2000年11月その9
聴力検査 投稿者:ケロ  投稿日:11月27日(月)20時51分31秒

>>平均的な人の可聴範囲外の音まで聞こえるかどうかなら、
>>オージオメーターである程度はわかるのかな。

>これは、病院で調べてもらえるのかしら?これで、聴覚過敏があるかどうかはわかるんですか?

普通の難聴ではだいたい250(ブー)・500・1000(ピー)・2000・4000(キーン)Hzでやるようです。
いわゆるこれが平均的な可聴範囲なのかな?
表は8000Hzまで書き込めるようになっているから、聞こえる人の方が少ないくらい高い音まで測れるのかなぁ。

発語があるなしに関わらず、音が聞こえたらボタンを押すとかのルールを理解できないと正確な検査はできないと思います。ヘッドフォンを着けて片耳ずつやるし、幼児のうちは「嫌がってできない」子なんもたくさんいます。
ABRは高周波の音でやるので、更に結果は万能ではありません。例えばうちの子は低い周波数では良く聞こえるけど、ABRで使用する周波数ではスケールアウト(全く聞こえない)と判定されるんだから。

>いくら補聴器をつけて音を大きくしても、音そのものは歪んで聞こえてしまうわけだけど、
>その時に、ただ聞こえるかどうかだけではなく、実際に語音が正しく弁別できているかを
>みる検査はあるにはあるよ。

その検査、私も知りた〜い!
これって「ひらがな」を理解してないとダメ?
物には名前があるという事を知っていて、言葉をひらがなで表現できる事を知っていなくてもできる検査ってあるのかなぁ?
あ、「たまご」と「たばこ」とか、似たような名前のカードを並べて選ばせるってのである程度判るのかな。(それでも名詞をある程度覚えておかないとダメって事かぁ)
明日、ろう学校の先生に聞いてみようかな。知っているハズ・・・だよね?

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


わかっちゃいるけど 投稿者:ひいろ  投稿日:11月27日(月)21時15分19秒

>「自分の事わかってくれる」と言うより、「自分は何も言わなくていい」状況に
>なっちゃってるカモ〜♪

やめられない♪
私って根がおしゃべりですから・・気をつけていてもやっちゃうんですよ。

実はね、最近発見したんだけど、ドラっていつもと違うおでかけを(旅行とか、実家にいくとか)
すると、ものすごくよくしゃべるんですよ。
だから親なしで実家に1泊預けたら、もしかするとしゃべるんじゃないかと思ったりする。
本人が「しゃべる必要性」を感じてるのかは不明です。単なる興奮状態という気もするし・・


わかっちゃいるけど 投稿者:ひいろ  投稿日:11月27日(月)21時16分06秒

>「自分の事わかってくれる」と言うより、「自分は何も言わなくていい」状況に
>なっちゃってるカモ〜♪

やめられない♪
私って根がおしゃべりですから・・気をつけていてもやっちゃうんですよ。

実はね、最近発見したんだけど、ドラっていつもと違うおでかけを(旅行とか、実家にいくとか)
すると、ものすごくよくしゃべるんですよ。
だから親なしで実家に1泊預けたら、もしかするとしゃべるんじゃないかと思ったりする。
本人が「しゃべる必要性」を感じてるのかは不明です。単なる興奮状態という気もするし・・


げっ、二重投稿! 投稿者:ひいろ  投稿日:11月27日(月)21時18分16秒

すんません。やってしまった・・

>要するに・・

いわゆる発達の遅れた幼児の為の聴覚の検査って、これからって事なのかなぁ?
でも広い日本にそうゆう専門家の一人や二人いてもおかしくないと思うのだけれど・・
誰かいませんかぁ?・・とよぴかけておこう。


でもさ、 投稿者:ペンギン  投稿日:11月27日(月)21時49分42秒

「いか」と「かい」
「かに」と「かめ」
の識別が出来ているかどうかなら、その辺のおもちゃでも確認できない?

