2000年5月その8
今日は・・・ 投稿者:M@ROM係  投稿日:05月28日(日)14時36分18秒

お天気が良いので、ずっと家で過ごしています。!(*^^*) 
      < だって、娘が試験中で一緒に遊んでくれない・・。

上の文も常識的には、変な文だけど、
午前中に書いたやよいさんへのRESも意味不明な文ですね。
と言うより、文脈、主述の呼応がおかしい?

>悩んで悶々とする事のマイナス要素より、
>思い切って受診して、次の手立てを考える機会にするプラスの要素の方が
>強いような気がしませんか?

 「悩んで悶々とするよりも、
  受診して、それを次の手立てを考える機会に転化して行く事の方に、
  プラスの方向への可能性を感じませんか。」
 と言うような意味のつもりです。

 おっと、リンコさん、
>ただ、何か具体的なキューがないと、お土産話って書けないんですよ。
>トピックを絞るのって、私には難しいので。

 なるほど。
 これから、密かにRESのリンコさんと呼ぶことにしよう。
 で、皆様方、
 私の事は、今まで通り ROMのMと呼んでねぇ!! (;^_^A 


あしべさんへ。 投稿者:のあ  投稿日:05月29日(月)08時48分31秒

あしべさん、こんにちわ。
全然詳しくないのですが、ほかにREがつかないので。

>子供の心が今とても傷ついているとの表れかもしれないとの事。
その動物を自分の分身として描いているだととらえてそのように言われたのかと思うのですが、
あまり一面だけとらわれてしまうのもよくないかと思います。
その先生にどの程度の知識があるのかわかりませんが、プロほど親にそういった話をする事の
難しさを知っていて、安易に口にしないものです。
先生の好奇心に子供たちが振り回されているのでなければいいのですが。

箱庭は、むしろ自分の内面を開放するといった、いい意味で捉えたほうがよいのではないかと
思います。
「血」そのものにびっくりして過剰に反応してしまいがちですが、人間本来ダークな面も併せ
持っていて、それが自然なのだと思います。
(あしべさんのお子さんが残虐なのだなどとは言ってません。あしべさんもくれぐれも思わな
いで下さいね。)
「つらいんだな」ぐらいに思って、気をつけてみてあげるぐらいでいいのではないでしょうか。
すごい絵を描いてきても「すごいね〜〜」「面白いね〜」って言ってあげるのは大切かも。
うちの子(おなじく小学校2年の男の子です)は、絵そのものに興味が無いのか、自分でも苦
手らしくて、鉛筆でさらっと描いて「はい、おしまい。」色も塗りません。まず描くのを楽し
くなってほしくて、べたぼめしていますが、なかなか。

本人・親・学校・教育センターの連携、とてもうまく行っているようで、よかったですね。
もしかしたら、バイオリンや、造形教室に通うことによって自己表現が活発に出来るように
なった結果なのかもしれませんね。

造形教室の先生はお子さんのそのあたりのことをご存知なのでしょうか。
センターで、プレイセラピーもしていると話してみたらどうでしょう。
それで「ささ〜!」と引いてしまうようなら、素人研究家といったところでしょうか。
いずれにしても、素人が簡単に手を出しては危険だと思います。

あまり思いつめないで下さいね。
その先生の見方なら、うちの子の、単色の絵のほうがたぶん問題とされますよ。(爆)


得意なこと 投稿者:ゆきりん  投稿日:05月29日(月)09時46分33秒

特に小学校にいっておられる子供さんをお持ちの方に質問です。
ご自分の子供さんにこの部分は結構得意分野ではないかと思われることが
もうみつかっていますか?
LDの場合は結構早くから得意なところがみられると思うのですが、
うちの子の場合(小三)そういうことが見つけられずに少しあせっています。
というのは得意なことが見つかればそれを伸ばすことの手助けはでき自信をもたせる
こともできるのですが。
こんな言い方はよくないのですが何をさせても
ダメなような気がして・・・最近とくに疲れ気味の母です。
指先の力が弱く手先が不器用、字もへたできたない、
絵にも興味がなく下手、運動神経も鈍く極端に体がかたい。
よく経験不足だといわれるので家でおてつだいなどさせてみるがすぐに飽き
てどこかへ行ってしまう。
家ではなかなかなので障害をもってる子が入る会や子供会等いろんな行事に参加するが、
人の多いところに行くと本来の目的より何か自分のこだわりの話題を誰かつかまえて
していたり、妙にはしゃいだりする。
昨日ある会のデイキャンプがあり子供に楽しく何が出来たと言う達成感を実感
させることが目的であったのですが・・・
人から注意されることを極端に嫌い、プライドの高いところも見受けられます。
子供の成長と親の気持ちには山あり谷ありですが、
今はまさに私は谷にいます。

ちなみに得意ではないがスイミングだけは素質はないが続けられそうに思っています。


>Mさん 投稿者:DORI☆  投稿日:05月29日(月)09時52分06秒

HPへのお越しと掲示板への書きこみ、ありがとうございました。

HPのアップも中々思うようにはかどらず、内容的にもお粗末ですが、
これからも宜しくお願いします。
また私も時々寄らせて頂きます。
私の所も宜しければお越しください。(^O^)


新たなトピック 投稿者:とら  投稿日:05月29日(月)10時50分58秒

あしべさん、
動物の血の件ですが、それが抽象的な絵ではなく写実的なものならばやはり、
どこかで印象に残るような動物の血を見たのでは、と思うのですが。
それがテレビのジャングルのドキュメンタリーであれ、交通事故に有った
小動物などを見たのであれ、強烈な印象になっているのかな、と...
ある程度大きくなってからの「成人による抽象的な絵」なら心の痛みの自己表現という
味方も有ると思うのですがあまり深読みするよりは、まずは直接的な表現かと思うのですが。
でも、あまり良くない体験をしたのには違いなさそうですね。
こういったケースはお子さんに直接絵の意味を聞くのは良くないのでしょうか?

