2000年5月その1
固定観念 投稿者:リンコ  投稿日:05月01日(月)00時23分52秒

私も犬に引っかかれたことはあるけれど、
犬は「咬む」、猫は「ひっかく」と、何かで読んだのか聞いたのか、言葉で覚え込んでいたから、
犬に引っかかれたときって、処理が難しかった覚えもありますねえ、そういえば。

咬まれたことにするか、相手が猫だったことにするか、ふたつに一つの加工を頭の中でしたかも。
ウソをついたというより、
「犬」という名詞と「ひっかく」という動詞が、一文の中で共存するとは思ってなかったので、
言語的に成りたたない気がしたのですよね。私はどんな報告をしたっけなあ。覚えてないや。


そうそう、 投稿者:リンコ  投稿日:05月01日(月)00時26分31秒

「シロ」って、犬の名前だと思い込んでいたのに、
同級生で、白い猫を飼ってる子がいて、名前が「シロ」だったんですよね。
それを聞いたとたん、なんていうか、言語規則に違反された感じで、怖くて、つらかった。
学校に行くのが、怖くなってしまった。その子のいる場所は、とても危険な気がした。

でも行ったけど。小学校は休んではいけないものだと思っていたから。


教材の情報箱に 投稿者:腐乱検死体  投稿日:05月01日(月)00時40分18秒

情報を投稿しました。
興味のある方はご覧下さい。


すいません(^^) 投稿者:ふゆまやー  投稿日:05月01日(月)00時41分25秒

下の書き込みはふゆまやーです。


ねこの名前 投稿者:るり  投稿日:05月01日(月)01時27分36秒

私は実家にいるとき野良の子猫を餌付けし、そのメス猫に「ラッシー」という名前をつけました。
でもその猫が私のベッドの下で出産し、その子供3匹までもいっしょに暮らすことになりました。
「ラッシー」はいつのまにか、「おや」と呼ばれるようになり、食べるときと私のベッドで寝る
とき、夜中に猫たちと散歩にいくとき以外は寄ってない生涯半野良気質の猫でしたが、13年も
うちでぶらぶら生きていました。(不器用な性格の持ち主を私は愛す)
その前にいた猫は「ダミアン」という名前をつけていたので、名前だけで何の動物か判断できな
いでしょう。
うちの祖母のところの猫は「シロ」と「クロ」でした。
でも、犬に「たま」って名前をつける人はさすがにいないような気がしますね。


あっ! 投稿者:るり  投稿日:05月01日(月)01時34分05秒

散歩の思い出にふけっていて思ったのが、猫を3匹連れて散歩していたときよりも、息子1人を
連れて散歩に行く方が、余程大変だということを。

息子よ、あなたはいったい・・・


えっ! 投稿者:リンコ  投稿日:05月01日(月)09時37分59秒

猫って普通、散歩させたりする? 散歩に行ったりはするけど・・・


きっかけは 投稿者:るり  投稿日:05月01日(月)10時39分56秒

私が夜に、近所の自動販売機にジュースを買いに行ったことが始まりでした。
多分、足音で区別するのだと思いますが、私が家から出てくると自然にわらわらとあちこちから、
我家の猫たちが集まってくるのです。いつもは寄ってこないのに、散歩だと、私が歩けば付いて
来るし、立ち止まれば座って待っていました。もちろん、首輪なしで。(首輪なんか付けたら、
パニックになって2日ばかり家出をするひとたちだったし)

途中、他の猫に出会ってケンカをするのを止めることだけが面倒でした。

私が実家に帰ってくると、やはり、時間になると玄関の周辺で待っていたので、楽しみだった
のでしょう。夫をいっしょに連れて行ったときは、警戒して、近くを歩かなかったです。

もう、皆すでに亡くなってしまいましたが、私にとってもいい思い出です。


くるりくらさんへ 投稿者:M  投稿日:05月01日(月)21時37分02秒

>直球ストレートでぶつけっちゃいけないのかなあ。

 う〜〜ん、何とお答えすれば良いやら・・(;-_-;) 。
 一般的に言えば、直球が大好きな教師は多いとは思いますよ。

 自閉についてもLDやADHDについても、残念ながら今現在は、
 正しい認識をもっている教師ばかりではないです。

 でも、
 「知らないことは、勉強したい」
 ほんものの『教師』なら、そう思っている筈です。
    < この場合一部にいると噂に聞く○○教師は対象外です。

 実態は、
 少し前に朝倉玲さんが
 「学校における障害児理解の実体」
 と題して書いてくれたように、
 「気持ちはあっても、なかなかねぇ・・・。」
 という後ろ向きなものでしかないですが。

