2001年10月その6
勝ち負け 投稿者:理尚  投稿日:10月21日(日)18時32分06秒

の 件ですが 
小学生でも 教師と2人でカルタをやって ぜ〜んぶ一人で とって大得意の子がいます
一枚でも指導者がとろう物なら 大変です
子どもは 全部とって大得意 とれなかった 私は思いきり悔しがります

気持ちというか 感情を教えるのは大変なことです 
と言うより 感じるのはその人(子ども)本人であって 理屈で教える物では無いと考えています
遊んで たのしい!!という経験をたくさんして その結果 もっととりたいとか もっと遊びたいとか 嬉しい 悔しい等の気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか
発達面の課題があるお子さんは 感情の表出も弱いのかもしれません(弱く見えるのかもしれません)
一緒にいる 大人や 兄弟達に 応援してもらって 大喜びしたり 悔しがったりして 生活してみませんか
大人がはしゃいで見せる事は とても大切なことです


教えて下さい。 投稿者:かのん  投稿日:10月21日(日)21時26分36秒

はじめまして。教えて下さい。
2歳半の息子がいます。2歳の時、児童相談所の発達検査で
言語と社会性が1年ほど遅れていると言われました。
それから半年が経ち、○○ある、ない等の2語文(?)や
オウム返しも始まりました。
喜んでいいのでしょうが、気になることがあります。
・単語の1文字しか言わない
(例)いちご、リンゴ→「ご」 さかな、スイカ→「か」
・母音のような発音で言う
(例)ありがとう、アギト→「アイオ」
・高音域で話す
等です。これは、普通の発達の段階なのでしょうか。
上記のようなこともあれば、普通に話すこともあるのです。
また、どのように指導していけばいいのでしょうか。
教えて下さい。よろしくお願いします。


かのんさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月21日(日)23時31分53秒

下記の情報からだけでは適切なアドバイスはしにくいと思われますので、
4点ほど質問してもよろしいですか?

1.身辺自立に遅れはありましたか?
2.口は小さい方ですか?
3.小声で話す傾向はありますか?
4.咀嚼運動が弱い傾向はありますか?


 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月21日(日)23時33分14秒

アドバイスは他の方がされると思います。
私は素人ですので。

(我ながらなんて無責任な…)


皆さん、ありがとうございました。ちょっと、説明不足だったようですね。。。 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月22日(月)07時33分33秒

 。。。というのも、娘にはこだわり・常同行動がありまして、行動に
合わせて言ってもらいたい言葉というのが決まっているモノがあります。
パターンは2種類あり、自分が状況に合った言葉を先に言って、その
言葉と一言一句まったく同じ言葉を同意の意味で相手にかえしてもらう
パターン。もう一つは、わざと不適切な言葉を言って「違う、〜よ。」
と、一度不定してもらって続けて自分の言ってもらいたい言葉を引き出す
パターンです。どちらも言ってもらいたい言葉を一言一句間違わずに相手
が言うまで同じ文章を繰り返し言い続けます。
同じ意味の言葉を返しても受け付けません。相手から自分が言ってもらい
たい言葉が出ないとパニックになります。
言ってもらいたい言葉というのも、以前誰かが言った言葉と全く同じ、
もしくはその状況はこう言うんだよと最初に教えてもらった言葉であったり。
そういうワケなので、「色々な言い方があるんだけど、全部同じ事なんだよ」
ということも学習出来ないような状況です。

 ゲームが終わった場合には「○○ちゃんの負け、お母さん(お父さん
等)の勝ち!」という言葉を相手に一言一句間違わずに常に言ってもら
いたいようです。
こうなると、相手が一言一句間違わずに言うまで本人は「○○ちゃんの
負け、お母さん(お父さん等)の勝ち!」を繰り返して言い続けます。
これはゲームだけではなく、勝ち負け、優劣が発生するもの全てにおいて
同じです。ジャンケンもそうですし、もちろん遊びの中にも、日常生活の
一場面にもあります。

