2001年6月その5
まっちゃんさんへ 投稿者:ママって呼んで  投稿日: 6月20日(水)12時37分19秒

はじめまして。
>言葉が遅くて、言葉の面だけを見ると1歳半の発達といわれています。
とありますが、これは、単語がいくつか話せる程度、という感じですか?
私の息子(現在ちょうど3歳です)も、言葉が遅く、3歳になったら話し出す・・・という言葉を信じてきたものです。
息子も場合は、話し始めも1歳6ヶ月と遅く、2語文が2歳6ヶ月・・・そして、その後しばらくの間もなかなかどーっと
単語が増えるということがなく、大変心配していました。
よく、話し出すと溢れるように言葉が出るといいますが、そういう感触がなかったのです。

しかし、2歳11ヶ月くらいになると、やっとそんな感じを受けました。
言葉の吸収がいいと言いますか、とにかく話すのが嬉しそうです。
何でも話す、という感じです。いつも毎日驚かされます。
少し前なら、ある物の名前を教えても繰り返すことすら、しなかったと思うのですが、
今は私が独り言のようにつぶやいたことまで真似をその場でして、その後でまたそういう場面が
あると使うといいますか、気をつけねば!と思ったりします。
今は、3〜4語文くらいまで話します。そして、主流は2語文が多いです。
でも、助詞はまだ苦手なようで、「の」くらいです。
現在、過去、命令、欲求をうまく表します。話さなかっただけに、感心してしまいます。

お子さんのケースによって様々なので、まっちゃんさんの文面からだけで判断し、
期待させてはいけないのですが、3歳からというのは実際にあるのです。
私も、最近までは、信じたい!でも、本当だろうか?の繰り返しでした。泣いた日もありました。
お子さんの状況を詳しく話せば、いろいろ違うことも多いでしょうが、あの時の私の気持ちそのもののような気がして、
安易にお返事してしまいました。だから、軽い気持ちで読んでください。

発達専門の小児科の先生に診ていただいた時、2歳9ヶ月の時のことなのですが、
「この時点で2語文が話せていれば、大丈夫です。」ということでした。これからの発達については、
恐らく、順調に発達してきた子供に4歳までに追いつくことができるでしょうとのことで、
もし、成長が話せる子と平行線で発達が進んで行くことになっても、言語の発達そのものが
小学校就学の頃にほぼ出来上がるので、話せる子もその時点で完成してしまうので、
問題ないですとのことでした。(意味わかります?)
そして、「お子さんは、確かに下の方ではありますが、正常値の範囲に十分入っています」と言われました。
その時は、先生にそう言ってもらっても、信じて良いのかという不安はきえませんでした。

私の近くに住む友人の息子さんも、同じ月生まれなのですが、状況はうちと似ていて、二人でよく悩んで
いました。その子は、2歳9ヶ月の時点では、まだ2語文が話せないとお母さんが言っていたのですが、
今は沢山言葉が出ているようです。だから、これで、2人いるわけです。

では、もう心配はないの?と思われるかもしれませんが、やはり、まだ、助詞が弱いし、他の子と比べて
しまうと、まだまだです。それに、うちのは発音が特別悪いので、口腔外科を受診しようかと迷ったりしています。

肝心のことを何も書いていないような気がしますが、「一緒に遊んでおやつを食べて帰ってきます。」という言葉の
教室はとても大事だと思います。また、刺激を与えることを心がけるというのは、とても大切だと思っています。


口腔外科について 投稿者:やっちまま  投稿日: 6月20日(水)14時04分55秒

うちの子も口腔外科へ受診したことあります。
いろんな方の話を聞いたところ、やはり見た目ではわからないところに原因があって上手く発音できない子はいるそうです。鼻と喉の奥の方で空気がもれてたとか・・
わたしは、話をきいてすぐ紹介状も持たず飛び込みで行きました。時間はかかりましたが、診察してくれました。うちの子はそこにも原因はなかったのですが、大学病院のようなところだと発音の訓練などをしてくれるところもあります。心配なら一度行くといいと思いますよ。(^_^)


しゃけさんへ 投稿者:トマト  投稿日: 6月20日(水)18時39分59秒

そうです、わが娘といくらちゃんとは似ている部分があると感じていました。娘の様子は;
絵本、しまじ○うが大好きで、「おかあしゃん、読んで」と何度もせがみます。その中で覚えた台詞を同じような場面でそっくりそのまま繰り返します。最近は全く同じでなくて似たような場面でも使ったりします。滑り台で「順番で並ぼう♪」だったのが、買物でレジに並ぶ時や、銀行でCDの
前などでも「順番、順番でしょ。仲良く出来ちゃった」と言って列に並びます。絵本は一人でぶつぶつ言いながら読んでるような真似をすることも多いです。人見知りも場所見知りもないです。知らない人に突然近づいて挨拶したり、歌いながら踊りだしたり、人差し指を立てながら説教でもするようにブツブツ言うのでとても奇妙がられます。逆に親以外の人から触られるのを嫌がります。歌が大好きでアルバムCDなら2,3回聞くと大体その曲順を覚えてしまいます。1曲終わると次の歌のイントロを歌い、イントロがなるとすぐにサビに部分を歌い出します。まるで「クイズ、ドレミファドン!」です。(分かる方いますか?)ままごとやごっこ遊びも好きでブロックや積み木、粘土などを使って人物を設定して遊びます。朝の親子番組の「何に見える?」という質問にも結構創造的な答えをします。「どっち?」の質問には後者を選ぶ傾向がありますが、「ゼリー(好きなもの)とほうれん草(嫌いなもの)どっちがいい?」と聞くと、「ゼリー食べたーい」と答えます。紙コップ3個の中に小さなぬいぐるみの犬を隠して「犬はどこかな?」と聞くと必ず右側から「こっち」と言って指差します。隠すところをはっきりと見せても必ず右側から開けようとします。少し笑いながら「こっち」というので多分分かっているけど娘独自のルールでは右側からと決まっているらしいのです。でも、このぬいぐるみを大好きな飴にかえると、へっへっと笑いながらズバリ飴のあるコップを指差します。指先がとても不器用で飴の包み紙を自分で開けられず「取れない、開けて」と母にやらせます。靴のマジックテープもなんとかはがせるかなぁという程度です。先生は「力が弱い、力を入れる方向が分からない」と言います。暑さ寒さに鈍感ですが、口の中(食べものの熱さ)はとても敏感です。食事は完全に冷め切ったものでないと食べません。多動はありません。行動範囲が狭いようです。いつも母の姿が見える範囲で動きます。身振り手振りはもともと少なくて、バイバイの身振りも教えても全然やろうとせず、1歳8ヶ月頃でするようになりましたがたまに裏返ります。「反対じゃないの?」と言うと「反対、反対だねぇ」と言って自分で直します。「うん」とうなづくことは無いです。「ううん」とは言いませんが「違う」と言って首を横に振ります。欲求「○○ちょうだい、もっと食べたい、おトイレ」、共感「見て見て、おいしいねぇ」、状況説明(?)「ワンワンご飯食べてるねぇ」などいいます。「そうだねぇ。」と言って同調してあげると満足そうな顔をします。その台詞の出所がどの絵本かビデオかいつの母の真似かはすぐに分かります。娘からは、知りたい物の名前などがあると、指差しながら「これなんだう?」と2,3回聞いてきて、何度か母の発音の真似をしてすぐに覚えてしまいます。娘が自分の手の片方にビー玉などを隠して「どっちだ?」と遊び感覚で聞いてきたりもします。「だれの、だれに」と言う質問には答え、玄関のチャイムがなると「誰だろう?お父しゃんかなぁ」といいます。言葉は全てパターン化して覚えているようですが、そこを基に少しずつ言葉の冒険というのでしょうか、少し場面の違うところでも使うようになってきたように感じます。療育の先生は、「こちらが分かりやすく働きかければ答えるタイプです。たくさんの刺激(人や広い空間)のある場所ではどこに注意を向けていいのか分からないから聞こえていないような態度をしたり、自分の世界に戻って独り言を言ったりします。わざとそうしている時もあるようですが。積極的な関わりを持とうとする姿勢は弱いですねぇ。」と言います。
診断名を聞いた後しばらくは本当につらい日々でした。いわゆるDRショッピングをしたり(医師3人、心理3人皆が黒、心理1人がグレーとの診断でした)、関連本を読み漁ったり、療育に燃え上がって落ち込んだり、ホッとしたり、、、それでもまだ娘の障害を個性として認められるだけの精神状態には落ち着いてません。まだまだ時間がかかると自覚しています。焦らず、焦らず、娘にとって最良の環境を整えていくんだ、と自分に言い聞かせています。一緒に頑張って行きましょうと言ってくださる方を見つけました。しゃけさん、他常連さんがいてくださって、本当に心強く感じてます。