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


いや、 投稿者:M  投稿日:11月27日(月)22時26分32秒

>いわゆる発達の遅れた幼児の為の聴覚の検査って、これからって事なのかなぁ?
>でも広い日本にそうゆう専門家の一人や二人いてもおかしくないと思うのだけれど・・
>誰かいませんかぁ?・・とよぴかけておこう。

聴力だけなら、ABR以外にも乳幼児にも可能な検査はあるし、
それこそ、昨晩話題になった検査についても、日夜、研究をしておられる専門家も大勢
おられると思うよ。

私をはじめ、ここの皆にはその情報が入っていないだけかもね。


ふわぁ〜 投稿者:ケロ  投稿日:11月28日(火)02時31分18秒

>「いか」と「かい」、「かに」と「かめ」

かろうじて知っているのが「かに」だけだぁ〜(現在4歳半)
うちの子は、子音の大半が聞こえづらいのだけど、かなり前から(ウルトラマン)ティガとダイナとガイアはきちんと聞き分けられました。特にダイナとガイアは、母音のみだと全く一緒なのよね。でも、絶対に間違えない。そっくりのロゴも間違いなく見分けられます。
けれど半年前は「バナナ取って」というと実物は持って来れても、絵になると必ずと言っていいほどミカンを指差していたの。最近は間違えなくなったけど。うーん、よく解らない。
先月のSTの時に「手はどれ?」の質問に答えられなかったんですが、手を洗っているカードを先生が並べた途端に指さしして「てをあらって!」と喜々として叫んでいました。
私はこの「手を洗って」は二語文だと思っていたんだけど、STさん曰く「これはまだ単語のようなもの」だそうです。そう言えばワンフレーズで覚えているという方がピッタリなの。
そう考えると「ボクも行く」も丸暗記っぽい。

言葉を獲得するまでの段階って、原因は様々でも結構共通点が多いと感じます。


聴力検査 投稿者:マー君のママ  投稿日:11月28日(火)11時31分53秒

マー君はことばが出ないと言う事で…2才の時に滲出性中耳炎だったので、原因の一つと言われ、大学病院であれは脳波の検査だったのかなあ、寝かされて検査をした事があります。耳の聞こえがああ言う検査でもわかるの?


その検査って、 投稿者:ペンギン  投稿日:11月28日(火)13時11分12秒

にがーい薬飲ませて、眠らせてやる検査?
あれは、純粋に聴覚の神経的な機能を調べてるのね。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


検査の意味 投稿者:megumi  投稿日:11月28日(火)15時03分58秒

皆さんの書き込みを見ていて、
その子の特徴を知って、援助の方針を立てる手がかりにするためにする検査も
結局は、日ごろの熱心な観察の結果「ひょっとしたら***なんじゃないか?」という
予想があってこそなのかな、って気がしてきました。


あれは、 投稿者:ペンギン  投稿日:11月28日(火)19時36分32秒

単に、「器質的な異常はないか・てんかんはないか・聴覚障害はないか」という基本セットの検査です。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


(無題) 投稿者:ちひろ  投稿日:11月28日(火)20時22分06秒

↓この検査は手術をする前に一応、殿(長男)が受けた。(睡眠薬飲んでする検査)
軽度の異常があるが、障害と言うほどではないという結果だった。

オージオメーターの検査は殿と姫(長女)が受けたことがある。
2人とも軽度の異常があるが、障害と言うほどでもないという結果だった。
殿は右耳の鼓膜がないので検査の結果と関係なく治療中。

言葉を聞いて、紙に書き取る検査(たぶん感音難聴の検査)を姫が耳鼻科で受けた。
これは、全く異常なし。

いろんな音を混ぜて聞かせて、一つの音が聞こえたらブザーを押す(脳波も同時に測った)検査も姫は受けている。
少し反応が遅いが大丈夫ですという結果。

全部、受けてくださいと言われて受けた検査だが、うーん、何だったんだろう。
おもしろかったけど、大学病院の研究材料か!?(関係者の皆様、ごめんなさい。)


それとー、 投稿者:ちひろ  投稿日:11月28日(火)21時25分42秒

ABRっていう検査がどういう検査かわからないけど、女王ちゃん(次女)が療育園に入園する前に受けてくださいっていう事で、難聴児の通う通所施設で耳の検査を受けた。
音を聞いて、聞こえたらボタンを押す。押したら電車が動いたり、人形が踊ったりする検査。
重複障害児が何人か来てて検査は大変だった。
ウチの場合で2日かかった。
あっそうかウチも、もし難聴だったら重複障害児か。


