2000年10月その10
私も冗談かと思ったけど、 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月25日(水)20時09分00秒

本物ょねえ。
こんなこと、税金使って論議してるヒマあったら、
先生増やして、ひとクラスの人数減らしてくれ〜!
と、叫びたい。


行軍 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月25日(水)20時47分41秒

こくっぱじいちゃんに見せました。

遠足でバス禁止をみて、
「こりゃあ、行軍だな」

戦時中、小学生だったじいちゃん。
軍事教練があったそうで、今でも車で30分はかかるところまで歩かされていたそうです。
歩いていては間に合わないので、走って行って帰っていたとか。

「これを考えとるもんは、戦前の教育は受けて無いはずだ。
 まず、自分でやってみればいいな。バカなことを」
だそうです。

そうよねえ、
戦前の教育を受けてる人たちは、じいちゃんの世代がギリギリだもんね。


統計結果を、 投稿者:ケリー。  投稿日:10月25日(水)21時39分07秒

探しているところなのですが(どこかに警視庁発表の資料が合ったはず)、
<少年犯罪件数は、戦後の混乱期を境に減っている。
ただし、以前は『生きるため』の行為であったものが(窃盗・強盗など)、
近年は『自己満足』や『犯罪そのもの』が目的となってきている。>
と言うような内容だったと思います。


噂なんですが、 投稿者:ケリー。  投稿日:10月25日(水)21時52分58秒

国民会議のメンバーである、ある方が、
「小学校の就学時検診にDNA鑑定を加えるべき。」と発言されたとか・・・・・

ね古さんへのレスで、「覚悟と対応策を」と言ったのは、こんな話も聞いたからです。


DNA鑑定で 投稿者:ね古  投稿日:10月25日(水)22時46分34秒

何がわかるんでしょうか。そんな貴重なことがわかるならまず
国会議員が率先してやって公開してくれるんだろうねぇ。
今度から国会も椅子に座らず正座してするとか、居眠りしたら
バケツもって廊下に立つとか車の使用は禁止で家まで歩いて
かえるとかね。

少し前に発売された文芸春秋にも確か少年犯罪件数みたいのが
でていました。(警視庁のものかは定かではありませんが)
犯罪を犯す人間の脳に違いがあるってような記事の中でした。


うちの旦那にも読ませました 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月26日(木)00時17分31秒

で、旦那のコメント。

「これ、秘密組織の日本乗っ取り計画なんじゃないのか?」
「よくあるじゃないか。日本征服を目論む悪の組織が、幼稚園や学校を(洗脳して)のっとろうとする計画」
大笑いでした。

それから、こくっぱじいちゃんのコメントには
「確かにその通りだよな〜。
 戦前の教育を美化している連中の意見なわけだ」
と言っていました。

笑い話ですませていられるうちはいいけど、
これが本気で進められたりしたら
もう、恐ろしいことになりますよね。ほんとに。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


■教育改革国民会議(その1) 投稿者:Nave  投稿日:10月26日(木)06時48分53秒

http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html

うへぇ〜〜〜〜気持ち悪い!!
…いきなり取り乱してごめんなさい。しかし、ほんとにこんな世の中になったら、気持ち悪いと思いませんか? 私耐えられそうにありません(夫も息子もきっとダメだ)。

集団で2週間も労働キャンプ〜〜??
きっと毎朝、号令に合わせて整列/行進し、ラジオ体操もするに違いない。
地獄だ…。
どうも発言者は「合宿」がお好きらしいけど、そんなに団体行動させたいのか。何のために。

それに、いつも思うんだが、奉仕活動を「義務付け」てどうする(「ボランティア」の語源を知らないに違いない。それより、わけもわからずにやってくる「奉仕者」に備えて受け入れ態勢を整えなければならない現場が迷惑だって!)

さて、上記資料が使われた会議の最終報告はこれですね。
私がうへぇ〜と思った発言をなさったのは、この方達です。

http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/1report.html

タイトルは、「第1分科会-人間性-」
するってぇと、なにかい、団体行動ができない人間は、人間性がないんかい?
挨拶をしない人間は、人間性がないんかい?
権威や号令にそっぽ向く人間は、人間性がないんかい?

