2001年2月その2
治る 投稿者:M    投稿日: 2月 4日(日)23時04分22秒

音声言語を発することができるようになり、
いわゆる不適応行動と呼ばれるものが減少し、
表面的には、社会に順応しているように見える。

それを
「治る」
と表現するのでしょうね。

体罰や不快な刺激を与えて不適応行動を
押さえ込もうとするパターンは古くからあったよね。

世間の軋轢の中で追い詰められた親がそこに逃げ込む事を批判する資格があるのは、
同じ思いを経験しながらも、ぎりぎりの所で踏み留まっている同じ立場の親御さん
だけなのでしょう。

そして、
その罪を確証をもって告発できるのは、親でさえも見抜くことの難しかった子ども
達の混沌とした感覚世界の困難さとそして豊かさを語って下さったご本人方ね、
                              <  きっと。

>治ったように見えてからは本人が大変。

以下、ペンギンさんの日記の中の「自己意識の限界」から勝手に引用です。
              < ペンギンさ〜ん、事後承諾よろしく。。

>「行動障害」の治療のためには、一時的に「こだわっている物」を周囲から除去
>することも必要でしょう。しかし、こうなった状態の「自閉症」者、つまり、全
>く「人」と係われないことはない「自閉症」者から「こだわり」を剥奪すること
>は、「精神的な死」を意味すると、私は自分の経験からも思います。何故かと言
>うと、私は現在、「こだわり」を「趣味」として残すことで「精神の均衡」をは
>かっているからです。それよりも何よりも、「こだわり」を技能に結びつけて職
>を得ることが可能になっている人も、現実にたくさんいるでしょ!

治ったように見えるのは単なる同化。
本当に必要なのは、それぞれの”文化”を尊重した共存。

ペンギンさんの日記、読んだ事のない方は是非どうぞ。取り敢えずは上記の
「自己意識の限界」のページへのリンクは
      ↓

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/jiko.htm


昨日の 投稿者:M    投稿日: 2月 4日(日)23時28分31秒

長期記憶についてのつけたし。

短期記憶もふくめて、記銘力が落ちこんでいる子は多いです。
他は年齢相応なのに、記銘力だけ3〜4歳、遅れているという子も何人かいたけど、
やはり言語発達や学習の遅れがあったかな。

でね、昨日、一般的な事と書いたのだけど、例えば、
視覚認知が強くても視覚記銘が強いとは限らない。
視覚的な同時処理は得意でも継次処理は苦手。
聴覚でも、入力の部分はO.Kでも出力の所でつまずいている。

等々、まあ、当然ながら色々あるわけです。
検査の結果から推定された力が実際に指導しているうちに見当違いだったりする事も、
勿論、成長発達と継続的な指導の中で変わっていく事もある。

だから、
実際の指導者にしっかりアドバイスをしてもらってくださいね。
              < と、伝えてね、りんかさん。


私も○ー○ン 投稿者:千秋  投稿日: 2月 5日(月)06時42分34秒

私も○ー○ンの本を読んだ事があります。「治る」なんて信じないけど
チョロにあった訓練なら・・・と思ったんですが・・・。
実際、訓練を受けた人達の手記のような本を読んだらちょっと引いて
しまいました。
かなり泣き叫ぶ子供を押さえつけて・・みたいな事をやっているようで。
で、私はやめましたが、知人に見学にまで行って入会する人がいます。
その人は今までにない訓練方法に魅力を感じたようで、見学の時に少し
訓練してもらった方法がとてもお子さんに合っていると感じたようです。
(私は目玉を懐中電灯で照らす訓練とか、恐いと思ったけど)
まだ、待機段階らしくこれからどうなるのかな。


マー君のママさんへ 投稿者:MOMO  投稿日: 2月 5日(月)21時14分44秒

ありがとうございます。思ったまま伝えてみようと思います。
私はまだまだ若輩者(年齢ではなく)らしいので、まだまだ苦戦苦闘して行こうと覚悟しました。

Mさんお勧めのペンギンさんの日記もすごく参考になりました。
今までどこかで聞きたかった事を、教ええてもらえた気がします。



よく笑う。 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月 5日(月)23時04分00秒

この頃、よく笑います。大声で。
手近なものをドンドンと叩きながらだったり、
お腹を抱えてひっくり返ったり。
まるで、下手な役者かお笑いタレントのよう。(役者の方とタレントさん、ゴメン)

気になるのは、「何故、笑うか。」です。
TVの出演者が笑う。そばにいる誰かが笑う。
いえね、つられて笑うのって、私だってありますよ。
そんなに可笑しい事じゃないんだけど、みんなが笑い転げている様子がおもしろいとか。
ここの方なら、わかっていただけると思うのですが、
それとは、ちょっと違うような・・・・

