2000年5月その5
ほんとに言葉は難しいです その2 投稿者:ぴっぴ  投稿日:05月18日(木)10時21分39秒

>抽象的に物事を考える力、あるいはそれに替わる力をどうつけていくかでしょうねえ。

こくっぱの母さんの分析はいつもすごいなあと感心しているのですが、
うちもこれかもしれません。

>結局、できるだけ多くの実物を見せ、体験させることで、やっと人並みに
>単語の意味がわかるんですよ。

そうそう、始めはこれで私もやってきました。
だけど、これだけじゃどうにもならない。
例えば、上位語っていうのかな?
机や椅子は家具でもある、っていうあたり・・・
なかなか応用が効かなかったですね。
例えば、寒い、涼しい、熱い、あったかい、なまぬるい・・・
同じ温度でも状況や自分の感覚が基準になる言葉はもっと難しかった。
「違う違う、こういうのは涼しいって言うの!」
なんて教えても、本人がそういう感覚を私と同じように感じているかちょっと不明
および不安でした。
海と川と湖と沼の違い・・・これには混乱してました。
絵や言葉の説明では難しい。
これはもう、感覚で知ってもらうしかないかな、とたくさん経験しましたが(モチ、遊びですよ)
湖に行っても「海?」なんですねえ。こりゃあ難しい。

とらさんの言われる「’きれい’が最難関」というのは、それはもう、よくわかります。
比較的ノーマルなものをきれいと言い続けてきましたが、
真っ赤なリンゴを見てきれいというかおいしそうと言うか、
そりゃあ人によって違うでしょ?それを一度’きれい’と教えるとネ・・・#####

すこ〜しずつ、すこ〜しずつ、応用が効くようになってきたところです。
うちもまだまだまだまだ四苦八苦です!


いろいろ 投稿者:とら  投稿日:05月18日(木)10時22分13秒

こくっぱの母さん、

いさささ反発するような書き方をしてしまったようですみませでした。
2次元のカードなどの世界と現実が結び付かないと言う話はよく聞きますね。
例えば写真のようなものでは少しは現実に近くはないでしょうか?
ネット上に写真の有るような動物図鑑無いですかね?
そのうちバーチャルリアリティーで動物園がネット上に出来れば良いですね。

なかぶんママさん、
正直言って上のお子さんがいらっしゃる(それも二人も)っているのは
とってもうらやましいです。(後から上は作れませんしね...)
頭でっかちの私のような父親が療育に参加するより効果有るように思います。
上のお子さんくらいになればちょこっと療育サポーターになってくれるかもしれませんし
真ん中のお子さんは、そのままで十分刺激を与えてくれますよね。
親ではない他人との関わり(特に子供同士)って本当に得られるものが多いと思います。


楽しんでますよ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月18日(木)11時42分53秒

とらさん、
>いさささ反発するような書き方をしてしまったようですみませでした。

どういたしまして。こんなやり取りがとても必要だと思ってます。
普段何気なくしている子育てを、筋道立てて考えるいい機会になっております。
これからもどしどしご意見をお聞かせ下さい。
写真は動かないものならかなり使えると思っています。
たとえば、学校などの建物とか、自動車などの機械類ですね。
でも、動いて形がかわるものはやはり「本物」でないと難しいです。

ぴっぴさ〜ん
>海と川と湖と沼の違い・・・これには混乱してました。

現在まさに混乱してます。うちはこれに「池」と「ダム」も加わってますが。
川を見てもダムを見ても池を見ても「うみ!」
川を見せて「かわ」と教えると今度は全部が「かわ!」

「なめて塩辛いのが海だ!」といいたいけど、全部味見されたらかなわんし。
なんで私はこれらの違いが自然にわかってしまうのか・・・。
ふたりも通じないやつがいると、自然にわかる方が不思議で。
だって、違いが分かっていながら「わかるように説明できない」なんて、
「ほんとに私はわかっているんだろうか」マジで悩んでしまいます。


朝倉さん失礼しました 投稿者:腐乱検死体  投稿日:05月18日(木)12時05分28秒

前回の書き込みを見て、言語能力と認知能力には全く問題ないと勝手に
勘違いしたものですから、あのような書き方をしてしまいました。

実物に会えないから、ネットでのアドバイスって難しいですね。(^^;;;;


(無題) 投稿者:satomi  投稿日:05月18日(木)12時45分56秒

ことばについての論争が熱く繰り広げられていますね。
わたしのこどもにとっても、これから直面する問題として興味深く読ませて
いただいてます。

今月末にひまわり学園(市の施設)というところに面談に行っていい感じで
あれば入園の手続きをしようと思ってます。
そこにはこどばの教室もあってとてもいい先生がおられるとのこと、こども
がそこでしゃべることの楽しさを見付けてくれるといいなぁと思ってます。

今は親子の時間を大切にしたいという気持ちもありますし、あまり一生懸命
に訓練しようという気はないのですが、そこは週2回くらいのようですし手
を差し伸べてもらうばかりの立場(大人ばかりの中でということ)ではなく
同じ年くらいの子に触れるのもいいことだと療育センターの先生も言ってお
られたので、、、
確かにねぇ、「ふぇ〜ん」と言えば「どうしたどうした」って誰かかれかが
すぐに飛んで来て何かやってくれるって状況ではことどもの何かしゃべりた
いって気持ちも育たないですもんねぇ。
以前、「たくさんの人に愛されるのはとてもいいことなんだけど、子供は要
求がなければしゃべりませんよ」と言われたことがあります。
そのへん、わたしだけが気を付けてもねぇ、、、まっ、こどもが自閉症だっ
てことはみんな知らないんだから仕方ないけ、、、

自閉症のこどもは人とのコミニューケーションがうまくとれないと言います
が、本人は近づきたいという気持ちはあるんですよねぇ。
一人遊びしてても、何となく近くにはいたがるしこっちの袖口をつかんだま
ま遊んでいることもあるし、わたしがパソコンにハマッてると後ろから抱き
付いてきますし、、、ただ方法が分からないってことなんでしょうか。
先生もそんなこと言ってたなぁ、、、

