2001年5月その9
かずりんさん、こくっぱの母さんへ 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月24日(木)22時57分55秒

お返事ありがとうございます。

かずりんさんへ
>@相互的な対人関係が困難(友人関係を発達レベルに見合った形で作れない・喜び、興味、達成感を人と共有することが少ないなど)
>なんでもこの項目が診断に一番重要な物らしいです。

りょうは全然だめです。なんか、明後日の検診の結果が見えたみたい。あぁ、気が重い。
知らなかった事にしたいぐらい。夢ならさめて状態です。

こくっぱの母さんへ
>自閉君(うちの子)の場合ですが、小さい頃は人間も物も同じレベルだったようで、
>人が物を使っているから遠慮しようとか、人に取られたから取り替えそうとは
>思っていなかったようです。そこにあるから、手を出す。なくなったから、あきらめる。
>ただそれだけ。全然人間が介在しているとは思っていなかった?

そりゃそうですね。確かに・・・。わずかな希望が音をたてて崩れていきました。

みなさんありがとうございました。みなさんは強いですね・・・。
私もいやみではなく強くなりたいです。「母は強し」っていうけど本当ですね。
私の妻もそうですが、男親なんかより、よっぽど覚悟がすわってますね。
さて、今日も酒かぁ。。。
失礼しました。


りょうくんのパパ様 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月24日(木)23時30分38秒

別に強いんではなくて、わが子が可愛いだけよん♪
自閉症って診断される前も、診断された後も、同じわが子。
診断されたからって、よくなるわけでも、悪くなるわけでもないし。

診断されて変わるのは、親の方だと思う。
「なんでこんな事ができないの〜」って腹立ってた事が、
「そうか、できないのか。よしよし、わかるように教えてあげよう」って思えるから。


いや 投稿者:M@か弱い管理人  投稿日: 5月24日(木)23時45分53秒

強いよ〜〜ぅ。
ここの管理人なんぞ、その掌の中で
何度ひねりつぶされそうになったことか・・・。。。


つぶされそうになった? 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月24日(木)23時52分15秒

それは「強い」ではなく「重い」からではないかと。


ごめんね、ひとことだけ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月25日(金)00時05分54秒

私には、何も言う権利はないと思っていたから、ずっと黙ってROMしていたけれど
やっぱり、どうしても一言だけ言いたくて、出てきました。

我が子が、それまで思い描いていた子どもとは違っているらしい、と分かったとき
確かにそれは本当に辛く苦しいものです。
乗り越えなくてはならない峠。越えてしまうまでは、本当に辛いものがあります。
でも、それでも、子ども自身には何も責任はないのですよね。

そして、その子自身は、実はそれまでのその子とどこも変わってはいないんです。
自閉症と診断されようが、ADHDと診断されようが、普通の子じゃないですよと言われようが、
その子はきのうまでの我が子とまったく同じ子ども。
障害名がはっきりしたからと言って、別の子どもになってしまうわけじゃないんですよね。

親は、そんな我が子を、「どうしてこうなんだろう?」と不思議に思いながらも
経験と観察と直感から、意外なくらい適切な対応をしていることが多いです。
親がずっとその子にしてきた対応が、まったく間違っていた、180度正反対のことで
すべて改めなくちゃならないことだった・・・なんてことは
まずあり得ないと思います。
そんなことをしていたら、
その子はもっと早い時期から人格も発達もすっかりおかしくなっていたはずですから。
ここに書き込みなさっている方の子どもさんの姿は、
そんなにねじ曲がってしまっているようには感じられません。

診断名は、子どもを助けるためにあるのだと思います。
親がその子を育てていく上で、よりよい方法を知るための手段だと。
その子の人生を決めつけるようなものではないし、
ましてや、その子を否定するようなものでもないと思うのです。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月25日(金)00時06分59秒

こくっぱの母さんも、おんなじようなことを書いていたのね♪


ちょっとしたささやかなお話 投稿者:みっき  投稿日: 5月25日(金)01時47分05秒

先日、ハイジ(小5・自閉傾向有・言語性LD)が、音楽教室の合同レッスンに
行ったときのこと。
先生が「スイングってなんのことかわかりますか?」とみんなの前で説明し始めたとき、
ハイジが「スイミングだったら、知ってるよ。○○○(音楽教室の名前)スイミングプール
ってあるのかなぁ」と、大きな声で、でもニコニコ顔で言ってしまったんです。
みんな大爆笑。
レッスンの後で、ある男の子(私は初対面)が近寄ってきて、
「スイングをスイミングっていったのは、めっちゃおもろかった」
と一言。
ハイジの天然ボケは受けが良かった。
合同レッスンは結構緊張するんですが、だからこそ、天真爛漫な性格の
ハイジの一言がその場の雰囲気を緩和したようです。

その音楽教室のハイジの先生は、彼女の障害を知ってはいますが、
他の先生も、親御さんも、子供たちも知りません。
何か変わってるなとは思われてると思いますが、基本的には個人レッスンだから、
他の人にまで言う必要もないかなと思ってます。
ハイジの障害はともかく、生まれ持っての性格の良い面が、彼女自身を助けている
と感じることはよくあります。
学校でも、天然ボケを演じているようで、よくいじめに合わないなとハラハラして
いる親をよそに、担任の先生からは「ハイジちゃんは明るくて、好かれやすいみたい
ですね。」と仰っていただいています。
できれば、この明るさを持続させてあげたい、障害があっても、長所で補っていける
ならば、どんどん伸ばしてあげたい…そう思っています。
といいつつ、私だって、いっぱいへこんできたし、これからもへこむこと間違い無しですが、
ハイジだって、学校で椅子にじっと座っているのだって、彼女にすれば大変な努力を
払っているわけだし、そこのところを親がしっかり踏まえておいてあげないと
かわいそうですよね。
身辺自立ももちろん大切、でも本人に自信を持ってもらえることがもっと大切。
私自身にそう言い聞かせています。


診断されて変わるのは・・・ 投稿者:かずりん  投稿日: 5月25日(金)02時47分40秒

親だけでなく学校の先生もかな?
しょう君なんて、診断がなければただの「授業中、先生の話をぼ〜っとしていて何も聞いてない子供」なんて印象をもたれかねないですから。(^-^;
今回、しょう君に診断が出てからの学校の対応がすごく良かったのでびっくりしています。
これって学校にもよるんでしょうか?

