2000年10月その7
…… 投稿者:megumi  投稿日:10月15日(日)07時31分32秒

NHKの人が読んでらっしゃるんじゃない?

よかったら、出て来て、番組の製作スタンスとか
次に作る「自閉症・ADHD」関連番組の企画に関して
聞かせて欲しいなぁと思います。

あれで終わりじゃないでしょう。


あの〜、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)07時59分58秒

そりゃあ可哀想だよ。
確かに、企画の段階では全くとんでもない軽々しい発想をして来るけれど、取材過程でかなりのことをわかってくれて、出来上がったものは「はぁ〜、こんな程度?」っていう思いをしているのは、本人だけじゃないから。
プロジョーサー・ディレクターの皆さんは、本当に良く勉強してくれている。けれど、やっぱり一般人だし、一般視聴者の心に訴える番組を作るプロだから、どうしても一定の範囲内でテーマを絞ったものになってしまう。
それで、専門家の先生方は、「まあ、今のところではこんなところまでだろうな」ってのがわかっているし、そもそも自分の専門分野で日夜やるべきことを地道にやっている仕事の一つに過ぎないから、テレビ番組に全てをかける必要もない。

ただ、日頃、溺れかけて孤軍奮闘している当事者にしてみれば、すがるものはワラが流れてくるより丸太の方がいいに決まっているし、できれば治水灌漑工事をして橋までかけてくれれば「こんなめに遇わずに済むのに〜!」と叫びたくなって、当然。

そのギャップから来る負い目を、出演者自身が感じる必要は全然ないんだけれどなぁ…。


でも、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)08時11分04秒

確か1年前には、「NHK特集」の話しがあったはずなんだけど…。でも、「NHK特集」は前に一度「自閉症」で失敗しているので、慎重にならざるを得ないと思うし。
それに、去年テンプルさんが来日して、初めて成人の「自閉症」者を見たという専門家の先生も多いし、日本にも森口さん以外の未診断の成人アスペが残存していたという事実だって、知られるようになったのはつい最近。そこに、たまたま「高機能自閉症」者の書いた本を訳した「高機能自閉症者」が半年前に現れて…。
これでは、せっかく書いた「企画書」も全面的に書き直しだろうなぁ。


あっ、ごめん。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)10時12分23秒

今日の夜7時まで、個々の書き込みにコメントしてはいけないんだっけ。(それに、一部「領事館」日記の続きを書いてしまった。)


反対意見を募っているだけで 投稿者:megumi  投稿日:10月15日(日)14時43分44秒

個々の書き込みにコメントしちゃいけないわけじゃないと思うけど。

やっぱり、トラウマになっているのでしょうか……この話?
http://www.synapse.ne.jp/%7Eshinji/jyajya/ronbun/bh4.html

それじゃ、もっと突っ込んだ番組を期待する声は
盛大にあげないと作りにくいですね。


かつてこういう騒ぎがあったことを 投稿者:megumi  投稿日:10月15日(日)14時52分08秒

私が知ったのは、最近のことなのですが。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/ask/yobo.html


いや、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)15時05分32秒

「連続体」ということになって、おしゃべりな「本人」たちが急に増加したので、逆に困っている面もあるのでは…。
ウイング派で何人も子どもを見ている研究者諸氏は、子どもの成長過程のデータの集積はできている。一方の成人たちは、回顧録という形で逆方向に振り返っている。今まで、専門家の先生方が外から見て「推測」することしかできなかったことに、本人がコメントして確かめている作業中。
本人は、言いたい事が山ほどあるし、実際、自分で場所を作って歯に衣着せずに言いたい放題言ってるけれど、社会的な制約があまりにも多いので、そっちにも配慮しなければならない。間に入る人は、それはそれはたいへんだと思う。


