2000年5月その2
GWは風邪三昧 投稿者:とら  投稿日:05月08日(月)11時00分24秒

家族揃って風邪を引いてまして。ゴホゴホ...
ぷにぷにさん、はじめまして。
遅れ馳せながら帽子の件とバスの件。
色々な要因でいやなケースが有るのでそれを探し出すのは大変ですよね。
うちでも最初はいやがっていました。かぶせようとしたのはあごにゴムひもがかかる
麦藁帽子のようなデザインのもの。ただでさえうっとうしいのに、耳に帽子のつばや、
あごにゴムがかかりよほどいやだったのでしょうね。キャップのようなものは、
やはりつばが気になるようで。
彼が帽子を気にしだしたのは、ふとしたことで出してあったスキー用の毛糸の帽子を
目にした時です。なんだろう、という顔をしながら自分でかぶっているでは有りませんか。
彼にしてみればその時はじめて絵本の中の帽子と帽子そのものと、それが「かぶるもの」
であること理解したようです。それ以降あごにゴムがかかる帽子なども、わざと足元に
転がしておいたり、親が頭の上にのせて過ごしているうちにかぶれるようになりました。
思えば親がかつてかぶせようとしていたのは、「帽子」ではなく、「何故か出かけようとすると
どこからともなく突然出てきて、うっとうしく頭に乗っかり、あごを締め付けるもの」
だったようです。

さてバスの件。うちの子は乗り物は好きなので、あまり的確なことが言えないかもしれません。
でも、まず視覚的にバスを理解させてみてはいかがでしょう。絵本やミニカーから。
スクールバスは乗れるということですが、その違いは何か。
スクールバスは一回り小さいですし、混雑具合はどうでしょうか?
園バスなどは、子供が捉まりやすい所に手すりも有りますよね。
よく子供が遊園地の実物の気ぐるみに出会うと泣いてしまうというのが有りますが、
自分がTVや絵本で見ていたものより、圧倒的に大きい為その迫力に負けてしまうとのことです。
バスも大きくて威圧感が有るので、遠くで走る姿を何度も見せてあげるうちに
乗れるようになってくることも有るのではないかと思います。


satomi さんへ 投稿者:とら  投稿日:05月08日(月)11時58分59秒

はじめまして。3歳半になる息子を持つ父親です。
子供はやはり言葉が遅くて一言二言は2歳前にもありましたが、いよいよ話し始めたのは
3歳近くになってからです。今でこそ言葉は増えてきていますが、発音が悪かったり、
意思の伝達が十分に出来なかったり、独り言が多かったり、まだまだです。
私はどちらかというと白黒させるのが好きなタイプですが、家内はそうでは有りませんでした。
夫婦のベクトルが一緒の場合には話は早いのですが、そうでない場合はうち同様に困り物です。
我が家の最終的な方針は、「医師の診断名は受けなくて良いので、考えられる療育方法で
障害のある場合と同じように積極的にアプローチしていく。」というものです。いまのところ
この方法でそれなりには成長しているようです。色々な本を読み、ビデオなどを取り寄せ、
療育に取り入れ、夫婦共に積極的に子供と関わり、市の療育センターに通い、
民間の療育機関や大学のABAをされている方からアドバイスを頂き...
でもやっていることはちょっとひねりを加えていますが、子育てそのものです。
satomiさんは大変冷静に物事を見られる方で、「クレーン現象」という言葉も使っているほど
すでにネットなどで情報を集めておられるようですし、療育を始めたいとお見受けします。
1歳8ヶ月という年齢ではまだよほどの専門医でないと正式診断をくだすには早いでしょう。
(くだせる医者はいますが。)例えば我流でピアノを弾かせても上達しない場合には、
良い指導者が付く必要が有ります。それは能力を引き出す為のアプローチがどこかに有り、
それを知っている人がいるという事です。一緒に勉強して、はじめてみましょう。


のりものよい&ぼうし 投稿者:のあ  投稿日:05月08日(月)16時05分45秒

わたしのうちも風邪っぴきのゴールデンウィークでした。。。(泣)
今時分の風邪はやっかいですねぇ。。。ご自愛ください。>とらさん

うちの息子はのりものよいのため、バスがだいっ嫌いです。
バスのにおいが駄目みたい。「窓をあけて!」って必死で頼む様子がふびんです。

帽子も、靴下も嫌だったですね。
でも、保育園の子供はみんなそうだったようで、目立たなかったのでよかったです。
帽子の何が嫌って、ゴムが嫌だったみたいで、ゴムがぐんにゃり伸びちゃう頃には
かろうじて、頭の上には存在するようになってきましたね。
特に強制することはなかったので、自然に成り行きでかぶるようになりました。

うちの子は今小学校二年生ですが、うちのあたりでは帽子は1年生だけで、今では
もうかぶっていません。そんなに気にしなくてもいいのでは?
地域にもよるのでしょうが。。。

くつで思い出したことが一つ。
うちの子は、長靴が好きで、どんなにいいお天気でも長靴はいてました。(^_^;)
5さいくらいまでは毎日長靴だったような記憶が。。。
「まあ、ほんにん気に入ってるのでいいかなぁ。」と。(笑)
はきやすいからなのでしょうか。


まいにちながぐつ 投稿者:リンコ  投稿日:05月08日(月)18時09分11秒

「きのうもはいたから」っていう解釈は、どうでしょう(笑)

「いろんなことに敏感な子ども」っていうのは、大量の情報にさらされている状態です。
つねに、情報過多で、頭がわーーんとなっているような状態です。
いつも大混雑で忙しい。

私はとても鈍感な子でしたが、自閉系入ってたので(アスペなんです)、「細部志向」でした。
つまり、「些細なこと」と「今の本題」の区別がつけられない。
そうすると、敏感でもないのに、情報過多になってしまいがちなんですよね(笑)