>その子はきのうまでの我が子とまったく同じ子ども。
>障害名がはっきりしたからと言って、別の子どもになってしまうわけじゃないんですよね。

これには私も同感です。
私の場合、じゅん君に自閉症の診断がでたときはかなりショックでした。
知的障害はあるけれど、やりやすい子だし自閉症といわれるなんて思ってなかったもんで・・・

幼稚園の先生にこのことを伝えると「自閉症って言われてもじゅん君はじゅん君なんやし、別にそれで私たちの接し方が変わることもない。今までどうりじゅん君がわかりやすいようにしてあげるだけ。」というような事を言われて、「そう言われればそうだな〜」と素直に納得してしまいました。
プラス思考の人の意見を聞いてすぐにそちらにのってしまう、お気楽母さんで〜す。


こくっぱの母さんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 5月25日(金)03時11分03秒

>>>自閉症状は言葉を自分の中で消化できない為に出てくるものなんでしょうか?
>>しょう君をみてるとそんな気もしますね。

>自閉症が有るために、言葉がおくれる事はあると思います。
>しかし、言葉が出てきたから自閉症はなおったと言うものではないとおもいます。

すいません・・・言葉に関してではなくて、社会性に関してはのつもりで書いてたんですが、言葉が足りませんでした。m(_ _)m


揺れています。 投稿者:しゃけ  投稿日: 5月25日(金)05時41分42秒

>この頃、悲愴感が漂っているね。

それって・・・σ(^_^;)のせい?ゴメンナサイ・・・。

でも先輩ママさんのカキコ読んで、私も「やっぱ皆さん強いっ!!」
って思っちゃいます。
だってどういう状況にあったってお子さんへの目線や自分のスタンスが
全く変わらないから。

>障害名がはっきりしたからと言って、別の子どもになってしまうわけじゃないんですよね。

本当にそうなんですよね。子供はなーーんにも変わらない。
だけど親の私の気持ちはその日から激流みたいに変化してるんです。
私がいちばん怖いのは「世間の目」です。
障害名は知らなくても、「変わった子」「特別な子」っていう目で見られるのですら
肩身が狭い。
でもそれって結局、子供じゃなくて自分が“恥をかく”のがイヤなんですよね。
自分にそういう偏見があるってことの証拠ですよね。
私は教育ママとは程遠いタイプだと思っていたけど、知らず知らずのうちに
子供を皆と同じレールに乗せたがっていたんだなーって今はじめて分かります。
そこから外れていこうとする我が子を、まだ完全に受け止めきれてません。
皆さんが積極的に障害児学級を選んだというお話を聞いていて、すごいなぁと思いました。
今の私だったら「どうにか普通学級にもぐりこませられないだろうか・・・」
ってばっかり考えていると思う。
「子供のため」より「世間体」が優先になってしまう気がします。

仕事しようって思ったのは自分自身のためでもあるけど、ホント言うと子供を幼稚園に
通わせたくなかった・・・っていうのも大きいんです。
幼稚園だと他のお子さんやお母さんと接する機会が多くなるから、いやでもたくさん
自分の子との違いを見せ付けられるでしょ。
他の子はお友達と遊ぶ約束してるのに、いくらだけできない。
他の子はお遊戯会や運動会でちゃんと自分の役割を果たしてるのに、いくらだけできない。
そういう現実を直視するのが怖いんです。
いくらが浮いてしまうということは、親も浮いてしまうということ。
他のママさんたちに溶け込めなくて孤立するのがたまらなく怖いんです。

どうしてこんなに周りのことばっかり気にするんだろうって自分でも思うんです。
人をはかる物差しなんて一つじゃない、って頭では分かっているのに。
サッカーの中田選手が出ているCMに「人と違うとか同じとかじゃなく、自分だから」
っていう台詞があって、いい言葉だなーって心から共感するんだけど、でも一方で
「電車の種類や行き先は違ってもかまわないから、走るレールだけはみんなと一緒で
あってほしい・・・」っていう親の哀れな願望を捨てきれないんです。

ホントに情けないほどエゴの固まりの母親です。
障害の可能性を知ってからも子供への接し方は全然変わっていないけれど、
でもどこかで彼女をまっすぐに見つめられない自分がいます。
「自分ーいくら」というラインで考えれば、「どんな子だって我が子には変わりないもん!」
って素直にありのままを受け止められるんだけど、「社会ーいくら」になるとダメなんです。

どなたか、こんなどうしようもないダメ親を叱ってください・・・(-_-;)


わかっています・・・ 投稿者:たいまま  投稿日: 5月25日(金)06時30分44秒

みなさんのおっしゃっている事よくわかります・・・。
自閉症は治らない、診断はどうであれわが子はかわらない、最善の方法を考えて・・・
頭ではわかっているつもりです。でもまだ心がついていきません・・・。
私も強くなりたい・・・。


みんなも 投稿者:ケロ  投稿日: 5月25日(金)07時17分41秒

強くないんですよ。

あまりにも膨大だから一苦労だと思いますが、いつか過去ログを最初から読んでみることをお薦めします。
この掲示板がどんなふうに成り立ってきたか、あの人やこの人が何故「強く・逞しく」なっちゃったか、よぉ〜っくわかりますよ〜
読むだけで日々の生活のヒントもいっぱいですよ〜

でも、ウワサでは過去ログ全てを読むのに数ヶ月はかかるらしい・・・(笑)
その数ヶ月の間にも、お子さんは大きくなってしまいますものね。
「よし、コレだ!」と突き止めた時には、子供の実状に合わなくなってしまったりなんて事もあるかもしれませんね〜

でも、これだけ言わせて下さい。
世の中から孤立してしまうかどうかは、自分の中に偏見があるかないかで決まります。
自分から壁作っているようなものです。


社会性に関して 投稿者:かずりん  投稿日: 5月25日(金)09時26分39秒

・・・・・・と書きましたがまたまた誤解をうんでしまいそうなので、また書き込みです。

自閉症状というよりは自閉症の特徴とよく似た症状と言った方がいいのかな・・・
しょう君は言葉でのやりとりが出来るようになるまでは、社会性の発達の部分もかなり弱かったのでこういう書き込みになってしまいました。