文責:曾野 綾子(日本財団会長、作家)ね…なるほど。
あのー、本業でお書きになっている「本」だって、立派なバーチャル・リアリティだと思いますけど…
しかしこの報告書の、なんていうか、妙に情に訴えるような非論理的な文章は、読んでいて本当に気持ちが悪くなります。書いた人が頭悪いか、何か隠し事をしているか、どっちかだな。(暴言、失礼。)これから読む人は、モビルスーツ着用のこと。

こういった議論は、科学的に、少なくとも論理的に、行ってほしいものです。
しかし…こことか、こことかも「うへぇ〜」だぞ。↓
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai5/1-5siryou4.html
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai5/1-5siryou5.html
現状認識がすでに科学的でないと思うのだが…

幸いな事に、教育改革国民会議にはあと2つ分科会があるようです(別メンバによる)。そちらの内容は、もうちっとまともだと思いました(まだよく読んでないけど、気持ち悪くはならなかった)。第1分科会の報告書とは対照的です。
お口直しにどうぞ。

第2分科会 -学校教育-
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/2bunkakai/2report.html

第3分科会 -創造性-
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/3bunkakai/3report.html


■教育改革国民会議(その2) 投稿者:Nave  投稿日:10月26日(木)06時53分42秒

予想ですが…
この案を出している方たちは、年代的に、バリバリの戦時下教育を受けたけれど、時間切れで戦争に「行けなかった」方たちではないでしょうか?(未確認)

きっと、疎開で親から引き離されて合宿生活を強いられ、耐えがたきを耐え忍びがたきを忍いだあげくのはてに、「墨塗り」をやらされた世代です。(教科書に墨をぬるなんて、ものすごい心の傷になったと思いますよ。そんなこと、子供にやらすなんて、絶対してはならなかったことだと思います。教科書を使わずに授業したほうがまだ良かった。)

かわいそうなかつての少国民は、どうしても戦争をしたいのです、きっと。
(教育の威力って恐ろしい。)
そう考えると、同情もしたくなるけど、巻き添えにされるのは絶対イヤです。


もう少し、言わせて。 投稿者:ケリー。  投稿日:10月26日(木)08時52分07秒

そもそも、「教育改革国民会議」の趣旨は
<21世紀の日本を担う創造性の高い人材の育成を目指し、
 教育の基本に遡って幅広く今後の教育のあり方について検討するため、 
 内閣総理大臣が有識者の参集を求め、教育改革国民会議(以下「国民会議」という。)を
 開催することとする。>
なのです。
<創造性の高い人材の育成>の為なのですから、この後に続くもろもろは当然なのかもしれません。

先日、大学病院の小児科教授という方のお話を聞きました。
難病を抱えて病院で暮らす子供たちを多く診てきたその先生は、
21世紀を担う労働力には、なれないかもしれない子供たちのことを話してくれました。
「そこにいてくれることが大切」という親御さんの話。
大人の役目は、その子に合ったものさしで一番の幸せを見つけてあげることだと、仰いました。

<21世紀の日本を担うはずだけど、創造性は高くない人材>は、どうなるのでしょう。
国民会議がこのまま進めば、
やっぱり覚悟しなくちゃならないことが多くなるような気がして、本当に悲しいのです。

「国民からの意見」にしても、もう頭を抱えるばかりです。


教育改革国民会議 投稿者:ね古  投稿日:10月26日(木)10時20分57秒

強引愚マイウェイだな。


またもやお久しぶりです。 投稿者:鈴琳  投稿日:10月26日(木)11時17分17秒

教育改革…。
私も時々見ては『何だこれ〜☆』と叫んでしまいます。
教育学部生の私としては、こんな思想で作られた枠で教育をするの!?と、叫んでしまいたくなります。
最近の政治って、ホントに、よくわからない。
みんな自分の保身とかしか考えてないんじゃないか、とか思ってしまう。
などと未成年の私にまで言わせてしまうって、ちょっとどうなんでしょうね。

さてさて。
U野先生のLD講義。今年は先生が変わってしまいました!!
ちょっとショック…。
でもお忙しい方ですしね。仕方ないですね。
授業自体は『発達障害』が中心になるようです。臨床をやってる方なので、いろいろお話、聞けそうですね。
『障害』って付かない授業がほとんどないですが。
がんばってたくさん勉強します。では…


