2001年5月その6
次郎 投稿者:sara mama  投稿日: 5月20日(日)14時30分22秒

3月始めいろいろありました。
とあるサイトのBBSの内容が次郎には納得できなくて。
すごい騒ぎ方で・・・。
母「だったら、そこを見に行かなければいいのに・・・」
次郎「でも見に行かないではいられない」
と言うわけで、話し合い、インターネットで制限をかけました。
すると、見にいけないのならそれでいい・・・と言うことで一見落着しました。
自分では押さえられない事を、物理的に押さえてもらう・・・それも一つの方法なんだと。

http://www.ne.jp/asahi/sara/minna/sub1index.html


こだわりの対処。 投稿者:さくらんぼ  投稿日: 5月20日(日)17時06分33秒

なるほどねー。そうやって、こだわりを対処する必要のあるときがあるのですね。
覚えとこうっと。とても為になりますねえ。

今、障害が解ったときの事かかれてますが、全く私のときと一緒です。
いまは、たいへんななりに、落ち着いてはいますが、あの時はつらかったです。
みんな、同じように、気持ちを整理していくのですね。
わたしも、「宝くじにもあたったことないのに。」って思いましたよ。

でも、治らないと言われていても、あきらめないでいたいですね。
だって、これからなんですものね。


誰もが通る道 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 5月20日(日)18時45分58秒

私にもまた、自閉症の息子がいます。診断を受けたのは2年半前の
ことでした。

たいままさん、りょうくんのパパさん、しゃけさん
急ぐことも、自分を責めることも必要ないと思いますよ。
あなたがたが今感じていること、考えていることは、
それまで「普通の子」だとばかり信じていた我が子が
そうではなかった、とわかったときに、誰もが経験する、ごく
あたりまえの感情です。
障害は障害として、ありのままの我が子を受容するための、
ごくあたりまえのプロセスです。

私も、そしておそらく、ここの常連の親御さんたちの殆どが、
その道を通ってきました。
「自閉症と診断されることは、終わりではない」
今、そう言われても、そんなふうには、とても思えないだろうと思います。
でも、いつかきっと、「なるほど、そういうことだったのか」と
感じる日が来るはずです。その時、思い出してもらえれば十分です。

私はその心境になれるまで、結構見苦しく、じたばたと苦しんだほうです。
自閉症と診断された我が子に、まだ将来があるなんて、とても思えなくて、
何度も彼の首に手をかけました。子どもを抱いて、浜辺に立ちました。
でも、あの時、ぎりぎりのところで踏みとどまっていて良かった。
今では心からそう思います。
私が、今苦しんでいる親御さんに望むのは、その一線を超えないで欲しい、
ただ、それだけです。

その時4歳だった息子は、今年小学校に入学しました。
障害児学級にいますが、普通学級の子よりずっと「おいしい学校生活」を
送っています。
「我が子を障害児学級に入れたこと」を手放しで喜べる日がくるなんて、
2年半前には想像もつきませんでした。

当時のじたばたぶりを、HPで公開していますので、もし良ければ
ごらんになってみてください。
ご自分だけがそうなのではないことが、よくわかると思います。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/rakugaki/rakugaki-04.html


障害の受容 投稿者:ケリー。  投稿日: 5月20日(日)20時14分53秒

については、様々かと思いますが、

「発達障害の豊かな世界  杉山登志郎 著  日本評論社」(1900円)

の中で、特に「両親の『障害受容』」について触れています。(P.209〜)
皆さんが思い悩むのは、特別なことではありません。
親だからこそ、とも言えるんじゃないかな?
簡単にご紹介しますね。

 否 認 (障害の否認、ドクターショッピング)
  ↓
 怒 り (周囲への怒り反応、「なぜ我が子が」)
  ↓
 取引き (訓練などへの没頭)
  ↓
 抑うつ (障害に対するあきらめ)
  ↓
 受 容 (個性としての障害の受容)

の、5段階です。

ちなみに私の場合は、こくっぱ母さんと近いものがありましたが、
今現在、取引き、抑うつ、受容を行ったり来たりしているってとこかな?

マニュアル・ケリーでした^^;。
(あ!息子は9才。ADHDと自閉症スペクトルの真ん中あたりにいます)


>BBSでパニック 投稿者:ままはっち  投稿日: 5月20日(日)21時33分33秒

sara mamaさん、こんばんは。みなさん、こんばんは。
sara mamaさんのHPを拝見しながら、次郎くんはうちの息子の数年後かな・・・
次郎くんのようになってくれたらいいな・・・と思っているままはっちです。
うちの子もPCが好きで得意な、自閉+LDと診断されている小4男児です。
その息子も、この間BBSのことで大パニックになりました。
好きなサイトのBBSに初めて書き込みをして返事が返ってきて喜んで数度書き込みを
していたBBSが、ある時いきなりリニューアルされてて、いままでの書き込みも全て
消えてしまっていて、息子は激怒!!大パニック!!ということがありました。
怒りまくって、「新しい掲示板にメチャメチャなことを書いてやる!!」とか
「メールで文句言ってやる!!」とかパニック状態で、説明して興奮を納めるのに苦労しました。
とても若い人がやっていそうなHPで、息子が今とても好きなことについてのHPで、
毎日何度も見ているので、掲示板に書き込みしてみたらと勧めたのですが、
いきなり掲示板がリニューアルされるとは・・・思ってもみなかった。
でも、こういうこともあるのですよね。
まだまだ変化に弱くて、社会性もまだ育っていない息子には、掲示板は早かったかも
しれません。掲示板もコミュニケーションですものね。


(無題) 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月20日(日)21時44分00秒

 ちびくまさん、ケリーさん。お心遣いありがとうございます。
今週の土曜日に正式に診断してもらいにいくつもりです。
どう考えたってなんらかの知的障害をもっていると思うので、自分自身がその分かりきっている結果を受容できるように心の準備をしている段階です。
 しかし、みてくれは保育園で一番かわいい(親バカです)息子のりょうが知的障害児であるわけがないと思う気持ちがどうしても捨てきれずにもがき苦しんでいます。
ケリー。さんの言うところの一番上の「否認」ってところですね。
いつか時間が解決してくれて「受容」へたどり着くと思いますが(おい、本当?<自問)、今はまだ全然無理っぽいですね。