みなさん本当にありがとうございます。 投稿者:みらい  投稿日:10月15日(日)15時53分09秒

こくっぱの母さん megumiさん 朝倉玲さん ひいろさん 本当にありがとうございます。
やっと、捜し求めていた場所にたどり着いた気持ちです。

実は、一ヶ月ほど前、何処に何を聞けば良いのか分らず、地域サイトに情報が欲しいと書き込みをしたことがあるのですが、その書き込みを、あるボランティア団体の代表の方が転送して知らないところで情報収集をされていたようなんです。きっと、善意でしてくれていることだろうと、その後、転送がネチケット違反だということがわかっても、ひたすら信じていたのですが、私の了解も無くアドレスを公表されてしまい、さすがに、これは困ると止めていただくようにお伝えしたら、「善意でしている事だし、アドレスを知らせたのはわずかな人数。個人情報を知らされたというけれども、アドレスに自分の氏名を使っている貴方が不用意ではないですか・・・。」といわれ、更なるショックでしばらくパソコンが触れなくなっていました。
でも、落ち込んでばかりはいられないと、力を振り絞ってパソコンに向かいこうしてこの場にたどり着くことが出来ました。本当に良かった・・・。
レスを下さった方々のHP拝見しました。とても、参考になりました。勇気と力が湧いてきました。今後とも、色々とアドバイスお願いします。

早速ですが(笑)・・・今1番困っていることは、やはりこちらの気持ち・・というか、言いたいことが伝わらないことです。相手の気持ちがわからないので、自分が楽しければ相手が嫌がっていてもお構いなし・・・。嫌なことをされると「やめて」といえるのですが、他の人の「やめて」が、理解できない。私がそばにいるので、出来るだけ他のことに気を向けさせたり。物でつったり(これは、ありでしょうか?)して何とかしのいでいる状態です。でも、どうしてもダメなときもあります。更なるパニックが起こるときは、どうして気持ちを落ち着かせれば良いのか、途方にくれてしまう時があります。
megumiさんのページに「物語が頭の中にあるとき・・・」というところがありましたが、息子もそんなときがあります。その物語が悩みの種です。夏休みのTVアニメでたった(彼には十分?)2回見ただけの「戦隊物」が、強烈にインプットされているようなのです。
台詞だけでなく、戦っているシーンの回想が多く、そのときにそばにいる人は、みんな悪者になりやられてしまいます。(たたいたり、けったり、押したり)
この物語は・・・ちょっとやそっとじゃ、消えないですよね?
他のお話をいれて、追い出したりなんかも・・・出来ませんよね・・・
相手のあることなので、どうしたら良いものかと悩んでいます。良い対処法がありましたらお知恵を下さい。質問ばかりでごめんなさい。宜しくお願いします。

追伸・・・今日、息子とバスに乗りました。往復20分ほどですが、移り変わる景色が楽しかったようで騒ぎもせず、座っていられました。以前から、自宅近くで見かけるバスに興味を示していたのですが、ちょっと、勇気が無くて・・・色んなことにチャレンジして息子の好きなもの見つけていきたいです。(^^)


意思疎通 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月15日(日)16時14分34秒

みらいさんへ

3才半でしたっけ?いちばん大変なときでした。
もう、こくっぱなりに意思をしっかりもっているのに、全然まわりに通じない。
どうして欲しいのか、わからない。
ひたすら、こちらからお伺いを立て、違うとパニック。
でも、必ず落ち着く時が来ます。

とはいえ、しんどい毎日。言葉が苦手な場合、目からの情報の方が伝わりやすいようです。
「はい」と「いいえ」あるいは「いいよ」と「だめ」は指や腕で教えます。
○と×を指や腕で作って、言葉と同時に見せる。
そのうち、子どもの方も自分の手で○や×を作って意思表示をしてくれます。
頭を縦に振る、横に振るというのも使えます。
他人の前では恥ずかしいかもしれませんが、そのうち慣れる。(なんと言うアドバイス!)
とにかく、言葉と同時に、大袈裟な動作を添えると通じやすいです。
言葉のほうも、大声や怖い声は止めた方がいい気がします。
平坦に、毅然と「いけません」「だめです」など短く。
いっぱい畳み掛けるように話しても、混乱がひどくなるだけのようです。
動作も、いつも同じ物を使わないと混乱します。
とにかく、この動作の肯定否定を使えるようになれば、たとえ言葉がわかりにくても、
ものすごく意思疎通ができるようになるので、うんと助かります。

