2001年1月その6
ありがとうございました 投稿者:カンガー  投稿日: 1月24日(水)16時59分29秒

>ひいろさん
情報ありがとうございます。

>「ことばの教室」に入る条件にIQの数値があったような気もしました。

友人もそのようなことを言っていました。
だから入れないんだと。(残念ながら、病院などでの検査でも数値は低いようです。)
これって、仕方ないのでしょうか。
でも簡単に納得はできません。
普通学級で学びたいと親子で望んでいるんです。
「普通学級へいくなら、なんのフォローもしません」ってあんまりだと思うんです。
抜け道はないんでしょうか?


>まつこさん

>個々に応じた教育をうける権利は、どの子にも保障されるべきです。

そうですよね。
でもそれを言うと、
「特殊学級へ行け」ということになってしまうようです。


みんなが、それぞれ希望する形で就学できるように変わってきているようですが、養相の決定と違う選択をすると、その先のフォローが受けられなくなるようで、なにか納得できないものを感じています。


過去ログを 投稿者:りんか  投稿日: 1月24日(水)17時39分14秒

初めて読みました。(今までどこから入るのか、気にしなかったので)

みなさんの深い思いやりや優しさに感動して、またああ、自分の息子のことを思い返す(振り返るというか)時間になりました。

ここ数日、ADHDと言われたお子さんがいる知り合いの方や、構音障害&LD(を疑ってる)お友達のお母さんと長々はなす時間がありまして、自分が本当に分かっているのだろうか、と考えようと思い、膨大な過去ログをゆっくり咀嚼しながら読んでいます。

こちらでの掲示板でお友達になったみなさんの、初々しい書き込みや、重い書き込みなどを読んでいて、ただの「ネット」のお友達というよりも、そのお子さんたちがトトの友達のような気分で、
(そしてわたしの大事なお友達という気持ちで)強く感情移入しています。

これからも、そしてよろしくお願いします。



はなしあっていく、たいせつさ 投稿者:しのちゃん  投稿日: 1月24日(水)17時43分57秒

しのちゃんです。
通級は、一年も前から教育委員会に通ったり、療育センターの人に
相談したりと手間がかかった気がします。
私たちは、娘の様子から、普通クラスで言葉の教室の通級って形でやりたい!って
のをまず、だして・・・それが娘にとって(第三者からみても)妥当なとこなのか
それを証明していったかんじで、いまにいたっている・・・かな。

うちみたいな場合は、知能検査もするたびにあがっていったりして
今思えば、あのとき「だめだ・・」って結論を急がなくて良かった感じです。
ぎりぎりまで様子をみてあげて、一番いい子供の場所をきめたらいいと思います。

発達になんらかの遅れがある子って、今の状態がそのままつづくってこと
ないと思うんですよ。どんな障害のこどもも、普通(あんまり使いたくないけど)
のこどもも今と同じ状態のまま・・なんてないでしょう。

他人に自分の子供のことをわかってもらい、ここならこんなに
伸びる可能性が高いってことをわかってもらえるのって
結構時間がかかるし、難しいと思うので
やっぱり、話し合って子供を真中に考えてあげられるのが
いちばんいい・・・それで一番いい場所ってでてくるんじゃないかと
思います。
私や、主人のエゴで子供の場所をきめたり、他人の心無い考えをみとめたり
することには、注意してきたつもりです。

調べて、調べて、話して話して・・・みたいな感じでしたけど。
(うまく書けないな・・・・私の言いたいこと伝わっているかな・・・)

ま、そんなかんじで。ごめんなさいね。役立たずでした。


Mさんへ 投稿者:ななママ  投稿日: 1月24日(水)19時58分11秒

ありがとうございます。
病院の先生も「話すのはペラペラ話すけど、理解が悪い」と
おっしゃっていました。
表出性言語障害との違いは言葉の理解、なんですね。
そして病院では、助詞の間違えとかは療育していくなかで
必ず直っていくものですが、受容性の言語障害の方がなかなか
療育をしていく事としては難しいです、と言われました。
言葉の理解という事をどう教えていけばいいのか途方に
くれています・・・


昨年末朝日新聞で・・・ 投稿者:マー君のママ  投稿日: 1月24日(水)21時19分34秒

朝日新聞の『声』の欄に障害を持っているお子さんが普通級に通えないと言う投稿がありました。
読んだ方いらっしゃいますか?同じ神奈川県内ですが・・私達の市ではOKなのですが・・・市によっては対応がいろいろです。その後他の方からの投稿もありましたが、朝日の方でそれについての法律ではどうなっているか?と言う話しが後日出ていました。(新聞見当たらないのですが)
法律では障害がある子は普通級ではなく障害児学級や養護学校へと決まっているように書いてありました。
始めに投稿された方のお子さんは学校の校長先生が理解ある方だったので普通級に進める様になったそうです。
四角四面のお役所仕事に腹が立ちます。

カンガーさんのカキコ読んでいて思い出しました。

でも、おかしな話しですが、その時の校長、担任等で状況が変わります。
逆通級だってしている学校もあるのですから、長い目で見ていま諦めないで欲しいと思います。


通級や個別指導の話、 投稿者:M    投稿日: 1月24日(水)21時41分31秒

出てこないわけにはいかないねぇ。。

megumiさんの言われるように
>個々に応じた教育をうける権利は、どの子にも保障されるべきです。

これ、
せっかくある養護学級(育成学級、特殊学級、障害児学級)をもっともっと
有効活用できないかな。

小人数学級で
身体全体を使っての直接体験をくぐらすことが有効な子もいる。
個別指導の場で
直接体験から自然に学ぶことの困難さを補う事が不可欠な子もいる。


>「ことばの教室」に入る条件にIQの数値があったような気もしました。

う〜ん。
そんな話ははじめて聞いた。本当にそんなところもあるの?
上記二つのタイプで言えば、IQなど関係なく後者のタイプが個別指導が有
効なのだと私は理解している。


