2000年6月その5
ひかりのくにの 投稿者:ひいろ  投稿日:06月14日(水)09時33分07秒

絵本って本屋さんで購入できるんですか?
幼稚園からよくパンフレットがくるんですが・・・
以前、児童館にあったひかりのくにの絵本を、いたくドラが気に入っていた事があり
購入しようとしたんです。でも、価格もついていなかったので、
普通には売っていないのかなと思っていたんです。すっかり忘れてました・・
その絵本は、「あいうえお」にひとつずつ食べ物の写真がついているんです。
ドラは食べ物には目がないし、写真だったのでわかりやすかったらしくて・・
古いものだったので、もうダメかもしれないけど。
購入方法をご存じのかた、いらっしゃいましたら教えて下さい。

うちも今、公文のカード(もちろん食べ物)とおもちゃを使って
マッチング遊びをさせているんですが、これが笑えて・・・
カードを10枚くらい並べて、その上におもちゃをのせるようにさせると
かなり出来るのに、私が絵カードを一枚見せて、2コあるおもちゃの中から
選択させようとすると2つとも私にくれるんです(笑)
普段でも「〜もってきて」というと、とにかく全部もってくる傾向があるんです。
全部もっていきゃあ、どれかあってるだろうって考えのようです。
(もしくは、選べないんでしょうね)
ほめていいのか、いけないのかいつも悩んでしまいます・・(笑)


たしかに 投稿者:腐乱検死体  投稿日:06月14日(水)09時48分46秒

公文の絵カードは値段も手ごろで入手しやすく、
よくできている方だと思います。


知っているパターンと構文 投稿者:ぴっぴ  投稿日:06月14日(水)11時08分09秒

とらさんのポカリスエットのような件は、うちでもよくありました。

つまり、知っている(一度やった)場面になると、知っているパターンの行動をするという
ことです。
冷蔵庫の前で牛乳をあげても、必ず自分の席に持って行ってから飲む、とか、
みかんをあげると、必ずゴミ箱をひきずってもってくるとか。
以前に書いた、動物園の帰りにローソンでアイスを食べたがる、っていうのもまさにこれ
ですよね。
こういうことに関しては記憶がよくて、こっちが気にも留めない小さな事を
ちゃんとパターン化して覚えているわけなのだ、と思います。

megumiさんの言われるように、この場面ではこの言い方っていうのも覚えますから、
一見おかしくないようには見えます。
私が電話を切ると、「今、誰に電話したの?」なんてよく言っていたものです。
(知りたくもないのに聞くなよ〜!ってとこですが、一応ちゃんと答えましたよ)


病院で必ず聞かれることに「こだわりはあるか?」っていう項目がありますよね。
具体的には、同じ道順を通りたがるとか、くるくる車のタイヤを回しているとか、
いつも電話帳をめくっているとか、同じ服しか着たがらないとか、時間が正確でないと
気に入らないとか・・・
そういう例としてよくあがる様な、必ず〜とかいう強いものはうちにはないのです。
でも、○○の時は必ず・・・・というパターンはまだ少しあります。
これをこだわりというのかどうか、私にはよくわかりません。
パターン化とこだわりの関係ってどうなのでしょうか?
私の聞いた限りでは、いわゆる自閉的なこだわりとは違うということでしたが。

思考の柔軟性がないこと・・
このことがその根底に共通しているのではないかな?と私は思うのですがどうでしょう。
うちも、成長に従ってパターン化した行動や構文は少しずつ減ってきているような
気がします。
色んな事を体験したり考えてみるようになって、思考に柔軟性が出てきたのでは
ないかな、と思うのですが。


なんだかぼんやりとした気分 投稿者:ぴっぴ  投稿日:06月14日(水)11時12分52秒

昨日はある行事があったので張り切って登園した娘でしたが、
今朝は雨模様でなんだかぐずぐず。
遊びに入り損ねないようにとせめて遅れないことを気を付けているのですが、
一人遊びに興じていて家を出るのも遅くなりました。
(これをどこまで待つかなあ〜も、判断が難しい!)

