2001年5月その5
幼稚園の報告 投稿者:ママって呼んで  投稿日: 5月17日(木)14時03分37秒

パソコンの調子が悪くて、しばらくここに来れませんでした。でも、結局何にもしていないのに、今日は調子が良くなって・・・。

皆さんに以前ご相談していた幼稚園のことを、早くご報告したかったのですが、そういったことでできませんでした。
この掲示板も、時々途中まで読み込むことができたのですが、書き込みなんてとんでもない状況でした。

息子は、5月7日から幼稚園に通い始めました。とても楽しい様子です。4月は、いろいろな教室にも通っていたのですが、それより
楽しいと言ってくれるので、本当に嬉しいです。クラスには、まだ男の子が4人なのですが、担任の先生がベテラン格の先生で、
それ以外にクラスを持たない若い先生が2人いらして、いつもそのどちらかの先生も一緒に見て下さっているので、だいたい、
4人の生徒を2人の先生で見ていてもらえることになります。(手がかかるということかも?)

そして、一番心配していた昼食も、信じられないくらいに、よく食べているようです。ほとんど食べているようです。もともと年長さんに
合わせた量らしいのですが、お友達効果はすごいですね。お弁当の日も大丈夫でした。嬉しい!!
家では、嫌がって履かなかった上履きも履き、手を洗うのも一人でするようになって、手伝おうとすると嫌がります。

まだ通い始めて数日なので、幼稚園効果とは言えないかもしれないのですが、このところ、言葉の方も増え方が急になってきた
ような気がします。発音は相変わらず悪いのですが、良くなってきている部分もあり、本当に嬉しいです。
「〜はいくつ?」という質問についても、指を折って、口でもその数を言ってくれます。犬を「二頭」と答えたこともあって、ビックリしました。
これは、聞き間違えだとは思います。「個」は使っているようです。ひとつ、ふたつとかも。但し、発音は・・・・???ですが。

それから、今までは自分の言葉だった、「おいしい」や「バイバイ」も、正しくなってきました。感激。
少し前は、物の名前は増えたなぁ、と思っていたのですが、ここの所は、そういう言葉や、動詞のようなものも増えて
きていて、通じる嬉しさを子供も感じてくれているようです。
その分、相変わらず「イッティー(何)」は多く、それに答え続けるのは、少々大変です。でも、それもしばらくすると
言葉に変化するのだ!とわかってからは、頑張っています。私が教えていない言葉も、突然言ったりすることもあります。
その一方で、今まで、「あった」だった言葉が、「あったあった」になってしまいました。何故?と考えていたら、実は
これ私の口癖だったのです。すっかり真似をされていたというか、影響を受けていたのですね。

笛も、簡単な普通の笛なら、吹けるようになりました。実は、始めに吹けた笛のようなものが、行方不明になってしまって、どうしよう?
と思っていたところ、子供がこの笛を持ってきて、突然吹いたので、これまたビックリ。そんなものですかねぇ。
でも、相変わらず、「ババ」です。

幼稚園初日の夜、「先生とママは、どっちが好き」「ママ」、「じゃあ、先生とママは、どっちが優しい?」「せんせい」と言われてしまいました。
何度聞いても答えは同じ。しかも、これ見よがしに、ニヤニヤしているんですよ。でも、本当かもしれません。先生はきっと怒ったりしないでしょうから。(悲)
これは、今でも同じで、隅の方でいじけていると、やってきて、「ママ」って言ってくれました。でも、からかっているという顔です。

最後に、幼稚園に入れた理由は、言葉のことが理由でしたが、こんなに楽しそうに嬉しそうに、毎日通うならば、言葉のことが問題なくても
4月から入れてあげれば良かったね、と夫婦で話しました。母子の時間も、幼稚園の後、たっぷりあるので、淋しいなんてこともなく、いない
間に、家事を済まして、子供といる時間は、前より遊んであげられるし、私も気分転換ができるし、本当に踏み切ってよかったです。
毎日、幼稚園で覚えたと思われる、手遊びを披露してくれたりして、これまた感動です。
皆さん、いろいろありがとうございました。これからも宜しくお願いします。


評判を知っていらっしゃる方がいたら教えてください。 投稿者:ママって呼んで  投稿日: 5月17日(木)14時06分06秒

突然ですが、七田式、って知っている方いますか?言葉がどんどんとびでる0歳教育っていう本。
実は、1ヶ月くらい前に買って読んだんです。それで、ここに頼れば言葉がもっとでるんじゃないか?って思い込んでしまって、
七田アカデミーに電話し、でも、幼稚園に行くことになったので、お断りし、忘れていたのですが、先日再びお電話があり・・・・。
主人は、その本をささっと読んで、「こんな本を読んで、信じるなんて、どうかしている」と言い、私もその時はそうだな、と
思えたのですが、今日お電話でお話していたら、また、そんな気になってしまって、自分でもよくわからない気持ちになってしまいました。
もし、この掲示板においでになっている方で、七田式について何かご存じで、ご意見のある方は教えてください。
基本的には、幼稚園も始めたばかりだし、お金も結構かかるので、始めるつもりはないのですが、何だか気持ちの整理がつきません。
宜しくお願いします。


七田式 投稿者:ひいろ  投稿日: 5月17日(木)14時11分47秒

公式サイトは下にあります。
療育に関しては子供に「合う合わない」があるので
お母さん自身が納得できるモノを選んだほうがいいと思います。

http://www.shichida.ne.jp/


りょうくんのパパさん 投稿者:ぎたお  投稿日: 5月17日(木)14時31分55秒

はじめまして。私もこちらではマイナーな存在の父親です。
発達障害と言うのは自閉症だけでなく色々なものが有ります。さらに自閉症に関しても狭義に捉える方も有れば広義に解釈して「広汎性発達障害=自閉症スペクトラム」と表現されることもあります。きっと今頃ネットで多くの方のリンクを渡り歩いて情報を集めておられるとは思いますが、似ている方が見つからない場合も有りますし、各症状があてはまるか、あてはまらないかは、なかなか一筋縄では分かりません。

書かれておられるような「自閉症っぽい症状」がすべて当てはまっても自閉症でないお子さんもおられるかもしれませんし、「以下の点で違うのでは」という項目が当てはまらなくても自閉症に属するお子さんはたくさん居ます。(ここの掲示板で書かれている方にも)

自閉症かどうかの特定は専門家にお任せするとして発達障害が有る可能性は有ると思われます。
早期発見・早期療育で症状が改善することが多いですので、そういったアプローチを念頭に動き始めて良いと思います。(そして診断の特定は効果のある療育をするのに大変有効なものです。)3歳3ヶ月と言う年齢は決して遅すぎませんが、早すぎると言うことも有りません。


記事のことで 投稿者:みっき  投稿日: 5月17日(木)15時55分53秒

今日発売の、週間文春のP87に「ADHD」関連の記述が載っています。
精神科医とはいっても、専門分野が違うのかもしれませんけど、
「ADHD」「LD」をあまり理解して頂けていない文面のように
私は思いました。
それとも最近は、診断名だけが一人歩きしてしまっているせいなのか、
何でも「ADHD」と決めないでと拒否反応を起こしているんでしょうか。
リタリンのことにも触れていますが、安易な記述で、いま現在、
悩んでいる保護者の方がこれをご覧になったら、
誤解や迷いが生じるのではないかと思うのですが。


