2000年5月その3
居留守中 投稿者:M@忘れられそうな管理人  投稿日:05月12日(金)21時32分18秒

・ )  ちょっと

_・ )  覗きに

・_・ )   来てみたの

(・_・?).....   へ? へび女と湯たんぽ母さん?
          二人で暖めあったり冷ましあったりすると便利かもね。
          
          リンコちゃん、
          17日間の流浪の旅?に出かける前に顔を出してくれてたのね。
          私も
          「ちょっと行って来ま〜〜す。」
                           < ト○レだけど・・・。  
           
                     <あ〜〜あ、またまた掲示板の無駄遣い。           


ものさし 投稿者:ruru  投稿日:05月12日(金)22時00分09秒

どうも…お久しぶりです。(^0^)
2年生になって,算数で物差しを使う様になるそうで、私は焦りまくりましたよ〜〜
学校で竹で出来た30センチ定規を購入するんですが、左利きのせいらには、普通の定規は
使えないだろうと,あっち,こっち,捜しましたよ〜〜
左利き友の会では,あったんだけれど送料が高くつくので、近くの文具店を捜しまわっていたの。
そうこうしてるうちに,学校で買った定規を持って帰ってきたの。見るとそこには、数字はうって
なかったわ・・・右利きは左から右に数字が順番に打ってあって、左は逆になるでしょう。
でも打ってないんだから、全然関係無かったの…私の苦労はなんだったの??
ちょっと,気が抜けてしまった,1日でしたぁ。


PS 投稿者:ruru  投稿日:05月12日(金)22時04分39秒

書き忘れ〜〜
最近,娘は練習してキックボードに乗れるようになりましたよ。(^0^)
自転車はまだまだ乗れないけれど、キックボードも最初は乗れなかったの。
それを,頑張って練習して,やっと乗れるように・…
娘以上に喜んだのは,私でした.ヽ(^o^)丿


教えてください 投稿者:satomi  投稿日:05月13日(土)11時28分37秒

こんにちは(^^)
今度こどもを総合療育訓練センター小児科という県の施設で
受診してもらうことになりました。
子供の普段の様子などをメモにまとめておこうとは思ってい
るのですが、他のことで病院に行った時もそうなんですが、
いろいろ質問しようと思いつつ忘れてしまうことがしばしば。
それに今回の場合何を質問すればいいのかってとこも今ひと
つ・・・
これは聞いておいた方がいいよってことがあればアドバイス
願います。


satomiさんへ 投稿者:のあ  投稿日:05月14日(日)05時24分50秒

satomiさんへ
うちの子はまだお医者さんにはこれからなのでよくわからないのですが、
自分だったら、生理学的にみて子供がどういう状態なのか、臨床的に症例が集まっている
だろうから、そのあたりを客観的に見てどうなのか知りたいと思うでしょうね。
あと、これからの見通しとか。
satomiさんは、お子さんがまだお小さいのに、真剣に考えていらしてえらいなあと思いま
す。私なんて、全然のんびりしてしまっていて、(現在息子は小学校2年生)正直言って
後悔しています。
今からでも遅くない、できるだけのことはしていきたいと思ってはいますが。




最近思い出したのですが、1歳の頃、近所のおかあさんに「多動とか言われるかもしれな
いけど、気にしちゃ駄目よ〜。のびのび育てるのが一番」と言われたことがあったなぁ。 その時一回だけだったし、それから引っ越してしまい、その方とはもうお会いする機会は 無いのですが、もうちょっと詳しく聞いておけばよかったなぁと思います。 その方は臨床検査の仕事をしていらした方で、当時幼稚園のお子さんのことで色々悩んで おられたようなので、きっと普通のお母さんより詳しかったのだろうと思います。 やっぱ、その頃はたからみても何か違っていたのかな?と。もう一度つかまえて聞いてみ たい気持ちです。 # ち〜ちゃんのママ!見てたら連絡くださいね!(ローカルねたですみません。) 昨日、検査の結果を聞きに行きました。 大体私が思っていたのと同じなので、ふむふむ納得。 子供の立場にたってやさしく言ってくださるのがありがたいです。 「だいぶ自信を失っているようなので、気持ちをほぐしてあげたい。」 「一緒に遊びながら、得意な面を伸ばして、自信につなげたい」 私の気持ちとぴったりなので安心して聞いていられました。 2週間に1回、一時間見ていただくことになりました。 「結果を文書でもらえますか?」と聞きましたら、文書に書いて申請すればOKだそうで す。 「なにに使われるのですか?」と聞かれましたので、医療機関でも調べてもらいたいと思 っている旨伝えますと、「おお〜〜!!」と言う反応で、面白かったです。 「医療機関の資料もたくさんありますから」「紹介状も書きますよ」「ここに通っている お子さんたちも大学病院にかかられている場合が多いので、その様子をお伝えすることも 出来ますよ」と、とても熱心に言っていただきました。 なんか、それなら話は早いぞ!と、「いやぁ、こういうおかあさんだと、やりやすいのよ ねぇ」みたいなのりで、相手がいっきに打ち解けた感じになったように感じたのですが、 気のせいでしょうか? それまでは、慎重に言葉を選びながらと言った感じで、むしろ話し辛そうな様子でしたが 、その後は、これから具体的に、「学校に対してどう伝えていくか」とか、他の色々なサ ービスもありますし、とか、一緒に考えていきましょうね!と言った感じで、雑談のよ うになりました。 きっとほかの方のいろんなつらかったこととか、ひどい話もご存知だからなのでしょう。 いろんなてだてがあるのだが、それぞれ一長一短なのだとも話されました。 幸いなことに私たちは今まで周りの方にとてもよくしていただいていたので、そういうの はまだピンと来ないのですが、みなさんいろいろ苦労されているのだなぁと思い、当事者 の親子ももちろん大変ですが、そうした場面に今まで直面してらした先生方のご苦労も大 変なものだなぁと改めて思ってしまったり。 とても明るくてやさしい先生方で、うちの子のこともまだ2回しか会っていないのに、と ても親身に心配してくださいます。私に対しても「たいへんだったでしょう?」と言われ ました。 私がのんびりしてるので気がつかないだけで、本人こそ、つらかったのだなと改めて思い を新たにしました。私自身はそんなに大変だったなどと思ったことないですもん。 「教えられる、やらされる」事に反発してしまう。 あらかじめ答えがわかっていないと(出来ると確信できないと)やりたがらない。(つま り自信がないのですね)そんなことも言われました。 自分も知らず知らずのうちに、突き放すようにしてしまったり、子供の気持ちを汲んであ げられず一方的に決め付けてしまっていたのではないかと思います。 いろいろな面で日に日に事の重大さが身にしみてきて、責任重大だなと思いを強くしてい ます。 最近「ムカツク」とか言って、物にあたったりすることの多くなった息子。その方向性は ママ的にはゆるせんのだけれど、先生の「だいぶ自信を失っているようなので、気持ちを ほぐしてあげたい。」と言う言葉。それをキーワードに何とか接点を持っていきたいなと 思いました。


