2000年10月その2
あらま 投稿者:M   投稿日:10月 5日(木)00時12分34秒

いくらお気楽管理人でも、書くべき事は書かないといけないかなと思って、出てきたら、
既に、わたしの言いたかったこと全部書いてくださっておりました。
            
はい、今日はペンギンさんのテーマ曲を聞きながら眠る事にしますぅ。
"そういう子供〜♪"・・・ね。 


ところで、
>>「自閉症」と「腰痛」が重複することも、あるのね!
>ある。
>「ADHD」と「喘息」と「自家中毒」と「鼻血」と「自律神経失調症」と「可愛い」も、ある。
        < あら、
          わたしなぁんて、
          「若年」と「更○期障害」が重複しておりますですわ。


何かさ〜、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月 5日(木)07時29分41秒

↓の大ママさんの書き込み見て、「その言語教室って、自閉症児に本当に必要なことを・自閉症児に接する正しいやり方で、やってくれているところなのかなあ〜?」っていう邪念がよぎったのは、私だけ?


Re 励ますこと 投稿者:ケリー。  投稿日:10月 5日(木)08時42分58秒

私なんて『自分の力』でやれることなんか、ほとんど無い。
ご飯作れるけど、「おいしいよ」を聞きたい為だし、
洗濯するけど、掃除も(少し)するけど、
誰かが「やってくれて嬉しい」なぁんていってくれたらガンガン張り切るタイプ。

「お母さん、やって欲しいんだけど」は『親業』で言う「私メッセージ」で、
「(あなたが)やらないと、」で始まる「あなたメッセージ」より、はるかに効果があると思います。


それにさ〜 投稿者:megumi  投稿日:10月 5日(木)09時25分13秒

>、「その言語教室って、自閉症児に本当に必要なことを・自閉症児に接する正しいやり方で、やってくれているところなのかなあ〜?」っていう邪念がよぎったのは、私だけ?
私もそういう邪念がよぎりましたです。
加えて、「自閉症児の母に接する正しいやり方なのかなあ〜?」という邪念もよぎりました。


指導方針 投稿者:とら  投稿日:10月 5日(木)10時35分33秒

>「その言語教室って、自閉症児に本当に必要なことを・自閉症児に接する正しいやり方で、やってくれているところなのかなあ〜?」っていう邪念がよぎったのは、私だけ?

>先生は励ましの言葉をかけてできたというのは自分の力でできたとはいえないとのこと

まずその先生がお子さんをどのような診断で対応しているかにもよると思いますが、それにしても自閉症児に対しての指導やABAでなくても励ましの言葉は必要なものですよね。オリンピックメダリストのどれだけの人が「励ましに力づけられた」と言っている事か...ましてや子供ならなおさらです。ただ通われているのは「療育機関」ではなくて「言語指導」の教室のようですからそのあたりも考慮しないといけないですね。そこの機関の方針をもう一度伺って、柔軟性を持って対応してくれるところかどうか確認したいように思います。指導法に自信を持ちすぎて過信している所はあまり良くないかもしれません。万人に良い指導法と言う物は存在しないでしょうから。
毅然とした態度で指導すると言うのと、その子供の性格、障害に応じて柔軟に指導すると言うのは別物ですよね。


励ましを 投稿者:リンコ  投稿日:10月 5日(木)11時00分30秒

理解できるのは言語能力だし、励ましに反応できるのは対人能力+非言語能力だと思うんだけど。

励まされていることがわからない(言語の理解として)、あるいは、励まされてもどうでもいいと思っちゃう(対人理解として)子どもたちだったら、その欠陥をおぎなって余りあるスーパー言語能力をつけないと、現実の場面では「励まされてできる子」と同じ能力は発揮できないんですよね。(私がこのタイプだった)

だから、励まされることでパフォーマンスが変化するってことは、その分すこしは有利なわけだから使えるもんは全部使っちゃえばいいのにと思うんだけど。

「自分の力でできたとはいえない」っていうのは、言語能力ではなくて、意志力とか、気分や機嫌の管理能力とか関心を持続する能力とか、がまんする能力とか、そういうものを尺度にして言ってるみたいですね。つまり、課題に必要な言語能力ではなくて、課題に取り組む力を評価してるんですよね。