>障害児学級にいますが、普通学級の子よりずっと「おいしい学校生活」を
>送っています。
ちびくまママさん、「おいしい学校生活」ってどういう意味ですか?教えてください。
まさか、給食がおいしいっていう話じゃないですよね(笑)

 話は変わりますが、きょう日本自閉症協会千葉支部:東葛地区分会の総会&講演会にオブザーバー出席してきました。我が子が正式に「自閉症」と診断されたら入会を考えますと言ってきましたが正直に言って、「ふーん。。こんな団体もあるんだ」で終わってしまいました。入会すればいろいろな良い面が見えてくるんでしょうが、入会するとなにか育児以外の仕事が増えて大変そうというのが私の感想でした。確かに得る話もありましたが、みなさんは協会に入会しているのですか? ぜひ、メリット、デメリットの話をお聞かせください。ちなみに私が行った講演会は以下のURLでした。

http://www.interq.or.jp/japan/aschiba/tokatsu/


やっぱり自閉? 投稿者:はーにゃ  投稿日: 5月20日(日)22時28分58秒

はじめまして2才2ヶ月の息子の母です。
うちの息子の今の状況は
・目が合いにくい(両親とは比較的合いやすい)
・指差しができない、理解できない
・意味のある言葉を話さない
・呼びかけに対する反応が鈍い
・他の子供と遊べない
・軽いクレーン現象がある
・こだわりがきつい(海苔の袋などをずっと触っていたりします)
・多動である
の症状があります。
やっぱり多分自閉症だよなーと最近思っています。
でも主人の方はまだまだ楽観視していて、子供の中でもまれればそのうち良く
なるんじゃないかと思っているようです。
それで、息子にとってのいとこたちがうじゃうじゃいる私の
実家にしばらくいったらと提案されています。
それで来月上旬から2週間程行ってこようとは思っているんですが、
先日主人の方の実家に行った時の息子の動揺(一瞬たりとも私の
そばを離れられなくなって、おびえていた)を思うと
そうすることがマイナスになってしまうのではないかと
思っています。

発達についてはいろいろ渡り歩いていますが、まだ
「様子をみましょう」といわれるだけ・・
今月末に聴力検査をして7月上旬に再度発達について
専門医に診てもらうことになっています。
でもこれだけの症状が揃えば間違いなく何かありますよね。
やっぱり今は自宅で息子の様子を観察しつつ、楽しく
過ごさせてあげる方が良かったりするんじゃないでしょうか。
どなたか良いアドバイスを〜


心臓止まる1日 投稿者:ななママ  投稿日: 5月20日(日)22時35分03秒

 うちのちび助は 1才半健診でひっかかり来月 小児医療センターの発達外来に行く予定
なのですが(自閉傾向があるんじゃないかと言うことで)目があわない、呼んでも振り向かない、
耳元で音をたてても知らん振り、やたら動き回りじっとしてなく、転んでも痛みに強いのか
平気でいて、抱っこするとイカタコ状態で嫌がります。そんな ちび助が 部屋でアンパンマン
見ていたはずなのにいなくなったんです。本当に血の気が引きました。もう、裸足で外に
飛び出てちび助が好きなルートを全力で走ったら、もうあたりが暗くよく見えなくて
泣きそうになりました。普通だったら、暗くて心細くなって途中で泣いてるか、
呼ばれたらこっちにきてくれるんでしょうけど うちのちび助は 1人でも平気で
どんどん行ってしまい、名前を呼んでも振り向かないので「どうしようどうしよう・・」
って、頭ん中パニックになりそうでした。結局はどういうわけか車のドアが開いてた
らしく大好きな車の中でハンドル握ってニコニコしてるのを旦那が見つけ、2人でへたり込みましたけど。
 見つかってホッとした反面、ちび助はやっぱりどこかおかしいんじゃないのか?っていう
黒いもやが心の中渦巻きます。来月行く発達外来でちび助を
見てもらったら、受け入れたくない現実を言われてしまうんじゃないかって不安です。
 今の状態でいるのもつらいし、だからといって 結果を知るのも怖いという
矛盾した状態です。
 


ひいろさんへ 投稿者:はーにゃ  投稿日: 5月20日(日)22時38分10秒
うちの息子も先週から七田の教室に通いだしました(通常児クラス)
ただ、まだ迷いもあるんです。
私にもひいろさんのご感想をお聞かせいただけませんか?


連続ですいません・・・ 投稿者:はーにゃ  投稿日: 5月20日(日)22時43分21秒

自閉症やLDなどの診断ってMRI(でいいんだっけ?)とか脳波を
調べたりしなくても問診だけで下されることもあるんですか?


(無題) 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月20日(日)22時55分09秒

自閉症の診断は、問診が中心です。


(無題) 投稿者:ケリー。  投稿日: 5月20日(日)23時04分27秒

脳波は、「てんかん等ではない」ことを見るんだと思うよ。
だから、採る場合もある。(うちは採ったよん^^)


障害を告げられる意味 投稿者:さくらんぼ  投稿日: 5月20日(日)23時05分01秒

自閉かそうではないか、早期にわかるとラッキーというほど、日本の療育は発達してないですよね。
アメリカでは、障害がわかったとたんに、するべきこと、おしえてくれるらしいです。(そうですよね、ちびくまママさん?)
わたしが、今、もうすぐ6歳になる、自閉の子供を抱えて、そして、いろんな情報を集めてみたら、やはり、早期療育はとても大切ということがわかりました。
でも、ほとんどがアメリカの情報でした。
日本では、小児科の先生自体が、一部の人を除いて、旧弊なことを言っているせいか、今の世界の
療育を調べている人さえ少ないと思えます。
インターネットで簡単に手に入る情報ですら、ご存知ない先生、たくさんいます。
本当に、私たち、苦労しますよね。
でも、アメリカでは、お母さんがとてもがんばっていい療育をつくりあげようと、裁判所にまで訴えるということですから、日本のお母さんはまだまだ意識が足りないといったところなのでしょうか。
でも、一ついえることは、障害がわかったあとのフォローが、こどもの療育面、母親の精神面で、
必要だということです。
私も、障害が解ったあと、眠れない、食べれない、外出したくなくなり、自分でもノイローゼだと
思いました。
そういった時、だれか、助けてもらいたかったと、今でも思うし、また、そういった人が出るのは
本当にかわいそうだと思います。死んじゃう人もいるみたいですし。