以下5行は、感情を交えず淡々と事実のみを・・。(^_^;)

通級による指導の対象とすることが適当な児童生徒の障害の程度については、
平成5年1月28日付け文部省初等中等教育局通達(文初特第278号)で、
通常の学級での授業に適応することが困難と思われる障害が重度な児童生徒
については、通級による指導の対象とすることはできません。
となっています。

カンガーさん、
本務に支障のない範囲で教育サービスとして指導はしても良いとも明記され
ているので、構音障害の指導だけをして欲しいということなら、余裕さえあ
れば断わる理由はないと思いますよ。


ご無沙汰しております。 投稿者:ぎたお  投稿日: 1月24日(水)23時11分17秒

20世紀まで”とら”で書込みをさせていただき、しばらくご無沙汰をしておりました。今回書込みをするかどうか迷いましたが、HNを代え新たな気持ちで書かせていただきます。

特殊や通級と言うことに関して私はカンガーさん、そしてひいろさんの書込みを拝見したときに「特殊を蹴ったら通級を選べない」のように直接的には解釈しませんでした。
おそらく特殊では、Mさんが書かれているような”お子さんの状態に応じてきめ細かい(普通級よりは)指導をもらう”機会が有るように思うのです。
当然普通級ではそういったきめ細かい指導がなさせるわけでは無いため、普通級での授業が負担になったりするケースも有るのではないかと思います。
そして通級は特殊で行われる指導の代用になるものではなく、あくまでも言語に比重を置いたものなのかもしれません<そうでしょうか?
そうなった際に、期待するものが、通級での他の子供たちの目的とはちょっと違う方向になってしまうように思えます。通級はあくまで普通級での授業を充分受けられる子供のための言語指導という位置づけのように思います。だから個別指導を希望するという事なら妥当なのかもしれません。
お子さんの能力が、仮に普通級ではやはり厳しいという状況の場合には、特殊と言う選択肢もあながちお子さんにとって不利益になるとは限らないように思うのです。(それにビルゲイツも Preliminaryは Special Edということですし)

確かに”障害児を普通級で”という流れはちらほら出来ています。ただしこれが成功するためには先生や周りの子供たちの理解という自分達だけでは解決しきれない部分に負う所も大きいように思います。
それでも、しのちゃんさんが書かれているように、入ってからも親が積極的に先生や周りの子供たちすべてに理解・協力を求めるような泥臭い(?)努力をすることで、共生して共に成長していくことが出来るかもしれません。

私は行政の肩を持つわけでは有りませんし、本当に充分でない特殊や養護の話も拝見します。仮に「知的能力が低いから通級には入れない」というセリフがそのままなされていたものならひどいことですが、そのように解釈してしまったと言うことも有るかもしれません。

私自身自分の子供のことを考えたときに、普通級でついていけるか?いじめの対象にならないか? 特殊で身に付くもの、特殊では身に付かないもの、普通級で身に付くもの、普通級で失うもの、をじっくり見据える必要があるように思っています。

もうひとつ、養相の判定は考え様によっては私達の子供を振り分けているのではなくて、教師のスキルや経験も踏まえて、その自治体においてその子供に有った教育を提供できるのは○○だ、と肯定的に考えることはできないでしょうか?


親の思い 投稿者:まつこ  投稿日: 1月24日(水)23時50分26秒

なぜ「普通学級に在籍させたいか」ってことなんですがね。

うちの地域では障害児学級在籍児童が普通学級で多くの時間を過ごすことは
珍しくない状態です。
これは「保護者の希望を尊重して」ということです。

通級はシステムそのものがありません。

障害児学級に在籍すると普通学級の児童と「隔離」されてしまって
ぶっちゃけた話、普通学級の児童の迷惑にならない時間に限り
一緒にいたかったらよせてあげるけどお客さん扱い、ってな風の
地域も多いでしょう。

「個」に応じた教育をうけるためには「隔離」されなければならないという
そんな究極の選択を親にさせないで欲しいんです。

うちは子どもの特徴を考えて、できる限り多くの時間、集団に入れずに過ごさせて欲しい、
特に給食や音楽・体育の時間は無理をさせないで欲しいとお願いしました。

でも、障担の先生は長年の経験から
周囲の子ども達と少年が「人間関係を育む」ためには一緒に生活するのが一番だ、
それ以上、それ以外の方法はないということを身にしみておられました。

私も大概強硬な人間ですが、先生の信念も強かった。
私を納得させるためには、集団の中で、自閉症児の個に応じた指導を実現するしか
なかったのですよ。

体育などで着替えの時に、女の子をじろじろ見るのも、自分の裸を見せるのも恥ずかしいと
教えたら、見えても見えなかったフリ、見せても見せないつもり、ができないために
身動きが取れなくなってしまうので、少年は「たんぽぽ教室」(障害児学級の教室)で
着がえています。