 だからこそ、
 親御さんからの直球はチャンスでもあるわけですからね。


Mさんありがとう 投稿者:くるりくら  投稿日:05月01日(月)23時52分10秒

くるりくらです。
Mさんレスありがとうございます。 ほんとうれしかったです。
誰かに聞いてもらえて 返事がもらえて なんとも言えず
ほっとしたような気持ちです。

あの後 学校に迎えにいった時先生とちょっと話した感じでは 
今まで障害児学級は持ったことがないし 自閉を含め障害のある子供を
持ったことはなく しいて言えば LDと思われる子供を担任したことは
あるみたいでした。
自分にとっても勉強になることだから話を聞いておきたいといってました。
と言うことで くるりくらは 思いきって 「自閉症」と言うことから話をして
みたいと思っています。 
先生には 一応 「知らないことは勉強したい」と言う気持ちは
あるみたい(?)なので チャンスに賭けてみたいと思います。
まずは直球ストレートの真っ向勝負でいってみましょう!
うまくストライクが取れるか それとも・・・・
  ホームラン!いや ピッチャー返しをくらったりして・・・・。
うちの息子にとっても 先生にとっても話をすることが
有意義なものになることを 心から願いながらがんばってみます。 

では。


ごめんなさい・・・ 投稿者:ともママ  投稿日:05月02日(火)22時40分51秒

ともママです。

ちょっと前に「お久しぶりです、またよろしく〜〜」なんて言っておきながら
あっさりとアウトしてしまいました。
その後、新しい仕事を取るために必死になってまして、結果、めでたく取れたので
更に忙しくなってるこの頃です。

と言う訳で、また「たまに覗きに来る人」に逆戻りしています。
「いらっしゃーい!」と迎えて下さった皆さん、Mさん、失礼しました(汗)


近畿の講演会のお知らせです 投稿者:ままはっち  投稿日:05月03日(水)19時08分03秒

こんにちは、Mさん。
兵庫と大阪の新しい講演会のお知らせがありましたのでHPに載せました。

「ことばと発達の学習室」もリンクがやっと出来ました。遅くてすいませ〜〜〜ん。



●第50〜51回「学習障害児(LD)理解のための基礎と実践講座」
          5月23日(火)・30日(火) 兵庫県宝塚

●第1回 「LD(学習障害)教育相談会」 5月28日(日)大阪

●NHK障害福祉フォーラム自閉症児・者の療育を考えるつどい 
            6月11日(日) 大阪

●第1回奈良LD講演会「LDとその周辺の子どもたちに」
            6月17日(土) 奈良

●日本のLD学会・公開シンポジウム
「 LD児とその周辺の子ども達への教育を考える」
            7月9日(日)兵庫

詳しくはこちらをどうぞ・・・

http://www.sanynet.ne.jp/~tatunoko/kinkikouenkai.htm


↓訂正 投稿者:ままはっち  投稿日:05月03日(水)19時16分33秒

●日本のLD学会・公開シンポジウム(誤)
↓
●日本LD学会・公開シンポジウム (正)


はじめまして。 投稿者:ぷにぷに  投稿日:05月05日(金)23時42分24秒

はじめまして。
少し前からこちらの掲示板を見るのが日課になっている「まるむし」です。
もうすぐ3歳になる自閉症の息子がいます。「これができるようになって
くれたら」「せめてママ・パパが言えるようになってくれれば・・・」と
思いは尽きないのですが、今日はどうしても早急にクリアしたいことが
ありまして、みなさまの知恵をお借りしたいと書き込みさせてもらいました。

 問題は「帽子」と「バス」です。

どうしても帽子をかぶらせたいのですが、頭にのせると同時に手で払いのけ、
何かに集中しているときに背後から忍び寄って被せても無理。何度も繰り
返していると終いには怒り出してしまいます。

「バス」の方は、1年ぶりくらいに乗ってみるとすごい拒否反応を示し、
泣くわ喚くわ暴れるわ。スクールバスは大丈夫なのに、なぜ急に???
以前、Tinker Bellさんの掲示板にどなたかが「バスの音がダメ」という
書き込みをされてたのを見て「もしかして、うちの息子もそうかも」と
いう気がしていますが。(ドライヤーの音もバスほどではないにしても
ダメなので)

なにかよい知恵はございませんでしょうか。よろしくお願いします。


きゃ〜いきなり間違えてしまった。 投稿者:ぷにぷに  投稿日:05月05日(金)23時49分09秒

「まるむし」と自己紹介しているにもかかわらず「投稿者」が「ぷにぷに」。
しょっぱなからやってしまった。(^^;
「ぷにぷに」でいきたいと思いますので、よろしくお願いします。
ごめんなさ〜い。


帽子、 投稿者:リンコ  投稿日:05月06日(土)00時01分58秒

かぶらせなくてもいいんじゃないかなー。

っていうわけには、いきませんか(笑)

大人になって良かったなと思うのは、こういうワガママが通ってしまうところです(笑)。


はじめまして、ぷにぷにさん 投稿者:ウルトラの母  投稿日:05月06日(土)01時28分58秒

>「まるむし」と自己紹介しているにもかかわらず「投稿者」が「ぷにぷに」。
>しょっぱなからやってしまった。(^^;

こういうお茶目な方って大好きですー♪

うちの子は自閉症ではないので良いアドバイスはできないのですが、どうして「帽子」を
かぶらせたいのでしょう?

