2001年1月その4
>「精神的な安らぎ」(没頭して) 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月18日(木)07時41分22秒

ではありません、「同化」しているのです。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


美しいと感じるもの 投稿者:まつこ  投稿日: 1月18日(木)09時40分52秒

並ぶもの、回るもの、そのものの美しさを心地よく感じているような。

だから、三輪車をさかさまにしてペダルを回していても
決して「カキ氷」ごっこではないんです。

でも、それから成長して「見立て」を楽しむようにもなる。

ぱっと見、やってることは同じでも、
本人にとっての意味は全然違うように感じます。


うーん 投稿者:ケロ  投稿日: 1月18日(木)09時48分51秒

>「ADHDと幼い子どもは、動く物や光る物には何でも興味を持って見る」

いったい幾つまでを幼い子と呼ぶのでしょうか?
うちの長男(6歳)を、まだ幼い子のグループに入れておいて良いのかしらと毎回自問自答してますが、答えが出ません。
どっちでも良いとは思っているけど。

長男も光る物や回る物が大好きです。
最近は1人で回すけど、1〜2歳の頃にコマを貰ったらハマッてしまい、腱鞘炎になりそうなくらい回しました、私。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


は〜い、 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月18日(木)10時13分08秒

並ぶもの、回るもの、そのものの美しさを心地よく感じていますよ〜♪

形そのものの美しさ・連続している快感・整然と並んでいること。
それから、それが崩れること。
どーして、この素晴らしさが分からないのでしょうか?
・・・やっぱり、地球人は、センス悪〜い!

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


今にして思えは 投稿者:ひいろ  投稿日: 1月18日(木)10時15分59秒

赤ちゃんの頃おもちゃをわたすと、必ずといっていいほどひっくり返して
「刻印」に見入っていました。その時は「文字」に興味があるのだろうと思っていたのですが
今にして思えばあの文字が浮き出ている感じに同化していたように思います。


(*^_^*) 投稿者:まつこ  投稿日: 1月18日(木)10時20分22秒

>数ヶ月も後から生まれた子が、しゃぺっているのを見たり、
>「もう、ママ、ママってうるさいのよ〜」っていう話を聞いていると、ほんと
>辛いです。

そうでしょうね。私もそうでした。
ずいぶん長い間「思い描いた子ども」と「目の前にいる子ども」とが
どうやらちがうようだということを納得できなかった。
急ぐ必要はないですよ。

>そういう意味では、ちょっとショックでもありました。

エリアスさんのご質問が「うちの子と同じような方は?」だったので
そういう回答が集まりましたが、
まだこれから先お子さんがどんな風に成長するかはわかんないですよ。

>こういう子でも、「自閉症」であることは十分に有り得ます。
といっても、「自閉症」じゃないばあいもあるんですから。

でも、せっかくここにおいでになったのだから、
「自閉症児やADHD児やその他の発達障害児との生活を
楽しもうと思っている人たち」と一緒に子育ての心配や不安をお話しながら
(うれしいことや楽しいことも)行くってのも、楽しいもんですよ。

ちなみにうちの少年の初発語は2歳9ヶ月「ロク・ハチ・キュー・チュー」(6・8・9・10)
(今、思うとシチとハチを区別してなかったのかも……)

2歳半下の坊主は、生後11ヶ月、帽子を落っことした時に、
「ボウシ」と視線を送り手を伸ばしました。
拾ってくれという表現だとすぐにわかりました。なんてわかりやすい子なんだろう、
天才じゃないだろうかと思ったものです。(;^_^A
……これは余談。

同じ母親が育てて、どっちかっていうと、兄ちゃんの世話にかまけていて
ほったらかしになっていた弟の方が順調に育ってくれたお陰で
「私は母親失格」と思い込まずに済んだのですが、それでもプレシャーはひどかったです。