あの、「笑う」のですから、
周りに危害を与えるんでもないし、
自分が傷つく(外科的に)わけでもないので、いいんですけどね。

また、新たな一面なのでした^^。


質問。 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月 5日(月)23時20分10秒

「アスペルガーは非言語性LDか」
「高機能広汎性発達障害の残遺型はLDと呼ぶべきか」

どなたかこんな事(議論)、聞いたことがありますか?
まだPDDについては勉強を始めたばかりなので、
周知の事だったら、ごめんなさい。


笑う。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 2月 5日(月)23時30分36秒

ハカセとこくっぱも、よくわからないところで笑います。
どちらかが笑うと、まるで笑わないといけないかのように、もう片方が笑ったり。
そんな姿を見て、皆が笑ったり。
・・・変な家族です。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


はい。 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月 5日(月)23時55分01秒

>そんな姿を見て、皆が笑ったり。

そうなの。私にも、ウツるんです。
そしてパタッとやんでしまうと、なぜか取り残される母。
「置いてくなよ〜〜〜〜@@;」です。

>・・・変な家族です。

うちも変な家族<その15>くらいに、入れてもらおっかな・・・


天使の笑顔 投稿者:みっき  投稿日: 2月 6日(火)01時12分53秒

こんにちわ またお邪魔しにきました。
先日、百貨店のゲームコーナーで、娘がワニたたき(もぐらたたきのワニ版)に興じておりました。(娘はこれが大好きなんです。)
そこへ、小学1年生くらいの女の子がニコニコ近づいてきて、娘に触れそうなくらい隣に立って、見てました。私もしばらく様子を見ておりました。
ワニはたたかれる度に、「痛っ!」と声をあげる仕組みになっているのですが、見ると、女の子はその声が発せられる度に、耳を指で閉じて、聞こえないようにしています。でも、顔の表情はとても楽しそうで興味津々でした。そのうち、手を出してきて、娘の持っているハンマーをとりあげようとしました。ごく自然に・・です。娘は熱中していることに邪魔されると、パニックして、大騒ぎするので、あわてて、私が「ごめんね。この子が終わってから、ね」と女の子の手を制しました。すると、女の子はそのまま私をニッコリ見て、抱き着いてきたんです。
「ああ、この女の子はうちの子と同じだ!」
娘もある特定の音に対して、耳を塞ぎます。例えば、クイズ番組のピンポーン(正解)とか、ブッブー(不正解)、あるいはバスの扉の開閉するときの音などです。
それに、他人でも手をかけられると、そのままニコニコと抱きつくこと。(これは現在は減りました)
思わずそのまま、その女の子を抱きしめてしまいました。その子のお母さんがいらっしゃったら、少し声をかけてみようと、辺りを見回しましたが、誰もいません。その子に「お母さんは?」と尋ねても、ニコニコしてまた娘のやっているゲームに、耳を塞ぎながら見入っています。
しばらくすると、彼女のおばあさんらしい方が探しに来られました。そそくさと、女の子を引っ張って連れて行かれ、別のゲーム機で遊んでいたようですが、耳に入ってくる彼女の言葉は、「あれ、する」「どうやる?」でした。
3年前の我が子を見たようで、切なく、いとおしかったです。
あのニコニコ笑顔が、汚れのないピュアなものに思えて、我が子同様、とてもとてもいとおしかったんです。
娘が会話らしいやりとりが少しできるようになった頃、私は嬉しくて舞い上がりそうでした。学校では、多動もあって問題も多いですが、家庭では私は、少しのやりとりでも向き合ってくれることがどんなに嬉しかったことか。それまでは、療育の先生ですら、「お母さんが無視されていて気の毒に見えます」といわれたほど、親との係わり合いが少なかったです。(それでも、私が撮った写真はいつも、ニコニコ笑ってこちらを見ているのですが)
笑顔ってほんとうに、天使の顔ですね。この笑顔を曇らせたくないです。


自分で作った台本の 投稿者:まつこ  投稿日: 2月 6日(火)08時32分08秒

ト書きに
……と、笑う。
と書き込んだような笑いかたをすることはありますね。

>それとは、ちょっと違うような・・・・
って、↑こういうのじゃないですか?

