2000年8月その7
アイスさん 投稿者:ひいろ  投稿日: 8月20日(日)23時36分54秒

はじめまして。うちにも変わったタイプの自閉症の男の子(4才)がいます。
やっぱりこだわりやパニックなどはありません。
ですから、診断名は精神発達遅滞です。
でも、言語の出入力が自閉のものであるということが判明したので
療育のアプローチは自閉の子として行ったほうがいいという、変な診断をもらってます。

発達年齢の件ですが、よろしかったら下記サイトにいってみてはいかがでしょう?
確か、個人的な事も入力するところがあったと思いますが
(多分、むこうもいろいろ統計を取ってるんでしょうね)
質問に答えていくと、発達年齢がでるようになってます。

http://rieec.u-gakugei.ac.jp/WebAssessment/


ごめんなさい。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月20日(日)23時44分12秒

水を差すかもしれないけど。

アイスさんへ
>みなさん、前向きで明るくていつも励まされています。
>かわいい娘のためにも私も頑張ります。

がんばると、反動が出ます。
楽しく、ゆっくり。
数字で子どもを評価するのではなく、単なるチェックというか、確認というか・・・。
数字で判断すると、数字で結果が欲しくなります。(うまくいえない!)
親ががんばる以上に、子どもはがんばってます。
ゆったりね。


http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


楽しく頑張っています♪ 投稿者:たけみゃ  投稿日: 8月21日(月)00時55分06秒

はじめまして。
9月で3歳になる男の子の母です。
2歳になった頃から、全く言葉が出ないことで
いろんな病院や施設の教室などに通い、
いまだに言葉は全然出ないものの、
社会性は、伸びてきたように思います。

はじめのうちは、とにかく一言でもいいから
しゃべってくれ〜〜、と言う気持ちでしたが、
今は、言葉の有無だけにとらわれず、
いろんな面での、彼の成長をみつけては(むりやり!)
1歩ずつ前進している事を実感しています。
最近、ようやく、名前を呼んだら手を上げる、という事が
出来るようになり、それ以来、だんだんと、芸が
身に付いてきました。
単純に、こちらの言葉掛けに対して、決まったポーズを
取るだけで、その意味までわかっているとも思えないのですが、
彼の方にも、私の言うことを、理解しようという気持ちがあると
思えるだけでも、励みになります。
さて、ここから1歩踏み出すには、
どうしたらいいのかな・・。

皆さま方の書込み、本当に勉強になります。
これからもよろしくお願いします!!


はじめまして、 投稿者:ケロ  投稿日: 8月21日(月)01時11分53秒

アイスさん、たけみゃさん!
一緒に歩んで行きましょうね〜。

>楽しく、ゆっくり。

こくっぱの母さんのこの言葉が、『合い言葉』ですね。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


同じく、はじめまして 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月21日(月)06時02分23秒

アイスさん、たけみゃさん、どうかよろしくお願いいたしますね。(^^)

>>楽しく、ゆっくり。
>こくっぱの母さんのこの言葉が、『合い言葉』ですね。

そうそう。同感で〜す!\(^o^)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


おっと、うっかり 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月21日(月)09時51分45秒

前に「構音のための筋肉の発達」なんて書いたけど、卵が先かニワトリが先か、の発想で考えれば神経発達が先なんですよね。
神経の発達→筋肉発達→神経がさらに発達→筋肉がさらに発達
みたいに。
実は私はいまだにマ行がダメです。きっと神経が唇の周りに行き渡ってない(笑)。
歯医者で歯茎に麻酔を受けるとしゃべりにくくなるでしょ。あれ、子供のころを思い出すなあ。
鏡を見てマ行(特にマとモ)を練習してたもの。
チとかジとかもダメだけど、今は帰国子女みたいな発音の人が多くなって、私の発音も目立たなくなった。アリガタヤ〜。


アイスさん たけみゃさん 投稿者:satomi  投稿日: 8月21日(月)14時24分36秒

アイスさん、、、
上のひいろさんのカキコを見て発達年齢チェックのサイトにひとっ飛び〜(笑)早速やってきました。
療育センターで受けた発達検査でもそうだったんですが、ヒロ(わたしの息子2歳)は低くは出ないんです。それなりの結果が出まして、療育センターでも心理の先生には「心配ないのでは」と言われました。
そんなヒロもやはり社会性が弱いんですよね。最近では他のこどもに少しは感心を示すようにはなったんですが、一方的で一緒に遊ぶという感じではありません。
呼びかけの反応も悪いし目も合いにくいし、、、まっ自閉症状と言われるいくつかの症状があるんですよね。
普通なら特に教えたりしなくても自然に身に付いていくことともなかなか身につかないですしね、、、
だけど、何が出来る出来ないってのもとても大切なことだけど一番の問題ってやっぱ社会性だとわたしは思ってるんです。
だから今は勉強も必要かもしれないけれど、遊びとかを通して親子とか周囲への関わりを深めて行く方に力を入れた方がいいのでは、、、と思うわたしは甘いのかしら、、、(^^;
もちろん必要なアプローチっていうのはあると思いますが、、、
自閉症っていうか、、、そういう傾向のある子って記憶力とかはいいように感じるんですよね。だから一生懸命教えて出来るようになったから「そうじゃないのかなぁ」っていうのも少し違う気もするのだけれど(ごめんなさい、悪意はないです)
今は自閉症っていってもとても幅が広くなっているようですしね。
あぁ、わたしも療育センターに来いと言われた時期なのよね、、、予約予約、、、
ちなみにヒロは一度自閉症と診断され心理の先生の発達検査(身体的な発達、認知、行動、対人)でそこそこの結果(普通に近い状態)が出たために診断は保留となっています、、、が、わたしはヒロは自閉症であろうと認識しています。
わたしも思いっきり水を差してしまったかしら、、、(^^;;;
あっ、でもわたしの子育てのモットーは相変わらず「楽しく育児〜」です(笑)
気長に頑張りすぎない程度に頑張ろう〜!

