2000年10月その8
ところで、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)16時49分12秒

普通の教育番組でさえ、まだこの手の問題をマトモに扱ったことなかったんじゃない?


>不都合なことは 投稿者:ケリー。  投稿日:10月16日(月)16時50分45秒

>できるだけ避けたっていうところ
そうか・・・・・
そういう見方もね。
う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
ちょっと、悲しいかな。


う〜ん 投稿者:るり  投稿日:10月16日(月)17時07分17秒

無視していただいても良いお話ですが、
4話目に出てこられたおうちが片付いて見えたのは、全国に放送されるために、あらかじめ
お掃除されたのではないかと私は思いました。
部分的に、今はきれいだけど、日を追う事にガチャガチャ崩れていく気配を感じたものですから。
映し出された中に、私と似たような収納のやり方に気づきました。

あくまでも私の印象ですから、これをもしあの女性が読まれたとしたら、「失礼な話ね。」と
思われるかもしれないんで、先に「すみません。」と謝っておこう。


でも率直なところ、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)17時29分12秒

私は、あの「片付いた」家を見て(普段のその家がどうだということじゃなくって)、「片付けられないこと」がいかに「悪」とされているかということを感じて、逆に悲しくなった。
やっぱり、「片付けられないまま」で「許してね♪」という方向にはならないんだなぁ、って思った。「片付けられないまま」で「許されなかった例」というのを、二・三さりげなく出してはいたけれど。そっちの方の「人生」の重さは、きっと伝わらなかったんじゃないかって。


くどい? 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)17時43分31秒

あのタイトルを見た時には、「NHKにしては、随分と太っ腹だなあ」と思ったけれど。やっぱり、出来あがったものは「朝の連続ドラマ」のイメージだった。(ちなみに、普段はあまりテレビを見ない人の言うことだから、無視してちょーだい。)


先程の 投稿者:るり  投稿日:10月16日(月)18時28分56秒

私が書き込みした、

>全国に放送されるために、あらかじめお掃除されたのではないかと私は思いました。
という部分を書いたあと、「でも、もし私の想像通りであれば、番組の意図に反しているかも
しれない。」と、私もちょっぴり思いました。
私はADDではない、単なる片づけ下手の人間かもしれませんが、それがコンプレックスに
なっていることも事実で、誰かがうちに訪問すると予めわかったら、必死の形相でお掃除にかかり
見られるはずのないところまで掃除してしまいます。
だから突然の訪問者に対して、「あらかじめ連絡入れてから訪ねるもんでしょ!」と心の中で
ブツブツつぶやきながら、丁寧にお引取り願います。(笑)
我家に上がる事の出来たお客様はこう思うでしょう。「隙のないほど片付いた部屋」だと。
来訪者が我家を去ったあと、少しずつ崩壊が始まります。

きれいな部屋は気持ちが良いと思うし、それを「善」だと思うし、片づけられない自分は「悪」
とまでは思いませんけど、他のことと同様に「出来ない自分」を意識させられた事ではあります。
私の場合、結婚前よりも結婚後の方がそのプレッシャーは強いです。

「開き直れない気持ち」を抱きかかえて「善」に向かって取り繕うのと、「悪」というか、出来ない自分を曝け出して笑ってごまかすこと、後者の方が苦痛で・・・
それは今まで生きてきた中で、手痛い思いをたくさんした経験が多ければ多いほど、難しいのでは
ないかと思うのです。

似たような経験を持っていたり、ADHDと診断されている方たちは、予備知識を織り交ぜながら
あの番組を見ていただろうと思いますが、一般の視聴者には伝わりにくかったかもしれませんね。
夕食を食べながら、「あ、ママもそんな感じだね。」と子供が茶化しながら見ていたりとか・・・
でも、興味のない人が、あの時間にわざわざ教育テレビを見ているとは思えないのですけど。(笑)

・・あくまでも、想像です・・再度、あの女性の方に「すみません。」


このたびは 投稿者:とら  投稿日:10月16日(月)19時14分51秒

特に本人さん達に辛い思いをさせてしまったようで、申し訳なくて言葉が有りません。
大変なストレスであったであろう取材に関してはあらためて認識したいと思います。他の本人さんに話を不用意に振ってしまったのも、それによる反応を重々承知しておきながら、重ね重ね申し訳なかったと思っています。(同時に本人さん達同士のフォローと言うか、補い合い協力し合う姿に感激したのも事実です。)

もうひとつ、ご本人さんも言っておられた私への反論には、筆談に対する意見という複線が有ったのですよね。これも確かにそのように感じられて当然だと思います。ちょっとこの件に関しては私も(めずらしく)落ち込んでおりまして、今後は本人さんの目に留まる所には出没しないようにとさえ思っておりました(今もそうしようと思っています。)