あと、取り付かれたように目をぎらぎらさせて
よだれをたらさんばかりに笑うこともあります。

テンションが高くて、へらへらわらっていたずらばかりしていることもあります。

これらは本人的にはあまりよくない状態だと思います。

目つきがきりっとしていて、心から楽しそうににこにこわらっているのを見ると
ホッとします。


へんな家族は我が家も・・・ 投稿者:マー君のママ  投稿日: 2月 6日(火)12時10分09秒

何だか判らないけど笑うのはマー君。お姉ちゃんなんか皆が笑ってしまう事でも笑わない。
お兄ちゃんは即反応して笑っちゃう。お父さんは大げさ。

問題なのは何だか判らないけれど笑っていたマー君が突然しくしくと泣き出す事。
そして、また笑い出すの。ん、ん、〜〜〜??


笑顔 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 2月 6日(火)12時12分13秒

こんにちわ。久しぶりにおじゃまします。
みっきさんの書き込みをジーンとして読んでしまいました。
その女の子さんはどういう問題を持っているのかは解りませんが、素敵な笑顔を持っている
ことはその家の方には何よりの救いだと思います。

うちは段々と笑顔があふれてきたのが一番うれしいなあ、と思っています。
なぜそこで笑う?っていうのもたしかにあるんですが、
お笑い系の番組ではずいぶん経験を積まされたようで、おもしろい爆笑シーンでは
家族と同じリアクションをすることも多くなってきて・・それを見ていてなんだか私も
笑っちゃいます。
心から楽しく笑っていそう・・な時は私もうれしくなりますね。


初めまして。 投稿者:赤い輪のりんこ  投稿日: 2月 6日(火)14時20分44秒

初めまして。
どなたかに、お話を聞いていただきたいて書き込みします。
私の息子、現在2歳1ヶ月です。でも、一語も単語を話しません。
言葉を理解している事すら怪しいのです。
今、大学病院で言語発達遅滞と言われ検査をしています。

息子を知っている人には理解してもらえるのですが、
先日息子がショッピングセンターのプレイランドで
他の子のおもちゃを取り上げてしまった時、
息子がしゃべれなくて私が代わりに謝った時に
初対面である相手の子のお母さんに
「ごめんなさいの言葉も教えていないの?どういうしつけしてるんですか?」
って責められてしまいました。
しゃべらない息子に事情を知らない人は
しゃべらない息子の事を「かわいげのない子供だ」と決めつけます。

なんとか来年には息子を幼稚園に入れてあげたいです。
(住んでいる地域には同じぐらいのお友達がいないので)
でも、このまましゃべれないまま幼稚園に入れるのは賛成できないと
大学の先生に言われました。

友達に話しても「うちの子も遅いわよぉ」って言います。
でも、その友達の子はちゃんと単語しゃべれるんです。
所詮気休めなんだな・・・って思ってしまいます。
本当に他人と比べて、落ち込んで・・・
イヤな母親になってしまってるような気がします。
人付き合いもうっとおしくなってしまってて、このままじゃいけないと思っています。

どなたか、気休めではなく、心から私に喝を入れて欲しいのです。
そしたら、私もうちょっと頑張れると思います。


追記です 投稿者:赤い輪のりんこ  投稿日: 2月 6日(火)14時22分21秒

うちの息子は
しゃべれなくてもとっても心の優しい子です。
例え言葉をしゃべれなくても、そんな息子が大好きなのですが
このままだと自分の心が歪んでしまいそうです。

どなたか、私を叱って下さい。喝を入れて下さい。


さらにごめんなさい。 投稿者:赤い輪のりこ  投稿日: 2月 6日(火)14時25分26秒

過去発言見たら「りんこ」さんって方がいらっしゃったんで
H.Nを変更します。
「赤い輪のりこ」です。
りんこさん、ごめんなさい。


「○ー○ン」 投稿者:エリアス  投稿日: 2月 6日(火)15時24分41秒

参考意見ありがとうございました。
たまたま「自閉症の本があったよ」っていって送ってもらったのがそれだったので、
どんなもんなのかな、って思ったのですが・・・。
たしかに、あの本の中でも、「もしほんとの自閉症なら治す(自立できるよう改善
していく)のは大変」と書いてありました。
でも、実際は自閉症ではないのに、なんらかの理由で、自閉症のようになっている
場合は、こういう訓練で、成果をあげている、ってことだったんですね。
台湾に住んでいる以上、○ー○ンに通うことはもちろん無理なのですが、
千秋さんが書いているように、子供にあうなら家でちょっとためしてみようかな、って
思ったので、他のみなさんはどうかな、と思って聞いてみたわけです。