ああ、またやった。。。 投稿者:のあ  投稿日:05月14日(日)06時17分00秒

すいません。
一行だけ横はばがのびのびしちゃいました。m(__)m
何度もやるのは私だけ?。。。。。ふえ〜ん。


おかしいなぁ、エディタで編集したはずなのに。(いえ、ひとり言です)
いまどき改行編集しない掲示板って...。(ぼそ)(くやしまぎれの愚痴です)ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛


大笑い! 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月14日(日)10時53分10秒

>いまどき改行編集しない掲示板って...。(ぼそ)(くやしまぎれの愚痴です)ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

のあさ〜ん、あなったって、やっぱり最高だわ〜〜〜!!!(爆笑)
あなたみたいな人、だ〜い好き!!! \(^O^)/

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


もやもや 投稿者:けいまま  投稿日:05月14日(日)14時47分03秒

 はじめまして。1歳6ヶ月の男の子のママです。
息子は未熟児で生まれて、脳の表面の一部に萎縮があります。
 最近ようやく「あんよ」ができて、運動障害の心配はないと主治医に言われました。
でも、知能がね・・。言葉もないし、いわゆる「赤ちゃん芸」、バイバイとか指さしとか
しないんですよ。他の子と比べると、すご〜く赤ちゃん赤ちゃんしてるんだ。
「リハビリとかは必要ない、とにかく様子を見ましょう・・」、と主治医は
言うんですけど。「あ、この子大丈夫」と「なんかちょっと違う」とか、自分のなかで
日々ぐるぐるしてしまって。
 それに、主治医が病院移ってしまうの・・。新しい病院は、遠すぎて通えない。
新任の医師に息子の事はひきつぐって言われたけど。
「普通学級にはすすめない覚悟しといて」とか「言葉がでても、多動の可能性もあるから、
6歳程度にならなければ、普通に育つと言えません」とか、今まで散々心配させといて、
「たぶん、普通に育ちますよ」で、バイバイはないっしょ!!?

 まるっきり違う小児科に変えてしまおうかなぁ、と思ったり、リハビリとか言葉の教室とかの
情報集めたりしてるんですけど・・。ちなみに、保健所の(私の住んでいる)地区担当の保健婦
さんには、退院してすぐ(生後3ヶ月)の家庭訪問の時、「(頭が大きいから)水頭症かもね」
などなどたくさんのひどい発言をあびたので、保健所とはかかわりあいたくないんだ。
 
 なんだかまとまりがないんですけど、もやもやを吐き出してちょっとスッキリ。
同じような悩みの方がいらしたら、ぜひ情報交換したいです。



(無題) 投稿者:satomi  投稿日:05月14日(日)14時59分39秒

>いまどき改行編集しない掲示板って...。(ぼそ)(くやしまぎれの愚痴です)ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

わたしもどーかぁ〜ん!!最近しょっぱなからやらかしてしまった人で〜す!!(爆)

さっそくのレスありがとねぇ〜(^^)
う〜ん、わたし自身も実はとてものんびりやさんなんですよ。こどものことも何か分かった
ところで特別何をしなければなんてことはあまり考えていないのですが、、、
ただねこどもを育てる環境が、どっちかというとわたしに、、、だな、ストレスをかけるも
のなんですよねぇ。
こどもはみんなが認める跡取り息子、期待がありありと伝わってくる中での子育てなんです
よね(^^;
それと、とてもたくさんの人がこどもに関わって来ます。中には軽い気持ちで「ほら、しゃ
ってみろぉ」なんてこどもに言ってくる人もいて、、、こどもは分かってないのでいいよう
なものですが、、、わたしのこころは結構傷ついてしまいます。
こどもはわたしの言うことはわりとよく聞いてくれるんですが、周りが無責任にいろいろす
るもので他の人の言うことあんまり聞かなくなってきてて、そんなストレスの方が実際のと
ころは、病気のことよりも大きくて、、、こんなことは普通の子育てでもよくあることでし
ょうけどねぇ。
別にいい子いい子に育てようと肩肘張ってるわけじゃないけど、こどもに負担がかかってる
んじゃ、、、と思えることもあって、、、う〜ん、まっ仕方ないかぁ。一人で子育てしてい
るわけじゃないしねぇ〜
普通にお仕事に出ている人よりはたくさんこどもと一緒にいられるのでその辺は恵まれてる
かもと思います。
早く分かれば、方向も見付けやすいしねっ!取りあえず今後のために総合的に見てくれそう
なとこを選びましたし、、、
だけど、他のご両親同様わたしもこどもにはのびのびと育って欲しいと願ってます(^^)/
・・・オンラインでカキコしたけど改行大丈夫かなぁ(笑)