エリアスさんはとってもよいお母さんだと思います。
書き込みからもお子さんとのよい関係が読みとれますもの。

生まれつき「手のかかる子」とか「育てるのに工夫の必要な子」はいます。
でも、その子がどういう子か仕様説明書はついてこないから
かかわりながら「この子がどういう子なのか」「何を必要としているのか」を探る毎日。

私にとって、少年の謎を解くことは、必要に迫られてのことではありましたが
とても楽しいことです。
(彼にとってはこの世の方が謎だらけなのでしょうが……)


追加 投稿者:まつこ  投稿日: 1月18日(木)10時27分31秒

少年は現在小3。自閉症であることには変わりはありませんが

クラスメートとの会話も成立しますし、言葉遊びが好きで
冗談を言って爆笑をとることもあります。
(天然かと思っていたら計算だった。)

しりとりをするとわざと「最後に<ん>のつく言葉」を言って終わらせ、
爆笑しているおちゃめさんです。


と言われると、ちょっとくやしい(笑) 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月18日(木)10時58分47秒

>どーして、この素晴らしさが分からないのでしょうか?
>・・・やっぱり、地球人は、センス悪〜い!

地球人だって、整然とした物、それが崩れていく過程を
美しいとは感じますよ。
ただ、自閉連邦の人たちほど強くはそれに感動できないだけで・・・

うちの息子たちも光り物は大好き。
かくいう私も。(いや、別に貴金属類には限らない。光そのものに反応する)
だから、ちょっとくやしかっただけ。(笑)

そういえば、地球人(笑)は寄せては崩れ返していく海の波を見るのも好きですが
自閉連邦市民はいかがですか?

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


素晴らしさというのは、 投稿者:リンコ  投稿日: 1月18日(木)11時14分00秒

感動するものではない。


ふむ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月18日(木)11時27分53秒

>素晴らしさというのは、感動するものではない。

そのあたりが、まつこさんの言っていた
>そのものの美しさを心地よく感じているような。
ってところなのかな。

何かに同化して感じて、それが快い、という体験は
確かに、整然としたもの、光るもの、回転するものよりも
もう少し違ったものに対して感じることが多い気がする。
先の海の波の方が、同化と言う点では強いような・・・。

でも、地球人が一番同化を好み、快く感じるものと言えば
やっぱり他人の「快」の感情のような気もします。

う〜ん。なんか言葉足らずだな。
言いたいこと、伝わるかしら。


私のことは・・・ 投稿者:大ママ  投稿日: 1月18日(木)11時52分15秒

4歳10ヶ月の自閉の息子がいます
診断は、1歳10ヶ月です
指差しは2歳ごろ、言葉は2歳3ヶ月ごろから始めました
(でも、早く話し始めたからって、その後、

それまで、あれはワンワンだよとか、あー飛行機だーと言ってもこりゃーー聞いてないし、見てないやーーと思っていましたが、話はじめた頃、これ何?を本見ながら、質問していくと、いぬ(ワンワンと教えているのに、)ねこ、うま、りんご・・・全部しっていました

うちも、愛想がいい子で社宅で愛想し、あやすとよく笑うね・・・って評判でしたよ
でも、呼んでも振り向かないし、アイコンタクトは悪いし(すぐに目をそらす)
生後3ヶ月くらいには、この子は変わり者で・・・って友達によく話してしいました
何を考えているか?わからない・・・わかってあげれない
そんな事を漠然と感じていました


間違えってしまいました 投稿者:大ママ  投稿日: 1月18日(木)11時54分42秒

私のとこは・・・です



いや〜、 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月18日(木)16時44分30秒

海へ行ったら、視覚的に「同化」するのは足もとの砂と貝ガラの「色」と「形」だと思うな。
波は、規則正しくないし色んな方向が混じって打ち消しあっているし、結びつくのは「視覚」じゃなくって「前庭感覚(平衡感覚)」だからね。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


