2001年9月その6
つらいですね 投稿者:ゆーり  投稿日: 9月28日(金)22時23分24秒

はじめまして、くりんさん。
ひどい幼稚園ですね。お母さんをお手伝い代わりにしてしまうとは・・・
私も幼稚園の教師ですが、日々ジレンマを感じています。
はみ出たものは許さないという管理教育、
ただ運動会の出来だけを重視していて、できない者は悪として排除される。
先生達は、日々の雑務に追われていて、イライラ。
子どもの想像力や個性のよさなど見る余裕もない。

主任の先生が、厳しいのでしたね。
主任というのは、権力も握っていて、保守的です。
なかなか考えを変えることはできません。
3年目の担任の先生が絶対的に服従しているとしたら、、、キビシイですね。

私は幼稚園というのに対して、とても悲観的になってきてしまいました。
子どもたちの未来のことを、真剣に考えている先生がどれくらいいるのか。
どこの幼稚園も、同じようだと聞きます。
いえいえ、いけませんね。
先生は、どっしりとしてお母さんに安心感を与えてあげられるようじゃなきゃ
いけないのに。まだ2年目なので、お許し下さい。

でも、くりんさんが幼稚園がお子さんに合わないと感じられるようでしたら、
転園することをおすすめします。
管理主義的タカ派の先生は、あまり自由でほがらかなA-TYPEを
理解してくれないと思います。


くりんさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 9月29日(土)00時40分56秒

障害に関しての知識が詳しくなくても、先生さえその気なら、
くりんさんのお子さんに対して、また他のお子さんに対しても、
もっとふさわしい対応ができるはずです。
叱って躾けるのが教育だと履き違えているのでしょうか?
文面を読んでいると、先生の多忙のイライラを、はみ出がちな子供に
ぶつけているようにさえ感じられて、悲しいですね。

幼稚園・保育園の先生は実際、本当にお忙しいと思います。
日常的な業務以外にも、行事が入ればさらに神経を遣いますし、
時にはPTAからの苦情の対応、子供の怪我や病気、事故などの
突発的な場合の対応、その他もろもろ。
しかし、幼児相手にビジネスライクにできるものではないし、
してはならないことですよね。

幼児教育の現場で、先生方が何に対して重きをおかねばならないのかを
考えていただければ、おのずと答えがでるはずなのですが。
…と、つい、怒ってしまいましたが。

若い先生はともかく、その主任の先生がこういうタイプの人なら、
障害云々と説明しても、あまり希望が持てそうにない気がしますね。
でも、とりあえず、先生とじっくりお話する機会を持つのが先かな。
園長先生とお話されてみてはいかがですか?
転園といってもなかなかできませんものね。
ただ、くりんさんのお子さんがこの園にいて、我慢を強いられて
辛くなってしまう前に、何とかしてあげたいですね。


くりんさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 9月29日(土)06時04分44秒

お子さんの事を理解してもらえないことって辛いですよね。
寝ている時間を除けば、半分近く(保育園や学校ならそれ以上)をそこですごしていることを考えると何とかならないものかと考えてしまいます。

まずはやっぱり、園長先生にお話してみたらどうでしょうか。
できれば療育の先生などに間に入ってもらえるといいですね。
ただ、園長先生も主任の先生と同じような考えを持っておられるとしたら(そういうことの方が多いかも・・・)理解してもらうのは難しいかもしれないですね。
そうなってくるとやっぱり転園も考えたほうがいいかも・・・・・・。

うちの幼稚園は、一人ひとりの個性を大切にして良い面をのばしてくれる園なので、かなり個性的なうちの息子達もあまりめだった存在ではありません。(長男はもう卒園しましたが。)
それだけ他の子供たちも、のびのびしているってことなのかも。
運動会などの行事もきちんとできることより楽しくできることに重点をおいておられるようです。

幼稚園の方針にもよるのでしょうが、園によってこうしたタイプの子を理解してくれるところと、くれないところがあるというのは悲しくなってしまいます。
うちの子の通っている幼稚園みたいなところって、少ないのかな・・・・・・。
もしそうだとしたら、本当に悲しいです。
みんなちがってみんないい・・・はずなのに。