りょうくんのパパさん 投稿者:カンガー  投稿日: 5月17日(木)17時07分26秒

はじめまして、カンガーと申します。
我が家には、5歳の自閉症の娘、ルーがいます。

自閉症かどうか...御心配はよくわかります。
私も随分悩んだ時期がありましたし、本を読むとどうしても自分の子供にはあてはまらない記述が多くて、自閉症には思えませんでした。
私は医者ではありませんし、りょうくんが自閉症かどうかはわかりません。
私も、いろいろな本を読んでいて、「ここはそうだけれど、ここは違う」といつも思います。

たとえば、
>@ 言葉が出ません。パパ、ママさえ言えない。
  A 指差しをせず、クレーン現象があります。
  B 変なスキップみたいな走り方をします。
  C 3歳前まで手をひらひらさせていました。今はまったくみられません。
  D 3歳前までは人と目があいませんでした。今は目があわせられます。
  E 人の話がわかっていません。
  F 寒さに平気です。暑いのは苦手みたいですが。

この中で、娘が3歳3ヶ月の時を思い出すと、
言葉は出ていました。
指差しもしていました。
クレーン現象はなくなっていました。
スキップみたいな走り方は今まで一度もしたことがありません。
手をひらひらもしたことがありません。
人とあまり目が合いませんでした。今でも目をあわせるのは苦手です。
人の話はわかっていました。
寒さも暑さも平気ではありませんでした。


>@ こだわりがありません。例え夢中になっている本(トトロ、ラピュタ)をとりあげて      もちょっといやがるのですが、すぐにあきらめて違うことをしだします。
  A 他動性があまりありません。市の職員が保育園に観察に来られたらしいのですが
     他動ではないと言われたそうです。
  B 椅子にちゃんと座っています。何時間もチャイルドシートに座らせても平気です。
  C よく、おもちゃを並べて遊ぶという話を伺いますがそれはしません。
  D パニックを起こしたことはありません。
  E まだ、てんかんはありません。

こだわりはありました。今もあります。
でも、夢中になっている本をとりあげられることくらいは昔も今も別に平気です。
本に書かれているような、道順のこだわりもありませんでした。
娘のこだわりは、絵本の中のフレーズを繰り返すとか、言葉が出てからあらわれたように思います。
多動はありました。今はありません。
おもちゃをならべて遊ぶことはなくなっていました。もっと小さい時にありました。
パニックをいつも起こしていました。いまでも静かなパニックがあります。
てんかんはありません。

うちの場合はこんな感じです。

がっかりさせてしまったかもしれないけれど、「この症状がないから、大丈夫」とは言えないのです。
ぎたおさんも書かれていますが、逆に「この症状があったら、絶対自閉症」とも言えないと思います。
いずれにしても、自閉症の診断は専門医でないと難しい場合もあると思います。
いまだに近所の小児科医はうちの子を「自閉症じゃない」といいますから...。


自閉かどうか・・・ 投稿者:sara mama  投稿日: 5月17日(木)20時35分29秒

は・・・視線が合うか、手のひらひら、車を並べる、クレーン・・・
など、いろいろありますが。
自閉症児には、全部当てはまる子もいれば、そうでない子もいます。
十人十色です。
息子がその年代で印象的だったことは、共感がうすいことです。
こっちを見てと呼ぶような感じでしょうか?

それはさておき、早期受診をおすすめしますが、
↓もご紹介します。

http://hotmama.sed.tohoku.ac.jp/vc/index.html


たいままさま 投稿者:大ママ  投稿日: 5月17日(木)22時18分00秒

でも、同じ社宅にうちの子と同じように、字が読めた子がいたんですよね
健常児に・・・でも、うちの子は、遊び方がノーマルじゃないというか・・・・

生まれた時から、違っていたんですよね・・・うちの子は
答えになっていないですね・・・ごめんなさい


たいままさま 投稿者:りんか  投稿日: 5月17日(木)22時38分35秒

友人が、たまたま名古屋出身で、お子さんがいろいろ病院にかかっていたので、
聞いてみました。(小児神経科にかかっていました)

名古屋市立大学病院小児神経科、名古屋大学病院もありますが、愛知では春日井市の
コロニーが良いようです。遠いけれど全県から集まってくるそうですよ。


ぎたおさん、カンガーさん、sara_mamaさん、ありがとうございます 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月17日(木)23時07分01秒

ぎたおさん、カンガーさん、sara_mamaさん。本当にありがとうございます。こんなにも早くレスがいただけるとは思いませんでした。専門医へは早急にいくつもりです。
カンガーさんのルーちゃんは文面からは本当に回復されているようにお見受けします。専門医に自閉症ですと言われなければ、いまだに信じられないのではないですか?家のりょうくんも5歳までにルーちゃんぐらいに回復すれば嬉しいのですが・・・。
 また、ちょくちょく書き込みさせていただきます。本当にありがとう御座いました。
PS.最近、考えすぎて仕事は手につかないし、偏頭痛はするしで大変です。


ありがとうございました! 投稿者:たいまま  投稿日: 5月18日(金)07時25分19秒

まつこさん、大ままさん、りんかさん、お返事頂きありがとうございました!
あれからもう一度保健婦サンにお話をして、やはり専門の方に診て頂きたいのでという
こちらの希望を伝えたところ、やはり、りんかさんの教えてくださった「春日井コロニー」
を紹介して下さいました。ただ相当混んでいるらしいので待つ期間がありそうですが・・・。
その待つ期間を利用して市で行っている教室や施設に行く事にしました。
診断がでるまでの期間を無駄にしたくなかったので・・・。
よくわからないのですが、施設には専門の先生がいらっしゃるようですので、
色々相談にのってくださるそうです。とりあえず、相談できるのでほっとしました・・・。
もちろんきちんとした診断も必要だと思いますが、まずこれからどのようにすれば
子供が伸びていくのか、色々勉強したいと思います。

うちは主人の両親と同居の5人家族です。
大人ばかりのなかで育ったために言葉が遅いのでは・・・?(自分が要求するまえに事が済む)
とも言われ幼稚園への通園も考えています。満3歳になると入園できるそうなので。
近所に自閉の子など含めて障害のある子供でも快く引き受けてくださる幼稚園がありますので
昨日早速行って面談していただきました。私達さえよければいつでも入園OKとのことです!
(先生、園長先生もやさしいかたで、クラスもまだ3人だそうです)
子供もお友達とかかわる事も好きですし、楽しく通う事ができればいいなあ〜!と
少し期待しています!入園の時期は診断がでてからにしようと思っていますが・・・。
色々忙しくなりそうですが、がんばります!!
これからも皆様にお世話になると思いますのでよろしくお願い致します!!


りょうくんのパパさん 投稿者:カンガー  投稿日: 5月18日(金)09時29分01秒

>専門医に自閉症ですと言われなければ、いまだに信じられないのではないですか?