やよいさん、
医師に見てもらうとか障害が有る・無いという話ではなく、
お子さんのタイプに応じた積極的なアプローチがそろそろ有っても良い
年齢だと思います。発語は単語のみという事ですが、欲しいものが有った時などは単語で
要求したりするのでしょうか? 指示が通りにくかったり、視線をそらす事があったり、
親以外の人との関わりが極端に悪かったりしますか?
まずは市町村にある療育施設などに足を運び色々見聞きしてみる事ではないでしょうか。
「なんの手助けも無しに成長できる単に言葉の発達の遅れている子」というのは
言葉が出始めてから1ヶ月くらいで堰をきったようにあっという間に追いつくと聞きます。


あしべさん 投稿者:るり  投稿日:05月29日(月)12時20分37秒

専門家でないので、何とも書きようがなかったのですが・・・

私が幼稚園の年長さん位のことでした。当時はうちの母が、私にピアノと絵を教えていました。
それでうちに、赤バイエルの本がありましたが、それには挿絵がところどころ描いてあったような
記憶があります。で、私は自分で適当に十字架を描き加え、「○○が死んじゃった〜。そして、
お墓に入れられた〜。」と歌う1人遊びが好きだったのです。なぜなのか、未だにわかりません。
当時、うちの社宅は火葬場の近くにあり、墓地も多かったので、墓場で1人、あるいは友達と
遊ぶことも多かったです。とても身近に感じていたのでしょうか・・・

昔は大らかというか、野放しだったのでこういう子供でも何も問題にはされなかったのでしょう。

でも、私は変わり者ですけど、事故や火事の現場に集まる野次馬が大っきらいですし、
身近な人(知らなくても子供とか)の死には敏感だし、ホラー映画がいまは苦手です。

あと、手塚治虫の育児エッセイ漫画(?)で、『マコとルミとチィと』とかいう漫画があります。
講談社からいまでも出ていると思いますが、それに、小学生になった息子さんがマニアックな
ホラー映画好きで、ジオラマかプラモデルの作品が、血まみれの首のない兵士で、主人公である
漫画家の父親が悩むというストーリーだったと思います。
漫画なので誇張もあるでしょうが、その息子さんは手塚真さんがモデルだと思います。
映像作家をしていらっしゃいますよね。確か。

その本はもう処分してしまったので、私の記憶と少し違っているかもしれませんけれど、
育児漫画のはしりだと思うし、面白かったので、機会があったら読んでみて下さい。


satomiさんとやよいさんへ 投稿者:とん平まま  投稿日:05月29日(月)13時23分44秒

すいません。長いです・・・。

★satomiさん

うちの息子ととてもよく似ています。
いわゆる「おとなしいいい子」で、いたずらはしないですね。
書いていた通り、「余計なこと、悪いこと」をしないタイプです。
お風呂やトイレに「入ってはダメ」と教えてたら、のぞくだけで
二度とはいらないです。私は「智恵」と解釈してましたが・・(^_^)
それから、モノにはあまり興味がないようです。
正しくは、興味があるものないものが、区分けされてます。
おもちゃ全般は、あまり興味がなく、
長細いもの(掃除機、傘、ボールペンなど)を彼は、かなり愛しているみたい。
それから、ガードレールを見つけたら離れません。
ずーーーーっと、いったりきたりしてます。格子のフェンスも同様です。
まるで、我が子のことが書かれているみたい・・。
なにかに夢中だと、呼んでも目をあわさないですよ。
現在は、判定は何もでてはいません(1才6ヶ月だし)
ただ、人(子供)に興味があり、追いかけているので、それを
「よいことだ」とは言われました。でも、(3才とかの大きい子に)
追いかけられることは、好まない。正確には、無視してます。
絶対に、相手を見ようとせず、我が道をすすんで、遊んでます。

私自身、「なにか違う」とも思いますが、似たりよったりの事を
している子供も多数見かけるので、「考えすぎ?」とも思ったり・・。
同じように、ぐるぐる・・・。

しかし「個人差」ととらえて、息子のサインを見逃したくないので、
(現在、主治医と保健所の発達相談にかかってはいるので)
なるべく、息子の詳細を伝えていくつもりです。発達一覧シートなるものを
作成して、今できること、今まぐれでできること、などを書いてます。
これを1ヶ月ごとに更新して、発達相談にいき見てもらう予定です。
よく聞く話ですが、「お母さんの気にしすぎ」なんて言われたり
思われたりするかもしれないけど、「上等だ!思ってろ!」って
ところでしょうか?(^0^) 我が子を気にしない親がどこに
いるでしょうか・・。

でも、自分が悪いと、親は考えがちですけど、それはやはり
意識して、そう考えないようにしたいと思ってます。呪文のように、
自分にいいきかせてます・・・。

★やよいさん

そのもやもや気分は、すごくよくわかります。
Mさん(ん?M@管理人さんと呼べばいいんでしょうか???)も
書かれてた通りだと思います。

少々、話題がずれますが、私は、息子に障害があるかもしれないと
(脳の萎縮がわかった、生後3ヶ月から)、息子の将来だけでなく
自分の過去をふりかえりました。自分の無知、そして、無知からくる
無関心。たとえばいじめたりするような、差別・偏見は自分の
理性(知性?)が軽蔑してきましたが、無関心も罪です。
それに、はじめて気付きました。
ごめんさなさい。誤解があると困るので補足しますが、
説教したいのではないのです。息子のことで、私は(人に)優しくなれたなぁ、
って感謝もあるんです。悩みもなく、ぬくぬくしてたら、変われなかったから。

きっと、プラスの可能性が見いだせますから、
専門家に頼ってみるのも、得策ですよ。
子育てのヒントも見いだせます。がんばってください。


暗い単色の絵 投稿者:リンコ  投稿日:05月29日(月)13時58分14秒

保育園のある日、母が銀行に行くのにつき合わされました。
地元の地銀で(あるいは、農協だったかも? それとも、郵便局だったのか?)、
ロビーに、小学生の写生コンクールの入選作がたくさん飾られていました。

たまたま、古い町並み保存で知られる地方都市(観光地でもあった)だったので、
ほとんどが、古い町並みや、有名なお寺、神社、武家屋敷などを描いたものでした。
当然、白(白壁)と茶色(木)と黒(瓦、黒壁)ばかりの絵がほとんどでした。
「おっきい子=賢い子」という公式がバッチリ頭にあった私は、
「おっきい子は茶色と黒ばっかりの絵を描く」「茶色と黒の絵を描くとおっきい子になれる」
「おっきい子になれば、賢くなれる」「賢くなれば、叱られないですむ」と考えて、
茶色と黒ばかりで、古い町並みの絵を描きました。

