2001年2月その4
教えてください 投稿者:モロ  投稿日: 2月15日(木)07時37分28秒

初めまして、1歳9カ月の男の子の母です。発達はすべて遅くて、寝返りも、伝え歩きも、今になってよやく2、3歩歩けるようになったのですが、一番心配しているのはやはり言葉ですね。4カ月のごろから簡易保育所に預けて仕事に復帰したのせいか、10カ月のごろ、痙攣により意識障害を起こして入院の際に発達遅いといわれました。1歳3カ月のとき、市立保育園に入れるために面接を受けたとき、名前を呼んでも振り向かないなどから自閉症ではないの心配が・・・。かかりつけ小児科の先生(大学病院、今も月一回の検診を受けています)に聞きましたら、“目線もあっているし、ひとのこともとっても好きのようで、自閉症ではない、言葉の遅れはいずれについていく”とはっきりとおしゃってくださいました。
  市立保育園に通ってから(専任の先生付)もうすぐ6カ月になりますが、ことばの面の発達ではほとんど進んでいないような感じがします。なまえを呼ぶと、家では振り向いてくれる場面が多くなってきたですが、保育園では大勢の子供なかで呼ぶとまだ分かってないよう。こちからかけた言葉に対しては聞く姿勢はよく出てきた。ぱぱ、あちち、ららなどのしゃべりもしたりして、ただ分かって言ってるではない。また、真似する姿勢も出てきてなく、バイバイもしないという現状です。
 これから、本当にことばを覚えて、言えるようになるでしょうか。せひ教えてください。


パニックって 投稿者:千秋  投稿日: 2月15日(木)07時47分12秒

すみません、本当に初心者的な質問なのですが「パニック」ってどんな感じなのですか?
よく聞きますし、感じとしては分かるんですが・・・。
チョロを見ていて「これがパニックか!」とは分からないんです。
しょっちゅう、我を通そうとしてギャーギャー泣きますが、これがそうなのですか?
我を見失ってるような感じではないんです。それが証拠に「お母さん、もう行っちゃうよ」
とか言って、相手にしないで向こうに行くと「待ってえ、待ってえ、ごめんなさい」と
追いかけて来てすがります。
これじゃなければ、なんだろう。
4月から行く幼稚園の先生に「パニクッちゃったりしますか?」って聞かれて
「え、いや、ないと思います、けど・・・」なんて答えちゃったのでなんか心配で。
良かったら、教えて下さい。


朝倉 玲さん、みっきさんへ 投稿者:なると  投稿日: 2月15日(木)10時13分01秒

ありがとうございました!周りの子達は、皆こういう、悩みとは、皆無なので、孤独でした。玲さんやみっきさん、また、ここに集まっているお母さん達がもっと身近にいてくれたらどんなに、心強いでしょう。どんな人でも、人生において、人との巡り逢わせがよければ、幸せなことですよね。私達の子供も、いい先生に出会えるのと、相性の悪い先生とでは、全然違うと思います。今、市の相談室の先生に、定期的に通っているのですが、その先生が言うには、担任の態度が、クラスの子達にも影響を与えるらしいです。幸い娘は、かわいがってもらっているいるので、お友達ともなんとか、やっていっているようです。ただ、幼稚園から帰宅して、毎日のように、お友達と遊んでいるのですが、やはり、話が上手くないので、シビアな場面も多々あり、親としては、せつなくなるし、我が子のかたをもちたくなりなす。そして、こんなんだったら、遊ばなくてもいいのではないかと、、、、。でも娘は、遊びたがるし、一人で遊ぶより(ひとりっこなので)、友達と遊ぶほうがプラスになると、自分に言い聞かせ、遊ばせてます。玲さん、みっきさん、また、他のおかあさん達は如何ですか?


パニック 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月15日(木)10時41分13秒

千秋さん、某掲示板では情報をありがとうございました。 <ここに書くなって。(^_^;)

さて、パニックですが〜
よく出ますね、この質問。
どういうのがパニックですか、って。

これまでの感想として、お子さんがパニックを起こしていない親御さんは
パニックがどういうものか分からない、と言う印象を受けています。
失礼に聞こえたら、ごめんなさい。
でも、パニックを起こしている子どもを持つ親は、もう、
「混乱して、恐慌状態におちいって、暴れて、わめいて、わけ分かんないことを口走る状態」と聞けば
ああ、あれのことね、とすぐ分かるんです。(^_^A
けっして、頭がおかしくなっているわけじゃないのだけれど、
一時的に、すべての思考や感情が超興奮状態になっちゃう、という感じかなぁ。
で、そういうときは、周囲でいくら言い聞かせようが、叱ろうが、なんにも効果はありません。
これがパニックです。

あとは、表面にはあまり見えないけれど、
静かに静かに混乱している「静かなパニック」というのも、無いことはないですが
それはちょっと例外ですね。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


なるとさんへ・2 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月15日(木)10時49分06秒

>その先生が言うには、担任の態度が、クラスの子達にも影響を与えるらしいです。

それはまったくその通りですね。
子どもは大人の鏡です。
担任がその子を受け入れてくれている場合は、クラスの子どもたちも、担任を真似てその子を受け入れ始めます。
担任がその子をボイコットすれば、子どもたちもボイコットして、いじめが始まりますし。
だから、私もショウを保育園に入れるに当たっては
担任との連携を最大限とるように努力してきました。
担任との連絡帳(交換ノート)、もう7冊目です。
ほとんど毎日書いています。
担任の方でも、できる限り、その日の様子などを聞かせてくれますし
何かあったときにも、気軽にマメに知らせてくれます。

小学校の先生はかなり忙しいので、ここまで期待するのはちょっと難しいかな、とは思っていますが
それでも、できる限り連絡を取り合い、協力し合える、良い関係を築いていこうと考えています。

>でも娘は、遊びたがるし、
>一人で遊ぶより(ひとりっこなので)、友達と遊ぶほうがプラスになると、自分に言い聞かせ、遊ばせてます。

それも、本当にそのとおりだと思います。
うちは6才上の兄がいますが、それだけ歳が離れていても、やっぱり初めはうまくつきあえなくて
ずいぶん親が仲介しました。・・・いえ、通訳になった、という方が正しいかも。
親が子どもたちの間に立って、その子の「通訳」をし続ければ
いつかきっと、子どもの方でも『この子はこういう子なんだ』と分かっていってくれると思いますよ。
人との付き合い方は、人の中でしか覚えられませんからね。(*^^*)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