 娘が本当に負けた状況ならば、「○○ちゃんの負け、お母さんの勝ち!」
と言うことが出来ますが、娘が勝った状況ではそれは言えません。
娘が勝った状況には、「○○ちゃんの勝ち」と正しく伝えたいのです。
嘘を教えたくはありません。
「負けたかったんだね。今度はお母さん勝つからね!」という言葉を
受け入れてくれればいいのですが、娘が言って欲しい言葉は
「○○ちゃんの負け、お母さんの勝ち!」ですから、当然受け入れて
もらえるはずもなく、パニック・パニック・パニック・・・
このままでは他人と勝ち負けが発生することは一生一緒には出来ず、
私達だけになるのか、このまま私達が死ぬまでこのような状況が
続くのか、私達が死んだ後は誰が娘の負けと認めてくれるのか?
私達が娘が勝とうが負けようが、「娘の負け」と言い続ける事が
正しいのか?それともこのような子には勝ち負けが発生すること
をさせること体験させることじたいいけないことなのか?それ
じゃあゲームは余暇活動には不適なのか? 事実をねじ曲げて
まで同意することで、他人にも自分が言って欲しいことを強制
(おしつけ)し続けることを助長することにはならないのか?
。。。と、色々と心配になってきます。 

 八方ふさがりの状態で、それなら根本的に「勝ってうれしい、
負けて悔しい・悲しい」と思えるようになれば現状を打破できる
のかな?。。。と、単純に思ってみたのです。
でも、それも皆さんの書き込みで、本人がそう思えるような状況
の体験を積み重ねて学習しないと。。。と言うことがわかったの
で、「う〜ん」と頭をかかえています。

 娘は一人っ子で、周りには一緒に遊んでくれるお友達もいません。
「あの子はおかしいから」と付き合いを避けられています。
同じ歳頃の療育仲間も、「わが子の方が問題が軽く、健常児と
同じクラスで大丈夫と言われているから」とばかりに同様です。
親類関係も遠方なので、幼稚園以外は親子3人だけの状況。
さらに、旦那もこの不況で多忙なので、母子2人っきりの状態。
幼稚園でも以前、ジャンケンで勝ったのに自分が負けた事を
相手に認めるよう強制して困ったと担任から言われて、「家庭
での教育をお願いします」と遠回しに言われることがありました。
そんな訳もあり、また先の見通しも見えない状況で不安だし、
「自分が何とかしなくちゃいけないんだ」と思い気も焦るばかり
で。。。(支離滅裂ですみません)


マスクのかけかた 投稿者:宝島  投稿日:10月22日(月)09時02分44秒

書き込みした宝島です。みなさん、アドバイスありがとうございました。
実際問題、鏡をみてマスクをかけるということは家庭ではできますが学校では無理かな〜と・・。教室内には鏡がなく、手洗い場まで行かなくてはならない。給食当番で時間が無いときには無理。家で娘のマスクのかけ方を見てみると髪の毛が耳に覆い被されているので確かにやりにくいと思います。(髪を結ぶのをいやがるので)
片手でまず、髪の毛をどけてもう片方の手でマスクのゴムを耳にかける・・・という動作が
困難なようです。これも練習かな?