トマトさん 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月20日(水)20時00分22秒

読めば読むほど、トマトさんのお嬢さんとうちのいくらはそっくり〜〜!!
一度会わせたくなっちゃいました(笑)

>「順番、順番でしょ。仲良く出来ちゃった」と言って列に並びます。

言う言う〜!!何かあると必ずそれに関連する絵本やビデオの台詞を引用して喋るんです。
トイレでおしっこが出ると必ず「すごぉ〜いしまじろう」って言うし。
一言余計なんですよね(笑)
何も知らない人は「まぁお喋り上手ねぇ〜」なんて素直に誉めてくれるんですけど
親の方は冷や汗ものです(^_^;;)ゞ
それとうちも暗記力はすごくて(特にCMオタク)ほとんどの企業(商品)名は
ばっちり覚えてます。ある意味尊敬します(笑)
人との関わり方もやっぱりトマトさんの所と同じで、道ですれ違う小学生にいきなり
「ばいばーい!」なんて声をかけるので、相手は目が点になってます。
なぜか彼女は自分よりちょっと大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんが好きなんですよねぇ。
(大人の場合は恥ずかしがって顔を隠すんですけど)
遊びの輪の中にも平気で近づくので、時には「あっちいけよ!」って
突き飛ばされたりすることもあるし・・・
できれば言いたくなかったけど、これからは「知らない子に声かけたらびっくりするよ」
って注意しようと思ってます。
でもコミュニケーションの面ではトマトさん家の方がずっとよくできてるなーと思います。
“考えて自分で言葉を作る力”が結構あるみたいですよね。
うちはその辺が本当に弱くて・・・
今日も粘土を使っておままごとをしていて「おかあさん、作ったよ!」と
話し掛けてくるので「何を作ったの?」と聞いたんですが、
「作ったよ!作ったよ!」とくり返すばかり・・・
「ケーキ?」と聞くと、「ケーキ作ったよ」とオウム返しはするんですけどねぇ。
二語文は出るようになったんですが、パターン化して覚えた言葉を単に上下に
くっつけてるだけなので「テレビつけて」が「テレビとって」になったり・・・
文法がめちゃめちゃです(^_^;;)ゞ
ひとつひとつ教え込んでいかないとダメなタイプなんでしょうね。

本当に、この先どうなるのか不安は尽きません。
ぱっと見「普通」に見えるので、周囲の人は本当のことには全く気づいていないし
(よく喋るし素直で聞き分けのいいタイプなので、むしろ「お利口ね〜」と
誉められるくらいです(笑))
私自身もまだまだ娘の障害を現実のものとして完全に受容できずにいるところがあります。
これから成長するにつれて健常な子との差も開いてきて、またさらに辛い思いをすることに
なるんだろうなーと覚悟しているんですが、トマトさんのカキコでうちと同じような
タイプのお子さんがいることが分かって、とても励まされました。
本当に本当に、お互い頑張っていきましょうね!



返信ありがとうございます 投稿者:まっちゃん  投稿日: 6月21日(木)00時36分55秒

みっきさん、ママって呼んでさん返信ありがとうございました。
息子は今現在「イヤ」「ボー(ボール)」「いっしょ(よいしょ)」など15ぐらいの単語が出ています。音の高低差も真似てはいるのですが「やっほー」が「あっぁー」となっています。言葉の教室へたどり着く前に保健所からの紹介で、一度言語療法(一応そういわれている)の先生に見てもらったことがあります。そこでは、先生は子供の顔もろくに見ずに私の話を聞いただけで「この子は知能が遅れています」だの、「学校には入れますが100点はとれません」とか「同じ年頃の子が自分の名前は◯◯でどこからきた」と言っているときにこの子は自分間名前しか言えませんとか、いろいろ言われました。私は診察時にちょっと気が動転してしまっていて何も言えずにいたんだけど、あとから考えれば考えるほど腹の立つ診察内容だったし、なんだかあの先生に言われたことは信じられないと思いました。
初めて行った病院なのに自分の名前も名乗らず、子供にも一言も声をかけなかったし、予約してあったのに2時間も待たされたあげくに、子供が私にしがみついていたら「母親からはなれられないのはおかしい」「ちょっとあそこで遊ばせて」(診察室の隅におもちゃがおいてあった)って、今無理矢理診察させられておびえて泣いている子が母親と離れて遊びますか? このことを言われたときに「ああ、この先生には子供はいないだろうし、子供の扱いもわかっていないな」って思いました。初めての病院だったら子供が不安なのは当たり前だし怖かったら母親から離れないのは当然だと思いませんか? こんな先生に「知能が遅れています、もう追いつきません」と判断されたくなかったです。しばらく夜も眠れませんでした。

息子は4月から兄と一緒に保育園に行っています。クラスの中で話しできないのは息子だけだけど、周りのお友達からいろいろ刺激を受けてくれたらと思っています。
まとまりのない文章でごめんなさい。


100点がなんぼのもんじゃい! 投稿者:みっき  投稿日: 6月21日(木)01時41分00秒

この先生は、いかん!
できないことばかり、あげつらって、主観的な(それも偏った)ことしか言わない。
何か恨みでもあるのか、と怒りの拳をあげそうだわ。

できないことを言うなら、同時に、どうすればいいか、
具体的な考えを聞かせてくれなくては。
できること、できないこと、一人一人のお子さんの様子をじっくり
見てから、客観的に判断してもらわなくては。
親はみな救いを求めるように、先生の前に座るのだから、
先生はもっと職業意識を持ってもらわねば、ただ親の心を
引っ掻き回しただけじゃない!

