2001年2月その3
ケロしぁ〜〜ん 投稿者:M    投稿日: 2月 8日(木)07時34分55秒

>実年齢4歳8ヶ月、生活年齢は3歳6ヶ月くらい。言語は3歳。

 この場合、
 生活年齢4歳8ヶ月、発達年齢3歳6ヶ月、言語社会が3歳だよぅ。
 


ひゃひゃひゃ 投稿者:ケロ  投稿日: 2月 8日(木)09時12分56秒

間違ってますね(笑)

気管支炎でダメージ受けてたんで、大目に見てやって!


メグさんへ 投稿者:ぴっぴ  投稿日: 2月 9日(金)11時23分10秒

初めまして。えっと〜、Mさんのところも初めてでしょうか?(皆さん、フォローフォロー!)

まずは、私のつたない書き込みに共感してくださってありがとうございました。
そうですね〜、なかなか似た悩みには私も出会えませんでした。
(ホントは思っている人も案外いるのかもしれませんね。でも、渦中にあるときは
なかなか言葉に出すことが出来ないのかも・・・)
煮詰まってしまうとどこかで発散したくて、つい書いてしまう私ですが、今回はこれがきっかけで
メグさんと気持ちを交流できたことを嬉しく思います。

子供の状態と自分の気質というか性格というか・・そういうものの組み合わせで
感じ方って決まってくるのかな、と思ったりします。
自分の方がもっと楽に考えられたら・・と、どれだけ思ったことでしょう。
ちょっぴり楽になった今思うのは、私は、子供の側にだけ変わることを要求していたなあ
ということ。私だって変われないんです、がんばってみても。
それなのに、そっちが変わってくれさえすれば・・とずっと思ってきました。
幸いにも、そんな私の思いをよそに、娘の方が、随分変わってくれました。
こんなお母さんなのに、娘の方から近づいてきてくれることが感じられた時の気持ちは
ちょっと言葉では表現ができません。
私は娘に助けられて、自分からもちょっぴり近づく小さな突破口ができました。

渦中にあられるメグさんにどんな言葉をかければいいか・・・うまく思いつかないのです。
ただ、きっとメグさんにもきっと小さな突破口が見つかることを心からお祈りします。
そして、いろんな気持ちや相談事など具体的にどんどんここへ書き込んでみませんか?
自分とは違ういろんな考え方があることを知って勉強になりますよ。

最後に、ある人(彼女には身体的にも重度のこどもさんがいます)から
私が贈られた言葉を、あなたにも贈ります。

言い表せない深い悲しみも、それに裏打ちされなければ味わえない、天に届くような幸福感も、
きっとあなたのものになりますように。




私は 投稿者:大ママ  投稿日: 2月 9日(金)23時27分08秒

私は幼稚園の先生に、「おかあさんは、まだだいちゃんを受け入れていない」と2年ほど前に言われました
受け入れる?ってどういう事???

今も受けれているのかわかりませんが・・・
私は、この子を授かったおかげで、私という人間に砂糖が加わったなと思っています
マイルドになったというか・・・
貴重な子を授かって、ありがとう!と思っています
ただ、息子には大変だよね、ごめんねという気持ちがあります
私の人生にとっては、絶対+だと思うけど(今となっては)


メグさんとぴっぴさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 2月10日(土)01時08分16秒

こんにちわ
私も同じです。どの文章をとっても、「うん、そうなの」とうなずいてます。
コミュニケーションがすれ違ったり、一方通行で反応が無かったり、かわいがりたいのに、どう接していけばよいのかわからなくなって、煮詰まってしまうんです。ヒステリックになったりもします。でも、その後で、娘に当り散らした分だけ、自分にはね返って来て落ち込みました。そして、娘を抱きしめました。
娘にすれば、逆に娘の方こそ母親が何をしたいのかわからないでしょうね。
母親をやめたいと何度思ったことか・・。私がこの娘の母親じゃない方が、誰か他の人の方が、この娘を伸ばしてあげられるんじゃないだろうかと。
たまたま、以前に療育でご一緒していたお母さんと出会って話していると、その方も同じように考えることがあるとおっしゃっていました。同じ悩みを持った方がいるんだと知ったとき、少しは安心しました。
こちらのサイトに来るまでは(パソコンを手に入れるまでは)、とても孤独気分で、周りの情報は普通のお子様の話で、うちとは比較も出来ないし、参考にしようがなく、悶々としてましたから。
きっと周囲に押しつぶされそうになっていたんだと思います。成長のしかたが、みんなとは違うんだと頭では理解させていたのに、気持ちの上で納得していなかったんだと・・。
こちらに集うすばらしいお母様、お父様方の書き込みを読んで、やっと私も娘の等身大の姿を受け止めることができるようになってきました。
娘はこの春から5年生ですが、遅くはないですよね。時間を巻戻し出来ない以上、前へ進むしかないですよね。
現在、私も親バカしてます。こんな純粋で明るくてかわいい子は世界で一番すてきな天使だ・・って。大好きだよ〜・・って。


はじめまして・・・ 投稿者:やん  投稿日: 2月10日(土)01時13分54秒

よこはま発達クリニックのことを知りたくて、いろいろと検索をしていたらこちらのHMにぶつかり、みなさんのカキコをじっくり読ませて頂きました。
うちの息子は今月で3歳になりますが、いまだ殆ど言葉らしい言葉は無く、おそらく自閉症ということで地域の療育センターに週2日通っています。「おそらく」というのは、まだきちんと病院で診察してもらったことがないので、詳しい状態がよくわからないのです。
ただ、親の目から見ても自閉症なのは間違い無いと思うのですが・・・。
もともと、喜怒哀楽のとても激しい子でしたが、最近はやたらと奇声をあげるようになり、生後2ヶ月の赤ん坊を抱え、ちょっと参っている今日この頃です。
やはり、兄弟ができたことが関係有るのでしょうか?なるべく上の子を優先しているつもりなのですが、言って言い聞かせることのできない子なので、どうしてよいものか・・・。
それでも最近は少し人間らしい意思表示ができるようになってきて、私の質問に(自分にとって必要なこと、そして意味のわかることなら)うなづいたり、首を振ったりして教えてくれるようになりました。私にとってはちょっと嬉しい成長です。
4月には横浜のほうへ引っ越すことになり、病院や療育施設のことなど心配なことがいろいろとあるのですが、横浜方面の療育関係について教えていただけたらなあと思っていますので、詳しい方がいらしたらどうぞよろしくお願いいたします。


