2000年9月その4
ひぇ〜 投稿者:megumi  投稿日: 9月 5日(火)22時44分42秒

「何してるの?」で、うろたえる少年。
怒って責めてるわけじゃなくて、ただ尋ねているのだと満面の笑みで
説明しなくてはならないことも、しばしば。。。。

言葉の調子で、ある程度は判断しているようですが、
確信が持てないので私の表情を必死の面持ちで観察しています。
「母の表情」は長年のデーター収集で、わかるようですが
なじみのない人だとまた困るのでしょうねぇ。

それで人に話し掛けられると迷惑そうなのかしら。


長文つづきでごめんなさい。。。 投稿者:satomi  投稿日: 9月 5日(火)23時08分00秒

上の4色の穴にカラーボールを乗せてトンカチで叩いて落とすとジグザグの滑り台を落ちていくというオモチャがあります。
普段はジャマなので高いところに置いてあるんですが、たまに取ってくれって要求されると出してあげます。
でぇ、輪っかと同じ色のボールを入れるんだよと教えても全然無関心、、、自分の思う遊び方に没頭しています。。。
マッ、いっかぁ・・・と思ってしばらく放っておいてパソコンをしていて、、、ヒロが他の遊びを始めたので「あれっ、止めたのか」と思って振り返るとちゃんと同じ色のところにボールが揃えられていました。。。
はぁ、こんなものなのかもなぁ、、、と思いました。
一生懸命教えてる時はさっぱりやる気なかったんだけど、自分でいろいろ遊んでいるうちに輪っかと同じ色のところにボールを入れるという遊びを発見したか、わたしが教えたのを覚えていたのか、、、きれいに揃えたところで、その遊びは満足したようでした(笑)
だけどもう一度させようとしてもやらないのね(苦笑)また違う遊びに夢中になっている。
ボールだけをいろいろ並べて遊んでいる、、、
あれっ、ドナさんの本にもあまりかまい過ぎないでくれる方がいいみたいなこと書いてましたよね。
(母親が自分を無視し拒絶したからこそ、一人でさまざまなことを学ぶ心の自由ができた、、、みたいな。親が自分たちの感情には客観的になるように努め、子ども自身がどのように世界を感じ取っているかを第一に考えながら、、、みなさん、多分読まれているでしょうから知ってますよね)

ドナさんの書いているもので「自閉症の子どもは、視覚、聴覚、言語については、時に本当に知覚障害があるかのようにふるまいをするが、それは外から入ってくる情報の多さに−主に、自分に向けられた人の感情の強さに−対応することができなくて、激しいストレスのために自分をシヤットアウトしてしまう」ってところは、ある面ヒロにも当てはまるのかなぁ、、、
こちらが何かをさせようと強く要求した時に(例えば「こう言ってごらん」とか「こうしてごらん」とか)完全にシャットアウトしてしまいます。
だから、わたしはそういうことあまりしないようにしてます。シャットアウトしてしまったヒロに無理矢理なにかを教えようとしてもあまりプラスにはならない気がするし、、、
その辺、周りの人は理解していないので、、、ちょっと困ったなぁって時があります。やっぱ家族にある程度理解してもらうことが必要なのか。。。

わたし、まだヒロの病気のことに気付いてないころから「何かに夢中になってたり集中している時はなるべく放っておいてあげて」という育て方をしていました。それがいいことだったのか悪いことだったのかは賛否両論でしょうが、ヒロにとっては結構よかったんじゃないかと感じています。
それでもそれなりにヒロは周りの愛情を感じているようにわたしには思えますし、、、
療育センターの先生にも「きっとみんなに大切にされているんですね」と言われました(メールで)
先生もそういった面を、ヒロを診て感じたのだとしたら、、、嬉しいです。。。

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


挨拶 投稿者:大ママ  投稿日: 9月 6日(水)10時21分08秒

アドバイスがほしいのですが・・・
挨拶がめんどうだという息子の気持ちもわかるのですが
いってらっしゃい→いってらっしゃい
ただいま→おかえり
になってしまいます
何度教えても駄目・・・


ふ〜む 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 9月 6日(水)10時23分30秒

>「何かに夢中になってたり集中している時はなるべく放っておいてあげて」という育て方をしていました。それがいいことだったのか悪いことだったのかは賛否両論でしょうが、ヒロにとっては結構よかったんじゃないかと感じています。

satomiさん、読んでいて私もそう言う感じがします。
ヒロ君は案外応用も効くのではないかなあ、と言う気もします。うん。

年少の時、私があれこれ先生に注文つけてみたら、(一応ちゃ〜んとお願い形式だったのよ〜(笑))
「お母さん、ポロンちゃんが何かに夢中になってたり集中している時は
なるべく放っておいてあげて。子供はねそういう中から自分で感じて伸びていくのだから」
と言われました。
だけどオ・・・、放って置いたらやることはひとつしかないのよ。
それしかやらないよ〜。だから、誘って欲しいの・・・。

結局私の思いはあまり伝わらなかった気がするのですが、それでもね、
いつまでもはそこに留まっているだけではありませんでした。
以前読んだ本では、ず〜っとタイヤ回しに没頭しているようなことは止めさせなければならない
とありました。
・・・・・質的な問題、程度問題、ということなんでしょうかね。

>それでもそれなりにヒロは周りの愛情を感じているようにわたしには思えますし、、、
素晴らしい・・。
お母さんのアンテナも鋭いのでしょうね。
私なんか、や〜っと最近かしらねえ・・・、そうとも思える、ってなもんですが。

ところで、↓のとらさんの書き込み(う〜む)は、何処をとってもぴったり同じ気分!