うちのこくっぱは、これができるようになってパニックが激減しました。
今は、腕で○を作って、「ぴんぽーんせいかいです」
×をつくって「ぶびーちがいます」といいます。
・・・うるさいです。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


(無題) 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月15日(日)16時21分47秒

>他のお話をいれて、追い出したりなんかも・・・出来ませんよね・・・

できますよ。これなら大丈夫というアニメをビデオで何度も見せると、
今度はそっちを忠実に再現します。
もちろん、本人の好みがあるので、気に入らないものは絶対見ませんけど。
うちは「トトロ」「ディズニーもの」「アンパンマン」などを経由して、
現在「機関車トーマス」にどっぷり漬かってます。
「機関車トーマス」は暴力シーンがまったく無いので、再現されても実に平和です。
ただ、ひとりでぶつぶついいながら、
おもちゃのトーマスで再現している姿は無気味かもしれない。

これも、アドバイスとは程遠いなあ。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


「物語が頭の中にあるとき・・・」は、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)16時46分03秒

その「物語」に出てくる指揮官かなんかになって、命令するっていう手もあるよ。
この場合、今回りにいるのは「敵ではないから、戦闘態勢解除!」とかね。


間に合ったぁ・・・ 投稿者:ケリー。  投稿日:10月15日(日)17時06分07秒

<今回の放送に関して>、入れてください。

医学的な専門知識が少ないので、その部分には批判はありません。
個人的な感想です。

NHK教育番組で取り上げられたことは、喜んでいます。
ADHDとISDNを混同した友人がいます。
私自身、初めて「アスペルガー」と言う言葉を聞いた時に浮かんだのは、
「アルツハイマー」です。単に、音の響きだけ。
まだまだ、その存在すら知らない人の方が、はるかに多いと思います。
関わることがなければ、当然かもしれません。
だから、「啓蒙」と言う意味で、評価します。

私も、もっと時間帯・枠を大きく取って欲しいと思います。
NHKに限らずいろいろなメディアで、広く正しく取り上げて欲しいです。
せっかく、出演者の方たちが大変な苦労をおして創ってくれた道の始まりを、
繋いで広げていくために、私も何かしたいと思います。
私の声は小さいけれど、確かに存在するわけですから。
以前LDの放送のあと、総集編で感想を取り上げられていた方もいらっしゃいますよね。(ねっ)
NHKボランティアネットのHPを開くと、「できることからはじめよう」と書かれています。
私にだって「できること」があるんです。
なかには、ちょっと大変なこともありますが、声をあげていく事は続けるつもりです。

リンコさんや高山さん、井出篭さん(主婦の方)を知っているから強く感じるのかもしれませんが、
(リンコさんはネット上で、です)
「あの時は大変だった。でも、」と思ってもらえるようにしたいです。(前にも、書いたな;)

と、思えたのであの放送は「プラスの評価」になりました。
バランスとれないね^^;


ただし、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)17時20分15秒

その場合は、代わりの「敵」を用意してあげる事をお忘れなく。例えば、ビニール製のでっかい起き上がりこぼし(今なら、玩具売り場にドラえもんのがあるはず…)を買って来て、それで思う存分ファイトさせる。


おや、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)17時21分55秒

間に一つ入ったけれど、↓のその一つ前の続きです。


↓の、40分以上かかってしまったらしい。 投稿者:ケリー。  投稿日:10月15日(日)17時38分04秒

だって、こくっぱ母さんの書き込みなかったもん・・・・・・
ちゃんとしたの書くのは大変なのだ・・・(アレでもちゃんとしているつもりなの!!)