そうしたら、大騒ぎになってしまいました。
「どうしたの、こんな真っ黒な絵!」

どうしよう! 叱られてしまった!(本当は心配されてるだけだったんですが)
きっと、小さいのにおっきい子のまねをしたのが悪かったんだ!
「ちっちゃい子」が、「しぶい絵」を描くことは、きっと禁じられていたにちがいない!
「ちっちゃい子」は、赤やピンクを使わなきゃいけないにちがいない・・・
たいへんだ、お巡りさんに連れて行かれるんだ。牢屋に入れられるんだ。
牢屋にはテレビがないから、連想ゲームが見られなくなるんだ・・・

どうしよう。
そうだ、赤やピンクを入れて描こう。そうしたら、許してもらえるかもしれない!

そこで私は、古い町並みの商店街に、プラスチックのピンクの桜の造花(割引セールのときに
電柱にくくりつけられる)を描き加えてみました。
ところが、黒の上からピンクをぬったって、見えるはずがありません。

しかたがない、ピンクがダメなら、赤だ! 赤なら濃いから、見えるかもしれない。
そこで、商店の屋根の上に巨大な看板を描き、でかでかと、「ぢ」と描きました。
もう一か所、空間があったけど、こちらは細長いスペースだったので、横長の看板を描き、
「はり・やいと・ちちもみ」と描き込みました。
本当は、少し離れたところにある看板だったのだけれど、この際、しかたがない。
赤を足すことの方が優先だ!

でも、今度は本当に叱られてしまいました。「ぢ」と「ちちもみ」が悪かったらしくて・・・

その他にも、「裸婦事件」とか、七夕短冊「わらびもち」「すなぎも」「きぬごし」事件とか、
いろいろと恥ずかしい思い出は多いのですが、既に書いたことがあるので省略・・・


ゆきりんさん 投稿者:るり  投稿日:05月29日(月)16時15分24秒

息子さんは、今よりも小さい頃、何の遊びが好きだったのでしょう?
本人に何がしたいか聞いてみて、「○○がやりたい」と答えることがありますか?

私は器用貧乏、いや、不器用貧乏の方なのですが、自分が何がやりたいのかわからなくなることが
あります。もう、無気力状態です。
特にいま、専業主婦で子供もいるし、自分が何かを見つける事が出来ても、金銭的にも時間的にも
中途半端にしか関われないのですね。

でも、子供がその気になれば親の熱意で身に着けさせることは可能な、結構なご身分と言って良い
ものか・・・まぁ、私が習い事をするより夫は息子にそれを優先させるでしょう。

何をやっていいのかわからないって、結構つらいだろうなぁ。プライドもあるし・・・
親も見ていてあせる気持ち、よくわかります。

うちも以前に手先が器用と書いていましたが、ただそれだけです。
ふーは、まだ小さいからあせってないだけです。

彼は、視覚や聴覚の入力に、極端な落ち込みもなければ、優れているわけでもないのですよ。
ただ、公園などに行くと、遊びかたが上手になったなぁとは感じます。楽しんでます。
ウルトラマンの知識にも、好きこそ物の上手なれとよくいった物で、視覚的にも聴覚的にも、
すごいと思わせるものはあります。『ウルトラマン博士』・・・ちょっとまぬけですが。
でもそれは、これから先の基礎になるような気がしています。

私は英語がまったく苦手でしたが、あるとき、ファンであるフランス人の記事の内容が知りたくて
辞書を買い、翻訳を始めました。それはそれは、もう、はまりまして、3ページの記事に半年掛か
りました。それから独学で勉強を始めましたが、英語だと駄目なのに、フランス語で手紙を書ける
までになりました。(発音も英語よりも読みやすいような気がします)
ちなみに、いまは忘れてしまいましたが、落ち着いたら勉強し直したいと思っています。

この私でも、そうなのだから、まだ若いゆきりんさんの息子さんが、もっと早い内に何かに
はまる可能性は大です。

それと、うちの夫の会社は親子2代、3代と勤める人が多いのです。私は勤めていませんでしたが
父親も夫と同じ会社です。
ここの子供たちって昔も今もお稽古事は何か1つは、習っている感じです。
社宅暮らしということもあるでしょうが、空気が何だか教育熱心。
でも、会社自体はどちらかと言えば、夢のないシビアな職業です。

子供のときにいくらピアノや絵を習おうが、行きつく先は・・・
芸術方面に進んだという人の噂を聞いたことが、少なくとも私の知る限りはいません。

ゆきりんさん、掲示板だけの付き合いですが、私も息子さんが何かを見つけることが出来て、
それが自信になればいいなぁと思います。

繰り返しますが、息子さん、何をしているときが楽しんだろう。
何の話しをお友達にして、はしゃいでいたのだろう。


アメリカの自閉症のこと 投稿者:ととます  投稿日:05月29日(月)17時33分53秒

したの、掲示板のところにアメリカに住んでる自閉症の
日本人の子のことで教えてほしいことがあるらしいです。

http://www.mdn.ne.jp/~tukahara/wwwboard/messages/877.html

http://www.mdn.ne.jp/~tukahara/wwwboard/messages/877.html


療育後進国 投稿者:とら  投稿日:05月29日(月)17時36分09秒

ちびくままさん、
とりあえずは落ち着けて良かったです。
ここの掲示板もNew Comerが増えて色々なトピックがふられるから
ちょっと外にいると大縄跳びに入るのに躊躇してしまうかもしれませんね。

で、日本は発達障害の有る子供のようにアンバランスに成長しているから
一部の産業や犯罪だけ順調(?)に伸びており、遅れている所はとんでもないと思います。
障害者教育や療育に関しては10年遅れていると言いきっていいのではないでしょうか。
そして黒船が来るまでは改善されないわけです。
IT革命のように外資系の療育機関が日本に進出してくれたりするといいのですが
それだって税金を使っている限りにおいては結果が伴わなくたって関係ないから
全然無関心なわけです。
でもUSでも「障害者への理解」だけで現在のような制度が充実しているわけでは
無いのだと思うのです。やはりそこには「早期療育を施す方が結果的には支出が抑えられる」
という合理的な考え方の賜物だと思うのです。アメリカで現在のような制度を勝ち取るまでの
経緯を詳しく調べたい所ですね。