朝倉玲さんなるとさんみっきさんへ 投稿者:りのあ  投稿日: 2月15日(木)11時51分48秒

朝倉玲さん 共感してくださってほんとうれしかってです。なんの障害かわからないというのも 不安だったのですが、年月とともに変わっていくということで、安心しました。ありがとうございました。
なるとさんへ
就学のことですが、うちの息子は普通学級に通う2年生です。就学前に通級の授業に参加させ まずは普通学級にいれて、だめなら通級にしようとかんがえました。就学してまず私がしたことは PTAの役員になりました。それも いわゆるひらの役員ではなく みなさんがいやがって逃げる委員長に自分からかってでました。委員長だと担任だけでなく校長先生や教頭先生とお会いする機会も多く、いち保護者としてではなく 委員長として偉そうに?学校に通っています(ひんしゅくかいそうですね)役員の仕事を通して 先生方の動きや先生の性格や考え方がわかります。仕事のついでに子供の話をしたりします。いやおうなしに職員室に通うことが多くなるので学校内部の情報収集がしやすくなってます。役員の仕事が好きなわけではありませんが、かわいいわが子のために いろいろな形で学校や先生方とかかわった方がいいかなっておもいます。めちゃめちゃ忙しいですけど・・・
みっきさんへ
発達検査をうけるとのことですが、息子も就学前までは市の発達相談所で検査をうけていたのですが、小学生からはうけれなくなり、どこで検査をうけたらいいのかどんな検査をうけれるのかわかりません。よろしければ、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。


社会性って・・・・? 投稿者:かめ兄弟の母  投稿日: 2月15日(木)12時21分02秒

普通級に行くかどうかということで、
多くの方が、“社会性を伸ばす為・・・”
と、おっしゃるような気がするのですが、
それが私にはイマイチぴんと来ないのです。
“健常児の集団に入れておけば社会性が伸びる”とは、
言えないと思うのです。
勿論、集団の中でしか学べない事はたくさんあるけれども
そこで学ぶには、それなりの配慮があってこそ・・なのではないでしょうか。
みっきさんのお子さんのように、
担任の先生が障害を理解した上で、
心配りを充分にされていればの話であって、
単に、集団の中にいれば・・・というものではないと思います。
障害学級でも、学校全体の取り組みとして、
交流の時間などにそれなりの工夫をしてもらえれば、
社会性は充分に伸ばせると思います。
もっとも、その辺がチャンと整備されないから、
障害学級を避ける方が多いのでしょうが・・・。
そもそも社会性とは何かをチャンと考えてみたら・・・・?

Mさんをはじめとする皆様、
社会性って何なんでしょうね?

障害学級って、教科の学習をマンツーマンでしっかり教えるというより、
身辺自立とか、それこそ社会性を育てる為にあるような気がしているのですが・・・。
言葉の学級も、教科学習や言葉の面だけをフォローしているわけではないですよね・・・?


モロ 様 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 2月15日(木)13時21分02秒

はじめまして。
うちには、3才になってもしゃべらなかった息子がいます。
今は(5才)、ロボットのようなしゃべり方ですが、
何とか2語分は使えるようになってきています。

>これから、本当にことばを覚えて、言えるようになるでしょうか。せひ教えてください。

ごめんなさい。これは誰にもわからないです。
言葉が出るかどうか、すごく気になる気持ちはわかります。
でも、言葉の前に、「伝えたい」気持ちがないと、言葉は出ません。
(例外もあります。例えば、単なるオウム返しとか。コミュニケーションには関係ない言葉です。)
表情で、一生懸命気持ちを伝えようとしていますか?
親の手を引っ張ったりして、自分の要求を伝えていますか?
言葉ではない手段で、一生懸命自分の思いをわかってもらおうとしているようなら、
言葉が出てくる可能性は高いと思います。
そんな時に、「ああ、お水が飲みたいのね」とか、「遊ぶの?」とか、子供の気持ちを
周りが言葉で言い換えてあげるでしょ?そうした繰り返しが一杯あって、やっと言葉が
出てくるのかなあ、と最近思っています。

言葉だけを教えても、なかなか言葉って出てこないみたいです。
いろんな力が、それぞれ伸びてきて、初めて言葉になる。
と言う感じでしょうか。

ごめんなさい。今から出かけるので、あまりていねいに書き込めませんでした。
夜になったら、もう一度来ます。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


私にとっては 投稿者:りのあ  投稿日: 2月15日(木)13時39分01秒

就学の時 どこにしようか悩みましたが、私としては、普通学級と通級のちょうど間くらいの学校があればいいとおもいましたし、通級と養護学校の間くらいの学校があればいいというお友達のお母さんもいらっしゃいました。私としては、たとえどの学校を選ぶにしろ、最終的に 私達夫婦が亡くなり この子一人残された時 この子なりにあった仕事がみつかり、就職でき(就職難ではありますが)たとえ結婚はできなくとも 自分ひとり生きていけるだけの収入と、給料をごまかされないだけの計算ができて、生活していけるだけの能力をなんとか身に付けてくれればいいと思っています。今の小学校や中学校のまたは通級や養護学校にそれを身につけさせてくれるような 学習や制度ができてるのかなっておもいます。ルートの計算や物理や化学(自分が不得意なのです)がわからなくったって、生活していけるだけの勉強を教えてくれる学校があればいいなって思っています。上の5年生になるお兄ちゃんですら 勉強についていくのがやっとなので、グチグチ言ってしまいました。


千秋さん、朝倉さんへ。 投稿者:ちひろ  投稿日: 2月15日(木)14時44分44秒

ウチの姫(小5)は、2年前くらいまでは、パニックをおこしていましたが、今は癇癪程度に収まっています。
学校の先生とも、癇癪という事で話しは通じています。

ウチには女王ちゃん(5歳)もいるんですけど、癇癪をおこします。
でも幼稚園の先生は、その事をパニックと呼んでいるので、説明する必要もないと思ってパニックということで話しています。
言葉は、どうであれ先生と意思が疎通できていれば、一番いいのではないかと思います。

*癇癪というのは泣き喚いてはいるものの、強く言えばなんとかこちらの言う事も耳に入る程度だと思っています。

発作>パニック>癇癪>泣く ←だと思っているのですが、どうなんでしょうか!?
発作は朝倉さんの言う静かなパニックの事かもしれません。
固まってしまって何も反応がなくなります。パニックよりも時間的に長いです。
後で、その時の事を聞いても本人は何も覚えていません。


