2000年11月その3
就学健康診断へいってきました 投稿者:しのちゃん  投稿日:11月 7日(火)18時32分32秒

今日は、小学校へいってきました。
娘は健康診断を受けに、お兄さんと教室の中に消えていきました。
私は、体育館で大勢のお母さんたちと娘が帰ってくるのを待っていました。
2人で、すがすがしく帰ってきました。娘もちゃんと受けたらしく
自慢げな表情で・・・
お兄ちゃんも、仕事をおえて「じゃねー」といって行ってしまいました。

あーよかった、何事もなかった。ふーっと安心感。

最後は、先生と懇談。
簡単な質問を何とか娘は答えていました。
良い感じでしたが、私が娘の事を話しはじめたころ
娘が教室の水槽のところへいったり、その辺にあるものを見ていました。

自閉傾向のことを言ったところ、娘の様子をみて多動もありますねと
言われてなんだか顔から血の気が引くのが分かりました。
いろんな事があったけれど、ここまで話せたり出来るようになりました。
知的障害がないことが夏に分かったので、通級という形で
通いたいこと・・・息もできないほどしゃべったような気がします。

別室で、もういちど話してくださいと言われて
また、同じようなことを話しました。
その時の娘の様子は、話し方も顔つきも体の動きも
変でした。
だんだん弁解する自分が惨めに思えてきて、駄目なんだという気持ちが
いっぱいになりました。
夏に、就学相談を受けに教育委員会へ行ってきたのですが
発達がいちじるしい・・ということで様子をみると言われて
ほんの少し希望をもらった気がしていたのに。
発達の変化が大きいので、発達センターでも通級で様子をみたら・・・
なんて言われて、とってもうれしかったのに。

なんだか今日は自分の甘さを思い知らされたかんじです。
教育委員会の検査を受けて、後は審議してもらうことになると
思います。
娘の成長に高望みしていたかなー私。
結構周りの意見を参考にしたんだけれど・・・わたしが甘かった。

ちょっと、力がはいらないですねー今日は。
気持ち的に、まいった。

でも、今日はがんばってくれた娘にありがとう、ごくろうさん。
ほめると、とっても良い顔でわらってくれたmが、まあ救いかな。
じゃ、しのちゃんの愚痴でした。


就学健診の時期なんですね。 投稿者:ね古  投稿日:11月 8日(水)08時28分11秒

皆さんの話を読んでいると地域によってずいぶん違うんだなと
わかりました。 もうずいぶん前のことですが息子の時が思い出されます。
息子の時はいわゆるマンモス校で1学年6〜7クラス(40人)もあったので
健診はベルトコンベア−方式、目みて歯みて健康状態聞いて最後に面談。
その面談も「こんにちは」「名前はなんですか」でおしまい。
淡々と業務をこなしていると言う感じでした。こんなんだから引っかかる子は
いるわけもなく今になってモデル的にLDやADHDの通級をはじめたらしい。
転校せずに入学時の学校にいっていたら今ごろは別指導を受けられたのかと
思いましたが、その別指導教室に33人もいると聞いて超びっくり。
まとめればいいってもんでもないと思うんですけど、まぁ一歩前進なのかなぁ。
どの子も地域の学校にって言うのはとてもいいことだと思いますが、受け入れ
体制が整わないとなんともいえない感じです。 


>正義の味方はつらいよ 投稿者:ちひろ  投稿日:11月 8日(水)09時57分07秒

Naveさん、こんにちわ。
遅くなったけど、コメントありがとう。

>「いつでも正しいこと/本当のこと(真実)を言うのが正しいとは限らない」
「いつでも良いことをするのが良いとは限らない」
と教えては?

いやー、まだこれを理解する段階にはきてないようですねー。
ウチは、言語性IQが低いタイプなもので。
言語理解の項目にいたってはIQ40という、ホントかーという状態なので、私は丸ごと信じちゃいませんが・・・
あっでもIQ150なんていう項目もあるので、トータルだとそこそこあります。
数字を見ずに、子どもを見よう。
あっもちろん、検査結果も参考にしますが。

>これに私が気づいたのが高校生くらいで、黙っていられるようになったのはハタチ過ぎですが…たはは。
高校卒業時には、「本当のことを言うと、場がしらける」ことは理解していましたが、「それでも本当のことを言わなければならない、真実を曲げてはならない」と思い込んでいました。

私も、中学2年生くらいの時に薄々気がついていたようなんだけど、そんなに悪いことだとはどうしても思えなかった。
また、誰も教えてくれなかったし。
教えてもらっても、その段階で理解できたかどうか!?
ほんとうに理解できて、黙っていたほうがいいんだって思えるようになったのは、社会に出ていった18才の時だったから。

>しかし残念ながら、経験や体験から学んだことは、教えたり、教わったりが難しいと思います。特に親の忠告は耳に入りにくいものです(自分がそうだった)。自分で経験しないと納得できないことがたくさんあるわけで、その辺りはやはり息子とカミサマに任せるしかないかと思っています。→やっぱり運まかせか?

うーん。
私も、結局はそういうことなのかなって思ってしまう。
でも親といっしょにいられるうちに、パターン的に場数を踏ませて危険を回避する事を学ばせようとは思っているけど。
はーっ、なんだか国に帰りたいよー。(どこや、それは!?)


それが大問題!なんだけど、、、 投稿者:satomi  投稿日:11月 8日(水)11時28分51秒

最近のヒロ(2歳3カ月、自閉症)は人のやっていることをいろいろ真似るようになった。
それはそれで成長だと喜んではいるのですが、、、
そんなヒロを見てお義母さんは「大して悪くないんじゃない?無視するところはあるけど」って言うようになった。
「無視する」←これが一番の問題なんだってばぁ〜
わたし自身は「軽度ではないのでは?」と感じているのだけれど、、、

就学問題のお話しで盛り上がっていますが、、、わたし自身はまだ間近な問題としてピンときていなくてただ傍観しているだけなのですが、今後のためにしっかりとみんなの意見を読んでおこうなんて思っています。
就学といえば、ヒロが小学校に入学するころには入る予定の近くの小学校がマジで分校になるんじゃないかという心配が(笑)(^^;
だって多分、同級生が3、4人しかいないんだものぉ〜(どんな田舎やねん!?)
しかし、3、4人の生徒に先生1人なんてヒロにとっては願ったり叶ったりの条件だったりして?(笑)この辺はホントに田舎だから先生達とも親密な交流ができますしね。
聞いたところでは、統合らしき形態(分けるほどの人数じゃないってことかしら(^^;)のようです。重度の子どもさんだと養護学校の方になっちゃうみたいですが、、、