こどもは、おとうさんとかおかあさんなどの人の区別も全く認知できない状
態なんだけど(他の人と違うみたいな感じはあるようですが「おかあさんは
?」と聞かれても分からない)そのへんってどうやって分かってもらえるも
のなんでしょう?
「戸、パタンして」と言えば閉めるし「それちょうだい」と言えば渡すし、
ちょっとしたことなら分かるようなんですがねぇ、、、
あぁ、この子に「おかあさん」って呼んでもらえる日はいつなのかしら、、、

最近ツライのが周囲の人が「〇〇って言ってごらん」と本人全然その気がな
いようなのに言わそうとすること。余計にしゃべることが嫌いになるんじゃ
ないかしらって心配で、、、
だけど家族にこどもの病気のこと言わないといけないのが、これまた重い、、、



satomi さん 投稿者:とら  投稿日:05月18日(木)13時25分57秒

以前も書きましたが、1歳半の時点で自閉症と言われながらその後十分な成長を
された人もいます。また今はホームページを閉じられてしまったようですが、ある方の
お子さんも最初の診断時には「知的障害有り」と言われたものの、その後発達が進み、
高機能自閉症と(認知などに通常と異なる部分は有るけれど知的には通常レベル)
診断名が変わる場合もあります。特に理解が進まないとIQのようなものは低く出がちです。
(質問の意味が分からなかったり、そもそも聞かれていると言う意識が無かったり)

確かお子さんはまだ1歳8ヶ月(位でしたよね)、まだまだ言語指導を本格的に、
なんてことは私でも言いません。
それでもMさんも少し書かれていたような「アイコンタクト」や「動作模倣」
「音声模倣」のような「言葉をしゃべるきっかけとなる根っこの部分」の刺激や感覚統合の
ような事は積極的にやられてもいいと思います。(施設でやってくださるといいですね。)
あとから診断名が良い方向に変わっていくほとんどのお子さんは、やはりそういった
段階に応じたアプローチを行なっておられる方に多く見られるようですから。
ちなみにうちは「ママ」は2歳10ヶ月、「パパ」はそれから2週間後。
(パンとか、ちょうちょ と言うより遅いんですから、トホホ...(笑)
>「〇〇って言ってごらん」
って言うのはやめたいですよね。

それから、うちは家内の方は両親には「言葉が遅い」と言う程度にしか言っていないです。
最初にも書いたように診断名はまだ変わる可能性が有るし、いたずらに心配させても
良くないかもしれません(人によってですが)。
それに何ヶ月も何年も接していくうちにそれらは感じとるものですしね。


本物のライオンと絵のライオン その2 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月18日(木)13時37分25秒

>腐乱検死体さん

え〜と、先の書き込みの時、私は怒っていたわけじゃないんですね。(^_^;)
ただ、ちょっと違うよ〜、ハカセ君のような子の場合はこうなんだよ〜と言いたかっただけで、
でも、時間がなかったために、書き込むなり、いりなり送信、というのをやったので、
ちょっと言葉の調子がきつくなってしまったのかもしれません。
気にしてしまったら、ごめんなさいね。(^_^A

で、実は先の書き込みには、こんな続きがあったのです。(笑)↓


絵カードでは本物と同じものと認識できないのなら、こんな手はどうでしょう。

1.まず動物園に行って、本物の、動くライオンを見る。ライオンだ〜! と認識する。
2.そのライオンを写真に撮る。
  できれば、その場で写真が出来上がるポラロイドカメラを使い、
  「写真のライオン=本物のライオン(のコピー)」と認識できればベスト。
3.写真のライオンの上にうすい白い紙を載せ、子どもの目の前で、鉛筆でライオンをなぞり書きしてみせる。
4.なぞったライオンにペン入れ、彩色し、厚紙に貼ってライオンの絵カードを作る。

こういう手順をふまえたら、ハカセ君の中に、絵カードのライオンは本物のコピーなのだという
認識が育たないかしら?
そして、そこを足がかりに、絵カードを本物の象徴として捉える力が育っていかないかしら。
とはいえ、2.の段階で写真のライオンがもう本物と違うと認識されてしまったら、
この方法は使えませんけど。(^_^;)

あ、もちろん、これはライオンに限らず、
身近にいるネコや犬なんかでもいいんですけどね。
こくっぱの母さん、試してみる気、ありますか?(笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


こくっぱの母さ〜ん 投稿者:ぴっぴ  投稿日:05月18日(木)13時46分41秒

「池」に「ダム」ですか・・・
また頭抱えそうな難題がふえてしまいました・・・。
そこで私からも一つ。

住所ってむずかしくありません?
友達が○○町と言ったり、○○市、と言ったりするもので、何がなんだか
混乱しているようです。
みんな同じ市に住んでいる、と地図で教えたりその中に○○町も○○町もある
と示して納得か、と思いきや、
「じゃあおばあちゃんは日本に住んでいるんでしょ?」
とくるので、頭かかえちゃいますです。
日本地図を持ってくると「○○町はどこ?」ときますから。
う〜ん、う〜ん・・・・・・。
世の中ってなんて難しいのでしょう・・・・。


ちょっと悩んでます。 投稿者:るり  投稿日:05月18日(木)17時11分52秒

>腐乱検死体さん
ありがとうございます。私もどっちにするか迷っていたところでした。

いままでの書き込み群を読んでいまして、ちょっと不安になったのが、
「うちの息子、このままでいいのか」という事です。

うちの子は明日で3歳5ヶ月になりますが、ちょうど1年前に療育施設には入るとき、
園長先生に、「ここに通ったからといって、言葉が年齢並になるかどうかは期待しないで
ください」と言われましたが、確かに1年通ってみて、2語分は当たり前にはなったけど、
語彙の発語が理解力の成長に正比例はしていません。
療育施設では、意味のある言葉を話す子供があまりいない。いても、その子は発達障害では
なかったり、発達障害でも、保育園や幼稚園に通いだしてから「何かおかしい」とまわりから、
勧められて入った子供さんは話しています。

「言葉を出させるよりも、理解言語を増やす方が大切」
この園の先生達は、そのためにも生活体験を増やすことに重きを置き、頑張っています。
私もそうだと思いますが、それじゃ、なんで年長さん、話せる子少ないの・・・とも思うのです。

理解言語、私は息子に指示を出したり話かけたりするとき、いまはあまり不自由を感じない
気がしているのです。絵本を読んであげるとき、ホントはしないほうが良いのだけど、たまに、
抜き打ちで、『きかんしゃちゅうちゅう』の中の、「たんすいしゃはどこ?」と聞いたり、
『タンゲくん』の中の、「炊飯器はどこにある?」と質問すれば、「こっち」とちゃんと
答えるのです。悲惨な状態の主人公には「かあいしょうだねぇ」としんみりとした声で言うし。

でも、息子に対して、「理解言語が増えれば言葉がたくさん出ます」と療育の先生に言われる
ということは、息子は理解言語が少ないということなのでしょうか?