エコーの次のステップ 投稿者:とら  投稿日: 9月 6日(水)11時29分22秒

大ママさん、
>いってらっしゃい→いってらっしゃい
>ただいま→おかえり

上の方はエコーで返してしまうという意味ですよね。下の方は? 自分が帰ってきたときに「ただいま」というべきところで「おかえり」と言ってしまうということでしょうか。
実はうちでもほとんど似たようなことが有りました(有ります...)
まず「いってらっしゃい」に関してはお母さんが言う前に自分から「いってきます」と言わせるように持っていくのはいかがでしょうか。そもそも「いってきます」->「いってらっしゃい」が正しいやり取りですしね。「いってらしゃい」という言葉に反応させて何かを言う、と形作られている思考を本来の”出かけるときには「いってきます」と言う”という理解に持っていくのが良いのではないかと思います。これは、イントラバーバルで覚えさせるのが良いと思います。これを習得させる段階では前の概念を払拭する為にあえてお母さんは「いってらっしゃい」と言うのを避けたりバリエーションを変えて反応すると言うのはいかがでしょう。(「いっておいでー」とか「気を付けていってきてね」のように日替わりで)
うちに帰ってきたら「おかえり」と言う件は、言葉は主体的に出ているけれども本来相手が言う言葉を口にしてしまうわけですよね。これも自宅のドアを開けて玄関を見たら「おかえり」という言葉が思い浮かんでしまうのでしょうね、お母さんがいつも言っていますから。玄関を見たら(これは危険かな、やはりうちに帰ったら...)「ただいま」のように関連付けを修正する必要が有りそうですね。具体的にはこれもイントラバーバルが良いと思います。

ある程度言葉が出て、エコーが出来るようになってくると次に悩むのが、この手の対話をさせたいのにエコーになってしまうケースだと思います。よく考えてみると昨日までエコーさせたい言葉を言ってそれを復唱させていたのですから、同じ言い方ではエコーになってしまうのは当然かもしれません。私はこの場合には2つの方法が有ると思います。一つは前述したようなイントラバーバルを使用すること。もう一つは、親は通常の声量で言った後に、すかさず小さな声で子供のセリフを言ってあげて(プロンプト)そちらをエコーさせると言う方法です。もちろん次第にプロンプトを無くして対話に持っていくわけです。


大いなるこだわり!? 投稿者:satomi  投稿日: 9月 6日(水)13時24分38秒

ぴっぴさん

わたしも何でも放って置いたわけではないんです。
いろいろ心配でした、ミニカーのタイヤだけ回してず〜っと遊んでるのも換気扇ばっかり見ているのも不安で不安でたまりませんでした。
その中で換気扇への執着だけは特に気になったので何とかやめさせたいと思いました。ホントは止めさせることもなかったのかもしれませんが、ウチの場合、周りの人たちが面白がって「ほれ、抱っこしてやるからもっと見ろ」「おまえ、これ好きだろう」って感じで煽るんですよ(^^;
でぇ、当然のことながらヒロの換気扇への執着は強くなる一方、、、その場へ行けない時はかんしゃくを起こすことも出てきていました。(厨房の換気扇だったもので仕事のジャマになるし危ないんです、そのころのヒロに仕事中だから今はダメなんてこと通用しませんから)
療育センターの先生にそのままにしてていいものかどうか聞いたところ「ムリに止めさせることもないけれど煽ることはない」と言われました。
だけどわたしはキッパリと「止めてください」と周囲にお願いしました。「もし行きたがる時はさりげなく別の遊びに誘ってください」って感じで、、、
始めのうちは頑固に行きたがりましたが段々と数も減り今では全く行かなくなりました。
外に出た時に、空調のプロペラとか換気扇に気を取られていることはたまにありますが、それはその場限りのものなのであまり気にしないです。

、、、今、ヒロがいきなりわたしの膝に座って「早く打て!」って感じで「んふふっ、んふふっ」ってせかす〜〜〜(^^;こっちは考えながら打ってんだってぱぁ(笑)

ミニカーは最近やっとそれらしく遊べるようになりました(^^)
タイヤだけを回しているところは殆ど見かけなくなったかなぁ、、、タイヤに興味はあるようですがね。(幼稚園のボードローラーや三輪車をベタッと寝そべって動かしてタイヤを眺めていることがあります)だけど、そういった行為をするのは決まって眠たい時なんです、、、気持ちが落ち着くのでしょうね。換気扇の場合も気持ちが落ち着くらしい、、、慣れない場所だと特にそういうもので無意識に心を落ち着けようとしているのでしょうねぇ。
自閉症の特徴のひとつに、ひとつのものに執着して遊びの幅が広がらないっていうのがありますが、それは大きくなるごとにある程度は自然に改善されていくもののようだとわたしも思います。
小さいころは「ずっとこんな状態のままなのかしら?」と不安になることもありましたが、人は決してひとつのところに留まったりはしないものなのでしょうね。
執着すること、こだわることは決して悪いことではありませんし、その子の様子を見ながらよい面は認めてあげたいものです(^^)
もしかしたら、そのこだわりの中でこどもはこっちが気付いてないような素晴らしい成長をしていたり発見をしていたりするかもしれないし、、、と思ったらそんなにマイナス面ばっかり気にしていることもないかぁ〜って気になりません?、、、お気楽過ぎるかなぁ(^^;
わたし自身が自分の世界をジャマされることを好まないせいかもしれませんけど、、、とってもヲタクなわたし(笑)

最近ビデオを楽しめるようになったという話しをカキコしましたが、、、
見ている時にケタケタ笑うような場面になると、こっちをチラチラ見ながら笑っているんです。
「面白いかぁ〜」とか言いながら笑いかけてあげるとまた続けてケタケタ笑いながら見ています。
ことばはないけれど、何だか少しやり取りができているみたいで嬉しいひとときです(^^)