夕食時に遺跡発掘ねつ造事件の話しから「お客さま」の話しになりました。
ここで言う「お客さま」とは、小学校時代にクラスに数人いた知恵遅れとか行動障害の子どもたちのこと。40年も昔の話しなんですがね、、、
その「お客さま」と呼ばれていた子、中学でも友達ができずに家の近くの藪(今や工業団地)で穴掘りばっかりしていたのだそうで、、、そこで遺跡を発見!
その後も、その道に心血をそそぎ今やその道では上の方の人なんだそうで、、、
今でも県下一の高校を出た同級生を部下に従え、その仕事に相変わらず心血をそそいでいるとか、、、
「人間先のことは分からないわねぇ」という話しで盛り上がったのですが(^^;
まっ、当時市が勝手にその人を担ぎ上げてしまって、最近では大学出とかの専門家をその位置に持って行きたいのだが思うように行かないってことですが、、、そんなのはお役所の勝手な都合なんだから、その人には自分の心血そそげる道で人生を全うしてもらいたいものです。

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


わかります。 投稿者:megumi  投稿日:11月 8日(水)11時53分38秒

>別室で、もういちど話してくださいと言われて
>また、同じようなことを話しました。
>その時の娘の様子は、話し方も顔つきも体の動きも変でした。
>だんだん弁解する自分が惨めに思えてきて、駄目なんだという気持ちが
>いっぱいになりました。
何度も同じ話をさせられてホントにいやになりますね。
でも、ありのままを見てもらって、それでもそのありのままなところにあわせた
柔軟な指導を求めていいと思うのよ。
しのちゃんの娘さん、はじめてあった高学年の男の子と、検診を滞りなく回ってきて、
その後でお母さんが自分の成長のことを一生懸命話しているところで
待っていられたんだから、とっても偉かったと思う。

今、そういうふうに制度を変えようという提言が
文部省の調査研究協力者会議でなされたところだから踏ん張りどころよ。
後に続く大勢の子どもたちのためにも
「個々のニーズに応じた適切な指導」を求めましょう。


そうだ! 投稿者:ケリー。  投稿日:11月 8日(水)23時37分00秒

>後に続く大勢の子どもたちのためにも
>「個々のニーズに応じた適切な指導」を求めましょう。

目指せ!「IEP(個別学習プログラム)」!!!
まだ学校からお呼び出し来ないのよ〜〜〜〜。待ってるのに・・・
こっちから行っちゃおうかな〜〜〜。
「ご協力しに、参りました!!」って☆


ふう 投稿者:M  投稿日:11月 9日(木)07時31分39秒

管理人、またまた地下2万キロの地点に潜伏中。
    < うん? それでは地球をつき抜けて宇宙遊泳か・・。

遊泳状態の目と頭を酷使して、例の中間答申だけはなんとか読んでみましたよぅ。
今まで、ネット上のそこここで論議されたような問題が、大筋では盛りこまれて
いるようですねぇ。でも・・・??? 

地方分権? 
各市教委にレベルに 大巾に権限が委譲されている。その事自体は◎。
でも、
予算のない市町村、障碍児教育に理解のない市町村等、格差拡大を助長するおそれあり?
国の「口は出さぬが金は出す」保障がなければ絵に描いた餅だよねぇ。

高齢者対策?
「通級や特殊学級における教育の充実を図るため、特殊教育に関する知識を有し指導力の
 ある教員を養成する」ことは◎
でも、その後に、
「非常勤講師や特別非常勤講師、高齢者再任用制度による 短時間勤務職員等の活用につい
 て検討すること。」
とわざわざ明記してあるのは?
勿論、
今の体制、人員配置での不備を公認したという意味合いでは一歩前進ではあるのだろうけど、
指導を充実するためには、短時間勤務のパート教員の増強では、追いつかないぞぅ。
高齢者対策は、そりゃ経済政策としては重要だけどねぇ・・。
それに、
こと障碍児教育に関しては、高齢者の昔の知識は却って弊害になることも多いと思う。
再研修計画は不可欠だぞぅ。そこもオワスレナク。。。

ああ、まだまだ重箱の隅をつつきたい所だけど、今日はここまで。
またまた、しばしの宇宙遊泳の旅にでかけて来ま〜す。 
     < うう、
       私も、そろそろ高○者対策の方に入れてもらう必要あり?


あ、高齢の 投稿者:M  投稿日:11月 9日(木)07時37分09秒

いや恒例のごあいさつを忘れる所だった。
すみれさん、西田さん、初めまして。
あ、しのちゃんも久しぶりぃ。
   < それでは、又。


SNE 投稿者:鈴琳  投稿日:11月 9日(木)13時21分53秒

特別なニーズ教育。
特別な教育的ニーズを持つ子供への教育。

何かというと、今日提出する課題レポートなのですよ…。
難しかった……。
自分なりのSNEを定義しなさいとか言われても…。
これまでの動向を整理するのも大変☆
なんとか書き上げました。
…ホントに、今の教育システムをどうしたらいいのか。難しい問題だな、とつくづく感じました…。


もう、やってるゾ! 投稿者:ちひろ  投稿日:11月 9日(木)13時27分27秒

>「非常勤講師や特別非常勤講師、高齢者再任用制度による 短時間勤務職員等の活用につい
 て検討すること。」
とわざわざ明記してあるのは?
勿論、
今の体制、人員配置での不備を公認したという意味合いでは一歩前進ではあるのだろうけど、
指導を充実するためには、短時間勤務のパート教員の増強では、追いつかないぞぅ。
高齢者対策は、そりゃ経済政策としては重要だけどねぇ・・。
それに、
こと障碍児教育に関しては、高齢者の昔の知識は却って弊害になることも多いと思う。
再研修計画は不可欠だぞぅ。そこもオワスレナク。。。

スクールカウンセラー、ことばの教室(こちらは、福祉課のですが)の先生はもう、高齢者対策に利用されてるよーん。
「ことばの教室」のほうなんて、姫の時(姫は、あんまりばかばかしくて通わなかったんだけど)に福祉課に「言語訓練の知識のある若い先生を」って要望してたら、替わりに来た先生が60歳台の知識のない先生。
そりゃあ、10歳ほど若くなったけどー。