まあ、これが測定場面だったら、また別ですけど。


うちの息子は 投稿者:ままはっち  投稿日:10月 5日(木)12時27分48秒

「励まし」の言葉くらいでは行動を起しません。
「励まし」なんてなんの関係もないようです。(誉められるのは好きなようだが・・・)

ですのでうちの場合は「お笑いおどし作戦」です。

学校でも課題をしない息子に先生は
午前中は「それせえへんかったら、給食ないで〜〜」
午後は「これせえへんかったら、居残りやでえ〜〜」
という「お笑いおどし作戦」で課題をさせてくれています。
(耳元で笑いながらこそっと言う)

これは担任の先生と息子の主治医が相談して、
それくらいなら負担にならないだろう・・・ということで、そうしています。
息子は先生に「なんで給食ばっかり言うの〜〜〜?」という反撃などを
しているようですが・・・。
先生は「そう言わへんかったら、せえへんやんか」と答えているそうですが・・・。

あと先生が「もうしなくていいよ」と言うと、
「やります、やります。」とあわててするらしいので、
この作戦もありです。

家でもゲームをなかなか止めない時になどは、
「さて〜〜〜、どのゲームを捨てようかなあ〜〜〜〜」と
笑いながらおどして(?)います。

そういう言葉掛けに反応してやる気になる・・・というのも、
大きな成長だなと私は思ってますけれども。


うちの場合は 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月 5日(木)12時56分47秒

単純に「ガンバレ、ガンバレ」では反応が今ひとつとういうことも多いので、
やっぱり、あの手この手を使います。

>「それせえへんかったら、給食ないで〜〜」
このパターン、あるある!
というか、ADHDの子どもに何かさせるときの基本的パターンのひとつ。(笑)
目標がはっきりしていた方が、やりやすいんですね。
「これが出来たら○○していいよ(もらえるよ)」という形もあります。

>「もうしなくていいよ」と言うと、
>「やります、やります。」とあわててする

これもあるある!(笑)
ただ、本当にやりたくないときには、これ幸いとやめられてしまう可能性があるので、
使って良い場面と悪い場面の見極めは必要だったりします。(^_^;)

>「さて〜〜〜、どのゲームを捨てようかなあ〜〜〜〜」と
> 笑いながらおどして(?)います。

これもある〜!!!(爆笑)
おもちゃを出しっぱなしで片づけないときには、
にこやか〜な笑顔で、
「わぁ〜、いっぱい出ているね〜。
 お片づけしないなら、捨てていいのね?
 やった〜、これでお部屋が片づくわ♪」
と言うと、たいてい、必至になって片づけ始めます。

どのパターンも、怒った顔でではなく、
にこやか〜に言うのがコツですよね。
そうか〜「お笑いおどし作戦」ですか。(笑)

ちなみに、リンコさんの
>使えるもんは全部使っちゃえばいいのにと思うんだけど。
という意見には、大賛成です。\(^o^)/

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


あっ、もうひとつあった 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月 5日(木)12時58分43秒

ショウがどうしてもやってくれないときの必殺技。
「これやってくれなかったら、お母さん、泣いちゃう〜(泣きまね)」

人の泣き声、泣き顔が世界で一番嫌いな彼は、
必至になって「やるやる!!!」と始めます。
あまりやるとかわいそうなので、これはとっておきの切り札です。(笑)

・・・ん?
これは励ましとはちょっと違うか。(^_^;)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


そりわ 投稿者:リンコ  投稿日:10月 5日(木)13時56分42秒

脅し


へへへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月 5日(木)13時59分19秒

だね。(^ー^A

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ちょっと(悪?)知恵をお借りしたいのですが 投稿者:とら  投稿日:10月 5日(木)15時56分09秒

