2000年8月その5
読書感想文 投稿者:ケロ  投稿日: 8月11日(金)01時25分48秒

夏休みの宿題でありましたよね。
私、本を読まずにあらすじと後書きを読んで書いて、先生に誉められた事があります・・・。

でも高校時代の現国の先生がとてもユニークな先生で、どんな答えでも△をつけてくれる先生がいました。間違った答えだとしても、その子がそう感じたのならば、その子にとっての正解なのだから・・・という理由で。大好きな先生でした。

私が△をもらっていたのは、数学の『証明』問題です。
やり方が間違っているのに何故か正解に辿り着くという理由で、△もらいました。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


読書感想文(懐) 投稿者:りんか  投稿日: 8月11日(金)09時34分39秒

わたしは古文、漢文が好きでした。
夏休みの宿題で大嫌いだったのは絵日記。っていうか、わたしは絵が苦手で張り出されたことが
ありませんので、よけい劣等感だったのかもしれません。

感想文は、「課題図書」などから選ばないようにしていました。(課題図書って、すごく感動して
今でも覚えている本がないかも^^;)もっと「感動しました〜!」って力が入るような、
例えば灰谷健次郎、今江祥智あたりを選んだり、こそくな技を使っていたいました。
エミール、にんじん、などの子供の古典は難しかったなあ〜。

中学以降では有吉佐和子、宮尾登美子などの一代記、舞姫、山月記などの古典もいじりやすかったですね。

とても面白い本、感動した本というのと、「感想文向き」の本って違うと思いませんか?
課題図書が何で印象にないかっていうと、多分「ちょっとの強制力」を感じたかも知れません。


お久しぶりです☆ 投稿者:鈴琳  投稿日: 8月11日(金)09時49分31秒

帰省中ですが、課外とバイトのためにちょっとだけ戻ってるので、学校に来ました。
詳しく話を聞いたところ、弟は、運動性と社会性のLDだそうです。

さてさて…なんだかとっても懐かしい(?)お話。
高校時代文芸部で、しかも国語でトップを誇っていた(笑)私ですが。
読書感想文は、ひねた選択、してましたね。
高校一年生で、感想文にわざわざ『星の王子さま』を選ぶあたり…。
国語の成績、って、あれは、特にテストとか受験とかの場合、テクニック、と言うものがあるんですよね…。解答の。
現代文は、そのテクニックをある程度習得していれば、模範解答は書けるんですよね…。
古典は、文法とかをやらなきゃいけないはずなのに、それは『慣れ』で片付けて、読むのが好きでした。
高校の時の国語の先生は、「根拠があればよし」「なんとなく、は駄目」という採点の仕方をしていることがありました。
ただし、進学校だったので、いつまでもそうは言ってられなかったようですが。

今年の夏休みも、読書感想文(本は指定済み)が宿題です。
『言語を生み出す本能』だとか、『ことばを取り戻した子供たち』だとか、その他7冊ほど。
SNEもやらなきゃいけないし……。がんばります。
では、今日また帰省する鈴琳でした〜☆


課題図書って、 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月11日(金)10時52分35秒

筋書き通りの「感動」があらかじめ設定・定義してあるみたいだったもん。

小学校5年生のときの課題図書が「十三湖のばば」という、津軽半島を舞台にした
実話だった。おばあさんが語り部なの。何人も子供を産んだのに、次々と飢饉や洪水、
戦争で死んでいく、という話。
確か「津軽の厳しい大自然と貧しさを前に、子供を次々と失いながらも生き抜く女性の
たくましさ」とか、本の帯に書いてあった。

何だかその帯を読んだだけで感想文を書けそうだった。

でもモロ津軽弁で書いてあって、逆にその読み辛さに挑戦したくなって、珍しく課題図書を
読んだ私は、ただのヒネクレものです。

読む前からあらかじめ「感動のみちすじ」が設定してある課題図書って、やっぱりイヤだ。


課題図書ってのはですねー、 投稿者:リンコ  投稿日: 8月11日(金)11時28分42秒

何よりも、「表紙に金色のメダル様のシールが貼りつけてある本」なのです。

だから、箱に「モンドセレクション」のメダルが印刷してあるお菓子は、「課題図書」なのです。
「課題図書食べよう・・・」なんて思ったりしてました。ハイ。


モンドセレクションの 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月11日(金)14時23分59秒

課題図書はなぜかあまり食指がのびないなあ。
その国内版(?)の「全国菓子博覧会」のお菓子だったら、
ばばくさい私好みの鄙びたお菓子が
数々あって、好きなんだけど。黒かりんとうとか、袖福豆入りの塩せんべいとか。
いかん、いかん、ここは「ことばと発達の学習室」じゃないか。
何で私は黒かりんとうのことを書き込んでるんだ?すみません、退散します<Mさん。