うまい! 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月26日(木)11時51分10秒

>強引愚マイウェイだな。

ね古さんに座布団一枚! ◇〜\(^o^)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


うわぁぁぁ〜 投稿者:satomi  投稿日:10月26日(木)22時21分43秒

久々にやってしまった、、、つないだまま仕事に行ってしまった(泣)
10時間、、、あぁ、10時間使いまくったのならあきらめもつくが、、、終わったことは仕方ないかぁ〜
あっ、例のページをプリントアウトして養護教員と中学の先生とこれから小学校の先生を目指している3人(親戚の人)に渡しておきました。
こういうものがあるのだということをまず知らないとね。。。

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


教育改革国民会議の件、 投稿者:M  投稿日:10月27日(金)00時16分32秒

1960年代半ばの中教審答申で言われた「期待される人間像」っていうのを
思い出させます。
その中の文言には確かに教育勅語を想起せるものもありましたよ。 
         <いや、あの・・だったらしい。母に聞いたの・・。
歴史は、繰り返す?

保安処分、羊水チェックなんていう言葉もその時代の流れで出て来たような記憶がある。
         <     ・・だったらしい・・。

<<創造性の高い人材の育成>の為なのですから、この後に続くもろもろは当然なのかも
 しれません。

そうなのね、下手をすればこれ、”優性思想”に利用される可能性も大。
でも、本当の創造性は異端者や異端者を切り捨てる事とは無縁のはず。
心して見据えなければね、時代の流れを。


玲さんに私信 投稿者:M  投稿日:10月27日(金)00時23分09秒

例の件、やっとまとめられた。
まだ、リンクが確認できていないものもあるけどね。

ソーシャルスキル教材は、本当に適当なものがないの。以前も書いたけど、友人が只今作成中。でも、いつできることやら・・・。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/kyozai.html


二つ下の正誤表 投稿者:M  投稿日:10月27日(金)07時05分13秒

誤  異端者や異端者  →  正  弱者や異端者


あ、それと、「期待される人間像」は母に、
      「教育勅語」は祖母に、
      教えてもらったのよぅ。。。   < と言うことにしておこう。


彼らの頭の範囲 投稿者:megumi  投稿日:10月27日(金)09時49分52秒

そもそも、子どもは「素材」なのか?

少子化が進むのは当然だ。


「素材」 投稿者:ケリー。  投稿日:10月27日(金)12時07分09秒

であり、「部品」であり、「良品」と「不良品」に分けて管理する。
「身分制度」、「階級思考」、
私の頭には、そう映ってしまうの。
違う読み方をしたくても、今はダメ。
誰か、私の読み取り不良だと言って欲しい。


Mさま、 投稿者:ケリー。  投稿日:10月27日(金)12時10分40秒

お母様とおばあさまに、よろしくお伝えください。m(__)m

うう・・・・・、
もっと陽気に突っ込みたいのに・・・


就学問題なんですが 投稿者:大ママ  投稿日:10月27日(金)22時13分00秒

私は、介助をつけて普通学級に入れるのが1番いいと思っていますが、
(親としては心配で・・・)
今日の親のお話会で、いつまでも介助をつけて置くわけにはいかないし、してはいけない事を
事前に止めるというのもどうかと思うという事
いじめがあったら、その時考えればいいんでは・・・という意見がありました
それもそうかな?とか思ってしまいどうしたらいいのか?わからなくなってしまいました
介助をつけてもらっているお子さん
つけていないお子さんの親御さんの意見を伺いたいなと思います
家の子が入る小学校は1クラス40名のマンモス校です
よかったら、意見を聞かせてください


介助って 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月28日(土)21時10分57秒

うちの地域では、教育的指導をしてはいけないことになっています。
お勉強は、あくまで先生の役目。
だから、どんな人が介助につくかで全然違います。
難しくて。

ハカセの場合、先日お医者さんがしみじみ「6人のクラスでよかったですね。最高の環境です。」
と、おっしゃいました。「40人だったら、普通学級には在籍できなかったでしょうね」とも。