その他、知能が高すぎる子にADHDが重なっていたりすると、多動が「知的好奇心」という
形になるので、やはり情報過多で圧倒されてしまったりすることがあるそうです。
(身体に、すごいストレスがかかってしまうらしい)

とにかく、理由はどうあれ、そういう情報過多になりやすい人たちにとっては、
生活の要素の一つ一つでも、たとえ些細なことでも、「きのうとおんなじ」にしておくと、
新規情報の数が減らせて、その分だけ、情報処理をする余裕ができるものです。
その分、「息つぎ」をする空間があく、とでも言いましょうか(笑)。


子供との関わり方について 投稿者:ぷにぷに  投稿日:05月08日(月)22時05分42秒

「バス」と「帽子」については、みなさんの体験を踏まえた貴重なアドバイス
ほんとうにありがとうございました。
で、みなさんの親切心につけこんで(^^; またまた教えて頂きたいと書き込み
させてもらいます。

テーマは「子供との関わり方について」

前回も紹介しましたが、うちの息子はもうすぐ3歳。保育園には通っていないので、
生活の中心は「家の中」。1日のほとんどは私(母)と2人きりなので、息子に
とっての遊び相手は私・・・のはずなんですが、ほっとくと1人で遊んでるんで
すねえ、ずーっと。長い時間1人でほっとくのはよくないと、なんとか関わろう
とするんですけど、基本的に「走りまわって」いて、たまにおもちゃで遊んでいる
時を狙って横から参加しようとすると『じゃましないで』という態度をとるか、
逃げ出すか。機嫌がよければ(?)いっしょに遊べますが、1つのおもちゃで
遊んでいる時間が数分間。胸のカラータイマーが鳴ったかと思うと、飛び立って
じゃないや、走り出してしまいます。お気に入りの電車のおもちゃならわりと
留まっていられるのですが、そういうときはものすごい集中力で電車を見ている
ので、母は眼中になし。
外(公園とか)にも出かけますが、やはりひたすら駆け回り、母はその後を追い
かけ・・・というのがパターンです。

ということで、「我が家ではこんなことして子供と遊んでいる(いた)」という
のを紹介してもらえませんか?


我が家の遊び方 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月08日(月)23時51分02秒

興味の対照がちょっと違うんですよね?
母が「これが遊びだ!」と思っていても我が子はまったく興味を示してくれない・・・。
うちは昔、この繰り返しでした。
で、じっくり観察することにしたんです。

ハカセはひたすら、電車や車を敷居の上に一列に並べるのが好きでした。
それに気づいた時,母は色別にみごとな配色で並べたり、大きさ順に並べたり、
とにかくハカセより「ひとつ上」の並べ方をして「どんなもんだい!」と自慢してやりました。
するとハカセは目を輝かせて,母に並べてくれとお願いするようになりました。
それから一緒に遊べるようになりました。

こくっぱは走りつづけるタイプです。歩けないのだと思います。
散歩をしようと思っても,ジョギングになってしまう。
ある日,こくっぱを追い越して「わ!」っととうせんぼをしてやりました。
これが面白かったらしく,そのうち「まてまて!」と追いかっけこあそびができるようになりま
した。水も大好きです。田んぼに水を引く用水路を、いつまでもながめていたりします。そんな
時はその辺の草をちぎって流してあげます。すると、やはり目がきらっと光ります。

コツは「こちらのあそび方」を強要するのではなく「彼らなりのあそび方」を発見して,そのひ
とつ上を見せ付けてやる。で「おかあさんと遊ぶとオモシロイ」とおもわせる。これに限ります。

ただ、周りから見ると「変な親子」にみえるでしょうねえ。


私の遊びかた 投稿者:リンコ  投稿日:05月08日(月)23時58分36秒

私は、何時間でも一人で遊んでいました。ハエたたきの網を、網戸の網の前に持って行って、
ゆらゆらと動かしては、重なったところにできるもようを見たり。

空き地に穴を掘って、バケツで水をくんできて、穴にざぱーと流し込み、
少しずつ水が減っていくのを見ていたり。

飴の包み紙を、透明のビニールと、色のついたアルミフォイルとにはがしてみたり。

ビー玉を色別に分類して、一直線に並べたり。

目をこすって、目をつぶって、まぶたの裏に出るもようを見たり。

正座して脚がしびれるのを待って、しびれた脚を触って遊んだり。

何時間でも一人で遊んで、幸せでした。本当に、本当に幸せでした。
あの時間の記憶は、未だに私の宝物です。
そして、放っておいてくれた母に、とても感謝しています。
(実際は、もしかしたら、母は忙しかっただけかもしれないし、いなかったのかもしれないのだけど)


きのうもながぐつ 投稿者:のあ  投稿日:05月09日(火)06時30分50秒

そうですね!
それはありそうな気がします。
昨日とおんなじで安心するというのは理解できます。
もうちょっと小さい時は保育園に行く道が違うと「どうして?どうして?」って、きかれました。
「今日はお買い物するから」とか言えば納得してくれますし、最近はほとんどないですが。

網戸の模様、まぶたの裏のじわじわ模様、水、飴の包み紙。。。
全部、小さいころ私もしてましたよ〜。

今は子供と砂時計とか万華鏡で遊んでいます。
べつにおかしいとは言われた記憶はないので、私も親に感謝しなければ。


ひきつづき、くつ。。。 投稿者:のあ  投稿日:05月09日(火)09時14分08秒

息子がながぐつから卒業できたのは、そのころ光るくつが流行って、それを買ってからで
した。
それまでまわりの子のもっている物を欲しがるようなことはなかったので、これはよい!
と思い 早速買いましたら、やはり嬉しかったようで、毎日はいてましたね。(あ、これ
じゃ変らないか?)

