2000年9月その10
 投稿者:ケロ  投稿日: 9月22日(金)01時59分47秒

うちは長男が5歳10ヶ月まで虫歯ゼロでした。(5ヶ月前)
仕上げ磨きは夜のみ(それも怪しかった)で、朝は磨くの忘れた〜という日も多かったけどかなり保った方だと思う。(1歳半健診の時、「こういう歯は虫歯になりにくい」と言われました。どういう歯なのかは説明してくれなかったけど)

虫歯にならないために気を付けていたのは、おやつは時間を決めてあげるという事だけでした。
飴やチョコも保育園に通うようになればお友達の家で食べてくるし、甘い物が嫌いという子も中にはいますが、一度味を覚えてしまえば大抵の子は欲しがるようになります。
うちは、食事が全部食べられたら『ご褒美』としてあげていました。そして飴やチョコを食べた後は必ずお茶やお水を飲ませていました。
これだけでも多少違うと思います。

保育園年長ともなるとお友達の家に1人で遊びに行くようになって、いつ何を食べたか親が把握できなくなりました。飲み物もお友達が来たときはジュースを出してくれるもので、飴の後にジュースじゃ追い打ちを掛けているようなものですよねぇ。
仕上げ磨きをもうちょっと頑張ってやってあげれば、綺麗なままで生え替わったかもしれないと思うとちょっと残念です。

次男は心臓に穴が開いているので、「虫歯を作らないように」と注意されています。菌が回って心臓で炎症を起こしやすいからなんです。
歯磨き大嫌いで磨けない日の方が多かったんですが、3歳まで甘い物を受け付けなかったし、いわゆるおやつを食べたことがなく、間食といえば『ふりかけごはん』と麦茶。虫歯とは無縁でした。
でも3歳過ぎてから突然チョコレートに目覚めてしまいまして、最近はビスケットや生クリームなんかも好き。そろそろあぶないかな〜と思って夜の仕上げ磨きは欠かさないようにしています。

保健婦さんのお話で、3歳児健診で殆ど全ての歯が虫歯だった子は、一日中好きなときに飴を食べる子だったそうです。飲み物はお茶感覚でポ○リスエット。
・・・それってどう考えても虫歯になって当たり前だぁ。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


3歳ぐらいで 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 9月22日(金)07時04分10秒

みそっ歯の子は、たいていおばあちゃんが任されている子のようです。
おやつも色々あげちゃうし、今時の仕上げ磨きはやらないんだろうなあ。
で、歯医者さんにもなかなか行けないのでしょう・・。
歯医者通いの手間だけは避けたいので(かなりの困難が予想される・・・)
仕上げは懸命にやっていますが、年齢が上がると共にやっぱりどんどん周りから
おいしいものが入ってくるのでかなり難しいかも・・・。
(スーパーでのおねだりもそれなりにうまくなる〜)
で、おばあちゃんには、
「そんなに毎日毎日(仕上げ磨きを)やらなくてもいいんじゃないの?
私らのときはそんなに厳しくやらなかったわよ・・。(かわいそうに・・)」
と言われます。


おむつはずし 投稿者:Frank_K  投稿日: 9月22日(金)07時25分14秒

初めて参加させて頂きます。5歳のPDDの男の子の父親です。
うちの子のおむつがとれたのは、4歳6ヶ月でした。かなり「バトル」といえると思います。それまで何度となくトライしたのもの、紙おむつとトレーニングパンツの行ったり来たりでした。

昨年11月から、行動療法の先生の指導の元、「今度こそ絶対に失敗させない」という信念と、中途半端にやって失敗した場合には更にとるのが困難になるという先生の脅しに怯えつつ始めました。鉄則は、「絶対におむつに戻さない」ということでした。外出でも例外はない、と言い渡されました。(取りあえず寝る時は除く)
その時の状態といえば、トイレでするのは絶対にイヤ、どんなことがあってもパンツの中にする、という困った状況でした。そして、濡れたパンツは嫌なので、その場で脱いでしまいました。家内の戦いのはじまりです。

一月程経って、ある日曜日、2時間くらい間隔が空いたので、私が無理にトイレに連れていきました。無理矢理座らせて40分、初めてトイレでおしっこができました。でもそれだけ。次の日、やはり2時間くらい間隔があいてトイレに連れていき、家内がトイレで対決すること2時間、いままで人のことを叩いたりなどしたことがなかった子が、その時は必死で叩いてきたそうです。それをおさえて何とか2回目の成功。このあと、急におしっこはトイレでできるようになりました。この抵抗を行動療法ではExtinction Burstというのだと教わりました。妥協するとこの壁がどんどん高くなる、との脅しと共に。

しかし、1日に何度か失敗が続きました。(その場でパンツを脱いでしまう)
転機は左腕の骨折。3週間程三角巾で腕をつっていて、漏らしても自分でパンツが脱げないため、100%親に教えるようになりました。

夜は、始めてまだ日が浅いうちにいきなり、オヤスミマンを拒否。パンツの方が遥かにはき心地がよかったようです。親はヒヤヒヤ。それでもおもらしは2度程しかありません。ほっ。