・・・すみません。全然役に立ちませんね。


こくっぱの母さま 投稿者:大ママ  投稿日:10月28日(土)22時30分17秒

「6人のクラスでよかったですね。最高の環境です。」

1クラス6人ですか・・・いいですね
そんな学校を見つけたいです



大ママさん 投稿者:M  投稿日:10月29日(日)00時12分11秒

こんな選択をしようとされているお母さんもおられます。
     ↓
ここをクリック!
以前、ここでも療育のコーナーを紹介させて頂いた方(こちょめさん)です。

通常級で頑張らせるのも一つの選択。
特殊級でスペシャルニーズ教育の道を探るのも選択。

確かにIQで就学先が振り分けられるのはおかしいですよね。
でも、だからと言って、すべて子が通常級で刺激を受ければ伸びるという意見にも疑問が
あります。
現状では、本当にケースバイケースだと思います。どうぞ、先入観なく選択肢を沢山もっ
て、一番良い道を探ってあげて下さい。
下記のページの「雑感」は以前、特殊級(知的障害)を担任していた頃に書いたものです。
参考までに。

介助については、うちの地域では保育園、幼稚園までしかありません。障級在籍の子が通
常級で授業を受ける場合も全くなしです。他地域では、あるのかな?

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/seisinhattatutitai.html


はじめまして 投稿者:エノキダ君の母  投稿日:10月29日(日)01時37分51秒

こちょめさんのHPから来ました。
ちー君とエノキダ君は就学相談の真っ最中です。
そしてたまたま同じ学級に行くことを考えています。
こちょめさんの掲示板にも書き込みをしましたが、就学相談には不思議なことがたくさんあります。
エノキダ君の所見はまだ出ていませんが、ちー君の所見を聞いて私は今深く考えています。
そんな中MさんのHPにやって来たわけですが、このような方が世の中にいらっしゃったんだ
と知った事で、私は勇気をいただきました。
そして自分の今までの思いを整理して、所見の結果報告にいどみたいと思います。



(^o^)/ハイ 投稿者:megumi  投稿日:10月29日(日)07時46分03秒

少年(自閉症)は障害児学級在籍で、100%普通学級で暮らしています。
1、2年の時には、障害児学級に複数の在籍児童がいたので
介助員の先生についていただきました。
3年生の現在、他のお子さんは卒業されて精神薄弱児クラスは彼一人になったので
障担と一緒に3年生のクラスで生活しています。

教育委員会に対しては、学力のことよりも、
本人と周りの児童の安全確保を強調しました。

彼の認知の特徴を考えると、国語や算数よりも
音楽・体育・図工など活動に自由度の高い授業、
それ以上に休み時間や給食時間の方が事故が起こりやすいことを
頭から湯気が出るほど言いました。

学校も教育委員会もこれまでたくさんの自閉症の子どもを見てきて
「こういう障害なんだ」「こんなもんだろう」という
悪い諦めがある場合があるような気がします。

自閉症の子にそれに適した環境を用意すれば驚くほど変わるということは
体験してもらわなければわかってもらえないようです。
そのかわり、実感した方は本当に強い見方になってくれる。

今、1、2年の時の介助員の先生、1、2年の時の親学級の担任、障担
クラスの子どもたち……彼の通訳はどんどん増えています。

「介助」というのは「手取り足取り甘やかすこと」とは違うので。


 投稿者:megumi  投稿日:10月29日(日)07時51分06秒

>いつまでも介助をつけて置くわけにはいかないし、
>してはいけない事を事前に止めるというのもどうかと思うという事

その意見を仰った方は、どういう理由でそういわれたのかしら?


どうも 投稿者:こちょめ  投稿日:10月29日(日)10時06分11秒

紹介して頂いて恐縮です。
下に書きこみしていたエノキダくんとは家も近く、療育のグループもいっしょで、しかも二人とも
知能的には遅れがない自閉という点で、心強い仲間になってくれています。
しかも母親同士が若くてきれいという点でも・・・・あ!ちがうちがう!酒好きという点でも共通なのです。
違うところといえばエノママはとても勉強されているというところでしょうか。(エノママ、え?そんなー、いいよ〜。お礼なんて・・)

ついおふざけになってしまいましたが、普通学級の判定がでても鵜呑みにできない現実問題に
直面しているわけで、その判定を下す就学相談そのものにも疑問を感じています。
障害児学級を障害がある子が仕方なく行くところ、と捉えずに障害と向き合える専門学級校という風に考えるように
しています。

http://www.lily.sannet.ne.jp/cohcome/


あ!書き忘れましたが 投稿者:こちょめ  投稿日:10月29日(日)10時10分32秒

リンクの件OKです。よろしくお願いします。え〜っとこちらも貼らせて頂いていいのかな?


