2000年9月その6
まっちゃんさんへ。 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)07時55分26秒

子音の聞き分けが出来ない、聞き分けられても発音が出来ないというのはよくみられます。
母音と子音がバラバラに聞こえているというような深刻な障害であれば、発語が遅れます。それから、音は不正確でも意味が通じているのなら概念化は出来ているということなので、それほど心配することはありません。
一度、聞き取りが出来ないのか発音が出来ないのか確かめてみてはいかがでしょうか?


こまかいけど、 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月11日(月)08時07分44秒

下↓の、
>私に投げかけられる言葉を「意味のカタマリ」として受け止め、

の、言葉を、と「意味のカタマリ」との間に、「複数の」を挿入して考えてください。


(無題) 投稿者:megumi  投稿日: 9月11日(月)08時55分46秒

>「きのう、テレ・・・ポケモン・・・モンス・・・知って・・・」

少年の発語力の成長の過程で、全文宇宙語の時期の後、
「きのう、テレ*@&¥ポケモン%$★□§◎モンス∈※☆△¢≠知って∞∴◆〒■」
と話し掛けてきた事があります。
この子にはそんなふうに聞こえているのかもしれないと思いました。
確かめる術もなく過ごしていましたが、ご本人からの証言でわかる事が多くて
本当にありがたいです。

>言いたいことを途中で見失ってしまう「迷子」
その結果、以前おっしゃっていた、何度も同じフレーズを繰り返すこと
>パリラリア
になるのでしょうか?

>「それって、それって、それって、・・・」とか、
>「結局、言いたいのは、結局言いたいのは、結局言いたいのは」
と似たことが、この頃の少年には頻繁にあるのですが、
言いたいことを絵に翻訳すれば解決できるということでしょうか。


(無題) 投稿者:まっちゃん  投稿日: 9月11日(月)10時04分25秒

ペンギンさんありがとうございます。
うちの子は、おそらく発音ができないと思われます。ただ、私が、しりとりの話をした時、ちりとりの話をしてきて、意味が通じなくて、困ったこともありますが・・・。いろいろな言葉の概念はあっても、もしかしたら、最初から、間違ったままで覚えている可能性もあるのでしょうか?発音の練習は、どのようにしてすればよいか、どう気をつけたらよいかとか、わからず困っています。何か言い方法がありますか?こんなことは、この掲示板で書くことではないのかもしれませんが、ごめんなさい。


フリーラジカルさん 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 9月11日(月)10時08分48秒

教えてくださってありがとうございました。
>怒られてる状態に自閉児をおくと、「言葉を受け取るチューニング」が狂っていると思っていいと思います。ヒトの話す言葉には「骨子」があって、そっちの方を読み取らなくてはいけないのに、一部分の「単語」にひきずられてしまうんです。

なるほど、と思う場面はいくつか思いつきます。
うちは怒られている場面、緊張した場面、とかに限らずなんですが。
それに加えて、いやあ、こっちの方が重症なんだと思うのですが、全体の場面の
読みとりが悪いのでこういうことがよく起こります。

AさんとBさんが話しています。Cも一緒にいます。
A「・・・それでね、○ちゃんは2月生まれだから・・・」
C「あたしのクラスではね、○ちゃんと○君が2月生まれ。この間のお誕生会の時にね・・・」
A「も〜う、うるさいなア。今私が話しているんだから・・・。それでね・・・」

B「・・・それでね、ポケモンパンのシールを○ちゃんと交換して・・・・」
C「あっ、うちのクラスの○君もねえ、この間きれいはなのシールもってたよ。
  だけど○君がね・・」
A「ねえ、今その話じゃないんだけど・・・。ちょっと黙っててくれない?」

まさに単語に引っ張られていますよね。状況わかってないし。


>「普通化するための療育方法の知識」を求めている場合と、「奇異な行動を受け容れるために本人の気持ちを知りたい」と思っている場合という相反する二つの方向があって・・・

ここの掲示板で後者のタイプの親御さんにすっごい感化された私ですが、
親が、「本人(子ども)が生き易い」ようにって事を願う時に、
自分が受け入れられるようになっただけでは仕方なくって、
なんとか子供なりに世の中の人々に適応できる術を身につけさせてあげたいという気持ちは、
子供を見ていれば日々起こってきます。

算数や国語を教えるだけではどうにもなりそうもないから・・・途方に暮れます・・・。


(無題) 投稿者:フリーラジカル  投稿日: 9月11日(月)10時14分27秒

>言いたいことを途中で見失ってしまう「迷子」
その結果、以前おっしゃっていた、何度も同じフレーズを繰り返すこと
>パリラリア
になるのでしょうか?

