2000年7月その6
一応、ここは「ことばと発達の学習室」だけど、 投稿者:M  投稿日: 7月28日(金)10時11分14秒

なんなら、「ことばと発達とコミックの学習室」に変更しようか。

いやいや、「母」が母でない時間というか趣味を持つ事は、必要ですぅ。
                        < きっぱり!!

おまけに、山岸涼子や萩尾望都と来たので・・・思わず、のりだしてしまった。
あ、ついでにそこに竹宮恵子も付け加えといてね。

オット、今日はお昼からお当番さんでした。早いこと、洗いものをすませなきゃ。


少しだけ、、、((((^^; 投稿者:satomi  投稿日: 7月28日(金)12時16分30秒

いいっすねぇ〜♪美内すすえ「ガラスの仮面」もどかしいけどねぇ、、、「はるかなる風と光」ってのもこの人じゃなかったっけ?
内田善美の世界は独特ですね、、、何だっけ?日本人形の女の子の出てくるヤツ好きだった。
塩森恵子「樹林館通り」津雲むつみ「彩りのころ」、山岸涼子の「妖精王」とかも独特な雰囲気が好きでしたねぇ。
んーっと、ぶーけで「樹魔・伝説」っうの書いたの誰だっけ?あれもよかったぁ。。。水樹和佳だったっけかなぁ、、、
わたしもこのテの話しは尽きません、、、ヤバイのでこのへんで(笑)

今日は暑かったのでウチの前でプール遊びしました(^^)
何だか突っ立ってるだけでさっぱり遊ばないんだけど、、、まっ涼んだっうことでいいかぁ(笑)
疲れて寝ちゃったしぃ〜
わたしもお昼寝しよぉっと(昼休み中よぉ〜)

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


お言葉に甘えて、もうちょっと。 投稿者:りんか  投稿日: 7月28日(金)13時00分22秒

Mさん、おことばに甘えてしつこく登場します。((((^^;

マンガは「悪」だと言う人も多いけど、いろいろと勉強になりました。
かなり影響されて育ちました。ハイ・・・。
トト曰く、「ママも絵本が好きなんだね。」その通りでございます。
本棚にある「エロイカより愛をこめて」「エース」などなど読める文字は片っ端から読んで
くれます。

萩尾望都の「残酷な神が支配する」まとめてよみたいっ!!のでまだ読んでいません。
大人になってから吉田秋生にはまり、「バナナフィッシュ」は涙無しでは読めません。

わたしも疲れがどっとでてきましたので、これから昼寝いまします。



わたしもま〜ぜてっ♪ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月28日(金)13時25分55秒

>んーっと、ぶーけで「樹魔・伝説」っうの書いたの誰だっけ?あれもよかったぁ。。。
>水樹和佳だったっけかなぁ、、、

はぁい、ご名答でぇす! うちにはこれの単行本もあります。
確か1981年に、SF星雲賞コミック部門を受賞した作品です。
(日本でその年最高のSF作品に贈られる賞です。もしかしたら、年号は1年くらい狂っているかも・・・(^_^;)

萩尾望都は「11人いる!」が最高に好き!
私のSF好きは、漫画から始まっています。
最近はファンタジー路線で(と言っても、たいして読んでいないけど)
中山星香の「妖精国の騎士」とひかわきょうこの「彼方から・・・」は毎巻買って読んでいます。
「彼方から」最近出ないなぁ。(;_;)
後は旦那と共同で藤田和日郎(「うしおととら」「からくりサーカス」)や
うえやまとち(「クッキング・パパ」)も買って読んでいます。
「クッキング・パパ」は長男も次男も一緒に読んでいますから、もう、家族の愛読書です。(笑)

私もきりがないので、この辺でぇ・・・(^.^)/~

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


お仲間がいてうれしいわ♪ 投稿者:るり  投稿日: 7月28日(金)14時12分43秒

皆さんの書き込みを読んでて、「私も、好きよ、」というのがたくさんありました。

マンガの話をすると、きりがないですね〜。(大島弓子さんも好きだということを加えておこう)

先程まで、お腹が痛くて朝寝をしていました。
こちらは台風の影響でずーっと不安定な天気なので、ふーを外遊びさせてあげられません。
私が寝ている間、お気に入りの毛布にくるまってゴロゴロしたり、おもちゃで1人遊びしたりと
(おまけに喉が乾けば、自分で牛乳を飲んでるし)、親にとっては楽だけど、それ甘えて、
ほったらかしにしがち。

幼稚園でも、夏休みの間、うちで今週の目標をたてて、うまくできたら『がんばろうシール』と
『ごほうびシール』のどちらかを貼らせます。
先週の目標は「ごはんを食べた後、皆の食器を流しに持っていく」で、食器をそーっと入れる
というのを意識させたいのでこれからもやらせようかと思っています。
今週の目標は「あいさつをする」。これはダラダラしているので本当は『がんばろうシール』
だと思うけど、楽しみにしてるので、ついつい『ごほうびシール』を貼らせてしまうルーズで
甘い母なのでした。

さーて、これから久しぶりに貸し本屋さんにでも行くか!



マンガ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 7月28日(金)16時35分28秒

好きです。最近は読んでないんですけど。
皆さんから出てきた題名のマンガ、ほとんど知ってます。(自慢してどうする!)

