2001年3月その3
レールウェイフェスティバル 投稿者:okey  投稿日: 3月 7日(水)19時59分34秒

毎年、5月と11月(10月だったかも?)に、阪急の正雀工場(阪急京都線)で催されます。
子供の友達の家族に誘われて、去年から行き始めました。
4月頃の阪急の駅においてある広報誌トックに詳しい事が載るらしいです。

個人的な話題で すみませんでした。


私もよくわからないのですが・・・ 投稿者:くりん  投稿日: 3月 7日(水)22時31分37秒

私も広汎性障害という言葉はきいたことがあるのですが、先天性とか後天性とかは聞いたことがないんです。自閉症などについてよく知らない主人が聞いたことなので、とてもあやしい??です。今度面談の時聞いてみようと思います。
幼稚園のことですが、もういくところが決まっている以上、仕方ないんですけど家の子供は対人面に関して特に問題が起こりやすいので、私としても少しの間、幼稚園側がいいといってくれるのなら、子供が慣れるまでついていてあげたいと思っているのですが・・・なんて、幼稚園で親がついているなんておかしいでしょうか・・・。
もしできたら、そこで様子をみて幼稚園がどんな感じかつかめてくるのかもしれませんよね。
今まで、集団ものに(リトミックや教室など・・)ことごとく失敗しているのでちょっと不安になってしまいました。


 何をやっても無駄・・・ 投稿者:白いタンポポ  投稿日: 3月 7日(水)23時51分00秒

5才の長男は、赤ちゃんの時から夜泣きがひどく、大変手のかかる子でした。歩き始めると多動が激しく、じっとしていませんでした。当然誰からも嫌がられ私たちはいつも孤立していました。手などつないで歩いたことはなく、おまけにすぐ泣き喚いてかんしゃくを起こすので実母でさえ一緒に外出するのを嫌がりました。言葉も遅く「どうして喋れないの?」といつも近所の子どもたちに聞かれ、うんざりしました。もちろんオムツも3才半になるまで取れませんでした。このころ私は長男に障害があるなんて考えたこともなく、子どもなんて放っておいても一人で勝手に成長していくものだと思っていました。言葉だってそのうち出てくるだろうと・・・。でも問題は幼稚園に入園した直後に始まりました。入園式では走り回り自分の名前を呼ばれても返事も出来ませんでした。担任の先生からすぐに呼び出しがあり、発達検査を受けるように言われました。結果は特に異常はなく「しばらく様子を見ましょう。又半年後に来て下さい。」と言われただけでした。でも秋の保護者懇談会で、「知恵の発達が遅れているように感じます。このままでは普通小学校は無理です。多分じっと座って授業を受けられないでしょう。」と言われました。それでいったい私はどうすればよいのでしょう?と、聞きたい気持ちを押さえ家に帰ってから、涙が止めどもなく流れました。このままではいけない。何とかしないといけない。皆と一緒に小学校に入れてやりたい。私の心は焦るばかりでした。とにかく本当に障害児なのかどうか調べてみたほうがいいと思い、小児医療センターで、発達検査をもう一度受けることにしました。結果は「境界線ぎりぎりにいて、障害とも、正常ともいえない。知能は、4才程度しかなく、無理に何かを覚えさせようとしても、やるだけ無駄です。」と言われました。医師はこんな子は、どうしようもないと言わんばかりの態度でした。それからは何を聞いても「仕方がない」「私より幼稚園の先生のほうがよく知っている」といったようなことを言われました。私ももう話していても無駄だと思い、早々に席をたちました。この先、このままの状態で長男を放っておいていいのでしょうか?知恵遅れでなかったとしても明らかに皆より1年遅れているのです。園の友達と比べてみても長男はかなり幼く感じます。ことばは、入園してから、かなり出てきて日常生活に不自由はありませんが正しく発音できないことばもあります。どなたか私と同じようなご経験をなさった方がいらっしゃれば力になっていただきたいと思っています。どうも長い話で申し訳ありませんでした。


白いタンポポさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 3月 8日(木)07時25分34秒

決して他の子と比較しないで下さい。
何歳ならばこうでなければならない、というのは大人が勝手に定義したものです。
投稿内容を読む限り、お子さんは確実に成長されています。
比較しないといけないのは、以前のお子さんと比較して成長しているかどうか、です。
多動がひどく、小学校2年生まで他の人と喋れなかった、と
自らの事をおっしゃっている東大の大学院の教授もいらっしゃいます。
お子さんは、まだまだ幼児ですから、可能性は未知数です。
お子さんの可能性を信じて、一歩一歩の成長を暖かく見守ってあげて下さい。


白いタンポポさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 3月 8日(木)07時40分07秒

今は時間がないので、手短にレスします。

お子さんの様子、うちの5才6カ月の次男に非常によく似ています。
夜泣きがひどかったこと、手をつなげなかったこと、多動がひどかったこと
ことばが遅れていること。
排泄など、つい最近、ようやくトイレトレーニングが終了したところです。
でも、夜はしっかりオムツです。

次男は自閉症のような特徴も持つADHDと診断され
専門医のもとで薬物治療を受けています。
4才の時に正式に診断が下り、その後、保育園に入ったので
彼に合わせた配慮や指導を先生方にお願いすることができました。
この1年で、びっくりするほど、彼は成長しましたが
それでも、発達のレベルは1才くらい、他の子たちから遅れています。
(ものによっては進んでいたり、逆にもっと遅れているものもあります。)
彼が小学校の普通学級でやっていけるかどうかは、
なお見守った上で考えなくてはなりません。

うちの次男に関する成長と療育の記録(日記)を、HPに載せております。
一度おいでになってみて下さい。

時間切れです。
のちほど、また。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


うう、 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 3月 8日(木)08時30分05秒

私も時間が無いです。

白いタンポポ様
よその子と比べても、違いがわかるだけで対策は練れません。
まず、これまでどういう風に成長してきているか、
今できないことは何なのか。
など、我が子をじっくり見つめて困っている点を明らかにしないと。
よそのこと比べて遅れている事と、困ることとは違いますよね。

なんだか、何か書かないではいられない気持ちになってしまって、
大急ぎで書き込みました。
帰ってきたら、もう少しゆっくり書き込みます。
それではまた。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