幼稚園の説明会に行きました。 投稿者:ぽぽ  投稿日: 9月29日(土)19時01分51秒

はじめまして。みなさんはお子さんの幼稚園選びどうしていますか?
息子(3歳3ヶ月、殆ど言葉なし、療育中)の幼稚園探しをしています。
今日行った幼稚園、なかなかいいな〜なんて思って息子の事少し話したんです。
受入体制も知りたかったし。
そうしたら園長先生の何気ない言葉がズキズキと胸にささりヘコんでいます。(-_-メ)
さりげない遠まわし的な”手のかかる子はもっと人数の少ない所がいい・・・”という言い方。
手のかかる子ってそんなに迷惑なんでしょうかぁ?


組織はトップ次第です 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 9月29日(土)19時49分28秒

>さりげない遠まわし的な”手のかかる子はもっと人数の少ない所がいい・・・”という言い方。

園長先生がそのようなお考えをお持ちのところは止めた方が良いと思います。
もし理解ある担任がいても、園長先生以下の圧力に屈する形になりやすいからです。


難聴の息子について 投稿者:みんみん  投稿日: 9月29日(土)21時17分33秒

気持ちが疲れていて、このサイトにぶつかりました。
愚痴そのものになるかもしれませんが・・・少々、長くて済みません。
息子(8才)がいます。2160gの低体重で生まれました。出生後すぐ、肺炎となり、保育器で約1ヵ月。尿道下裂があり2才時に手術。3才半で言葉の遅れがあり、耳鼻科での検査。右耳、難聴との事でしたが、左は良いので日常生活が出来るとの診断でした。
しかし、言葉は遅れ、当地では有名な小児リハのある病院に通院してました。言葉の教室やら、臨床心理士にカウンセラー受けたり・・しかし、リハの医師は初診のみ。知能テストでは、3才以上は発達の見込みなしと言われ、知能の遅れの指摘もありました。
就学時、幼稚園からは勿論、特殊学級を勧められました。でも、親のエゴと思いますが、キリスト教系の私立小が、そんな息子でも受け入れてくれると入学させてくれました。
やはり、落ち着きはなく、勉強も・・という毎日です。でも毎日、40分電車に乗って一人で通っています。でも、3才の知能しか持たぬと言われた子供が、時には電車を乗り過ごしても、乗り換えて帰ってきます。そして、おぼつかないなりに字を読み書きし、そして、間違えもありますが、計算問題を解き、文章問題は式が作れても少し答えが間違うという所まで努力はしているのです。
毎年、耳の事は心配で検査していました。しかし、何処へ行っても何の発展はありませんでした。今夏、耳鼻科の医師が変わり、連れて行った所、もっと設備のよい病院で検査をしましょうと紹介となりました。紹介先の病院は、大病院に似つかわしくない程、親切でした。補聴器をつけましょうと初めての進展です。
勿論、その足で補聴器を求め、今、ひたすら調整中です。
聞こえる?の問いにok!と答え、少し心和らぐ日々でしたが・・・
先日、学校からの呼び出しがありました。入学時と話しが違うと言うのです。きちんと学校側にもそして担任にはくどい位、耳の件など言ってはおりましたが、この3年になるまで、親として何をしていたのだ!今更、補聴器を付けるほど、悪いのに気がついていなかったのかとまで言われてしまいました。
息子の耳の事や、また知能面で、どこの親が放置したままで平気でいられるのでしょうか?言葉の教室や、リトミック教室(障害があるお子さんの)に行き、また、勉強目的ではない家庭教師の先生をお願いしたり、あっちの医師が良いと聞けば、訪ねてみたりと散々走り歩いているのです。
でも、耳鼻科医師だけを挙げれば、今夏の補聴器に発展するだけの診たての医師に出会わなかったのは残念です。
私達夫婦は、自営業をしています。約20名のスタッフもおります。そのスタッフの生活も考えなくてはいけません。だからこそ、時間に制約されています。動ける時間は息子の為に走り回り、また、夜になっても仕事の残りを片付け・・そんな人手がいるのにと思われるかもしれませんが、夫婦二人が、責務をこなさなければいけない仕事は一杯あります。経理的なことなど人に任せれない内容もあります。
お母さんが、仕事から離れたら・・なんて簡単に言わないで!と思いました。学校としては、落ち着きもない息子にお手上げ、一体これからどうされたいですか?とまでの発言アリ。そして、くどく担任に言ってあった、言葉の教室の件など、何も伝わっていなかったです。
教師たるもの、自分自身の責任はなんでしょう?そんな、少しでも障害のある子供を受け入れたとすれば、その障害はどんなものなのだろうか?言葉の教室は何をするのであろうか?など自己研修はしないのでしょうか?
親としての、責任はあると思います。息子には、人と同じように平穏な毎日を送ってほしい、学校生活においても、皆と楽しくしてほしい、学校に求めているのはそれなんです。しかし、一体、学校でこれからどうされたいのですか?と問われると、私共のエゴで学校にやっているのではなど様々に考えあぐねるこの頃です。