怪獣&ヒーローもの 投稿者:とら  投稿日:05月29日(月)17時53分39秒

ウルトラマンを始めとするヒーロー物や怪獣の話題って幼年期の男の子には
必須ですよね。うちは全然興味が無くて、どうしたものかと思っています。
でも考えてみるとうちの子供はウルトラマンってほとんど見た事無いのです。
始めはいったいどうやってヒーローや怪獣を知るのでしょうか?
ちょっと見ただけでビビビットくるんでしょうか?
親がわざわざテレビを付けたり、本を買ってくるんですかね?
お兄ちゃんがいる場合などはそれを見ているのでしょうが、上がいなかったり
上がお姉ちゃんのうちはどうなんでしょう?
というわけで、先日ウルトラマン人形+怪獣とビデオを買ってきました。
(好きな子供から見たらうらやましいのに、うちの子にしてみたら立派な療育グッズ...)
色々買ったのでポスターももらえました。おかげで「これなあに?」と聞けば
「ガイア」と答えられっるようになったのですが怪獣ビデオはさっぱり興味無いようです。
ちょっと見て自分でテレビを消したので、
一緒に買ったメイシーのビデオに変えたら喜んで見始めました。
家内がウルトラマンと怪獣を持って「ガオー」「えい!」
とかやってもぜーんぜん乗ってきません。
こ○もチャレンジの「ごっこあそび」の人形は喜んで遊んでいるのですが、
要は女遊びが好きなんでしょうかね?


ちゃんと、 投稿者:リンコ  投稿日:05月29日(月)20時19分50秒

嗜好があり、志向があるってことですね(笑)
たまたま対象が周囲とちがってるだけで。
モノがなんであれ、好きなものがないと、長い人生、損だよね


きょうの朝日新聞より 投稿者:ままはっち  投稿日:05月29日(月)22時58分41秒

●LD理解セミナー受講者募集 (大阪・堺)

日本青少年育成協会付属臨床教育研究所が主催する
学習障害(LD)についての連続講座。
講師は三島照雄所長。
大阪府堺市百舌鳥梅町3の同研究所で、
6月3日より毎週第一土曜午前10時半に開講(8月・1月休講)。
全10回の受講料1万円。
申し込みは同研究所。TEL.0722-40-1901


ことばの教室 投稿者:satomi  投稿日:05月29日(月)23時05分20秒

まずは、とん平ままさんへ

レスありがとうございます。とん平ままさんとこのお子さんも、うちの子より小さいんですね。
心配はつきないけどお互い頑張りましょう!!(^^)
(落ち込みからかなり立ち直りつつあります、またすぐ落ち込むけど(^^;)

今日、療育センターの先生に紹介していただいたことばの教室(市の施設で幼稚園もある)の
先生と面談してきました。
施設は平屋だけどかなり広い敷地にありました。あまりにも静かだったのでちょっと引きまし
た(^^;(園児が帰ったあとだったかららしい)
若い先生だけどいい感じの人でした。今までのこどもの様子などを書類に書いているあいだ息
子と遊んでくれていたんですが、やっぱ上手ですねぇ(^^)
取りあえず週一回、一時間くらいのペースで通うことになりました。ことばの教室は先生との
man-to-man(母親同席)で、他のこどもたちと触れ合う機会も持ちたいと言ったら幼稚園の先
生と相談して予定を組みましょうってことになりました。
心身障害児通園施設っうことで、主人は承知しているからいいとして、、、他の家族にはちょ
い説明しづらい、、、「なんでそんなところに」などと言われたら何と言えばいいのやら、、、

しかし前にも書きましたけど、最近主人がよくこどもと遊んでくれるようになりました(^^)
息子は思いっきり笑うってことが少ない子なんですが、わたしも最近は息子の興味のあるもの
は、、、なんて考えつついろいろやってみるんです。ケラケラ笑う息子を見ていると、今まで
息子が大人しく遊んでくれるのをいいことにパソコンとかにハマり過ぎていた自分をちょっぴ
り反省しました。それが原因だとは思っていませんが、そのへん違っていたら今より少し違っ
ていたかも、、、う〜ん、、、
でも、過ぎてしまったことを悔やんでも仕方ないので、これから少しずつ息子とともに成長し
ていけたらなぁなんて思ってます。


来ました 投稿者:こちょめ  投稿日:05月30日(火)00時08分58秒

先日はHPにきてくださってありがとうございました。
早速私も拝見させていただきました。
自閉と言葉の遅れというのは切っても切り離せないですよね。
最近、やっと自閉の息子と会話を楽しめるかぁ?というところまで
やってきました。
しかし、問題山積みです。
まず、助詞の使い方がわかっていない。
あと「あげる」「もらう」や「行って」「来て」の相互関係がわかっていないなどです。

親は大抵、どうやって子供を導いて行ったら良いか、悩みに悩みます。
言語に関して、私はどう指導して行ったら良いか、未だ手探りの状態です。
ですので、HPを拝見して方向が見えそうな気がしました。
ホントに心強いです。
下の子の具合がちょっと悪いので、じっくりとは拝見できませんでしたが、
またゆっくり来ます。

http://www.lily.sannet.ne.jp/cochome/


色々あっていいんですね・・・ 投稿者:あしべ  投稿日:05月30日(火)00時50分52秒

のあさま。
冷静に考えると確かに「血」に対して、先生もそして親である私も過剰反応
していたと思います。昨今、「血」を流す事件が多い中、過敏状態になって
いたのかな・・・。そう思い我が子を見ると、「ママかぐ〜?僕の靴下!」
天使とアクマ君でした。
小2男児の母同士、これからもよき相談相手でいてください。

とらさま。
息子の好きな番組は「いきもの地球紀行」やら「どうぶつ奇想天外」です。
ぱぱさんの好きなのは、特番の「密着警察24時間」など。
私の好きなのは、連ドラのちょっとコワメ(今ならQUIZなど)もの。
ここまできたら、とらさまのおっしゃる通りどこかで見ちゃったかな〜
という気もします。今日、思いきって本人に「なんで血、かいちゃったの」
と、聞いてみたら「かわいそうだから、ここにいれたんだよ」と、あっさり。
・・・・・ん。