もう弊害だらけだよー。
最初、自閉児を叱って、脅して言う事聞かそうとしてたんだから。
女王ちゃんは通ってるんだけど、もう先生に任せておけないから私が指導してる。(少なくとも、この先生よりは、マシな指導はできるゾ!)
もう年だし、先生を私が指導できないから、見てわかってもらおうと思ってる。
悪い先生じゃないんだけどね。

行けば、いろいろオモチャがあるんで利用させてもらってまーす。



朝刊から引用 投稿者:megumi  投稿日:11月10日(金)10時21分50秒

在日日系ブラジル人の子供たちに関するコラムの連載が今日で終わりました。
その記事の結びを引用します。

同化を求める教育ではなく、個々の生徒の言語や価値観などの背景を認め
成長を促す教育が求められている。『外国人問題』ではなく、
日本の教育の在り方の問題が凝縮されている。

そのまんま同じことが、『障害児教育』に関してもいえると思いました。


ご意見を伺いたいのですが・・・ 投稿者:るり  投稿日:11月10日(金)10時32分00秒

うちのふーは、今では療育施設に行く日がほとんどない状態なのですが、
4月から幼稚園に入れてみると、幼稚園ではわりとやるべき事もちゃんとやっていて順応している
みたいなんです。参観日などでは冷や汗をかく事もありますが、担任の先生は「お母さんが来て
くださった事がとても嬉しいから、はしゃいでしまうのではないですか?」と仰います。
他のお子さんがお母さんに「だっこして!」とベタベタ甘えるところも見ていたので、そういう
ものだと私も思ったのですが。

療育施設に連れて行くと、ふーは「眠い〜!」と言って抱っこを求めて泣いたり、ハイテンションになって、
「遊びの時間はもうおしまい!」という指示が通りにくくなります。
無理やり止めさせようとすると、「ママすき〜、だっこして!」とメソメソ泣き出す・・・

そういうわけで、療育施設に行くと私も疲れてしまってました。
うちが参加できそうな日が少ない事もあって、療育施設離れに拍車がかかってしまいました。

先日、あるお子さんのお母さんが、保育園の担任の先生と療育施設に見学に来られたとき、
そのお子さんの保育園での様子と比べて、驚いたそうです。「保育園ではちゃんとやっているのに、
何でここではああなんですか?」と・・・
私は療育施設の彼しか知らなかったので、保育園でちゃんとやれていたという事実に驚きましたが、
年齢はその子の方が上だけど、感覚的な事でふーとの共通点をいくつか見ていたんです。

療育施設に行くと、はじけてしまうのは、母子通園で甘えが出るからだと思っていました。
それは普通の子でもありうる事ではないかと思っていました。

しかし最近になって、先生の方から「ここに来てダメな子ぶりを発揮してしまう事が、この子
たちの問題なんです。」と言われてしまいました。

皆さんで、このような経験をされた方はいらっしゃいませんか?


療育施設 投稿者:ままはっち  投稿日:11月10日(金)12時48分05秒

私も同じように思ってましたよ、最初の頃は。
幼稚園から療育に行きだしたのですが、
超多動のお子さん(うちも多動ですが)のテンションに合わせて(?)動き回っていて、
「学校ではもう少しマシなのに、来ない方がいいのかな。」と思った時もありました。
しかしそれが本来の息子の姿で、学校では我慢してるんだ・・・ということが、後で
わかりました。療育先も「ここはストレスを発散させる所」という考えなので、
息子はとても楽しく通っています。
うちのグループは、うちのような自閉系、典型的なADHD、そしてLD児などの
混成グループなので、小さいうちはそういう状態でしたが、
小3の今はグループらしく、まとまってきました。
うちはずっとこのグループ療育を続けたいと思っています。
みんなの成長を見るのも楽しみです。
ちょっと年齢が上のグループ療育の話なので、
るりさんの質問とは少しずれているかもしれません、ごめんなさい。

話は飛びますが、療育先の先生が言われた言葉が気になります。
ダメな子なんて一人もこの世にはいないけどなあ・・・。
そんな言葉は使わないでほしいなあ。


るりさん 投稿者:ひいろ  投稿日:11月10日(金)13時33分53秒

療育施設に行ってる子は、基本的には幼稚園に通っている子に比べて
わがままになってしまう事が多いようです。(あくまでも私感ですけど)
うちの地域は、特に「絶対に嫌がる事をさせない主義」なので
どうしてもそうなりがちです。

幼稚園や保育園に通うようになると、みんなホントにしっかりしてきます。
でもままはっちさんがおっしゃてる事も事実としてありますよね。
幼稚園などでは我慢している、療育施設のほうが本当の姿というのは、私も同感です。

私はこう考えています。
幼稚園のストレスにある程度耐えられる子供は、幼稚園でいい。
でも、堪えられない子供はやはり療育施設のほうがいいと思うんです。
コレは障害児を幼稚園に通わせる事によって、
母親がそのストレスに堪えられない場合も含まれると思います。

ふーちゃんは、確か療育施設に通う日がおおいんだっだよねぇ?
回数を減らすのもいいかもねぇ。
もしくはふーちゃんが集中できるプログラムだけに行かせるとか?
(ドラはこのパターンです。ウチは月に1回、1時間だけだからねぇ。全く問題ないです)
でも1番いいのは、ふーちゃんを単独にするのがてっとり早いと思うけど?
るりさんがいるから甘えるというのもあるはずだから・・
そうゆう事は融通してくれるのかな?