みっきさんへ 投稿者:メグ  投稿日: 2月10日(土)07時35分09秒

はじめまして。メグです。
お嬢様は息子と同じ、今度5年生ですね・・もう、大きいですよね・・息子はもう、足や手は私より大きく、身長はあと少し、体重はまだまだ私が勝ってる・・
みっきさんはお嬢様を受け入れる事ができる様になられたとの事。よかったですね!!
お嬢様にとっても、みっきさんにとっても幸せな事だと思います。
私も頭では、わかっているのです。息子を息子のまま、受け入れよう・・って・・でも
やっぱり、心がついていかない・・・息子は機嫌の悪い事が多いんです・・週2回の学校を除いてはほぼ在宅ですし・・そうすると、どうしても、私にも息子の不機嫌が伝わってしまって・・これでも、少しは息子の気分をもらわない術は身につけましたが、まだまだです。私も息子によく似ているんだと思います・・・だから、息子の気持ちはちょとわかる気がします・・でも、私は日常生活を送れる程度。息子はそれができない程、病的な症状・・
こんな息子でも一年に1回か2回、”あっ!!今、気持ちが通じた!!”って思う事もあります。こんな時はとびきり嬉しいですし、これまた、ごくごく、たまに見せる、息子の笑顔・・これも、本当に嬉しいです・・親なんて、こんなたわいもない事でころっといっちゃうのに・・・コミュニケーションに飢えている私にはとっては、本当に嬉しい事です。

以前、コミュニケーションは言葉だけじゃないと書かれていましたが、まさにその通りだと
思います。

まだまだ、息子との生活を受け入れるのにあっぷ、あっぷしている私ですが、これからは、少しずつ、色々な人の手を借りる事も覚えて、気持ちに余裕を作り、息子との生活に息詰まらないよう、なんとか息子の親になりたいとおもいます。


初めまして 投稿者:りのあ  投稿日: 2月10日(土)16時47分46秒

私の息子(8歳)は、何百万人に一人いるかいないかという言葉の障害をもっています。何十年と言語療法士をされている専門の先生ですら、何百人というこどもたちにも、なかなかいないといわれています。むりやりあえて名前をつけるとしたら、表出性言語障害としかいえないという状態なのです。数々のサイトでやっとここをみつけたのですが、やはり、息子の障害のことは、どの項目にも載ってませんでした。やはり・・という言い方もしつれいな言い方で申し訳ないのですが・・
自閉でもLDでも情緒でも構音でもない、たとえていうなら、英語のわからない私が、アメリカに行ってアメリカ人に囲まれて生活しているようなものです。言葉は通じなくても生活はできるというかんじです。親の私も不思議なことに、勉強は、当時の2年生のお兄ちゃんよりできます。就学前は、全く話せなかったけど、今は、日常会話はできるようになってきました。それならなんの問題もないじゃないか・・と思われてしまうのがこの障害を理解してもらうことの難しいところなのです。もっとこの障害のことを知りたくて投稿しました。よろしくおねがいいたします。


やんさんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 2月10日(土)19時15分18秒

横浜はかなり療育施設が充実していると思います。
ただし、大変混んでいます。
よこはま発達クリニックにしても、市の療育センターにしても、大変混んでいます。
とくによこはま発達クリニックは、何度もここには書いていますが、1年3ヶ月待っての初診でした。
さらに言語の訓練に入れるのは、(もうすでに3ヶ月待っていますが)、さらに数カ月先になると思います。
市の療育センターにも、引っ越しを待たずに、早めに申し込みをしたほうがいいと思います。
障害児の数に比べて、医師の数が圧倒的に足りないのが、現状です。
1日も早く行動されることをお勧めします。


 投稿者:  投稿日: 2月10日(土)19時49分33秒

「自閉症の関係障害臨床」母と子のあいだを治療する 小林隆児(東海大学教授)著
母親でも自閉症の子の行動はわかりにくい。その行動の分かりづらさを一つひとつ解きほぐしながら、母と子の情動を調整し、愛着とコミュニケーションを育む治療。ゆったりとあたたかな治療過程がいつしか自閉掃除とともに歩むよろこびをかもしだしていく。

目次 第1章 関係障害臨床とその理論的仮説
   第2章 Mother-Infant Unit における臨床活動
   第3章 関係障害臨床の実際
   第4章 関係障害臨床と関係発達   定価本体3500円+税


教えてください 投稿者:りのあ  投稿日: 2月10日(土)21時06分14秒

息子が、年少の時、心身障害児母子通園施設に通園しました。その時 たくさんの元気で明るいお母様方と出会い、励まされながら、いつしか私も、こういう障害をもったこどもたちの施設や学園の指導員になろうと、国家試験をうけるために、勉強をはじめました。自分なりにまずは、保育士の資格かなと思い、通信教育をはじめました。実地試験には、ピアノがあるということで、ピアノをさわったことすらなく、楽譜もよめない私が、ピアノをならいはじめて、2年がすぎました。でも、正直なところ、本当に保育士の資格でよいのか わからないのです。どなたか どんな資格をとったらいいか ご存知の方がいらしたら、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。


 投稿者:  投稿日: 2月11日(日)12時19分40秒

「発達」85
「特集」自閉症療育の新たな可能性   ミネルヴァ書房

自閉症療育の新たな課題〜5 自閉症教育の新たなテーマ

つまり今日にいたって、自閉症の治療に関しては、矛盾をはらむ2つのテーマが突きつけられることとなった。
第一に、自閉症は発達障害であるから、より早期から社会的スキルトレーニングを実施してゆかなければならない。それが、必要不可欠であることは自閉症の長期転帰をみれば明らかである。
 自閉症にとって最悪の対応は放置であり、自閉症はきちんとした治療的な教育を施してゆかねばならない。   (静岡大学教授 杉山 登志郎)

〜以下は、本書をお読み下さい。


やっぱり・・ 投稿者:やん  投稿日: 2月12日(月)00時28分58秒

カンガーさん、ありがとうございます。
横浜の療育が混んでいる事は噂に聞いていましたが、やはりそうですか。
地域の養育施設に通えない場合、具体的にどのような方法をとったらよいのでしょう。
よこはま発達クリニックの診察を待つ間、何か他にしてあげられることはないのでしょうか?
どこにも通わずただ待つというのはかなり不安です。
私自身、まだ自閉症についても療育についても、知識があまりなくただいろいろな本を読んで独学しているだけなので、いろいろな方の意見,アドバイスをもらえたらと思います。


再びメグさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 2月12日(月)01時06分53秒

メグさんの書き込みを読んで、言葉につまる思いです。1年に1〜2回、気持ちが通じたと思えることがあるそうですが、それをよすがにするには本当に辛いものがありますね。週2回の学校を除いて、ずっと在宅というのも、メグさんの心の逃げ場がなくて、かなり精神的に追い詰められそうな気がします。
ただ、その本当にわずかな回数でも笑顔を見せてくれたり、気持ちが通じた瞬間というのは、至福の瞬間ですよね。(私もコロッといっちゃいます。)
私も娘を受け入れつつある・・というだけで、いつまた壁にぶつかるかわからない、不安定さが残っています。社会生活のこと、将来のこと、子供の可能性のこと、その他細かいこと諸々、母親ならばつい、考えてしまうことって多いですし、子供と密着していると、どっちの方向へ歩んでいけばいいのかさっぱりわからなくなります。子供を愛する気持ちすらも懐疑的になって。
母親の心のケアって大事だと思います。風を入れることはとても重要なことだと思います。
うまく言えないけれど、「母親」を頑張りすぎないで、人の手を借りてでもリラックスする時間を作ってくださいね。これは私自身にも言い聞かせていることなんです。
リラックス、リラックス・・私の魔法の呪文です。(良かったら使ってください)


みっきさんへ 投稿者:メグ  投稿日: 2月12日(月)07時21分24秒

”リラックス、リラックス”ありがとうございます!
最近、お友達の間で流行っている方法もひとつご紹介します”ヤダねったら、ヤダねぇ〜♪
・・良かったら使ってください・・

親身になって下さって、本当にありがとうございました。
母親も子供も人に頼る事をこれからは、学んで行こうと思います。


爆笑してしまった。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 2月12日(月)07時39分27秒

おおきなお祭りに行って、パニクってしまったこくっぱ。
大泣き&喚き散らすこくっぱをおんぶして

>ヤダねったら、ヤダねぇ〜♪

と歌っていた私。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


こくっぱさん 投稿者:大ママ  投稿日: 2月12日(月)11時10分00秒

おもしろい・・・

でも、こういうお母さん多そう・・・


やんさんへ 投稿者:マー君のママ  投稿日: 2月12日(月)12時52分35秒

自閉症についての勉強会を横浜自閉症協会でしています。12年度は締め切っていましたが、13年度の募集があるのでは?http://www.ykrim.or.jp/^yoshinob/index.shtm/ ←こちらで情報を得られると思います。


はじめまして。 投稿者:れいのママ  投稿日: 2月12日(月)16時00分03秒

2歳7ヶ月のダウン症の男の子の母です。
今、1番の悩みが言葉なのです。
つまらないことかもしれませんが、アドバイス頂けたら嬉しいのですが...。

現在、堺市にある療育施設に母子通園を始めて1年7ヶ月になります。
STでは 信頼できる先生に恵まれていますが、とてもお忙しいので、月1回の訓練の他は
あまり お話できません。
長時間を費やす保育では わかり易い言葉掛けすら ありません。

何もせずにあっさり言葉を覚えてくれる子とは思えず、少ない在宅時間の間に
自分でどうにかしなきゃ、と考え始めました。
そんな時、「神様がくれた赤ん坊」という本に出会いました。
重度のダウン症の女の子のお話ですが、知覚感覚訓練と称して
1歳代から ひらがな(書き言葉?)を与えられた彼女は、言語面ではビックリするほど
順調に発達するのです。
「かみさま、おあーちゃんが、まりと(茉莉子ちゃん。自分の名)をおこりませんように。
 いいかげん、やめますように。あーめん」という言葉を読んだとき、
ストレートに、子供と会話ができるようになりたい、と思いました。
うちの子の発達年齢は 1歳後半(言葉は1歳半前)の力といわれています。
この時点で 平仮名なんて、ド素人の私が考えても とんでもない!と思います。
茉莉子ちゃんだからこそ、できたことかもしれません。 
でも...、ダウンの子は もともと聴く力は弱く、視覚認知力は比較的いいらしいので
文字がわかれば 強い味方になるかも、という気もします。
ノーマルなSTのやり方と、奇跡を待つような話。
できることなら、両方同時にチャレンジしてみたいのですが皆さんは どうお考えでしょうか。

でも仮に、文字を教えるとしても、どういう風に興味を持たせるかも難しいです。
カードにして、6歳の上の子と とる競争でもさせようかな(かるた風?)。
パソコンソフトでも探そうかな?(過去の掲示板にそんな話、出てましたね)
子供に イヤな思いをさせてしまっては 元も子もないですよね...。

自分勝手で生意気なことを いっぱい書いてしまいました。
すごく乱暴なことを 言ってるかも、という気もします。
もしも何か 気に障られた方がいらっしゃったら、ごめんなさい。


どうか宜しくお願いします。



 


Mさんへ。 投稿者:ちひろ  投稿日: 2月12日(月)17時21分38秒

例の件、OKです。


れいちゃんのママ(?)さんへ 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月12日(月)20時52分13秒

9歳の、発達ノンビリの息子がいます。
我が家の経験ではないのですが・・・

仲良しのお友達が、1歳少し前に難聴との診断を受けました。
不便さに違いはあっても、療育には共通するものが多く、
今でも情報交換をしています。

参考になるといいのですが・・・・すでにご存知でしたら、笑ってくださいね^^;。
物には名前があるということからだったと思うのですが、
家中のあらゆる「物」に≪名札≫がついていました。
「れいぞうこ」「テーブル」「いす」「ぶつだん」「トイレ」「かがみ」「ふすま」「まど」etc.
ひらがな・カタカナなんて、超早期教育!かと思いきや、
視覚からの刺激と共に、言葉を教えていくのだそうです。
でも、私が見る限り、
「れいぞうこよ!ね?」「これはテー・ブ・ル!」なんて事はしてませんでしたね・・・・・