ヒロ、今日はひまわり学園(通園施設)でいっぱい遊んでもらって大満足でお昼寝中〜♪
もう少しね(笑)

たけみゃさん

わたしんところはたけみゃさんとこの段階まで来ていないのでアドバイスなどは出来ません(^^;他の方がたくさんしてくださると思いますし、、、
だからわたしはご挨拶だけねぇ〜♪
ヒロも今通園施設に通ったりしてるんです(週1回ですが)現在2歳、、、一年もするといろいろ変わっているかなぁ、、、


http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


ありゃ 投稿者:satomi  投稿日: 8月21日(月)14時26分24秒

アイスさん、たけみやさん

初めまして〜よろしく〜〜〜!!とカキコするのを忘れました。
こんなおマヌケなヤツですがよろしく(^^;;;


アイスさん 投稿者:大ママ  投稿日: 8月21日(月)15時10分08秒

はじめまして
発達年齢をしる本という事が書かれていましたが、うちの息子(4歳)もこの間、言語センターで
そのような検査をしましたが、ひどいものでした
これは、指示に従わないものも、やりたくないものも、できないと判断されるからだと思われます
うちの子の場合だと、初めて見る教材が怖かったりもありますが・・・
でも、病院で見て頂くと知能的にはそれほど問題はないということです

うまく書けませんが、こくっぱさんがおっしゃる通り、親が苦しむと、子供も苦しくなります
色々勉強することも、教えることも大切だとは思うけど、親子関係を悪くしてはいけないと
思います
子供のよき理解者は親でありたいなと思っています

少し前に(4歳になる前頃だったかな)幼稚園に行きたくないと泣いている子がいて、近くによっていくので何するのかな?と思ったら、その子の頭をなぜていました
言葉を初めて話したときより、うれしくて泣いてしまいました



たけみゃさん 投稿者:大ママ  投稿日: 8月21日(月)15時13分34秒

次は指さしかな?


あいさつ!あいさつ! 投稿者:大ママ  投稿日: 8月21日(月)15時14分51秒

はじめまして


(無題) 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 8月21日(月)15時43分51秒

アイスさん、たけみゃさん
初めまして〜よろしく〜〜〜!!

しばらくROMすらしない夏休みだったので、ちょっと気後れですが・・・、
アイスさんのお嬢さんに関する書き込みが、なんだか妙にうちと似ているなあ
と思って・・・。
いや、うちは2歳半はそこまでできなかったけど・・。

私もね、教えたら覚えるじゃない、って一生懸命になったときもありました。
今まで一生懸命に教えなかったから発達しなかったのかなあ、私の育て方が悪かったのかなあ
と思って。

で・・・段々と気がついてきたのは、satomiさんの言われるように、記憶力は
悪くはないということ。だからやるほどにある程度は効果は出る。
でも、それって何か違うのじゃないかな・・・・と。
ほどほどに力を抜きながら、楽しくゆっくりと・・っていうのは、がむしゃらにがんばるよりも
難しいと私は思うのです。
でも、ここの皆さんは、そのコツを教えてくれますから、どんどん書き込んでみてくださいね。
アイスさんなりのいいがんばり方が見えてくると思いますよ。

ちなみに、ひいろさんのご紹介サイト、私も行ってきました。
色々あるものですねえ。ひいろさん、いつもながら情報通ですね。凄い!
で、こういうのはやはり、
>単なるチェックというか、確認というか・・・
と、私も思っておこうと思います。
例えばチェック項目で
自転車に乗れるようバランス感覚を育てよ・・みたいに出ましたが、(うちは本人の希望によりのんびりと自転車練習中)
乗れたとしても、総合的判断力の問題で事故が危ないと思うので、とてもまだ一人では無理だと思います。
自転車ひとつにしても、3年生でも乗れない子だっているし、
個人の発達はそれぞれのでこぼこがあるわけだから、
○才だからこれが課題、とまで思わなくてもよいのではないかな、とこの頃は思います。

全体的に見渡して、少しずつ進歩しているところを喜んであげることが
まずはとても大事だと私も思います、たけみゃさん!。


すごい! 投稿者:るり  投稿日: 8月21日(月)16時54分51秒

私もひいろさんのご紹介のサイトに行ってきました。

評価は4〜5歳レベルと5〜6歳レベルがそれぞれ分かれました。ちなみにうちは3歳8ヶ月。
気負わず慎重に入力したつもりですが、言葉が遅れているのに5〜6歳レベルとは何ゆえ・・・

療育施設の先生がこの結果を見たら、「お母さん、これはちょっと・・・」と相手にしてもらえな
いことでしょう。

心理テストもそうなんですが、あまり難しく考えると答えが出なくなるんです。
「大抵は出来るけどたまに出来ない事がある」とかどこからイエスに○をして良いのか、
わからなくなったりして。
このテストもその場で聞けるものならそうしたいことがたくさんありました。
年齢レベルのところでは発した言葉が親以外に通じているかとかはなかったし。
欄外の方ではチェックしましたが。