おしっこが終わってからうんちです。こちらも出そうな時に無理に連れていくのですが、おしっこより遥かに我慢がきき、かつ、便秘にもなります。それでもうんちが顔を出したくらいで後戻りできない時にうまく連れていくことができ、初めてトイレで成功。こちらはそのあとスムーズに進みました。

今は親に何もいわずに勝手にトイレにいっています。但し、うんちの場合はうまくふけないため困るのですが。

子供の性格や状況などで同じ方法でうまく行くとは限りませんが、御参考まで。
但し、Extinction Burstが出現するならば遅くならない方がいいと思います。体力勝負となりますので。


ちなみに、 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月22日(金)07時56分16秒

私は水を飲んでも(ちょっと大袈裟)虫歯になる体質。子供たちは二人とも、チョコレートをガバガバ食べても虫歯が出来ない体質です。


オネショ 投稿者:ケロ  投稿日: 9月22日(金)12時05分46秒

> こういうのって、脳の発達の未熟さの現れだそうです。

オネショはとくに脳の発達と深い関わりがあるので、6歳過ぎないと夜尿症とは言わないんですよね。
うちの長男、5歳半までほとんど毎日オネショしていました。それも一晩に2〜3回はするし、ほんの2時間足らずの保育園のお昼寝の時もしょっちゅうしていました。昼間のオムツが外れると同時に夜もしなくなったという話を聞くたび、焦りましたよ〜。実際、弟の方はそうだったので先にオネショしなくなっていたし。

彼は熱性けいれんもやっていたのですが、これも脳の未発達の現れで、6歳頃には起こさなくなると言われて確かにその通りでした。
昼間のオムツが取れたのにオネショはまだ・・・と焦っている方がいらっしゃいましたら、どうぞ開き直って6歳までオヤスミマンやオネショパッドのご使用をお薦めします!
オムツの購入や処理も大変ですが、お布団を干したり洗ったりする手間ヒマを考えたら安いもの・・・。身体が大きくなってビッグサイズでもダメという子は、大人用のSサイズで代用できると聞きました。(ちょっと高いけど)

偉そうな事を書いている私は、夜中に無理に起こして連れて行ったり、濡れて気持ち悪ければ起きようになるだろうとパンツのまま寝かせたりと色々やってみたりしたんですが、今から思えば気の毒な事をしたと思います。ゆっくり身体を休ませてあげる事の方が、数倍も大切ですよね・・・。

一緒に寝ていてモゾモゾ動いているのに気が付いたら、脳が起きている状態である場合が多いので声を掛けて返事をするようだったら起こして連れて行けばいいし、反応がなかったらそのまま寝かしてあげればいいと思います。

そんな彼も6歳直前にピタリとオネショをしなくなり、この半年で2回だけ。それも夕飯の後にスイカ食べたりかき氷食べたり、泥のように疲れて眠った夜・・・というように、原因がはっきりしています。

知覚の問題でもっと大きくなるまでオネショがあったという方もいらっしゃるでしょうが、ムラはあっても年齢と共に軽くなって行っているのではないでしょうか。

もしあの頃に責めたりして自信喪失させたり深く傷つけてしまっていたら・・・と思うとゾッとします。多少は傷ついていたとは思いますが、オネショをしなくなって自信回復したようです。
どうしても4〜5歳になると「まだオネショする?」という話題になりますが、子供が聞いている時は言葉にも気を付けてあげないと・・・。オネショは精神的な事とも深い関わりがあるので、要注意!です。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


