2000年7月その7
そろそろ、、、 投稿者:satomi  投稿日: 7月30日(日)11時37分09秒

「銀英伝」はぜひビデオも見ていただきたい!
作者である田中芳樹さんはビデオの話しが出た時に「この話しをビデオにするのはムリじゃないか」と思ったそうですが相手の熱意に押されてOKしたみたいな話しを読んだか見た覚えがあります。全28巻!いっこにテレビ放映4回分くらい入ってるかなぁ、、、(巻によって違うけど)
情熱と気合いを感じます。
ここまで小説に忠実に描いてくれると感動もんです!!BGMもスペースオペラと銘打ってるだけあって素晴らしい!!
マンガの方のファンの方もいるのに批判めいたこと書いてすみません。。。だけどビデオ見た後じゃちょっとね、、、だけど道原かつみの「銀英伝」の写真集は持ってます(笑)

すみません、、、だけどビデオの素晴らしさを言っておかないと〜〜〜〜ガマンできなかったのよぉ〜〜〜!!!!

こんな話しばっかりですみませ〜〜〜〜ん!!
他のカキコもちゃんと読んでますので、、、引いてる方とか潜んでしまってる方もいるかもしれませんが、、、ガンガン別の話しもしてくださ〜い!!

わたしは、これでかなりスッキリ(^^)「ぼのぼの」もなかなかの名作よねぇ、何回見ても飽きない、、、岩館真理子さんとか田淵由美子さんとか陸奥A子さんとか、、、懐かしいなぁ、、、一条ゆかり、、、っていい加減にしておこう。。。「こでまりのころ」は誰だっけ?ってビシッ!!
たかなししずえも可愛かった、、、、もぉいいってばぁ。。。。。。

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


スミマセン、、、訂正 投稿者:satomi  投稿日: 7月30日(日)11時38分54秒

道原かつみさんの写真集じゃなくてイラスト集です、、、


わぁいヽ( *´▽‘)丿 投稿者:のあ  投稿日: 7月30日(日)11時51分46秒

朝倉さんならご存知かなと思ったんだ♪!
まりんさんも!こんにちわ♪

ますむらひろしさんの、銀河鉄道の夜なんてどう?
ひでよしも好きだす。^^)

必死についていってたりのつもりでしたが、意外と私も。。。?
とまらなくなりそう。。地下に潜ります(謎)


話題が終わる前に 投稿者:るり  投稿日: 7月30日(日)12時19分30秒

山下和美さんの『天才柳沢教授の生活』(タイトルまちがってたかな?)は、作者のお父さんが
モデルだそうですが、一読、お奨めします。とてもマイペースでまじめで、読んでいて面白いん
です。

山下和美さんのお姉さんが、昔プチコミで『れいこさんが行く』を描いていた人だと知ったのは
最近のことです。(私、好きでコミックスまで持っていました)
学者のご家庭から、マンガ家の娘が3人も出ているというのも興味深い話です。


昨日 投稿者:るり  投稿日: 7月30日(日)12時27分10秒

夕食にウインナ−炒めていたら、突然ふーが、
「○○ぷりぷりソーセージ♪」と踊りながら歌いだしました。ニヤニヤしながら・・・
夏休み前に、多分、幼稚園でお弁当の時間か何かに、クラスメートから吸収してきたんだと
思うんですけど、この位の年から、下ネタ関係の話だとニヤけたりテレたりしながら反応
するんですねぇ。(本能?)

私は教えてないんですけど。


実はストレス解消カキコ、すみません。。。 投稿者:satomi  投稿日: 7月30日(日)12時35分09秒

懐かしいです、マンガにハマッていた同時期、同人誌の世界にもどっぷりと浸っていました。
作る方にもハマりました、、、コミ・ストとかそうさく畑とか(分かる人には、、、(^^;)
自分にとって一番イキイキしてて楽しかった時期だと思います。
戻れるとしたらあのころに戻りたいと思います、、、
あのころを思い出すと切なくなるのはなぜでしょう?
もしかして今の自分を後悔してる?いゃ、そんなことはない、、、ないけれど、、、