先月、やっとくつの紐が結べるようになったんです〜!
公文式の先生に教えてもらったのだそうで、帰ってくるなりとくいそうに教えてくれまし
た。
いままでも私が何度も教えていたのに、なんだか手柄を取られたようで、ちょっとくやし〜。
いえいえ、冗談ですが。。。(苦笑)

でも、私は教えると言うより、無理強いにならないように「でっかい独り言をいいながら」
結んであげる、方式でしたから。
公文式の先生は、きっとなんの先入観もなく、「できるはず!」と疑いを持たずに教えて
くださったのだと思います。
半分あきらめモードの母とはスタンスが違ったのでは。
その事実を謙虚に受け止めなければ。まじに反省しています。

でもでも、ちょうちょ結びができるようになった息子の得意そうなこと!
まだしっかり結べないので、しょっちゅうほどけます。
そのたびに、「またほどけちゃった。ちょっとまってて。」とまた結べるのがすごく嬉し
そうなのです。

そんなの見てると母もうれしい!
やっぱりうちの子はそういう部分がすっぽり抜け落ちてしまっているようです。
出来ないことが出来るようになるとうれしい、って今まで実感できなかったのかも。
なんか希望のない人生を歩んできたのかな、と思うとはっとさせられます。

そんなことがあってから、この間は「自転車の練習がしたい!」と言い出したり、少しづつ
意欲が出てきたように思います。
(自転車は保育園の時から持っているのに、全然乗りたがらなかったのです。)
これからは、いろいろ「出来る」を身に付けて自信をもってくれたらなぁ、なんて思いま
した。


リンコさん、こくっぱの母さん、のあさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月09日(火)09時32分03秒

とてもとても素敵なお話の数々、本当にありがとう。

ひとつひとつの書き込みの、どこに感動し、参考になったか、までは書きませんが、
うちの息子たちに対してとるべき方向、
またひとつ、しっかりと見極められたような気がします。
やっぱり、この掲示板は勉強になりますぅ〜!(#^.^#)

>なかぶんママさん、
お嬢さんの爪噛みが少しずつ良くなっていきそうで、良かったですね。
のあさんの書き込みを読んでいても思ったけれど、
本人が自分で決心すること、感動すること、気がつくことが
やっぱり何よりも大切なのですね。
そこを抜きにして、周囲がいくらああだこうだと言ったって、
結局は当人に無理強いしているだけのことになるんでしょうね。
ここでもまたひとつ、勉強をしました。(^^)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


子供と関わる遊び 投稿者:とら  投稿日:05月09日(火)11時50分55秒

うちでもこくっぱの母さん同様
*子供が興味があって
*自分だけではちょっとうまくいかない
そんなものを見つけ出す・作り出すようにしています。
生活の中でもおもちゃでも結構有るものです。今我が家でのヒット遊び(?)は
*トランポリン
*ギター
*階段でボール遊び
*掃除機で掃除
*散水ホースで花に水やり
*まな板でちょっきん
などなど、結構有るものです。
トランポリンはいいですよね、結構安いしお気に入りです。(<リンコさーん、見てる?) 
手を持ってあげて10回に一回くらい「大きいじゃーんぷ」といって高く放り投げてあげると
それは喜んでせがみます。5分は持つかな、疲れますが... 
ギターは押し入れから出して、ベッドの上にのせるまでが彼の仕事。
弾く時は彼が適当に弦の所を叩いており、私が左手でフレットを抑える。
まだ曲にもなりませんが、そのうち二人羽織り状態で曲にでもなればもっと喜んでくれるかな。
階段のボール遊びって結構いいんです。子供は上に行き、私は下に...。
子供が適当に投げたり転がしたりしても階段だから両側の壁にあたり、下に落ちてきます。
これまた下に誰かいないと遊びにくいので、必ず私に「パパとボールであそぶ」と言って
誘ってきてくれます。階段下にダンボールとか風呂の椅子をひっくり返しておくと、
階段を落ちてきたボールがその中に落ちたりして、これまた楽しいです。
子供は掃除機の音などを嫌わないので、掃除は家内と一緒にやっています。
わざとゴミを彼の足元に集めて、吸わせてあげると楽しいようです。
掃除機も重いし、でかいのでよく助けを求めに来るのでちょうど良いようです。
一日に3回は「そうじする!」と言って掃除機を出そうとします。
花や木に水をやるのも彼の遊びです。ある植木鉢にだけドブドブに水をあげて、
他のにはあげてくれなかったりするのですが、鉢を彼の足元にまで全部持ってきて
並べたら、順番に入れてくれるようになりました。
これを我が家では「シャワシャワする」と言っています。
風呂掃除に応用発展できないか模索中です。
家内が料理している時には、キャンプ用の小さなまな板と洋食用のナイフで彼もお料理です。
もったいないけど、きゅうりとか、セロリとか切り応えが有るけど子供でも切れるものを
用意してあげます。遊びって結構生活の中に有りますよね。
おそらくこの手の話はこくっぱの母さんをはじめ主婦であられる皆々様の方が
より多くのヒントを持ってらっしゃるのではないでしょうか。



うわ〜〜 投稿者:さる  投稿日:05月09日(火)13時13分14秒

私の子供の頃を思い出しました。

>空き地に穴を掘って、バケツで水をくんできて、穴にざぱーと流し込み、少しずつ水が減っていくのを見ていたり。
飴の包み紙を、透明のビニールと、色のついたアルミフォイルとにはがしてみたり。ビー玉を色別に分類して、一直線に並べたり。
目をこすって、目をつぶって、まぶたの裏に出るもようを見たり。正座して脚がしびれるのを待って、しびれた脚を触って遊んだり。

これ、全部やってました〜〜
特に好きだったのが、「目をこすって・・・」ってやつと、
「正座して・・・」ってやつ。
道具がいらないし、いつでもどこでもできるから。
大人になってからもやってたわ〜〜
子供が産まれてからは、やる暇がなくなったけど・・。
それと、夜に目の焦点をぼかして空を見ると、
星がきれいで好きでした。
今は目がすごく悪いので(0.1以下)
裸眼で見るってところでしょうか・・?