その通りなんです。あれえ、パリラリアがこういう仕組みで起きることは分かってもらってたと思ってたんですが。あ〜、また心の理論の欠如が露呈してしまった。

>「それって、それって、それって、・・・」とか、
>「結局、言いたいのは、結局言いたいのは、結局言いたいのは」
と似たことが、この頃の少年には頻繁にあるのですが、
言いたいことを絵に翻訳すれば解決できるということでしょうか。

と、いうか、(私の書き方がまずかったですね)
「もともとは絵で考えた、伝えたい内容」を「言葉」に翻訳する作業ができるようになれば、解決する(「解決」って?)、と、私は思います。
「語用論的間違い」はこの段階で起きちゃう。
とにかく、頭の中の「絵文字」という電気信号を、ちゃっちゃか言葉に翻訳していかないと、消えちゃいますからね。
最近やって、家人に笑われたミスは、
「顔のいい人」という表現でした。
「『顔のいい人』なんて、普通は言わんぞ〜。『声のいい人』なら言うだろうけど。『顔のいい人』なんて言ったら、何か変な『含み』があるように聞こえるよ。」と言われました。
あちゃ〜。


まっちゃんさんへ。 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)10時22分53秒

「意味」は分かっているのに、音を聞き間違えたまま覚えていていろいろなものを混同している。従って、早とちりだらけ行動はトンチンカンというのは、実はウチの次男(これは、あっぱれなADHD)と一緒です。ただ、ウチの場合は耳の病気や外傷などがあって聴力も少々難ありなのですが、根本的には「注意」の障害によるものです。でも、そういうところがなければ、特異性言語発達遅滞ということになるでしょう。
とにかく、まず最初に聴力検査をして器質的な要素があるかどうか確認してから、他の「障害」を疑うという方向が基本です。


いろいろ。 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)10時42分59秒

>まさに単語に引っ張られていますよね。状況わかってないし。

すみません、私は未だにコレです。言葉の遅れが全くなかっただけに、かえって見逃されてしまいました。

>ことばの知識はあっても、それを場に合わせて使えない子(語用に課題がある子)は、「ことばの教室」の対象と考えているんですよ。

このことから、「社会性や対人に課題のある子」だって認識できる人ってあまりにも少ないと思います。逆に、「物知り」と言われてしまって…。


普通化 投稿者:とら  投稿日: 9月11日(月)10時59分21秒

>>親御さん達が「普通化するための療育方法の知識」を求めている場合と、
>>「奇異な行動を受け>>容れるために本人の気持ちを知りたい」と思っている
>>場合という相反する二つの方向があって、
>ここの掲示板は圧倒的に後者のタイプの親御さんが多いと思うのだけど、

どうかな、Mさん
私はここの掲示板を訪れる人のほとんどにとって前者は意識しないわけにはいかない永遠のテーマだと思いますよ。
そして子供を理解しようという心とはうらはらに常に普通化への意識と方法を求めているのだと思います。だからMさんに「ほとんどが後者」だと言われると前者である人が後ろめたさを感じてしまうように思います。
私は普通化を求める自分の気持ちを否定しません。その中でどうしても子供や自分の努力では対処できない部分は受けてれてあげる事ができるように精進するしかないと思っています。


う〜む 投稿者:とら  投稿日: 9月11日(月)11時57分24秒

もう一度読み直してみたらMさんは「普通化」を否定しているわけではなかったですね。
それでも、自分がひっかかっちゃたのは何故かなぁ...
すみません、いずれもたわ言でした。無視してください。