でも、実際に私も年齢別発達の目安はたまに参考にしています。
たとえば生活面でもどのあたりを目標にしてうちの子に関われば良いのかとかを、本人の発達の
程度から目安を参考にして考えていくんです。
うちはいま、斜め線が引けるかどうかを注目しています。×印は描けたんです。でも、線で結ぶ
問題が幼児雑誌でたまたまあったのでやらせて見たら、手の運びかたがヘンなんです。
これは私が勝手に問題にしているのかもしれませんが、ちょっと気になっています。
発達テストの×印が描ければいいという問題ではないというか・・・
絵をたくさん描かせるのが1番なんでしょうね。好きな絵を。

またまた話は横道にそれましたが、「不安だけど誰に聞いて良いのかわからない」、「目安にしたい」
という意味では参考になるのではないかと思いました。

療育施設に通っているからといって、そういう情報を得られるとは限りませんので。

アイスさん、たけみゃさん、私はひとさまのアドバイスに答えられるほど知識は豊富では
ありませんけれど、ここのお母さん方と一部のお父さんは頼りになる方が多いので、
いっしょに頼りましょうね。

あっ、私の裏の書き込みについてのご意見も皆さん宜しくね。(淋しいわ・・)






先日はありがとうござりました 投稿者:さる  投稿日: 8月21日(月)17時07分22秒

次男を今日耳鼻咽喉科に連れていったら、
軽い蓄膿があるくらいでした。
ま、確かに苦しいかもですがね。
医者は「2歳くらいの頃に耳が子音を聞き取っていなかったかもしれません」
と言っていました。
で、その記憶が今まだあるかもって・・・
簡単に言えば、特別な異常はなかったってことでしょうね。

>神経の発達→筋肉発達→神経がさらに発達→筋肉がさらに発達

難しくて理解するのに時間がかかったけど(読解力がないし)
繰り返しの発達をしていく中で先に立ち上がるのが「神経」ってことかしら?
やはり「マ」「バ」「ガ」とかがだめです(ほかにもあるのですが)
「たま」が「たあ」。「ひまわり」が「ひなあに」。「ぜったい」が「ねっない」
「えんぴつ」が「うえんちつ」・・・・こういう調子じゃ長い会話では、
なに言ってるのか???でしょうね・・・親は慣れっこだけど。

初めましての方たち初めまして。
アイスさん、長男のひーろーは多動やら注意力のコントロールがきかないやら、
衝動性があるやらで医者でさえもこれまで「発達年齢」をはかりだそうとはしませんでした。
できることに目を向けてくれて、「すばらしい!!」をこっぱずかしくなるくらいに
連発する医者なので。
できないことに関しては「その子なりの覚え方があるでしょう」と言う医者です。
○歳にはこれができなくちゃ○歳じゃない・・・よりも○歳であんなことができるとは!!!
すばらしい!!!!!になって、これができない?ま、少しづつですね。
ひーろーが病院のトイレを怖がったら、一緒に入ってくれて
「少しづつなれればいつかはどこでも一発で入れます」と焦りません。

次男のことを書きにきたのに長くなってすいませんでした。


絵カード 投稿者:とら  投稿日: 8月21日(月)17時30分28秒

Mさん、
以前ちょこっと書いたかもしれませんが、日本ではストーリーのある連続絵カード(2〜4枚)が無いので、ぜひ作っていただけたらと思います。低年齢用の場合は、時間的変化が少ない物で高年齢になるにつれ、時間的変化が大きい物が良いのではないでしょうか?
具体的には小さい子供用なら
1.ジュースを注いでいる絵
2.飲んでいる絵
3.飲み終わった絵 or おわかりを要求している所
のような連続性で、高学年用の場合は、3が
たくさん飲みすぎてお腹をこわした絵と入れ替わると言った感じです。
うちでもこれから必要となると思いますのでぜひ購入させていただきます。


はじめまして 投稿者:りんか  投稿日: 8月21日(月)19時03分59秒

たけにゃさんアイスさんはじめまして。

何歳までに何が出来るか、に縛られるとなかなかストレスを感じますが、出来れば嬉しいし
出来なくても余裕を持ちたいと思います。それが出来なくて、葛藤してますけど。
息子は・・・なかなか環境に慣れるのに時間がかかるタイプです。今も、社会性を伸ばして
いこうと試行錯誤中です。
よろしくお願いします。

Mさん、
わたしが欲しいのは起承転結がはっきりした4枚くらいの絵カードです。
(吹き出しもついていて、ことばも書き込んであるか、書き込めても楽しいかも)
4コママンガみたいなのでもいいんです。(4歳児にも分かるような)

因果関係をはっきりさせたり、時空間が分かるようにしたいな、と思っています。

絵カードを使って覚えたり、グループ分けしたり、・・・一時期、お受験問題に似てるなあ。って
思いながらやってました。


オマヌケな脱線話を一つ。 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月21日(月)19時06分12秒

「言葉がなかなか出ない」ということで、張り切った母が何を思ったか引っ張り出した代物は、私が赤ちゃんのころのカタカタ(手押し車)に付属の(たしか、そう)、絵と文字の書いてある木製のカルタのようなもの。

それを見て、「赤い・ポスト」とか、「大きな・木」とか、独唱させられた。
このころはそんな「記述」行為はクリアしてたんだけどな、私。
でも、そのおかげで、「しゃべるということは、モノの名前を言うこと」だと、すっかり誤解していた。はあ〜、オマヌケでしたぞ、おかあさん。