最近、なんだかよく分からなくなってきました。
うちの子供は、いったいどうなっているんだろう・・・、って。
子供が笑顔で抱きついてきたりするのを見てると、「ほんとに自閉症なんだろうか」
って思うし、そうは言っても、指差しができなかったり呼んでも振り向かないのを
見ると、「やっぱり自閉症なのかな。」とか、もう、一日そればかり考えてしまいます。
「そんなことにエネルギーを費やすより、もっと他のことにそのエネルギーを
使ったら?」って、周りからはよく言われるのですが、どうしても子供のそのことから
頭が離れないんですね。なんか、最近疲れ気味です。


赤い輪のりこ  投稿者:こくっぱの母  投稿日: 2月 6日(火)15時27分02秒

2歳の子どもを捕まえて、
>「ごめんなさいの言葉も教えていないの?どういうしつけしてるんですか?」
などと言う母親の方が変だ!
3歳の子どもだって、「人の物も自分の物」があたり前。
なんて心にゆとりのない!・・・おっと、こっちを叱ってもしょうがないですね。

みんなね、「我が子が話さない」と気づいたとき、思いっきり落ち込むんですよ。
見た目は普通だったり、うちの息子達のように「きりりとした男前」だったり(親ばか)すると、
「話すことができない」と言うことは、なかなかまわりには理解してもらえません。
そして、「まだ言葉が出なくて」などと悩みを打ち明けると、
「男の子は遅いのよ」とか、「しっかりしているから大丈夫よ」というお返事が返ってくるものです。そして、「そうじゃない。何かちがう」とさらに落ち込む。
でも、大丈夫。

>しゃべれなくてもとっても心の優しい子です。
>例え言葉をしゃべれなくても、そんな息子が大好きなのですが
>このままだと自分の心が歪んでしまいそうです。

こんなふうに、思えるりこさんなら、大丈夫。

今はまだ難しいと思うけど、よその子と比べないで、ありのままの息子さんを受け入れられる日が必ず来ます。
落ち込んだり、つらいときは、自分を責めないで。


http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


エリアス さん 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 2月 6日(火)15時36分05秒

ニアミスでした。

うまくいえないんだけど、自閉って生まれた時から自閉なんですよね。
診断名がつくのは、生まれて何年かたってからですが、診断される前も、
自閉だったわけです。
私の息子達は「普通」のやり方ではうまく通用しないので、「自閉」という診断名を手がかりに、
いろいろ方法を探っているんです。
ネットで検索したりとか・・・。

うう、やっぱりうまく書けない。
つまり、診断名がどうつこうが、子育てをしていく上で「自閉」を鍵に調べて
色々役に立つことがあれば、ラッキー♪という感覚ですね。
   ますます、変な文章だわ。
どんな診断名だろうが、診断の前と後で、子どもが変わるわけではないし。

・・・といいながら、2年前の私は、「診断名」がほしくてやっぱり悩んでました。
だって、こくっぱのことを説明するちゃんとした単語を手に入れたかったから。
支離滅裂で、ごめんなさい。


あらー 投稿者:リンコ  投稿日: 2月 6日(火)15時37分03秒

おそろいだぁって喜んでいたのに。
変えてしまわれたんですか? ちょっと残念。

でも、ややこしくて、困るかたが出るかな。

いずれにせよ、よろしく。


再び、りこさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 2月 6日(火)15時39分47秒

>なんとか来年には息子を幼稚園に入れてあげたいです。
>(住んでいる地域には同じぐらいのお友達がいないので)
>でも、このまましゃべれないまま幼稚園に入れるのは賛成できないと
>大学の先生に言われました。

うちのこくっぱが参考になればいいんですが。
 ↓ ここです。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/kokuppa.htm


赤い輪のりこさんのをみて・・・ 投稿者:くりん  投稿日: 2月 6日(火)18時46分05秒

ここの掲示板を読んでいで、色々なことが身にしみてきます。
うちの子がまだ2歳ぐらいの時、いくらかはしゃべれるのですが、少し乱暴だったのでおもちゃでもほしいものが目にはいると、他の人がもっていても、とろうとしたりすることがあり困っていました。(幸運にも文句をいわれないですみました)
それからは、いつしか先回りして子供がまだおもちゃなどとってもいないうちから予防するようになっていました。他の方に気をそらしたり・・・
そんな事が続くと人とかかわることが憂鬱になってきたりもしました。
最近でもその傾向があって、めいっぱい子供にやらせることができずにいます。
だから今私の場合、例え子供が相手に迷惑をかけそうになっても、様子をみていてあげるゆとりを持つ事を大事に思っている所です。
申し訳ないけれど子供が相手に迷惑をかけてしまったら、私がごめんなさいと謝ることにして、子供の行動を制止しすぎないように、イヤなこともあるけれど人と接することもするようにして経験をたくさんさせることのほうが人にどうこう言われたり思われたりすることのつらさ以上に大切だと思いはじめたところなのです。
今まで結構、人がどう思うかを気にして生きてきた方なので、人が私や子供の事をどう思うのかを考えると、気にしたりとことん落ち込んでしまっていました。
だからこの頃は、自分の行動の目安を「子供にとって今、大事なこと・・」という部分で、判断しするようにしています。
そうはいっても、のりこさんとおなじように私も又、色々なことで悩んでいる一人です。
ここの掲示板で、私も色々なことを教えてもらっているところです。