普通ってのは定義が曖昧なので 投稿者:リンコ  投稿日: 9月11日(月)12時30分36秒

論理的な議論は無理なんじゃないかな。

「機能レベル的に、普通のことができるようになる」を指すのか、
「芸風・作風・センス・嗜好・外見・趣味が平均的になる」を指すのか、字づらだけじゃワカラン。

特にワシのバアイ、センスも外見も普通でなくなればなくなるほど機能レベル・生活自立度は上がってきましたからね。エネルギーを、外見を普通らしく整えることに使うか、機能レベルを普通に近づけることに使うか、という選択をせまられる場面もあるってことです。


ヨッシー 投稿者:どうしても気になってます  投稿日: 9月11日(月)12時31分15秒

いつも、皆さんの書き込みを読ませていただいています。
とても勉強になり、ありがたいと思っています。

今日は、言語発達の遅れている娘(小二)の事を聞いていただきたくて来ました。
「情報箱」の方でもちょっとふれたのですが、
聴覚認知の弱い娘は、TVで知った「けんどう」という言葉を「けんと」と聞き間違えたまま覚えちゃう子です。
どちらかというと視覚認知は強いようで、年長でひらがなを覚えてから、語彙がぐーんと増えました。

しかし、思い込み(?)も強くて・・・
先日も「ひろい」の反対語がわからなくて、パソコンで調べさせると、
「ひろいくるま」に対して「せまいくるま」の絵・「せまい」の文字がでてきました。
その時は「せまいだあ」って言っていたのですが、
数日後「ひろいの反対は?」と尋ねると「きつい」、「ひろいくるまの反対は?」「きついくるま」ときます。
たしかに「せまいくるま」の絵は「せまいくるまにのっている人たち」が「きつい(きゅうくつ)」そうな絵でした。
しかし、何故そこにつながってしまうのかなあ?
こんなのってうちの娘だけですかねえ・・・


これはきっと、 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)15時37分08秒

>「ひろいの反対は?」と尋ねると「きつい」

「ひろい車」に乗った時はゆったりできるのに「せまい車」に乗った時は窮屈だ、という主観的な感じを言ってしまっているのだと思います。
つまり、視覚的な「広い⇔狭い」の概念を把握することより、体感的なことが優先しているのでしょう。だったら、逆に、「きつい」と自分が思ったらその"車"は「狭い」のだと教えてあげたらどうでしょうか。
※「きつい」と本人が感じたのは事実なのだからそれは否定しないで、逆手にとって利用して欲しいです。


 投稿者:megumi  投稿日: 9月11日(月)15時39分59秒

>あれえ、パリラリアがこういう仕組みで起きることは分かってもらってたと思ってたんですが。
どうしても改めて確認したくなったもので、お尋ねしました。


↓への補足。 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)16時29分37秒

ヨッシーさんの例の場合では、「きゅうくつそうに押し込められた人」という「絵」中の視覚的印象が最も強い部分で理解してしまっていて、その人の周りの空間の比較ができていないのかもしれません。
それでも、「人が窮屈な空間」を「狭い」と言うのだと何度でも教えてあげて下さい。ウチの息子たちは、ひとりが「自閉症」でもうひとりが「ADHD」なので、それぞれが特徴的な視覚認知上の間違いを持っています。何年もかけて同じ事を指摘し続けています。でも、時期がくればわかるようになりますから、根気よく続けて下さい。
「この前、教えたじゃないか!」と「何度言ったら分かるんだ!」は、いい加減ウンザリしてついつい言ってしまう言葉ですが、「教えてもわからない」「何度言っても覚えない」から「障害」ですから…。


ペンギンさんへ 投稿者:ヨッシー  投稿日: 9月11日(月)18時07分46秒

とてもわかりやすかったです。ありがとうございます。

>体感的なことが優先
>視覚的印象が最も強い部分で理解してしまっていて
まさに、そうですね。そしてそれは、幼い頃からずーっと続いている傾向だと思います。

たしかに見方をかえればそうもとれるね、何て事がしょっちゅうありました。
そう思うと否定もできなくて、でも結局は否定してました。
それを逆手にとってという発想が私にはありませんでした。

>それでも、「人が窮屈な空間」を「狭い」と言うのだと何度でも教えてあげて下さい
はい。
娘に少し近づけた気がします。

>いい加減ウンザリしてついつい言ってしまう言葉ですが、
そうですね。つい言ってしまってました。反省してます。
先日、病院で「多分、学習障害でしょう。」と言われてからは、「障害」だからしょうがないんだって、気長に構えられるようになりましたが。