緊急一時保護 投稿者:ひいろ  投稿日:10月29日(日)12時00分51秒

うちの地域には、家庭で障害児を面倒みれない場合「緊急一時保護」という制度があります。
(地域によってはないのかな?)
親が病気の場合、冠婚葬祭の場合、もしくは旅行に行きたい
(親がストレスにおしつぶされないように)などの理由によっても利用することができます。
でもここに入れると子供がすさんで帰ってくるって、もっぱらの評判なんですけどね。
(そりゃあ、そうだよね。親がいないんだもん)

実はドラくん、調子を崩してしまって緊急入院をしたのですが
この病院がこの「緊急一時保護」指定の病院たったんです。

うちのかかりつけ医の後輩の先生がここにいるので、先生は直に電話をしてくれて
「以前、そっちが脳波をとったオーティズムの子(受付には人がいた)なんだけど
脱水症をおこしてるので至急そちら向かわせます。『そうゆうつもりで』準備お願いします」
・・・・おかげであんまり説明もしなくて済んだし、本当は完全看護なんだけど
先生のほうから「お母さんが付添います?」って言ってくれたし・・
以前看護婦さんにも知識がない人がいるって話があったけど
ここの看護婦さんは、みんなよ〜くわかっているみたいでした。

今現在外出という事で、家に帰ってきています。
本来なら外出許可を出すほどよくはなっていないのですけど
「自閉症」という事でだしてもらえたようです。
でもどうも病院側はドラの障害の事を疑ってたみたいで
「手帳とか持ってますか?」とか言われましたけど(笑)・・・もちろん印篭みたいに見せました。
でも、ドラを見て疑うって事は知識があるって事だと思いましたけどね。

多分、大学病院とかだったらこうはいかなかったと思います。
こうゆう病院、たくさん増えてほしいなって思いました。


ありがとうございます 投稿者:大ママ  投稿日:10月29日(日)13時08分12秒

皆さん・・・・

mugumiさんからの
いつまでも介助をつけて置くわけにはいかないし、
>してはいけない事を事前に止めるというのもどうかと思うという事
してはいけないことをしてしまってから、考えればいいんではということだと思います
介助の人が止めることではなく、友達に止めてもらうべきということだと思います
介助の人が入ると友達の理解が進まなくなるとうことだと思います

他のお母さんがうちも先日就学旅行で担任の先生についてきてほしいと言われたんですが
お友達が何というか聞いてみてと問題を学校に返したそうです
そしたら、友達がリナちゃんのとこは私達で見守るので大丈夫と言われたそうです
これは、介助をつけずに普通学級に入れたということでよかったなと思いますという
話でした

その北○○○先生がおっしゃるには、介助をつけるということを本人が望んでいるか?ということ
を考えてみてくださいということです

でも、何を言われても私は、最終的には一人で息子を普通学級に入れる勇気はないので
介助はつけられないと言われた場合、自分がついていくでしょう!!

Mさん、こちょめさんの所を紹介してくださってありがとうございます




出遅れましたが・・・うちの場合 投稿者:ゆきりん  投稿日:10月29日(日)17時45分06秒

お久しぶりです。
うちは現在小3で、幼稚園の二年間は介助をつけてもらってましたが、
小学校に入ってからは、普通学級で介助無しできたLD傾項のある子です。
1対1だと比較的聞き取りやすいのですが、大勢の中で聞き取ることができにくいので、
介助をつけてその都度個人的に声をかけてもらうことがいいと思うのですが、
幼稚園の年長になってみんなの中で一斉の指示が介助無しでとおるようになってきたので、
大丈夫かなという思いと、子供がみんなと何でも一緒がいいという気持ちを持っていたので
普通学級に介助なしでいれました。
しかし、幼稚園の時とは違って一斉の指示も多く内容も複雑になってくるので
一回の指示をどれだけ注意集中して聞け、内容理解できるかというと
5のうち3くらいしか聞けてなくて結果としてできてないということになるのです。
そのあたりのところを十分担任の先生に説明し、理解してもらい聞き取りやすい
具体的な対策をとって現在まできてます。
例えば先生の目の届きやすく気が散りにくいまんなかの前から二番目の席にし、
隣は面倒見のいい女のこをおいてもらうなどです。
無責任な言い方かもしれませんが、介助無しでいかれて様子をみるというのも
ひとつの方法だと思います。