ヒロはプールで遊び疲れて寝ています(^^)
====
ヒロが産まれて間もなくちょっぴり落ち込みモードが激しい時に一度精神科からお薬をもらっていた時期がありました。ヒロの病気のことが分かる前のことですが、自傷行為があり自分で自分が恐かったから、、、(エスカレートするとこどもが、、、と自分で危険を感じた)
最近ではそのころのような症状に陥ることはないのですが、別の不安も出て来て、、、
例えば前にもカキコしたけど、ヒロがひとつの靴以外履こうとしないこと、、、サイズ合わなくなるころには言って聞かせれば分かるようになっているかしら?(他のを履かそうとすると異常に嫌がります)
2歳になるのに、ご挨拶もバイバイもできない、、、ことばも相変わらずない、やっぱり落ち込みます。
もっと細かい検査受けた方がいいのかしら?でも検査受けて細かいこと分かったからってどうなるものでもないかぁ、、、多動で困るというほどでもないし何かしている時の集中力はあると思うし食事も大人しく食べられる、、、と日常での支障は全くといっていいほどないんですが。。。
ことばの教室は、長い目で見ないといけないのだと分かっていても成果を期待しちゃうんですよね。
あまり変わりないことにガッカリしたり、、、
それでも我が子の寝顔、笑顔を見ると「うちの子一番!」なぁ〜んてね(笑)
だけど「こんなにいい子なのに」、、、「普通」じゃないかもしれないのだと思うとやっぱ辛いです。。。わたしはまだ「普通じゃなくてもいいんだ」までには達してないようで、、、自分も辛いんだけど、これからどんな風にこの子は生きていくんだろうとか思うとねぇ、、、
ヤバイ、、、、、、やめとこ。。。いろいろうまくいかないことが重なるとバランスが保てなくなりそうで。
ヒロ起きないかなぁ、お散歩にでも行きたいなぁ(この炎天下に(^^;)
「銀英伝」のビデオ見るかなぁ、、、久々に、、、今は休憩時間なのよぉ〜♪
お仕事の時間は朝6時半から11時過ぎころまでで午後は4時から10時ころってとこかしら、、、

ボォ〜っとしてるといろいろ悪い方にばっか考えてダメねぇ。。。


http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


戻りたいけど、、、 投稿者:satomi  投稿日: 7月30日(日)12時40分03秒

ヒロはいないとダメよ!
ヒロはわたしにとってかけがえのない存在です


satomiさん 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月30日(日)13時14分16秒

自粛しようと思いながら、思わず反応してしまう、その名前・・・
>コミ・ストとかそうさく畑とか(分かる人には、、、(^^;)

あの〜・・・私も同人界におりました。(^_^;)
でもって、神戸のバサラという創作同人グループに、朝倉玲のPNで参加しておりました。
ただ、私自身は東北にいたので、そちらの展示即売会には参加したことがなかったのですが・・・
今はサークルも解散してしまったので、自分のHPで創作活動を続けています。
WEB同人誌なんてのもやっているんですよ。原稿公募して。(笑)

友人たちと原稿書いて、本にして、それをひっさげてコミケなどの展示即売会に参加する、というのは
ショウがいる今、もう不可能なのですが、
出来る形で創作を続けていくことは出来るんですよね。あれ?なんか変な言い方・・・・・・?(^_^;)

あっ、でも、誤解の無いようにひとつだけ。
私は自分の書く作品のように我が子も思い通りに生きさせよう、とは思っていませんです。はい。(笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


たはは・・・ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月30日(日)18時51分38秒

やっぱり悪のりしすぎました。(^_^A
下の書き込みはsatomiさん宛てのメールにすればよかった。
個人的すぎたし、マニアックすぎる話題でしたね。
すみませんでした。m(_ _)m>皆様

で、ちょっと意味のとりにくい文章も書いてしまったので、その補足。
>私は自分の書く作品のように我が子も思い通りに生きさせよう、とは思っていません
というのは、
「私は自分の各作品の登場人物なら思い通りに動かしますけれど、
自分の子どもまで同じように思い通りにしようとは思っていません」
と言う意味だったのです。
同人誌やってて、小説も書いていたなんて書くと、
リンコさんにお母様と同じようなタイプの人間と思われるんじゃないか、
なんて、つい思ってしまったものですから・・・・・・重ね重ね、すみませんです。m(_ _)m

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ちょっとみないうちに。 投稿者:りんか  投稿日: 7月30日(日)19時05分22秒