今は長女が「買って〜」(ほとんど『りぼん』)になってます。
ハカセは「遊戯王」と「ぬ〜べ」にハマってます。←ハカセは絵で読んでいるらしい。

なんだか、みんな同じ世代なのねえ。


ゲームやマンガ 投稿者:satomi  投稿日: 7月28日(金)21時46分19秒

おーーーっ!「11人いる!」はちょいマニアックかなぁと思って出さなかったけど好きです。
萩尾望都といえば「ポーの一族」が有名だけどわたしはあまり読んでなかったの。

マンガの話しをし始めたらキリがなくなってしまいます。
読むことも描くことも大好き〜♪(ヘタだけどね(^^;)
うん、マンガって有害って言われることもあるけど励ませれたりホッとできたり、、、いいもんですよね。ゲームとかにしてもそうだけど、悪いとこばっかり並べ立てる人もいるけれど、、、例えばわたしの甥っ子はゲームしながらひらがな、カタカナ、数字を覚えたって言うし、「好きこそものの・・・」ということわざ通り、本人が好きならプラスになる面もたくさんあると思うんですよねぇ。
こっちが一生懸命教えてもダメだったことを、ゲームしててすんなり覚えてしまったっていうのなら願ったり叶ったりでラッキーって感じ(^^)
格闘系のゲームやマンガが人を暴力的にするという意見もありますが、同じに読んでたりやってたりしてもしない人はしないわけだし、、、それってやっぱり個々の問題よねぇと思ったりもします。
自分が見ていやな気持ちになったりするものはこどもにも見せたくないとは思いますがねぇ、、、

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


どういうこと? 投稿者:satomi  投稿日: 7月28日(金)22時36分57秒

>自閉症は小児精神病で治癒可能です

こういう見出しのページを見かけたんだけど、、、
有料メルマガとして配信されているもののようですが、お金払ってまで読む気しませんが気になります。
う〜む、、、


子供の娯楽 投稿者:るり  投稿日: 7月28日(金)23時20分11秒

うちはゲームをやりません。嫌いということではなく、夫も私もどのメーカーのゲーム機と
どのゲームが面白いのか疎いからです。私もインベーダーゲームくらいは喫茶店で楽しんだ事は
あるんですけど。(笑)
多分、ふーがいつかは欲しがるだろうから、そのときいっしょに楽しませてもらうつもり。

『遊戯王』ってあんまり詳しくないのですが、この前食べにいったラーメン屋さんが10枚くらい
息子にカードをくれたんですけど、それがはやってるの?
もちろん彼が喜んでいたのは最初だけで、帰るときには忘れそうになっていました。

『へろへろ君』って知ってます?
ふーが幼稚園に入ってから、「へろへろ〜」ってときどき言ってたんですよ。私は慣れない幼稚園
生活でそんなに疲れているのかと思ってたのですが、先週、地区のお祭りでこども会の小学生が
作った燈篭を指差して、「へろへろ」って言うんですよ。それには毛虫のような絵とともに、
『へろへろ君』て書いてあり、事情を知らない夫は字が読めたと勘違いして喜んでいたらしいの
ですが(ふーは自分の名前と夫の会社の漢字しか読めない)、私はふーが、幼稚園のお友達の
情報をちゃんと得ていたことにびっくりしました。

ふーの知っていることは、今までであれば私たちには手に取るようにわかっていたけれど、
親の関わらないところで、いろんなことを学習してくるんでしょうね。これから先も・・

テレビね。
前、洋画劇場で『リンク』と『八つ墓村』を放送していたとき、親の防衛本能で、
貞子がテレビから出てくるシーンとか、残虐な殺戮シーンのときは、ふーの頭から毛布を
被せてしまいました。
自分は『太陽にほえろ』の殉職シーンを見せてもらえなかったとき、ものすごく不満だったんですが・・・


誰か教えてください 投稿者:おばさん  投稿日: 7月28日(金)23時44分14秒

はじめまして。マンガの話題で盛り上がっているところ恐縮ですが、誰か相談に乗ってほしいのです。
私の甥っ子(妹の子供)のことなのですが、今2歳5カ月になりましたが、いっさいことばをはなしません。まったく意思表示というものがありません。唯一、自分の気に入らないときには、床に頭をぶつけて「あー」と叫びます。心配になった妹は最近になって自治体で運営している相談所のような所に通い、いくつか検査を受けて、「コミュニケーション障害」といわれたそうです。妹も回りの家族もそれがどういうことなのか、どうすればよいのか、将来どうなるのか全くわからず、途方に暮れています。特に、妹は自分が精神科に通った方がよいのではないかと思うほどいらだち、家事もめちゃくちゃになっているようです。一応、今後もそういう子供たちを集めたクラスに週2回ほど通っていくそうなのですが、私たちが知りたいのは「いずれ話せるようになるのか」「普通の子供と同じように学校へ通えるのか」ということです。
私もここ何日か、インターネット上で最も適した情報はないかと探し歩いていますが、よくわからないのです。甥っ子はただ言葉が遅れているだけなのか、それとも自閉症なのか、それとも。。。ここに書き込んでいらっしゃるみなさんは、おそらくそういう障害を持ったお子さんをお持ちのことと思います。マンガの話で盛り上がるなど、とても明るく、普通で、うらやましいと言ったらおかしいですが。。。妹は今、息子の将来のことでがんじがらめのようで「もう、死にたい」と漏らしたり、家で怒り散らかしたり、ものは食べなくなるはで、回りが何を言っても「とにかくたいへんなんだから、みんなにはわからないでしょ」的な態度をとっています。
妹も、私たちも、これからどうなるのか、それが知りたいのです。
と、同時に、母としてどうやってその事実を受け止め、生活をしてゆくのか、
どなたかアドバイスください。どうか、お願いいたします。


ごめんなさい。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 7月29日(土)00時36分10秒

切羽詰っている事が感じられて、なんとか答えなければと思うのですが、

>妹も、私たちも、これからどうなるのか、それが知りたいのです。

という質問には「わかりません」としか答えられません。
子どものもって生まれた資質や、環境などで、いろんなふうに変化しますから。

「自閉症」は確かに「コミュニケーション障害」です。でも、自閉の子って、自閉症そのものの
タイプ?や、それぞれの持つ知的水準や、もともとある個性など、いろんな要素がいっぱい集まっ
た飛びぬけて個性的な子どもなので、ひとりひとりみんな違うんです。もちろん、共通点もたくさ
んありますが。・・・うまくいえない。