聴力検査。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月28日(火)22時06分51秒

こくっぱが全然しゃべらなかった頃、「しますか?」って言われてましたが,
予約して何ヶ月もかかることが判明し,結局しゃべるようになったので,
取りやめになりました。
・・・脳波は取ったけど異常なし。
もう検査はこりごり<母が。


聴力検査については 投稿者:M  投稿日:11月28日(火)22時11分12秒

去年の9月9日に、某M氏がわかったような事を書いているようですよ。(下にリンク)
へへへ、一応ことばの担当になる前に「きこえ」の勉強もさせて頂いたんですけどねぇ。
ほとんど教科書の丸写しだったりして・・。
         
あ、きこえの検査の情報を求めてここに来られる方があるとまずいので、
ちょっと訂正いれておくね。 

>言葉を聞いて、紙に書き取る検査(たぶん感音難聴の検査)
 
 これが語音弁別検査。
 感音性難聴かどうかは、骨導検査といって耳の後などの骨の所ではかる検査をするのよぅ。
 
 もっと知りたい方はここからもリンクしているこだりんさんの小屋のサイトにどうぞ。
   ↓
 http://www.nk.rim.or.jp/~kod/index.html#TOMO
                   でも、今、改装中みたいね。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/999gatu1.html


ごめんなさーい。 投稿者:ちひろ  投稿日:11月28日(火)22時30分05秒

なんやかんや経験だけは積んでるんだけど、何ーにも覚えてないんだよね。
私って、アホ!♪


ありゃ、懐かしい自分の書き込み 投稿者:ひいろ  投稿日:11月28日(火)22時51分10秒

そういえは、そんな話ありましたよねぇ。
それで思い出したんだけど(確か書き込んだと思うけど)
ARBの検査結果が「音への反応が普通の子より早い」って言われたんだわ。
・・・すっかり忘れてた。それも聴覚過敏じゃないかって思う要因だったんだわ。


ABRって言うのが、 投稿者:ちひろ  投稿日:11月28日(火)23時15分38秒

お薬飲んで眠ってやる検査なのね!?
殿が2才の時だったわ。
今度は間違ってないよね、たぶん。


先週末の 投稿者:megumi  投稿日:11月29日(水)16時59分36秒

先生方の劇を突然「僕、見るよ!見たい!」と言い出した少年。
ところがその時間には坊主の太鼓の練習が入っていました。

どうしようかと困っていたら、少年のクラスの女の子(世話女房タイプ)が
通りかかり、事情を話すと、「あ、それじゃ私たちと一緒に見よう」と……
少年もすっかりその気です。

いじめのシーンを見てパニックを起こさないか心配だったのですが
少年は「怖くなったら耳をふさぐよ」などと言っていましたので
ええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜い、ままよ!と
上演開始直前の体育館を坊主と二人で後にしました。

坊主を太鼓の練習に送り届けて、急いで体育館に戻るとすでに劇は終わって
少年は平気な顔で帰り支度をしていました。
「怖くなかった?」と尋ねると、「大きな声でうるさかった」という返事。
「どんな話?」と聞くと、「S先生がN子やねん。」
(役柄に扮していると言うことはわかっている様子)
でも、怖くなかったことは確かのようでした。
どうして怖くなかったんだろうと考えて、思い当たったのが「いじめの内容」。
無視や仲間外れのような心理的な意地悪なら、少年にはまだ読み取れないかもしれない。
先生に聞いてみたら、やっぱりそうでした。

ほっとしました。


そういえば姫が小2の時に、 投稿者:ちひろ  投稿日:11月29日(水)18時05分07秒

小学校で観劇会があって、その中で人が殺されるシーンがあった。
姫は、そのシーンを見てから、「死んじゃった、死んじゃった。」と言って、大声で叫び続けていた。(家に帰ってからも)
物語とかにあまり興味がなくてテレビもあまり見ない人だが、そのシーンだけは目に焼きついたらしい。
可哀想な事をした。そんなシーンのある劇だとは知らなかった。