なぜだろう? 投稿者:ひいろ  投稿日: 9月22日(金)12時52分45秒

オネショだけはした事がないぞ。
たまにおしっこしたくて起きて、母が熟睡していて間に合わなかった事は多々あるけど・・


Re:にんげんゆうゆうの 投稿者:ケリー  投稿日: 9月22日(金)22時16分31秒

>10.10の出演者って、ひょっとして
やっぱり、たぶん・・・


行って来ました(^^)v 投稿者:satomi  投稿日: 9月22日(金)22時20分13秒

2歳児歯科検診無事に終わりました(^^)
今んところは虫歯もなしです。。。あっ、やっぱり赤いの塗られました(^^;
最初に歯科衛生士さんの話しを聞いたのですが、2人くらいウロウロしている子がいました。歯科衛生士さんは「せっかく来たんだからちゃんとお話し聞いてねぇ」と少々不快そう、、、2歳児に話ししている間じっとしてろって方がムリじゃないかと思うんだけど、、、こどもの気を引くような話しならまだしもねぇ。。。
さいわいヒロは大人しく座っていられましたが、、、
「ぶくぶくぺっ」の練習もしましたが、ヒロはこれは完全拒否(笑)にわかにやれったってムリですよねぇ(^^;
だけど思ったよりもお利口さんしてられたのでビックリ(^^)
どこかへ行っても呼べばすぐ戻って来るし、わたしが見えなくなると泣くし、、、何だか他の子と変わらなく見えたけど、、、?と思ってしまいました(笑)絵本置いてたのもよかった(^^)
歯科検診の後に「親子で遊ぼう」っていう育児サークルに参加しました。
音楽に合わせて踊って、紙芝居聞いて、スタンプ遊び、手遊びといろいろして遊びました(^^)
踊りはまたわたしが黒子のように、、、見ると他の子も同じようなものですね。何人かお母さんを見ながらマネっ子してますが、、、中にはマイペースでボールで遊ぶ子、ウロウロする子といろいろでした、、、2歳児なんてまだこんなものなんですねぇ。
ことばも、すごくしゃべる子もいましたがみんなそんなでもない感じ、、、お母さんとのやり取りはできている感じでしたがね。。。(できてないちょっぴり気になる子もいたけど)
まだまだ他の子と遊ぶって感じでもなかったようですし、、、う〜ん、、、周りにあまりこどもがいないので分からなかったけど。。。
ヒロってずいぶん遅れているように感じていたけれど、、、コミニュケーション面ではやはり問題ありだけど、、、わたしの印象は「大して変わりないじゃん」でした(笑)1歳8カ月検診の時と同じだにゃ(^^;ホッ
あっ、、、サークルの方は2歳児ばかりではないかも、、、

そうそう、すずらんハウスですが10月の半ば過ぎに精神科の先生と臨床心理士の先生に診てもらうことになりそうです。
今日電話が来まして詳しい話をしました、、、先生と日程を相談して後ほど連絡をくれるようです。
なかなかいい応対でした。
療育センターに行っていたという話しをしたら「連絡してもいいですか?」と聞かれちょっと躊躇、、、H先生に申し訳ないような気がして、、、そう言うと「そういった人も結構いるんですよ」ってことでした。すずらんハウスとしては療育センターでどういった診断を受けたか参考にしたいところですものねぇ。
ホントはどこにも行ってないことにして真っ白状態で診てもらおうかとも思ったのですが、ごまかすの苦手なものでダメでした(爆)
「パンフレットを送ります」と言われて「ウチのものには言ってないもので、、、」とまたまた躊躇していたら「あっ、では何も書いてない封筒でお送りします」とあっさり、、、そういう事情にも慣れていねのですね。
継続的なケアを望んでいるというお話しもしました、、、どうなることやら、、、
また報告します(^^)

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


Re2:にんげんゆうゆうの 投稿者:朝倉玲  投稿日: 9月23日(土)14時37分50秒

>>10.10の出演者って、ひょっとして
>やっぱり、たぶん・・・

そうか、だからお留守だったのね!

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


いや、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月23日(土)17時53分55秒

11です


でもねー、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月23日(土)17時57分02秒

なんだか迷いまくりですよぉ、もう撮っちゃったもんはしかたないけどさ。

私にとって今、一番、切実なことを正直に答えるとさー、社会的にあるいは臨床的に私とは立場の違う人に対するサービスを切り捨てたい人たちの手で、口実として悪用されるんじゃないかとか思うと、

そんなこと言ったってしょがないんだけど


あ、11は再放送なんだ 投稿者:リンコ  投稿日: 9月23日(土)17時58分02秒

本放送は10なのね(私いつも再放送見てることが多いもんで)


でもさー、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月23日(土)18時01分02秒

私、協調性ありすぎて困ってるんですけどー。


本当に、まっすぐに 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月23日(土)21時07分14秒

リンコさん、ありがとう。
リンコさんのつらさは全部わからないけど、しんどかったことはわかります。
でも、リンコさんのおかげで、
ハカセは楽しく生きています。

うまくいえないけど、本当にありがとうデス。


26日だー! 投稿者:力士  投稿日: 9月23日(土)23時20分36秒

先週検査を終えて、26日結果とプログラムの外枠を病院に聞きに行きます。先日言葉の教室に・・との担任先生の意見を主治医に伝えると、「このようなトレイニングするのであればいいんだけど、先生に質問してみて」と言われそのまま通うだろう学校に電話すると「そんなことは、こちらで決める事です。とりあえず本部に相談予約して。」  心せまーい私は「なんで公って冷たいんや!」でも予約のでんわをすると、先の先生とぜんぜん違う先方さん。
ま、いっかー。力士のためだったらね。
得意、不得意の激しい記憶力のやたら良い子らしいのですが。。ところで、皆さんは兄弟に対して
(本人達の)どんな風ですか?ウチは、構いたくてしかたないんだけど、自力でということで、見てるだけーをさしています。デモこれ 兄には理解できないし、歪むかなーって辛い思いになる事があります。私だけかなー。


リンコさんへ 投稿者:ケリー  投稿日: 9月23日(土)23時36分05秒

『口実として悪用』するヤツらはいるかも。考えたくないけど・・・・・
そんで結構、社会的には発言力があるヤツも混ざってたりして。

でも、そんなことは許さない私もいるよ。
私一人じゃ非力だけど、他にも沢山の非力が、きっとアチコチにあるよ。
沢山集まれば、非力が微力になって、いつか勢力にだってなれるかも知れないのでは?