でも〜、 投稿者:ペンギン  投稿日:11月10日(金)13時35分05秒

>「ここに来てダメな子ぶりを発揮してしまう事が、この子たちの問題なんです。」と言われてしまいました。

私は、ここそこの掲示板に来る時には思いっきり「自閉症」でいる(それを「ダメな大人」と呼びたきゃ呼んで〜!)になることで、普段はとっても「自然体」かつ「普通」でいられるようになりましたよ♪


るりさん、 投稿者:とら  投稿日:11月10日(金)14時12分32秒

ままはっちさんも、ひいろさんもとっても見方が冷静!
最初に読んだときには「これは普通の子でも有ることではないか」とか最後の方に書かれている先生の発言は「子供の良い面が見れない先生なのでは?」と感じたのです。ところが、はたと思ったのは、おそらくふーくんは、ごく一部の発達を除いては全く普通のお子さんレベルなんだと思いますし、療育施設でもそういったグループ(LDとかごく軽いADHD)に所属されていると思います。以前うちの子供も(間違って?)ADHDのグループになったと書いたことが有りますが、他のお子さん達は「何故来ているの?」「どこが遅れているの?」と感じるような子達ばかりでした。すでに自分が子供を見る際に、敷居を下げているためです。ところが冷静な目で様子を見たり、お母さん達の話を伺うと(聞いたのは私ではなく家内)、なるほどそういわれてみれば、あるいは客観的に見れば、わがまますぎるかもしれないとか、問題児のようになりうるかもしれないと思える部分もありました。(それでもかなり高いレベルで、あえて問題にするならということですが。)つまり完全に健常児を対象として見ているわけです。先生達はそのレベルで問題点を指摘しているのだと思います。これは賛否両論あるでしょうが、ふーくんの場合にはそこまで期待しても良いのかもしれません。掘り下げていって、どういった所に客観的に問題点が有るかを先生に伺ってみても良いと思います。

ただしうちの子供も幼稚園の方が出来が良いと感じられることは多いです。連絡ノートに色々誉めて書いてあるのを懐疑的に思うことが多いのですが、父兄参観のときに早目に行って影から除いていたらそれなりにやっているようでした。もちろん私が顔を出したら、それ以降雰囲気が変わりぐずったりしましたが。

幼稚園では背伸びをしている部分も有るかもしれませんが、それは苦痛を伴う背伸びではなくほかの子達になんとなく引っ張られての背伸びのように思います。だとしたら私もふーくんの場合には充分それでやっていけると思います。
なお、こちらの療育センターではかなり早い段階から母子分離です。そのため療育センターと幼稚園で極端に出来や態度が変わると言うことは有りません。


ピノコの話 投稿者:ケリー。  投稿日:11月10日(金)22時21分46秒

5歳の娘には、診断名がありません。つく可能性も低いかもしれません。
モックのDr.からは、
「強迫観念の強いタイプ。人に迷惑をかけることは少ないが、自分はシンドイ。」
と言われました。

幼稚園では、優等生です。どなたからも誉めていただきます。
製作の時間には、みんなのお手本になったり、
教室移動では「先頭さん」です。
でも、本当はまだタオルと親指(指しゃぶり)が抜けないBABYちゃんなの。
家では、トイレも一人でいけないの。

ふー君と状況は違うけど、
子供なりにその場をキャッチして、自分を使い分けてる(本能?)のね。ピノコ。
大切なのはバランス。
幼稚園で頑張りすぎる時は、わかります。本人も小さなパニック状態。
そういう時は、しばらく休ませます。
幼稚園に対応を変えてもらうこともあります。(声掛けを少なくしてもらう。)

ふー君のバランスはどうですか?
いつも同じとは限りませんし、その時々の様子によって増減することができるのでしょうか。
せっかくの療育ですから、楽に受けさせてあげたいですよね。
逆に、必要な時かもしれませんしね。
幼稚園で「やるべき事はちゃんとやって」ることは、評価してあげるべきことですが、
それが負担となりませんように。

せっかく頑張ってるのに、水を差すような事言って、ゴメンナサイ。
兄(モック)ばかりが目立つ環境で、頑張りすぎてSOSを出すピノコの痛々しさと、
小さな体の愛おしさと、似たところがあるように思ったもので・・・・


遊びの教室 投稿者:satomi  投稿日:11月10日(金)22時53分16秒

いつも、話題に関係ないことをカキコして去っていつてごめんなさい(^^;

今日は市の「あそびの教室」というものに行って来ました。これは特殊なものではなく普通の子育て教室で、月1回あります。2歳児歯科検診の後に参加した子も合わせて今日は8人くらいいました、、、前回はもう少しいたんだけどなぁ、、、

で、「アンパンマン」の歌に合わせたダンス、紙芝居、粘土遊びをしたのですが、、、
やっぱ2歳児なんて同じようなものですね(笑)
ダンスもちゃんとやっている子はいないしマネっこしている子もいない。寝っ転がってる子、ウロウロしている子、いろいろです。
ヒロは取りあえずわたしの側にはいたものですから例の如く影武者になってました(笑)
紙芝居もみんな全然聞いてなんかいません。ヒロは絵本は大好きなんですが、紙芝居はあんまり興味がないみたい、、、まっ、やっている間座っていられただけ偉い偉いって感じでした。

粘土遊び、、、初体験、、、全然興味なし、おわり、、、ではいけないと思い、ヘラで突っついてみたり切って見せたりしたら少し興味を示したのですがすぐにやめてしまいました。
次にちっちゃなボールをいっぱい作って見せました。串型のヘラに刺して見せたら食おうとしたぁ〜!「ダンゴじゃない〜!!!」(笑)
でも、他の子も食ってましたね(笑)ヒロはダンゴにして串に刺すと食べようとしたけど、それ以外は関心なしでした。
そのダンゴ、じゃなくてボールを山積みにしていく遊びをして見せたらやっと興味を示してマネしてくれました。まっ、これもやっている間座ってられただけガンバッたねって感じでした。

ところで、一人だけおばあちゃんに連れられて来ていた子がいたのですが、、、
ちよっと気になる子でした。「車を並べて遊ぶのが好き」という自己紹介にピクッ!(笑)
粘土遊びの時にそのおばあちゃんが保健婦さんに「今日やったことを何かにまとめて書いてくれませんか?」とお願いしていたのですが。。。
何でも、その子のお母さんが今日のような集まりに行ったら?と言っても全然関心がなく、自分が連れて来て、帰ったら何をしてきたかとか話そうとするのだけれど聞く気がないのだそうで、、、
「みんなおかあさんと来てるのにねぇ」とちょっと辛そうでした。
そのお母さん、子どもと向き合えない何かがあるのだろうか、、、と心配になっちゃいました。
何だかヒロと似たタイプに見えて余計に気になってしまったのです。

しかし、、、こういう同年代の子どもたちのいるところに行っても正直自分の子どもが特別「変」だとか「違う」って感じないんですよね、、、まっ、他の人から見てどうだかは分かりませんが、、、
でも、普段「違う面」をヒシヒシと感じてますから、それくらいで「大丈夫」とは思えないですけどね(笑)普通の成長がどういうものかっていう参考にはなるかなぁって感じでした。