いいえ、今は、以前と違って、自閉症であると、納得しています。
本を読んで、うちの子とあてはまらなくても、それでも娘は自閉症であるのだと、よくわかっています。
こちらをはじめ、さまざまなHPや本を読んで勉強して、まさに娘は自閉症であると今は本当によくわかるのです。

幼稚園に入園して、他のお子さんとのやりとりを見ていると、対人関係の弱さがよくわかります。
他人の気持ちがわからない、自分の気持ちが上手に伝えられない、だから不適切な働きかけをしてしまうことがあり、そういうところが自閉症なんだなと見ていてよくわかります。

りょうくんが自閉症かどうかはわかりませんが、一番不安なこの時期を頑張って乗り越えてください。
私はまだまだ新米ですが、ここには本当に良く子供を理解している先輩方がたくさんいらっしゃいます。
具体的なアドバイスもたくさんもらえます。

自閉症の診断を受けると、これはまた、とても落ち込みます。
もしそういうことになっても、どうか絶望しないで、私達と一緒にがんばりましょう。

それから、私は不安な時期を乗り越えられずに、心を病みました。
どうか、奥様を支えてあげてくださいね。


その辛さは…わかります。 投稿者:まつこ  投稿日: 5月18日(金)10時49分26秒

りょうくんが自閉症かどうか、私にはわかりません。
でも、「人の話がわかっていない」ということは、言葉が出ないこと以上に
毎日の暮らしの中でいろいろと難しいことがあるだろうと思います。

我が子が自閉症であることは、この世の終わりではありません。
自閉症児にも、無限の可能性があります。
その他の発達障害児も同じです。

でも、自分の子どもが今まで思い描いていた子どもとは
違う成長をするかもしれないということを考えるのは
間違いなく辛く苦しいことです。
私も、そうでした。

>それから、私は不安な時期を乗り越えられずに、心を病みました。
>どうか、奥様を支えてあげてくださいね。
私も、奥様のこと、心配です。
パパさん、ここに奥様も誘ってあげてくださいませんか?

http://village.infoweb.ne.jp/~tinker/


ママってよんでさんへ 投稿者:くりん  投稿日: 5月18日(金)11時15分07秒

私は、現在、子供を七田式の教室に通わせています。
子供に、障害があるらしいとわかったのが遅く、現在4歳5ヶ月になる今になり、療育施設だとか、子供にとってプラスになるだろうと思われる色々な所を探し、手探り状態ではありますが、色々とはじめたところです。最初、療育施設を探していたのですが、どこも結構いっぱいで、早くても初夏ぐらいしか入れない状況もあり、それを待っている間、何もしないでいるのは良くないと思い、七田チャイルドアカデミーに入れました。私の知っている事でしたら、わかる範囲でお話できるのですが・・・。ここで、書いてもいいのでしょうか?ちょっとわからないので、とりあえず書き込みました。


(無題) 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月18日(金)11時54分21秒

>幼稚園に入園して、他のお子さんとのやりとりを見ていると、対人関係の弱さがよくわかります。
>他人の気持ちがわからない、自分の気持ちが上手に伝えられない、だから不適切な働きかけをしてしまうことがあり、
>そういうところが自閉症なんだなと見ていてよくわかります。
りょうも対人関係はすごく苦手です。ただ、りょうはあまりに他の児童と関わらない為か、不適切な働きをすることは
皆無です。逆にぶたれたりすることはあるみたいですか・・。ぶたれたりした事もわからないのでしょうか?

幼稚園、保育園への入園で困われている方が結構おいでみたいですが、りょうの場合はたまたま、11ヶ月より保育園に
通っているので園の方もいまさら退園させる訳にもいかないのでしょうか?ラッキーと言えばそうだと思います。
それにしてもよく面倒は見ていただいています。通常3歳児クラスは保母が2人なのですが市の方のはからいで
3人にして頂きました。1人の保母はりょう専属で見ていただいているようです。

>りょうくんが自閉症かどうかはわかりませんが、一番不安なこの時期を頑張って乗り越えてください。
>私はまだまだ新米ですが、ここには本当に良く子供を理解している先輩方がたくさんいらっしゃいます。
>具体的なアドバイスもたくさんもらえます。
みなさん、よろしくお願いします。こういったアドバイスを心から感謝します。

>自閉症の診断を受けると、これはまた、とても落ち込みます。
>もしそういうことになっても、どうか絶望しないで、私達と一緒にがんばりましょう。
はい、そうします。ただ、私たち親は絶望せずに頑張って乗り切れても、今のままの医療技術では子供の将来が
不安で仕方ありません。これから、就学し中学、高校と順当にいけて社会に出られるのでしょうか?
親が元気なうちは面倒も見られますが、その内子供も自立しなくてはなりません。本当に大丈夫なのか・・?

>それから、私は不安な時期を乗り越えられずに、心を病みました。
>どうか、奥様を支えてあげてくださいね。
妻は公立小学校普通学級の教諭をしています。やはりいろいろな子がいて、普通といわれて入学した子も環境の変化に
絶えられずに大声をだして泣き叫ぶ子もいるそうです。妻が言うに親も知らずADHDとか自閉症の子ではないか
という子もクラスにはいると言っていました。そういう意味で私よりは妻は場慣れしているのでしょね。
心強いパートナーだと思っています。もしもの時の為に養護学校の免許もとろうかとも言っています。

いろいろと書き込みましたがよろしくお願いします。


まつこさんへ 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月18日(金)13時43分40秒

アドバイスありがとう御座います。

>我が子が自閉症であることは、この世の終わりではありません。
>自閉症児にも、無限の可能性があります。
>その他の発達障害児も同じです。
その通りだと思います。我が子も自閉症でありながらも
普通に生活できるようになる事をせつに願っています。

>でも、自分の子どもが今まで思い描いていた子どもとは
>違う成長をするかもしれないということを考えるのは
>間違いなく辛く苦しいことです。
自分自身が我が子の現状を把握するまで時間がかかると思います。
なにせちょっと前まではそのうち問題がなくなるなんて安易に考えていたもので・・・
>私も、そうでした。
過去形となっていますが今は立ち直られたんですね。私もそう言えるように
なりたいです。<「揚げ足を取った」とはとらないでください。

>それから、私は不安な時期を乗り越えられずに、心を病みました。
>どうか、奥様を支えてあげてくださいね。
おはずかしながら、今現在は私がささえてもらっている状態のような気がします。
妻がそう装ってるだけかもしれませんが、妻は意外と冷静ですから・・・。

>私も、奥様のこと、心配です。
>パパさん、ここに奥様も誘ってあげてくださいませんか?
はい、昨晩も誘ったのですが、何分妻はメカ音痴。教えてあげてもあまり
PCを使おうとしないのです。「学校でも授業で使うようになるでしょう。」
と言うとその時は専任の先生が来るから大丈夫だと言います・・・。
家で使うときは私が代わりにやってくれるから大丈夫だそうです。
困ったものです。それでも書込みするように言ってみます。タイプが遅いので
多分、短文だとおもいますが・・・。

私は今仕事中・・。さぁ、仕事しないと。


くりんさんへ 投稿者:ママって呼んで  投稿日: 5月18日(金)13時44分22秒

七田式のこと、教えてください。実際にやってみていかがですか?
久しぶりにアドレスも乗せましたので、もし良ければ個人メールでお願いします。
自分のことばかりで精一杯で、くりんさんのお子さんの事情もよくわかっていないのですが、どういったところに惹かれたのでしょうか?
良いと思われるところ、悪いと思われるところ、何でもくりんさんの感想ということで結構ですので、教えてください。
宜しくお願いします。


りょうくんのパパさん 投稿者:カンガー  投稿日: 5月18日(金)14時55分06秒

>ただ、りょうはあまりに他の児童と関わらない為か、不適切な働きをすることは皆無です。

自閉症にも、積極奇異型とか受動型とか孤立型とか(でしたっけ?)があって、やたら、かかわりを持とうとしてしまうタイプから、1人で過ごすタイプまで、いろいろあるようです。
私は詳しくないので、あとは先輩にバトンタッチだと思うのですが.......。
先輩方よろしくお願いします。