あたしも出遅れましたが 投稿者:ね古  投稿日:10月29日(日)23時36分58秒

介助の人をつけてもらえるのならつけてもらったほうがいいかな〜と
思います。 息子の場合は普通学級にいるときは介助の先生がついて
いないので40人の中の1人としてしか扱ってもらえませんって言うか
先生自身も普通と言われる子40人もいると一人一人目をかけていられない
というのが現状だと思います。 低学年のうちはどの子もガチャガチャしていて
よその子の面倒を見てもらうのは難しいと思いますし、事前に状況を説明しても
理解できないでしょう。(うちは4年だけど理解してくれているのは数名です)
介助の方がついていれば子ども心に理解できる子もふえてくると思いますし
年齢が上がるにつれて子どもたちが自然に引っ張って行ってくれて介助の必要も
なくなるかもしれません。

それに何かしてはいけないことを事前に止めることはしないで貰って
(もちろん命に関わることは別ですが)子ども同士の単なる喧嘩くらいなら
見ていてもらい、引き際を教えるほうが子ども全体の為にもよいんでは
ないかと思います。 その場で何が悪かったか、そうでないか皆で学んで
いけると思うのですが。

あたしは息子に介助の方をお願いしたいと思う気持ちからの意見ですが
やはり最後は大ちゃん次第ですね。 大ちゃんの学校生活が楽しいものに
なることを祈っています。 参考にならない意見でごめんなさい。


大ママさんへ 投稿者:エリナ  投稿日:10月30日(月)00時19分35秒

就学問題悩みますよねー
大ママさんと同じようにうちも校区がマンモスで
一クラス40人です。

先月、校区の小学校に電話で「特殊クラス見学したいのですが」って
言ったら、「今はちょうど、忙しい時期なので、またこちらから連絡します」って言われて
まだ連絡来てない状態です。そろそろ連絡来るかなぁ〜

重度の自閉症の子を持つお母さんにそこの特殊クラスでのお話聞いたんですが、
うちの娘のようなタイプの子はいないようで、みんな全く言葉がしゃべれなくて、
重度の子ばかりのようです。
そのお子さんは、教室が嫌でよく職員室に行くそうですが、先生方からも煙たがられて
そのお母さんに、担任の先生が苦情を言うようで、あまり障害児に対して理解があるとは
思えない気がしました。

おそらく普通クラスの先生も障害について理解のある先生はいないのでは?って
不安に思えてきてます。

うちの娘もやはり、全体の指示が聞き取りにくいのか、全く覚えられません。
カードや文字にして説明すると理解できるのですが・・・

ところで、普通クラスに担任以外に介助の先生をつけるって相当難しい事ですよね?
普通クラス無理なら、すぐ特殊クラスに行って下さいって言われそうだし。

なんのアドバイスにもなっていませんが、あまりにも境遇が似ていたので、
思わずレスしちゃいました。

お互い頑張って行きましょうね〜


子供への説明 投稿者:Nave  投稿日:10月30日(月)02時30分58秒

こんにちは。
またまたご相談なのですが、皆さんは、診断や療育のため病院や施設に行くことを、お子さんにどのように説明していますか?
告知の問題もからむので、難しいと思うのですが、皆さんはどのように対処していらっしゃいますでしょうか?

こんどうちの子も、診断のため専門病院に行くことになりました。けっこう鋭い子で、保健所(児童相談所)通いをしていたときも、3度目には「きょうはなんだ?」と言って不審に思っていたようです。「父と母は先生たちとお話するから、その間遊んで待っててね」と説明(←説明になってない)していましたが、保育園を休んで遠くの病院まで行くとなると、こんどはそれなりの説明をしないと納得しないんじゃないか、と思います。

というわけで、説明のしかたを思案中なのです。
今考えているのは、
「××病院へ、父と母といっしょに行きます。○○くんが、保育園で今よりもっと楽しく遊べるように、相談に行くんだよ。モシモシは、しないんじゃないかな。おもちゃはあるかもしれないよ。ミニカー、あるかな?積み木も、あるといいねえ。」(←やっぱり説明になってない?)