ちょっとすみません。 投稿者:るり  投稿日: 1月18日(木)18時45分47秒

昨日、幼稚園に息子をお迎えに行った時、
顔見知りの、診断はされていないけれど「自閉的傾向」と言われる年長さん(A君)が、
園庭で、同じクラスの男の子に、後ろから追い掛け回されていました。A君の表情は
無表情でしたが、走り方は真剣でした。
追いかけていた子からA君が首根っこを掴まれたところで、「何だか不快・・」と感じた私は、
「離しなさい!」と言って、A君の乱れた襟元を直しながら、「なぜ、こんなことするの?
人の嫌がることはやめなさいよ。」と相手の子に注意したのですが、「は〜い!」とお返事
して離れたと思ったら、年中さんの1人をけしかけて、また何かやらかそうとしていました。
ここで園バスに乗り込む時間になって、事無きを得たのですが。

相手の子は、以前にも、調子の良さそうなガキ、いえ、お坊ちゃまだわと思ったことがあったの
ですが、A君が息子や療育施設の同年の子供たちとは、おもちゃの取り合いなどで、揉める
ところは見ていますが、もしかすると一方的な相手の悪意に対しては理解できていないのでは
ないかと思ったのです。楽しそうでもないけど怖がっているという表情でもなかったので・・
(ちなみに年少児の息子の場合、真っ赤な顔で大泣きしながら先生のところに逃げて行く)

知能的には高いお子さんで、普段は大人しくてトラブっているところは見かけませんが、
普通学級に行くということなので、昨日の出来事が心に引っかかっています。
もちろん、A君のお母さんに言ってもショックを受けるかもしれないし、私が考えても
どうしようもないのですが・・・

悪意というのはいつ頃から理解できて来るものなのでしょうか?


新聞破り 投稿者:biribiri  投稿日: 1月18日(木)19時23分39秒


はじめまして。5歳7ヶ月の自閉症児の母です。

うちの子供は、新聞破りが好きなんですが、ドナ・ウィリアムスさんの本に、
近しさ・親しみからの脅威を払いのけたいため・・・というような記述がありました。

うちの子に、そんな意識があるのかな・・と不思議です。まあ、もちろん人によって違うんだろうけど。

うちの子は、縦に切っては重ね、切っては重ねて、最終的に細長い髪にしたり・・・、ただ闇雲に破いたり・・といろいろ。

ずっとおさまっていた「本破り」までも、最近はじめてしまって、ちょっと本人には申し訳ないが、カギのかかった戸棚に全部避難させています。

カレンダーとかそんなようなものまで狙って、椅子をよいしょよいしょ・・・と運んでるので、
「ビリッ」という音にビクビクします。

彼の特徴??というか、彼の紹介です。

遅延製反響言語(おもにビデオやテレビのセリフ、あるいは宇宙語)も見られますが、
意味と場面があってる単語も、数百は言えると思います。

最近二語文も、2、3種類出てきました。

こだわりは強く、数字、アルファベット、ロゴマークなど・・・。(果たして新聞破りもこだわりなのか・・??)
お菓子の名前ではなく、メーカーの名前を言って要求してくることもあります。

好きな遊びはブランコや、追いかけっこ、回転椅子でガメラのようにクルクル回る。
プール、海も大好き。

パニックは、泣く程度で、自傷もありません。
人に対して愛着行動を示すタイプ。
(大人だけど)スリスリと猫ちゃんのような感じです。
でも、無視してるようなそぶりも多々あります。

そんなわけで、何が言いたいのか・・というと。

新聞破りを、一切やめて頂いたほうがいいのか。
それとも、場所と破っていいものを決めて、止めさせないほうがいいのか・・・。

専門家の方は、後者の方がいい・・・と言いますが。皆さんはどのように思われますでしょうか。

ただ、「楽しそう」なんですよね〜。しかも、日課の一つだし・・・。

やめさせたいかな・・と思う理由は、ビリビリ被害が大きくなるかもしれない・・という不安と、
(コンビニのレジ付近にある新聞に手をのばしそうになったことがある)