飛び入りですいません。 投稿者:ペンギン  投稿日: 8月21日(月)21時28分58秒

言葉の根っこに水をやらないと、↓のようになるでしょう。

言葉の根っことは、人に触れたり触れられたり出来ること。
水やりとは、まず自分がしたいと思っていることを分かってもらうこと。
そして、何かを伝えたいという気持ちが育つ。「言葉」はその為の道具なのですから。
そして、発語のない「自閉症」児は、身体や感覚器官を通じて自分の意志を表現している。


びっくり。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月22日(火)00時16分51秒

やってみました。例のサイト。
いや〜。
こくっぱ(4才8ヶ月)は言葉は3〜4才でしたが、あとは5〜6才。
ハカセ(7才4ヶ月)は全部標準以上。
やはり、自閉っ子は調べるのが難しいらしい。

そのとおりだと実感してます。>ペンギンさん

どんなにしゃべってようが、一般的に質問されていることができようが、
なかなか応用が利かないんだもんね。
そこがまた、かわいんだけど。

確かにできても、生活の場面ではうまく使えてないというか・・・。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


皆さん、ありがとうございました。 投稿者:アイス  投稿日: 8月22日(火)02時21分01秒

いろいろ、意見を聞かせてくださってありがとうございました。
私は「発達にばらつきがある」と言われたのが気になって発達の本が見たいと思ったのです。ばらつきって具体的にどこが?って。
もちろん、私なりに頑張ったり楽しんだりしながら子育てしてます。障害に気が付いて半年が経ちました。
私は娘に勉強させるのが辛い時もあるので、娘も辛い時があることでしょう。でも、止める事はできません。
次は何を教えよう、どうやって教えようと考えるのが癖になってます。私の娘、かわいそうですねーーー。
ばらつきを指摘した先生も、勉強よりほかの子供と遊ばせる事を勧めていました。
でもなーー、そんなに厳しくやってるつもりはないです。勉強なんてしない日もしょっちゅうあります。
覚えるので、障害が無いのでは・・・とは思いません。むしろ、カードの覚えが異様に早いと、やっぱり自閉ちゃんか、って思うし。私はこの掲示板を見て、勉強って頑張らなくてもいいんだって思えるようになりました。必死でやらなきゃいけないって強迫観念がありました。今はやりたいときにやる、娘にやる気があるときにやるって気楽にやれるようになりました。
こんな私ですが、仲間に入れてください。


答えのわかっている質問 投稿者:megumi  投稿日: 8月22日(火)08時11分37秒

>「しゃべるということは、モノの名前を言うこと」だと、すっかり誤解していた。


思い当たる節があります。。。。。
それから、「答えのわかっている質問」をしょっちゅう繰り返す自閉症の子は多いようです。
うちの子も一時そうだったのです。

ご本人が「聞いたこと」は「Go Awey」だとおっしゃるビデオを見たりして
いろいろなことに不安があるので「自分がわかっていること」を確かめたいのかなどと
考えてきたのですが、
私や周りの大人が彼に接するときに、喋らせようと思って「答えのわかっている質問」を
繰り返ししていたんですよね。

ひょっとして、「答えのわかっている質問をする」ことが「会話すること」だと思ったのかなぁ……

ニ、三日前のことです。
口の達者な弟に言いたいことをポンポン偉そうに言われている少年ですが、
毎度の言い争い(←これ自体びっくり)があって、
しばらくしたころに「あのなぁ、僕がお兄ちゃんやねんぞ〜!!」

よくぞ、いった!! (*^。^*)ノ


Re:答えのわかっている質問 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月22日(火)08時57分06秒

>「答えのわかっている質問をする」ことが「会話すること」だと思ったのかなぁ……

確かに、私にとっても子供の時の観点でいったら、「答えのわかっている質問」をすることが会話の糸口になる、という側面もあった。何度も何度も同じ質問を繰り返してました。
それに大人になっても、返ってきた相手の言葉の細部に(ちょっとした揚げ足取りをしたりして)反応する、っていう会話の運び方もあるらしいことは知っています。

ところでmegumiさんの文章の
>ご本人が「聞いたこと」は「Go Awey」だとおっしゃるビデオを見たりして
いろいろなことに不安があるので「自分がわかっていること」を確かめたいのかなどと
考えてきたのですが、
の部分、私の読解力では全く意味不明なんですが・・・。ビデオって何ですか?

私ね、学校時代は人の群れの中で「揉まれる」という経験をしたことが本当になかったんです。
多分、積極奇異型ではなかったせいでしょう。中学校時代はいじめられたけど、それは仲良しグループからいじめられたという性質のものではなかった。
その意味で、リンコさんの言われた「(自閉者として)経験の順番が違うと、こうも違う」という表現は当たっているのです。
だから「謙遜しないとダメ」という法則や、ペンギンさんの言われる「世の中辞典」も、社会人になってから習得を始めたんです。群れの中にいた経験がないんだもの。
私は「答えのわかっている質問」をしていると受け止められても仕方ないな、と思っています。でもそれは、非自閉の子供が思春期になったときに「大人の嘘」「社会悪」について考え始めるのと違いはないんです。私は社会的動物としては12歳なんですから。


多分、普通だったら自然に 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 8月22日(火)09時04分25秒

身についてきて、身体で覚えてしまうような「社会性・人付き合いの法則」を、いちいち言葉に変換してみないと実感できないんだと思います。「言葉でモノを考えていない」という特性から来ているのでしょうか?