くりんさん 投稿者:ぎたお  投稿日: 3月 8日(木)12時08分25秒

私は広汎性発達障害(PDD)という表現を診断の際に使われる方は比較的新しい情報をお持ちの医師だと思っています。またこの表現で診断される場合は、「軽度の」という枕詞がついている(隠れている)ケースが多いような気もします。MさんのHPに詳しく出ていますので触れませんが要はかなりの発達障害がその中に含まれています。その中で自閉症(いわゆるカナー型)やアスペルガーというものが狭義に存在するので、診断で”PDD”というと、非定型自閉やそのあたりにも引っかからない軽度さんを指して「軽度の広汎性発達障害」と表現しているような印象を受けます。
お子さんは4歳で人との関わりもかなり出来るようにお見受けしますし、いままで”ワガママ”と取られる程度だった事も考えると、仮に障害が有っても軽微なものなのではないでしょうか。
前にも書きましたが、逆にそれくらいのお子さんの場合は理解をしてあげて、ひとつずつ丁寧に対応して理解を深めさせることで、いわゆる個性の範囲に落ち着く事も多いようです。
ひとつ気になったのは、過去ログにてご主人がかなり細かい事に関してもお子さんを叱る事が多いと書かれていた事です。この手の障害を持つ子供への対応としては最も良くない事のように思われます。厳格な方というのは、健康で精神的にも強く自分自身にも厳しい方が多いと思いますので、そういった愛情表現になるのだと思います。このあたりじっくりと時間を掛けて理解を深めていき軌道修正を行なう事で逆にお子さんの成長を引き出せるように思います。理解が深まり、どう対応していけば良いかがわかっていくに連れて、お子さんの人生は、今考えておられるよりは全く悲観的なものではないことに、気付かれる時が来ると思います。


白いタンポポさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 3月 8日(木)15時20分01秒

白いタンポポさん、そして皆さん、はじめまして。
おそらくLDであろう境界児の長男(4月から小学生)と自閉症の次男(4月から年長)の子供の母のかずりんです。
今まで掲示板を見てるだけだったのですが、白いタンポポさんの子どもさんの様子がうちの長男の様子と似ていたため書き込まずにいられなくなりました。

うちの子の場合は多動のうえに何かあるとすぐに他の子にかみついていたので私はあやまりどうしでした。
言葉も幼稚園に入園した時(3歳11カ月)で2語文がでるかどうかといった状態で、今も言葉に不明瞭なところがありますし助詞もめちゃめちゃです。
4歳を過ぎるまで家ではおむつをしてましたし、幼稚園から帰ってくるときは決まっておみやげ(おもらしでぬらしたパンツやズボン)を持って帰ってきてました。

私の場合は、言葉の遅れを指摘されてから児童相談所経由で言葉の遅れのある子どもを対象にした療育施設に通い初めました。
幼稚園に入園する1年前から通い初め今も月2回幼稚園に影響のない時間に行っています。
発達テストを何度かしてもらっているうちに、発達にかなりのばらつきが出てきて、6歳半のときのテストでは視覚認知は8歳レベルなのに対して、聞いたことを理解して答える力は低く3歳レベルのものもありました。
境界児の場合は小学校に行き出さないと診断がつきにくい部分もあるようで長男も5月に診察の予約をいれてはいますがその時点ではもしかすると診断がつかないかも・・・と言われています。
小学校は普通学級に通いながら、ことばの教室(今、小学校にお願いしてるところなのでいつから行けるかはまだわかりません)に通う予定ですが、普段の授業だけではついていけないことは確実なので家でのフォローは大変なものになりそうです。

発達は他の子に比べればゆっくりでムラもありますが、彼は彼なりに確実にできることも増えてきました。
いまだに集中力はきれやすく注意力もありませんが、多動はほとんどおさまり、じっと座ってられる時間もずっと増えました。
白いタンポポさんのお子さんはまだ5歳、なにをやっても無駄・・・なんて思わずにまずはお子さんの無理のないところから(つまり発達レベルにあったところから)少しずつやってみてはどうでしょうか?


みっきさんへ 投稿者:るり  投稿日: 3月 8日(木)15時31分23秒

「私が書いたのかしら?」と思ってしまいました。みっきさんの書き込み。

うちは療育施設と幼稚園の両方の親御さんとお付き合いがありますが、
もともと私は人付き合いが苦手ですので、そのどちらもい居心地が良いと思えませんが、
お母さんの友達が言うには、「あなたは幼稚園では過剰なくらい愛想が良いのよね。療育施設で
のあなたの方が、私の知っているるりさんに近い・・・幼稚園では却って話しかけにくいわ。」
と最近言われたばかりなんです。
愛想良くしているつもりはありませんでしたが、確かに幼稚園の行事から帰って来ると、顔の
筋肉が固まっていました。(笑)

うちの息子も明るいです。親バカで言うわけではないのですが、少なくとも大人には悪い印象を
持たれにくいタイプなんです。
親の目から見てトンチンカンなところはありますので、私自身がとても神経質になって、
他所の子供さんになら「そんな事くらい。」と許せる事も、我が子に対しては、口を出して
しまう事も多いです。それこそ他所のお母さんには「そんな事くらいで・・」と言われてしまっ
てます。

息子が積極的な為、私はそれに巻き込まれてしまっている状態です。
「子供を通して付き合いが広がる」、それはどなたにもある事ですが、
他のお母さんを見ても、私とは違うなぁといつも感じています。お付き合いを楽しんでいる
様子が・・・

まあ、嫌われてはいないだろうと思っています。
特別、好かれてもいないでしょうけど・・・

そうそう、私も前もって何かお話すると分かっていたら、前日に練習するタイプです。
ん、でも突然話をふられた場合でも、話は出きるんですけどね・・・念の為という事で。

私の場合も飛んでいるのは体育館の舞台かもしれません。

どうでも良いレスで、失礼いたしました。


白いタンポポさんへ・2 投稿者:朝倉玲  投稿日: 3月 8日(木)15時34分37秒

うちの場合と白いタンポポさんのお話と、比較してみますね。

>赤ちゃんの時から夜泣きがひどく、大変手のかかる子でした。

まったく同じでした。夜泣きに関しては、私のHPの成育歴にもアップしてあります。
母は睡眠不足から、しまいにはメニエル病の発作を起こして入院しました。

>歩き始めると多動が激しく、じっとしていませんでした。
>当然誰からも嫌がられ私たちはいつも孤立していました。

よく分かります。
人のいるところにはいられなくて、自分たちから、いつも離れたところにいるようになったり
人気のない時間帯を選んで公園に遊びに行ったりしたものです。
お友だちの家に遊びに行く、なんてのも夢のまた夢の話でした。