るりさま。
ぜひ、読んでみたいと思います。(まんが喫茶にあるかな?)
私はいがらしゆみこなぞ、読んでいてひたすらノーテンキな子供時代を
送っていたもので、今までそちら系(どちら?)は興味はあっても、読む
機会はありませんでした。新たな楽しみです。

リンコさま。
貴方様の文を読みまして、私自身の子供の頃の色に対しての心象風景に
フィールドバックさせられてしまいました。
私の場合は恥ずかしすぎて、チョット書けませんでした・・・。

皆様のさりげない励ましのお言葉、身に沁みました。
ありがとうございました。

私の気にしている言葉は「傷」でした。私は、彼(息子)を「彼自身」と受容
するまでに「彼」を「皆」にしようと必死でした。だいぶ叱責もしてきました。
そのことが、トラウマになっているのかなと、悩みました。友人の精神科医の
奥様に相談してみました。(彼女自身、障害のあるお子さんをお持ちです。)
答えは「病院を訪れたほうが良い」との事でした。子供自身の事を本当に解かり
踏まえて、前を見ないと、過去の事に引きずられてしまうと・・・。
紹介状を書いてもらい、行ってきます。


切ないなぁ 投稿者:ひいろ  投稿日:05月30日(火)09時30分30秒

昨日、新しい療育センターの初診面接がありました。
時間の関係上、幼稚園はお休みしなければなりませんでした。
朝、制服を着ていなかったので、ある程度は理解はしていたとは思ったのですが
家を出たら、幼稚園のバスがくるほうを指差し、駄々をこねられてしまいました。
折しも昨日は月曜日だったから、頭の中は「幼稚園に行って遊ぶぞ〜」モードだったのかも
しれません。私だって幼稚園行かせてやりたいですよ〜。大好きなんだもの。
でも、ドラには療育も絶対必要なんですよ。

公立と法人の療育センター、それにもうひとつ増やすのは、やっぱかわいそうかなって
考えてしまいました。まあ、今回行った療育センターはどうせ入れてもらえるのに
あと1年かかるので、その時考えるつもりなんですが・・・
クラスが一緒のお母さんが、この間しみじみ言ってました。
「療育センターの人間が週1日でもいいから、幼稚園に出張してほしいわ〜」って。
ほんと、そう思います。日本にそんな日は来るんでしょうか?


あしべさん 投稿者:ひいろ  投稿日:05月30日(火)09時44分27秒

こんにちは。このところお新規さんのパワーに押されっぱなしで
あんまり書き込んでないひいろです。(ほんとは、ちょっと忙しいだけなんですけど・・)

>ぱぱさんの好きなのは、特番の「密着警察24時間」など。

きゃあ〜、ドラパパと一緒〜。うちなんて、全部ビデオに撮ってみてるのよん。
どの番組に同じような映像なのにねぇ。何が面白いんだか・・・
もちろんドラも見ています。まだ絵はかけないのでわからないけど
そのうちきっとパトカーを描いて、それを真っ赤に塗りつぶすと密かに思ってます。

ところで、箱庭療法の事をかかれていましたが、よく聞くのですが、それで何がわかるんですか?
全然しらないんですよ。機会があったら、どんな事をするのか教えてくださいね。


療育グッズ 投稿者:るり  投稿日:05月30日(火)10時00分18秒

とらさん

うちの息子には、NHK教育テレビを見せていたからか、民放の子供番組のキャラクターに
興味がありませんでした。
私はキャラクターグッズも家には置かなかったので、他のお子さんが「ミッキ−しゃん」とか
たどたどしくお話しているときでも、2歳の息子はボーっとしてました。

ある日、『ウルトラマンガイア』の放送時間にたまたま家にいたので(うちは土曜日放送でした)
見せましたら、その1回ではまりました。エンディングの曲が流れているとき、そばで牛のように
横たわっていた夫のお尻を思いっきりキックしてました。これはまずいかも・・・と思いましたが
成長とともに、本当に蹴っては行けないということが理解できたようです。
ん? そうでもないかも・・・夫はよくパンチの練習にされているし。

私の知る限りでは、おっとりとした性格のお子さんは、特撮ヒーローよりもアンパンマンの方が
好きなようです。(障害があるなしに関わらず)


ひいろさん、るりさん、 投稿者:とら  投稿日:05月30日(火)12時36分38秒

ひいろさん、
幼稚園と療育とどちらを選ぶか難しいところですよね、うちもそうです。
だからこそ幼稚園に入るまでにある程度の療育を施し、言語を獲得させるのが
大切なのだと痛感しています。同世代の子供の集団から学び取るものは
計り知れないものが有りますよね。でも、基本的な言語スキルが乏しくて集団に
全く関われなかったり、しゃべれないことでいじめの対象になるようでは
これまた得られるものも少ないでしょう。

療育方法に関しては子供の欠けているスキルを正確に把握して、
それにふさわしいと思われる所を残していくようにしたら良いのでしょうね。
現状では療育って親がそのアプローチを学ぶ為のものなので、エッセンスだけ
学び取れれば良いかと思っています。
場合によっては、子供は幼稚園に行かせて、親だけ療育センターなどに
足を運び子供の様子を伝えて、アドバイスをもらうなんて方法も良いのではないでしょうか。

るりさん、
>おっとりとした性格のお子さんは、特撮ヒーローよりもアンパンマンの方が好きなようです。
まさにこれに当てはまるようです。
好きなのはアンパンマン、メイシー、しまじろう、どらえもん...
ほのぼのしていて良いですけど。
今朝起きたら居間にウルトラマンのポスターが貼ってあって、おかしかったです。
子供が「貼って」というわけはないので、家内が貼ったんだろうなあ。
迷惑な話しだろうなあ、と思って。
先日ウルトラマンのビデオをつけていた際も子供は「しらー」っとしているのに
私が熱中して見ていたら(単に懐かしかったんですがね)家内に笑われました。


TVキャラクター 投稿者:ぴっぴ  投稿日:05月30日(火)13時26分26秒

★とらさん、
うちの場合、3才ぐらいまでは、TVを見せるとやたら独り言が増えるのでなるべく見せない
ようにしてきましたが、やっぱりそれもあまりよくないかな・・と転換しました。
周りの子が見てるものを全然知らないと、結局相手にしてもらえないんですよ。
うちの場合、周りから影響を受けたり引っ張られることが多かったので、
多少のデメリットは目をつぶってそうしてみましたが、
女の子の方が全体的に、TVキャラクターの役割をそれぞれに割り振って遊ぶというのが多い
ように思われ、そういうのは好きなので今のところは楽しそうです。
で、男の子の場合は、特撮ヒーロー好きで腕白派と乗り物系大好きおっとり派
に分かれる様な気がします。
おっとり派でも小学生になると大変身してスポーツ少年になることも多いですし、
今は好きなものをやらせてあげるのでよいのでは?と思うのですが。
それともとらさんも方向転換してみます?