きゃしーきゃっとさんへ 投稿者:くりん  投稿日:10月22日(月)12時12分45秒

はじめまして。
きゃしーきゃっとさんの書かれている内容を見て、家の息子と似ているなと思い、つい私も書き込んでしまいました。
家の4歳(幼稚園年中)になる息子も、拘りの内容こそ違いますが、きゃしーきゃっとさんのお子さんのように、
>行動に
合わせて言ってもらいたい言葉というのが決まっているモノがあります。
>わざと不適切な言葉を言って「違う、〜よ。」
と、一度不定してもらって続けて自分の言ってもらいたい言葉を引き出す
パターンです。
この点では、ほとんど一緒です。ただ、勝ち負けの部分ではなく、言葉や行動など違う部分ででています。
私も、このことではすごく悩んできたし、今でも相変わらずの悩みですので、きゃっしーきゃっとさんの気持ちがよく分かります。
気になっていることがあると、その事ばかり考えてしまうとおもうのですが、私も一時期かなり悩み、療育施設に通うようになったころ、こういう状況がずっと続くのだろうかと相談したこともありました。
認知力や、年齢が上がってくることで理解度も上がり、少しずつ変わってくるということを聞き、それだけでも気持ちが大夫、救われました。
それからは、遠回りなようですが、色々なことを教えたり、認知力をつけたりという方向に力を入れてみたりして、どうにか今まできています。
実際、家の息子も、一方的な要求から、妥協することができたり、出来るときと出来ないときがある(言葉を言って欲しいなどの場合)ということが、わかり始めたようです。
息子は、かなり頑固で負けず嫌いな性格と言うことも重なって、決まった言葉を言ってもらいたければ、相手が言うまでひかなかったり、あまりのしつこさに私がわざと違うことを言ったりすると、それは悔しがって怒りますし、今、一番の悩みは、勝ち負けではないのですが、幼稚園で自分のやるべき事、タオルを鞄にしまうとか、イスを片づけるとか「お友達がやってしまうこと」に、きゃっしーきゃっとさんのお子さんのじゃんけんで負けたいのに匹敵するほど、怒ってパニックになります。自分がやろうとしたことを人に先にやられた事に対しての拘りには、本当に手を焼いています。
しかし、なぜかそういうとき「お母さんが、やり直して」といって、私の手をひっぱり、やり直させるのです。そうすると、気持ちを立て直すことが出来るらしく??どうも理由はわからないのですが、息子なりの妥協策を見つけたようなのです。(私がいないときはどうしてるんだろう?と思うのですが)
なんだか、全然役に立たないお話で申し訳ないのですが、ずっと今のままではないと思います。私も同じ様なことで、日々悩んでいることなので、書かせて頂きました。お互いに頑張りましょうね。


難しいですね 投稿者:まつこ  投稿日:10月22日(月)12時18分45秒

お子さんの様子もキャシーキャットさんの思いもとてもよくわかりました。
しっかり書いてくださってうれしいです。

>色々な言い方があるんだけど、全部同じ事なんだよ

これ、とても難しいです。
少年も物や状況と言葉を一対一対応でつかんでいく子でした。
少年のやり方にあわせて一対一対応で理解する経験を積み重ねていくと
ちがう表現でも対応できる日が来ました。

娘さん、じゃんけんのやり方(手の形を変えて合図に合わせてだす、ということ)は
わかっても「勝ち・負け」はまだいまいちわかっていないのかもしれません。
「勝ち・負け」は「大きい・小さい」や「多い・少ない」よりずっと難しい。

なにをどこまでわかっているのか、探ってみたいところです。

手の絵を見て、グーとパーならパーの勝ち・グーの負け、がわかるかな?

自分がその場面に入るとややこしいので
お母さんとお父さんがじゃんけんをして、どっちが勝ちでどっちが負けか、は
わかりますか?

私は、娘さんの
>「○○ちゃんの負け、お母さんの勝ち!」は、
負けたかったのに〜じゃなくて、
「勝ち負けがわからないよ!」という意味ではないかと感じました。
じかにずっと見てたわけじゃないのにこういう意見をいうのは、
よくないとは思うのですけど。違ってたら、ほんとにごめんなさいね。

どちらにしても、
娘さんが勝った時には、どんなに要求されてもパニックになっても
>「○○ちゃんの負け、お母さんの勝ち!」
とは、言わないほうがいいです。
折角の「勝ち負け」に関する情報収集が混乱してしまうから。

いろいろ言うともっと混乱するので、娘さんが勝った時には
「○○ちゃんの勝ち、お母さんの負け」と一度だけ伝えて
後は、どんなに娘さんが要求してきても何も言わない。
ずっと言いつづけるようだったら、「勝ち負けの話はおしまい。」と
その問題から気持ちを離すようにする方がいいんじゃないかと思います。

少年は勝ち負けの前に「同じ・ちがう」でのたうちまわりました。
「同じのはどれかな?」がわかっても「ちがうのはどれかな?」で引っかかって。
少年が「違う」のを示すでしょ。すると私が、「そうあたり!正解!」というと
少年「違う!」…………あ〜〜〜〜ややこし。llllll(-_-;)llllll

そういうのも今はちゃーんとわかってますよ。まだ、苦手なことはたくさんあるけどね。

後、感じたのは娘さんは「誉められること」を喜んでいますか?
うちの少年は「誉められること」より「予想通り」「いつも同じ」の方が好きだった。
誉めることで大げさな身振りや大きな声を出すと迷惑そうでした。
それで「よくできました」「やったね。」の合図は、指でOKサインしたり、
私がにっこりしながら彼の目の前に掌をサッと出して彼がそれをパンと叩く、
スポーツ選手がよくやるタッチを愛用していました。

私も目の前の状態が一生続くのか、これを私が一人で何とかしなくちゃいけないのか
暗澹たる気持ちになったことがあります。

でも、子どもは成長しますから、ずっとそのままということはなかったですよ。

ここでであったのも何かの縁ですから、これからここで
みんな一緒にいろいろ考えていきませんか?