IEPiについて(その1) 投稿者:ひいろ  投稿日: 8月11日(金)16時21分10秒

○先生から、夏休みの宿題を出されてしまいました・・・やぶへびです。
で、突然ですが、IEPの事について書き込みさせていただきます。

とその前に、IEPって何?って人には、
おひさまクラプのリンクの中にコーナーがありますので、そちらをどうぞ。
      ↓
http://member.nifty.ne.jp/KOMI/rinku.htm

もしくは横浜自閉症情報にも、とても興味深い文章があります。
      ↓
http://www.yk.rim.or.jp/~yoshinob/webdata/education.html

東京は、個別教育(IEP)に関しては、全国で1番進んでいる地域なのだそうです。
就学相談のパンフレットにも、ちゃんと明記されており
ドラが通うであろう養護学校でも、中学部は今年度より始まってはいるそうです。
私の希望としては「IEP」を行っている学校にドラを入れたいと思っています。

でも、悲しいかな「IEP」という名前ばっかりが先行していて
機能していないという話をよく聞きます。
「IEP」はあるらしいが、親にはみせてくれないとか
(親と話し合って作るのがIEPじゃない?)
やっているとは言ってはいるが、誰も見たことがないとか・・(言語道断です!)
聞こえてくるのは、悲しい現実ばかりです。

でもたとえしっかりと知識をもった先生がいたとしても、ホントに子供をフォローするのであれば
はっきりいって先生たちが、オーバーワークになってしまうでしょうね。
システム自体がしっかりしていないから、先生にかかる負担って大きいと思います。
でも、私はIEPは障害児には絶対必要なものだと思っています。

以前掲示板にも書きましたが、担当の先生が変わった時、
私は「ドラファイル」なるものを作成しました。
生育歴と障害についての説明、それとIEPを私が作成して幼稚園渡しました。
ほとんど人は、興味をもってはもらえませんでしたが・・・

でも担当の保母さんたちが、わかってくれたので、まあそれだけでもと思っています。
私にとっての今現在のIEPの意味は「何ができるか、できないか」を明確にする事でした。
話せない子たちは、幼稚園ではできるのにウチではできないって事がよくありますよね。
(逆パターンもある)その確認もしたかったし・・


IEPについて(その2) 投稿者:ひいろ  投稿日: 8月11日(金)16時22分36秒

で実際にどうやって作ったかというと・・・

例えば「シャツをひとり着る」というひとつのスキルに対して
最終目的は「タンスからシャツを出して前後を間違えずにボタンを止めて着ることができる」
だとしますよね。
ドラは現在「タンスからシャツを出す」は理由があれば出来る(汚れたりすると自主的に出す)
「前後を間違えずに」はまだ不安。
「ボタン」は止められない。
「着ることはできる」はできる。
なので、結果「シャツの前後を間違えずに着ることができる」としました。
ボタンの練習を諦めてるわけではありませんが、まだ興味がわかないようなので
今回はカットしたのでした。
もしボタンに興味がでてきたら、その時にまた変更すればいいのだと思います。
ちょっと頑張ったら出来るくらいの目標設定にするのが、コツのような気がします。
この方法で、全てのスキルに目標をたてるのです。
そして、もしそれができない原因があれば、突き止めて解決していく・・・
う〜ん。限りなく地道な作業になります。
コレを親にやれというのは、やっぱり酷かもしれませんね・・

やっぱりどうあがいてもアメリカのようにはいきません。
アメリカのIEP会議についてお知りになりたい方は、
ちびくまスケッチをどうぞ。
(ちびくまママさん〜、もしお暇だったら、つたない私の解説をフォローしてねぇ)
            ↓
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/sketch-index.html

ぜいぜいぜい・・・先生。これくらいでいいでしょうか?