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


ただいまー、おかえりー。 投稿者:ぴいママ  投稿日: 9月 6日(水)16時56分06秒

今3語文が出てきた、ゆ〜がですが、少し前まで「たらいまー、おかいりぃ。」「かーしーて、どうじょ。(貸して?、どうぞ)」「ごみんにぃ、いいよー(ごめんね、ウンいいよ大丈夫だよ)」など、相手に対して言う言葉と自分が返す言葉がワンセットになっていました。「かして」や、「ごめんね」は保育園でこう言うんだよ、と教わりそのまま覚えたようです。ただいまはみんなが言っているので自然に覚えました。「いってらっしゃい」「いってきます」はワンセットにはならなかったものの、逆に使ったりしていました。
ただ、その言葉を使う場面としては間違っていなかったので、ワンセットで言ってしまったあと、さり気なく、「ただいまだよ」と正しい方を教えました。するとたいていそれを、復唱しました。まだ、時々ワンセットでいってますが、「パパおかいりー」「ママいってらっしー、バイバイッ」などちゃんと言えることも増えてきています。
挨拶そのものは好きなようで、知らない人にも、「おかいりー!」「いってきまーすっ」と愛想がいいです。大人に対しては問題ないですけど、相手が小学生くらいだと、何だあいつって顔されてますけどね・・


ピイママさん、とらさん 投稿者:大ママ  投稿日: 9月 6日(水)19時11分48秒

ありがとうです
すみません
だだいま→ただいまです
エコーです
でも、これも何度もただいま、ただいまと言われるとエコーしますが
ただいまと1度いわれると顔を見る程度です
しつこく、ただいまというとエコーすると言う感じです

幼稚園へ毎朝送っていくんですが、いってらっしゃいというと
いってらっしゃいというんです
先生がいってきますだよというといってきますといいますが・・・
あれこれ、2年ほどこれをやっていますが、今だにいいます

少し、とらさんが書き込みしたくださったように、やってみようと思います


ただいま、おかえり・・・ 投稿者:ままはっち  投稿日: 9月 6日(水)20時10分32秒

小3の今でもよ〜く間違ってます。
とらさんのおっしゃる通りだと思います。
玄関で使うフレーズ「ただいま」と「おかえり」はインプットされてはいるのだけど、
まだどの状況の時にどっちを使うのかが、ちゃんと理解できてないのでしょうね。
私が家に帰ると元気に「ただいま〜」と出迎えてくれます。
「ちゃうやろ〜」とツッコミを入れると「おかえり〜」と言い直してますが・・・。

大ママさん、うちもやっぱり最初は、ただいま→ただいまのオウム返しでしたよ。
うちは小学校に入ったあたりから、オウム返しは減ってきました。

あと、声と音の使い方なんかも・・・。
外の物音(例えば風の音)に「あの声なに?」とか言ってます。

「むかつく〜〜」とか「うざ〜〜」とかは、ちゃんと状況に応じて使っているのに・・・
これは最近覚えた言葉だからでしょうね。


(^。^;)ホッ 投稿者:megumi  投稿日: 9月 6日(水)21時24分25秒

(*^_^*)さすがとらさん。

<プロンプト>っていうのは「ヒント」ですよね。
>すかさず小さな声で子供のセリフを言ってあげて(プロンプト)
>そちらをエコーさせると言う方法
例えば、子どもが「いってらっしゃい」をエコーする前に、
言わせたい台詞「いってきます」を黒子みたいに小さい声で言う。
子どもが「いってきます」を飲み込んで「いってらっしゃい」を言うようになったら
>次第にプロンプトを無くして
ヒントを小声の「いってきます」から「いって」→「い」と減らしていく。。。。

というような解釈でいいでしょうか?

少年はこのやり方でした。

で、<イントラバーバル>の方ですが、
言葉のやり取りのパターンをわざと崩して、場面(状況)と言葉を結びつける、
ということでしょうか?

なあるほど。できたら専門用語を使わないで説明してm(__)mペコ

挨拶ができると他のことはあんまりうまく喋れなくても、
社会生活がずいぶん楽になるんですよ。
一番役に立つのが「ありがとう」


嬉しかった事 投稿者:るり  投稿日: 9月 6日(水)23時49分32秒

息子の同じクラスの子供は、「今日、ふーちゃんは来ていなかったよ」と家に帰って報告が
出来ると聞いて、「こりゃまた、進んでいること」と3歳児の発達の度合いがよくわからない
私は、感心していたのですが、今日、ふーが担任の先生からの連絡事項を伝えてくれました。
もちろん初めて。

「あのね、あのね、あしたは、はしとふぉーくとこっぷをもっていくよ」
「あのね、あのね、あしたはぷーるはありませんて、せんせいいったよ」
明日はお誕生会で父兄が準備するのでお弁当はなしで、プールがないのです。

あと、今日のパン給食のメニューも教えてくれました。献立表で確認したら間違っていませんでした。

社宅の奥さんに、「ぱぱは、ままの、じてんしゃに、のっていったよ」と話しかけていました。
唐突にですけどね・・・

ふーは回覧板をおとなりの家に持っていくのが好きなんですが、おとなりの息子さんも言葉を話す
のが大変遅かったそうで、それゆえか奥さんはふーをとても可愛がってくれてますので、ふーが届けに来ると
いつもお菓子を下さるんです。彼は一時、それが当たり前だと思っているところがあったんで、
私は、「お菓子をねだってはいけません。」と口をすっぱくして注意していました。近頃は
図々しいことは言わなくなりましたが、お菓子をくださる人には素直にいただいてしまってました。
そうしたら、昨日は「いいです、いいです、おかしはおうちにあるから、いいです」と断っていました。
でも、結局もらってしまっていたんですけどね。(笑)

子供の成長というのは親の力だけでは動かせないのだと思いました。
もちろん親の関わり方も重要ですが、彼にこれだけの言葉を(健常児だと当たり前かもしれないけれど)
出させるのは、私と向き合っているだけでは無理だったでしょう。

ふーはお預かり保育が大好きで、私は働いているわけではないのに、週に2、3度、5時まで
預かってもらっています。
縦割りの関係も気に入っているようです。お預かり保育で彼の「特定の場所」、「特定のおともだち」を
見つけて、心行くまで遊んでいます。
ふーは幼稚園よりも保育園の方が合っていたのかもしれません。