う〜ん、健常の子の理解言語のレベルがわからない。

もうすぐ3歳6ヵ月検診なのですが・・・
ちゃんとした「言葉の教室」に、通わせたほうが良いのかしら。



こくっぱの母さんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:05月18日(木)20時51分52秒

理解させる方法の一つの案

1.写真と絵を見比べさせて、絵は実物の特徴を書くということを理解させる。
例)ライオンならば、たてがみ、しっぽ、色等。

2.海と川と湖の違いは百科事典に書いてあるような理屈で説明する。
地図も利用する。


ライオンの絵の話で 投稿者:しまの母  投稿日:05月18日(木)21時41分22秒

思い出しました。
話の方向がずれているかなあ?

Martin A Kozloffという人の書いた自閉症の人たちへの教育や普段の生活の中での
関わり方の10項目のアドバイスがあって、その中に

「..名詞は名詞として、動詞は動詞、形容詞は形容詞として使うこと。例えば
  色の違うブロックをいくつか使って色を教えるのなら、青いブロックを指して
 『これは青だよ』ではなく、『これは青いブロックだよ』と言った方がよく、
  また牛の絵を示すのなら『これは牛だよ』といわずに『これは牛の絵だよ』
  と言う方がよい。...」(以上拙訳、間違っていたら教えてください)

云々とあります。
英語と日本語の違いがまずあるし、第一子どもによって捉え方は本当にいろいろ、
ことはそれ程単純じゃないんじゃないかとは思うけど、
「ライオンだね」というのと「ライオンの絵だね」
こんな単純な言葉の違いが実は天地の開き、ということもあるかも、
とちょっと思い出したので書きました。

うちの連邦市民たちはこの件に関してあまり参考になりません。
上は言葉はめろめろで、でも絵と実物は特に疑問もなく対応してるし、
下は表出言語がなくて全く同一のものをマッチングする程度。

下のサイトでした。でも第五項目のこの短い部分だけ。
ただABAアプローチの姿勢の基本的なポイントがまとめてあり、
英語も割と簡単な言葉で書いてあってわかりやすかったので
ついでに紹介します。

http://members.spree.com/autism/teaching.htm


とらさんへ 投稿者:satomi  投稿日:05月18日(木)23時38分18秒

さっそくのレスありがとうございます(^^)
わたしもね、こどもの力や可能性を信じてます。それに、やっぱ実際のところ
まだまだ実感してないし、、、
療育センターの先生には同じ月齢のこどもよりかなり幼いと言われましたし実
際、平均的にはもっといろんなことできるんでしょうけれど、、、絵本だって
ちゃんとめくるべきところでめくるし(何度も聞いて覚えたんでしょうけど)
しゃべらないけど以外といろいろ分かってるんじゃないかしら?と思わせると
こもあるし、、、
人の可能性って医療や科学では計り知れないことがまだまだたくさんあるし、
あまり決めつけないでやっていかなきゃね。わたしって思いこみ激しいとこあ
るので気をつけないと、、、

それにしても、人とは時に残酷ねぇ〜と感じてしまう。。。
「〇〇ちゃん(半年下)もうずいぶん話すんだってぇ」とか「〇〇ちゃん一人
でご飯食べてるんだってぇ」とか(こどもはフォークで刺すものくらいしかま
だ上手に食べれません)しゃべれないのもご飯がうまく食べれないのも偏食な
のもみんなみんなわたしが悪いのよっ!放っといて!!!って気分、、、
そう、「〇〇って言ってみろ」っていうのもやっぱりダメですよねぇ。。。
その辺をどう説明したらよいのやら、、、
仕事から家族以外の人と触れる機会も多いもので悩みは尽きません、、、


うっかり 投稿者:M@挨拶も手抜きの管理人  投稿日:05月18日(木)23時44分24秒

ご挨拶を忘れるところでした。
  初めましての皆さん、初めまして。
    あ、DORI☆ さんは2回目ましてでした。
      久しぶりましてのしのちゃん、しまの母さんも・・。
で、3回目ましての皆さんも含めてすべての皆さんに
掲示板40000アクセスの記念品のお知らせです。
今回も、米在住のなおさんのご厚意で
「ずっと『普通に』なりたかった」をプレゼントできることになりました。
え、もう持っている? そうでしょうねぇ・・。
その場合は従来の記念品「林明子さんの絵本」ということにしましょうか?  


ちょっと愚痴っぽいかも?(^^; 投稿者:ぷにぷに  投稿日:05月18日(木)23時48分47秒

最近の激論はとても勉強にさせてもらってます。
ここで、私も一言・・・と言いたいのですが、悲しいかな我が家はそのレベルにさえ
達していない。名前を呼んでも振り向かないし、「おいで」の呼びかけにも応じず
奇声をあげながら私の横を走り去る息子。(お〜い、ママはここだってばぁ〜)
それでも最近は「ママ」という認知はしていないものの、「この人は自分にとって
他の人よりちょっと特別」という意識は芽生えてきたようで、たまに寄ってきたり
至近距離での「アイコンタクト」ならなんとか・・・。それに、以前相談させて
もらった「子供との関わり方」を参考に「子供の目がきらりとひかること」を模索
し始めてから、以前よりも息子との距離が縮まったような気がします。
(でも彼にとっての「遊び」は「走る・物を振る、回す・動くものを見る」が中心で
なおかつ持続性に乏しいので、「お!?」と思ってもらえるものを数多く考え出す
というのは、なかなかキビシー)

ABAアプローチも少しはやってみたんですよ。>とらさん
でも、親の「押し」というか「焦り」が強かったんでしょうねえ、半べそで逃げられ
てしまい、ただいま「ちょっとお休み」モード。(療育パパさんには「甘い!」と
言われそうですが・・・)でも、うちの場合、待っていればある日突然「ママ」と
言うようになったというわけにはいきそうもないので、勉強しなおしてまた訓練を
再開しようと思っています。

ただ、「息子と会話がしたい」だけなんだけどなあ・・・。なかなか先は長いっす。


|・_・)  投稿者:のあ  投稿日:05月19日(金)09時57分23秒

難しいお話が続いているのでROMっておりました。 |_・)  ))))
 φ(..)ひたすらメモメモです。
いつか、皆さんみたいに議論できるようになりたいなっ。(む、難しいか。。。)
 
前、中国からきた人が瀬戸内海をみて「ほー、日本にも大きな河があるのですね?」と言
ったとか。大人でも人によって(文化によって)捉え方が違うのかも。
地図を見せて、「海」って書いてあるのが「海」だよ〜。なんて方がわかりやすいのかな
?
本に書いてあることが正しい、ってうちの子も思い込んでいるところがあるし。
って、全然参考にならないっすね?