それと、薬指を第二間接から曲げると、
第一関節から先がぷらぷらして、
面白かった。

懐かしい思いをさせてもらいました。
ありがとうございます♪


これも遊び? 投稿者:くるりくら  投稿日:05月09日(火)13時45分27秒

くるりくらです。
うちの息子と母の遊びといえば これは「くすぐりっこ」やら とにかく
身体を使ったものが多かったです。
「こちょこちょするぞ〜」と言うだけで もう 「きゃ〜あ」という
うれしそうな声をあげます。 そこから おいかけっこになっていって・・・
という感じでじゃれあって遊びました。
そのうち 意地悪な(?)母は 「こちょこちょしてもいいですか?」と聞き、
「いいですよ」と答えてくれたら くすぐるようにしたりしていると
むこうから 「こちょこちょ いいですよ」と催促の言葉がでてきたりしました。
そんなことを繰り返しているうちに 「○○しても いいですか? だめですか?」
という質問に変わっていき 敵もさるもの 「いいよ」「だめよ」を使い分けるように
なってきました。 ちょっとだけだけど 息子と会話しているような 同じ遊びを
共有しているような気分を味わうことができるようになったような気がしています。 
こんなことも遊びにはいるかなあ・・・。


(無題) 投稿者:satomi  投稿日:05月09日(火)15時11分54秒

突然の質問に答えてくれてありがとう(^^)

いゃ、子供のことでいろんな本を読んでいる時にね、、、
なんか不思議な感覚におそわれたんですよ。なんか、自分に重なるところがあるような
思い当たるところがあるような、、、
だからね、そんなこともあるのかなぁと思ったんです


↓リンコさんへ、です 投稿者:satomi  投稿日:05月09日(火)15時13分43秒

下のコメント、無題になってますが
「リンコさんへ」です(^^;;;


それでも母だからね 投稿者:satomi  投稿日:05月09日(火)15時23分44秒

とらさんへ
我が子が一歳前ごろから「何か違う」と感じていたもので、そのテの本も読みましたし
ネットでもずいぶんと調べました。
わりと冷静にいられるのは、まだはっきりと診断されたわけじゃないからなのか?自分
でもよくわかりません。
わたしが診断して欲しいと思うのは、もし子供が例えば自閉症とかそれに類する病気だ
としたら知らず知らずに子供に何か負担をかけているかもしれないとか、もっといい接
し方があるんじゃないだろうかとか思うからなんです。
夫にも診断してもらったからといって何かしなければならないとかじゃないんだよと話
しています。
とにかく子供が少しでも世の中で生きいいように何かしてあげたいとは思うんですが、、、


素晴らしい・・・ 投稿者:とら  投稿日:05月09日(火)16時27分27秒

satomiさん、
あなたのように冷静に物事を考えることが出来て、すでに色々調べておられる場合には、
そこから先は悩む必要は無いと思います。すでに見られている多くのネットの情報や
過去ログなどにヒントは埋もれていると思います。
診断を受けたいのであれば、専門の所を厳選してください。ネットでお住まいに近い
人を探し出し、情報をもらうか市町村の療育関連の施設などにコンタクトしてみても
良いでしょう。場所によっては半年、1年待ちなんてのも有ります。
ある程度療育指導をしてくれる所を探すのもポイントです。そうでない医療機関を選ぶと、
ベルトコンベヤーのように診察室に行き、その日の体調による出来不出来もあまり考えずに
「これとこれができないですね、XX症候群、お母さん積極的にお子さんに関わるように
してあげてくださいね。はい次の人」となってしまって一言の有益なアドバイスももらえません。
特にパートナーが診断を望まない(ラべリングを好まない)ようでも、それでもすべきことは
あまり変わりません。自閉症かどうかはわかりませんが、ご自身でも分析されているように
発達障害のある子供の行動に近いものが有ると思います。現在の発達レベルに応じた段階的な
アプローチをすこしづつ考えても良いと思います。(でも1歳半で自閉症と診断されてその後、
まったく問題なく成長された子供も人づてでは知っています。)


とらさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:05月09日(火)22時08分27秒

>「これとこれができないですね、XX症候群、お母さん積極的に
>お子さんに関わるようにしてあげてくださいね。はい次の人」

この上を行く先生を良く知っています。


ドラのおあそび 投稿者:ひいろ  投稿日:05月10日(水)09時37分45秒

ドラはおもちゃで遊ぶことが出来ません。
今は、少しはできるようになってきましたが、それでも見立て遊びはほとんどできません。
赤ちゃんの頃、おもちゃを渡すと必ずやったのは、裏っかえすことでした。
今思うに、おもちゃの裏に刻印されている文字があるでしょう?
アレをみていたように思います。

そしてそれに飽きると、おもちゃで壁などを叩く・・・
公園に行っても枝などの棒を見つけて、いろいろなところ叩きます。
場所によって、音が違うでしょう?金属の音、土の音、木の音・・
棒の太さや種類によっても違うしね。それを確認しまくってましたねぇ。
それがドラの一番大好きなおあそびだっだんです。
でも、バチを持って木琴や太鼓は叩けないのよねぇ。
それはドラにとってはつまらない事なんでしょうね。ちなみに最近はあまりやらないです。
さすがに飽きたのか、自分自身納得がいったのかは不明です。相変わらず棒は大好きですけど。