すごい話題続出で、いい加減やめろよといわれても書いてしまいます。
みなさん、ゆるして〜。

青池保子・・・全部持ってます。ヒース私をみて@イブの息子たち
       エロイカの新シリーズもそろえております。ミーシャも白くまも元気です。
川原泉・・・持ってます。笑うミカエル、未だに泣けます。

あと、木原敏江、吉田秋生、樹なつみなども読みます。というか、何でも読むって感じです。
生徒諸君は涙なしでは読めません。
三原順・・・はみだしっこはバイブルです。

さて、これから家に帰ります。取り急ぎまして、失礼します。


銀英伝・・・ 投稿者:まりん  投稿日: 7月30日(日)19時27分07秒

あぁ・・・気になって今日二度目の登場です。(−−;)
銀河英雄伝説は、ビデオも漫画も大好きですぅ!
キルヒアイスに、ラインハルト、ミッターマイヤーも好き!
内容も絵も声も満足いくのってそうないんだけど、銀英伝は
完璧よ!
でも、私の周囲には銀英伝しっている人が少なくて・・・。


あ〜ん、自粛したいのに〜(涙) 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月30日(日)20時26分08秒

どうして、どうして、思わずレスしたい話題が出てくるの!?(笑)

>でも、私の周囲には銀英伝しっている人が少なくて・・・。

私のまわりにはたくさんいます。って、もとSF研ですから、当然と言えば当然ですけど。
銀英伝はうちの旦那から教えてもらった、一番最初の本でした。
つきあい始めたばかりの頃の・・・思いでの作品です。(笑)
その後、私の後輩たちも巻き込んで一大ブームを巻き起こし、
ついには銀英伝の同人誌まで作っちゃいました。(^_^;)
私たちは、同人界の中では、かなり真面目な方でして、「や○い」には走らなかったのでした。(笑)

銀英伝・・・文体はちょっと硬いし、ドイツ語ふうの名前が連発されるけれど、
内容も宇宙戦闘ものになっているけれど、
私はあの本で真の民主主義とは何か、と言うことを知ることが出来ました。
今でもこの作品だけは文庫にならずに、新書版で出続けているのですから、
それだけ根強い人気がある、と言うことなのでしょうね。

さぁっ、今度こそ本当に自粛するぞ。(決心)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


靴だけど 投稿者:リンコ  投稿日: 7月30日(日)20時52分28秒

同じ品番、同じ色でサイズ違いを0.5刻みで全部買っておいて、全部出しっぱなしにして展示しておけばOK


それわたしもマジで考えました。 投稿者:satomi  投稿日: 7月30日(日)21時18分58秒

リンコさん

レスありがとうございます。
同じ靴のサイズ違いをいくつか買っておくかぁ、、、って。
だけど、大きくなるにつれてこだわりはますます強くなるんですよねぇ、きっと。
いろいろな場面のことを考えると違う靴も履けるようになって欲しいと願うわけです。
、、、などと思っていたら、夕方ヒロがいないと思ったらじじばばとお買い物に出掛けていた。
昼間買って来てくれた靴、本人いなかったもので14買って来てて、、、ホントは16なんですよね。それを交換するためにヒロを連れて行ったわけ。
ゲッ!無理矢理履かせるんじゃ、、、と心配だったんだけど、、、やっぱ無理矢理履かせたみたい。でもしばらく履いてたら店の中を履いたままグルグル回ってたよとのこと。
そっか、他の履けたんだ、、、ホッ。。。
だけどもう一度履かそうとすると嫌がる嫌がる、、、それでも履かせて少し様子を見てみた。しばらくは気にして嫌そうにしていたけど気にしながらもそんなに抵抗しなくなっていった。
本人にとっては辛いことなのでしょうね、、、リンコさんのお話しなども読んでますし、、、
けどね、今なら少しずつ慣れていけそうなので、少しずつ少しずつムリさせない程度に慣らしていきたいなぁと思っています。

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


すっごく懐かしかった 投稿者:ケロ  投稿日: 7月30日(日)21時24分55秒

中・高校生の頃、発売されている少女マンガ雑誌は友達と交換してほとんど読んでいたから、皆さんの書き込みに出てきたマンガは全て読んでいたなぁ、と、つくづく感心してしまいました。
友達が同人誌やっていて、お手伝いもしてたし。売り子さんも数回やったのよ。ほほほー。

子供が2人とも保育園に行くようになって自分の時間が取れるようになったら、図書館でゆっくり本でも読もうと思ったんだけど、図書館の前に『まんが喫茶』が先になりそう・・・。(笑)