ずーーーーっと、大人になってやるのかな・・という不安です。



「悪意」は分からんけど、 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月18日(木)19時35分35秒

「不快感」と「恐怖の対象」、つまり、『天敵』というのは分かる。
まあ、「肌が合わない」ってとこだな。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


新聞破りは、 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月18日(木)19時49分10秒

基本的に「音」とか「紙のヒラヒラ感」を楽しむもので、感覚的な快感だということ。
ドナさんが、「近しさ・親しみからの脅威を払いのけたいため」と書いているのは、そういう恐怖感や不快感を体から追い出すには、何かの快刺激が必要だということ。ただ、ドナさんの場合は、それが「紙破り」だったということです。だから、感覚的な嗜好として行うというところは、共通しているけれど、全ての場合にそういう理由が付いているわけではありません。

それから、「場」を限定して思いっきりやらせた方が絶対良いと思います。
「紙破り」への「こだわり」がさほど強くなくて一過性のものであれば、清々とさせておいた方が早く終わります。でも、本人にとって基本的な刺激で固執が強ければ、かなり長い期間にわたって儀式的に続くでしょう。
どちらにしても、「時間・場所・破って良い紙・片付け…」などの制限をつけて出来るようでないと、後になって困るようになってしまいます。(あまりにも興奮しすぎて、分別もつかないような強度な場合は、治療的な措置が必要になります。)

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


あの、 投稿者:リンコ  投稿日: 1月18日(木)20時26分12秒

大人がやったらいけない理由がよくわからないんですが・・・


大人がやったらいけない理由なんて、 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月18日(木)21時25分37秒

ないんじゃない?

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


私の意見 投稿者:まつこ  投稿日: 1月18日(木)21時45分49秒

>それとも、場所と破っていいものを決めて、止めさせないほうがいいのか・・・。

条件付けが可能なら、断然こっちです。
日常生活内で許容可能な「趣味」があるほうが親のほうも安心だと思います。
あることを全面禁止にすると、また別の「趣味」が強くなったり、多趣味になったり。

日課ということは時間も決まっているのでしょうか?

>縦に切っては重ね、切っては重ねて、最終的に細長い髪にしたり
これ、指先にかなり力が要りますね。器用なんだわ。

うちの子はゲームのコントローラーを操るのはめちゃうまいけど
指先にうまく力が入らないので
押しピンを壁にさしたり抜いたりすることや、結んだ紐をほどくことや、
お菓子の袋をさいてあけるのは苦手です。
(↑これは、最初からハサミを使うことにしたようです。)
洗濯バサミもつめきりも指先でなく握るようにもって苦労しています。

毎日、しょっちゅう、破いた紙をばら撒かれていると
こちらの精神衛生上の問題もありますから、

>「時間・場所・破って良い紙・片付け…」

は、必須ですね。


今夜、もうすぐ 投稿者:ケリー。  投稿日: 1月18日(木)21時48分28秒

10:54〜 6ch(TBS系)
『筑紫哲也NEWS23』で、ADHDの特集があります。

新聞に「キレる子」という流行のキーワードがあるのが残念ですが、
中身に期待しましょう。
(アメリカ事情のようですが・・・)

って、あちこちコピーして歩いてんのよ^^。


おおっ、沢山のレスがっっ。 投稿者:biribiri  投稿日: 1月18日(木)22時12分33秒

ありがとうございますぅぅ。ウウゥ(感動してます)
ちょっと覗いたら・・・。

子供が絡んできてますので、後ほどまた。(まだ寝ません〜〜っ)

追伸、「大人になったらやるのかな・・・」と不安になったのには、いくつか理由があります。私はは別に構わないんです。うちでやるとか、決まったものを破くのなら。

というわけで、また後ほどおじゃまさせて頂きます。取り急ぎ。

ADHDの番組も、ぜひ見たいと思います。



条件付けは 投稿者:ケリー。  投稿日: 1月18日(木)22時58分41秒

シンプルな方がいいよね。
年齢とか状態によると思うけど、
うちの場合、
今(今日9歳になりました^^)ならいくつかの条件と共に、
「母の了解を得る」なんてことも出来そうだけど、
4年前だったら、どうかなあ・・・・・