ただ、今はお子さんより、お母さんのほうが大変だと思います。
どんな障害であれ、「我が子に障害がある」と言うことを受け入れるのはつらいです。
私も、我が子が2才を過ぎた頃から「絶対おかしい」と気づいてはいましたが、
3歳児検診で医者に指摘されるまで、「でも、もう少ししたらしゃべるかもしれない」
とか、「考えすぎかもしれない」とつぎの行動に移れないでいました。
そして、はっきり「障害児」だと診断された日は、一晩眠れませんでした。
たぶん、私は最短距離で乗り越えた人です。
同じ療育施設に通っているお母さんたちと話していると、この苦しみを乗り越えるのに、
半年以上かかったと言う人がほとんどでしたので。
ここに来ている人は、みんな同じ苦しみを味わっているはずです。
でも、「それでもやっぱりかわいい我が子」と苦しみを乗り越えた人たちです。

私個人的には、今はお母さんを大切にしてあげて欲しい。
絶対に、「おかあさんなんだから、しっかりしないと」とかいう
プレッシャーはかけないであげて欲しい。
具体的にどうすればよいかは、うまくいえないのですが・・・。

だれかー!補足して。



http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


私もごめんなさい 投稿者:ケロ  投稿日: 7月29日(土)03時21分23秒

と、最初に謝っておきます。
私の子は自閉症ではないし、具体的な事は言えないのですが・・・。

ここのお母さん達がマンガの話で盛り上がれるほど明るいのは、「普通」という呪縛から解き放たれたからだと思います。

『(普通に)話せるようになる』のが幸せなのか?
『普通の学校に通える』のが幸せなのか?
いったい『普通』って何だろう? 何が『普通』なんだろう?
そして、『普通』とはちょっと違っても可愛い我が子には変わりない、という結論に達した方ばかりです。それから、その可愛い我が子がいかに楽に生きて行くためにはどうしたらいいか、と考える。
そこまで辿り着くのに、大抵は長い時間を要しますよね。

とにかく、今は妹さんのケアが大切です。
周りが何を言っても無駄でしょうね。結局育てて行くのは妹さん(母親)ですから。
こくっぱの母さんが言われた通り、「頑張れ」は絶対に言って欲しくないです。
お姉さんから見て精神科に通った方が良いと思うのなら、連れて行ってあげてもいいのではないかと思います。精神科に抵抗があるならば、とりあえず少し大きな病院の内科でもいいです。不眠やイライラや食欲減退を解消するのに、医者や薬が必要な時もあるのだから。

私も二人姉妹なのですが、同性のきょうだいというものは親や友達には無い、すごく深い絆というか信頼関係がありますよね。
今、妹さんが本音で話せて本音で甘えられるのは、ダンナさんよりお姉さんかもしれません。
励ましたりなだめたりするのではなく、妹さんと同じ気持ちになって一緒に泣いてあげて下さい。
そして、その先を考えるのは、すっかり涙も枯れたころでいいと思います。

お母さんが「もう死にたい」と言っている間にも、子供は育っています。
2才5ヶ月のまま大人になることは、決してありません。
ここのお母さん達も、半年前や1年前を振り返りながら、「うん、成長してるなぁ」って実感している事って多いと思います。
『普通』の子を育てていたら感じなかった事に対して、ものすごく感動し幸せだと思う。
妹さんもそう考えられるようになる日が来るといいですね。

で、具体的な療育という話は私は分かりません。
それについては、どなたかが書き込みして下さると思います。

はい、バトン・タッチ!

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


わたしもごめんなさい。 投稿者:りんか  投稿日: 7月29日(土)08時13分44秒

息子は自閉症ではありませんので、療育の具体的なことはお話できません。

妹さんが納得のいくまで時間がかかるかもしれませんが、もし納得がいかないのであれば
他機関での診察をしたり、少し力を抜けるようなサポートをしてあげて下さい。
家事なんてほっておいても、家なんて汚くなって支障はありません。

人それぞれ個性があって、発達だってマニュアル通りじゃない。でも、振り返ってみると
息子は息子なりに成長している。そう思えたら、とっても楽になりました。
出来ることと出来ないこと、気にし出したらきりがなかったけど、出来るようになったらとっても
嬉しいし、苦手だったらそのフォローをしながら身につくことができたらと思っています。

ケロさんのおっしゃるとおり、お薬の力を借りたり、妹さん自身がカウンセリングをうけたり
したり、ここに集まってくる方々はきっとよい相談相手になると思います。
ですので、一人で悩まないで欲しいです。

わたしも、ここに参加している他の方々も山の大きさはひとそれぞれでしょうが、自力で
越えたり越えつつあるのだと思います。
時間はかかるかもしれませんが、(同じような経験をしないと、理解はできないと思います)
見守ってあげてください。

わたしも「みんな」と一緒じゃなくてもいいのだ。と思います。
うまく書けなくてごめんなさい。

どなたか、お願いします。



あいよっ! 投稿者:megumi  投稿日: 7月29日(土)08時27分22秒

お子さんが2歳5ヶ月で自分から相談にいらっしゃった妹さん。
自分から、第一歩を踏み出しておられるんですね。
私は1歳半検診をサボり、いよいよ自分ではどうしようもないと覚悟して
相談するのも3歳児検診まで引っ張って、療育施設も4歳まで引っ張った口ですから
2歳台で行動に移される方がまぶしく思えます。

うちの少年(8歳)は自閉症ですが、2歳5ヶ月の頃を振りかえると
言葉での意思表示はまったくありませんでした。
現在、自由自在とは行きませんが日常生活で必要な会話は身に付けています。
4歳半のときに児童精神科の医師に「ちょっと変わったしゃべり方だなぁ、くらいには
話せるようになるでしょう」といわれたときには、とても信じられませんでしたが
今は、そのみたてが正しかったということを感じています。

というような子もいます。仲間にはもっとぺらぺら話せるようになった子もいますし
反対に話すことは苦手で記号や文字に才能を発揮している子もいます。
こくっぱの母さんがおっしゃるとおり、2歳5ヶ月の時点での状態から将来像を
推測することはとても難しいと思います。