ところで、今日、聾学校のお友達の家へ集まってバーベキューをしたんです。
同じ障害を持った仲間達で、家族ぐるみでお付き合いするのってなかなか良かったです。
母親同士での交流って割とあるけど、お父さん同士で「共感」しあえる機会ってなかなかもてないですからね。
年も性格も趣味もバラバラだけど、同じ障害児を持っている仲間なので盛り上がれました。
でも子供の事より、お互いの奥さんの暴露話で盛り上がってましたけどね・・・。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


うちも靴にはこだわりがあったので 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 7月30日(日)22時10分31秒

買いましたね、同じ靴、サイズ違いで6足。今通園施設に履いて
行ってるのが、その最後の1足です。
うちの場合は、展示はしておかなくてもOKでした。

その他の靴やサンダルも履かせてみたくて、いろいろ買ったりしたけれど、
結局無駄になって、今は他の子のものになってるのがほとんどです。
まあ、言ってみれば、可愛い靴を履かせたいとか、季節に合ったものを
はかせたいとかは、ほとんど親の側の一方的な理由なので、「本人が
そこまで気に入っているのなら、とことん履かせてやろう」と割り切ったら、
案外どうってことはありませんでした。

今の通園施設では上履きにはきかえるのですが、そういう子なのでとても
心配したけれど、買った上履きに名前を書いて、「Indoor Shoes at School」と
札をつけて玄関に3日間展示しておいたら、園では「Indoor Shoes はいてね」と
言うだけで、すんなり履いてくれました。

「違うお靴も履けて、偉いねえ」と誉めると、にやっと笑っていましたから、
本人はやはり頑張ったのでしょう。
段々と、譲れるところは譲る、我慢できるところは我慢する、という力が
育っていっているのだなあ、と嬉しくなりました。

次の靴は、彼と一緒に買いに行って、「Chibikuma's New Shoes」と書いて
展示しておこうと思っています。

アメリカは昨今、空前のハーブブームで、そこで手に入れたのが
「セント・ジョーンズ・ワート(St.John's Wort)」。
アメリカでは、「副作用の無い抗鬱剤」と呼ばれて、広く
市販されています。日本でもファンケルとかにあったような。
私はよくお世話になっていますが、とても気分が楽になります。

>アメリカ帰りのちびくまママさんは、新シリーズが始まっているのをご存じかしら?
   いや〜ん、血が騒ぐうぅ〜)^o^(
     ・・・部下Z君は元気かしら〜☆

気分が暗くなったときは、川原泉のほのぼの感がいいかもしれないですね。
今度実家に帰ったら、弟に借りよう・・・・。


はかなくても、 投稿者:リンコ  投稿日: 7月30日(日)22時18分42秒

まいにち見てると慣れると思うんですよ。

だから、「べつのくつ」も、全部サイズ違いでだらーーーーっと展示しといたりすると、毎日目には入るわけだし。そのうちいくつかは(小さい方の)は、仮に、はかないうちにちいさくなっちゃったとしても、大きいやつがはけるための「目の準備」に役に立ったと思えば。

それと、「おなじくつ」の、ひとつ大きいやつにとりかえることだって、「べつのくつ」に乗りかえる準備になるかも、とも思うんですよね。

全然関係ないけど、私はビルケンシュトックの「パサデナ」の「細」の38の黒を2足持ってて、かわりばんこにはいてます。靴はその他、ゴム長と、不祝儀用の布のパンプスがあるだけ。


私は、 投稿者:リンコ  投稿日: 7月30日(日)22時34分04秒

服も靴も、痛かろうがきつかろうが寒かろうが暑かろうが関係なく、「きっと運命なんだろうな」と大いなる勘違いをしていたので、その種のこだわりは一つも発揮しませんでしたよ。もう、すごーく根本的な所でとんでもない勘違いをして、勝手に絶望していたので、楽だったと思います。

で、大きくなってからっていうのか、30過ぎてから、意図的にこだわりを導入したクチです、私は。それによって「生きるエネルギーが残る」ってことを発見したから。というのか、んー、何て言うんだろ、30ごろに、神経系の成長が追いついてきたのか、「シンドイ」という感覚を獲得したので、「楽に暮らせる工夫をしよう」っていう発想が初めて誕生したんですね。