それから、私のカキコ、投稿者と題名が逆さになっていましたね。
気付いて下さってありがとうございました。


おやおや、 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)18時47分08秒

>投稿者と題名が逆さになっていましたね

「単語」と「フレーズ」しか見ていないことが役に立つこともあるってことで・・・。


「普通」と言ってもいろいろなので。 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)18時59分06秒

一般に、「普通」にはレベルがありまして…。

(1)反社会的行動をしない。
(2)人に騙されたり利用されないような、最低限の社会的スキルを身に付ける。
(3)できれば経済的に自立できるようになる。
(4)社会の構成員として「一人前」と認められるようになる。
その内、成人後にまで「診断」がずれ込んだ人というのは、(2)〜(3)の困難は抱えているけれど(1)はクリアーしているというのが多いのです。それに対して、今現在「診断」がついている子供の多くは、既に(1)に引っ掛かっているとか、言葉の遅れがある場合がほとんどだと思います。
でも、(1)から始まった子供というのは、問題行動をしなくなったり言葉がある程度通じるようになった時点で、「障害」を克服したと思われてしまう傾向があります。何処から始まっても、最終的には(2)〜(3)の困難さはあまり変わらないのにねえ。


それは四つとも、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月11日(月)21時31分55秒

私の言う「機能レベル的に、普通のことができるようになる」の方ですね。

私が反発するのは、もう一つの「芸風・作風・センス・嗜好・外見・趣味が平均的になる」を、機能レベルのバロメーターと短絡する人が多いからです。

抽象思考の発達を妨害してまで独り言を止めたいか? 「聞こえの正確さ」を犠牲にしてまで、手をひらひらさせるのを止めたいか(手をひらひらさせると、人の声が聞きとりやすいという人は多い)? 思考の筋道のまとまりを壊してでも、首振りを止めたいか(首を振ると、頭の中で話の道筋が混乱しない人も多い)? 言いたいことが言える筆談と、言いたいことが言えない音声会話の、どちらが社会的に役に立つのか? ってことです。

たとえば私は、文字では(2)がぎりぎりできるかできないかレベルですが、音声になると(2)は完全にアウトです。音声言語という見かけの普通さをとるか、見かけは変だが、だまされないスキルをとるか、その選択を迫られている状態です。


いっひっひ! 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)22時29分06秒

手をひらひらさせること・首振り・独り言・筆談

この四つは、去年、自分が「自閉症」だって分かって以来、完全に復活させました。そうしたら、精神的にとっても楽になった。(但し、私の場合は理由は↓とちょっと違う。)
しかし、考えてみたらこれらのことは全て、誰に言われたのでもなく自分からやめたのだった。その理由は、「他の人は、誰もやっていない」のに気づいたから。でも、本当に止まったのではなく、手を振る直前に止めていたのでした。
そして、改めて、現役の子どもがやっている様子を観察して見たら、実は誰もそれを奇異なことと思って気にしているわけではないということが分かった。ということは、「自閉症」なんだから、"これくらいのことはして当たり前"という開き直りがありさえすれば良かったのではないかと思う、今日この頃なのであった。


そもそも、 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月11日(月)22時33分49秒

>「芸風・作風・センス・嗜好・外見・趣味が平均的になる」を、機能レベルのバロメーターと短絡する人が多い

のは、それがひとつの文化だということを知らない人が、あまりにも多いからでしょう。連邦市民がそういうことを主張しだしたのが、つい最近だから。


リンコさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月11日(月)22時38分45秒

>見かけは変だが、だまされないスキルをとるか、その選択を迫られている状態です。

まわりがどう思おうが、だまされないスキルをとることをお勧めします。
だって、まわりがどう思ったところで、だまされた場合の責任は本人にしか帰ってこないでしょ?