あまりおおっぴらに聞けないのでここで皆さんに聞いてしまおうかと思うのですが...
実は今住んでいる所に自宅から比較的近い(それでも徒歩15分ちょっと)小学校があるのですが学区が異なり、自分の学区の学校は徒歩で40分程度かかります。さらに25分ちょっとの所にも別の小学校が有り、要はちょうどどこからも遠い谷間なわけです。地方の方でしたらこれくらい当然かもしれませんが、さらに学区の方の学校はあまり評判が良くないと言う事情も有ります。勉強や評判など全く気にはしないのですが「評判が良くない=いじめに合いやすい」という図式が頭に有り、さらに通学路には大人でも危ないと感じるような個所が有ったり、変質者が出たり、それはそれは悪条件の連続なのです。当然「悪条件の連続だから○○学校には行きたくない」なんて教育委員会には通るわけはないでしょうし、どうした物か考えています。ただしこれは公立の普通クラスに行くならばと言う前提であって私立や特殊の場合には、ある意味では悩む必要が無くなります。
先日、江崎玲於奈氏が教育現場の見直しをするための提言を出しておられまして、その中に学区の選択を多少柔軟にするというものが有りました。これが実現されれば問題は解決されるのですが行政の行動力は当てに出来ませんから。この手の話は、どのように交渉すると自分達の希望する最寄りの学校に通えるものでしょうか? また仮にどうにもならない場合に希望する学校の近くにアパートを借りて入学するとしたら何月何日時点でその学区にいれば良いのか、その後アパートを引き払ったら結局遠い方に転校しないと行けないのでしょうか?
ご経験談やご意見をお聞かせ願えればと思います。m(_ _)m


うちの場合、 投稿者:ケリー。  投稿日:10月 5日(木)16時53分48秒

「近いので」と言ったら、
「では、ここに学区域隣接の為と、書いてください。」といわれ、カウンター越しの手続きで終わりました。力んで行って、拍子抜けでした。
東京都○○区です。


それでだめな地域の場合 投稿者:さる  投稿日:10月 5日(木)17時20分14秒

友達は、一時的に住民表だけを移しました。


 投稿者:さる  投稿日:10月 5日(木)17時33分59秒

4月1日の午後に学級編成が決まるらしいけど、
その後入学式(始業式)までどうにでもなるらしい。
住民票の移動した人も時期を見て、戻しました。
こちらは障害児学級がいまいちなので、
希望のとこに入りたいためにこういう手を使う人が多いんです。
好きな時(大安とか)でいいのではないでしょうか?


3連発ですが 投稿者:さる  投稿日:10月 5日(木)17時41分40秒

住民票戻さなかった人もいます。
生活に師匠はなかったそうです。


ウチのところは、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月 5日(木)17時49分03秒

田舎なので住民票の移動にはウルサイです。それで、学区内にアパートを借りてそっちに住民票を移し、住んでいないけれどずーっと維持し続けていないとダメみたいです。


うちの地域も 投稿者:ひいろ  投稿日:10月 5日(木)19時34分46秒

ケリーさんとこと同じだと思います。
多分2〜3年後には各自の意志で学校を選べるようなると思います。


江崎玲於奈さんが 投稿者:M   投稿日:10月 5日(木)20時18分16秒

座長をしておられる教育改革国民会議の中間報告がこの9月に出ているみたいですね。
教育を変える17の提案のうち
「地域の信頼に応える学校づくりを進める 」ということの提言として、
(1)目標、活動状況、成果など、学校の情報を積極的に親や地域に公開し、学校は、
   親からの日常的な意見にすばやく応え、その結果を伝える。
(2)各々の学校の特徴を出すという観点から、外部評価を含む学校の評価制度を導
   入し、評価結果は親や地域に公開する。通学区域の一層の弾力化を含め、学校
   選択の幅を広げる。
(3)学校評議員制度などによる学校運営への親や地域の参加を進める。
(4)親が学校の活動や子育ての時間を取れるようにするなど、企業も協力する。

 と言う記述がありました。 学校も、今、変容を求められていると言うことです
 ね。


文部省と教育委員会に 投稿者:megumi  投稿日:10月 5日(木)21時56分42秒

予算を!!


