2000年8月その2
親同士がまとまらなければならない場で 投稿者:リンコ  投稿日: 8月 4日(金)22時11分00秒

そして、私は親じゃないので、親の会のことは、人に聞いた話しか知らないのだけれど、

両方のグループの親御さんたちに、それぞれ自分たちだけで集まって、すっきりできる場所があればいいのだろう、とは思うのですが、「重度の子の親」と「軽度の子の親」が、まるで対立関係みたいになってしまうと、また別の問題が出てくるのだそうです。「中ぐらいでどっちつかずの子の親」、「重度の子と軽度の子の両方がいる親」「自分自身が軽度の本人で、重度の子がいる親」の三種類の人が、犠牲になってしまう、という話を聞いたことがあります。そのこともあって、たとえインフォーマルな場でそれぞれの息抜き場所は確保するにしても、少なくともフォーマルな場では、グループ全体が平等で公平な関係を保たなければいけないんじゃないかと思います。

よくできてる大きなグループだと、最初からたくさんの分科会があったりして、軽度の子の親の分科会も、重度の子の親の分科会も、「たくさんのうちの2つ」になってしまっていますね。「健常のきょうだいがいる家の分科会」とか「二人以上の障害児のいる家の分科会」とか「親自身も障害を持っている家の分科会」とか「里子・養子の分科会」とか「ユダヤ教家庭の分科会」とか「シングルマザーの分科会」とかがあって、きっとみんないくつもの分科会に入っているんじゃないかな? 

でも、この辺の話は、又聞きなので、あまり詳しい話は知りません。


だけど。 投稿者:リンコ  投稿日: 8月 4日(金)22時16分24秒

ご自身が障害児の親というわけでもない健常者(ただし善意の)が、軽度の本人の訴えを切り捨てるために、重度の人を引き合いに出す風潮や、さらには、悪意のある健常者が、いたずらで軽度の本人を攻撃するときに「重度の子の親」を名乗る風潮は、決して、重度の子どもたちやその親のプラスにはならないという気がします。

だって、重度の子どもさんの親御さんは、「記号」として利用されているだけなのだから。


もうひとつ 投稿者:とら  投稿日: 8月 4日(金)23時17分49秒

るりさん、
ちょっとお疲れのようですね。ちょっとリフレッシュしてみては...
私の意見が一端をになっているようでしたら、申し訳有りませんでした。

そして、リンコさん、
明らかに私の意見がリンコさんを不快にさせてしまったようですね。
一つ付け加えさせてください。軽度の人は重度の人の八つ当たりの対象になり続けるべきという事を言ったつもりは有りません。また妬みの対象になった場合、その存在を申しわけなく思うべきだとも思いません。もちろん自殺衝動なんてもってのほかです。常に24時間重度の人を思いやれといったつもりも有りません。単に重度の人と接する機会が有ったその一瞬だけ、そして自分自身が受け入れられる程度の事は、寛容になってもいいのではないかということです。そして自分自身が受け入れられなかった時には、関わらないのが最善かもしれないということ。あるいは本当にそういった方が求めているのは、「時には放っておいて欲しい」ということであるならば、まさに「関わらない」ことが皆にとって良い事なのではないでしょうか?
これはリンコさんの考えている事と決して遠くないですよね?


なぁるほど 投稿者:ひいろ  投稿日: 8月 4日(金)23時29分09秒

>私の中で、「これは×」になるのは、「あなたは」で始まる発言です。

確かにそうだわ。すっごい同感です。私も無意識にそうしていました。
私がネットをやっている事はみんな知っていて、いろんな人に
よく「うちの子は〜」的な事を聞かれる事があります。
私は、そういう時以外は「あなたのお子さんは〜」という話はしないように気をつけてます。
(でも、たまに言っちゃう時ある・・反省)

私はまわりの環境が恵まれているのか、お母さん同士でトラブった記憶がないんですよ。
多分「野生の勘」で無意識に回避してるのかも・・
そりゃあね、ホントはみんな言いたい事はあるんでしょうけどね。そこはホレ、大人だしねぇ。


私って何かおかしいこと言っています? 投稿者:るり  投稿日: 8月 4日(金)23時35分30秒

いまとても驚いてしまいました。
精神が錯乱してるように思えました?

確かに、私は書きこみ過ぎて疲れています。多分、私の意見な無意味なものかもしれません。

夫の年収云々を例えに出したのも、もう『障害』という言葉をキーワードに、書きこみたくなかったから。
私としては似た事例としてあげたつもりなんですけど。

私ごときを労わってくださらなくても、けっこうです。
とらさんこそ、頑張ってください。

今回私はとても傷つきました。


あのねぇ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月 4日(金)23時54分18秒

それぞれの家庭の内情と言うか、事情って、当事者しかわからないんですよ。
それなのに、「うちはこうだから、あんたのところはこうでしょ」とか、
「(内に比べて)お宅のお子さんはよくできるじゃない」
何ていう発言をする人は、人間関係に上下をつけたがる人だと思うんです。

できることが上。できないことが下。
お金持ちは上。貧乏は下。

なんて具合に。
上下=善悪。

私は、こんなの間違ってると思う。

他人を基準にしない「幸せ」が本当の幸せだと思うんだけど。


爆弾かもしれない。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月 5日(土)00時04分39秒

私の子どもたちは言い方を変えれば、
「高機能自閉症」
「中期能自閉症」
で、ごく近い身内には、
「重度知的障害、難聴、弱視、色素異常」という障害者もいます。
「寝たきりの老人」も一緒に生活してます。

でも、障害があるから不幸だとか、かわいそうだとか、私は一度も思ったことがありません。
生活しにくいのは、本人のせいでも、周りのせいでもなく、社会制度に問題があるから。

みんなそれぞれ、同じ命。楽しい時は楽しいし、苦しい時は苦しいし。
共通点は、こうした障害は、本人の過ちでもなんでもないということ。
ありのままをそのまま受け止めて、できないところはできるひとがすればいい。

健常者にいろんな個性があるように、障害者にもいろんな個性がある。
それを、障害の程度という数値で同列に語るのは人権無視の気がするんです。


はァ? 投稿者:リンコ  投稿日: 8月 5日(土)00時14分56秒

私、自分の頭の中身を文章にするにあたって、構成や順序や切り口や配列を考えるに当たって、とらさんの書き込み「も」インスピレーションを得るための参考に使わせていただきましたけど、とらさんの書き込みで腐海になった覚えは別にないんですが。

どうしてそういう推測が出てくるのか・・・


いやん! 投稿者:リンコ  投稿日: 8月 5日(土)00時15分42秒

腐海→不快  です。おハズカシイ・・・


なりきりセットだけど、 投稿者:リンコ  投稿日: 8月 5日(土)00時59分00秒

マスクとかボディとかいったら、曲面ですよね?

