2001年8月その5
(無題) 投稿者:sara mama  投稿日: 8月13日(月)13時47分22秒

えーと、22歳のわかれを歌いながら、考えてしまいました♪

ごめんなさいって、言えるのは、これからの力になると思うの。
その一言が、お子さんを生きやすくする場合もあると思う。

ただ、言うときの判断が、まだ、自分で確立されていないと思う。
言う時の時の基準が、自分の中でフィードバックして出てきているものではなくて、
まだ、曖昧なのね。
だから、謝った時、その理由を聞いてみて、判断の基準をていねいに話していく事が大事かな?

でも、とりあえず、謝っておこうか・・・って、誰でもすること。
それができるって、すごいね。

一人っ子とかお母さんの接し方・・・と言うよりも、
成長過程だからって、考えた方がいいんじゃないのかな?
次郎君、お母さんが怪しい雰囲気の時は、自室に逃げていきます。
うん、これも進歩かな?なんて・・・


カンガーさんへ 投稿者:るり  投稿日: 8月13日(月)14時13分11秒

うちの子もそんなところがあります。

最近の例では、私がお茶をこぼした時にたまたま彼が近くにいたというだけで、
「俺がここにいたからおかあさんがお茶をこぼしたんだ。俺が悪いんだ。」と、
言った事もあります。そう言いつつ、真剣に悲しんでいる様子は見られないのですけ。(笑)
以前は、「俺のせい?」、「俺が悪いの?」って聞いていました。
お友達がわがままで怒っているときでも、「ごめんね!」って軽く言うし。

でも、本当に謝らなければならない時は、「これは大事だ!」と心の中でパニックになるのか
「ごめんなさい。」と言えなくなるときもあります。

よくわからない人です。(笑)

私も母の顔色を伺って育ってきた方です。母は家庭内に緊張感を与えるタイプだったので・・
私も機嫌の悪い時や子供を構いたくない事だってありますが、昔の自分を振り返り、
なるべく感情に走らないように努力してきたつもりです。(あくまでもつもり・・・)
それでもうちのは過敏で不安の強いタイプです。
子供の方でもそれを気にする気にしないは、その子の持って生まれた性質でも違うと思うし、
たまたまその時期だけがそうなのかもしれない。

カンガーさん自身も玲さんも書いていらっしゃいますが、
「あなたが悪いのではない」という事を説明してあげた上で、
「あなたがお母さんとお父さんにとって、どんなに大切な存在か。」を
地道に伝えて行く事しかではないのではないかと、私は思うのです。

しかし、まぁ、子供が自分の顔色を伺っていると思うと、落ちこみますよね〜。

えらそうなレスで、すみません。



ありゃりゃ 投稿者:るり  投稿日: 8月13日(月)14時17分37秒

↓の私の書き込み、脱字が多いですね。
読みとっていただけますよね?
すみません。


皆様 投稿者:カンガー  投稿日: 8月13日(月)14時41分39秒

ありがとうございました。

>るりさん
>しかし、まぁ、子供が自分の顔色を伺っていると思うと、落ちこみますよね〜。

はい、かなりまいっておりました。


>玲さん
ほっとしました。
子供の個性として、考えて行こうと思います。
玲さんでも、
>対応が難しい
とおっしゃるのだから、私がこれだけ不安に思っても仕方ないかと妙な開き直りをしていま
す。

>sara mamaさん
>一人っ子とかお母さんの接し方・・・と言うよりも、成長過程だからって、考えた方がいいんじゃないのかな?

暖かいお言葉ありがとうございます。うれしいです。

皆様のアドバイスを忘れずに、時間をかけて、丁寧に育てていきます。
「あなたが厳しすぎるんじゃないの?」と言われるのが怖くて、なかなか相談できないことでしたが、今ものすごくほっとしています。
ありがとうございました。


(無題) 投稿者:sara mama  投稿日: 8月13日(月)14時58分51秒

「厳しいお母さん」って、自分でも思う時があるの。
でもね・・・厳しくっても、教えなくてはいけないこともあるし。
わからないから、って、教えないでいくのもなあ・・・って。

厳しく教えるのと、愛情は別よって、わかってもらえるといいなあ。
きっとわかると思うよ。
次郎君も、怖いけれど、やっぱり何かあったらお母さんだと・・・言っていました。
これで、十分。

そうそう、自分のしたことで、悪いと思ったら、謝る。
間違える事は、これからのためにあるんだよ。
でも、他の人のしたことまで、謝る事はないんだよって、言ってね。


ついでに・・・ 投稿者:sara mama  投稿日: 8月13日(月)15時26分44秒

今度は、海岸通りを歌いながら
♪あなたが船を選んだのは・・・

子どもの受け止め方までわかるのは・・・
それだけ、いいお母さんじゃあないかな?
だからこその悩みよね・・・・。


何なら私が 投稿者:みっき  投稿日: 8月13日(月)16時02分18秒

ギターで伴奏しましょうか? sara mamaさん、ノッてますね (^_^)
「22才の…」も「海岸通」も高校生のときに、にわかバンドを組んで歌ったっけ。
ついでに、かしまし娘の出囃子もご愛嬌で歌ったような…。

「ごめんなさい」…うちのハイジも私が怒りそうになると、連発してます(苦笑)。
でも、謝る言葉を言えるってこと自体は、いいことだものね。
皆さんがおっしゃっているように、ルーちゃんがどれほど親にとって愛される存在か、
態度で示していくのが、遠回りなようで、確実に伝わっていくのじゃないかな。

とはいえ、悩んでいる渦中、「ごめんなさい」の連発は、親としてはかなり動揺するのも確か。
カンガーさん、私も同じよ。


何でもかんでも 投稿者:ケリー。  投稿日: 8月13日(月)18時14分03秒

「ごめんなさい。」って、そういえばこのところ減ったように思います。
(モック9才、ADHDとPDDの真ん中あたりと言われてます)
カンガーさんの書き込みを見て、思いました。

私も落ち込みました。怒りすぎ、怒鳴りすぎ、強制しすぎ・・・
どれも「絶対無い!」って言えないんですもの^^;。
はっきりとした理由は結局わからなかったけど、
モックのセルフエスティームが下がっていることは、間違いなかったので、
>「あなたがどんな人間でも、お母さんは(お父さんは)あなたが好きよ」
>というメッセージを有形無形(つまり、ことばや態度で)示し続けること
を心掛けたつもりです。