どういう障害? 投稿者:りのあ  投稿日: 2月15日(木)17時51分23秒

うちの息子(小2)のことを書こうとおもいます。先日お好み焼きを作ろうということになり、息子にとっては、初めて聞く言葉でした(作ったことがないのか!)「お好み焼きだやよ」と言うと 「おこみのき・・ちがう・・おこのみき・・ちがう・・」必死のようです。いつものように紙に文字で書いてあげると「お好み焼きか!」ようやく言えました。私も 駅前留学ノバのCMで 床屋さんのCMの「ショウトヘアORロングヘア?」のCMを 2.3回見て ようやく「ショウトヘアロングヘアって言っているのか」とわかったのですが(英語力のなさがバレましたね)息子にとっては お好み焼きも私のショウトヘアも同じようなものです。5.6文字の単語になると「なに?」とききかえします。数々の大学病院の検査の結果、聴力には問題はありません。ただ、息子には きゃべつもきゃでつに聞こえるようです。こんな状態で、学校では、先生は 勉強は言葉で教えているというのに 算数(たしざん引き算かけざん)もバッチリできたし、漢字も満点なのです。どうやって理解しているのか親の私にもわかりません。もし 私がアメリカのたとえ小学校1年生の授業をうけたとしても 先生に「男の子8にんと女の子5にんが校庭であそんでいました。あわせて何人でしょう」とペラペラ英語で言われても(英語でなんというのかもわからない・・)8+5が13はわかるけど なんて言ってるのかわからなければ 計算のしようもありません。息子もこの状態のはずなのですが、よくぞ ついていったと親ながら不思議な思いです。総合学習が入ったおかげで やたら発表形式の授業も多く 3年生は、勝負どころといわれています。理解する能力はあっても 言葉が通じないことでわからないことがあるようです。性格的に集中力もあり好奇心旺盛で何にでも挑戦します。お兄ちゃんと一緒に柔道をならってます。でも、帰国子女状態なのです。この障害はなんなんだー!とさけびたくなります。わからない わからないから手さぐりで進むしかありません。専門の先生も手さぐりでいろんな方法をかんがえてくれています。人には問題なくとられることもあり 「心配することないじゃない」と言われることもあります。ちがうんです。わかってほしい・・・やっぱりわけのわからない障害なのは事実なのです。どうしたらいいのか 前例がない分 手さぐりで進むしかないようです。息子と同じ様な子はいませんか?って聞いてあるきたいです。


moroさん りのあさん 投稿者:なると  投稿日: 2月15日(木)21時59分24秒

moroさんへ  初めまして。書き込みを読ませてもらって、少し気になったんですが、私の娘は、てんかんの病気をもっています。薬のおかげで今は元気ですが、その薬の調整の為入院していた時期があります。その時に色んな人達の症状をみたので、気になってしまいました。痙攣はその後大丈夫ですか?入院の際、脳波は検査されたのでしょうか?                りのあさんへ  PTAですかあ。すごいなあ。小学校のPTAってすごく大変そうですね。私も見習わないといけない。息子さんの話なのですが、うちの娘も視覚的な理解度の方が良い気がします。で、本人も分かっているのだけど、タイミングによって上手く答えられない時があるんです。知らないのだろうと、思っていることを実は、知っていたり、、、。気がのらないと、真面目に答えないとゆう性格もあるのすが、私の母は、理解できてても、それを、言葉にする伝達が、上手くつながらない時があるのではないかと、大真面目に言うのですが、なんとなく私もそんな気がするのです。ただ、娘は抗てんかん剤を常用してますので、そのせいかもしれません。うちも、通級と普通級の中間があるといいのにと常々思っています。そして、更にアメリカのようにADHAやLD教育のスペシャリストが蔓延したら、いいのにと思います。実際日本はそういった事に遅れてますからね。息子さんは、集中力があり好奇心旺盛ということで、うらやましいです。娘は、好きなことだけには、集中しますが、嫌いな事は、全然だめです。いい指導を受ければ、伸びるお子さんなのかもしれないですね。他にも、ADHD、LD、適切な教育をうければ、伸び方が絶対違うと思うのです。


またまた長くなっちゃって・・ 投稿者:みっき  投稿日: 2月16日(金)02時08分59秒

昨日は夜中に書き込んでいたので(今回もですが)、無茶苦茶な文章になって、皆様、読みづらかったでしょう?ごめんなさい。

 りのあさんへ
発達検査は、以前は療育課(児童福祉センター内)で受けていましたが、やはり就学してからは、こちらでは受けられなくなり、児童相談所の方で、お願いしました。
大学病院などでもあるようですが(受けたことはありませんが)、児相の検査員の方が、いろいろ詳しいことを教えてもらえそうだし、最初に2才の頃に見て頂いたとき、とてもやさしい口調で話して下さったので、印象が良かったので(単純な動機!!)。
確か、全国LD親の会のHPでも紹介されていたようです。下に、リンクを入れます。
私は京都市在住ですが、学校の方から、発達検査を受けてみませんかといわれると、永松記念教育センターで発達検査を受けることになるようです。でも、こちらの管轄は文部省なので、3年の担任の先生に勧められたとき、「ただ、結果次第では育成(養護)学級に行くことを頭に入れておくことが、前提になるかも」といわれました。つまり、ここの結果が、学校に伝えられるわけですね。もちろん、親御さんがNOと言えば、強制するものでもありませんが。
それで、私は厚生省の管轄の児童相談所にお願いしました。別に養護学級を嫌がっているわけでは、決してなくて、むしろ、何度か考えたこともあります。
うちの学校の養護学級の先生が、これまた、大変な熱血教師で、やさしくて、おちゃめな先生なので、この先生になら娘を預けてもよいと思えるほど。
ただ、こんなやさしい先生であればあるほど、娘はおとなを頼ってしまうパターンを身につけてしまう・・ということと、養護学級と普通学級の交流が、頻度としては少ないことを考えると、今、せっかく友達に囲まれていることに慣れ、コミュニケーションをお互いがとろうと模索してくれているのに、と思うと、やはりしばらくはこのまま続けようと思っています。
もし、学級での状態が良くなければ、養護学級へ迷わず行かせたと思います。
今の担任の先生は、うちの娘がクラスにいることで、みんなが優しい気持ちを育ててくれていますと、おっしゃって下さるので、私も甘えさせてもらってます。
 かめ兄弟の母様、私も実は社会性という言葉を使ったものの、「!?」状態なんです。
何しろ、往生際の悪い、情けない母親だったため、真正面から娘のことに取り組み始めたのは、ここ数年前からで、こちらのサイトを知るまでは、壁にぶちあたって傷だらけになってましたので。
一様に、普通学級が社会性を伸ばすとは、とても思えず、親と学校と他の保護者の方のご理解が頂けないと、学級経営がうまくいくはずもなく、学校が居心地の悪いものであれば、却って、二次障害が起こる可能性大で、本人に苦痛を強いるものになるでしょう。
ただ、普通学級でうまくやっていけば、うちの娘の場合は冗談を言うことを覚え(これがとんでもない冗談で、冷や汗もの)、コミュニケーションがすれ違いながらも、何か関わろうとしてきています。
お友達が、地域の有志でウォークラリーがあったとき、娘を誘ってくれて、彼女は嬉しそうに参加し、その帰りに家へ遊びに来てくれたときは、友達のために歌を披露したり、「ハンカチ落とし」をしようと自分から遊びの催促をして、それなりにコミュニケーションをとりたがる娘の姿を見て、数年前には大人としか接することができず、友達はただの風景にしか見えなかった頃と比べると、私は舞い上がるほど嬉しかったです。
最近では、特定のお友達にだけでなく、同じ班の男の子に「これ、どうするの?」と尋ねたりもして、先生が「あら、OO君、頼られてるわよぉ」とすかさずフォローをして下さって、OO君も張りきって、面倒を見てくれたりする場面もあったらしいです。
一人立ちする為に必要な社会性という意味では、まだまだですが、まわりの人に目を向けて、関わろうとする辺りはずいぶん、成長してきてくれてます。しかし、今後の保証はありませんけど。
娘が、何を必要とするのかという観点から、合っているか間違っているかわかりませんが、間違っていれば、軌道修正する勇気を私自身、持って行かねば・・と思っています。
あ〜、また長くなってしまいましたね。すみません。
では、おやすみなさい。(ご覧になっている方には、おはようございます。)