で、○と×ですが、(いきなり;)
やってたよ〜〜〜〜〜。
当時はJr.に診断名なぞなかったから、私が編み出した技だと思っていたのに(エッヘン)、
な〜んだ(ガクッ)。
仲良しに難聴君がいて、そのママと共にジェスチャーで「変な親子たち」をやっていました。
(彼が行ってた学校では手話を重視していなかったらしく、かすかな音と口の動きが主体だったらしいです)

今でももちろん、色んなところで活躍しています。
ただし、○は右手でOKマーク、×は人差し指で「ダメ。ダメ。」ですが・・・・
他にも、「向こうへ行く」時は方向をさし、「待って」は手のひらを目の前に、
「静かに」の時は手を下げる(ポットのお湯を出すみたいな)ジェスチャーなどやってます。
以前、「犬じゃあないんだから」と、母に指摘されましたが・・・・・

>相手の「やめて」が理解できない
のは、(うちの場合)認知の弱さのせいと言われました。
仕方ないので「いけない」と教え続けています。
dau.との関わりの中で頻繁に起こるので、
言うのに疲れて「いけません」とデッカク書いた紙を見せたところ・・・・・・・・
大喜びでした。大失敗・・・・
(ドラえもんの「音のない世界」で、「ジャイアンの歌は、読んでも気持ち悪〜い!」ってオチの、知ってる?)
すみません、全然役に立ちませんでした。では・・・・


○と×でやるのなら、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)18時05分13秒

ついでに「相手の気持ち」マークも作った方が良いよ〜♪


あ、うちと同じだぁ 投稿者:ケロ  投稿日:10月15日(日)19時00分41秒

ケリー。さんちのサイン!

>ただし、○は右手でOKマーク、×は人差し指で「ダメ。ダメ。」ですが・・・・
>他にも、「向こうへ行く」時は方向をさし、「待って」は手のひらを目の前に、
>「静かに」の時は手を下げる(ポットのお湯を出すみたいな)ジェスチャーなどやってます。
>以前、「犬じゃあないんだから」と、母に指摘されましたが・・・・・

まったく同じですよ〜。(うちは難聴君)
「待て」の動作は犬相手の時と同じだもんね(笑)
次男が独自に開発して、我が家でしか通用しないジェスチャーもたくさんあります。動作で現せる事は動作で表現するようにしています。(音声もつけるけど)
次男の通うろう学校も、手話は使わず口話教育なんですが、無視無視。言葉の通じない外国の人と会話する時、自然と身振り手振りが加わるじゃないですか。それが自然なんですよね。

みらいさんも、自然とそうやって来ている事と思います。きっと独自のサインみたいの、いくつかあるんじゃないですか?
私もつい最近、「この子は自閉症かも」という子と接する機会があったばかりですが、正直言って確かに大変だと思いました。(丁度パニックを起こしている最中だったので)
だけど、この子は決して何もわからない子じゃない、伝え方さえ間違えなければきちんと理解して行動できるんだって感じました。
まずは、お母さんから・・・ですよね。こちらには頼りになる先輩方がずずずいっといらっしゃるので、心強いですよ。
以前に嫌な思いをされたという事ですが、こちらの掲示板ではそういう話ってないですよ。
最古参の私が言うんだから、間違いなし!

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


7時ぎりぎりに 投稿者:M  投稿日:10月15日(日)19時50分20秒

帰宅して、今、昨日からの意見を読み終わったところです。

ことば足らずの突然の「NHKの番組批判募集」の提案で、意図がわからず
とまどった方もおられた?

でも、意図を読み取っていただいた方もあったようですね。
この掲示板で賛成意見と反対意見が同数になることはまあないだろうなあと
いうことは予想はしていたわけです。

今まで書き込みをされたことのある方々の中には、
少なくとも当事者が読んでおられるかおられないかだけを、反対意見を書くか書
かないかの判断材料にされそうな方はおられないかなとも思っていましたし。

この件に関してのわたしなりの意見は明日にでも。
      < ちょっと今は、時間がとれなくなってしまったので。

でも、こと今回の番組に限らず、
「批評」しあい、「代案」を出して行くことは大事ですよね。


療育施設では、 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月15日(日)20時06分14秒

先生方は、マカトンを使ってます。
マカトン=手話もどき。

「おしまい」は、手のひらを上にして、両手を上から下へおろしながら指をつまむ、とか。
こくっぱもいろいろ覚えてきて、つたない言葉でいいながら動作でもしゃべっています。
「ちょっとまって」もやはり手を目の前に・・・。(爆笑)
本当に話せない自閉っ子の親には、マカトンを覚えるように指導されております。
うちは「必要はないでしょう」といわれましたが。
でも、言葉で指示するより、動作の方がずっと伝わりやすいのは事実。