ただし玲さんがコメントをしてくださっており、私も強くそう感じているのは、深く突っ込んだ本音と言うのはTVだけでは判らなかったので、反論に対する反論でさらに苦労や苦痛に対する理解が得られたように感じていることです。また私自身「あえて反論も語ってみた」というのも実は有ります。ここの常連さんが反論をあまりぶつけないであろう事は想像できましたし...ただしそれは本人さんに遠慮してではなく、物事をポジティブに、良い部分を見られる方が多いからだと思います。もちろん私の反論が議論のためだけの架空の意見ではなく、自分の中にある一つの意見であるのは事実ですが、実はあまり本意では有りませんでした。(他の意見に触発された部分も有るのと、「しゃべれるのに筆談」というセリフはどこかの掲示板でこのキーワードのみ見かけて、そのまま流用してしまったように思うのです。)また私自身は決して反対派の代表を務めたつもりは無く、逆にほとんどの方の中にNHKの今回の番組に対しては同調できる部分と(賛成意見)、同調できない部分(反対意見)が有ったように思うのです。私自身の書込みの中ではたまたまその同調できない部分がフォーカスされたかもしれませんが。どなたかが言われていたように、私も本人さんを知っているだけに中立的には見る事が出来ませんでした。ですからあえて厳しい意見を言ったのかもしれません。(すみません、そういう性格なんです。)

そういう意味では、例えば吉野川可動堰問題のように「反対派」「賛成派」という対立する人々がそこにいるのではなくて、ほとんどの人が「○○の部分は同調できるが△△はあまり同調できない、ただし総じて◇◇だから、☆☆である。」という感想をお持ちなのではないでしょうか。
自分としては、心より反論したかったわけでは無い意見によって本人さんを傷付けてしまったことが悔やまれて仕方有りません。
それでも出演されている本人さんの苦労や苦痛をうわべでしか分かっていなかった事に気が付いたのもまた事実です。そして今回の事で少しは理解に繋がろうとしています。

Mさん、
いつも失言の多い奴ですみません。直後のMさんのさりげない話題代えにも感謝しています。本人さんに伝える機会があった際に、もう少し適切に誤解のないようにお伝えいただければ幸いです。


くどい?・Part2 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)19時28分35秒

それから、ADHDの方は作り方が素人向け過ぎ/「自閉症」の方は玄人向け過ぎだったような気がする。
「自閉症」の人たちが「知覚のトラブル」と「感情のトラブル」を抱えているのは、関係者には衆知の事実なんだけど、今回のテーマは「高機能自閉症」や「アスペルガー症候群」の人たちが確かに実在するということを世に知らしめたかったのでは?
だったら、「自閉症」というとどういうイメージを持っているかというような街頭インタビューみたいなものから入って、「いや、そうじゃないんですよ〜♪」ってな展開でも良かったのでは?と、ふと思ったりもしている。

すみません、「時間」区切られても、その後いつまでもダラダラ尾を引くタイプなもので…。


何故、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)20時00分01秒

今頃になってこんなことを考え始めたのかというと…。

現時点で「診断」がついて、既に「療育」を始めている子ども・「覚悟」のできている大人というのは、実はそれだけでとっても恵まれた存在だったことを思い出したから。と言うか、思い出さざるを得なくなったから。
だって、「診断」どころか「相談」さえ出来ずに入るひとたちが、ああいう番組を見て行動を始めて、一番最初に突き当たるのがその「自閉症」イメージの壁なのだから。
それに、どこに行ったらいいというアドバイスをするどころか、「まだ診断できる医師が少ない」ものの情報を流したら、次に起きるのは特定の病院への受診ラッシュ。それから、行く場所さえ見つけられずに、右往左往する人たちが増えるだけ。
それで、全国的に、診断のレベルが急に上がるとは考えられないし…。


あれこれ 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月16日(月)20時22分36秒

○ケリーさん
>玲さん、いらっしゃるなら、そうと・・・・・
>浅知恵をひけらかしてしまいました。お恥ずかしい・・・

そんなことないですよ〜。
おお、さすがはケリーさんだ、と感動して読んでいました。
私が思いつかなかったことを、たくさん書いてくださっていましたもの。

○ペンギンさん
>不都合なことは出来るだけ避けたっていうところもあるように思います。
>それから、ADHDの方は作り方が素人向け過ぎ/「自閉症」の方は玄人向け過ぎだったような気がする。

結局のところは、あの時間枠で取り上げるには、あまりにも扱うものが大きすぎた、ってことですよね。
とすれば、我々がすることは、ただ一つ(ではないかもしれないけれど・・・笑)。
NHKに対して、1〜2時間の枠で、もっと詳しい自閉症とADHDの特集を組んでもらうよう
要望を出すこと!
そして、その際には、さまざまな角度から、自閉症やADHDを取材して、
その真実の姿や苦労、想い、人生などについてを語ってほしい。
まずは、そこからですよね。
megumiさんもおっしゃっていたけれど、
私も、あれはこれから取り上げられていく一連の「自閉症」「ADHD」テーマの
先駆けの番組に見えました。
あれで終わりと言うことは、ないと思います。
その時には、ペンギンさんのおっしゃるような導入(自閉症のイメージのインタビュー)なんか
素敵だな、と思います。(^^)

○るりさん
>>全国に放送されるために、あらかじめお掃除されたのではないかと私は思いました。
>という部分を書いたあと、「でも、もし私の想像通りであれば、番組の意図に反しているかも
>しれない。」と、私もちょっぴり思いました。