赤い輪のりこさんへ 投稿者:マー君のママ  投稿日: 2月 6日(火)21時37分16秒

我が家のマー君は小学校3年生まで話しも、また単語すら話しませんでした。(年に1回位単語を一言、言ったことはありますが・・・)
人にも関心が無かったみたいです。彼は保育園に4年間通いましたが保育園の先生はとってもやさしく良い先生でした。保育園や幼稚園の先生はいろいろな子に触れ合っているので話しをしない事くらいどうって事無いと思います。それに、多少なりと心理の勉強をしていたりするので理解してくれると思います。
私も話しの出来ないマー君にいらいらしたり、焦ったり、言葉を教えてみたりしましたが、何の反応もなく、小学校に入る頃になると『もう話さなくても良い』とさえ思っていました。自分に言い聞かせていたと言った方が正しいかな?
もちろん,辛い毎日でした。いま、同じクラスにやはり話せない子がいます。単語位は出来るかな?5年生になります。一生話せない子だっていると思うけど・・・
大事なのは話せることではなくて、どうやって人とコミュニケ−ションを取れるか、だと思います。
保育園や幼稚園に行って先生に助けてもらいながらコミュニケーションの手段を探すのも良いと思います。言語発達遅滞と言っても反応の仕方で手段も違うと思うので、その点を大学の先生に聞くと良いですね。本もいろいろ出ています。話しが出来なくても大丈夫。


エリアスさんへ 投稿者:マー君のママ  投稿日: 2月 6日(火)21時48分28秒

自閉症の魅力はこれから・・・楽しい子・人たちです。
いろいろな指導の方法がありますが、子の子達がパニックを起すようならその指導はかなり無理じいをした物だと思います。皆が心配しているのはその点だと思います。
一人の人間として扱っている内容かどうか・・・(彼ら、彼女らの人権を尊重しているかどうか)
直す事に気持ちを囚われるよりもそのままの姿を受け入れてあげる方が、次の出発が出来ますよ。
疲れた時はここで愚痴れば良いんじゃないの?


決心の持続 投稿者:MOMO  投稿日: 2月 6日(火)22時30分15秒

私も色々な葛藤を経て、くりんさんの様に「子供にとって,今大切なこと」を基準に判断しようと思えるようになれました。
私は回りのことを気にしすぎるところがあり、その為自分自身もすごく窮屈に生きてきたように思います。要するに見栄っ張りだったのだと思います。だから最初ちびたの「特性」を実感した時、眼の前が真っ暗になり、生きてゆく勇気さえ失われそうでした。
でもうちのちびたは可愛くて可愛くて、いつしかその特性を受け入れられるようになったし、それどころか上の子に対しての今までの接し方についても、全く観点を変えて見られる様になりました。上の子に対して私は、ずっとよその女の子と比べ平均的であることを要求し続け、悪戦苦闘しても効果なく、いつも怒っていました。でもちびたの事で、今まで見えなかったことが見えるようになりました。
長女のおてんばで楽天的過ぎる性格も、私の神経質で怒ってばかりの性格もみんな特性で、努力しても直らないものなんだと、やっと理解できました。
ちびたが障害があろうとなかろうと、ちびたに変わりがあるわけではない。可愛いし、何でも自分でしようとするし、優しいし、私のこと「大好き」って言ってくれる。長女にしても、私なんかよりよっぽど頼もしく思慮深いしところもあるし、たまに尊敬したくなる時もある。特性をムリに捻じ曲げるなんて、おかしなことだし、不可能なことだったってことをやっと学べた。だったらその特性を最大限生かしてあげたいし、認めてあげたい。ついでに神経質で嫌いだった自分のことも、少し見直してあげようと思ったりしています。
「時間が解決する」ってよく聞きますが、どんなつらいことも、受け入れたくないことも、時間が経つと自然と受け入れられるものですね。(もちろんその時間を過ごすことがこの上なくつらいことだったりしますが)でも私は、最近「人が経験できないこと皆経験しちゃえ!」みたいに思う様にしています。つらい事も、みっともないことも、自分が想うことの為だったら人になんて思われてもいい・・なんて今この一瞬は思ってます。・・まだま若輩もので、決心の持続が難しく、気が付くと悩んでますが・・・。