>かぶらせなくてもいいんじゃないかなー。

という、リンコさんの意見に一票・・・・というか、うちの子たちも帽子は大嫌いでした。
長男(年長)は保育園に入ってから、通園帽子はしぶしぶかぶるようになりましたけど、
基本的に今でも嫌いみたいです。私がお迎えに来ると途端にとってしまいます。
次男(年少)も、保育園に行くときにはかぶるけど、普段はやっぱり嫌がります。
そんなうちの子供達は、夏になるとつむじが真っ黒に日焼けしています・・・。
今のところまだ一度も日射病にはなった事がないので、嫌ならかぶらなくてもいいかぁって
思ういーかげんな母親なんですが、ダメかしら。
ちなみに私も帽子は大嫌いです。

「バス」は何とも言えなくてゴメンなさい。
でも嫌がるというには、何か理由があるのですものね。その原因が解って、お子さんの気持ちに
歩み寄ってあげられるといいですね。
うちの近くにバス会社があるので思いついたんだけど、そういう所に行ってバスの発着の様子を
飽きるほど見たら興味を持って好きになっちゃうとか・・・。
見るのも嫌なくらいバスが嫌いだったら逆効果になっちゃうかもしれないけど。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


ぷにぷにさんへ 投稿者:にゃんこママ  投稿日:05月06日(土)07時04分02秒

>ぷにぷにさん
はじめまして。
私には、今年1年生になったばかりの自閉症の長男がいます。
うちの子は、3才1ヶ月で突然帽子がかぶれるようになりました。
それまで、あんなに嫌がっていたのに・・・理由はわからないままですが、
1度平気になるとそれ以来は、全然大丈夫。
ドライヤーの音や掃除機の音もダメでしたが、こちらは聴覚過敏が原因だと
思います(その当時は自閉の知識がなくてわからなかったけど)。
こちらも年齢とともに聴覚過敏が薄らいできて、今は何ともありません。
お子さんがバスを嫌いなのは、音以外にも何か原因がありそうですね。
でも、原因がわからないのなら無理して乗せることはない、というか
できるだけ乗らずに済ませてはいかがでしょうか?
自閉の子は、とても嫌がっていたことがある時、あっさり平気になる
ということがとても多いです。
ですから、「練習すれば、できるようなる」とか「訓練すればできるようになる」
と考えないで、嫌がることはさせない方が、結局は出来るようになる近道だと
思います。
無理強いして嫌な体験を記憶してしまうと、かえって解決に時間がかかると思い
ますよ。
帽子が嫌いなら、被らなくていい。
バスが嫌ならなるべく乗らない。
あら不思議!いつのまにか平気になったのね。
きっとそうなります。


もう1票追加! 投稿者:megumi@oni  投稿日:05月06日(土)09時57分33秒

「Tinker Bell」のmegumiです。
のんびりROM人してたら、名前が出てきて目が覚めました。

ぷにぷにさん wrote
>もうすぐ3歳になる自閉症の息子がいます。

早い時期にスタンスが決まって良かったですね。
『様子を見ましょう』地獄は親子共にストレスがたまりますものね。

うちの少年が不快なのは「大型バスの外で聞くバスのエンジン音」
特に「発進の時の爆発音」です。
乗るのは大好きで、アナウンスを全部覚えて自由時間の楽しみになっています。

にゃんこママさん wrote
>無理強いして嫌な体験を記憶してしまうと、
>かえって解決に時間がかかると思いますよ。

同感です。

「帽子を被る」ことが、「重い」とか「締めつけ感が辛い」とか
非自閉の人には想像できないほど苦痛なのかも知れないです。
しかもまだ、帽子を被らないと日射病になるとか説明しても
解る年齢じゃないですよね。