最後に、最近ネット上でも話題の本の紹介を・・・

「個別教育・援助プラン」(下記サイトで購入できます)
        ↓
http://village.infoweb.ne.jp/~ymind/Topi/sinkaniep.htm

ドラのお友達のお母さんに借りたのですが、とてもわかりやすく書かれています。
巻末には、チェックリストや模範IEPなども載っています。
IEPを作成するのに役立つと思いますよ。


はい、ここは 投稿者:M  投稿日: 8月11日(金)19時11分00秒

黒かりんとう、塩せんべいからIEPまで、
幅広いジャンルに対応した「ことばと発達の学習室」でございますです。

でも、
IEPを自分で作ってしまうなんて、さすがひいろさんねぇ。これを「○の功」っていうのかな。
                     < あ、これ、禁句だった・・・。

あっと、鈴琳ちゃん、もう帰省してしまったかな?
運動性と社会性のLD?  今もそう言う言い方をしている所あるんだ・・。
LDの困難の主領域ではなく、参考領域に課題が集中しているって事なのね、きっと。
空間認知、社会的知覚、身体知覚なんかに問題があるのかな?
後期に上野先生の講義をとるって言ってたよね。その辺のレポート、期待しているからねぇ。
でも、まずは、残る夏休み 思いきり楽しんでね、弟さんとも。


さあ、私は今日も枝豆でもつまみながらの〜んびりと冷たいでも・・。
「えっ、何かしなけりゃならない事がある筈だって?
    どうしてそれを、知ってんのよぅ・・ブツブツ・・。」


きゃ〜IEPだ…! 投稿者:ゆう  投稿日: 8月11日(金)19時52分07秒

家の先生がやっているページも一度見てやってください。とっても簡単なやり方ですよ…!(参考までに)
   ↓
http://www.yo.rim.or.jp/~atomddc/iep.htm


左利きの子の文字練習 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月12日(土)20時26分23秒

皆様、お盆の帰省や旅行中で、お留守の方が多いんだろうな・・・(^_^;)
でも、お尋ねします。(笑)

私の友人には、発達遅滞の診断を受けた小学1年生の男の子がいます。
特殊学級(あれ、今はこう言わないんでしたっけ?)と普通学級のボーダーにあったようですが、
結局、普通学級の方に入ることができました。
現在、ひらがなは読めるのですが、全然文字が書けないのだというのです。
友人がお手本を書いて見せて、それをなぞらせて練習させるけれども、
覚えられない、と言います。
文字が読めると言うことは、文字(図形)認識はできているのだと思いますので、
おそらく、生来の不器用と、左利きから来ている書字困難ではないかと思われます。
こういう子どもには、家庭でどう指導すると文字が書けるようになっていくのでしょうか。
確か、左利きのお子さんをお持ちの方も、本人が左利きだった方もいらっしゃったはず。(^^)
アイディアをお聞かせ下さい〜。m(_ _)m

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


推測 投稿者:M  投稿日: 8月13日(日)08時53分51秒

>現在、ひらがなは読めるのですが、全然文字が書けないのだというのです。
>友人がお手本を書いて見せて、それをなぞらせて練習させるけれども、
>覚えられない、と言います。

・読む(形を弁別する)・・上記の例の場合
・書く(線をなぞる)
・〃 (見て書く)
・〃 (想起して書く)

 これらはすべて、違うものね、多分。

「書く力」一般の話しの前に、二つ程 前置きを。
●一つ目は、
「読めても書けるとは限らない」
 つまり、
「形が弁別認知できているからと言って、必ずしも書けるとは限らない。」
 って事。

●二つ目は、左利きの問題。
 これは以前も話題になったことがあったけど、
 言語野は一般に左半球にあるのだけど、
「一部の左利きの人では右半球や両半球にある。」
「左利きの場合、その分布が右利きと違うことが多い。」
 とか言われているので、不器用というより、書字中枢での処理過程に混乱
 が起きるって事なのかなと。 
                   < 勿論、私の素人考え。

●で、いよいよ「書く力」の話。

(線をなぞる)
  その事自体が困難なら、明らかに視覚運動協応の問題が大きいね。
  つまり、
  視覚と筋肉運動の感覚を習得する事が必要。
  他の力がどうかで指導は変わってくるだろうけど、例えば凸凹のある線や形
  をなぞるなど視覚と運動協応を触感覚を使って学ばせるって方法もあるよ。
  他にも点と点を結ぶ練習とか、砂に書くとかね。要はいきなり紙面に文字を
  書く練習を繰り返すのではなく、学習レディネスが大事だって事ね。
  