皆さんレスありがとうございます 投稿者:大ママ  投稿日:10月 5日(木)22時40分47秒

私もこのまま続けるべきかどうか?考えています
毎回先生とけんかばかりしているし・・・

自閉症児に本当に必要なことを・自閉症児に接する正しいやり方で、やってくれているところなのかなあ〜?」っていう邪念がよぎったのは、私だけ
          ↑
やっぱり時間も無駄かな?
近いし、県で運営しているのでただ!!
おもちゃも、おもちゃ屋さんのようにたくさんあるし・・・

マニュアル通りにやっているだけだと思うし、
なんだか、音声に反応してしまうので、例えば模倣とかも「同じ物作って」などという言葉はなしに
「やって」というだけ・・・こういう療法もあるんでしょうか?

そして、最初に発達検査をした時に、言われた言葉・・・
「言語表出が多いので、知能的に高そうと思われますが、違いました」だって・・・
例え本当だとしても、こんな言葉親にいう??と先生に抗議しました
(発達検査の先生と言語に先生は違うので)

うちも、励ましの言葉に「これ終わったら、パソコンやるよ」とか使ってしまいます


いろいろ 投稿者:satomi  投稿日:10月 5日(木)23時04分49秒

すずらんハウスに行く日程が決まりました。
初日はこどもは一緒でなくてもいいと言われましたが連れて行く予定(笑)
生育歴を詳しく聞きたいらしいですね。
そういえば、そんなこと療育センターでは話さなかったなぁ、、、
そうそう、すずらんハウスから送って来てくれた資料の中に「あなたの隣のレインマンを知っていますか?」という自閉症の手引き書が入っていたのですが、、、これ欲しかったんですよね。
療育センターでもくれなかったもの、、、そういえば資料になるもののひとつくらいくださってもなぁ、、、と今更ながら思いました。
−−−−−−
ついでだから最近のヒロの様子、、、

名前を呼んだときの反応が少しずつですがよくなってきている感じです。
見えなくなった時とかも「ヒロ〜!」と呼ぶとひょっこり出て来ます(笑)
こちらが言うことへの理解はかなり広がった感じです。
今日、ヒロが曾おじいちゃんの数珠を壊してしまったんだけど、曾おじいちゃんに「これ壊したなっ!」と言われて「ふぇ〜ん」と半分うそ泣きみたいなことしてました(笑)
あと、おしめ換えをしながら「マロがおじゃるまるでおじゃる〜」とか言ってたら近くにあったそのタイトルの絵本を取って広げてました。
更に「めがまわるでおじゃる〜」と中のセリフを言うとそのページをめくって見ていました。
「おぉ!」と関心してしまいました。
広げて待っていた様子なので続きを読んであげました(^^)
自分で読んでいるみたいな時もあるんですよ。
「ああっまてぇ〜」ってセリフのあるページでは「あぁ〜○○※※◎◎」って感じ。
それとやたらとお手伝いらしきことをしたがるようになりました。

−−−−−−−

少し前に主人の両親にヒロのことを話しました、、、話した、、、と言うか、わたしは話すのは苦手なので文書にして読んでもらいました。その方がよく理解してもらえると思いましたので、、、
取りあえず「広汎性発達障害」っうことにしておきました。まっ、まるっきりのウソではありませんし、、、
この障害の基本的知識と特徴、気を付けることなどを思い出すままに書きました。
かなり分かり易く書いたのでよく分かってくれたようでした。
中途半端に説明するよりはいっそのこと全部(実際は全部ではありませんが)話して協力してもらった方がよいと考えたのです。
その後の対応が心配でしたが、いつもと変わりないです(笑)いゃ、これが一番いいんです。みんなが療育!と力むのもいいとは思えませんし「ここぞ」と思うところに気を配ってくれれば、あとは普通通りに楽しく子育てしているのが一番だと思っていますしね。
わたしの気が楽になったのが一番よかったかな(笑)

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


認知スタイルを見極めた指導  投稿者:M   投稿日:10月 6日(金)08時05分53秒

>自閉症児に本当に必要なことを・自閉症児に接する正しいやり方で、やってくれている
>ところなのかなあ〜?」っていう邪念がよぎったのは、私だけ
          ↑
>やっぱり時間も無駄かな?