教室の前で先生と元気に挨拶。
で、教室の友達を眺めてはじ〜っっっとしています。目もややぼんやり。
こういう表情は私にすれば、よくあることですよ〜!!ってとこですが、
先生は、あれ〜?今日はどうした〜?って感じ。
色々促されて、ようやく、はっとしてやや元気になって入っていきました。
多分ここからはわりと元気にいくのではないか、と予想してます。
先生もさっきはなんだか気分がのらなかったのかな?って程度なのでしょう。

以前の担任には、うちの子にはこういうところがある、と一応お話ししたことがありますが、
「誰だって気が乗らないときはありますよ。
私達大人だってそういうことあるじゃないですか。そういう日もありますよ〜。」
と、お母さんはそんなに心配するな、私達に任せて!って言われてしまって・・・。

のびのびした園なので、あまり矯正することもなくゆっくり見守ってくれているので、
しばらくはぼんやりしていても、そのうちなんとなく気分を立て直していけるのかもしれません。

私としては、リンコさんの説明で、そういう気分なのかもなあ〜、
とつくづく思って、とりあえずはあまり気にせず、私はおおらかに構えていようと、
ちょっと気分が楽になったような・・・。

リンコさん、ありがとう〜!!


責任を感じさせてしまって,すみません 投稿者:拓のハハ  投稿日:06月14日(水)11時53分29秒

とらさんへ

絵本はとても興味をもってくれました。
うちの子は,身近な物がのってる絵本じゃなくて,上のこのお下がりの
ドラえもんが気に入ったらしく,ドラえもん,しずかちゃん,・・・と
指さして,わたしが答えると言った感じでした。
いろいろ勉強になりました。
ありがとうございました。

公文のカードって本屋さんとかで売ってるのですか?


個別指導 投稿者:るり  投稿日:06月14日(水)13時26分52秒

megumiさんの息子さんといっしょで、うちの息子も袋の中を覗こうとしていました。
でも、先生が「見ちゃダメ!」と言いながら、袋の口と息子の手首を掴んでいたので覗けません
でした。(笑)

個別は、最初の内、「試されている」感じが嫌で緊張していましたが、個別指導やOTでの課題が
息子と遊ぶのに参考になる事も多いとわかりました。
OTでは、百円ショップで仕入れて来たという小さなおもちゃで、色とりどりの継ぎ目の入った
リングをつないでいってチェーンを作るという単純な作業もしました。多分、昔の女の子だったら
1度はやった事があると思うのですが、息子がそれを課題で出されたとき、手間取っていたのです。(コツがいるようです)
ビーズ通しはけっこう夢中になってしていました。(これも百円ショップで買いました)

療育グッズを真剣に揃えようとすると大変お金がかかります。
安いもので間に合えば、それにこした事はないのですけど。

私が買った、ひかりのくにの本は、本屋さんで買いました。
公文の絵カードは、うちの町ではどこでも置いてあるわけではありませんが、比較的大きい書店に
揃えてありました。


Mさん、とらさんへ 投稿者:ぷーちん  投稿日:06月14日(水)14時43分14秒

こんにちは。お返事ありがとうございます。
いろいろ聞いていただけただけで、何か胸のつかえが取れました。
一度耳鼻咽喉科でみてもらおうと思います。
そうすれば対応の仕方もこれからの事もめどがつきそうなので。
そして成長をみまもろうと思います。
また、いろいろご相談をするかもしれませんがよろしくお願いします。
ありがとうございました。


『ひかりのくに』のカルタ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:06月14日(水)21時28分00秒

幼稚園や保育園の先生向けに、カタログが配布されていると思います。
先生にお願いすれば貸してくれるんじゃないかしら。

昨年、兄のクラスの役員をした時、お楽しみ会で配るプレゼントを
そのカタログの中から選びました。
先に紹介したカルタも載っていましたよ。(そんなに高くなかった)
保母さんの付けているエプロンだとか、体操用のマットなんかもあって
まるで通販カタログのように楽しいです。

私は教材関係はあまり買ったことがありません。結構高いしね。
聾学校では何かあるたび先生が写真を撮り、写真カードを作ります。
(写真を厚紙に貼って、ひらがなで名前を書く)

行事の前に必ず事前学習をやるので、遠足などは先生が前もって行って
写真を撮り、それで写真カードを作って子供達に話をします。
この写真代がまたバカにならないんですよ・・・。


わたしも 投稿者:  投稿日:06月14日(水)22時15分36秒

公文のカードやYMCAの問題集等、良い物はどんどん使わせてもらっています。
学校関係の教材屋さんで扱っている物は、内容の割には高い・・。

小学生に、今、本当に欲しいのは、
配列や類概念、ソーシャルスキル関係で使える絵カードね。

探しているのだけど、なかなか子ども達に身近な感じの物がみつからない。
で、今、それなら、作ってしまおうかという案が持ち上がっているのです。
勿論、私には才能も時間もないので、実際に作るのは友だちだけどね。