  
(見て書く)
  は、運動協応に問題がないのなら、視覚的弁別はできてもそれを再
  生する力はまだ弱いって事ね。レディネスとしては、単純な線の組み合わせ
  の絵を写したり、斜め、曲がる、折れる、はらう、はねる、とめる等文字の
  細部を、例えば絵(文字)描き歌などを作って言語化しながら練習をすると
  いうのはどうかな。楽しいと思うよ。
  

(想起して書く)
  は、いくつかの段階があるのだけどそこは省略。
  単に視覚記銘だけでなく、文字の音韻変換に問題がある場合もあるのだけど、
  このお子さんの場合は「読める」のならそれはなさそうだからね。
  形の記銘だけの問題なら、視覚印象を強くするために色で強調したり、なぞ
  り等の運動覚を活用して覚えるっていう方法もあるね。文字の部分的を補充
  させるというゲームも楽しいかも。

  その他、下記サイトの書く力の項を参照。
  あ、さっき自分でも覗いて見たけれど、読み返してみると、段階が沢山抜け
  ているような気もしてきた。書き換えます。 <そのうち・・。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/kensyu/kobetusidou.html


まあ いずれにせよ、 投稿者:M  投稿日: 8月13日(日)08時57分12秒

本来的には、それを指導するのは、
スペシャルニーズ教育の場 
→ 特殊(養護、育成、心障、特殊、特別、障害児)学級や 通級教室ね。
  
普通学級や家庭でそれをやるのは負担が大きすぎると思う。


なぞらせるのは・・・ 投稿者:大ママ  投稿日: 8月13日(日)12時09分23秒

けっこう、ストレスを感じてしまうのでは?
私が嫌いだからなんですけど、うちの子は、字をほとんど書きますが、「あ」とかの難しい字は
私と一緒じゃないと書きません(私と一緒に鉛筆をもたないと)
どっから書いたらいいのかわからないのかな?


うちでするなら 投稿者:megumi  投稿日: 8月13日(日)22時21分28秒

絵描き歌はいいよ〜〜〜。楽しい。

なぞるといっても実線と破線と点線とでは違ったりします。
それから、なぞっていてちょっとでもずれると「×」だと思う子には
「なぞり書き」もすごいプレッシャーのようです。

よくある課題ですが、「点を結んで隠れている形をみつけよう」というのも、
「スタートからゴールまで」という迷路課題も、
運筆の練習になるでしょ。(*^_^*)

指でたどる、クレヨン、鉛筆、と難しくなる。

>どっから書いたらいいのかわからないのかな。
そう、そう、そういうこともあるみたいですね。
少年が一年生のときにもらってきた宿題プリントには
始点と終点が指定してありました。

絵も字も「書いてくれ」という子にはひたすら書いてやり、
手をもって一緒に書いて欲しがるの子には気が済むまで一緒に書いてあげても
いいような気がします。(忍耐の範囲内でですよぉ……無理はいけません(^-^;)

坊主がこの一学期習った順で言うと、「あ」や「な」より、「と」や「ふ」の方が
後でした。「と」なんて、単純に見えるけど、線の角度や位置関係で「字」にならないの。
ひらがなも深いなぁ、などと思ったのでした。

坊主が目をぐるぐる回して、「これはね、『ぬ』だよ。」と、体現していました。(^-^;