天敵 投稿者:るり  投稿日: 1月19日(金)00時10分38秒

>「不快感」と「恐怖の対象」、つまり、『天敵』というのは分かる。
>まあ、「肌が合わない」ってとこだな。

かって某掲示板で、息子の感覚過敏についての書き込みをした際にも、ペンギンさんから
いただいたレスに、同様の事が書かれていたことを思い出しました。

先の書き込みをした後で、A君のお世話係になりきっている女の子を、彼が拒絶していたのを
思い出し、あの時も表情も追っかけられている時と同じだったことに気がつきました。
(お世話係の女の子を嫌がっているという話を、お母さんに聞いた事まで思い出したのでした。)
彼なりに避けようとしているのかもしれませんね。(今回は上手くいかなかったけれど)

よく考えたら私も『天敵』はいるわ。
「なるべく近づかないでね。」と思う人が。

ペンギンさん、ありがとうございました。


)http://


はじめまして。 投稿者:メグ  投稿日: 1月19日(金)05時49分13秒

「アスペの館」の掲示板でここを紹介して頂いて参りました。
息子の事でいろいろアドバイスを頂きたいと思い参加させて頂きました。

息子は強迫神経症の強い自閉症で現在、養護学校の4年生ですが、刺激に弱く、学校に出ると家に帰ってから荒れてしまうので、休学を経て、現在は週に2回なんとか学校に通っています。こだわりも強く、行動の切り替えもとても苦手です。親にとって困る事もたくさんします。
絶えず、緊張している様子で、理由がなくとも(少なくとも、親である私には原因と思われる事が見つからない)一日の中で、ハイ、ボーっとする、怒る、ピョンピョン跳んだり自分を落ちつける行動をとる。などの波を繰り返します。

調子が悪い時はこの波が大きくなります。
言葉も、会話はあまり成立しませが、話します。(一方的な事が多いです。)

精神科の薬も服用しています。
精神科の先生には、こういうタイプの子には”安心感”を与えてあげるのが一番だといわれますが、なかなか難しい事です。

一口に自閉症と言っても症状は千差万別。今まで、施設、幼稚園、養護学校と来ましたが、
息子に似たタイプのお子さんに会ったことがありません。似たタイプのお子さまがいらっしゃる方と相談できたら嬉しいです。よろしく、お願い致します。


>絶えず、緊張している 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月19日(金)07時27分09秒

「理由」は必ずあります。ただ、それが普通の人には全く分からないか、ものすごーく些細で感覚的なことだというだけです。
どういう時に落ち着いていて、どういう状況でハイになるのか観察して原因を探り、「安心できる状態をなるべく多く・不安になることは避けるか警戒して事にあたらせる」ように心がけることが先決だと思います。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


門 眞一郎先生 投稿者:まつこ  投稿日: 1月19日(金)09時24分13秒

朝日新聞2001年1月19日付(大阪13版・朝刊)「論壇」に
門眞一郎先生の投稿が掲載されていました。

「アスペルガー症候群に理解を」という見出しです。

アスペルガー症候群の説明から
その大部分が犯罪とは無縁だということ(健常者の大部分が犯罪とは無縁なのと同様)
狭義の自閉症に対する理解や支援サービスがきわめて不十分である以上に
アスペルガー症候群への理解と支援が不備であること、と論は進み、
児童青年精神科医の数が少ないことについて述べられています。

>厚生労働省は児童青年精神科を標榜科目として認可しておらず
>文部科学賞は大学医学部および医科大学に
>児童青年精神医学の講座を開設することに消極的である。

これは私のHPをご訪問・メールを下さるお医者様のタマゴの方達もよくおっしゃることです。
自閉症のことは教えてもらえないんだ、医療従事者養成カリキュラムにないんだと。