それまでは、何で自分はときどき動かなくなるのだろうと不思議に思っていたのですが、それを、「シンドイ」とか「疲れた」とか「具合悪い」っていうやつなんだ、っていうのを知ったのです。そんな中で、いろいろ、楽をする方法を考えたりするようになって、思いついて導入したのが、いわゆる自閉っ子のこだわりと偶然、そっくりのものでした。まだ、診断を受けるより3年くらいも前の話ですけどね。

そうなってしまってから、以前の状態を思い出してみると、「よくあれで生きてたなー」とも思うんですが、それでも、楽な状態ってのを生まれてから一度も知らないんだから、けっこう平気で楽しく生きていたし、それなりに幸せだと思ってたんですよね。だから、今は、たとえば人に言われなくても病気に気がついたりするし、脱水にならないうちから水を飲むようになったり、重すぎる荷物は持たなくてすむときは持たなくてすむようにしようと考えたり(配達を頼んだり、宅配便で送ったり、買い物しすぎないようにしたり、キャスター付きのかばんに入れて引きずって歩いたり。)するようになって、このごろだんだん、「荷物が重いのって、ひょっとしてイヤかも?」っていうのが自分でわかるようになったのでなかなかすごいぞ! と思っています。


ところで、 投稿者:リンコ  投稿日: 7月31日(月)01時09分15秒

こだわりって「大きくなるにつれてひどくなる」って決まってるわけじゃないと思いますが。

大きくなって「カテゴリー」っていう概念の理解が進んだら、カテゴリー理解の代わりにこだわりでまとめる必要がないことが増えるし、「そういえば、前に、こだわりを崩されたことがあったけど、そのときも別に死ななかったじゃないか」っていう経験も蓄積されていくんだから。

もしも大きくなってからの方がひどくなるとしたら、「世界が広がって、自分でやれること、やらないといけないことが増えた分、こだわり以外の部分での負担が増えたので、エネルギーを節約する必要性が増した」か、「こだわりを利用した方が、エネルギーを節約できるぞという因果関係が理解できてしまったため、魅力に勝てなくなった」か、どっちかじゃないかしら? ほかにもあるかなー。


まあ、 投稿者:リンコ  投稿日: 7月31日(月)01時18分04秒

私はどんなにつらくても最初からあきらめていたから平然と履いていたので、「あのとき、展示してあったらさぞかし助かっただろうなあ」というのは、想像でしかありません。

でも、展示してあったら、楽っていう以前に(そして楽っていう以上に)、壮観でかっこいいと思うし(単に物が並べてある絵が好きなのかもしれないけど)、あと、「時の流れが目で見える」感じが味わえそうな気がするのです。「いつか、これを履くようになるのかー」とかね。なんだか自分の成長も実感できそうだし。私なんか人間は20歳の誕生日にいきなり大人になるのかって勘違いしてましたからねー。

だから、べつの靴も横一列に並べてあって、しかも、同サイズのべつの靴がタテに並んでたりしたら、それはそのまま縦軸と横軸の「表」になって、「大きさ」(あるいは時間)っていう概念が横軸に、靴の種類っていう概念が縦軸にくるから、何か混沌としていた頭がすっきりして見通しが立って、靴の件で助かるだけじゃなく、玄関に並んだ靴の画像が、あとで他の概念を理解するときに画像の比喩として何かの役に立つことがあると思うんですよ。

って、わけわかんないこと言ってしまったか・・・ ゴメンナサイ。


靴。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 7月31日(月)04時27分18秒

人数多いので、18センチから26センチの靴が絶えず並んでます。その数、20足以上。
すぐ、ぐちゃぐちゃになるのですが、ハカセが時々そろえて並べております。
ハカセがそろえて並べた時は、大きさ順に並んでいたりして、そろえている所を見ていなくても、ハカセがやったなってわかったりします。

・・・そうか、これって役に立っていたのかもしれない。(余計混乱してたりして)

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


巡回中です 投稿者:オリーブ  投稿日: 7月31日(月)07時05分16秒

ご無沙汰しています。
「おうさまのみみ」のオリーブです。
おかげさまで、リンク集へのご掲載サイトが通算200サイトを超えました。
忙しさにかまけてご挨拶もままならない状態を反省し、
只今ご掲載サイトを巡回させていただいております。
コピー&ペーストの文章でごめんなさい・・・

これからもよろしく!