と、まっちゃんさんの書きこみを読んで、興奮してしまいました。失礼!
できないことを認識しておくことは大事なこと、次への足がかりを掴むために。
そして、今できることを把握しておくのも大事なこと、成長を伸ばしてあげるために。
我が子を愛しいと思う気持ちは、親にとっても子どもにとっても、最も大切なこと。
たぶん、また落ち込んだりすることはあると思うの。
他のお子さんの様子を見たりすると比べてしまって、どうしてもね。
私も未だに時たまありますからね。(小5、自閉傾向の娘有り)
うちはうち、よそはよそ。
この子にしかできないとか、こんなことが得意だという何かを、
たとえ一つでも、二つでも、見つけて伸ばしてあげられたらいいですね。


まっちゃんさん 投稿者:ぴいママ  投稿日: 6月21日(木)04時03分03秒

私もみっきさん同様、湯気立ててしまいました。
そんな“先生”も確かにいるんですよね。
うちのゆ〜がも保健所の発達診断で、ほんの数分様子を見ただけの医師に、
(しかも置いてあるおもちゃで遊んでるゆ〜がの手を足で踏んでおさえて、その反応を見る)
「自閉も多動もない、それなりの力は持っているね。でもまわりとの差は縮まる事はないよ。」
「で、お母さんはどうしたいの?」と聞かれ、返す言葉がなかったです。
この医師の言葉は、「加配を付けて保育園に行かせるのがいい。」というところだけもらって、
あとは捨てました。

ゆ〜がは今4歳5ヵ月ですが、2歳10ヵ月の頃、全体的に1年半くらいの遅れと言われ、
療育センターのSTの指導に通うようになりました。
このころは「にゅーにゅー(牛乳)」ほか単語が数個話せるだけで、あとは
「あ゛ー」だの「hー」だの言葉ではなく音って感じでした。
視線も合うし、愛想の良い子です。手先は不器用ですが・・
保育園には0歳から行っていて、集団の刺激というより母との密着が足りなかったの
かもしれません。私も、市が開いているおやつを食べて遊ぶだけの教室に
仕事を休んで行くようにしました。そして本当にちょうど3歳になった頃から、
言葉を真似て発するようになり、どんどんどんどんお話ができるようになりました。
その頃の彼からは、『あのね、ママとお話したいの』という気持ちがとても感じられ
うれしかったです。やっとそういう『場所』に来てくれたのねという思いでした。
まっちゃんさんもそんな気持ちになる時が、きっと来るように思います。

助詞は抜けてしまうし、発音も完全ではありませんが、
今は、自分の意志はちゃんと伝えられて、簡単な質問には答えてくれます。
語彙能力は年齢並みと言われていますし、言葉は話せるようになりました。
でも、彼の場合、言葉を会話には使えていません。一方的なのです。

>この子にしかできないとか、こんなことが得意だという何かを、
>たとえ一つでも、二つでも、見つけて伸ばしてあげられたらいいですね。
同じことを、先日、彼を「自閉症の特徴にあてはまるこども」と診断した療育センターの
医師から言われました。
心からそう思います。


まっちゃんさんへ 投稿者:ママって呼んで  投稿日: 6月21日(木)06時50分27秒

うちの子も、昨年の12月(2歳6ヶ月)の時に、言語聴覚士の先生に、そんなようなことをたんたんと言われて、沈みましたよ。
だから、今でも、知的な発達については順調であるのか気になります。(もともと心配症な性格な者で)
その後の発達専門の小児科医の簡単なテストでは、年齢相応と言われていても、その言葉のショックを未だに引きずっています。
言語聴覚士の先生とは、何のテストもしなかったんですけどね。(笑)
権威のある人からの言葉は、やぱり同じことを伝えるにしても、いい方、表現の仕方を考えて欲しいものです。
私は、その診察中に涙が出て止まらなくなり、しっかり家まで子供を連れて帰ることが今の私の仕事だ!と
心に言い聞かせて、帰ったのを覚えています。
後日、こちらの掲示板で、みなさんから励まして頂きました。


ちょっとお訊ねします。 投稿者:ママって呼んで  投稿日: 6月21日(木)06時56分52秒

掲示板のみなさんで、お子さんの発音が悪いなどの理由で、口腔外科のようなところの診察を受けられた方がいたら教えてください。
できる範囲で構いません。もし、掲示板では・・・という方がいらしたら、メールでください。
1.病院のタイプ(大学病院、総合病院、個人病院・・・・)
2.診療科目(口腔外科、形成外科・・・・)
3.受診した時のお子さんの年齢
4.検査の内容(どんな検査が行われたか簡単でよいです。知りたいのは、子供にとってどれくらい負担がかかるものかです。)
5.検査の結果(異常なし、様子を見る、手術)
です。全部でなくても構いません。非常に迷っているので、お願いします。


いつも参考にさせて頂いてます 投稿者:くまのプー子  投稿日: 6月21日(木)09時00分25秒

はじめまして。2歳2ヶ月の女の子のママです。
以前からROMって参考にさせて頂いたのですが、最近診断を受け「広汎性発達障害の疑い」と診断されました。
新版K式と言う検査をして、運動、認知、言語・社会性はどれも標準内と言われましたが、各領域を詳しく見てみるとポロポロと問題になるところが見受けられるといわれ、療育を受けることになりました。
うちの場合、会話が成立しません。「どちにする?」ときいても「どっち?」と返してくるし、おままごとしていて「何作ってるの?」ときいても「何作ってるの?」と返してきます。人から何かをもらいたい時なども「ちょうだい」ではなくて「どうぞ」っていうんです。
でも、単語自体は結構出ているので、周りからは別に「?」と思われることはありません。
あと、歌が大好きでこちらが感心するくらいすぐに覚えます。
どこで覚えたんだ?っていうくらいすごいものがあります。
例えばいまは、スピッツやケミストリーなどを歌ってるんです。といっても、はっきり歌詞を歌う訳ではないのですが、サビの部分は歌えます。興味がある事に対する集中力には感心させられます。お片付けの時はお片付けの歌、手を洗うときには手を洗う歌、それぞれにあった歌を必ずどこでも歌います。人がやっているのをみても歌うんです。
ディズニーが大好きで、パレードのビデオの踊りやセリフを憶えていてどこでも踊ったり歌ったりします。
TVの天気予報やCMが好きで、すぐに真似します。また、ずっと前のことを良く憶えていて、たまに突然その時のことを話すので、私の方が分からなくて困る時があります。
今は、バイバイの手は逆手ですし、カメラを渡してもレンズを自分の方に向けます。踊っている時の手も手のひらは自分に向けて踊っています。
人から触られることを極端に嫌っていたのですが、最近は大部良くなりました。そのくせ、自分から同じ位の年の子を見かけたりすると走っていって何やら声をかけます。でも、近寄ってこられると逃げてしまうんです。
たまにつま先歩きをしたり、横目を使ったりします。
先生には「感覚統合がうまくいっていないと思います。ダイナミックに体を使って遊んでみてください」といわれました。
今は、リトミックと親子教室にかよっていて、なるべく色々な体験や経験をするようにしています。
これから色々な問題が出てくると思いますが、こちらで相談したりしながらこの子と頑張っていきたいと思います。



くまのプー子さん 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月21日(木)09時35分26秒

はじめまして。下にもカキコしていますが、あと4日で3歳になる娘のママです。
お嬢ちゃんもまーーったくうちの娘と同じタイプです。(会話の仕方とか)
お仲間が増えて嬉しいな〜♪<ね、トマトさん(^_-)☆
そうそう、カメラ渡すと絶対レンズの方に顔向けちゃうんですよねー。
あれも問題行動だったのか・・・気づかなかった(^_^;;)ゞ
うちもスピッツの今の歌(名前出てこない!)好きでよく歌ってますよ〜♪
あれを聞くと「ラブストーリー!」(主題歌になってますよね)って
ちゃんと言うんですよね。スゴイ!
あと「明日があるさ」も大好きだなー。お出かけのときの定番ソング!(笑)

でもお嬢ちゃん、今のうちからそんなに言葉がいっぱい出てるなんてすごいですよ。
うちはその頃はホーント宇宙語ばっかりだったし、こっちの言ってることも全く
分かっていなかったし、多動がひどくて追い掛け回すのが大変でした・・・(-_-;;)
お嬢ちゃんはまだ2歳になったばかりだし、これからきっともっともっと伸びていくと
思いますよ。
うちも数ヶ月前に比べたら言語の面も、認知の面も大分進歩したなーって
しみじみ思いますもん。
他の子に比べたらゆっくりゆっくりの成長かもしれないけど、お互い暖かく見守って
あげたいですね(^-^)