「常識の刷り込み」 投稿者:リンコ  投稿日:10月22日(月)15時25分55秒

>勝つと嬉しい、負けると悔しいという
>「常識の刷り込み」、

私はまだダメみたい。

でも、「悔しい」と思えないのは、八方美人になりたくて悔しさを抑圧しているのだ、いやらしい心根だと思って自分を罰するのをやめる練習を今つんでいる最中。

これも、なかなかできません。一生、間に合わないかも(笑)


勝ち・負け 投稿者:ペンギン  投稿日:10月22日(月)17時02分36秒

どうしても「勝ち・負け」にするよりも、まずこれを○と×にしてみたらどうでしょうか?
じゃんけんの場合なら絵が必要です。

チョキ|グー ←これは絵にする。
 ×  ○

グー|チョキ
 ○  ×

のように、ありとあらゆる組み合わせ(自分がいる位置関係に合わせて)の絵を作って、じゃんけんの時には、本人の希望とは無関係にこれを出す。
他の場合は絵ではなく市販のパーティ用品で○(ピンポーンという音が鳴る)・×(ブーっという音が鳴る)のがありますので、それが利用できます。

>「○○ちゃんの負け、お母さん(お父さん等)の勝ち!」という言葉を相手に一言一句間違わずに常に言ってもらいたいようです。
自分が負けてもただこの文句をそのまま言うだけというのは、決り文句再現パターン化の「こだわり」なので、特に意味まで解からせる必要はないと思います。

>「予想通り」「いつも同じ」の方が好きだった
こちらの場合は、「前と同じ」「いつも同じ」という意味が解かっている内容への「こだわり」なので、結果がいろいろになる実際の勝負事だと克服しなければならないカベが少々ありますね♪


補足。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月22日(月)18時20分15秒

別に、○と×でなくてもいいんですけど。これは、一つの例です。
この場合は、感情の問題ではなく言葉の意味の問題なので、獲得されていない概念を学習するために現在分かっているモノを利用する方法です。


パニックやこだわりがひどい時。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月22日(月)18時55分35秒

>「負けたかったんだね。今度はお母さん勝つからね!」という言葉
再現パターン化の「こだわり」なので、こういう解釈は不要だと思います。

>他人と勝ち負けが発生することは一生一緒には出来ず、
>私達だけになるのか、このまま私達が死ぬまでこのような状況が
>続くのか、私達が死んだ後は誰が娘の負けと認めてくれるのか?
他人を巻き込むことがエスカレートすることだけは、阻止したいところです。言うのは一回だけに制限したり、それ以外の要求には応じないようにして、「人が言いなりになって当然」だと思い込ませないように気をつける必要はあると思います。
でも、幼児期にはこういう特定の「こだわり」が強くて、しかもパニックを起こして収拾がつかない時期というのがあります。が、自閉症であることを全く否定しようとして普通扱いを貫こうとすると逆に強化してしまう危険はありますが、ちゃんと本人がしようとしている気持ちを受け留めながら・言いなりにならないように付き合ってあげると、それほど長引かずにすむことがよくあります。
幼児期のこういう状況を目の当たりにすると、「これがこのまま永久に続くのか!」とよく憤りますが、大概は大丈夫ですよ〜!