あ・・・・、もっと達人がいらっしゃいますわよね^^;。
じゃ、この辺で・・・


やんさん初めまして。 投稿者:M    投稿日: 2月12日(月)21時47分27秒

療育にも色々考え方があると思いますが、
自閉症スペクトルのお子さんには一番大事なのは、そのお子さんによってそれぞ
れ違う内部感覚の特異性を知る事と、そこから認知のスタイルを探る事ではない
かなと私は理解しています。
ここの過去ログにも多くの書きこみがありますが、膨大なログからさがすのも大
変だと思います。
下記は私の敬愛する姉上、朝倉玲さんHPの療育掲示板です。
ADHDと自閉に関しての書きこみが中心なので、ここよりは短時間でまとまった情
報が得やすいと思いますよ。
でも、あそこももう700ぐらいのログがたまってしまったみたいねぇ・・。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/cgi-bin/ryoiku/light.cgi


りのあさん初めまして 投稿者:M    投稿日: 2月12日(月)21時51分51秒

メールも拝見しました。
私はまだまだ駆け出しで、知らないことばかりですが、でも、インターネットの
お陰で、少々の事には動じなくなりました。
>むりやりあえて名前をつけるとしたら、表出性言語障害としかいえないという
>状態なのです。

えっと、これは
特異的言語発達遅滞の運動型、ICD−10でいう表出性言語障害とはまた違うもの
なのでしょうか。
発達性失語症といって、以前言われた言語性LDに似ていて、器質的な原因がはっき
りしていると言われるものも記憶では似ている部分もあるようですが、不勉強で両
者の識別はできていないのですが・・。
又、色々お子さんの様子など書きこんで教えて下さいね。わたしだけでなく、ここ
の訪問者のどなたかに、きっと有用な情報になると思いますので。

>どなたか どんな資格をとったらいいか ご存知の方がいらしたら、教えてい
>ただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

市の施設などでは市の保育士さんが保育園から転属されるという事が多いようです
ね。うちの地方では集団の療育も、保育士さんと心理士さんとが一緒にあたられて
いるようですが、他はどうなのでしょう。


れいのママさん初めまして 投稿者:M    投稿日: 2月12日(月)22時04分55秒

音声言語を初めとする他の言語、例えば文字言語、サイン言語(マカトン、シン
ボル絵カード等)等々の使用の力は、知的発達とイコールではなさそうね。

>1歳代から ひらがな(書き言葉?)を与えられた彼女は、言語面では
>ビックリするほど順調に発達するのです。

私は、結構、現実的な人間で、   <うそつけ〜〜!!
神も奇跡も信じないタイプなので、上記の事が科学的裏付けのある事実であると
いう前提で話を続けますね。
一人ひとりの子どもの認知のスタイルに合う象徴機能の獲得というのはあると思
います。
音声言語は理解しにくくても、文字言語から音声言語を獲得する子もいるし、
(例えばハイパーレキシアの子などはその代表?)
動作模倣が得意でマカトンなどのサイン言語から音声言語に入っていく子もいる。
これはダウンの子に多いのかな・・。
でねぇ、
ここが良く誤解されるところなのだけど、それらのサイン言語は、その子の得意な
認知のスタイルを活用して象徴機能、コミュニケーション機能を育てるという事で
あって、別にそれが音声言語が話せない人の最終手段というふうに位置付けられて
いるわけではないって事ね。

例えばシンボル絵カードを使用して、可能な部分でのコミュケーションをしながら、
同時に同じシンボルでもある音声言語を添えることで、その音声言語そのものをも
育てていくことでもあるわけね。

と、考えれば、その1歳でひらがなを獲得したお子さんは、文字言語を獲得する為の
認知の力が優れていて、それがうまく音声言語獲得につながったという事なのかも
しれないね。

ある子に良かった方法がすべての子によいわけではないのだけは確かです。
でも、お子さんのれいちゃんにも、れいちゃんの得意な認知のスタイルはあるはずで
すよね。
それは、検査でなくても、れいママさんがれいちゃんと遊んだり、色々な体験や経験
を共有する中で見つけ出せる事かもしれないですよ。
ダウン症の子のすべてがすべて、そうであるというわけではないだろうけど、発達的
に偏りもなくゆったりと育ったお子さんなら、机に向ってのレッスン的な事よりも、
手・足・からだ全体を使って、触ったり作ったりする直接的体験の方が、遥かに力の
獲得につながりやすい事もあるのではないかなという気もします。
私の知っている子も、机に向って文字を書くのは好きではなかったけど、経験に基づ
くことばや文字はすいすい入っていったみたいですよ。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/down.html


え〜っと、それから 投稿者:M    投稿日: 2月12日(月)22時06分28秒

本さん初めまして。  <  えっ??


れいのママさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 2月12日(月)23時13分15秒

はじめまして。
明後日で4歳と9ヶ月になる次男は、発達もマイペースな難聴児&心臓病です。
(ダウンちゃんは難聴や心臓病を合併する子が多いので、何やら親しみを感じています)

>ダウンの子は もともと聴く力は弱く、視覚認知力は比較的いいらしいので
>文字がわかれば 強い味方になるかも、という気もします。

同じ思いで、早く文字を覚えてくれないかなって思っています。
ケリー。さんが書かれたように名札をつけるようにしていますが、私の性格は教えるとなるとどうしても結果を求めてしまいがちなので、「これは?」と聞いて来た物だけ白いビニールテープにマジックで書いてペタンと貼り付けたりしています。
それですぐに文字を覚えたりはしていませんが、名札を貼った物の名前は覚えるようになりました。
これからやろうと計画している事は、単語帳の活用です。
難聴で聞き取りが悪いので、音の似た言葉(例えば「たまご」と「たばこ」など)と間違った時など、単語帳にひらがなと簡単にイラストを書いてあげようかなと思ってます。
小さいので携帯に便利だし、後に残せるし、絵カードを作るより簡単だし、数が増えれば「あ」で始まる言葉などに分類するのにも便利かな、と。

あとは・・・カルタの利用ですけれど、うちは6歳の長男には読み札を読んでやり、次男には文字を見せて「これと同じのは〜?」と1回ずつ交代で取らせています。(そうしないと長男が全部取ってしまったり、ここにあるよって教えてしまうので)
マッチングが嫌いでなければ、身近な物の写真にマジック(黒と白両方あると便利)で名前を書き込んで取り札にしても良いですよ。実際に見たこともない動物の名前を覚えるより、身近な物の名前の方を先に覚えてもらった方が利用価値も高いですし。