http://www.normanet.ne.jp/~zenkokld/


宿題 投稿者:まつこ  投稿日: 2月16日(金)09時11分53秒

昨日息子(小3自閉症・障害児学級在籍・100%普通学級入り込み)が
「生命のはじまり」という課題の(性教育でしょうね)の「私の小さいころ」という
プリントをもって帰りました。

そこに、どんな子どもになって欲しいか、「お家の人の願い」を書いてください、
という保護者への宿題がありました。

難しいけど……
「毎日の生活を楽しめる子。自分のことを自分で考えて決めることができ、
それがうまく行かなくても、耐えられる子。自分のことが好きで、大切にできる子。」
と書きました。

自分への課題でもありますね。f(^^;)


なるとさん みっきさん Mさん 投稿者:りのあ  投稿日: 2月16日(金)09時24分36秒

なるとさんへ
本当にお母様が言われているとうり                            「理解できてても、それを、言葉にする伝達が、上手くつながらない時があるのではないか」
この言葉を 6年ほど前 どこかの病院の先生に言われたことを思い出しました。耳ではしっかり音としてききとれても言語野?になんらかの支障があるのではないか・・というようなこと言われていたように思います。当時の私は さっぱりわかわず はあー・・という感じで聞いていたようにおもいます。ありがとうございました。
ほんと 私もアメリカに移住したいと思ったことがあります。この地域の限られた施設や機関をとうして 頑張るしかないんですかねえ・・・でも なるとさんの言葉を聞いて
元気になりました!

みっきさんへ
いろいろ 教えていただき ありがとうございました。
まずは、児童相談所のほうに 問い合わせようとおもいます。親の会のHPも お気に入りにいれさせていただきました。
管轄が、あるのですか。なんと知りませんでした。私では 言われるままに どこにでも行ってしまいそうです。ありがとうございました。

Mさんへ
 いろいろありがとうございました。
はっきり言って、私はものすごく診断名にこだわっています。前の投稿にも書きましたが、
ある程度の指標や対処方法や そういうお子様方が 将来大人になったとき どんな生活を送っているのか そういういろんなことを知るためにも、自分の息子は なんなのか・・
診断名を知り もっと詳しくいろいろ知りたいとおもっています。正直 心細いような感じもします。どこにもうちの息子のような子がいないというのも 変な言い方ですが、さみしい気もします。だからこそ この投稿をしたのですけど・・・


(無題) 投稿者:まつこ  投稿日: 2月16日(金)09時35分26秒

>紙に文字で書いてあげると「お好み焼きか!」ようやく言えました。

うちの子、「聞き取り」「自分の考えを話すこと」は苦手ですが、音読は得意です。

「地図」「クイズ」「人の名前」が大好きなので、
今年、総合学習で地域のことを調べて発表する時
模造紙に見事に地域の地図を書いたのはうちの子でした。
発表する文章は班の他の子が考えて、クイズ形式にして、
聞き手側から解答者を指名するのがうちの子で、正解ならみんなで「ぴんぽ〜ん♪」

みんなが同じことを「できる」必要はなく、今のところ適材適所で、本人の達成感も
クラスメートの理解も深まったように感じます。


診断名 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月16日(金)21時25分58秒

りのあさんへ

>はっきり言って、私はものすごく診断名にこだわっています。
>自分の息子は なんなのか・・
>診断名を知り もっと詳しくいろいろ知りたいとおもっています。

その気持ち、とてもよく分かります。
診断名を知ることは、決して悪いことでも無駄なことでもない、と私も思っています。
診断名が分かれば、情報が集めやすくなるし
我が子の理解も、一段とやりやすくなります。
うちの次男も、障害あり、と言われてから、正式にADHDの診断が下るまで
1年ほどの期間があったのですが、
その「曖昧な状態」の時期よりは
「自閉症のような特徴も持つADHD」という診断をいただいてからの方が
指針も、対策も、理解も、一段とやりやすくなったのは確かです。
特に、周囲の人たちへ理解を求めるのには、診断名があった方がやりやすかったです。

ただ、気をつけなくちゃならないのは
診断名が「すべて」ではない、ということだと思います。
先にも言ったとおり、子どもの発達の状況次第で、診断名が変わっていくこともありますし、
診察する医者によって、診断名が変わることだって、よくあります。
特にボーダーにある子どもの場合、診断名がいろいろになる、ということは
けっこうあるようです。
うちのショウだって、きっとそうです。
迷いたくないので、うちは、今の主治医一人にずっとついていますが
一人の医者の診断に納得がいかなくて、別の医者に言って、
別の診断を受けて、納得する・・・という話もよく聞きます。
その理由はいろいろあって、難しい問題も絡むようなので、ここにはとても書き切れませんが・・・
診断名は、方針の基準にはなるものの
それに縛られ過ぎないように・・・というところでしょうか。
言うはやすし、ですが。(^_^;)

ところで、りのあさんのお子さんの症状を読んでいて
言語性LDの中に、そういう症状もあったような気がするのですが
主治医の先生は、何を基準に「LDではない」と診断なさったのでしょうね?