アメリカみたいな、システムほしいですよねえ。


りょうくんのパパが心配 投稿者:りょうくんのママ  投稿日: 5月20日(日)23時49分41秒

1歳6ヶ月検診でひっかかってからりょうのことがずうっと心配でした。パパがあんまり心配しない感じだったから自分ひとりがかかえているみたいに思っていました。最近、パパも関心を強く持つようになったので私としては嬉しいのです。自閉症と診断されてもそのときはすごく落ち込むと思うけど、落ち込んだあとの頑張りは私の方が出来ると思っています。でもやだなあ。


うっ・・・・ 投稿者:ひいろ  投稿日: 5月20日(日)23時50分44秒

>私にもひいろさんのご感想をお聞かせいただけませんか?

どなたかと間違えてらっしゃるかな?
私は七田式のサイトを紹介しただけで、七田式に子供を通わせていません。
実際に通っているお友達もいないのでよくわかりません。

療育に関しては「親の感性」で選ばれるのが1番いいと思います。
今はどこの療育センターも、ほとんどかサイトをもっているので
まずそこに行かれるのがいいと思います。
サイトを見た感想って、人によってびっくりするくらい感じ方が違うものですよ(笑)


くりんさんでした 投稿者:はーにゃ  投稿日: 5月20日(日)23時59分42秒

すいません、完全に間違えてしまいました。
七田式のことについては、くりんさんへのお願いでした。
m(._.)m ペコッ


りょうくんのママさん 投稿者:まつこ  投稿日: 5月21日(月)01時22分24秒

パパさんに、ママさんも誘ってくださいとお願いしたのは私です。
よろしくお願いします。

りょうくんに診断がでるかどうかは、本当にわからないと思うのですが
「自閉症スペクトル」やその他の発達障害の子ども達は
私の子どもを含めてたくさんいます。ご近所にもきっといます。

皆さん、どうぞ、この子達のことを知って、よい関係を築いてください。
お願いします。

日本のシステムはアメリカやイギリスに比べて立ち遅れていますが
待っていても自分の子には間に合いそうもないので
私のできる範囲、わが子の周りだけでも何とかしようと奮闘中です。
ここに来ているお母さんお父さんだけでもかなりの人数です。
全国各地におられる皆さんが自分の子どものために動けば
その一つ一つは小さな点でも、日本地図を塗り替えていくことだって
できるんじゃないかと夢見ています。

もちろん、もっと具体的に社会に働きかけておられる方々はたくさんおられますし
成果も上がってきていると思います。


〇田式の件について 投稿者:M@洞穴在住管理人  投稿日: 5月21日(月)07時46分42秒

えっとね、同じ過ちを繰り返してはならないと自戒の念を込めて
先に書いておきますね。 
       < はじめて管理人らしい発言だったりして。


〇田式について、どう受け取るかは本当にさまざまでしょうね。
少し前にここで問題になった某〇ー〇〇と同じく、うまく利用される人もいるだ
ろうし、その理念には納得がいかない人もいるだろうと感じます。

賛否両論、諸説紛々ある所ですし、
掲示板に書き込むと誹謗中傷とも受け取られる内容になってしまう危惧も感じま
す。
そう言う訳で、ここでの具体的な書き込みは避けてメールでの情報交換にとどめ
てくださいね。
ここの古くからの訪問者さん方のモットーの”よいとこ盗り”の精神で良い所だ
け論じるのも、〇田式を検索してここに辿り着く場合も考えて、避けた方が良い
と思うのでね。  


言葉が足りずすいませんでした 投稿者:はーにゃ  投稿日: 5月21日(月)08時57分40秒

○田式についての件でお騒がせしました。
もちろん掲示板に直接ではなくメールでいただけたらと思います。
(と言いつつ二回目の訂正の発言にはメルアドつけるの忘れてましたm(__)m)
○文式やその他の療育機関など、サイトをみたり、直接行ってみただけでは
わからないことが多く、でも子供のためにも「無駄玉」は打ちたくない
という気持ちが強いんです。
最終的に利用するかはもちろん自分自身で決めることだし、
他の方の意見をすべてうのみにしてしまうこともしたくはありません。
ただ、同じような障害をもつお子さんをお持ちの方が
身近に皆無の私にとって、通常児クラスに通う他の
子のお母さんに「どうですか?」と聞く気にもなれず、
悶々としているのも確かなんです。
あくまで参考とさせていただきたいと思い・・
お騒がせしてすいませんでした。


乳製品について 投稿者:はーにゃ  投稿日: 5月21日(月)09時07分01秒

懲りずにまた質問です。
ほんとに突然現われて質問の嵐ですいません。

自閉症児やLD、ADHDの子の脳に牛乳などの乳製品が
悪影響を及ぼすことがあるという記事を読んだんですが、
最近の定説なんでしょうか。
ちなみにうちの子は大変乳製品が好きな上、偏食がひどく
まともに食事をしないため、ミルクを一日に600〜700ml
ぐらい飲んでいました。

この記事を読んでから
「もしかしてこれが原因で自閉的症状が出てたりして」
と思い、(まだ障害を受け入れていないんですよね)
1週間程前から断乳製品を実行しています。

成果は???
子供が激しく欲しがることもなく割と簡単に
やめられた(と思っているだけかも、、何せまだしゃべれないので)
んですが、やっぱりこういうのは独断で実行すべきではないの
かなぁなんて思ったりします。

医師や専門家にきちんと相談してから実行すべきでしょうか。

おそらく前にも議論されたであろうことを承知で
質問させていただきます。
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