書くこと。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月14日(月)07時03分02秒

うちの場合、「最優先課題」を決めて、あとのイライラの原因はできるだけ排除します。

字を書いて覚えさせる時は、引っかからずに書けて、間違えたらすぐきれいに消せるホワイトボードが大活躍してます。これなら、イライラが最小限に抑えられようです。


たぶん 投稿者:megumi  投稿日: 8月14日(月)07時53分20秒

こくっぱの母さんのおっしゃるホワイトボードと同じ効果だと思いますが、
うちは「絵」が描けなくなった時の突破口が
タカラの「せんせい」でした。

いまでも、「スーパーせんせいJ」は愛用しています。


うちの場合、 投稿者:ぴいママ  投稿日: 8月14日(月)12時59分40秒

「書く」事は好きなので、どこにでも書いています。
許せる範囲で、座布団だろうがテーブルだろうが窓ガラスだろうが、書いちゃダメとは言わない様にしています。(ようやくゆ〜がも1歳の妹とともに、なぐり書きを始めたので、兄ちゃん以外の『作品』ができて来た。)
で、うちの兄ちゃんもひらがなはほとんど読めるようになり、カタカナもOK、書くのは放っておいてもまずまず形になっているのですが、問題は左利き・・・
>確か、左利きのお子さんをお持ちの方も、本人が左利きだった方もいらっしゃったはず。(^^)
はい、私です。σ^-^;)
鏡文字が多いし、書き順めちゃくちゃ。文字の終点から始まったりするし、見た形をそのまま自己流で書いているので、書いているのを見るとびっくりです。(笑ってしまうけど)
それを途中で注意するとはっと顔がこわばり、時には怒り出します。悪い事をしたと叱られたように感じてしまうようです。ただ文字には書き順が有り、ママが書いた字の方がかっこいいとは、思っているようです(私は文字書きは一応右なので。絵描きは両方だけど)。書きたい気持ちを優先して、極力その意欲をくじかないようにしたのですが、嫌がられない程度にお手本は示してやればよかったと少し反省しています。
しま○ろうの付録などに有る「なぞって書く」教材は、全然活用されていないですね。まずなぞって書きません。その通りにするのが嫌いなようだし、やっぱりはみだしたりするのが許せないようです。書き順の数字は小さーく印してあるので無視しているし、私が書いているのを見ていても忘れちゃうし、どうしようかなと思っていました。
こくっぱ君のところで、Mさんがやっている通信講座を見て、うちもソフトをダウンロードしてみました。ちょうどパソコンを触りたくてしょうがないところに、中古のWindowsのノートパソコンをもらったので、彼専用にし、ソフトを物色中でした。「かきじゅん」にとても興味を示したので、いいぞと思っているところです。「書く」のも、私が文字の上を大幅にずれたりしながら、書いてみせ、きっちりでなくていいんだよと示したのですが、マウスで書くのがちょっと難しいようでした。別に画面を見ながら、紙に書いてもいいので、目の前でパソコンが字を書いてくれる事にとにかく喜んでいます。
(うちのは中古で何でだか、音が出ないのが残念〜。「読み」とのつながりがないので・・・)

こんなんで、参考になっただろうか?
左利きだとどうしても、頭の中で認識している文字と、自分の手で表現しやすい形とにギャップがあって、それを意識してしまうと書くのがいやになってしまうかも知れない。まず、何とか楽しく「書く」事を知って欲しいと思います。ひらがなを書くのも、大好きな○○ちゃんにお手紙書こうとか、お気に入りのキャラクターの名前を教えて?とか書く事に抵抗がないようにしてあげたいですね。


ちよっと関係のない話で 投稿者:るり  投稿日: 8月14日(月)14時14分27秒

すみません。

以前、記憶力の良い息子が自分の名前や私の名前は言えるようになっても、夫の名前だけ
何度教えても言えないので、「なんで言えないの?」と書いたことがあるんですが、
昨日、ひいばあちゃんのとこで答えないとはわかっていても、質問したら、ちゃんと
「○○○」と答えました!

うちに帰ってから、再度、質問してみたら「知らない〜っ!」と言ってニヤニヤしたあとに、
ちゃんと名前を答えました。

何がきっかけだったんだろう・・・


わかんないけど、 投稿者:リンコ  投稿日: 8月14日(月)17時48分17秒

ニヤニヤするってのは、やっぱりそれなりに発音するのが苦痛なんだろうから、嬉しいからって調子に乗って何度もやらせないであげてね。


うん、私の場合、 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月14日(月)20時47分59秒

「じ」と「ひ」の区別ができてなかった。全く同じに聞こえてたから、発音するのも「難しい」
というよりは「違いが分からないから責任が持てない(笑)=発音したくない」ような感じが
してたよ。

覚えてるのは、私の母親の弟(つまり『叔父』)と、『太陽』と、どういう関係があって
同じ名前で呼ばれるのだろう?て思ってたこと。
つまり、「おじさま」と「おひさま」は全くおんなじに聞こえてたんです。
いつも「あれ〜???」だった。


補足 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月14日(月)20時55分20秒

考えてみたら、発音自体も苦手だったんだろうと思いました。
なぜって、中学の時に私の「ち」の発音がおかしいと言われたことがあるから。
「聴き取れない」という聴力上の問題は、やっぱり「発音」にも影響があったんでしょうね。


発音 投稿者:るり  投稿日: 8月14日(月)23時52分39秒

>嬉しいからって調子に乗って何度もやらせないであげてね。

ギクッ!