それから奥様が頼もしい方で、安心しました。
うちは来年就学です。
私の方が奥様に小学校の事をいろいろ相談したいくらいですね(笑)。


りょうくんのパパ様 投稿者:sara mama  投稿日: 5月18日(金)15時19分11秒

自閉症かどうかの診断が出ていないのに、症状や行動を追うのは・・・・
更に、眠れない日を増やすだけだと思いますが・・・
うちのHPにサラッと、自閉について載ってますのでどうぞ。

ちょうど、BBSに書いてある私の本音もありますので・・・
>私もどうして?って、思いながら、過ごしていた時期もあるもの。
今は考えないのではなく、お預けにしてるだけ。
そのことは、自分ではどうしようもないから。
後ろや遠くを見ても、今の自分には何もできないから、今できる事だけをするしかないかなって。
そうは言っても、事ある度に「あーあ」って思って、落ち込んで・・・の繰り返しだけどね。

多分皆さんも同じかな?

http://www.ne.jp/asahi/sara/minna/sub1index.html


sara mamaさん 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月18日(金)16時43分45秒

>自閉症かどうかの診断が出ていないのに、症状や行動を追うのは・・・・
>更に、眠れない日を増やすだけだと思いますが・・・
とは言われても本当に気になるんです。事実、仕事しながら
こうしてWebに出ていますから。おわかり頂けるとおもいますが。
ところで、みなさんも本当にここに一日に何回も来られるんですね。

>うちのHPにサラッと、自閉について載ってますのでどうぞ。
>ちょうど、BBSに書いてある私の本音もありますので・・・
今はあまりWebを見ると回りの目があるんで家に帰ってから
じっくりと見ます。今も、ちょこっとだけBBSを見てエディターに
貼り付けて仕事しているふりして書いています(笑)
ちなみに私の仕事はコンピュータSEです。

>私もどうして?って、思いながら、過ごしていた時期もあるもの。
>今は考えないのではなく、お預けにしてるだけ。
>そのことは、自分ではどうしようもないから。
そのお気持ち本当によくわかります。だって出来ることなら私もそうしたいですから。

>後ろや遠くを見ても、今の自分には何もできないから、今できる事だけをするしかないかなって。
>そうは言っても、事ある度に「あーあ」って思って、落ち込んで・・・の繰り返しだけどね。
本当ですよね。なにかにつけて「あーあ」って感じですね。とりあえず今は落ち込んでばかりです。

宝くじだって最高1000円しか当ったことないのに、なんで、家の子がこんな目になんて思って
たりもします。
Webのどこかに書いてあったけど、頭をポンとたたけばつまっていたパイプが元通りになって
言葉がたくさん出てきて、普通の子になりそうな気がしてなりません。
「神が私たち家族に与えた試練」なんてかっこいいこと考えられないし・・・。


ショックでした。 投稿者:しゃけ  投稿日: 5月18日(金)18時43分22秒

今日はいくらの療育(個人訓練)の日だったのですが、先日担当の先生に
「コミュニケーション能力が低い」と言われたことがずっと気にかかっていて
思い切って「いくらは自閉症なんでしょうか?」と聞いてみました。
先生の答えは「自閉症の全てを満たしているわけではないが、そういう要素を
持ったお子さんだとは思います」ということでした。
やっぱりショックでした。まさかこんなに人なつっこいいくらが自閉症
だなんて・・・信じられない気持ちでした。

でも今sara mamaさんのHPを見せていただき、広汎性発達障害についての記述を
読んで、一口に自閉症といってもいろいろなタイプがあることを初めて知りました。
私は「人とのかかわりが薄い」「目が合わない」「こだわりがある」というのだけが
自閉なのかと思っていましたが「積極奇異型」があるなんて・・・
全然知りませんでした。
これはまさにいくらのタイプそのものです。
すれ違う小学生にいきなり「ばいばーい!!」なんて声をかけてみたり(^_^;;)ゞ
単に愛想がいいだけかと思っていたんですが、違うんですね。
りょうくんのパパさんが挙げていらっしゃった項目に当てはまるものは
ほとんどないのですが、しいて言えば手をひらひら(ぶらぶら?)させる行為は
たまにします。クセだと思って深く考えていませんでした。
感覚過敏は一切ありませんが、手先は不器用だし、運動能力もかなり低いです。
(ジャンプもできないし、階段も何かにつかまらなくては降りられません)
それは身体の発達が遅いからだと思っていたんですけど・・・
いくらにこんなに当てはまるものがあるなんて思いもよりませんでした。
もう一度一から頭をリセットして考え直さなくちゃいけないのかな、って
気持ちです。

ここでも何度かカキコしましたが、私はもうすぐワーキングママになる予定です。
(派遣社員なので、条件に合う仕事が来るまで「待ち」の状態なんですけどね)
こんなこと言ったらなんて親だとヒンシュクを買いそうですが、こういう現実に
ぶつかった今、やっぱり仕事することにしてよかったと思っています。
保育園、そして仕事という「逃げ場」がなかったら、きっと精神的に潰れて
しまうと思うから・・・
でもここに来ている先輩ママさんは、みんなお子さんの障害に真正面に
向き合って、前向きに頑張っていらっしゃるんですもんね。
その精神力には改めて感服します。

>頭をポンとたたけばつまっていたパイプが元通りになって
>言葉がたくさん出てきて、普通の子になりそうな気がしてなりません。

うちの旦那もそれよく言います。「一度思いっきり頭ぶんなぐってやりゃ
いいんじゃない!?」って。壊れたテレビじゃないんだから(^_^;;)ゞ
皆さん考えてることは同じなんですね(笑)
ちなみにうちの旦那は育児に協力的なよいパパですが、療育のことには
ほとんど無関心です。(遅れのことは知っているけど)
私がきちんと説明していないからということもありますが・・・
知る気のない人に分かってもらおうとするのって疲れるでしょ(笑)

発達の遅れはいくらが産まれてからすぐに直面した問題で、何度もどん底まで
落ち込んだり卑屈になったり泣いたりしてきたけど、それでもなんとか
自分の中だけで乗り越えてきました。
「歩き出しが遅かったから・・・」とか「まだ小さいんだからこれから・・・」
とか、いろいろな思いを心のよりどころにして。
でも、これから就学問題なんかにぶつかったから、多分私のキャパシティは
限界になってしまうと思います(器ちっちゃいんで・・・笑)
もうそろそろ私ひとりで娘のことを抱え込むのは終わりにしたい・・・
というのがホントの本音です。
でも、ここで母親が逃げちゃったらダメなのかなぁ・・・


そうですよ 投稿者:まつこ  投稿日: 5月18日(金)19時37分05秒

しゃけさん

>もうそろそろ私ひとりで娘のことを抱え込むのは終わりにしたい・・・
終わりにしましょう。
一人でなんてやってられませんよ。ほんと。
それは「逃げ」なんかじゃないです。(*^_^*)

りょうくんのパパさん

>妻が言うには親も知らずADHDとか自閉症の子ではないか
>という子もクラスにはいると言っていました。
カンガーさんと同じく、(^。^;)ホッ です。
奥様は自閉症やADHDにお詳しいのではないでしょうか。
知っていればこその冷静さかもしれません。