乳製品 投稿者:sara mama  投稿日: 5月21日(月)09時32分03秒

>自閉症児やLD、ADHDの子と乳製品
上記の原因はまだ原因はよくわかりませんが、
先天的な脳障害を基盤に起こった発達障害です。
当初言われていたような心理的理由で心を閉ざした障害でもなく、
精神分裂病の幼児型でもありません。
また、親の育て方には関係が無いことだけは、はっきりわかっています。
・・・なのです。

>受容
私もこくっぱ母さんに近いものがありましたが、
診断されて10年、未だに、
事ある度に、やっぱりこの子には障害があったんだ→抑うつ→訓練や視点の変換→受容
・・・を、ぐるぐる回っています。
人間ができていないので・・・

>ままはっちさーん
わかる!結構、修羅場なのよね(うちだけかも?)
できる事と、自分をコントロールする力がアンバランスだからねえ。
近日中に足跡用BBS作りますので、よかったら(Mさん、私用をすみません)

http://www.ne.jp/asahi/sara/minna/sub1index.html


はーにゃさん 投稿者:ぎたお  投稿日: 5月21日(月)10時41分21秒

小麦粉に含まれる成分グルテンと乳製品中のカゼインが発達に影響を与えると言うのは、ある種の子供には事実として報告されています。
それは、食物アレルギーの場合などです。”そばアレルギー”などと同じで、障害により消化器官の壁をその成分が通過してしまい、血液中などに溶け込み、脳や他に影響を与えるというものだったと思います。ただし、これは0か1かというくらいはっきりしており明らかに食物アレルギーが無いお子さんの場合には影響はないと思われます。また食物アレルギーが有り、CFGFダイエットを試みる場合は両者を完全にカットして2週間くらい様子を見ないと違いは判らないようです。小麦粉と乳製品をカットすると言うのは、相当大変です。炭水化物は穀類で摂取、乳製品は豆乳のような形に変えるとして、加工食品やお菓子の小麦粉や乳製品もカットしないと意味は有りません。いずれにしてもアレルギーか否かは医療機関でわかると思いますので、専門医に相談されるほうが良いと思います。またCFGFダイエットの件は、シッポナさんのHPにまとめてあったように思います。<シッポナさん勝手に紹介させて頂きました。m(_ _)m


私は合併症だと考えていますが…… 投稿者:まつこ  投稿日: 5月21日(月)10時55分30秒

自閉症者で食物アレルギーや代謝に問題を持っている方は
それに対する治療もしておられると思います。
実際に専門家の指導の下で実践している方のサイトあるようです。

ところで、
>まともに食事をしないため、ミルクを一日に600〜700ml
>ぐらい飲んでいました。
のが、乳製品を除去してしまって成長発達のための栄養確保は大丈夫なのかしら。
私は栄養に関しても一人のおかあちゃんの域を出ないんですが……。

私はどっちかっていうと「牛乳のんどりゃあ死にゃあせん」のじいちゃんのファン。
(……あ〜〜〜〜〜〜なつかし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜)


もうひとつ、はーにゃさん 投稿者:ぎたお  投稿日: 5月21日(月)11時10分46秒

発達障害は、医学の世界では珍しい”症状”が診断のほとんどである世界なのです。特に自閉症スペクトラムに属すか否かは、3歳半くらいまでの成長記録によりますので、年齢の依っては問診が中心になります。そしてCTスキャンやMRIといった脳の形状異常の検査などは、診断の材料になることは有りますが、まだまだ脳医学的に研究段階のようです。脳波検査と言うのはCTやMRIとは又別で、”ケリー。”さんが書かれているようにてんかん等の脳派の異常を調べるためのものですよね。

2歳2ヶ月という年齢は、まだ近日中に何かしなくては行けないと言うほど焦る年齢ではないと思われますので、障害に対する理解や療育方法をたくさん調べて、ご自身やご家族でベクトルを同じくすることに時間を当てる段階のように思います。
その間にお子さんに何かしたいと言う事であれば、遊びの中に意識的に感覚統合のような要素を取り入れていくのが良いのではないでしょうか。


はーにゃさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 5月21日(月)11時16分51秒

お子さんの状況、うちの長男がそのぐらいの頃と似ています。
長男のしょう君(言語性LD)がそのぐらいの頃は、言葉が単語(それも自分の興味のある物の名前だけ、後は宇宙語)しかでてないし、指さしもできない(出来るようになったのは4歳ぐらい)、友達とコミュニケーションがうまく出来なくて変な関わり方をする、少しもじっとしてないなどなど・・・
その頃自閉症などの知識がまったくなかった私には、これってなに??の世界でした。
私の場合、その頃療育の先生に言われてたのは「知能の遅れはないのでしばらく様子をみましょう」でした。
幼稚園に入って言葉でやりとりが出来るようになってからは、コミュニケーション面が療育の先生も驚くぐらい良くなりました。
先日、児童心療科で診ていただきLDの診断を受けました。
ただ、ADHDや広汎性発達障害の可能性も否定は出来ないので続けて様子をみることにはなっています。

次男のじゅん君(自閉症)が2〜3歳の頃は、知的障害がありコミュニケーションも弱かったものの、その他の自閉症の特徴はほとんどありませんでした。
自閉症の特徴がでてきたのは4歳を過ぎたあたりからです。

息子達をみていると、このぐらいの時期で「様子をみましょう」といわれるのはなんとなく納得できます。
うちの場合、診断はしょう君が小1、じゅん君が4歳半でしたが、二人とも2歳児のころから療育を受けています。
療育は遊びが中心で二人とも楽しんで行ってました。
そういった施設を探されるのも良いと思います。

実家の方へ行かれるのも、お子さんのストレスにならない程度なら他の子供にもまれるのは悪くないと思います。
息子達は、幼稚園でもまれて伸びた部分もかなりありますので・・・