少し時間がかかるかもしれませんし、
>成長過程だからって、考えた方がいい
と私も思うけど、1回で済むとは限らないかもしれないです。

でも、今までのカンガーさんとルーちゃんの親子関係から考えても、
カンガーさんがそう落ち込むことはないよ^^って思います。
悲しい顔をした娘を見るのは辛いけど、自分を責めないで下さいね。


sara mamaさんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 8月13日(月)19時40分10秒

>他の人のしたことまで、謝る事はないんだよって、言ってね

今、これも困っているんです。
今日、お友達と公園で遊んだのだけれど、その子がルーに砂をかけたの。
その子のお母さんが驚いて、大きな声で、
「ルーちゃんにあやまりなさい!」って怒ったの。
そしたら、いつものことだけれど、ルーが「ごめんなさい」と半泣きであやまるのです。
周りで人が怒っていると、全部自分のせいだとおもってしまうんですよね。

泣き止むまで、抱き締めて、「大丈夫だよ、おばちゃんはルーのこと怒ってないよ」と言い聞かせて、落ち着いたところで、説明して誤解はとくのだけれど。
そして、頭では砂をかけたお友達が悪くて、砂をかけられたルーは悪くないと理解している様子なのに、また、同じ事が繰り返されるのです。
きっと人の「怒り」みたいなものに、理由は関係なく反応してしまうのでしょうね。
そして玲さんが書いていらしたように、
>「自分はまずい人間なのではないか」
という思い込みが確かにあるように思います。

あせらずに、ひとつひとつ教えながら、なんでも自分が悪いと思わないように、自信もつけさせてやりたいです。


みっきさん、ケリ−さんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 8月13日(月)20時07分10秒

>みっきさん

>私も同じよ

って言ってもらえると、本当にほっとします。
ありがとうございます。


>ケリ−さん

>怒りすぎ、怒鳴りすぎ、強制しすぎ・・・
>どれも「絶対無い!」って言えないんですもの^^;。
   
実は、娘が3歳の頃は、私、よく怒っていたんです。
かなり強制もしちゃっていたし。
ルーには、全くこちらの言う事がわからないし、私もルーの気持ちがさっぱりわからなくて、何で一日中パニックを起こして、泣いているのか、外へ出たら道にひっくり返って泣きわめいてばかりで、汗だくで手首をつかんで歩いた日々。
人に迷惑をかける行為はやめさせたかったし、幼稚園に入れたいという思いで、ちょっと娘に無理をさせました。

それを思い出すと、あの頃のことが、今回のことの原因かなとちょっと思ったりもするのです。
ここ2年くらいは、叱る事もぐっと減り、強制することはやめて、できるだけ本人の意思を尊重してやってきたつもりなんだけれど。

あの頃の、めちゃくちゃ厳しい私を、ルーの頭が覚えているのかもしれませんね。
記憶力はすごく良いから。

でもあの頃の私は必死だったし、もう毎日めちゃくちゃだったし、仕方なかったって自分で自分に言い訳しているの。
そしていくら後悔しても、あの時には戻れない。

これからを大事にしたいなって思っています。

>悲しい顔をした娘を見るのは辛いけど、自分を責めないで下さいね。

ありがとうございます。
なんか、過去の懺悔みたいになってしまって、ごめんなさいね。
胸にずっとつかえていたものですから。


う・・・ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月13日(月)20時33分26秒

>それを思い出すと、あの頃のことが、今回のことの原因かなとちょっと思ったりもするのです。

↑に、まったく同じです。(-_-A
私も、長男には一時期、ものすごく厳しく対処していたことがあった。
甘やかしちゃいけない、他人様に迷惑かける子どもにしちゃいけない、って・・・。
初めての子供だったから、こちらも肩に力が入っちゃっていたんでしょうね。

今、次男に対して私がこんなに寛容でいられるのは、
実は長男の時の失敗の体験があるから。
本人の本質や性格、成長を無視して、
「こうあるべき」と一方的な大人の基準を押しつけるような子育ては
全然本人のためにならない、と思い知らされたから。

それに気がついてからは、長男にもできる限り寛容であろうとしているんですが
一度植え付けられてしまった恐怖は、なかなか消し去れないのかもしれない。(もしかしたら、一生・・・?)
でもね、カンガーさん、私も
>でもあの頃の私は必死だったし、もう毎日めちゃくちゃだったし、仕方なかったって
>自分で自分に言い訳しているの。
>そしていくら後悔しても、あの時には戻れない。
と自分で自分に言い聞かせているの。
そして、過ぎてしまったことを後悔するより、
今現在目の前にいる長男を受けとめ、
少しずつでいいから、良い方向に成長していけるように手助けをする
そのことこそが、あの時の罪滅ぼしになるんだろうな、と。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


玲さんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 8月13日(月)22時29分09秒

共感してもらえる、理解してもらえるってうれしいですね。
ありがとうございます。
同じ思いをしている人がいるって、本当に心強いです。

>今現在目の前にいる長男を受けとめ、
>少しずつでいいから、良い方向に成長していけるように手助けをする
>そのことこそが、あの時の罪滅ぼしになるんだろうな、と。

私も、そう思っています。


(無題) 投稿者:sara mama  投稿日: 8月13日(月)22時43分15秒

えーと、失敗を繰り返した母ですが・・・
(全部言おうか?)
いつだってやり直しができるよね。
子どもにもそう言ってるし・・・・。


やっぱり 投稿者: あっきー(Shimashima)  投稿日: 8月13日(月)23時38分05秒

チョコレート中毒は私だけではなかったのですね。
ちなみに私もるりさんと同じく
>(お気に入りはロッテのガーナ) です。
ふゆまやーさん、お互い太らないように気をつけましょっ。