>手などつないで歩いたことはなく、おまけにすぐ泣き喚いてかんしゃくを起こすので
>実母でさえ一緒に外出するのを嫌がりました。

手をつなごうとすると、嫌がって手を振りほどきました。
無理につなごうとすると、しゃがみ込んで動かなくなりました。
車が来たときなど、危ないので手を強くつかむと、大声を上げて騒ぎ暴れました。
車が通り過ぎたら、即座に手を離すしかありませんでした。
スーパーに連れていっても、あっという間にどこかへ行ってしまいました。
ベーカリーコーナーに入り込んで、陳列してあるドーナツなどを勝手に手掴みで食べていました。
一時は、次男を見失ったときには、まっさきにベーカリーへ飛んでいっていたほどです。
店員さんに平謝りして、お金を払って買い取りました。
ベーカリーのわきにある飲食コーナーでドーナツを食べさせながら
「お金を払ってから、食べるんだよ。勝手に取ってはダメなんだよ」と繰り返し言い聞かせました。

>言葉も遅く「どうして喋れないの?」といつも近所の子どもたちに聞かれ、うんざりしました。

はぁい。これもしょっちゅうでした。
うちには6才上の兄がいるので、その友達が遊びに来ては、いつまでも喋らない次男を不思議がっていました。
でも、「ちょっとことばが遅れているんだよ。でも、そのうち喋れるようになるからね」と教えると
すぐに納得してくれました。
子供は素直です。

>もちろんオムツも3才半になるまで取れませんでした。

・・・うちは、5才過ぎまでずっとおもらししていました。(^_^;)
トイレでウンチ、おしっこができるようになったのは、ごく最近のことです。
先のレスにも書きましたが、夜のオムツはまだまだ手放せません。
でも、日中のパンツ、ズボンの洗濯物が減っただけでもありがたいです。(笑)

>このころ私は長男に障害があるなんて考えたこともなく、
>子どもなんて放っておいても一人で勝手に成長していくものだと思っていました。
>言葉だってそのうち出てくるだろうと・・・。

私も、そんな状況にありながら、悠長に構えていた口です。
結局、心配した親戚が発達相談会を勧めてくれて、そこで「要観察」と言われ
やっと、障害があるのだと気がつきました。3歳半のことです。
ADHDという正式な診断名が下ったのは、4才5カ月の時でした。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


白いタンポポさんへ・3 投稿者:朝倉玲  投稿日: 3月 8日(木)15時35分27秒

>「知恵の発達が遅れているように感じます。
>このままでは普通小学校は無理です。多分じっと座って授業を受けられないでしょう。」

ここからは、私の個人的な見解だと付け加えた上でお話しします。

多動の激しい子どもの場合、じっと座り続けることはおろか
人の話を最後まで聞き続けることも、自分の周りで起こっている出来事をきちんと観察することも
充分にできなくなることがあります。
その結果、普通の子どもならば自然と見聞きして身に付いていくような事柄が
自然に任せていては充分に身に付かない、ということが起こってきます。
知能的には正常であっても、体験や学習が充分にできないために、知能が遅れ気味になっていく
ということも、あるのです。

こういう場合は、がむしゃらに教え込んでも、うまく本人の身に付かないのですね。
多動を起こしている要因があれば、それを取り除いたり
(静かな場所に連れていく、とか、一対一になって話して聞かせる、とか)
必要とあれば、多動を押さえ、集中力を伸ばす薬の助けを借りたりしながら
本人に受け入れられる形で教えて行かなくては、
親は空回りしてしまうし、本人も辛いだけで、
効果が上がらないどころか、双方で疲れ果ててしまって逆効果になりかねないのです。
これが、お医者様の言われた
>「無理に何かを覚えさせようとしても、やるだけ無駄です。」
ということではないかな、と思います。

>「私より幼稚園の先生のほうがよく知っている」
というお医者様のことばも、本当じゃないかな、と思います。
子どもの生活全般のことを親の次によく知っているのは、園の先生ですから
先生の判断を仰ぎつつ、親の希望も伝えて、
二人三脚・・・いえ、子ども自信も入りますから、三人四脚で、
協力しながら歩むのがベストじゃないかな、と考えています。

お医者様は、診断はしますし、必要とあれば投薬もしてくれますが、
療育指導まではしないのが普通です。
本当は、そこまでケアしてもらいたいのが親の気持ちですが
日本の現状からいうと、その点は、まだまだです。
ですから、別に療育センターなどにかよったり、
独学で障害のことを学んで、家庭で対応したりするのです。

うちの場合は、特に療育施設などには通っていません。
普通の保育園で、副担任の先生に専門についてもらって、
毎日、本人に分かるような形で様々な日常の指導をしてもらっています。
他の子たちはできるのに、彼にできないことは、たくさんあります。
けれども、根気強く、彼の成長に合わせながら指導してもらった結果
お集まりの時にはちゃんと座っていられるようになりましたし、
トイレで排泄もできるようになりましたし、
先生の話を聞いて工作したりできるようにもなってきました。
最近では、ようやく他のお友だちに感心がむき始めたので、
他のお友だちとの橋渡しを先生にお願いしているところです。
うちでは、保育園が最大の療育施設になっていると考えています。

今、白いタンポポさんがまず、するべきことは
幼稚園の先生に、お医者様に言われたことを伝えて
お子さんに対してどう対応して行くべきか、一緒に考えていくことではないでしょうか。
お子さんがADHDかどうかは、医者でなければ診断できませんが
ADHDに関する本には、多動の子どもへの対応の仕方が載っていますので
読めばきっと参考になるのではないか、と思います。

周りの子たちを見回して、見比べてしまったら、
親も本人も辛くなります。
せっかく本人が成長していても、それが素直に喜べなくなってしまったりします。
「今頃こんなことができてもしかたないでしょう。他の子はもう、こんなこともできるのよ」
なんて言いたくなったりします。
それでは、せっかくの成長がもったいないですし、子どもだって、報われないですよね。
腐乱検死体さんやこくっぱの母さんも言うように
我が子をじっくりと観察することから始めると良いと思います。

分からないこと、困ったことがあれば、具体的にこの掲示板で相談すると良いですよ。
きっと、役に立つアドバイスが集まるはずです。

大きな声じゃ言えませんが、この掲示板は、そこら辺のお医者様より頼りになると、もっぱらの噂が・・・(笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ただいま 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 3月 8日(木)17時37分35秒