来月は運動会があります、昨年の療育施設での運動会のときのふーと、どれだけの成長が
見られるのか半分不安で半分楽しみでもあります。(ん、不安の方がやっぱり大きいかな)


とらさんのプロンプト、 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月 7日(木)09時36分10秒

実は私も娘に「いじめ対策」の一環として、最近やり始めたことです。
先日の発達検査のときに療育士&精神科医にアドバイスをもらったことですが。
娘はやっぱり、ひんぱんに「おまえ、バカじゃないの?」とか、「なんか、へ〜ん」とか言われてるんですが、やっぱり!やっぱり!娘は言い返さない。
こういうとき、非自閉の子だと普段の周りの子供たちのやり取りから自然に「バカだって言うヤツの方がバカだよ!」とか、「ヘンって言ったらぶっ殺すぞ(←おっと、これはイケナイ表現ですな)」みたいな、「売り言葉に買い言葉」を学習していくんですよね。この「売り言葉に買い言葉」を覚えていくことが、言葉によるいじめに関しては強力な「楯」になるはず。

で、「おまえ、バカじゃないの?」って言われたときに、「バカだって言う方が、バカなんだよ!」とか、「売り言葉に買い言葉後ろからこっそりプロンプトをしてもらうよう、保母さんに頼みました。
(と言って、保母さんに電話して頼んでくれたのは療育士さんです。娘について、あまりにたくさんの注文を保母さんに出すのを私がとても申し訳なく思っていることを、慮ってくださいました。感謝、感謝。Kさん!)

ドラマのBBSの方でも書いたことですが、一時期、私は「イジワルされたら、ちゃんと怒りなさい!」と娘に言っていましたが。「怒る」とはどういうことか、娘には分からなかったようです。


相互の挨拶ですが・・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 9月 7日(木)09時45分43秒

>玄関で使うフレーズ「ただいま」と「おかえり」はインプットされてはいるのだけど、
まだどの状況の時にどっちを使うのかが、ちゃんと理解できてないのでしょうね。
私が家に帰ると元気に「ただいま〜」と出迎えてくれます。
「ちゃうやろ〜」とツッコミを入れると「おかえり〜」と言い直してますが・・・。

う〜ん、うちもこれだった。
<プロンプト>なんて思いもつかなかったから、お得意の、とにかく見せるやらせる方式
を採用。
家族に頼んで、私迎える人、皆さん帰ってくる人、になりまして・・・
一人づつ、「ただいまあ」「おかえり〜」をやったの。
一番最後に並ぶのがポロンね。
連続のリズムで続けるようになるまでに、一人でも応用がきくようになるまでに、
ああ、時間はかかりましたがねえ・・・。
で、今から思うと、もしよそ様が見たら、なんていう光景かと思ったでしょうかねえ・・・(笑)。
うっ、うちって意外と療育熱心な家族・・????

ともかく、お母さんが一人二役やると、こどもは何がなんだかよくわからない
というのは、うちはよくありました。
そうか、<プロンプト>ねえ・・・・!!ミョーニ、むなしい気分・・???


下の、訂正+α。 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月 7日(木)09時47分13秒

下の2段落目、
>、「売り言葉に買い言葉後ろからこっそりプロンプトをしてもらうよう、

は、・・・「売り言葉に買い言葉」の「買い言葉」を後ろからこっそりプロンプトしてもらうよう、・・・
に訂正してください。

megumiさんの、
>挨拶ができると他のことはあんまりうまく喋れなくても、
社会生活がずいぶん楽になるんですよ。
一番役に立つのが「ありがとう」

ハイ。これを役立ててるのは私でございます。
ついでに「ごめんなさい」も役立ててました。繭子の父親も言ってましたね。
「とにかく謝れ、謝れば少しはうまくいく」
でもこっちの、「とにかく謝れ」作戦は、私の自己イメージにとって、とても危険なんだそうです。自分には理由が分からないことで怒られたときに、「とにかく謝る」作戦でしのいでばかりきたのですから。


ふーちゃんって 投稿者:ひいろ  投稿日: 9月 7日(木)09時56分00秒

かわいいねぇ。この書き込みだけみてると、全く普通の子だよ〜。
子供の中で劇的に成長するタイプなんでしょうねぇ。
きっと、運動会もそんなに心配することないですよ。
・・・うちなんか・・どうしよう〜?


ちょっと、いや、かなり飛躍。 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月 7日(木)09時57分35秒

>玄関を見たら(これは危険かな、やはりうちに帰ったら...)「ただいま」のように関連付けを修正する必要が有りそうですね。

私は、私に対して相手が自慢をしているらしい、と感じたとき、そして相手が幸運な状態にある、と感じたとき、には、すかさず「羨ましい〜」を言ってきました。ちっとも羨ましくなくても。で、相手もそれを察知して「ちっとも羨ましそうじゃないじゃん。何か嬉しそうだよ。本当に羨ましいときは悔しい表情になるもんだよ。」と言う。地球人の感情までヘタなサル真似してはいけませんでしたな。

私の「羨ましい〜」は、正しく言えば"I am happy because you are happy."ってなところでした。

はあ〜、相変わらず、読みにくい文章ですね。すいばしぇん。


(^。^;)ホッ (2) 投稿者:ゆう  投稿日: 9月 7日(木)09時59分46秒

> (*^_^*)さすがとらさん。
と感心しながらいつもとらさんの書き込み見させていただいています。

御存知かと思うけど家のHiroもABAの先生にず〜っと指導を受けています。前に通っていた別の教室も含めるともう9年目です。でもABAで使う専門用語を知ったのはごく最近です。ABAって難しい用語を使いすぎる感じがします。それがアンチABA派を生む原因の一つの様な気がします。

