2001年1月その3
クリニックかとうへ行っています。 投稿者:マー君のママ  投稿日: 1月11日(木)21時47分34秒

我家のお兄ちゃんはかとうさんです。私は加藤先生好きですよ。昨年末、我市で加藤先生の講演会があったので行ってきました。よこはま発達クリニックの講演会も行った事ありますが、ADHDについての話しも負けず劣らずです。
療育センターに託すのも良いと思いますが(我が家もマー君は行っています。)私は仲間で勉強会をしています。ここで学んだ事が大きくて少しずつですが役に立っています。
目標は療育センター等で学んだ事を継続して親が見て行く事です。現在は専門科の先生が来て下さっておりますが、将来はお母さんたちだけで・・・と言っておりますが出来るのでしょうか?
近くの方もいらっしゃるようなのでもし良ければ・・・
実はこの勉強会で(もう3,4年やっているでしょうか?)ADHDの特徴を知り、お兄ちゃんのADHDを私が診断したのです。他のお母さん達は「絶対にADHDなんかじゃない。」と今でも言っておりますが、病院でも診断されているので間違いありません。
マー君は今、よこはま発達クリニックの初診待ちをしています。今回初診料が変わったので「エッ!!」「ワッ!!」と思ったのですが、中味が濃いので予約しました。
やはり納得の行く病院が良いですよ。


勉強会 投稿者:マー君のママ  投稿日: 1月11日(木)21時52分11秒

フォローの部分をお母さんが出来る様になるって良いと思いません?
でも、なかなか難しい・・・
頑張りますです。ハイ


まつこさん 投稿者:NS  投稿日: 1月11日(木)22時00分19秒

〜「子どもはなぜ親の言うことを聞かないのか」/エドワード ハロウェル著〜
早速、bol.com(知り合いがSEをやっているので)の方で注文しました。
ありがとうございました。


hideさん 投稿者:M    投稿日: 1月11日(木)23時23分43秒

はじめまして。下記リンクは「全国LD親の会」のホームページの中の医療機関を紹介
しているページです。
LDに限らず、発達の遅れ、言葉の遅れ、などの相談を受け付けてくれる機関です。
養護学校の小学部ですよね。今後どのような手立てが必要なのかを、学校の方にしっか
り伝えてくれそうな所というと・・どこなのでしょう。
そういう事にも力を入れてくださる医療機関も増えてきたのは確かです。
ほんと、それがなければ何にもなりませんもんね。

http://www.normanet.ne.jp/~zenkokld/soudan.html#kinki


司さ〜〜ん 投稿者:M    投稿日: 1月11日(木)23時26分28秒

>困った事というのは、言語療法中等、わざとに不正解して
>言語療法士の先生の(オーバーアクションな)反応を楽しむ
>事がクセになってしまっていることです。

確か、緊張の強いタイプでだったよね。
今はもう変わってきた?
そのSTさん、その辺のことも当然考えておられる筈よね。
司さんからみたら、そういうリアクションを取る事ももう必要ない段階にきている?
だったら、
「もう、心から楽しめるようになってうれしいです。
 次の段階として、○○を目指したいんですけど、まだ早いですか。」
なんて、聞いてみたらどうかな。


しのちゃ〜ん、 投稿者:M    投稿日: 1月11日(木)23時29分23秒

やっぱりメールではなくてここに書いたほうが良いでしょう?
ここなら、みんなで共有できるものね、情報を。

>普通学級と言葉の教室の通級ということに
>なりました。

ほんとに、良かったね。

ことばの教室の先生がたぁ〜〜〜〜!
宜しくお願いしますねぇ〜〜!!
     < 担当になる先生、ここ見ていくれてたら良いのにね。

ところで、
>・・・・言語発達地帯の6才の娘がいまーす。

それ、どこら辺?
引越し希望者が殺到しそうね。
    < つっこみ担当の〇ンコちゃんが禁ネットしているみたいだから
      代わりにボケ担当のMがつっこんでおきます。


言語発達地帯に 投稿者:かめ兄弟の母  投稿日: 1月12日(金)01時13分53秒

ウチの子達を連れて行ってみた〜〜イ!!
きっと、言葉を介さない遊びが出来るのでは???
言葉掛けが多ければ多いほど、
人を避けてしまううちの子達には、
気楽に過ごせそう・・・!!


発達遅滞ですよ〜ん。 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月12日(金)07時26分28秒

発達遅滞地帯にみんなの子ども全員を入れれば、全員「普通」になるでしょう。それが、「正常」になるから。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


もうすぐ卒業を前に 投稿者:マー君のママ  投稿日: 1月12日(金)14時38分19秒

子供の困った事ってその時はとっても困って悩むのですが困った事も周期的にいろいろ変わって行くから、「今思えばあんな事で悩んでいたんだな〜」って思うこともあります。
私をボケないようにしてるんだなと考えています。
皆さんもボケないでねー
で、言語発達遅滞のマー君も遅れを取り戻すかのごとくしゃべり続けています。
我が家の今、困っている事です。『エコラリヤ』ですか?話し始めたら始まると思っていました。
私も言語発達地帯にマー君を入れておきた−い。


私は、 投稿者:ケリー。  投稿日: 1月12日(金)23時08分07秒

「言語発達地帯」に出向いて、お勉強させてもらいたい。
一生懸命話そうとしているモックを、いっぱい理解してあげたい。

明日の朝9時から「会議」があります。
モックとピノコとママが、楽しく暮らせるためのルールを決めるのが議題です。
夕食時にモックが提案しました。
楽しみです。


皆さん、有り難うございました! 投稿者:  投稿日: 1月13日(土)07時22分36秒

 皆さん、色々なご助言、有り難うございました!