2歳児の理解力に合わせて、なるべく本当のことを、「自分が何か悪い?」といった不安感を持たせないように、伝えたいと思っていますが、難しい!
皆さん、お知恵を貸してください。


友達への 投稿者:megumi  投稿日:10月30日(月)08時21分18秒

通訳が必要なのよ。
自閉症の場合は特に。

友達のとの関係をうまく作るのも「介助」です。


2歳児に…… 投稿者:megumi  投稿日:10月30日(月)08時26分09秒

難しいですね。
>保育園で今よりもっと楽しく遊べるように、相談に行くんだよ。

素晴らしい説明ではないかと思いますが……
うちは今(小学三年)でも、上記のような説明です。
弟が入学する今年の春に二人並べて「自閉症」の説明もしましたけれど。
うちも、もっといい説明があれば教えて欲しいです。


私も悩んでいます 投稿者:カンガー  投稿日:10月30日(月)09時06分46秒

うちの場合は、病院や療育の場に行く時は、
「今日は○○へお勉強に行くよ!」といいます。
幼稚園を休ませて療育に行く時に、たまに「幼稚園に行きたい」とごねることがあります。
そんな時は、反則かもしれませんが、
「お利口にお勉強できたら、帰りにデパートの屋上で遊ぼうか」とか
「帰りはマックのハッピーセットがいいかな?それともミスドのきなこボールかな?」とか言って、御褒美で釣ってしまいます。

親が相談、子どもは遊ばせて観察という時には、「今日はママがお勉強よ、ルーは遊んでいていいよ」といっています。

今のところ、本人が疑問に思っていない様子なので、説明する必要性をあまり感じていないのですが、いずれ告知の事を含めて考えなければいけない時がくると覚悟しています。
本人が疑問を口にするようになったら、きちんと説明したいと思っていますが、いざその時が来たら、どう説明するのか、私もとても悩んでいます。

小学校へ上がって、他校通級になる時にも、子どもにどう説明するか、今から悩んでいます。


うーん 投稿者:ケロ  投稿日:10月30日(月)10時48分28秒

私がNaveさんだったら、
「お母さん、○○ちゃんのこともっともっと良ぉ〜く知りたいから、病院の先生に聞きに行くんだよ」
と説明すると思います。2才児さんだったら。
もう少し大きくなって、「なぜ毎日一緒にいる自分の両親より病院の先生の方が自分を良く知っているのか」というような疑問を持って突っ込まれたら、
「お医者さんはいっぱいお勉強していて何でも知っているから、お父さんとお母さんよりも○○ちゃんのこと知っているかもしれないから」とかなんとか言っちゃうかも。

長男がやや集中力に欠ける子なのですが、発達相談に行く時は結構ストレートに言いました。言語能力が高い方なので曖昧な表現や嘘は通用しないからです。
家でも保育園でも小言を言われる回数が多くなっていたので、
「あんたが病気で一生懸命やってもどうしても出来ない子だったら、叱ったりしないであんたが少しでもやりやすいように考えてやらないといけない。だから、良く調べてもらう」と言うニュアンスの事を言ったと思います。
この場合『病気』と言ったのは、まだ『障害』と『病気』の違いが良く分からないだろうと思ったからです。弟が先天性の病気で、病気というのがとても身近なものだったというのもありますが。

でも・・・難しいですね。
うちは次男が先天性の心臓病なんですが、病気だと辛い検査も手術も『悪いところを治すため』で済ませてしまえるんですけど。
難聴という障害もあって、こちらは障害だから『悪い』ことではないんですよね。次男はまだ何の疑問も持たないのですが、あと数年のうちには自分が人と違う(皆と同じように聞こえない・皆と同じようにしゃべる事ができない)という事をハッキリと自覚する日が必ず来ます。多くの難聴・聾の方がそう思っているように、聞こえない事に誇りを見いだせる人間になって欲しいと思っていますが、上手く説明してあげられるかどうか・・・。