ちびくまママ 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 5月21日(月)12時02分39秒

>「おいしい学校生活」ってどういう意味ですか?教えてください。

うーん、今のりょうくんのパパさんの心理状態では、「わかれ!」って言っても
納得できなかったりすると思うのだけど・・・

普通学級というのは、「これこれの期間で、これこれのことを
教えなさい」という、文部科学省からのしばりがあります。
そこに、個々の子どもの興味や、長所・短所といったことは
加味されていません。どんなに先生たちが頑張っても、
一人で30〜40人もの子を教えている現状では、「とりこぼされる」
子どもがでてきます。
このへんは、奥様は実感としてよくご存知だと思います。

それに比べると、障級はそのしばりを受けないので、学校の体制、
先生のやる気や技量ひとつで、いくらでもその子に合わせて、教育内容を
工夫することができるのです。うちの息子は、幸い、学校にも先生にも恵まれたので、
「みんながこんな指導が受けられたら、世の中には落ちこぼれや
学級崩壊なんてなくなるんじゃないか」と思えるぐらい、知的な面でも
それ以外の面でも、「学校に行くこと」の恩恵を受けているのです。

みんなが定食で我慢させられているときに、自分の子どもだけ
特別注文食をデザートつきで食べさせてもらっている感じ、
みんながサイズが合わなくても既製服をきているときに、
自分の子どもだけテイラーメイドの服を作ってもらっている感じ、
それを「普通学級よりおいしい」と表現したわけで。

ただし、世の中にはまだ、「障級は、普通学級ではやっていけない
先生や生徒が行くところ」という偏見がはびこっていますし、
障害児教育の体制も先生の質も、実際にはまだまだというところが
殆どです。うちの息子はそれこそ「超ラッキー」な例かもしれません。

でも、「うちの子もそういう教育でなきゃいやだ」と言って
あえて普通学級を捨てる親御さんが沢山出てくれば、
普通学級のそれと同じくらい、障害児学級の教育の現状に
注目と批判が集まれば、障害児教育だって、
ひいては普通学級だって、変わらずにはいられなくなると思うのです。

アメリカ人の子がアメリカンスクールに行くように、
海外在住の日本人の子が日本人学校に行くように、
障害児学級を選べるような、そんな環境であって欲しいと思うのです。
「なんでもアメリカが一番ってわけじゃないよ」などと言いながら
私がアメリカの障害児教育を紹介しつづけるのも、
「自分の子が良ければそれでいいのか」と言われながら
お気楽情報の発信を続けるのも、まつこさんのおっしゃるような、
点のひとつになりたいからです。

http://www.geocities.co.jp/Heartland-Icho/5079/


ありゃ。 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 5月21日(月)12時14分05秒

タイトル間違ってる・・・。「おいしい生活」にするつもりだったのに。

>はーにゃさん
CFGFダイエット、というのは、アメリカであるにはありますし、
本もサイトもあります(英語だけど)

定説ではなく、むしろ「肥満には○○が効く!」と言った、
民間療法に近い扱いを受けています。
いずれにせよ、やみくもに飛びつくのではなく、よく内容を吟味して、
それでもどうしても、と思ったらトライしてみてもいいのではないでしょうか。


うれしい!!(T.T) 投稿者:はーにゃ  投稿日: 5月21日(月)13時04分23秒

私の思いつき発言にたくさんのレスをありがとうございます。
インターネットの恩恵をひしひしと感じます。
私がネットで自閉症やその他の障害のことを目をギラギラさせて
調べているのを見ると主人は
「もうやめたら?うちの子は大丈夫だよ」
と言われ、私はちょっと先走りすぎなのかと反省したりも
していたんです。
でも、やっぱり
「知識は今後を生きるための重要な力」ですよね。

いろんな記事に一喜一憂する時期も越えましたし。

これからもみなさんたくさん質問するかもしれませんが
よろしくお願いします。



聞いてください 投稿者:kazyuu  投稿日: 5月21日(月)13時55分37秒

4歳5ケ月になる家の長男は1歳2ケ月の頃親戚の看護婦見習に「少し遅いよ、検査したほうが」
といわれ医療センターに言ったのですがその時は「現段階ではなんとも言えません」という回答でした。その後も「少し遅いなぁー」とは思っていたのですが、本人ものんびりした性格なので「マイペースなだけだろう考えていました。幼稚園年少の3学期に「センターの先生が相談に乗りますよ」と言って来てるとのことで相談に行くようになりました。言葉の若干の遅れ、集団行動を嫌がる等ありますが本人はすごく明るく、たまに我がままになりますがすごく聞き分けのいい子です。その子について今日担当の先生に「もし病名をつけるとしたらなんですか?」と聞いたところ「しいて言うならば言語発達遅滞です」といわれました。今後も遅れを取り戻すのは難しいと・・・ショックでした。が、これはこの子の個性だと考えるように前からも思っていたのでこれからもこの子を大事に育てたいと思います。しかしこれからどのようにすればこの子が今以上に成長してくれるのか分かりません。どなたかアドバイス戴けないでしょうか?お願いします。


>「おいしい生活」 投稿者:かずりん  投稿日: 5月21日(月)16時47分56秒

う〜ん、わかるような気がします。
うちのじゅん君は年長なので就学は一番身近な問題です。
幼稚園での様子を見てると、お集まりもちゃんと座ってられるし、周りを見てそれに合わせた行動も出来る。
一時は普通学級でも(勉強は別として)やっていけるかも・・・と考えてました。

年中の3学期に、たまたま幼稚園の担任の先生と就学のことで話していたのですがその時の先生の意見は、そんな私が「なるほどな〜」と納得してしまう内容でした。
先生は「今の状態なら育成学級(特殊学級のことです)のほうが良いと思う」という意見だったのですが、なぜかと言うとじゅん君は周りと同じ事をすることで安心するタイプなので授業中もちゃんと座ってられると思うけど、なまじそういうタイプだとやりやすいためにほったらかしにされる可能性があるということでした。
それなら、育成学級に在籍して給食や体育、図工や音楽などの授業を普通学級で受けるかたちの方がベストでは・・・ということでした。