>カンガーさん
 こんばんわ。お久しぶりです。うちの息子も話が終わらないうちに謝ったり
 自分が悪くなくても謝ったりします。何か長くずっと説明したりすると
 自分が悪い事をしたからママはずっと話しているんだ、と思うみたい。
 説明と説教の声が同じように聞こえるからかな、と考えたりしているんですが…。
 でもとりあえず、その場その場で納得するよう話だけはして本人が理解するのを
 やっぱり待つしかないかな、と思うようにしています。
 謝られるとつらいけれど、子供も親もお互い一生懸命生きているんだもの。
 今までも少しづついろんな事わかるようになったのだから、今悩んでしまう事も
 きっとまたわかるようになってくれる…そう信じていたいですよね。


心の解放 投稿者:ケロ  投稿日: 8月13日(月)23時48分43秒

うちのお兄ちゃん(小1)の話です。
保育園の頃はお友達に意地悪をされて最初は怒っていたんだけど、そのうち相手が逆ギレして「許してくれないならもう遊んであげないから!」と言ってきたら、泣きながら「ごめんなさい、ごめんなさい」・・・と平謝り。
強気に出られるともうダメなんです。
後日そのお友達が「何してもすぐに許してくれるから好き」と言っていたのを知り、すごくショックでした。

好奇心旺盛な子だから制止する事が多くて、また、好奇心を抑えるのが苦手な子なので一度や二度の制止が効かなくて、強く叱ってやっとやめるという感じでした。
下の子が病気で生まれた関係で、ウチには色々と珍しい介護用品があったり(もちろん幼児に触られては困るもの)、幼児が騒いではいけないような所へ連れて行かれたり。
だから強く叱る事でねじ伏せるという経験が多かったと思います。
だから誰が相手でも自分が悪くなくても、強く言われると条件反射的に謝ってしまうようになってしまいました。

その彼が今はどうかと言うと、「ごめんなさい」の言えない子になっちゃった。
何でも他人のせいにします。
「お母さんが××って言ったから、できなくなったんだ」とかね。
こんな言い訳をしてまでも叱られたくないんだな・・・って思うと、ここまで追いつめてしまったのかなって自己嫌悪。
でもこれはこれで困りものなんだけど、押さえ込まれていた心を解放しようとしているのかな・・・と思ってプラスに考えるようにしてます。
その上で、まずは「ごめんなさい」を先に言うことを教えていますけど。


ルーちゃんの「ごめんなさい」の理由はわからないけれど、

>あの頃のことが、今回のことの原因かなとちょっと思ったりもするのです。

だとしても、

>強制することはやめて、できるだけ本人の意思を尊重

する事を続けていけば、いつか『解放』の時が来ると思います。

今うちはその真っ最中なのかな〜と思っているんだけど、これまた忍耐が必要。
ちょっと指摘しただけで(別に叱ってないのに)、自分が否定されたのだと思い込んでひっくり返って泣かれる日々で、正直言ってため息の連続なんです。
でもここで彼の気持ちを全部受け入れてあげないと次に進めないかなって思って、親子で根比べ。
泣きやんでから一つ一つ説明してあげれば素直に聞いてくれるし、本人も癇癪起こさないように努力するようになって来ました。

でも時々は私も感情的になりすぎちゃうので、その時は素直に「ごめんなさい」って謝って、「いいよ」って許してもらってます。
あなたが大好きというリップサービスも、年齢が進んでくるにつれてお互い照れくさくなって来ました。今のうちに大サービスしておかなくちゃ・・・と思う毎日です。


チョコ中ではないですけど 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 8月14日(火)00時20分04秒

私もガーナ大好きです。


高校生の頃 投稿者:みっき  投稿日: 8月14日(火)01時08分17秒

チョコレートは欠かせませんでした。
私も「ガーナ」ファンです。
今もチョコは大好きなんですが、食べるとてきめんに、ニキビちゃんがポツポツと。
吹き出物? ニキビよ、ニ・キ・ビ!

脂肪分の少ないチョコだと少しは、ニ・キ・ビもましなんですけど、
つい、触りまくるので、痕が残ってしまうの。
「お母さん、クレ○ラシル塗らなくっちゃ」と娘に言われてます。


Mさんへ 投稿者:sara mama  投稿日: 8月14日(火)07時38分02秒

ごめんなさいのカードも、必要かも?


皆様 投稿者:カンガー  投稿日: 8月14日(火)07時42分06秒

暖かいお言葉を、本当にありがとうございました。
厳しい言葉が並んでいるような気がして、朝ここへくるのが、心配でした。

受け入れて、許して、認めてもらうことは、子供だけではなくて、母親にも必要なことだと、つくづく思いました。
そして、私には、そういう場所がないことにも気がつきました。

だから、ここにくると、ほっとするんです。


具体例で考えてみたよ 投稿者:  投稿日: 8月14日(火)09時29分59秒

遊んでいて、おもちゃが壊れた場面を想定。

(A)まずは、そのことをどう認知、認識するか。

  1.自分がさわったから壊した。
  2.自分がさわったことは、壊れるきっかけになってしまった。
  3. 自分は関係ない、もともと壊れていた。

  2や3の可能性を認知できず、すべて1だととってしまえば当然、出てくることばは
  「ごめんなさい。」
  しかないような気がする。

(B) ”物が壊れる”という客観的事実そのものの感じ方の違い。
  
  1.物が壊れるという事そのものに必要以上の罪悪感、或いは悲しみを感じる子。
  2.物が壊れるという事そのものには、無頓着な子。
  
  (この場合、大事にしているものに、それを感じる時のことは除外して考える。)
 
  1.の子の口から一番に出るのは、やはり
  「ごめんなさい。」
  のことばかもしれないような気がする。

(C)ソーシャルスキルの未熟。
  
  仮に(A)で、どの場合に該当するのかを認知、認識できていたとしても、
  それでは、その時々に社会的には、どんな反応が期待されているのかという事が
  わからないと、
  咄嗟に「ごめんなさい。」と言ってしまう子も、
  逆に、知らん顔で逃げ出したりする子もあるような気がする。
  少し問い詰められると攻撃的な行動に出てしまう子も、当然、あるかも。


叱られるという経験も、上のそれぞれの組み合わせで、意味が違ってくる事もありそう。
わかっていないのに、叱られ続けるほど理不尽な事はないよね。
でも、
してはいけない事は、断固として制止はしなければならない。
一人ひとりの認知認識の段階に応じて、その必要度に応じて、対応をしていく事。
結局はそこに落ち着く? 
          < ごめん。
            要は、一人ひとり、違う。
            ”マニュアルはない”っていう単純な話でした。