すでに詳しい書き込みが・・・
朝倉さんのおっしゃるとおりです。(^^; ォィォィ

やっぱり、一般的にはお医者さんに療育を求めるのは無理ですね。
うちのこくっぱはもっと遅れておりまして、療育施設に通ってます。
どうしても、心配だったら、療育施設に相談に行くのが手っ取り早いかも。
療育施設にもいろいろありまして、普通の幼稚園に通いながら、
月に何回か母子通園するような所から、毎日通うところまであります。
ただね、地域差がすごいんですよ。
同じ日本でも、住んでる所によって天と地ほどの違いが・・・。
でも、普通の幼稚園より、どこの療育施設でも必ず相談に乗ってくださいますので、
(すぐ通えるかどうかは別)ちょっと個性の強い子どもを見慣れている施設の先生の方が、
適切なアドバイスを下さるかもしれません。
療育施設の前に、児童相談所かなあ、・・・しかしここにも地域差が。

今すぐ知りたい〜。と言うことは、やはりここに書き込むのが一番はやいかも。

ちなみに、うちにはすごい多動が二人おりますので、
少しは役に立つアドバイスができるかもしれません。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


お久しぶりです。 投稿者:PSO好きの母ちゃん  投稿日: 3月 8日(木)18時04分03秒

えと、こんにちは。
以前1ヶ月前に「赤い輪のリコ」で書き込みさせていただいた者です。
あの時は色々とアドバイス下さったのに返信できなくてごめんなさい。
とても嬉しかったです。ありがとうございました。感謝しています。
あれから1ヶ月、2歳2ヶ月になる息子の言葉は
単語1つにもなってない状態が続いています。
そしてこの前、大学病院でMRIの検査を受けました。
そしたら、脳のある部分の発達が非常に遅れているようだとの
結果を今日聞かされました。
実家の母は「あなたのせいじゃないんだから」とは言われましたが
すごくショックでした。
主人や主人の家族には「何もなかったよー」と言ってしまいました。
心配させるから、というのもあるのですが、
話して気を遣われるのが逆に辛いからです。

なんかまた皆さんに甘えてしまって申し訳ないんですけど、
あと1時間で主人が帰ってきます。
「王様の耳はロバの耳」ではありませんが、
どなたかに話を聞いて欲しいと思ったんです。

来週から福祉センターでの検査&リハビリが始まります。
現実は・・・ちゃんと受け止めないとダメですね。
でも、まだ気持ちの整理がつきません。混乱してます・・・。
これからどう息子と接していけばいいんだろうって。


ご主人だけには 投稿者:とも  投稿日: 3月 8日(木)20時10分41秒

話されてはどうですか?

人という字は、2本の線で支えあっていますね・・・
1本では倒れてしまう・・・

人は前向きに生きる力があるんだって、今はつらいけど、きっと
少しずつ、立ち上がって、頑張ろうって力が湧いてくる

一緒に頑張りましょう


私も 投稿者:朝倉玲  投稿日: 3月 8日(木)20時50分29秒

ともさんのご意見に同感です。
旦那様にありのままを話して、協力を求めることはできませんか?

1人で何もかも背負い込むのは・・・辛いですよ。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


白いたんぽぽさん 投稿者:なると  投稿日: 3月 8日(木)22時23分51秒

そうですね。初めて「遅れている」と専門家に言われたり、自分でも認めたりすると、本当に辛いですね。私も、娘が年少で、最初の懇談の時に「軽い自閉症では?」と担任の先生にいわれ、更に3歳半検診でも遅れがあるといわれ、目の前が真っ暗になりました。結局専門家には、自閉症ではないが、遅れはあると診断されました。焦った私は、ずいぶんと娘に厳しくあたってしまいました。今は、この子の遅れているのは、怠けているわけではなく(あたりまえのことなのですが)、この子なりに、精一杯成長しているし、この子なりの成長の仕方だと思ってます。なにをやっても無駄とあきらめるのは、まだ早いですよ。お子さんに隠れた才能があるかもしれないじゃないですか。私は、そう思ってます。(おめでたい親ですね。)ちなみに、うちは、遊びを通して、ひらがなや、数字にふれるようにしてます。3か月前は、かるたの意味も分からなかった娘が、今は、友達に混じって5枚くらいとれるようになりました。たった5枚ですけど、3か月前より成長してる!なんて喜んでます。周りの子と比べちゃうと、こんなこと喜べないですよね。遅れているから、些細なことが、すごく嬉しかったりします。今、娘の遅れを受け入れて、以前よりも、いい親子関係かもしれません。


返信ありがとうございます。 投稿者:PSO好きの母ちゃん  投稿日: 3月 9日(金)04時49分43秒

ともさん、朝倉玲さん。

確かに最初は主人にも話した方がいいとは思いました。
でも、以前、主人に大学病院の事を話した時に
(旦那の家族には内緒にしておいてと言ったにも関わらず)
旦那の家族の前でその事をペラペラ喋ってしまい、
義母や義姉に色々言われてすごく落ち込んだんです。

それが辛かったから、
怖くて主人には話せていないんです・・・。

とりあえず、
しばらく脳の検査の結果については、
あたしと実家の母だけの秘密ということで落ち着きました。
母がやここの皆さんが聞いてくれるだけでもまだあたし救われてます。
この場所に・・・感謝したいです。


okeyさん、ありがとうございました。 投稿者:きょん  投稿日: 3月 9日(金)08時21分47秒

okeyさん、阪急レールウェイフェスの情報を教えていただき、ありがとうございました。
Tくん、交通科学館のビデオに大喜びだったので、今回も、と思いました。(個人メールが送れなくて、やっぱりこっちに送信してしまいました。)
またくわしく調べてみます。ありがとうございました。


るりさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 3月 9日(金)11時07分50秒

まさか、私のあのつぶやきのような文にレスを頂けるとは
思わなかったので、嬉しかったです。どうもありがとうございます。

勇気を出し続けているのが、ちょっとくたびれていたものですから。
「いい」お母さんらしくなるのって、エネルギーをけっこう消費する
ものなのかな…と、ため息混じりに書いてみました。

「リラックス、リラックス」が私の魔法の呪文なんですが(これ、
助産院の先生に教わったんです)、呪文の魔力が弱くなったみたい。
るりさんのレスの魔力を補って、また今日からがんばります。