「かぶらなくてもいい」ことにすると、外野がうるさいでしょうから、
お母さんはそちらとの攻防が大変かも知れませんね。

「バス」というのは路線バスでしょうか。
お子さんにとっては路線バスとスクールバスはまったく別物なのでしょう。
知らない人がたくさん乗っているし、急におりるし、乗ってくるし
音だけでなく光とか臭いとか座席の感触とか揺れとか
ありとあらゆる点で刺激が押し寄せてきて、こんがらがったのかなぁ。
この生々しい初体験
(以前乗ったときにはそういうことには気が付かなかったのかもと言う意味で「初」)
が「バスは嫌」という「彼独特の決めごと」に結び付かないようにするには
出来る限りバスに近づかない方がいいでしょう。

「バスは嫌」と本人が決めてしまうとと、周りのことが解るようになればなる程
「嫌」が増える引き金になるかも知れないと思います。
「バス停が嫌」、平気だった「スクールバスが嫌」、「乗り物が嫌」、
「お出かけが嫌」……ぞっとするでしょう。
「嫌」というのはわがままではなくて、「不安」「恐怖」です。
成長によって刺激が整理できるようになると、努力なしでクリアできるものも
たくさんあると思いますから、それまでは避けられるものは避けるという対処が
回り道のようでいて、一番の早道のように感じています。

どうしても避けられないものだけでも、
自閉症の子どもにとってはかなりしんどい日常のはずですから。


ぷにぷにさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月06日(土)14時25分18秒

初めまして。
うちの子どもたち、上は健常児、下はADHD(たぶん、自閉傾向あり)ですが
やっぱり帽子が大嫌いでした。
少しの間は被っていても、じきにとってしまって、あとは絶対に被ろうとしませんでした。

親の方も諦めて、好きなようにさせていたら、
上の子は、小学校に入って、他の子たちが外遊びで野球帽を被っているのを見て、
真似て自分も帽子を被るようになりました。
今の学校には制服制帽がありますが、平気で被っていきます。
下の子はいまだに帽子が苦手ですが、彼の保育園には制帽がありません。ラッキーです。
そのうち、かぶれるようになるんじゃないかな、と思って見ています。
うちの子どもたちにも、感覚過敏なところがあるので、
たぶん、普通の子たちより、帽子の感触が不快なのでしょうね。

バスに関する見解は、megumiさんがすべてを語っているような・・・(^^)<さすが!
ただ、ちょっと気になったのは、ぷにぷにさんが
>今日はどうしても早急にクリアしたいことがありまして、
>みなさまの知恵をお借りしたいと書き込みさせてもらいました。
と書いていらしたことなんですね。

早急に、どうしても、クリアしなくてはならない?
となると、この時期ですし、もしかして、幼稚園か保育園のバス遠足があるのではないかしら、
その時に、全員が帽子を被って大型バスに乗らなくてはならないから
それで何とかして「帽子を被らせて」「バスに乗せたい」と思われるのじゃないかしら・・・
なんて、勝手ながら、推理したりしています。
まったく見当違いかもしれませんが。(^_^A

帽子にしても、バスにしても、本人の意思を尊重していられるときはいいけれど、
場面や状況によっては、
どうしても、本人の意思をこちらに合わせてもらわなくちゃならないときもあるから、
そういう時って、本当に難しいし、親も辛いですよね。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


発達協会のホームページ  投稿者:けやきの管理人  投稿日:05月06日(土)14時35分36秒

東京の(社)精神発達障害指導教育協会・・・通称発達協会の
ホームページが立ち上がりました。

LD,ADHDなどのセミナーが掲載されています。
  ↓

http://www.hattatsu.or.jp/


帽子は・・・ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月06日(土)14時47分38秒

うちのこくっぱの場合「帽子をかぶったまま」が1ヶ月以上続きました。
トイレとお風呂の時は脱ぎますが、保育所で教室に入る時も、お昼ねの時
も、夜寝る時もずーっと帽子をかぶったまま。
頭がくさいのなんのって!
でも、無理に帽子をとると「帽子を捜し歩く」ばかりで他の事ができない。
というわけで「まっいいか」とほっときました。
で、ある時突然かぶる時とそうでない時の判断ができるようになりました。
何でそうなったのかはわかりません。

う〜ん。全然アドバイスにはなりませんねえ。

でも「別にしなくてもいいこと」や「避けて通れること」を無理強いする
必要はないと思っています。そんなことにエネルギーを費やすのはもった
いない・・・。ほとんどが無駄な努力で終わってしまうような気もするし。

バスに関してはどうして乗らないといけないのか、わからないので・・・。
ただ「無理強いしてパニックをおこしてもどうしても生活するためにはバスに
乗せなければならない」のなら別ですが、そうでないのなら無理に乗せないほ
うがいいです。無理すればするほど(うちの子の場合ですが)拒絶は激しくな
る気がします。


