2001年3月その9
あら、お留守? 投稿者:ひいろ  投稿日: 3月28日(水)17時26分41秒

久しぶりに逢いに来たのにぃ・・え゛っ、逢いたくないって?

さて本題です。自閉症の子供の母親がある日突然いなくなってしまったらどうなるか?
という実験データについて(笑)少し書き込みます。

私は少々長い旅(入院)に出ていたのですが、どうやら始めの1週間は対応できてなかった
ようですね。母がウチにいないという事自体が理解できない?風だったらしいです。
もちろん家にいると主人にべったりだったらしく最初は「理解している」と思ったらしいのですが
2〜3週間くらいたつと明らかに元気がなくなってきたという事です。
ドラパパ曰く「ドラの脳には1週間のタイムラグがある」と言ってました(笑)

でも1番笑えたのは長旅の疲れで顔が変わっていたので(もうほとんどわからないはずなのですが
左半分顔面麻痺で特に左目が瞬きが上手にできない状態)私が退院してきても
どうやら「ニセモノ」だと思っていたようで(笑)私に寄りつかないんですよ。
でも、バソコンに座っている私にはニコニコしている。
ほうっておいたら4時間くらいたったら、突然大泣きしてしがみついてきた(笑)
でも泣きながら何度も私の顔を見るのよ〜(爆)
それからもずーっと疑っているみたいで、結局元のドラに戻るのには2日くらいかかりました。
今も外に出掛けて帰ってくると、真っ先に私を探しにきて確認しにきます。
完全に安心できるのはまだまだかかりそうだわ。


saraまま様 投稿者:ケリー。  投稿日: 3月29日(木)00時06分01秒

お子さんは、中学生ですか。新3年生?
うわぁ^^、先輩だぁ。
モックはまだ9歳、新4年生です。親子共々よろしくお願いします。

>高機能広汎性発達障害
は、栗田先生のですか?それは、読みました。この世界への入門の時に^^;。
あってます?

>発達85 特集自閉症療育の新たな可能性(ミネルヴァ書房)
これは、持ってません。読んでないです(;;)。ちょっと探してみます。

情報、ありがとうございます。
モックは、2年前にADHDと診断され、半年前に自閉症スペクトルに昇格しました。
非言語性LDという肩書きもあります。(それってASじゃん!と言う方もいます)
母は、現在アレコレ勉強中です。
また、教えてください。
 


質問でございます 投稿者:ケロ  投稿日: 3月29日(木)02時06分22秒

絵を見て、「××はどれ?」「○○はどれ?」という質問には100%答えられるのに、
「じゃあ、これは何?」というのが全くダメという状況って、どうしたら良いと思い
ますか?

今日、「ねんど」「つみき」「おりがみ」など身近な物5種類くらいでやってみたんだけど、
指さしは100%出来るのに、「これは何?」の質問は一つもできませんでした。
10回くらい復唱して、「つみき」だけ答えられるようになったんだけど、他はそれ以上
教えても結局「わからない」という答え。
無理強いはさせたくないと思って止めようとしたら、どうしてもごほうびシールが
貼って欲しかったのか、おしまいにしようと言うと大泣きされて、1時間がかりでした。

難聴だから聞き取りが悪いというのとはあまり因果関係がないと思うのだけど、
この状態(理解できているのに言葉がでない)から脱するのはどんな手が有効かなぁ?

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


補足 投稿者:ケロ  投稿日: 3月29日(木)02時12分38秒

「わからない」と言ったのは、「あやとり」と「おりがみ」と「ぬりえ」。
「かるた」は「ぬりえ」と最後まで混乱、「ねんど」は何度か復唱した後に答えましたが、
10秒後にもう一回質問すると「わからない」と言ったり、「かるた」になったり。

いやいや、親子で汗だくになってしまいました。
精神衛生上悪いのでもうやりたくないんだけど、お兄ちゃんがワークブックを出して来て
始めると、自分もやると言って聞かないのです・・・・。
きっと明日もやるのよ・・・ご褒美シールが貰えるまで・・・・。


葛藤 投稿者:まつこ  投稿日: 3月29日(木)07時51分39秒

発語することに不安があるんじゃない?