★satomiさん、
>どの程度をもって自閉症状と判断するのか、わたし自身分からなくなってきてしまいました。
>「わたし自身の考え過ぎなのかなぁ」だって、一緒に面倒見てくれている家族も誰もこども
>が「どこかおかしいんじゃないか」なんて言わないもの。。。(ヘンだと思っている様子な
>し)

うーん、私は、そう感じ始めてから、かれこれ3年近くたつかなあ・・?

なんでこれがわかんないの?と思うのですが、その理由は、
一、母親ほどしっかりその子とふれあう(観察する)時間&気持ちがある人が他にはいないから。
二、普通の人には障害云々の知識がないから。
三、そんなことを思う(言う)のはこの子(やその親)に悪いと思うから。
四、(身内の場合)信じたくないから
ってあたりでしょうかねえ・・・・。

とりあえず、出来ること、をやっていきましょう。
あっ、お母さんらしさ は忘れずにね


キャラクター 投稿者:くるりくら  投稿日:05月30日(火)17時04分37秒

くるりくらです。
うちの息子はずーっとバイキンマンが好きでした。
ポケモンのキャラクターで一番興味があったのはニャースでした。
どう言うわけか 敵キャラが好きです。
ウルトラマンはきっと好きになるだろうと考えて ウルトラマンの
人形を2歳くらいの時 買い与えたのですが なかなか興味が持てずに
いました。 興味が出てきたのは 6歳になってからです。
今は 大のウルトラマンファンになりました。 母の努力(?)も
四年かかって実ったと言う感じです。 どうしてなのかわからないのですが
今は 本で見た怪獣の名前を覚え 買い物に行くと必ずオモチャ売り場で
怪獣の人形を吟味して 「買おう」とか「買って」とねだるようになりました。
やっと怪獣とウルトラマンの人形を使って ブロックを街のビルに見たてて
人形遊びをすることが増えてきました。 (7歳にしてようやくですけど・・・)
このところ お絵かき教室の話題が出ていましたが、うちの息子は 
バイキンマンとかウルトラマンとかのキャラクター系のものしか描きません。
色は時々は付けるのですが 何とか他のものにも興味を持って描いて欲しいとは
思うのですが・・・・。 このごろでは バイキンマンと自分を合体させた
「バイキンマンぐら」を描いています。
そう言えば ある時巨大な怪獣がどんぐりのような頭の男の子をぎゅーっと
握っていて その男の子が涙を流しているような絵を描いていました。
ぐらに 「これは誰?」と聞くと 男の子は「ぐら」 そしてこわ〜い顔を
した怪獣は「お母さん」と言う答えが返ってきました。
やっぱり ぐらにとってわたしは怪獣のように怖い存在なのかなあ・・・。
言葉の少ないぐらにとって 絵を描くことで何か、自分の気持ちを
あらわしているのかもと思いました。


嗜好・志向 投稿者:とら  投稿日:05月30日(火)19時35分01秒

>モノがなんであれ、好きなものがないと、長い人生、損だよね
好きなものが有ると強化子に使えるんですよ...<療育パパ。
ま、これは冗談ですが、ある程度の年になった時に交換条件として我慢させたり
努力させる時にも必要かも、普通の子育てででも...
何も物を欲しがらずに、一人遊びをされると、作戦が立てられない...(笑)

>男の子の場合は、特撮ヒーロー好きで腕白派と乗り物系大好きおっとり派に
>分かれる様な気がします。
ちなみに私は「特撮ヒーロー好きおっとり派」という変則タイプ。


あしべさん 投稿者:なかぶんママ  投稿日:05月30日(火)21時43分20秒

2日ほど前、投稿したら例のごとく嫌がられて、結局その日は投稿できずじまいでした
だから今さらなんですが、投稿させてもらいます
(今の話題から随分ずれてたらごめんなさい)

子どもの作品の中に「血」が出てきたなんてびっくりしますよね
でも本当にそれは「血」なんでしょうか?
またもし本当に「血」だったとして、どういうつもりで表現したのか?
以前に虫さんが死んでいるところを見た事があって…思い出したとか
もしかしたら今世間で起こっている残虐な事件がニュースで流れているのを聞いたり
テレビゲームなどのシーンが頭に残っていたとか
即、子どもの心の中に異常な問題が起こっていると結びつけてしまうのもなあと
思ったりもしたんですが

話しは全然違うかもしれないんですけど…
以前読んだ投稿で
学校でクリスマスのサンタの絵を書いたところ
クラスの中でその子だけが、真っ黒のサンタクロースの絵を書いたそうです
先生の方から親に呼び出しがあって
「子どもさんに何か問題があるんじゃないですか?」と言われたそうです
お母さんが子どもに尋ねたところ
「サンタさんが煙突から入ってきて煤で真っ黒になっちゃった」という話しなんです
その後お母さんがその子の絵をたくさん誉められて、中学ではコンクールで賞をとるまでなったという話しなんです
まあこんな単純な話しとは違うかもしれないんですけど
子どもさんとはそのことについて、尋ねられたんでしょうか?
(意思の疎通ができるのでしょうか? 子どもさんの状態をあまり知らないので)
あまり満足な返事が無かったとして、お母さんの今思いつく所というのが
あまりわからないのでなんとも言えませんが…
でも反対にそのような作品を作る事で自分の気持ちを表現できているのだと
したらそれはそれで大変いい事なのかもしれないと逆に思ったりもするんですが
(心の中に有る感情を押し殺してしまわずに、外に向かって表現しているのだと
考えると…、それもできないとなるとますますしんどい話しですよね)
全然関係無い話しかもしれませんが、思い出したので書いてみました