私は、息子達に「まわりなんて気にしないで、一番自分らしく生きなさい」と言いたい。
そして、息子達に無茶な我慢や忍耐を強いるのではなく、一番自分らしく生きていける環境を作りたいです。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


私もそう思う 投稿者:ケロ  投稿日: 9月11日(月)23時15分38秒

>手をひらひらさせること・首振り・独り言・筆談

別に迷惑かける訳でもないですよね〜。
そりゃ、初めて見たら「???」と思うかもしれないけど。
それが特徴なんだと解れば、あんまり気にならないと思います。
少なくとも私は気にならないな・・・。でも、独り言には返事しちゃうかも。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


私もね、 投稿者:リンコ  投稿日: 9月12日(火)09時05分31秒

だんだん、仕事が軌道に乗って、責任を果たす、お金をもらう、ということになってくると、外見を普通っぽく整えている余裕がなくなってきてるんですよ。

仕事もできず、自立どころか社会参加など夢のまた夢で、アパートに閉じこもっていた頃は、常同行動なんかしてなかったし、独り言も言わなかった。音声言語で話していたって、たまにお金をだましとられたりする程度で、社会的責任に結びつくような結果にはどうせならなかった。

だけど、仕事が軌道に乗るにつれ、私はどんどん、「まるで自閉症みたいな」外見になっていく。ロッキングしてないと腰が保たないし、独り言言わないと書きかけの文章を忘れるし、家事の手順も忘れるし。趣味で翻訳とかやってたらそんな必要なかったのかも。でも、仕事となると、「まるで自閉症」をやらないと、回っていかない。間に合わない。

外見を普通に整えることは、フルタイムの仕事だったんでしょうね。以前は。


そう、 投稿者:ペンギン  投稿日: 9月12日(火)13時28分17秒

重力って重いよね。


きっと 投稿者:megumi  投稿日: 9月12日(火)16時26分42秒

我慢している人、いっぱいいるんだろうなぁ

>手をひらひらさせること・首振り・独り言・筆談



みんなで 投稿者:megumi  投稿日: 9月12日(火)16時30分36秒

ひらひらしない方の人が、我慢している人に
ひらひらを我慢するのを止めてそのぶんのエネルギーを生産的に使ってもらえるようにすれば
みんながもっと暮らしやすくなると思う。


唐突ですが、 投稿者:ぴいママ  投稿日: 9月12日(火)17時41分18秒

ゆ〜が(3歳8ヵ月)、とうとうハサミを使うことに成功しました!
片手でハサミを持つことが出来ず、両手で使うと紙を挟めても、切ることが出来ない・・
出来ないからやらない―が続いていたのですが、昨日保育園に迎えに行くと、
「チョキンしたー!」と言いながら出てきたのです。「チョキン?」「チョキンしたー!」
先生がハサミを使えたことを教えてくれました。
うれしかったです。
ゆ〜が本人もうれしくて、真っ先に私に言いたかったようです。

パパにも報告しました。ゆ〜がハサミ使えたよ!
すると「そうさ。大丈夫。そのうち追い付くんだよ」

大丈夫?何が?
追い付くんだよ?何に?
発達診断の医師の言葉が思い出される。「ギャップは埋まらんでしょうな。」
それでもいいんだけど、それでもゆ〜がは ゆ〜がなんだし、他の子『普通の子』との
ギャップなんて気にしない・・・と、思っていたはずなのに、心のどこかで
…でももしかして・・とつぶやいている。
うれしいけど何だかゆれています。


(無題) 投稿者:リンコ  投稿日: 9月12日(火)18時10分12秒

おめでとー! 普通の子であろうと普通じゃない子であろうと、ハサミを使えたら無差別でおめでとー。ゆ〜がくんがどっちなのかは私は知らないけど、そんなこと関係ないじゃない。

ハサミを使うかどうかは、普通かどうかっていうより、「いろんなことができるための能力」だと思うよ。普通のことをやりたくても、普通じゃないことをやりたくても、ハサミは使えたら役に立つから。

普通じゃない子は、普通じゃない物を作るのにハサミが使えて幸せだったり、普通の方法であけられないパッケージをハサミで開けられたりして助かったり(私は、ハサミを使えるおかげで、飢えずに済んでいるかも)する。普通の子は、普通のことをするのにハサミを使えてきっと幸せ。