でも、要求に答えたい気持ちは充分すぎるほどにあるから
「わからない」で終わるのもイヤ。間違うのはもっとイヤ。

「これは何?」という質問の意味は正しくわかっているようだから
自信を持って答えられそうな問題を少しだけやって、
ごほうびシールをあげていいと思います。

うちの少年の場合はパニクった課題は少なくとも2週間くらいは
忘れるようにしていました。課題を見たとたんにパニくるから。(^。^;)

でも、ショウくんの場合は同じ物を使って自信をつけさせる方法のほうが
いいかもしれないなぁと感じました。

「ぬりえ」と「かるた」って……なるほどね〜。


ちょっと泣ける話 投稿者:まつこ  投稿日: 3月29日(木)08時01分33秒

>ほうっておいたら4時間くらいたったら、突然大泣きしてしがみついてきた(笑)

少年は「ちょっとだけ違う」ということに敏感に反応するの。
「全然違う」ことより「微妙に違う」ことに警戒する場合が多いです。

ひいろさん、声は変わってないんでしょう?
それから、匂いも。


これは何? 投稿者:マー君のママ  投稿日: 3月29日(木)09時06分19秒

我が家のマー君もわからない。そこで母は「これは○○?▲▲?」と選択させる方法を取っています?そっちの方がこちらの聞いている意味がわかるみたいです。
何回も・・・何十回も繰り返して少しわかってきたみたい。


ううん 投稿者:ひいろ  投稿日: 3月29日(木)09時14分24秒

>ひいろさん、声は変わってないんでしょう?
>それから、匂いも。

昨夜あれから突然パニックをおこしました。
いつもとちょっとでも違う行動をすると「アヤシイ」と思うみたい(笑)
どうにか歌を唄ってなだめたけどさ。

実は私、歌も以前と同じようには唄えなくって、まだ薬も飲んでいるので
「ニオイも声も」アヤシイんだわ。・・・先が思いやられるわ。


わが家のしょう君も・・・ 投稿者:かずりん  投稿日: 3月29日(木)15時50分13秒

同じような感じでした。
今思えば、自信がなかったんだろうなってわかるのですが、当時は「どうして〜??」って思ってましたね。
まつこさんが書かれてましたが、自信を持って答えられそうな問題を少しだけやって、ごほうびシールをあげるという方法でいいと思います。

わが家のしょう君の場合、聞き取ることが苦手ということを本人も自覚しているうえ、「ちがうよ」と言われるのが一番いやなようで、理解の出来ていることでも療育や発達テストで先生の言ったことに答えるといった課題になるとすぐ「わからない」と答えてしまいます。
それでも、ひとつでも答えられてほめられると自信がついて後の質問には答えていたりします。
普段の会話でも答えに自信のないときには答えられる事でも「わからない」で済ませてしまいます。

ケロさんのところのショウくんはやる気はかなりあるみたいですし、あとは自身をつけてあげる事が一番だと思いますよ。
そして自身をつけてあげるには、一つでもできたら思いっきりほめるのが一番だとわが家のしょう君を見ていて思います。
・・・といいつつ私自身はしょう君に対してなかなか実行できずにいますが。(;^_^A


ケロさんへ 投稿者:るり  投稿日: 3月29日(木)18時21分54秒

うちも、たとえば公文のカードをダーッと並べて、「○○はどれ?」という質問をしたら、
パーフェクトなのに、「じゃあ、これは何?」と聞くと、半分くらいしか答えられないという
時期が長くありました。いえ、今でも完全には答えられません。

いつだったか、この掲示板で、「発音しにくいからではないか。」というコメントをいただいた
記憶があるのですが、確かに答えられなかった言葉→語尾だけは言えるようになる→自信なさげ
に発音してみる→ひんぱんに使用しだし発音も明瞭になってくる、のパターンで物にして行くの
を見て来ました。(他にも原因はあるかもしれませんが。)