この話を聞いて、たしかに本人にとってまったくわけのわからない授業を1時間近く聞いてるよりは国語などの主要科目は本人に合ったペースで進めてもらい、その他の他の子供達と楽しめるようなものは普通学級でというのがじゅん君にとっては一番ベストだよな〜と思ったわけです。
じゅん君にとってはいいとこどり・・・つまり「おいしい学校生活」となるわけです。
まあ、こういう生活を送るためには学校や先生方の理解が一番必要なわけで、そのためにも少し早めに動き出そうかと思っています。
幼稚園の先生も、早いうちに学校と連絡をとり幼稚園での様子などをみてもらえるようにしたいと言ってられるので。
来年の今ごろ、じゅん君が「おいしい学校生活」を送っていればいいのですが・・・


今日、発達の先生のケース指導日でした。 投稿者:ととら  投稿日: 5月21日(月)17時48分03秒

りくと(2歳10ヶ月、療育センター通園中)は今日発達の専門の先生に診てもらえる日でした。先生はりくとの様子をずっと観察していましたが、こっちから何か聞かないと、何にもいってもらえそうじゃなかったので、一番気になってたこと・・・・「りくとは自閉症だと思われますか?」と聞いてみました。
すると、その先生は、「今日見る限りではそうではないと思います。」とおっしゃいました。
親子の関係も普通だし、言葉も少しはでてきているようだし、まぁ、ゆっくり成長するタイプなんだろうということでした。
今までの状態は自閉症的なところもあったかもしれないけれど、今はこっちのいってることも
はいってるようだし、コミュニケーションをとるのにそれほど困難な感じがないからとのことでした。
あぁ、そうなんだーって思ったけれど、でも、別に安心したってこともなかったです。
その先生は今日の1時間くらいしか、りくとの様子を見てないし、問診っていうのも
全然なかったので、あんまりよくはわかってないかもしれないしなぁと思いました。
りくとは自閉症っていう診断がつくほどではないかもしれないけれど、
でも、あてはまってることだってけっこうあるし、性格の面でもセンターに通うようなって
改善されてるところはあるけど、大勢の人がだめだったり、外が苦手だったり、
初めての場所ではトイレばっかりいってるし・・・・やっぱり、心配です。

りくとは療育センターが大好きなので、ほんとに通うことができてよかったぁって思います。
私は、ほんとはこの1年がんばって、普通になって(?)、
来年は3年保育で幼稚園にって思ってたのですが、
もしかしたら、りくとにとったら、ここにいるほうが「おいしい園生活」ができるのでは?
と思い始めてます。
まだ、通い始めて2ヶ月ほどですが、時のたつのが早くて少し戸惑います。
6月からは週4日になるので(今は3日)、ますます大変ですが、りくとといっしょに
いっぱい遊んで、楽しみたいと思います。

まだまだ、一喜一憂の母です。


教えてください。 投稿者:オバリン  投稿日: 5月21日(月)21時23分58秒

4年生普通学級に通っている男児がいます。4年生になり、問題行動がひどくなり、担任の先生より病院へ行くように勧められ、高機能自閉症、アスペルガー症候群と診断を受けました。いろいろ調べてゆくと、この二つは、厳密には違うもののようですね。とは、いっても、診断を受けるまでアスプルガー症候群というものの存在も知りませんでした。小さい頃から、言葉が遅いので、児童相談所にも行きましたが、「様子を見ましょう」と言われ、変な子、わがままな子のまま幼稚園を過ぎました。3年生まで問題行動もありましたが、そのたびに自閉症じゃないかと調べたり、相談したりしたのですが、先生方の「大丈夫ですよ」「3、4年生になれば追いつきます」の言葉を頼りにここまで来てしまっていました。皆さんのお話を読ませていただくと、恥ずかしいようです。もっと早く診察を受けていればと。
でも、診断が出たといっても、だからどうしたら良いのか、わかりません。診断を受けてからこの1ヶ月、本を読みあさったところで、どのように接したらよい方向へ行くのか、解らずに怖いくらいなのです。
多分、4月からの問題行動(パニック、授業中ボーっとしていてノートをとらない、喧嘩等)は、3年生までは取り掛かりが遅いため、先生が声を掛けてくださり、こなしていたものが、授業も分量が増え、理解できなくなっていること。また、その行動から馬鹿にされたり、直接「馬鹿だ」といわれることも出てきたため、先生に自分のことを言われると全部悪口に思って、癇癪を起こしてしまうという悪循環を起こしていること。数え上げたら、沢山出てくるのですが、一番心配しているのは、本人が自分を否定し始めてしまっているように思えることなのです。「どうして、僕はこんなん何だろう」「どうして僕は馬鹿なんだろう」「どうしてお母さんは僕を生んだの」とまでいいます。そのたびにきちんと説明しているつもりですが、ほかの子と違う自分に気づいて悩んでいるような今の時期にどうしたらいいのでしょう。もう古いといわれてました「だっこ法」ですが、ある本を読んで、はじめています。でも、赤ちゃんがえりもしているような気がします。
普通は、10歳前後で落ち着くと書かれてたりしていますが、ここにきて問題行動がひどくなっているため、とても心配しています。医師からは、これからはいろいろな問題が出てきますので、同じ仲間の方に伺うようにとのことでした。長々書いてしまい申し訳ありませんが、この時期を乗り越えた方、経験談を教えてください。よろしくお願いします。


ご存じの方がいらしたら、教えてください。 投稿者:ママって呼んで  投稿日: 5月21日(月)22時19分41秒

今日は、言語療法の日でした。3ヶ月に一度受けていて、今日は2回目でした。
先生のお話では、言語、及び、それ以外のことについても順調(息子にとっての発達のペースがという意味だと思うのですが)という
ことで、ひとまず安心しました。
しかし、こんな3ヶ月に1度しかない大事な日なのに、前から確認しなくては!と思っていたことを聞きそびれてしまいました。