でも、センスや思考や嗜好は普通の子なのに上肢に障害があって普通のハサミの使えない子もいるのを、私は忘れてるわけではないんだけど。


ぴいママさん、 投稿者:とら  投稿日: 9月12日(火)18時16分13秒

新しいことが出来るようになるとホントに嬉しいですよね!
障害が有ると発達は階段状になると言う話も聞きますし、これからグーンと伸びる時期も有るのではないでしょうか。
それに嬉しかったことを伝えることが出来るなんて、そちらも又すごい事なのでは!
ギャップ? ギャップは親や周りの人が埋めれば良いんです。


なんだか楽しそうなので、ちょっと乱入・・・ 投稿者:ちひろ  投稿日: 9月12日(火)20時23分55秒

ぴいママさん、おめでとうございます。
ウチの娘(10才・ちょっとでかいが・・・)も、さっき弟にテレビのチャンネルを自分の怖がるアニメに変えられて怒って、「私は過敏なんだから、私は変化に弱いの!!」と、わかったような、わからんような解説をしていました。
言語理解の弱いタイプなので、そんなことを言ったのは初めてで笑ってしまいました。


ゆーが君、おめでとう 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月13日(水)00時15分21秒

何かできるようになる時って、ほんとうに嬉しい瞬間。
この嬉しさがあるから、子育てってうれしい。

思いっきり喜びましょう。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


おめでとう 投稿者:よち  投稿日: 9月13日(水)05時41分15秒

本当におめでとう。どんな事でも些細なことでも、子供がなにか進歩するとうれしいですよね。私なんかまるで躁鬱病。天にも登る気持ちになったり、ドドーンと奈落に底に落ち込んだり。

最近、又落ち込んでいました。どなたかの書き込みで大人が自分にものを尋ねるときは質問するときだと思っていた。みたいな事を書かれていましたね。すごくショックでした。うちの子は自閉傾向はありませんが、理解の面で遅れがあります。分かってないようで、実はわかっててそうやって、プライドを傷つけられていくのかな。と思うと悲しくなりました。
こういう子供達ほどプライドが高いのだと改めて知らされました。これから気をつけようと思いました。
同時に、こんなに母が自分の事で悲しんでいると知ったとき、この子はどんな気持ちになるのだろうか?と考えました。きっと、私以上にかなしいでしょう。自分が否定されているように感じるとしたら・・・もう、泣いてなんかいられない。ちょっと、ふっきれました。


祝♪ 投稿者:megumi  投稿日: 9月13日(水)09時33分43秒

ハサミ!

少年がハサミをつかえるようになったときに、
自分で自分の前髪を切りました。
トレーナーの左の袖口も。

そんなことするなんて。と落ち込んでいたら、
2年後、坊主もやりました。

他のお母さんたちに聞いてみたら、前髪を切ったことのある子は
結構いたので、「なーんだ子どもはそういうことをするんだなぁ」と思いました。
保育園の送迎のときに、いきなり前髪がなくなっている子のお母さんに尋ねると
たいてい、そうでした。爆笑でした。


ぴいままさん 投稿者:ひいろ  投稿日: 9月13日(水)10時21分20秒

ぴいまさん。おめでとー。1こ1こいろんな事ができるようになるのをみるのって
嬉しいよねぇ。でもさぁ・・

>発達診断の医師の言葉が思い出される。「ギャップは埋まらんでしょうな。」

でもさぁ、いつも思うんだけど何で断言するのかなぁ?
私のまわりにも同じ事言われて悩んでいる人たちがたくさんいます。
もうちょっといい言い方ないのかしら?


私からも 投稿者:朝倉玲  投稿日: 9月13日(水)12時59分32秒

ぴいママさん、ゆ〜がくん、おめでとー!!!\(^o^)/
他の子たちが出来るのに、自分はそれが出来ない、ってこと
彼らは実はよく分かっているんですよね。
ホントは自分も出来るようになりたいんだけど、でも、出来ないから、
「やりたくなーい」と頑固に言い張る。

そんな山を乗り越えて、ハサミが使えるようになったのだもの、
これはものすごいことですよねぇ。
ゆ〜がくんにしてみれば、もう大成功!! やったぁ!!! って気持ちよね。
それを大好きなお母さんがいっしょに喜んでくれたのだから、もう最高だったと思います。