 あれから娘の緊張も緩和され、現在は「音の発信源を全く想像
出来ない(知らない)耳障りな大きな音」と「自分のあまり良く
ない事を先生に報告されている時」に少々固まる程度になりました。
何時でもどこでもカチンコチンに固まっていた昔の娘を知らない
人には「緊張が強い???」と言われるようになったので、成長
したなぁ〜。。。と、うるうる きている現状です。

 そんな娘ですが、やはり「これなあに?」「○○はどれ?」等、
問いには即答出来ないんですよね。回答するまで時間が空くんです。
理解出来ていないのか、自信が無いのかはわかりませんが。。。
あと、長く話を聞くことにムラがあり、自分の興味がむかない事
は聞いていないのか、聞いていても無視なのか。。。という事も
あります。

 そんな訳なので、とりあえず「常時、長く話を聞いていられる」
事、「即答出来るようになる」事を目的に、正解も不正解も
オーバーアクションなのかしら。。。と母は推測しています。
先生のリアクションは本当に面白いんですよ〜♪
「先生って、昔、どこかの劇団に所属してたのかしら。。。?」
と思うほどです。
 正解のリアクションは、家でも外でも 耳慣れたり見慣れたり
しているモノだけど、不正解のリアクションがあれほど豊かな
のは先生だけなので、新鮮味があるんでしょうか。。。

 わざとに不正解を言って、相手から自分の欲しいリアクションを
引き出す。。。なんて、よく考えて行動してますよね。
それだけ成長したんだと、本来ならば喜ぶべきところなのかも
しれませんね。
4月から入園という事もあり、知らないうちに私が焦っている
のかなぁ。。。

 とりあえず、言いにくいのですが、次回2月の言語療法時に
先生に意図を聞いてみようと思います。
 


どうもすいません 投稿者:まつこ  投稿日: 1月13日(土)10時32分53秒

そうだったんですか……。失礼しました('◇')ゞ>司さん
過去ログを久しぶりにうろうろして、納得です。
……でも自分がこちらにお邪魔してからの過去ログは
あんまり読み返すこともなかったのですが、しみじみ面白かった。

それで、久しぶりに関係HPをネットサーフィンしていて
「ダダ父通信」」に「ダダ母たより」がUPされていることを発見。
(公開は先月だったからご存知の方もおられると思いますが)

特にダダ君のひとり旅日記がとっても楽しかったですよ。


まつこさんへ 投稿者:みらい  投稿日: 1月13日(土)15時45分31秒

レス遅くなってすみません。
ものもらいが出来て片目眼帯なので、PCから離れていました。(^-^;;;;

そうですね。今後の為にも不安なことは聞いたほうが良いですよね。
まだ、2回しかゆっくりとお話したことが無いので(ドクターとは)
雰囲気がつかめてなくて。。。
今度の診察のときに、聞いてみようと思います。<でも、まだまだ先(T_T)

どうも、ありがとうございました。<(..)>




公文に見切り? 投稿者:keiママ  投稿日: 1月14日(日)11時49分08秒

はじめまして。
いつもROMさせていただいているkeiママと言います。
初めての書き込みなのに、相談ごとを書いてしまってゴメンナサイ。
煮詰まってしまったので何とかヒントがいただきたくて・・。

うちの小4のkei君は、小1の時から公文に行っています。
今まではこれでいいと思っていたのですが、最近算数のプリントが思わしくありま
せん。
二桁×二桁の掛け算、三桁÷二桁の割り算、など一旦終わったプリントも、時間が
たつと忘れてしまい、しばらくぶりにやるとできなくなっています。
公文のやり方として、応用問題はまったくなく計算ばかりだし、その計算のプリン
トのやり方も、かけ算ならかけ算ばかりを集中してやっているので、他の四則計算
を忘れてしまっていたりします。

こんなんじゃ、もうやっていても意味無いんじゃないかな、と迷っています。
自閉症スペクトラムの子なので、文章題などはまだ1年生レベルです。
中学、高校のことを考えると、暗澹たる気持ちになってしまってついついひどい言
葉を投げかけてしまいます。
高学年の公文について、どなたかアドバイスをいただけると嬉しいのですが。
いきなりの書き込みでスミマセンです。


kei君は、楽しく通っていますか? 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 1月14日(日)14時07分50秒

お子さんがどんな気持ちで通っていらっしゃるのか、わかりませんので「楽しく」通っていらっしゃるんでしたら、問題はないと思うのですが。
実は、高校生の頃、公文の算数の先生のアルバイトをしていました。
もう、20年以上前です。
計算力をつけるという意味だけで言えば、公文はドリルでとことんやりますから、
必ず計算力はつくと思います。やらないよりは、やった方がいいという意味ですね。
応用問題にしても、パターンを覚えさせるのが公文方式です。
受験戦争に勝つためになら、やる意義は大いにあります。
いかにたくさんのパターンを暗記して、瞬時にそれらを引き出して使えるかで
受験の勝ち負けは決まりますから。