「コミュニケーション障害」ということですが、それについての詳しい説明は
受けられたのでしょうか?
告知したら母親のフォローは不可欠だと思うのですが、たぶん不十分なのでしょうね。

私は覚悟の上で行った3歳児検診で、私のほうから「……障害児ということでしょうか?……」と聞いたら
若い保健婦さんが返答に窮して、すっごく気の毒そうな顔をなさったんですよ。
へこんだわ〜〜〜〜。それまで「哀れまれたこと」がなかったから余計にきつかったかもしれません。

その後はハリネズミでした。
「きっとよくなるよ」(→障害なんだから治らないのよ、気休めいわないで)
「お母さんががんばらなくちゃ」(→これ以上、どうしろっていうのよ。精一杯やってるわよ)
何を言われても精神的に孤立していきました。
今思えば自分自身もカウンセリングに通えばよかったと思います。

週2回のクラスに通うということですが、母子のクラスでしょうか?
それとも子どもだけを集めるのでしょうか?
母子なら、そこで自分と同じ立場の人と知り合うことで孤立感が和らぐでしょう。
一番欲しいのは「共感」なのです。
「死にたい」といったら、「死にたいほど辛いのね、わかるわ」といってくれる人。
「あなたは本当に一生懸命やっている。今は辛くて不安でやりきれないけれど
どうしたらいいか、一緒に考えましょう」といってくれる人。
療育センターの保育士さんの中にそういう風に言ってくださる方がいて
私は救われたのでした。
(その先生、高度感音性難聴の高校生のお母さん。大先輩だったのですね。)

それで初めて、将来の不安を抱えながらも、
今日どう過ごすかを考えられるようになったと思うのです。

妹さん、ネットに誘ってみたらいかがですか?
いろんな方のいろんなHPを見るだけでも気持ちが違ってくると思いますし、
私は掲示板に思いを吐き出すことで、自分自身で自分を縛っているものが
見えてくるような気がするんですよ。

それにはこの掲示板はぴったり!!ね、みなさん。

……私はくらもちふさこと庄司陽子「生徒諸君」が…………

http://village.infoweb.ne.jp/~tinker/


僭越ながら私からも 投稿者:るり  投稿日: 7月29日(土)11時44分16秒

私は女姉妹はおりませんので、おばさんさんのように妹さんとそのお子さんを気にかけてくださる
人がまわりにいたら、心強いだろうなと思いました。

でも、妹さんが殻に閉じこもるのもわからないではないとも思いました。

いま、妹さんには目の前の子供の状態と将来への不安が現実のものとして(多分それまでも不安を
抱きつづけていたでしょうし)押し寄せてきて、混乱しているのだと思います。

精神科は医者との相性もありますが、カウンセリングとまではいかなくても、いまある苦痛に
対してお薬などで取り除いてあげれば、心が落ち着くことも期待できると思います。
もともとがどういう正確の方であったかにもよると思いますが、いろんなことで精神が痛めつけ
られたことも原因で、いま心が荒れてしまっているのであれば、有効なのではないかと思います。

うちの社宅はいま、出産ブームなのですが、1・2ヶ月の赤ちゃんのお母さんたちが、
「子育てがこんなに大変だとは思わなかった」ともらします。
私も息子がそのくらいのとき混乱していたので、「いまの状態が長く続くような気がするだろうけ
ど、もう少ししたら、その猫のような泣き声も懐かしくなってくるからね。」と言っています。

子育ての苦労はひとつ終わればまたひとつ始まりの繰り返しで、偉そうなことはいつもジタバタ
している私には本当は言えないんだけど、子供は半年単位で見ると、どこかは確実に成長して
いますよね。うちは歩みは遅い方かもしれないけれど。

私もここの掲示板に来たことで、かなり救われました。

妹さん本人が、自分の殻から少し顔を覗かせて、共感してくれる人、自分より少し前を歩く人との
接触に乗り出せるようになると、良いのですが・・・

結局、皆さんの仰ったこのを復唱していただけって気もしますが・・
こういう人ですので、ご勘弁を!


わたしも少し、、、 投稿者:satomi  投稿日: 7月29日(土)11時56分20秒

おばさん(にさんを付けるとヘンだからこう呼んでいいんですよね?妹さんのこどもの叔母さんっうことですよね)

他の方たちも言っておられますが、こちらに来ておられる方々は妹さんのような辛さを通って来た方々が多いと思います(わたしもその一人、現在2歳の自閉傾向を持つ男の子の母)
とは言え、こどもさんによってタイプはいろいろだし問題を解決できるようなことは言ってあげられないのだけれど。。。、、、
わたしも割と早く開き直れた方だと思うんだけど今でも心は複雑です。
こどもの将来のこととか考えると予想もつかないし、、、もしかして普通のこどものようには育たないかも、学校も普通には、、、ムリかもとおぼろげには覚悟しています。
まっ、同級生が5人くらいしかいないであろうと思われるようなところですから普通学級で見てもらえる可能性はありますが、、、

我が子がもしかして、、、と思えば冷静でいられないのが当たり前。
無責任なようだけど我が子のことですもの、悩んで苦しんで自分で乗り越えないといけないのだと思います。
そうして乗り越えて来た人がここにはたくさんいると思います。
軽い話しで盛り上がってはいても、ホントのところは不安とか辛いことの繰り返しだと思います。それでも、我が子のために頑張らねばと前向きに頑張っているみんなの姿を見ていると自分もへんこでばかりはいられないと思います。
とはいえ、お母さんひとりで乗り越えるには大きすぎる問題ですよね。
わたしも年の近い姉と妹がいますが同性の兄弟っていいですね。離れていますから詳しいことは話していませんが、話しを聞いてくれる身内がいるっていうのは心強いものです。
専門機関によってはお母さんのケアもしてくれるところもあるようですし、、、わたしはとにかく知識がなかったもので本とか読んで自分なりに納得いくものを探しました。いろいろ知るに連れ逆に落ち着けたような気もします。