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


あれ? 投稿者:M    投稿日: 2月16日(金)23時31分50秒

りのあさん、

全く同じと言うわけではないけど、書きこみされた部分を見る限りでは、りのあさ
んのお子さんと良く似た状態ではないかなと私が思うある子は、LD界?では有名
なT教授の研究室で、言語性LD、器質的ものの検査如何では、発達性失語症と言
われたそうですよ。

1999年の夏に、文部省(当時)・協力者会議から、
全般的な知的面での遅れはないものの、下記の
    (1) 言語能力
    (2) 読字・書字
    (3) 算数・計算
    (4) 推論
に特異な困難を持っている場合をLDと定義するという報告がありました。

今はあまり使わない人が多いけど、上記の一部が言語性LDと言う事になります。
勿論、これは教育用語だから、正確には診断名ではありません。

診断名ということなら、症状に当てはまるかもしれないのは、この前書いたように
F80.1 表出性言語障害

と、
F80.8 他の会話および言語の発達障害
F80.9 会話および言語の発達障害,特定不能のもの


>耳ではしっかり音としてききとれても言語野?になんらかの支障があるのでは
>ないか・・というようなこと言われていたように思います。

器質的な原因があるのなら、発達性失語症等が当てはまるのかな?

えっと、医療機関に行って何百万人にひとりといわれたわけではなくて、
STの先生が見られた何百人かの子たちの中には同じ状態の子がいなかったという
ことよね。
ならば、
その筋の医療機関にかかれば、案外すぐに診断は出るのではないかという気もする
のだけど・・???


りのあさんへ 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月17日(土)01時11分58秒

LD親の会のページには、医療機関も多くのっていると思います。
通い易そうな所をチョイスして、問い合わせてみませんか?
病院によっては、予約がいっぱいで待たされることもありますが、
とりあえず、セカンド・オピニオンと思って受診されてはいかがでしょうか。
今の不安定な状況からは、抜け出せるかもしれませんよ。

かく言う我が子は、現在3箇所を並行してます^^;。


玲さん、ちひろさん 投稿者:千秋  投稿日: 2月17日(土)06時43分24秒

ありがとうございました。
「パニック」って良く聞くけど、本当に分からなくて・・・。
玲さん、チョロはもしかしたらパニックを起こした事がないのかも
しれないですね。やっぱり「これか!」って言うのがないから。
>失礼に聞こえたら、ごめんなさい。
あ、ぜんぜん失礼なんかじゃないですよ。「違うみたいだな」って
分かっただけでも1歩前進です(^o^)

ちさとさんもありがとうございました。
そうですね「パニック」って正確な意味じゃなくても使いますよね。
「混乱してる、癇癪を起こす」等にも当てはめて先生は使ったのかも。
うちは強く言えば治まるから「癇癪」なのかな、やっぱり。


あれ?その2 投稿者:M    投稿日: 2月17日(土)07時15分28秒

「通級」ということばについて、少し混乱してきているようなので整理して
おきま〜す。

現行では制度上、就学後は

通常の学級に在籍
通常の学級に在籍し、通級教室に通級・・これが通級制度
地域の小学校の特殊学級に在籍
周辺の小学校の特殊学級に在籍(一部地域)
盲聾養護学校在籍
    
  (注)「通常の学級」「特殊学級」「通級教室」は文部科学省の用語
     「特殊学級」には 知的、情緒、肢体不自由等の学級が、
     「通級教室」には ことば、きこえ、情緒、弱視等の教室が
     あります。
           

のうちのどれかの形態を取る事になります。

地域によっては、特殊学級に在籍はしても、ほとんど通常の学級ですごす
場合もあります。在籍にすれば、その学級担任として教師が配置されるの
で、そうするわけね。
勿論、特殊学級に在籍し、その小集団で個別指導を受けながら、通常の学
級で特定の教科だけ勉強をする形態を取る場合もある。一般的にはこれが
多いのかな。これは制度上、通級とは言いませんよぅ。

もうひとつ、通常の学級に在籍して特定の教科だけ特殊学級に通う場合も
あるけれど、これは制度として確立されているわけではないので、人的配
置もなく、学校裁量で行われているもの。便宜上、これを通級と呼んでい
る人もいるようだけど、これもいわゆる通級制度とは違うもの・・ね。


あれ?その3 投稿者:M    投稿日: 2月17日(土)07時16分29秒

社会性の障害は、
言語や知的な認知機能の障害からくるものではなく、
別の神経心理学的なものからくるものと言われているよね。

特に自閉症スペクトル等の場合、他人の感情や社会的情報を理解する事に困
難があるわけだから、
その場面ごとの状況の認知や、暗黙の了解ごとの理解やら、その場で自分に
期待されていることやらを読み取ることは難しいという事よね。

だから、通常の学級で生活していくには、そこの所に焦点を当てた対応がま
ず必要なのだと思う。自分で、ともだちを見てそこから自然に学び取るとい
うのは難しい作業だと思う。
その場で、陰になり日向になりで通訳をしてくれる人の存在は不可欠なので
はないかな。
その保障がないままに通常の学級に在籍するのはかなりの困難が伴うことは
確かだろうなぁ・・。


あれ?その4 投稿者:M    投稿日: 2月17日(土)07時29分39秒

>過去掲示板を1999年までは 読んだのですが、ちょっとイメージ、変
 わってますね.

あはは、そうぉぅ?
日々、退行しながらも、わずかながらも進化はしているような気もするので、
そのせいかな。疑問符の数が少しずつ減ってきて態度がでかくなったとか?
そうだ!! この際、もう一度書いておくね。

皆々様方、私の文を読む時は、引き続き
「えっ、本当にそう?」
と常に疑いの目を持って読むようにして下さいませねぇ。
2年半前より、知識だけは増えたけれど、
会ったことも検査もしたこともない子の指導のアドバイスなどできるほどの
ベテランでもないし、力もないです。
            < まだまだ、若手なのです!! < 強調!!

