2000年4月その7
コドモのウソ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:04月28日(金)18時43分25秒

ちょっと留守にしてました。久しぶりの我が家でゴロゴロして鋭気を養ってます。

>悪いのは息子です。ウソをついたなぁ〜、あいつめ!

子供の園での話は、たいていウソ(又は空想・希望・記憶があいまい)だと思っておいた方が
いいですよ。
でも悪気があってついているウソじゃないから、ウンウンと同意してあげつつ話半分にして
おけばいいと思います。ウソだとバレバレの場合も言葉には気を付けてね。
(で、気になる点だけ先生や他のお母さんに尋ねて確認するの。モチロン子供にはバレない
ように注意しましょう・・・幼いなりに自尊心を持っているので)
「〜だったんじゃないの?」という言い方をすると違っていても「うん」と答えてしまう子も
多いし、園での事は気になっても「聞き出す」ことはしない方が良いみたいです。誤解が誤解を
生んじゃって話がややこしくなり、猜疑心のカタマリになっちゃいます。
年中くらいになると叱られたくなくてウソつく子もチラホラ出てくると思いますが、それは
それで賢くなった証拠なので喜ぶべきものでしょうね。

よほどの事があれば、担任の先生からお話がありますので、後はお任せして大丈夫だと思います。
コメントが無いということは、先生方から見たら日常茶飯事のレベルという事でしょうから。
先生の方から、「こういう事があったのでお家でよくお話して下さい」と言われない事は、
時間が経ってから蒸し返すよりも、次に同じ出来事があった時まで温めておいた方が良いと
思います。子供だって「アレは自分が悪いことしたなぁ」ってちゃんと覚えているんですから。
あと、先生も知らなくて他のお友達だけしか周りにいなかった場合も、数ヶ月もすれば誰かが
注意したり先生に言いつけたり、子供社会での役割というか掟というか出来上がってくるので
大人が叱るより効果は絶大だと思います。
幼稚園や保育園の先生は本当の意味では子供を育ててくれません。周りの子供たちの中で子供が
自分で学んで育って行くんです。それが集団の力というものだと思います。


上履きかぁ・・・・。
うちの兄ちゃん、しょっちゅう上履き脱いでいたなぁ。園の中をくまなく探しても無くて
窓の外に落ちていたとか、ピアノの下に潜っていたとか、おもちゃ箱の引き出しの中に入って
いたとかなんて事もあったなぁ。本人は宝探しと言ってましたが、どこに隠したのか忘れてしまっ
ていては、リスと一緒ですよね。年中の終わりくらいから上履きが行方不明になることは少なく
なりました。さすがに全園児総出で自分の上履きを探すのは申し訳ないと思ったらしいです。
年少さんの1年は、もう、なんでも有りですよ。他の子はちゃんと出来ているように見えて、
実はお母さんに聞いてみると笑える話や呆れる話がザックザク出てきますもん。
上履きを履き替える事も、他のみんながきちんと出来るようになって初めて気付く事かもしれ
ません。裸足で足を怪我してしまってから、注意するようになるかもしれませんね。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


我が家の上履き事情 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月28日(金)21時02分08秒

長女は小3ですが、今でもほとんどはだしで教室を駆け回っております。
「なんで、はだし?」
ってきくと
「だって気持いいもん」

で、ハカセは靴下を履き,上履きをはかないと歩けません。
「だって気持悪いもん」

子どもって,謎です。

ちなみに年少さんくらいなら、上履きと運動靴がキチンと区別できるほうが少数派です。
はだしの方が本当は「土踏まず」が育つそうです。


ちょっとズレますけど 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月28日(金)21時19分03秒

気をつけないと、すぐ靴って小さくなってるんですよね。
こくっぱは、気に入ると小さい靴でも無理やりはいていて,
足の指に豆ができて破れて血が出てたことが。
あれ以来,絶えず靴と足の大きさがあっているかこまめに調べている母です。