なんとも 投稿者:まつこ  投稿日: 8月14日(火)13時18分30秒

カンガーさんの書き込み、ほんとにうちにダブっちゃって、
あんまり同じだから読んでから半日ほどフリーズしてしまいました。

>厳しい言葉が並んでいるような気がして、朝ここへくるのが、心配でした。
(T.T)そんな〜。

少し前、タイムスリップらしきことがあったという話でしたよね。

少年はタイムスリップの混乱が傍目にもよくわかるようになった頃
現実の生活でも場面の認知が格段に伸びた感がありました。

小さい頃、彼に「ノー」を伝えるためにはっきり怖い顔・怖い声で叱っていました。
でもその時、彼には場面の因果関係を伝えられていたわけじゃなかった。
そして、私の思いも伝わってはいなかった。

その場面はそのまま断片的に彼の記憶のデータの中に保存されていた。
今になって意味を伴って瞬間解凍……。

近頃のとっても勢いのある「ごめんなさい」は
あのころの「ごめんなさい」の気持ちまで、今付け加わっていたのかも。
あのころの「ごめんなさい、もうしません」は呪文だったから。

タイムスリップの嵐はだいぶ収まってきました。

「ごめんなさい」の頻発はあるものの、
身をよじるような懺悔を表すようなものはなくなりました。
懺悔されるとかーちゃんは悲しくなるってことは、彼にはまだ難しかったでしょうから
少しほっとしています。

昨日は「もう〜お母さん、そんなに怒ったような声しなくてもいいでしょう。」と
言われました。

そりゃ、もう、その観察眼は私自身より私の心身の調子を見抜いているようです。
以前は(そんなに人の様子にぴりぴりしなくてもいいのに……)とも思いましたが
自然に人の気持ちを感じ取るのが苦手な少年が、自分の身を守り平和に暮らしていくためには
別のアンテナの感度を上げておくことも必要なのだろうと思います。
とりあえず、少年がぴりぴりしていることに私が責任を感じて傷つかなくてもいい、と
思うことにしました。
そして、彼が生きていくのに必要なデータの収集と平和に暮らす作戦を立てることに
協力しようと思っています。


私はね 投稿者:大ママ  投稿日: 8月14日(火)16時56分07秒

キスチョコのミルク味

ガーナも好き


ガーナが 投稿者:るり  投稿日: 8月14日(火)18時50分01秒

お好きな方って多いのですね〜。
今、ガーナは渦巻いている形のや一口サイズも売られていますが、
むか〜し、板チョコの大きさが三つくらいありましたよね。
1番安いのは30円だったような記憶があります。
幼児のおこづかいでは買えないので、たまに母が買って来てくれると、
1つずつ割って、口の中でゆっくり味わっていました。

チロルチョコは子供の頃は嫌いでしたが、
大人になって好きになりました。


まつこさん 投稿者:カンガー  投稿日: 8月14日(火)19時04分49秒

>カンガーさんの書き込み、ほんとにうちにダブっちゃって、
>あんまり同じだから読んでから半日ほどフリーズしてしまいました。

本当ですか?(うれしい)。
こんなことを考えているのは、私だけだろうなあとか、正直に書くと、ちょっと軽蔑されてしまうかなとか、かなり本音を書くのに勇気が必要でした。

でも思いきって書いて良かった。
ずっと胸につかえていたものが、少し楽になりました。

まつこさんのお子さんのように、娘が成長して、
>「もう〜お母さん、そんなに怒ったような声しなくてもいいでしょう。」
なんて言ってくれる日がくることを信じて、がんばっていきます。
ありがとうございました。
   


抱きつき小僧 投稿者:はーにゃ  投稿日: 8月14日(火)19時23分23秒

先日は「揺さぶられっこ症候群」についていろいろご教示いただき
ありがとうございました
私自身の中では、自閉症の原因が揺さぶりだという言い方をしたかった
わけではなく、揺さぶることで原因のひとつとなってしまう危険性も
あるのかご意見を聞きたかっただけなんですが、悲劇を繰り返すことに
なりかねない程の書き込みだったようでずい分不快な思いを
皆さんにさせてしまったかとしばらくへこんでいました。
まつこさん、さくらんぼさん、レスできずにすいませんでした。

またまた懲りずに質問ですいませんm(._.)m ペコッ

ぶん投げがすっかり収まったぼっちですが、最近両親以外の人に
突然抱きつくようになったんです。
それも話し掛けてくれる人とかでなく、通りすがりの人とか
自分の方に向いていないような人に。

今日は前を歩いていた女の人のおしりにすごい勢いで抱きついて
いって、転んでおでこを怪我しました(^-^;
でも、あいかわらずそのような人達と目を合わせることもなく
話しかけられると無視しています。

小さい子の場合も同様で、いきなり腕や洋服をひっぱったり
して驚かせてくれます。

特に人が多いところだとやるみたい。

この間、久しぶりに原宿に行ったら人の多さにパニックを
起こしたみたいで、初めて自分の腕を噛むという自傷行為を
してしまいました。

人ごみが苦手で混乱して抱きついたりするのかな?
2歳少し前くらいから、両親以外の人に関わろうとすることが
ほとんどなかった「ぼっち」なので、
「人に興味が出てきたのかな」という楽観的な見方もしてしまうのですが、
ぶん投げられなくなったぼっちのせめてもの反乱?または
愛情表現なのかな?

そんなご経験のある方いらっしゃいますか?


(無題) 投稿者:sara mama  投稿日: 8月14日(火)20時50分10秒

お母さんの対応って言うよりも、子ども側のものもあるかな?なんて、考えました。
大人でも、同じ一言でも、取り方が違うよね。
次郎君は周りの雰囲気の影響は、あまり受けないタイプだけど・・・
同じ自閉でもちょっと違うタイプの子もいる。

たとえば、先生の一言や雰囲気が辛い子もいるの。
先生が他の子に注意しても、自分で感じてしまって
「○君、先生怒っているよ、だから○しようよ」って。
で、その子は一日学校にいるのは、辛いものがあって、半日登校してたり・・・

他にも、中卒後の進路を選ぶ時、養護学校独特のわさわさした雰囲気や、声が苦手で・・・
養護学校以外の進路を探ったり・・・

その子の持っている感受性のアンテナの感度が違うのではないかな?って、思う。
それを知った上で、付き合っていくしかないかな?


はーにゃさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 8月15日(水)00時52分12秒

いろんな情報がここでは話題になる上、いろんなレスがつくので、
私はいつも学習させてもらってます。
はーにゃさん、へこまないでね。
子どものことに関する情報が気になるのは、普通のことだし、
もしも、よそのメディアで「揺さぶりっ子」を知ったとしたら、
間違った理解のしかたをしてたかもしれないけど、
ここでレスをつけて下さってた方の書込みのおかげで、
背景のことなども知るにいたって、却って良かったのかもしれませんね。

ところで、抱きつきの件ですが、うちのハイジも療育に通い始めてから、
起こりました。それまでは、周りの人を無視していたので、誰にでも
抱きつくってことはなかったんですが、身内以外の人に少しでも目が行くように
なってから、急に抱きつきが始まりました。
私もはーにゃさん同様、周囲の人を認知し始めたと解釈してました。

去年だったか、ハイジによく似たタイプの子に町で見かけました。
やっぱり見ず知らずの私に、抱きついてきました、ニコニコして。
私は娘と同じタイプの子だ、と直感したので、そのまま私も抱きしめて
しまったんですが。
でも、他の方々には、驚かれたり、変な目で見られたりするでしょうね。

誰彼かまわずというのが、だんだん、自分に構ってくれる人に限られてはきました。
担任の先生だったり、仲のいい友達だったり。
今は、抱きつきは少なくなりました。
もともとスキンシップの好きな子ではあったので、ぼっち君と同じ理由かどうか
わかりませんが、うちでもありますよということをお伝えしておきますね。


はーにゃさん 投稿者:るり  投稿日: 8月15日(水)01時39分47秒

よその人に抱きついてしまうという事について、
どこかで読んだ気がするな〜と思い、探してみました。

以下『感覚統合Q&A』から抜粋です。

「抱きつくことで相手の洋服などから柔らかい触刺激を取り入れ、それによって満足感を
 得ていると思われます。」 

「このような状態は触刺激に対する神経系のアンバランスが改善されると、徐々に消えてくると
 思われます。子供が小さい頃は無理にやめさせなくてもよいでしょうが、小学生になっても
 残っているようならば、注意し、どうして駄目なのか十分説明し、徐々に理解を得られるよう
 努力する必要があると思います。」

「上記の状態を少しでも改善させるためには、全身から触刺激の入る遊びを導入することが
 大切になります。たとえば子どもを毛布にくるむ遊びや、ボールプールの活用、砂遊び、
 フィンガー・ペインティングなどです。」

「また、外出前にゆっくりとした強い圧迫刺激(握る、押すなど)を取り入れた遊びを行ない、
 満足感(快反応)を子どもに与えることによって、面識のない人に抱きつくという行動を
 減らすことができると思います。」

今、思い出したのですが、触覚過敏のあるうちの息子、幼稚園の先生に抱っこをせがむ時期と
私のおっぱいを求める時期が同じ頃だったので(もちろんギューッと抱きしめられる事も望み
ました。)、心配が先回りしてしまい、「お母さんのおっぱいを触るのはいいけれど、先生や
お友達のは触っちゃ駄目だよ。」と事が起こる前に、息子に説明したことがあります。
今はおっぱいについては落着きました。

ただ、息子は興奮しやすくテンションが高くなりがちなので、
OTの先生にも、「感覚統合的には、圧迫刺激を与えて落着かせる方法もあります。」と
アドバイスをいただきました。即効性はなさそうですが。(笑)
とりあえず、今、私がやっているのは、時々ギューッと締め付けるように抱きしめることです。
痛いくらいなのが、彼には快感らしいので。(笑)

ぼっちくんの行動の意味がこれに当てはまるかどうかはわかりませんが、
こういう話もあるという事で、参考になれば。

あ、Mさん。
本の内容を一部、そのまま抜粋しちゃったので、
はーにゃさんが読まれたなと思われる頃に、私のこの書き込みは削除をお願いします。
やっぱりまずいですよね。(昔から要約が苦手なんで、すみません。) 


偏食 投稿者:umi  投稿日: 8月15日(水)07時17分42秒

以前「クレーン現象」のことで質問させていただいたumiです。
レスくださったまつこさん、ケロさん、ありがとうございました。暖かいお言葉をかけて
いただいて嬉しかったです。
最近あまり時間が取れず、パソコンの前にゆっくり座ることがないので、お返事を書くことも
できず申し訳ないです。でも時々はROMさせていただいています。

その後息子(2歳1ヶ月)は専門医に診てもらい、「自閉症スペクトラム」と診断されました。
確かにショックではありましたがその時点で私も夫もそうだろうと思っていたので、スペクトラムのどの辺のあたりにいるのか(他の子と比べて症状が軽いのかとか)は聞きませんでした。
そういうことって最初は気になるけど、診断名よりも彼のどういうところが弱いのか、どこを
どうしたら、彼にとっていいのかを考えることが大事なんじゃないかと思うようになりました。
なーんて偉そうですが、実は未だに精神的に不安定で、訳もなく落ち込むこともあるのですが、、


とりあえず、彼の良いところを伸ばして、遅れてる分野を少しでも強くしてあげたいと思って
いるのですが、セラピストを探したり情報を集めたりするのに時間がかかり、遅々として
進まず、いらいらしている現状です。

私は夫の仕事の都合で海外に住んでいるので、言葉の壁もあり、情報集めは本当に難しいです。
しかも、今は夏休みを取ってる人、学校が多いので、どうにもなりません。。。
そんなこんなしてるうちに第2子がうまれてしまうよぉ、、、、
(10月初旬帝王切開の予定です)