>児童青年精神医学会の認定医が全国でもまだ百人に満たない状態では
>子どもの心の問題の解決にはほど遠いと言わざるを得ない。

門先生はこう結んでおられます。

文部省はやっと「自閉症」を情緒障害と呼ぶのをやめ、LD、ADHD、高機能自閉症について
研究することになったようですが、
厚生省の窓口が「自閉症?療育手帳、出ますよ。」などとたわけたことを言うのを
早いこと改善し、児童相談所の予算をばっさり減らすのをやめてほしいものです。

門先生に感謝。


新聞破りご意見ありがとう 投稿者:biribiri  投稿日: 1月19日(金)10時21分51秒

ペンギン様・・ドナさんの紙破りの理由は、ドナさんにとっての理由だということが解りました。
うちの子供の場合、楽しそうでもある反面、真剣な様子で力をこめて破いていたりすることもあります。なので、ストレス発散的にも見えます。また、一過性のこだわりではないと感じます。これは2歳頃から始まり、一時期1ヶ月くらいやめてた時期があったのですが、再開し、今も続いています。
その他の、以前ものすごくこだわっていた「2台のミニカー」は、いつままにか消えました。
なので、割と強いものと思います。

今、場所と破るものに関して、一応決めていたつもりなんですが、やはり曖昧で、目で見てわかずらい環境だったので、私の責任と思います。やる時間は学園(通園施設)から帰ってきて、バックを置き、手を洗ってから、その次にやります・・ので、ほぼ決まった時間にやります・・が、ダラダラと破いております。(もったいつけて)、家に帰ってきて「新聞を破く」「こだわりのアイスを食べる」「3色のこだわり数字が所定の位置にある」・・ということを、チラチラと確認して、初めて安心する・・・といったようにも見えます。

また、「片付け」ももちろん取り組んではいますが、なかなか「新聞の片付け」は困難です。
(お菓子などのゴミはすぐに声かけ、あるいは自発的に捨てられますが)

本人、捨てる・・・というよりも、「お片づけ」といった感覚なのか・・・。

私の声かけと補助がなければ、捨てられず、また捨てる段になっても、ギリギリまで破きながら捨てます(笑) そして、残りあとわずか・・・となると、意外と細かい紙くずも残さすに、キッチリとやります。・・・という訳でして、もう少し工夫をして、時間をかけてでも「場所・破いていいもの・お片付け」この3点は特に、力をいれて取りくみたいと思います。

リンコ様・・・・「大人になったらやるのか・・不安」という私の表現は、とても曖昧で誤解が多かったと思います。私が子供に対して「大人になってもやられるのは、恥ずかしい」とかそういう意味ではありません。一つの趣味として、やって頂いても一向に構わないのです。
ただ、「大人になっても、見境なく、どこでもやってしまったら」ちょっと、本人にとって、つらいんじゃないかな・・・と思いました。
例えば、「コンビニに売ってる新聞を破く」「他人様の家の大事な書類を破く」「他の人が電車内で読んでる新聞を勝手にとって破きだす」などなど・・・それによって、ボコボコに殴られるとか、警察につかまるとか・・・っていうことになると、本人かわいそうだし、そういう将来像を勝手に想像して私が不安だな・・・と思った次第です。
やはり、今からでも遅くない(・・・と言い訳しております)私からの指示「時・場所・物・片付け」を理解してもらうために、私の努力が必要なのかな・・と思いました。
彼にとって生きづらい社会だとは思いますが、うまく折り合いをつけてもらいたいのです。
そのためには、私もダラダラとはしてられないですね。

まつこ様・・・条件付けは、いろいろ見てると、割と可能なタイプと思います。ただ「新聞」に関しては、すんなりとはいかないけれど、出来ないこともないかもしれない・・といった感じでしょうか。がんばります〜。