お母さんの絵 投稿者:なかぶんママ  投稿日:05月30日(火)22時15分48秒

お母さんの絵、そんなのが書けるのならどんな風に私は描かれるのでしょう!?
まだ子どもは殴り書き、クルクル程度なので分かりませんが…
以前読んだ話しですが、子どもにお母さんの絵を描かせると
大抵の子がお母さんの口が大きくて、耳は本当に小さく描くそうです
それは日頃母親が、子どもに口うるさく言ってばかりで、子どもの話しに
あまり耳を傾けないので、子どもの印象の中でお母さんの顔のなかでは
どうしても口が大きくなってしまうのだとか…
なるほどなあと思いました(まあそればっかりではもちろん無いでしょうけど)
私なんか顔中口で、頭には角がはえてそう…(^^;)
子どもに母の絵を早く描いてほしいような、恐ろしいような…

なかなか言葉が皆の様には出てこない娘ですが
最近お友達の名前「ゆーくん」?と言えるようになりました
(ふたごの男の子で、りょうくんとゆうくん はっきりどちらを呼んでいるのかは
定かではないのですが)
どちらも大好きのようで、朝行くと手をつなぎに行ったり、ほっぺにチュとしたり
今まではできれば保母さんの膝を狙っていつも座りに行っていたのが
最近はこの子達の横になるように椅子に座るようになったとか
今までは友達のところにちょっとのぞきに行ってはまたふらふらってかんじで
言葉もほとんど話せないので遊びも続かないし、遊ぶというよりはまだ出して散らかして
ハイ次って感じなのですが(ママごとは少しするんですが)、
お気に入りの子ができたということで、積極的に入っていってくれるようになると
嬉しいなと思います

ちなみに娘はキティちゃんが好きですが、あとテレビではアンパンマン、ドラエもん、
しんちゃんぐらいですが、気に入って見るという所まではいかないようです
(まだ話しの内容が理解できないのでしょうね)


ぴっぴさん、 投稿者:M@一時帰休中?  投稿日:05月30日(火)22時47分26秒

>とりあえず、出来ること、をやっていきましょう。
>あっ、お母さんらしさ は忘れずにね。

 それそれ、それなのよぅ。
 私が、
 ここの所、ネット上を泳ぎ回って探していた物は・・。
 うちの教室は小学生対象だから、幼児さんに来てもらうのは、どうしても1〜3ヶ月
 に1回というペースになってしまうのね。
 次回まで、ただ漠然と
 ”様子を見てください”等とは意地でも言えないし、
 かと言って、それまでに
 ”こんな教材を使ってこういう個別指導をして下さい”等とも言いたくない。
 
 だとしたら、伝えるのは、
 毎日の、ごく当たり前の生活の中で、できる事。
 その子を知り、寄り添う事で、自ずと療育の視点を採り入れられる子育ての事。

 と、まあ、日頃のここの皆さんの会話をそんな風に思いうかべながら、辿り着いたのが
 下記のサイトと言うわけ。特に第4楽章の、
 インターホン弁当と、トイレマークごはんは必見です(;^_^A。
 
 大笑いした後、
 「いや、待てよ、ここのお母さん達も同じ事をしそうだな、、、」
 って思ってしまったけど・・ね。
 
 あ、こちょめさん、
>ホントに心強いです。
 
 ははは、確かに。
 皆のパワーが強すぎて、か弱い管理人はいつも追い出されているんですよ、ここから。

http://www.lily.sannet.ne.jp/cochome/4gaku.htm


こちょめさん 投稿者:とら  投稿日:05月30日(火)23時22分32秒

はじめまして。ホームページ拝見させていただき、とっても感心いたしました。
Mさんも書かれておられるようにまとめ方が良くってビックリです。
特に症状と対応のコーナーは皆さんにも目にしていただきたいと思ったので
こちゃめさんの掲示板でなくあえてMさんの掲示板に書かせていただきました。
症状の項目分けが良いですし、説明も端的でわかりやすい。
お子さんの具体例を入れて対応を表にするなんざ、素人の技では有りませんね。
ご主人 or 奥様のセンスでしょうか?
そのまま療育センターなどでプリントして配布しても良いくらい、ホント。


みなさんありがとうございます 投稿者:やよい  投稿日:05月31日(水)00時48分57秒

やっぱり、うじうじ悩んでいないで
まず、保険センターへ相談へ行こうと思います。

結果がどうあれ、かわいい息子だもん
一生懸命育てて行きます。

アドバイスありがとうございました。
なにか進展があったら、またこの場でご報告したいと思います。
其の時は、また宜しくお願いします。


子供の作品、見てきました。 投稿者:あしべ  投稿日:05月31日(水)01時12分12秒

今日、子供の通う造形教室へ行ってきました。

前代未聞(?)の出来事だったのか、担当の先生、ちょっと上行く心理の先生、
教室主宰者の方が、雁首そろえて、お待ちでした・・・。参考に過去の絵も、
お持ち下さいとのことだったので、何枚か携えていくと、最初はその絵に対する
いろいろ・・。まずは「お父さんが見えませんね」へ?(家族の絵などはありません)
先生曰く「子供の絵の左側にはお母さんが現れ、右にはお父さんが。お子さん、
右がいつも空白ですね。」言われてみると、そうかもしれないし・・。
(ぱぱさんは、「父」というイメージではありません)次に、「手先が器用では
ありませんね」大当たり〜です。でも、それもあって、ここにお世話になることに
したんだけれど・・。先生曰く「描くのが下手とかではないのです。自分の絵を
描く時に手や足がこんな感じでしょ。(こんなとは、体から手がヒラヒラ、足も
ヒラヒラ出ていることです。腕や股など繋がる部分がナイ)これは、感覚的に
自分と手や足が繋がっていないんです。粘土、いっぱい、させるといいですよ。
ギューとね。雑巾絞りも、結構いいのよ」そうだったのね・・・。