どこを選ぶか。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月29日(土)22時44分28秒

難しいです。

心の響きあえる友だちがいて、ありのままを受け止めてくれる先生がいて、
少しがんばる課題があって、小さな自信をたくさん積み上げられるところがいいのよね。

どんな子だって、同じだと思う。

幼稚園ですが、入園前に、運動会や発表会を見に行く事をお薦めします。
整然と行進しているところや、ばっちり演奏しているところは止めた方がいいです。
いろんな子どもがいて、失敗したりしていても、暖かく笑ってみてくれているところがいいと思います。


みんみんさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 9月30日(日)01時23分47秒

はじめまして。我が家にも難聴の子(年中)がいます。
両耳に補聴器を着けています。

学校の先生の言葉は、ひどいですね。でもご自分を責めないで下さいね。
子供の難聴に詳しい耳鼻科医というのは、圧倒的に数が少ないのが現状なのです。

右耳の聴力はどの程度なのでしょうか。
左は聞こえていたとしても、右側からの音には気付きにくいと思いますし、今まで不便な生活をしていたと思います。
脳の中で言語を司る部分は左脳にあります。ですから、左耳が難聴で右耳が正常という場合よりも、息子さんのように右耳が難聴という方が不利かもしれません。(本当なのかと突っ込まれるとちょっと・・・。今度きちんと調べておきます)
ちょっと遅くはなったけれど、補聴器と出会える事ができて良かったですね。
装着にはもう慣れましたか?

1人で40分もかけて電車で通学しているなんて凄いです。
息子さん、『3歳以上の発達の見込みなし』なんて診断の方が間違っているんじゃないですか? きっと可能性とうんと秘めているんじゃないかと思います。

ご両親の選択にとやかく言うつもりはありませんが、特殊学級に対して偏見をお持ちなのですか?
私は、特別な配慮が必要な子のためになくてはならない教室だと思っています。普通学級から隔離されているわけでもありませんし。

学校側からああだこうだ言われながら、発達に問題のない子供達と同じに教育されている今の状況よりは、歩いて通える地域の小学校で、地域の人達に囲まれながら、その子に合った教育を受けて育つ方が良いのではと思えてなりません。
(あくまで私個人の意見です。息子さんが今の学校に満足して楽しく通えているのならば、私が口を挟む事ではありませんから)

うちも言語面・知能面では周りの子より遅れています。
1年後の就学相談では、難聴があるので聾学校を勧められるか、知能の遅れ(日常生活ではだいぶ追い付いてはいるのですけれど、検査となると評価が低い)により特殊学級を勧められると思います。
これからの1年で、普通学級でも大丈夫と言われるほどの発達をしたとしても、特殊学級に入れたいと思っています。

30名以上の学級で背伸びをしながら過ごすよりも、ゆったりと学校生活を楽しんで欲しいからです。
教科によっては通常学級の子と一緒に受ける授業もあるそうですし、お友達から孤立するという事はないでしょうから。
解らないまま進んでしまう授業よりも、解るまで教えてくれる授業の方が、勉強するのだって楽しいはずです。私はそう考えているのです。