PSO好きの母ちゃんさん  投稿者:ぎたお  投稿日: 3月 9日(金)11時33分21秒

難しい問題ですね。確かにおっしゃられていた状況や背景を考えると今回伝えられなかったお気持ちは良くわかります。ご主人の性格、義母の性格、ご主人と義母の関係など、色々考えないとなかなかうまくはいかないのかもしれません。理解の有る家族・親族は最大の味方ですが、理解の無い家族・親族は最大の敵ですからね。

ただ長い目で見たときにご主人との関係が良好であるならば、障害の事も理解しあえるようにしていくことが大切かと思います。協力体制が有ればこれからの療育などもお母さんだけでやるよりもぐっと効果もあがるでしょうし、何よりお母さんのストレスが緩和されるでしょう。
ご主人に理解してもらい、時に義母への情報の出し方に関して気を使ってもらうようにしていくことはありきたりではありますが大切な事かと思います。


ご主人に言えないってつらいよね 投稿者:おとぼけくんの母  投稿日: 3月 9日(金)13時02分04秒

初めまして、
やっと始めた IT で、こんなすばらしいHPにたどり着いて、  感激!!
と同時に、もっと早く IT を始められなかった自分が 
        情けない!!悔しい!!
 と叫んでます。 でも、出逢った時からがスタートですもんね。 
     これからよろしくお願いします。 
PSO好きの母ちゃんさん、お気持ち、良くわかります。 私も、6年前、当時5歳の息子に、「自閉傾向・発達遅滞・注意欠陥多動・高次脳機能障害のどれかの境界線児」 と、当時の私にとって、訳の分からない診断を下された時、やはり、主人に言えませんでした。 その時の発達外来の先生は、母親のフォローに力を入れて下さる方で、「ご主人を 連れていらしゃい、 私から説明しますよ。 お母さんからでは、ご主人も感情的にしか、聞けないでしょう。」 と、言って下さり、時間を取って下さいました。 お陰で、主人の理解が得られた事で、その後、とてもやりやすくなってます。 ご自分で言いにくい場合は、どなたか、客観的に冷静になって説明して下さる、第三者にお願いされては、いかがですか?ご両親には、それから・・ということで、いいと思うのですが、ご主人には話されないと、母親の負担が大きすぎるように思います。  この掲示板を見せるとか?
皆さん、通られた道なんですよね。 過去の掲示板を読んで、感動(大笑いも!)しています。


ところで・・・脳の発達について 投稿者:朝倉玲  投稿日: 3月 9日(金)14時53分40秒

>そしてこの前、大学病院でMRIの検査を受けました。
>そしたら、脳のある部分の発達が非常に遅れているようだとの
>結果を今日聞かされました。

他の発達障害についてはよく知らないんですが
ADHDに関しては、脳のある部分の発達が遅れているんだそうです。
自己コントロールを司る部分とか、集中力を発揮するための部分とか。

脳の発達が遅れている、と聞くと、どうしても「どきっ」としてしまうけど
脳の遅れている部分によっては、そんなに悲観するようなことでもないかもしれませんよね。

旦那様の理解は、時間をかけてじっくりと取り付けていけるといいですね。
例え、旦那様のご両親でも、あからさまに障害のことを話されると辛い、ということも含めて
理解してもらえるように・・・焦らず、少しずつ。
それまでは(いえ、そのあとでも)この掲示板のメンバーが、PSO好きの母ちゃんさんの理解者でいますからね〜。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


PSO好きの母ちゃんさんへ 投稿者:とぅるママ  投稿日: 3月 9日(金)16時44分29秒

>でも、まだ気持ちの整理がつきません。混乱してます・・・。
>これからどう息子と接していけばいいんだろうって。
その気持ち、すごくわかります。少し前の私の状態と全く同じで、胸が痛くなりました。
お子さんの状態、ウチの子と似ています。2歳1ヶ月で、全く言葉は出てないです。
言葉が出るまでの道のりは、きっとまだまだ長いだろうと思います。
ただ、障害の可能性を考えて、色々調べて(まだまだ勉強不足ですが)、
言葉の表出までにどれくらいの段階があるか、
子供はその中のどの段階にいるか
が何となくわかってきて、接し方、療育などの方向性が何となく見えてきて、少し楽になりました。
(まだまだ勉強が必要なので、あくまでも“何となく”でしかないのですが)
PSO好きの母ちゃんさんも、検査やリハビリなどを通して、お子さんの状態が詳しくわかってきたら、きっと接し方も段々見えてくるのではないかと思います。
ご主人云々…については、皆さんがおっしゃってる通りだと思います。私の場合も、主人の理解に救われてるところが大きいです。徐々にでも、理解してもらって、一緒に療育をできるようになることを祈ってます。頑張ってくださいね。


教えてください 投稿者:とぅるママ  投稿日: 3月 9日(金)16時46分09秒

今後の子供への働きかけについて、アドバイスいただきたく、カキコしました。
2歳1ヶ月の息子の現在の状態は、
言語面…言葉はまったくなし(喃語はよくしゃべる)。ものに名前があることがよくわかっていない状態
(「まんま食べるよ」と言うと寄ってきたり、「お風呂はいるよ」と言うと浴室まで行ったりするが、「テレビつけて」「新聞持って来て」などの指示は理解できない)
コミュニケーション面…指差しはしない。クレーンを少し始めたが、ぐずったりすることも多い。ゼスチャーは、「ください(ちょうだい)」のみ。        
その他…真似をしない、興味の幅が狭い(こだわり、常同行動というほどのものはない)など
病院や相談機関を何ヶ所かまわっているところで、発達検査(KIDS)では、理解と表出が7〜8ヶ月レベルと出ました(親が見たレベルと、そう差はないように思います)。対こども・対大人の社会性が1歳少しのレベルなのと、診察のときの様子から、自閉症(狭義の)ではないだろう、と言われています。
療育としては、地域の発達センターの教室(親子で通う。集団形式)に週1回(4月からは週2回)、他には病院の言語療法に2週間に1回、通い始めたところです。
今日言語療法があって、先生に子供の様子を見ていただいて、これからの接し方について話し合った結果、
・言葉かけをする際に、大人は代名詞を使いがちなので、意識して名詞を使うようにする
(「これを入れて」と言うのではなく、「みかんを入れて」と言う)
・ ものの名前は理解していないが、「まんま食べるよ」などの状況に応じた言葉は理解し始めているので、日々の生活の流れを通して、理解できる言葉を増やしていく
・ 真似をしないが、真似されるのは喜んでいるようなので、親が子供の真似をして、真似への気付きを待つ。偶然でも真似のようなしぐさや言葉が出たら、思いっきりほめる。
・ 子供は、大人よりも同じ子供の真似をすることが多いので、子供のたくさんいるところへ出かける機会を多くする。
などのことを指導していただきました。
この他に、私自身としては、
・ 色んな遊具やおもちゃなどを通した感覚統合(こわがり、手先が不器用なので)
・ 認知発達課題
が必要かな、と思っています。が、なにぶん勉強不足なもので、心もとないというか…
この他にも、ウチの子のレベルに有効な働きかけなどがおわかりになれば、教えていただきたいのですが。
図々しいお願いですが、よろしくお願いします。