白い目もあったけど、 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月 6日(火)23時47分50秒

モックが3歳になる少し前、
某駅前の、某百貨店の、某エレベーター(?)に乗り合わせた、妙齢のご婦人に
「お母さん、頑張ってね・・・・」
と、うるうるした眼差しで、励まされた。

彼は体の成長がよく、1年くらい上にみられることも多かったのだけれど、
そのときはベビーカーに座り、
階を示す電光が動くのを見て、嬉しそうに「うなって」いた^^;。

そのご婦人を途中の階で見送り、
どよ〜〜〜〜〜〜んと、落ち込んだわ^^。
(やっぱり、違うのかしら;;)

だって、みんな、
「男の子だし。」「早生まれだし。」「他にもいるわよ。」って、いつも励ましてくれたんだもん。

でも、どこへ行ってもモックがいっちゃん可愛かったわよん^^。(親ばか2)


Mさま! 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月 6日(火)23時54分53秒

シンプルな「喋らない」って、あったよね。
かもく・・こうもく・・失語じゃあなくて・・・・、なんだっけ?
あれは、発声もないんだっけ?


しみじみ 投稿者:まつこ  投稿日: 2月 7日(水)00時16分27秒

「貸してねって言えないの?」と責められたことあります。
(それも、近所の<お砂場>で言葉が全くないことを愚痴った直後に。(#/__)/ドテ)
励まされてどよ〜んとしたことも、慰められてへこんだことも
相手にが言葉を失ってしまったこともあります。

なんで、そんなに元気でいられるの?って泣かれたこともあるし、
救われるために私と一緒に祈りましょう、と誘われたこともある。

人と同じようにできないことはあるけれど
うちの子はかわいいし、立派に育ってます。男前だしねぇ。(親ばか3号)

とはいえ、いろいろあるわけで、またちょっともぐってきます。
いっしょに素もぐりする人、いない?(誘ってどうする(・_*)\ペチ
(-o-)/○o。.ブクブク


いやあ、ビックリ。 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月 7日(水)00時24分05秒

>救われるために私と一緒に祈りましょう、と誘われたこともある。

「これを身体に貼るのよ。」と、シールを貰ったことがある。
超能力関係だった。
やんなかったけど、スプーン曲げとかできるようになったかもしれない。


へっ? 投稿者:M  投稿日: 2月 7日(水)07時43分01秒

>かもく・・こうもく・・失語じゃあなくて・・・・、なんだっけ?
>あれは、発声もないんだっけ?

緘黙(かんもく)のこと?
場面緘黙または選択性緘黙とも言われる。   
家の中や親が近くにいる時は、とても元気で、友だちとの会話もできるけど、
外や学校などでは元気がなくなり、お話しが全くできなくなったりするのね。

無理強いすると、ますます硬くなって、声までは出なくなることもある。
情緒因だといわれている。

一人だけ、指導したことある。通常のクラスでは全く声さえも出さなかったのだけど、
何故か、うちの教室ではお話をしてくれていた。母親と同じ一対一の関係だからね。

えっ、どんな指導をしていたかって?
へへへ、二人してプレイルームでお相撲をば・・。
身体が触れ合っているとね、その子の緊張度の変化が手に取るようにわかったよ。
力もね、回をおうごとに強くなっていったような・・。
身体と心って連動しているんだね、と実感。


ありがとうごぜぇますだ・・・ 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月 7日(水)07時58分42秒

ってことは、機能的には「喋れる」のね。
「折れ線型」(有意味語の消失タイプ)とは、全然別ですね。


場面緘黙 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月 7日(水)11時49分29秒

前の家に住んでいたころ、いたなぁ、場面緘黙の男の子。
お兄ちゃんのクラスメートの弟だったのだけど。
家ではうるさいくらい喋るのに、外ではまったく喋りませんでした。
学校でも、友人の家でも。

場面緘黙には、特徴的な家庭環境があって
祖母の実験が強く、母(お嫁さん)の存在がとても希薄な家に起こることが
ほとんどなのだそうです。
その家でも、お母さんという人は遠い病院に長く入院していて(転勤族だった)
おばあちゃんが実質、母親役をしていました。
性格的にも、かなりハキハキしていて・・・どちらかというと、子どもの先回りしすぎる人でした。
悪い方ではありませんでしたが。