私も、それは感じました。
あれでは、ほんとうの「片づけられない状態」を見ている人には分かってもらえないかもな、と。
まぁ、あのお宅では、お掃除は旦那様の担当でしたから、
それを知ったとき、なるほど、とは思いましたが。
私の母も、極端な片づけ下手です。
(ADDかどうかは不明です。頭の中は、それほど片づかないわけでもなさそうですし。)
だから、ほんとうの「片づかない」家の中がどんな状態になるのか、
私には想像がつきます。
でも、るりさんがおっしゃるように、ところどころで、
徐々に片づいた綺麗な状態が崩壊していく過程は見えていましたよね。(^_^;)
本当に、シッチャカメッチャカになった我が家の様子を
テレビで日本中に紹介できるような鋼鉄の神経の人は
そうそういらっしゃらないと思います。
私は、あの方があらかじめ放映に備えて家を掃除していたとしても
決して責められません。
ああして、顔も名前もお住まいも、すべて公開して、
自らをADHD女性のサンプルとして見せてくださった、その勇気だけで
もう、尊敬するに充分値すると思っています。
・・・すいません。
母のことをつい連想したので、ちょっと熱が入りすぎたかも。(^_^A

○とらさん
>今後は本人さんの目に留まる所には出没しないように
なんてこと、しちゃダメですよ〜!(笑)
それに、私の方の掲示板でお約束してくださったこと、忘れないでくださいね。
私、楽しみに待っているんですから。(^^)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


見たことある〜! 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)21時19分18秒

>本当に、シッチャカメッチャカになった我が家の様子をテレビで日本中に紹介できるような鋼鉄の神経の人は

といっても、その人がADHDだという話じゃないけど…。
「ナニワのモーツアルト」と呼ばれている人じゃがのー。
あの方の部屋は、完璧なADHD状態だった。
(念の為、何度も断わるが、あの「人」自身がどういう人かは知らないが、「部屋」の様子がそうだったってことだけど…。)


いや〜、そのー。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)21時38分54秒

>特に本人さん達に辛い思いをさせてしまったようで、申し訳なくて言葉が有りません。

個々の言葉に過剰反応することはあっても、「人」に対して根に持つような人(?)種じゃありませんから。そんなに気を使わなくてもいいと思いますよ〜♪


あのー 投稿者:るり  投稿日:10月16日(月)22時41分50秒

>「ナニワのモーツアルト」と呼ばれている人じゃがのー。

キ○・タ○ーは男の人でしょう?
たとえそれが、ご自宅のご自分のお部屋だとしても、本人は「掃除は妻の仕事だから」と
思ってたら平気だろうし、奥さんは奥さんで、「あれは夫の領域だから私は関知しないの」って
すっとぼけることも出来ると思うんですけど。(実は子供のときからファンだったりします。)


そうなの、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)23時12分58秒

だから「片付けられない男」じゃあ、本は売れないのだ〜!
(ワシは、ただ、ADHD状態の部屋を堂々とテレビに映せる「鋼鉄の神経の人」を紹介しただけなの〜!)


でも、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月16日(月)23時15分36秒

奥さんが片付けてしまうと困るので、部屋に入(い)れないとか言っていたけど…。いや、入(はい)れないだったかなぁ?
(何度も言うけれど、この人がどうだということではないのだ。)


とらさんが 投稿者:ケロ  投稿日:10月16日(月)23時59分36秒

責任を感じて地下へ潜ってしまったら、リンコさんに余計辛い思いをさせるのではないですか?
心のしこりを残さないためにも、今まで通りでいいと思います。

彼女は彼女の立場で「言わなくてはならない事」を言ったまでで、ちゃんと「覚えてください」って言っていたではないですか。
ここでどちらかが去っておしまいではなくて、こういう事が辛いんだって事を覚えてもらってその先を続けましょうって事でしょう?
しかもちっとも悪意のない発言だったんだし。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884/


片付けられない男は 投稿者:ケロ  投稿日:10月17日(火)00時00分33秒

家庭ではしっかり者の奥さんを貰うだけで問題解決できる。
職場では有能な事務員さんと組めば大丈夫。


「片付ける」が 投稿者:ケリー。  投稿日:10月17日(火)06時13分27秒

「室内を」や「机の上を」や「毎月の支払い」の場合は、
今のところ男性のほうが、苦労を感じないで済んだり、
そのことで自分を責めたりせずに、いられそうですね。

数は少ないけど、女性の中にも、
整理整頓の好きな夫がいて分担してたり、秘書がついている人もいますよね。

ADHD児に関わる私は、有能な事務員さんや秘書になれるように努力してるわけです。
でも、
「散らかった頭の中」はどうでしょう。
「社会的、学業的または職業的機能において、臨床的に著しい障害が存在する」訳ですから、
思考だって混乱しやすいのですよ。