うわばき 投稿者:ひいろ  投稿日:04月28日(金)22時19分53秒

ドラは療育センターに行くと、ちゃんと靴を脱いで自分でげた箱に入れていました。
でも幼稚園では、指示をしないと入れられません。
もちろん上ばきのまま、園庭にででいってしまうこともしばしばてす。
この違いは何故なのか? 答えは、幼稚園はいわゆる普通のげた箱、
療育センターのげた箱は、1つずつにドアのついているげた箱で、
しかもドアにでっかく名前が書いてあったという事です。
幼稚園にはいわゆるおしるしがついているのですが、
ドラの場合は自分の名前のほうが,わかりやすかったようです。
あとうちの場合、げた箱のドアを開け閉めしたくて、覚えてしまったという感もあります。
好きこそものの上手なれ・・・ですね。


確かに 投稿者:とら  投稿日:04月28日(金)22時55分05秒

>ドラは療育センターに行くと、ちゃんと靴を脱いで自分でげた箱に入れていました。
>でも幼稚園では、指示をしないと入れられません。

わかります。うちが通っていた療育センターも玄関は段差も有り、下駄箱もフタツキで、
下駄箱に靴を入れて、履き替えたくなるような雰囲気なんです。
というかこれが普通。自宅でも当然下駄箱に靴入れたり、靴脱ぐのは出来ますしね。

で、幼稚園は段差が無く、スノコも有ったり、下駄箱にフタも無いし、親ですら
そこで靴脱げば良いんだろう、ここは土足で良いのかな、なんていつも悩んでいます。


うわばきって 投稿者:くるりくら  投稿日:04月29日(土)09時53分10秒

くるりくらです。
うちの小4の娘と小2の息子は上履きのない「はだし保育」の幼稚園に
通いました。 2人ともいまだに靴下が嫌いです。
学校から帰ってくると二人とも一番最初に靴下を脱ぎます。
「はだし」と言うことで 靴もはかずに園庭に飛び出していっても
目立たなかったので 息子にとってはラッキーでした。
(いつも保育室は砂だらけ・・・ 一応足拭き様の雑巾が常備されては
いましたが でも なんだかとっても活気がある幼稚園でした。)
上の娘はともあれ 下の自閉の息子の方が小学校に入学して 初めての
靴下と上履きの生活に突入した時にはほんと心配しました。
でも 強制しなくても自然と靴下をはいて、上履きをはいています。
お姉ちゃんやクラスのお友達の様子を見ているのかなあ・・・。
と言うことで 園児のころにはできていないことでも 大きくなると
いつのまにか できていることってたまにはあるんですね。
(ちょっと甘い考えかなあ・・・・)


うわばきとうわぐつ 投稿者:リンコ  投稿日:04月30日(日)01時15分12秒

保育園のときは、「うわばき」と言ってました。
小学校に上がると、「うわぐつ」になりました。
悪いことに、同じメーカーの同じ製品が扱われていました。
混乱したのなんのって・・・

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/


なるほどねぇ 投稿者:M  投稿日:04月30日(日)10時37分21秒

「靴を入れる棚」なのに「下駄箱」って言ったり、
「鉛筆」しか入っていないのに「筆箱」ってよんだり、

けっこう理屈付けないと納得できない小生意気なタイプの小学生だった私には合点が
いきませんでしたねぇ。。
今?
今はもう、と〜〜っても素直な人間に成長したことは皆さん、ご存知の通りでござい
ますです(;^_^A。

でも、まあホント、
単語ひとつでも、一人ひとりがどう受け取っているか、もしかしていらぬ混乱をさせ
ているのではないか洗い直してみる必要はありそうですね。

あ、昨晩40000アクセス達成しました!! 
「ずっと『普通』になりたかった」を狙っていた方は、下記URLからお申し込み下
さい。
                   < 勝手に花風社広報担当のMでした。

http://www.kafusha.com/Shinkan/index.html


「先生」なのに・・・ 投稿者:くるりくら  投稿日:04月30日(日)11時25分30秒

くるりくらです。
日本語ってほんと 難しいもですね。
今一番くるりくらにとって不可思議なのは 先生がいる部屋なのに「職員室」!
だって 子供たちは誰も「先生」のこと「職員」とは呼ばないよね。
こんなこと考える私って もしかしなくても 変かも・・。