とぅるママさんへ 投稿者:しゃけ  投稿日: 3月 9日(金)18時06分46秒

はじめまして。
息子さんがまだ小さいのにすごくよく勉強されていて感心してしまいました。
私が行っている公園などにも2歳を過ぎても一言も喋れないお子さんが結構いますが
みんな「男の子だから・・・」とのんきに構えているみたいです(^_^;;)
私は療育のことは全く分からないんですが、娘(2歳8ヶ月)の2歳の頃と
割と状況が近いかなーと思ったのでカキコさせていただきます。
ウチの場合は、市の教室で使われるカードリーダーがよかったと思います。
最初椅子にじっと座っていられなかった娘がカードリーダーのときだけはものすごく
集中していましたから。
それと娘は「しまじろう」が大好きで、繰り返し繰り返しビデオを見ていました。
そこから覚えた言葉もかなり多いですね。
単純にモノの名前を覚えさせるだけだったら、これらのものって効果的なのでは
ないでしょうか。
あまり参考にならない情報でスミマセン・・・m(_ _)m


とぅるママさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 3月10日(土)00時20分08秒

これは私の長男が療育に通い始めた頃、療育の担当をしていただいてた保母さん(今は保育士っていうんですよね)に教えていただいたのですが、絵本を読んであげるというのはいいみたいです。

実際、私もその頃から今までずっと読み聞かせていますが、発達段階や集中できる時間にあわせて選んであげるとどんどんはまっていきます。
集中力のきれやすい長男がグループ療育で絵本を読んでもらうときだけはちゃんと集中できるようになり、その頃から少しずつ言葉も増えてきました。
赤ちゃん絵本は文章も短くてすぐ終わるのでおすすめです。
おすすめの絵本はいろいろあるのですが、それをここで紹介するとすごく長いものになるのでやめときます。
もしもどんな絵本を買えばいいのかわからないという場合はお教えしますのでメールください。

物の名前を覚えさせるのなら手作り絵本を作られてもいいと思います。
「手作り」といってもそんなに手をかけなくていいんです。
私はスーパーのチラシからみかんやりんごなどの写真を切り取り画用紙に張り、何枚か作ったものをカードリングでとめてました。
これだと市販の絵本と違ってボロボロにされても、まだ腹が立たないので買った本を破られるのがいやなお母さんにはおすすめです。
最初のうちはお子さんの興味のあるものを題材にして作ると、お子さんの興味をひきやすいと思います。
もしよければ試してみてください。


岡山の療育センターの先生の 投稿者:M@幻の管理人   投稿日: 3月10日(土)08時30分47秒

おかあさんのための感覚統合療法の実践編です。
        < 過去にも、何回も紹介されているけどもう一度。
身体的な協応運動だけでなく、さまざまな感覚、知覚の育ちや統合も念頭におかれたた形での
おもちゃやゲームの紹介がされていますよ。

そこの基本的な事の項にも書かれていることでもあるけど、
無理強いはしないことが大切。でも、簡単に撤収しないことも大切。
         < どっちやねん。
要は、子どもの状態像を観察、分析して判断するって事ね。
子どもの状態像を抜きに、即、療育のノウハウだけを求めるても、労多くして功少なしだよね。

例えば、
もしすぐにはそのおもちゃで遊ぼうとしなくても、やりたいと思っていることはあるかもしれ
ない。そこは鋭い観察力と分析力で見極め、その後、無理のない方法を考えてで誘導するとい
う事ね。
これは、実は指導の立場のわたし達にも必要とされている技でもあるんだけどね。

それと、ここの古株のお母さん方の得意技で言えば、
まず、親が楽しんでしまうこと。
分析観察を楽しむお方もおられるし、
子どもと(で)遊ぶ事そのものを楽しむお方もおられるし、
療育や保育の専門家との連携を楽しんでおられるお方もおられるし・・ね。

ともかく、頑張りすぎないでね。
親が楽しむ余裕をなくしたら、その”つけ”はきっと子どもにまわってきてしまう・・よね。

http://home4.highway.ne.jp/matsu1/kayano_si2.htm


ご挨拶 投稿者:M@幻の管理人   投稿日: 3月10日(土)08時44分05秒

え〜〜っとぉ、
きょんさん、何十回めまして・・。
おすぎさん、白いタンポポさん、かずりんさん 初めまして・・。
みーこさん、ともさんも、多分、初めましてですよね。
     < すみません、頭の中で様々なHNが錯綜しています。
       違っていたらごめんなさいね。


あっ、 投稿者:M@幻の管理人   投稿日: 3月10日(土)10時21分28秒

おとぼけくんの母 さんも、初めましてね。

>過去の掲示板を読んで、感動(大笑いも!)しています。

うっ、関西お笑い系のキャラのお方も、結構集まっているからねぇ、ここ。
いつも、シリアス路線に軌道を修正するのに、苦労させられているのよ。
       <  ほんと、管理人はたいへん。
          苦労人の管理人、今から大阪城まで
          梅見(酒抜き)ならびにSST教材のうち合わせに出かけてきま〜す。


とぅるママさん 投稿者:satomi  投稿日: 3月10日(土)12時22分15秒

はじめまして(^^)
ウチのヒロ(2歳半・男の子・小児自閉症)にとてもよく似ているので思わずカキコしています。
いまだに要求はクレーンが多いです(たまに目線で要求するようになりましたが指差しはできません)。
つい最近うけた診察で発達年齢は1歳3カ月〜6カ月くらいと言われましたので、とぅるママさんのお子さんとだいたい同じような状態のようですね(ヒロは半年お兄ちゃんだけど)。
何だか療育指導が充実しているみたいでうらやましいです。
わたしの場合、そこまで指導してくれるところはこれまでありませんでした。自分で考えたり探したりしながら何とかやってはきましたが、、、(週一回、午前中だけ身心障害児通園施設に親子で通っていますが)
そんな感じなので、わたしはアドバイスなどできる立場ではないのですが(まだ勉強中ですし)ちょっと共感しちゃって少しカキコしたくなったんです。