あとチカチカ系の刺激も大好きですよ。夏になると網戸にはりついていた事もしばしばでした。
物がキチっと整列された状態もスキです。(スーパーとか)
大きいカメラ屋さんに行くと、カメラのフィルムがきれいに並べられているじゃないてすか。
それがものすごく嬉しいらしく、とてもハイになって走り回ります。
フィルムって原色が多くてきれいですからね。
ドラにとっては、遊園地なんかよりお店のほうが、はるかにワンダーランドなんでしょうね。

こんな事をやってた子供なのに、私ったら「コイツって、変わってるぅ」としか思わなかった。
自分にも経験があるから、よもや障害のせいだとは・・・
気づかない私のほうが、ちょっと変なのかもしれません。


枠・ワク・わく 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月10日(水)13時14分32秒

1年生になったハカセ、書き取りで格闘しております。
数字大好きで、足し算引き算は完璧にこなし、
ひらがなもお手本をみて写す事ができ、
現在はまっているのは、ワープロのローマ字入力。暇さえあればキーボードを触ってます。

ところが、書き取りができない。
問題は「枠線」。とくにひとマスを4分割している「破線」。
お手本道理それぞれの位置に、自分の描いた線が納まってないと許せない。
書いては消し、書いては消し、最後には「もういやだ!」とひっくり返る・・・。

「ちょっとぐらいはみ出してもいいじゃん」なんていうのは、アスペのハカセには無いようです。
現在は学校指定のノートを使っていますが、いっそのこと買い替えようかと悩んでおります。

昨日も、8マスのこくごのノートを前に、
「8たす8は16、16たす16は32!おかあちゃん!32こも字を書かないといけない」
と叫び狂っておりました。
何にも知らなかったら「足し算できるんなら、字くらい書け!」と怒鳴りかえしていたかも???


多動の出やすい時 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月10日(水)17時08分51秒

裏では回答者、表では、皆様と同じように、やっぱり質問者・・・の朝倉です。(笑)

うちのショウは、保育園にすっかり慣れました。
担任の保母たちも、「にんげんゆうゆう」や「ADHD」のビデオを見ては
ADHD児にどう対処したらよいか・・・と日夜取り組んでくれているようで
まったく、夢のようにありがたい環境だと、感謝に堪えない気持ちでいます。

ですが、現実は、そうスムーズにばかりは参りません。
まず、昼食を落ち着いて食べられない。
皆と一緒に席についていられない。
食べたいものを食べてしまうと(それも、ほんの少しだけ)、あとは席を離れてしまう。(予想通りですが)

昼寝もできない。
たま〜に15分くらい寝る程度。(これも予想通り)

この2点に関しては、焦らずに方法を探っていこう、ということで
担任と意見が一致しているのですが、
最近、気がついたのが、多動になる時期。
リタリンを飲んでいるので、効果が切れるまではわりと落ち着いているのですが、
例えば外に散歩に行ったあとなどは、
まだ時間的に薬が効いているはずなのに、多動がひどくなるのですね。
これは、保育園だけでなく、家族とどこかに遊びに行ったときなどにも起こります。
初めから多動なら、
いつもと違う環境に興奮しているせいだな、と分かるのですが、
遊んでいるうちに、あるいは、そこから戻ってきてから多動が起こるのが、なんとも不思議で・・・
疲れてきて、抑制力が弱くなるからかな、とか思ったりもするのですが。
う〜ん?????

ちなみに、薬が切れた状態で一番多動がひどくなるのは、
何か夢中になれる対象がないとき、ですね。
退屈するのでしょう。
何か面白いものはないかな〜、という感じに、もう片っ端から引き出しをあけまくり、
散らかしまくります。

多動傾向のあるお子さんは、どういう場合に多動がひどくなることが多いのかな、と
皆様にお聞きしてみたくなりました。
よろしかったら、お教え下さ〜い。m(_ _)m

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ノート 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月10日(水)17時15分57秒

>こくっぱの母さんへ

「にんげんゆうゆう」のLD特集の中で、
罫線ノートではうまく字を書けなかった子どもが、
原稿用紙マスのノートに変えたら、
字はきちんと枠内に収まるようになったし、文字ものびのびしてきたし、
誤字まで減ってきた、という報告がありました。

ハカセ君の場合は、逆に破線付きマスノートが使いにくいみたいですけど、
この際、ノートを変えたって構わないんじゃないかしら。
先生と相談の上で・・・ですが。

「にんげんゆうゆう」見ていて思ったのですが、
本当に大事なのは、漢字を手本通りに綺麗に書くこと、ではなく
自分の意志を文字で表現して他人に伝えることができるようになること
が最終目標じゃないかと思うのですね。
言葉は(文字は)コミュニケーションの道具なのだから。
書き方や字の姿勢などにこだわっていて、
肝心の「文字を覚えて書けるようになる」と言うところがクリアできなくなったら、
それこそ、本末転倒のような気がするのです。
本当に、それがベストだというのなら、
教室にワープロ持ち込んで、それでノートととったってかまわないと思うんですよ。
私は。(-_-)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


朝倉玲さんへ 投稿者:ふゆまやー  投稿日:05月10日(水)20時31分08秒

はじめまして、ウチの子も多動傾向があり朝倉さんのホームページを
見ながら共通点が多いなーといつも感じておりました。

>多動傾向のあるお子さんは、どういう場合に多動がひどくなることが
>多いのかな、と皆様にお聞きしてみたくなりました。よろしかったら、お教え下さ〜い。
ウチの子の場合長時間待たされる病院とかでの、多動が目立ちます。
おかげで私も疲れてしまいます。
でも、おもちゃとかが置いてある病院とかではおとなしく遊んでくれるので助かって
おります。
なにもする事がない状況では、退屈をしてしまって多動気味になってしまう様です。