紙で曲面作るわけね・・・

私が子どものとき、父に作ってもらった雑誌の付録は、「お城」とか、
立体だけど、直線と平面でできてる立体が多かった・・・
それに比べたら、曲面は難しそう。

でも、そういう企画や開発ばっかりやっている部署の人って、
(もちろん、向いている人であれば、の話ですが)
すんごい幸せな仕事だろうなあ!!!!
会話が苦手でも、サンプルを作って見せれば、それがすべてを語ってくれるんですから。


長文です、覚悟してください(^^;;;(その1) 投稿者:satomi  投稿日: 8月 5日(土)12時42分30秒

ここ数日のやり取りを読んで、例えばこくっぱ母さんの言っているようなことを世の中のみんなが思っていれば、どれほどの人が生きいい世の中になるのだろうと思います。
わたしはヒロが世の中で少しでも生きいいように療育面で出来る限りのことはしてあげなければ、、、と思っています(みんなそうですよね)
だけど、わたしやヒロだけが頑張っても、それだけではヒロが生きよくはならないんですよね。世の中の理解、これ抜きには考えられない。。。
ヒロに障害があると分かった時、それまではあまり気に止めなかった母子手帳の裏に書いてある児童憲章を見て、、、うるうるしました。あぁ、ホントに必要なのはこういう世の中なんだよなぁって、、、
だけど正直なところ、ヒロのことがなければ自閉症って病名は聞いたことがあるくらい、、、LD、ADHD、、、何それ?って感じで病名さえも知らないに等しい状態でした。(この病名ももう少し分かり易いものにならないのかしら?)
自分に関係なければ(ホントは関係ないという意識自体が間違いなんでしょうけれど)知らないまま過ごしてしまうことって沢山あると思うんです。ですからね、正直なところ障害者の方が身近にいてもどうすればいいのか分からないってのがホンネなんですよ。
例えば車椅子の方に何か手助けをしたくても、慣れてないと逆に邪魔するだけになってしまうこともあるでしょ?何か手助けしたいと思う気持ちがあっても知識不足とかからどうしていいか分からない、、、ちなみにわたし、、、どうも「してあげる」という言い方はあまり好きじゃないです。知らず知らずに使ってるかもしれないけど、、、いゃ、別に他の人が使っていると不快だとかじゃなくて、、、単なる好みです(^^;

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


長文です、覚悟してください(^^;(その2) 投稿者:satomi  投稿日: 8月 5日(土)12時46分20秒

わ〜一回で入りきらなかった。。。ここって無制限だと思ってました(ぱち○こじゃあるまいし(^^;)今はきれいさっぱり足を洗ったわよ、、、何をって((((((^^;

そういえば、ことばって難しいなぁとカキコしながらいつも思います。
みんなそうだと思うんですが、カキコをUPする前には必ず何回も何回も読み直します。誤字脱字の確認のためもありますが、それよりも何か誤解されるような書き方をしていないだろうか?とか人をひどく傷付けてしまうような内容はないだろうか?とかね。
だけど、議論される内容のほとんどがサイトの主旨から障害に関してというデリケートな問題がほとんどなもので、誰も傷付けず差し支えのないものを、、、なんてことばかり考えていては何もカキコできませんよね。
逆に、差し障りのない内容しかないようなところなら、わたし自身こんなに頻繁には来ないしカキコもしないでしょう。それだけみんながホンネで本気で話し合える場所だからこそ、時にはその内容に傷ついたり、怒りを覚えたりすることもありますが、読み手を傷付けようとか攻撃しようとか怒らせようなんて思いながらカキコしている人なんていないと思うんです。
ストレートに言い過ぎてしまったり表現したいことがうまく伝わらなかったりして反感を買ったりってこともあるでしょうが、それはそれでその人の正直な気持ち。その人その人で環境も人間性も違うのだから、みんながみんな納得できる意見などそうあるものではないでしょう。
差別的な言い方は別として、、、う〜ん、軽いだ重いだって言うのも使う時の状況にもよるけど差別かもねぇ。。。
ちなみにわたしもるりさんのカキコ読んで「おかしい」とか、「疲れて変なこと書いて」なんて全然思いませんでしたよ。るりさんが言いたいことは何となく伝わりましたしね。別に弁護するわけではないけれど、とらさんもホントにるりさんを心配して労いのことばをかけたのだと思うし、今頃はるりさんを傷付けてしまったことが気になって仕事が手につかないでいるかも、、、と、このことはわたしが言うことではないですね、、、ごめんなさい。
その話しに同意できるとか出来ないってのは受け取る側の問題だけど、みながそれぞれに真剣に考え悩んでカキコしてるってことは読み手にも伝わると思います。
書き方によっては誤解されることもあるかもしれないけど、それはそれでそれぞれがちゃんと理解できるものではないかとわたしは思います(ネットという広い世界の中ではそう断言できない面もありますが)そういったことをお互いに理解できる人たちがここにはいると思っています。だから色んなことをカキコできるんです。


まじ?(その3) 投稿者:satomi  投稿日: 8月 5日(土)12時47分59秒

しばらく静かにしますから許してください

たまにヒロのことに関して「こんなこと出来るようになったよ」というカキコをする時、、、
もしかして同じくらいのこどもさんを育てておられる親御さんの中には「うちの子は同じくらいなのに(あるいはもっと大きいのに)まだ出来ない」と傷ついている方もいるかも、、、と思うことあるんです。
でもね、逆に世間では「その程度のこと」くらいですまされてしまうような些細なことが、ものすごく感動する出来事だってことを分かってくれて共感し共に喜んでくれる人たちがここにはいるとわたしは感じています(自分勝手な思いこみかも)そういった些細なことに一喜一憂しながら頑張っておられる親御さんだからこそ、こういったところに訪れているのだとも思いますし(ネットしてない人はそうじゃないという意味ではありません)きっと、こどもの障害を知って必死でいろんなサイトを検索してたまたまここにたどり着いたって人は多いと思います。
わたし自身、もぉどうしていいか分からなくて周りにも言えずネットであちこち検索している時にこちらのサイトを見付けたんです。「ここなら聞いてくれるかも、答えてくれるかも、分かってくれるかも」という必死な思いでカキコしました。(最初のカキコは一番迷走していたころでしたし)
今も身近には、こどもに関してグチを聞いてくれる人も相談に乗ってくれる人もいないに等しい状態です(こどもの障害のこと周りには言ってませんから)だからこちらをバンバン利用させてもらっているわけでして(笑)どうかご容赦くださいませ。。。
わたしこちらのサイト大好きです(^^)てめぇみたいなヤツ〜なんて言わないでね<Mさん
あれっ、しばらく留守でしたね。はぁ、暴れるなら今のうちかぁ。。。どっかぁ〜ん!!!