なんていうかさ、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月24日(日)01時02分32秒

私、「かわいそうな人」にはなりたくなかったのです。現に、自分でかわいそうだと思ってないし。だから、胸を張りまくってきたのでした。

でも、実際の私の生活は、けっこう悲惨だったりもするわけです。ただ本人が、かわいそうだと思ってないってだけで。(というかー、生まれたときからずっとこうだから、こんなもんだと思っているんですよね〜。自分が標準ですもの)

で。誇りを守りたい一心で、胸張ってしまったもので、援助手控えの口実に悪用されたら子どもたちに迷惑かけてしまうなあと。

それにもう一つ、私の場合、「理解が遅れているために、気にならない」とか、「意欲が欠如しているために、できなくても傷つかない」という部分、どこか醒めてるというか、平然としている部分っていうのが、あるんです。

それは、ある意味で、障害が根深いともいえるのだけれど(たとえば意欲の欠如など)、それによって救われている部分はあって、で、私にとっては、それは、とてもリアルな感覚なんです。「こういうときは悩むのが普通」とか「これは困るでしょう? え、困らないの?」とかいうのって、私にとっては、「気楽でいいですね」ではなく、「こんなことも理解できないの?」と聞こえちゃうんですよ。「悩むだけの理解力もない」って状態も認めろ! って、つい思っちゃうんです。

だけど、そういった「理解が遅れているために救われている部分」を、「じゃあ、問題ないじゃん」と思われてしまったら、私より少し理解が進んでいるおかげで、もっと苦しんでいる人たちに迷惑がかかっちゃう。

そんなこと考えていたのね。でも私、きかれたことに正直に答えるしか、できないからなあ、どうせ。


まっ、 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月24日(日)06時16分42秒

いろんな立場の人もいるし、今までどういう「自閉症」概念を持っていたかにもよるので、受け止め方は様々だろうし社会的な反響もいろいろあるでしょう。でも、それは本人にはどうすることもできないこと。(どう処理するかは、番組の製作者に委ねられているし、後のことは杉山先生にかかっている。)
そんなことより、リンコさん自身の周辺がいろいろ変わりそうで、私はそれを心配している。


ぬ〜。 投稿者:リンコ  投稿日: 9月24日(日)10時42分52秒

放送当日に、親を食事に連れ出すとか、電話でヤヤコシイ質問をするとか、
家へ遊びに行って別のチャンネルを見せてもらおうとか、作戦を考えている。


どうなんでしょうね、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月24日(日)10時53分15秒

「そうとう大変な生活」っていうのと、「胸を張って堂々としてる」っていうのとが、想像力の中で結びつくか結びつかないか、それが分かれ目なんだという気がしています。


もともと、 投稿者:M  投稿日: 9月24日(日)11時11分07秒

>誇りを守りたい一心で、胸張ってしまったもので、援助手控えの口実に悪用されたら
>子どもたちに迷惑かけてしまうなあと。

物事が自分の意図と違う方向に動き出してしまう事は良くある事よね。
リンコさんはもうすでに、
両の腕をいっぱいにひろげて、その守れる範囲の人(子)を十分に守っているよ。

ペンギンさんの言われるように、私も、そっちの事の方が心配。
ご両親には取り敢えずはそれで良いとしても、その後も、周辺があわただしくなるかも。
好意的な見方をする人ばかりでもないだろうし。。

でも、ケリーさんじゃないけど、ネット上には大勢の自閉連邦市民への応援団員がいる
事は覚えておいてね。

>「そうとう大変な生活」っていうのと、「胸を張って堂々としてる」っていうのとが、
>想像力の中で結びつくか結びつかないか、それが分かれ目なんだという気がしていま
 す

   < 私はねぇ、
     今のちょっと弱気?のリンコしゃんより、
     この夏、お仲間の所から帰って来たばかりの頃の堂々とした強気のリンコ氏
     の方の応援団員希望よ!!


リンコさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 9月24日(日)16時37分04秒

10月のにんげんゆうゆう『自分を責めないで』の放映予定を、
うちのHPでも紹介したいと思うのですが、
その時に、リンコさんのお名前も出してかまいませんか?
ちょっとそれは・・・と言う場合には、出さずに紹介いたしますが。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


口実として悪用する 投稿者:megumi  投稿日: 9月24日(日)17時57分48秒

そんなことは許しまへんで。


本人のつらさ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月24日(日)20時59分52秒

ハカセと暮らしていると、よ〜くわかります。
今日の運動会も、ギリギリのところで他の子たちと合わせて動いていました。

>そんなことは許しまへんで。

はい。わたしも応援団になります。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


>私、協調性ありすぎて困ってるんですけどー。 投稿者:ちひろ  投稿日: 9月24日(日)22時11分53秒

↑これ、私なりにすごくよくわかって、イケナイナーって思いながらも、思い出しては頭の中で、笑ってしまっていました。
うーん、とにかく、早く、放送が終わって、こればっかり考えなくてもよくなれば、いいんでしょうけど・・・
そして、なるべく、いい方向にむかうように・・・