あと我が家でやっている事は・・・絵本を読む時に文章のところを指でなぞりながら読む(文字と言葉は繋がりがあると言う事を意識させる)とか、かな〜。

ちなみに次男は3歳で初めて「アンパン」と言いました。つい先日の発達検査で、今は3歳ちょうどの言語力とのことです。
ひらがなは4歳ちょっとで自分の名前を判別できるようになり、それから兄の名前。
下着を区別するために名前を書き込んであるのですが、それで覚えたみたいです。
まだ1文字1文字は読めません。でも先日、「か」という文字を指差して「か○ちゃん」と好きな女の子の名前を言いました。「か○ちゃんの<か>だね〜」と言ってあげるとニコニコ。
名札を見て覚えて来たんでしょうね。

教えるというよりも文字に親しむという環境を作るように心掛けています。
(スパルタ教育ママになれるほど気力も体力もヒマもない〜)
本音は「一日でも早く覚えてくれ〜」なんですけど、こちらの勝手な都合を押しつけられたら子供も気の毒なので、まぁ気長にやるつもりです。

>うちの子の発達年齢は 1歳後半(言葉は1歳半前)の力といわれています。
>この時点で 平仮名なんて、ド素人の私が考えても とんでもない!と思います。

親しむという意味では、早くから目に触れさせてたって悪い事でもとんでもない事でもないと思いますヨ。
親子で楽しみながらやりましょうね〜 


>視覚からの刺激と共に、言葉を教えていくのだそうです。
>でも、私が見る限り、
>「れいぞうこよ!ね?」「これはテー・ブ・ル!」なんて事はしてませんでしたね・・・・・

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


ありゃ 投稿者:ケロ  投稿日: 2月12日(月)23時14分25秒

一番下の3行、消去するの忘れた。失礼しました〜


初めて投稿します。 投稿者:なると  投稿日: 2月13日(火)23時53分17秒

初めまして。てんかんの病気をもつ女の子の母です。来年には、小学校の入学を控えており、悩んでいます。色ん情報を得たくて又同じ悩みをもつお母さんとお話ししたくて、思い切って、パソコンを購入した次第です。娘は、今は、薬のおかげで、元気に幼稚園に通ってますが、発達の遅れ、特にコニュニケーションが弱いです。悩みは尽きませんが、今一番の悩みは、やはり普通学級にするか、または、違う方法を探すかなのですが、養護学校も適当では、ないのではないかとおもってます。といいますのは、学習面での対応は、養護学校のほうが、親切かもしれませんが、その他では普通学級の方がよいのではないかと感じてます。遅れてはいますが、お友達とはなんとか遊んでますし、また何より本人が遊びたがっていると言う理由からです。同じような悩みのお母さんの意見をお聞かせ下さい。


りのあさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月14日(水)09時41分10秒

ことばの遅れた、自閉的特徴を持つADHD児の母です。(ああ、長い自己紹介だわ)
じつは、りのあさんの初めの書き込みの時、ちょっとレスしようかと考えたのです。
>たとえていうなら、英語のわからない私が、アメリカに行ってアメリカ人に囲まれて生活しているようなものです。
>言葉は通じなくても生活はできるというかんじです。
と言う部分に、ものすごく共感できたものですから。
3才の頃の次男を見ていて、思ったものです。
「この子は、まるで日本生まれの外国人みたいだ。日本語は彼にとって、外国語。
 意識して覚えて行かなくちゃ覚えられない言語なんだ。
 ただ、例えば本物のアメリカ人なら、自分の中に英語という母国語を持っているけれど
 彼にはそれもない。
 母国語を持たない外国人みたいなものなんだ」と。

だから、私もオウム返し的に、ただことばを教え込んで、それが言えればOK、というような指導法には
ずっと疑問を持ってきました。
私がやってきたのは、彼の中に「話したい」という意欲を育てること
そして、たとえことばでは出てこなくても、
クレーン現象(大人の手を引っぱって、目的のものを示させたり、とらせたりすること)や
ちょっとした表情、身振りや動作などを、彼の意志表示=ことば と捉えて
きちんと受け止め、対応すること。

彼は現在5才です。
最近、ようやくまともに会話が成立するようになってきました。
でも、まだまだ抽象概念はきちんと出来上がっていませんし、ことばの混乱なども多くて
レベルとしては、3歳児程度といったところです。
でも、そんなふうにことばでコミュニケーションがとれるようになったことは、本当に嬉しい限りなのです。
ちなみに、私も彼に言語性LDを疑っています。
ただ、まだ正式な検査を受けるには、年齢的に幼すぎるそうで、もうしばらく様子を見ているところです。

でもって、
>健常児しか知らないお母様方は、確かに心底心配してくださったり、応援してくださったり、心のあったかい方もたっくさんいらっしゃいます
>が、やっぱり、実際、こういう子を授からなければわからないものってあるよねって、
>やっぱりスネテる心の狭い私でした。

と言うのは、心が狭いんでもなんでもなく、ごく当然の気持ちだと思います。
ここに集まっているほとんどのお母さん、お父さんたちが、同じ気持ちを味わっているはずですから。
だって、その立場になってみなくちゃわからないことって、本当にありますからね。
でも、逆に、そういう立場になれば、同じ立場の親の気持ちも、分かるようになったりする・・・と。(^^)

ところで、
>表出性言語障害
ってのは、本人の中では言われていることが理解できているのだけれど
音声言語(ことば)として外に出すことができない状態を言うんでしたっけ?
もしも、勘違いしていたら、指摘してください。(笑)>Mさん
私が理解しているとおりの意味ならば、うちのショウは表出性言語障害ではなかったですね。
3歳児当時には。
今は・・・けっこう、表出性に近いかもしれない。
先日の検査で、ことばそのものはよく覚えている、と言われたから。
年齢や発達によっても、状態が変わってくることは、よくありますよね。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