話の流れからそれていますが・・・ 投稿者:ニャッキ  投稿日:11月29日(水)21時45分07秒

こんばんは。
息子(2歳5ヶ月・自閉症?)が私をたたいてきます。
悪いことしたり、危ないことしたときにきつくしかると、
「あう!!」と言いながら私に殴りかかるのです。
それならまだいいのですが、今日はわけもなくたたいてきました。(ニコニコと)
でも、けっこう痛かったので、きつい感じでしかったら、
さらに強くやり返してきました。
これって、パニックなんでしょうか・・・?


少し訂正。 投稿者:ニャッキ  投稿日:11月30日(木)05時53分24秒

さらに強くたたいてきたのは、怒って叫びながら・・・です。

ほんと、「あう!!」しか言わないので、わけわかんないです。(苦笑)


そういう時は、 投稿者:ペンギン  投稿日:11月30日(木)07時32分17秒

叱る人の心理状態に同調してしまうので、叱る時に怒るのをやめればやめるのでは?

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


そうか 投稿者:M  投稿日:11月30日(木)08時03分56秒

○○療法的な教科書には、叱ることが本人にとっては相手になってもらうことになって
しまう訳だから、無視しなさいって書いてあるよね。

でも、子どもの内的世界から見ると、そうではなくて、自分とお母さんとの境界線がない
状態って事なのね。
フロイトの例の母子神話的な作り話(おいおい)は好きではないのだけど、こう見ると、
彼の言う自我の発達を促すという考えも満更、結果的には、全く的外れではないって事ね。
                     < 違うかなぁ・・。


う〜ん 投稿者:ひいろ  投稿日:11月30日(木)09時52分50秒

うちの場合も3才になるまでくらいは、そうゆう事があったような・・
3才をすぎた時くらいから、わかってきたようです。

私は「ダメ」と「やめて」という言葉を使い分けていました。
「ダメ」は危険な行為のみに使用していました。
今は、かなりの事を理解しているようなので、あまり気にしていないで言葉を使ってますけど。
(う〜ん、危険かもしれない)

私はたたかれたら、部屋の隅で泣きまねしてました(笑)
「たたいたら、かまってくれる(怒ってるのもかまってるうち)」だと、また繰り返すでしょうね。
「たたいたら、こっちを見てくれない」とか「たたいたらお母さんがどっかにいっちゃう」のほうが
理解しやすかったようです。


情報を求めています 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月30日(木)13時51分56秒

うちの療育掲示板で、ADHDの治療薬に
リタリンではなく、
パーキンソン病の治療薬レボドパを投薬されているケースの相談がありました。

正直、レボドパが治療に使われる、と言うのは初耳でした。
(と言っても、まだそんなに長いこと勉強しているわけじゃないから、
 私が知らないだけかもしれないけど)
この件に関して、何かご存じの方がいらっしゃいましたら
ぜひ、アドバイスをお願いいたします。m(_ _)m

「療育掲示板」↓

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/cgi-bin/ryoiku/light.cgi


たたくのってこだわり? 投稿者:マー君のママ  投稿日:11月30日(木)14時46分45秒

こだわりの一つにたたく子いませんか?自閉症の子で見たことがあります。どこに行ってもたたいている子…加減の部分は難しいよね。


なるほど! 投稿者:ニャッキ  投稿日:11月30日(木)20時31分32秒

いつも、初心者発言ばかりしてすみません。
みなさんのレスを読ませていただいて、いろいろ考えました。
心理状態に同調する・・・目からウロコです。
私が怒るから、息子も怒る・・・。私が笑えば、息子も笑う。確かにそうかも。
つい、感情的になっていました。反省・・・
今度からは、ひいろさんのおっしゃったような方法で、かわしていけたらいいなと思いました。
マー君のママさんのおっしゃっているような、「どこにいってもたたいている子」には
なってほしくないなあ・・・
私にならいいけど、よその子をたたいちゃうと迷惑になっちゃいますもんね。
うーん、むずかしい・・・。

掲示板過去ログ案内に戻る