一昔前、怒濤のカキコ100行に挑戦!なんてやっていたことがありますが(笑)ここで66行、、、100行ってかなりなものね、、、だいたいはぱ○ん○日記とか、、、くだらないカキコだったんですがね(爆)
全部読んでくださった方、、、ありがとうございます&お疲れさまでした(^^;;;
うっ、、、iモードとかJスカイではこのカキコは何行になるんだろう?考えるだけで恐ろしい、、、、、わ〜ん、迷惑かけてごめんなさい(泣)、、、短くまとめるってできない人なの〜

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


えーと。 投稿者:ケロ  投稿日: 8月 5日(土)16時12分46秒

私としては、『天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず』という言葉に尽きると思うんですけどね。
理想論かもしれないけど。

人間には実に様々な感情がありますよね。
『妬み』というのは一番厄介な感情ですよね。
私は人に羨ましがられる環境にないので、というより羨んだらキリがないような環境にいるのでよそのお宅と比較するのは馬鹿らしくなりました。人それぞれだし、幸せそうに見えても見えないところで重い苦労背負っているかもしれないしね。

でも世の中には『妬み』の感情を生きるエネルギーに変換している人種も少なくないですよね〜。
私は人それぞれだと思うのでそういう生き方も有りだと思って否定はしません。でもそういう人間は好きではありませんけど。

言葉はとても難しいものだから、他人を不快にさせたら(とりあえず不快にさせてしまったという事実のみ)謝ればいい事だし、こちらの真意を汲み取ってもらえなかったとしたら、その人は自分とは感情のかみ合わない人として自分の中だけで区別すればいいと思う。
相手を逆に恨んだり怒ったりすると疲れますからね。
人間、笑うと長生きするそうだから、いつも笑っていられたらいいなぁと思ってます。

それから、私は、「うちの子、これが出来るようになったよ」というお話を聞くと嬉しくなりますよ・・・。
きれい事でも、社交辞令でもなく。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


みなさんありがとう 投稿者:おばさん  投稿日: 8月 5日(土)23時27分01秒

先日、妹のことでとりとめのないご相談をさせていただいた「おばさん」です。
あのとき思いがけずたくさんの方々からアドバイスやら励ましやらのお返事をいただいて、涙が出ました。とてもありがたかったのです。以来、毎日、みなさんの書き込みをのぞかせていただいていました。すばらしくたくましくて、落ち着いてらして、私がこのサイトを見て勇気づけられてもしようがない話なのですが、本当に毎日勉強させていただきました。あのときお返事いただいた方々の、個人的なホームページもみな読ませていただきました。あのときはマンガの話で盛り上がっていて、なんて明るいお母様方だろうと思っていましたが、それぞれのホームページにはそれこそ、今のうちの妹と同じかそれ以上の痛みを乗り越えて、今に至っている姿にほっとしたり、感心したり。その上、ここ数日の切実な問題には、更なる困難がこの後待ちかまえているのだと、、、。

私の妹は、相変わらず怒濤のような怒りと迷走の日々を過ごしています。今、私たちの実家にずっと泊まり込んでいるのですが、それでも子供たち(自閉症かもしれない甥っ子の上にお姉ちゃんがいます)に当たり散らし、親にくってかかるわ、父親と大喧嘩和するわ。挙げ句の果てに、「あなた達が悪い」と親にあたりちらす始末です。母からは、涙声で電話がかかってきました。

先日のみなさまからの励ましを読んで、妹には是非、このサイトに参加するよう勧めましたが、今のところ実家にいることもあって、いつのことかと思います。

どうか、そのときには、よろしくお願いいたします。


私の思い・・・ 投稿者:まりん  投稿日: 8月 6日(日)00時18分07秒

カキコミを少しさかのぼって読んできました。
どうかお願いです、生まれてきた事を申し訳ないなんておもわないでください。
私は美海が障害をもっているとわかった時、障害があるんだとショックは受けましたが、
「生まなきゃよかった」なんて一度も思いませんでした。
今は美海なしの生活なんて考えられません。
私の親は「お腹の子は男の子だと医者がいったからお前を産んだのに・・・」と
私の小さい頃から私に言ってました。
子供心にその言葉はかなり負担で「私はいないほうがいいんだ・・・」と
自殺も何度も考えました。(しかし、度胸のないのが幸いして現在も生存)
その後、男の子になりたいと思うようになり、ワンパクになっていきましたが、
生理が始まり、「女」をたたきつけられ、今度は男を憎むようになりました。
そんな私もある男性に心を開ける時がきて、(ダンナです)結婚しました。
三年目に待望の妊娠をし、私もダンナも毎日お腹に話し掛けていました。
しかし四ヶ月で流産、とっても悲しかったです。世話をしに来るという、
義母、実母とも断りました(誰にも会いたくなかったから)
実母はTELで「残念だったけど、障害をもって生まれてくるよりは
よかったと思って・・・」と言いました。でも私はその言葉が許せず、
「障害があっても、生まれてきてほしかった!」と怒鳴り、TELを切りました。
(姉から後で聞いたのですが、母は、発言をとても後悔していたそうです。)
その二年後、待望の美海誕生となります。
美海に障害がある事がわかって両方の親はショックだったみたいだが、ダンナは
「生まれてきてくれだだけでうれしいよ」と言ってくれました。
そして今は美海と共に楽しく生活しています。
・・・こんなこと書くといつも幸せだとおもわれがちですが、
妬んだり、羨ましがったり、さげすんだり、落ち込んだりと感情はフル回転状態です。
傷ついたり、悩んだりする事、大事だとおもっています。そういう経験のある人は
人に優しくできる方になるとおもいます。
私は傷ついた分、優しい人になったと自負しています。(笑ってもいいよ)
親として思う事は「健常」という条件付で子供を生む訳ではなく、愛し、慈しむ思いで
生むという事。(健やかに・・・とおもうのは、「健常」とは意味が違うと思います)
あくまでも私の意見ですが・・・