私としては、ここは、あくまでも、
色々なお子さんの様子を聞かせてもらいながら指導の為の学習をしていく場
ね。
  < あ、私にとっての指導の対象は、自分の教室と地域の学校の子です。

細々とやっていくつもりだったのに、いつのまにか訪問者が多くなってしまっ
て、実は戸惑っていたりもするのです。

それと・・・、
ここに、たくさんあるのは
「うちの子は魅力的な素敵な子。
 でもこのままでは生きて行くのは大変そう。
 その子にだけ周りの価値観での゛普通”を無理強いするのではなく、
 得意な面を伸ばす事にこそ力を注いでやりたい。
 少しでも生きやすくするために、何がしてやれるだろう?   」

というスタンスの方々への情報かな。

私自身、
「この子は ”変”だから、”矯正”や”訓練”をしたい。」
っていう類のことばには拒否反応をおこしてしまうひと・・・です。
だから、ことばの指導では、構音訓練が一番苦手だったりします。

           <  あ、最後のは単なる言い訳!(^-^;)


あれ?その5 投稿者:M    投稿日: 2月17日(土)07時32分06秒

えっと、初めましてのご挨拶まだでしたよね、
なるとさん、みーちゃんさん、モロさん。
そういう事です。
            < だからぁ、どういう事やねん?

ところで、
いつの間にかTopページ100000アクセスが近づいて来たようですねぇ。
いつもHPの裏の方にある掲示板で細々とアクセス記念企画をしています。
今回はどうしようかな。
今晩か明日あたり、案をしぼりださなきゃねぇ。出てくるかな・・。


おお! 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月17日(土)10時51分29秒

色々わかったぞ!
特に、その2の後半。
通級って、便利な言葉ですよね。
でもちゃんと「制度」としてあるわけだから、それ以外もあるのよね。

それと構音は、やっぱり『訓練』って感じだわ・・・・
でも、成果はありましたよ。カ行が言えるようになったのは、そのおかげ。
ただ、引越しのために言葉の教室を移動した最初の面談で、
「『よく訓練されている』という印象を受けます。少し時間を置いたほうがいいかもしれません。」って言われてビックリ!
今でも怪しいところはたくさんあるけど、『見守って』るわ^^。

あ、M先生に言う話じゃなかったか・・・・


朝倉さん Mさん ケリーさん 投稿者:りのあ  投稿日: 2月17日(土)11時17分40秒

みなさん ありがとうございました。
うれしかったです。ほんとに心細かったんです。
障害児の学園に通っていたころは、月に一度 STの先生の面接があったり、いろいろな講演会の行事があったりして、お母さん同士の情報交換もあったんですけど
就学してからというもの、すべての機関に 「未就学児までです」と さよならされて・・
どこも知らず どこをどうして誰に聞けばいいのかわからず、ひとり悩んで4年が過ぎました。
4年の間に 息子の症状も変わり ますます わけわからなくなっていました。
結局、自分の知識不足と 医療機関であらためて検査を受けなかったことで わからないと騒いでいたのかもしれません。
ほんと すいません。
自分でもっと進んで あっちこっち動けばよかったんです。でも 動くにも動きようがなくて・・
これは言い訳ですね・・
まだ、パソコン買ったばかりで やっとインターネットにつないで 検索だけは うまくなったんですけど あいかわらずフリーズばかりおこしてて 操作もろくにわからないんですけど
このHPと出会えて よかったです。
また たくさんのことを 教えてください。


通級 補足 投稿者:M    投稿日: 2月17日(土)16時11分12秒

因みに、去年うちの地域では、教育用語の統一ということで、
以下のような連絡があった。
これが文部科学省用語だと思ったのだけど、
考えてみれば制度として確立していないのなら、そうゆう用語もないのかな。
地教委で便宜的に使っているだけかも。。
   < 文部科学省のHPを調べても良くわからなかった。

通常の学級在籍 週に数時間は通級教室に通う・・・・・・ 通級
通常の学級在籍、特定の教科だけ特殊学級に通う・・・体験入級


Mさんへ 投稿者:なると  投稿日: 2月17日(土)20時16分21秒

初めまして。そして、大変失礼致しました!なにぶん初心者故、よく分かっていないことが、多々ありました。わたしは、つまり、人のお宅の庭で、お邪魔しますも言わずに、勝手に立ち話を始めていたのですね。本当に失礼致しました。遅場せながら、自己紹介させて頂きますと、5才の娘がいて、てんかんの病気をもっています。今は薬のおかげで、元気に幼稚園にいっております。やれやれと思ったのもつかの間で、今度は、遅れに対してこれからどのようにやっていけばいいのか?
あちこち、相談にいきましたが、手応えが得れません。なにしろ、病気によって遅れたのか?そして、薬によって、認知に影響があるのか、あるいは、器質的なものなのか?そして子供の様子も、私から見ていると、ADHDでは、ないようですが、LDは、あるような気がしてるのです。更に就学の問題もあり、どうしたものかと思案にくれているうちにこちらにたどりつきました。訪問者が多くて戸惑われているとのことですが、今後もお力添えいただけないでしょうか?


あっ、いや・・ 投稿者:M    投稿日: 2月18日(日)00時04分29秒

>わたしは、つまり、人のお宅の庭で、お邪魔しますも言わずに、勝手に立ち話を始めて
>いたのですね。本当に失礼致しました。

逆に、そうしてもらった方が有難いってことです。
今までもず〜っと、そうだったんですよ。過去ログを読んでもらったらわかりますが、
良くぞここまでと驚くほど多才な、強力メンバーが揃っておられます、ここには。

>訪問者が多くて戸惑われているとのことですが、今後もお力添えいただけないでしょうか

新規の訪問者の方々には、
色々な情報の中から、自分に合う情報を選んでもらえば良いと思ってはいるんですよ。
でも、今回の例えば「通級」の件のように明らかに間違った情報の場合は、訂正しな
いのは管理人の怠慢ってことになるなぁと思ってしまったって事です。

もともと、人とは無関係に自分のことだけをコツコツとやっていたいタイプだから、
そういう事にいちいち気を回すのは、結構、負担になってしまうのね。だからちょっと
愚痴ってしまったんです。ごめんなさい。

まあ、結論としては、
今の自分のペースを保つ事が精神衛生上も一番良いと思うので、気にせず、今後も、
”怠慢管理人”に徹する事にします。
管理人等、あてにしないで、庭とは言わず、部屋に入ってコーヒーでも飲みながら
お話をしていってくださいねぇ。
    < えっ、もともと あてになんかしていなかったって? 
       あっ、そう言えばそうだった・・。(^^ゞ


大丈夫ですよ〜(^^) 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月18日(日)00時05分58秒

なるとさんへ

>訪問者が多くて戸惑われているとのことですが、今後もお力添えいただけないでしょうか?