ぜひぜひとらさん、みんなにわかりやすくABAのいい所を教えてやってください。私には残念ながらその能力はありませんが陰ながら応援しいます。

犬にまでリタリン飲ませてしまう変わり者のゆうでした。


megumiさんったら 投稿者:ケロ  投稿日: 9月 7日(木)10時14分01秒

>なあるほど。できたら専門用語を使わないで説明してm(__)mペコ

megumiさんってば、自分はちゃんと解るのに〜。
私のために言ってくれて、ありがとう。ホホホ。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


ケロさんったら 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 9月 7日(木)10時36分06秒

そうかあ、megumiさんでも解らないのなら私が解らなくってもまあいいか、
って思ってたのだけど・・・

さすがに読みが深い!!(*^_^*)


プレッシャー 投稿者:るり  投稿日: 9月 7日(木)10時56分48秒

ふーは2歳代までの強烈な多動が落ち着いてからは、今のところ「普通の子」に見えると思うの。
だから、多分、療育施設にも通っているということを知らないお預かり保育の先生は、私は
とても心配性のお母さんに移っていると思うことがあります。(子供がきちっとしてなくても
当たり前だと思って接していらっしゃるし)

とにかく見かけは普通に見えますが、昨年までの彼を見ていると、人がたくさん集まって、
張り詰めた雰囲気になると、無気味に静かだったり、普段以上に落ち着かなかったりと様々ですが、
共通しているのは、その後に、突然、ゲ−ッと吐いてしまってたんです。
今でも、私たちに叱られると泣いたついでに吐くこともあるし。

吐いたらスッキリしてリラックスするみたいなんですが、昨年の療育施設の運動会は午前中までで
引き上げました。
その頃から、一見開放的で大らかなのですが、とても過敏な人だとOTの先生に指摘されたことを
実感できるようになりました。

運動会は親も落ち着かないのでねぇ・・・私も遊戯を覚えなくてはならないし。


ただいま、おかえり、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月 7日(木)11時10分26秒

うちにもふたりほど、ちゃんとできてないのがいます。

もうひとり(39歳・健常・男)は、自分が間違っているという自覚もなければ、私が間違っても全然気がつかずに聞き流してくれます。だから、私がまちがえたと言おうが、あんたまちがえたでしょと言おうが、常に「間違ってへんわい」と言い張ります。だって自分がついさっきなんて言ったか覚えてないんだもん。記憶の中では、正しく修正されてしまうようです。

「いってらっしゃーい」と言いながら帰ってきたりするやつです。


私だけに関して言えば、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月 7日(木)11時15分50秒

親元にいたときに比べたら、結婚してからの方が、「ただいま」「おかえり」のマチガイは悪化してます。つまり、親元にいたときはまちがえたことがないのに、結婚してからは間違うことがあります。

でもそれは、親元では20歳になるまで、毎日、毎回、頭の中で考えて、3、4回練習してから言ってたけど、結婚してからはそんなことやめちゃったからです。

親元では、常に、「まちがえたら怒られる」とピリピリしながら言って、一度もまちがえたことがなく、結婚してからはなんにも考えないから、ごくたまーに間違える。

外から見たら悪化してますが、本人の幸福度は改善してます。


プロンプトとイントラバーバル 投稿者:とら  投稿日: 9月 7日(木)11時38分52秒

この掲示板は療育の指導をされている方も覗くことが有ると言うお話ですので、私が説明するのもなんですが、とあるホームページ(下記)によると下記のような記述がされていますね。

プロンプト(ぷろんぷと)
正反応が起きる確率を高める補助的な刺激

イントラバーバル(いんとらばーばる)
言語刺激が弁別刺激で、般性強化により形成・維持されている、弁別刺激と反応との間に1対1対応のない言語行動

ゆうさんの言われるようにこれだから抵抗が出てしまいますよね。どうぞ下記のホームページは皆さんご覧にならないでください。(苦笑)

要はプロンプトは megumiさんの言われているようにヒント、あるいはガイドと言っても良いと思います。私は例えば「いってきます」に対してのプロンプトの減らし方としては、
1、「小さい声でいってきます」
2、「声を出さずに口だけで言ってきます」
3.「ちらっと見て目で促す」
と言う方法が有効だと思います。

またイントラバーバルは、
シンプルな物としては「○○くん」「はーい」のように反応する場合「○○くん」と「はーい」でイントラバーバルを作っていると言えるでしょう。もう少し複雑になると「おしっこしたら」「お手々洗う」といういわゆる上の句と下の句のようなもので、下の句の行動を上の句で気付かせて導くものです。実はこれは自閉っ子には特に有効だと私は思います。なんといっても標語やTVCFが好きな子供は多いですからね。
「いってらっしゃい」「おかえり」レスのときに舌足らずでしたのでもう少し具体的に書いておくと例えば「パパが帰ったら...おかえり」という上の句と下の句を作り記憶させます。するとお父さんの帰宅と共に玄関に行き、お母さんが「パパが帰ってきたら...」と言っていると「おかえり」と割とすんなりと出るようになると思います。プロンプト同様にお母さんのガイドを徐々に減らすと自分で「パパが帰ってきたら、おかえり」と言ったり単に「おかえり」と言えるようになると思います。注意しないといけないのは出来るようになったらいつまでもこれをしない方がいいかもしれません。「パパが帰ってきた」だから「おかえり」といって迎えるんだという本質からはずれて単なる標語のようになってしまいませんからね。でも実際、我々も心から迎えると言う気持ちで言っているとは思えないから同じかもしれませんね。

http://www.naruto-u.ac.jp/%7Ercse/s_baterms.html


これってねえ。 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月 7日(木)12時24分02秒

多分、自閉児が成長するに連れ、「無理矢理」獲得していく「コミュニケーション・ブック」に近いもののような気がする。

>いわゆる上の句と下の句のようなもので、下の句の行動を上の句で気付かせて導くものです。実はこれは自閉っ子には特に有効だと私は思います。なんといっても標語やTVCFが好きな子供は多いですからね。