あー、宣伝、別にいいっすよー 投稿者:リンコ  投稿日: 9月24日(日)23時18分05秒

だって、ハンドル、出てくるもん、どうせ。放送をみたら、わかることですから、隠す意味ないです。

だけど、予告、っていうか、警告だけはしとこうと思います。
えーと、見たら傷つくひと、つらくなるひと、いるかもしれないです。

というのは、番組の中で、私が、せっかくの「技能」を使わなかったり、もとはなかった「症状」をわざと導入したりしている姿が出てくるからです。

つまり、たとえば、音声言語だと自分の本心をゆっくりさぐることができないからというので、音声言語でせっかくじょうずにしゃべれるのにわざわざ筆談をしている姿が出て来たり、します。「少しでも音声でしゃべれるように」って、一所懸命、訓練に励んでいる人たちにとっては、虫のいい、腹の立つ話だと思います。


そして、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月24日(日)23時33分14秒

やっぱり、「協調性は・・・」というタイトルには、なんとなく首をかしげてしまう私。

いや、私が協調性ありすぎて困っているのは、本当の意味での協調性がないからなんですけどね。相手がどんな趣旨で頼んできてるのかがわからなくて、言葉どおりの意味に縛られるので、自分の身を危険にさらしてまでも従ってしまうわけです。人に対する協調性がないぶん、言葉に対する協調性が肥大してしまうのかも。


では、お言葉に甘えて 投稿者:朝倉玲  投稿日: 9月25日(月)00時21分28秒

うちのHPでも宣伝させてもらいます。
うちは普通の人もけっこう出入りしてくれているところなんで
そういう人たちにも、ぜひ本当の自閉症やアスペ、ADHDなんてのを知ってもらいたい、と
常々思っているのです・・・
リンコさんも取材されていると聞いたら、
見てくれる人が10人くらいは増えそうな気がする。(笑)

でもね、
>たとえば、音声言語だと自分の本心をゆっくりさぐることができないからというので、音声言語でせっかく
>じょうずにしゃべれるのにわざわざ筆談をしている姿が出て来たり、します。「少しでも音声でしゃべれるように」
>って、一所懸命、訓練に励んでいる人たちにとっては、虫のいい、腹の立つ話だと思います。

これはあまりにも辛いね。
そんなことをリンコさんが心配しなくちゃいけない、っていう
そのことが。

だって、リンコさんにとっては、それ(筆談)が一番自分の本心を表現するのに適切な方法で、
今までの人生の中でその手段を獲得してきたから、それを実行しているだけなのに、
そのことで傷つく人が出てくるかもしれない、と
心配しなくちゃいけない。
それって・・・それって、本当はおかしいと思うの。
リンコさんはただ、自分が生き延びてくるために、精一杯の努力と工夫を重ねてきただけなのに。
それを他の人から責められなくちゃならない、だなんて・・・。

もちろん、
>「少しでも音声でしゃべれるように」って、一所懸命、訓練に励
むことは、悪いことじゃないと思います。
ただ、それはどうしても、健常者側からの発想であって(喋れることが一番幸せに違いない、という)
本当は、そうでない場合もある、ということを、リンコさんが身をもって示して見せてくれている、
そのことは、自閉者に接している人たちにとって、
とても大きな視点の転換になるような気がするのです。

だから、
リンコさんはリンコさんのまま、今まで通り、胸張って誇りを守り続けて欲しいです。
誰がなんて言ってきたとしても。
私も、他のみんなと同様に、力の限り、リンコさんの応援していますから。
何言われたって、気にしないで。
リンコさんは、リンコさん。
私たちが大好きな人なのだもの。

でもって、ごくありきたりな感情から、
リンコさんの姿や声が拝見できるのかな〜、と
番組にとても期待していたりするのです。(笑)
たとえ、顔は映らなかったとしてもね。
10月10日が楽しみです♪

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


TVに向かって 投稿者:ひいろ  投稿日: 9月25日(月)00時25分57秒

手をふる人間が、日本に何人いるのだろうか?
・・・多分、私はふってると思う・・・


どうか 投稿者:ケロ  投稿日: 9月25日(月)01時00分53秒

全てが良い方向へと向かいますように。
リンコさんが生活しやすいようにと変わりますように。

>手をふる人間が、日本に何人いるのだろうか?