しかし、生活力をつけるという点では無意味です。
問題の本質を理解しないでパターンを覚えても、違うパターンの問題には対処できませんので。
無理やり計算力をつけるより、正しい電卓の使い方を教えた方が、
生活する上では使えると思うからです。

我が子が生きていく為に、学歴が必要だと考えるなら、やはり公文は捨てがたいです。
しかし算数は、問題を解くセンスと発想が本当は一番大事なんです。
計算機を使って、いろんな問題を解く力が将来的につけば、それでいいという考え方もあります。

全然アドバイスが出来なくて申し訳ないのですが、普段生活する上で必要なのは、小学校3年生くらいの算数で十分ですよね。苦手なことをほったらかしにしてはいけないと思いますが、得意なことを伸ばす方がいいこともあるんではないでしょうか。
お子さんの全体像がつかめないまま書き込みをしましたので、失礼なことを書き込んだかもしれません。お許しください。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


公文かぁ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月14日(日)14時33分11秒

やっぱり、私も回答するべきなんだろうなぁ・・・。(^_^;
一応、近所の公文教室に、英語のお手伝いに行ってますから。

あ、焦らなくてよいですよ、keiママさん。お気持ち、よ〜く分かりますから。(^^)
母が公文に手伝いに行っているというのに、小5の長男は進研ゼミのチャレンジをやっていますし
5才の次男(ADHD)もこどもチャレンジをやっています。
まったくもって、所長泣かせの公文講師です。(爆笑)

一言で行って、公文には「合う子どもと合わない子どもがいる」ということだと思います。
いえ、これは公文に限らず、どの学習塾にも当てはまることですが。
どの子供にも合うオールマイティな学習塾(学習教材)というのは、存在しません。

公文は、学年に関わらず、その子の学習理解の進度に合わせて課題が与えられますから、
学習が遅れている子も、あまりプライドを傷つけられることなく学習していけますし
自分の得意な分野なら、いくらでも先に進めます。
つまり、その子の能力に合わせた学習指導が受けやすい、ということですね。
また、その日に学習するプリントが始めに渡されるので
その日の学習内容や分量が目で見て理解しやすい形になっています。
学習に関しては、かなり「構造化」が進んでいるので
自閉スペクトラムのある子には、学習形態が理解しやすいのではないかな、と思います。

ただ、大きい教室になればなるほど、
多数の子どもたちが、入れ替わり立ち替わり教室に出入りするので
安定した環境を望む子供には、ちょっと辛い部分が生じるかもしれません。
また、強いADHDを持つ子などにも、気が散る要素が多くなるので、
静かな学習環境を特に心がけてもらうと良いかもしれませんね。
このあたりは、その子どもさんによってずいぶん違ってくる部分ですが・・・。

で、ご相談の件ですが
算数が、新しい単元に入ってしまうと、前の単元の内容を忘れてしまうとのこと。
これは、本当に完全に忘れているのでしょうか?
それとも、最初忘れてはいるものの、
やっているうちに、先の内容を思い出してくるようでしょうか?
後者であれば、普通の子どもたちと同じ反応ですので、余り心配はありません。
元来、学校で習う算数・数学は同じ単元が少しずつ高度になりながら、
繰り返し繰り返し、時間をおいて出てくるものですので。
前者の場合は・・・・・・
子どもさんの特性に合わせた学習法・指導法を、改めて考えてもらうべきかも。(^_^;)

文章題、確かに公文には少ないですね。
全くないわけではありませんが。
文章の読み取りに苦手を持っているのであれば、公文の国語をやるのも良いかもしれません。

・・・・・・。(^_^;)
公文からお給料をいただいている身としては
これ以上はちょっと書けませんね。(笑)
とにかく、発達障害を持つ子たちには、公文の合う子と合わない子がいる。
これだけは、確かです。
子どもさんの様子をよく観察し、
通っている教室の先生と相談なさってみると良いでしょう。

あまり参考になるアドバイスができなくて、すみません。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


keiママさんへ 投稿者:マー君のママ  投稿日: 1月14日(日)16時10分11秒

我が家はちょっと違うパターンです。ADHDのお兄ちゃんは小3の3学期から公文に行かせ始めました。それまでは私が見ていたのですが、教える私が行き詰まり公文に託しました。
小1からやりなおして頂き少しずつ自信をつけながら続けてきました。前に進めない時もありましたが、そんな時には前に戻ってもらい、復習をさせてもらいました。その辺は自由に選択できるのではないでしょうか?先生にもよるのかもしれません。
教室によっていろいろの様で、お兄ちゃんが行っている公文は宿題は親が添削して100点にして持って行く形をとっています。友人にはそれはおかしいと言われました。先生は何をしているの?放棄しているんじゃないの?と、でも、そこの先生はそう言う形で行くと上達が早いからとの考えを持っています。どちらが正しいかはわかりませんが、私も復習が出来ましたし、わからないところを母と一緒に直すのは良かったかな?でも、中2位から母、リタイヤです。
あんなにわからなかった子が行きつ戻りつしながらも前に進んでおります。
先に進んで蓄えを小出しに・・・と言う感じで中2の現在、高1の問題をしていますが調度追いついていると言うところかな?
暗算は私より早く出来る様になっています。
国語も英語もしましたが国語はだんだん難しくなり親もお手上げになりました。
英語は内容は良かったのですが小6から始めたので遅かった様です。中学になって教科書とは別のところをするようになってしまい、ちょっと大変になってしまいました。
個人差があるのでなんとも言えませんが、わからなくなってしまうところをもう一度やらせてもらったりしては如何ですか?
やめるのは簡単です。でも、また始めるとなるとエネルギーを使わなくてはならなくなりますよ。
もう少し先に行くと文章題も出てきます。
私も図形とかがないので不満に思った事もありますが案外出来ていました。
アドバイスにはならないかな?