>>私も、そうでした。
>過去形となっていますが今は立ち直られたんですね。私もそう言えるように
>なりたいです。<「揚げ足を取った」とはとらないでください。
はい。(*^_^*)
立ち直ったと言うより、自分の子どもの事がわからなくて
今現在どうしたらいいかも、これからどうなるのかもわからなくて
居たたまれない気持ちではなくなったんです。

この掲示板は大好きなので一日に何度も覗きにくることもありますが
そのたびに書き込むわけではありません。
ただ、りょうくんのパパさんの辛い気持ちが
とてもよく伝わってきたものですから……。

りょうくんが自閉症かどうかは私にはわかりませんが、
りょうくんのパパさんが自閉症のことをもっといろいろ知ることは
悪くないと思います。
うちサイトのライブラリにリンクしておきます。

http://village.infoweb.ne.jp/~tinker/library/autism.htm


うちの旦那は・・・ 投稿者:sara mama  投稿日: 5月18日(金)22時22分40秒

その時どんな気持ちだったのだろうと・・・。
診断には一緒に行きました。
「もしかしたら変わった子にはなるかもしれないが、直る事はない」様な事を言われました。
その後、新車のタイヤを側溝に落としたことを覚えています。
その時は、話す事で深みにはまってしまいそうで、返って話せませんでした。
りょうくんのパパのように辛かったんだろうなあ・・・と、今なら思えるけれど。
診断した先生を恨んだりもしましたが(笑)

://http


しゃけさんへ 投稿者:ママって呼んで  投稿日: 5月18日(金)22時25分06秒

しゃけさん、確か、いくらちゃんは、うちの息子と同じくらいでしたよね?

私も、しゃけさんが働いたり、いくらちゃんを保育園に入れることは、お二人にとって、良いことなのではないかと本当に思います。
今、自分が息子を幼稚園に入れて、とりあえず、この数日がうまくいっているということもありますが、それだけで書いているのではありません。

以前、息子のことを心配することになる、ずっと前、何かの雑誌に書いてあった言葉が忘れられないんです。
それには、確か「心配な子は、早く社会に託すべき」というようなことでした。本当に短いこの文章だけだったのですが、それだけに覚えているのです。

息子を保育園や幼稚園に入れるべき!と先生に薦められた時、1度目はためらいました。何故か・・・・それは、子供が可哀想な気がしたのです。
早くに親と離れることが、親の責任を放棄するような、そんな気もあったし、よく3歳までは親と過ごすのがいい、って言いますよね?
でも、この時点で、私の頭には、いつ見たかすらも覚えていない、この言葉を想い出していたのです。
しかし、この「心配な子」という意味がよくわからなかったのです。私は、親のいうことを聞かない子とか、将来不良になりそうな子のこと?って
イメージしていて、すぐに頭の中から消えてしまいました。

その後、もう一度先生に相談に行った時、いろいろやるより、毎日同じ場所に通って、規則正しい生活の中で、自分で友達を作る、そんな生活
をさせるべきだ!と、再び先生に言われた時には、それだけのことを言われただけなのに、涙がでて、ここでみなさんに励ましていただきました。
2度目で、決心した理由は、先生の強い薦めと過保護、過干渉を指摘されたこと、そして、その言葉をかみしめたのでした。

実際、幼稚園での生活を始めてみて、自分に気持ちのゆとりができました。時間的なこともありますが、多くの人が息子に関わってくれるという・・・・
この子のことを考えたり、悩んだり、しつけたり、思ったり・・・・そういったことをするのは、自分だけではないんだ!という、妙な安心感。
やっと、その言葉の意味を、自分なりに理解できたような気がするのです。
そして、子供にとっても、親のいない場所で、たくましくやっているとのこと。その全部は、知りたくても知ることができないのですが、それでいいんだと思います。
また、客観的に冷静に子供を見てくれる先生がいること。相談できる相手が増えることとは、なんと心強いことでしょうか。
注意の仕方も、つい感情的になってしまう私ですが、先生の注意の仕方は恐らく冷静で、かつ効果的なのだと思います。
息子に聞いてみても、怖くないのだそうです。私のは、きっと怖いだけなんだと思います。

4月の終わりになるまで、まさか3歳前に幼稚園に入園させるなんて、考えてもみませんでしたが、本当に良かったと思います。
そのうち、今の幼稚園を変わりたくなるかもしれませんが、それでも、どこかの幼稚園、保育園には入れると思います。
自閉症について、全く理解していないのに、こんなことを書いてしまいましたが、私がデビューしたときに、しゃけさんが書いて下さって
本当に嬉しかったので、自分なりの意見を書いてしまいました。失礼だったらお許しください。


sara mamaさん そのほかみなさんへ 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月19日(土)01時00分34秒

今、酔っています。いたたまれず酔っています。ご無礼があったらお許しください。
酒に逃げるのは男の悪い癖ですね・・・。

>>妻が言うには親も知らずADHDとか自閉症の子ではないか
>>という子もクラスにはいると言っていました。
>カンガーさんと同じく、(^。^;)ホッ です。
>奥様は自閉症やADHDにお詳しいのではないでしょうか。
>知っていればこその冷静さかもしれません。
残念ならが妻より私の方がADHD、自閉症等は詳しいと思います。ただ妻は普通を
よく知っているんでその差をわかるだけだと思います。追記としては学年が変わって
先生と教室が変わるだけでパニックを起こすお子さんがいるそうです。
よく1000人に1〜2人の自閉症児がいると伺いますが、そういう話を聞いていると
絶対、嘘だと思います。

>立ち直ったと言うより、自分の子どもの事がわからなくて
>今現在どうしたらいいかも、これからどうなるのかもわからなくて
>居たたまれない気持ちではなくなったんです。
自閉症児をもつと親も強くなれるんですね。普通の子供を持つよりより成長せざるをえないのでしょうね。ひしひしと文面から伝わってきます。

>この掲示板は大好きなので一日に何度も覗きにくることもありますが
>そのたびに書き込むわけではありません。
>ただ、りょうくんのパパさんの辛い気持ちが
>とてもよく伝わってきたものですから……。
本当にありがとうございます。しつこいですが本当にありがとうございます。
全然見ず知らずの人からこんなにも心配していただけるなんて思いもよりませんでした。
>りょうくんが自閉症かどうかは私にはわかりませんが、
>りょうくんのパパさんが自閉症のことをもっといろいろ知ることは
>悪くないと思います。
自閉症でしょうが(そう思っていたほうが気が楽だから)、自閉症に関しては会社の連中とか、友人とかに話まくっています。やはり、自閉症という日本語の言葉の感じから
ただ、くらいやつとか、親の育て方が悪いと思っているやつが多いです。なんとかその辺りだけでもわかってもらえるように話しています。
だってこれ以上あるかって位、愛情たっぷり育てていますから・・・。
これ以上なにをしろって感じです。

すみません、酔っているせいでぐちっぽくなってしましました。これからもよろしくお願いします。


りょうくんのパパさま 投稿者:たいまま  投稿日: 5月19日(土)08時11分59秒

今のりょうくんのパパさまのお気持ち、私とまったく同じです・・・。
おそらく今のうちの息子の状態は「自閉症」に間違いありません。
今色々な事が心配でたまらなく、ネット上を渡り歩き情報を集めている状態です。
りょうくんのパパさんへの皆さんのお返事も自分へのエールに思えて涙がとまりません。
私もまだ現実を真正面からうけとめる心の整理ができていません。
何でこんな事になってしまったのか・・・となげく気持ちの方が大きくて・・・。