P.S
8月からWEBのオリエンテーリングゲームに参加します。
お暇な時にでも、遊びに来てくださいね。

http://www.shonanblue.ne.jp/~olive/ousama/


自粛した朝倉さんへ 投稿者:まりん  投稿日: 7月31日(月)07時56分47秒

私もダンナに新婚当時、銀英伝を教えてもらい、ハマリました。
当時はTVでもやっていたので、その時間が楽しみで(^^)
久しぶりに銀英伝の漫画よもうっと


法則性 投稿者:megumi  投稿日: 7月31日(月)10時19分17秒

>どんなにつらくても最初からあきらめていたから平然と履いていたので
う゛っ……       うちの少年もその傾向があったと思います。

足を引きずるのでどうしたのかと思ったらすごい靴擦れだったりして。
言葉がしゃべれないから言わないんじゃない。痛くないわけじゃないけど、
それが自分の痛みで、靴のせいでそうなったとかいうことに気がつかなかったようだったので、
それからは一層気をつけて、はきやすいもの(着脱簡単で歩きやすい)を選んでいました。
でも、多動でつま先歩きのためか、足のサイズが大きくなるより前に靴底に穴があいてました。
だから、同じデザインの同じサイズを2足買ったりもしましたし、これがいいと思ったものは
次のサイズも買い置きしたりしましたよ。
冠婚葬祭のときも七五三だろうが入学式だろうがその靴です。
(Jリーグのマスコットつきのは良かったけど最近手に入らない)
やっとこのごろはかかとのほうが減るのが早くなってきています。
歩くのも上手になったのでしょう。

子どもが大きくなってきてこだわりが増えるというのは
いろいろな部分が成長してきて、感覚の世界にだけに浸っていられなくなってしまうと
周囲の不確定要素を自分なりに解釈しようとするんだと思うんですよ。
これは自閉でも非自閉でも同じだと思います。
ところが世の中は非自閉の規準でできていますから、
非自閉の法則は法則として意識されないで
自閉の人の法則は「こだわり」と呼ばれてしまう。

>それはそのまま縦軸と横軸の「表」になって、
>「大きさ」(あるいは時間)っていう概念が横軸に、
>靴の種類っていう概念が縦軸にくるから、

大きさだけじゃなくて、「時間」でもあるんだぁ〜〜〜。

療育センターの個別課題の教具にそんな感じのものがありました。
『4×4のマトリックス』だったと思うけど、当時は難しかったです。
今なら、喜んでそれで遊びそうな気がしますが。


買ってもらえることがわからない 投稿者:リンコ  投稿日: 7月31日(月)11時40分00秒

「靴がきつくて痛いよと言えば、父か母が、別の靴を用意してくれるだろう」という理解ができなかったですね。父や母が、私の様子を見ながら考えたり陰で相談したりして、「これが要りそうだな」と思うモノを買っているということが、想像もつかなかった。どこかで、既に、買うことに決められているモノを、運命に従って買っているんじゃないかと思っていたから。両親に意識があって、意思があって、思考もしてるってことを、知らなかったから。

だって私、母が「今晩のおかずは○○だよー」と言うのを、予言だと思っていて、食卓に確かにそれが並ぶと、「ほんとだ当たった。さすがだな」と思っていたくらいですから。

そんなわけで、「この靴、きつくて足が痛い」と言うことはあったにしても、それは「事実の叙述」でしかなくて、そう言ったら代わりの靴を出してくれるかも、とは結びつかなかった。私の状態にかかわらず、靴は降ってくる日になったら降ってくるのだと思っていた。ただ、天井から降ってきたら困るから、父か母が買うんだと思っていた。

父や母がモノを買ってくれることを知っていても、何かのスケジュールに従って買ってくるのかと思っていたってことは、モノを買ってもらっても父や母の好意や厚意は理解できないわけで、だから有難いと思っていなかったなあ。恩知らずなのはモノがあり余っていて恵まれすぎているからだと両親は解釈していたようですが、貧しい時に生まれ育っていても、やっと手に入った貴重品そのものを有り難がるだけで奔走して手に入れてくれた人の努力を有り難がることはできなかっただろうな。

おねだりをしなかったことも、「おりこう」と言われていたけど、それも理解の遅れのためにできなかっただけで、有り難がらない「恩知らず」と「おりこう」とは同じ現象だったのだけど(笑)。そう、私は、鷹揚でお行儀良くてあきらめが早くて恩知らずで、つまり「クールなお姫様」だったのですな。


まりんさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月31日(月)13時42分04秒

>私もダンナに新婚当時、銀英伝を教えてもらい、ハマリました。

うふふ、意外なお仲間、見〜つけた♪
楽しい楽しいひとときでしたよね。
旦那と(私はまだ結婚してなかったけど)同じ作品のことをあーだこーだと話し合って。
ちなみに旦那は鉄壁のミュラーがお気に入りでした。
私は、誰が何と言っても魔術師(ミラクル)ヤンがご贔屓です。

・・・これは、とある自粛人の独り言です。
例え書き込みに見えても、これは独り言なんです。(笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


靴といえば・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 7月31日(月)14時50分28秒

4歳ぐらいまでは、靴が一人でうまく履けない、もそうですが、ちっとも汚れない
というのが悩みでした。
このぐらいの子って、普通、いろんんなことやらかして靴をどろどろにしたりしますよね。
何もやらかさないから、いつもきれいなままでした。
この子が靴を泥だらけにしてきたのを文句を言いながら洗ってみたいなあ・・と思ってました。
その頃はやっぱり、どんな靴が欲しいかおねだりもしなかったし、買ってあげても、そんなに
うれしい感覚がなかったようでした。

最近ですね、一緒に買い物に行って、買って上げる甲斐があるように少しは感じられる様になったのは。
で、文句を言いながら汚れた靴を洗いつつ、昔は楽だったなあ〜、とか思ったりする。


靴とかもしか教室 投稿者:satomi  投稿日: 7月31日(月)15時14分57秒

みなさんの靴に関するカキコ読ませていただきました。
これから参考になりそうなこともいっぱいありそうです(^^)

ヒロはといえば、、、今日ひまわり幼稚園に行く日だったので新しい靴を履かせお出かけしました。始めはやっぱり嫌がったのですが、まぁ何とか大丈夫な様子でした、、、が、いつもと違うつま先歩きをするのが気になりましたねぇ。。。違和感あるのかしら?
まっ慣れれば大丈夫ということで、、、いいのだろうか?
試しに簡単に履けて脱げにくいサンダルを買ってみた(安かったし(^^;)一般的なサンダルの形で後ろに脱げないようにゴムが着いている。
これは履かせる時にモタモタしているとヒロの抵抗が激しくなるもので、、、履かせるのには成功しましたが、やっぱり変なつま先歩きになる、、、?う〜ん。。。(かかとに笛が着いてるのにつま先歩きじゃ鳴らない〜(^^;)

リンコさんの書き込みを読んでいると、いつも自分の勝手な思いこみにハタッと気付かされます。
自閉症児はこだわりが強いから、、、という思いこみがあるもので、例えば靴を履かせて嫌がるを見て「あまりムリしているとパニック起こすんじゃないかしら?」と思ったり、、、
実際のところはヒロは「これがパニック」と感じるようなものを起こしたことはないのですが。。。
「同じ靴のサイズ違いを揃えておこうかしら」、、、と考えた時も「だけど、それじゃますますその靴に対するこだわりが強くなって他の靴を受け付けなくなるんじゃないかしら」とかね。
実際のところはこどもも成長すれば理解力も出てくるわけだし、いつまでも同じ状態ではないのですよねぇ。