あのサイトは 投稿者:ひいろ  投稿日: 8月22日(火)09時44分51秒

児童相談所の人が、本人を見ないで検査をするとしたらああなるといった風に
捕らえたほうがいいと思います。
あくまでも数値なので、大変面白い?結果がでるのだと思います。

でも発達チェックなんて、どこでもこんなもんですよ〜。真実は別なところにあるのよ。
だってこんなサイトを紹介した私自身は、知能テストすら受けさせてないんです。
やっても意味がないって言われたのよん。


遅くなりましたが 投稿者:ゆう  投稿日: 8月22日(火)10時06分11秒

はじめまして アイスさん。
遅くなりましたが…ちょつと気になったもので…。

家には6年生になる多動な自閉症の息子がいます。
年長さんの時(6歳かな?)に総合病院で受けた発達検査の時、下は3〜4歳位、上は10歳位でその差は自分の年令くらいもありました。
やはり保育所時代は天才か?とおもうほどよく覚えました。(笑)
私もよく教えていた方で、よく周りから「そんな事教えてどうするの…」と、非難を受けましたが、別にそんなに力を入れて教えているわけではなく、ただ彼の好きな事をそばにいて助けながら一緒に遊んでいただけです。でも周りからはそれがいわゆるお勉強に近いものに見えたようです。1度覚えた事は2度と忘れない…子でした…(昔は…)

で、小学校に入ってどうなったか…、問題行動もたくさんありますが、やはり彼の得意な漢字や計算などの部分は普通の子より苦労する事なく、そのことで周りからも認められている所があるので…小さな時に伸ばしてあげてよかった…と、思っています。
大好きだった電車関係の事も趣味の分野で楽しんでいます。
でも、今は昔の様には覚えなくなった…、すぐ忘れる…、あ〜〜昔がなつかしい〜!
でも「忘れる事ができる」様になる事は自閉症児にとってはよく発達した…となるそうですよ〜〜。
今、算数のテストが100点の事もたま〜にあるけど、1歳位の赤ちゃんを見ても、家の子とは違う…と思います。、御本人さん達がいわれていた「MacとWindowsのOSの違いの様なものだ…」の言葉がぴっったりきます。

だから私は勉強させるのが悪い事とは思えない…のですが…。

> 次は何を教えよう、どうやって教えようと考えるのが癖になってます。
これは大切な事の様に私には思えるのですが…。工夫する事はとても大切だと思いますよ…!楽しく遊ばせる為にもたくさんの工夫が必要だし…またこれが勉強を教えるよりず〜〜っとむずかしいかも…!

今まで自分のやって来た事を否定しないで…ダメだと思ったら途中で方向転換すればいいと思いますよ。私なんて方向転換しっぱなしでどこを向いて歩いているのだか…?わからなくなっていますよ…(爆笑)
(なんて、人にえらそうな事を言って自分にいいきかせている亀のゆうでした)


発達検査 投稿者:とら  投稿日: 8月22日(火)10時07分49秒

各検査に「○回中○回出来る場合に出来ると扱う」といった但し書きが無い場合の一般的な評価基準を...通常は8割以上のヒット率を言うようです。これはいわゆる10中8、9出来るということになります。生活の中で「ほぼ取得できているな」と感じられる物が始めて○になるわけです。検査にもよりますが「たまに出来る」とか「出来ることが有る」というのは、この場合は○にはなりません。もう少し具体的に8割のヒット率を出してみるには以下のようになります。5回テストを行い、4回連続でOKならばその時点でこれは○です。2回うまく行かなかったらその時点で×になります。5回やって4勝1敗だった場合はさらに5回延長して合計10回中、8回以上の成功を持って○と扱います。あとは実際には親以外の検査員が行なうことが前提になりますので、当然親がやった場合に1〜2割は結果が良く出てしまうでしょう。検査の結果としては、発達年齢そのものも確かに重要ですが、運動面とか社会性とか認知面とか、具体的にどの部分が欠けているかを把握することが大切なのかと思われます。


はじめまして 投稿者:anne  投稿日: 8月22日(火)10時53分43秒

はじめまして anneです。最近 パソコンを買ったので まだこちらのサイトをそんなに詳しくは読んでいないのですが 私も仲間に入れてくださいね。私の子供もハンディがあります。でも あの子のお陰で 随分 人生を豊かに生きていると実感する毎日です。突然 やってきて 詳しいことも書かずに 本題に入る無礼をお許しください。実は 新学期が憂鬱です。何故かというと 子供がお世話になっている ことばの教室の先生を生理的に避けている自分を感じるからです。子供とは相性もいいようなので 我慢しなきゃと思うのですが 身体が 退いてしまいます。初めてお会いした頃は 優しくていい方と思ってたんです。でも だんだんお会いするたびに 子供のことを私に愚痴るのです。「今日は これしか出来ませんでした。」「つかみどころが無くて 困っています。」「思っていたより 凄く大変です。」云々・・・。これだけなら 事実ですから 我慢もするのですが 少し斜視のある子供の顔真似を 毎回 楽しそうに私に してみせるのです。最初の2・
3回は 許せても だんだん不愉快で 苛立ち 顔もひきつります。先生だって人間。完璧を求めるつもりは 無いのですが 我が子の担当となれば もう少し 気を使ってくれても・・と思ってしまいます。二学期になっても 同じことが 続けば 私は、切れてしまいそうです。信頼出来ない先生とは協力も出来ないと思い始めています。この先生とはこの4