彼女は生活のかかったフリーのイラストレーターなので、無料っていう訳にはいかない
けれど、いい物を作って、全国のことばの教室の先生あたりにも買ってもらいたい・・
                                   なんてね。
実は、この前の日曜日、ビールを飲みながら第1回目の企画会議をしたばかり。
良い案がありましたら、下記の情報箱掲示板もしくはメールでお知らせ下さい。

パソコン用の教材のフリーソフトの方も、夏には改訂版を作りたいと思っています。
こちらも案があれば宜しくね。
                 どちらも、企画料は出ませんが・・ (^^ゞ 

http://www.tcup4.com/435/ma2ma3.html


SACHIKOさん、 投稿者:  投稿日:06月14日(水)22時39分01秒

はじめまして。
1年も前から、来て頂いていたんですか?
じゃぁ、ここの母さん、父さん方の事は熟知しておられる?
>毎日悪戦苦闘しながら 楽しい生活を送ってます
>でもやっぱりベターな環境を与えてやりたいな と色々情報収集しています

 ここの皆さんと同じ思いのお母さんだと推察させていただきました。(*^^*) 
 さっき、SACHIKOさんに、情報収集係ではなく、情報提供係も兼務という辞令が
 出たみたいですよ。宜しくぅ。


こんばんは 投稿者:拓のハハ  投稿日:06月14日(水)23時20分18秒

こくっぱの母様,
>あせらない。あせらない。
>人生は80年
ホントあせらなくてもいいですよね。
ゆっくり,気長にしゃべってくれるのを待ってみようと思います。


母がんばるぞ。 投稿者:がお  投稿日:06月15日(木)01時03分31秒

Mさん、レスありがとうございました。
それから、皆さんの書き込み読ませて頂いてとても参考になります。
リンコさんの「集団あそびって楽しいか」のお話しも、確かになあ・・・と思いました。
うちの息子、かなりの変わり者のようで、成長とともにますます個性が際立っていきます。
普通学級の先生からみると、病気でないなら、しつけの問題と言う事になるようで、
先生が替わる度に説明するのが気が重い。
これからも、掲示板を読ませて頂きます。
たまにお話しに参加させてもらうかもしれません。
これからもよろしくね。


ソーシャルスキルのカード 投稿者:ゆきりん  投稿日:06月15日(木)09時32分05秒

>小学生に、今、本当に欲しいのは、
 配列や類概念、ソーシャルスキル関係で使える絵カードね

私もほしい〜
この前毎日放送の「君が教えてくれたこと」でも使っていましたね。


Mさん ご無沙汰してます 投稿者:tomtom  投稿日:06月15日(木)10時38分27秒

軽度障害についてのメーリングリストの件
うちの障級の先生にもお伝えしました
また連絡があると思いますので
よろしく


海外のサイト 投稿者:とら  投稿日:06月15日(木)11時08分25秒

USのサイトですが、以下に色々なカードがあるそうです。
使用前・使用後のような Daily Living Sequences Cardはあまり見かけないので、
購入を考えましたが、本当は自分で写真に撮れば良いのですよね...
http://www.difflearn.com/


困っていること 投稿者:とら  投稿日:06月15日(木)11時25分46秒

やはりウチの子供は「興味を持って色々なことに関わる」事や、
「人と何かをする(協調性?)」と言う面でそうとう弱い部分が有るようです。
先日どなたかが「子供と関わる遊びは無いか」と尋ねられていて、私もいくつか
挙げたように記憶しています。でも、よく考えてみるとそれらは「やりとり」ではなくて、
「出来ない部分の援助」を求めていただけなのです。
だからそれが解決するとあとは自分ですべてやるわけです。
今子供は、自分で出来る事は全て自分でやらないと気が済まないようです。
ヨーグルトの蓋などが硬くてむけない場合は、「ふたあけて」と要求しますが、
ここでヨーグルトの蓋を全部外そうものならご機嫌斜めです。
ほんのちょっと剥いてあげるとあとは、自分でむかないと気が済まないのです。
生活でも遊びでも結構そんな感じです。
「要求以外に人と関わる」「協調して何かする」と言う事を
意識させる良い方法は無いでしょうかね?