わたしのこどもは一度「自閉症」と診断されたのですが、別の検査で診断がひっくり返ってしまいました、、、が、はっきりと自閉症状が出ているものでわたしは我が子は自閉症であろうと覚悟を決めていますし、そういった子にいいと思われるようなアプローチもいくつかしています、、、と言っても特別なことをしているわけではありませんが。

>「いずれ話せるようになるのか」「普通の子供と同じように学校へ通えるのか」ということです。

これに関しては医者でさえ答えは出せないと思います。

>今後もそういう子供たちを集めたクラスに週2回ほど通っていくそうなのですが、

こういったところで他のこどもさんや親たちに触れることはこどものためだけでなく自分自身にとって大きな力になると思います。

わたしの場合は正直なところ、身近に病気のことを理解してわたしの苦しみに共感してくれる人はいませんでした。途方に暮れてこちらにも書き込みしたクチでして、、、療育センターにも自分で調べて覚悟を決めて行ったもので診断を聞いた時は「やっぱり」って感じでしたが、、、
その後は我が子を見ては泣き、考え事をしては泣き、、、でした。。。今でも立ち直ったわけではありません。
だけどそんな母の心をよそにこどもはどんどん成長してくもの、将来のことなんて分からない、、、でも今できることを精一杯しておこうと思う今日この頃です。

わたしも大したこと言えなくてごめんなさい。。。

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


え〜と 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月29日(土)11時58分45秒

うちの次男も自閉症ではありません。
が、ADHDから自閉症のような症状を示しており、
長い間、満足に言葉を話すこともできませんでした。
そういう点から言えば、彼もコミュニケーション障害ということになるのでしょう。

他の方々もおっしゃっているとおり、
2歳5ヶ月ではまだ、将来像を予測することは難しいだろうと思います。
専門のお医者さまでも、完全に予測することは、多分できないと思います。
それくらい、子どもの成長する力は未知数ですから。
ただ、どんな子どもであっても、今の状態のまま大人になると言うことはあり得ないので(←ケロさんのおっしゃるように)
その可能性やパワーを信じて上げられるようになれば、
きっと、お母さんの気持ちもぐっと楽になるだろうな、と思います。
私自身がそうやって、山を乗り越えてきましたので・・・

でも、それは自分で乗り越えていくしかないのですよね。
他人がいくらまわりでいっても、結局は、自分で気がついて、自分で歩き始めるしかない。
そのためにはお母さん自身がまず元気にならないと。
というわけで、私も、お母さんがカウンセリングを受けたり、時にはお薬を処方してもらったり、
という方法を選ぶのはよいことだと思います。
うちの子どもは小児精神科に月2回のペースで通っていますが(お薬をもらうために)
そういうとき、先生は必ず、母親の方のメンタル・ケアにも気を配って下さいます。
とはいえ、最近は私が元気になっているせいか、「この調子でがんばって下さいね〜」みたいなコメントが多いのですが。(笑)

妹さんには仲間のお母さんたちが必用だと、私も思います。
私自身、この掲示板を通して知り合ったたくさんの人たちから、
計り知れないほどの元気をもらっています。
落ち込んだときに素直にそれを書けば、ちゃんとそれに応えてくれる人がいる。
悩んでどうして良いか分からなくなったときに相談すると、誰かがアイディアを出してくれる。
そういうバックアップがあって、初めて、みんな「元気なお母さん」でいられるのですよね。

妹さんはインターネットが出来るのでしょうか?
ここに来られれば、きっと元気が出て来るんじゃないかと思うのですが・・・


http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


暑い、、、 投稿者:satomi  投稿日: 7月29日(土)12時55分08秒

思いを伝えるのは難しいですね。自分のUPしたカキコを読んで思いました、、、

ヒロはお腹出して寝てるしぃ〜(タオルかけてやれってばぁ(^^;)
うーん、可愛い(親ばか)
そろそろ療育センターに予約しなきゃね、前に診てもらったころよりだいぶ変わったよん♪
ことばは相変わらず出ないけどねぇ。
だけど例えば今日、「それはあぶあぶ(危ない)だよ」と言ったら一人で「あーぶあーぶ」と言ってウロウロしていた(笑)オーム返しってやつですか。それでも何だか嬉しい気分(^^)
キャスター付きの台で遊びながら、前に押すときは「うーーーん」と言って後ろに下がる時は「んー、んー、んー、んー」と言っていた、もしかしてトラックとかがバックするのの模倣?と思えるのは親のひいき目か(笑)(^^;

うーん、くらもちふさこといえば「おしゃべり階段」よねぇ、、、

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


さて、これからどこへ行こう。 投稿者:るり  投稿日: 7月29日(土)14時30分55秒

ひまです。
夫が散髪に行っているので、帰ってこないと出かけられない。

私にとって、くらもちふさこさんは「いつもポケットにショパン」です。
最近の連載の、「天然コケッコー」も面白いですよね。

「エロイカより愛をこめて」は少佐に憧れていました。おかげで政治経済の成績だけは良かった
です。

10代の頃は、架空の人物にいとも容易くはまっていたのだけど、20代に入っていつ頃なのか
そういうことにエネルギーを向けるパワーがなくなってしまいました。
ブラックジャックが最後だったというのは覚えているんですけど。


ヒマなのよぉ〜(笑) 投稿者:satomi  投稿日: 7月29日(土)15時31分43秒

暑いので出掛ける気もしないっすぅ〜もうすぐ仕事だしぃ〜

マンガは最近「片道切符シリーズ」にハマッたのが最後です。
ハマッたといえば銀英伝(銀河英雄伝説)!小説とビデオは最高だったけどマンガは期待はずれだったなぁ。。。ビデオは28巻全部あります(^^;