さて、皆様にまたご質問があるのですが、、、

うちの息子はすごい偏食で、彼が問題を抱えてると分かるつい最近までは、ただのわがままな
大偏食野郎だと思ってたのですが、最近、もしかして、これも彼の抱える症状の一つなのかな
と思うようになりました。
1歳ころまでは、和食中心で一応与えるものは食べていたような気がするのですが(自分から
手を出して食べるということはなかった)、その後大好きだった味噌汁とかうどんとか全く
受け付けず、今は現地で手に入る瓶詰めの離乳食(7ヶ月の赤ん坊用パスタ)を2、3種類、
ファーストフードのチキンナゲット、ハンバーガー、フレンチフライ等ぐらいしか食べません。
あとは朝食用シリアル2種類と未だに飲み続けてる粉ミルク。甘いもの(クッキー、チョコ等)
にもまったく興味がありません。

こういうお子さんをお持ちの方、いらっしゃいますか?
瓶詰めの離乳食といっても、こちらのは野菜もにんじんぐらいしかはいってないので、
時々ほうれん草を茹でてこまかく摩り下ろしたものを混ぜたりしてますが、やはり繊維
不足で便は3日、ひどいときは5日も出ないことがあります。

なんとかして他のものを食べさせたくて時々いろんなものに挑戦してるのですが、食べ物殆ど興味がなく、私が食べてる様子を見ても、一度も食べたがったことがないのです。それよりひどいことに、私が食べてるのを見て、「げーっっ」とマジに吐きそうになるんです。
なんとか良い方法がないものでしょうか。。。

言葉が通じれば、「今これを食べなければ、ミルクはあげないよ」とか言えると思うのですが
食べないでしかもミルクをあげないでいると、夜中にお腹がすいて、起きて泣く始末。
夜欲しいだけミルクをあげるのは止めようと夫とも話して2日ほど泣かせっぱなしにしたのですが
3時間泣き続かれ、結局、息子の場合理屈が分かっていないのでもっと月例の低い赤ん坊、例えば7ヶ月ぐらいの赤ん坊がお腹が空いて泣いてるのにミルクをあげないのと同じなんじゃないか、
という風に考えて、夜お腹が空いて泣いてるようなときはミルクをあげている状態です。

ミルクは昼寝のときに200ccちょっと、あと夜寝るときに200から多いときは350cc
(200作ってそれでもわめいてるときは足す)、更にひどいときは朝方100ccくらい
飲んでるでしょうか。。。
食事のしつけもまるでなってません(スプーンですくって食べるものは自分ではうまく
できませんし、椅子に座って食事することも少ない)。

どなたか、良い知恵をお貸しください。。。。。




るりさん、 投稿者:  投稿日: 8月15日(水)09時27分27秒

著作権については、
私も、作文する時に他の著作物から引用をさせてもらう事も多いので、気になる所です。

・引用文の内容や量が、主たる文との絡みで正当と認められる範囲内である事。
・引用部分がわかるような工夫。
・出所の明記。

が、一応のマナーのようです。
それはクリアーしているように思うので、残させてもらいますね。


umiさん 投稿者:はーにゃ  投稿日: 8月15日(水)11時10分44秒

はーにゃ&ぼっち(2歳5ヶ月:PDDの疑いあり)です

umiさんの息子さんの状況があまりにうちのぼっちに似ていて・・・(^-^;

>1歳ころまでは、和食中心で一応与えるものは食べていたような気がするのですが

そうそう。うちもそうでした。
麺類なんかも好きで、ちゅるちゅると上手に食べたもんです(もちろん自分でじゃないけど)
それが、段々と偏食になってきて、気づくと麺類は全く食べなくなっていた。
フライドポテト、ナゲット、さつまいも、かぼちゃと、豆腐、スナック菓子、
コーンフレーク、カレーぐらいしか食べなくなってしまいました。

うちの子もミルクを2歳ちょうどぐらいまで飲んでいました。
その当時、GFCFダイエットのことを知って、しばらく
断ミルクをしたんです。
その間の飲み物は豆乳と麦茶などのみ。
そしたらミルクは欲しがらなくなったんですよね。
でも、その後GFCFダイエットは断念して、今は一日に
2回程牛乳を与える程度ですが、ぼっちは食べ物よりも
飲み物に対する欲求がすごいんです。
というより大汗かき!
だから、それをうまく利用しようということで、不本意ではあるけど
野菜ジュースを与えたり、いろんな味に慣れさせようと、苦手な味の
すっぱさのある「りんご酢」を飲ませたり(結構好きみたい)、、、、
コーヒーを飲ませることもあります(^-^; これはかなり好き。
そしたら、苦味やすっぱさにも慣れてきたみたいで、口にはいりさえ
すればその後「あれ?なかなかじゃん」って感じで食べてくれるように
なってきました。

夜中のミルクもずい分長く続きましたよ。
ミルクをすごーく薄めて飲ませて、最後は水やお茶にして
いったら欲しがらなくなりました。
でも、いまだに夜中に喉が乾いて起きる時には、何か
飲ませています。

食事のマナーもひどいもんでしたが、ここ最近、母が腹を決めて(^-^;
自分で食べさせる努力をしたら,少しずつ食べられるようになってきて
それと同時にぶん投げもおさまったので、(ぶん投げてた頃は一口ごとに
スプーンを投げてた)少しの間はきちんと座って食べられるように
なってきました。

最初はやっぱりすくい易いのがいいだろうということで、
好きなコーンフレークを牛乳でこねて、軟らかめのペーストに近い状態に
して与えました。これはうまく行きました。
へたくそなりに自分ですくって(途中で失敗すると怒ってたけど)食べてましたよ。
上手に食べれるとべた誉めしてたので、そうすることで自信もついたみたい。

それと気をつけたのは食事の時にミルクのような好きな飲み物を一緒に
出さないこと。ミルクなどが見えると真っ先にそれを飲んじゃうので結局
食事が摂れない。
だから、ミルク(今は牛乳)はおやつの時に与えるように心掛けています。
今はメリハリがついてきたみたいで、食事の時に牛乳を欲しがることが
なくなりました。食事の時の飲み物は麦茶とか水とか。それも食事が
ある程度進んでから出しています。