こっちだって「専門家」を観ています 投稿者:まつこ  投稿日: 6月21日(木)09時58分24秒

>子供の顔もろくに見ずに
>子供にも一言も声をかけなかったし

よく先生の様子を観察しておられましたね。せっかくの出会いなのに
教科書や文献からしか学ぼうとしない方の「臨床」なんて当てになりませんよ。

>この医師の言葉は、「加配を付けて保育園に行かせるのがいい。」というところだけもらって、
>あとは捨てました。

(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆パチパチ

まず、目の前の子どもを見ることです。なにが好き?なにが嫌い?
どんな時どんな様子をするの?子ども本人が一番困っているのはどんなことだろう。
その子どもを見る機会に一番恵まれているのがお母さんです。

コミュニケーションの方法は「言葉」だけではありません。
人とコミュニケーションすることが便利で楽しいことを充分経験させて
子ども本人が発音すること、発語することを便利・楽しいと感じられるような
生活をベースにするといいかしら、と思います。

もちろん、たくさんの子どもをしっかり観てきたもっと頼りになる「専門家」と出会えれば
どれほど心強いか知れません。そういう専門家に出会った時、
その先生に「うちの子はこんな子です」と説明できれば、鬼に金棒よ。

ちなみに、小学校に入学まではほとんど発声もなかったけれど
7歳ごろからしゃべりだしたというケースを知っています。


独り言が・・・ 投稿者:千秋  投稿日: 6月21日(木)13時31分09秒

お久しぶりです。
ちょっと、最近悩んでいるのですが愚痴っても良いですか?
4月から年中さんに入園したチョロですが、大きな問題は
なくなんとか皆と一緒にやっています。
それは、私にとってもすごく嬉しい事なのですが、最近
独り言を言うようになったんです。
話し始めた頃にそう言う事は有りましたが、もうずっと
そんな事は無かったのに・・・。
幼稚園から帰ってくると、その日在った事などを誰に言うとも無く
1人で言っているんです。
「先生が○ちゃん、お片付よ〜って言った」とか
「折り紙作りますよ〜って先生が言ってた」とか。
私に向かって言っているのなら、構いませんが1人でお絵かきを
しながら言ったりするので、やっぱり独り言ですよね?
独り言自体は悪いものではないでしょうが、止めたほうがいいのか
どうか気になっています。癖になって幼稚園でもやったら
やっぱり他の子供達も変だと思うんじゃないかしらって。
(すでに言っているかもしれないし)
今は、チョロが独り言を言ったら強引(?)に話しに割り込んで
会話に持って行ってしまいますが(「先生が○○って言った」
「え?誰先生が言ったの?」「・・・△△先生が」と言う感じに)
例えば怒ってでも止めさせた方がいいのでしょうか?
それとも個性の一部だと認めてあげた方が良いのでしょうか。
最近では、私の方が神経質になってしまってチョロがブツブツ
言うと「もう、うるさいよ!」なんて頭ごなしに怒鳴ってしまう
事もしばしばです。
このような経験をされた方、いないでしょうか?
もし、なにか対策や「こうした」等の案がありましたら
教えてもらえませんか?よろしくお願いします。



オープンスペースに行ってきました。 投稿者:  投稿日: 6月21日(木)13時40分47秒

オープンスペースに行ってきました。
そんなに希望は持っていかなかったのですが、理想と現実のあまりのギャップに
本当に、言葉がありませんでした。

最初に校長先生からの説明を受けている間は、良いように思えたのですが
実際に育成の授業を見に行って、その時の校長先生の子供に対する接し方に
落胆しました。

大勢のお母さんやお父さん、教育関係者が見学に来ているのにも関わらず
子供達は、何とか、落ち着いて、頑張ろうとしていたと思います。

でも、中には、やっぱり、大勢の大人が一度にぞろぞろ入ってきて、
そわそわし始めてしまったお子さんもいて、そのお子さんに対する校長先生の
注意の仕方に、他にいい方はないのかなぁ、と思ってしまいました。

さっきまでの説明は、どういうこと?と思わざるを得ませんでした。

近隣校だったので、子供が行く小学校と連絡をとって、さ来週に見に行くつもりです。
ちびくまママさんが教えて下さったチェックリストをみながら、色々とみてみました。

行く前にみなさんに色々とアドバイス頂いて良かったです。ありがとうございました。

地元校と比べてみるのにも、良い機会になりました。

一番気になったのは、別校舎の2階で普通学級とかなり距離感があり、
とても、行き来出来るような場所じゃなかったのが、気になりました。



ママって呼んでさんへ 投稿者:さとか  投稿日: 6月21日(木)13時49分48秒

病院は口腔外科のある大学病院、総合病院で、麻酔科があるといいな。
年齢は1歳半から3歳がいいらしいです。(口蓋裂であれば)
検査内容はよくわかりません。レントゲンは取るでしょうけど。
あ、でも手術の内容ですか?
口蓋裂であれば閉じて整えるという感じです。
あと、必要なときは補綴的処置をするときもあるようです。これはなにかを付けるんですかね。
手術が終わって落ち着いたら発音の練習でしょうね。
口腔外科の先生にまず行って説明を聞くといいと思います。
それも今はちょっと、というのであれば、小児歯科の先生に相談する。
で、紹介状をもらえれば総合病院とかで初診料なんとか費千円を出さなくていいし。
あ、これはうちだけですか?
昔、昔の話で本の内容も古くて、今は医療が進んでいるのでかなり違うかもしれない。そうだったらごめんなさい。


千秋様 投稿者:なっか  投稿日: 6月21日(木)14時34分37秒

うちのコ(小3男子)も独り言すごいですよ
相手が聞いてようが いまいが とにかく話しつづけてる!
同伴登下校の際も 見たもの聞いたもの それに対する
自分の「意見(!?)」を延々と続けます

私も相槌をうちながら聞くともなしに聞いてはいます が
それが結構心の中にたまっている もやもやしたものやストレスの
はけ口になっているような気がします

ただ 注意していることは 声のボリュームです
自分の世界に没頭して話しつづけているので どうしても
声の調節ができにくいようです
だからそういう時は「声の調節しようね」とか
「もう少しボリューム下げよう」とか言うと
本人も「はっ」っと我にかえるようです

年中さんとのこと まだ周りの子供達も意識はしないと思いますが
小学校に行くようになると授業中の独り言が
やはり先生から指摘されるようになってきます
学年があがってくれば 周りの子供達から「静かにして」
とか「先生 ○○チャンうるさい」と苦情がくるのも必至です
そういったときにどういった対応をしてあげるのがベストなのかは
その子 その子の状況にもよると思うけれど
うちの場合は「授業中に話し合い以外でぶつぶつ言うのはいけないこと」
という約束をしています
「どうして?」
「それはクラスのお友だちに迷惑がかかることだから」
という説明をして納得しているようです

段々にその場その場の状況判断が 上手になっていってくれれば
いいのだけれど やはり今の段階では「こういった時にはこうしたらどう?」
という道筋をたててあげることがいいのではないでしょうか

なんだか とりとめもなく書いてしまったけれど
独り言も結構本人の本音なんかもちらほらと聞けたりして
面白いものだとおもっています
あんまり神経質になると話すことが「いけないことなんだ」
という風にインプットされちゃってなーんにも話してくれなく
なっちゃうような気がして・・・