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


我慢できずに出てきましたが・・ 投稿者:さる  投稿日: 7月29日(土)17時17分15秒

>私にとって、くらもちふさこさんは「いつもポケットにショパン」です。

私もです。
くらもちふさこの漫画はほとんどあります。
でも最近のはないけど。
槇村さとるのも、萩尾望都のも、吉田秋生のも、その他沢山のも、
うちには部屋いっぱいに漫画があります。
実家にも残ってます。
兄と一緒に集めました。
いやいや漫画以外の本だって沢山あるんですがね。
でも漫画の方が愛着が・・



それと・・ 投稿者:さる  投稿日: 7月29日(土)17時20分28秒

>……私はくらもちふさこと庄司陽子「生徒諸君」が…………

「生徒諸君」もあるけど、何度も読んだわ^^


社会科の参考書 投稿者:ケロ  投稿日: 7月29日(土)17時23分05秒

「ベルサイユのばら」でフランス革命を覚え、
「エロイカ・・・」でNATOを覚え、
「日出処天使」で飛鳥・奈良時代の人物の名前を覚えた私。

どんな手段やルートでも、知識を得たという結果には変わりないもんね〜。
これって育児や療育にもすごく通じるところがあると思うのだけど、どうですか?


Mさん、やっぱりここ「ことばと発達とコミックスの学習室」ね?

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


遅くなりましたが… 投稿者:ゆう  投稿日: 7月29日(土)18時09分53秒

まんがの話の横からすいません。

こんにちは 小学校6年生になる自閉症の男の子の母です。(そう、改名したゆうです)
遅くなりましたが参考までに書かせていただきます。

妹さんの姿まるで10年前の私を見る様です。その頃の私は「どうしてわたしだけが…」の思いでいっぱいでした。保険所ではフォローどころかまるで母をどん底に突き落とすような事しか言われなくて…。保険所から呼び出しがくるたび体重が2キロも減っていました。
そこで助けてくださったのはmegumiさんと同じで療育センターの保育士さんでした。

> 「もう、死にたい」
と思った事も何度もありますがその頃にはもうたくさんの方にお世話になっていて…途中で投げ出すわけにはいきませんでした。

> 「いずれ話せるようになるのか」「普通の子供と同じように学校へ通えるのか」という
>ことです。
家もほとんど話さない子でしたが、いまではしゃべりすぎて…おまけに文句だけは一人前で…困っています。一応普通の子供と同じように学校に通っています。勉強もそれなりにしております。

> 他の方々もおっしゃっているとおり、
> 2歳5ヶ月ではまだ、将来像を予測することは難しいだろうと思います。
> 専門のお医者さまでも、完全に予測することは、多分できないと思います。
私もそう思いますが…大学に行かれたり、学者さんになられたり、本まで書かれたり、HPを開かれている御本人さんもみえるし…中にはそんな方もみえるのは事実ですし…その様な希望を持つのも良いのでは…と思います。実際私はその頃、「私が治してみせる…」とまで思っていた時期でした。(家の子は親の子でそんな優秀な子ではありませんでしたが…)(笑)

妹さん、お姉さんがみえてうらやましいです。私は兄が1人で遠くに嫁いでいるので毎晩母が電話をかけてきていました。なにかあっては…との思いだったと最近ききました。つれない対応しかできませんでしたが…。

10年もたつといろんな友達ができて、ほんと母達もみんなユニークで、全身エルメスを着ている母もいますし、フラメンコを習っている母もいたりして…結構気楽に暮らしています。でも困った時はみんなかけこんでそれぞれ助け合っています。

妹さんもきっと乗り越えられるとおもいますよ…こんなのんきな母でもやってこられたのだから…ネットもおすすめですよ!

こんなぐらいしか書けませんが、聞き流していただければ幸いです。


ちょっと… 投稿者:ゆう  投稿日: 7月29日(土)22時30分03秒

すいません…↓またちょっと過激になってしまって…ホント。ゴメンナサイ!
うまく書けないのはどうしてなのかな〜。私もMさんの‘言葉の教室’に入れてほしいな〜!!


なんだか今更ですけど。 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 7月29日(土)23時24分02秒

妹さんの今の状態は、我が子になんらかの障害がある、と告知された親が、
そのことを受容するための、ごく普通のプロセスです。
受容できなくて荒れているように見えるでしょうし、傍で見ている
ものにとっては辛いとおもうのですが、実はこの「荒れ」そのものが
「受容」への大きなステップになっていきます。
だから、今はその荒れを責めたり、「しっかりしなさい」「頑張って」と
励ましたりしないで、思い切り感情のままに甘えさせてあげて
いただけないでしょうか。

日本の本ではあまり見かけませんが、アメリカのその手の本では
必ずと言っていいほど、こういったプロセスについて触れられています。

"Children with Autism; A Parent's Guide"
という本では、我が子に障害がある、と告げられた親が当然感じる
感情として、ショック・絶望・悲しみ・罪悪感・怒り・拒絶などがある、と
かかれています。
ショックで何も手につかない。
我が子は障害児だ。もう将来などないも同じだ。
もう死んでしまいたい。
どうして今まで気が付いてやれなかったのか。
なぜ私だけがこんな目にあうのか。
私の気持ちは誰にもわからない。

これは、我が子に障害がある、と告げられた親が「誰でも」感じる
「あたりまえの」感情なのです。
妹さんは、怒涛のような感情の嵐を撒き散らしているように
見えるでしょうが、今、必死で戦っている最中なのです。
そしてきっと、荒れている自分に対する嫌悪感で、さらに
苦しんでいるのではないか、と思います。

子供の障害を告知された親が、苦しむのはあたりまえ。
あなただけではない、何も恥じることはないよ。
好きなだけ、泣いていい。好きなだけ、荒れていい。
落ち込むだけ、落ち込んでいい。
あなたには、そうする権利がある。
でも、あなたにはこの子がいる。家族がいる。
あなたを大切に思っている、人たちがいる。
そのことだけは忘れないで。