実はうちの息子は結婚7年めにしてやっと授かった子供です。
どうしても子供が欲しかったので「不妊治療」も積極的に受けました。
人工授精にはじまり3度の体外受精まで・・・。
それでも授からず、ほとほと疲れ果て諦めかけていた時にひょっこり自然妊娠したんです。
本当に嬉しかった!!産婦人科の先生もびっくりだったんですから!
子供も授かり、幸せいっぱいで過ごしておりました・・・。

友達はみんなすぐに妊娠して出産して・・・なんで私だけが・・・と
あの時も辛い思いをしましたが・・・今回はもっと辛いですねえ〜。

私は今仕事で、1歳半、3歳児健診など幼児健診に携っています。(歯科衛生士です)
実は昨日も3歳児健診に出ておりました。息子とほとんと同じ月齢の子供達をみていると
やはり息子との違いを感じ、そのたびに絶望的な気持ちになり・・・。
仕事の帰りの車のなかで、涙が止まりませんでした・・・。

でもこれが現実!受け止めなくては!!と今自分に言い聞かせている所です。
長々と自分の事ばかりかいてごめんなさい・・・。
りょうくんのパパさん、一緒に頑張りましょうね!!!


たいままさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月19日(土)08時49分49秒

いっぱい涙を流す時間も必要です。

私の場合、診断される前がつらかったです。
絶対「何か変」なのに、みんなが「様子を見ましょう」で済ませてしまう。
何とかしないといけないはずなのに、「もう少し待てば、言葉も出るのでは」
といわれる。
診断されたときは、「ああこれでやっと、次に進める」とほっとしたのでした。

みんなね、いっぱいつらさも抱えているけど、
その分子供の成長を、手放しで喜んでいるんだと思います。


苦しいですね。 投稿者:しゃけ  投稿日: 5月19日(土)09時13分52秒

まつこさん、ママって呼んでさん、レスありがとうございました。
一夜たって、昨日の先生の言葉の重みがもっと強くのしかかって
くるようになりました。
さっき朝食を食べている旦那に、できるだけさらっとこの件を切り出しました。
朝帰りで二日酔い、おまけにこれから土曜出勤・・・という状況では
少々ヘビーすぎるかなと思いましたが(笑)
彼は「じゃぁ普通の子にはならないってことね・・・終わったな」と一言。
そしてもうその話題には触れませんでした。
いくらに対する態度も心なしかよそよそしくなったように感じました。
思わず涙が出そうになりましたが、もういいやって思いました。
どうせこの人には精神的なサポートは最初から期待していないし。
今までも「なんでできないの?」「何言ってるかわかんないんだよ〜」と
いくらを叱る旦那のなだめ役にばかり回ってきたんだから・・・
彼にとってはいくらは「失敗作」なんです。「こいつをリセットして
もっとデキのいい奴を作りたい」なんて言ったこともあります。(冗談ですけどね)
こんな人だから、一緒に苦しみを分かち合うとか、協力して乗り越えていく
なんてことは考えられません。
でも別にいいです。育児にはちゃんと協力してくれてるし、「デキが悪い」と
文句はいいつついくらのことも可愛がってくれてるし(これから先は
どうか分からないけど)それだけで充分。
私もこれから仕事を始めれば忙しくなるし、きっとこんなに悩んでる暇なんて
なくなるに違いないしね。悪いけどそこに逃げさせてもらいます。
まつこさんのおっしゃるとおり、自分だけで苦しい気持ちを抱え込むのは
もう終わりにします。
だからって誰と辛さを分かち合えるわけでもないから、もう考えない
ことにします。
先生の言ったことも、今はとりあえず忘れます。
それだけしかもう自分の気持ちを安定させる方法が見つかりません。

>自閉症という日本語の言葉の感じからただ、くらいやつとか、親の育て方が
>悪いと思っているやつが多いです。

私は「自閉症は心の病気」「親の育て方が悪いから」であってくれた方がまだ
気がラクだったと思います。それならクスリを飲んだり、接し方を変えれば
治るっていうことでしょう?
でも違うんですよね。これは「障害」なんですよね。
「障害」「障害」・・・なんど頭で繰り返しても、この言葉の持つ
ショッキングな響きに慣れることができません。
私は元々母性の薄い親です。
旦那だけでなく自分まで娘を疎ましく感じてしまいそうな不安にかられてます。

なんだかエキセントリックな文章になってしまってすみません(^_^;;)ゞ
久々に泣きながらメール打ってしまいました。


たいままさん 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月19日(土)09時49分32秒

>本当に嬉しかった!!産婦人科の先生もびっくりだったんですから!
>子供も授かり、幸せいっぱいで過ごしておりました・・・。
私の友人で結婚して15年位たっても未だに子供ができないみたいです。
さすがにもう諦めたみたいですが、子供ができないというのも辛いのでしょうね。
そういえば、お隣のご夫婦も子供をいらないのかどうかは知りませんが
いらっしゃいませんね。
いま、少子化が言われていますが、欲しくても子供ができない夫婦にとっては
辛いことなんでしょうね。

>友達はみんなすぐに妊娠して出産して・・・なんで私だけが・・・と
>あの時も辛い思いをしましたが・・・今回はもっと辛いですねえ〜。
不妊のつらさというのはわからないですが、本当に辛いですね。
でも、なかには脳障害があろうが子供が欲しいという夫婦もいるのですかね。

>私は今仕事で、1歳半、3歳児健診など幼児健診に携っています。(歯科衛生士です)
>実は昨日も3歳児健診に出ておりました。息子とほとんと同じ月齢の子供達をみていると
>やはり息子との違いを感じ、そのたびに絶望的な気持ちになり・・・。
>仕事の帰りの車のなかで、涙が止まりませんでした・・・。
そのお気持ち本当によくわかります。りょうくんのクラスの子供に、りょうくんのお姉ちゃん(5歳)と対等以上に話をする子がいます。この差はいったいなんなんだって思います。なにせ2,3語なんてレベルじゃないんですよ!!

>りょうくんのパパさん、一緒に頑張りましょうね!!!
頑張りましょう!! たいままさんの家が近ければ家族ぐるみで、もっと一緒に頑張れたんだけど残念・・。私は千葉県にすんでいます。


しょう君の診断結果 投稿者:かずりん  投稿日: 5月19日(土)09時57分44秒

昨日、児童相談所に併設されている診療所にしょう君をつれて行ってきました。
診断の結果はLDで発達性言語障害の混合性(理解と表出の両面の障害)ということでした。
ADHDも言われるのでは・・・と思っていたのですが、境界域ぎりぎりで入っていないということでした。
ただ、小学校の様子がまだ入学したばかりでよくわからないこともあるので今後の学校での状態しだいではADHDの診断が出る可能性もありそうです。
また、一方的に話しをすることがあるため広汎性発達障害の可能性も捨て切れないがこれも言語の発達が遅れているためとも考えられるので今の発達段階では診断が難しいということでした。

境界域ぎりぎりということでこれからどうなるかはわかりませんが、今のしょう君がどのくらいの位置にいるのかがわかって良かったと思います。
小学校の校長先生にも18日に診察を受けるということは前もって伝えていたので、夜に電話がありました。
LDという診断がでたことを伝えた所「これから、どういう対応をしていけば良いのかドクターから直接聞いておきたいのですが・・・」と言ってくださいました。
私の方から頼もうと思っていたことだったので、校長先生から言っていただいたのがとてもうれしかったです。
校長先生が理解のある方だったこともあるのでしょうが、これもきちんと診断を受けたおかげ(?)かなと思っています。


しゃけさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 5月19日(土)11時28分23秒

うちのじゅん君に自閉症の診断がでたときのだんなの反応は「じゃあ、普通の学校には行けないって事やな」でした。
そんなにあっさりいわないでよ〜って感じでしたね。
たしかに普通学級は今の知的レベルじゃ無理かもしれないけど、超スローペースでも発達はしていくんだから・・・それを普通の生活はもう無理なんだという感覚でいるうちのだんなには何を言ってもだめだなと思い、その後は療育に関することなどは私の独断で進めています。
話しても「じゃ〜そうすれば・・・」で終わってしまうので。
ま〜子供自体は好きでよく相手をしてくれるのでそれでよしとしようって感じです。

それでも私が潰れる事無くここまできてるのは、息子達のことをよく理解してくれ、私の愚痴や悩みを聞いてくれた幼稚園の先生方のおかげかな。
最近はこの掲示板にカキコすることで自分自身の気持ちを整理していることもあります。
私一人で背負ってしまってたら、LDのしょう君と自閉症のじゅん君の二人の障害児をここまで育てられてる自信はありません。

ところで、自閉症は障害なので治ることはありませんが、自閉症の特徴にあわせた療育などを行うことで改善していくことはできます。
ただ、行動自体が変わってるから「へんなやつ」とは思われるでしょうが・・・
うちのじゅん君ですが、知的障害もあるので言葉はあまり出てませんが人の言うことはよくわかっています。
・・・というよりこう言われたらこれをするというパターンができてるようです。
何でもパターン化してしまうことがわかって、その対処のしかたを私なりにつかんでからはじゅん君のあつかいが少し楽になりました。
じゅん君自体もパニックになることが少なくなり楽になったようです。
障害だからもうどうしようもないんだというふうには、考えないでくださいね。

ちょっとおせっかいすぎるかな?
もし気を悪くされたらごめんなさい。ちょっと気になったのでm(_ _)m


かずりんさん 投稿者:しゃけ  投稿日: 5月19日(土)12時50分25秒

レスありがとうございました。
さっきまでずっと自閉症スペクトルに関するHPを読んでました。
「これじゃん、これだったんじゃん!!」って叫びたくなるような
気持ちでした。
同時に自閉症に対する自分のあまりの無知に泣けてきました(−_−;;)

>うちのじゅん君に自閉症の診断がでたときのだんなの反応は「じゃあ、
>普通の学校には行けないって事やな」でした。

かずりんさんのご主人の反応もうちと同じようなものだったのですね。
こちらに来ていらっしゃるパパさんが熱心に療育に取り組んでいる方
ばかりなので、うちの旦那の無理解が恨めしかったんですが、
全体のパーセンテージからしたらそういう熱意のある方は本当に
少数なのかもしれないですね。
私もかずりんさんと同じで、この件に関する「相談」は諦めてます。
(必要最低限の報告はしますけど)
療育の理解者にはなってもらえなくても、彼にしかできない関わり方
だってきっとたくさんあると思うしね。そっちに期待します。

>最近はこの掲示板にカキコすることで自分自身の気持ちを整理して
>いることもあります。

私もホントにそのとおりです。
こちらに書くことで気持ちが落ち着き、答えをもらうことで安心します。
そのせいで外ではきわめて冷静です(笑)
療育に来ている他のお母さんは先生に結構愚痴や相談事を話している
みたいだけど、私はそういうことは一度もありません。
だってこの掲示板で全て事足りちゃうんだもん(笑)

>自閉症は障害なので治ることはありませんが、自閉症の特徴にあわせた
>療育などを行うことで改善していくことはできます。

もちろんそうですよね。
いくらは初めてのことを理解するのは弱いのですが、繰り返し何度も
経験することで確実に自分のものにしていってます。
最初はおもらしばかりのトイレトレも今は家の中ではほとんど失敗が
なくなったし、療育でも先週はできなかった課題が今週はできていたりするし。
着実に進歩していることは親の目から見てもよく分かります。
多動もおさまったし、パニックもこだわりも全然ないし、遊び場でも
お友達と仲良く遊んでいます。
基本的な欲求は伝えられるし、こちらの言う事もある程度分かっているし
高いレベルを望まなければ日常のコミュニケーションに不自由はありません。
反抗期まっさかりの同じくらいの子供達に比べれば、かえってラクな
くらいだと思います。

でも・・・どんなに進歩してもやっぱり障害児だって現実には
一生変わりがないんですよね。
昨日先生も「スキルを身に付けていくことで社会に適応できるお子さんに
なりますよ」って言ってたけど、その「適応」って言葉が私には辛かった。
皆が赤い服を着ているのに、いくらだけ青い服の子。
青いものにどんなに赤い絵の具を混ぜて赤く見せても、決して本当の赤には
ならないんですよね。
「特別に配慮が必要な子」「社会が暖かく見守るべき子」・・・
結局いつまでたってもそうやって「特別扱い」されなくちゃ成長
していけないんですよね。

ごめんなさい。すんごいマイナス志向だってことは自分でも
よーく分かってます。
何てこと言ってんの!?って不快に思う方もいるかもしれません。
でも、ここでマイナスの気持ちを全部全部吐き出しておかないと、
前に進めないような気がするんです。
だからどうか今だけ許してください。

・・あぁ、私はまたこの掲示板に思いっきり甘えてしまいました(^_^;;)ゞ


たとえ他の99人が 投稿者:M@洞穴  投稿日: 5月19日(土)14時45分24秒

赤い服を着ていても、
「うちの子は青が似合うんだ〜〜い!!」

と言えるお母さん、お父さんって素敵♪
その青が青のままで、輝けるように、
そして時には、
色それぞれの魅力を発揮して虹の色も織り成せるようになればいいなぁ・・。

自閉症がスペクトルなら、人全体もスペクトル。
それこそ、みんな違ってみんな良い。
「障害」なんて人が勝手に線引きしたものだもんね。

ただ、
世の中、青のままでは生き難いのは確かだから、
どうすれば生きやすくなるのかを考えて対処していく必要はあるね。
それが子育てであり、療育であり、教育でもあるわけよね。

   洞穴から這い出して、
        今日もぶつぶつとつぶやいて去っていく管理人でした・・・。


>たとえ他の99人が  投稿者:えむ@ひらがな  投稿日: 5月19日(土)16時38分11秒

そうだよね、そうだよね、そうだよね。


しゃけさん、かずりんさん 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月19日(土)21時52分29秒

>かずりんさんのご主人の反応もうちと同じようなものだったのですね。
>こちらに来ていらっしゃるパパさんが熱心に療育に取り組んでいる方
>ばかりなので、うちの旦那の無理解が恨めしかったんですが、
>全体のパーセンテージからしたらそういう熱意のある方は本当に
>少数なのかもしれないですね。
いいえ、お恥ずかしながら、ちょっと前までは私もご主人と似たようなものでした。
ただ、毎日、妻と一緒に保育園へ送っていくもんで他の子供とはずいぶん違うなぁ
とは漠然と思っていましたが。
 今みたいに心配性になったのは、先月から行きだした言葉の教室に妻の代わりに
行ったことがきっかけでした。妻も実は私にもっと我が子の実態に気が付いてほしくて
代わりに行かせたみたいですが・・・妻の思いはドンピシャでしたね(笑)
それからというもの、本屋とネットで必死にいまさらながら知識をかき集めているところです。
 無知とは恐ろしいものですね・・・。しゃけさん、かずりんさんも私の妻と同じような
ことをして気付かせられたらどうでしょうか?