周りを見回せば、そして、先を見つめれば、
気になること、不安になること、山ほどあります。
でも、それはそれ、これはこれ。
喜ぶときには、もう、何も考えないで、徹底的に喜んじゃいましょー!!(笑)

ホント、おめでとう!!!

p.s.
 megumiさ〜ん。
 うちのショウも、ハサミが自在に使えるようになって間もなく、
 ご自分で前髪をカットなさいましたよ。
 ママーズ・バーバーで修正できたから、良かったですけど。
 ぴいママさんも、覚悟しておいた方が良いかも・・・?(笑)<でも、それでもめでたいよね。(^_-)-☆

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ありがとーー!! 投稿者:ぴいママ  投稿日: 9月13日(水)14時33分21秒

皆さん!本当にありがとう!
一緒に喜んでもらえて、すっごーくうれしいです。
私ももう、ただただ素直に喜びます!
ゆ〜が!やったね!いっぱいチョッキンしていこう!
<ま、前髪も覚悟してるよぉ。


母も精進せねばと思う今日この頃、、、 投稿者:satomi  投稿日: 9月13日(水)15時21分04秒

米沢には自閉症関連の専門施設やサークルなどが何もないと最近知りましてガッカリしました。
(そういえば療育センターの先生も、そういったものを作らなければと強く言っておられたなぁ)
確かな情報ではないのですがすぐ近くの市営プールの近所に来年出来る予定の幼稚園にそのテの窓口ができる、、、かもという話しを聞き期待しています(そういったクラスも設けるらしい)。
現在、はっきりとそういうこどもを受け入れている幼稚園はないのだそうです、、、
もうちぃ〜っとガンバってくだされぇ〜<行政

んでぇ、米沢ではないのだけれど隣町(川西)に専門施設を見付けました、、、保険課から聞いたんですがね(笑)ちなみに民営の施設も米沢にはないと聞きました(ホント?知ってる方、情報お願いします!)
わたしが見付けたのは、「すずらんハウス(あすく・サービス)」ホントは「・」のところにハートマークが入ります(^^;
主な活動は、生活支援(入所生活支援)、療育相談、療育セミナー開催、スタッフ派遣、啓蒙活動、ネットワーク作り、、、パンフレットのままカキコしているだけ(笑)
「強い不適応行動を持ち生活に様々な困難が生じている知的障害の方の行動障害の軽減をはかり、福祉の推進を図るための事業」
入所には厚生省の作成した”強度行動障害判定指針”に基づいた判定が必要
(社)日本自閉症協会山形支部とも連携しているので専門的な医療・療育相談も可能
入所施設ではTEACCHプログラムの考え方をベースに支援
精神科医師、臨床心理士のスタッフ(委託)もいて、診察・相談ができる
あと書物の閲覧、ファックスでの相談等、、、

と、こんな感じ・・・今日、たまたま仕事が休みだったもので思い切って電話して行ってみようかとも思ったのですが、今日言って今日っうわけにはいかないだろうと思って止めました(^^;
メールでの窓口もあるので聞いてみよぉっと、、、
全国に十数カ所の施設があるらしいのですがこちらに来ている方で利用している方とかいるんでしょうか?
遠いのでそう頻繁には行けないのですがセミナーとか受講できるといいなぁなんて思っているのですが、、、

しかし、、、保険課の相談室にいた人、、、ちょっと頼りなさ過ぎ〜!!
何を聞いても「ちょっと分かりませんねぇ」「聞いたことありませんねぇ」「ありませんねぇ」、、、さっぱり相談になってない!!!(激怒)後で出て来た人がフォローしてくれたけどさぁ。。。


わたしが教わらなければ(笑) 投稿者:satomi  投稿日: 9月13日(水)15時27分32秒

前のカキコ、自分で読んで「変な文書だなぁ」と感じました(爆)((((^^;
わたしがことばの教室に通わないといけないかしら、、、
スミマセン、、、言いたかったことは分かってもらえるでしょうか?、、、

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


うちは 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月13日(水)15時28分04秒

頭のてっぺんの髪を切って、
長いこと頭のてっぺんだけ、髪が立ってました。

でも、自分で全部きることなんてできないから、坊主にはならないと思うよ。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/

掲示板過去ログ案内に戻る