ケリー様・・・「母の了解を得る」ううっ、夢です。いつかそんな日がくればいいのですが。


・・・という訳でして、皆様本当にありがとうございました。
まだ、いろいろとご意見を聞きたいことがあります。
また、ぜひ聞かせて下さい。

では。


紙破りの王子様 投稿者:ひいろ  投稿日: 1月19日(金)11時57分13秒

がウチにはいます。biribiriさん。
全てのものはビリビリに破くので、家の中は鍵だらけです(笑)

でも最近は「コレは大事だから破らないでね」と言うと、一応は破かなくはなってきましたけど・・
それも効果は1〜2時間です(笑)

ウチは「破けるモノは視覚に入れない」ようにしています。それでパニックを起こす事はないので。
たまにチラシを2〜3枚あげると、喜んでやってます。
ドラ(5歳、男)は棒を作るのが好きなので自分のむ気に入った棒ができると
他の紙には興味がなくなるので、その時点で他のは捨ててしまいます。
それで、その棒でいろんなところをツツいてあそぶのが大好きなんです(笑)
こんな子もいるんですよ〜。コイツも自閉症です。

だからhttp://


どうでしたか? 投稿者:NS  投稿日: 1月19日(金)12時49分55秒

>10:54〜 6ch(TBS系)
>『筑紫哲也NEWS23』で、ADHDの特集があります。

昨夜は、息子の添い寝のまま8時から朝まで寝てしまい、見逃してしまいました。
どのような内容だったのでしょうか?宜しかったら教えてください。


>『筑紫哲也NEWS23』で、ADHDの特集 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月19日(金)13時53分53秒

は、多動−衝動性の強いタイプのADHDの話題でした。
しかも、「(全員に効くとは限らないけれど)薬を飲ませろ〜!」みたいな展開。
内容は、前半がアメリカでの取材、後半が『えじそんくらぶ』での活動の紹介。
コメントとしては、「昔は、落ち着きのない子どもがいても当たり前だったけれど、最近はチョロチョロする子どもを目障りに感じる父兄や子どもが増えて来たので、問題視されるようになったのではないか。」というところです。

全体的に[ADHD=問題児]扱いで、高山恵子さんが、「ADHDを持っているせいで本人が苦しんだり悩んだりして鬱になるのを防ぎたい」と言っていたのが虚しく感じられました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


あっ、でも。 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月19日(金)15時05分09秒

まともなことも言っていました。(と言っても、ほとんどただの「多動症」の説明ですが。)

高山恵子さんが、「決して叱らない」という指導をしていることと、本人達に「自分の衝動をコントロールする方法(5つ数える等)」を教えていること。
それから、取材に当たった記者が、「ADHDは障害であって、本人には責任がない」こと、「アメリカでは、こういう子どもが学校に入ってきたらどうすればいいかということを教師に教えられているのに、日本では全く分からずにオロオロしている」こと、「親と学校が連携を取る必要がある」こと。言ってましたよ。

でも、前半のアメリカでの取材で、インタビューに応じたCHADDの代表が“いかに困った行動をしているか”というところを強調していたので、そのインパクトが強すぎたのが気になります。(その点、高山さんの理解は素晴らしかった。)

チョロチョロしているだけなら、昔からいる普通の子どもらしい子どもという印象だから、「それくらいのことで薬を飲ますなんて!」という筑紫さんのコメントも当たり前かなという感じです。

※もっとも、高山さんは本人だから、本人の気持ちが分かっていて当然ですね。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


「多動」に絞っていたので、 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月19日(金)15時11分06秒

普通学級にいる「自閉症」の子どもで多動のある子にも、通用する話だったんですけどね…。(ただし、ウロチョロしてればADHDで、「リタリン飲ませろ」となっては困るけど。)
こういう風に、教室で実際に起こっているトラブルや実態をストレートに取り上げて理解を呼びかけてくれたのは、もしかして日本では初めてですか?