中学3年 投稿者:sara mama  投稿日: 5月19日(土)22時40分26秒

>その青が青のままで、輝けるように、
そんな進路選択をしてあげたい・・・


自ら、こだわりからの脱皮!? 投稿者:ビリビリ  投稿日: 5月20日(日)01時15分50秒


以前、新聞破りや、日本文化センターのCMが流れて終わると泣く子どものことで、おじゃましたことがある、ビリビリです。おひさしぶりです。
改めて自己紹介、自閉症児(年長男子)の母です。

今日、子どもを何年かぶりに、ひっぱたいてしまいました。
(もちろん、普段の私の意識で、叱ったところで、本人にはすぐに理解できなくて、またすぐにどうにもならないことだとは解ったうえでですが。。)

ずっとこだわってる、「数字のおもちゃの3(赤3個・黄3個・緑3個くらい)がない」と言われ、(実際は、「赤の3は〜。。黄色の3は〜。。という具合」)どこを探してもない。。。

しばらくすると、無言でトイレに行く子供(排泄の場合は、おしっこと言いながら、ズボンを脱ぎかける)を見て、不信に思い、すぐに後をつけると、なんと「黄色の6」が10個ほど、トイレの便器の中に入った状態でした。

そして、今まさに流そう。。。としているところを発見。

普段、何か適切でない行動(やられては、「とても」困る行動)をした場合のときにするように、
「それを、してはいけない」ということを伝えました。

しかし、またしばらくすると、ジャーー・・というトイレの音。

はっ。。。と思い、数字がズラズラ置いてあるテーブルを見てみると、今度は「4(各色)」が消えていました。

確実にトイレに流していた・・ということが解り、思わずピシャッとしてしまった。

今日は、私の古い友人一家が遊びにきていて、夕飯を食べ先ほど帰りました。

叱ったのは友人一家の手前・・ということは全くなく、
「あんなに好きで毎日毎日色と数字の確認」を「私のみ」にしていた。。。その大切な数字を
トイレに流し、挙句の果てには「3は?」・・・などと言いながら、探している。

自分で大切なものを流して捨てたのに、、それがない・・と私に詰め寄る。

「もう、どうしてよっ。。。」と、こっちも人の子なので、ついつい感情的になってしまいました。(しかも、トイレが詰まる)

そんな状態の時、友人が一言、「もしかしたら、○○君は、もう数字にこだわるのはオシマイにしよう・・って、自分から断ち切ったのかも知れないよ。」と。

そんな経験のある方、あるいは、その気持ちが理解できる方、
あるいは、こういう気持ちだったのかも。。と想像できる方、助言して下さい。

私は友人の言葉が意外といいところをついてるかも知れない・・と思ったのですが。
あるいは、友人たちが来ていたので、注意を自分に向けるためなのか。。。

叩いちゃってかなり、こっちも落ち込んでます。

こだわり・・・って、本当はやりたくないのに、やらざるを得ない・・って気持ちで
やってしまうのかな。。

かといって、他になかなか興味が向きません。
私が提供する遊びのレパートリーが少ないのか。。。。

また、かといって、大人しくそればかりをしている。。という雰囲気の子ではなく、
ときには、活動的に遊んだり(多動は大分おさまってきてますが、まだまだ時々飛び出しなどします。)、人に対しても、すりよっていくタイプです。

叩いちゃったのと、彼の気持ちがわからないのとで、結構今日は落ち込んでおります。




治らない、んだよね。 投稿者:ゆうくんママ  投稿日: 5月20日(日)02時57分25秒

2、3日ぶりに覗かせていただくと、つい自分に(ゆうくんに)甘くなっていた自分に気付かされました。
「自閉症は治らない」んですよね。
一生背負っていく「障害」なんですよね。
今5歳になって、3歳以前に見られていたいくつかの自閉的傾向は消え、少し前に比べて言葉も、コミュニケーションの質的なことも改善されているように見え、ここの所、「ゆうくんも結構普通の子とかわらへんようになってきたやん。」と思っていたママでした。
でも、りょうくんのパパが登場していただいたことで、「自閉症」とはなんぞやともう一度見なおすことになり、またりょうくんのパパに向けた皆さんのお話を読んでると、私もこのままではゆうくんに診断を付けてもらった意味がない、がんばらなくっちゃ、と思えてきました。
でも一方で、得体の知れない不安、というか、将来のことを考えると、ほんと、絶望的になったりします。
また見にきます。
夜中なので、これ以上書いてると何を言い出すかわかりませんので・・・


それはあると思います。 投稿者:まつこ  投稿日: 5月20日(日)08時03分35秒

>こだわり・・・って、本当はやりたくないのに、やらざるを得ない・・って気持ちで
>やってしまうのかな。。

初めは「好き」なことで、それを確認することで安心していたものが
確認しなければ安心できなくなって
確認しても安心できなくなって
辛く苦しいのに自分ではもう止められないことは、うちでもありました。

それにしても、
どう考えても「オモチャをトイレに流す」のは困ります。
ビリビリさんが強く叱ったのも当然ですよ。

数字が足りなかったらどうしよう(不安)
→もしもトイレに流れてしまったら、もう戻ってこないだろう、そうなったらどうしよう怖い。
もしもうちの少年がこういう気分になったら、ここが「私には謎」の部分なんですが
トイレに数字を流してしまうかもしれない。

やっぱり、ちょうど年長さんくらいのころ、
「あんた、それは自分でも『アカン』って思ってるやろ」ということを
やりまくって、自分でこんがらがって苦しんでいることがありました。

あれは、今思うと、「こうするとこうなる」と、物事には因果関係があるということを
気がつき始めた頃だったように思うのです。
つまり、脳の中に高度で新しい回路ができたとき
それを使いこなすのにちょいと時間がかかるので
その間は傍目には問題行動が増えたように見えることがあるのではと
考えるようになりました。

ビリビリさんのお子さんとその数字のオモチャとの関係は
かなり煮詰まっているようなので、乱暴なようだけれど
それ、全部しばらく目に触れないようにしてしまう方がいいのかもしれません。

大好きなものについて、そうするんだからこちらもお子さんの辛さ(パニック)を
覚悟しなくてはならないけれども……。

それはそうと、いいお友達ですね。


ゆうくんママさん 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月20日(日)09時07分12秒

>今5歳になって、3歳以前に見られていたいくつかの自閉的傾向は消え、少し前に比べて言葉も
>、コミュニケーションの質的なことも改善されているように見え、ここの所、
>「ゆうくんも結構普通の子とかわらへんようになってきたやん。」と思っていたママでした。
よかったですね。それでは就学は普通学級ですか? ちょっと苦労するかもしれませんがそうできるならそうした方がいいかもしれませんね。りょうはこのままあまり変わらないようだったら特殊または養護学校に入れようと思います。無理に普通学級に入れると、いじめとかであらぬ苦労をさせられそうだから。とは言っても、当然、まだうちも諦めてませんよ!!

掲示板過去ログ案内に戻る