そして大御所「箱庭」登場しました。パッと見た限りでは普通の作品でした。
確かに動物さんたち「血」は流していましたが、水のみ場に見たてたところで
休んでいるカバさんもいれば、顔つきあわせてお話しているアルマジロとキツネ
もいます。ちょっと上行く先生も「だいじょうぶだとおもいますよ。」ホッ。
私が気になったのは、その箱庭のはじに新聞紙を一枚分クチャとして、茶色の
絵具でぬってある、大木のような大岩のようなイメージのもの。
ちょっと上先生に、「これは、なんでしょうか」と伺うと、先生微笑みながら
「これ、お母さんですよ。いつも守ってくれてるのね。」

涙がこぼれてしまいました・・・。まさか、心配していた子供の作品に、
私自身が癒されるとは・・・。


お友達の名前 投稿者:ウルトラの母  投稿日:05月31日(水)01時23分49秒

一昨日、神社で保育園の仲間と集まって遊んでいました。(兄のクラスメイトとその妹・弟)
その時、あるお母さんが「ゆかー」と自分の娘の名を呼んだら、ウルトラが「ウカー」と
一緒になって呼んだのです。(他人の名前は初めて♪)

お友達の名前を呼ぶと言うのは、ちょっとポイント高いかも〜。
言葉が少ないとどうしてもつまはじきにされちゃうけど、相手の名前を呼べると呼ばれた子は
何となく面倒見てやるかって気分になるみたいですね。
私も、「ゆかちゃんの事、大好きなんだって〜」なんて言ってみたりして。

で、保育園のお友達の写真カードを作らなくてはと思いました。写真カードがあれば、言葉が
話せなくても「今日は誰と遊んだの?」とか少しコミュニケーションできるかな〜。


母の日の絵ですが・・・
ウルトラが描いたのは耳と口の大きさはほぼ同じでした。ホッ。
それまでウルトラマンもどきしか描けなかったので、初めて人間らしい顔で安心しましたが、
写真を見て描いたそうです。(聾学校だから仕方ないんですけど)
兄が描いたのは、髪が長くリボンをしている絵(私は長めのショート)で、理由は「可愛いから」
でした。ちなみに去年は目が緑色で、やっぱり理由は「可愛いから」でした。これはきっと母に
もっとキレイにして欲しいという願望の現れでしょうか??

http://www.hello.co.jp/~say2000/


あしべさんへ。 投稿者:のあ  投稿日:05月31日(水)05時26分04秒

こちらこそ、よろしくお願いします。

>ちょっと上先生に、「これは、なんでしょうか」と伺うと、先生微笑みながら
>「これ、お母さんですよ。いつも守ってくれてるのね。」
いいお話ですね。。。。じぃ〜んときてしまいました。
お子さんにとってのあしべさんに対するゆるぎない信頼と言うか、絆のようなものを
感じました。

前回の投稿では、わたしも変な心配をしてしまって、危険だ〜などと書いてしまって
すみませんでした。

あしべさんがとても心配しておられるように感じられたので、「そんなことを軽軽しく
口にするなんて!」と先生に対してひとりで勝手に怒っていたんです。(^_^;)
ちょっと上先生(笑)も主催者さんもいらして説明してくださったと聞いて、ちょっと安心
しました。(勝手に心配して、いかってたんですけどね)

あしべさんもほっとなさったようで、よかった、よかった。
人の内面って、興味を持って調べてみると色々面白いと思うのですが、こんなふうに
突然びっくりさせるように言われてしまうと、戸惑ってしまいますよね。
やはり、聞き手の受け止め方っていうのも考えないと、難しいかなと思いました。

病院にいかれるおつもりだと言うことですが、あしべさんはとても前向きに考えて
いらっしゃるようなので、もう何も言うことは無いのですが、お子さんのことを
もっと知りたい!ぐらいのお気持ちで行かれたらどうでしょうか。

えらそうに書いてしまいましたが、自分はそんな気持ちでおりますので、つい。
それだけなんですけど。。。(^_^;)

うちの子のつたない絵も「手がヒラヒラ」なので、「そうだったのか!」ととても納得
してしまいました。
自分の状態を子供自身がそんなふうにとらえていて、絵に表現しているのだなと思うと、
絵ってすごく面白いですね。(自分の子供の話ですが)
なんか、わたしもすごく興味が沸いてきました。

児相の先生にも言われました。器用でないこと、運動が苦手だろうこと。
そして、本人に苦手意識があるらしく、「だいぶ自信を失っているようです」ということ。
まずはそのあたりからほぐしていきたいなと思っているのですが。

あしべさんのお子さんはそのあたりは大丈夫そうですよね。
あしべさんがいろいろお考えになって対応してらっしゃるからですよね。
(なんたって大岩(!)ですもの!(笑)トラウマなんてとんでもない!)

うちの子には私はどう見えているのかな。
見習いたいです。いろいろ教えてください。


Mさ〜ん 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月31日(水)13時14分15秒

リンクはってもいいですか?
わたしに作れたらの話ですが。


こくっぱの母さーん、 投稿者:リンコ  投稿日:05月31日(水)15時17分25秒

世間様に「タダ見」させちゃうのー
じいちゃんをスターにして、ブームを起こして、搾取して、大もうけはー?
ともあれ、ご健闘を祈ります。


この際、 投稿者:M@  投稿日:05月31日(水)23時38分46秒

こくっぱ君のじいちゃんを、NETアイドルにしてしまおう。
で、「こくっぱ家の秘密」の出版は、ファン層をひろげてから、
ゆっくりと、もう一度企画を練ると言うことで・・、どう?
 
 < あ、じいちゃんのことを知りたい方は、
  「こくっぱ じいちゃん」の2つのキーワードで過去ログを検索
   してみてね。

しか〜〜し、
こう言う話になると、目が冴えて来るのはどうして?

リンクの件、勿論O・Kだよぅ。でも、先にここにもURLを書いて
おいてよ。


はい。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月31日(水)23時51分20秒

書いときます。う〜ん。あるふぁべっとはきらいだ。

ハカセは好きだけど・・・。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/index.htmhttp://


ははは。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:05月31日(水)23時53分03秒

間違ってたかもしんない。
もう一度。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/

掲示板過去ログ案内に戻る