行くことになっているのでまだわからないのですが、
少なくとも、「お母さんの思い過ごしですよ〜。」じゃ無かったってことで。(=^・^=) ♪
数値は教えてもらえるのかどうかまだわかりませんが、その際には参考にさせていただき
ます。(M先生ありがとうございます)

「出来るところと出来ないところがはっきりとしている」
「じっとしていようと思っても出来ないようだ」
とのことで、ADHDとLD両方と言う意味かな?と思って帰ってきました。

あ、診断というのは病院でしてもらう物だと聞いたのですが、それまではこの言葉は使っ
てはいけないんですよね?
でも、やっとここでも居場所が出来たような(勝手に来てるんですけどね(^_^;))仲間に
入れてもらえそうな気がしてきました。

専門医療機関で診断してもらうことは、やはり意味あることなのでしょうか。
その後の療育にも関係してくるのでしょうか?

子供の見解は「パズルしたんだよ〜」の一言、終わっても帰りたくなくって、しばらくあ
そばせてもらったそうです。(そういう子供の気持ちも受け止めてくださって、先生方も
明るくてとても親切でよい感じです♪)

子供は、(最初に行った時も感じたのですが、)終わってからもなんだかとても晴れやか
な様子で、私の言うこともよく聞くし(うわのそらと言う感じでなく)、わがままも少な
めなのです。なんか発散出来るのかな? 知的な(そのこにあった)働きかけが効果が
あるのでしょうか。いつもと違うところにお出かけしたから、だけではない気がします。 出かけた後は疲れて不機嫌になることのほうが多かったし。 夕ご飯のときも、ポケモンをやっていたにもかかわらず、シッカリ食べて、いつもおこら れる「ばっかりたべ」でなく、おかず→ごはん→おかず、とバランスよく食べて、「こん どこっちって食べてるでしょ?」(かわりばんこにたべてるでしょ?と言いたいらしい) いつもはテレビに気を取られて食べられず、それでおこられていましたから。 どうしてでしょうね? 早くもプロはすごいな、と、技を盗みたい気持ちになりました。 ○○人ってなんでそ? おかあさんは元気人〜♪(こっちも古いね〜?しつれいしました〜)


検査 投稿者:さる  投稿日:04月28日(金)07時18分45秒

ひーろーは、4月初旬にK-ABCをやったんですが、同じ部屋で私が待ってたんです。
勿論、口出しはしなかったですが、見ててひーろーは鼻くそほじほじしたり、
ぼーーーーーーーーっとしたり、「これと〜〜♪これ♭これっ♪♪」
っておちゃらけたり、天井を棒でつつきながら答えたり・・・
でも先生は当たり前って感じでやってたけど「適当に答えてるな」
とか「見ないで答えてるな」ってつぶやいてることもけっこうあったです。
こんなもんなんだろうか?(私が理解してないのか?)
でも、結果は”思った通り”だったようだわ。
それにしても、けっこう難しい内容ですよね。
私ってば途中で????になったです。
子供にこっそり教えるとか教えないのお話じゃないですよね。
え・・・?私だけでしょうか???

>技を盗みたい気持ちになりました。

私は子供を喜ばせるのが下手だけど、この先生は
上手でした。
別に積極的に喜ばせようとしてるわけじゃないのに、
ひーろーは、すっごく喜んでた。

次、5月初旬にWISC-3(多分)をやると思います。


うわばき 投稿者:とら  投稿日:04月28日(金)11時23分57秒

子供は年少に入り、それなりにでは有りますが園生活を送っているようです。
バス通園ですので、先生との連絡は連絡帳を2冊作り(どちらに書いても良い)、
それを毎日子供の鞄に入れて交換し合っています。やさしさと厳しさを持ちあわせた
若すぎず年をとりすぎてもいない(29歳との事)理想的な先生に当たったようで
ラッキーです。(それでも園で一番の評判の先生はまだ他にいるようで、障害者受け入れを
長い事続けている幼稚園だけの事は有ります。)
バスステーションまで3分、バスに乗って20分とやや遠めでは有りますが、
選んで良かったと実感しております。

ところで、子供はまだ上履きのまま園庭に出てしまったり、
外履きで部屋に上がり込んでしまうようで、コメントされている日が多いのです。
(こごとではなく、「あえて言うなら靴の区別が、まだ...」と優しく書かれてていますが。)
経験者の方など何か良いアドバイスは有りますか ?
ちょっと考えてみたのは自宅でも上履きをはかせてみるか、ということと逆に園でも
はだしにしてみるか、と言う事ですが、なんとも...
もちろん言語理解が進めばわかるのでしょうが、少しづつでも出来るように
させたいと思っています。


とっても不安 投稿者:るり  投稿日:04月28日(金)16時48分01秒

>ひいろさん
レスをありがとうございました。
先生との信頼関係がまだ少し、弱いのかもしれませんね。
昨日、となりのクラスの補助の先生に(といってもベテラン風)、すれ違いざまに、いろいろと
誉めていただきました。
少し安心したと思いきや、息子が「ワンワンこわい!」と言って、腕の傷(かすった程度)を、
見せてくれました。そして噛むジェスチャーまで付け加えて。
連絡帳には何も書いてなかったので、私からそのことを書いて今日持たせました。
息子がしつこく園の犬にかまっているのは今までも見ていたので、それでやられたのだと思い
ました。そしてそれは、犬との距離の取り方を学ぶのには良い経験だったであろうと、そういう
事を書きました。
そして、今日担任の先生とお話したら、何と息子は犬に砂や小石を投げて、怒った犬が飛び掛る
ように腕を引っかいたのでした。「駄目だよと注意はしたのですが、すみませんでした」と、
謝られました。悪いのは息子です。ウソをついたなぁ〜、あいつめ!

のびのびしている幼稚園には、うちの子みたいなタイプは却って向かないのかなと、不安に
なってきました。ある程度自分で自制できないと。年少さんだから無理なのかなぁ。

でも、とらさんの『うわばき』に便乗する結果になりますが、迎えにいくと、裸足で園庭を
走り回っているのは息子だけです。注意すれば嫌々履きますが、いままでこんな事なかった
のです。おまけに上履きの底を見ると泥が詰まっているし。年少さんには靴下のまま、ふらっと、
外に出てしまう子もまだ見ますが、息子の場合、ついうっかり・・・という類じゃなさそうです。

私も悩んでいます。

掲示板過去ログに戻る