はじめまして 投稿者:satomi  投稿日:05月06日(土)15時03分12秒

こんにちは、一歳八ヶ月の男の子の母親です。
最近「自閉症」に大変感心があり4月より始まったドラマ2本をかかさず見、いろんな本
(「自閉症スペクトル」ローナ・ウィング著、「見えない病」チャールズ・ハート著)な
どを読みあさったりしました。 と言うのも、わたしの息子が自閉症ではないか?と心配しているからです。 息子は成長も順調でしたし、これといって心配な面も特にありませんでした、、、が、い
つごろからでしょうか、一歳になる前ごろから「何かヘン?」感じるようになりました。 名前を呼んでも振り向かない方が多い。向かい合わせで目を話しかけてもあまり反応がな
い、目が合わない、、、よその人に声をかけられても知らん顔、そちらを見ることさえし
ないことがある。 いまだに「おとうさん」「おかあさん」が理解できない。言えないのは仕方ないです、
「おかあさんは?」と言われても素知らぬ顔なんです。おとうさんとおかあさんが他の人
より関わりの深い人だという認識はあるようですが、、、 強いこだわりを持っている、車は並べたりタイヤを指で回したりして遊ぶ。そういうこ
とを、いつまでもいつまでもやっていることがある。どこに行っても換気扇を探している。。。
いつまでも、それを見ている。 一歳六ヶ月のころ、評判のいい小児科で受診したけど「二歳くらいまで様子を見ては」
と言われた。保健所の児童相談でもはっきりしたことは言ってくれなかった。 夫に話したら「子供の個性だ」って、ことばに対しても「そのうち話すようになる」子
供を信じるのはとても素晴らしいことだと思う。だけど、これだけ「自閉症ではないか」
と思われ状況がそろっているのにはっきりしない状態はわたしにとっては苦痛でしかない。 近くそういう診断をしてくれる専門機関に行きたいと思っているのだけれど家族の理解
が得られるか不安。。。 こういうことって早く分かって、育てる側もそれなりの知識を持って子供に接した方が
いいのでは、とわたしは思うのだけれど。 そうであって欲しくない気持ちはもちろんあるし信じたいと思っている。が、本当のこ
とを知りたい、、、と思いウロウロしていた時、ここを見つけました。 少し心の不安をうち明けたくて、取り留めなく書いてしまいました、ごめんなさい。 また来ます(^^)


ごめんなさい、、、 投稿者:satomi  投稿日:05月06日(土)15時06分52秒

ごんなさいごめんなさい
適当に改行入れたつもりだったんだけど
管理者さま、見苦しい時は削除してください。
もう一度書きますから、、、、
ごめんなさい、訪れた人たち。ご迷惑をおかけしました、、、


satomiさんへ 投稿者:にゃんこママ  投稿日:05月06日(土)16時25分03秒

はじめまして。
今がきっと1番辛いですよね。
もしかして自閉症??・・・でも「もう少し様子を見ましょう」と言われたり、
家族からは母の心配を理解してもらえなかったり・・・。

うちの長男は、5才8ヶ月でようやく「自閉症」と診断されました。
とっても後悔しています。
もっと早くはっきりしていれば、もっともっと子供のことを理解して
あげられたのに。
子供を楽しませようと思い、良かれと思ってしていたことが、自閉の
子供にとっては拷問にも等しいことであったことに気付き、申し訳ない
気持ちでいっぱいです。
うちの旦那もずっと長男の遅れを認めませんでした。
でも今は、やはり子供に申し訳なかった、と言っています。

satomiさんのお子さんは、自閉症ではないかもしれません。
でも、もしも自閉症だったら、後から後悔しないように、
今、どうするべきか、ご主人ときちんと話し合われた方が良いと
思います。
辛いのは、父と母ではありません。子供本人が1番辛いのです。


ぷにぷにさん、satomiさん 投稿者:M  投稿日:05月06日(土)18時03分53秒

初めまして。

ぷにぷにさん、
私も皆さんと同じ意見です。でも、帽子って何の為にあるのかな。
園や学校での帽子の役割りは、安全と目印と日よけ?あ、制服と合わせて
ステータスシンボルっていうお受験園もあったりして・・。

小学校の黄帽は、
登下校時の安全用。(余談だけど、小学校も高学年にもなると、いやがって
被らなくなる子も。だってせっかく整えた髪型がくずれるもん。被らないと
いけないという事になっているので手に持ってくる所がいじらしい。(^_^;))

園では、目印用。 
クラスごとに色を変えて自由遊びの時などに担任が園児を把握する目印にし
たりしますね。遠足などで行動範囲が広がったり他園児もいたりする時にも
必需品かも。