誰もが通る道 投稿者:こくっぱの母  投稿日:06月15日(木)11時50分03秒

>ここでヨーグルトの蓋を全部外そうものならご機嫌斜めです。
>ほんのちょっと剥いてあげるとあとは、自分でむかないと気が済まないのです。
>生活でも遊びでも結構そんな感じです。

これ、たしか自我の芽生えとかいうんですよ。
「自分でしたい」「自分はできる」って思いが出るんですよね。
例えば、靴下を出して「はきなさい」っていうと「イヤ」
2足だして「どっちがいい」ってきくとちゃんと自分で選んではける。
ものすごく大切な時だときいています。
ここをうまく通り過ぎないと、本当の意味での協調性は育ちません。(断言していいんだろうか?)
この時に親が無理矢理手を出し続けると、
自分から進んでいろんな事をするのを止めてしまいます。
いかに我が子と、高度な駆け引きをするか・・・。
(要するにこどもを泣かしたり、押さえつけたりせず、親の意見を取り入れさせるか)
腕の見せ所でもあります。


が〜〜〜ん 投稿者:リンコ  投稿日:06月15日(木)12時20分37秒

これ、たしか自我の芽生えとかいうんですよ。
>「自分でしたい」「自分はできる」って思いが出るんですよね。
>例えば、靴下を出して「はきなさい」っていうと「イヤ」
>2足だして「どっちがいい」ってきくとちゃんと自分で選んではける。
>ものすごく大切な時だときいています。

私、これ、まだです。あう〜〜。

大学に入って、自分で時間割が組めなくて茫然自失したのも、
一人暮らしになったとたん、すべての生活習慣が崩壊したのも、
(お茶わんがふたつあったため、どちらを使っていいか分からず、何日も食事をせず、倒れた)
むべなるかな、むべなるかな。(って、感心してる場合かっ)

成人して就職しても、「余暇が使えない」「休日になるとパニックを起こす」仲間たちを
知っていますが、ドイツもコイツもこのタイプなのよね。やんなっちゃう。ふー。
(欧米の高機能のひとたちの場合、「休日にパニック」タイプの人は、
大学進学や就職で実家を離れたときから、伝統宗教に回帰するようになる人がとても多いです。
礼拝が「構造」になってくれるんですね)


子育て 投稿者:とら  投稿日:06月15日(木)12時43分02秒

となるとこくっぱの母さんにはとてもとてもかないませんです。m(_ _)m
最近は暖かいので良いですが、冬場でもパジャマのボタン止めは、全部自分でしないと
気が済まない子供でしたから、風邪引くんじゃないかと家内も心配してました。(のろい)
これが「こだわり」なのか「自我の確立」なのか私には良く分かりません。


ふと・・・ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:06月15日(木)12時51分28秒

「協調して何かをする」と言うのを読んだ時、「大きなカブ」の話が頭に浮かびました。

確かに自我の芽生えの頃は、子育てに苦労しました。
言語理解の良かった長男の時は、口で負かしていたからか、彼はとても理屈屋です。

>ヨーグルトの蓋などが硬くてむけない場合は、「ふたあけて」と要求しますが、
>ここでヨーグルトの蓋を全部外そうものならご機嫌斜めです。
>ほんのちょっと剥いてあげるとあとは、自分でむかないと気が済まないのです。

今、ウルトラがこの状態だ〜。
他にもおせんべいの小袋とか、ビン入り牛乳の蓋とか、ポンプ式のボディシャンプーとか、
何から何まで・・・・。と思いきや、靴をはくだの着替えだのは全部やってもらいたがるし。
「何でも自分で」ならまだしも、「やりたい事だけ自分で」「やりたくないのはお母さん」と
いうのは困りものです。ふぅ。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


ボタンは・・・ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:06月15日(木)13時07分44秒

巨大なものに付け替える。
なんて具合に、「あくまでも自分でした」と思わせるのが肝心かと。
結局は、親の手無しになんもかんもできるわけございませんので。

リンコさん
自我って、自分の中に「自分のものさし」ができることだと思うんです。
どんなことを判断するにも、基準なしではできないでしょ?
たとえ人と違う「ものさし」であっても、「これが自分のもの」って肯定できる。
そうでないと、自分以外の「ものさし」に振り回されてしまう。
・・・なんかうまくいえない。


同じ〜! 投稿者:ぴっぴ  投稿日:06月15日(木)13時16分46秒

>これが「こだわり」なのか「自我の確立」なのか私には良く分かりません。

>「何でも自分で」ならまだしも、「やりたい事だけ自分で」「やりたくないのはお母さん」と
>いうのは困りものです。

はて、それでどうしたらいいのでしょうねえ。


うん、 投稿者:リンコ  投稿日:06月15日(木)13時39分20秒

私ね、世界には「何かとてももっともな規則」があるはずだ、と思いこんでいたので、
とにかく何でもかんでも詳細に観察しまくって、規則を導き出そうとしていたのですよ。

>どんなことを判断するにも、基準なしではできないでしょ?