いきるエネルギー 投稿者:りんか  投稿日: 8月 6日(日)08時09分59秒

なんだか話題がずれちゃうかもしれませんが・・・。

ケロさんの、
>でも世の中には『妬み』の感情を生きるエネルギーに変換している人種も少なくないですよ
>ね〜。

いますいます。(^^:
「妬み」(「程度の比較も含む)が悪いわけではないと思います。
でも概して「午後のお茶(子供を遊ばせたりして親睦を図るという)」のような不特定多数のご婦人方が集ったりする場合、誰かが爆弾を投下したりして、・・・それはそれで盛り上がるんだけど・・・後味が悪い結果になることもあるし、「不特定多数の知り合い」(学校とかご近所とか単なる知り合い)との距離の保ち方というのは、わたしの永遠の課題です。
「くだらない」と思いつつ、参加をしてみるという姿勢。(顔に出さないように)
トトが対人関係下手だというより、親の私もまだまだ習得中です。

で、もって社宅には「自分が、我が家が、子供が一番〜!!」という自家発電器をお持ちの方もいて、素直に(ここは皮肉も入るけど)驚きます。
「わたしは自分の子供で悩んだことは一度もない!」と言い切られたときは、「毎日悩んでばっかりで申し訳ないです」と頭を下げそうになりました。

ついでにいうと、「人のことを気にして、話題にしながら」自家発電する方もけっこういるんですよん。
今日は洗濯物が出てなかったから、いなかったの?とか、昼前に洗濯物出してたから寝坊したのとか、肉は何グラムいくらのを買ってたね。とか、何時頃電気がついたとか・・・
そういうのをちゃんと見ていて、本人に(^^;報告する。(わたしも言われてますが)

このタイプの便利な利用法は、新しく入居した人の情報をきっちり入れてもらうことでしょうか。(^^;


Re:いきるエネルギー 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月 6日(日)09時50分03秒

(ここでは)はじめまして。
ただいま充電中のフリーラジカルと申します。

りんかさんの書き込みを読んで「え〜!!!そういうことだったのか!」と
びっくり仰天してます。
>「人のことを気にして、話題にしながら」自家発電する方もけっこういるんですよん。
今日は洗濯物が出てなかったから、いなかったの?とか、昼前に洗濯物出してたから寝坊したのとか、肉は何グラムいくらのを買ってたね。とか、何時頃電気がついたとか・・・
そういうのをちゃんと見ていて、本人に(^^;報告する。

知り合い(トモダチという程の共感度はないので)にそれらしき人、います。
彼女の場合、「本人に報告」ではないのですが。
自分と同じマンションの別の階に住んでいる人が
「同じ洗濯物をいつまでも干しっ放しにしている」ことを不愉快そうに
私に報告しました。
私、ひたすら「???」だったんですがあ。

りんかさんの説が正しいとすると
彼女の行いは、「いきるエネルギーを自家発電している」ということになりますね?
うわ〜、何だか私って、やっぱりオバカなのかしらん。
ちっとも分からない世界です。
少なくとも、私自身、周囲の人にはその意味のいきるエネルギーをふんだんに与えてることに
なるなあ。

それと、「妬みの感情を生きるエネルギーに変換している人種」の話ですけど、
それってニーチェのルサンチマンと同じものなのかしら。
それとか階級闘争の原動力、とか。
あ、この段落、意味不明だったらごめんなさい。今、脳みそ療養中なので。

はあ〜、オモシロイなあ〜、不思議だな〜。すごい難しいことしてるな〜。


ところで、 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月 6日(日)09時58分15秒

>新しく入居した人の情報をきっちり入れてもらう

ことにはどんなメリットがあるのでしょうか?
ヤ○ザ(ここまで伏字の必要あるか?)でないということが分かれば、それ以上の情報を得たい
という気持がないんですけど。


あぁ、いるいる。 投稿者:るり  投稿日: 8月 6日(日)11時40分49秒

修行の旅から、一時帰宅中のるりです。(何のことだかわからないでしょうけど・・)

社宅暮らし、うちが子供がいないとき住んでいた社宅でも、私が洗濯物を干すのが遅いという
ことは、チェックされていました。ベランダ側で子供を遊ばせているお母さん方に・・・部屋は3階だったんですけど。

いまの社宅は人数が少ない上に、昨年、私が当番をしていたせいか(そこで1番古い人がする)
生協のときしか顔を合わせないところになってしまいました。皆さん、うちの社宅は気楽だわと
仰って下さったので、それなりに良かったんだと思います。
でも、さすがに、1人の奥さんが妊娠8ヶ月になるまで、私が気づかなかったというのには、驚かれました。
そんな私が珍しく音頭を取って、赤ちゃんが離乳食がすすんだらダンナに預けて、奥様方で近所の
カラオケボックスで夜遊びする計画になっています。来年になるでしょうけど・・・


妬みと憧れ 投稿者:ケロ  投稿日: 8月 6日(日)12時17分19秒

よく似てますよね。
ストレートに憧れるのならいいと思うんだけど、妬みが入るとその人の足下をすくうような事をする人っています。悪口を言ったりね。
それもストレートな悪口なら(妬ましいんだなーってのが解って)まだかわいげがあるものの、私はそんな事は気にしてないんだけどね、という口振りなのはちょっと聞くのもイヤなので関わりたくないです。
主婦の世界で階級闘争したってね・・・。そもそも主婦の世界に階級なんて存在しないのに、勝手に階級分けしちゃってるし。
うちはアパート住まいなんですが、ある借家住まいの方が「持ち家の人とはとても対等なお付き合いできないから、子供同士が仲良くなると困る」と言ったのを聞いてブッ飛びました。

私は爆弾投下されたら、消火活動に努めますよ。
「あの人は××なんだよ」と言われたら、「でも○○なとこもあるよね」とか、「ごめん、私もそうなんだよー」てな具合。
盛り上がるとは言うけれど、ホントは他人の悪口なんて聞きたくも言いたくもないって人の方が多いんじゃないかなと思います。その場にいて聞いていただけで『仲間』扱いされるのもイヤだし。

>自分と同じマンションの別の階に住んでいる人が
>「同じ洗濯物をいつまでも干しっ放しにしている」ことを不愉快そうに
>私に報告しました。
>私、ひたすら「???」だったんですがあ。

あは。うちのアパートに住んでいる大学生の男の子が、3ヶ月ほど洗濯物を出しっぱなしにしていた時は、私もさすがにダンナに言いました。
洗濯物が日に日に色あせて行くのがなんだか哀れで、「ちゃんと片付けてまた着てやれ!」と思ったものでした。
でも2ヶ月も過ぎた頃から、「うん、今日も出ていた」と確認するのが習慣になっちゃったんだけどね。いつの間にか取り込まれていた時は、見慣れた光景が変わってしまってちょっと淋しかったです。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


お元気そうで、なによりです。 投稿者:ちひろ  投稿日: 8月 6日(日)13時01分22秒

掲示板でお見かけしなくなったので、ガラにもなく気にしていました。<フリーラジカルさ〜ん

>新しく入居した人の情報をきっちり入れてもらう
>ことにはどんなメリットがあるのでしょうか?