そういやぁ、うちの子もお天気予報の「晴れ」マークを「朝」と言うので、おいおい、違
うよ、そういう時は...。」と直すのですが、治らないですね。(^_^;)
ほうっておいてはいけないでしょうが、どうしたらいいんだろ?

息子はわからない言葉は自分で捜索してしまうので、「(彼の言うところの)サクサクの
シリアル」とか、「(彼の言うところの)ポッキンッテヤツのチューペット」とか、バイ
リンガルっぽく修正(?)していますが、はたしてそれでいいのか、悩みます。


くるりくらさん♪
お返事遅くてすみません。
今週土曜日に担任の先生に時間を取ってもらってお話することになっています。
えらそうなことを書きましたが、たいしたたくらみは無いですよ〜。(^0^)/
先生はものすごく忙しくて、お話しようとしても「五分でお願いします!」と言われた、
という情報を入手しましたので(謎)、ねぎらい同情作戦、でも、学校の様子は知らせて
よね〜路線で(どんな路線や?)いこっかなぁと。(笑)
息子の状態を理解してもらうのが当面の目標ですが、まずは息子の学校での様子を詳しく
教えてもらいたいと思っています。

「お話したいことがあるんです」と言ったら、「げっ、やべっ」って反応っぽかったので
(違うかも〜)怒られると思っているのかな?(^_^;)
何もとって食おうって訳じゃないんですけどね。「また問題かよ〜」って受身の先生じゃ
ないといいなぁ。
いろいろ忙しいのはわかるけど仕事なんだし、本業は忘れないで欲しい...はっ、私っ
てきついかも? 自分もずっと仕事してきましたので、そんな場数も踏んできているので
すが、どうも勝手が違うのう。
わたしら親ってクライアントのつもりでいていいのかなぁ、根本的なところで間違ってる
かも。誰か教えて〜(笑)


余談ですが、昨日、WISC-3の検査結果もらってきました。
病院の紹介状も...。
たしかにばらつきが...。記憶と言語理解が落ち込んでると言う感じ。
知覚統合と言うのがとてもいいので、そういう場合、「頭ではわかっているのにうまく出
来ないので、本人は余計にギャップに苦しんでしまう」と言うような説明を受けました。
「自信をもたせて」「やる気をださせて」うんうん、そうですよねぇ。
やっぱり児相では心理っぽい方に重きをおいておられる方が多いんでしょうか。
昨日は、ちょっと体操をして(これが感覚統合っぽいのだと言っておられましたが)
そのあと箱庭ですって。
まだ始まったばかりだし、わかってはいるけど、つい。あせっちゃいけないですよね。


捜索 投稿者:のあ  投稿日:05月19日(金)10時00分08秒

→創作ですね。(あちゃ)
修正させてください。


最近ちょっと 投稿者:とら  投稿日:05月19日(金)10時34分44秒

書き込みすぎのとらです。Mさんに出入り禁止になるまではもうちょっとこんな感じで...
まず、るりさん、
昨日書き込みをすぐに目にしたのですが他の方の意見を待ってからにしようと思い、
すぐにはレスしませんでした。もうひとつは私自身が少し冷静になってから他の方に
レスを返す方が良いだろうと考えたためです。るりさんに「あれせよ、こうでなれば
いけない」という表現はしない方が良いかもしれませんので、うちの場合を例に出しましょう。
月齢もようすも成長具合も良く似ています。私の所の療育センターも送迎付きで希望すれば
ほぼ毎日でも通わせてくれます。プール指導もリトミックも、大掛かりなおもちゃも有り、
遠足や子供を交えての御料理タイムも有りました。本当に大人でも参加していると楽しく
先生も(これは正直色々ですが)良い人がいました。こんな理想の環境は無いでしょう。
でも、ほとんどの子供がそのおかげではしゃべれるようになっていません、それが現実です。
それでしゃべれるようになった子供はまさに「もともとしゃべれる子供」なのです。
さらにたまに自分の子供が他の子と関わろうとしても相手も遅れていますから、
返事が無いこともしばしばです。コミュニケーションの意識は逆にしぼんでしまいます。
自分よりちょっとだけ上のレベルの人達の中にいると成長できると言うのは誰しも有るでしょう。
センターの方と相談して、年少から幼稚園に入れることにしました。先のような理由からで、
センターの方もその方が良いとおっしゃってくれました。
加えて、自分でも勉強して生活の中にABAやTEACCHのアプローチを取り入れています。
ABAに関しては、ネットや本以外にもビデオや指導をもらうことも有ります。
皆さん療育と言うと「無理強いするもの」だと言う印象を持たれているようですが、
そうではないんです。ABAは応用行動分析と訳されるように、分析なのです。
何故○○という言葉が言えないか、行動が出来ないのかを分析して、それに
子供が自然にすんなり出来るようにする為のアプローチを施すものです。
そしてそのために今何が出来て、何が出来ていないかをよく知り、
短期的目標、長期的目標を設定するのです。
ABAの指導では一日何時間もデスクで勉強なんていうこともあり、実際やった方が
効果は有るようです。でも現実にはそこまではとても出来ません。それでも生活の中に
取り込むことで、やらないよりは成長を加速させることができるでしょう。