私なら、そう言ってあげたいです。
ちなみに、私は息子が4歳の時にアメリカで自閉症の宣告を受けました。
私も、それはそれは荒れました。
まわりにあれこれといってくれる人が少なくて、かえって自分の感情と
どっぷり向かい合うことができたのと、宣告を受けたときにはすでに
養護幼稚園に入っていて、信頼できる先生の下で指導を受けていたことが、
振り返ってみればラッキーだったと思っています。
それでも、立ち直るのに1ヶ月かかりました。
どのくらいの時間で乗り越えられるか、それは人によって違います。
一晩泣いてすむ人もいるし、何年もかかる人もいます。

自慢できる話ではありませんが、ホームページでそのときの
体験も公開していますので、よろしければごらんになってください。

上記の本では、この嵐を乗り越えるための処方箋として、
次の三つをあげています。
1.自分の感情を抑えないこと。我慢しないこと。
2.癒しのための時間を十分にとること。
3.我が子の障害について、正確な情報を多く得ること。

私たちが、今漫画の話で盛り上がっているように、
また心から笑える日が、妹さんにもきっと来ますよ。
その日が1日でも早くなりますように。

・・・・エーベルバッハ少佐は、私の青春でした(爆)。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


アドバイスありがとうございます 投稿者:おばさん  投稿日: 7月29日(土)23時35分42秒

たくさんのご返答、アドバイス、ありがとうございました。
こんなにすぐに、いろいろな声を聞かせていただけるとは思わなかったので、
とてもうれしいです。

実際、私があれこれお聞きするよりも、妹自身がこのページに参加できれば一番ですよね。
彼女自身はインターネット未経験ですが、ご主人がするので家にネットは通じています。
今日のいろんな返信を見て、すぐにでも電話をしようかと思いましたが、もう遅いので、
明日早速勧めてみます。
ありがとうございました。


ゆうさんへ 投稿者:M  投稿日: 7月30日(日)00時22分54秒

ふふふ、
ゆうさんって、思い過ごし派?
ゆうさんの書きこみ、別に過激でもなんでもないですよ。

>私もMさんの‘言葉の教室’に入れてほしいな〜!!

 うっ・・、Mの得意技の意味不明語を勉強したい?
 
ことばと言えば・・・、
おばさん(さん)の妹さんへの皆さん一人ひとりのことばを読ませてもらって、
 ♪野を超えて山を越えて、谷を超えて♪
そして今も、向うに見えるあの山をハミングしながら登ろうとしておられる
ずぶと・・ああ、いやあの・・繊細な逞しさを、心より頼もしく思いました・・です。

>また心から笑える日が、妹さんにもきっと来ますよ。

おばさん(さん)、私もそう思います。そう願っています。


亀レスです・・・ 投稿者:ひいろ  投稿日: 7月30日(日)01時04分36秒

うちのパソコン、暑さでうだってクラッシュしてしまい、2日ほどネットできませんでした。

みんなみんな同じ道をたどって、それぞれに自分で消化して今があるんですよね。
人によって、立ち直りかたは違っていても、やっぱりみんな一回は地に潜ってる・・・

うちの子供は、3才の時自閉症、現在精神発達遅滞(中身は自閉症)の診断をもらっています。
3歳の時、はっきり自閉症と言われ、いろいろ調べたのですが、本を読んでもピンとこない。
療育センターでも、具体的な事は教えてくれない。
私もどうしていいかわからなくて、途方にくれていました。

でもネットのおかげて、人よりは立ち直りが早かったかもしれません。
私自身が、情報を集めて分析する事によって安心するタイプなので、ネットは救世主でした。
ネットをやっていなかったら、私もまだ荒れていたかもしれません。

妹さんも、きっと今1番辛時期だと思います。
多分、静かに見守るのがいいのでしょうけど、本人に抵抗がないのであれば、
精神科などに頼ってみるのも一計だと思います。
私も療育センターで、精神科を勧められた事があります。
「子供に必要なんですか?」と尋ねたら、「いや、お母さんがねぇ」と言われました。
障害児の親が通うケースは、結構あるようです。
地域にもよるけれど、療育センターや児童相談所などでも、
そういった相談を受け付けています。(頼りにならない地域もあるらしいですけど・・)
でも、多分一番頼りになるのは、ここのお母さんたちだと思いますよ〜。
妹さんのご来訪、お待ちしてます。


私はジェイムスくん♪ 投稿者:ひいろ  投稿日: 7月30日(日)01時22分09秒

マニアックだと思っていた「エロイカ〜」を、こんなにみんな知っているとは・・
でも「エロイカ」といえば忘れちゃならないのがジェイムスくんでしょ〜?
・・・・どっか変かしら?・・・

ところで、アメリカ帰りのちびくまママさんは、新シリーズが始まっているのをご存じかしら?
ソ連が仮想敵国でなくなったので、皆さん暇をもてあましているようですが・・

余談ながら、私のすきな漫画家は・・
三原順(なんで死んだんだ〜!)
川原泉(いつ新作書くんだ〜!)
ぬまじりよしみ(なんでレディースコミック書いてる〜!)
・・・・そうです、私は花ゆめ購読者でした。
「ぼく地球」の連載終了をきっかけに、さすがにやめましたけどね。
ですから、もちろん「ガラスの仮面」もハマっていたのでした。


いいかげんにやめないと・・・ 投稿者:ぷにぷに  投稿日: 7月30日(日)04時08分26秒

Mさんに怒られるような気がするんですけど、なつかしいタイトルが次から次へとでてきて
がまんできなくて・・・。
「なかよし」「りぼん」(後2冊ほどあったけどなんだったけなあ)から始まって、「別マ」
「別コミ」「週マ」「週コミ」に移行し、「プリ」とか「ララ」にもはまってOLになって
からは「ジャンプ」「サンデー」「マガジン」にまで行ってしまった私。最近は文庫版で
懐かしの漫画が読めるからいいよねえ。


あっ、 投稿者:ぷにぷに  投稿日: 7月30日(日)04時11分21秒

「花ゆめ」が抜けてた。
・・・いいかげんにしろって?>自分(^^;