話しがズレました。すみません。
まずは担任及び学校側との隙間をうめるのが先決ですよね。う〜ん。


Re.組織はトップ次第です。 投稿者:宝島  投稿日: 9月30日(日)09時31分30秒

腐乱検死体さんの書き込みに同感です。私の住んでいる市は各学区に小学校、幼稚園、保育園が一つずつ。自由保育の方針が嫌いで他市に越境通園している親子数組を除き、ほとんどみんな同じ幼稚園に通っています。同じ公立幼稚園にも関わらず、園長の方針ひとつで雰囲気がとても違う。入園したのにそこの園長に「とても面倒見きれません。障害児センターの幼稚園に変わってくれ。」と言われ転園させられた子がいます。
逆に我が子の場合。小児精神科の診断が下り、「自閉症」と障害名がついた事で
園長から「障害のある子どもに補助の先生を付けることが市から認められ、人員が増やせる。」と言われました。落ち着きがない、手がかかる、では職員の数は増やせないが、「病名(?)」がつくことで人が増やせる。ちょっと複雑な気持ちでしたが・・・。
といっても増員されて配属された先生が我が子の専属になったわけでなく、何か??としたまま
卒園しました。(うまく利用されたかな〜)
3.4年で園長の異動のある公立幼稚園でこうなのだから、私立なんかもっとカラーが強いかもしれませんね。トップの。


ありがとうございます。 投稿者:くりん  投稿日: 9月30日(日)13時54分04秒

レスを下さった皆さん、ありがとうございます。
幼稚園を決めるときに、人見知りをするから、2年保育、(3年保育では無理だと思った)親が送り迎えできて園での様子を聞けると言うことでこちらの園を選んだのです。本当にのんきな母親で、息子の障害について、理解したのも、今年に入ってからでした。

そうはいっても、診断前から気になることはあり、かなり個性的な子供だとは思って育ててきましたが、集団に入る前に、どうしても恐がりと人見知りのことは、相談したくて、区の相談施設に行ったのが、息子の障害を知る始まりでした。
障害に関する知識をもった今では、きっと見学に行っても、先生とお話ししても、視点が違ったことと悔やまれます。
今思えば、大したことも、伝えられないままその時点での問題と思われることを率直に園長先生にはお話ししました。
その時の反応は、「その内だんだん慣れるでしょう」というかんじのものでした。面接時に子供同士を遊ばせる場面の観察という時間もあったのですが、小さな滑り台が、部屋の中にあり、それに夢中になりみんなにとけ込んで遊んでいるように見えたから、特に問題にもされませんでした。
私の方にも、園の方にもあっているとか、あっていないとか言う決め手が見つからなかったのだと思います。
息子の通っている幼稚園は、公立で小学校の校長先生と、園長先生は兼任です。なので、実際に、園で園長的な存在は主任です。その主任も見学、面接時にとても感じのよいさっぱりした感じの方でしたが、転勤になり、4月からいらしたのが今の主任の先生です。
やはり、公立は転勤もあることを考慮しないといけないのかもしれません。それでも、ただ悩んでいるのではなくて、前に進みたいなと思っています。皆さんからアドバイスいただいたように、一つの方法として、転園もあると思います。しかし、人になれるのにかなり時間のかかる息子なので、その辺に迷いがあります。
この園で、今取りかかれることとしては、皆さんのアドバイスを参考にさせていただき、療育の先生に間に入ってもらうことや、子供の特徴をわかりやすく伝えるための努力をする事、話し合いの時間をしっかり持つことなど、できることからまずやってみようと思います。その上でも今と変わらないと言うとき、転園も考えてみようかと思っています。
うまくいくかわかりませんが、自分で出来るだけのことはしてみようと思います。
本当に、ありがとうございました。


幼稚園のカラー 投稿者:かずりん  投稿日: 9月30日(日)15時09分15秒

>3.4年で園長の異動のある公立幼稚園でこうなのだから、私立なんかもっとカラーが強いかもしれ>ませんね。トップの。

うちの子供は私立幼稚園に通っていますが、確かにカラーが強いですね。
それだけに、良い幼稚園を選ぶと絶対にカラーが変わらないという安心感があります。
逆に理解のないところを選ぶと大変なことになるので、幼稚園選びは私なりに気を使いました。

私の場合は、5つぐらいまわって、行くたびに園長先生や主任の先生に言葉の遅れがあり療育に通っていることなどを話して反応を見たり、園児の様子(のびのびとしているか)などをみていました。
最終的には、園長先生の人柄が良かった今の幼稚園にしましたが、園長先生のカラーがそのまま園全体のカラーという感じで、とても恵まれた環境で長男は3年間をすごしました。
次男も3年保育で入園したときには、言葉はまったく出ていなくて知的障害もありましたが、快く受け入れてくださいました。
年長になった今も言葉はあまり出ていませんが、幼稚園で毎日楽しく過ごしています。