るりさんは(仮に英語がぺらぺらでなかったとして)、突然英語の環境につっこまれたら
自然にしゃべれるようになりますか? 中には本当にスムーズに吸収できる人もいるかも
しれません。だれでも聞き言葉の理解は進んでくるでしょう。言葉の羅列の中から断片的に
単語を聞き出せたり、相手の表情や口調でなんとなく、わかるからです。
じゃ、しゃべれるでしょうか? きっとハローとイエスと...これって子供の一語文ですよね。
いくら仲の良い外人のお友達が出来て、おうちにお招きされて楽しく過ごせても、
込み入った会話はそうそうできないでしょう。
ではどうするか。ある程度の会話のパターンを練習するわけです。ケースに応じて。
しかもハンサムな外人青年が先生になってくれたらどうですか? 
上達したら、彼も喜んでくれます。語彙はますます増えて、テレビや日常会話の理解も
進み「あ、こういう時にはこういえばいいんだ」と自分で学習できるようになるでしょう。
子供の場合ハンサムな外人青年よりはご褒美や大袈裟に誉めてあげるようなことの方が
良いでしょう。ABAなどの指導でやることは、まさにそんなことなのです。
理解が進めばしゃべれるようになる? しゃべりたい気持ちが有ればしゃべれるようになる ?
皆さんの英語学習ではどうでしょうか? 読み言葉や単に聞くだけならなんとなく出来るし
しゃべれたらどんなにいいだろうって思いますよね。


で、ぷにぷにさん、 投稿者:とら  投稿日:05月19日(金)11時03分37秒

>ABAアプローチも少しはやってみたんですよ。>とらさん
>でも、親の「押し」というか「焦り」が強かったんでしょうねえ、半べそで逃げられ
>てしまい、ただいま「ちょっとお休み」モード。

私はちなみにABAのエキスパートでもないし、崇拝者というほどの者でも有りません。
でも効果は多くの方が口にしていますし、Mさんもいわれているようにポイントとなる
エキスは多いと思います。ぷにぷにさんが、どういったABA的なアプローチをされたのかは
判らないですが今のお子さんのレベルの場合は、要求をうまく生かすと言うこと+
アイコンタクトだと思います。
お子さんの好きなものがお菓子でもおもちゃでも有りますよね。
それを簡単に手の届く所に置かずに、あるいは無意識に彼の手の中に入れるのではなく、
彼がお母さんの目を見たら、渡してあげる。そんな状況を作る段階のように思います。
普通子供はお母さんなんて見ないで、お母さんの手の先に有るその魅力あるものだけをみて、
向ってきて、それを取るのでしょう。
その場合ここがちょっと可哀相と感じるかどうかなのですが、
簡単には渡さずに、あなたへの要求の意思表示をさせるわけです。
最初は目を合わせただけで渡してあげ、それを「あー」でも「うー」でも良いので
意思表示に進化させ、それを最後には「ママ、これちょうだい」まで持っていくわけです。
目あわせそのものが、容易でない場合には「魅力有るもの」をお母さんの目線にまで
持ってきます。ポイントは本人の今のレベルの意思表示を感じ取ってあげて、それを
十分誉めてあげて少しづつレベルアップさせることだと思います。
よく言われるのが「本人が怒り出したり、ぐずる一歩手前では止める」ということです。


こどもの居場所 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月19日(金)16時59分01秒

療育センターで話ができるようになる子は少ない・・・のは当然のような気がしますが。
だって、ほとんどの子が「言葉の遅れ」があるから通っているというか,
少々のことでは話すようにならない子が多いというか・・・。
センターの指導力ももちろん影響するでしょうが、子ども自身の能力もおおきいと思います。
ただ、私が今までかかわってきた療育センターはいい所ばかりですので,こう思えるのかも
しれません。

とらさん
>さらにたまに自分の子供が他の子と関わろうとしても相手も遅れていますから、
>返事が無いこともしばしばです。コミュニケーションの意識は逆にしぼんでしまいます。
>自分よりちょっとだけ上のレベルの人達の中にいると成長できると言うのは誰しも有るでしょう。

これは、とらさんのお子さんがあまり遅れてないという事ですよね。
この辺の見極めが難しいんですよねー。
こくっぱの場合、とらさんちとは逆です。普通の保育所に通っていましたが、普通の子と
ギャップがありすぎて,すっかり自信喪失状態でした。で、療育施設に移ったわけです。
こくっぱは現在、驚くほどの変化を遂げつつあります。たった2ヶ月で。

数えられないほどの単語が言えるようになりました。
先生の「お集まりだよ〜」とか「お弁当だよ〜」という呼びかけで,
教室に帰れるようになりました。
友達同士で、追いかけっこや自転車レースをして遊べるようになりました。

成長する時期だったのかもしれません。もちろん今までに蓄積されたものが
溢れ出してきているのかもしれません。
でも、毎朝保育所へ通うのを嫌がり、泣いてばかりいたこくっぱが、療育施設
へかわってからは始めの3日間泣いただけで,うれしそうに行くんですよ。
片道40分のドライブも嫌がらずに。

やはり「我が子」の現在の力を見極わめて、きちんと居場所を作ってあげることが
いちばん大切な気がします。
こくっぱの場合、療育センターの先生に「普通の保育所では無理です」と現在のところを
すすめられたのですが、さすがにその時はショックでしたよ。だって、すすめられた施設は
「重度障害児」の施設ですから。(しかも3倍近い競争率を勝ち抜いてしまった!)

今は入園してよかったと思ってますが。



(無題) 投稿者:ぷにぷに  投稿日:05月19日(金)22時46分03秒

とらさんへ
私はABAを否定しているわけではないんですよ。むしろその逆。
アプローチの方法はまずかったかもしれませんが、唯一意味ある言葉
「だいだい(=ちょうだい)」が言えるようになりましたし。
今は、登山のド素人がいきなりエベレストに挑戦するなんてことせず、
まずは基礎体力をつけようと「お勉強中」です。
とらさんのことは以前から「すご〜く勉強してるなあ〜」と感心し、
尊敬してたんですよ。(^^ 
今回もわかりやすいアドバイスを頂いて感謝しております。

こくっぱの母さんへ
こくっぱの母さんのたくましさ(失礼)は見習わせていただきます!