皆で一斉に手を振っている姿を想像して、笑いましょー。


協調性 投稿者:るり  投稿日: 9月25日(月)01時23分57秒

私、あるのかないのかよくわからないんですけど・・・

私はクソ真面目なところがあって、『逃げ』の口実がないともう、相手の要求を深読みしすぎているのではと
思いつつ、自分の体力、精神力、時間を使ってまで、やり遂げてしまうことがあります。
おまけに他人に協力を求めるのが、すっごくヘタクソなんですよ。

ふーが生まれてからは、それが口実にして厄介事から逃げおおせることが出来るようになりました。
あと、「夫に相談してみないと・・・」というのも、役に立っています。
とても、ずるいと思うでしょう。でも、そうでもしないと無理をしてしまう自分に歯止めがきかない
ような気がして、自分の精神を守るためには仕方がないことだと割り切るしかないんです。
(子供のいないときは、結局、夫を巻き込んでしまってて。頼れるのは夫だけだったので)

私が深読みしすぎただけで、相手はハッキリと、「こうして下さい」って言ったわけじゃない。
だから自分のせい。

それと私はいま、療育施設に来ていらっしゃるある親子を帰りに毎回車でお送りしているんですけど、
それは私の負担にはなっていないのだけど、もしかすると相手の方が負担に思っているのでは
ないかと思うようになってきて・・・表面的にはタクシー代が助かるし、療育に通いやすくなるので、
良いのでしょうが・・・難しい。

昔、友人だと思っていた人に、「将来、私の保証人になって」といきなり話をされたことが
ありましたが、「私、無職だから無理だと思うよ」ってひきつりながら答えたら、そのまま
音信が途絶えたことがありました。(笑)

理由があればいいのだけど、ないと今だに「ほどほどにやる」という自信がありません。

療育施設のバザー、多分、今年も逃げ切れないんだろうな・・・これはとてもとても負担になっているの。



わたしも手を振りつつ応援してるぅ〜♪ 投稿者:satomi  投稿日: 9月25日(月)13時45分42秒

ヒロが自閉症かも、、、と分かって間もないころ、リンコさんところの「地球人ホストファミリーの部屋」を読んでとても励まされたのを覚えています。
リンコさんのカキコはいつもわたしに何かを気付かせてくれます。
何もできないけれどリンコさんが無理なく楽に生きていけるよう願っています。

>>そんなことは許しまへんで。

>はい。わたしも応援団になります。

わたしも(笑)

−−−−−−−−−−−−−−−−
今日、ひまわり幼稚園に行って来ました。
段々と嫌がることが少なくなって来た感じですね、、、何をするにしても。
ローラーボードも絶対乗らなかったのに乗れるようになって来たし、朝の会での様子の変化は大きいです。
今日はずっと座っていられました(^^)しかも嫌がらずに、、、
お歌もニコニコして聴いてられたし、とても楽しそうでした。
初めてお当番さんにも挑戦したけどこれはもうひとつって感じでしたね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
余談ですが、、、わたし、協調性って、、、ないかも(爆)
例えば、みんなよくノリにまかせて「飲みに行こうゼェ〜」とか「○○○しようゼェ〜」とかってありますよねぇ、、、わたしはのって行けません。そういう勢いにまかせてっうのは苦手です。
それでも自分の気持ちの波長が合った時はまだいいのだけれど、それでも「じゃ今夜○○しよう」なんてのはダメね。せめて一週間前には言ってよって感じ(笑)
あまり知らない人と話したりするのも苦手ですね。他の人を見ていて「何で大して知ってもいない人とあんな風にニコニコと合わせてしゃべれるのかしら?」と不思議に思ってしまいます。
あれっ?これは協調性の問題じゃなくて単に人付き合いが苦手なのを暴露しただけかも(((^^;
とにかく「みんなで何かしましょう」っていうのは苦手な人でしたね、昔から。。。


http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


ど・こ・に・し・よ・う・か・な 投稿者:朝倉玲  投稿日: 9月25日(月)13時50分00秒

・・・うん、ここの掲示板に投稿しよう。(爆笑)

午前中、地域の社会福祉相談員という方がいらして、
聞き取り調査をなさっていきました。
11月にそこの福祉センターの相談会に出ることにしたので、
その事前調査なのです。
福祉相談員・・・ようするに、児童相談所の相談員です。
この地域には専門の児相がないので、福祉相談員という方が担当しているみたい。(^_^;)

「相談会では何を相談なさいたいのですか?」と聞かれて
「再来年の就学を見越して、今から児相と繋がりを持っておきたくて」と正直に答えたら、
困惑した顔をされてしまいました。(笑)
養育面での相談をされるに違いない、と思っていたみたいですね。
いや、こちらからはあらかじめ就学問題を希望していたのだけど、
時期的にまだ早いこともあって、養育面での相談に絞ろうと考えていらしたみたい。
で、「こちらとしても、お母さんのご希望がまだよくつかめていないものですから・・・」と言って、
まず、ショウの養育歴のことから話を進めてきました。

で、まぁ、いろいろ話していって、
特に最近の成長ぶりなんかを詳しく説明していったら
相談員さん、熱心に聞いて下さったのですが、
「これでは、相談する必要、ないみたいですね〜」って苦笑いなさいました。
そう。当面の養育については、もう方針も一応定まっているし、
こちらの態度も決まっているから、
その面で相談することはなかったのです。
ただ、私が自分なりに調べたり聞いたり考えたりしてやっているこの療育が
はたして本当に正しいのか。
軌道を外れてはいないか。間違った方向に進んでしまっていないのか。
そこを第三者にチェックしてもらいたい、というのと、
やっぱり、今から就学問題について専門家と繋がりを持って、
情報を得たり、困ったときには一緒に考えたりして欲しい、という想いがあることを話したら、
やっとそれで、こちらの意図を理解してもらえました。
ここまでたどりつくのに、延々1時間以上しゃべりました。
ただ、相談員さんも、ものすごく親身に話を聞いてくれる方で、
私の話を聞くうち、ご自分の子育ての苦労も思い出されたみたいで、
なんか、そんなこんなを話しているうちに、友達と話しているような気分になっちゃいました。
だから、すごく楽しかった。(笑)