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


るりさんへ 投稿者:エリナ  投稿日:11月10日(金)23時34分37秒

うちの娘もふーちゃんと同じく幼稚園では全然トラブルおこしません。

でも初めの頃は参観日など私がいると、すごく甘えて、「もう帰る」
「お菓子食べる」など言って騒いで、おまけに全然みんなと一緒に行動しないし、
そういう姿見て先生がびっくりしてました。

去年、幼稚園の障害児クラスにいたときも、やはりそういう症状が激しくて、
先生方に「お母さんがいないと、プチエリナちゃんとても言うこと聞いて
いい子なんですけどね」って言われました。
障害児クラスの先生はこれは親のせいとばかりに、私はかなり責められましたが。

でも皆さんの言うとおり、お母さんのいない場所では子供って本当によく
頑張っていますよね。
そしてお母さんが一緒だと、ホッとしてありのままの自分が出せるのかな?
いつもにもましてぐずったりしますよね。

後、お母さんがしんどいなぁって感じたら子供もそれは伝わるみたいです。
るりさんも疲れたり、しんどいときは無理しないで下さいね。



何で、ぶつける〜〜〜〜! 投稿者:ケリー。  投稿日:11月10日(金)23時48分28秒

あすのNHK。21時より。

<NHK総合> NHKスペシャル シリーズ・子供たちの危機 いま何ができるのか
        「第1回 不登校13万人」

<NHK教育> 教育トゥデイ
        「教育改革国民会議2 21世紀の学校」

お〜〜〜〜い。NHKさ〜〜〜ん。
これって、続けてやると、いいと思うんだけどな〜〜〜〜〜〜。


こくっぱの場合 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月10日(金)23時54分32秒

単独通園の療育施設に通っていますが、参観日とかに母がいると
「別人のようだ」と先生方に言われます。
母がいない時は、ものすごく頑張って、模範生クラスですが、
母がいると、無茶苦茶甘えて何にもしなくなる。
と、いうわけで、未だに母は「しっかりした」こくっぱを見たことありません。
そんな姿を見た先生は「おかあちゃんが大好きなんだねえ」といってくださいます。

ところが、最近給食時間中に席を離れたりすることがあるそうです。
連絡帳には、「やっと、自分の姿が出せてきたようです。」と書いてあります。
「これを乗り越えて、ちゃんとできるようになると『本物』の力」だとか。

緊張と、息抜きは生きていく上で大切な力。
それを上手く使い分けられるようになって欲しいなあ〜と思っています。

すみません。全然アドバイスでもなんでもないですねえ。


皆様へ 投稿者:るり  投稿日:11月11日(土)00時50分23秒

ままはっちさん、ひいろさん、ペンギンさん、とらさん、ケリーさん、エリナさん、
皆様、レスをありがとうございました。

ここで意見を伺うのは久しぶりですが、「インターネットやってて良かったな♪」とつくづく
思いました。

ふーは1学期間は、週に2度くらいは療育施設に連れていくつもりだったのです。
しかし、幼稚園に順応出来るかどうかが心配で、併行通園児のグループ保育と音楽療法、
そして2・3ヶ月に1度の個別保育以外は殆ど幼稚園に通わせました。
通常の保育に連れて行っても、療育施設の子供の人数が倍に増えた事、小さい子が多く、
彼はお客様扱いになっていたので、彼に注意を払ってくれる幼稚園の方がまだマシに思えた
からでした。
しかし、それは親の私の考えで、ふーは幼稚園も療育施設のどちらでも、「ママ、行こうぜ!」と
楽しんで行っているように感じましたので、彼なりに「使い分け」をしているのだと思います。
普段は幼稚園生活に負担を感じているようには感じませんが、運動会のときは無理しているのが
わかりました。その渦中にあっても家や療育施設では「大変そう」な素振りは見せませんでした。
運動会の練習を覗きに行かなければ、私も知らないままであったかもしれません。

皆様のお子さんのお話を読みましても、皆、がんばっているのだなと思いました。
いじらしいですね。

療育施設でふーだけをお預かりにする事は不可能だと思いますが、人数が多くて迷惑かもと
思わずに、ストレス発散の場と割切って試しに通常保育にも連れて行こうと思います。

そして、ままはっちさんが気にしていらした「ダメな子」発言についてですが、
私はあまり気になりませんでした。というのも、「年少さんでうまくやれても、年中年長で
『他の子と違う自分』を意識するようになって、こじれてしまう可能性はありますよ。」という
後に続く言葉の方が私にとってはインパクトがあり、気がつきませんでした。(笑)
もし、前回の書きこみを読まれて不快に感じた方がいらしたとしたら、申し訳ありません。
ちなみに、私も家の中ではエキセントリックな「ダメ人間」です。そのおかげで世間様向けに
「きちんとしていて温和な奥さん」という仮面をつけることが出来ます。気持ちに余裕がない
時は、本性が出てしまいますけど・・・


のろのろ書き込みしていたもので・・ 投稿者:るり  投稿日:11月11日(土)00時54分03秒

>「これを乗り越えて、ちゃんとできるようになると『本物』の力」だとか。

こくっぱの母さんも、参考になるお話をありがとう♪


みんなお母さんが大好きなんだね 投稿者:ケロ  投稿日:11月11日(土)01時02分33秒

お母さんの顔を見ると安心するんだよね。
お母さんの前だけはしっかり頑張る子ではなくて、良かった良かった。
うちの保育園で、お母さんの前では「イイ子」にしている子がいます。
そっちの方がよっぽど心配・・・。

参観日に保育園に行くとうちのお兄ちゃん(年長)の方はその崩れ方がかなりのものです。(年少の頃の方がもっとしっかりしていたような気がする。無理してガンバっていたのかな)
今は本当の自分が園でも出せるようになって、『本物の力』をつけるのはこれからです。

聾学校に言っている次男の方は、授業中(親は控室にいます)は割としっかりやっているみたいなんですが、私の姿を見かけると途端に甘えん坊になります。
給食の後片づけに行くと、もうベッタリです。5時間目が始まるまでは自由に遊んでも良いのですが、私から片時も離れないので掃除を一緒にやっています。(はっきり言って足手まといなんだけど〜)
校内に常に親がいるので甘えが出るのか、保育園では出来る事でも学校ではやらないという事もたくさん有りますよ。


国に帰して 投稿者:Nave  投稿日:11月11日(土)05時30分51秒

★ちひろさん
>はーっ、なんだか国に帰りたいよー。(どこや、それは!?)