月からの付き合いです。まだ当分はお世話にならなくては なりません。皆さんは こんな時 どうされて来たのでしょうか。出来ることなら しこりを残さずに解決したいと思っています。


ゆうさんの 投稿者:とら  投稿日: 8月22日(火)11時17分23秒

書込みを見ていてうなずく所が幾つも有ります。まず得意な所を伸ばしてあげるという所。これは発達検査で遅れているところを伸ばす方法としても聞いたことが有ります。幼児期の場合へこんでいる所を持ち上げるのは、なかなか大変だそうで、逆に得意なことから遅れている部分を補うようなアプローチの方が効果があるというものでした。もうひとつは、
>今まで自分のやって来た事を否定しないで…ダメだと思ったら途中で方向転換すればいいと思いますよ

という言葉。これを私は逆に常に軌道修正や方向転換をしたり、試行錯誤をする必要が有ると、とります。指導をもらったりする機会が有るとまさにこれを痛感しています。


gone away です。(恥) 投稿者:megumi  投稿日: 8月22日(火)11時57分05秒

答えのわかっている質問というのは、
「今日の天気は?」とか「おうちは何階?」とか「何時に帰るの?」とか
私が何度答えても、子どもが何度も繰り返し尋ねることを、指して言いました。

場の雰囲気を読めばわかるだろう、などということではないのですよ。

下の書き込みに関しては、
ずっと以前、借りて見たTEACCHのビデオでインタビューに答えていた「ご本人」と
別の文章で読んだノースカロライナの図書館で働く高機能自閉症の方の話が
ごっちゃになっていたかもしれません。

文章の方は手元にあるので確かです。

その方は、とても流暢に話す高機能自閉症の青年で、
上司からも図書館員として非常に能率よく仕事をすると喜ばれているのですが、
そのデスクには、
「大きな声を出さない・人を叩かない・人に噛みつかない・唾をはかない」などと
書いてある紙が貼ってあったそうです。
「叩いちゃいけない」と上司がなん十回言っても、守れなかったけれど、
そのことを書いた紙をデスクに貼って、また、小さくプリントした紙を胸ポケットに入れたら
ぴたっと止まったということでした。

どうして?と尋ねたら、その青年は
話された言葉は「きえる」gone away からだとおっしゃったと。

私が言われたことを忘れるのとは、
質も程度も違うのだろうと思いました。

だから、私から「答えがわかっている質問」と感じるものでも
息子は、正解かどうか自信がないから質問するのだろうか……などと思っています。

それで、息子には「書いて伝える」ことを心がけてきたのですが、
逆の見方をすれば、息子の意志に反したことでも、
「書いてある」ことには縛られるようなので、しんどそう。
特にうちの中では、書いてあるほうが楽に暮らせること以外は書かないし、
ある一連の行動がスムーズにいくようになったらすぐ、
書いてあるものをなくしたりするようにはしていますが……

何をどうするのも、しないのも、試行錯誤ですね。


いろいろ読んでて、、、 投稿者:satomi  投稿日: 8月22日(火)12時07分04秒

正直言うと、勉強なんてさっぱりさせなかったこと、、、ほんの少し後悔。。。とまではいかないけれど、やらせてもよかったのかなぁという気もあるんです(笑)
アイスさんのカキコを読んだり、、、誰だったかしら無理矢理に指さしをさせていたってカキコしているのを読んで、わたしももっといろいろやらせればよかったかしらって、、、
まだ障害に気がついていないころは「自然に覚えてくるのだから一生懸命教えることもないだろう」なんてのんびり気分でいたんですがねぇ、、、
ヒロも、もっといろいろ教えていたらもっといろいろ出来たのかしら、、、その方がよかったのかしら?、、、んてて自問自答、、、
最近じゃ、何かやらせようと思ってもなかなかこっちの思い通りにはいかなくなってきてますしねぇ(^^;
まっ、そうは言っても今更仕方ない。自分のやり方が間違っていたとは思っていないし、、、わたしなりに気をつけて育てて来た成果はあるしね。

あっ、そうそう例の発達年齢チェックですが、、、発達、認知などは高かったんだけどレベルんとこで社会性はレベル1でした(笑)(((((^^;
だけどねぇ、やっぱあぁいうチェック式のものは普段のこどもの細かな様子なんて考慮されませんものねぇ。社会性がないのは確かだけれど、家族のものとの関わりはそんなに薄いわけじゃないのよね。必ず人のいるところいるところに来ますしねぇ、、、

ところでお勉強ですが、、、わたし自身も勉強は嫌いなのであまり変わりはしないでしょう(笑)だけどヒロの絵本好きを利用していろいろやってみてもいいかなぁと思ってます。
今は同じようなものばっかり読んで聞かせてるんですがね、、、お話しは頭に入っていってるみたいだから内容をちょっぴり為になることや覚えて欲しいものにしてみたり、、、
絵本だとヒロもムリなく楽しく聞いていられるので、これならうまくいくかもね(^^)