でも、本人が疑問に思った時は、本人にとってはそれが当たり前の『自分』なんだから、親が肯定的な考えで接していれば、いいんじゃないかと思いました。
皆と違うと「困る」から皆に合わせる術を学びに行くのではなく、皆と合わせる術も身につけておくと「ちょっと便利でもっと楽」かもしれない。子供から疑問をぶつけられた時だって、自分(親)自身がそういう視点に立っていたら、上手い説明はできなくとも子供を否定したり自信をなくさせたりせずに済むんじゃないかと思いました。
実際その立場になってみないと分からないのですが・・・生意気言ってスミマセン。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884/


うちはねえ 投稿者:ぴっぴ  投稿日:10月30日(月)13時43分03秒

すっかり疑問に思ってきているので、「なぜ?」「どうして?」ときかれます。
>保育園で今よりもっと楽しく遊べるように、相談に行くんだよ。
これだと、納得しませんでした。今でも楽しいけど?みたいに言うのですもの。
>「お母さん、○○ちゃんのこともっともっと良ぉ〜く知りたいから、病院の先生に聞きに行くんだよ」
これだったら、私の何を知りたいの?とか言うかなあ・・?
やっぱり、病院=どこか病気の部分を治すところ
というイメージはできていると思うので結構大変です。
で、苦し紛れに、
「だって先生がおいでっていうんだもン・・。」と先生のせいにしてみました。
そしたら、じゃ、しょうがないっか・・というふうに納得したみたい。
でも、以前はただ遊んでるだけだったのでよかったのですが、段々お勉強的なことをやってみる
ことが多くなってきたら、
「どうしてあそこでお勉強しないといけないの・・・?」
「先生がやろうって言うからね・・・。」(またまた先生のせいにする・・・)
で、とりあえず納得です。
いやしかし、
「○ちゃんは一緒にいっちゃだめ?」とくるので、う〜ん・・・・。
なぜ自分だけ?がやっぱりどうしてもポイントなんでしょう。
ある程度いろんな事が解るようになってきたら、
>自分が人と違うという事をハッキリと自覚する
ことなしには、この状況には無理があると思い始めています。

本人が疑問に思ってもまだうまく説明ができていない私です。そろそろ限界なんですが。


ポロンちゃんには 投稿者:ケロ  投稿日:10月30日(月)15時11分01秒

かないませ〜ん。
そっか、子供も色々なところで情報も知恵も付けてくるから難しいんだねぇ。
当分先生にご招待されているという事で・・・(笑)
私の何を知りたいの?と切り返されるって事は、ポロンちゃん個人的には日々の生活に困っていないんですね。
保育園とかに行っているうち余程目立つのでなければ、すご〜く困るって事はあんまりないから無理もないか。

うちは、目立つわけではないけれど集中力がないから、いつもボーッとして聞き漏らしちゃったり又は逆に自分の興味ある事に集中してしまったが故に取り残されたり・・・と、最初はとってもマイペースですねなんて言われていたんだけど、そのうちクラスの子から「いっつも遅い」とか言われるようになって本人もちょっとは気にしていました。
玲さんが背中を押してくれたので、「も〜、なんでー?」と本人の言い分を聞いてみたら、「頑張ろうと思っているんだけど・・・。何でかわかんない・・・僕はお片づけやろうって思っているのに、手が勝手に動いちゃう」と言うことだったのでじゃあ調べよう、と。ほとんど合意の上だったし病院大好きだから、全然OKだったんだけど。
結果として診てもらって何がどうしたわけではないし、やっぱ家庭環境かも?だけど、長男にとって「落ち着きがないのは困るらしい」というような意識を持つ良い機会になったと思います。
もちろん「頑張らないで出来ないのと、頑張っても出来ないのは違うからね」という説明は今もしていますが、なにぶんあまり大きな問題ないでしょうと言われてしまったもので、ついつい理性を無くして躾の成果を焦ってしまう事もしばしばなんですけどね。
そんな彼は、私がADHDの本を読んでいたら、のぞき込んで拾い読みしながら「僕みたい」と笑ってました。(笑うなよ・・・)

それにしても、ポロンちゃんは手強そう。すべての女の子がそうじゃないとは思うけど、同じ年でも男の子の方が単純な気がします〜。

掲示板過去ログ案内に戻る