奇声がすごい 投稿者:みーちゃん  投稿日: 2月14日(水)15時58分06秒

はじめまして。私は、4月で3歳になる男の子の母です。寝返り以降は何でも遅くて、今は言葉でつまづいてます。いろんな所に連れて行き(育児相談)、でもはっきりと「障害だ」と言われた訳でもなく中途半端な状態。おもちゃを一列に並べてみたり、車輪をじっと見つめたり自閉的。でも、目が合わないことはなく、人も好き。よその人には特にニコニコしています。
今、困っているのが奇声です。怒られたり、自分の意に添わないことがあったりすると「キャー!!」ものすごい声を出します。今日は病院でやられたので困り果てました。いったいどうしたらいいんでしょう。
みなさん、前向きに頑張ってらっしゃるようですごいと思います。私は今落ち込みモード、どん底です。子どものいい所なんて全然ない(私には見えない)し、体調は悪いし最悪です。近くに友人も親戚もなく(転勤族です)普段子どもと二人っきりなので煮詰まりやすいです。はぁ。疲れた・・。


みーちゃん  様 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 2月14日(水)17時29分49秒

・・・大変よね。
私も苦労しました。こくっぱが3才の頃、気に入らないと奇声もですが、「あばれる!」
まだまだこくっぱの気持ちもわからなかったので、こうなるとどうしようもない。

5歳の現在、こくっぱのお気に入りや、行動パターンが母にも読めるようになってきたので、
パニックは激減しました。
パニックの原因には近づかない。
待つことは苦手ないので、どこへいっても待たないですむ様に工夫する。
  病院も、受付だけしておいて適当に顔を出したりしています。
  もっとも、かかりつけの小児科の先生はこくっぱをよく知っているので、
  かなり優遇してもらっています。
あとは、ショッピングセンターに行くときは、最初からゲームをすることを想定して出かける。
(ゲームをさせないと、むちゃくちゃ怒る!でも、1時間くらい付き合うと納得する。お金はほとんど必要なし。ゲーム機を見学することが好きらしい。)
・・・しょうもないことも、一杯あるんだけど。

本当に、3才から4才過ぎるまでの1年半くらい、すごく大変でした。
それでも、何か原因があるから子どもも反応するんですよね。
とにかく、その原因を発見するために、奇声を上げたり、パニックになった時は
何が原因なのか、一生懸命考えました。
今でも不意打ちは食らいます。
今日もいつも園へ通う道が工事で「通行止め」だったために、いつもとは違う道を通ることに。
・・・むちゃくちゃ怒った。
それでも、何故だかわからないのに相手をしなければいけなかった頃に比べて、
原因が今日のように母にもわかると、「そりゃあ、暴れたいよなあ」と共感できるので、
かなり精神的には楽になりました。・・・平気にはなれないけど。

もう、一杯愚痴ってください。いくらでも、読ませていただきます。
本当に、その頃が私には一番大変だったので。

>怒られたり、自分の意に添わないことがあったりすると「キャー!!」ものすごい声を
>出します。今日は病院でやられたので困り果てました。いったいどうしたらいいんでしょう。

と言う場合は、前後の状況を詳しく書き込むと、先輩お母さん方が、その原因究明に協力してくださるはず。原因がわかれば、どうすればいいか考えるのも、かなり楽になります。
私もずいぶん助けていただきました。・・・今もですが。

しんどいときは、思いっきり手抜きでゆっくり休むことがだいじですよ。
私は、子供たちが「ビデオ好き」なのをいいことに、休みたいときはビデオ上映会を開いて、
同じ部屋で寝てました。・・・何もかもサボって。


  

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


朝倉 玲さんへ 投稿者:なると  投稿日: 2月14日(水)17時42分39秒

初めまして。朝倉さんの書き込みをみて、うちの子と同じ年齢ということまた、お子さんの様子に似ているところがあるので、お聞きしたく書き込みしました。うちの子もLDを疑っているのですが、やはりもう少し大きくならないと検査はできないと言われました。またてんかんの病気をもっている子は、LDの可能性も大きいそうです。ただ、私はLDそのものは、そんなに、悲観はしていないのですが、(トム クルーズもそうですよね)指導の仕方が難しいのではないか、だとしたら、普通の小学校の先生だと大丈夫なのか悩んでいます。言葉の遅れはずいぶん心配で自分なりに勉強したのですが、玲さんがおしゃるように、なによりも、本人がしゃべりたいという気持ちが大切だそうです。また色々体験をして、共感してあげることも。周りの子に比べ遅れている我が子ですが(また周りの子達がよくできる)焦らず、土台固めをしっかりやっていこうと思ってます。砂山って土台がしっかりしてる方が、おおきい山できますよね。で、就学については、どのようなお考えですか?


なるとさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月14日(水)20時19分43秒

初めまして。朝倉です。

ここの常連さんは、すでによくご存じなのですが、
うちの次男坊、ショウは、多動もさることながら、不注意のとても強いADHD児で
周囲の出来事がよく認知できないために、自閉症のような症状を示していたらしいのです。
実際、3才までのショウを専門医に連れていけば、
まず間違いなくPDD(広汎性発達障害=いわゆる自閉傾向)と診断されたと思います。
医者に診てもらったのが3歳過ぎ、
ちょうど彼の中でめざましい発達が始まった頃で
まぁ、その他にもいろいろとあって、
結局「自閉症のような特徴も持つADHD児」という診断をいただくことになりました。

普通のADHD児であれば、社会性やことばに遅れがないことも多いのですが
彼の場合は、そこが大きく立ち遅れています。
ことばに関しては、特に聴覚(聞き取る力)の面に大きく遅れがあるので
それで、ADHDだけでなく、言語性LDもあるのかもしれない、と疑っているわけです。
ADHDもLDを併発していることが多いものですから。

で、ご質問の就学の件ですが
たしかに、これからの1年間、一番頭を悩ませる問題です。
就学時検診を想定して、相談会に行ったり、検査を受けたりし始めています。
検査は、就学に当たって、どんな問題が起こるかを予想する意味もありました。
言語系、特に聞き取りの面に大きな遅れがあることは、そこで正式に分かりました。
とはいえ、実際のところ、普段の様子から、それは母にはとっくに分かっていたことでしたが。(笑)
(ちなみに、受けたのはWISC-R発達検査です。)

というわけで、どのくらい、なるとさんの参考になるか、分からないのですが・・・

まず、うちのショウの場合、おそらく普通学級の方に入学する可能性が高いです。
今現在は、基本的生活習慣にも遅れがあるので、
保育園と家庭で指導をしているところなのですが
これが、就学までに間に合えば、普通学級に入ることになるだろう、と考えています。
養護学級に入るには、知能指数が高いのです。
情緒障害児教室(=自閉症児のための特殊学級)の可能性もありますが
最近の彼の発達ぶりを見ていると、
そこに通わせるよりは、普通学級に進ませて、先生や他の子どもとの関わりの中で
さらに成長を促す方が、彼には適当じゃないか、と思い始めています。
でも、それにはクラスの担任の理解と協力が不可欠なので、
時期が来たら学校に出向いて、校長と相談してこようと思っています。