あの・・・ 投稿者:ケリー。  投稿日: 1月14日(日)21時23分49秒

裏、「投稿出来ない」んですけど・・・・
なんで?


弱点は 投稿者:まつこ  投稿日: 1月15日(月)09時05分54秒

自分自身も子どもも公文の経験はありませんし、
子どもは3年生なので高学年のことに関してコメントするもの
どうかとは思うのですが、ちょっとだけ失礼します。

>自閉症スペクトラムの子なので、文章題などはまだ1年生レベルです。

当然のことではないでしょうか?
3年生の文章題を見ていても「げ、意地悪な聞き方だなぁ。」と思います。
もちろん出題者の意図は本質的に理解しているかどうかを問う所にあるのだから
そういう問題もあるべきでしょうが、それも全部できなくてはいけないのか
疑問に思います。

算数より、数学の方がそういう「本質的(意地悪)」な問題は減って
「この問題はこう解く」と覚えてしまうことで
点が取れるようになるのではないでしょうか?(これは私の実体験……)

うちは、お手上げの文章題はのんびり構えて
比較的取り組みやすい計算問題で少しでも自信をつけることをめざすと
割り切ってしまいました。

うちの子も前の単元はしばらくすると忘れています。
「難しい。わからん。」と逃げ出そうとするのを
3問くらい手伝うとなんとなく少しずつ思い出して
4問め以降自分で考えたと彼自身が感じると
「僕って天才!」などと調子のいい事を言い出します。

……ちょっとだけのつもりが、長かったですね。失礼しました。


アドバイスをありがとうございました 投稿者:keiママ  投稿日: 1月15日(月)14時53分00秒

こくっぱの母さん、朝倉玲さん、マー君のママさん、まつこさん、
アドバイスをありがとうございました。
皆さまの意見を読んで、停滞した時すぐにやめることを考えなくてもいいのかもし
れないと思いました。
本人は特に公文を嫌がっているわけでもなく、ゲームをやる前や友達と遊ぶ前には
必ず学校の宿題と公文の国語と算数のプリントをすませておくというリズムがしみ
ついています。
文章を読み取る力が何学年も遅れているようなので、ついつい親の方にあせりが出
てしまって。
ここに登場されるお母さん方は皆さん子育てを楽しんでいらっしゃるようなので、
すぐイライラしてしまう私は自己嫌悪です。
また色々ROMさせていただきながら勉強したいと思います。
ありがとうございました。


最終報告が出ました 投稿者:「けやき」管理人  投稿日: 1月16日(火)18時53分24秒

21世紀の特殊教育の在り方について(最終報告) 2001/01/15
〜一人一人のニーズに応じた特別な支援の在り方について〜
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/006/toushin/010102.htm

21世紀の特殊教育の在り方について(最終報告)概要 2001/01/15
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/006/gaiyou/010101.htm

21世紀の特殊教育の在り方に関する調査研究協力者会議(第7回)議事要旨
平成12年12月12日(火)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/006/gijiroku/001/001201.htm


Mさん! 投稿者:あっきー  投稿日: 1月17日(水)01時09分22秒

とってもとっても遅ればせながら新年の御挨拶に伺いました。
パソが年末年始と1ヶ月以上入院してしまい、年賀状作れず、メールやネットでの挨拶も
出来ず、仕方なくテレビ三昧をしていた日々でした。
やっと今日は御挨拶まわりをさせて頂いております。
今年もよろしくお願いします。

仕事も少し始めたのでROMばかりとなってしまっているのですが
毎日必ず寄っておりますので、これからも勉強させていただきたいと思います。

ちなみに今年の4月から私の住んでいる市内にやっとひとつ通級が出来る事が
決まったそうです。あと2年後の就学ですが通級教室の先生がMさんのような方で
あったらうれしいなあと思っています。