無理に止めさせなくてもいいような気がします
あくまで 私の意見ですが・・・



 


しゃけさんへ 投稿者:くまのプー子  投稿日: 6月21日(木)15時20分41秒

ありがとうございます。
じつはずっとROMっていて似ているなーと思っていました。&トマトさんも。
うちも、「明日があるさ」は大好きです。
とにかく一日中歌っているか踊っているかって感じです。
先生にも、「興味のあることとないことの集中力の差がありすぎる」といわれました。
私にも一緒に踊れと誘ってくるし、正直つかれます。

このころはどんな子でも1ヶ月で驚くほど成長するから、一緒に頑張りましょう。と言われました。正直「なんで分からないの・・・」と思うこともありますが、こちらで相談したり愚痴ったりしながら見守っていきたいです。


えー!? 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月21日(木)15時53分26秒

>「興味のあることとないことの集中力の差がありすぎる」といわれました。

それっていけないことなの〜?
「興味のあることに集中できる」って素晴らしい“才能”じゃないですか!
いわゆる天才と呼ばれる人って、みんなそういう感じなんじゃないのかなぁ。

・・・といってもいくらのCM好きは何に生かせばいいんだ!?
「電○」か「○報堂」の資料室にでも入れるしかないかな(笑)


まっちゃんさんへ。そして皆々様。 投稿者:さくらんぼ  投稿日: 6月21日(木)16時27分16秒

話題もどちゃうんですけど、あまりに腹が立ち、そして自分の経験も思い出して、2度腹を立てました。
けったいな医者、国内でどんだけいるんでしょうね。疲れきって行き着くところがお医者さんなのに、そこでまた、キョーレツな事言われて。私などは、エッヘン、お嬢様育ちなものだから、そんな薄情な世界が地球上にあるとはつゆ知らず。
今は、とっても大人になった気分です。

おかあさんって、焼いても死なない。って思っているんでしょうか。
おかあさんだって、トラウマあるし、鬱にもなるし、ノイローゼにもなるし。人間ですよね。
もっとおかあさんの気持ちを考えてくれい。

ママってよんで。さんなんて、まさにトラウマとはいえないであろうか。
無神経に発せられた言葉がはなれないなんて。
喫茶店によくあるアンケート、「このおみせで、こうあって欲しいと願うことは。」なんてのを、お医者さんもするべきだー。言い逃げは許されないぞー。(ついでにお役所も。)

すみません。わたしもお医者さんには言い尽くせないほど恨みがありますので。(ちょっと恐いかな。)


くまのプー子さんへ 投稿者:トマト  投稿日: 6月21日(木)17時41分53秒

初めまして。わが娘(2歳半、広汎性発達障害)に似てます。
療育の場ではあまり似た感じのお子さんがいらっしゃらないと思っていたのですが、ここに来て
やはりこのタイプのお子さんも結構いるんだなと妙に感心しています。
わが娘もカメラはレンズ側から見ます。つま先立ちもたまにします。天気予報も大好きで天気予報が始まると、赤い棒を持ってテレビの前まで行き、「明日は、曇りで、夜は、10%、九州から、」とデタラメですが一生懸命しゃべります。とても面白いです。
「明日があるさ♪」は私も好きで、療育に行く時は車中でテーマソングとして二人で歌います。
一見よくしゃべる素直な娘ですが、使い方がおかしいときもあるので、知らないママ達からは「何、この子?!」と変な顔をされたり、周囲の状況が理解できなくて同年代の子供から「あっち行け!」とつきとばされることはよくあります。
3月に町内会の会合に娘を連れて行ったときの話です。
会長さんが会合の終わりにまとめとして長々と話し始め、その話を皆が静かに聞いている中、会長さんが「えーっと、明日は。。。」と言うのを耳にした娘は突然大きな声で「明日がある、明日がある、明日があ〜るさぁ〜♪」と歌いだし、慌てて母が「もうすぐ終わるから、静かにしてて、もうすぐだから。。。」と娘の耳元で言うと今度はまた大きな声で「もうすぐ!もうすぐ終わるら!」と大声で言うのです。周囲の大人も笑ってくれる人はいいのですが、ジロッとにらむ方もいて、とても恥ずかしい思いをしました。退屈していたのと、「もうすぐ」の意味が分からなかったのとでオウム返しをしたのだと思います。一方、先日私が風邪で咳き込んでいたときは、しまじ○うの真似で「お母さん、大丈夫?お熱?心配?」などと言ってくれました。まさにパターンで覚えた台詞ですが、とても嬉しかったです。
療育の先生からは、「就学前はとにかく子供と一緒になって楽しい経験をたくさんすること、パターンで覚えられるんだから、たくさんのやりとりのある会話を促すこと、とにかく焦らずにお子さんの全てを受け止めてあげて下さい、」と言われます。
確かに娘の少し変わったコミュニケーションの仕方をよく理解してくださっている先生、お友達には娘も心を開いて安心して反応しているように見えます。
今娘を受け止めて下さるのは一部の人だけですが、今後一人でも多く娘のことを「この社会の大切な子供の一人」として受け止めてもらえたら、、、と思ってます。



先生という人種(?)は・・・ 投稿者:かずりん  投稿日: 6月21日(木)17時57分50秒

学校の校長先生にしろ、医者にしろ、人によってこんなに差がでていいの?って感じですよね。
私の場合、今まで「げっ!何なの?」という先生(医者も含む)には何故か会ったことがありません。

しょう君、じゅん君が今お世話になってる児童心療課の医師は子供たちの状態をかなり詳しく教えてくださり、どういう対応をしていけば良いかまでアドバイスしていただいてます。
診察のときも先生が子供と一緒に遊び、その様子をみながらの診察です。

>栞さん

以前にも書きましたがオープンスペースはあくまでも参考として見る程度が一番です。
学校によって先生(校長・担任)の質、教室の場所などそれぞれ違います。
それこそ同じ市内でどうして!!っていうぐらい・・・・・・

私も昨日オープンスペースに行ってきましたが、その学校は教室の位置は他の子供たちの教室から遠かったものの(でも1階でした)、校長先生や担任の先生の質はとても良かったと思います。
そこの校長先生は見学の最中も子供達にやさしく接しておられていました。

じゅん君が行く予定の地域の学校は教室が1年生の教室の隣(1階)にあり、校長先生もしょう君のことで話をしていた印象では話のわかりそうな先生、これで担任の先生が良ければいうことは無いのですが、まだ実際に話をしていないのでこれはわかりません。(移動する場合もありますしね)
栞さんがこれから見に行かれる地域の学校が良い学校だと良いですね。

でも、学校にしても病院にしてもまた療育施設にしても先生と名のつく人のいる所って、ここの書き込みを見てると本当に地域や人によって差がありますよね!!
おんなじ日本国内とは思えませんよ、まったく・・・・・・・(-_-;)


しまじろう効果 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月21日(木)18時29分44秒

>先日私が風邪で咳き込んでいたときは、しまじ○うの真似で「お母さん、大丈夫?お熱?
>心配?」などと言ってくれました。

いくらも同じビデオ&絵本の影響で、よくしまじろうのお母さんの真似をして
「熱が・・・ちょっと寝てもいいかしらぁ?」と言いながら顔をしかめて
おでこを押さえます。
私が「熱!?それは大変!!お薬つけなきゃ〜〜」
といって大げさに騒ぐとキャーキャー言って逃げ回るんですが(笑)