あと、ぼっちの場合も視覚優位なようで飲み物なども色をみて認知しています。
牛乳が欲しい時に麦茶をあげようとすると色をみて嫌がります。
食事もそうみたいで、見たことのない物や嫌いな物は(スナックは別)
絶対に口を開けてくれません。
でも、こっちがおいしそうに食べていて、しつこくない程度に
しつこく(^-^; おいしいよ、食べてみて。って言いつづけると
パクっと食べてくれることもあって、その一口がおいしければ
続けて食べてくれます。そのまま食べれるようになることもあるし。
でも食べないことがほとんどなので、「食べればラッキー」ぐらいに
思うようにしていますが。

口内の触覚も敏感みたいで、野菜類も、もろに形が残っていると
絶対出しちゃうので、できるだけ小さくやわらかくしています。
好きなじゃがいもやかぼちゃなんかは多少大きくても大丈夫みたい
だけど。

偏食大変だけど、きっとよくなりますよ(自分に言い聞かせている?)
自閉の子は偏食より過食の方が大変だっていうのも聞きますよね。
お互い頑張りましょうね。

PS.うちも今セラピストを探しています。
実は近くの大学の教授で行動療法やTEACCHについて詳しい先生が
いて、ダメもとで連絡をとったらいろいろ相談にのってくれそうな感じ
だったんです。ご自分のゼミの学生でセラピーをやってもいいという人が
いれば紹介してくれるということで、来月一度会うことになりました。
さぁ、いよいよ始動って感じです。

これからもいろいろ試行錯誤が続くと思いますがよろしくお願いします


連続ですいません 投稿者:はーにゃ  投稿日: 8月15日(水)11時33分16秒

るりさん、みっきさんレスありがとうございます

触刺激、あるかもしれないな〜と思っています。
以前はすごかったんです。他人の服への執着。
柄物のとりこになっていた時期があって、ぼっちが好きな柄(特に豹柄)を
着ている人がいると飛びかかって服を噛んでました。
それはそれは恐ろしい光景だった(^-^;
服を噛んでるつもりがその人自体を噛んでしまうこともあるわけで、
ヒヤヒヤしました。

今でも、私にはその状態が続いています。
特にTシャツのプリント。これはもう完全にフェチですね〜。
でもおっぱいのないパパのプリントは数秒であきちゃいます。
多分プリント&おっぱいの組み合わせがいいんでしょうね。
最近は噛まれることはほどんとなくなり、他人の服への執着も
減ってきている感じがしていました。

でも、違う意味での触刺激が原因である可能性は高い気がします。
最近、強く抱きしめることを嫌がらなくなったし・・・
でかける前のぎゅっぎゅ!!やってみます


はじめまして 投稿者:hide  投稿日: 8月15日(水)18時43分40秒

はじめまして、hideともうします
私は現在妻子持ちの41歳男です
大阪で小売りの商売をしています
仕事柄発音が悪いのはハンディなのですが
小さいときに自閉症だったせいか、いまだにイ行の特にキとチの発音が悪く
(同じような発音になってしまう)
又全般的に発音がよくありません。
大阪市内で訓練するような場所をご存知ならおおしえください
それから、幼児の方が悩みとして多いと思いますが、
成人で同じ悩みをお持ちでしたら情報交換をお願いします。


はーにゃさんへ。 投稿者:さくらんぼ  投稿日: 8月15日(水)19時44分07秒

ひさしぶりにここを読んで、ごめんなさいね。

はーにゃさんを責めるつもりはなかったんだけど、
その、揺さぶり症候群のことを言っている人のことが、どうしても無責任のような気がして。
はーにゃさんのような方が、自分を責めたりする必要は、皆無だと思ったものですから。
要らぬ心配させてすみません。

原因不明のことっていうのは、逆に考えればなんでもあり。ってことなのかな、って痛感しているので。


hideさん 投稿者:  投稿日: 8月15日(水)20時39分31秒

こんにちは。

>仕事柄発音が悪いのはハンディなのですが
>小さいときに自閉症だったせいか、いまだにイ行の特にキとチの発音が悪く
>(同じような発音になってしまう)
>又全般的に発音がよくありません。

自閉症ではなく、「構音障害」って事ですね。
「き」が「ち」になってしまうのは多いです。側音化しているのかも知れません。
つまり、構音時に下顎や口唇が側方に移動し、舌が側方に寄るなどして口蓋(口の天井)
等に接するため、呼気が口腔の側方(両側)から出て音が歪んでしまうというものです。
イ列音、エ列音(口角をひく音)に良くある間違い音で、なおるまでには時間がかかって
しまう事も多いです。

ご相談はSTさんのおられる病院に行かれると良いですよ。
           ↓

http://homepage2.nifty.com/cmd1/27osaka.html


偏食のこと 投稿者:かずりん  投稿日: 8月16日(木)08時15分17秒

わが家のしょう君も、ものすごい偏食です。
幼稚園に入ったころなんて、魚といもとゆで玉子とハンバーグ、それにりんごとバナナとヨーグルトぐらいだったかな・・・あっ!ごはんやめん類、パンなどの主食はちゃんと食べてました。

幼稚園はお弁当だったうえに先生から「初めはお弁当が楽しいと思ってもらうことが大事なので、好きなものだけで良いですよ。」なんて言われたもんで年少の1学期の間は毎日同じようなおかずばっかりでした。
その後、全部食べたときに先生がほめてくれたりで食べることの達成感を感じるようになってからは、嫌いなものが入っていても少しずつ食べるようになってきました。
しょう君の場合は「お弁当を全部食べたら、最後にデザートが食べられる。」というのも励みになっていたので、デザートだけは必ず入れてました。

しょう君の偏食でおもしろい(?)のは食べられるものでも見た目が変わるとなかなか食べてくれないことです。(視覚認知優位のせいかな・・・)
幼稚園の先生には「究極の食わず嫌い」と呼ばれていました。
年長のお泊まり保育で夕食に精進料理がでたときも、きれいに面取りされている里芋やかぼちゃ(両方とも普段は喜んで食べてるもの)を前にして固まってしまい先生に「これはおいも。」などとひとつひとつ説明してもらってやっと食べるといった状態だったそうです。
ハンバーガーも去年まではまったく食べられませんでした。
パンもハンバーグも大好きなのに一緒になって見た目が変わるとダメだったんです。
「ハンバーガーを食べないんだったらポテトは買わない!」と言って一度食べさせるとおいしかったらしくそれからは大好きな食べ物のひとつになりました。