下のは、のあさんへ 投稿者:satomi  投稿日:05月14日(日)15時04分41秒

オンライン上でカキコしているもので、脱字が・・・タイトル入れ忘れるしぃ〜

「ほら、しゃってみろ」→「しゃべってみろ」

です、、、、、


けいままさん 投稿者:satomi  投稿日:05月14日(日)15時20分08秒

こどもの状況は違いますが気持ちはわかります。

>「あ、この子大丈夫」と「なんかちょっと違う」

ここんとこね、同じです。
こどもさんが産まれたときからの主治医(ですよね)が変わってしまうというのはツライとこですね。
わたしのこどもも小さいころから病院には縁がありますが、悪い意味ではないんですがそんなにお
医者さまに期待していないというか頼りにしていないというか、、、まっ、いろいろありましたし、、、
いゃ、ホントにいろいろお世話になって感謝はしているんですが、こどもの全てに一生関わってく
れるお医者さまなんていないだろうしね、結局こどもの人生ずーっと見ていけるのは親だもの。
自分自身がしっかりした気持ちでいればたいがいのことは大丈夫!と日々自分に言い聞かせている
んです。
ただ、どうしたって分からないこと解決しないことは「ちょっとお知恵とお力拝借」って感じかな
ぁ。あっ、別にお医者さまを信用していないということではないんですよ(^^)



satomiさんへ 投稿者:けいまま  投稿日:05月14日(日)16時34分55秒

さっそくのレスうれしかったです。

 私も実は、あまり主治医に期待してはいないんですけど・・(^^)
息子は、肺が未熟でかなり変わった経過をたどって、現在に至ってます。全国でも症例がない、
退院という単語は考えないでくれ、とか当時は言われたい放題。
でも、毛利子来先生ってご存じ? 結構有名な小児科のお医者さんなんだけど。
友達の子供の主治医で、息子の症状を友達が話したら、「2ヶ月待てば、かならず直る」って
言ってたよ、って聞いて、そしたらほんとに50日で直ったの。
「おいおい、主治医。がんばってくれよ」って気分でしたわ。

でも、息子と真剣に関わりあってくれて、なおかつ私のハートを気遣ってくれる先生って
どこにいるのかしら?? 近所の小児科にもかかっているんだけど(風邪とかで)
脳の話したら、すげ〜ひいてんの。

しかし、いくらすごく期待しているわけではない主治医とはいっても
生まれた時から、息子を見ているというのは、ポイント高いんだよねぇ。

息子は、大人の身振りを真似たりしないんだけど、ここ3〜4ヶ月ずっとバイバイを
教えていたら、ある日突然、空中に向かってバイバイの動作をしていたの。
「なんだ、こいつ?」って思って「これで、いいのか?」って
大きな疑問だったんだけど、主治医は、「(息子)らしい」と言ったんだ。
「おい、息子をどういうキャラだと思っとる?」とも思ったんだけど、
安心したのも事実だから・・。

ではでは。


けいままさん  投稿者:M@忘れられそうな管理人  投稿日:05月14日(日)20時43分47秒

初めまして、こんにちは。なるほど・・。
要は、
親業と言う専門職に携わっている者は、
療育、保育、教育の場だけではなく、医療の場でも、
子どもにとって一番大事なこと、必要な情報を、
アンテナを張り巡らし、目を大きく見開いて収集、選択をする必要がある
って事ね。

因みに毛利子来先生の話は、うんうんと頷く話が多いです!!
私も、先生の本も結構良く読んで大きな影響を受けたくちです。
ついこの間、ここでも話題になった子どもが病気の時に園を休ませるかど
うかの話題もHPにUPされていましたよ。育児と病気と予防接種のペー
ジです。   ↓

http://www.tanuki.gr.jp/ken/koframe.htm


あ、のあさん 投稿者:M@忘れられそうな管理人  投稿日:05月14日(日)20時59分30秒

>いまどき改行編集しない掲示板って...。

 あはは、のあさんの愚痴が効いたのか???
  tcupの方でも自動改行機能の掲示板を検討中らしいです。
 でも・・・、
 同じtcupを使っているところはいっぱいあるのに、
 名物になっているのはここだけのような気がするのは気のせい?

 やっぱりここは同じような   <何が? (*^^*)!
 母さんたちが、互いに引き(惹き)寄せられて集まっておられるのではと・・・。


たぬき先生! 投稿者:satomi  投稿日:05月14日(日)23時10分23秒

けいままさん

へぇ、毛利先生がそんな身近なところにいるんですかぁ。
わたし、かかさずというわけではないけれど毛利先生も編集員をしておられるジャパンマシニスト
社発行の「ちいさい・おおきい よわい・つよい」という本を読んでいるんですがなかなかよいで
す。予防接種に関しても随分考えさせられました。別冊の「たぬき先生の診察室」も興味深く読ま
せていただきました。
たぬき先生のお話しを読んでいると「そんなに肩肘張らなくてもいいんだよ」って言ってくれてい
るみたいでホッとします。
「ち・お」の「発育発達遅いとどうなる?」は読んでいて「もっとゆったりのんびり子育てしたい
なぁ」と感じました。昔はね、子供が多いせいもあったんでしょうが、もっとゆったりと子育てで
きていたみたいね(^^)