 実施したのはどの検査?
 検査をしたのなら、普通、その結果をもとに指導内容を組み立てられていると思うのだけ
 どねぇ。
 あ、でも、検査者と指導者が違うのね。その場合、せっかくの検査結果が活かされていな
 い可能性もあるかも。

 IQとかDQ値ではなく、認知のスタイルをしっかり見極めないと、必要な指導はできな
 いのだから、そこの所をもう一度確認したほうが良いね。


ことばの指導者&ST様各位 投稿者:M   投稿日:10月 6日(金)08時09分32秒

もしあなたの教室の大ママさんたちが、下記の事を確認に行かれたら、
しっかり答えてくださいませね。
        < 間違えても、時間の無駄だなどとは言わせてはなりますまいぞ。(*^^*)


Mさん 投稿者:ひいろ  投稿日:10月 6日(金)10時17分57秒

はっきりいって、現場はそれどころじゃないみたいよ〜。
文部省や教育委員会がなんと言っても、現場がねぇ・・・


 投稿者:akagumi  投稿日:10月 6日(金)10時40分36秒

何らかの検査を行う場合、
現場的には二つの目的でやるんじゃないかなと思います。
一つは、その検査が測定できる発達の様相に着目して、
認知的な特徴とか、得意な側面とかを探り出そうという目的。
もう一つは、測定から算出できる得点なり、指数に着目し、
だいたいどれくらいのレベルかを「知ろう」という目的。
前者の場合であれば、何らかの形で、指導プログラムを立てる上での
重要な資料になる場合が多いと思います
(これは、的確な検査をお子さんの力を引き出すのに
適切な方法で行えばの話ですけど)。
一方、後者の場合だと、そこから指導プログラムを考えることは難しいかなあ。
たとえば、ほかの機関からその子の発達指数とかだけ送られてきても、
指導方針の参考にはしにくいです。
せっかく時間をとって発達検査をしたのであれば、
検査プロフィールを見せてと依頼してみたらどうでしょう。
そして、一つひとつ説明を求めてもいいんではないでしょうか。
そうすると検査のもつメリットと限界についても何となく分かるのではないでしょうか。


題名が変? 投稿者:akagumi  投稿日:10月 6日(金)10時42分52秒

「の」って
ことないよね。
ちなみに題名は
Mさんの言う「各位」その1
なんだけど
まあいっか、中身が大事だから
でも、一応いれときます。


時間の無駄か否か 投稿者:とら  投稿日:10月 6日(金)10時43分37秒

私は「時間の無駄」という指導はあまり無いように思うのです。
ただし「反って悪い」という指導・療育は存在すると思います。前にも書きましたが指導に対して柔軟性を持って接してくれるかどうか、これは言い換えると「子供の成長のための療育をしよう」と心から考えているか「自分達の要綱に有ったやりかたで業務を遂行するのみ」と考えているかの差でそれを見極める事かと思います。仮に前者の場合には、時に対立する事も有るかと思います。やはり親は子供に甘い生き物ですし、それに親の指示は通って当たり前ですから先生とは差が出るかもしれません。ポイントは如何に親以外の指示でも出来るかと言う所にも有りますし。
(それでも本当に有能な指導者の場合は親とよりも楽しくレッスンをするんですけどね。)

例えば大ママさんがその言語教室を辞めた場合に、他の機関を見つけられるか、ご自身で効果を上げられる指導が出来るかにも依ると思います。私の意見では一度療育センターの担当の方と(ここで決裂したら辞めるくらいのつもりで、でも下手に出た上で)本音で話をしてみて、効果の上がる指導法をいっしょに模索していけたら良いと思うのですが。