日よけ用なら・・・一年中被る必要はないですね。

>「嫌」というのはわがままではなくて、「不安」「恐怖」です。

帽子を被る事に不安や恐怖があるなら、これらの帽子の役割を他のもので代
替する方法を考えるべきですね。どうしても帽子でなければならないという
理由はないはず。


satomiさん、
>管理者さま、見苦しい時は削除してください。
>もう一度書きますから、、、、
>ごめんなさい、訪れた人たち。ご迷惑をおかけしました、、、

そう恐縮されると、却ってこちらの方が申し訳ないですよ。
satomiさんと同じような登場をされた方は過去にも沢山おられますよ。
ここの名物の一つ。どうも、ここにはそのタイプの人が集まって来られるよ
うな・・。
               < えっ、どんなタイプ? 
                 覚えのある人、手をあげて!!


satomiさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:05月06日(土)20時29分36秒

後追いはありましたか?
あと、両親がいないと探し回るというのはありませんか?
どんな事をして遊ぶのが好きですか?
(車並べ、タイヤ回し以外)
もう一つ、放っておくと、いつまでもじっと同じ遊びをしている
というのはしょっちゅうありますか?

P.S.
知能が高い場合、診断名は成長や医師によって
色々変わることが有り得ます。
まだ、お子さんが1歳8ヶ月でしたら、
知能が高いと思われる場合は、診断名を気にするより、
お子さんの特徴を熟知された方が良いでしょう。


また来てくださいね 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月06日(土)22時02分00秒

>覚えのある人、手をあげて!!

はい、はい、は〜い。・・・と、言うことで。

satomiさん
すごく共感してます。わたしもこくっぱが1歳半を過ぎたころ
「なんかおかしい」「絶対おかしい」
「でも、そんなはずはない」
とモヤモヤした日々を送っていました。
こどもが3歳になるまでは『様子をみましょう』っていわれっぱなしでした。
で、見事3歳児検診でひっかかって今に至ってます。
こくっぱの診断名は「自閉傾向の強い精神発達遅滞児」です。
日本では就学前の子どもにはっきり『自閉症』と診断する医者は少数派のようです。
でも、本当に『自閉症』なら生まれつきのものなので、様子を見ましょうなんていってる場合では
ないと思うのですが・・・。

実際には『自閉症』ではないかもしれません。
でも、『自閉症』の可能性があると思われるのでしたら情報を収集して付き合い方を
勉強すべきです。
『自閉症』の子どもたちは普通の感覚では育てきれないんです。
良かれと思ってしたことが、子どもにとってものすごいストレスになっていることもあります。

でも基本は「親子で楽しい生活」を忘れないこと。楽しい子育てを一緒にしましょうね。


発達協会の図書リスト 投稿者:けやきの管理人  投稿日:05月06日(土)22時40分42秒

なかなかの宝庫ですね。
 ↓

http://www.hattatsu.or.jp/lib.html


(無題) 投稿者:satomi  投稿日:05月06日(土)23時16分56秒

今、お仕事を終えて帰って来たところです。もし削除されていたらもう一度書こうかなぁ
と思いつつ来たのですが(^^;
みなさんの早速のレスに感激しています。

ところで、腐乱検死体さんへ、、、
後追いは、全然とは言いませんがあまりなかったですね。こっちが心配なくらい後追いも人
見知りも少なかった、と言うかなかったに等しいです。
部屋に残して一階に下りようとすると泣いて追いかけて来たのが一歳ころだったでしょうか。
「やっと後追いしてくれるようになった」とホッとしていたのもつかの間、すぐに平気になっ
てしまいました。

遊びに関しては、、、
放っておいてもいつまでも遊んでいますね。
つい最近ですが、子供が本のページをパラパラとめくって遊んでいたので、わたしはパソコン
でカキコしていました。30分以上たったころでしょうか、ハッと我に返って子供を見るとま
だ本をめくっていました。同じ姿勢でずっと、、、
あとは、とにかく動くことが好き。ようするに多動ということになるんでしょうか。
散歩とかしててもひたすら歩く。時たま、じゃり道とか見つけると踏んだ感触を楽し
んでいる。水が落ちるのをいつまででも見ていたり、、、
それと、例えばティッシュの箱とミルク缶は必ず逆さにします。元に戻していてもい
つの間にか逆さにしているんです。お風呂のオケは必ず湯船に浮かべます。元に戻して
も浮かべます。浮かべた後はオケに関心を示しません(つまり遊びでやっているわけで
はないような気がします)そんな決まり事がいくつかあります。
同じ音楽を何度でも聴いています(メロディ絵本とかの)