はじめまして 投稿者:エリアス  投稿日: 1月17日(水)10時07分59秒

みなさん、はじめまして。エリアスといいます。
うちには、今一歳十ヶ月の息子がいるのですが、一歳九ヵ月の時に、「自閉症の傾向がある」
との診断を受けました。
今現在の息子の状態ですが、
・指差しが出来ない  ・呼んでも振り返らない  ・意味のある言葉がひとつもでない
・横向きに寝た状態で、ミニカーなどを動かして遊んでいる
・要求は、すべてクレーン現象
という感じです。
ただ、人見知りはするし、母親である私にはよく懐いており、後追いもしています。
また、同じくらいの子供達と遊ばせると、特に避けている様子はなく、
どちらかといえば寄っていって、一緒に遊んだりもしています。
療育を受けることを勧められたのですが、実は今現在、主人の仕事の関係で
台湾に住んでおり、こちらにも、そういう機関はあるのですが、言葉が通じないため
受けることができません。私と子供だけ帰国して、日本で療育を受けることも
考えましたが、まだ子供が小さいため、父親もいるこちらで家族3人で暮らした方が、
子供のためにはいいのでは、ということになり、もうしばらくは、こちらにいることには
なったのですが・・・。でも、果たして、このまま様子を見ていていいのだろうか、と
とても不安で不安でしょうがないのです。
どなたか、うちの子と同じような症状の子をお持ちの方いらっしゃいますか?
あと、遊んであげると笑ったり、「おいで〜」と両手を広げると走って抱きついてくる
子供を見て、主人は、「こいつは、自閉症じゃないよ」と言っているのですが、
自閉症にもいろいろ個人差がある、というし、そのへんはどうなんでしょうか。

はじめてなのに、質問づくめですみません。とにかく、この不安な毎日をどうにか
したいのです。よろしくお願いします。






エリアスさん はじめまして 投稿者:satomi  投稿日: 1月17日(水)11時59分24秒

はじめまして(^^)

こちらはご無沙汰してしまっているんですが(ROMはしてます)お子さまがウチのヒロ(現在2歳5カ月男の子・自閉症)と似た感じなもので思わずカキコしています。
ウチのヒロも1歳10カ月ころに療育センターで自閉症であろうという診断を受けました。
様子はよく似ています。それ意外は見た目は普通で、愛想もいいし・・・わたしにもよくくっついて来ますし(^^)

もし日本に帰って来られたとしても、エリアスさんくらいのお子さんだと診断が出ることさえ珍しく療育体制もあまり整っていないのが現状だと思います。
わたしも、家族と一緒に過ごすこと、信頼関係を深めることがエリアスさんのお子さんにとって大切なことだし必要なことだと思います。
家族そろって暮らすってことも大きな意味では療育だと思いますし。
今はネットとか本でいろんな情報を得ることができます。家庭でできることもたくさんあります。
いつ日本にお帰りの予定か分かりませんが、それまで家族でまずは自閉症のことをよく知り、今すること、できることはないかということをよく知ることだと思います、何よりも子どものことをよく知ってあげることですね。
ホントに、今はありがたいことにそういった情報、体験記などがネットには溢れるほどあります。
そういった中から、エリアスさんのお子さんに合うものを見付けていけばいいんじゃないでしょうか。子どもさんのこと一番知っている家族が最良の療育者になりうるのだと思いますし。
ちょっと違うなと思ったら行きつ戻りつ、悩んだらこちらとかにカキコすれば答えてくれる頼りになる先輩方がいっぱいいます。
ホントは、よい専門医に診ていただくことも大切なことだとは思いますが、、、
今は早期発見早期療育がさけばれている時代、療育体制ももっと整って欲しいところですがねぇ、、、小さいころからほんの少し心がけるだけで違ってくることもいろいろあると思います(^^)
でも、とにかくお子さまが楽しく過ごせるのが一番です。「療育しなきゃ」と気張りすぎず、お子さまの様子を見ながらできることからやって行こうね(^^)
台湾の療育事情というものにも興味がありますが、、、ことばが通じないというのは辛いところですね。日本人が受けられる体制までは整っていないのでしょうか?もし可能であれば、そちらの様子を知るのもよい勉強になると思いますけどね。

なぁ〜んて、わたしも行きつ戻りつ試行錯誤しながらやってる最中なものでアドバイスなんてできませんが、ヒロと似てると思うとついカキコしてしまいました(^^)/

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


エリアスさんへ その1 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月17日(水)13時40分26秒

初めまして、朝倉玲と申します。
我が家には「自閉症のような特徴も持つADHD」の5才4カ月の次男がいます。
うちの診断名は正式な「自閉症」ではないので、参考になるかどうか分からないのですが
エリアスさんがお書きになったお子さんの状態が、当時の次男とほぼそっくりだったので、
つい出てきてしまいました。(^^A
次男と違うのは、ミニカーの遊び方くらいですが、
そのかわりに自転車などのホイールを回して、それを眺めているのが大好きでした。
当時専門家に見せていたら、ADHDではなく「自閉傾向」という診断が下ったのは
まず間違いないだろう、と考えています。

6才上の兄がいますが、兄やその友人たちに興味があり
遊びを真似するというか、一緒の空間にいたがる傾向が早くから見られました。
あとから、兄たちがしていたことを真似していたこともよくありました。
年齢的なこともあって、一緒に兄と遊ぶのは不可能でしたが
親が遊んでやると、喜んで笑うことがよくありました。
言葉は全然と言っていいほど出てきませんでしたが、代わりに表情は豊かでした。
アイコンタクト(視線で意志疎通を行うこと)はあまり上手くありませんでしたが、
それでも、表情や行動を見ていると、彼が今何を思って何をしようとしているのか
母や家族には読みとれることが多かったです。
感覚的な遊びを喜びました。
高い高い、ぶら下げてぶらんぶらん、くすぐり、転がし、顔に風を吹き付ける・・・。
一方、いないいないばーはよく理解できませんでした。
今思えば、今あった顔がなくなったように見えて、また出てくる、ということを理解することも
そこから、「今は顔が消えているけれど、また出てくるに違いない」と予測を立てることも
できなかったので、それで面白くなかったのだと思います。