皆さんのお知恵をお願いします 投稿者:なかぶんママ  投稿日:05月15日(月)00時39分03秒

こんばんは
主人が出張やらでしばらく留守、から帰ってきたので
やっと書きこみできます(いつも主人が子どもを寝かせてくれるので
私が寝かそうと思うと、一番にこちらが寝てしまうもので・・・)
さて二女(言語発達遅滞)現在3歳10ヶ月ですが
今年に入ってやっと言葉も増えてきて
今で80語程度でしょうか?
まだ名詞が中心で「〇〇」っと言葉をいてれいってる段階と
いった感じですが
なかなか発語に結びつかないってところがあります
「りんご」と言うと「〇〇〇」とリズムやイントネーションは
上手に入っているのですがそこから先が・・・
もちろん段階があって この先に発語があることは
分かっているのですが それにしても長い!!
りんごなんか もう何年言い続けているか
音のよく似ている単語
もも、バナナ、牛乳なんかはやはり比較的言いやすいようで
(そのくせ「みかん」は はっきり発音できたり)
歌も大好きで鼻歌のような感じで良く歌うんですが
リズムや音程もきちんととれていて
なんでこんなに聞き取れているのに歌詞が出てこないのかって
不思議になります
以前病院の先生に「ちゃんと話せるようになるんでしょうか?」って
尋ねたら「自分の言いたいことは言えるようになるかもしれないけど
ちゃんとコミュニケーションをとるという事は難しいかもしれない」と
言われました 聴覚と口の中も見ていただきましたが
特に異常は無いという事でした
理解力 知的な面全般に遅れがあります 
二女なりに成長していってくれていることはわかるし
それを喜んではいるのですが
4歳を前にして周りの子の成長もまたすごく
それを目の前にして 時には落ち込んだり
もちろん比較してどうなることでもないし
本人なりの成長があればそれをあたたかく見守って応援してやろうと
思っているのですが
できたからいい、できないからダメってことでもないし
ただ本人にとって最善のことをしてやりたい
それだけなんです その最善の方法が何なのか
どうしてやったら少しでも伸ばしてやることが出きるのか
分からずにいます
動詞や形容詞も入れてあげたいし
生活全般「手を洗ってきて お出かけだから靴履いて・・・」とか
そういうことは、ほとんど理解できます
保育園でもみんなの様子を見ながらそれなりに活動しています
質問も「昨日は誰と寝たの?」「パパ」ぐらいは答えられるのですが
トイレに入っていて 水を流した後で「出た」の声に私が行き
「ちっち(オシッコ)とウンチどっちでた?」の問いに
「こっち」と答えるので「ちっちとウンチ どっちでた?」と
再度聞くと又「こっち」と答える始末で はあーとため息です
じぶんから「ちっちでた うんちでた」と教えてくれるときもあるのですが
後から聞かれると何を言われてるのか分からないのでしょうね
どういうふうにしたらもっと言葉を増やしてやれるのか
また名詞以外の言葉の概念を入れるのも難しそうですね
皆さんはどのようにされていたのか
うちの子はこんなのだったとか、こういう教材を使ったとか
(教材のコーナーも覗かせてもらったのですが)
やはり実物と絵カードかなんかで繰り返しいくのが
いいのでしょうか 発語は根気良く 絵カードは時々やっていますが
何かいい方法があればアドバイス頂けるでしょうか
だらだらと書いてしまいましたが よろしくお願いします


子供の力 投稿者:ウルトラの母  投稿日:05月15日(月)02時02分47秒

病気の子に接する機会が多いのですが、
「(レントゲンで)肺が真っ白で生まれて死ぬと言われた」けど、元気に生きている子や、
「酸欠で脳がダメになって視神経がやられている。目が見えないと言われた」けど、メガネを
掛けてちゃんと物を見る事ができている子や、
「頭が大きいから保健婦さんに水頭症かもと言われた」けど、単に頭の大きい子だったとか
なんて話を聞くのはしょちゅうです。
その時は、本当にそれが最大の可能性だったのかもしれないけれど、子供の生命力や回復力は
計り知れないものです。
うちのウルトラも、脳が萎縮していました。が、なぜだか知らないけど治ってます。脳室(脳の
真ん中の空洞)が大きいとか色々言われたんですが、治ってます。
ちょっと理由は解らないそうです。うーん、不思議。
お医者様は、割と「奇蹟」という言葉を使います。「そんないい加減な・・・」と言いたい
気分でしょうが、乳幼児ってホントに予測不可能だったりするようです。

うちも発達がものすごーく遅くて心配したけど、3才がターニングポイントだったかな。
「あんよ」も「バイバイ」も1才6ヶ月でなんてやってませんでした。
現在の、普通に動き回って表情も豊かでたくさん模倣をしてくれる姿と比較すると、
あの頃はただぼんやりと生きていただけという感じです。(そんな事はないだろうけど、比喩と
して・・・)

子供の状態なんて日々変わるものだから、1年前に「普通には育ちません」と言われていても
今は違うかもしれません。
うちの子の、生まれた病院での主治医は、私が「センセー、普通に育つと思う?」と言ったら
「うーん、育ってみなくちゃわかんないなぁ」とボケました。(もちろん突っ込みました)

でも確かに育ってみなくちゃわかんないんですよね。
先の事も心配しつつ、だけれども一日一日の僅かな成長を単純に喜ぶこと。それが無理せず
当たり前にできるようになった頃、先行きも見えるようになりますよ。きっと。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


風邪 投稿者:とら  投稿日:05月15日(月)10時04分38秒

>子どもにとってどうとかいうより、夫婦の仲の問題かも(笑)
いきなり核心を突かれてしまいました...(笑)

実はこの話おちが有って、幼稚園に行かせた子供はその後風邪もぶり返さず元気にやっており、
直ったと思っていた私は風邪がぶり返して週末寝込む始末。なんとも恥ずかしい限り。


なかぶんママさん 投稿者:とら  投稿日:05月15日(月)10時54分33秒

何から書きましょうか。まず発音に関しては苦手な音などがあるようで、本人が言っている
つもりになっているか、それともそう聞こえているかによって反応が違うようです。
うちでもカ行がタ行になったりラ行が苦手だったりしましたが、本人が発音しているつもりの
時はこちらで解釈してあげて徐々に矯正していけば良いと思います。

名詞の次は要求を中心とした動詞(ちょうだい、かして)になると思います。
それとともに目あわせが良くなかったり指示が通りにくいとかが有るようなら、
そのあたりも今の段階で力を入れても良いですし、親の言葉をエコーさせる
練習も良いと思います。日常の行動や生活と異なり、言語発達遅滞の場合の言語取得は、
段階や有効なアプローチが有りますので、そのあたりを言語指導の方に伺ったり、
本などで勉強されてもいいかもしれません。
「誰と寝た?」「パパ」「うんちでた」という過去形の理解・表現も出ているようですが、
般化されるためには、まずは現在形の動詞を中心にしてもいいように思います。
「うんちでた」のような完了形はまだしも、過去回想のような表現はかなり高度だと
思いますので動詞などが取得できてからでも良いように思います。
また「きれい」などは最難関だと思いますが、大きい小さいなど目に見えるものは絵カード、
熱い・冷たい・痛い・眩しいなどは、実際に体験させて、エコーさせるなど形容詞に関しても
それぞれアプローチが異なると思います。
お子さんは二人目とのこと。きっと最初のお子さんの時には勝手に言葉を覚えていき
教える必要なんて無かったのだと思います。うちは子供が一人だということも有り、
逆になにもせず覚えられることの方が摩訶不思議に感じられます。
だからわりと教えることが苦にならず、また何故子供たちが話せないのかも
ちょこっとわかる気がしています。