ウエーン!!誰か助けて 投稿者:なかぶんママ  投稿日:05月20日(土)00時06分59秒

ウエーン!! 今メール送ったのですが又どこかへ消えてしまいました
「投稿」と押して そしたら違う画面で
URLがhttp://www.tcup2.com/239/ma2ma3.html
でしか送れません・・・みたいな文章の画面が出てきて
そのアドレスのところをクリックしたら
掲示板の書き込みの元の場面に戻ってて
内容だけは真っ白に無くなっているんですが・・・
これで3回目なんです
ちゃんと行く時もあるんですが、どこがいけないんでしょうか?
またそうならないように投稿の文を保存というか、一時的に守る方法があるのでしょうか?
ドジな私のために、誰か教えてください

またこれから書き直します  グスン・・・


え〜〜っと・・・ 投稿者:M@夜更かしの管理人  投稿日:05月20日(土)00時38分52秒

るりさん
>ちょうど1年前に療育施設には入るとき、
>園長先生に、「ここに通ったからといって、言葉が年齢並になるかどうかは期待しないで
>ください」と言われましたが・・

 多分、
 その園も、おそらくは
 「ことばの獲得が最優先されるべきものだ」
 という方針ではないと言うことの結果ではないかなぁ・・と。

 私は就学前の療育施設のことには疎いので、
 代わりに養護学校を例にあげると、そこでは、
 教育課程に個別指導の言語の時間も位置づけられていて、言語の専任が指導にあたってい
 るのよね。私が参観したのは1校はマッチング、もう1校はシンボル絵カードを使っ
 ての和やかな雰囲気のコミュニケーション場面でした。
 そこでも、私がうけた印象は、
 認知を高めたり語彙を増やす等の「ことばの獲得」を目的化したアプローチというより、
 ことばを使って楽しくコミュニケーションをする力を育てる事が目的という感じだったか
 な。
              < 養護学校の言語の○○先生、違ってたら返事してね。
 
 で、
 ここでも以前、療育には個別とグループの両側面からのアプローチが必要なのだろうなと
 言うことが話題になった事があったよね。
 まあ、個別の指導の時間があまりにも少なすぎるというおサムイ現実はあるものの、
 グループでの保育的な内容の活動(療育)も、子どもの成長の為の重要な役割を担ってい
 るのだろうなって。
 

こくっぱの母さん、
>こくっぱの場合、とらさんちとは逆です。普通の保育所に通っていましたが、普通の子と
>ギャップがありすぎて,すっかり自信喪失状態でした。


 そのタイプの子、沢山知っています。自閉に限らず、多すぎる刺激や高すぎる要求水準の
 中で、萎縮してしまった子・・。

 勿論、皆がすべてそうではないでしょうが、力を伸ばすにはそれなりの手立や配慮が必要
 おね。少なくとも、加配も複数担任制もないのに、
 「水準の高い集団に入れさえすれば力が伸びる」
 と言い切るにはかなりの無理があるといつも思います。 

とらさん、
>Mさんに出入り禁止になるまではもうちょっとこんな感じで

 あはは、Mの視線が痛いですか?
 でもとらさんのお陰で、隠れABA派?も発言しやすくなりましたね。
 私は、もともと派閥も党派も無縁な人間ですので、
 良いものは、どんどん取り入れたい。でも、その中でも、納得できない部分は、削ってい
 きたいと常々思っています。
 だからABAについても、その視点での考える機会を与えてくださったとらさんには
 感謝、感謝ですよ〜〜!!  どうぞご安心を。。。  


なかぶんママさん 投稿者:M@夜更かしの管理人  投稿日:05月20日(土)00時43分04秒

それも、ここの名物です・・。
          <おいおい
一番安全なのは、直接にフォームに書き込むのは避けて、メモ帳などに書いてから、
後でコピー&ペーストかな。


ああもう信じられない・・・ 投稿者:なかぶんママ  投稿日:05月20日(土)01時16分09秒

再度書き込みしたのもむなしく またどこかへ行ってしまいました
「投稿」を押したら アドレスが勝手に変わって
最後の「html」が「cgi」とか「html?」とかになぜか変わってるんです
何回正しく打ち直しても勝手にアドレスが変わって
「・・・・」以外からの投稿はできません。
上記の最新フォームをつかって投稿してください。
になるんですけど どうしたらつながるの?
さっきつながったのも奇跡ですね
グチってるこのメールも届くかどうか
やけくそです ああ私の時間を返して・・・
こんな名物なんて有りですか!? ウエーン


夜更かしの人妻 投稿者:ふゆまやー  投稿日:05月20日(土)01時52分53秒

今日はなんだか落ち込み気味、夜中子供と二人で公園へ
そこで、「ママーブランコこいで〜」とせがむ息子を無視
していたら、近くにいるおばちゃんを捕まえて遊び始めました。
息子はそのおばちゃんに、かなりなついた様子。
そのおばちゃんも息子と同じぐらいの孫がいるって事で、息子を
「可愛い〜」と言ってくれました。
そのお孫さんもなんらかの障害があるとの事で、2歳近くまで歩け
なかったとの事で、私は思わずそのおばちゃん悩みを打ち明けたく
なりましたが。(結局してない)
でも、落ち込んだ時いつもある育児雑誌に載っていた東大の教授の
話を思い出し自分を勇気付けています。
その教授も小学校低学年まで、人と会話が出来ず、ものすごい多動だった
との事。でも今ではおしゃべりで東大の教授までされている。
人間の可能性は予測不可能ウチの子だって、どんな才能が花咲くか分からない
もんね!と。


多分ね、、、なかぶんママさんへ 投稿者:satomi  投稿日:05月20日(土)11時24分07秒

なかぶんママさん
わたしの何度かそうなった経験がありますが、自分がカキコしている間に他の人からの投稿が
あった場合に「URLがhttp://www.tcup2.com/239/ma2ma3.htm
l・・・」というメッセージが出るようです(わたしの場合)そこを押すと更新されたページ
になるので自分の文書は消えてしまうんですよね。「戻る」で戻れる時もあるけど確実とは言
えないですね。
わたしの場合は、そういう時のために投稿する前に必ずカキコした文書だけをコピーしていま
す。そうすると、もし消えても新しいフォームに張り付けて投稿するだけですからね(^^)
運が悪いと、その作業の間にまた新しい投稿があったために投稿できないなんてことに、、、
ここってカキコのペース早いですもんねぇ〜