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


アイスさん 投稿者:とら  投稿日: 8月22日(火)12時58分22秒

ご挨拶が遅れました、はじめまして。療育の具体的な方法やアプローチに関しては、指導をもらっていますか? 2歳半で抽象概念や形容詞の理解が出来ているはたいした物だと思います。言語理解が進んでいる証拠ですよね。アイスさんのお子さんくらいの場合は、行動療法(ABA)を勉強されて試してみることをお勧めします。アイコンタクトから始めて、絵カードによるマッチングと模倣といったものを進めていきます。また要求をきっかけとして初語に導きます。書かれている内容から推測すると「勉強」というのはマッチングが主体ではないでしょうか?マッチングを多くやっていると概念理解や命名などに長けてきますが、自発性や主体性が育ちにくいという面も有ります。機会利用型のアプローチや感覚統合などと組み合わせて、ペンギンさんが言われているような言葉の根っこを育てていくのがポイントですよね。


[例の物]が出来たので・・・ 投稿者:シッポナ  投稿日: 8月22日(火)13時12分09秒

宣言した通りご報告に来ました。

読まれたい方は私までメールを下さい。
申し訳ないですが私が知っている方や掲示板でお見かけした事の有る方などに
限らせて頂きたいと思いますのでご了承下さい。


ビデオ化については
国際治療教育研究所
info@iiet.co.jpまでお問い合わせ下さい。
希望される方が多ければ作成されるような感じでした。
ビデオ化されたらいいですね。


お受験 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 8月22日(火)13時13分26秒

お盆休みに数年ぶりに高校時代の友人達三人と会ってきました。
それはとても楽しかったのですが・・・
うちはすっかり田舎暮らしに慣れてしまっていたのですが、お受験って今では割と
普通の感覚らしいですね。
そのうち二人がこの秋、子供を私立の小学校を受けさせるので大変だという話で
盛り上がっていて・・(うちは聞いてるしかないよねえ・・)
幼児教室のかけもちやら習い事やらで親が大変!とのこと。
それでも、子供が伸びて結果を出してくれるからうれしいしやり甲斐がある
とのこと。
これって、でも、療育とちょっと重なる部分あるかもなあ・・とか思って聞いてました。
結局みんな、その子のためと信じてやっているのですよね。
そのやり方が表面的な結果だけでなく、本当に我が子のためになっているか、
ということなのでしょうね。

あれっ、ひがみっぽく聞こえました?
いえいえ、思わずちょっと我が身を振り返ってしまったのですよ。
いや〜それにしても、うちなんてもうすぐ小学生なんてありえないよ〜!!
なんですが、
同じ年の子を持って、こうも生活が違うか・・・、とちょっぴり言ってみたくもなりましたが・・(笑)!!


勉強だと思うから 投稿者:ケロ  投稿日: 8月22日(火)13時39分25秒

複雑な思いになっちゃうじゃない?
他人からどういう批判を受けようとも、本人が楽しいんならそれは『教え込んでいる』わけじゃないし。
言葉を覚えさせるのだって、本人が覚えたいという気持ちになる前ならぱ『教え込み』になるけど、本人が知りたいという気持ちになった時点では別の形になっているでしょう?
親がやらなきゃいけないのは「覚えたい・話したいという気持ちになるように導く」ことで、「単語を記憶させること」や「同じ音で発音させる事」じゃないと思います。
そういう気持ちにさせるアプローチを、生活や遊びの中で育てて行けるようにちょっと手を掛けてみるのが乳幼児の時点では大切なんじゃないかなと思います。

絵本読み、時々は脱線して挿し絵の細かい部分から膨らませて新しいお話をしてみるという工夫もできますよ。例えば毎日読んでいる絵本の挿し絵の中に『どんぐり』が描かれていたとします。それは挿し絵の一部で何の意味もないものだったとしても、「どんぐり、探しに行ってみよう」と親子で拾いに行くとかね。実物を持って帰ってマッチングしたりすれば、楽しいでしょ。
(でも都会じゃどんぐりは落ちてないわねー)
これは勉強だと思えば勉強になるけど、遊びだと思えば遊びですよね。親も楽しいと思えば、教え込んでいるという気持ちになんてならないです。

余談ですが、長男(年長)が図鑑が好きなので小学生向けだけど『21世紀こども百科』(小学館)を買いました。すごく夢中になって毎日のように読んでいるけど、「またお勉強させちゃってぇ」と言う人もいます。
興味の対象がお勉強の分野だっただけで、ゲームやカード集めに夢中になっている子と変わりないのにね。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884/


annaさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 8月22日(火)13時40分10秒

はじめまして。
ちょっとヒドイ先生だなぁと思いました。
他人の身体の特徴をからかうような真似は、人間性を疑ってしまいます。
その事を嫌だと思っているのを伝えましたか?
しこりが残るのがイヤだとの事なので、冗談っぽくでも「それ、すごく
傷つきますぅ〜」と一度言ってみたらどうでしょう?
傷つくと言われたら大抵の人はやめてくれると思うのですが。
(そんでもまだやるようだったら、もうちょっと真剣に言わないとね)

それから、先生に愚痴られても困りますよね・・・。
私ならもう少し詳しく聞いて、まずは先生にとってどういう子になって
欲しいのかを聞き出します。
「思ったより大変」は「何が」大変なのか。どういう子が「つかみどころ
がある」のか。「これしか出来ない」のなら、どこまでやれれば良かった
のか。
それを踏まえた上で、家庭でできる事を考えます。