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


>私の意見 投稿者:JJ  投稿日: 1月19日(金)20時50分06秒

>指先にうまく力が入らないので
>押しピンを壁にさしたり抜いたりすることや、結んだ紐をほどくことや、
>お菓子の袋をさいてあけるのは苦手です。
>(↑これは、最初からハサミを使うことにしたようです。)
>洗濯バサミもつめきりも指先でなく握るようにもって苦労しています。

まるで、私です。


昨日の放送、 投稿者:ケリー。  投稿日: 1月19日(金)22時00分51秒

「高山さんだあ!○○さんも!!☆☆君もいるぅ!」と、はしゃいでました。
ナレーターの「エーディーエッチディー」が気になって、
斎藤さんが、「エイディーエイチディー」と発音されたのでほっとしたら・・・
終わってしまいました。

最初の、「すぐ画面から消える男の子」良かったなあ・・・
薬を飲まないと怒るのも変だけど、
「飲んでない時の自分と、どう違うか解らない」っていうのも、気になった。
彼は、色々飲んでるからかなぁ。

服薬については、
「安易な出口を探しているんじゃない。入口を探しているだけなんだ。」
(「子どもはなぜ 親の言うことを 聞かないのか」から)
を読んだばかりだったので、これを教えてあげたいと思った。

どうしても、犯罪と切り離してくれないのは残念だけど、
今朝の朝日の論壇(門先生)を読んで、ちょっと力が出た。

あ〜、頭の中が忙しい。


そういえば 投稿者:ケリー。  投稿日: 1月19日(金)22時09分33秒

ここは「ことばと発達の学習室」の掲示板。

<モック様 本日のご発言>
学校から帰ってみると、お客さんがいる。ピノコの友達だ。
「こんにちわ。妹の兄です。ゆっくりしてください。」


朝日の論壇は 投稿者:M    投稿日: 1月19日(金)22時13分40秒

ここで読めます。

門先生のHPは、
    ↓

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kado/index.html


番組の件 投稿者:NS  投稿日: 1月20日(土)00時20分54秒

>ペンギンさん、ケリーさん
ありがとうございます。

きっと何気なく見ていたふつーの人達は、
>高山恵子さんが、「決して叱らない」という指導をしていることと、本人達に「自分の衝動
>をコントロールする方法(5つ数える等)」を教えていること。取材に当たった記者が、「
>ADHDは障害であって、本人には責任がない」

という、いちばん理解してもらいたい部分よりも・・

>「アメリカでは、こういう子どもが学校に入ってきたらどうすればいいかということを教師
>に教えられているのに、日本では全く分からずにオロオロしている」こと、「親と学校が連
>携を取る必要がある」こと

の部分で学級崩壊を連想したり

>いかに困った行動をしているか”というところを強調していたので、そのインパクトが強す
>ぎたのが気になります。

この辺のインパクトの強さから、安易に犯罪と結びついてしまい、よからぬ先入観を持って
しまうのかなと気になるところです。

マスコミで取り上げることについては、広くADHDを理解してもらう事も必要かなと思う
反面、極端な話、本人と関わりのある人達だけに理解と対応をしてもらえば良いわけで、興
味本位で一般にADHDの知識が広まると、カミングアウトしていない子供も周りから指摘
されたり、そうでない子供でもいたずらに疑われたりしそうな気がしてちょっと複雑な思い
があります。


ここで 投稿者:リンコ  投稿日: 1月20日(土)02時40分28秒

「噂の真相」の斉藤美奈子「性差万別」を読むと、一気に脱力できます(爆)。

香山リカといい、斉藤美奈子といい、前書きを読めばいいのにね、と思ってみたり。


げっ、 投稿者:ケリー。  投稿日: 1月20日(土)08時27分47秒

>ここで「噂の真相」の斉藤美奈子「性差万別」を読むと、

先に読んじゃった。逆だったか・・・・

掲示板過去ログ案内に戻る