ドラマのBBSでリンコさんが「ペンギンさんとフリーラジカルさんは怒れるんだよね。いいなあ〜」って書いてらしたときに、私は反射的に「いいでしょ〜♪」って書いたけど。そういうことだよね。

でもこの、「いいでしょ〜♪」ってのが、成人の自閉者たちが口を揃えて言う、「自分のものでない言葉」ってことだと思う。こうやって、なんでもイイから周囲の人に受け容れられようと「本来、自分のものでない言葉」をパターン化して覚え、訳も分からず繰り返し使っていくことで、「本来、自分のものでない言葉をペラペラしゃべる、もう一人の人格」が自分の中にできてしまう。その「もう一人の自分」が自分の中で肥大してしまったのが、どこぞの「遊離基」というフザケたハンドル名のお方ですがな。

挨拶、ぐらいならいいんですけど。「挨拶行動」が世間話、それに人間関係のほとんどを占めるどこぞの国では・・・。


ペンローズが 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月 7日(木)12時31分38秒

いいこと、言ってますね。

「国家の在り方が国民に刷り込まれる」
ついでに私ならこれも加える。
「言語の在り方が国民に刷り込まれる」

ほ〜ら、ファンキーな頭になってきて誰にも通じないことを言い出しました。退散します。


下の訂正。 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月 7日(木)12時34分38秒

「いいでしょ〜♪」と書こうとして、実際には書かなかったのでした、私。
ハイ、いい加減に消えます。


みなさんありがとうございます 投稿者:大ママ  投稿日: 9月 7日(木)12時36分49秒

話は違いますが、さっきまで、太陽がでていい天気だったので、傘をほしておきました
今、外はすごい雨、もうすぐお迎えにいくのに傘がぬれてるーーーどうしよう
関東地方の方、雨すごいですか?

とらさんまたまた詳しく、それからままはっちさん、お久しぶりです
megumiさんここでもすみません
フリーラジカルさん、リンコさんいつも楽しいお話ありがとうございます
「いってらっしゃい」と帰ってくるには笑えました
なんだか、他界した父が使いそうなギャグです
私は父が大好きだったんですが、こういう人好きです
大丈夫ですよ、とったりしません
ぴっぴさん、みなさんありがとうございます

本当に勉強になります

さっそく、今日ためして見ましたが、いってらっしゃいと私がいったら、目を見ただけで中に
(幼稚園)に入っていってしまいました
プロンプトする暇なく・・・
明日は、イントラバーバルしてから行かせます
難しい言葉ですね、私は舌がまわらないので、ねーねーと主人を呼んで、「ねーこれなに」と
聞いてしまいました
まだまだ勉強たらないということですね

今朝、幼稚園にもう一人いる、アスペの子も、いってらっしゃい→いってらっしゃいでした
お母さんに言ってきますでしょと怒られていたけど、非自閉のお子さんは間違えてることはない
これはなぜでしょう・・・

ありがとうという言葉
同様に教えていきたいなと思います
昨日も肉屋さんのおじさんにクッキーをもらって、ふんだくるようにうばっていました

私の友達の少5の少年
いつのまにか「ありがとう」という言葉を覚えて
○○くん、こっちきなさいと言われると、ありがとう
○○くん、座ってねと言われると、ありがとうというそうです
おかげで、かわいがってくれるということです

そろそろ、お迎えです
雨もやみました、傘はぬれています


しつこい私。 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月 7日(木)12時42分32秒

>でも実際、我々も心から迎えると言う気持ちで言っているとは思えないから同じかもしれませんね。

もし、言葉=精神世界、で、心のない言葉を交わすことを「社会性がある」というのであれば、私には社会性は全くないな。
子供はオウムやインコではないのに。
あ〜、訳が分からなくなってきた。今度こそ、退散します。


ちゃんと話せない私と、ちゃんと挨拶できる息子 投稿者:ままはっち  投稿日: 9月 7日(木)12時44分04秒

>うちにもふたりほど、ちゃんとできてないのがいます。

うちもで〜す。私もオットもブロークン日本語。
「意味が通じればいいじゃん。」と思っとります。

何か取ってもらう時にも
例えば「そこの本を取って」と言えずに、
「それ、取って。本。本。」とか、何時も私は言ってしまいます。
「あれ」や「それ」のオンパレードの会話だし・・・。
私が言葉の教室に行ったほうが良いような・・・。

が、うちの息子はそんな環境にもめげず、
それなりに言葉や文章を友達などから習得してます。
担任の先生からは「言葉が遅れてるとは思えない。」と言われるほど、
話すようになりました。
でも、言い間違いは直りませんが・・・。
きっと大人になっても言い間違え続けるとは思いますが・・・。
「おかえり〜。」と帰ってくる大人。
「ごちそうさま〜。」と食事を始める大人・・・。
なかなかユニークで良いではありませんか、ねえ。


>挨拶ができると他のことはあんまりうまく喋れなくても、
>社会生活がずいぶん楽になるんですよ。
>一番役に立つのが「ありがとう」

うちの息子、きのう習字の先生に誉められました。
「ちゃんとあいさつが出来る良い子だ。」って・・・。(字はむっちゃ汚いけど)

最近の子ってあいさつなんか全然しないのですって。
だまって来て、だまって帰る子がほとんどなんですって。
あいさつなんてうざ〜〜って思ってるのかなあ・・・。
その中でちゃんと「こんにちは」「さようなら」が言えるのは、
やっぱりしっかりと「ヨソのお宅におじゃまする時の言葉」が
インプットされているからでしょうね。
こんないいこともありますよ〜〜〜。


会話をパターンでいれてみて 投稿者:大ママ  投稿日: 9月 7日(木)12時48分44秒

先日行った先生に言われました
少しやってみたんだけど、確かに会話が成立したりするんだけど、
やっぱり、私がパターンで入れた言葉には(会話には)気持ちが入っていない気がするんです
教えられた言葉を話していると感じなんです