やはり「組織はトップ次第」っていうことなんでしょうねぇ。


亀レスですいません 投稿者:まつこ  投稿日: 9月30日(日)23時09分23秒

くりんさん
>療育の先生に間に入ってもらうことや、子供の特徴をわかりやすく伝えるための努力をする事、
>話し合いの時間をしっかり持つことなど、できることからまずやってみようと思います。
>その上でも今と変わらないと言うとき、転園も考えてみようかと思っています。

お子さんの障害について知ったのが今年に入ってからとはとても思えないほど
しっかりしておられて驚きました。
医療・福祉・教育関係者でも高機能広汎性発達障害について具体的に知っている人は
まだ少ないと思います。ですから、母親が一生懸命説明しても最初は「心配性のお母さん」
その後は「そんな神経質なお母さんが育てたせいで……」と誤解されることが多いのです。
そんな風に思い込んだ人の心には母親本人の声はなかなか届いていきません。
くりんさん自身もおっしゃっているように療育の先生に援護射撃を頼めると全然違うと思います。

うちの子は高機能自閉症ですがその特徴を簡単にまとめた物を先生にお渡しして、
担当以外の先生方にも必要に応じて参考にしていただいています。
プロフィールノート

療育関係は福祉課の管轄だと思いますが
幼稚園は教育委員会の管轄ですし、これから先、就学のこともありますから
主任先生の理解があまりにも少ない場合などには、現場の先生だけでなく
教育委員会に相談してみるのも一つの手かと思います。
ボールはいくら投げてもいいです。10球投げて2、3球受けとめてくれて
そのうち1球でも投げ返してもらえたらラッキーくらいの率かもしれませんが
長い目で見れば無駄球は一つもないはず……と信じています。


みんみんさん
 
辛い思いをされましたね。
子を思う親の思いをくみとらない一方的な言葉には叩きのめされる思いです。

これまでの経緯やみんみんさんの思い、学校への「手紙」にしてみたらどうでしょう?
この投稿の文章だけでもみんみんさんの懸命さや辛さがよく伝わってきます。
面と向かってのやり取りでは伝えきれないものが「書く」ことで伝えられるかもしれない。
その上で現在のお子さんの学校生活が
>息子には、人と同じように平穏な毎日を送ってほしい、
>学校生活においても、皆と楽しくしてほしい、
という状態を実現しているか、またもっと何かよい方法があるのか
学校と協力できるような話し合いができるといいですね。

うちの少年は障害児学級在籍ですが、ほぼ100%の時間を普通学級で過ごしています。
教室では普通学級の担任が普通に授業をして、
その中で障害児学級担任が少年のために考えた補助教材を使ったり
課題の質や量を少年の力に合わせて加減したり、
その他の介助を受けながら充実した生活をしています。

しかし、残念ながら同じ敷地内にありながら特殊学級を校内で隔離して交流が全くないうえに、
その子どもの個の特徴にあわせた教育をしていない地域があるのも事実です。
みんみんさんのお子さんの通われている学校がそういう状態であるのなら
それを拒まれるのは当然のことだと思います。

よい病院にめぐり合われたことも一つの転機かもしれません。
この辛い出来事がお子さんのためにも、みんみんさんのためにも
よりよい方向への出発点になれば……と祈っています。


少し冷静になれました。 投稿者:ぽぽ  投稿日: 9月30日(日)23時18分50秒

みなさんレスありがとうございます。
そうですね。やっぱり園長先生の考えが子供の園生活を左右するんですよね。
2年間通う幼稚園、慎重にそして自分の子の事よく説明して見て貰う必要があるなと思いました。
こちらが卑下する必要なんてないんですよね。
もっと貪欲になって探してみます。
ところで入園して出来ない事(息子の場合、話せない等)ってありますよね、例えば発表会等。
そういう出来ない部分はどうやって乗り越えましたか?
もう心配ばかりで前へ進めず、弱気になってます。

掲示板過去ログ案内に戻る