もちろん、他の子を避ける様子もありませんでした。
ただし、「自閉症=人嫌い」と言うことではありませんので、誤解なさらないでくださいね。
自閉症の人は、他人とコミュニケーションを取ることがあまり上手くありませんが
でも、人間が嫌い、と言うわけではありませんから。

>「おいで〜」と両手を広げると走って抱きついてくる子供を見て、
>主人は、「こいつは、自閉症じゃないよ」と言っているのですが、
というところも、我が家とまったく同じです。(笑)
仕事から帰ってくると、満面の笑顔で駆け寄ってくる次男を見て、
主人は「自閉症じゃないだろう〜」と言っておりました。
で、けっきょく、そのあたりの自分たちの勘を信じて、
専門家に見てもらうのは、3歳過ぎまで引き延ばしていたのですが、
それが良かったのか悪かったのかは、今でもよく分かりません・・・・・・(^_^;)

結論から言うと、うちの次男は
ADHDから来る不注意(周囲へ注意をずっと向け続けることができなかった)が強すぎて
そのために、周囲から物事を学んだりすることが上手くできず
自閉症のような症状を示していた、と言うことのようです。
とはいえ、転んでも痛がらない、数字や文字に早くから強い興味を示す、
きちんと並んでいるものが好き、こだわりがある・・・などの特徴はありましたので
やっぱりかなり自閉的要素が強かったのだろうと思います。

あ、ADHDは注意欠陥多動性障害というくらいですから
「多動」と「不注意」が必ずあります。
うちの子に状態が似ているからと言っても、そこにADHD的要素がなかったら、
それはやっぱり自閉の方なのだと思いますが・・・。
私が不用意に我が家のケースを話したことで、診断に不安や迷いを感じさせてしまっては申し訳ないので
あらかじめお断りしておきますね。
ADHDに関しては、もう少し大きくならないと、
本当にそれがあるかどうかは、はっきり分からないかもしれません。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


エリアスさんへ その2 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月17日(水)13時41分37秒

さて、お子さんのためにも、今しばらくはお父さんと3人の暮らしをお選びになったとのこと。
それは正しい判断だったのではないかな、と思います。
日本で療育を受けられたら最高かもしれませんが(たぶん・・・う〜ん、でも、本当に? 笑)
お父さんと一緒に暮らせる、その安定性はセンターの療育に勝るかもしれませんよ。
だって、お父さんが一緒なら、お母さんも心強いですものね。
そして、お母さんが元気なら、子供もまた元気。これは確かだと思います。
専門の機関にかかるのはもう少し大きくなってからということにしても、
家庭で今すぐ出来ることだって、たくさんたくさんありますよ。

私がアドバイスしたいことは、そうですねぇ
クレーン現象を「自閉症から来る障害」だとは捉えないで
「これも彼の意志表示のひとつ」と捉えて、受け止めてあげて欲しい、ってことかな。
「クレーンじゃなくて自分で指さしなさい」とか「言葉で言いなさい」なんて言わずに
「クレーンでもいいよ、自分の気持ちを伝えてね」と
子供の気持ちを受け止めてあげて欲しいってこと。
「他の子はこうしているんだから、この子もそうするべき」とは思わずに
「これがこの子のやり方なんだから」と考えてあげると
親も子もぐっと楽になるんじゃないかな。

そうやって、まず子供のありのままを受け止めた上で
「それでは、この子が社会で一人立ちできるように育てて行くには、
どこを補ってあげればよいのだろうか」と考えていくことが大切なんじゃないかな、と
私は思います。

自閉傾向の子供への具体的な対処については、また別な方たちがアドバイスして下さると思います。
ほんと、ここは情報とアイディアの宝庫ですよ。
それから、彼がとる行動の意味が分からないときにも、ここで具体的に聞いてみると良いですよ。
きっと、ビックリするほどたくさんのレスが集まりますから。(笑)

一人だと行き詰まったり、煮詰まったり、迷ったりしますが
みんなと一緒なら、きっと道が見えてきますよ。
だから、元気出してくださいね。
みんなで助け合いながら、子育てして行きましょう。(^_-)-☆


・・・書き込みの文面が長すぎたので、2つに分けました。(^^A

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


お父さんとの関係は大切です 投稿者:まつこ  投稿日: 1月17日(水)15時59分49秒

はじめまして、エリアスさん。
うちの少年は愛嬌のある自閉症児(小3)です。

>「おいで〜」と両手を広げると走って抱きついてくる

いいですね。(*^_^*)
こういう経験をお父さんと息子さんの間に積み重ねることは
自閉症かどうかに関わらず、息子さんにとってだけでなく、
お父さんにとっても大切だと思いますよ。

自閉症であっても、なくても、
satomiさんや、玲さんのおっしゃるように
お子さんとの楽しい時間を持つことが一番だと思います。

そして、お父さんも一緒に息子さんの好きなこと・嫌いなこと・喜ぶこと・不安がることなど
(注、自閉症の傾向あり診断されたのなら、↑このようなことが、
一般的な子どもとはちょいとちがっている可能性があります。
ただし、↑このようなことが一般的な子どもとちがっているからといって
「自閉症」だとは限りません。)
を、確かめながら、
お子さん自身が「楽しめること」を増やしていけるといいなと思います。
そういうことも「療育」です。
しかも、母親なればこその「療育」ですね。


いらっしゃいまし。エリアスさん 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 1月17日(水)16時01分01秒

>どなたか、うちの子と同じような症状の子をお持ちの方いらっしゃいますか?