言葉 投稿者:るり  投稿日:05月20日(土)15時25分00秒

いろいろあって、レスを書きこむ暇がありませんでした。


>とらさん
誰でも、自分の信じた療育が1番だと思うときがあります。
私は、この市の別の単独通園療育施設に見学に行った時、違和感がありました。
私はうちの療育施設の方針を信じて、まじめに1年間通いました。
でも、このままでいいのだろうかと思い始めたのは、息子が幼稚園に入ってからです。

私は思いっきり身体を使って毎日楽しく遊ぶのが1番と信じていたので、息子の言葉に対する
アプローチはおざなりでした。息子は話したいことはたくさんあるようだけど、療育施設でも
私の通訳がなければ、何を言っているのかわからない状態なのです。私からすれば伝えたいことが
わかるのですが、他の人にそれが伝わっていない息子を見るのが不憫に思えて・・・

言葉に関して怠慢でありすぎたのではないかと、落ち込みました。

彼には言葉を教え込まない様に言われていたけれど、いまは言葉を学習する姿勢が少し見られる
様になってきたのです。幼稚園で覚えてきたに違いない悪戯っぽい言いまわしを披露してくれる
こともあるし、話したいという気持ちが芽生えて来ているような印象です。

さて、私はこれからどうすれば良いのか・・・これが今の私の課題です。
とらさんの療育方法もこれから少し試してみたいと思います。


>こくっぱの母さん
保育園に不適応を起こすお子さんは結構見てます。
親の事情もあり、母子通園し続けることが不可能な子もいます。
うちも療育施設には週に1度は顔を出してくださいと言われています。
まじめに通ってますが、いまのところ息子を見て、先生方は安心されたそうです。
保育園に通っている子は多いけど、療育施設から幼稚園に入園した、身体の障害でない子供は
うちの子が初めてなので、先生方もマニュアルがなく心配のようです。


>Mさん
とらさんのレスと重複しますが、私は言葉について何にもアプローチをしていなかったので
それがちよっと悔やまれて・・・
仰る通り、うちの園では言葉を出させることを第一目標には置いていません。
私が相性が合わなくて断った「言葉の教室」の先生も、子供に関しては「外で思いきり遊ばせ
なさい」だけでしたし。息子が感覚統合に問題があったので、そちらについては積極的に家でも
取組んできました。おかげでぐるぐる回されるのも楽しめるようになりました。

園に対して、「もう少し言葉についても取組んで欲しい」という気持ちは正直あります。
でも、コミュニケーションを取る楽しさと身辺自立は、ここで教えてもらったようなものです。
いま幼稚園でこの段階でのつまづきが回避できたことは、おおいに意味があることだと思います。


ありがとうございました。


なかぶんママさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月20日(土)16時42分20秒

satomiさんもおっしゃっているとおり、
一度ここにアクセスしたあとに、書き込みを送信しようと再びアクセスしたとき、
その間にここに書き込みがあると、例のメッセージが出て来るみたいです。
「戻る」ボタンで戻れることもあるけど、
そのままメッセージが亜空間へ飛び去ってしまうことも・・・・・・
   ワタシモナンドソレヲタイケンシタコトカ (; ;)

だから、書き込みが多い時間帯とか、話題が白熱しているときには、
あらかじめメモ帳などに下書きしてから送信するか、
satomiさんのおっしゃるように、「コピー」でとりあえずメッセージを確保しておいてから、
投稿ボタンを押した方が無難なようです。

でも、satomiさんも「コピー」ボタンを使っていたんですね。
私だけかと思っていた。(笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


遠足は雨で流れた 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月20日(土)16時48分20秒

ちょうど、さあ、出発するぞ! と言うところで、無情の雨。
「おかあさんと、でんしゃにのって、えんそく!」と張りきっていたショウは、半べそをかきました。
一応、保育園で遠足、と言うことになっていたので、
お母さんと保育園にいられる、と分かると、気分を持ち直しましたが。

でも、広くもないホールに、100組近い親子が集まっているのですから、
動くこともできず、手遊びやパネルシアターをして、教室でお弁当を食べただけ。
人数の多すぎる環境は、彼には刺激が強すぎて、辛いばかりのようでした。
雨さえ降らなければ、みんなで楽しく電車に乗って、
隣町の公園で思い切りからだを動かせたのにね・・・・・・

集合写真を撮るとき、隣の女の子が泣き出してしまいました。
彼女も疲れたのかもしれません。
ショウが怯えてしまったので、写真に写るのはあきらめて、列から離れました。
記念写真を残せなかったのは残念ですが、これで良かったんだと思っています。           

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


あ、40000アクセス、越えている! 投稿者:朝倉玲  投稿日:05月20日(土)16時50分08秒

40010。う〜ん、今回ものがしてしまったか。
やっぱりおとなしく自分で買うことにしよう。>「ずっと『普通』になりたかった」(笑)

40000番をゲットなさったのは、どなただったのでしょうね?(^^)


え゛っ!Σ( ̄□ ̄;) 投稿者:のあ  投稿日:05月20日(土)17時16分41秒

カウンターって、掲示板のなの〜?!
TOPページしかみてませんでした。。。。(笑)


はじめまして、聞いて下さい・・・ 投稿者:うさうさのはは  投稿日:05月20日(土)18時43分39秒

はじめまして。小3男と年中女の母です。
上の子は落ち着きがなく、いつもいろいろやってくれますが
とてもかわいい子です。
ずっときになっていたのですが、昨年末思いきって検査を受
けたところADHDとの結果が出ました。
今のところ勉強は何とかついていっているのですが、授業に
集中できずドリルなどはやりたがりません。
学校には言葉と聞こえの教室があるのですが、教室の先生に
不信感を持っています。ご近所に一つ上の学年の多動の男の
子がいて、息子ともよく遊んでいるのです。彼は二年生の頃
から言葉の教室に通級しているのですが、最近その子のお母
さんが「教室を抜け出したり、いろいろ変なことをするのは
うちも子だけじゃないのよ。実はE先生から聞いたんだけど
A君もすごいことやってるのよ。」と、息子がやったことを
あちこちで言いふらしていたのです。しかも私が知らない事
を。私はびっくりしてE先生に聞いてみました。
するとE先生は、「子供のことで落ち込んでいる彼女を励ま
すために、あなたのお子さんのことを話したんだけど・・・
あの子はADHDで大変だから。それで迷惑かけたのならご
めんなさい。」と話すのです。
私は、保護者に知らせない生徒に関する事実を、他の親にな
ぜ簡単に知らせるのか、そして周囲の人にADHDとは話し
ていないのに平気でしゃべるのか、理解できません。
学校の先生に守秘義務はないのでしょうか?
言いふらしをする人にも頭にきましたが、言葉の教室の先生
の子供に対する思いやりの無さに悲しくなりました。
生徒のことをよく考えてくれる熱心な先生と評判の先生です。
ここは田舎なのでしかたないのでしょうか?
初めてなのに長くてすみません。
それと、初心者なのでルールをわかっていないようでしたら
どうぞ教えて下さい。