この掲示板は、Mさんのものであって、もうすでに、Mさんのものではありません。
常連の皆で結託して、全員のものとしてしまっているんです。(笑)
挨拶抜きで、相談に入る人だって、たくさんいますよ〜。
だって、そのくらい、みんな情報に飢えているのですもの。切羽詰まっているのですもの。
それが分かっているから、常連さんたちも、気を悪くすることもなくレスするんです。
もちろん、Mさん自身もね。(*^^*)

お子さんの情報を聞かせてもらうのは、アドバイスするのに、とても参考になります。
というか、そこが分からないでは、アドバイスしようがない、というのが正しいですが。
しょっちゅう書かれることですが、
今一番心配なことを、具体的に質問すると
レスやアドバイスが次々と集まってくる場所なんです。ここは。
それも、的確で、暖かくて、元気が出てくるような内容が、たくさん。
こんな素敵な「ネット親の会」、他ではなかなか見かけないですよね。

ってことで、
なるとさんも、他の新しい方々も、
安心して書き込みなさってくださいね〜。

以上、最古参からたぶん2番目の、古株常連からのレスでした。(*^^*)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


あら 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月18日(日)00時08分15秒

レスを投稿したら、Mさんからのレスが先に入っていたわ。(^_^;)

Mさ〜ん。
ホントに最近、レスが早いんじゃないですか〜?(笑)
確かに、1年くらい前と比べると、
ちょっとイメージ代わったかも・・・

         ・・・・・・え? これもいつもの気まぐれです、って?(笑)


Mさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 2月18日(日)00時42分02秒

Mさん、未熟者の私がお邪魔しております。
専門用語などは、あまり知らなくて、書き込みながら、「?」しつつ、特殊学級を養護学級と書いてしまってました。(昔はそう呼ばれてましたよね)
あ〜、恥ずかしい!
通級のこともMさんのおかげで、頭の中で整理できました。

以前、就学前に療育課の先生から、「ことばの教室」に通うには、発音に問題がないと、なかなか入ることができないと言われたことがあります。本当ですか?
療育課の先生は、「学業でつまずいたときや、学校での生活がつらいときなど、どこか、自分をホッとさせてくれる逃げ場があるといいですね。」のあとに、「ことばの教室」を例に挙げられたのですが、上記のようなことも付け加えられてました。
冗談半分に、検査のときにわざと発音を間違えるようにすれば、とか何とか言ってましたが(半ば本気だったのだろうか?)。
療育の先生方は、就学してからのことを随分気にかけておられるようで、ここは就学前までしか、通えないのですが、就学してから何かトラブルがあった場合などは、担当の先生に個人的に連絡すれば、一時的に学習の様子など(細かくはわかりません)ケアして下さっているようです。ときには、学校の方へも先生が訪ねてくださいます。
そのトラブルの話をよく聞かせて頂いてたのですが、「ことばの教室」に来ると子供達がホッとするんだそうです。
きっとMさんのような先生が、子供達のことを包み込んでいらっしゃるんでしょうね。
うちの娘は、一才半から、言語がさっぱりな割には、歌という歌を片っ端から覚え、字幕が読めるのかしらと思うほど、正確に歌詞どおりに歌うくらい、発音は良かったので、わざと発音を変えるようなことまではしたくなかったのですが。(当たり前?)

今、過去ログを必死になって、読ませてもらっています。本当にここにこられる方は、前向きで、楽しい方が多くて、それでいて、真剣に自分のお子様と向き合っておられますね。
読んでいるだけで、とても励みにもなり、勉強させてもらってます。
またお邪魔虫しに参りますが、よろしくお願いします。


M様へ・・ 投稿者:chisato  投稿日: 2月18日(日)03時35分26秒

先日は 某掲示板で、鮮やかに ダンクシュートを決めて下さり
、真に 恐れ入りました.(変な挨拶!?)(;^-^A

お聞きします。
>通常の学級在籍 週に数時間は通級教室に通う・・通級

と ありますが、この数時間・・の上限は、各都道府県で 決っているのでしょうか?
千尋は 大阪でも東京でも、上限は週5時間と 決っている・・というようなことを 言われ、今現在も そうですが、富山の知人に
聞いた所によると、ある子供が それ以上 通級していた。 との
ことでした。
富山では、上限が 5時間より多いのか?
それとも その子は、体験入級だったのか?(この場合も 上限は 決っているのでしょうか?)
はたまた、特殊学級に籍が あって、ある教科のみ 通常学級に
来ていた。のか・・?

雲を掴むような話しで、大変 恐縮ですが、いかが 思われます?
千尋の場合、校内通級で 時間割や 在籍学級との兼ね合い、また
ことばの教室の先生の都合等あり、週5時間は 妥当な処か?!
とも 思うのですが、この話しを聞いた時、少し羨ましい気も
しました。


小人数学級って呼称も良いかな? 投稿者:M    投稿日: 2月18日(日)10時23分34秒

>特殊学級を養護学級と書いてしまってました。(昔はそう呼ばれてましたよね)

 あっ、あれは文部省用語はそうだってことよ。
 逆に、「特殊」ってことばが気になるので、敢えて注釈を入れたの。
 地域によって呼称は、「育成」「養護」「心障」等々、色々よね。
 あ、和歌山の方おられます? 和歌山では「小人数学級」って呼んでいる
 って聞いたことがあるのだけど、本当なのかな?
 うちの方では「障害児学級」なのだけど、
 私自身は、子ども達の周辺には高いハードル(障害)があるという意味に変換
 して使っているの。「害」という字はいやだから「碍」に変えたりね。

 文部科学省も「特殊教育課」の課の名称を「特別支援教育課」に変更したので、
 将来的には、特殊教育の名も消えるとにらんでいるのだけど、この際、学級の名も良い
 名に変えてほしいな。


chisato様 投稿者:M    投稿日: 2月18日(日)10時49分46秒

>鮮やかに ダンクシュートを決めて下さり、真に 恐れ入りました.

 そうおぅ・・。
 へへへ、バスケも重量挙げもゲートボールも・・  < へっ?
 すべて、スポーツ万能の私にお任せ下さいませぇ。。。。。。 A^^;

>通常の学級在籍 週に数時間は通級教室に通う・・通級
 
 通級時間の学習時間(正式には”自立活動の時間”と呼びます)
 上限は8時間です。でも、実際は人数の都合で1〜3時間の子がほとん
 どなのではないかな。

>通常の学級在籍、特定の教科だけ特殊学級に通う・・・体験入級
 
 体験入級の学習時間
 これは制度化されていないのだから、きまりはないと思うけど、
 在籍の子に影響が出ないようにと考えると時間的にも限られてくるよね。 
 現行制度では、”在籍の子の学級担任”に教えてもらう形なのだから。

>特殊学級に籍が あって、ある教科のみ 通常学級に来ていた。のか・・?