それにしても、聴力検査では異常の無い子が多い施設で手話もどきが活躍し、
聾学校で手話が軽視されているなんて・・・。
???何だか変。


>意図がわからずとまどった方もおられた? 投稿者:ペンギン  投稿日:10月15日(日)21時06分40秒

はい、おられました。


マカトン・・・ 投稿者:ケリー。  投稿日:10月15日(日)22時04分42秒

(ちょい笑)すみません。なんか音の響きが・・・・何かの略でしょうか・・・
マカトンの「おしまい」はそのまま、手話の「終わり」ですよね。>ケロさん


うん 投稿者:ケロ  投稿日:10月15日(日)22時12分31秒

>マカトンの「おしまい」はそのまま、手話の「終わり」ですよね。

そうですよ〜。
でもね、うちの聾学校の幼稚部では、手話は導入していなくて、マカトンでもない手話もどきです。
「おしまい」は開いて上に向けた両手を合わせるの。(本を閉じる仕草)
でも、私は他で通用しない手話もどきよりは手話使えばいいじゃん!って思ってます。STの先生はマカトン(あるいは手話)の「おしまい」を使ってくれます。

マカトンは、聴覚障害児以外の言葉のないお子さんに使われるようですね。ちらっとしか知らないんだけど。


http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


おおっ、タイムリーだ! 投稿者:ひいろ  投稿日:10月16日(月)00時29分03秒

私もマカトン法、興味ありなんですよ。
マカトン法取り入れてる学校にも、見学に行こうと思ってるんですよ。

ウチの「おしまい」は、私が手で×を作って
「終了〜!、カンカンカン!」とか言うとわかるみたいです(笑)
「ダメ」は首を振る・・くらいかな?
あとは言語に指差しをつければ、結構わかるみたいです。


意見の比率 投稿者:  投稿日:10月16日(月)06時27分20秒

掲示板の、賛成意見と反対意見の比率は必ずしも同じではない。

新聞などでは、掲載する意見の比率を作為的にそろえている気配がありますよね。
多数の方の意見が必ずしも正しいとは限らないわけだし、自分とは違う意見から
学ぶ事も多い。その意味でそれはそれで、大きな意味があるのだと思います。

今、新たなメディアであるWeb上の掲示板は、新聞とは又違った役割を担っていま
すよね。
本当に色々な掲示板が存在します。それぞれが皆、自分の考え、又は感性に合う掲
示板に辿りつき、発言しているというのが現状かな。

だとしたら、

>現実として、ひとつの掲示板で賛成意見と反対意見が同量になる、ということは
>なかなか起こらないと思いますけどね。
>掲示板ごとに、賛成系、反対系、みたいなカラーが出るのが普通の気がする。
>賛成か反対、どちらかに偏るのが、むしろ自然だろう、と。

ってことですね。

掲示板にはカラーがあるわけだから、バランスはとれないのがむしろ当然。
比率のバランスがとれないのは、特定のだれかのセイでもなんでもありません。
勿論、無理矢理、比率を同じにしようとしても できっこないよね。
その検証つもりでした、今回の提案は。
    < 期間が短かすぎて、無意味だったという声も?
      自己都合です、お許しを。


遠慮 投稿者:  投稿日:10月16日(月)06時30分10秒

賛成意見が多いのは、だれかに遠慮しているからか?

私の今回の提案でも、結果として「反対意見」は出なかった訳だけど、それは、期
間の短さの他にも、この掲示板のカラーが一因でもある訳ね。

掲示板の大多数の方とは反対の意見を言うことはかなり勇気のいることだものね。
そういう意味で、反対意見を持っている方がたまたまここを通りかかっても発言を
遠慮する(控える)っていうことはあるよね、当然。

だから、遠慮があるとすれば、そういう方の遠慮が主で、常の訪問者の方々が、リ
ンコさん個人に遠慮していたという事はないと思うのだけどなぁ。常日頃の、皆さ
んの発言を総合判断して・・・。< 多分。違う?