以前にも書いたかも知れませんが、友達との関わり方が変わってる(その子の気に入りそうなおもちゃを持って周りをうろうろするなど)、人の表情が読み取りにくい、パニックを起こすなどその頃に自閉症の知識があればたぶん自閉症では・・・と疑ったと思います。
今でも、まだ広汎性発達障害の可能性は消えてませんが今の言語の発達レベルだとまだわからないとDr.から言われたこともあり、ああいう書き込みになってしまいました。
決して言葉が出てきたから自閉症は治ったという風には思っていません。


しゃけさんへ 投稿者:みーちゃん  投稿日: 5月25日(金)09時33分24秒

叱る事はできません、私も一緒ですから。
しゃけさんの気持ち、思いっきり、よくわかります。
「私が書いたのかしらん?」って、思うくらい。
障害児学級に対するこだわりはありませんが(子どもに合った所であればどこへでも入れるつもり)普段一緒にいる時に目立つ行動をしてまわりから受ける視線が痛いのです。
「まわりの人に迷惑をかけるな」と教えられてきたので、子どもがまわりに迷惑をかけている状況が苦しいのかも。言ってもわからないし・・・。障害に対する理解がある社会だったら、こんなに苦しくないのかもしれないけれど。

いろんな感情を怒涛のように感じながら、落ち込んだり浮上したりしつつだんだんと穏やかになっていけるのではないかなぁと思っています。昨日、テレビで見た障害を持つ子のお母さんが「たとえ我が子の伸びる可能性がまったくないと言われても親だけは信じてあげようと思いました」という事を言ってらっしゃって、私も子どもの可能性を信じてあげなくちゃと思いました。先輩ママさん方の言葉は心に響きます・・・。私、親になりきれてないなぁ、と感じます。私も子どもと一緒に「成長」していきたいです。


控訴断念 投稿者:まつこ  投稿日: 5月25日(金)09時59分28秒

世の中は、かわるのではなく、変えたいと思う人の気持ちで変わるのだと思う。

そして、ブラウン管を避けてきた人たち、ブラウン管の側もあえて捉えようとしなかった物事

「私たちを人間に戻せ」という当事者の言葉は重い。
「私たちには親の会も家族の会もない」……愕然とする。

HIVに感染した青年、先天性四肢断裂の青年、性同一性障害の青年
全盲の議員、……
寝たきりでキーボードを操って高校入試を突破した女の子が
「親が学校についてくるのなんて、イヤ」と目をくりっとさせる。
彼らの勇気に力をもらう。
先天性の病気を持って生まれて
「人の役に立たないままで死んでしまうのは辛い。」とボランティアをして
「ぼくが生きてるだけで役にたっとるんや」と喜んだ、12歳の少年。
亡くなってしまったけれど、彼の生まれてきた意味は大きい。

私は私のために、私の子どもが幸せであることを求める。
強いですか?


私の場合は 投稿者:かずりん  投稿日: 5月25日(金)10時04分00秒

強いと言うより、お気楽なうえにボ〜っとしてるだけなんだけどf(^_^)

子供に無理をさせるとストレスからくる反動がすごくて、それを全部ぶつけられると私自身がしんどくなるので、自衛手段をとってるだけです。(実際、しょう君が学校に入ってからの彼のストレスは相当なもんでそれを全て私にぶつけられて一時期へばってました。)


お久しぶりです。 投稿者:みらい  投稿日: 5月25日(金)10時20分38秒

みなさま おひさしぶりです。
診断直後にはお世話になりました。4歳自閉症児(♂)の母、みらいです。
4月より療育センターに通いだし、やっと一息つけたところです。
先日、センターの勉強会でこんな話を聞きました。

たとえば、何らかの原因で片足が無い人がいたとして、その方に「みんなと同じになれ」とは言いませんよね。活動がしやすいように、車椅子を用意したり、スロープを作ったりしますよね。
発達障害も同じです。皆さんが、車椅子にスロープになればいいのです。
子どもたちそれぞれの、能力を見極めてあげてください。それは決して「あきらめ」とは違います。その能力に応じて子どもに適切な環境を与えてあげればいいのです。必死で、いろんな働きかけをして出来る事があったとしても、頑張りすぎないで下さい。子どもが常に全力疾走している姿を思い浮かべてください。

どんなにサッカーが上手くても全員がJリーグの選手にはなれません。
どんなに野球が上手くても全員が「イチロー」にはなれません。
つらく苦しい時間よりも、楽しい時間をより多く経験させるために頑張りましょう。

お受験並の競争率を突破して入れたセンターで「早期療育・早期療育」と目をらんらんさせていた私たちへのやさしい警告だったと思います。
このお話を聞いて、私自身肩の力が抜けました。
息子のペースを大事にしつつ、一緒に歩いていきたいな。そして彼のスロープを沢山作ってあげられるように、私も日本地図を塗り替える「点」になりたいな・・・と思っています。

余談・・・親ばかバージョン(^_^;)
息子は「ホー」と言います。このHNは、ふくろうの鳴き声から取りました。<ちがうやぁ〜んと言う突っ込みは却下(笑)
ふくろうって「福を運んでくれる鳥」といわれていますよね。
息子を見ていると、ピュアで欲望なんてかけらも無くて、ほんの些細な出来事で私たちを幸せな気持ちにさせてくれる・・・まさに福を運んできてくれる・・・
ホーの笑顔を「今」を大切にしてあげたい・・・そんな気分の私なのでした。<長々、失礼しましたm(__)m


結局 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月25日(金)12時54分10秒

一番大事なのは、何かってことよね。

自分のプライド?
社会的に「落ちこぼれていない」と認められる家族であること?
それとも・・・

子ども自身が幸せになっていくこと?