それも含めて「よきサポーター」となれるよう、勉強中です。


ちょっと、ご相談 投稿者:Nave  投稿日:10月17日(火)07時11分07秒

先日(といっても、もう1週間くらい前)、某掲示板で、「会社に変な人(女性)がいた。大卒で英語ペラペラなのに、覚えが悪くて常識がなくて嘘つきだった。いらいらむかむかしたのでいじめた。結局彼女は会社をやめていった。彼女はどうやらアスペルガーだったらしい。アスペは嘘をつかないというが、彼女はなんであんなに嘘ばかりついたんだろう。」という内容の書き込みがありました。書いた人は普通の人みたい
+です。
これだけでは状況がわからなかったので、会社の仕事のやり方とか、何にむかむかしたのか、どんなふうに常識がなかったのか、いろいろ聞いてみました。

その方はきちんと答えてくださいました。しかし、回答を読んで、ちょっとぐったりしてしまいました。特に常識についての回答を読むと、なんというか、むき出しの感情に触られてしまったような、非常に気持ちの悪い、落ち着かない気分になり、落ち込んでしまいました(自分がいじめられた時のことが思い出されるからかもしれません)。

もちろん、くだんの彼女が本当にアスペルガーだったかどうかはわかりませんが、仮にそうだったとすると、仕事の進め方(決まった手順がない)も、内容(営業だったようです)も、不得意分野だったことがうかがえました。結果として同僚の仕事量が増え、それがいじめにつながったようです。
(同僚3人はストレスで胃カメラを飲むに至ったそうだ。それをアスペを疑われる彼女のせいにしているけど、労働環境が悪いのは上司の責任もあると思うんだが…)
驚いたのは、その状態で3年間いたということです。同僚の胃もボロボロなら、アスペを疑われる彼女の心身もボロボロになったのでは…(その後の彼女の状態が心配です)。

嘘については、どちらかというとファンタジーのような感じがしましたし。
常識がないっていうから、どんなすごいことをしたんだろうと思ったら、私から見ると「なーんだ、そんなこと」というような事でした。結局彼女が気に入らないということが先にあって、そのための言い訳にすぎないような気もするんですが、私も子供のころから「常識がない」と言われ続けてきたので、自信がありません。
それより、「何で嘘をつきつづけたのか」に、いまだにこだわっておられるようですが。
(それがわかれば、再び同じようなことに出会ったとき、もういじめないのかな?)

問題の職場で何が起こっていたか、目に見えるようです。「余計な」仕事が増えてしまった同僚の苦労もわかるし。
しかし、だからといって、何もかも彼女のせいにして、いじめることはなかったと思うのですよ。
他に打つ手はなかったのでしょうか。配属を変えてもらう…とか。
言われっぱなしはくやしい気がします。
でも、なんて言い返したらいいか、わかりません(ディベート苦手…)。
どなたか、ヒント教えてもらえませんか。


いいや〜、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月17日(火)07時18分21秒

それは、「言ったことをやらない」とか「内容の無い空虚な言葉」を連発していただけなんじゃない? 本人は、「ただ、言っただけ」の。
或いは、達郎さんは「洗濯物を見ていて」と言って出かけた。雨が降っても、輝さんはずーっと、洗濯物を"見つめていた"というようなことだったのかもしれない。


とらさんへ 投稿者:M  投稿日:10月17日(火)08時11分49秒

お子さんの前から姿を消すわけにはいかないでしょう?
   < と、手抜きの一言メッセージ。
   <実は時間がない・・・行ってきま〜〜す。

 


おっと、 投稿者:ケロ  投稿日:10月17日(火)09時57分31秒

言葉足らずでしたね。

片付けられない男は、女よりは社会的につらい思いをせずに済むのは不公平だと思ったんです。
「散らかった頭の中」を整理する苦労は双方同じであっても、目に見える「部屋の散らかり」などについては女性に比べると大目に見てもらえるし、奥さんや秘書(事務員さん)がさりげなくサポートしているお陰で、日常生活又は仕事上の混乱も軽減される場合が多いでしょう。
(根本的に楽にならないとしても、その場その場は何とか切り抜ける事ができるというか)

男女平等って言っていてもまだまだ「女は家庭を守る」という考えが根強くて、職場でも「男性をフォローする存在(仕事内容)」である場合が多いですが、それってとっても不公平というか、納得行かないの。
下の書き込みは、ちょっと嫌味というか皮肉のつもりなんです。

「女」じゃないと本が売れないというのが、なんともなぁ・・・・と思ったのでした。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


ご説明 投稿者:リンコ  投稿日:10月17日(火)15時08分49秒

こんにちは。

私が掲示板を離れていたことは、とらさんのせいではありません。

反対意見が少ないのは、誰かに遠慮しているからかもしれないと考えたので(その「誰か」というのが、NHKなのか、出演者なのか、そこまではわからなかったのですが)、もしその「誰か」が私であった場合、私が読まないと約束したら、反対意見がたくさん出るのではないかと思ったのです。

そう思ったとき、私が筆談の件でとらさんに反論したことによって、そのやりとりを見ていたべつの人たち(特に、ROM組の人や通りがかりの人など)が、反対意見を書き込みにくい雰囲気を作ってしまったのではないかと思いこんで、慌ててしまったのです。