「多分」と書いたのは、私自身は、私が小学校の教師であることで、発言を遠慮し
ておられる方たちの気配を感じているから。この遠慮と上記の遠慮は判断の根拠が
違うので、これがあるから、上記の遠慮もあるはずだという結果にはつながらない
と判断したのだけど・・。


もうひとつ 投稿者:  投稿日:10月16日(月)06時31分34秒

今回の短時間の番組で、”すべて”を語り尽くすことは当然不可能だと言うこと。
NHKの担当の方の熱意も、ある方を通じて伺いました。
        < ○○ー。さん、引用させてもらうね。

「自閉症にしてもADHDにしても、社会の認識はまだ進んでおらず、
 誤解されていることさえあります。
 そこに、メディアによる誤った情報があったとしたらそれは、
 提供者側(今回はNHK)の責任だと言うことで、
 なるべく正確な情報をより多く取材したいのだけれど、
 番組のシステム上(時間など)どこまで伝えられるか・・・。」
 
という事だったようです。
テレビの視聴者すべての人が満足できる番組の制作などというのは至難の技である
ことは百もご承知の上でのご発言でしょうね。

大変な労苦の中、出演していただいたご本人の方々、担当者の方々のその熱意に応
える意味で、「批評」はし、「代案」を出して行くこと自体は大事ですよね。

以上、
掲示板の現在の状態と私のこの書きこみ内容も、リンコさんに伝えることにします
ね。
あ、もしリンコさん個人に遠慮して批判意見がかけなかったという方がおられたの
なら、私にメールをくださいませんか。名前は公表せずに、この場でみなさんにお
知らせさせていただきますからね。


こんな事も、 投稿者:○○ー。  投稿日:10月16日(月)06時52分25秒

言っておられました。
「感想をどんどん寄せてください。
 反響が大きければ、次も考えられるかもしれません。」
ニーズが多ければ、商品になるもんね。

NHKボランティアネット
http://www/nhk.or.jp/nhknet/nhk_youyou.html


ついでに、情報。 投稿者:○○ー。  投稿日:10月16日(月)07時05分23秒

もっと直前がいいかと思ったのですが、忘れるといけないので・・・・

10月24日〜28日 読売新聞 朝刊「医療ルネサンス」に、
『ADHD特集(?)』が掲載されます。

今度は、子供がメインだと思います。この担当さんも、感じの良い方でした。
「○売新聞(今更)の中で、唯一マトモなコーナー」と、極評する人もいるくらいなので、期待しています。

<読売新聞>で検索して、<医療ルネサンス>で、見れます。
過去の記事もあるので、見てみてちょ☆


それよりも、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)07時31分00秒

>賛成意見が多いのは、だれかに遠慮しているからか?

「掲示板」って、もともと似たもの同士・同じ様な考え方をしている人の集まりだからなんじゃない?
「合わないと思ったら黙って立ち去る」がルールだし。自然にそうなるもの、でもある。


いや 投稿者:  投稿日:10月16日(月)08時03分49秒

>「合わないと思ったら黙って立ち去る」がルールだし。自然にそうなるもの、でもある。

 結構、ここは伝統的に?
 違う考え、意見の方も覗いておられるんですよ。
 初期の頃には結構、議論もしたような記憶が・・。


うんにゃ 投稿者:ひいろ  投稿日:10月16日(月)09時05分29秒

>「多分」と書いたのは、私自身は、私が小学校の教師であることで、発言を遠慮し
>ておられる方たちの気配を感じているから。

私は、遠慮なんてしないぞ・・・・だからコワイって?はい、ごもっともです。


こんなに沢山のアドバイス・・ 投稿者:みらい  投稿日:10月16日(月)09時46分31秒

感激です。「迅速で大量の・・・」おーその通りだー!(感涙)
寝る前にここを覗いた主人は、ビデオ屋が閉まる前にと、車を飛ばしていました。
閉店間際に駆け込んで、血相変えてアニメを選んでいる主人は怖いものがあったのではないかと思います。
教えて頂いたジェスチャー、早速、朝から取り組んでいます。目新しいのか、初めはきょとんとしていましたが何度か繰り返すうちに、なんとなく意図がわかってきたようです。(多分・・・)
家族で、統一して続ければきっと、理解してくれる日が来る。そう思います。
マカトン法というのも、あるのですね。初めて聞きました。
勉強になります。
朝、息子が「バス楽しかった・・・」とつぶやきました。自分の経験を言葉であらわしてくれたのは初めてです。泣けてくるほど嬉しかった・・・。
きっと、わたしが変わったことが(あせってぴりぴりしていたのだと思います)息子にも通じたのかな・・・と思います。