他の子は冬でも規定の半パンですが、少年は寒さでパニックになるので、
体育用のジャージを着ています。

多分、職員室では「甘やかしてる……」などと批判する方もおられるでしょうに。

〜今日の連絡帳から引用〜
体育の時、いつもと違う縄跳びを持っていたので「どうしたの?」ときくと
M君(クラスメート)が、探したけどなかったから2組にいって借りた、と教えてくれました。
後で見ると、机の奥にあったのですが、教室に戻るとさっと2組に行って
「縄跳び返しに来ました」と言って貸してくれたT君(元クラスメート)に
ありがとうと言っていました。自分のものでなくても借りて済ませることが
できるようになってきたなと改めて感じました。

私はまつこです。>Mさん


補足 投稿者:まつこ  投稿日: 1月25日(木)07時33分05秒

>他の子は冬でも規定の半パンですが、少年は寒さでパニックになるので、
>体育用のジャージを着ています。

学校指定の体操服が半パン、という意味です。日ごろは自由服です。
少年は半パンの代りに、手持ちの長ズボンのジャージを体操服にしているのです。


「ニュースステーション」 投稿者:「けやき」管理人  投稿日: 1月25日(木)07時57分06秒

放送予定 テレビ朝日 1月29日(月)21:54〜
「ニュースステーション」で10分程度の教育研究集会の特集
のなかでLD関連取材ニュースが放映される予定。
急遽、番組変更等もありますので新聞等の番組案内にご注意を。


あ”っ 投稿者:M    投稿日: 1月25日(木)08時04分03秒

>私はまつこです。>Mさん

後姿が私の存じているmegumiさんという方とあまりに似ていましたので・・・。
失礼致しました。

通常の学級の教育課程はがんじがらめ。
障害児学級は教師の工夫次第で、個のニーズに応じたカリキュラムを組むことができる。
これを見逃す手はない。

それが
その子に適した”落ち着いた環境”なのか、
単なる”隔離”でしかないのかは、
中身で決まる要素が大きい。


(無題) 投稿者:のあ  投稿日: 1月25日(木)08時59分15秒

カンガーさんへ。
始めましてでしょうか。ご無沙汰してしまってるのあと申します。

通級とおっしゃってるのは、言葉の教室だけのことなのですか?
他には何かサービスはないのですか。
校長先生はあまりご存知ないことが多いと思いますので、言葉の教室そのものとか、教育委員会とかに聞かれたほうがよいかも知れないです。

地域によっても違うと思うのですが、うちのところでは、言葉の教室の判断で通級が決まるようになってます。校長先生はそれには加わらないらしい。
情緒の通級は、教育委員会の判定により決まるという感じで、まずは親が希望しないと始まらない。教育委員会の就学相談なんとか(場所によって違うと思うのですが)なんてところに相談するのがいいと思いますよ。
特殊にして、交流をシッカリしてもらうとか、いろいろあると思うのですが、(これも場所によっていろいろ違うのでしょうね)そのお子さんにとって一番よい方法を的確にアドバイスしてくれるところがあるといいですよね。

児相の決定って??
児相には「うちは厚生省管轄で、学校関係には口出し出来ないんですよ。あくまでもアドバイスです。」なんていわれちゃったことがあるのですが。
そういうのも地域差なのでしょうか。(ちょっとびっくり)


皆さん、ありがとうございました 投稿者:カンガー  投稿日: 1月25日(木)09時01分56秒

>しのちゃんさん

1年かけて、いっぱい考えて、いっぱい話して.......、とても勉強になりました。
お母さんの一生懸命な気持ち、良く伝わってきました。
うちは就学まで、あと1年と少しなので、見習いたいと思います。


>マー君のママさん

校長でかなりかわるということはよく聞きます。
逆通級って初めて聞きました。
どういうものなのか、教えてください。


>Mさん

うちの地域では、養相の知能テストだけが、「通級への道」です。
通級を希望したら、必ず養相でテストを受けて、その結果だけがすべてです。
もちろん、1発勝負だから、たまたま低い数字がでた時は、医療機関での結果などで、ひっくり返すことはできるようです。
IQのみですべてを判断しているのが現状です。
そして余裕はないですよね。
どこも通級はいっぱいいっぱいみたいで.......。


<ぎたおさん

おっしゃることは、わかります。
けれど.......ってやつです。


>まつこさん

障担の先生、良い先生ですね。
なかなかそんなに良い先生に恵まれる話はききません。
「普通学級でうまくやれなかった先生」がやる気もないのに、障担になってしまったという悲惨な話を聞いたばかりなので、うらやましいです。


友人の名誉のために一応書きくわえておきますが、
彼女のお子さんは、確かにIQが規定の数値に達していないかもしれないけど、普通学級で学ぶことは十分可能だと(私は)思います。
勉強は少し遅れるかもしれないけれど、自閉症ではないから、問題行動もないし、コミュニケーションは良好だし(発音は悪いけど、人とかかわる能力は高い)、きちんと椅子にすわって、静かに授業をきけるし、指示は通るし、おもいやりのあるとても優しい子です。
御遊技や歌も、皆と真面目によくやります。
友人が、特殊学級を見学して、担当の先生と話して、いろいろ考えて出した「自分の子供は普通学級へ」の結論を私は応援してあげたいと思います。
友人は障害児学級を毛嫌いしているわけではありません。
自分の子供にあっているなら、障害児学級もいいなと気軽に思っていたので、動くのが遅れてしまったくらいですから。