LDに限って言えば、LD児を専門に収容・指導する公立の学校というのはありません。
ことばに偏りがある子を指導するためのことばの教室や
私立のフリースクールがあるくらいでしょうか。
ことばの教室は、通級になります。(ですよね? Mさん)
もしも、その子の抱える問題がLDだけならば、おそらく養護学校では役不足でしょうね。
自閉などの原因があるならば、情緒障害児教室というものもありますが・・・。
大多数のLDの子どもたちは、普通学級で、担任の指導の元でなんとか学習しているのが現状です。
先生にもいろいろな方がいて、
子どもの特性をよく見極めて、ニーズに合わせた指導をしてくれる方もいますし
いくらこちらで理解を訴えても、さっぱり分かろうとしてくれない先生もいます。
結局は、担任に当たる先生次第、という、運任せのようなところが辛いのですが・・・・・・。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


知能テストは 投稿者:M    投稿日: 2月15日(木)00時00分20秒

今から100年ぐらい前に開発されたものらしい。
テスト自体は、全体的な知的発達のレベルを推し量るものね。
K・ABC等一部、読み書き計算などの学習の習得度が組み込まれているものも
あるけれど。
多分、旧来の知能テストは学習能力という特定の部分だけが遅れているLD
(特異的発達障害)をみつけるには不適当な検査だったという事でもあるわ
けかな。

えっと、ここで少し脱線。。
なんで読み書き計算だけが特異的発達障害の対象なのかなぁ。
あ、運動はあったか。運動機能の特異的発達障害。
美術力の特異的発達障害とか音楽力の特異的発達障害とか、ないのはなぜ?
なんか、検査自体が、特定の価値観にひきずられてできている感じよね。


まあ、それはそれとして、 投稿者:M    投稿日: 2月15日(木)00時07分20秒

書きたかったのは、
表出性言語発達遅滞、言語性LD、発達性失語症の関係だった。

いわゆる教育用語としての学習障害をICD-10
(世界保健機構WHO作成の国際疾病分類第10版)でみると、
就学後に明らかになるとされる、読み書き計算や推論する能力の困難の分類
は・・・、

F81 学力[学習能力]の特異的発達障害
F81.0 特異的読字障害
F81.1 特異的綴字[書字]障害
F81.2 特異的算数能力障害[算数能力の特異的障害]
F81.3 学力[学習能力]の混合性障害
F81.8 他の学力[学習能力]の発達障害
F81.9 学力[学習能力]の発達障害,特定不能のもの

の中に入るということね。
就学前の段階で、聞く話すには全く問題がないように思えたのに、これら読み
書き学習の段階になって急に問題が浮上してきたタイプの子を知っている。


それらと違って、 投稿者:M    投稿日: 2月15日(木)00時09分08秒

就学前からも聞く、話す事に弱さが見られた子というのは以下の診断を受けるこ
とが多いのかな。

F80 会話および言語の特異的発達障害
F80.0 特異的会話構音障害
F80.1 表出性言語障害
F80.2 受容性言語障害
F80.3 てんかんにともなう獲得性[後天性]失語[症](ランドウ-クレフナー症候群)
F80.8 他の会話および言語の発達障害
F80.9 会話および言語の発達障害,特定不能のもの

でも、この状態なのに、音声言語以外の認知の力がすぐれていたということなのか、
就学後は、文字の読み書きや、計算には大きな問題をもたないタイプの子も知ってい
る。
勿論、音声言語としての言語の獲得が遅れていたわけだから、語彙も少なく文章の読
み取りの力も弱いのは弱いのだけどね。でも、文字が入った時点でその語彙力も理解
力も飛躍的に伸びていったのは確か。
そんな子は、記号や絵や図の助けをかりられる社会、算数や理科、将来的には史学、
社会科学、生物学、化学や物理学等々の分野での力を伸ばしていける可能性はあるっ
ていうわけかな?

と、また話しがそれてしまった・・。

で、発達性失語症はこの疾病分類にはないのだけど、
”発達性”と対のことばの”後天性”の失語が、言語の特異的な発達障害に分類されて
いるよね。
以前、どこかで聞いた話しでは、発達性失語は器質的な原因がはっきりと認められるも
のという事だったと思うので、状態像だけで言えばここに分類されたものと同じと考え
ても良いのかな???


いや、 投稿者:M    投稿日: 2月15日(木)00時16分05秒

診断名なんて興味はないのだけど、少なくとも、こうやって自分の頭の中を整理すると、
その子に今どんな指導が必要かがわかりやすいような気がするのは確か。

言語や学習能力の特異的発達障害なら、それらの能力の獲得を阻害した物は何なのかと、
観察や検査を通して推察して、アプローチを考える。

たとえば、表面的に表れる状態が”言語の遅滞”であったとしても、ADHDや自閉症スペ
クトルとは、また力を注ぐ部分が違うように思う。
いや、
そのような状態像に至った原因は違っても、認知のスタイルが似ていれば、特異的発達障
害と同じように学習や言語の部分にも弱さを持つかもしれない。でも、その場合も、最優
先すべきものは、その言語等の部分ではないのではないかと言った方が正確かな。

わたしなりに考え、整理した指導の中身はここにも書いたので、
又、読んでいろいろ意見を頂ければうれしいです。
あくまでもうちの教室の子たちを想定して書いたものだからね。
いろいろな取り組みを知りたいし、そこに考えを固定せずに柔軟に考えていきたいと思っ
ているので・・・。


さっそくのお返事 投稿者:れいのママ  投稿日: 2月15日(木)02時06分05秒

ケリー。さん、Mさん、ケロさん、ありがとうございました。
正直、こんな質問にお返事頂けるかなー、と思っていたので
とても嬉しいです。

ケリーさん。、名札のアイディア、知らなかったです。
とても かわいいですね。
親の私が 楽しんでしまいそうです。
「テーブルでしょ!テー・ブ・ル!」なんてことには...、ならないよう気をつけます。