療育指導がしっかりしているようなので、おウチでは、先生の指導の他に教室での先生の指導法などを参考にして実践できることを少しずつやっていけばいいんじゃないでしょうか。
で、分からないことがあったり悩んだ時は先生にバンバン相談したり、こちらにカキコして、いろんなアドバイスをいただいたり、、、そんな中から子どもさんに合ったやり方を見つけられると思いますよ。
で、今はネットの情報がとても充実していますよね。個人サイトの中にはとぅるママさんの子どもさんと似たタイプの子を育てておられる方もおられると思います。
そういったところでヒントを得るのもいいと思います。
しないよりはした方がいいこともいろいろありますしね。だけどムリせず子どもの状態を見ながら楽しくっていうのが一番いいんじゃないかしら。
ヒロも、とてもゆっくりな成長ではあるけれど、、、少しずつ少しずつ成長しています。
ほんのちょっとの変化がとても嬉しいんですよね。

最近買った本でお薦めをひとつ、、、
「認知発達治療の実践マニュアル(自閉症のstage別発達課題)」(太田昌孝・永井洋子 編著)
ものすごく細やかな、実践し易い具体例が盛り沢山。堅い気持ちでなく、始めは気楽に読んでみて欲しい、、、けど高いです、、、(^^;;;;;;5830円成、、、でも価値ありです。
ヒロを診てくださった療育センターの先生に「太田先生の理論が一番分かり易くて我々も参考にしている」と勧められたんです。

と言いつつ、わたしはまだヒロに実践はしていません(笑)その中に書かれているものに近いようなことはいくつかしていますが、今はヒロの興味のあるものからアプローチしてってます。
あんまりお勉強と肩肘張らないで、親子で楽しくできる感じでやっていきたいですね。
(ちなみに今のヒロの一番興味を引くものは「お歌」と「絵本」です。色に少し興味を持ったかなぁという感じですが、、、こちらからのアプローチにはなかなか応えてくれません。だけど挫けずムリせずやってます〜♪)

http://homepage2.nifty.com/hirohaha/indx.html


はじめまして 投稿者:さくら  投稿日: 3月10日(土)17時25分42秒

はじめまして。最近こちらのHPの事を知りました。
すごく勉強になることばかりで、過去ログを読みながら一生懸命お勉強している最中です。
こちらでの書き込みも初めてですが、いろいろと不勉強な母に教えていただけたら嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします。
うちの長男は3歳3ヶ月で、言葉の遅れからいろいろと心配になり、先日発達外来に出掛けたばかりと言った状況です。のんきな母だったため、3歳までは様子を見ようと(保健婦さんにも言われていたので)本当にあまり心配する事もなく、ここまでに至ってしまいました。
先日の発達外来では、母親が〇か×でたくさんの設問に答える冊子のようなものと(素人なもので何て説明したらよいのか分からずすいません)、脳波とCTの検査を受けました。脳波とCTの結果は4月にならないと分からないのですが、発達試験?(その冊子)からだと1歳8ヶ月程度と言われました。まだ最終的な結果が出ていないので何とも言えないのですが、最近一日一日がとても貴重に感じられ、なるべく早くいい療育をしていってあげたいと言う気持ちでいっぱいなんです。
ただ本当に今は右も左もわからない状況で、いろいろアドバイスいただきたくカキコ致しました。
私の市はとても療育に遅れているらしく、今うちの子が受けられる療育機関は知的障害者施設の週一回の遊びの会だけと言った状況です。昨日見学に行ったのですが、本当に親子で遊ぶと言った感じで、それも1時間半だけです。20〜30人の親子が来ていて、お散歩に行ったり、歌を歌って、おしまいなんです。正直言って、「えっ!?これだけ?」と思ってしまいました。
こちらを見ていると本当に皆さん、いい療育機関を見つけて受けられていると感じたのですが、どのようにしてそのような機関を見つけたらよいものか、アドバイスいただけたら幸いです。
ちなみに病院では、市に返すと言った形でしか対応されていないらしく、その病院から療育機関を紹介していただけると言った事は無理なんだそうです。市で対応してもらってくれと言われても、市ではその遊びの会しかないとの事で紹介していただけません。
うちの子は幼稚園は2年にしたので、入園までには丸々1年あります。この一年が勝負と言ったらなんですが、この一年を本当に大切にしたいなって思うんです。
基本的には4月からはずっとお世話になっている民間の保育園のような所?に週3回10:00〜14:30くらいまで預ける予定で今は考えています。それにプラスで療育施設に通えたらと・・・。(療育のカリキュラムも普通は4月から始まるのでしょうか?ちょっとあせっています)
そこの保育園は子供も大好きで、日々の生活では先生にお聞きすると何も問題はないとの事でした。とにかく子供が大好きな場所なので、ここへは引き続き通わせてあげたいなと思っています。
まだはっきり病名?と言うか結果が出ていないので何とも言えないのですが、かなり遅れていることだけは確かなようです。
今は言葉は単語中心で、こちらの言っている事はだいぶ理解出来ているようですが、訳の分からない独り言も多く、指差しも少しする程度です。またお友達とのコミュニケーションはほとんど自分からは取れません(独り遊びが多いです)。食事などはずっと椅子に座って最後まで食べる事は出来ます。また運動面は全く問題なく実年齢と同じと言う結果をもらっています。
初めてのカキコで上手く説明できず、すみません・・。
何かアドバイスいただけたらとても心強いです。
今度ともいろいろとどうぞ宜しくお願い致します。


教えて下さい。 投稿者:真紀  投稿日: 3月10日(土)19時35分38秒

2歳4ヶ月の息子を持つ母です。
はい、しぃ、いないいないばー、わんわん、ばいばい、乾杯、ママなどの単語しか、話しません。
また、目を合わせますが、指さしは、2歳からでした。
指示は、わかる回数は、増えてきました。
気になるのは、ミニカーを一直線に並べる遊びを、よく、します。
わたしの市は、言葉の発達に関しての施設は、充実してないようで、どうしたらよいか、わかりません。
みなさん、教えてください。