あと気になるのが指さしをしないことです。
指さしは言葉の入り口だと聞いたことがあるものですから、、、子供は何か要求がある時とか
自分の存在をアピールしたい時に指さしするんですよね?それがうちの子には全く見られません。
その変わりに、いわゆるクレーン現象、、、欲しいところに相手の手をつかんで持っていくとい
う表現をします。換気扇のところに誰かの手を引っ張って連れて行って抱っこして見せてくれと
いう態度を示します(これは換気扇に強い関心を示す子供を周りが面白がって、もっと見せてや
ると抱っこしてやってから)

他にもいろいろあるんですが、ここではこの辺で、、、

一度、県の専門機関に電話で相談したことがあります。そこでも納得いくこたえを示しては
くれませんでした。まっ、電話相談くらいで安易にこたえの出せることではありませんが。
でもね、こくっぱの母さんも言っておられましたが、子供がもし自閉症ならそれなりに覚悟
を決めて適切に対応していくことが子供のホントの幸せのためなんじゃないかと、、、
子供は自閉症ではないかもしれない、そうでないことを願ってはいますが明らかに他の子と
は違うと感じます。
それでも愛する息子です、望んで望んで産まれてきてくれた、、、産まれてきてくれただけ
で幸せだと、この子が産まれた時に思ったものでした。
あぁ、また長話ししてしまった。こういうことって意外と身近な人には言えなくてね。。。
また来てもいいんでしょうか、、、こんなヤツですが、、、(^^;;;


ところで質問!
ごく普通に育って来て、随分おとなになってから実は自閉症だった、なんてことあるんですか?


はいはい、 投稿者:リンコ  投稿日:05月06日(土)23時57分41秒

ごく普通だと周囲も自分も思って育ってきて、大人になってから、
実は子どものときからアスペルガーだった人です。判定されたときは33でした。

いや、すごく苦しかったですけどね(笑)。
ただほら、みんなもこれくらい苦しいのだとばっかり思ってたのですよ。
自分の感覚しか知りませんからね(笑)。
自分だけが、横着でいくじなしで、大げさなのに違いない、って思っていたのですね。

判定されて良かったことといえば、
ああ、これは普通のことじゃなかったんだー、しんどいって思ってもよかったのかあと知ったこと。
ときどき苦しくて動けなくなるのは、実は、「疲れている」という状態のことだったと
知ったこと。(おかげで、「休む」という選択肢を覚えました)

ただ最近になって、実は就学前に何か言われていたらしいこと、
親が「この子は絶対おかしくない」とタンカをきって二次検査をすっぽかしたらしいことを
知ったのだけれど。だから、見る人が見れば、それなりに特徴は出ていたのでしょうね。

自分がアスペだと知らずに、「なんで普通にできないんだ!」と思っていた二十数年は
もう思い出したくもないような年月でしたが、
自分の正体を知ってしまってからは、それなりに自分に向いた生活を設計できるようになり、
こんなに幸せでいいのかって思うほど幸せです。
今度生まれてくるときも、アスペに生まれてきたい。
ただ、最初の33年はすっ飛ばしたいなあと思いますが。


ありがとうございました。 投稿者:ぷにぷに  投稿日:05月07日(日)00時01分31秒

早速のみなさまのレス、まことにありがとうございます。
たぶんみなさんにとっては些細な問題であろう私の悩みに
こんなにいろいろと返事を頂けるとは、本当にありがたくて
頭が下がります。m(_ _)m

今回の書き込みをした背景について、少し説明しますと
「帽子」の方は近々ある幼児教室の行事と、現在通っている
スイミングスクールで「着帽」の話が出たのがきっかけなんです。
普段は、じじばばが「日射病になるから」と言われても
「かぶんないしぃ〜」とかわしている私ですが、その話が出たとき
『これから幼稚園とか小学校で、どうしてもかぶらなきゃいけない
状況があるかも・・・。今から慣れさせたほうがいいのでは?』と
思ったんですねえ。
「バス」の方は、自宅が山の上にあるので、電車に乗って遠出という
場合は、とりあえず駅まで「バス」。いままでは、あまり遠出する
ことがなかったのですが、これからは療育のため出かける機会も
増えそうなので、これまた『バスに慣れてもらわないと・・・』
となったわけです。

が!みなさんの意見を読んで、「息子の気持ちを考えてなかった
のでは・・・」と母は深く反省しました。
そうですよね。子供は大変な毎日をすごしているですよね。その子供
の負担を軽くしてやるのが親の役目。「帽子」と「バス」については、
とりあえず避けて通れないか考えてみます。
それにもしかしたら、いつか平気になるかもしれないし・・・。

ほんとうにありがとうございました。


そこのところ 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月07日(日)00時22分45秒

satomiさんへ

>子供は自閉症ではないかもしれない、そうでないことを願ってはいますが明らかに他の子と
>は違うと感じます。
>それでも愛する息子です、望んで望んで産まれてきてくれた、、、産まれてきてくれただけ
>で幸せだと、この子が産まれた時に思ったものでした。