ところで、もしかしたら履き心地が悪くて嫌なのかも、、、という気持ちもあって、わたしも自分なりにこどもが履きやすそうなものをと思いながら選んでいます。
靴擦れとかしたことはないんですが、ことばがないだけに痛いとか言えないしねぇ。
だから、後ろ側(靴の底じゃなくて、後ろの上側の部分は何てって言うんだっけ?)は厚みのあるクッションの入ったあたっても痛くないものを選んだり、とにかく履きやすいものを選ぶのは基本です。
実はお義母さんが買ってくれたのは後ろ側が痛そうなんだけど、、、まっ様子見るかぁ(^^;
可愛かったからってだけで買ってくるからなぁ、、、買ってもらって文句も言えないけど〜
−−−−−−−−−−−−−−
先にも書いたけど今日はひまわりの幼稚園の日でした(^^)
今日もプールあるかなぁと思ってヒロの海パン持って行ったけどハズレ!今日はかもしか教室という交通教室の日だった。
しかし、、、今日はつくづくヒロが他の子より手のかかる子かも?と感じた日だった。。。
かもしか教室が始まる前にアプラハムの踊りとマラソンをしたのだけれど、ズーッと三輪車の車輪眺め(^^;
他の子は朝の会をするので教室へ、、、
離そうとすると怒るのでしばしそのままにしておいて、自分から離れようとするのを待って連れて行こうとしたら今度はトランポリンへ、、、ぉぃぉぃ。。。(ヒロを見てくれている先生は絶対ムリにさせようとはしません)
やっと自分から廊下に出たと思ったらトイレ眺め、、、ぉぃぉぃと思っている時にピアノの音、、、ヒロは直ぐさま反応して教室へ飛び込んで行きました。。。が、椅子になど座っていない。
教室内をウロウロ、、、
今日はヒロを入れて8人くらいいたのだけれど、、、みんな一応大人しく座ってるのよねぇ。。。
何でウチの子だけ、、、かもしか教室が始まっても我が道を行くって感じ。
横断歩道を見立てたシートの上をハイハイして行ったり来たりするし、信号の色のお勉強のために床に広げている丸い紙でみんなが輪になって遊んでいてもおかまいなしで人の持っている丸い紙を取り上げようとするし(それは床に置いておかなければと思ったらしい)
横断歩道を渡る練習を一人一人したのだけれど、渡ろうとするとハイハイしかしようとしないし。。。
まだ理解できないのだからちゃんとやれとは言わないが、、、何であなたはそんなに我が道なの?(^^;;;
他の子だってよく観察していたら、時々ぴょんぴょん飛んでたり変わった行動をしている子もいたが、、、多動という点ではヒロは群を抜いていた、、、はぁ、、、普段はあまり感じないですんでるんだけど。。。
かもしか教室はヒロにとってはかなりの苦痛だったらしく終わった後に寝っ転がっては頭を打ち付けるという行為を繰り返していた。
先生が「こういうことあるんですか?」って聞くから「初めてです」って答えたけど、、、
交通教室なんてヒロには早すぎたよね、ごめんごめんって感じ。

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


我家の新婚時代 投稿者:るり  投稿日: 7月31日(月)17時23分00秒

誰も話を聞きたくはないでしょうけど・・・(笑)

新婚時代に住んでいたところの貸し本屋さんは、月初めの土曜日は半額だったんです。
あの頃は夫もマンガを読む気持ちの余裕があったんで、2人でたくさんマンガを借りて、
子供のいない土曜の夜に、静寂の中、もくもくとマンガを徹夜して読んでいました。

そう、当時うちにはビデオデッキがなかったんです。
息子が早産で産まれたんで、浮いた出産費用で買いました。

土曜より金曜日の夜が、新作ビデオ鑑賞タイムです。(先週は『シュリ』と『ジャンヌ・ダルク』を朝の5時まで)

で、翌朝息子に、「あさよぉ、おきて!」と母と父は起される。

もちろん息子もビデオと本は大好きです。

追伸: 『銀英伝』って知ってはいますが、見た事はないんです。
    コミックスてどこから出ているんですか?


笛付きサンダル 投稿者:まりん  投稿日: 7月31日(月)23時54分42秒

娘の美海は、ピッピッと鳴るサンダルが苦手でした。
私も幼少の頃履いて、楽しかったので、美海も喜ぶと思い、まだ独歩できなかった
一才半ば購入し、手をひいて歩かせると、「ピッ」と鳴ったとたんに、体が飛び上がる
ほど、ビックリし、転がり、大泣きしてしまいました。
せっかく買ったサンダルなので、笛のとこテープ貼って音でないようにして履かせました。
最初はビクビクして履きたがらなかったんですが、音がならないとわかると、履いてくれました。
同じくピッと鳴るイスも苦手で知らないで座るとひっくり返ってましたっけ。(−−;)
去年の夏、履いたときに、「美海、このサンダルかわいい音するんだよ」とテープをとり
歩かせると、「ピッピッ」と鳴り、怖がるかなとおもったけど、「かわいいね」と喜んでました。
先日、ピッと鳴るイスに偶然すわってしまった美海、イスが「ピッ」となったとたん、
イスに座ったまま、石になってました。(硬直状態)イスはまだ苦手のようです。(笑)

>朝倉さん、ひとりごと、聞こえました(笑)ダンナもヤンが一番だそうです。

掲示板過去ログ案内に戻る