私の場合は、子ども会の役員をしているので、清掃奉仕活動のごほうびのジュースの数をそろえるのに役に立ちました。
7月の終わりに清掃奉仕活動があったので、8月の始めに越してこられるということを確認するまでは、生きたここちがしませんでした。
少しおおげさなようですが、私はひとつのことが気になるとずっと気にしてしまうタイプなものですから。

このホームページが気にいって、投稿しようと思っていた矢先に、どうも管理人さんがお出かけのようで残念です。
あれ、ごあいさつが遅れました。皆様、よろしくお願いします。


昨晩、 投稿者:M  投稿日: 8月 6日(日)14時44分01秒

某市民球場で、鯉と虎の戦いの見学に付き合わされて、
終了後、高速の夜行バスに乗り込んで今朝の7時に帰宅しました。
               < おっ、管理人さん、若いやん!!
やっと、片付けも済ませてパソコンに向っています。

わぁ、
お気楽管理人の留守中に随分たくさんの書きこみ・・・。
う〜〜ん、
自分と感じ方も意見も違う人は沢山いるよね。その事自体は尊重できる柔軟性は
もちあわせていたいね。
でも、それを互いが念頭に置きながらも、言いたい事はきっちり言わないとね。
誤解をおそれていたら何も言えなくなるから・・・ね。

で、そのひとつとして、わたしの意見も書いておくね。
               < もう いらんって?  


障害は異常だから矯正の対象? 投稿者:M  投稿日: 8月 6日(日)14時45分08秒

一般的に、
できる、 努力をする  → 善
できない、努力をしない → 悪 って所があるよね。

誰にも、できない事や苦手な事があって「当然」。
それを前提に考えるなら、
できない人には他が補う、できない事には他で補うというのが本来の姿ね。

でも、できない人は、
「できないのはダメな事、できないのなら人並み以上の努力で補え!!もっと頑張れ!!」
とずっと言われ続けるわけね。

でも、人並み以上の努力をしても、やっぱり「できにくい事、できにくい人」は存在する。
その近辺で人為的に線引きしたのがいわゆる「障害」の概念ね。

それに対するものとして、「普通」さらには「優秀」があって、
それらに近づくべく邁進努力をする事が善であるっていう構造ね。
「障害」は「普通」と比べて異常だから矯正しなければならない。
「普通」は「優秀」と比べて劣るからもっと努力しなければならない。
                              という具合に・・。

勿論、「できること=力をつけること」「努力をすること」自体は、大事な事。
でも、それらが「異常」を「矯正」するという、言わばその人の「今」を「否定」する意味合い
を持ってしまう時、途端にその意味を失ってしまうような気がする。

「生まれてきた事」そのことに意味があるのよね。
そこからスタートして、どう自分を成長させていくか、どう変えていくかって事かな。
勿論、一方で社会への働きかけも必要ね。でも、自分と社会のどこで折り合いをつけるか
も考えなければならないよね。
いやぁ、することはいっぱいあります。他と比較なんかしている場合ではありません。


障害児者や親同士の反目の構造 投稿者:M  投稿日: 8月 6日(日)14時50分21秒

でも、
あるべき「普通像」って、それぞれに違うのかもしれない。
身体の障害が重ければ、「動ける事、歩ける事」に「普通像」を求める?
知的障害が重ければ、動けなくても「知的にノーマルである事」に?
言語がない場合は、まずは「ことばを獲得する事」に?

一見普通に見える軽度の障害の人は、上記のどの人の「普通像」にもあてはまるわけだから
羨ましがられるのも当然なのかな。余程の洞察力、思慮深さがなければ、皆、他の人の障害
の不便さ、困難さに思いをめぐらす余裕等ないだろうからね。

>その中のお母さんの口癖は「自分で歩けるだけマシじゃない」、「自閉症の子でさえお勉
>強っぽい個別指導を受けられるのにうちの子にはチャンスさえ与えられない」

>しかしもっと重い人には、そこまでたどりつけない人もいるはずです。
>いわゆるハンディがそこにある場合、見た目の苦労だけでなく精神的な苦労や苦痛や犠牲
>にしている尊厳がそこにはあると思います。

「マシ」「チャンスさえない」「たどりつけない」「尊厳を犠牲」・・・。
これぞまさしく「普通像」の呪縛ね。
でね、
特に重度の障害者であればあるほど、そこに
親は苦労するもの、努力をしなけれなばならないもの。自分の楽しみを持ってはならない。趣
味をもってはならない。その子の療育にすべてをささげ、自分を押し殺して生きていかなけれ
ばならない。親が職業を持つなんてもっての他。

等々の足枷が加わるのね。
常に苦労し、動き回り、周囲には感謝の気持ちを持ってる事を強いられるわけね。

その呪縛から自由になれないがゆえに、逆に、
「わたしたちは大変なのよ。だから、わたしたちは報われなければならないの。」
っていう方向に、行ってしまいやすいよう人もいるのではないかなって気もする。


前にも書いた、
>本当は物凄い労苦だろうに、それを傍目には全く感じさせないで飄々と子育てをしている人っ
>ているよね。

>日々の労苦の中からも、喜びや楽しみを見つけ、発見をし、工夫をする人。
 
ここの掲示板にも、決して軽度ではないだろうなって子どもさんのお母さんっておられるんです
よね。
軽めの(失礼)発言群からは、最近来訪された方にはだれのことか全くわからないでしょうね。

ふっ、ふっ、ふっ、
     「それがこの掲示板のお母さん方の凄いところよねぇ」
                   とあらためて思いますです。。。


「苦労」の定義? 投稿者:M  投稿日: 8月 6日(日)14時51分03秒

苦労は感じるものであり、主観的な要素が多いよね。
その主観に影響しそうなものとしては、
本人の価値観、周囲に理解者がいるかいないか、楽観的か悲観的か等の性格等があるのかな。

敢えて、客観的な物差しになりそうなものをあげるとしたら、
家族等の協力体制の有無、福祉・療育教育環境等の社会的施策等の充実度? 良くわからない・。

重度、軽度それぞれの苦労も、
上記の二つのありかた、バランスで微妙に変ってくるものだから、ひとくくりで語れるもの
ではないのでしょうね。

軽度の場合の苦労は、今まであまり語られて来なかったし、却って
「何よ、そのくらい。」
と否定されることの方が多かったよね。
いわゆる見た目にはわかりにくい障害ってやっぱりわかりにくいから・・。
                   < なんやねん、それ。

・行政上の無理解      →社会的な保障なし
・社会や教育の場での無理解 →親のしつけのせいにされる

                             って事ね。


あら、 投稿者:M  投稿日: 8月 6日(日)14時57分42秒

留守中に新しいお客様ですね。
フリーラジカルさん、ちひろさん初めまして。
あはは、もしかしてお二人とも某館からのお越しでしょうか?