    


玲さん、うちはね・・・ 投稿者:るり  投稿日:05月10日(水)21時22分05秒

買い物に行くと、車から降りたとたん走りだします。(だから以前、車に接触したのですが)
一応、「歩くの!」と声を掛けると走るのをやめるのですが、だんだん早歩きになって『走る』
に戻ります。

そう、それはまるでバーゲン会場の、お目当てのコーナーに走る私のよう・・・

あと、去年の話ですが、花火大会に行ったとき、ものすごくハイテンションでした。
私は子供だった頃、花火の音が怖くて耳をふさいで楽しむ余裕はありませんでしたが、
息子は別の意味で余裕がないように見えました。自分のことで精一杯って感じで、多分、
花火の音と、人ごみと、夜店のおもちゃなどの刺激がワーッと入ってきてたのだと思います。
これが2歳代のときで、1歳代のときはベビーカーに乗せていたせいか気づかなかったです。
0歳代のときは、山村のこだまする花火を泣きもせず眺めていました。

そうそう、動きの多さではやはり2歳代が1番激しかったのですが、ゲームのコーナーを
なるべく避けて買い物していました。いちど発見されると覚えていて、そちらに吸い寄せられて
行ってました。

今の私の悩みというのは、昨日、参観日でしたが、やはりうちの子は私を見るとこっちに来たり、
隣の席の男の子とふざけあって注意されていたことです。息子がちょっかい出したり、相手の子
から手を出して来たりで、どっちもどっちだと思いますけど、それでも息子のまわりではこういう
ことは珍しくありません。影響されやすく、人の動きに反応してしまうってことでしょうか。
担任の先生は、私が気にしていたので、「気長に見守っていきましょうね」と連絡帳に書いて
下さってました。

人ひとり、育てるのって私ごときには無理なんじゃなかろうかと思う今日この頃です。


走るこくっぱ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月10日(水)21時58分49秒

朝倉さん。
やっぱりノートの種類なんて,たいしたことじゃないですよねえ。
さっそく担任の先生と話し合ってみます。
肝心の字の練習ができないなんて、本末転倒ですよねえ。
いつも背中をポンっと押してもらえて,助かってます。

で、我が家の多動事情ですが・・・。

こくっぱは歩くのが苦手です。ほとんど走って移動します。
バランスが悪くて,歩くと前のめりになるので,つぎつぎと足を繰り出しているうちに
走ってしまう。「歩くほうが楽」なんてのは、親の勝手な思い込みだそうで、こけるの
を防ぐために走っているそうです。
だから、とても忙しく見えます。
苦手は「待つ」ことと「耐える」こと。
いやなので、ウロウロします。歩けないので走ってウロウロ→すごい多動です。
目に入ってくる情報の中で,確認したいものがあると,ダーっと走って一直線。
ますます多動です。
具体的に書けば,通園バスを待つ10分間が耐えられません。
初めての場所に行くと確認しないといけないものがあるので,そこら中走り回ることになります。
あと、予定外の行事があったり,知らない人がいっぱいいたり(参観日とか)すると、ものすごく
多動になります。最近は予測できるので,それなりに覚悟してつきあってます。
母は疲れますけど・・・。そう言えば,この多動のおかげで、何年もスカートはいてません。
くつもスニーカーのみ。もちろん追いかけるためです。


「遊び方」とても参考になりました。 投稿者:ぷにぷに  投稿日:05月10日(水)23時28分52秒

みなみなさまのとても参考になる意見、ありがとうございます。
とりあえず「ストーカー」になって息子をじっくり観察してみます。
んでもって、「子供の興味のありそうなことで、自分1人でやるにはすこ〜し
無理なこと」や「子供が夢中になってることに、ひとひねりできそうなこと」
をみつけて、「お母さんと遊ぶのは楽しいと思わせる」ところまで、もって
いきたいなあ。でも、あの「移り気」なボクちゃんに果たしてどこまで母が
ついていけるだろうか・・・。(^^; (いきなり弱気でどうする>自分)


はじめまして。 投稿者:seiko  投稿日:05月11日(木)00時02分32秒

はじめまして!!発育に遅れの見られる子供をもつ、3児の母です。
同じような、環境のお母様と情報交換したく、「101匹わんちゃんのママ達」
という、グループ名のメーリングリストを開設しました。
同じ思いや、悩みを一緒にお話しませんか?


http://www.egroups.co.jp/group/dalmatians101


多動ですか? 投稿者:ひいろ  投稿日:05月11日(木)09時29分23秒

うちのドラの多動原因は、ちょっと複雑です。
まず、1番の原因と思われるのは、空間(場所)を確認するために多動になる事が多いです。
自閉の傾向がある子は、新しい場所とかが、嫌いじゃないですか。
でも、ドラはそれを多動で解決しているようです。
新しい公園に行ったらまず、はしっこを走って、公園の大きさを確認しています。
現在はあまりやってませんが・・

それから、第2の原因。現在はコレが一番多いようですが、
「強制させられないように、逃げ回る」多動・・
何かを強制的に、やらされると感じると
「ボク見えないよ〜、ボクは別の事してるよ〜」ってな感じてずっーと動き回ります。

それから、昨日書き込んだように物に対しての刺激に敏感なので
スーパーに行くと、走りまわります。

あと、2才位のときには、こくっぱくんと同じように
身体のパランスの悪さからというのも含まれていたように思います。
よく前のめりで走ってました。

これらが複雑に絡み合っているので、もうどうにもなりましぇ〜ん。
私は多動に関しては、完全に目をつぶってます。
それなりの原因がやはりあるし、好奇心があるという証拠なので
幼稚園でも、目をつぶっていただいてます・・・はい。