ウルトラの母さん 投稿者:けいまま  投稿日:05月15日(月)13時50分39秒

 こんにちは。けいままです。
ウルトラちゃんも、脳が萎縮していたのですか・・。
私は、未熟児のサークルにはいっているのですが、
脳の穴、脳の影は8名ほどしっていますが、未だに萎縮の子にめぐりあえなくて
ウルトラちゃんがはじめてです。他に脳幹の形が、違う子もしっていますが、
今のところ、皆、その子のペースで成長しています。

 今、1歳6ヶ月なのですが、生後3ヶ月のNICU退院時、生後6ヶ月、生後1歳と
3回脳のCTをとっていて、まだ変化はないんです。今度は、2歳でとります。
変化なしなら、1年ごとに撮ろうと言われてます。
「いつまで?」といったら「う〜ん。5歳あたりにしとこうか?」と
てきとーなこと言ってました。

 私自身も、子供の生命力や、なんというか・・私の悪運??をひきついでいるような
パワーとでもいうのでしょうか?? そういうものを信じていて、これまでの1年半で
医者も親も息子には、びっくりさせられています。

 昔も今現在も、息子の成長ぶりには、やきもきしていますが、
1ヶ月単位とか月齢でなく、3ヶ月前とか半年前のサイクルに自分の気持ちを
もっていくと、「こいつったら、すげえ」と思えます。

 でも、公園行ったりすると、へこむんですけど・・。

 


全身で会話してもいいと思うのですが。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月15日(月)20時43分01秒

こくっぱは4才過ぎてやっと「言葉」を話すようになりました。
まだ過去形は難しいですが,やりたい事やほしい物がある時は一生懸命
話そうとしています。身振り手振りを交えて・・・。
まるで日本語のわからない外国人と会話をしているみたいです。

「話す事」の最大の目的は,他人との意思疎通ですよねえ。
通じ合いたい,通じ合えるとうれしいという気持が膨らんでいないと,
会話は難しいと思います。
さらに過去のことを話すというのは,とても難しいですよね。
うんと印象に残っていて,どうしても大好きなお母さんに教えてあげたい、と
いう思いが無いと,なかなかおしえてくれないものです。
また、どんなに話せても,ただ独り言のように話していてはまったく意味は無いです。
実際,こくっぱの通っている療育施設には、キチント発音して話していても,
まったくその場には関係ないコマーシャルのせりふだったり,自分の名前を一方的
にしゃべっていたりして「会話」にならない子が結構います。
ただ言葉を話すことより,意思疎通を教えることのほうが難しいのです。

こくっぱはまだまだ2歳程度の会話しかできません。
出てくる言葉数だけを追求するのはしんどいので,訓練はしていません。
だから、「○○したね」「○○がおいしかったね」など周りで代弁してあげながら,
会話しています。うれしそうにうなずいたり,違う時は「ちがう」といいますので、
結構楽しく共感しあいながら生活できるようになっています。
でも、歌は完璧にうたいます。(もちろん発音は変ですが,音程とリズムは正確です)
何の根拠もありませんが,楽しそうに歌をうたっている姿をみて
「そのうちしゃべれるようになるぞ」と信じている母です。

う〜ん。私はのんきすぎるかもしれない。


けいままさんへ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:05月15日(月)23時21分14秒

>でも、公園行ったりすると、へこむんですけど・・。

そうそう、集団検診とかでもちょっと凹みました。
今はやや小柄でとてもスリムだけど、年相応に見えるようになりました。
「もう気にしないもん」って開き直ってから、中身もそれなりに追いついてきたように思います。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


こくっぱくん、すごい!! 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月16日(火)00時20分59秒

>こくっぱは4才過ぎてやっと「言葉」を話すようになりました。

わああ、こくっぱくん、ついに話し始めたんですね! おめでとう!! \(^o^)/
次男が話し始めたとき、日本語を知らない外国人を相手にしているようだと、私も思いました。
それも、母国語の言語体系を持たない、外国人。
言語の基礎力が弱いと分かっていたので、
やはり私も、無理に単語力を増やすような訓練はしませんでした。
それよりも、相手の話したい意図を汲み取るように努力し、
それがうまく行くようになってきたら、少しずつ、自分の言葉で話したいことを話せるように
持っていくようにしました。
正確な発音や言葉遣いというのは、最終段階に近かったです。

>うれしそうにうなずいたり,違う時は「ちがう」といいますので、
>結構楽しく共感しあいながら生活できるようになっています。

これこれ、この気持ちが一番大事なんじゃないかなぁ。
言葉を使って話すと、今までより楽しいし、言いたいことが通じて嬉しい。
そういう体験をたくさん積むことが、
言葉で話せるようになっていくために一番効果的な道のような気がするのです。
(あ、もちろん、話せない原因が別のところ・・・例えば、構音障害などにあるときは
 また違ったアプローチが必要になるのでしょうが)

>何の根拠もありませんが,楽しそうに歌をうたっている姿をみて
>「そのうちしゃべれるようになるぞ」と信じている母です。

私も一緒に信じたいな〜。(^^)
子どもの方でも、そんなふうに親がのんびりと待っていてくれたほうが、
気持ちが楽になって、話し出し易いかもね。
 

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


けいままさんへ その2 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月16日(火)00時25分13秒

>>でも、公園行ったりすると、へこむんですけど・・。

>そうそう、集団検診とかでもちょっと凹みました。

クリスマス会のような、親子で参加する大きな集まりでも、へこみました。(^_^;)
どうしても、同じ年代の他の子どもたちと比較させられてしまいますからね〜。
他の子は他の子、うちの子はうちの子よ、と改めて呪文をかけ直す必要がありました。(笑)