一番大切なことが何かを見極めることさえ出来たら
あとは、どうすればそれを実現できるか考えるだけのこと。

あ、私も「強く」なんてないですよ〜♪<いや、マジでね。
ただ、我が子が幸せそうな笑顔でいてくれるのが嬉しいから、
そのためにがんばろう、って思っちゃうだけ。
ただ、それだけのことだし、
その気持ちは、普通の子どもたちを持つ親とまったく同じなんだと思う。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


そういえば・・・ 投稿者:みらい  投稿日: 5月25日(金)15時21分35秒

例の特集(NHKの)昨日だったんですよね。
どんな内容だったのでしょうか・・・知りたいです。
>首都圏特班員のみなさま〜〜
宜しくお願いしまーす。m(__)m


なんてことを・・・ 投稿者:みらい  投稿日: 5月25日(金)15時25分11秒

特班員ではなくて特派員でしたね。(^_^;)
あれ、違う?う〜、よく分からなくなってきました。


はじめまして。 投稿者:りんちゃん  投稿日: 5月25日(金)21時48分21秒

こんにちは。はじめての投稿です。4才2ヶ月の男児と1才2ヶ月の女児の2児の母です。実はどなたかに教えていただきたくて朝倉さんから紹介していただき、ここへ参りました。
上のお兄ちゃんの言葉のことで心配しているのですが、どこかお勧めの相談窓口・病院・ことばの教室などご存知でしたら、教えて頂きたいです!
少し、お兄ちゃんのことを書きますね。
お兄ちゃんは1才8ヶ月のときに発作がおきたのが始りで「てんかんであろう」と診断され、薬(リボトリール)を飲んでいます。当初「てんかん」は様々な検査は全く異常がみられず、発作だけが続きました。だから最初は「てんかんの疑い」。1年半たって、やっと脳波に怪しい波が出始め「ミオクロニードーゼ症候群」と診断されました。1種類目の薬は腎臓に副作用が起き、2種類目に変更。それが今のリボトリールです。これにしてからはもう、2年以上発作がおきていません。ただ、先生からは「強い薬だから(脳の興奮を押さえる作用)、言葉の遅れは薬のせいかもしれない」とは言われています。(でも、てんかん発作がおきる前から言葉の遅れはあったので、どうなのでしょうね?)その前の1才半検診の時からすでに言葉のことでひっかかっていた(その当時で3単語)のですが、それがこの子のペースと全く気にも留めていませんでした。今は幼稚園の年中さん。年少から3年保育で入り、刺激をたくさん受けて、彼なりには言葉数も増えてはいます。言葉についてですが、彼が話す一番長い文だと、例えば「ママとなお(妹)と一緒にお風呂、入ったね。気持ちよかったね」とか、「ラーメン食べて、おいしかったね」とか。 「気持ちよかった」っていう感情は私がいつもお風呂のあと「気持ちよかったねー」と言っているのでそれで、覚えたのかな?
・・・私が気になっているのは言葉の出方。彼は文字や数字、アルファベットに興味があって、覚えるのは結構、早かったんです。なので、自分の名前も音からではなく、頭の中で文字を思い出してそれを読むかんじ。記憶力はたけているようでたくさんの言葉を園などで吸収し、「こういう状況のときはこうやって言うんだ」と記憶していて、それと似た状況になったら覚えてきた言葉を話す・・・という感じ。私も「少し違う」ということをどうやってここに書き込んだらいいのかと、悩んでしまいますが、そんな感じです。
だから、たまに話している言葉とその意味があっていなかったり、状況と言葉がめちゃくちゃだったりします。理解力ですが、簡単で短い文ならわかるようです。だから、園で先生の「次はこうやってこうします」などの説明はわからないみたいで、まわりの子をみてそれを真似する感じです。
だから物事を聞いてそれを実行にうつすということは苦手で、参観日などでみているといつも1人で違うことをやっています。
絵本の読み聞かせも赤ちゃんに読むような極短い文の絵本なら聞いていますが、幼稚園レベルくらいのものになると意味がわからないようで全然、聞いていません(園でもそのようです)。
あと、彼が一番緊張せず、そのままの自分を出して話せるのは下の妹。次に両親。お友達は相手によるみたいです。園では1人で遊ぶか先生と遊んでいるのが多いです。お友達がしていることに自分もすごく興味があれば、ドンドン中にも入っていきますが、自分からうまく誘えないので(言葉がうまく言えなかったり、言っても発音がはっきりしていなくて伝わらなかったりで)どうしても、1人が多くなっちゃうのかな。唄などはやっと本当にすこーし歌えるようになってきました。チューリップなどだと、「さいた〜」が「さ、たー」とか。最初と最後の文字を歌い、なんとか流れについていく感じです。
とにかく、まわりに「言葉の遅れ」がある子がいないし、どこへ行っても「様子をみましょう」「お母さんはゆっくり話すようにこころがけて」とアドバイスをされるだけで、ほんとうにこのまま様子をみていればいいものなのか?「障害(病気)」があるとすれば、本人のどういう点に注意して様子をみていればいいのか?など、何もしないでただ、様子をみているだけの自分に焦りを感じ、そして、お友達に話し掛けられて、おどおどしたり、自分の意志を言葉で伝えられなかったりして苦しんでいる息子に少しでも「言葉・会話」をさせてあげたい。と1日1日が何もしないであっという間に過ぎてしまうのがとてももったいない気がしてなりません。私は東京都杉並区在住です。どこかお勧めのところがありましたら、ぜひ、紹介していただきたいです。または何かいいアドバイス(どんなことでもいいです)がありましたら、ぜひ、教えてください。よろしくお願いいたします。


りんちゃんへ 投稿者:ちあき  投稿日: 5月25日(金)23時03分52秒

りんちゃん 一日一日を何もせずにじゃ無く お母さんの言葉がけ出来ているじゃない 私も5歳6ヶ月になる娘がいます その下にも3才10ヶ月になる息子がいます 娘はやはり言葉が遅く幼稚園に行きながら専門の幼稚園にも行っています 息子は視力障害者のため片目は失明してしまい増した 私自身も視力障害者です それを威張る気はないんですが こんなにもそろってしまいました いろんな施設に行ってきずいたのは 私自身が自信を持って張り切っている姿を見ているときには娘は一緒に笑っていてくれます いろんなお母さんと話しているうちに 悩み ストレス飛んでいってしまいました そりゃ〜 ときにはくじけます だけど その時は こんなにいい場があるんだもの 書いちゃいましょうよ ウジウジしててもしょうがないもんね


ごめんなさい 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月25日(金)23時47分04秒

 私の「みなさんは強いですね・・・。」の一言で随分と波紋がおきてしまいました。
悲壮感を漂わしていた本人も私ですね。本当に申し訳ありませんでした。お詫びいたします。