息子はけっこうお話する意欲は出てきたんですが、発音は親以外、(あっ、私がわからないのに
接する時間の短い夫の方が、聞き取れたりすることもある)聞き取れないことも多いのです。

私もいまだに、「手術」の発音が、意識して言わないと、「しゅうーつ」になってしまいます。


ここも、 投稿者:ぴいママ  投稿日: 8月15日(火)16時14分52秒

今日は静かですね〜。
蝉の声がしみわたる。


質問していいですか? 投稿者:さる  投稿日: 8月15日(火)19時24分34秒

次男(5歳)は発音のせいか、友達や幼稚園の教師から「なんて言ってるのかわかんない」と言われます。
『す』を『う』、『ち』を『い』、『が』を『あ』などです(他にももっとですが)
言葉で言えば『食べた』を『たえた』とか・・
やっぱ、これって特訓(訓練???)とか、読み聞かせを頻繁にするしかないんでしょうか??
今は幼稚園なので、本人の好きなことで遊んでるだけなんですが・・・


あ、 投稿者:さる  投稿日: 8月15日(火)19時27分23秒

1度、病院では「聞き取りが弱い」と「方向性が弱い」って言われました。
でも、今することは「読み聞かせ」以外は何も聞かなかったんです。


発音と聴力の関係? 投稿者:大ママ  投稿日: 8月15日(火)21時56分43秒

指示が自分の興味あることしか通らない、興味があることしか答えない息子ですが、
(耳はだいじょうぶ?と心配するほど)
発音が悪くない気がするんですが・・・英語の発音なんかどこで習ったの?という感じです

でも、私も緊張しやすいタイプなんで、授業中に本を読まされると舌が回らなくて
家では読めるのに、笑われていやでした



うちは難聴だけど 投稿者:ケロ  投稿日: 8月15日(火)23時34分26秒

名詞を覚えるようになって来たので、STの先生に「発音訓練はいつからやるのですか?」と聞いたところ、5〜6才からでいいと言われました。まず語彙を増やす事が先決だと。(今は4才)

その子の状態(障害)によって違うのでしょうが、5〜6才くらいが発音訓練を始める時期のような事を言っていましたよ。
さるさんのところの息子さん、5才と言うことなので訓練をするとしたら年齢的には丁度良いのかもしれないですが、私も具体的にどうやるのかとかは解りませんので・・・。
難聴の場合は、とにかく正しい発音を『聞かせる』『言わせる』ような感じだと聞いた事があります。成人した方に聞いたら、鏡の前で発音訓練をしたとか。
以上は次男の話ですが、長男(6才)が『だ』と『ら』を混同しているのでついでにSTの先生に相談したら、『だ』が『ら』になっているのはそんなに心配ない、その逆はちょっと問題有りと言うことでした。

次男は『子音』が聞き取りにくいのでほとんど『母音』のみで話してますから、私くらいにしか話は通じません。
それでも会話のキャッチボールが少し前は1〜2回だったのが最近は3〜4回くらいは続くようになり、嬉しい限りです。
これで発音さえキレイだったらう〜んと楽なんだけどなぁと思いますが、欲を出したらキリがありませんよね。最近はちょっぴり2語文も出てきたし、のんびり行くとしますか。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


発音に問題がありそうな場合 投稿者:M  投稿日: 8月16日(水)10時07分44秒

(1)聴く力(聴力)
(2)聴きとりの力(語音弁別の力)
(2)構音器官の状態(鼻咽喉閉鎖機能等の器質的な原因)
(3)舌の使い方、息のため方等(構音器官の操作の仕方)

等のどこに原因があるかで変わってきますよ。
(1)(3)の場合、練習だけでは構音の改善は難しいです。
練習開始時期は言語発達全体を見て検討されるもの。目安は4才と言われてはいますが、公立
小学校のことばの教室などは、開始は6才ですよねぇ・・。
でも、開始は遅くとも、練習の指示理解は早いから、その方が改善に要する期間は短いですよ。

で、さるさんの質問ですが、
>『す』を『う』、『ち』を『い』、『が』を『あ』
ケロさんところと同じく、子音の発音ができていないということですよね。
のどをしめつけるようにして音を出すと言う状態ではないですよね?
               →構音障害のページ又は過去ログで声門破裂音参照

まあ、いずれにせよ、語音弁別の弱さ以外にも口の中での息の操作がうまくできていない状態
もあるかもしれないですね。

>『食べた』を『たえた』とか・・
 『た』は『あ』ではなく『た』?
 どちらかと言うと『た』より『べ』の方が発音しやすい音なのですけどねぇ。。
 まあ、子どもによって様々だから・・。