(ただしこれは、筆談の件だけです。次の出演者についての軽口の件は、必要な説明であり、とらさんやとらさんの子どもさんやとらさんの子どもさんの療育仲間である子どもさんたちのために役に立つと思ったから、悪者になってでも言いました)

私は、いろいろなことが自分ではわからないので、ほかの人の言ったことや書いたことを分析して、「これが決まりなのかな?」と推測しながら生活しています。この世界には、私の知らない暗黙のルールやマナーがたくさんあって、私はしょっちゅう、知らずに違反していることだろうと思っています。だから、いつも回りの情報を貪欲に収集しては、未知のルールを検出しようとしています。ところが、それがときどき、「やりすぎ」になるのです。原因は主に、言語理解力の不十分さです。人の〈意見〉と〈情報〉とを、形式だけに頼って区別しているので、たとえば語尾を結ばずに次に続いている文体の文などを読むと、〈意見〉を〈情報〉と読み誤ったりするのです。

情報をまちがって入力したために、プログラムが暴走するようなものです。でも、私はしょっちゅうまちがったことを覚えて慌てるけど、私が「物を知らない」ってのは事実なので、ときどき誤作動を起こしながらも、やっぱりこうやって学習を続けていかなければいけないと思っています。

今回のことは、私にとっては、正常なプログラムが暴走したようなものです。確率的には、避けようのない誤作動みたいなものだと受け止めています。だから、誰が悪かったわけでもありません。ご心配かけた方には、ご迷惑かけました。すみません。

少し疲れたのと、忙しくなったのとでしばらく休みますが、この件とは関係ないので気にしないでください。


ごめん、 投稿者:ケリー。  投稿日:10月17日(火)15時20分40秒

わたしこそ、言葉足らず。

まだまだ、「男は(だから)」「女は(だから)」という意識は強いですよね。
だから、「片付けられない男たち」や「片付けられない人たち」では、
本は売れなかったかもしれません。
そこのところは、ケロさんと同じ気持ちです。

ただ、あちこちで話題に上る「片付けられない」が、
散らかった部屋のように、目に見えるものに傾いているような気がして、
ちょっと心配だったのです。

ケロさんの書き込みにつられるように書いてしまったけれど、
別のこととして書けばよかったなと、思います。


お答えありがとうございました 投稿者:ぴっぴ  投稿日:10月17日(火)15時22分48秒

玲さん、ケリーさん、ペンギンさん・・・っと、どこまでが区切りなのかよく読めない
私なので失礼があったらすみませんが・・教えていただいてありがとうございました。

そうですか、ADHDといいつつADDのお話だったのですね。
言葉だけだとどうもいまひとつよくわからない状態(それって誰でも多かれ少なかれあること
じゃないの?とどうしても思ってしまう)だったけれど、それとの違いが今回解りました。
で、ADHDも、
>個々人によって優勢の度合いが違うので、
>自閉症スペクトルのように、診断は一緒でも実はそれぞれに大きく違うもの
なんですね。こちらも奧が深いんですね・・・。はあ〜。

そうか・・・、
>「注意欠陥」と「過集中」が、同居して
いて、しかもその程度が軽かったら、一般人にはほとんど発見は不可能なのでは・・?
とか思いました!



はじめまして・・・ 投稿者:ばにら  投稿日:10月18日(水)21時38分35秒

はじめまして。いつもROMらせて頂いていてるのですが、今、ちょっと困っている事があって、アドバイスを頂けたらと思い切って書き込みしています。宜しくお願いします。
現在小2の双子(海と空)なのですが、海が非定型自閉症で、二人とも通常級に行っています。
困っている事というのが、海の「一番病」です。
TVや、本人と関係ないところで、「つよい」「早い」等の言葉が聞こえてくるだけで、「オレ、すっごい強いよ。すっごい、早いよ」とわざわざ言うほどで、朝、家を出るときから少しでも空より早く支度をして「いっちばーん」と言いながら玄関を出る事から始まり、道を歩いていても、誰よりも前に行きたくて、小走りに急いで学校に向かいます(危ない)。でも、この辺は今までは勝ち負けの意識が無かったので、「わかってきたのねー」と、どちらかと言うと、いい傾向だと思っていました。
それが最近そう言うわけにも行かなくなってきて、この「一番」が頻繁になってきました。そして、一番になれないと大泣きです。
学校では、皆やさしくて、「おっ、海すごいなー」と言ってくれたり、皆には勝てない事と言うのも、本人なりにわかっていて、外ではあまり大泣きしたりと言う事は無いようですが、兄弟にはそう言うわけには行かないようで喧嘩になります。いつかは治まるのかなと思いつつ、このままでいいのかとも思ったり、海は海で、それが自信につながっているのかと思うと、むやみに否定のような事も言えなくて・・・。
また、空についても、最近「もしや、ADHDでは」と疑念を持っていまして、今までそれに気づかなかった母のおろかさもあるのですが、何事にも集中が続かず、時間が掛かる事を空自身も凄く気にして自信をなくしているようで、海の「一番」が応えるようです。そんな二人の対応の仕方で、戸惑っています。
双子の兄弟ならでの、ライバル心にも見えますが、自閉と言う、バックグラウンドがあるので、そう単純には考えられないなと思っています。
なにか、良い対処の仕方をご存知無いでしょうか。
どうぞ宜しくお願いします。