過保護と呼ぶか 投稿者:とら  投稿日:05月11日(木)11時19分53秒

実は昨日も(!?)かみさんと喧嘩になってしまいました。理由は連休を挟んで7日も
幼稚園を休ませている為です。とはいえ我が家はGW中風邪に襲われており、3人して
せき込んでました。でも子供は熱は1日ほど37度くらいになり、その後4日ほどは
熱も全く有りませんでした。(ちょっと鼻水が垂れている程度...)
私としては熱も無く、どうせうちにいても寝ているわけではないのだから、
しかもまだ半ドンなので幼稚園に送り出したいと考えています。
もちろん幼稚園で得られるものが多々あるだろうという考えの下。
月曜日に「今日は幼稚園行くんだよね。」「大事とって今日は休み」
火曜日に「今日はいくんだよね」「水曜日に療育相談に連れて行くかもしれないので
今日は大事とって休み。」(結果的に水曜日の療育相談はなし)
水曜日「今日はいくんだよね」「6月頭に日本脳炎の予防接種あるから風邪を完全に
直しておく必要が有るから休み」→「おいおい」ってなわけで喧嘩。
実は今日は幼稚園に送り出しており、昨日の喧嘩が利いたのかと思いました。
ま、私は自他共に認める病気知らずで、仮に風邪を引いても1日寝てればたいていの
風邪は直ります。で、家内はその逆。
お互い自分の体力を基準に話をするから(子供はちょうど私と家内の中間くらいの体力)
だとは思いますが、特に男の子だからハナタレ位でも元気に遊ばせたいんですがね...
人によってこの程度のものを過保護と呼ぶか否かは微妙でしょうね。
冬場に乾布摩擦しているとか、冷水を浴びて体を鍛えさせているなんていう
スパルタお母さんいませんかね?


子どもさんが中間なら 投稿者:リンコ  投稿日:05月11日(木)11時34分02秒

くじ引きで決めるか、交替にするかすれば?
子どもにとってどうとかいうより、夫婦の仲の問題かも(笑)

ただし、これで子どもが混乱しないのは、体感(?)感覚が目覚めてくるまででしょうけど。
自分でしんどさの度合いを自覚できるようになってきたら、首尾一貫してないと混乱するよね。

あるいは、どっちかが決める、もう一人は口を出さないと約束するとか。
その代わり、別の分野で、口を出させないものを一つ作って、公平。

園に行くか行かないかはどっちでもいいから、両親が仲良くしてる方が本人は有難いかも?


大事をとって 投稿者:ウルトラの母  投稿日:05月11日(木)16時57分15秒

今日は休み・・・なんて言ってると、年少さんではほとんど登園できないんじゃないかしら。
それくらい、初めて集団生活に入った子はしょっちゅう感染症にかかります。
特に第一子は今まで大切に育ててきたわけだから、イチコロです。
風邪、嘔吐下痢症、おたふく、水疱瘡などなど。
でもそうやって抵抗力を付けて行くものだと思います。

友人宅はとらさんちと逆にお父さんが「咳してるみたいだから休ませろ」「鼻水がまだ出ている
じゃないか。今日は休み」とものすごく過保護で、お母さんはため息ついてました。(笑)
年中になって、さすがに先生に『少し過保護では?』と注意されてました。

基本的に我が家は、熱がなくて本人が「行く」と言えば多少の鼻水くらいでは登園させます。
少し咳が残っている場合は、半日で早退させてます。
(保育園はお昼寝があり、身体があたたまると咳き込むので昼寝の時に他の子にうつして
しまう可能性が高いからです)
他のお母さん方もだいたいそんな感じです。うつし合いっこはお互い様と思っています。

でも、「今週末に旅行に行くから大事をとって休み〜」というのもあります。
こんな理由で休めるのは、幼稚園・保育園のうちですからね。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


過保護? 投稿者:にゃんこママ  投稿日:05月11日(木)19時06分48秒

こんにちは。
うちは私も旦那も、少々の風邪くらいなら平気で送り出しているんですが、
小学校に入ったら、先生が過保護なんですよ。
ちょっと咳したからと、体育は休ませちゃうし、給食も保育園では全部食べて
いたのに、「無理をさせるのはかわいそうで・・・」と言って、嫌いな物は
残させてしまうし・・・。
特殊学級だからかと思っていたけど、こないだ学校に行ったら、普通学級の
授業中、クラスの3分の1くらいの子供が立ち歩いてても、先生叱らないんで
すよねー。
休み時間が終わっても、教室に戻らない子供もいっぱい!!
でも先生は「教室に入ってねー。」と優しい声をかけるだけ。
うーん、スパルタの体罰指導はもちろん反対だけど、どうしてそんなに
甘いの!?
保育園の保母さんてけっこう厳しかったのになー。
純粋に不思議です。


どうもありがとう 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月12日(金)00時09分52秒

多動に関する情報を、ありがとうございました。m(_ _)m
多動になる状況には、幾つかのパターンがあるようですが、
やはり、待っているときにウロウロと多動が出てくる、というのは多いんですね。
うちも、病院の待合室でウロウロするのはもう、当たり前の光景でした。
私はそれを「放浪の旅に出る」と呼んでいましたが。(^_^;)

ところが、リタリンを飲み始めたとたんに、
嘘のようにその放浪の旅が収まってしまったので、本当にびっくりしてしまいました。
待合室で、ちゃんと母の隣にいる!
ちょっとお行儀は悪いけど、ちゃんとソファの上で待っている!!
我が目を疑う光景でした。(笑)