最近では、副担任の先生の名前は言えるのに、大好きな担任の先生の名前が2月くらいまで言え
なくて、「○○組の先生」と称しておりました。何度か気が向いた時に言わせてみた事もあり
ますが、1度きれいに発音したら自信がついたのか、今では「○○○せんせい。」とはっきりと
言え、積極的に使っています。(4月からは担任の先生が変わるんですけどね〜。)
幼稚園の名前も、今、語尾が出ている段階です。時期を待てば発音できるようになるのでは
ないかと思っています。(その頃は転勤で幼稚園も変わっているかもしれないんですけどね〜。)

ショウくんとうちの子と違うのは、うちは出来ないとなると自信をなくし、
投げ出そうとするところかしら。


関係のない話かもしれませんが、 投稿者:るり  投稿日: 3月29日(木)19時13分24秒

「たぬき」は言えるのに、「きつね」の事を「たつね」と最近まで答えていました。
何度質問しても、「たつね」と言うのです。もちろん「きつねはどれ?」とこちらが質問すれば
ちゃんときつねを「これ。」と言ってゆびを差していたのにも関わらずです。

ちゃんと「きつね」と言えるようになった今日この頃、
片山健が絵を描いている『きつねのテスト』という絵本がうちの家族のお気に入りです。
夫がきつねうどんの事を「けつねうどん」と言うので、何となく「けつねのテスト」と呼んで
みたら、うちの子に毎回受けています。
この本、とても馬鹿馬鹿しいお話なんですが、それがとても面白いんです。

本当に、どうでもよい書き込みで失礼いたしました。


こくっぱの場合、 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 3月29日(木)20時37分04秒

自分が伝えたい事は、一生懸命片言でも伝えようとしゃべるのですが、
質問には決して答えません。
で、来年の療育施設での目標が、「質問に答える」です。

やはり、100%自信が無いと、こたえないような気がしてます。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


毎度言ってしまいますが 投稿者:マー君のママ  投稿日: 3月29日(木)21時16分06秒

我が家は4年生位からの発語なので皆の心配は羨ましいくらいです。
マー君の言葉の教科書、今も出してきて使っています。

Gakken はじめてのもじ・ことば 1もののなまえずかん  3うごきのことばずかん
    レインボーことば絵じてん  レインボー和英じてん

小学館 21世紀こども百科

愛読書であり、話しが伝わらない時はTEACCHの手法で人に示します。
カードを使うより盛り沢山・・・う〜〜ん考えましたね。


あー、なるほど 投稿者:ケロ  投稿日: 3月30日(金)01時18分08秒

>発語することに不安があるんじゃない?

そうかもしれない。
「ぬ・・・。ん〜、わかんない」とか言っていたし、
上手くできない事はやりたくないという性格のヒトだし。


>普段の会話でも答えに自信のないときには答えられる事でも
>「わからない」で済ませてしまいます。

うちもやっぱりそうなの!
でももっと前は、わからない事でもとりあえず「うん」と言っておけば
いいと思っていたんだから、「わからない」と言えるようになっただけ
成長しているんですけどね(笑)
『とりあえず何でもウンと答える』状態の時は、他人から誤解をされて
ばかりで、苦労しましたもん。


>そこで母は「これは○○?▲▲?」と選択させる方法を取っています

これは思いつきませんでした。お知恵を拝借させて頂きます!


>ケロさんのところのショウくんはやる気はかなりあるみたいですし

やる気があると言うよりも、母がサバサバしすぎていて、出来ないと
見捨てられちゃうような印象を与えているのかもしれない・・・
(ちょっと反省)

ショウは同じ問題や同じシチュエーションでパニくる事はないから、
やっぱり繰り返し繰り返し・・・地道にですね。
特撮ヒーロー関係だと簡単に覚えて言葉も出るし、発音に自信が
なくても一生懸命喋るのになぁ(笑)