うれしくなるのは 投稿者:megumi  投稿日:10月16日(月)10時06分10秒

こういうとき(*^_^*)

うちの少年の場合、ジェスチャーは「静止画像」or「短い動きの繰り返し」の方がいいし、
その時に添える言葉は、できるだけ短く、はっきりと一言、低めの声で言う方が
伝わりやすかったです。

うちの子もバスに乗るのが好きですよ。今でも好きです。
多動でもバスに乗っているときはおとなしいという子は結構いるそうです。
自分で走っているとき以上に「見えているもの」は動いてるからだと
療育センターの園長に聞きました。
少年が好きなのは、乗ることだけじゃなくて、小さい頃は運転をシュミレーションしてました。
今は発展して、アナウンスが好きだし、バス停が好きだし、時刻表が好きだし、路線図が好き。
でも、バスのエンジンの空ぶかしの音は大嫌い。(^-^;


お久しぶりです。 投稿者:鈴琳  投稿日:10月16日(月)10時07分42秒

こんにちは、お久しぶりです。
今日から(!)後期が始まります。これから上野先生の授業、『発達と学習障害』を受けてきます。
そうそう、マカトン法。私がちょっと関わっているある男の子で、知的障害と難聴を持っている子がいるのですけれど、その子に使っています。
彼はちなみに水頭症ですね。
手話とは違うところも似たところも同じところもありますが、シンボルを使ったりするところがかなり合う子には合うみたいで、いろいろな場面で利用されているのも見かけます。
部分的に使ったりね。
水頭症の彼は、言葉が出なかったのですが、マカトンをやりだしてから、どんどんしゃべるようになったそうです。
今は、手話を習いながら、話すのが楽しくて仕方がない様子で話してくれます。
日本マカトン協会と言うところで研修が受けられるみたいですよ。
ではでは…また来ます。


またしても 投稿者:ぴっぴ  投稿日:10月16日(月)15時32分39秒

遅ればせながらなんですが・・ゆうゆうの3,4回目を見て疑問に
思ったので教えてください。

ADHDは不注意と衝動性と多動の3つの特徴があると言われていました。
でも、番組で見て、不注意の点での困難はなるほどと理解できたのですが、後の二つは
高山さんの話にしても4回目で登場した方にしても、そんなには感じられませんでした。
特に後者の方の取材では、不注意に関する具体例に多くの時間を割いていて
家族の協力の大切さとかは非常に解りやすかったのですが、最後は時間がおしてしまい
尻切れトンボ的な感じを受けました。

確か3回目の説明の時に、不注意と多動のあるタイプとか・・いくつかのタイプがあるような
紹介がありましたが、それぞれの具体例がなかったため、言葉だけでは私にはうまくイメージ
できませんでした。
番組を見て、ADHDの第一の特徴が不注意なのか(必ずそれを持っている)という印象も
受けてしまい、とにかく『短期記憶』に問題があるのがADHDという風にも感じられましたが・・・
(ここでいろいろ勉強させてもらっているにもかかわらずなんですが・・・)

自閉症スペクトルのように、診断は一緒でも実はそれぞれに大きく違う特徴があるものなのか・・
(例えばあとの二つだけのタイプとかもあるのでしょうか?)
そのあたり教えていただけたらと思いました。


ADHDというよりはADDだから 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月16日(月)16時08分43秒

>ADHDは不注意と衝動性と多動の3つの特徴があると言われていました。
>でも、番組で見て、不注意の点での困難はなるほどと理解できたのですが、後の二つは
>高山さんの話にしても4回目で登場した方にしても、そんなには感じられませんでした。