http://www2.tokyo.jcomne.jp/~banira/


Naveさんへ 投稿者:赤いぴ〜まん  投稿日:10月18日(水)12時07分15秒

 Naveさん、はじめまして。

 ヒントには全くなりませんが、整理してみました。

 Naveさんは、某掲示板でアスペルガーのような女性の嘘について非難する書
き込みに対して何かしっくりいかない感情や疑問をお持ちになって、詳細をお尋ね
になった訳ですね。それに対して相手の人はさらに感情的になって掲示板でうっぷ
んばらしをするが如く、些細な事まで挙げ連ねた結果、その攻撃的な言動を正面か
ら受けとめてしまって、自分の過去のいじめられた記憶まで呼び覚ましてしまった
という事のようですね。

 まるで自分自身がまた攻撃されているような心理状態になりつつも、相手の方の
ストレスも共感し、アスペ?の女性のことも共感して、板挟みになっておられるよ
うに思えます。相手の人にはアスペ?の事も理解して欲しいし、女性の方も辞めず
に済む方法はなかったかと真面目に考えておられるようで、そのりっぱさには頭が
下がる思いです。普通だったら「ひどい話だ!!」で、後は無視してしまいそうに
なるのですが、偉い方ですね。

 詳細が分かりませんので具体的になんともヒントはないのですが、思った事を書
いてみます。

 職場で常識がなくて嘘つきであるのでいらいらむかむかしていじめたというのは、
あまり適切な行為とは言えないように思います。職場で問題があるというのでした
ら、適材適所で配置転換という手があるかもしれませんし、何が問題であるかを本
人が認識していない場合もあるので、それを認識させずにいじめの対象としてして
しまうのは不適切だと思います。今回問題なのは、その女性の問題性をとやかく言
うではなくて、問題をいじめに結び付けた行為の方ではないかと思います。

 掲示板で無関係の人にいじめを思い出させるような書き込みをされている方なの
で、いらいらを攻撃的な言動ではらそうとする傾向のある人かもしれません。それ
はその書き込みをしている人自身の問題でもあり、それを指摘してあげてもいいよ
うに思いますが、インターネットの匿名性や特殊性からいくとおせっかいかもしれ
ません。

 書き込みをされている方にその女性の事を共感的に理解させようと思うと、また
一大論戦になるかもしれません。「なんて言い返したらいいか」とは考えずにこん
な風に思うというように書き込んでおけばいいのではないでしょうか。

               屋根裏部屋から引きずり出された 赤P
                 ヽ(^▽^)-C<(丿;◇;)丿 キャー


ばにらさんへ 投稿者:ケロ  投稿日:10月19日(木)01時07分49秒

年の違う兄弟でも結構その子その子に対するケアに悩んだり手こずったりするのに、双子ともなると大変ですね。友人の所の双子ちゃんを見ているとママの苦労は2倍なんてもんじゃないって思いますもん。

全然アドバイスなんて出来る立場じゃないけれど、海くんにはこのまま「一番」の素晴らしさを、空くんには「一番でなくても、ゆっくりでも最後まで丁寧にやる素晴らしさや大切さ」を導いてあげたらどうかな・・・と思います。うちの長男も集中力がなくて何事にもトロいんです。
特に空くん、自信をなくしちゃっているなんて、ばにらさんも本当に心を痛めていらっしゃるでしょうね・・・。

皆さん、何か良いアドバイスを〜!!

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884/


ばにらさんへ・2 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月19日(木)08時28分39秒

初めまして。朝倉玲です。
私が手伝いに言っている公文式教室にも、
なんでも「1番」でないと気がすまない男の子(小2)がいます。
非常に頭の良い子なのですが、この負けず嫌いなところなど、ちょっと問題行動があって
対応が難しい子でもあります。
根気よく指導しているところですが。
#あ〜、今回はいきなり「先生」モードの書き出しになっているなぁ。(苦笑)

でも、それを
>でも、この辺は今までは勝ち負けの意識が無かったので、
>「わかってきたのねー」と、どちらかと言うと、いい傾向だと思っていました。
と、まず捉えてくれたお母さんの態度は、素晴らしいと思います。
すぐにはうまく調整できなくても、
気長に、根気よく指導していけば、
「一番」以外にも価値観はあるのだということ、きっと海くんも分かってくれますよ。
くだんの小2の彼にも、
「一番に教室に来るより、教室に来てから一生懸命勉強していく人の方が偉いんだよ」と言い聞かせ、
それ以来、あまり「一番」と騒がなくなってきたようです。
(でも、まだ時々やっては、先に来た子とトラブルを起こしていますが。)

でも、ばにらさんとして気になるのは
のび太型ADHD(かも?)の空くんとの関係ですよね。
その気持ち、なんだか、すごくよく分かります。
ADHD児に大事なことは、他の子のようにうまくは出来なくても、
自分なりに良いところがあるから、そこを自分でも良いと評価できること、
本人の自己評価を上げていくこと、なんですよね。