 今、妻と話をしていたんですが、「パパは当たり前の生活をしすぎた。」そうです。
確かに、今までの人生のなかで、なんらかの障害者に出会った事がないし、正直言って他人事でした。ここへ来て、まさか我が子がその始めて出会った障害者(悪魔でも予定)になろうとは夢にも思っていませんでしたから。私ってかなり、免疫ができてないみたいです。
その時、妻はみなさんと同じ事を言ってました。
本当は、ここのBBSを覗いてたんだろうと思えるぐらいに・・・。
「どんな診断を受けようがりょうが変わるわけじゃないから。。」
あれ、どっかで聞いた台詞だなぁって。
そうなんですよね。今までと同様に子供を愛して、育てて・・ただ、それだけなんですよね。
自閉症も強い個性と思えばどってことないですよね。なんか、診断を前に開き直れたような気がします。明日、診断を受けた直後は、正直、落ち込むとは思いますが、その先の未来を信じ頑張りたいと思います。

みなさんも体に気をつけて頑張ってください。では・・・。


しゃけさんへ 投稿者:ゆうき  投稿日: 5月26日(土)00時32分09秒

わたしも 全く同感なんです。
私の方がまだ 悲壮感いっぱいかも・・・(笑) この場にくると泣き言ばかりです。

ゆうの好きなようにさせて 謝って回ればいいじゃない!
周りの人にどんな目で見られようと ゆうが よければ孤独感を感じようといいじゃない!
子供のためなら 母は強しと思うんだけど まだ強くなりきれないどころか 
今は逃げだしたい気分でいっぱいなんです。療育の先生には 3才になるまで もう少し様子を
見てみましょう。と言われながら もう3才になってしまって
言葉は まえより若干でるようになりましたが なにをいっているのかが 聞き取りにくく 
相変わらず目を合わせるのが苦手なようで 落ち着きもありません。
3才になるまでは 男の子は 言葉が遅いからと思うことにしてましたが 
今の状態をみて母親の私が何らかの行動にでなきゃいけないんだろうと思うんですが、
逃げ道があったら逃げ出したい気持ちでいっぱいなんです。
前向きに 自分に言い聞かせて毎日を過ごしていますが 内心おどおどしてます。
だけど多分 今が一番どん底なんだと これからは 上に上がるしかないんだって
周りの同じような思いをしてこられたお母さん達を見ていると強くなれる気がします。
強くならなきゃいけないんですよね。


うちの子も面白いことが好き 投稿者:まつこ  投稿日: 5月26日(土)08時20分30秒

>ハイジの天然ボケは受けが良かった。

うちも、とっても面白い合の手を入れることがあるので
天然と思っていたのですが
どうも計算している節もあるんです。
言葉遊び的なギャグはとっても受けがいいです。
「これって、和食? わ〜ショック〜。」とか。

と、書くとぺらぺらしゃべるように思われるかもしれませんが
つい先日も弟・坊主(小2)に「何いうてるのかわからん」といわれるほど
語順もかかりうけも助詞もばらばらです。
けれども、彼のいいたいことを汲み取ろうとして聞いていれば、
言いたい内容はだいたい伝わります。

さて、ここまでくれば、英作文ならぬ、
日本語文の組み立て方を教えることもできるかな、と
障担と作戦を練っています。


ね、ね。 投稿者:M@お気楽管理人バージョン  投稿日: 5月26日(土)08時52分06秒

>言葉遊び的なギャグはとっても受けがいいです。

音の響きとか、文字の並びなんてものも、すぐに遊び道具にしてしまうよね。
”あ、本当だ!!”
って、思える面白い法則性もあれこれ発見してくれるのよね、うちの子達。
             < おいおい、あんたの子かい?

この間なんか、
テレビの前にソファーがあって、そこには誰も座っていないという絵カードを見せて
短文作りをしてもらおうと思ったら、突然ケラケラ高笑い。

「誰も見ていないのに、テレビがついてる〜〜!!」
おいおい、あんたは幸せものだ、そんな事でも面白いのね。

でも、その短文、大正解だよ〜。
とても、一年前には、
「ポットがお茶を飲む。」
なんて言ってた子とは思えない。

でも、私としては、ポットがお茶を飲む所も是非ぜひ見てみたいものだ。。。


がんばらないでね 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月26日(土)11時18分35秒

ここでは「がんばる」「がんばってね」は禁句なのであります。
どうしてかというと、意識しなくても、確認しなくても、
みんながんばっているから。

発達に問題の無い子育ては、あんまり考えなくても
子どもが自分の力で育っていくところがあります。
・・・本当は問題があっても、親が気づいてないだけだったりしますが。
(完璧な子どもなんていないし、完璧な大人もいませんよね)
親が気づくような発達の問題を抱えている場合、
普段なら考えないようなことを一杯考えるでしょ?
するっと通り過ぎるようなところで、いろんな手立てを打たないといけなかったり、
つらいことも嬉しいことも山盛り。
普段からこうですから、油断するとがんばりすぎて、つぶれちゃいます。
一人でがんばると、その結果を子供にのみ求めるようになってしまうから、
もっとしんどいです。

子どもにとって一番いい環境は、楽しく、好奇心一杯で、
毎日、目をきらきらさせて生活できる環境。
そのためにも、一人で抱え込むのはやめましょう。
具体的に困っていることがあったら、どんどんここで質問しましょう。
育児書には載っていない回答が、一杯帰ってくるはず。
そして、嬉しいことがあったら、どんどん子ども自慢をしましょう。
みんなで一緒に喜べるから。

子育て仲間も、先生も、お医者さんも、みんな巻き込んで子育てしましょう。
自分の子どもだけ見ているとしんどいけど、
みんなで一緒に見守っていくと、すごく心が前向きになれる気がします。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


(無題) 投稿者:sara mama  投稿日: 5月26日(土)15時10分20秒

そういえば、次郎が3-4歳の大変な時、
小さな進歩を一緒に喜んでくれる人がいました。
だから、その時期を乗り越えられました。
できない事よりも、小さな進歩を見つめる方が気持ちいいものです。
気分がいい!