小1の現在、給食は「嫌いなもの(野菜)ばっかり入ってる。」と言いながらも全部食べています(学校でもきれいに食べると先生にほめてもらえるようです。)が、家では嫌いなものはあまり食べようとしませんし、いまだに究極の食わず嫌いも続いています。
毎日のことなので、食べること自体が嫌にならないように嫌いなものは「ひとくちだけ・・・」と言って食べさせて少しずつ味に慣れさせるというかんじにしていますが、この方法もやりだしたのは今年ぐらいからです。(それまでは絶対食べようとしなかったので。)

あっ!それと食事のマナーもひどいもんでした。
2歳ぐらいのころはスプーンを使って食べさせると、口に入る分より落とす方が多かったぐらい。
いすにじっと座ってることも少なかったです。
これはもう根気あるのみでした。
スプーンは使ってるうちにじょうずになりました。
いすにじっと座るのは、食事の時間を決めて時間がきたらまだ食べそうでもかたずけるようにすると、早く食べないといけないと思ったのか、おなかのすいてる間は座ってちゃんと食べるようになりました。
幼稚園ではお箸でしたが、お箸を片手に持ってもう片方の手で手づかみでお弁当をたべてたりしてたみたいです。 (;^_^A
今でも、お箸で物をつかむことが出来ないので、茶わんを口に持っていってお箸でかきこむようにして食べています。(これもひどいですよね。)

時間はかなりかかるかもしれないけど、それでもしょう君の場合は偏食も食事のマナーもこちらの言うことがわかるようになってきてからは少しずつ良くなってきてるのでこういう子もいるという参考までにと思いカキコしました。(でも、アドバイスにはあまりなってないかな?ごめんなさい。)


「偏食」で 投稿者:  投稿日: 8月16日(木)09時47分39秒

ここの過去ログを検索したら24ページ分もあった・・・。
ちょっと読んでいたら、
心を込めて手を抜いた”ゴリラ弁当”の話が出て来た。
2年前の10月の話題。良かったら覗いて見てね。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/9910gatu3.html


偏食 投稿者:まつこ  投稿日: 8月16日(木)12時02分36秒

自伝の中でも、味・匂い・見た目に加えて「食感」がネックの場合があるんだなぁと
改めて感じました。

また、噛んで飲み込むという動作は口・あご・舌・のどを連携させて
連続して上手に使うことが必要なのでそういう事を「自然に身につける」のに
時間がかかるのかもしれないです。

人が食べているのを見てもえずくとは、なんとも切ないですね。
料理上手とはお世辞にもいえない私ですが
家族がおいしそうに食べてくれないとぐれたくなるの。(ワガママねぇ)

野菜とか形のあるものが苦手で、
ミキサー使ったり、すりおろしたりしてますっていう方もいらっしゃると思います。
年齢にこだわらずに同じ食材でもお子さんが食べやすい形がないかどうか試してみるのも
いいかなと思います。

でも、とんでもなく偏食のひどい子でも栄養失調になっていなければ
食べるものを食べられる形であげて
お母さんはお母さんでおいしいものを楽しんで食べるのがいいよ、ってよく聞きます。

ただ、就寝中のミルクは虫歯になりやすいと聞いたことがあるのですが。
「歯」に関して詳しい方、そのあたりはいかがですか?


ゴリラのその後 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月16日(木)15時13分13秒

今も、偏食はすごいですよ。
牛乳も、「加工乳」は飲みません。低脂肪乳は「部分脱脂乳」でないとだめ。
ふりかけなんかも、銘柄指定。
野菜も、カレー(シチューはダメ)や、ハンバーグに入っていればOK。
じゃがいもは素上げにした「フライドポテト」は食べるけど、「天ぷら」はダメ。
さつまいもは「天ぷら」でないと食べない。
あいかわらず、緑色の野菜は絶対嫌。
主食はそうめんと、うどん、らーめん。
シャケフレークをまぜたご飯(これは最近食べるようになった)。

それでも、ゴリラの弁当の頃にくらべれば、食べられる物は少しずつ増えています。
なにより、元気なのでいいという事で。(いいかげんな母)


最近の偏食対策 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月16日(木)15時32分47秒

家では、嫌いな物を食べさせる努力は何もしていないです。
とにかく、命を維持するための栄養補給さえできていればいいと思うようになったので。
その分、療育施設では色々やってもらっています。
何しろ、偏食がない子はほとんどいませんので、先生方もなれたもんです。
ご飯ひとつをとっても、熱々でないと食べない子、さめていないと食べない子、
ビー玉くらいに丸めていないと食べない子。書くときりがない程、いろんな子がいます。
ふりかけご飯しか食べない(もちろん銘柄指定)子もいます。
先生方は、まずは食べられる物を準備し、お腹いっぱいになる気持ちや、食べ切った満足感を子どもたちに教えます。それと同時に、給食を食べ終わると、楽しい外遊びの時間です。「食べたら、遊ぼうね」と、次に見通しを持った生活を大切にします。
先生との信頼関係ができ、お友達の事も意識しはじめるようになった頃、
食べられない物をほんの少しだけ持ってきて、「がんばってこれを食べたら、遊ぼうね」と、子どもに提案します。「やさしく、毅然と」です。
すると、がんばって食べようとするんですよ。
そしてもちろん、食べる事ができたらむちゃくちゃほめられる。
こうして、この1年半で、食べる物が増えてきているのです。

自閉っ子の偏食は、偏食だけを直そうとがんばってもしんどいです。
いろんな力がついてくると、食べられる物も確実に増えてくると思います。

個人懇談のとき、「偏食がひどくて」という話をした時、「ここでは、まだひどいうちには入らないわよ」といわれて、笑ってしまった私。
2年間、たらふく果物だけを食べて卒園した子もいるそうです。

今は、何が食べられるのか、色々試してみて、その共通点や、食べる事ができる理由を解明するといいと思います。これがわかると、新しい食べ物に挑戦させる時、色々と対策がたてられるので。

掲示板過去ログ案内に戻る