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884


ケロさん、 投稿者:ぎたお  投稿日: 3月30日(金)10時54分23秒

対象物を少な目(3つくらい)に絞り、かるやたぬりえのような結構悩んでしまう(?)ものでなく、例えば「バナナ、ガイア、帽子」のようにカテゴリーの異なるもの(それぞれが好きなものならなお可)で試してみるとどうでしょうか?
また最初の一文字が「ぬ...」と出てきて、合っている場合には「そうだね、ぬりえだね」と肯定的に反応して正解としても良いですよね。あるいはクイズのようにお子さんが「ぬ」と言ったらお母さんが「ぬ・り」と言ってお子さんに正解だと気付かせて「ぬ・り・え」まで導くのも良いかもしれません。

言えない場合は最初の一文字だけプロンプトして、それ以外の言葉を無声音でアシストする。
あるいはショウくんは自閉症ではないので、視線に関しての問題は少ないと思うので、最初から口の動きが分かるように無声音でプロンプトする、といった方法で徐々に自発的に出るように導くのはいかがでしょうか?


悲しい習性 投稿者:ケロ  投稿日: 3月30日(金)11時30分46秒

ぎたおさん、ありがとう。

>最初から口の動きが分かるように無声音でプロンプトする、といった方法で徐々に
>自発的に出るように導くのはいかがでしょうか?

ショウは難聴なんだけど、皆さんが想像するような難聴ではなくて、高音だけが聞こえない
難聴です。
低周波も聞こえにくいけど、小声になると「え?」と聞き返すくらいで普通の大きさの声は
聞こえるんですよ。ただ、まともには聞こえていないというワケです。

だから、口の動きだけで無声でやると、自分も口パクだけやるの(笑)
ろう学校では、先生が言った言葉を復唱できると「素敵〜」とか「おりこう〜」とか
誉められるので、相手の事をそっくりそのまま真似することが、良いことだと信じて
疑っていないんですね。

愚痴ってしまいますが、うちの地域は『ろう学校』しかなくて、『難聴施設』はないのです。
ろう学校なんだから、当然ろうの子供に対する指導をしています。
難聴施設というものに通っていたら、また違ったのかな〜 なんて。
その分自分がやらなくちゃと思うと、なかなか肩に力が入ってしまって。
焦りは禁物ですよね。

セイヤ(兄・今度小1)が彼の希望で『こどもチャレンジ』を始めたので、
ショウもやりたがり、ワークブックを買ったんです。
今度の5月で5歳になるんだけど、先日の発達検査で言語レベルが3歳だったから、3歳用を
買ったんですねー。もう少し優しいのから初めてあげれば良かったのかもしれません。
とにかくワークブックでないとイヤみたいなので、得意分野を織り交ぜてやるとなると、
スケッチブックを使って手作りしようかな。
色々なところから切って貼れば、そんなに手間でもないですよね。やってみよう。

ヒント下さって、ありがとうございました。


それもおもしろいですか? 投稿者:saraまま  投稿日: 3月30日(金)23時18分49秒

>ケリー様
高機能広汎性発達障害 杉山登士郎 辻井正次(編著)ブレーン出版 です。
自閉症 中根晃(編集)日本評論社 (これは1999年12月発行)けっこうグー!お勧め!
このお二人の先生のファンなのです。

もしかして、こくっぱ母さんのところで、審問についてお話しました?
ケリーのHNって、もしかしたらケイから?

http://www.ne.jp/asahi/sara/minna/sub1index.html


それなら 投稿者:まつこ  投稿日: 3月31日(土)16時26分30秒

>特撮ヒーロー関係だと簡単に覚えて言葉も出るし、
>発音に自信がなくても一生懸命喋るのになぁ(笑)

それじゃ、それを利用しない手はないでしょうね。d(-_^)!!
特撮ヒーロー関係「これなーに?」の間に「ぬりえ」一つだけをはさむ。
勢いで言えるかも知れないです。


そういえば、 投稿者:ケリー。  投稿日: 3月31日(土)16時48分47秒

ケイ・スカーペッタでしたね^^。

>こくっぱ母さんのところで、審問についてお話しました?
しました!
今、ERXをずっと見ているのですが(ビデオ)、ここにもケリー(・ウィバー)が・・・
多いんですねぇ。
あ、決して「蹴りぃ。」ではありません^^;。    >お留守のお姉様へ
娘のお気に入りのお人形から、貰いました。
娘は、「可愛いから(はぁと)」と言ってます。ねっ、私にピッタリでしょう?