フリーラジカルさん、
そことは別の某ドラマ掲示板で、恋愛経験の豊富なmegumiさんと、私で愛について熱く語って、
混乱をさせてしまったのは確かフリーラジカルさんでしたよね、違いましたか?


ちひろさん、頂いていたメール、さきほど拝見しました。私も、
るりさんのように
>1人の奥さんが妊娠8ヶ月になるまで気がづかなかった     
り、(マジで通級児のお母さんのお腹が大きい事に気がつかなかった事がある。
                         それも、二回も(..;)・・・。)
ちひろさんのように
>8月の始めに越してこられるということを確認するまでは、
気になって気になって仕方のないタイプのヒトです。
おおげさなんて思いませんよ、どうぞご安心を・・。 (^^ゞ


社宅の場合は 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月 6日(日)15時07分35秒

フリーラジカルさんへ
>>新しく入居した人の情報をきっちり入れてもらう
>ことにはどんなメリットがあるのでしょうか?

ご主人がみんな同じ会社で、行事や共同作業が多いので、どうしても家族ぐるみで付き合う機会が多くなります。さらに、ご主人の役職が、奥様方の階級につながります。○○主任の奥様、○○係長の奥様という呼び方をすることが多いです。主人に出世街道を歩いて欲しいと思っている妻なら、上司の家庭に、盆暮れのお中元、お歳暮も欠かせません。そうした場合、密かに相手の好みを調べておく必要が生じます。
これは、ほんの一例ですが、もし社宅に住んでいる人の性格や好みが事前にわかっていれば、自分の波長に合うかどうかをある程度把握できますので、それなりのお付き合いができるというわけです。具体的には「近づくのは止めておこう」とか、不必要な摩擦を避けることができるというわけです。さらに、奥様方の中には、派閥もあったりするので、誰がどの派閥に属しているかを知り、自分がどこに所属するかを決めたり、あるいはかかわらないためにも、情報は必要になります。
ただ、私の経験では
>「人のことを気にして、話題にしながら」自家発電する方
の情報は、悪口が多いです。それをそのまま鵜呑みにすると、付き合える人はいなくなる。
どこまでが真相で、どこからが作り話なのか、気をつけていないといけません。

こうした情報をプラスに利用する場合は、引っ越して新たに友人をつくろうとする時に、自分と同じ趣味、感性の人を早めに発見する手立てとして利用します。

こんなことを書き込んでいる私自身は、
『そんなこと、どうだっていいじゃん!人は人、私は私』
というタイプなので、たいていは変人扱いというか、「あなたのように強い人だったら、私もこんなに苦労しなくてすんだのに」というグチを聞かされる役になりがちです。

こんな説明で、おわかりいただけましたでしょうか?





http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


すごい! 投稿者:るり  投稿日: 8月 6日(日)17時20分54秒

>こくっぱの母さん

もしかすると社宅暮し経験者?
うちの場合は○○係長の下に『さん』が入ります。『○○係長さんの奥さま』

お中元、お歳暮は結婚したばかりの冬に、結婚式でのお礼も兼ねて贈ったことがあります。
「○○係長は肉アレルギーだからハムはだめ」なんて、夫と悩みに悩んで全員同じ紅茶セットを
送った記憶があります。
それ以降は送っていませんが、ちゃんとしてたら『花道コース』を夫は歩んでいたのだろうか・・・
一応、私が結婚してから数年の間に、社宅内でもお引越しのとき物を持っていかないとか、挨拶状や年賀状も上司だからといって出さない、お歳暮、お中元も・・というお達しが会社の方から出て
まして、今やっと、定着したところです。それでもする人はするんだろうけど、うちはしないの。

「今度、あの部屋に入る人は・・・」というのは、うちの場合引越しのときに御茶を準備しないと
いけないので、子供がいるかいないかでお菓子の種類とか違ってくるから、まず必要ですね。
でも、どういう性格かとかは・・・行き当たりばったりなのがいけないんだろうか、私の場合。

社宅内の付き合いが濃密になるのが、うちの場合ですけど、社宅内だけで自分や子供の交友関係を
育もうという傾向になりがちだからだと思うのです。普通のアパート住まいだったらここまで
ないと思うんですよ。
だからトラブルも起こりやすいし、他人のことも気になる。

あ、独身の男の人が日曜日にふとんを干しっぱなしにしていて、夜になっても帰ってこなかった
らしいのですが、となりの部屋のご主人が几帳面な人で、気になって気になってしようがなくって
ふとんを自分ちで預かっていたというお話は聞いたことがあります。
夫が結婚前に、まとめ洗いしたワイシャツを1週間干しっぱなしにしていた話は、結婚後に
奥様方に聞きました。

そういう感じです。


とらさんへ 投稿者:るり  投稿日: 8月 6日(日)17時51分17秒

いろいろ意見のくいちがうこともお互いあるでしょう。

でも、あんなに意見がぶつかっても、とらさん自身に対してもですが、これまでのとらさんの掲示板での貴重なご意見までも否定するつもりはありません。

孤軍奮闘されてきつかっただろうなと思いました。

これから私は、再び修行の旅にでます。(ちょくちょくさぼりに帰ってますが)

これにこりずに、また掲示板でのご意見を聞かせてくださいね。


うわ〜、シンドそう〜!! 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月 6日(日)18時21分01秒

だめですう。私にはできません〜。精神的スタミナ、要りますね。
読んでるだけで息切れしてきました。<こくっぱの母さん。
良かったあ、社宅じゃなくて。夫の出世にも興味がなくて、自分のお友達づくりにも興味がないと
社宅は地獄ですね。
引きこもりー。

すごく丁寧に答えていただいてありがとうございました。


わたしのばあい 投稿者:りんか  投稿日: 8月 6日(日)22時16分20秒

こくっぱの母さん、社宅経験者?