りんちゃん様 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月26日(土)16時04分35秒

先生一人で、たくさんの子どもを見ているような幼稚園ですか?
そうだと、ちょっと難しいかもしれないけど、
私が感じたことを、そのまま書き込みますね。

>園で先生の「次はこうやってこうします」などの説明はわからないみたいで、
>まわりの子をみてそれを真似する感じです。

言葉では理解できなくても、周りの子がすることを見れば出来るってことですよね。
それでしたら、視覚に訴える方法で指示を出してもらうようにお願いするのが
一番いい気がします。
新しいことに取り組むときに、とっつきにくい言葉で説明されても困ってしまいますよね。
この辺のところは、言葉の発達を待っていなくても、わかるような方法で説明してもらえれば
ものすごくスムーズに、園生活が送れると思うのですが。
絵や写真で理解できるのなら、絵や写真を利用してもらい、
文字がわかるのなら、黒板に文字で説明してもらうとか。
何が何でも言葉を理解しなさいというのは、
ちょっとつらいかもしれないと思ったもので。

たとえば、「手を洗って、お弁当を食べた後、歯磨きをしましょう」という場合、
手を洗っている絵と、お弁当の絵と、歯ブラシやコップの絵を黒板に張ってもらう。
これなら見ただけで、手順がわかるというものです。
周りの子どもたちも、この方が絶対分かりやすいわけだし。

>絵本の読み聞かせも赤ちゃんに読むような極短い文の絵本なら聞いていますが、
>幼稚園レベルくらいのものになると意味がわからないようで全然、聞いていません。

きつい言い方だったらごめんなさい。
絵本に興味を持つ発達段階が、「赤ちゃんに読むような極短い文の絵本」ということですね。
それなら、そこから少しずつ積み上げていけばいいと思います。
無理強いするのではなく、今現在大好きな本を、じっくり読んであげる。
親子でゆっくり楽しむ。これが一番ではないかと。

>とにかく、まわりに「言葉の遅れ」がある子がいないし、
>どこへ行っても「様子をみましょう」「お母さんはゆっくり話すようにこころがけて」と
>アドバイスをされるだけで、

これは、ほとんどの人が言われるんですよね。
私も散々言われました。
振り返って思うこと。「様子を見る」のではなく、「観察する」のです。
よそのこと比べるのではなくて、何が苦手で、何が得意なのか。
1年前と比べて、どこが成長しているのか、どこで躓いているのか。
これをしっかり押さえないと、対策は立てられません。

>そして、お友達に話し掛けられて、おどおどしたり、
>自分の意志を言葉で伝えられなかったりして苦しんでいる息子に少しでも
>「言葉・会話」をさせてあげたい。

この気持ちは大変よくわかります。しかし、とても解決は難しいです。
子ども同士って遠慮がありませんし、いいたい放題だったりするので、
やはり大人が間に入って、気持ちを代弁してあげるのが一番いいと思います。
子どものプライドを傷つけないように、上手にかかわれればいいのですが。

そして最後に言葉ですが、相手が信頼できる人で、
ゆっくりとかかわれる人なら話せるんですよね。
やはり、安心してお話できる環境で、じっくりお話しを聞いてあげる。
そういう場面をたくさん作ってあげるのがいいと思います。

うちは自閉息子で、言葉の遅れがあるのですが、家ではむちゃくちゃながら、
一杯お話してくれるようになりました。半分は???ですが。
そして園(療育施設です)では、自分と同じくらいのお話が出来るお友達と、
よく会話?しているようです。
しかし、相手が高度なことを要求する大人だったりすると、まったくしゃべらなくなります。
自信が無いんです。おそらく、自分の言葉が相手に通じるかどうか、不安なのでしょう。
というわけで、うちの場合は言葉そのものを教えるより、
今はいろんなことに自信を持たせようと、あの手この手を使って生活してます。

長くなってごめんなさい。丸1日考えていたんだけど、なかなかまとまら無くて。
ちょっとでも役に立てばいいんだけど。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


りんちゃん様・2 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 5月26日(土)17時23分24秒

私も長いこと考えてしまったので、
こくっぱの母さんが書かれている事と、内容はかなり重複しますが
読んでくださいね。

>私が気になっているのは言葉の出方。彼は文字や数字、アルファベットに興味があって、
>覚えるのは結構、早かったんです。なので、自分の名前も音からではなく、頭の中で
>文字を思い出してそれを読むかんじ。記憶力はたけているようでたくさんの言葉を
>園などで吸収し、「こういう状況のときはこうやって言うんだ」と記憶していて、
>それと似た状況になったら覚えてきた言葉を話す・・・という感じ。

お母さんよく観察されていますね。これだけで「何もせず傍観」してきた
わけじゃないってよくわかりますよ。
そして、文面で見る限りでは、言葉の面では、うちの自閉くん(小1)とかなりの
共通点をもつお子さんのように思います。
「えっ、自閉?」って引いてしまうかもしれませんが、一度私のホームページを
覗いてみていただけませんか。ヒントになるようなことがあるかもしれません。
下にリンクしておきますね。

さて、こういうタイプのお子さんですが、あなたもお気づきのように、
「言葉の発達が『遅い』」というよりは、「言葉の発達の仕方が『違う』」
可能性のほうが高いと思います。ですから、相談に行かれるならば、
「言葉の教室」的なところより、LDや自閉症といった「発達の仕方の
『違い』」(「発達障害」とも言います)に詳しい相談機関や病院に
行かれることをお勧めしたいです。
具体的に、どこがいい、というのは、私は関西在住なのでちょっと
わかりかねるのですが。

ただ、そういうところは、たいてい、すごく混んでいて、予約を
とっても、見てもらえるのはずっと先だったりします。
また、実際に訓練を始めてみても、「言葉での会話」が成立するように
なるには、かなり時間がかかるかもしれません。

では、そのまま、手をこまねいていなければならないか、というと、
そうでもないと思うのです。「伝わらない、理解できない」ということから
くる彼のストレスを減らしてあげること、「暗記して使える言葉」の
ストックを増やしてあげることは、お母さんや幼稚園の先生のちょっとした
工夫でできるのですよ。

まず、「文字が読めるのだから聞いてわかるはず」という思い込みは
捨てること。これは、お母さんはできていますよね。

それから、「言葉での指示・説明」には「視覚的な(見てわかる)ヒント」を
足してもらうこと。実際にやってみせる、実物を見せる、写真を見せる、
字で書いて見せる。
「この子は耳が聞こえない」「日本語が殆どわからない」くらいの感覚で
接すると丁度いいことがあります。

「自分の気持ちや体験」を言葉とリンクして暗記させるため、
彼の気持ちや要求がわかるときには、相手方として関わる前に
彼が言うべき言葉を「代弁」してあげる。
「おもちゃ取って」「ジュースちょうだい」「いや」「あっちへ行って」
この時「ほら、○○って言ってごらん」と強制しないこと。
あくまで「あ、このときはそう言うのか」と感じる経験を増やしてあげる
つもりで。