今は、なんだか、それなりに慣れちゃったような気もします。
でも、保育園の参観日にいったりしたら、他の子と明らかに違う我が子を見て、
やっぱりへこむかしら・・・? (苦笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ことば・・・。 投稿者:くるりくら  投稿日:05月16日(火)01時26分38秒

「ことば」って教えて増やすことはできるけれど
それを使いこなすことはとても難しいことなんでしょうね。
やっぱり 「話したい」「伝えたい」という気持ちも一緒に
育てていかなくちゃいけないんですねえ。
このごろ うちの息子のぐらのことを見ていて
そんなことを考えていたところです。

朝倉さんへ
>他の子は他の子、うちの子はうちの子よ、と改めて
   呪文をかけ直す必要がありました。

このごろ 小学校の送り迎えで ずいぶんへこんでおりました。
明日(いや もう今日だ!)から 私もへこまないように
パンパンに呪文をかけてみたいとおもいま〜す。


くるりくらさん、あさくらさん 投稿者:のあ  投稿日:05月16日(火)07時05分43秒

>このごろ 小学校の送り迎えで ずいぶんへこんでおりました。
>明日(いや もう今日だ!)から 私もへこまないように
>パンパンに呪文をかけてみたいとおもいま〜す。
へこんじゃいますよねぇ。。。
毎晩子供の寝顔みて呪文をかけてます。
去年は、仕事にかまけて出席率の悪い母でした。。。反省。
今年はがんばるぞぅ〜。

くるりくらさん、担任の先生が代わられて、どんな感じですか?
うちの先生も男の先生なのです。
男の先生は、細かいことは気にしないぶん、(ねちねち怒られないで)助かっていますが、
気にしないだけに、細かいところまで配慮をお願いするのって難しい気がしてます。

実は子供のことを先生にどう伝えていったらいいか迷っています。
だいたい構想は(たくらみ?)出来ているのですが、いまいち自信が無〜い。
皆さん、最初、どんなふうにお話されたんですか?

息子よ、連絡帳、先生に渡すのわすれないでね〜。 
もう、五日もかばんのなかでしょうに。自分が困るんだよ?(^^;)

Mさんへ
へへへ、tcupで、改行しわすれの人はいっぱいいると思うんですけど?
名物にしてるところはここぐらいかなぁ〜。
でもって、なんどもやっちゃうのはわたしくらいかな。(^_−)☆バチッ
仲間がいるって、心づよいです〜♪


うちの子どもたち 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月16日(火)08時13分13秒

朝倉さん。いつも共感いただいてありがとうございます。
とても心強いです。

こくっぱは「ありがとう」をはっきり言えるんですよ。不思議でしょ?
自分の欲求が相手に聞き入れてもらえると,ほんとにうれしそうに「ありがと」。
おかげさまで担任の先生から「もうかわいくて、やってあげたよかったって思うんです」と
言ってもらってます。すごく得してます。
で、よ〜く観察してると,4人の我が子は何かしてあげるとお互いに「ありがとうは?」と
必ず言い合って、相手が「ありがとう」といえば「どういたしまして」と答えあっているこ
とを発見しました。何でそうなったのかはわかりませんが,大人が強制するよりはとても自
然で,いやみが無いので,子ども同士の力ってすごいとあらためて感動しているところです。


たったひとつのコミュニケーション 投稿者:ひいろ  投稿日:05月16日(火)09時44分07秒

ドラは、言語については相変わらずですが、「おじぎ」だけば上手にできます。
これは、あまりにも「ばいばい」をやらなかったので
3才くらいから頭を下げさせて覚えさせたんです。

3才以前も試してはいたのですが、身体がカチンコチンで「おじぎ」すらできない状態でした。
でも3才過ぎた頃から、突然身体の抵抗がなくなったので
「こんにちは」「いただきます」「ありがとう」「ごめんなさい」と言いながら
機会があればおじきをさせてきました。
(日本文化ってこうゆうとこ便利だわ。おじきって万能のコミュニケーションスキルですもの)
もちろん、その間も「ばいばい」もやらせてたんですが
ドラには「おじぎ」のほうがやりやすかったようです。
挨拶はもちろん、何かお願いするときに使っています。

もちろんドラには「おじぎ」の本当の意味はまだわかっていないと思います。
でもこの「おじき」のおかげて、保母さんにもかわいがられているようです。
公園に行った時にも、どこからか、せんべいを持って走ってきたんですよ。
落っこちてるのを拾ってきたのかと思いきや、おばあさんがおせんべいを食べてるのを見て、
大仰に「おじき」をしまくったらしく・・・
(うちはちゃんとごはん食べさせてるのに、よくあるんです、こうゆう事。)
う〜ん、コミュニケーションがよくなってるのは事実だと思います。

本人は何かを頼みたいときには、「おじき」をすれば注目してくれると思っているようです。
まあ今はこれでいいかなって思ってます。
ちなみに最近は、ちょっとバイバイもできるようになりました・・・


ちょっと今日は憎まれ口? 投稿者:とら  投稿日:05月16日(火)10時36分23秒

ここは割とフリーオペランド法を好むお母さん方が多いようですが(Mさんも!?)
「単に言葉が遅れている子」や「自閉の全く入っていない子」の場合は全体の発達を促すことで
自然に言葉の成長を促すことができるでしょうが、そうでない場合は、有効な言語指導を
行なうことで言語の取得ができ、さらにそれによって集団との関わりが容易になり、
相乗効果でさらに発達が促される。私はそんな風に考えます。
3、4歳の集団の中での会話によって得られる知識や情緒は3、4歳でしか得られないし、
外国語しか話せないピアノの教師からピアノを学ぶにはある程度外国語を取得しておけば
もっと伸びるであろうし...
老舗である「て○んでぇ」さんの掲示板に、て○やんでぇさん自身が似たような
書き込みをしていたのであえて私も今日は憎まれ口を書いてしまいました。