この「規準」を、外側に「あるはず」と信じこんで、いつも首をひねっていた。
ひたすら観察と思考実験に忙しかったんです。
たとえばヨーグルトのフタが開かないとなると、
「なるほど、このヨーグルトは食べてはいけないことになっているからだな! 
間違って食べてしまわないように、開かなくしてあるのだな! ひとつわかったぞ!」
と感激して大満足しているから、開けようとも開けてもらおうとも考えない。

忘れたころに母がやってきて「片づかないわねえもう!」なんて言って開けてくれたりすると、
「あ、食べてもいい時間が来たのか」と思って食べる。何の矛盾も感じない。

こんな具合だったのですが、だんだん大きくなってきて、自分で決めなくてはならないとなると、
まだ外界にあるはずの「何かとてももっともな規則」は発見し終わっていない。
「自分の好きなようにしたらいい」(あるいは、「してもいい」)ということは、知らない。
なぜなら、そんな話、聞いたことがないから。とほうに暮れる。
だから、人の顔色を見ようとするのではなく、本や新聞を調べたら書いてあるかと思う。
そして時刻表や電話帳や百科事典や辞書を読みふける。

>そうでないと、自分以外の「ものさし」に振り回されてしまう。

これは、10代から20代、ずっとやってきました。
どうもこれでは切りがないぞ、と気づくことができたのは、ADHD混ざっていたおかげじゃないかと
思ってるんですが、まあそれはともかく、

気づいてからは、同じ「自分以外のものさしにふり回される」のであれば、
人畜無害なものさしを意図的に導入して、それにふり回されることにしよう、と決めました。
つまり、荒唐無稽なもの、壮大な意味を含まないものを、人工的なものさしとして決めるのです。
昔は、8のつく日はヒジキをたく、1日と15日はアズキご飯、午の日は油揚げを食べるとかあったでしょ。
火曜日は「火」だから、コンロの掃除、水曜日は「水」だから水回りの掃除、みたいに。
ナントカダイエット、とか、カントカ自己啓発法、とか、そういうのにすがると危ないから、
「いかにもコジツケとわかる規準」を「テキトーに選んで」、
それにわざわざこだわることで、混沌としていた生活を立て直しつつあります。


Re.うん 投稿者:こくっぱの母  投稿日:06月15日(木)15時36分24秒

リンコさん、私の思いが通じてうれしいです。
人間なんて、どんなものさし(判断基準)を持っててもかまわないと思ってます。
いろんな場面で、自分の中で判断できる力がつけば、
何とか生きていけるもんだと。
親の立場で言えば、どんなものさしであれ、力づくでへし折るようなことはしたくない。

最近、自分で判断できない親子を見るにつけそう思うんです。

たとえば、学校に持ってくるカバンは自由っていわれたら、
「どんなカバンがいいんでしょうか」と懇談会で質問する親や、
小学校の制服は必要ないのではという話がでると
「制服が無いと、何を着ればいいかわからない」なんて平気でいう親子。
まだ「規律正しい」とか「統制が取れる」「管理しやすい」なら、是非はともかくわかるんですが。


先日のこと 投稿者:ゆきりん  投稿日:06月15日(木)17時01分49秒

時々料理の手伝いをさせている(こういう言い方はよくない)のですが、
ちょっと前あるグループでデイキャンプに行った時たまねぎを切ることに少し自信をもった彼は
家でするときも乗り気でしてくれるのはいいんだけど押さえる方の指がすごく危ないのです。
もう見ていてひやひや、けがしないのが不思議なくらい。
左手はどらえもんの手だよ。と言っても、言った時はなおすんだけどすぐに
指先がでてしまう。
しかも包丁を持っている右手には結構力をいれて切っているように見える。
もともと指先の力がすごく弱いし、手先が不器用なのでとてもむずかしい
作業だと思う。
注意をすると「注意するな!」と怒ってしまってそこで中断してしまうのです。
そこで私が「けがすると危ないから言ってるのよ!」と言わずにはいられない。
すると彼はすごく不機嫌になってどこかへいってしまうのです。