反対に、大人が彼に言葉をかけるときも、「○○と言われたら
こうすればいい」というパターンをつかみやすいように、
「彼が理解できる(または理解しようとしてくれる)範囲の語彙と文の長さで」
「同じ状況ならできるだけ同じ言葉を使うようにして」
「できるだけ、具体的に、絵で表せないような抽象的な
(きちんと、はやく、・・・しない、など)表現は
できるだけ避けて」
彼の「言葉のストック」を増やしてあげましょう。
たとえば、「みんなやってるよ」ではなくて、「○○くん、・・・してください」
「早く着替えなさい」ではなくて、「このシャツを脱ぎます。このシャツを着ます」
「うろうろしないで」ではなくて「ここに座ります」、という具合ですね。
そして、このときも「見てわかるヒント」を出してあげてください。

「そこまでしたら、却って言葉が伸びなくなるんじゃ」と言われるかたも
いますが、「丸暗記で喋るのが精一杯」の子に、「普通の子と同じに
しゃべりなさい」なんて、酷だと思いませんか。こんなに頑張っているのに。
少なくとも、うちの息子は、こうした経験の積み重ねで、「丸暗記した
言葉を駆使して、意思の疎通はできるようになりました。
今、丸暗記から少しずつアレンジする余裕が出てきているので、このまま
彼の言語発達スタイルを尊重しながら、見守って(なにもせず傍観するのではなくて)
いこうと思っています。

暗記が得意で、字が読める。それはうまく使えばすごい武器になります。
とりあえず、お子さんのストレスを減らし、「わかった!伝わった!」という
成功体験を沢山つめるようにしてあげることで、お子さんを楽にしてあげてください。

http://www.geocities.co.jp/Heartland-Icho/5079/


ありがとうございます! 投稿者:たいまま  投稿日: 5月26日(土)20時22分46秒

りんちゃんさまへのお返事、私にも大変勉強になりました!
うちの子も同じようなタイプだと思うので。
言葉の発達が「遅い」という,,謔閨u違う」・・・実感しています。
「言葉のストック」を増やす・・・これなら今すぐからでも自分で実行できる気がします。
病院は予約済みですが、待ち期間が長いので(8月です)何かすぐにでもしてやりたい!と
うずうずしていましたので!!
言語療法は有効なのでしょうか?
やはり早めに受けた方がよいのでしょうか?
皆様にアドバイス頂けるとありがたいで7。


今日、診断に行って来ました 投稿者:りょうくんのパパ  投稿日: 5月26日(土)23時04分28秒

 今日、小児神経科病院に行って来ました。
全ての診断が終わるまでに5時間半ほど費やしました。
結論から言うと、自閉症傾向はあるが、自閉症とは診とめられない。
ということでした。ただ、今後、自閉症の症状がはっきりする可能性
もあるので、自閉症児と同様の対応をして下さい。というものでした。
問診の他、CT、脳波を受ける予定だったんですが、
脳波の方は、りょうが脳波を検査している最中に目がさめてしまって
結局後日ということになりましたが、CTの頭の輪切り?を見る限り
全くの正常範囲で自閉症児にある傾向が見られないそうです。
 先生の言葉をどうとらえたらいいかわかりませんが、とりあえず
今はちょっと嬉しいです。あとは、りょうが友達とのかかわりあいが
できて、言葉を話せるようになればいいのですが、道は遠そうです。
私の地域の公立言葉の教室に週に一回通っているのですが、今日行った
病院でも、自閉症児の為の教室があるのでそちらも併せて通わせようと
思っています。
 とりあえず、今日のところは「5時間半もの間、よく頑張ったね!」
ということで、りょうにお疲れ様です。

では・・・


おととい、 投稿者:ケリー。  投稿日: 5月26日(土)23時56分09秒

CT撮ったんだけどね、
放射線受付で「赤の8番の前で、お待ちください。」って言われたわけ。
(ここでオチがわかったあなたは、偉い!)

そうです。
まず、「座って」とは、言われなかった。でも、これは私のフォローですんなりOK。
しかし!8番の「前」は混んでいた・・・3人がけ2列の椅子は、いっぱい。
迷ったあげく(私)、「7番の前」に座りました。
大人しかったから、大丈夫だと思ったんだけどな・・・・・
CT自体は慣れたもんだろうし、とタカをくくっていましたが・・・・・・

所要時間40分。外にまで「動かないでね」「じっとしててね」と聞こえてくるぅ;;。
出来上がった写真は、ピンぼけでメッセージつき。
「患児が動くので、ご指定のものが撮れませんでした。何度も言ったのですが」

いつもは、できるんだもん!混んでたのが、悪いのさ!!
Dr.は、にこっとして「大体わかるからいいよね^^。」って言ってくれました。


モックだったら、 投稿者:ケリー。  投稿日: 5月27日(日)00時04分21秒

>テレビの前にソファーがあって、そこには誰も座っていないという絵カードを見せて

「いけません」かなぁ、「ごめんなさい」はやだなぁ(私が)。
短文か・・・・・
明日やってみよう。



皆さんの言葉、重く受け止めました。 投稿者:しゃけ  投稿日: 5月27日(日)00時22分10秒

私のせいで毎回掲示板を暗くしちゃって本当に申し訳ありませんでした。
まぁ一朝一夕には強くなれないので(^_^;)、ゆっくりゆっくり時間をかけて
後戻りいっぱいしながらでも、最終的には前に進めたらいいな、って思ってます。
いつか皆さんの言葉を頭だけじゃなく心で理解できるように・・・。

ところで昨日は療育の日で、今の先生になってからまだ一ヶ月なんですが
「いくらちゃんは私が見るようになってからだけでも大分伸びましたね」
と言ってもらえました。
確かに最近のいくらは大分二語文が出てくるようになったんです。
モノを頼むときは「○○とって」って言えるようになったし「赤ちゃんねんねしてるね〜」
などの状況説明もできるようになりました。
「言葉(表現)のストック」がかなりたまってきたんでしょうね。
でも「こないだうさぎさん見たね〜」なんて話し掛けると「うさぎ食べたねー」
なんてトホホな反応がかえってきたりもしますけど(笑)
でも文の組み立て方自体はなーんとなく分かってきた感じなので、あとはいかに
正しい意味とリンクさせて適切な表現にしていくかなんでしょうね。
これはもうちびくまママさんのおっしゃるように、パターンの暗記で頭に
刻み付けていく方法しかないですよね。
先生からも「記憶力は元々あるので、療育で認知面の方をうまく伸ばしてあげるように
働きかけてあげれば、自閉の症状も“個性”の幅におさめられるかもしれません」と
前向きなことを言ってもらえました。
ほんのわずかだけど希望が湧いてきたような気がします!p(^v^)q