最近新しく覚える言葉については、自分だけしかわからない言葉はないのですが、以前に覚えた言葉の中には、実際の名称とは
かけ離れたようなものが沢山あります。普通のお子さんにも、そういった言葉は多少あるのかもしれませんが、話し始めの頃は、
話せる言葉の数の割に、息子は多かったのではないか、と思います。
発音は今でも悪いので、そういったことも原因して、ますます自分だけの言葉に聞こえたこともあるかもしれません。
でも、どう考えても・・・・という言葉もかなりあったのです。
耳が悪いのでは?とも思い、検査も受けました。大丈夫でした。きちんと指さしもできました。でも、なんでそんな風に言うのでしょう?
それは、現在かなり正しく治ってきていて、嬉しいのですが、まだ若干残っています。
治るときは、ある日突然治っています。
実は、今日も、「しまじろう」が、今までは何故か「ヒッツィ〜」だったのに、突然「しまじろう」に変身していました。

治っていくのは、非常に嬉しいです。しかし、何故、今まで「ヒッツィ〜」だったのか?息子は、口の動きもまだまだ未成熟なのが
素人の私でもわかります。しかし、それだけなのでしょうか?脳のどこかの部分が未成熟なのでしょうか?それとも異常なのでしょうか?

これまでの検査の中で、言葉のことを各専門の先生方にご相談した時に、「自分の言葉も多いです。」というと、
「いいです。それも含めて何語くらい話せますか?」とよく聞かれました。

私が、今日先生に聞きそびれてしまったことは、自分だけの言葉というものは、自然と治ってくるならば、その件に関しては、
問題ないのか、それともあるのか?ということです。

また、繰り返しのような単語も、きちんと修得するのが遅いです。今は、「バナナ」と言えますが、その前は、「バナバナ」でした。
「しまうま」も「ししまま(彼の発音を正確に伝えると「じじばば」)」です。この話しも、今日、先生に報告したのですが、それが問題で
あるか否かを聞くのを忘れてしまいました。本当にお恥ずかしいです。

どなたか、そういったことについてご存じの方がいらしたら、教えてください。本当に、お間抜けな親です。

それと話は少し変わるのですが、以前、掲示板にも書いたのですが、息子は「イッティ」という言葉をいろいろな物に対して使い、
さっぱりわけがわからなかったのですが、それが「何?」という意味だと気がついたことを、今日、先生に報告しました。
すると、先生は、彼の発音から推測すると、「え」の母音が弱そうだから、「イッティ」は、「言って」と言っているのだと思いますよ、
と言われ・・・・・衝撃的でした。この言葉とは、かれこれ8、9ヶ月くらいは、私もつき合っているような気がしますが、考えたことも
ありませんでした。本人にも「イッティって、言ってのこと?」と聞くと、答えはイエスでした。そんなことってあるんでしょうか。
恐らく、主人も一度も「言って」である可能性を考えたことなかったと思います。

もうひとつ、「アプ」というのがあり、大分正しく治ってきているのですが、これにも意味があるんでしょうか?
「アプ」出身の言葉は、車、バナナ、クマ、アヒル、ハト、トマト、りんご、しまうま、うさぎ、ハンバーグ、パパ、ママ、といったところです。
それから、「おいしい」が「ウーン、アプ」でした。謎ですよね?
???今、書いていて思ったのですが、ひょっとして、うまく言えない言葉だけど、好きな物?????まさかですよね?

少し前までは、この「アプ」と「イッティ」に囲まれて、気が狂いそうでした。でも、指さしはできたんです。これも先生に聞いてみるべき
でした。先生からの順調という言葉と、イッティの謎が解けて、舞い上がってしまいました。

皆さん、宜しくお願いします。


ママって呼んでさん 投稿者:しゃけ  投稿日: 5月21日(月)22時31分30秒

発音、いくらも相当悪いです。
彼女の場合、他にもっと頭の痛い問題があるのであまり深く考えてないんですけど(笑)
私は詳しくないので全然わからないですけど、最初悪かった発音が次第によくなるというのは
きわめて自然なことのような気がするんですけど・・・
例えば私達が英語をマスターするときでも最初はバリバリの“ジャパニーズイングリッシュ”が
本場の発音を何度もリスニングしていくうちに正しいものに近づいていったりしませんか?
子供が言語を獲得する過程も、そういうのと一緒だと思うんですが・・・
(間違っていたらどなたかフォローお願いします!)
うちも最初は意味不明だった言葉がある日突然正しく直ったりしてることよくありますよ。


オバリン様 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月21日(月)22時50分50秒

うちには、小2のアスペルガーがいます。
高機能自閉症になる予定(?)の年長児もおります。

まだ、小さいので「経験談」は無理ですが、お医者さんから言われている事は、
「2次障害をおこさないように、細かい配慮が必要だ」という事です。

うちの息子達、いろんな事ができるのに、いろんな事ができないと言いますか、
たとえば、算数はできても国語ができません。
こういう場合「算数ができるのに、何で国語ができないの」と叱られたりします。
「掃除をしましょう」といわれても、どこをどうしたらいいかわからなくて、
机の下に隠れていたりします。「真面目にしなさい」と叱られます。
「机の上を拭きなさい」と、具体的に指示してもらえればわかるのに。
まだまだいっぱいありますが、本人は本当にできなかったりわからなかったりするのに、
叱られる事が多いのです。
すると、本人にはどうして叱られるのか理解できませんから、
「ぼくはだめな人間なんだ」と、自己評価が物凄く低くなり、
いろんなところに問題が起きてくる。
これが、2次障害です。

先日も、LDも有るアスペルガー息子は、全体に向けての先生の説明が理解できず、
(聴覚認知がとっても悪いので)「せんせい わかりません」と聞き返したそうです。
先生は「一度説明した事はちゃんと聞いていて下さい。2回は言いません」と
答えられたとか。しかし、うちの息子は「わからない事は聞きましょう」という
日頃の先生の言葉通りに聞いただけなんです。
こんなちょっとした事が、子供の心に積み重なっていくんですよね。
(後で先生とお話して、先生は理解して下さいましたが)

とにかく、周りの理解無しには成長できないと、いつも感じています。
小さな自身を、いっぱい積み上げて、自分だってたいしたもんだと思える
「自分」を育ててあげる事。そのために親は環境を整える事。
すごく根気がいりますが、一番大切な事だと肝に命じています。