その気持ち、すごくすごく、ものすごくよく分かります。
私も、次男が自閉orADHDかも、と言われたときに、同じことを思いました。
望んで生まれてきてくれた我が子だもの。
この子が私たちにとって悪いものであるはずはない、とも。

>また来てもいいんでしょうか、、、こんなヤツですが、、、(^^;;;

ぜひ、またいらして下さい。(^^)
そう、ぷにぷにさんも、ぜひまた。
私は自閉症に関しては、あまり語れるものは持っていませんが、
それでも、皆と一緒にお話を聞いたり、考えたりするのが嬉しいのです。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


satomiさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:05月07日(日)20時05分11秒

投稿された内容から推測すると、
自閉的傾向がかなり読み取れます。

で、satomiさんがはっきりしないままでは不安ならば、
自閉症について詳しい病院をネットで探して受診
されてはいかがでしょうか?
その際は、行動パターンなどをメモしておくと
説明もれは少なくなるでしょう。

何にせよ、お子さんのための行動を心がけて下さい。


送ればせながら、帽子の件ですが 投稿者:なかぶんママ  投稿日:05月08日(月)00時57分44秒

以前、お姉ちゃんの(健常児)爪噛みの件で、書き込みさせていただきました
その後マニキュアを塗ってやったり、シールを貼ってみたり
何より「これ以上噛むと、もう本当に爪が生えてこないかもしれないよ」と
説明してやると(冗談抜きでそんな状態なので・・・)
徐々にですが増しになってきているようです
そんなことで皆様にはお世話になりました
さて、ぷにぷにさんの帽子の件ですが
遅ればせながら、うちの二女(言語発達遅滞)も
靴をはくのが大嫌いでした
いつも保育園の帰りは玄関で、靴をはかず
「こっこして(抱っこして)」ばかりでした
帽子も嫌いです 頭に載せるぐらいならまだしもゴムが首にくると
ダメのようです 靴はなだめたり、おだてたりしてもいっこうに履かず
しびれを切らしてこちらが履かせると、おこって脱いで
ポーンと靴を放っていました
毎日のように玄関で、靴を履くの履かないのでごたごたしてました
履かずに靴下で外に何度も走っていきました
結局は私が靴を持って抱っこして帰るというパターンで
と言っても行きも帰りも車なので、駐車場まで
歩いても20メートルぐらいでしょうか
朝はいつも遅刻ぎりぎりだったので、本人が言わなくても
抱っこして親が走っていましたが・・・
そんなことでどうなることやらと思っていましたが
いつのまにやらすんなりと履いてくれるようになりました
それから靴をなんとか嫌がらずに履くようになって
でもいつもうまい具合に左右反対に履いていたんですが
それも目をつぶって知らん顔して、「上手に履けたね」って言ってました
今も靴を時々左右反対に履いていますが
「反対」と言ってやると「はーんたい」といって
自分で履きなおすようになりました
今考えるとその時って自分で歩くのが嫌だったんでしょうね
3歳を過ぎてもどっか遊びに行くときなんかは、いつも抱っこで
全然歩かずに、ベビーカーも用意してました
今年に入ってからかな、だんだんとよく歩くようになって
本人が自分から遊ぼう、走ろう、飛ぼうって外の世界に
興味を持つようにならないと、やっぱり無理にしてもだめなのかもしれませんね
うちもリハビリセンターの先生に、「靴とか帽子とかかぶりますか?」って
聞かれたことありす こういう子達って束縛されるのをすごく嫌うそうです
だから体の一部を締めつけたりとかって、そういうのはダメらしいです
服を着ること事体嫌がって、何も着ないって子もいると聞いていたので
まあ仕方ないかなって半分は思っていたので・・・
そんなことで、参考になるかどうか分かりませんが
少し気長に待ってあげてください
きっといつの間にかできるようになっていると思いますよ
ま 帽子ぐらいかぶらなくてもどうなることでも無いしって位の気持ちで
いつもちょっとぐらいできないことがあっても
このぐらいの気持ちでいることにしています
できなきゃ今すぐに命取られるわけでも無し
って開き直っちゃうんですが・・・・
こんなんじゃダメかなあ  (^0^)


先ほどのメールですが 投稿者:なかぶんママ  投稿日:05月08日(月)01時05分41秒

題名 送ればせながら・・・は
   もちろん「遅ればせながら・・・」の漢字の間違いです
それから爪噛みも徐々に「増し」になってきましたは
   もちろん「マシ(減ってきたの)」の間違いです
   大変失礼しました 訂正します

掲示板過去ログ案内に戻る