その子は小学1年生でしたが、
うちに兄と遊びに来たときに、のどが渇いたらしくて、勝手に台所の冷蔵庫を開けたのです。
私は、「よそのお家ではね、勝手に冷蔵庫を開けてはダメなんだよ」と教えました。
叱るのでも怒るのでもなく、「教える」という調子を守りました。
すでに、ショウに発達障害の傾向が見えていて、ことばの遅れが気になっていた頃。
家では話せても、外では「話せない」その子の存在が気になっていたのです。
その子はすぐに冷蔵庫を閉めて、だまってうなづきました。
そして、それからは絶対に勝手に冷蔵庫を開けることはありませんでした。
今でも、あれは正しい対応だった、と自分で思ってます。

場面緘黙。
あれも、本人にはかなり辛いものじゃないかな、と思います。
「話したくても話せない」ように、私には見えましたので。
話せることが分かっているだけに、いろいろな場面で「ことばで話しなさい」「話せるんだから」と
周囲から言われていることが多いようでした。
我が家では
「無理に話さなくてもいいよ。子ども同士でトラブルがあったら、おばさんに教えなさい。
 代わりにおばさんがみんなに言ってあげるから」
というようなことを言っていましたので
(ことばがなくても、けっこう、その子の態度やアクション、他の子たちの話などから
何が起こっているのか分かったのです)
その子も、うちには来やすかったようです。

結局、私たちはその後引っ越してしまい、
時期を同じくして、その子たちも父親の転勤で引っ越していったのですが
あの子は今頃どうしているのかなぁ、と、今でも時々思い出します。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


振り返って・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 2月 7日(水)15時05分35秒

>なんで、そんなに元気でいられるの?って
心の中で泣いていました。同じように発達に問題のある子を持っている人たちの中で。

どうしても我が子が好きになれない自分。
それを認めたくなくてなんとかかわいがろうとする・・
それなのに反応が返ってこなくて、うまくいかなくて・・・
でも親の私が好きにならないでどうする、っていう気持ちが自分を追い立てる・・・

どうやったらこの気持ちを昇華させることができるのか・・・
そう思って、類を求めて訪れてみた療育の場で、もっとつらくなりました。
他の子達は問題があっても、素敵な笑顔があって、お母さんが好きで、
そしてお母さんも、でも我が子が一番って無条件に思っている・・・
とっても明るい。(もちろんそれだけではないことも後では知りましたが)
なぜ、そんなことができるのか、なぜ私にはできないのか・・・・

ずっとずっとそういう自分の気持ちにこだわってきたように思います。
そのことが、何よりも苦しかったような気がします。
でもやっぱり・・時が解決したのかな・・とみなさんの思いを読んで今は思います。
突然には変わりはしない。
けれど確実に一歩一歩、何かが進むものなのだという思いを強くしました。

もうすぐ一年生なんですけど、ぽちゃぽちゃとした赤ちゃんみたいなところがあって
もう、このまま時間よ止まれ!っていう感じです。
食べきれなくなるとニコニコ膝の上に乗ってきて、食べさせて!って甘えてきます。
これ以上望んだら罰が当たるな〜と思います。

私にはとても時間がかかりましたが、ずっとこだわってきてよかったと今は思います。
やっとみなさんの親ばかぶりに(?)追いついてきました・・・!?


Mさんありがとうございました。 投稿者:りんか  投稿日: 2月 7日(水)16時28分37秒

長期記憶のことなど、教えて下さってありがとうございました。
友人にも申し伝えます。


補足 投稿者:M  投稿日: 2月 7日(水)21時05分36秒

短期記憶は、WISCやITPAなどでは、ほんの数秒の記憶の検査項目しかないけど、
実際に短期記憶というと”数秒から数時間 記憶を保つ力”と説明されている文をみつけ
ました。
数時間、記憶を保つ力があれば、買い物とか伝言とか、テストの一夜漬けとか\(-- )ベシッ
結構役立つよね。

記銘力は側頭葉の海馬という部分が関係するらしいけど、そこに器質的、又は機能的な問題
があると、新しい事が覚えにくかったりするわけね。
老人などでは、昔の事は覚えているのに新しい事を覚えられないっていうのあるよね。
        < ふん、それがどうした・・・イジイジ・・。(・・、)ヾ(^^ )ヨシヨシ

まあ、
記銘力が強い人は、それはそれで、そこを活用すれば良いし、
そこが弱い人は、 それを補う方法を工夫すれば良いのよねぇ。
みんな違って当たり前。結局はそこに行きつく?


シンプルな質問 投稿者:ケロ  投稿日: 2月 7日(水)22時13分01秒

DQって何でしたっけ?