うまく言えないのですが、いろんな事に自信を持つ事が一番大切だと思います。
そして、先生に理解してもらう事ではないでしょうか。

sara mamaさ〜ん バトンタッチ。


http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


ちびくまママさんへ 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月21日(月)23時03分30秒

ご丁寧なご返答ありがとうございます。
障害児学級がそんなにいいとは知りませんでした。
りょうも、無理に普通学級へは入れないと思っては
いたんですが、あらためて再認識しました。
妻もあまり障害児学級の詳細は知らないみたいなので
今度、またわからないことがあったら宜しくお願いします。

 といいつつも、もう一つ質問があります。
普通学級では、掛け算は2年生、割り算は3年生って
いう決まりごと(?)があると思いますが、障害児学級でも
同じなんでしょうか?それとも学年という枠がないのでしょうか?
もし、枠がないとして途中から普通学級へ変われるとも聞いたのですが
いきなり、掛け算も知らない子供が割り算はできないと思います。
やっぱり、事実上、一度障害児学級に入ったらずっと障害児学級に
いるということになるのでしょうか?


オバリンさんへ 投稿者:@@@  投稿日: 5月21日(月)23時09分41秒

すいません、HN書きたくないのでお許し下さい。

>4年生普通学級に通っている男児がいます。

6年生普通学級に通っている女児がいます。

>4年生になり、問題行動がひどくなり、担任の先生より病院へ行くように勧められ、高機能自閉症、アスペルガー症候群と診断を受けました。

3才の時から医師に診てもらっていたものの、診断名がはっきりしてきたのは3年生の時の「高機能自閉症」と言うのが初めてです。

>一番心配しているのは、本人が自分を否定し始めてしまっているように思えることなのです。

そうですね、ウチの子もそうでした。

>ほかの子と違う自分に気づいて悩んでいるような今の時期にどうしたらいいのでしょう。

ウチも、「あなたは、バカじゃないよ。おりこうだよ。」と、言い続けました。
それと、先生から同級生の子ども達に説明をしてもらいました。
先生にも、かかわりをたくさんもってもらいました。

>赤ちゃんがえりもしているような気がします。

ウチは小さい時に全く甘えなかったのですが、小学校に入学してから抱きついてくるようになって今も続いています。
私は、いい事だと思っています。
人前では、しないように言っています。

>普通は、10歳前後で落ち着くと書かれてたりしていますが、ここにきて問題行動がひどくなっているため、とても心配しています。医師からは、これからはいろいろな問題が出てきますので、同じ仲間の方に伺うようにとのことでした。

子どもの個性は、いろいろですよ。
ウチは、5年生から薬を処方してもらっています。
それからは、ずいぶんパニックが減って落ち着いてきました。
今でも、しんどい日は学校を休んでいます。
どういう方法を選ぶかも、子どもの個性と親の考え方、主治医の意見など、いろいろだと思います。

毎年、いろいろな壁を乗り越えていく。
しんどいけど、急激に成長する時もあるし楽しみもありますよ。


こくっぱの母、@@@さんへ 投稿者:オバリン  投稿日: 5月22日(火)00時23分30秒

早速ありがとうございました。
ことあるたびに、自閉症じゃないかと思いながら、いろいろ調べていたつもりでしたが、全然分かっていなかったんですね。具体的にも何をしたこともなく。診断を受け、ここのページでよい本も紹介していただいて、知れば知るほど難しいですね。何かで自信をつけさせてあげたいとは、思っていたのですが、見つかりません。今は、彼を肯定してあげることで精一杯です。ここのところパニックが多くて、それだけは、止めさせたいと思っていますが、それも本人は承知していながら、止められないようなので、負担になっているのでしょうか。薬を処方していただくことも考えてみたいと思っています。また、本人が何がわかって、何が分からないかをもっともっと把握しなければいけないのですね。分かっているだろうと思っていたこともあるかもしれません。
インターネットのありがたさを今、痛烈に感じています。田舎なので、アスペの会はもちろんなく、療育施設も見当たりません。こうやって、お話を伺えてとても心強く感じました。とりあえず手探りながら、良い方向を探して見ます。ありがとうございました。


兄弟が自閉症でない場合の問題は? 投稿者:ゆうくんママ  投稿日: 5月22日(火)02時00分42秒

りょうくんパパさんへ  
普通学級か障害児学級か、とってもこだわってた時期があったけど、ごく最近ですが、この掲示板に来て、いろいろな情報をもらって、ゆうくんが高機能自閉症だと確信したとたんに、本当の意味で「ゆうくんにあった教育の受け方を」という気持ちになってきました。
ある人から「普通学級か障害児学級かという事よりも、本当に大切なのはいい先生に巡り会えるかそうでないかという事」と言われた事が強く心に残っています。
うちは田舎で、養護学校がいくつもあるわけでなく、家の事情で越境もできず、選択肢は少ないですが、親として、よい環境を整えてやること、それが一番今は大切だと思っています。
そのためにも、少しでも具体的な行動を早く起こそうと思っています。
自閉の傾向が減ってきたとはいえ、やっぱり、ゆうくんは普通の子とは違います。
決して悪い意味ではないですが。
慎重に、大切にしてやらねばと思います。

ここを読んでると、兄弟に同じような自閉症の方が多いように思いますが、うちはゆうくんに妹がいて、それはごく普通の3歳児です。
いもちゃん(彼女のこと)を見ていると、「なんでいもちゃんにはできるんや・・・ゆうくんにはわからへんのに・・・」と腹立たしく感じることさえあります。
課題として「兄弟の問題」という項目を見たことがあります。
3歳児相手にしてはかなりきつくしかりすぎることもしばしば・・・
わたしは人間ができていないようです。
しかもいもちゃんは反抗期の真っ只中!?
とりあえずは私のいうことに「いや」といいます。
いもちゃんを怒り過ぎることはゆうくんにもよくないとは思っています。
これが自閉症を兄弟にもつ場合の「問題」なのでしょうか。


掲示板過去ログ案内に戻る