きゃーお迎え、お迎えです


ちょっと思い出したんですけど 投稿者:るり  投稿日: 9月 7日(木)12時55分24秒

ふーと同じ幼稚園の年長さんに「自閉症かな?」と思われているけどはっきりとは診断をされていない
お子さんがいらっしゃいます。療育施設がいっしょでお母さんとそのお子さんと会うことも多いのですが、
以前、幼稚園の総会があったときに園庭にいたそのお子さんを見つけた私は、親しみを込めて、
オーイと手を振ったんです。私をジ−ッと見つめていた彼は私に「バイバイ」と言って手を降り返したのでした。私は意外な盲点を突かれたと思いました。
動作だけを見れば、「さようなら」ですものね。

息子の場合、手を振り返さないかもしれないけれど、タタタッと走り寄って来ます。

どこで獲得するのか、謎です。


は〜やれやれ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 9月 7日(木)16時50分56秒

挨拶の話題が出ていたので、こちらにアップします。

今しがた、保育園にお迎えに行って、帰ってきたところです。
帰宅すると、ショウは庭にいるおじーちゃんに「ただいま」を言って家に入ることになっています。
自分からは言えないことも多くて、でも、私に促されると、ちゃんと「ただいま」と言えます。

いまは、おじーちゃんが庭木の手入れをしていて、ショウから見えにくくなっていました。
家に入っていこうとするショウに、おじーちゃんが「お帰りなさい」と声をかけたのですが、
ショウはそのまま家に入っていきました。
おじーちゃんは、遅れて玄関に来た私に、(買い物の荷物を持って来るのに時間がかかった)
「ショウはわかんねぇ(こちらの方言で、「ダメだ、なっていない」という意味。)
 母ちゃんに言われねぇと、ただいまが言えねぇんだ」と不満を言います。

家に入ってショウに
「おじーちゃんが何処にいたか、分かった?」と聞いたら、
「いなかった」という返事。
・・・やっぱり、声をかけられたのに気がついていなかった。(-_-;;;
ほら、あそこだよ、と家の中から庭を指さしたら、
すぐに縁側に飛んでいって、元気な声で「おいーちゃん、ただいまー!!」と言っていました。

だれか、うちのおじーちゃんに説明してやって下さい。
ショウの心に届くように声をかけなければ、どんなに大きな声でお帰り、といったところで
本人には全然聞こえていないのだ、と。
わざとおじーちゃんを無視しているわけではないのだ、
それが、ADHDなのだ、と。(苦笑)

ちなみに、「いってらっしゃい」と言われて「いってらっしゃい」と答えるのは、
うちでもまだ、頻繁に起こります。
そういうとき、私が「ちょっと違うよ」と言うと、
すぐに「いってきます」と言いなおします。
自分から「ただいま」「いってきます」などという場面では、間違えることはありません。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ソウメンをフォークで 投稿者:リンコ  投稿日: 9月 7日(木)18時11分13秒

先日、家で、夫のゆでてくれたソウメンを、私は初めてフォークで食べました。「ソ
ウメンって、こんなにおいしいものだったのか!」と思いましたよ(ついでに、ネギ
があまり上等でないことまで、はっきりわかってしまいましたが)。箸づかいに使っ
ていた情報処理能力が必要なくなったので、その分が味覚に回ったのでしょう。

私はお箸が上手に使えます。きれいに使えるほうだといえると思います。ここぞとい
うときには得なので、厳しく仕込んでくれた両親には感謝しています。

でも、それを、「いつもいつもやる必要はない!」

私にとっては、箸を使うには、計算が要りますから疲れるのです。箸をきれいに使い
ながら、味もわかり、会話ができるというわけにはいかないのです。ひとつのことに
しか集中できないからです。

私、食べるの好きになるかも


雑感 投稿者:とら  投稿日: 9月 7日(木)18時21分52秒

まずフリーラジカルさん、
>もし、言葉=精神世界、で、心のない言葉を交わすことを「社会性がある」というのであれば、私には社会性は全くないな。

これを読んだときに「確かにそうなのだけれども何か違うかも」と思っていました。で、今結論が出たのが「社会性が有る」と判断するのは自分ではないと言うこと。つまり相手や周りの人が好印象を持つのであれば発せられた言葉に心がこもっていようがいまいが社会性が有ると解釈されると思うのです。そして非自閉の世界では「心がこもっている言葉は好印象を持たれやすい」と言うことではないでしょうか。

大ママさん、
その通りだと思います。うちの子供も練習してしゃべった言葉は生きた言葉では有りません。ロボットに命を吹き込むのは(ちょっとあんまりの表現か?でも「我が子よ...」の中ででキャサリン・モーリスも我が子をロボットといっていましたから)子供自身かもしれません。絵本を見て「サル が バナナ を 食べてる」なんて言えるようになっても形式的な言い方ですから。それでも先日、「パパ、プーさんが蜂蜜なめてる」と新しい絵本を見てうれしそうに言ったときにはかなり生きた言葉に聞こえました。自分なりに応用したんでしょうね。
療育って教えるのではなく「子供自身が周りから知識を吸収したり、学習したり、応用できるようになる為の手助け」のように思います。

玲さん、
なかなか一朝一石にはいきませんよね。療育をしていると色々な敵が出現してくることが有ります。パートナーであることも有れば、親族や、理解の無い知人達や、理解の無い先生...
ただでさえ我々にとっても初めて経験ばかりで試行錯誤の中で苦労を重ねているのに、周りの無理解とも戦わないといけなかったりするわけですから四面楚歌状態で、これは納得いかないですよね。
でも自分達ですら毎日のように接してきてやっと子供のことを理解してきて、それもまだ途上です。それを簡単に理解してもらうのは難しいかもしれません。確かに辛いのは、能力が有るのに、あるいは良い子なのに注意力がなくて気が付かないがゆえ悪い子と決め付けられ、悪循環が起こることですね。地道に理解を求めていき、どうしても駄目かも、と思ったときには別の手を考えた方が良いように思います。
別の手? う〜む、思い付きません...<役立たず m(_ _)m

>母ちゃんに言われねぇと、ただいまが言えねぇんだ
これって健常でもっと大きい子でもできない子は結構いるんですけどね...