新しい環境で、状況確認のために走り回り、調べ回る多動、
というのも、以前はやっていました。
それもいつの間にか収まってしまいましたねぇ・・・
だから、新しい場所に行くと、もう、ものすごい興奮ぶりで・・・
ドラくんと同じように、スーパーなどに入ると、
規則正しくディスプレイされた商品や、壁に掛かった案内のイラストなどに、大喜びしていたものです。
これも、今はもう、それほどではなくなりました。
普通の子レベルかしら。
今では、お菓子売り場にひとりで行って、熱心にお菓子の品定めをするのがパターンです。(笑)

外あそびの後に多動が出る、というのは、あまり聞かないことのようですね。
とすると、遊び疲れて、集中度が下がってしまって、
リタリンの効果も少しずつ薄れる時間帯にかかるものだから、
それで多動が始まってしまうのかもしれませんね。
なお、もうしばらく、よく観察してみようと思っています。

さて、ここからは、個人的なレス。(^^)

>ふゆまやーさん
お返事、ありがとうございました〜。(^o^)
そして、はじめまして!
ずうっと、ふゆまやーさんや腐乱検死体さんの書き込みは読んできていたのですけど、
こうして直接レスをいただけるのって、すごく嬉しいものですね。(*^_^*)
そちらのお子さんとうちのショウが似ている、なんて聞かされると、
なおさら、お二人の書き込みを読む姿勢に熱が入っちゃいます。(笑)
これからも、どうかよろしくお願いしま〜す。

>るりさん
確かに、うちでも多動が一番ひどかったのは2歳台でした。
私が歯医者で虫歯の治療を受けているうちに、
いつの間にか病院を抜け出して、目の前の道路で、乗用車、大型トラック
合わせて4〜5台停めていたときには、ホントに寿命が縮みました。
家の周りからいなくなって、警察に捜索願を出したこともあったし・・・
そんな時代があったから、3歳過ぎて発達相談会に行ったとき、
平気で「うちは多動はそうひどくないんです」なんて言えたんですよね〜。
まだまだ、充分に多動だったのに、それまでと比べたら、ぐっと落ち着いてきていたものだから・・・(^_^;)

でもさ、
子どもひとりを育て上げるってのは、本当に大事業だと思いますよ。
普通の子どもであっても、そうなんだから、
まして我々が、「あ〜、しんど〜」って思ったって、それは当然のことだと思います。
私だって、時々、叫んでますもん。
「あ〜、しんどいっ! お母さん、今、機嫌悪いから、そばに寄らない方がいいよっ!!」って。(爆笑)
そう言うときは、無理しないで、ちょっと落ち込むことにしています。
そのほうが回復早いみたいだから。
ただ、この掲示板を読んでいると、いつの間にか、すぐにまた元気になっちゃうんだけどね。(笑)

>こくっぱの母さん
背中をポンって押しているのかしら?
もしかしたら、思いっきり背中をどついていたりして。(^_^;)
勢いあまって、転ばないように、気をつけて下さいね〜・・・・・・(汗)

ちなみに、私もここ数年、まともにスカートをはいたことがありません。
結婚式の時くらいかしら。
靴だって、革製のスニーカーです。
そうでなくては、とてもショウの相手は出来ませんから。
同じですね。(^^)

>ひいろさん
好奇心があるために、多動になっている、ってのは、私も感じます〜。
先日、リンコさんがおっしゃっていた
>多動が「知的好奇心」という形になる
ってのは、これのことかもしれませんね。(^_^;)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


♪私の名前はへびおんな〜♪ 投稿者:ひいろ  投稿日:05月12日(金)09時34分34秒

私は、ひとり娘だったので、それはそれは過保護に育ちました。
風邪をひいたら1週間は学校に行かせてもらえません。
冬は母お手製の、毛糸のバンツなんぞをはかされてたりして、それはもう恥ずかしかったです。
その結果、私の平熱は35度8分になってしまいました。
そしてついたあだ名が「へび女」なんです。へびって、ヒヤッとして気持ちいいからですと!!
平熱が36度より下の人は、37度の微熱でもフラフラになるんですよ。結構不便です。

だからドラが生まれた時「身体だけは、丈夫に育てよう」と心に決めていたので
厚着はさせずに、育ててきました。もちろん、鼻水やせきくらいては幼稚園は休ませませんよ。
(ドラの場合は、幼稚園に行かないと調子が悪くなるというのもあるんですか)

でもね。とらさんの奥さんの心配する気持ちもよくわかりますよ。
私も本音は、そうだったりします。
だけど、もし幼稚園で調子が悪化したら、連絡がきますしね。
うちは、幼稚園に行かせるようになった時から、PHSを持ち歩いてます。
月々¥980で安心できるのなら、安いものだと思ってるんですが・・・
(別に私は○○○の回しもんではないですよん)


ひいろさん 投稿者:るり  投稿日:05月12日(金)13時08分46秒

私も「へび女」です。
37度代になると、きついですねぇ。
息子が39度近くになっても普通に遊んでいるのを見ると、すごいと思います。


私は何? 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月12日(金)15時22分22秒

38度を超える熱でも,気づかないで料理を作ってたりします。
こどもに「今日のかあちゃん熱いねえ」などといわれ、体温計ではかって初めて気づくくらい。
にぶいんでしょうねえ・・・。

と言うわけで,子どもが少々熱を出していてもあまり気になりません。
私の判断基準は『食欲があるかどうか』『笑顔が出るか』『下痢をしていないか』
ぐらいです。下痢の時は先生に迷惑をかけるので,必ず休ませます。
パパは,37度を超えると,まったく動かなくなりますが・・・。

掲示板過去ログ案内に戻る