ひとつ、思いついた方法があるのですが、
これから息子を保育園に送らなくてはなりません。
また昼過ぎにでも書き込みしますので、
今はこれで送信します。m(_ _)m

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ばにらさんへ・2(続き)  投稿者:朝倉玲  投稿日:10月19日(木)13時23分02秒

・・・いえ、あの、皆様、
いくら私が「またあとで書きます」と言ったからって、
書き込みを遠慮なさらなくても良いんですよ〜。(^_^A

私は自分の息子についてはかなり詳しいつもりですが、
ADHDだって自閉症だって、それこそ子どもの数ほど症状が違っているわけだし、
いろいろな人の意見やアドバイス、アイディアなんかを聞かせてもらった方が
ばにらさんだって、参考に出来ることが多くて、きっと助かると思うんですよ。

で、まぁ、私が思いついた方法ですけど、
別にそんなに大したことじゃないんです。
(と、あらかじめ予防線。期待され過ぎてると困るから。笑)

ADHDの子どもの療育法のひとつに、ごほうびシール法というのがあります。
自分で「ここを良くしたい」「ここを変えたい」と言う部分を書き出して
それを表にして目立つところに貼り、自分でそれが出来たときにはシールを貼る。
シールがある一定枚数たまったら、何かごほうびがもらえる、というもの。

空くんに自信をつけてもらうのに、この方法はどうかな、とも考えたのですが、
これをやると、必ず兄弟もやりたくなりますから
(現に、うちの場合もそう。6才上の兄も一緒になってやっています。)
結局は、兄弟同士の枚数競争になって、また海くんの「自分が一番」を誘発しそうで、
これをこのままというのは、ちょっと避けた法がよいかな、と考え直しました。

で、思いついたのですが、
表の代わりに、『良いことノート』というのを作って上げてはどうでしょうか?
薄めのノートを2冊準備して、
1冊は空くん用、もう1冊は海くん用。
それぞれに、その日、その子がした「良かったこと」「偉かったこと」「頑張ったこと」を
箇条書きにして、どんどん書き込んでいって上げる、というもの。
書いて上げるのはお母さん。
「こんな良いことしたよ」っていう自己申告はもちろん、
親の目から見て良かったこと、誉めて上げたいことは、どんどん書いて上げる。

空くんは、自分で「なかなか早くできないダメな人間」だと自分を思い始めているでしょうから、
それを
『そんなことないよ! 遅くたって、きちんとやりとげたんだから、偉いんだよ!』っていう
メッセージを込めて、
「○○が最後まで出来た」とか
「大変だったけど、投げ出さないでがんばった」とか、そんな感じの評価にして、
で、マイナス評価は絶対にしない。
とにかく、ちょっとでも良いところがあったら、どんどん書き込んで誉めて上げる。
これは、海くんも同じことで。

そうすると、空くんは
「ああ、お母さんは僕のこんなところを偉いと思ってくれてるんだな」と思えるようになって、
自分の中に良いところを見つけられるようになり、
ひいては自信につながるような気がするんですね。
一方、海くんのノートはきっと
「○○に一番についた」とか「△△が一番に出来た」とかいうのが多くなると思うのだけど、
兄弟のノートに、それ以外の評価がたくさん並んでいるのに気がつけば、
自分でも「一番」以外の良いことに目が向くようになってくるんじゃないかな・・・
と、こんなふうに思うんですけれど・・・いかがでしょうか?

あ〜・・・なんか、皆様から注目浴びながら書き込みしているような気分になっています。
久しぶりに、書き込みながら緊張した〜!!(苦笑) (^o^;;;;

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


TV 投稿者:ちひろ  投稿日:10月19日(木)19時28分01秒

NHK教育 10/19(木) PM7:30〜    

「にんげんゆうゆう」
 おたよりΔ自閉症Δハイテク福祉
  ↑
これって、なーに!? まとめ???



報告 投稿者:ちひろ  投稿日:10月19日(木)20時17分09秒

>「にんげんゆうゆう」
 おたよりΔ自閉症Δハイテク福祉
  ↑
これって、なーに!? まとめ???

「自分を責めないで」の中からは、ADHDのほうだけとりあげていました。


報告 つづき。 投稿者:ちひろ  投稿日:10月19日(木)20時30分41秒

前に放送した映像と、ADHDとわかったらまわりに理解と協力を求めるようにと、NHKのアナウンサーが言っていた。
それから「えじそんくらぶ」の紹介と、まあそんなもんです。まあ数分ですから。


ありがとうございます。 投稿者:ばにら  投稿日:10月19日(木)20時37分11秒

ケロさん、朝倉怜さん、ありがとうございます。
そうですね。気をつけていたつもりでも、
今まで、健常だからと、空には海の事で我慢させたり、後回しにしたりしていたような気がして、
今頃、「あれ?」と思ったところで、それを取り戻すのは数倍の時間が掛かると思うし、
これから気をつけて育てていこうと思っているところでしたので、慌ててしまいましたが、
私は、二人いっぺんに何とかしようとしていたようです。
同じ事でも、別の所を見てあげるべきなのですね。