うにゃ〜 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月30日(日)05時55分14秒

最近はともかく、自他共に認める漫画好きだったワタシ。
きっとマニアックすぎてみんな知らないよなぁ、なんて思って
SF路線のしかタイトルを出さなかったのだけれど、
わ〜〜〜!!! みんな、それ読んでいたんだぁ!!!!(爆笑)

川原泉、ワタシも大好きです。
「エロイカ」読んでました。
その前の連載の「イブの息子たち」も読んでいたの。ああ、ミジンコスキー。(←あっ、これはマニアックすぎ!笑)
「ぼく地球」読んでた読んでた。イメージアルバムのダビングテープも持っています。お奨めですよ。(今でも売っているのか?笑)
でもって、まさか「銀英伝」まで出てこようとは! ワタシは小説が一番好きですけど、
漫画も、道原かつみの絵は好きでした。ついでに「ジョーカーシリーズ」も・・・(^_^;)

うちは旦那も漫画好きだから(漫画に限らないけど)
結婚してから、読む作品の幅が広がりましたね。
こんな訳だから、我が家には漫画を含めた本がいっぱい。
子どもたちは物心付いたときからそれらに囲まれているわけで、
これで子どもが漫画(本)好きにならなかったらおかしい! と昔から旦那と話し合っていました。
期待にもれず(笑)長男も次男も、漫画(本)はだ〜〜〜い好きです!

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


Mさんに怒られるような気がするんですけど 投稿者:M  投稿日: 7月30日(日)08時34分32秒

勿論、怒っています!!
  > だってぇ、だれも 吉村明美の名を出してくれない・・・(。。;)☆\(ーー;)。

でも、コミック、ドラマ、映画、お芝居、小説・・・、
どれも人の心が読めるよねぇ。
表面に出てきたせりふの裏の裏を勝手に解釈して、一人、笑ったり涙したりする変な奴です
わたくしは・・・。

でも現実の世界では、人のことばや気持ちには思いきり鈍感。
特に相手が複数になると、全くダメなんですよねぇ、よく、40人もの子を相手にする教師が
つとまっていたと思います・・今更ながら・・。
      
今日は、日曜日なのでまたまた夜遊びに出かけます。
海も山も疲れるので、日陰遊びね。

あ、そうそう。昨晩、恒例の関西花火大会情報をUPしました。
        ここをクリック!

でも、花火大好きのこくっぱ君には関西は遠すぎるねぇ。
関西以外の人、音がだめな人には、プレイルームに夏の花火大会も常備?しておりますので
どうぞ。
        ここをクリック!


まんがにがて。。。(ぼそ) 投稿者:のあ  投稿日: 7月30日(日)09時02分22秒

でも、SFは好きだったりします。。。ヽ( *´▽‘)丿
竹宮恵子さんの「地球(テラ)へ...」はいまでも持ってたり。
「11人いる!」も持ってたはず。

小学校の時、友だちに付き合って買ったりしてたっけ。
いまいち話題に入れないでいます。。
もう終わった話題だった?? ○)))ヘ(^・・^=)〜 あそんでほしいの〜♪


「地球へ・・・」 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月30日(日)09時50分02秒

わ〜い、ついにこのタイトルが出てきた!\(^o^)/
私も、もちろん持っています。
映画も見ました。(大分内容が違っていたけど)
でもって、レコードも買いました。(まだCDじゃなかった!)
表面にソルジャー・ブルーの顔が描いてあって、プレイヤーにかけると、それがグルグル回るの。
ソルジャー・ブルー、目がまわんないかなぁ、なんて心配していました。(爆笑)

キース・アニアン、ジョミー、トォニイ、マツカ、ファリス・・・み〜んな好きなキャラクターだったけど、
一番のお気に入りは、やっぱりソルジャー・ブルーだったのでした。
ああ、思いっきりオタクしてしまった。
後は自粛しようっと。(笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ソルジャーブルー 投稿者:まりん  投稿日: 7月30日(日)10時32分31秒

映画「地球へ・・」のソルジャー・ブルーの声は「志垣太郎」さんだった。
超久しぶりに、ここにやってきたら、私の大好きな漫画の話しでもりあがって
いたので・・。仲間いれてー!(まりんママを改名)
HPを作りました。まだまだ工事だらけで、中途半端ですが、(言葉の問題まで
まだたどり着かない)
覗きにきてね皆様(^0^)
「エロイカより〜」ではロレンスとA君が好きー!

http://www.geocities.co.jp/SweetHome/9844/


んでもって 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月30日(日)11時25分29秒

キース・アニアンの声は、沖雅也・・・・・・(だから、自粛しなさいってば!>自分)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


今日はお出かけしないの? 投稿者:るり  投稿日: 7月30日(日)11時33分12秒

マンガの話題、続きますね〜。(ニンマリ)

吉村明美さん、好きです!
『麒麟館ストーリー』まではコミックスも自分で買っていました。短編集も良いですよねぇ。

三原順さん、私は友達から借りた『ムーンライティング・シリーズ』からはまったんですが、
『SONS』は1年に1・2度、押し入れから引っ張り出して読んでるんですが、読むたびに
発見があるんですよ。(本当に亡くなられて残念です)
川原泉も、うちの押し入れのダンボール(どうしても捨てられなかったマンガのコミックス)の
中に、ちゃんと入っています。
白泉社から出ている『プータオ』は、リニューアルされるまで買っていました。
それはマンガの特集から美容、旅行記など面白かったんですけど、川原泉さんのマンガも載って
いましたよ。

あと、少女マンガではないのですが、土田世紀さんの『編集王』も好きでした。
それと、西原理恵子さんの本は買ってしまいます。マンガも『ぼくんち』や『ゆんぼくん』の
最後の巻の方は秀作だと思うんです。

普段、マンガ好きだということを公言していないもので、まさかここの掲示板で語れるとは
思っていませんでしたわ。

Mさん感謝!

掲示板過去ログ案内に戻る