はい。同じですね。
我が家には、陽気で明るい自閉君がふたりおりますが、
それにプラス、水で渦巻きを作るのが大好きです。
ミニカーを一列にずら〜っと並べるのもお気に入りです。

>あと、遊んであげると笑ったり、「おいで〜」と両手を広げると走って抱きついてくる
>子供を見て、主人は、「こいつは、自閉症じゃないよ」と言っているのですが、
>自閉症にもいろいろ個人差がある、というし、そのへんはどうなんでしょうか。

自閉症でも、笑うし抱きついてくるし、夜寝るときは母と一緒でないと寝ません。
(我が家の場合ですが)
ものすごく個人差があるんです。実際、うちのふたりは趣味は同じですが、お兄ちゃんはしゃべりすぎで、弟はあまりしゃべりません(言語発達遅滞)。

今、出来ることは情報を集めることだと思いますよ。
クレーン現象もそうだけど、自閉傾向のある子どもたちって、結構似た育ち方するみたいです。
普通の育児書では全然わかりませんけど、「自閉専門」の育児書って作れるんじゃないかな?と思うくらい。
ミニカーを寝て眺めてるのは、「タイヤ」を見つめているのではありませんか?
後ろから読んでも振り向かないのは、視覚優位のタイプなのかな?
うちの息子たちはふたりとも、耳からではなく目から情報を取り込むのが得意です。

不安になるのはあたりまえ。皆そうです。
具体的に困っていること、不思議なことがあったら、どんどん書き込んでください。
ひとつずつ、前に進めるはずです。

   なんだか管理人さんのような書き方をしてしまった・・・。
   Mさんお世話になっております。(と、挨拶しておこっと)


http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


エリアスさんへ3 投稿者:りんか  投稿日: 1月17日(水)16時26分15秒

はじめましてエリアスさん。

ADHDだろうと思われる息子(5歳1ヶ月)がおります。
エリアスさんがお書きになった例で我が家の息子が当てはまったのは、

・指差しが出来ない 
・横向きに寝た状態で、ミニカーなどを動かして遊んでいる

ということです。あとは、自転車のタイヤを回すのが好きでした。
わたしも1歳8ヶ月くらいのときに、いつも見て下さる先生に発達検査をお願いしましたが、
その時点で、社会性と言語が半年遅れだったと思います。

言語に関しては、親のいうことやよその人の簡単な指示に従え、伝えようと言う意志が
ありましたので、2歳半ぐらいまで様子を見ましょう。ということでした。
自閉傾向があるとは言われませんでしたが、今思うとグレーじゃないかな・・・。(^^;

2歳児検診の時、心理の先生がたまたまいらっしゃる日だったので、お話を聞きました。
でもそのときも少しずつでもことばが増えているのと、友達と遊んでいるのを見て、様子を見ましょうということでした。
親や祖父母、お友達のお母さんなどには、とても愛想の良い、何を考えているのかよく分かる子どもでした。
ことばは、ぽつぽつ出ていました。でも、3歳すぎぐらいまで遅かったです。
うちの市の3歳児検診はけっこうシビアなのですが、何とかクリアして、ほっとしました。
小児科の先生にも、ちゃんと成長していますよ、とは言われていたのですが、
そのころは、幼稚園に向け集団行動ができるのかな、と心配でした。
(お遊戯、歌など一切人前でやらなくって、家で密かにやっていた)

今知識がなかったので、療育も何もせず(言われなかったことをいいことにしていたわけでもないのですが)、昨年は保育園に時々預かってもらっていましたけど、・・・ほんと無頓着な母親でした。
息子の場合は、周りの方(小児科医、保健婦さんなどなど)が「そんな神経質にならなくても」と言っていましたが、もっと心配しなくてはいけなかったのかもしれませんし、焦らないで見守っていた方が良かったのかもしれません。今でも逡巡しています。
ただ表面上の「出来る」「出来ない」を気にしていて、一喜一憂していたのでしょうね。

療育といっても難しいことではないと思います。
家庭で出来ることから少しずつ始めていけば良いのだろうと思いますよ。
何にもしていないわたしよりも、きちんとしたアドバイスをして下さる方がたくさんいらっしゃいますので、聞いてみてくださいね。


幻の管理人M 投稿者:M    投稿日: 1月17日(水)21時31分45秒

一応生きております。
keiママさん、エリアスさん、初めまして。

おお、あっきーさん久しぶり。
あっきーさんのお住まいの所というと、あそこでしたね。
うんうん、良かった、よかった。開設の為に保護者があれだけのエネルギーを
使われたのだから、是非とも中身の濃い指導をと願わずにはおられません。