あと最近私に何かモノを渡すとき「おかあさん、これかしてあげるぅ〜、
はやくげんきになってね♪」と付け加えます。
(しまじろうが病気のお母さんに自分のおもちゃを渡す場面の台詞です)
こないだはそう言いながら自分が脱いだパンツを持ってきました・・・
おぉぉぉーい、アンタのくさいパンツじゃ母ちゃん元気になれないぞぉぉぉ〜〜(-_-;;)


ウチも独り言 投稿者:ばじりこ  投稿日: 6月22日(金)00時19分34秒

ウチの子(小3 LD傾向 普通学級)も独り言多いです。
それは、年長のとき、漫画の本を読むようになってから
始まりました。
幼稚園でも夏休み明けで、急にそうなって他の子が、「○○くん、なんか言ってる!!
と、周りの子が不思議がってますけど・・・」って先生に言われました。

とにかく、漫画に、はまってから、うれしそうにニコニコしながら
歩きながらとか、しゃべってたりするので、もう完全に授業なんかで
その場にいても、ひとりでその世界に行っちゃてるのかなぁと思います。

以前に、耳鼻科で「喋りが、たどたどしいから耳はどうでしょうか?」
というような質問をして、先生が、マスクをしたままぼそぼそと
子どもに話し掛けたのですが、私にもよく聞こえないし、子どもにも
聞こえてないなぁと思ったので
「え?どういうことですか」と言うと
「親がそういうふうに答えるから子どもが喋れなくなるんだ!!」
って怒られちゃって・・・。
それ以来、その病院は止めるように他のお母さんには言ってます。
そのうち人が来なくなって、つぶれるかも・・・

ほんとにねぇ 投稿者:M  投稿日: 6月22日(金)06時26分54秒

教師にも色々いるように、医師にも色々おられるんですね。
でも、本当に素晴らしいお医者様もおられます。 < ね、かずりんさん。

この火曜日に、児童精神科のM医師の講演を聴きに行ってきました。
とても興味深いお話ばかりで感動、興奮して帰って来ました。
特に、
高機能自閉の子の対応や指導援助の方向性については、指導の為のヒント
まで頂けました。
「教師がお医者さまにこんな事(指導法)まで教えていただいて良いのかしら?」
と苦笑しながらも
目と耳のパワーを全開にして?しっかり勉強させて頂きました。
ソーシャルスキルのお話もあって、お母さん方が描かれた絵やマンガ、問題なども
沢山紹介して下さいました。

「今、作成中のソーシャルスキル絵カードのヒントにさせてもらおう!!」
としっかり絵もメモしてしまった・・・。 < こらこら

そのマンガや絵、悲壮感なんて微塵も感じさせない面白い絵。
なんか、妙にうれしかった・・。ここの古株のお母さん方と同じ匂いがした。。
作者は京都のお母さん方なのかな、聞けば良かった・・。


ばじりこ様へ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月22日(金)06時38分59秒

>「え?どういうことですか」と言うと
>「親がそういうふうに答えるから子どもが喋れなくなるんだ!!」
>って怒られちゃって・・・。

お医者さんの言い方はともかく、私は仕事でこんな経験をした事があります。
就職相談に母と息子でこられて、何を質問しても答えるのは母親。
就職するのは息子なのに。もちろん不採用。強烈な印象でした。

それで私の場合、子どもに向けて質問された時は、私からは答えません。
私と子どもは別の人間なので、決して同じ事を考えているのではないぞと、
自分に言い聞かせて、子どもが答えるまでじっと待ちます。
もちろん、私に向けて質問された時には答えます。

かなりの忍耐力が必要ですが、これも社会で生きていくための訓練だと思うんですが。


思い切り宣伝モード 投稿者:M  投稿日: 6月22日(金)06時42分38秒

ソーシャルスキル絵カードの予約受付を開始します。http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/kyozai.html

すべての子に使えるものではありません。だから、学校や療育の場に置いて
使っていただけたらなと思います。
でも、本来の目的以外に
お話作りに使ったり、表情の読みとりに使ったりもできそうです。

そうそう、Eの教材はまだ一応の案は作ったけど、まだまだ企画検討段階。
こんなのもあればという案があれば教材情報掲示板にでも書いてくださいね。


ひとり言 投稿者:まつこ  投稿日: 6月22日(金)09時32分47秒

>「先生が○ちゃん、お片付よ〜って言った」とか
>「折り紙作りますよ〜って先生が言ってた」とか。

「先生が言ってた」がつくんですか。高度ですね。状況を言語化してる。

うちの場合は小さい頃は録音したものを再生するひとり言でした。
単独通園中には「**ちゃ〜ん。だめ。こっちよ。**ちゃ〜ん。」とか
「##ちゃん、えらいね〜。トイレできたねぇ。すご〜い。」とか
誰がそれを言ったのか私にも想像できるような「声色」だったので
連絡帳で確かめると確かにその日にそういう場面を経験しているとわかりました。

自分が経験した場面を頭の中に録画・録音しておいて、
一人になって余裕のあるときに再生して確かめているように思いました。

子どもによっては、

決まった相槌をしつこく求めるようになって苦労したり
同じ質問を何度も繰り返したり
納得できないことがあると納得するまで説明を求めたり……

いろんなエピソードが過去ログにあるはずなんですが……
「ひとり言」とか「質問」とかで検索してもページがたくさんヒットしてしまった。
(^_^;)


ちょっと、ごめん。 投稿者:ペンギン  投稿日: 6月22日(金)09時50分02秒

>「興味のあることとないことの集中力の差がありすぎる」といわれました。

興味のあることに集中できても、その内容によっては"才能"とばかりも言えないとは思うのだが…。
興味のないことに集中させようとして、興味を持って集中できている事を取り上げてしまったら、中に綿を詰め込まれた"人間型のぬいぐるみ"が残るだけだ。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


嘘?作り話? 投稿者:千秋  投稿日: 6月22日(金)10時49分11秒

なっか様、ぱじりこ様、まつこ様ありがとうございました。

昨日、幼稚園の先生にも聞いたのですが、やっぱり園でも何事かを喋っている
ようです。回りもまだ幼いので、タイミングが良いと皆で爆笑になる事もある
とか・・・。(冗談か、ふざけていると思うらしい)
先生も「そこがチョロちゃんの可愛いところです」なんて言ってるけど。
あまり規制しすぎて話さなくなっても困るし、このままでも困るし・・・。
もう少し理解が進めば「場に応じて言ったらダメ」というのが分かるかな?
それに期待しようかと思っているのですが。
とりあえず「1人でお話ししてたら変だよって笑われちゃうよ」と言う感じ
で言い聞かせて見ます。

>とにかく、漫画に、はまってから、うれしそうにニコニコしながら
>歩きながらとか、しゃべってたりするので

うちもすごく嬉しそうに喋っているんです(^-^; 内容はそんなに楽しそうな
事ではないのに・・・。

>自分が経験した場面を頭の中に録画・録音しておいて、
>一人になって余裕のあるときに再生して確かめているように思いました。

ああ、そんな感じかもしれません。
嬉しそうに喋っているから、その場面の何かが気に入ったのかもしれませんが。
過去ログ、単語で検索できるんですね。知りませんでした。後で検索して見ます。
ありがとうございました。

それと最近は嘘も言うんです。
嘘と言うか、作り話と言うか・・・。けっこう細かい事まで言うから
本当かと思うと、違ったり。
先日は「プール、入った」と雨の日に言うので「嘘、雨だもん。入らないでしょ」
と言ったら「入った。○先生は赤の水着で△先生はピンクの水着だった」って。
「でも、ちょろは水着無かったでしょ?裸で遊んだの?」「黄色の着たよ」
そこまで具体的なら、入ったのかな?と思って先生に後日聞いたら
「入ってませんよ〜、随分具体的なお話しですね(笑)」と言っていました。
何なんだろ?空想と現実がごっちゃになったのかな?
「入ってないって先生が言ってたよ」とチョロに言ったら、顔を手で隠して
恥ずかしそうに向こうへ行ってしまいました・・・。う〜ん???