かえって、家の子のように、IQでのみ判定すれば、普通学級と通級でとなる子供でも、感覚過敏を持っていたり、配慮の必要な自閉症の子供の方が、友人の子供よりもずっと普通学級でやっていくことがむずかしいのではないかなと思います。
「IQだけで、判定する」システムがおかしいと思うのですけど。
そしてその判定のために、友人のお子さんは、普通学級へいけば、言葉の指導を受けること
はできなくなってしまうのです。

ながながとすみませんでした。
ありがとうございました。


時間がないので取り急ぎ 投稿者:ひいろ  投稿日: 1月25日(木)09時09分11秒

就学決定は3/31まで粘れるはずです(笑)
もう少しいい方法がないか、じっくり考えて下さい。
私もちょっと調べてみたいので・・でも今日は忙しい。ぺったんこが待っている(笑)


のあさん 投稿者:カンガー  投稿日: 1月25日(木)09時26分26秒

はじめまして。
アドバイスありがとうございます。

友人が言う通級とは、言葉の教室のことです。
彼女の子供は発音が悪いので、それを気にしているのです。
情緒のクラスに入る対象ではないです。
うちのあたりは、言葉の教室と情緒の教室とあるようですが、私もあまり詳しくないんです。

とりあえず、校長先生にまず相談して、「普通学級でいいのではないですか」と言われ、通級を希望しなければ、それで、決定。
「特殊学級がいいのではないですか」と言われて納得すれば、それも決定。

ところが、通級を希望する場合や、特殊学級を勧められても普通学級を希望する場合は、「養相センター」(児相ではありません、まぎらわしくてごめんなさい)と呼ばれているところでテストを受ける必要があるそうです。
テストの結果が良くて、大人しい子供の場合、逆にまた通級に入れなくなる可能性がでてきます。
必要無いという判定も出ます。
ねばっても入れてもらえなかったという話も良くききます。
とにかくいっぱいなんですよ。

養相の決定が一番のようです。
養相の正式名称はわかりませんが、養護相談センターとかの略かなと勝手に思っていますが、違ってるかな?


カンガーさんへ 投稿者:のあ  投稿日: 1月25日(木)09時59分29秒

ごめんなさい。勘違いだったです。

やはり、校長先生の意図がわかりづらいのですが、
(「うちの学校に来てもいいよ。」と「そのかわり...」)
言葉の教室をあきらめさせるメリットってなんなんでしょうね?
言葉の教室は、学内にあるのでしょうか?

でも、校長先生が、通学可能だと言ってくださったのは、心強いですよね。
養相(すいません!)に、校長先生のご判断を(うちの学校に来てもいいよ)を伝えて、
さらに、Mさんのおっしゃるように、発音の問題から言葉の教室に通うことが「うちの子にはぜひとも必要なんだ!」と主張していくって感じでどうでしょうか。
今すぐでなくても待ちますから...なんて。

とりあえず、普通級確保しておいて、学校が始まってから子供さんの様子を見て考えてもいいでしょうし。
そのお友だち、応援しています。
もちろん、カンガーさんもね♪


のあさんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 1月25日(木)10時21分26秒

応援ありがとう!
うれしいです。

校長先生の意図はね、本当は特殊学級へいってほしいのですよ。
でもね、このあたりは、親の希望が通るんです。
だから普通学級へは入れます。

ただし、通級は別なんです、
校長の意思も親の意思も関係なく、「養相の決定」なんです。
そして、その判断基準にIQがあり、その数値に達していないから、入れないんです。

そして、そのことを良く知っている校長は、
「そのかわり.......」と脅し文句を言ったのだと思います。
特殊判定が出たのに、普通学級を希望すると、嫌な顔をされるという訳です。

無理に言葉の教室に入れようと努力するより、良いSTさんのいる病院などをさがすほうが、もしかしたら、良いのかもしれないなあと思いはじめています。
あんまり学校とはもめない方が、良いのかもしれないなあとちょっと弱気になったりして。


この状態も一因 投稿者:まつこ  投稿日: 1月25日(木)10時41分17秒

>「普通学級でうまくやれなかった先生」がやる気もないのに、
>障担になってしまったという悲惨な話

よくある話です。40人を把握する力量はないけれど、
一人、二人の相手くらいなら何とかなるかもしれないって程度の認識です。

そのうえ、その「何とかなる」というのが「つつがなく一日過ぎる」ってことで
その障害児の一生の生活の質を見通して、今、どんな援助や指導が必要かという
ことなぞ、さらさら考えていない管理職や教育委員会は
残念ながら少なくはないのです。

実際うちの小学校でもそういう人事があって
少年のクラスを担当する先生や介助員の先生が、ひたすらフォローしていたんですよね。
(障害児学級が複数クラスあるのです。)

こういう現状を知ってれば、なおさら障害児学級に在籍させたくなくなるのは
人情ってもんです。

「障担の先生は窓際」という学校は、ろくなもんじゃないと思いますね。
校内の障害児学級をないがしろにして何が「心の教育」ですか。

明日、毎年恒例の療育センターのOB会があります。
センターを出て、養護学校へ進んだ子、地元小学校の障害児学級、
幼稚園→普通学級、幼稚園→障害児学級、
保育園→養護学校、保育園→普通学級、保育園→障害児学級
いろんなパターンのケースがありますが、