結局、相談会では、自閉について詳しい心理士の先生に
この養育の方法で間違いがないかどうか見てもらうことと、
就学問題も含めて、幅広く話をすること、を目的にすることにしました。
・・・実際、就学についての情報を得たかったら、
親の会にでも入って、直接子どもを学校に上げている親から話を聞くのが一番かな、とも
思い始めています。
それも、相談会で話してみるつもりですが。

それにしても、話をしながら、つくづく感じました。
私は、この掲示板があったから、ここまでやって来られたんだなぁ、と。
この地域では、診断は受けられても、その後のフォローや療育指導が受けられるところは皆無です。
だから、私は独自にインターネットで検索し、
あちこち見て回るうちに、ここにたどりついて、根を下ろしてしまいました。(笑)
障害についての知識や療育のヒント、アイディア、元気・・・
ほんとうに、限りないくらいたくさんのものを、私はここから受け取って、
ここまでやってきました。
インターネットがなければ、私もショウも、こんなには成長できなかった。
それは間違いないことです。

でも、インターネットが出来ない親だってたくさんいるわけですし、
身近に相談にのってくれたり、アドバイスしたりして、力になってくれる施設がぜひ欲しいですね、
とそんな話をして、相談員さんと別れたのでした。

この掲示板みたいな、サポート組織が身近にあったら、
ホントに、素敵だと思いませんか?


http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


すごく思います〜! 投稿者:satomi  投稿日: 9月25日(月)22時13分28秒

朝倉さんへ

>この掲示板みたいな、サポート組織が身近にあったら、
>ホントに、素敵だと思いませんか?

思います、すごく思います!
わたしの住んでいる地域にも療育に関してのサポートやフォローをしてくれるようなところはありません。
診断を受けれるところさえもなかなかない状況です。
ヒロが自閉症では?と思い始めたころ、とにかくどこで確かめればいいのか分からず悩みました。
市の児童相談もあまりアテにならなかった、市内の小児科もダメ(一番評判のいいところに行ったのだけれど、、、)結局、県児童相談所(山形市)か療育センター(上山市)しかないという結果でした。
最近、また市の相談所に「民間でもいいから療育関連のことを指導なりしてくれるところはないか?」と聞いたら「ありません」と言われました、、、TVで障害児学級(七田式)っていうのを見たことがあるんだけど関係ないのかなぁ、、、?
まぁ、その変わりにと紹介されたのがすずらんハウスなのですが、、、

わたしもインターネットやっててホントによかったなぁとつくづく思います。
これでどれほど救われ、励まされ、勉強させてもらったことか。。。
生きた声を聞くことができるとても貴重な場所ですものね、、、
ホントに、このような場所がもっと身近にあれば障害を持ったこどもさんを育てている親御さんたちもどれぼど心強いことでしょうか。。。

あっ、だけどわたしの場合はネットで元気もらい過ぎて療育センターの先生に「お母さん、ここに来るよりずっといい勉強してるんだから大丈夫ですよ」な〜んて言われちゃうのも困るかもねぇ(笑)
−−−−−−−−−−−−−−−
応用行動療法の中に「強化子」っていうのがありますね。まぁ、強化子にもいろいろあるわけですが、わたしは個人的に食べ物を強化子にすることに抵抗がありました(と言うか、今もあります)
よくその方法を批判する時に言われることのようですが「動物の調教じゃあるまいし、、、」ってことね、、、
だけど、、、「自閉を砕く」という本を読んで、、、自分の好き嫌いではなくて、こどもにとってよい方向に向かうことであれば受け入れることも必要なのかなぁとも、、、思いかけています。
そのことでこどもが少しでも社会的なことを身に付け生きいいように成長するのなら、、、
最近ヒロは牛乳プリンに目がありません。ひっそりと「これ強化子に使えるかなぁ」なぁ〜んて思う今日この頃(笑)

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


あら〜 投稿者:ひいろ  投稿日: 9月25日(月)23時05分03秒

うちの最近の強化子は「のり」よ〜。satomiさん。
さっきもご飯の時間になってもだらだらして、おもちゃ片づけなかったから
「のり」ひらひらさせたら、もう高速モードで片づけてくれました・・(笑)


じゃぁ、 投稿者:M  投稿日: 9月25日(月)23時43分50秒

わたしの強化子はビールかしらぁ・・・。

ところで、先ごろ某星空掲示板で就学問題、統合教育に関しての話しがされていま
したが、それに関連して小学校での障害理解学習のあり方、その教材の妥当性につ
いてもそことここの屋根裏部屋とを使って論議されていました。