ケロさん、ダウン症児に親しみを持って頂いているなんて嬉しいです。
うちのチビは、軽いのですが、心臓も耳も、あちこちひっかかっています。
6歳の姉も滲出性中耳炎で、左耳が40dB,右耳30dB聴力が落ちています。
(ケロさんから見れば大したことないと思いますが)
言葉をしゃべっていたので、聴力以外の問題だと思って悪化させてしまいました。
今まで覚えた言葉は ラ行とダ行を逆に覚えている(「いろ」が「いど」になってしまう)
などが多く、コミュニケーションがとりにくかったようです。
親の責任を痛感しています。
ただ、文字をかけるようになったので、親も間違いを直してやりやすいし、
本人も 音の違いが目で見えるので、とても楽になったみたいです。
お家での工夫、カンタンに教えて頂いてすみません。
そうですね。”親しむ”のなら、さりげなくできそうですね。
とても 勇気が出ました。うちも さっそく、TRYしてみます。

Mさん。厳しくもやさしいご意見ありがとうございます。
(過去掲示板を1999年までは 読んだのですが、ちょっとイメージ、変わってますね)
考えの甘い質問で、不快に思っていらっしゃったら、ごめんなさい。
今まで、身振り付の言葉は覚えやすいみたいとか、視覚的にインパクトのあるものが
良さそうとかは 思っていましたが、
ハッキリ「得意な認知のスタイルは?」と意識して接したことはありませんでした。
とてもヒントになります。

理解は結構進んでいると思えるのに、なかなか言葉が増えず
(名詞5個、状況に合わせた言葉10数個)
良くないと思いながら すぐ焦りが出てしまいます。
なかなか相談できるところがないので、悩んだときは また質問させて下さいね。
それとも こんな幼稚な質問はダメでしょうか?
(それなら それと言って下さいね)

皆さん、温かいメッセージを有難うございました。



長くなっちゃいました・・ 投稿者:みっき  投稿日: 2月15日(木)02時31分26秒

はじめまして、なるとさん。
言語性LD(自閉傾向あり、近日再度発達検査の予定)の娘がいます。
彼女は現在、小学四年生です。
お役にたてるかどうかわかりませんが、娘の学校でのことをお話します。
うちの娘は、就学する頃、せいぜい3語文が精一杯で、しかも、トンチンカンなことを言っては、ひとりどこかへ旅立ったり、椅子にじっと座っていられなかったり、話を聞いていなかったり、問題行動は多かったです。
それでも、普通学級で、一年生の終わり頃には、話したいという欲求が出たようで、お友達ともそこそこうまくやれるようになりました。
担任の先生が、LDの研修を受けたことがあるらしく、また性格的にとても熱心で、先生の方から、親との交換日記を申し出て下さり、学校と家庭でのそれぞれの娘の様子をやりとりしていました。
40人学級でなかなかちゃんと見てあげられなくて・・と先生はおっしゃってましたが、とても細かい気配りで、お電話も頂戴しました。また、就学前にお世話になっていた療育の先生にも会いたいということで、コンタクトをとって、会っていただきました。
本当に、熱心にしていただき、今でも学校で会うと、娘を気にかけてアドバイス下さいます。
2年生までとても彼女は居心地が良かったようです。
3年生では、担任が変わり、どちらかというと、合理的で学習面に力を入れるタイプの先生になり、それなりには娘に接して下さっていたようですが、授業参観に行くと、参観のあとで、「いつもあんな感じなんですよ」と娘の不可解な行動に困った風情でした。
自閉症の子供をみたことがある・・と言っていたのに、それは「見ただけ」「(クラスに)居ただけ」じゃないのかと、この先生には不信を感じました。
それでも、友達の方が3年生ともなると、成長してきているので、親身に助けてくれる友達が幸いにもできました。ただ、からかう子もでてきます。
3年生の終わり頃には、担任から育成学級(養護学級)を暗に勧められました。
確かに、マンツーマンで教えてもらった方が学習面は伸びるでしょうが、知能的には高い方だし、多くの友達に囲まれている方が、たとえ小競り合いがあろうとも、いじめまでいかなければ、娘は社会的にも言語的にも良いのでは・・と考えました。
マンツーマンだと大人を頼って、同世代の友達を相手にしないんです、うちの子は。
4年生で、子供の数が増えたためクラス替えがあり、28人学級になって、担任も変わり(ホッとした)、またまたラッキーなことに、LDに詳しく、児童相談所に友人がいるという心強い先生になりました。
これがまた、とても熱心な先生で、こまめに電話を下さったり、何時でもかけてきて下さいと自宅の電話番号を教えて下さったり。
娘への接し方も、彼女は授業中よく話を聞きつづけることができなくて、ノートに落書きをしたりするのですが、「ここまで書いたら、ノートをしまって、先生の方を見てね」という説得をされ娘もまた、それに従って、書き終わったらパタンとノートを閉じて、前を向いています。しかも、それを他の子供達がよく見ていて、休憩時間でも、我が家へ遊びに来た時でも、先生と同じような接し方で、実に根気良く娘に接してくれてます。
ちなみに、同じクラスにADHDのお子さんもおられます。

先生によって、いろいろ・・これを言いたいだけに、こんなに長文になってしまいました。(その割には箇条書きみたいな文で、すみません)
養護学級へは、親御さんが希望しない限りは、大抵普通学級です。が、先生にとって有難いのは、障害を隠さないこと・・のようですね。
私は1〜3年では言語発達遅滞、4年では言語性LDを、保護者懇談会で公表し、保護者の方のご理解をお願いしました。子供さんからうちの娘の様子を聞いて、変に誤解されるよりも・・と私は思ったのですが、先生にはこれを大層有難がられました。子供達へも娘のことについて説明しやすいでしょうし、指導しやすいらしいです。
うちの子は、たまたまラッキーだったのかもしれませんが、いじめには今まであってません。
さて、学習面となると、ガタガタです。漢字と計算はOKですが、話を聞く、文章関係、観察、ルールのある遊びや体育、などはさっぱりです。先生は「私の力が及ばず」と申し訳なさそうですが、家である程度勉強をみてやる以外は、私もなす術がなく、ただ、彼女が学校に行くのが楽しいことだけが、救われています。教育って、学習なのか、それとも娘の社会性を伸ばすことなのか、選択させられています。両方出来ればいいのに・・長すぎましたね、この辺で。

掲示板過去ログ案内に戻る