クスクス、わかるわかる。その気持ち。

★megumiさん

>同化を求める教育ではなく、個々の生徒の言語や価値観などの背景を認め
>成長を促す教育が求められている。『外国人問題』ではなく、
>日本の教育の在り方の問題が凝縮されている。

まったくその通りだと思います。

ところで、在日外国人、特に、見た目が日本人と変わらないのに、中身は
思いっきりラテンな日系人と、やはり見た目はフツーの日本人と変わらない
自閉系日本人とは、置かれている状況がよく似ているなーと、前から思って
いました。問答無用で「同じ」と思われるところとか、マイノリティであるとか。
思っていることをバンバン言っちゃうところとか。いじめに会いやすいところとか。
あ、このへんは帰国子女とも共通しますね。
(それでか、自閉について知る以前から、妙に在日外国人には親近感があって、
学生時代は関連機関でバイトやボランティアをしたりしてました。それに、
帰国子女たちの中には、妙にウマの合う人がいたなあ。)

★「異文化ストレス症候群」
というのがあるそうで、これはそのまんま、異文化への適応に絡むトラブルが
原因で起きる、心の病気のことだそうです。外国で暮らす日本人、日本で暮らす
外国人、在日外国人に関わる日本人、などを対象に考察されていました。
(参考図書:「異文化ストレス症候群-人はなぜ異国で病むのか カルチャーショック
を克服するには」、大西 守、バベル・プレス、1992)

上記の本によると、外国で暮らして異文化ストレスにより精神状態が悪くなった人
への究極の治療法は、本国へ帰すことだそうです。1カ月〜数カ月程度の短期間でも、
母国でゆっくりすると元気を取り戻し、再び異文化の中で適応してがんばれる
ケースが多いんだそうです(もちろん、そう簡単にいかない場合もあるわけですが)。
やっぱりねー。という感想です。

自閉系人も、毎日が異文化ストレスにさらされる生活です。
時には母国(どこや、それは!?(C)ちひろさん)でゆっくりさせてもらいたい。
国がなければ、ちいさなコミュニティでもいいから、「ほっ」とできるところが
ほしいですねえ。

親子で自閉人の場合は、家庭をコミュニティにできるから、ちょっとお得かも。

親御さんが非自閉人でお子さんが自閉人の場合は、これはもう、お互い毎日が
異文化とのバトルで、たいへんだと思います。親御さんは、「在日外国人に関わる
日本人」の立場を、あるいは、国際結婚したことを想像してみてください。
「毎日、異文化ストレスにさらされている」という観点から、ご自身の精神衛生を
時々チェックされるとよいかもしれません。

また、自閉系のお子さんは、毎日、学校や保育園/幼稚園で、異文化への適応に
頑張っています。相当なストレスを受けていると思います。
療育を否定するわけではまったくありません。住んでいる国の言葉や文化を学ぶ
ことは当然で、適応のために必要不可欠なものです。しかし、将来の適応をより良く
するためにも、どこかで、ほっとできる場所や時間を、ぜひ用意してあげてほしいと
思います。

幼い人にはまた、アイデンティティについても考えてあげたいところです(外国生ま
れのお子さんのように)。


どうしましょう……。 投稿者:鈴琳  投稿日:11月11日(土)20時19分29秒

こんばんは。今日は実家からです。
・・・しかしうちの弟。小学校5年生にしてLDと診断された弟は、どうしたものか最近問題ばかり起こしているそうです。(と、さっき弟の担任の先生から電話があった☆)
なんだかいらいらしているようで、4年生の子や6年生の子(というより接触があればかまわず???)に、手を出しているようなのです。
別にあたりかまわずというのではなく、多分何か、本人にはとても気にさわることを言われているのではないかと思うのですけれど。
学校でも、ちょっと変わった子、として有名になっているようなので、よくからかわられるようなのです。キレやすいのかな…。
そういう行動が問題(そりゃあそうだ…)になっていて、担任の先生もほとほと困ってしまっている様子。母も、『このまま学校に行かせていいのかな…』と悩んでしまっています。
社会性は人との中でなきゃ育たないけれど、人と関わる中でどんどんつらい状況に立たされていく……。
どう対応したらいいのか、皆目見当もつかない状況です。
弟は児童相談所で、カウンセラーの先生に相談をしたりしているのですが。
母にはあまり説明とかそういったこともないようです。
…なにか、ひとつでも、ちょっとしたことでもいいから、情報があればなぁ、と思って書き込ませていただきました。
とりあえずは月曜の学校をどうするか…。
姉としては、大学放り出して実家にいるべきか、大学で授業のときに先生(臨床をしている方)つかまえて相談すべきか、それともいっそ小学校にくっついていくべきか、そんな事まで考えてしまいます。
ちなみに弟の担任の先生は、通常学級の先生で、当然(?)障碍に関しても詳しくはありません。
…なんだか長くなってしまいましたが…。
どなたか相談に乗っていただけたら嬉しいのですが…。
ここに書いていいことなのかどうかもちょっと迷ったのですが…。
ごめんなさい☆とりあえず終わります…。


鈴琳ちゃん 投稿者:M  投稿日:11月11日(土)22時32分45秒

>別にあたりかまわずというのではなく、多分何か、本人にはとても気にさわることを
>言われているのではないかと思うのですけれど。

 本人は何て言っているの?
 今は、何も話してくれないのかな?
 LDと診断されたと言う事だけど・・・、前に確か勉強は出来るって言ってたよね。
 他に、
 例えば下のページに書いてあるような事等、思い当たる事はない?