>「こだわり」なのか「自我の確立」なのか私には良く分かりません。

 自信ではないでしょうか。と考えると

>「何でも自分で」ならまだしも、「やりたい事だけ自分で」「やりたくないのはお母さん」と
いうのは困りものです。

 は自信のなさのようにも思えますが・・・

>(要するにこどもを泣かしたり、押さえつけたりせず、親の意見を取り入れさせるか)
腕の見せ所でもあります。

うちの永遠の課題であります。


玉ねぎ程度なら 投稿者:とら  投稿日:06月15日(木)17時57分14秒

包丁ではなくペーパーナイフのようなものを使うのはどうでしょう?
そこそこ切れるけど、指は飛ばないように思います。
ちなみにうちでは(3歳半ですが)洋食のステーキ用ナイフです。


息子にとっての私 投稿者:るり  投稿日:06月15日(木)19時01分25秒

最近、うちの息子がわからない。
彼は、わかりやすい人だった様に思うのだけど(喜怒哀楽という意味で)、「どうしたの?」って
聞かなければならないような表情が近頃めだつのです。

例えば幼稚園に登園するときは普通に機嫌が良いのに、ついた途端、不機嫌あるいは不満気な
表情にかわる。1番乗りでお友達も先生も教室にいなかったせいかと思ったけれど先生が来ても
下を向いて、ブスっとしている。
もともと表情は豊かといわれていたけど、いまの表情の意味が私にはわからない。

昨日も、療育施設での散歩だけ参加したのですが、ついた途端、先生達に挨拶されると私の後ろに
まわって隠れてみたり、態度がふてぶてしかったりで感じ悪い。
散歩の途中、公園で遊ぶときだけ生き生きしてました。

「幼稚園楽しい?」と聞くと、「うん」。
「先生におこられたの?」と聞くと、首を横にふる。

お迎えに行くと、あいかわらずだらだら遊んでいる。最近、遊んでいるのかいじめられているのか
わからないけど、年中さんの男の子とよく遊んでいる。今日も、脱いだ靴をもって行かれ、ほうり
投げられて、息子は私に訴えたが、「取り返して来なさい」と言ったら、泣きながら抗議に走って
いったら、その子、慌てて拾って帰してくれた。

幼稚園生活にストレスたまっているのかなぁ?

それとも私に不満があるのかなぁ?

3歳児の心理状態って、どんなもんなのでしょうか。


実は 投稿者:腐乱検死体  投稿日:06月15日(木)22時37分08秒

>使用前・使用後のような Daily Living Sequences Cardはあまり見かけないので、
>購入を考えましたが、本当は自分で写真に撮れば良いのですよね...
>http://www.difflearn.com/

そのカードを注文してみたのですが、未だに届きません。
発注の仕方が悪かったんでしょうか。


あきらめ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:06月15日(木)23時08分48秒

>>「何でも自分で」ならまだしも、「やりたい事だけ自分で」「やりたくないのはお母さん」
>>というのは困りものです。

> は自信のなさのようにも思えますが・・・

あきらめなんです。
「やりたい事」は、まだ自分の力でやり遂げる事ができないという事実に打ちのめされてない
だけで、「やりたくない事」は、もう自分にはできないとあきらめてしまっているんです。
ボタンも大きなものにしたり、工夫はしているんですけど、一旦あきらめたものを再チャレンジ
するまで持って行くのがなかなか難しいのです。
よく、遊びの中に取り入れてと言われますが、とってもノリの悪い子で。(笑)
子供なんて泣いていても面白い顔して見せるとついつい笑ってしまうくらい単純な生き物だと
思ってたのに(長男がそうだったので)、この子はあやせばあやすほど「絶対に笑うものか」と
怒りだしてしまうんです。

だから、今「やりたがる事」に対して自信を失わせたくない。でも手助けの加減が難しくて。

ちょっと前から面倒だという感覚を覚えて、「えーっ(やだー、面倒くさい)」という言葉を
獲得しましたが、これがまた厄介。
お片づけだよーと言えば素直に従っていたのに、今ではすぐに「えーっ」です。私に「ダメ、
片付けなくちゃ」としつこく言われるとジェスチャーでお腹が痛いと表現して何とか逃れようと
してます。
それだけ知恵が回るようになったのを喜んではいますが、毎回これじゃあね・・・・。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


るりさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:06月15日(木)23時56分33秒

ちょっとだけ、コメントを。

>最近、うちの息子がわからない。
>彼は、わかりやすい人だった様に思うのだけど(喜怒哀楽という意味で)、「どうしたの?」って
>聞かなければならないような表情が近頃めだつのです。

3歳児ですよね。
それって、内面で感情や思考が発達してきて、
複雑な精神構造に成長してきた、ってことだと思うんですけどね。

実際、幼い子どもは、表情を見ただけで、その喜怒哀楽から考えている内容まで、
透かして見るように分かるものだけど、
私たちの年代になってまで、そんなふうでは困りますよね。
大人になっていく、ということは、
外からその子のない世界が読みにくくなっていく、ということなんじゃないかと、
そんなふうに思います。

特におかしなことでも、心配なことでもなく、
どの子どもでも普通に通っていく発達段階だと思いますよ。(^^)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


補足 投稿者:朝倉玲  投稿日:06月15日(木)23時59分20秒

>外からその子のない世界が読みにくくなっていく、ということなんじゃないかと、
       ↓
 外からその子の内世界が読みにくくなっていく・・・

と漢字変換をお願いいたします。(^_^;)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


はじめまして 投稿者:わりお  投稿日:06月16日(金)01時40分24秒

ままはっちさん、お邪魔しました。
お返事ありがとうございます。今のところ、毎日居残りしてるんですが、プリントなら出来る
のに学校に忘れてきては先生に叱られたと泣きながら報告します。ランドセルに入れたと言うけど
入って無いんで仕方ないと思うんです。長女の方は、早く登校して学校でやれるのでいいけど
忘れてくるとどうしようもないんですよね。今日は、教科書をそろえるのを1日間違えてチェック
したんで又先生に叱られたって泣かれてしまい反省・・・見間違うことぐらい見逃してって言い
たーーーーーい!


リンコさんへ業務連絡 投稿者:ひいろ  投稿日:06月16日(金)09時22分38秒

以前、お話ししたリンコさなのサイトをコピーして保母さんたちに
読んでもらうという件、幼稚園側に渡して読んでもらえる事になりました。
諸事情があり大変遅れてしまったのですが、ちゃんと読んでいただけそうです。
ありがとうございました。

個人面談の際に、自閉症についての説明をしました。担当の保母さんはよくわかっているのですが
それ以外の人たちには、やっぱりちんぷんかんぷんのようです。
これからおいおいと他の保母さんたちには、説明をしていかなければダメだと思ってます。
一応「ドラファイル」なるものを作り、簡易IEPもつくりましたので
まずそれを読んでもらってからだと思っています。


るりさん、 投稿者:とら  投稿日:06月16日(金)11時09分45秒

そう感じると言う事は、一度や二度ではないと言う事ですよね。
何もないのが一番ですが、何かがストレスになっている事は考えられると思います。
お子さんに聞いた答えは、必ずしも真実どおりではないかもしれません。
それは遅れが有るとかそういった問題ではなく
(るりさんのお子さん、結構色々出来ていると思う! )
子供って、トラブルや嫌な事があっても、それを言わなかったり
「自分が怒られるのでは」と思い、隠すような傾向が有ると思います。
リンチに遭ったり、自殺したりする子供も大抵はそうですよね。
と言って脅かしてしまいましたが、何か有るかもしれないし、無いかもしれない。
あってもそのままで良い事も有るでしょう。
でも、シグナルを発している可能性があれば、何かしてあげる必要が有るかもしれません。
一番手っ取り早いのが、幼稚園の先生、一番親しいお友達やそのお母さんあたらりに
さりげなく聞いてみる事かと思います。


るりさんへ。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:06月16日(金)12時04分49秒

>3歳児の心理状態って、どんなもんなのでしょうか。

うちのばあちゃんに言わせると、
「道の、子草(こぐさ)も嫌う」年頃だそうです。
↑直訳すると、「棒を待たせたら、ようもないのに振り回して草を叩いて歩く」
つまり、手におえないいたずら小僧と言うことです。
私たちの地方では、3歳くらいの子に、年寄りが
「がんぼ(悪がき)じゃのお。子草もきらう年じゃ」
といいますので、昔からこれくらいの年の子はみんな「悪がき」何だと思います。

我が家の場合、3歳くらいまでは簡単に笑わせることができましたが、
これくらいの年から「ブス」とふてくされて文句をいうようになった気がします。
こくっぱのみすでに4才半ですが、遅れているおかげで、まだここに到達してないため、
めっちゃかわいいです。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