だからさ 投稿者:megumi  投稿日:10月 6日(金)11時02分59秒

文部省も教育委員会も、口当たりのいい看板だけ掲げて
「がんばれよ〜(でも、お金はないよ〜)」なんだってば。

休日をつぶして、自腹で勉強している先生もたくさんいます。
例えば、夏にあったドナさんの講演に教師が行っても、
参加費12000円はどこも出してくれない。自腹です。

自分で情報を仕入れて、土・日にそういうところに参加する場合にも
決して「出張」にはならない。

それで、教育委員会主催の研修にでるわけだけど、
その時には校内で授業をやりくりしなくちゃならない。
でも、もともと人員にはゆとりがないわけ。
心置きなく研修に行ける状態じゃない。
特に何か具体的な問題を抱えて、それについて勉強したいとか相談したいとか思っても
逆に放課後も学校に待機しておかなくちゃならないとか、身動き取れないこともあって。

以上、真摯な先生の代弁。


よかったね 投稿者:megumi  投稿日:10月 6日(金)11時14分09秒

>わたしの気が楽になったのが一番よかったかな(笑)

satomiさんが、ヒロ君の「ためにしている」ということを
ご家族にわかってもらえれば、ずいぶん動きやすいでしょう。
同じように、こちらの希望どおりしてくれなくても(これは難しいですね)。

ヒロ君も、家族がその特徴をわかってくれたほうが居心地がいいはずだもの。


うんにゃ 投稿者:ひいろ  投稿日:10月 6日(金)11時28分45秒

先生がどうこうよりも、学校のシステムが変なのよ〜。
まだ詳しくは書けないけどさ、どうやら突破口が見つかったので
完璧に私は戦闘モードに入ります。カキーン!(モビルスーツ着用)


久しぶりの長いやつ 投稿者:akagumi  投稿日:10月 6日(金)12時00分19秒

とらさんにみたいにうまくまとめられないんだけど。
大ママさんがその教室で我が子相手に指導をしたという
下りを読んで「そうせざるを得なかったんだなあ。」
という悲しい気持ちになりました。
親御さんに対してそういう印象を与えてしまっている
現場が現実に存在してしまったことに対する
同業者としての思いもあります。
ここにおじゃましてみなさんのカキコを読むとき、
「自分の指導もそうなっていないかな。」と
自分を省みるようにしているのですが、
そうだよね。とらさんの言うみたいに
>他の機関を見つけられるか、ご自身で効果を上げられる指導が出来るか
は重要なことですね。
>また一度療育センターの担当の方と本音で話をしてみて、
>でも下手に出た上で
もやっぱり必要なテクニックなんですよ。
akagumiも同じようなことを相談されると
「言いたい気持ちをうまくくるんで、結果として
お母さんの思いが通じるような交渉をしてね。」と抽象的なことを
言ってしまうことが多いです。
なんで、こんなことしかいえないかなあ。と思うだけど。
大人の間に挟まれた子供たちの不利益には
ならないようにしたいとは強く思うのです。
単純な物言いをすれば「やな機関だねえ。そんなとこ、
やめちゃえ」なのかもしれません。
しかし、その後のフォローができない状況で
そんなことを言ってもね。
言った自分はすっきりしても子供へのプラスにはならないから。
我々、子供と関わるものは、ともすると、
子供をはさんで、親御さんたちと対峙してしまうことがあります。
akagumiはそういう場合に、対峙するのではなく、
横にならんで、物理的にも親御さんたちと同じ視線で
子供を眺めながら、ゆっくり意見を言うようにしています。
それは「自分の意見を親御さんに伝えて納得させることは
気持ちのいいことだし、楽なんだけど、それで本当の目的は
達せられないから」と思うからです。
子供の療育をよりよいものにするという目的を
達成するための手段として親御さんと話をするのに、
いつのまにか親御さんを説得することが
目的になってしまっていることはakagumiにもあります。
教員ってけっこう「しゃべくり商売」だから、それができちゃうし。
そういった私自身の反省も含めて、
大ママさんに気をつけてほしいことは
今、通っている教室の先生を説得しようとか、
対峙して議論しようとか思わないように。
討論や言い合いにならないように。
先生の言っていることや指導について認める部分があることを
積極的に伝えながら、大ママさんが伝えたいと思うことを
相手の口からでるように
大ママさんがしてほしい指導内容が
相手のアイデアから出るような流れを
作っていってほしいと思うのです。
先生に指導上の過ちや不手際を認めさせようとかなんて
思っていなくても、討論や議論になれば必ず相手の意見と
反対の意見になってしまう可能性があります。
そうなると、先生と話し合うことが手段から目的になってしまいます。
そうならないように冷静に大ママさんの思いを伝えていってください。
そのために具体的にどうすべきかはなかなかないんだけど
akagumiがそういう状況にはまりそうになったときには
次のことに気をつけています。
その1:相手の顔を見ないで、お子さんの方を見ながら話す。
その2:「あなたの言うことは分かります。でも」と言わない。
その3:短く区切りながら、ゆっくり話す。
長くなりましたが、少しでもよい方向に事態が向くことを
お祈りしいます。