その職員の先生のことで悩んでいます。 うちの自閉小僧くんの担任の先生が
2年になって変わりました。 まずは 先生がなまの小僧くんに接してみてから
突っ込んだ話をした方が良いかなと思い 今まで待っていたのですが、
さて 今度はどうやって話をしたら良いか考えてしまいました。
今までは 最初は「言葉が遅い」とか「自閉的なところがある」とか 
ぼや〜んとした言い方で その後少しずつ説明をしていったのですが、
それより 最初から このこは「自閉症」で 自閉症がどういうもので
どういう困難なところを持っていて どう接していって欲しいかなど
ぜ〜んぶ話した方が良いのかなと言う気持ちになってきました。

1年の担任の先生とは波長が合いすぎていろいろ話ができたので
良かったのですが 今度は男の先生で それも転任してきたばかりの
先生・・・。 どう話を持っていったら良いものか悩んで それなら
最初から全て話をしておいた方が良いのかなあと思ったわけで・・・。
でも 怖いのは 話すことによって偏見にも似た決め付けた考えを
されてしまうことです。 まあ 全部話をした後でもいろいろフォローして
説明していかなくてはならないのでしょうけど。
一応 ベテランの先生なので うまく受け止めて理解してくれるのでは
と 希望的観測をしていますが・・・。
Mさん、みなさん どうしたら良いかご意見を聞かせていただければと
思っています。 直球ストレートでぶつけっちゃいけないのかなあ。



職員室 投稿者:リンコ  投稿日:04月30日(日)21時01分28秒

1年のとき、ナニをまちがえたか、「あのね、今日、職員室でね、」というつもりで、
「あのね、今日、蛋白質でね、」と言ってしまったことがあった。ま、いーんだけど。

3年くらいのころ、「職員室に、養護の先生や技術員さんや事務員さんのデスクがない!
それなら『教員室』と呼ぶべきだ!」と校長先生に訴えに行ったことも・・・  ああ、恥。


う〜ん 投稿者:こくっぱの母  投稿日:04月30日(日)21時09分45秒

ハカセと会話していると「単語の使い方が違う」とよく指摘されます。
母は、その都度より正確な言い回しを探しております。
リンコさんの話を聞いていなかったら,
「いちいちウルサイ!」
と叫んでいたかもしれません。
感謝・感謝の毎日です。


知恵袋 投稿者:るり  投稿日:04月30日(日)23時40分49秒

子供のウソとうわばきのレス、とても参考になりました。
ありがとうございました。

息子の「ポンポン痛い」のウソは慣れていたけれど、今まで動物に意識して乱暴なことは、
しなかった息子があんなことをしたのもショックで、おまけに自分に都合良く、私に報告
していたわけですから(言葉の表現がつたないのもあるけれど、犬が噛んだジェスチャーは
創作ですものね)、あぁ、とうとうこんなすれっからしになったのかという思いでした。

でも、ウルトラの母さん。書きこみを読む前に、すでに何度も息子に確かめてネチネチ苛めて
しまいましたよ・・・私は。

子育てって、一筋縄ではいかないですねぇ。

それにしても、あらためてここの書きこみって知恵袋みたいだなぁと思いました。
インターネットをしたことがないお母さんたちにも、得意げにその良さを伝えているのですが、
(もちろん私が何を見ているかとか、書きこみしているというのは秘密)、特に療育している
子供を持つお母さんは相談する人が限られているから、世界が多少なりとも広がっていいのに
なぁと思います。

ここの子育て上のいろいろなヒント、本にまとめて「ぶどう社」あたりからどうですか?

なんてね、Mさん。

掲示板過去ログ案内に戻る