かくいう私、
只今、ネットを離れ、指導に専念しております。 
              < という事にしておこう。


>自閉症にもいろいろ個人差がある 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月17日(水)22時03分30秒

と言うより、今は、「自閉症」の概念が広くなっています。
昔は、知的障害を伴っていて重度のものだけを「自閉症」とし、「自閉症」の特徴を持っているけれど成長とともに薄れていく程度のものは「自閉傾向児」と呼びました。
でも、今は、「自閉症」は自閉の程度の重いものも軽いものもあり、知的な遅れや言葉の遅れがあるとも限らないし、全く孤立していて対人接触ができないタイプばかりでもない、広い範囲にわたる症候群だということが分かっています。

だから、
>人見知りはするし、母親である私にはよく懐いており、後追いもしています。
>また、同じくらいの子供達と遊ばせると、特に避けている様子はなく、どちらかといえば寄っていって、一緒に遊んだりもしています。

こういう子でも、「自閉症」であることは十分に有り得ます。

それから、「ミニカーを並べて横向きになって見る」とか「回転するものを眺める」のは、ADHDでもします。しかし、自閉症特有の視行動(字面では一緒ですが、目つきが違うので、行動観察すれば違いがあります)として行っていれば「自閉症」です。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


自閉症って奥が深いですね 投稿者:くまの子ウーフ  投稿日: 1月17日(水)22時20分55秒

私の『自閉症』の概念がちょっと違っていた事に気が付きました。

ペンギンさん
>自閉症特有の視行動
を詳しく教えて下さい。言葉ではいい表せないですか???


>自閉症特有の視行動 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月17日(水)22時25分37秒

「自閉症」の目をしているとしか、書きようがない。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


ついでに書くと、 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月17日(水)22時27分30秒

ADHDはADHDの目つきをしています。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


うーん 投稿者:くまの子ウーフ  投稿日: 1月17日(水)22時44分51秒

そうなんですか・・・

じゃあ息子はADHDの目をしているのかしら・・・


アドバイスありがとうございます 投稿者:エリアス  投稿日: 1月17日(水)23時19分31秒

今日の午前中に書き込んだばかりなのに、こんなにいっぱいのアドバイスがもらえるなんて、
びっくりしました。ほんとにありがとうございます。
今までは、「自閉症なのかな」「きっとそうなんだろうな」と思いながらも、
その反面、「後追いもするし、私にすごい懐いてるし・・・」と、心のどこかで、
正直、なにかの間違いであってほしい、と思っていました。
でも、みなさんの話を聞くと(読むと)、それでも自閉症の子っているんですね。
そういう意味では、ちょっとショックでもありました。
(せっかくアドバイスしてくれた方、ほんとすみません)
今は、周りに、同じような状態の子がまったくいなくて、うちの子より
数ヶ月も後から生まれた子が、しゃぺっているのを見たり、
「もう、ママ、ママってうるさいのよ〜」っていう話を聞いていると、ほんと
辛いです。まだ、自分の中で、子供のそういう現実が、消化しきれないでいる、って
感じです。でも、ここに来ているみなさんは、そういうのを乗り越えて、
頑張っていらっしゃるんですよね。私も、みなさんのように、はやく強く
ならなければ・・・。
 言葉なんですが、みなさんのお子さんは、いつくらいからしゃべり始めたので
しょうか。「これはブーブーだねぇ」とか、「ワンワンだね」とか教えても、
まったく、聞いていない様子で、どうやってやっていってよいのか分かりません。
それとも、すぐに結果を期待しないで、今みたいなことを積み重ねていけば
よいのでしょうか。


あっ、 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月17日(水)23時47分06秒

一つ言いようがあった。
「ADHDと幼い子どもは、動く物や光る物には何でも興味を持って見る」
「自閉症児は、『動き』や『光』に魅入る」

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


同じ事を 投稿者:りんか  投稿日: 1月18日(木)07時05分18秒

>一つ言いようがあった。
>「ADHDと幼い子どもは、動く物や光る物には何でも興味を持って見る」
>「自閉症児は、『動き』や『光』に魅入る」

↑同じ事を、オットに言われました。

息子の場合、「自転車のタイヤ」を回していたけれど、「クランク=ペダル」を使っていて
回していて、構造とか力の加減でどうなるのか興味があったように思っていた。と昨日(ここで書き込みをした後)いろいろと話しました。

回る物が好き → 熱中するけれど、「精神的な安らぎ」(没頭して)いる、いない、ということ
でしょうか。


うちは 投稿者:千秋  投稿日: 1月18日(木)07時29分59秒

回るものや光る物は特に興味がなかったけど、3歳を過ぎた頃
よく物を一列に並べていました。
おままごとのジュースとか、動物の小さい置き物とか。
その時はニコニコして「見てー」と言ってくるだけで、どうして
こんな事をしてるのかは分からなかったけど、最近説明がついたので
分かりました。
ジュースは「見てー、レストランみたい」で動物は「皆で電車してるの」
だったんです。

掲示板過去ログ案内に戻る