Mさん、またあのakagumiが長々書いてるよって
笑わないでね。だって、まとめれんだもん。



ひいろ様 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月 6日(金)12時04分45秒

>完璧に私は戦闘モードに入ります。カキーン!(モビルスーツ着用)

がんばれモードですね。
私の盾と剣もお貸ししましょう!
心置きなく戦ってくれたまえ。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


越境に関する 投稿者:とら  投稿日:10月 6日(金)14時00分55秒

情報をありがとうございました。やはり地域によって差が有るのですね。
余裕の有るうちに探りを入れてみようかと思います。
それから江崎玲於奈氏の教育基本法に関する提言って一部を除いて先送りになってしまったのですね。ほとんどがもっともな改正案ばかりなうえ、良識ある人達がまとめたものを良識も知識も無い政治家が「時期早尚」とか「この手の物は慎重に」なんていう決まり文句で先送りするんですから、世の中を先に進める事が出来ない人達は政治家にならないで欲しいものです。


念力( -.-)ノ-=≡≡≡。・:*:・°'★。・:*:♪・°'☆ 投稿者:megumi  投稿日:10月 6日(金)15時45分25秒

>学校のシステムが変
同感。

ひいろさんにパワー増幅の念をおくりました。


あらまっ 投稿者:ひいろ  投稿日:10月 6日(金)22時14分03秒

私のモビルスーツに素敵なアイテムたちが・・・嬉しいわぁ。


わはは! 投稿者:るり  投稿日:10月 6日(金)22時34分38秒

>私のモビルスーツに素敵なアイテムたちが・・・嬉しいわぁ。

私にもちょっと貸してくれない?(すぐ人を頼る・・・)


なんだか 投稿者:大ママ  投稿日:10月 6日(金)22時38分38秒

ここが、Mさんの掲示板だというのに、言語教室の先生のことを書いてごめんなさい
今までも、色々話合いながら(けんかしながら)やってきたんです
先生もきっとうるさいやつと思っている事でしょう・・・
でも、私が言う事に、プイと横をむかず、真剣に答えてくれた事はとっても感謝しています
これからどういうプログラムでやっていくのか?よく聞いて、もう少し先生と話し合って
やって行こうと思います
検査はプログラムを作る為にやりますということでした

とらさん、akagumiさんありがとうございます


いいけど? 投稿者:ひいろ  投稿日:10月 6日(金)23時15分04秒

>私にもちょっと貸してくれない?(すぐ人を頼る・・・)

でも私のモビルスーツつけると、性格狂暴なるけどいい?


大ママさん、ひいろさん、 投稿者:M   投稿日:10月 6日(金)23時44分01秒

>ここが、Mさんの掲示板だというのに、言語教室の先生のことを書いてごめんなさい

 いや、だからこそ意味があると・・。
 akagumiさんに限らず、他のことばの担当者も大勢ここを読んでいる筈だから・・ね。

>私のモビルスーツに素敵なアイテムたちが・・・嬉しいわぁ。

 いや、そんな可愛いものではない。
 それを「鬼に金棒」と、ヒトは言う。

掲示板過去ログ案内に戻る