みんな、多かれ少なかれ進路先で
>泥臭い(?)努力
をしています。

最初は不毛に思える努力でも、あきらめないでよかったと思っています。

>IQのみですべてを判断しているのが現状です。
やっぱり、変ですよ、それ。
>問題行動もないし、コミュニケーションは良好だし
>(発音は悪いけど、人とかかわる能力は高い)、
>きちんと椅子にすわって、静かに授業をきけるし、指示は通るし、
>おもいやりのあるとても優しい子です。
>御遊技や歌も、皆と真面目によくやります。

↑こういうタイプのお子さんならなおさら、
仮に「特殊在籍」であっても、多くの時間を「普通学級」で生活する
「交流」というのはカンガーさんの地域ではいかがですか?
これはかなり多くの地域で行われている形態だと思います。

まつこはmegumiさんとどこから見てもそっくりかもしれないですね。σ(^◇^;)


ごめんなさい。 投稿者:マー君のママ  投稿日: 1月25日(木)11時57分41秒

言いたい事は沢山あるけど、息子の「ことばの教室」に行ってから仕事に入らなければいけないので、夜ゆっくり書かせてね。


まつこさん 投稿者:カンガー  投稿日: 1月25日(木)18時07分45秒

よくある話なんですか?。
ショックです。
とっても無知で恥ずかしいんですけど、最近まで、特殊学級の先生は特別な資格のある方で、厳しい条件をクリアした方だと信じていました。
だって、そう考えるのが普通じゃありませんか?

「交流」については、学校によってまちまちです。
ほとんどを普通学級で過ごすという話もきくし、ほとんど交流はないという話もききます。
どうして、こんなに学校間で差がでるのか、よくわかりませんが、本当にかなり違うようです。

健常児でもクラス担任の当たり外れがあるとききます。
仕方ないのでしょうか。


ふーっ。 投稿者:ちひろ  投稿日: 1月25日(木)21時35分43秒

初めての皆さん、初めまして。(当たり前だ)

普通クラスか、特殊クラスかの判断は就学指導委員会が決める。
でも、最終決定権は親にある。
結果、親の希望する内容の教育が受けられるかは、校長、担任で決まる。

通級指導教室は、どうも地域によって、いろいろの様ですね。
ただ、共通している事は、圧倒的に先生の数が少ない事。
その為に、通級できるできないの振り分けの方法を考えたのでしょうね。
私には、そう思える。

ウチの地域も今年度できたばかりですが、大変な事になっています。
このサイトを先生に紹介してしまったばっかりに書きにくいですが、ことばの教室があると言う事を宣伝したくないらしい。
要するに、通級に通う子どもは先生が選びたい。
親のほうから言ってきてもらっては困るらしい。

あっ、書いちゃった。
でもね、私は、まだ先生を信じたい。
先生も綺麗事じゃ、やっていけないのは解るけど。
Mさん心配しなくても、これはウチの先生に以前に言った事だから。
ただ、また言ってるって気を悪くするかしら???
ただ、書いてるだけなのよ〜〜〜


障害児学級について 投稿者:マー君のママ  投稿日: 1月25日(木)21時59分29秒

悲しいけど「よくあるはなし」ではありますね。
特に障害児教育を受けていなければならないと言う事はないようです。
中学になるともっと・・・と脅かされています。ましてや学科によって先生が変わるので勉強の内容も理解していないで教えている様です。
養護学校も同じだそうです。小・中学校の採用試験に落ちたから取りあえず養護学校で空きを待つ人もいるそうです。

>「つつがなく1日過ぎる」
だけなら良いのですが、そう言う先生に限って何か問題を起こしたりして・・・
我校ではそんな事がありました。
障害級のお母さん達の連携も大切です。いつも仲良く過ごしていれば学校へ要望等言って行く時に
力を発揮します。問題ある先生は他の学校へ行ってもらいました。他の学校も迷惑?
何か問題が起きた時は必ず、日時、場所、どんなことがあったのかをメモしておく事を進めます。
学校だっていろいろ問題があればほっとく訳には行かないでしょう。ましてや子どもの命を預かっているのですから・・・

カンガーさんへ
  逆通級と言うのは普通級に通っている子が障害児学級に通うのです。
 我校はいろいろな子が息子の障害級に来ました。
 アフリカから来た子は算数がわからないので(10以上数える事がないとか・・・)算数を習いに
 小人症の子はいじめが原因で、先生と上手く行かない子も学年末までいました。
 で、この度知人のお子さんが受け入れてもらえる様です。彼の場合はお母さんは「おかしい」と 思っているのですが、学校側が普通の子だとずっと言いつづけていたのです。ちょっとLD?
 彼の苦手な教科だけ障害級で習います。

問題がある先生もいたのですが、とっても良いセンスのある先生がいつも何人かいて子供たちは助かっているのかも知れません。

ことばの教室について
 この辺はIQは問題ないようです。それよりも、本当の対象者は難聴児や言葉の発音が上手に出来ない子だそうです。マー君のような自閉症で言語発達遅滞の子達は以前は対象にならなかったようです。

障害児学級について
 マー君のクラスにも普通級から変わって来た子が何人もいます。
お母さん達の感想は「もう一度やりなおせる事なら始めから障害児学級にお願いしたい。」
そして、子ども達は障害児学級で過ごしてきた子の方が身の回りの事は出来るのです。
普通級にいるとお世話係がいていろいろやってくれるようです。障害級は自分で行う訓練をしているので差が着いてしまうのです。これから生きて行く為には生活訓練は大切です。
障害児学級も捨てがたいですよ。




うちの市には・・ 投稿者:くまの子ウーフ  投稿日: 1月25日(木)22時02分16秒

うちの市には、通級教室がありません。
なんででしょうね。。。

ないんじゃ話しにならない・・


変更 投稿者:「けやき」管理人  投稿日: 1月25日(木)23時11分29秒

テレビ朝日 ニュースステーションでのLD関連番組、
1月30日(火)に変更となりました。


教師の 投稿者:  投稿日: 1月26日(金)07時48分56秒

個人の資質云々のレベルでは話は堂々巡りだよね。
色々な教師がいるけれども、
学校、あるいは地域単位で、いかに困難を越えていけるシステムを確立していけるか
どうかって事なんじゃない?