バス遠足がありました 投稿者:しのちゃん  投稿日:05月16日(火)12時09分17秒

しのちゃんです。なんだか心が落ちつかないので、お邪魔にきました。
少しは気が収まるかと・・・
昨日、バス遠足がありました。わたしにとっては、気がおもい行事のひとつです。
最近は、なんとか話せるレベルがあがったり、まわりでしていることをみて、なんとか娘も
動けるようになって来た気がしていました。
しかし、バス遠足に参加して、娘とほかの園児の差に改めて驚き、ショックをうけました。
少しながい言葉も言えるようになってきた・・・と最近は喜んでいましたが
足もとにも及ばない言語力に気が遠くなるのがわかりました。
「こいつ、何言ってもわからないんだから」「○○ちゃん、わからないから」という
言葉が前に比べて増えた気がしました。
私は聞こえないふりをしました、それが精一杯でした。
家にかえって、なんだか涙が出て。そう辛くはないし、慣れっこになったつもりで
いたのに、なんだかでてきました。
「ママ、泣いてる」と娘に言われて「ないてない、風邪ひいたかな?」といったら
「ないてるよ」なんていいまして・・・またないてしまいました。
最近は、娘の言葉が良くなって毎日が楽しくてしょうがなかった感じだったのですが
他の園児の言葉になんだかへこんでしまい・・・へこむ自分がまた悔しくて・・・ね

あるお母さんから子どもの発達の相談を受けて、相談にも乗っていた(最近の)私でした。
「強くなったわ〜」なんて自己満足してたのに・・・なに言われても大丈夫!なんて
思っていたのに・・ね
まだ、強くなっていなかったのかな?私
でも、なんとかまたやっていこうっと。いくしかないもんね!


しのちゃん(様) 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月16日(火)13時15分10秒

>少しながい言葉も言えるようになってきた・・・と最近は喜んでいましたが
>足もとにも及ばない言語力に気が遠くなるのがわかりました。

あああ・・・それ、ものすご〜〜〜〜〜・・・・・・く、よく分かります!!!!!(めいっぱい力説)

うちのショウも、最近本当に良く喋るようになってきました。
こちらの意図も、言葉で理解できるようになってきて、
コミュニケーションもスムーズになってきて、
本当に嬉しい毎日なのですが・・・

保育園にお迎えに行く度に出会う、同級生の子どもたちの、なんと言葉の達者なことよ!
論理を駆使し、状況を分析し、他人の気持ちにまで想像を働かせ、
場に応じた言葉や文章を選んで、大人とも子どもとも会話をしています。
それこそ、「気の遠くなるような」レベルの差です。
そんなふうに成長を喜んでいたのに、他の子の「平均値」を見せつけられて
いきなりどん底に突き落とされることって、けっこう皆様、経験しているような気がするけど・・・(^_^;)

だからね、その度に呪文が必要なのですよ。
「他の子は他の子、うちの子はうちの子よ」って・・・・・・
だって、せっかく成長してきているのに、
それを喜べないで、逆に叱ったり、叱咤激励してしまったりしたら、
子どもがかわいそうですものね。

たぶん、呪文の中には、強がりもかなり含まれているのでしょう。
どんなに逞しく見えたって、頼もしく感じられたって、
ここに集まってくる人たちの心には、とても似たものがあると思います。
それでも、子どもに笑ってあげたいから、
「大丈夫、君はそのままでいいんだよ」と言ってあげたいから、
自分に呪文をかけながら、歩いていくのでしょう。
これまでも、これからも。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


とらさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月16日(火)13時24分12秒

私は、積極的な言語指導をすべて否定するつもりはありません。(^^)
その子どもの状態像や発達状態をチェックしながら、
どの方法をとるのがベストか、常に考えていく必要はある、と思っています。
だから、積極的に言葉を教えたほうが、社会性や言語力の発達につながる子どもさんであれば、
もちろん、そういう指導法は適当だと思うのです。

実際、試しに少しやってみても良いと思いますね。
言葉を教え込む、ということも。
そして、良い反応などがあったならば、そちらの方法をとればよいし、
やってみてもあまり効果がないようだ、と感じられたら、
別な方法を試してみたり、
自然な発達を促すことに重点を置いたほうがよいのでしょう。

ただ、教え込み(←悪い意味で使っているわけではありません。積極的言語指導の意味です)をすると、
どうしても、教える側の大人が、
「これだけ教えてるのに、どうして話せないんだ! このバカ!」(苦笑)
みたいな感情になりがちになるから、
それでは、言葉を教えるつもりが、逆効果になりかねないと思うのですね。
言葉そのものを教えていくのなら、成果を焦らない。
これは大事な姿勢だと思います。

あっ、もちろん、とらさんはこのあたりのことを十分理解なさっていると思います。
あくまでも、一般論の話です・・(^_^A

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


玲さん 投稿者:とら  投稿日:05月16日(火)14時50分01秒

レスありがとうございます。玲さんの考えていること大変良く分かります。
私もある意味では(子育てと言う意味では)自由に育てたい口ですから。
子供は「貸して」が言えない頃近所の子供の使っていたおもちゃを勝手に掴んでは
その後おもちゃを取り替えされて泣いていました。「貸して」が使えるようになったら
ちょっとだけ輪に入ることが出来ました。彼にとって「貸して」という言葉を覚えさせられる
事に仮に苦痛があったとしても、この一言が言えるメリットがどれほど大きいでしょう。
療育に関して鼻息の荒い意見を言う人は大抵どこの掲示板でも父親だったりします。
そして大抵が言葉の取得に成功したり、うまくいっており、それを皆にも試して欲しいと
考えている時だったりします。(また大抵はABA崇拝者だったりします。)
子供は「これなに?」という言葉を取得するのに
1.ひらがなで「これなに」と書いて読ませる。(すらすら言えるようにさせる。)
2.子供が名前を知らないものを指して「これなに」と書いた紙を出して読ませる。
   (なるべく興味の有りそうなもの)
3.物の名前を教える。  
これを数回繰り返すうちに、イモ虫が歩いてくれば「これ何?」スピーカーを指して「これ何?」
となり、今では彼が言えないものを探す方が難しいくらいです。
(うちではABA的なアプローチとTEACCH的なアプローチの複合が多い)
同様に「どうして?」と言う言葉を習得した所です。
この手の話には「ちょうど成長するタイミングだった。」とか
「放っておいてもそれくらいはしゃべるようになる。」あるいは
「もともと障害が重くないのでは」といったセリフが付き物です。
そうかもしれません。でも子供の会話は基本的にテレビや私達の日常会話から自然に
身に付いた言葉ではなく(ごくまれに、こんな言葉教えてない!なんて時が有りますが
そういったことも実際あるだろうし、良く調べたら犯人(?失礼)は幼稚園の先生だったり)
私達の教えた言葉の継ぎはぎです。だからやはり教える意味が有るのだと思っています。
そしてそれらのスキルを基礎として自然の中から言葉を取得してくれるのでは
と期待しているのです。だからある程度の言葉を教えることは「言葉を自体を教えること」
ではなく、自分自身が周りから言葉・その他のことを自然吸収する為に必要な手段を教える事
なのではないでしょうか。