ペンギンさん 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月22日(金)12時12分30秒

>興味のあることに集中できても、その内容によっては"才能"とばかりも
>言えないとは思うのだが…。

スイマセン。親の願望入っちゃってました。
ホント、“内容によっては・・・”ですよね。
「オタク」と「天才は」紙一重・・・ってところでしょうか(笑)


そうそう 投稿者:ケロ  投稿日: 6月22日(金)12時24分32秒

>それで私の場合、子どもに向けて質問された時は、私からは答えません。

>かなりの忍耐力が必要ですが、これも社会で生きていくための訓練だと思うんですが。

口がムズムズしちゃうんだよね〜  親も訓練だよねぇ〜
『あ゛〜、私が答えてしまいたい!』という衝動を抑えるのってすごく忍耐が必要。
「クイズ・ド○ミファドン」の赤いバッテンのついたマスクが欲しい・・・と思ってしまう。

風邪で小児科に言ったときなど、
「今日はどうしました?」と聞かれたら、例え私に向かって質問したとしても、まず子供に答えさせる事にしています。
長男は言葉には問題はないけれど、時々「そんなの母は知らなかったぞ〜」というような症状も話したり。

>私と子どもは別の人間なので、決して同じ事を考えているのではないぞと、

同感です。
上手く話せなかったら、話し終えた後で要約して伝えればいいんだもんね。
母親は代弁者じゃなくて、通訳ってとこだよね。
私の場合、ツッコミも入れてしまいますが。

言葉に問題のある方の次男については、まだまだ代弁してあげなくてはならない場面の方が多いけど、こちらは黒子。言いたい(だろう)セリフを教える役目をしています。


耳が痛い。 投稿者:るり  投稿日: 6月22日(金)23時13分17秒

>就職相談に母と息子でこられて、何を質問しても答えるのは母親。
>就職するのは息子なのに。もちろん不採用。強烈な印象でした。

そうなりそうな自分。(笑)
今は、息子の話すことの通訳として、誰からも非難されることがないけれど、
無自覚なままでいたら、そこに行きついちゃうような気がします。

夫の話をいつも不充分に感じてしまい、口を挟んでしまうことも多いです。
「(このままでは誤解されるぞ・・・うう・・・もうちょっと上手い言い方が出来ないの〜・・
 ぐぐぅっ・・・)あ、つまりですね夫が言いたいのは、」という場面も少なくありません。
夫は言葉が足りない、私は無駄な言葉が多すぎるってわけで、実際はどちらも使えない人たち
だったりするんですが。私も赤いバッテンマークのマスクが欲しいです。

>それで私の場合、子どもに向けて質問された時は、私からは答えません。
>私と子どもは別の人間なので、決して同じ事を考えているのではないぞと、
>自分に言い聞かせて、子どもが答えるまでじっと待ちます。

>かなりの忍耐力が必要ですが、これも社会で生きていくための訓練だと思うんですが。

この語録、メモさせていただきます。


千秋さん、家もです・・・。 投稿者:くりん  投稿日: 6月22日(金)23時59分21秒

千秋さんの書き込みを見て、私の悩みと一緒だったので、思わず書いてしまいました。家の子供も、今年から2年保育で幼稚園に入園したのですが、最初私の悩みもまさに「子供の独り言」でした。やはり、入園とともに始まりました。
それは、今でも続いていることには続いているのですが、入園当初よりは減ってきました。 
私は、子供の障害に関する知識や、色々な行動に対しての対処など、多くの方のアドバイスを頂いたり、調べたりしながらという状態なので、この「独り言」についても、どうしたものかと悩み、現在通っている相談施設、療育施設などに行くと「何でしゃべっているのでしょうか」と言うことを、聞いたりしました。
家の場合は、入園前に、他の集団生活などの経験がなく、人見知りも激しかったので、そういう落ち着かない精神状態の時とか、逆に楽しいときも出やすいと言われました。(顔は笑顔でしゃべっている)後、この前、療育施設へ通わせるにあたり、テストをしたとき、やはり独り言を言っていたのですが、その時の先生から、「最初の方は緊張していて、いってたんだけど、後のは、もう疲れてしまって(テストが1時間近くかかった)その意思表示でしょう」と言われました。
うちの子の場合、本当はこう思っているっていうことがあっても、それを言葉にしてうまく表せないから、知っている言葉を言ったりするらしいのです。通常ある程度しゃべれるにも関わらす・・・。
どこでも、それに対しては強く叱らない方がいいと言うことは言われたので、最初は(4月ごろ)あまりそのことに関して、言わないようにしていました。
しゃべることで、自分を落ち着かせているのかなと思っていたので。しかし、独り言をどうにかしなくてはと思ったのは、お友達に「○○くん、いつもなんかわけわかんないこといってるんだよ」とか、みんなで集まっているときに「静かにしてよ!」と言われていたのを見たりして、このままでは、良くないなぁと感じたからです。そして、家の子の通っている園では、帰りの30分前になると必ず紙芝居を読むんですが、その、シーンとしているときに、しゃべってしまうらしく、担任の先生から、「○○くん、紙芝居の時に、一人で、しゃべってしまうことがあって、そうすると、他の子がそっちに気を取られてしまうのでお母さんにいてもらえると助かるんですが・・・。」といわれてしまい、私は、今他の親より30分早く園にいって、その時間についているようにしたんです。(親が送り迎えの園なので)
そして、実際に子供がしゃべりだすと、「今はしゃべってはいけないよ」とか、「人がお話ししているときは、ちゃんと聞かないといけないよ」とか小さい声でいって、その場の行動を教えることを繰り返しました。(今もです)子供は、「今はシーだけど、終わったらしゃべってもいいよ」(しゃべってもいい?って実際は聞きたい)と言ってくるので、「そうだね」と言う感じで、答えます。これで、全然しゃべらなくなる訳じゃないんですが、人の話を聞くときは、静かにしないといけないと言うことが、少しずつ分かってきたようです。家の場合、自由に遊ぶ時間は、ある程度、もうしょうがないって割り切ってしまいました。あと、何か好きなことを見つけて、やっているときには独り言を言わないようなので、これから慣れてきたらもうちょっと変わってくるかなとちょっと期待したりしてるのですが・・・。何しろ、楽しくて仕方ないときにも独り言が多いんで、どうなる事やらと言う感じです。後、家の子の場合、時間の概念がちょっと弱いので、(明日とか昨日とか数日前とかがやや、あやふやだったりする)昨日のことを、今日のことのようにいったり、数日前だったり、過去に、類似した経験があると、思い出して急にその日の事のようにいったりするというのは、あったんです。だんだん減ってはきたのですが。うーん、私も謎は多いです。
私も悩んでいたことだったので、ちょっと書いてしまいました。


M様・・・ 投稿者:かずりん  投稿日: 6月23日(土)06時06分18秒

そのM医師ってうちの子達がお世話になっている先生のような・・・って思ったのですが。(けっこうあちこちで講演されてるようなので・・・)
女性のかたでしたか?