>教師の  投稿者:ちひろ  投稿日: 1月26日(金)08時56分02秒

とってもしんどい作業だけど。


障害児学級 2 投稿者:マー君のママ  投稿日: 1月26日(金)09時00分21秒

Mさんの言われる通り 教師の資質を問われるばかりでは前に進みませんよね。
少しづつではあるけれど、良くなっているのは確かだと思います。そのためには教育委員会への働き掛けも大切だし、教師に意見を言う事も必要だと思います。
先生が良い指導をした時は大きく認める、問題があった時はさりげなく注意をする。攻撃はしない。(なかなかできないけれど)
先生の質を上げるのもお母さん達の手にかかっていると思います。
家で上手な指導が出来た時はすかさず先生に知らせて行く。いろいろな手を使って先生にも気が付いてもらわなければ・・・
お母さんが成功した事を先生がまた成功すると何だか連帯感が生まれたりして・・・会話も弾みます。情報はお母さんから・・・ここに来るお母さん達センス良いから上手く行くと思います。


・普通級に進んだ障害児のこと
 
  私の印象では精神年齢が送れがちになるので、高学年になると浮いてしまう様に思います。
 また、お母さん達は勉強等追いついて行かなくなったら障害級へと言いますが子どもによって  本人が障害級を特別な子が行く所と判断して拒否するケースもあります。
 普通級の先生は気持ちがあってもやはりクラス全体に目が行くので丁寧な指導が出来ないと言い ます。出来る事なら障害児学級で学べばもっともっと成長するのに・・・と友人の教師は言ってい ました。「つつがなく1日が過ぎれば」を障害児本人にもとめてしまう先生も出て来るのでは?
 障害児学級は個に応じた特別な指導をするところです。普通級より意見も言って行けると思いま す。


皆様ありがとうございました 投稿者:カンガー  投稿日: 1月26日(金)09時02分02秒

友人に、皆様の御意見をすべてきちんと伝えます。
あせらずに、もう一度よく考えて、子供にとって一番良い道を選ぶように。
特殊学級には、よいところもたくさんあること。
交流をどの程度してくれるのかもポイントであること。
余裕があれば(ここが曲者だけど)、通級でことばの訓練を受けることも可能であること。
理解のない校長先生であっても、あきらめずに話し合う努力をすること。などなど。

私もいろいろ勉強になりました。
1年後に向かって、しっかり情報を集めようと思います。
また、教えていただくこともあると思います。
よろしくお願いいたします。

>マー君のママさん
逆通級の意味、わかりました。
ありがとうございました。


ただいま〜 投稿者:まつこ  投稿日: 1月26日(金)13時58分28秒

療育センターのOB会から帰宅しました。

>個人の資質云々のレベルでは話は堂々巡りだよね。

ええ、そこで、話を終わらせちゃいけないと思って……。
今日も、そういう話をしてきたんですが。

<教員の資格>のことですが、
つい先日、文部省の「21世紀の特殊教育の在り方に関する調査研究協力者会議」で
21世紀の特殊教育の在り方について〜一人一人のニーズに応じた特別な支援の在り方について
の最終報告が発表になりました。

その中に、
______引用__________
盲・聾・養護学校の教員については、児童生徒等の障害の状態に応じて、
特別な教育的ニーズに応じた教育を行う必要があることから、
小・中学校等に比べて特別な専門性が要求される。
このため、盲・聾・養護学校の教員は、小・中学校等の教員のいわゆる基礎免許状に加えて、
盲・聾・養護学校の学校種ごとの特殊教育教諭免許状の所有が必要とされている。
 しかし、この特殊教育教諭免許状を保有していなくても
盲・聾・養護学校の教員となることができる特例が設けられていること等から、
現状では盲・聾・養護学校の教員の特殊教育教諭免許状の保有率は、
盲学校21%、聾学校31%、養護学校52%となっている。
  〜 中略 〜
特殊学級担当教員及び通級指導担当教員については、
特殊教育に対する基本的な理解、障害を改善・克服するための指導方法、
児童生徒とのかかわりや保護者への教育相談の心構えなどの知識・技能等の専門性が
不可欠である。
 しかし、一般的に、通級指導担当教員は、比較的経験豊富な指導力のある教員が
配置されることが多いが、特殊学級担当の教員については、地域によっては、
経験の少ない若手の教員が配置されたり、学校内の教員が交替で担当していることから、
特殊教育に関する専門性が必ずしも十分でない場合もあるとの指摘もある。
________________引用終わり____________

この文部省自らが認めた現状。
特に専門の勉強をすることもなく、障害児の指導にあたることになった先生だって、
最初は不安でしょう。手探りから始めるしかないですものね。

最初からうまくなんていきません。
親の私だって試行錯誤の連続なんだから、
彼との付き合いの浅い先生がなにかととまどわれるのは当然のことです。
私のこれまでの試行錯誤を伝え、
先生も学校での出来事をしっかり「見て」知らせてくださって……
強い連帯感が生まれました。