これからのこと 投稿者:しのちゃん  投稿日: 9月 7日(木)19時59分38秒

おじゃまします。
ここ2、3ヶ月の間にいろんなことがありました。
いろいろと辛いことを、何年ものあいだ療育関係者からいわれつづけて
まあ、自分なりにがんばってきましたが
生きていればなんとかなるもんだな−と最近は思っていますし
これからどうなっていくのかな・・・と半信半疑なとこもあります。

去年の暮れに、自閉・・といわれて、普通のクラスは駄目だ、他の子に迷惑だ!と
言われてボロボロだったのに。
それから、神様はまたへんないたずらをして、すこし娘に言葉を与えたみたいで
あれだけ気になっていたオウム返しも本当に減ってきた。
次に、文法の吸収がはじまって・・・まあよくここまで・・と驚くほど(ちょっといいすぎ?!)
短期間でよくなってきた。

今年6月に、あるところに通おうと行ったら
そこの先生に、自閉かな?と不思議がられるし
ここ一年がまた大きく成長、変わるのでは?なんていわれるし
いろんな自閉があるにしても、ホンロウされた半年でした。

ぎこちなさは、あるにせよ・・・問題を読み、答を書いてみたり
言葉の少なさはあっても、友達と遊んだり・・・なんだか違ってきています。
言葉よりも、映画をみてわらったり、テレビ見て、「ないちゃったよ」とか
感想いってみたり、運動がんばったり・・・・・幅広く成長してるよね、今は。

教えたことも、理解するのに時間がだんだんかからなくなったし・・・
今はまったく、(娘の成長の)見当がつかない。
愚痴をいうのがうまくなったね・・・うちの子。(笑)

お偉いさんのこと、素直に聞きすぎた感じが、今はするんだなー。
で、反省してるんだなー
まあ、現在はそんな状況です。

でも、心配の種は減らないけどね。
できることや、みていて安心することは増えてきたような気はします。

あきらめず、でも気張らず、子育てしていくのがいいのかな−って
思ったりしてます。

ながなが変なこと書いてしまってすいません、じゃまたね。乱文、お許しください。


だけど、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月 7日(木)20時02分06秒

本当に私たちの論理で心のこもった言葉をしゃべると、「どうやってやめさせればいいんですか?」になるんですよね。

世の中は不公平です。


つまり、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月 7日(木)20時04分50秒

自閉であろうと非自閉であろうと、非自閉の人が聞いて心がこもっていると思うような内容のことを言えることが「社会性」なのでしょう。

そして、その同じ内容を、自閉の人が口にすると心がこもらないんでしょうね。聞いた人には「心がこもっていない」と思われ、自分は「心にもないことを言わされた」と屈辱を覚える。どちらの得にもなっていないのです。


まあまあ、リンコさん 投稿者:とら  投稿日: 9月 7日(木)20時44分05秒

この手の話題になると、鼻息が荒くなっちゃいますね。
非自閉者は無理解かもしれないけど、敵じゃないですよー。(笑)
火星人でも攻めてきたら「インディペンデンス・デイ」で世界が一つになったように自閉者と非自閉者も分かり合えるかもしれませんね。


別に敵だなんて言ってませんよ。 投稿者:リンコ  投稿日: 9月 7日(木)21時34分38秒

鼻息も荒くなっていないし。どちらかというと、音も立てないほど静かなため息、という感じに近いですね。

私たちのことを理解してくれなくても、せめて自分たちのことを理解してほしいんです。自分たちが知らずに当然視しているルールに気づいてほしい。

日本語が話せるからって日本語教師にはなれませんよね。日本語の文法や語彙を当然と思い過ぎてて、改めて検討してみることがないからです。私は対人スキルがないので教師になるのはあきらめましたが、日本語教育能力検定には、ちょびっと勉強しただけで一発合格でした。長年、ああでもないこうでもない、と考えてきたことばかりだったからでしょうね。個人的に、非日本語話者の友人や知人に日本語についての質問をされると、説明が上手なので外人仲間には昔から有名でした。

たとえ私たちのことは理解していなくても、自分たちが暗黙の約束ごとに従っていることを知っている人は、やっぱり違います。

で、宇宙から外敵が攻めてきたら、って話ですが、わかり合えなくたって協力はできます。どっちかというと、「解り合えないままでも協力できる態勢」の方が、「理解」より私の求めているものに近い。「理解」は、ヘタすると名人芸になっちゃいますから。その人の得意不得意に左右されますから。でも、「解り合えないままでも協力できる態勢」が整っていると、誰でも何とかなっちゃうので、その方がてっとり早く最低限の結果が出せるんじゃないかと。


あらあら、とらさん 投稿者:M  投稿日: 9月 7日(木)21時40分54秒

>火星人でも攻めてきたら「インディペンデンス・デイ」で世界が一つになったように自閉者と>非自閉者も分かり合えるかもしれませんね。

それって「大東亜共栄圏」や「仮想敵国を作る」発想に似てない?
少なくとも敵なんか作っても本当の理解にはつながらないでしょう?
とらさんにしては軽すぎるな、その発言。


ごもっとも 投稿者:とら  投稿日: 9月 7日(木)21時41分14秒

外敵の話は私も書いた後で「分かり合えるというのは違うな。協力はするだろうけど。。。」と思いました。「インディペンデンス・デイ」だって各国が分かり合ったわけではなく、協力しただけですしね。


こんどはMさん 投稿者:とら  投稿日: 9月 7日(木)21時47分01秒

ちょっと↓の(雑感)でも「敵」と言う表現が多く出てしまって、そのあたりの余波かな...
いけませんね...反省。

掲示板過去ログ案内に戻る