さくら様・真紀様。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 3月10日(土)20時11分08秒

自閉があるかどうかで、ずいぶん療育方法が違うんです。
自閉があると、しっかり子どものできることできないことを見極めて、
それぞれの子どもにあった方法を探し出さないといけません。
一般常識では対応できないことがたくさんありますので。

自閉が無くて遅れている場合は、年齢にとらわれないで、
我が子の目の高さで接するのが一番です。

>発達試験?(その冊子)からだと1歳8ヶ月程度と言われました。
なら、それくらいの所までさかのぼって、ていねいに関わってあげれば
必ず伸びていきますし。

まずは、ペンギンさんのHPで、自閉症について調べてみてはどうでしょうか?
ここのリンクから飛んでいけます。


http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


こくっぱの母さんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 3月10日(土)20時52分44秒

「自閉症」という診断名をつける場合は、医師によって全くマチマチですので、
一概に「自閉があるとないでは随分療育方法が違う」とも言えないのです。

前述のように、ウイング流に非常に広範囲に捉える場合もあれば、
ハロウェルのように数万人に一人の状態のみそう診断する医師もいます。

指導方針を決定するには、優秀な療育家に頼るのが最も間違いの無い方法ですが、
優秀な療育家を探すのに骨が折れるという最大の欠点もあります。

なかなか難しいところです。


さくらさん、真紀さんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 3月10日(土)21時05分51秒

参考になるかどうか分かりませんが、ウチの場合を紹介します。

1.単語を教える。(実物を見せる、絵カードを使用する等、色彩も含む)
2.グループ化を教える。(猫は動物、レタスは野菜等)
3.「分からない」という概念を教える。
(知っているものの中に、知らないものを混ぜておく。絵カードが便利。)
4.上記がある程度できるようになれば、文カードを使用する。
(公文の国語教材を使用するのも良い。)

重要なのは、決して叱らない事です。
できたら誉める、を繰り返して下さい。

なお、発音については別のアプローチが必要です。

P.S.この辺は、管理人さんの専門分野でしたね。
偉そうな事書いてごめんなさい。


ありがとうございました 投稿者:白いタンポポ  投稿日: 3月10日(土)22時11分57秒

私のような者の悩みに、たくさんの方々が答えてくださり本当にありがとうございました。
涙で目が潤んで文字が見えないほどでした。子どもが生まれてから5年間、こんなに素直に自分の気持ちをさらけ出したのは、今回が初めてです。今は、障害に対して前向きに生きていこうと思えるようになりました。
一部私の文章の不手際で医師と幼稚園の先生の対応が悪かった様に感じさせてしまい大変反省しております。申し訳ありませんでした。決してそのように思っていたわけではありません。以後気をつけます。
さて、早々に大変つまらない事かもしれませんが少し気になることがあります。発達検査で息子のIQがわかったのですが、今にして思えばIQと言うのは確か一生変わらないと聞いた記憶があります。IQで何もかも決まってしまうとは思っていませんがやはり気になります。どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。


さくらさん、真紀さん 投稿者:ケロ  投稿日: 3月11日(日)00時01分36秒

はじめまして。


◎さくらさんへ

>ただ本当に今は右も左もわからない状況で、
一日一日が貴重に感じ、お子さんにとって一番良いアプローチをしてあげたいという気持ちになられているのだから、もう足元はしっかり固まっているではないですか。

>正直言って、「えっ!?これだけ?」と思ってしまいました。
わかります(笑)
でも、「これだけ?」の事を家でやるのは結構大変だったりしません?
歌を唄ったり散歩をしたりという事も、日々の生活の中では片手間だったり、何かのついでだったり。
ついつい、粘土遊びは「手も部屋も汚れるしなー」、親子体操は「疲れているから」、なんて理由でまた今度にしたりしがちな事も、遊びの教室みたいな所だとできますよね(というか、やらされるんだけど)。
家では遊びが偏ってしまいますが、そういった場で色々な遊びを経験する中で、お子さんの得意・不得意や好き嫌いも判ってくると思います。
そしたら、お子さんの得意分野や好きなことに一ひねり加えながら、教えたい事・覚えると便利な事を取り入れて行くと良いと思います。
その子にとって最高の療育者は、お母さんです。でも、頑張っちゃダメですよ〜!!
自分が楽しいと思えない事をやるのは、お母さんにとってもお子さんにとっても辛いものにしからないからです。
具体的に、「こういうのを覚えさせたいのだけど」というカキコをすると、きっと色々なアイディアが出てきますよ。ここは知恵袋のような掲示板ですから(笑)


◎真紀さんへ
2歳4ヶ月・・・まだ小さくて判断しづらい年齢ですね。
うちの子たちは自閉症ではありませんが、長男はミニカーを並べるの好きでした(本を一直線に並べるのも)。次男は寝そべってタイヤがくるくる回るのを見るのが大好きでクレーン現象があり、指さしもせず目線も合いにくい子でした。
目を合わせる事のできる自閉の子もいるそうですし、ミニカーの他にも何か気になる事があるのでしょうか?
言葉の獲得はまず理解からだと思いますので、話せる言葉を増やそうとするよりも理解語を増やすのに力を入れた方が良いと思います。
お子さんの立場に立ってその場その場で的確な言葉を添えてあげる、という感じかな。(たぶん今でも自然にやっている事でしょうが)
これは自閉でも自閉でなくても、同じだよね?(違ったら突っ込んで!)

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


白いタンポポさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 3月11日(日)00時45分49秒

>さて、早々に大変つまらない事かもしれませんが少し気になることがあります。発達検査で息子のIQがわかったのですが、今にして思えばIQと言うのは確か一生変わらないと聞いた記憶があります。IQで何もかも決まってしまうとは思っていませんがやはり気になります。どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。

逐次変わります。


ケロさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 3月11日(日)00時46分56秒

>言葉の獲得はまず理解からだと思いますので、話せる言葉を増やそうとするよりも理解語を増やすのに力を入れた方が良いと思います。
お子さんの立場に立ってその場その場で的確な言葉を添えてあげる、という感じかな。(たぶん今でも自然にやっている事でしょうが)
これは自閉でも自閉でなくても、同じだよね?(違ったら突っ込んで!)

私もそのように理解しています。


M様〜!! 投稿者:chisato  投稿日: 3月11日(日)03時48分17秒

大阪城の梅園は いかがでしたか〜?!
ううっ・・! 懐かしい・・。 (T T)

掲示板過去ログ案内に戻る