そろそろ 投稿者:M@睡眠不足の管理人  投稿日:05月20日(土)20時31分14秒

40000かなと覗きに来ました。
あ、もう既に越えているようですね。
40000にヒットした方、お知らせ下さいね。
メールでもかまいませんよぅ。


なかぶんママさん、 投稿者:M@睡眠不足の管理人  投稿日:05月20日(土)20時32分43秒

時間帯から見て、どうも2回目の投稿の時のハンニンは私みたいですね。
ほんと、気まぐれお気楽Mと違って、ここの訪問者には貴重な時間を割
いての書き込みなのに、ごめんね。

契約しているプロバイダはcgiが使えないので、掲示板はレンタルし
かないのだけど、シンプルで、絵文字も書けて、何よりも、いたずら防
止機能が充実しているという事で気に入っていたんだけど、こう続くと
考えなおしてみないといけないね。

所で、
かく言う私も、あの時、保存前にパソコンを強制終了しなければならな
い羽目に陥って2回目の作文だったのよぅ。
で、夜更かしをしてしまった訳。若い頃は、徹夜の1日や2日平気だっ
たのに、寄る年波には勝てません。
   < あ、まずい。 A^^;
     確か私はことば担当では若手という事になっていたんだった。


うさうさの母さん、 投稿者:M@肝に銘じたい管理人  投稿日:05月20日(土)20時36分08秒

こんにちは。>学校の先生に守秘義務はないのでしょうか?
>言いふらしをする人にも頭にきましたが、言葉の教室の先生
>の子供に対する思いやりの無さに悲しくなりました。
>生徒のことをよく考えてくれる熱心な先生と評判の先生です。

 あ、同じ担当として耳が痛いです。
 その先生と同じ間違いをしてしまわないよう肝に銘じたいと思います。
 
 実はね、私もこのHPを開設していて、個人情報の保護という問題に
 ついては悩むことも多いのです。
 指導のページに載せている内容については、親御さんに許可を頂いてい
 るものと過去の通級児数人の子の状態像を重ね合わせたものに限定して
 いるのです。でも、そうすると、今現在の課題、指導について学習する
 場としての本来の目的がなかなか果たせないんですよね。
 指導内容についてのページの更新が滞っているのはそういう訳です。
                      < ほんとうか?
 で、
 昨年ぐらいから、
 うちの通級児の親御さんでインターネットに繋いでおられる方には極力
 ここの事を紹介するようにしています。数名しかおられませんが・・。
 それは、身近な親御さんに監視してもらうことで、私自身の暴走を防ぎ
 たいという事と、普段見て頂いていたら、指導の事を書く許可をもらい
 たい時に説明もしやすいかなという思いもあったりします。
        < あ、そんなの初耳だよ〜〜〜って?
          次の指導日にご意見下さいませ。 A^^;


 
 ここにはことばの教室担当者も、多分、何人か来て頂いていますよねぇ。
 お〜〜い、ことばの教室の担当者さんたちぃ〜〜!!
 せっかくの普段の実践を無にしてしまわないように、
              お互いに気をつけましょうねぇ!!


ちょっと 投稿者:とら  投稿日:05月21日(日)02時51分17秒

熱くなってしまった割にみなさんが暖かく応えてくださるので(本当は反論多いかと思って)
逆にちょっと弁明のいくつかを。

こくっぱの母さん、
こくっぱ君がめざましい成長を遂げているという話を聞くととてもうれしく思います。
うちも決して「あまり遅れていない」わけではないんです。
おそらく行っていた療育センターの中では比較的軽度だったのかもしれません。
顔を出していた子供たちは年齢もさまざまだし障害もさまざまですから。
でも、本人が他のことに集中しているときの指示の通りにくさは、それはそれは
きっと誰にも負けないでしょう...(笑)
幼稚園もそれこそ市の中で一番のびのびしていて、障害者受け入れを
うたっている所を選び、それでもそれなりに手を焼かせています。
先日もお集まりをぐずって何を思ったか応接室で泣き寝入りしたそうです。
前にも書いたように通っていた療育センターはすばらしいところです。
でも、良い先生は転勤していったり、公のところは歯がゆいものがあります。

ぷにぷにさん、
ステップが大事というのもABAにしか見られない概念かもしれません。
根っこになるアイコンタクトや模倣、マッチングなどをある程度しっかりやらないと
先のステップに進んだときに壁になるというものだと思います。
でも「ちょうだい」がいえる言葉なんていかにもABA的でいいですね。
好きなものは名詞でだいたい言えますか? 名詞のままで、「ちょうだい」がそのあとに
ついていなくても立派な要求語ですから。

るりさん、
やっぱお子さん、うちよりぜんぜん進んでいました。
幼稚園で言い回しを覚えてきたり、前に書いていたような絵本に共感して自分から
「かわいそうだね」なんて、うちはとてもとても...
でも、なおさらそれなら言語指導に近いものを試みてもいいように思います。
成長への良い加速になると思います。

そして、ネットで反論できない家内からの伝言...(笑)というか代弁。
家内は決して療育反対派ではなく良くやってくれています。
なんだかんだ言っても実際に療育センターや幼稚園に足を運びいろいろやってくれるのは
彼女ですから。で、家内にも自分の考えがあるようでした。
それはここのお母さん方に近いものです。やはり子供に健康であってほしいということ、
そして笑顔が何よりだということ。その次に、できるのであれば療育なるものも施そう
ということでした。「期待するような成長が仮にできなくても、それはそれでいいじゃない。」
めずらしく、今日は家内の考えていることを聞けたので反論せず耳を傾けておりました。
やはり母親というのはやさしい生き物ですよね。

掲示板過去ログ案内に戻る