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/kyokaisen.htm


えっと、 投稿者:M  投稿日:11月11日(土)23時19分29秒

下記ページで教材カード作成プロジェクト(^^ゞに協賛して、

ああ、勘違い!!
おや、どうして??
こら、いいかげんにせんかぃ!!   等々

「日記代わり書きこみましょう運動」展開中  
       ↓ 

http://www.tcup4.com/435/ma2ma3.html


(無題) 投稿者:るり  投稿日:11月11日(土)23時45分19秒

> <NHK総合> NHKスペシャル シリーズ・子供たちの危機 いま何ができるのか
        「第1回 不登校13万人」

見ました。最後に出てくる男の子の話を聞いていて、涙が出てしまいました。
今、私は高熱でボーっとしているので(37度8分も私にとっては、そうなんです)、
もう1度、ちゃんと見たいと思いました。

そして、今、Naveさんの書き込みを読み直してみましたら、とてもいいお話で感動しました。
「今更、何を言ってるの?」と思われるかもしれませんが、そういう人間ですので許して下さい。

鈴琳さんは優しいお姉さんですね。
鈴琳さんが大学を中断せずに、弟さんにとって良い道が見つかります様に!

私は、お祈りする事しか出来ないので・・・


困った性格。 投稿者:鈴琳  投稿日:11月11日(土)23時51分46秒

>Mさん
そう言われれば、そう納得できてしまうような問題なんですよね…ホントに。
だから、周りも対応に困ってるんです☆

聞いても、別にけんかとかはしてないって、そう言うんですよね。
聞き方も悪いのかもしれないけど…。
本人にとっても、プライドとか、色々あるんじゃないかな…と思うのです。
小学校も5年生。
もう、反抗期みたいで、先生の言うこととかも時折は聞けないのですって…。
母がね、悩んじゃって仕方ないですね。
なんて言ってあげたらいいものか……(苦笑)


あ、 投稿者:M  投稿日:11月12日(日)00時08分50秒

いや、そういう意味でなくて・・・、
それらのうち、どれに当てはまるのかが知りたいの。

>聞いても、別にけんかとかはしてないって、そう言うんですよね。

本人、本当にそう思っている(認識している)可能性もあるよ。


鈴琳 さんへ 投稿者:ゆう  投稿日:11月12日(日)02時11分52秒

こんばんは 鈴琳さん 6年生の多動な自閉症の息子を持つ母です。
行動的に問題を抱えた母の大変さは身にしみてよくわかります。でも、本当はその行動によって怒られ続けている本人が1番辛いのだと思います。
私には具体的にどうアドバイスすればいいのか…よくわかりませんが、やはり問題は担任や家族だけでは解決できない気がします。やはり学校全体でその問題に取り組んでもらわないと…、本人も家族も担任も…みんなが大変になってしまう気がします。
参考までに↓のHPをよかったらのぞいて下さい。
http://www.naruto-u.ac.jp/~rcse/s_sbi.html
これがすべての方法ではないですが、1つの案として参考になれば幸いです。


中身のほう… 投稿者:鈴琳  投稿日:11月12日(日)11時20分15秒

皆さんありがとうございます。

弟は、落ち着きがないわけではないのですが、人の気持ちを感じて行動するとかいったことは昔から苦手なようです。
人に好かれようとかも、あまり考えてはいないみたいですね。
それから、本当に、年齢にしては考えられないような些細な事ですぐカーっとなってしまって、いわゆるキレてしまうような状態にもなってしまうみたいです。
自分の話したいことを、いつもではないにしろ、状況を見ずに話してしまうみたいなところも。
そういうことが、時には『自己中心的』な行動、ととられるような…。
パニック、というほどなのかはわかりませんが。
カーっとなってしまうと二つ以上がいっぺんに抱えられなくなることは、たまに目にしましたね…。
実際、いろいろなことは、言えばわかるのです。
でも、その場に立つと何も役に立っていない……。(これは母の言ですが…)
後から言えば、『あ、そうだった!』
友達に暴力をふるったことで叱られたりしても、どうして叱られているのかよくわかっていないみたいな感じだと、母が言っていました。
ちなみに、勉強はできますが、作文などはひどく苦手にしているようです。
順序良く物事を話すことなども、苦手なようですね…。

なんだかこうやって書いて整理していたら、今まで自分がたくさんのことを見過ごしてきたような気がしてきました。
とは言え、私は普段家にいない人間なので、どうしたものか……。
難しいものですね。
私も今は順序立ててものを書けていないと思いますが…。すみません☆


うちの子と似てる・・・ 投稿者:サヨちゃん  投稿日:11月12日(日)18時44分20秒

初めまして。大阪北摂S市在住の四児の母です。
鈴淋さんの弟さんが、うちの子と似てる気がして初めて掲示板というものに書き込みをします。

小五の長男がこの6月に「ADHDを伴うアスペルガー症候群」と診断されました。
うすうすそうじゃないかと思ってはいたものの、当初ショックでやはり眠れませんでした。助けを求め、初心者ながらいろんなサイトを探してここを見つけました。
いつもためになるし、いろんな話題があって楽しみにしていました。でも、もひとつパソコンの使い方がよく分からなくて二の足を踏んでたんです。

でも鈴淋さんのお気持ちがすごくよく分かるので思わずキーボードに向かってしまいました。
だってほんとうちの子にそっくりなんですもの。

この10年どんなに悩み苦しんだことか・・・
勉強はできるのにどうしてこんな簡単なこと
  例えばお友達をたたいてはいけないとか、
     お友達がこっちを見て笑ったからといって突き飛ばしてはいけない(君を笑ったとは     限らない)
     先生が「ノートを開きなさい」と言いながら自分の許しも得ずに勝手に開いたからと     暴れてはいけない
     いやなことがあったら「いやだ」と言えばいいのに何も言わずに教室に入らなかった     り、そのまま学校から出ていってしまったり・・・

あっ!ここまでひどくないですよね
でも人の気持ちが分からないとか、勉強はできるが作文は苦手とか・・・
なんか似てる・・・ってやっぱり失礼ですよね


土曜日、京都まで行って、主人と二人で内山先生の講演会参加してきました。
LDとADHDや高機能広汎性発達障害は別々のものじゃないというお話がありました。

うちの子も字が汚くて、ある方からもこういう子は漢字の間違いやこれからはスペルの誤りが問題になってくるよと言われてるので、
ある一面から見ればLDになるのかな?