嘘っていうより・・・ 投稿者:かずりん  投稿日: 6月23日(土)07時13分36秒

だいぶ前にあったことをその日にあったことのように話してるのかもしれないですね。
これは、うちの幼稚園の園長先生から聞いた話ですが、幼稚園児ぐらいの子供には(発達の遅れがべつになくても)けっこうあるそうです。
これはくりんさんも書いておられましたが、時間の概念が弱いためだそうです。
このぐらいの子供は、大人のように時間に追われるといった感覚もなく、ゆ〜〜〜〜〜っくりと時間がすぎていってて過去、現在(今起こってること)、未来ぐらいの感覚しかないようです。
1〜2年前に友達とけんかしたことを今日あったことのように話し出したりというようなことが実際にあるそうです。

彼たちにしてみれば、今あったことより前はすべて過去、これからあることはすべて未来・・・さっきとか何日前(後)とか何年前(後)とかそういう概念って本当に理解しにくいみたいです。
うちのしょう君にしても、過去は全部「さっき」っていうし(テレビで、1年前に映画館でみた映画をやってるのをみたときに「さっきバスに乗って(映画館に見に)行ったな〜」と言われたときには思わずずっこけそうになりました。)何日後かに行く場所に行きたいかどうかを聞くと「行きたい!」の言葉のすぐ後に「(これから)行こう」って言い出すし・・・ちゃんと何日って言っててもこれです。(その後行く日まで毎日「今日は行く?」の質問が・・・)

でも、そういう子供の頃のゆっくりと流れる時間ってうらやましいな〜。
だって、だんだん1年が早くなっていくんだもん・・・・・・・・・(-_-;)


お知らせ。 投稿者:ペンギン  投稿日: 6月23日(土)07時23分37秒

学習研究社刊「実践障害児教育」2001年8月号で、「アスペルガー症候群と高機能自閉症」が特集されます。7月16日発売です。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


独り言。 投稿者:さくらんぼ  投稿日: 6月23日(土)08時48分50秒

うちも、みなさんほど高度なひとりごとではないんですが。良く言っています。
「シーサイドライン」とか「しんかんせん」とか、名詞をです。
通園施設の先生には「きっとフレーズのここちよさをたのしんでいるのでしょう。」と言われました。わたしもその様に思いました。
みなさんの場合とはきっとことなるのでしょうが、うちの子は極度に緊張している時には出ず、ある程度リラックスして、余裕のある時、いかにも自分の世界に入っている感じで言っています。
この子のリラックスの仕方なのかなあ。といまは容認しています。
言ってはいけない時の独り言はこまるだろうなあ。
この前えほんを交流している幼稚園で読んでもらっている時、やはり独り言が出ました。
うちのこは「静かにしなさい。」だとか、「口チャック」といった言葉が通じないので、そのまんまにしていました。
でもうるさくなるほどだったら、その場から離れるしかないんでしょうね。これは、あくまでも、
言語能力の低いうちの子の場合ですけど。


愚痴です。 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月23日(土)08時54分04秒

私の市の療育は、本来個別訓練と集団訓練がそれぞれ週1回ずつ行われます。
4月から変わった個別の先生は娘の状態を的確に把握していて、療育のやり方も毎回
とても工夫されているし、私にとってもいくらにとっても本当に役立っていました。
ところが、その個別訓練が週1から週2のペースに変わってしまうことになりました。
理由は「受ける子供達の数が増えてきた」から・・・
実は去年もそうだったんです。
年度代わりのときは人数が少なかったのでちゃんと毎週受けられていたのですが、
だんだん人が増えるにつれて2週間に1度になり、3月頃なんて月1回でした・・・(T_T)
でもこれっておかしいですよねぇ?
受ける人数が増えたのなら、その分先生を増やすっていう発想が普通じゃないですか?
市の方は療育を「慈善事業」「施し」と履き違えているんじゃないのかなー。
税金払ってるんだから、ちゃんと福祉を受ける権利はあるんだぞ〜〜!
ホントむかつきます!!(`3´)


連続でカキコしちゃってスミマセン(^_^A;) 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月23日(土)09時35分19秒

ふと思ったんですけど、子供に「感情を表す言葉」を教えるのって難しくないですか?
最近いくらに「ママ好き?」と聞くと「すき〜!」とオウム返しで答えてくれる
ようになったんですが、彼女の嫌いなモノをあげて「○○好き?」と聞いても「すき!」
とオウム返しになってしまうんです。
例えばモノの名前とか挨拶なんかは繰り返しで教え込むことができるんですけど
こういう自分の気持ちを表す言葉ってパターン化できないから
(こっちがひとつひとつ「これは“好き”でしょ」「これは“嫌い”でしょ」と
教えていくわけにもいかないし・・・(笑))難しいですよねー。

ちなみにいくらはこれまで「イヤ!」という言葉を一度も言ったことがありません。
「拒否」の意思表示は「ばいば〜い!」「これでおしまい!」とか「おうちかえろう」
とかいった言葉で代用します。(パターンで覚えたものでしょうね)
「○○したくない」「○○はイヤ」という表現は高度なんだろうなぁ・・・

話はちとずれますが、いくらは「人」に関する概念が弱いようです。
自分の写真を見せて「これだ〜れ?」と聞いてもよくわからないみたいで「ママ」
「パパ」と答えてしまいます。
(たまにごっちゃになって「マパ」と言ってしまうことも(笑))
いまだに「ママ」と「パパ」の区別が曖昧なようで「おかあさ〜ん」という呼びかけは
するんですが(「おかあさん」と教えたわけでもないのにしまじろうの影響でそうなった)
旦那に対しても療育の先生に対しても「おかあさん」なんですよね(^_^;;)ゞ
記憶力はあるのに、自分の名前や年を何度繰り返して教えてもいまだにすんなり
答えられません。なぜ???
「パターンで覚えることができる」といっても、覚えやすいものと覚えにくいものに
はっきり分かれるものなんですね。


最近のこと 投稿者:くまのプー子  投稿日: 6月23日(土)10時43分11秒

皆さんのお話を読んでいて思い出しました。
というのも、4月ごろお花がたくさん咲いている公園に行って「お花たくさんできれいねー」って言う話をしたんです。その公園に最近いったらもう花は咲いていないのに「うわー、おなな(お花)いっぱい。きえーい(きれーい)」と叫んでるんです。
これはやはりかずりんさんがおっしゃっているように時間の概念が弱いせいなのでしょうか。
それともパターンで憶えてしまったということなのかな。
実際に目の前にあることを言葉に出来ないと言うことになるんでしょうか。
また、こう言う場合って「ちがうよ」って訂正すべきなんでしょうか?

>ぺんぎんさん
たしかにおっしゃるとうりかもしれません。
多分先生は「興味の範囲を広げる必要性」を言ったのかなって解釈してます。

>しゃけさん
私のところも、対応がよくないと聞いて、実際話を聞いたときも?と思うことがあったので、
民間の施設にしました。
予算のこととか、分からないわけではないけれど、もう少し受ける側のことも考えて欲しいですね。
そうそう、うちも「パパママ」の区別に怪しいところがあります。
私に向かってパパといったりしてますから。
あと、彼女の中であかちゃんとお友達の区別の基準があるみたいだということを発見しました。
それはべビーカーに乗っているのがあかちゃん。どんなに大きい子でも、乗っていれば赤ちゃん!といいます。

>トマトさん
よろしくおねがいします。
うちも、療育の先生に「たくさん楽しいと感じることを経験させてあげて、いろんな体験をさせてあげてください。それが発達のもとですよ」といわれています。
今は、療育以外にリトミックや児童館の親子教室に通っています。
リトミックも親子教室も先生、仲の良いお友達ママさんには状態を説明して理解をしてもらいながら楽しく通ってます。
そうそう、うちも天気予報がが始まると棒を持ってTVをさしてなにやら一生懸命説明してます。

掲示板過去ログ案内に戻る