これは、通り一遍のクラス担任をやっていたんではなかなか生まれない人間関係でしょう。

私はうちの子と付き合ってみて、
うちの子と正面から向き合えば、「教育の醍醐味」を味わえると思っています。
「教育の本質」が見えると思っています。

「障害児学級担任」が先生にとっても魅力のある仕事だと
感じてもらえるようで、ありたいと思います。


はじめまして 投稿者:きたちゃん  投稿日: 1月27日(土)21時31分32秒

はじめまして
今日色々検索してて初めてこのページをみつけることができました
パソコン歴が短いということもあるのですが早くこのページに出会っとければ・・思ってます
実は息子6歳1年生が3ヶ月検診で発達の遅れを指摘されて以来保健所とかとのおつきあいが
ずっと続いていて発達検査は6か月ごとにうけたりしてきました。保育所に障害児枠で年少から
通い 就学前も教育委員会の方や保母さん発達検査をしてくれてた方々と相談して普通学級で
入学しました。何がどうというのではなく全体に発達が1年ぐらいの遅れがあるといわれつづけてきました。ちなみに3月生まれの早生まれ。
そして学校は楽しくお友達とも普通に過ごしてるようなのですがやはり勉強は・・・特に算数が
わかってないなあと思ってました。そして2学期の終わりの懇談で担任から養護学級も進路の1つと
考えてみたら・・・といわれました。とり合えず担任の方から児相へ行くように言われ行ってきたら今までと同じK式の発達検査をして同じように1年ぐらいの遅れがあると・・でもこんどはバランスがわるいところもありLDかも・・と。それを担任に話すと京都の中央病院の発達外来をすすめられました。来週連絡してみる予定なのですがもし検査にいい病院とかあったら教えて欲しいのです。京都か大阪で・・・2月上旬には養護にするか返事をしないといけなくてここの所切羽詰ってます。もしかしたらホームページを全部読めば判るのかもしれませんが・・どうかよろしくお願いします。


きたちゃんさん 投稿者:M    投稿日: 1月28日(日)10時01分50秒

初めまして。
同じ京都でも、うちの方と随分システムが違い、少しびっくりしました。
検査も学校でではなく、いきなり児相や病院で受けるんですね。

そう言えば、以前、京都市内のLD親の会の方が、ことばの教室も構音
障害等の指導しかしていないので行き場所がないと嘆いておられたのを
思い出しました。いえ、ことばの教室は、もともと”構音障害や言語発
達遅滞の子が対象”という事になっているので仕方がない面もあるので
す。でも、それならそれで、LDや自閉の子達も通える通級教室も早急
に欲しいですね。
            <  ね、京都のLD親の会の皆様

あ、病院を探しておられたんですよね。
>2月上旬には養護にするか返事をしないといけなくてここの所切羽詰ってます。

2月上旬と言うと、もうすぐではないですか。
学校が返事を急ぐ理由がわからないのですが、LD等の診断ならやはり親の会も
推奨されている病院の方が良いですよね。
       ↓
全国LD親の会の診断・相談機関情報

予約の都合で2月上旬に間に合わない可能性は高いです。
でも、遅れが一年程度で、他の教科は問題はないのに算数だけわかって
いないようだと言うのなら、やはり、K式発達検査検査ではなく、
WISC−3等の検査も受けられる所が良いです。
因みに、検査結果の分析をして、必要な手だてを学校の方に提示するまで
の事がお願いできるかどうか確かめた方が良いと思います。検査結果を聞
く時に先生に同行してもらうというだけならどこの病院もO・Kだとは思
いますが。

発達指数の事で、少し疑問なのですが、

お子さんの生活年齢が7歳で、1年遅れているのなら発達年齢は6歳。
発達指数(DQ)=発達年齢/生活年齢 ×100
        =72ヶ月/84ヶ月×100
        =86

で、これは数値の上だけでみれば遅れとは言いません。
でも、生後三ヶ月からフォローを受けていて、入学前までもずっと相談を
されたということは数値だけでは見えない発達、認知の歪みなどがあると
言う事なのかもしれませんね。そこをしっかり見ていただく事が大事とい
う事でしょうね。


お返事有り難うございます 投稿者:きたちゃん  投稿日: 1月28日(日)14時12分43秒

M先生 早速のお返事有り難うございました。ところで先生は京都のどのあたりの学校なのでしょうか?私は大阪府内なのですが北摂で京都にも出れるので担任からも京都の病院を進められたのだと思います。このあたりには通級がなく養護学級か普通学級に分かれてるだけなので通級のことを
京都の友達から聞いた時はうらやましかったです。やはり地域によって差があるんですねっ。病院参考にしてみます。ところで近々引越しの予定がありできることなら(はいれるかどうかわかりませんが)通級のシステムのあるところがいいなあって。京都の友達は大山崎在住で主人の会社の都合もあり大山崎か長岡京市あたりがいいのですが長岡京の友達に聞くと通級がないと・・先生はご存知ないですか? 個人的なことばっかりでごめんなさい