DQ→DragonQuest?? 投稿者:M  投稿日: 2月 7日(水)23時12分41秒

もうひとつは・・・、

DQ=発達指数。developmental quotient
検査項目は
知能指数的なものや身体機能や社会性など多岐にわたっているので精神発達を含む
全体発達の指数って感じかな。

DQ=発達年齢/生活年齢 ×100

京都で作成されたK式発達検査を例にとれば、
姿勢ー運動、認知−適応、言語−社会の3つの領域に分かれていて、
結果は1ヶ月から14歳までのそれぞれの発達年齢に割り当てられている。
要するに同じ年の子たちの中での発達の目安になるものね。だから標準は100。
数値よりも、その検査結果のプロフィールから、全般的な発達、バランスの崩れなど
を知ることの方をていねいにみたいね。

検査は全体像から、教育や療育の指針をみつける為に活用するものだから。

ところで、
赤い輪のりこさん、はじめまして。 
         < 実はこれを言い忘れていたので出て来たのであった・・。

http://www4.justnet.ne.jp/~ma2ma3/syokensa.html


なんだ 投稿者:ケロ  投稿日: 2月 7日(水)23時55分11秒

< 実はこれを言い忘れていたので出て来たのであった・・。

ワタクシのためにいつになく素早く登場して下さったんじゃなかったのね〜

DQ、すなわちDragonQuestね。いや〜お勉強になりました♪
さすがはM大先生ですわ。
ワタクシには思いもよりませんでした(笑)

たまたま今日、ショウがK式発達検査をしたんです。
実年齢4歳8ヶ月、生活年齢は3歳6ヶ月くらい。言語は3歳。
ここに初登場した時に比べると、随分と成長したでしょ〜
検査の様子を見ながら、おお、こんな事も出来るのか〜と心の中で拍手喝采していました。
さて、私は親ばか第何号になるのかしら?

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


間違いを楽しむ娘〜その後 投稿者:  投稿日: 2月 8日(木)05時29分59秒

 こんにちは、司です。その節はお世話になりました。
昨日、待ちに待っていた言語相談の日がやってきました。

 「今日も間違いを楽しんでやるぞ! ψ(`∇´)ψ ケケケッ」的
顔つきの娘でしたが、間違えると「失敗しちゃった。もう1回」
と素っ気なく、正解すると素晴らしい演技力の大シャッフル大会
(文才がないので書けないのですが。。。)が目の前で繰り広げられ
る事に見事に引きずり込まれ、正解を出すことに懸命でした。
もしかすると、先生、この掲示板を読んでたのかなぁ???
と思うフシがなきにしもあらずで、「次のステップへ」と言える
場面がなく、何も言えずに終わってしまいました。
集中力が続かず、S-S検査法(だったかな?)が まだ途中なので、
次回は2週間後の2/21です。
このまま、正解を出す方に一生懸命でいてくれれば・・・と思って
います。

 


ピッピさんへ 投稿者:メグ  投稿日: 2月 8日(木)05時58分20秒

>どうしても我が子が好きになれない自分。
>それを認めたくなくてなんとかかわいがろうとする・・
>それなのに反応が返ってこなくて、うまくいかなくて・・・
>でも親の私が好きにならないでどうする、っていう気持ちが自分を追い立てる・・・

あぁ〜〜〜〜・・・やっと、同じ気持ちの方に巡り合えました!!!
私もピッピさんのお気持ちと、まさに同じ、同じ悩みです。
ピッピさんの以下の文章も全く同じ気持ちです。
ただ、違うのは、まだ、子供を受け入れられないという事。それもすでに4年生・・・辛いです・・・
愛犬や、飼っている小鳥にはたっぷり、いや子供にかけられない分、過剰に愛情をかけているのに、子供にそれをかけようとすると、はねのけられます。
ドナさんの本や色々、自閉関係(息子は強迫神経症の強い自閉です)の本を読み、距離をおいて、無関心になるのではなく、接するのがいい・・とはわかっていても、コミュニケーションがとれて、初めて、母子関係も育ってくるんじゃないか・・それが出来ずに今まで
来てしまうと、私も母親になりそこなった気分です。

でも、息子はまぎれもなく、私の息子です。
今は、ほとんど、在宅なので、どうしても、息が詰まってきて、よけい息子にも悪い影響を与えてしまいそうで・・・先日、初めて、在宅支援サービスというのに申し込んでみました。誰かの手を借りて、少しでも、今の生活を風通しのよい、生活ができたらなぁ・・と思っています。
きっと、そうする事で、息子との関係も少し変わってくると思うので・・・・

毎日、辛いけど、なんとか、乗り切らなくちゃね!!!

掲示板過去ログ案内に戻る