>1度、病院では「聞き取りが弱い」と「方向性が弱い」って言われました。
>でも、今することは「読み聞かせ」以外は何も聞かなかったんです。
 STさんですよね、そう言われたのは。
 それなら多分、読み聞かせは構音の改善の為と言うより、言語全体の発達の為っていう
 意味でしょうね。
 構音の発達の為なら、読み聞かせより、正しい音を聞かせてあげる事の方が大事ですね。
 「おさるさん」を「おあうあん」と発音したら、
 「そう、おさるさんねぇ」と相槌をうってあげるとかね。


ウチの場合の発音 投稿者:とら  投稿日: 8月16日(水)11時30分26秒

専門家でない私が書き込んで良い物か分かりませんが一応私が知っている限りでは...
まず、単音では発音が出来ているのか、否か。これはひらがな等が読める場合は割とすぐに分かりますよね。あとは、本人は発音しているつもりなのか、それとも正しく言えていないように感じてるかによってアプローチは変わるのではないでしょうか。ウチの場合は、気になったときにその場で正しい発音をゆっくり聞かせることと、本人が嫌がらない限り、1,2回言い直しをさせてみることは有ります。(この場合きれいに言えても言えなくても、誉めてあげて強化する。)
紙に字を書いて読ませるというのも効果が有りました。それでも、ゆっくりなら言えるのに会話の中では「できない!」が「でちない!」のようになることは、まま有りますね。


いずれにしても、 投稿者:リンコ  投稿日: 8月16日(水)12時18分17秒

「口を開くとろくなことが起こらないから、声は出さないのが得策だな」と思われないことも、大事かな(笑)

私の場合、発音じゃなくて、手を動かすことがこうだった。


でもね。 投稿者:リンコ  投稿日: 8月16日(水)12時38分44秒

「発音するのが苦痛な言葉」って、「苦手な音声が入っているから」ばかりじゃないんですよ。私の場合、発音はパーフェクトだったのに、発音するのが苦痛な単語ってありました。まあ、聞くのも苦痛なんだけど。

なんでもない言葉なんですけどね。怖いわけでもなく、何だろう? 「恥ずかしい」に近いかな? 特に、意味に抵抗があるわけでもない言葉なんだけど、言えと言われると、ニヤニヤして身体をよじって股間を抑えたりしてしまう(笑) そのときの身体感覚は、ぶらんこで高く上がりすぎて降りてくるときの感覚から恐怖を引き算した残り、っていうか、オシッコ失敗しそうな感じとか、エレベーターが急降下する感じとかに似ているんですが。SMなどで、「恥ずかしい言葉を発音することを強要する」っていうプレイがあるけど、それに似てるかな。

どうしても発音しないといけない場合は、同音異義語の活字を頭の中で思い浮かべてから、身体のどこかに苦痛を与えながら発音します(たとえば手のひらに爪を食い込ませるとかさ)。身体のどこかが痛いと、意識が聴覚の方に行かないので、聞こえた自分の声が、避けたかった言葉と同じだということに気づきにくいのです。

でも、これができるようになったのは、大人になってからだな。それに、同音異義語がないと難しい。子どものときは、たまたま体調の悪いときや、別のことでものすごく興奮しているとき、あるいは、環境が変わってひどく緊張しているときなどには、こういう言葉も言えました。他のことに神経が行っているので、わりと苦痛を感じずに済むんですよね〜。

特定の言葉を言わせようとするたびに、必ずニヤニヤ笑ったり、身体をよじったり、あらぬ方向を向いたり、関係ない言葉をべらべらしゃべったり、話題を変えようとするとしたら、この種の「忌み言葉」になってしまっているのかもしれません。(違うかもしれないけど)


そういえば 投稿者:とら  投稿日: 8月16日(水)12時42分59秒

リンコさん US に行かれるそうで...(某掲示板にて拝見しました)
あちらでは楽しい出会いが待っているでしょうけれど、道中は無理の無いようにお気を付けて。


娘が生後6ヶ月のとき、 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月16日(水)14時20分42秒

私が電話でアメリカ人と話してたとき、「Put it in order 」と言ったら、
なぜか娘は大笑い。
あんまり面白いので電話を切ってから、何度もこれを繰り返して言ってやったことが
あったな。その度に死にそうなくらい、笑うの。へんなの。


耳鼻咽喉科にも行ってみようかと思ってます 投稿者:さる  投稿日: 8月16日(水)14時42分34秒

ケロさんの言う「難聴」ももしかしたら??と思ったりもしたんですが、
小さい声は聞こえているみたいなんです。
でも耳鼻咽喉科には1回は行ってみようとは思っています。
鼻つまってるし・・・