フリーラジカルさんはじめまして。
>新しく入居した人の情報をきっちり入れてもらう
>ことにはどんなメリットがあるのでしょうか?

私の場合、家族関係を知っておくと立ち話をするときのとっかかりになるんです。
あと、子供の年齢などで息子と遊んだりするのかとか、気になりますね。

何処から引っ越してくるのか(どこの社宅)で、どんな人とつきあってるのか分かると、
派閥の見当もつきやすいものです。
& 社内結婚かどうかも大事だと教わりました。
社内結婚だと、情報量がものすごいんです。
(わたしは社内結婚じゃありませんので、すごくうとい)

るりさん:

盆暮れのつけとどけはないので助かっています。

>社宅内の付き合いが濃密になるのが、うちの場合ですけど、社宅内だけで自分や子供の交友関係
>を育もうという傾向になりがちだからだと思うのです。

社宅って大変かもしれないけど、ある意味楽だと思いません?
びっくりするような人もいるけど、相手もわたしに驚いてるかもしれないしお互い様だわ。

「インターネットをやっていて、掃除をやらないこともあるんですってね!」と言われたことも
あるけれど、最初からすこしオーバー目に、「変わってますから」と線を引いておくと楽だったりします。(許されることも多い)


ご意見募集 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月 7日(月)00時25分53秒

今日、ADHDと自閉症のお子さんをお持ちのお母様から、メールをいただきました。
私が自分のHPに作っている「ADHD育児館」の中の
「『自閉症』という診断名」というエッセィに関するご意見だったのですが・・・

そのエッセィの中で、私は、
うちの主治医が自閉症を狭義で診断する背景として、
自閉症という名前の与える誤った印象や、誤解があって、
そのために親が計り知れないショックを受けてしまうので、
先生は、典型的な症状を示していなければ、「自閉症」と診断しないのだろう、
と言うことを書きました。

メールを下さったお母様は、その文章によって
「これから自閉症児を育てようとしている若い親御さん方が希望をなく」すことになるのではないか、
ということを心配して、ご指摘下さったのです。
「自閉症児・者の親達はあなたが思っているよりもずっとずっと明るいしパワフルだし
 子供達の為に勉強を沢山積んでいます」とも書いて下さいました。
(それに関しては、この掲示板で充分に存じていたつもりでしたが・・・笑)

そこで、皆様にご意見を伺いたいのです。
私の書いた「『自閉症』という診断名」というエッセィを読んで
本当に、そういう悲観的なイメージを与えてしまう可能性があるかどうか、
客観的に判断していただきたいのです。
自分で読み直してみたのですが、やはり、自分自身の文章は完全に客観的には読めませんでしたので・・・(^_^;)

自閉症について、社会に正しく理解してもらいたい、という思いが強かったために、
少々、自閉症の親の苦労に関して、表現が強調されてしまったかもしれません。
「偏見では?」と指摘された部分もありました。
本当に、自閉症児を持つ親御さんの気持ちをしぼませるような文章になっていたとしたら、
これは大事です。
私の本意では、まったくありません。
即座に削除しなくては。(←マジで焦っています。)

と言うことで、皆様の忌憚ないご意見を、どうかお聞かせ下さい。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

問題のエッセィのURLを以下に載せておきます。↓

http://village.svc.infoweb.ne.jp/~asakura/tekuteku/essay01.htm


うぅんと。。。 投稿者:のあ  投稿日: 8月 7日(月)09時43分09秒

海に遊びに行っていたので、ちょっとご無沙汰です。
お返事が遅くなってすみません。。。

>まりりんさん、
私は今は仕事はお休みしています。
来年は復職しないとなぁ。。。(できるのかしらん??)
私は両親と一緒に住んでいるので、まあそうなっても何とかなるのですが。

お子さんは今おばあちゃんのところにいるのですね。
ちょっと寂しいけど、夏休み中しっかり休養とって、また元気になって欲しいですよね。
まりりんさんも少しのんびりできるかしら?(だといいんだけど)

>ゆうさん、ご無沙汰です♪
担任の先生とはちょっとずつ、いい感じになってきてますよ〜ん♪
夏休み直前、先生がADHDの講習会に参加してくださったそうです。
具体的な話は出来ないまま、夏休みになってしまったんですけどね。(苦笑)
少しずつ、行きますです。
病院では薬も試してみようということになって、のませてみたり。。。
通級なども検討していて、見に行ったりしました。
うわさではいっぱいらしくて、待ってる人とか沢山いるらしい。。。

ほんとは夏休み中、めいっぱい動きたかったのですが、大学もお休みだったり、学校もだし、
なかなか、うまくいきませんね。(^_^;)
とかいいながら、今日は児相に行く日です。
あしたはポケモンラリー♪(おもしろいのかしらん??おつきあいです)
そんでもってあさっては病院。。。(やめて〜!三時間待ち!)
夏休みといってもなにかと忙しい(珍しく)私たちなのでした。
(ちゃんちゃん)

>朝倉さんへ
ご無沙汰しています〜♪
突然メールがくるとびっくりしてしまいますよね。
朝倉さんがもともとご存知の方からなのですか?(あ、そうじゃないですよね)
そんなに気にしないで〜、と前置きした上で、

HP再度読ませていただきましたが、う〜ん、どうなんでしょう??
私自身はそんなに感じませんでしたが、ここのところここでにぎわっていた話題を考えると、うなってしまいます。(わたしがうなったところでどうなるものでもないんだけど)

あえて深読みすると、「自閉症だと思った事もあったけど、そうじゃなくてよかった」的なニュアンスをその方が読み取ってしまったとか。(とてもうがったみかただけど。。。)
悲しいお話があとに続いてしまうので、その人はマイナスイメージだけを感じてしまったのかも。

朝倉さんの本来言いたかった事って別のところにあると思うし、私には伝わりますよ。
全然おかしな文章ではないと思っています。
でも、ここ最近の(ここの)書き込みでいろいろ考えさせられてしまったからなのか、
この文章自体、だいぶ前に書かれたもので、今の朝倉さんだったら違った書き方になったのではないかな?などと思ったり。(私の勝手な想像です)
朝倉さん自身いかがでしょうか?
とはいえ、前に書いた文章も、自分の大切な分身のような物ですよね。
私自身は、そういった変遷も含めてぜんぶ載せていってほしいなぁなんて思います。
(これも私の勝手な言い分なんですけどね。)