具体的な教材を叩き台にした話しで、それをそのまま掲載することは著作権の関係
で難しく、限界はありますが、統合教育のあり方にも影響する重要な話しでもある
ので、より多くの方に読んで頂く方が良いだろうということになりました。
特に小学校など現場の先生方には是非ぜひ読んでご意見も頂きたい内容です。

今何ができるのか、どんな教材を使いどんな指導をする事が子供たちの心に響く最
も実のあるものになるのか。そして、その事は今後のインクルージョン教育の中で
も重要なポイントになってくる事でもありますね。

下記URLに私の独断と偏見で意見をまとめてみました。それを読んで頂き、
更に前に進む為のご意見をいただければ有り難いです。
            < と、いつになく真面目な口調のMでした。!(^-^;)

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/rikaitougou.html


教科書? 投稿者:リンコ  投稿日: 9月26日(火)01時04分32秒

京菓子?


諸事情により・・・ 投稿者:ケロ  投稿日: 9月26日(火)01時31分24秒

しばらく留守にしま〜す。

知っている人は知っている、知らない人はまったく知らないという当たり前の話なのですが、次男・ショウが心臓の手術のため、ちょっくら病院へお泊まりして参ります。

病院は小児専門病院という事もあり原則4才以上は完全看護なのですが、やはりコミュニケーション能力に欠けるので2週間付き添う事にしました。
(まともに話せたとしても、4才の子を1人で入院させるのは心配ですよね〜)

一応今回が最後の手術になるので、心配や不安よりも元気になってくれるという期待の方が大きく、意気揚々と出掛けて参ります。
ショウには本人を主人公にした絵本を描いて説明したのですが、「ショウは、ビョーイン! ゲンキ! ガンバルゾ!」なんて言ってその気になってくれています。
(もちろん絵本には痛いんだとか辛いんだとかは描きませんでしたが・・・)

また復活したら、書き込みに来ます。
それにしても2週間後、いったいどれだけの過去ログを読まなければならないのかしら〜。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


うちの子供達の強化子は 投稿者:ケロ  投稿日: 9月26日(火)01時33分19秒

「お買い物」とか「お出かけ」です。

別に何か買ってあげるわけでもないのに、「お買い物行くよ」と言う時はお片付けがスピードアップします。


3連発 投稿者:ケロ  投稿日: 9月26日(火)01時50分51秒

Mさん、下に紹介されたページを見て来ました。
そう言えばMさんの本業って先生なんだったっけ・・・と改めて思い出した私です。
何て冗談言っている場合じゃないですね。
とてもわかりやすく、ストレートにまとめてあって、良かったと思いました。


Mさん、お疲れさま! 投稿者:ひいろ  投稿日: 9月26日(火)09時13分56秒

あれだけのものをまとめるのは、大変たったでしょう・・肩ををもみもみしてあげませう。
・・でも京都じゃちょっと遠いなぁ。


強化子って・・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 9月26日(火)09時26分07秒

密かにみんな使っているのではないでしょうか?
私自身はsatomiさん同様、餌で釣る、みたいなのは好きではないのですが、
○○をちゃんとやったら○○してあげる、みたいなのはつい、時々はやってしまいます。
あるいは、よくできたねえ・・と、頼まれもしないのに、ついごほうびをあげてしまったり。
そういうことは一切やらない、と出来ればいいのですが、私がそれを徹底できないから
ドツボにはまることもよくあります。
マラソン大会でがんばったら○○を買ってくれ、等と言われ、モノのためにがんばるのか、
と文句を言ったら、友達は一位になったらピアノを買ってもらうのに・・(それもすごい!)
漫画一冊もだめなのか、などと言われ・・・
そのぐらいならと折れたときもあるし、
私はそういう主義ではない、と説明したときもあったかな?
ま、いろんなところでそれが徹底していないので、そこを子供からは突かれます、はい。
おまけに複数子供がいると、強化子が平等でないとトラブルのもとになります。
一人だけががんばったことにはなかなかごほうびはあげられませんし、
くせになると、ちょっとのことでねだってくるし。
そこがとってもとっても難しい・・・。


「砕く」「生かす」「越えて」 投稿者:megumi  投稿日: 9月26日(火)09時37分50秒

実践家の話は刺激的で、何度も脳みそがひっくり返りました。
拒絶反応をおこしている余裕がなくて手当たり次第にやってみた私。
でも、たしかにうちも食べ物は強化子にはならなかったですね。
パターン自体が強化子になってたような気がする。
「子どもが何かしたら必ず拍手」とか、
「子どもが指示された内容を完遂したら、
必ず子どもの前に自分の手を出してたたかせる」とか。

ケロさんの絵本、いいなぁ〜。

Mさん、お忙しいところ力作をありがとうございました。


…… 投稿者:megumi  投稿日: 9月26日(火)10時01分42秒

掲示板過去ログ案内に戻る