「よいことノート」
凄いです。実は、私も表を作って「シール」は、試してみたのですが、
朝倉怜さんのお察しの通り、海の「一番」に拍車をかけてしまいまして、
空が、また段々と凹んできたのを感じて、止めてしまいました。
別々のノートを作って、別々の「いいこと」を書いてあげる・・・ですね。
目からうろこでした。ありがとうございます。
早速、ノートを二冊用意して、やってみます。

もし、海の「一番病」が、認知や概念の理解不足から・・・と言う問題が隠れていなければ、
良い方向に向かうと思ういますし、空には、自信をつけてあげられそうです。
がんばって、やってみます。
本当にありがとうございました。
皆さん、突然の乱入ですみませんでした。

http://www2.tokyo.jcomne.jp/~banira/


今日、、、 投稿者:satomi  投稿日:10月20日(金)21時51分15秒

すずらんハウスに行って来ました。3時間もお話ししてきました。
スタッフの方々はいい感じでした、、、ただ、、、
総務課の一部の方の感じ悪さは最悪でした(お役所仕事と言われたくなかったらもう少し接客態度を改めて欲しい、いゃ無視されたので接客態度以前の問題ですね(^^;)
ヒロは機嫌良くずっと脇で遊んでいました。何でもないようでしたがかなりストレスだったのでしょう、、、帰って来て3時過ぎから8時少し前まで懇々と眠っていました。。。
詳しいお話しは後ほど、、、

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


よいことノート 投稿者:megumi  投稿日:10月21日(土)09時14分05秒

お母さん用にも一冊いかがでしょう?

自分で自分を誉めるもよし。
ほかの人からしてもらったり、言ってもらったうれしいことを書くもよし。

いつもポジティブでいようとするのは無理だし、
辛いことやいやなことの方が印象が強く残ってしまうなら
気分がちょっと上向きの時のその感覚を書いておくと
海の底にとことん沈んだ時の命綱になってくれるかも知れないなあなんて思いました。


楽しくやってます 投稿者:爺j  投稿日:10月21日(土)14時22分37秒

難しい学問的な事はなにもわかりません。また、その様にしたら必ず良くなるとも思えません.
わが子は知恵遅れと言われ、言語のLDとしんだんされ、いまは自閉症と診断されました.私どもはこんな診断名はチットモ気にしていません.せいぜい、お蔭様でお国の補助があって助かると思うぐらいです.アイコンタクトはまだにがてですし、ピンとのはずれた受け答えもしばしばですが、あとは普通の人と何も変わりません。読み書きが苦手ですがそんな人は世の中に沢山います.算数の出来ない人もたくさんいます。わが子は高校4年生ですが、学校のプロジェクトで週に3回、約10時間スパーマーケットで働き、毎日楽しく、自立して生活しています.要は人が人の立場を認めることが一番大切な事で、批判する必要はないのです。学校教育は点数の評価をする前に人間の評価をする事を教えるべきなのです。最も差がなくなって、評価できなくて先生が困るのかな。どうぞ特別視しないであるがままにしておいてください。 お願いします。


なるほど 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月22日(日)06時04分26秒

>(良いことノートを)お母さん用にも一冊いかがでしょう?
>自分で自分を誉めるもよし。
>ほかの人からしてもらったり、言ってもらったうれしいことを書くもよし。

それも良いアイディアね!
お母さんが元気でいるのが、結果的には一番の療育なんだし。(笑)

ちなみに、私の良いとこノートは
自分のHPだなぁ、って気がついた私です。σ(^_^)
嬉しかったこと、たくさんたくさん書いているし
めげたときなんかは読み返して、
ああ、これだけショウも成長してるんだよね、なんて改めて確認してますから。(*^^*)

ついでに、
私の「愚痴ノート」は
どこぞの裏掲示板だったりします。(爆笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


そうなんだ。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月22日(日)07時19分32秒

>ちなみに、私の良いとこノートは
>自分のHPだなぁ、って気がついた私です。σ(^_^)

ほんとうだ。
文章にしてまとめることで、随分客観的に我が子を見れる気もします。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


コメントありがとうございました 投稿者:Nave  投稿日:10月22日(日)11時01分11秒

ペンギン様
こんにちは。コメントありがとうございました。

>それは、「言ったことをやらない」とか「内容の無い空虚な言葉」を連発していただけなんじゃない? 本人は、「ただ、言っただけ」の。

どうも、そんな感じだったらしいんです。
邪気はないとはいえ、「お客様の信用第一」という職業には、あまり向きませんね、この特性。

「嘘」に関しては、私は嘘をつけないタイプなので、特にコメントのしようがないのですが、その後その掲示板では、いろんな人から以下のようなコメントがついていて、興味深いです。

「ファンタジーではないか(自分がそういうタイプなので)」
「見栄を張りたかったからではないか(自分がそういうタイプなので)」
「友達が欲しかったからではないか(自分がそういうタイプなので)」
「負けず嫌いが高じてではないか(自分がそういうタイプなので)」
など。
#「虚言癖はアスペの特徴かもしれない」というコメントには「???」と思いましたが。

掲示板過去ログ案内に戻る