はじめまして。 投稿者:ハロ  投稿日: 1月28日(日)14時56分14秒

はじめて投稿します。
わたしはあと3日で29歳になるいっぱしの(?)成人女性です。結婚はしていますが、まだ子どもはいません。
今日、「片づけられない女たち」という本を読みました。自分にあてはまることがあまりにも多くて、驚いてしまい、ここに投稿しました。
わたしはものごころついたころから意識が非常にうすれがちで、活動力が少なく、今では人と話をするのも大変な苦労で、赤面症にもなってしまいました。とにかく人と接するのに恐怖感や、恥の気持ちがわきあがってくるのです。
買い物や、家の掃除をするのももちろん困難です。外を歩いているときも、意識がうすれて、はっと気づいた時には一瞬前の記憶もさだかでない、といった状況なのです。
 こんなわたしでも、近い将来子どもをもつことは可能でしょうか。
 それから、大人で、多動のないADDを診てもらえるような施設を知っていらっしゃる方がいたら、教えてくださいますか?(わたしは横浜在住です)
 なんかとっても自己中な投稿文になってしまいましたが、お返事がいただけたら幸いです。


ハロさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月29日(月)11時12分00秒

初めまして。5才になるADHD男児の母です。

ご自分がADDかも、と思われたとのこと。
ADHDやADDの本人や家族、教師たちを支援するグループに
「えじそんくらぶ」というのがあります。
「片づけられない女たち」の巻末にも紹介が載っていたかと思いますが
ホームページもありますので
そちらのURLをお教えいたしますね。
そちらで専門病院をお尋ねになると良いのでは、と思います。

 「えじそんくらぶ」↓

http://www.e-club.gr.jp/index.html


きたちゃんさんは、 投稿者:M    投稿日: 1月29日(月)21時29分09秒

京都の方ではなかったんですね。
とんだはやとちりだったようです。。余計なことも書いてしまって消え入りたい気分です。
                
あ、消える前に、通級教室の事だけ書いておきますね。          
勿論、北摂にもありますよ。大山崎にも長岡京市にもその隣の高槻市にもあると思います。
下記は「コミュニケーション障害便覧」の京都、大阪分へのリンクです。
ことばの教室だけではないのですが参考までに。    

大阪
京都

因みに、ここに掲載されている以外の教室も沢山あります。
詳しくは、その市町村の教育委員会に問い合せると良いと思います。


ハロさん 投稿者:M    投稿日: 1月29日(月)21時31分28秒

初めまして。
・・・と、もうえじそんくらぶに辿りつかれたかな。

玲さん、
いつもありがとうね。


ありがとうございます 投稿者:きたちゃん  投稿日: 1月30日(火)18時59分10秒

こちらの書き方が悪かったのに申し訳なかったです。いろいろアドバイスいただいてほんとに有り難うございます。参考にさせていただいたり早速連絡とったりしています。感謝の気持ちで一杯です。今後ともよろしくお願いします。(はやくHPのすみからすみまで読みたいです)


はじめまして 投稿者:MOMO  投稿日: 1月30日(火)23時16分29秒

今日はじめてこのページを見つけ、皆さんのアドバイスをいただけたらと思わず投稿させてもらいました。3歳半のうちの子は3歳時点での発達テストで半年遅れと診断され、以後発達相談センター、言葉の教室に通級しています。その両方から「個人差の範囲で心配ない」みたいな事を言われています。私自身はLDではないかと、確信に近い気持ちでおりますが、これ以上どんなところで相談すれば良いか分りません。それとも修学時まで私なりに見守っていればいいのかな・・とも思ったりしています。でも子供の状況を早期に把握したいという気持ちも強く、考え込んでしまっています。どなたかアドバイスしていただけたら幸いです。


心配 投稿者:まつこ  投稿日: 1月31日(水)20時33分13秒

はじめまして、MOMOさん。
私は小3自閉症男児の母です。

検査の結果が個人差の範囲でも、
母親が我が子を「心配」する気持ちは、皆、同じなのだろうと思います。

MOMOさんが、お子さんをLDだろうとお考えになるからには
何か具体的なできごとなり、行動なりがあるのでしょう。
診断名がつこうとつくまいと、私がうちの子どもとの暮らしの中で
感じたり考えたりしたことをお話して、少しでも力になれば嬉しいと思います。

もしも差し支えなかったら、お子さんの様子や、MOMOさんがご心配なことを
具体的に書き込んでくださいませんか?


ありがとうございます 投稿者:MOMO  投稿日: 1月31日(水)21時31分50秒

まつこさんお返事ありがとうございます。
まつこさんからのメッセージを眼にして感動しています。
私は小四と3歳半の女児の母です。
下の子は、まずコトバが遅く現在3語文、四語文など出ていますが、接続詞などがグチャグチャでそのため話がなかなか通じません。
その他「熱い、寒い」「甘い、しょっぱい」「いってきます、いってらっしゃい」なども3歳時点では逆に使ったりして混乱してました。今でも他の事柄でそういう混乱?みたいな事があります。
また、簡単な会話は出来ますが「なんで?」「どんな?」「いつ?」とかが理解できないようです。運動面では特に気になる事はないし(少し慎重すぎるかなと思うくらいで)、手先も器用だし、何でも一人でしようとしています。ですから私の少ない知識の中で、コトバの部分だけLDにぴったりです。単語もなかなか増えなくて、文章にならなくて、接続詞などが正しく使えません。でも言葉が遅い事よりも理解が悪い事が心配です。
簡単な事もすぐ頭に入らないけど、すごく時間かけて理解する子なんだと分ってから、気長に見守るよう努力しています。
コミュニケーションはとれるみたいだし、反応が良いと言われていますので、自閉症ではないだろうと思います。
この子にとってプラスになる環境を出来るだけ作ってあげたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。

掲示板過去ログ案内に戻る