いくらの進歩は言葉の面だけじゃなく、最近は以前に比べると大分「我慢」がきくように
なってきました。
前は例えばジュースが飲みたいときは「じゅ〜すぅ、じゅ〜すぅ!!」って騒いで
何を言っても手がつけられなかったけど、この頃は「お買い物が終わるまで我慢してね」
と言うとある程度おとなしくしてくれるようになりました。
療育で毎回悪戦苦闘してたビーズに紐を通す課題も、昨日は突然できるようになって
驚きました。
本当に子供の可能性ってたくさんあるんですよね。
人生80年の時代に彼女はまだたったの3年しか生きてないんだもん。
もっともっと、未来を信じてあげなくちゃ・・・ですよね!!

・・・と前向きなことを書いた矢先なんですけど、実はすごーーーくショックな出来事が
起こってしまいまして・・・(-_-;)
実は入園するはずの保育園に断られてしまったんです!!
園長先生によると、経営者が一方的に「ちょっと今は言えない事情があり、今後の園の方針が
決まるまでとりあえず6、7月の園児の募集をストップしてほしい」と言ってきたそうで・・・
園長先生も「雇われ」の身なので、詳しい状況が全く分からず寝耳に水の状態のようなんですが
私としてもやっと安心して預けられるところが決まったとホッとしていたところだったので、
突然のことに唖然呆然・・・という感じです。
また一から保育園探しをしなくてはならないけど、その園の雰囲気が気に入って「ここなら!」
と思って決めただけに、もうどうしたらいいのか頭が混乱して目の前が真っ暗に
なっちゃってます。
妥協して他の無認可園に入れるか、泣き落とし作戦でなんとか認可保育園の待機の順位を
あげてくれるよう市に懇願するか・・・方法はもうこれしかないんですけどね。

それにしても「今は言えない事情」って一体何なのかなぁ。
やっぱり無認可保育園は相当経営が厳しいのかしら・・・


ありゃりゃ・・ 投稿者:ひいろ  投稿日: 5月27日(日)00時47分24秒

キレちゃった?こくっぱ母さん。

追記します。幼児期にCTを取る事の意味は現在医療現場で疑問視されています。
脳波は「てんかん波」があるかどうかを調べるためのモノです。
自閉症の診断できる外的な検査というのは、現在存在しないと思います。
最近遺伝子の研究が進んでいますから、あと10年くらいしたらできるかもしれませんが。

こくっぱ母さんは心配しておられるのです。
もしお子さんが自閉症だったら、きっと普通の人と違った感じ方をしているはずです。
それをわかってもらえない状況はとっても辛いものです。理解者が必要な子供たちなのです。
自閉であってもなくても、お子さんの本質は変わらないはずです。
・・そうゆう事をこくっぱ母さんは言いたいのだと思うのです。


脳検査 投稿者:さくらんぼ  投稿日: 5月27日(日)01時07分08秒

今ちょっと話題になっている、脳の検査について一言。
私は、もうすぐ、MRIをとる予定です。
うちの子は6歳(になった)の自閉症児です。今まで、CT、脳波取らなかったのは、かかっていた今までの先生が、自閉症児はCT、脳波に異常がみられたことがない。といわれていたからです。
MRIを取る気になったのは、転院した先生が、一生に一度、とっておいたほうがいい。てな感じで、「まあ、異常はないでしょうが。」と言うことでした。
でもね、異常があったほうがいいのか、なかったほうがいいのか、複雑ですね。
だって、異常がわかれば、何らかの原因がわかるだろうから。
自閉症の研究は原因不明(今は、中すい神経障害説かな。)というところで、ストップしているの
ですものね。

まあ、検査なんて、きっとそんなもんですよ。
でも、とっても前向きな、お医者さんに、わたしもようやっと出会えたので、思春期に対する備えもできたかな。って思います。

そうそう、脳波もとりました。異常なしでしたが、脳波は刻一刻と変化するそうで、一生に一度とはいかないようです。


自閉症について 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 5月27日(日)01時09分09秒

「自閉症」という診断名を広義に用いる医者も多いので、

>もしお子さんが自閉症だったら、きっと普通の人と違った感じ方をしているはずです。

と、一概には言えません。

>自閉傾向のある子どもは、てんかんを合わせ持ってることが多いので。

「多い」とはどのくらいの頻度なのかが不明です。
例えば、自閉傾向の子の100人に1人が併せ持つと仮定した場合、
自閉傾向でない子では1000人に1人しか発生しないのであれば、
発生率は「10倍」になり「多い」と判断することもできます。

>自閉症の診断できる外的な検査というのは、現在存在しないと思います。
最近遺伝子の研究が進んでいますから、あと10年くらいしたらできるかもしれませんが。

一卵性双生児で一方だけ自閉症、ということも稀にあるようなので、
全てが遺伝子だけでは説明できないようです。
また、前述のように広義に「自閉症」という診断名を用いる場合、
症状が本当に多種多様なので、関連遺伝子も複数見つかると思います。
そうなれば、診断名自体が細分化されるような気がします。
ex)肝炎のA、B、C型等


教えてください・・ 投稿者:やま  投稿日: 5月27日(日)01時16分50秒

私は構音障害でか行さ行た行な行がうまく言えません。治そうと病院に行こうと思うんですが、何か怖くて。小学生の時からいじめられてたからか、この話を人に言ったり言われたりするのが怖いです。なぜか文字にすると言えるんですけどね・・勇気が欲しい。人と会わずに治す方法はあるのかなぁ・・??こんな私に、いい方法あったら教えてください


手元の資料によると、 投稿者:ケリー。  投稿日: 5月27日(日)01時26分19秒

「広汎性発達障害の約10〜20%は、成人するまでにてんかん発作を呈する。」そうです。
PDD全て自閉症ではありませんし、広義・狭義もありますが、
「多い」と捕らえて良いと思います。

この前後、いくつかの発言を削除させて頂きました。
意味が通じない所もあると思いますがご容赦下さい。
                 管理人

掲示板過去ログ案内に戻る