とらさん 投稿者:にゃんこママ  投稿日:05月16日(火)15時46分52秒

こんにちは。
>療育に関して鼻息の荒い意見を言う人は大抵どこの掲示板でも父親
>だったりします。
ハハハ・・・私もそう感じてました。
でも、私はそういうお父さんのいるお家がうらやましいんです。
うちの長男(1年生)は自閉症ですから、絶対に放っておいてはいけない
と思って、私は自分なりに考えながら、日々長男に接しているのですが、
(そんなに徹底した療育というほどのものではないですけどね)
旦那は、いい加減なしゃべり方(変な言いまわし)とか、平気で
子供の前でしちゃうし、全く気をつける素振りもないんです。
言葉を省略してしまう長男が、例えば「ゴマちゃん(弟)が、お水を・・・」
と途中でやめたりすると、私は「ゴマちゃんがお水を・・・?」と繰り返し、
振り向いて続きを促すのですが、そんな時旦那が「ゴマが水を
ズボンにひっかけてさー」と、横から言ったりするんですよ。
あんたが続きをしゃべってどうするんだー!!
熱湯ひっかけたわけじゃないんだから、チャトがしゃべるのを
待っとけよー!!
てな具合で、旦那にいくら言ってもわかんない、というか、わかろうと
してないのか?
ホント、とらさんに教育してほしいです。うちの旦那。


しのちゃんさんへ 投稿者:のあ  投稿日:05月16日(火)15時54分56秒

同じ歳の子と比較してしまうとたしかにつらいですよね。
同じ比較するのでも「うちの子が劣っている」と考えるより、「他の子が進んでる〜。」
と考えるほうが、たやすく受け入れられるような気がしてます。「は〜。みんなすごいの
ねー。」「ゆっくり追いつくもん。いいんだ〜。」「他にもいいとこ沢山あるもん。」
「口達者な生意気なガキより、うちの子のほうが素直でやさしいわ〜。」なんて憎まれ口
をたたいたり。(笑)

>「ママ、泣いてる」と娘に言われて「ないてない、風邪ひいたかな?」といったら
>「ないてるよ」なんていいまして・・・またないてしまいました。

しのちゃんさんのお嬢さんの、やさしさが伝わってきました。
きっと、大好きなお母さんが泣いているので、なんとかなぐさめてあげたいと思ったのだ
ろうなと思いました。しのちゃんさんとお嬢さんとのやりとり、両方ともとってもやさし
い思いやりに包まれているように感じました。
言葉に出てきたのは「泣いてる」の一言でも、その裏には沢山の気持ちが込められている
ような気がします。ホントはもっといろんなこと伝えたかったのじゃないかなぁ〜。
(勝手な想像です〜。決め付けはいけませんね。)
そのやさしい気持ち、すごく素敵ですよね。それに、こればっかりは、語彙がいくら増え
ても、補える物ではないと思うし。


強くならなくても、たまにはへこんでしまってもいいのじゃないかしら。
親のそういうところも見ながら、子供って大きくなっていくような気がします。
私なんて、弱み見せほうだい。
こないだ、映画見ながら泣いちゃってたら、からかいながらもやさしくしてもらっちゃっ
た♪
私はといえば、結構打たれ強いタイプみたいなのですが、強くなったとしても、弱っちか
った時の気持ちは忘れずにいたいなと、思うのでした。

なんて、とりとめの無い話。なんの参考にもならないですね。。。しつれいしました〜〜。


『自閉』の場合 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月16日(火)16時32分57秒

>「単に言葉が遅れている子」や「自閉の全く入っていない子」の場合は全体の発達を促すことで
>自然に言葉の成長を促すことができるでしょうが、そうでない場合は、有効な言語指導を
>行なうことで言語の取得ができ、さらにそれによって集団との関わりが容易になり、
>相乗効果でさらに発達が促される。私はそんな風に考えます。

うちはハカセとこくっぱふたりとも「自閉」が入ってますが
>言語の取得ができ、さらにそれによって集団との関わりが容易になり、
は我が家の場合まったく当てはまりません。
ハカセ(7才)は検査の結果、言語獲得能力は8才レベル・・・つまり普通よりできると
いうことが本日判明いたしましたが、集団との関わりはますます難しくなっています。
同級生もだんだん「常識」を身に付けていくなか、ハカセが変なヤツだと思われるのも,
時間の問題でしょう。訓練することで言葉はいくらでも増えますが(暗記力はすごい!)
それと集団との関わりは別の問題です。
同年齢の子が使わないような「単語」や「言い回し」を駆使してペラペラしゃべれるより、
たとえ言葉数は少なくても、相手の気持に沿った会話ができるほうが、生きていくにはよ
り便利だと日々痛感しています。

>「単に言葉が遅れている子」や「自閉の全く入っていない子」
のほうが訓練で獲得した言葉をその場に則して、上手に操れると思います。

掲示板過去ログ案内に戻る