 特殊籍の子の通常学級での学習時間
 この場合も、多分、決められた時間というのはないはずです。
 その子の力に合わせて、考えることができますよぅ。


失行症 投稿者:から  投稿日: 2月18日(日)20時58分14秒

はじめて。海外より今回思い切って書き込みさせていただきます。
私には6歳のに娘がいるのですが、2歳半からスピーチセラピーをうけており、5歳でADHDの診断を受けました。最近、構音障害を疑ってセラピストにたずねたところ娘は失行症であると告げられました。話すことのモーターコーディネィションに困難があるとのことでした。例えば FISH をPISH と発音してしまいます。
早速調べているのですが、情報収集に困っております。
どなたか何かご存知の方いらっしゃいませんか?宜しくお願いいたします。


こくっばの母へ、なるとさんへ 投稿者:moro  投稿日: 2月18日(日)21時26分02秒

早速の教えをいただき、有難うございました。書き込みの翌日、うちの子がまた高熱で痙攣を起こして入院してしまいました。これは5回目です。脳波の検査は2回。てんかんではないが、けいれんどめのくすりも1年近く続いて飲んでいます。それでも熱が出るとかならず痙攣し、今回また病院の先生から熱が出ると座薬一緒にあわせてつかいましょう。くすりの副作用にとっても気になります・・・。
このごろになって、ようやく自分の意志ははっきりしてきて、おなかが空く時、おもっちゃがほしいときなど一緒懸命伝えます。周りの環境、周囲のひとの動きにけっこう興味が示しているが、ニコニコ笑ったり、まねはしない。いるかいなかの遊びはとても楽しんでますが、けっして自分でやろうとはしません。とくにぱぱ、まま、じぶんの名前、水、ご飯、スープン、お箸(大好きの遊び道具)などに対して、言葉とそのもの一対一の理解全然できてないことが一番心配です。


Mさん、朝倉 玲さん 投稿者:なると  投稿日: 2月18日(日)21時55分26秒

ありがとうございます!本当に心強いです。なんとかしなくてはと気が焦るばかりで、、、。その「なんとか」って言う意味は、必死で周りの基準に追いつこうという意味ではなく(そうなったら、嬉しいですが)簡単に言ってしまうと、子供にあったアプローチの仕方をもとめているのです。漠然とした言い方ですが。その中にやはり、小学校の問題もあります。障害児にたいする教育の取り組みかたも、地方自治体によって、差があるようですし。本当なのか分からないですが、ネットで「練馬式」とかいう冗談でしょ?って疑いたくなるようなものを見つけたりしました。このまま行けば、おそらく近所の小学校で、通級という方法をとることになると思いますが、お世辞にも充実してるとは、思えないのです。その存在自体知らない人もいるくらいで。そしてなにより、うちの市自体が取り組みに熱心ではないようです。せめてもう少し前向きに取り組んでいるところに引っ越そうかとも思ってます。関西では、どのあたりが、よいのか御存知の方いらっしゃいませんか?


moroさんへ 投稿者:なると  投稿日: 2月18日(日)22時58分22秒

そうですかあ。大変でしたね。うちの子は、痙攣というのはちょっと違うパターンなのですが、どういう様子になるかは、知っているので、お母さんの御胸中お察しいたします。診断は、熱性痙攣なのですか?でしたら、本なんかには、5才ぐらい?でしったっけ?になくなるし、そんなに珍しい病気でもない(うちの周りにも5人います)と手元も本には、のっているのですが、ただ、特例ですが、知人も成長がゆっくりで、熱性痙攣でずっときていたのですが、脳の深いところからくると、脳波上に異常が出にくいみたいなのです。気にさわったら、ごめんなさい!おこさんの様子が、よく似ていて、彼女も成長がゆっくりなこと(歩きたしたのが、1才半だったかな?そして、もう少し赤ちゃんのときも物に手をだして、つかもうとしないなど)悩んでいたそうです。だから、何かあるのでは、ないかとうすうす感じていたと。でやはり、てんかんと診断されたのです。いたずらに心配をさせたいつもりではないのです。moroさんがこのまま様子をみていて、気になるようでしたら、専門の病院でみてもらうのも、(専門でないと、診断が難しい場合があります)ひとつの手では?思い、さしでがましいことを、書きました。本には、親族の方に熱性痙攣のかたがいると、診断の確実性があがり、同時に安全性も高くなるとのってます。


保護者の希望 投稿者:まつこ  投稿日: 2月18日(日)23時40分26秒

どこでどんな取り組みをしているのかは、本当にさまざまですね。
地域といわず、小学校ごと、先生ごとに違うように感じます。

取り組み自体がほとんどおざなりといわざるをえないような場合もあるでしょう。
また、長年その地域で培われた取り組みが自分の子どもに合わないという場合も
あるかもしれません。

けれども、一ついえることは、行政は保護者の希望がないと動かないし動けない。
障害児学級を作るにしても対象児童がいて初めてできるものです。
そして、その障害児学級で何をするのかも、
その子どもの状態に応じた課題に対して決まるものでしょう。

「保護者の希望」がはっきりしている場合は、なまじお仕着せのシステムがない方が
いいんじゃないかとも思いますね。仮にお仕着せのシステムがあっても、
「保護者の希望」が本当にその子どものスペシャルニーズに応じたものであれば
そういう風に変えてもらうべきだと思います。

幼稚園に行っておられるということは、
なるとさんのお子さんのことを知っている子どもたちがいて
なるとさんご自身にもお子さんを通したお友だちがおいでになるのではないかと思います。
そういう人間関係は、これからいろんな場面で大切になってくるように感じます。

まずは、お住まいの地域の小学校の情報をもっと具体的に集めてみてはいかがでしょう。
例えば、参観日に他の保護者にまぎれて参観してしまっても誰も気がつかないかもしれない。
私は、年中・年長の時に見学とは別に、小学校と養護学校の運動会を見に行きました。
教育委員会からの就学相談を待たずに、
小学校に「進路を考えたいので相談したい」と電話を入れてお子さんを連れて行ってみてもいい。
通級の様子を聞いたり、もしかしたら見学させてもらえるかもしれない。

小学校の方でも、お子さんのことも保護者の思いも、知っているのといないのとでは
対応が違うと思うのですよ。

掲示板過去ログ案内に戻る