ちょっと話を端折りすぎているかもしれないです。
これから出かけるので、続きはまたゆっくり書かせていただきます。
ではでは〜


再度、るりさんとリンコさんへ 投稿者:とら  投稿日: 8月 7日(月)09時58分39秒

るりさんには、重ね重ね嫌な思いをさせてしまったようで、すみません。
察するにるりさんは、具体的な体験があってそれに関しての意見やコメントされていたのでしょうか。私はそれに対してかなり抽象的というか一般論で話しすぎていたのかもしれません。

>孤軍奮闘されてきつかっただろうなと思いました。
う〜む、あまり気付いていませんでしたがやはり孤軍奮闘だったんですか。

>これにこりずに、また掲示板でのご意見を聞かせてくださいね。
意見があわなかったり、孤軍奮闘するのはいいのですが、嫌な思いをさせてしまったようでしたらちょっと、控えないといけないですね...

で、リンコさんにも同様なのですが、どうも説明不足で上手く伝わらなかったかもしれません。
具体的な過去のやり取りが(リンコさんが妬みの対象になったというような)フラッシュバックされてしまったのならば、申し訳なかった...ということなんです。


朝倉様へ 投稿者:ちひろ  投稿日: 8月 7日(月)11時31分09秒

私の考えですが。
私のように、自閉症の子どもと10年以上も付き合って、いろいろな考え方の人を知ってしまうと、「ああ、そういうこともあるだろうな。」と、割と客観的に見てしまうんですけど、まだ自閉症だと思われるお子さんが小さい場合は、少し文章的にはきついかもしれません。

↓ここのところね。

>自閉症、と言う診断名は重く、それを聞いた家族の受けるショックは本当にはかりしれない。
>自閉症という名前に負けて、子育てを放棄したり、新興宗教に家族中で入ってしまったり・・・>ということも、現に起こっている。

↓この後に

>「自閉症児・者の親達はあなたが思っているよりもずっとずっと明るいしパワフルだし
>子供達の為に勉強を沢山積んでいます」

↑こういう人も、たくさんいますよと言う文章をいれたらどうでしょうか!?

後は、まったく問題のない立派な文章だと思うのですが。
私は、文章読解力に自信がないので、あくまでも参考にしてください。

「自閉症」という診断名をつけるつけないという点についてですが、これはとても難しいと思う。
医者としては慎重にならざるをえない理由もあるのでしょうけど、私としては今の時点で、そういう判断がつくのであれば、すぐにでも「自閉症」と言ってほしいです。

私の上の娘は、「自閉症」と言ってもらえたのは小学校3年生の時でした。
でも、私は娘が1才の時から「自閉症」だと思っていました。
下の娘は、逆に2才ですでに「自閉症」です。私はとても嬉しかったのですよ、内心。
その為、朝倉様も指摘されているとうり、上の娘は公的援助は何もうけられないまま、ただ躾が悪いと言われつづけていました。
下の娘は、手帳も交付され、通所施設にも通えました。

ただね、それで上の娘が不幸で、下の娘が幸せかと言えばそうでもないんですよ。
話が長くなってしまうので、このへんでやめますけど・・・
元気を、だしてくださいね。


恋愛経験は豊富じゃないですってば!! 投稿者:megumi  投稿日: 8月 7日(月)11時38分04秒

自分自身の「親同士の具体的な加害者体験」を思い出して凍り付いていました。
現実の生活でもネットでも。

さて。玲さんのページに関して。

まず、玲さんは「うちの主治医が」と限定されていますが、一般論と読む方がいるでしょう。
>「これから自閉症児を育てようとしている若い親御さん方が希望をなく」すことに
>なるのではないか
というのは、自閉症と診断名がつくのは典型的な特徴のそろっている重度の場合だけだと
言われたように感じたからだと思うのですが、もしそうだとしても
これはこの文章を書かれた玲さんの責任ではなくて
自閉症と言う診断をした専門家の診断後のフォローの不足の方が問題だと思います。

専門家の指導や援助、いろんなサイトからいろんな情報を仕入れて、最終的には
>「自閉症児・者の親達はあなたが思っているよりもずっとずっと明るいしパワフルだし
>子供達の為に勉強を沢山積んでいます」
だったらいいんじゃないのかなぁ。

ただ、玲さんがそんなつもりではなくても
読んだ人が ADHD=軽度/自閉症=重度(私はそんな単純なものではないと思っています)という認識でいる場合には、
のあさんのおっしゃる
>「自閉症だと思った事もあったけど、そうじゃなくてよかった」的なニュアンス
に受け取られてしまう危険性はあるでしょう。

それから、「自閉症ではないADHDのお子さんのお母さん」が
自閉症を主語にして文章を組み立ててしまうと、
>「あなたは」で始まる発言
だと、受けとられる危険性も生まれるでしょう。

でもねぇ、玲さんはご自身の体験に即してご自身の考えをご自身のHPに
エッセイとして書かれているんだから、これでいいと思うのですが。

こういうことを言い出すと状態の違う子どもの親同士は話ができなくなってしまうでしょう。
共通の部分もたくさんあるのに。


とらさん&るりさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 8月 7日(月)12時14分53秒

文字でのやりとりなので、多少の行き違いはあって当然だと思います。
第三者(私)から見て、とらさんの書き方がマナー違反だったとか思わないし、るりさんも文字通り疲れたわけでも傷ついたわけでもないと思いますが。(そうだよねぇ、るりさん!)

ここでとらさんが掲示板への書き込みを控えてしまったら、この掲示板の良いところが半減してしまいますよぉ。
議論というのは相手が「考えを改めます」と言うまでやり合うものでもないし、そもそも他人の考え方を根本的に覆す事などほとんど不可能でしょう?

こう言ったら性差別になっちゃうかもしれないけど、女性は周りの雰囲気につられやすいから、とらさんの様に一般論としての意見を述べてもらえた方が有り難いと思うのです。
書き込みをしている人たちだけがここを読んでいるわけじゃなくて、ROM組さんや通りすがりの旅人さんたちも多いと思うし。
男性の立場から一石を投じて、議論の幅をうんと広げて下さいね。

るりさん、私はこんなふうに感じているんだけど、勘違いしてたら指摘してね。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


なんだ、 投稿者:ケロ  投稿日: 8月 7日(月)12時16分00秒

ここに書き込めば良かったのか。玲さんに直接メール送ってしまったわ。

掲示板過去ログ案内に戻る