それは、ADHD患者が、成人するに従って
多動が治まっていくことが多いからだと思います。
ADHDと言う名称が一般的になりつつあるので、NHKでも使っていましたが、
実際には、今回紹介された女性たちはADD(注意欠陥障害)の方たちです。
『片づけられない女たち』に紹介されている女性たちが、
ADHDではなく、ADD(つまり、多動のないADHD)です。

ADHDにおける「不注意」とは
うっかりしている方の不注意ではなく、
周囲の状況に対して充分に注意が払えなかったり、
逆にひとつのことに注意が集中しすぎて、まわりが見えなくなったりする、と言う現象のこと。
注意のバランスがうまくコントロールできないのです。

何かしようと思って、目についたことに気持ちを引かれて、
そちらを始めてしまう現象は
「衝動性」から来ていると思います。
もちろん、短期記憶の弱さからも来ていますが。
衝動性の原因の一つが、短期記憶の障害から来ているのかどうか、
そこまでは私には分かりません。

特に、小さな子どもの場合は、
多動が一番にでることが多いので、
ADHD=多動、とまず紹介されますが、
成人するに従って、不注意などの方が問題になっていくようです。
そして、それは人目に付きにくいから、
今までは、ADHDは成人するに従って、自然に完治していく、なんて言われてきたのですね。
実際には、多動が治まっただけで、
深刻な障害は残り続けていたわけです。

今後のNHKには、
ぜひそのあたりにも、詳しく言及して、特集を組んでほしいですよね。
みんなでリクエストしに行きましょう〜!
「にんげんゆうゆう」のHPから、感想を送ることが出来ますよ♪(↓)

http://www.nhk.or.jp/nhkvnet/youyou/index.html


知ってることだけ、 投稿者:ケリー。  投稿日:10月16日(月)16時41分45秒

書きますね。
>ADHDは不注意と衝動性と多動の3つの特徴がある
その通りです。
そして大きく3つに分かれます。
・不注意優勢型
・衝動性+多動性優勢型
・混合型
その上、個々人によって優勢の度合いが違うので、
>自閉症スペクトルのように、診断は一緒でも実はそれぞれに大きく違うものなの
です。

今回の放送は、「大人のADHD」どちらかと言うと「ADD」に近いお話だったので、
(H=Hyperactivity=多動が、目立たないタイプ)
ぴっぴさんが疑問に思われたのは、当然です。

「多動」を「過活動」と置き換えるとわかりやすいかもしれませんが、
ウロチョロしたり、走り回ったりするだけでなく、
モジモジする、手(指)遊びを続ける、貧乏ゆすりだって頻度・継続時間によっては含まれるかもしれませんし、
いわゆる「おしゃべり」も口の多動と捉えられることもあります。

体全体に現れる多動は、大きくなるに連れて治まるようですので、
「目立たなく」はなりますね。
でも、手先・足先・口などには残る(?)こともあるので、
「子供はADHD」「大人はADD」とも、言えないのです。

番組を作るに当たってのことは憶測ですが、
「ADHD」としたのは、この辺のこともあってではないでしょうか。
それゆえに、誤解を生んでしまったのだと思います。

ADHDもADDも、その中で一人一人違うんです。
だから、個々に合った教育法が必要で・・・・・
話がずれるので、やめます。

ゴメンナサイ、もう一言。
1人のADHD人であっても、
年齢・環境で現れ方が変わることもあります。
「注意欠陥」と「過集中」が、同居してもいます。


それに、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)16時43分31秒

今回は、とかく誤解されたイメージが広がっていることに考慮して、(説明として触れなかったわけではないけれど)不都合なことは出来るだけ避けたっていうところもあるように思います。


そもそも、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)16時44分31秒

あんな「片付いた」家に住んでいるADHDの人なんて、ほとんどいないと思うし…。


いやだ・・・・ 投稿者:ケリー。  投稿日:10月16日(月)16時45分30秒

玲さん、いらっしゃるなら、そうと・・・・・
浅知恵をひけらかしてしまいました。お恥ずかしい・・・

掲示板過去ログ案内に戻る