わりおさん 投稿者:ままはっち  投稿日:06月16日(金)12時33分30秒

ご来店ありがとうございます。
・・・といいましても、すみません。ここはMさんのHPです。
実は前にこのページをご紹介したままのURLが残っていて、
いっしょに投稿してしまったようです。

でも、このHPはとても勉強になりますでしょ・・・。

私が管理人をしてますHPは↓です。
親の会のHPの管理をしていますが、少し自分の子供のことも書いてますので
よかったら見てくださいね。
わりおさん家と同じ小3です。
うちは、行動面・社会性に特に問題があるLDなので、いろいろとあります。
最近の問題は、「授業中ずっと落書きしている」ことが一番大きい問題です。
集団に入るというスキルがなかなか身につかないです。
でも、でも、自慢の息子です。(^^)

Mさん、おじゃましました。


わりおさん-2 投稿者:ままはっち  投稿日:06月16日(金)12時36分25秒

URL入れるの忘れてました。
そろそろ「夏ボケ」状態です。

http://www.sanynet.ne.jp/~tatunoko/


親の腕の見せ所? 投稿者:ぴっぴ  投稿日:06月16日(金)12時47分27秒

自我の確立、自信のなさ、あきらめ・・・・
皆さん似たようなことで悩んでいるのですね。

>(要するにこどもを泣かしたり、押さえつけたりせず、親の意見を取り入れさせるか)
>腕の見せ所でもあります。
ゆきりんさんが永遠の課題と言われるこれですが、ホントに難しい。
うちも同じくです。

子供にとっても必要で有効であろうと思われることでも、本人が気づかないでいる場合には
指示をだすことって多いですよね。(その是非は今は横に置いといて)
言葉の理解が進むと共に、指示の通り易さは確かに増しました。
で、これで上昇気流に乗って進むのみ・・と思いきや、後退してしまったっかのように、
「いやだ!」が始まる・・・。
上の子もそうだったと(現在も?)思います。
でも、これが噂に聞く「反抗期」ってヤツね・・・と思ったので、あの手この手で
ともかくやりすごしています。
でも、下の子の場合、それ以外の要素がからんでいる訳で、事態はもう少し複雑です。
どこまでが問題領域で、どこからが正常発達の範囲なのか、何がなんだかよくわからない
ですよね。
ただ、これは親から見た観点であって、本人は、自分なりに自己主張したり
反抗したりしながら、何かを掴んでいってる部分もきっと少しはあると思うので、
それはそれで、この子なり、っていう変化を感じていきたいとは思います。
(で、やっぱりあの手この手しか思いつかない私・・・・)

うちも’あきらめ派’かもしれません。
やっぱり少し自分はうまくできないみたい、と感じていて、そういうものに対しては
自分はできなくてもいい・・・と避けようとします。
運動会に向けて竹馬を練習し始めたのですが、
(こりゃあ、バランス感覚からいって無理だよ〜!!)
喜んで取り組む友達を横目に、なかなかやろうとしません。
私も、一生竹馬が出来なくて何が困ることがあるかいな!!ってとこですが、(~_~!)
この、あきらめ、の態度が気になっています。

小学生以上の子供さんだと勉強や体育が入ってきて、
出来ない→あきらめ→自信の喪失  が全体的に響いてくるようなので・・。

ともかく出来ることで自信を育てていく、ってことが大切なのでしょうが、
出来ないことは・・・どうしたらいいのでしょうねえ・・・親の態度としては!ですが。
うちはこれが、自分の永遠の課題かもしれない・・・・。


るりさん、
皆さんの言われる通りだと思います。
そういうことを言うならば、うちだって、ホントに園は好きなのか、苦しいのか、
と悩むことはありますが、大筋ではOK!というように考えています。
子供なりに、かなり気を使わなければならない友達がいたりするようだし、
けんかになるとつらいこともあるようです。
でも、その経験の積み重ねが大切だと思います。
明らかに問題のある子がいるのか、本人が苦しいことがあるのか、
そのあたりだけは掴んでおいた方がいいかもしれませんね。
まずは先生に聞いてみることはでしょうか・・・。気にかけてもらえますし。


ままはっちさん、 投稿者:リンコ  投稿日:06月16日(金)13時09分58秒

過去ログに入るときは、上下が逆になるから、
その矢印は有効よ。

掲示板過去ログ案内に戻る