LDと診断されてたけど、アスペだったというお話もありましたよ。

うちの子はとにかくラベルをつけてもらってますが、
こだわりのなさや対人性がよいというところで疑問視されてて、
スペクトラムの境目かな?といわれたり・・・


鈴淋さんのおとうとさんも他に原因があるのかもしれませんよ
原因が解れば対処の方法も変わってくるじゃないですか

以前のただただ責められていた息子に申し訳なく思い、そんな不幸な子供さんが一人でも
減ってくれればと思って書き込みしました

診断されてからも解決の糸口が無くたいへんでしたが、
今は親や教師の態度が変わったのと、向精神薬を飲んでいるからか落ち着いてきて
実は話してること(まわりでしゃべってることも自分が使ってる言葉の意味も)がよく解ってないことがあるということを少しずつですが認めるようになってきました。

そして、語用に問題ありと認めてもらえて、言葉の教室に入室できることとなりました。
明日、面接に行って来ます。
明日は親だけですが、その親が今から緊張しています。

これからもここへ来たいと思ってますので
どうぞよろしくお願いします

なんだか長ったらしくてへんなぶんしょうになっちゃてごめんなさい。


はじめまして 投稿者:Stella  投稿日:11月12日(日)18時53分58秒

はじめまして、Stellaと申します。3歳1ヶ月の男の子「ゆっくん」と、11ヶ月の男の子「さちくん」の母親です。
ゆっくんの言葉の発達が遅いと気付いたのは、今年2月ごろ、遠方に住んでいる夫の母が「ゆっくんは何か異常があるのではないか。隣に住んでいる同じぐらいの年の女の子はたくさんしゃべっているのに」と指摘されたからでした。たしかに数語しか話しませんでしたが、1歳6ヶ月検診で異常だとは指摘されませんでした。また、私自身が3歳ごろまで意味がわかる言葉を話さなかったと聞いていましたので、さほど心配はしていませんでした。
3月に市が行っている幼児相談に行って、「たしかに言葉や精神の発達が1年程度遅れている」といわれ、現在は「いちごの会」という市が行っている言葉や精神の発達が遅れている子どもが集まって、自由遊びをしたりお遊戯や紙芝居やお絵かきなどをする会に月に2回の割合で通っています。
8月に購入した「片づけられない女たち」の本を読み、私自身が注意欠損障害を負っているのではないかと疑い、うつ状態になってしまいました。現在は神経科で「神経症」との診断で通院しています。主治医に注意欠損障害について尋ねたところ「最近はいろんな病気が『できて』いるからねぇ」という反応でした。
現在のゆっくんはいまだに意味のわからない言葉をしゃべりながら、彼なりに発達しているようです。もちろんわかる言葉もあるのですが。さちくんにライバル意識を持つようになったのか、さちくんの真似をすることがよくあります。特に私の気を引こうとする時に多いですね。あとは、夜10時のハイハイ爆走……(親は早く寝て欲しいのに)
「いちごの会」にいらっしゃる専門の方から集団生活についてお墨付きをもらったので、4月から幼稚園に入れることに決めました。ただ、言葉はおろか生活習慣が完全には身についていないのが心配です。
まとまらない文章を長々とすみませんでした。

http://www.estyle.ne.jp/stella/


鈴琳ちゃんへ 投稿者:M  投稿日:11月12日(日)19時46分07秒

どんな形でRESしようか迷っていたけど、
サヨちゃんさんの書きこみもあった事だし、今までここでは敢えて書かなかった
ような具体的な指導の手立ても書いてしまおうと思います。
ここは私にとっては”学習室”なので、鈴琳ちゃんを指導法を共に学ぶ同業者と
見て語るという意味に取ってね。
構音障害など、ある程度指導が確立されているものならともかく、とてもとても、
一度も会ったことない子の ”相談室”の役割は私には担えないからね。


鈴琳ちゃんへ その2 投稿者:M  投稿日:11月12日(日)19時55分55秒

その場の状況や人の気持ちが読めない為に、的外れな言動があったり、
読み間違いやストレス耐性の弱さ等の為に、すぐカーっとなってしまったりと
いう事があるって事ね。

>友達に暴力をふるったことで叱られたりしても、どうして叱られているのか
>よくわかっていない。

のなら、きつく叱る事は逆効果でしかないね。
担任の先生は診断の事はご存知なのよね。

確認だけど、診断はLDなのよね。ADHDを合併しているという事でもなか
ったのよね? まあ、それならそれで診断名は、学校に対応をしてもらう為の
錦の御旗ぐらいの意味合いに使わせてもらうとして、内容的には、ADHD等
の対応が有効なのではという気もするけど・・。どう思う?

ところで、
電話は学校での弟くんの行動の事実関係をお家の方に知ってもらうという意味
あいだったのかしらね。

いずれにせよ、担任だけでなく学年、学校で対応や指導を考えてもらうよう事
が必要ね。担任ひとりでは、難しいと思う。
それと、それこそ通級教室等SNEを個別で受けられる場はないのかしら?
下記のページの「自己モニタリングの力を育てる」のような内容をじっくり学
ぶ場。なかったら・・鈴琳ちゃん、やってあげたら!!
週1ぐらいは欲しいところだけど、無理なら月に2回か1回でも。

それと、お母さんには、
同じページの(家庭で)の項の注意事項を話してあげたらどうかな。
因みに、(通常の学級で)の項は、学習場面での注意の集中の困難や、転導性、
多動などがあるかどうかがわからないので、あまり参考にはならないかも。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/kensyu/kobetusidou3.html


鈴琳ちゃんへ その3  投稿者:M  投稿日:11月12日(日)20時02分43秒

それと、アスペについては、三つ組みの内の
社会性の障害はともかく、コミュニケーションの障害と想像力の障害がはっきり
わからないから何とも言えない。
でも、状況認知が特に難しいようなら、
下記のページの社会性の障害(社会的相互交渉の障害)の項に書いているような
指導は有効かもしれないなとは思う・・。どう思う?

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/kensyu/kobetusidou2.html


サヨちゃんさん、Stellaさん 投稿者:M  投稿日:11月12日(日)20時20分01秒

初めまして。 
        < 「随分挨拶が早いね〜〜。」って、そこで叫んでいるのは誰だぁ!!
あ、失礼しました。単なるひとりごとです。
サヨちゃん(さん省略)
>土曜日、京都まで行って、主人と二人で内山先生の講演会参加してきました。

ヒェ〜〜、
実は私も参加しておりました。会場が小さかったとは言え、座りこみ席?まで
あって、凄い熱気でしたね。
因みに、この掲示板のスーパーバイザーの某お方のお姿もお見受けしましたよ。
さて、どなたの事でしょう???

掲示板過去ログ案内に戻る