と、おバカな話はさておき、
>高機能広汎性発達障害 杉山登士郎 辻井正次(編著)ブレーン出版
>自閉症 中根晃(編集)日本評論社
メモさせていただきました。ありがとうございます。

昨日フジTVの夕方のニュースで、アスペの男の子の話をしていましたが、
どなたかご覧になりましたか?(録画もしたわ^^)
杉山先生と、辻井先生が出てらっしゃいました。嬉しかった^^。(←←);

それと、
「広汎性発達障害」 栗田広 全国心身障害児福祉財団発行
でした。(高機能は付いてなかったです^^;)
教科書っぽくて、親向けじゃあないので、おもしろいとは言い難いけど辞書的に使っています。


うちも 投稿者:まつこ  投稿日: 3月31日(土)16時52分28秒

>口の動きだけで無声でやると、自分も口パクだけやるの
>相手の事をそっくりそのまま真似することが、良いことだと信じて

うちもそうでした。
でも、そういうプロンプトが正答を引き出すための「ヒント」だということも
こちらも彼も試行錯誤するうちにわかるようになりました。

>対象物を少な目(3つくらい)に絞り、かるやたぬりえのような結構悩んでしまう(?)
>ものでなく、例えば「バナナ、ガイア、帽子」のようにカテゴリーの異なるもの
>(それぞれが好きなものならなお可)で試してみるとどうでしょうか?
>また最初の一文字が「ぬ...」と出てきて、合っている場合には「そうだね、ぬりえだね」と
>肯定的に反応して正解としても良いですよね。
>あるいはクイズのようにお子さんが「ぬ」と言ったらお母さんが「ぬ・り」と言って
>お子さんに正解だと気付かせて「ぬ・り・え」まで導くのも良いかもしれません。

私の試行錯誤も全くこのとおり。いろいろやってみたんです。
この上に答えを文字カードにして、2択にして読んでやって……。
とにかく、正答させるための手がかりを出しまくってでも
課題に「成功」させることだと思うのですよ。

もちろんこういうことをしたのは、
ある程度やりとりすることをうけいれるようになってからです。
私を意識している様子がない間は……。(^。^;)

ショウ君とケロさんの間にはまたいろんなやり方があると思いますし
ここをROMしておられるほかの皆さんにもそれぞれにうまくいく方法が
あると思います。

>愛読書であり、話しが伝わらない時はTEACCHの手法で人に示します。
>カードを使うより盛り沢山・・・う〜〜ん考えましたね。
マー君は独自に有効なコミュニケーションの方法を開発したんですね。
素晴らしい〜(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆


ぬりえ 投稿者:ケリー。  投稿日: 3月31日(土)17時02分43秒

ふと気になって、モック(9才)に聞いてみました。「おじゃ魔女どれみ♯ ファッションぬりえ」

「これ、なんていうか知ってる?」  「どれみ」
「色のない絵が書いてあって、自分で好きな色で塗るんだけど。」 「・・・・」
「・・・?」  「・・・・・(焦り)」
「ぬりえって言うんだよ。知らなかった?」  「ぬれえ?」
「ぬりえ。」  「ぬ・り・え・・・知らなかった。」

マズイ、教えてなかったか・・・・・まぁ、よくあることぢゃ(@@);。
やったことはあるはずだけど・・・・・・・


私、 投稿者:リンコ  投稿日: 3月31日(土)21時29分56秒

おしゃれな(?)女の子のお人形に、「ぬりえ」という名前を付けたことがある。
女の子の名前には「こ」がついているというのは、簡単すぎに思えた。
「み」がちょっと応用編。「え」はもっと応用編。そう思った。

で、いろんなクラシックなドレスやら最新流行のファッションやら着てる女の子の枠線に色を塗るぬりえがあったのだけれど、その表紙に「ぬりえ」と書いてあったので、何となく、「おしゃれな着せ替え」と「ぬりえ」という言葉が結びついてしまった。

のちに、「ぬり江ちゃん」は「典江ちゃん」に改名されました。

掲示板過去ログ案内に戻る