長々としゃべって「ね、とぅごいでちょ(すごいでしょ)」(←自慢してるらしい)
ってこともよくあるから、言葉の数も多分あるし、
自分をアピールもしようともしてるらしいわ。

>(2)構音器官の状態(鼻咽喉閉鎖機能等の器質的な原因)

ええ、ええ、私「聞き取り」の他にこのあたりも、もしかしてと思って、
耳鼻咽喉科を受診しようかと今回思ったんです。
病院のお盆がすぎたら・・

本人が他者が聞き取ってくれないのを気にしているので、気を使いますわ。
なんと言っても「ねむい」が「えうい」だもんで。
余談ですが、箸や鉛筆もこの子は「普通の」持ち方はどうしてもできません。

>特定の言葉を言わせようとするたびに、必ずニヤニヤ笑ったり、

これは長男のひーろーにあります。
でもわざとつぶやいてみたりもします。

ありがとうございます、みなさん。


心配です・・・ 投稿者:みー  投稿日: 8月16日(水)16時24分59秒

うちの息子は2才3ヶ月になりますが、まだ一言もしゃべりません・・・(あうあうあーばかりです)
キャラクターや動物、妹にも興味を示しません。
耳がおかしいのかと思って耳鼻科で検査もしましたが、そちらは全く異常なしとのことでした。それはそれでホッとしたのですが・・・
だれか同じような悩みを持った方ご意見お待ちしています。


みーさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月16日(水)16時43分14秒

>うちの息子は2才3ヶ月になりますが、まだ一言もしゃべりません・・・(あうあうあーばかりです)

それはご心配でしょう。
我が家も似たような状態でしたし、やはり、耳鼻科で診察してもらい、
そちらには異常なし、と言われて、ホッとしたような、不安なような気持ちを覚えたものです。

息子さんは、何か欲しいものなどがあったとき、どうやってそれを訴えてきますか?
ことばにならなくても、指を差したり、あーうーと声を出したりして、
なんとかそれが欲しいのだと訴えてくるでしょうか?
それとも、大人の手をつかんで、欲しいものを取らせようとしますか?
それとも、すぐに諦めてしまう・・・・・・?

そのあたりも、お子さんの状態を考えるのに、大事なポイントになるかと思います。

ここには、ほんとうに、同じような思いをした親御さんたちがたくさんいらっしゃいます。
息子さんの状態をもっと詳しく書いていただければ、
きっと、何かしらのアドバイスが聞けるはずです。

#下手な専門家より頼りになる、と言う噂も・・・(笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


玲さん、 投稿者:ケロ  投稿日: 8月16日(水)17時35分21秒

>#下手な専門家より頼りになる、と言う噂も・・・(笑)

それは言っちゃあイケナイお約束・・・。(爆笑)

ということで、みーさん、初めまして。
過去ログ読むよりもどんどん投稿した方が早いですよ〜。どんな些細な事でも、皆さん本当に丁寧に答えてくれますから、遠慮しないで書き込みしてみましょう!

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


うちも同じですよ 投稿者:ひいろ  投稿日: 8月16日(水)17時40分03秒

うちの息子は2才3ヶ月になりますが、まだ一言もしゃべりません・・・
(あうあうあーばかりです)キャラクターや動物、妹にも興味を示しません。

うちの子は、今年5才になるけど同じですよ〜。
キャラクターに興味がないというのが、タイプ的にうちの子と似てるかもしれない・・
保健所では何か言われた事はありますか?もう少し詳しく書き込んでいただけると
多分怒濤の書き込みがあると思いますよ〜。


みなさん、ありがとうございます 投稿者:みー  投稿日: 8月16日(水)20時54分33秒

いろいろなご意見、ありがとうございます。とってもうれしいです。
もうちょっと息子の状態を詳しく書くと、お茶がほしいときは、私の体を冷蔵庫まで押していきます。追いかけっこがしたいときは、目と表情で誘ってきます。
おなかが空いたら、食パンの袋を私に手渡します。袋を開けないときは泣きます。以前は、手遊び歌をやっていましたが、(げんこつ山のたぬきさん・大きな栗の木の下で・おかあさんといっしょのチキンダンス・あいうーの体操など・・・)今は嫌がってやりません。あと、モーニング娘。が好きかな。(笑)

掲示板過去ログ案内に戻る