アイスさん、たけみゃさん、anneさん、 投稿者:M  投稿日: 8月22日(火)14時14分52秒

こんにちは。初めまして。
       ・・と言って、すぐに引き下がるのもなんなので・・。

え〜〜っと、「遊び」と「勉強」ねぇ・・・??。

例えば、自閉の子等でアルファベットに興味を持って、やがて単語や文を綴るようになるのっ
て、「勉強」ではないですよね。他の子が人形で遊んだりごっこ遊びをしたりするのと同じで、
その子にとっての「遊び」ね。

絵本を読んでもらうのも、分類するとしたら「遊び」よね。
その絵本に興味が持てない子に、その子のわかりやすい形に変えて読んで(話して)あげるの
が、絵カードかな。
だから、その意味で言えば、絵カードも「遊び」、いや、正確には「遊び」にしたいなという思
いがありますね、わたしなんかには。

その子の”興味関心”も、”社会や人”を理解していく為の入口としての役割も、
「人形より文字」「絵本より絵カード」の方が適していたっていう事よね、単に。

乳幼児への英才教育、あれは、ちょっと違うと思うんですよ。
その子には、他にももっと色々な形での働きかけが必要かもしれないのに、それには関係なく、
ただただ認知の力を伸ばす事だけを最優先して突っ走っている・・少なくとも、私には・・そう
としか見えない。
そのレールが お受験、お入学、お卒業、お就職、お結婚  <あるのか?そんな言葉
に通じているのまでも見えてしまう。 "優性思想”そのものでしょ、それって・・。

あ、脱線・・・。
要するに、言いたかったのは・・・、
基本は”遊び”"遊び心”に置きたいって事・・・。

ついでに言うと、難しい"勉強”も、苦しい思いを乗り越える”遊び”だと感じられれば楽しくなるよね、人生。               
            <  はい、すみません、今日もお得意の無駄話でした・・。


あ、 投稿者:M  投稿日: 8月22日(火)14時24分09秒

anneさんへのRES、ことばの教室の先生と言う事で、責任を感じて書こうかなと思ったら、
ケロさんが書いてくれていたのね。
その先生、いままでイジメラレ体験も挫折体験もない優等生コースをひたすら歩いて来た先生かもね、って気もします。
「目の事をからかう子がいるんですけど、先生、どうしたら良いでしょうね。」
って、聞いたらどんな返事が返ってくるかな?


実体験 投稿者:るり  投稿日: 8月22日(火)14時49分18秒

ケロさんの書き込みを読んで、うなずいてしまいました。

うちは私が絵本好きだし、息子が2歳代、多動が激しかったときも絵本を読んであげるときは大人しかったんです。
昨日、幼稚園の登園日で、スクールバスに乗って(息子にとっては憧れなんです)、りんご狩りに
先生と園児だけで行ったんですよ。で、ほとんど青といっていいりんごを自分でちぎって来たんで
すが、帰ってからもどうやってちぎったか言葉と音声で再現してくれて、「ぼくがりんご取ったよ」と、誇らしげなんです。

2個のうち(息子はうちが3人家族なんで3個要求したらしいけど)、1個を皆で食べました。
「ふーちゃんの取ってきてくれたりんごは美味しいね、パパ!」とややオーバーに言うと、
とっても嬉しそうで。

昨夜は、『りんごです。』という絵本を読んであげました。
息子はりんご好きなのでこの本は前から何度も読んであげていましたが、反応が違うんです。
りんごの木を初めて見たから実体験がともなっていて、木にぶらさがっているりんごの絵の
ページでは、「うん、そーよ。ぼく、りんごをキュルキュル(もぎるとき回すから)したんだ
よ。」と言いながら絵のりんごをもぎるふりをしていました。

やっぱり実体験には勝てないや・・と思った私です。


青と緑 投稿者:ケロ  投稿日: 8月22日(火)15時30分34秒

次男は3才半で色の区別ができるようになりました。
『あか』『あお』『きいろ』『みどり』『ピンク』
さすが特撮ヒーローおたくなので、これだけは完璧だったの。

でも、交通安全教室をやってから、『あお』と『みどり』を混乱するようになっちゃって。
『あお』を『みどり』とは言わないけれど、『みどり』を『あお』と言うの。
「違うよ、みどりだよ」と言われるととっても不思議そうです。
長男が来年から小学校なので安全に歩く習慣をつけなくてはと思い、いつもなら車で行く
スーパーまで散歩がてら歩いて行くようにしているのですが、途中信号があり、私の目から
見ても『みどり』に見える信号を「あおだよー」と言って渡らされているんだから、ますます
混乱しています。(気の毒)
信号は緑に見えても青と言う・・・なんて説明が通じる相手じゃないので困りました。

皆さん、こんな経験しませんでしたか?


興味・・・ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月22日(火)15時51分03秒

何が勉強で、何が遊びか・・・。

ハカセは数字が大好きで、足し算引き算は大得意。
しかし、彼の思考には「テストでいい点取りたい」とか「数字を日常生活で使う」事は頭にありません。ただ「数字」が好きなだけです。単なるおもちゃです。

とらさんの
>幼児期の場合へこんでいる所を持ち上げるのは、なかなか大変だそうで、
>逆に得意なことから遅れている部分を補うようなアプローチの方が効果が
>あるというものでした。

に納得。というか、嫌いなことには絶対手を出そうとしません。
結局親としては、好きなことを「ただそれだけ」で終わらせるのではなく、そこを手がかりに興味の対象を少しずつ広げていくことだと思います。とにかくほっとくと「それだけ」なので。
それにしても、興味の対象をどうやって広げていくかが難しいです。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/

掲示板過去ログ案内に戻る