>自分がやろうとしたことを人に先にやられた事に対しての拘りには、本当に手を焼いています。
自分の中では、常にビデオが再生されている状態、これから起きることを決めている状態なので、それと違うことが起きれば混乱してパニックになったり、やり直させることはよくあることです。
頭の中の再現パターンの順序でないとわからなくなってしまうので、全く同じでなくても自分で決めたパターンの流れに乗せることができれば、混乱は収拾されます。
学習能力が高ければ、予め他のパターンを用意しておいたりできるようになりますが、まだ現在の段階では自分がやるべきことだけに焦点を当てて、必死にどこで・どういう行動をすればいいか覚えているところだし、「自分がやった」という主体的な達成感が不可欠なお子さんだということは、理解しておいた方が良いと思います。
確かに、これが「自己中心性」に発展してしまうのは困りますが、何をするにも「自分がやった」と本人が感じられるように持っていけば、素直に人の要求を聞くことを子だということで末永くお付き合いいただければ、幸いだと思います。


くりんさんへ 投稿者:みんみん  投稿日:10月22日(月)19時25分11秒

くりんさん、はじめまして。幼稚園のお友達の件です。
お友達の行動などが、あまりにもうちの息子に似ているので気になりました。始終、息子に噛まれたと言われてましたし、また、小学校入学時もありました。3年生の今は、噛む回数こそ減ってはいますが、トラブルメーカーである事実はあります。
うちの息子は口が遅い、うまく表現出来ない、よく聞こえていないという点がありますが、手を出すのはそれなりの理由もあります。手を出す所まで至らしめる行動が回りにも見られます。息子の場合など、例えば、電車の中で座らせない様にする、帽子を取り上げるなどいろいろあっての行動がありました。しかし、子供同志は、残酷かつ大人世界と一緒で、何かトラブルが生じた時に、正直に語ってくれる事はなく、息子が噛んだ、ひっかいたという事実のみ、残っています。教師も友達も、何故その行動に至ったのかその過程を辿ってくれません。
しかし、手を出した者が悪いという事実は、歪められず常時謝っています。
ずる賢い子供達は、親にもなかなか事実を告げぬようです。息子が、友達に何かされて帰ってきた時、その友達の親やまた、担任からは未だ謝りなどの形で連絡は一度たりともありません。思い余って、担任に連絡すると、結局、息子がああしたからこうなったという展開で、この子も立つ瀬がないなと思い、この頃、報告する事も躊躇いがちです。
でも、そうだからと言っても、その御家庭にも何かの影響があると思います。当方の例ですが、息子が悪い事をした時、姑は叩く代わりによくつねってました。そうしたら、息子も人をつねるという様に、真似ている所が往々にしてあったので、それを先ず止めてもらいました。そうしたら、つねる事はなくなりました。また、息子がパニック的になった時、それまで、何でも投げてしまう所がありました。目には目をではありませんが、主人が、ランドセルなど学用品を投げて、そして、その片付けを全部させてみたら、それから、何でも投げる事を止めるようになりました。時々はヒステリーをおこして投げますが、回りが一切片付けはせず、自分できちんとやるようになりました。
何処かで、ストレスも溜まっていると解釈するようにしています。
子供同志は、親や先生が見ていないと思ったらすごい事をします。いきなり、飛び蹴りなんてありそのお子さん以外にも、絶対他のお子さんが見えぬ所で何かやっている、たまたま、そのお子さんが目立っていると信じてあげたいです。自分も何かにつけて、叱られてどうしようもない八つ当たりかもしれません。大人は自制出来ても子供は、まだ、月日が浅いです。アドバイスも何もなっていませんが、問題児と言われるうちの息子、悪い事をしたら、思い切り叱っていますが、その後は嘗め回す様に接して、何故、叱られたのかを悟らせる様、してはいけない事は何かを教えるべく努力しています。


フロイトだって言ったはずなんだ、 投稿者:リンコ  投稿日:10月22日(月)19時47分00秒

「葉巻も時にはただの葉巻」って。カウンセラー・トロイが正しければね(出典は新スタートレック)。元の出典をさがしているところ。いつか引用する必要に迫られるかもしれないから。


>何でも投げてしまう 投稿者:ペンギン  投稿日:10月22日(月)20時38分52秒

>ランドセルなど学用品を投げて、そして、その片付けを全部させてみたら、それから、何でも投げる事を止めるようになりました。
ちょっと違うけれど、ウチの長男が「チラシを部屋中にばらまく」のにこだわった時、ばらまき用のチラシを入れるダンボール箱を作り、思う存分ばらまかせ・片付けも自分で(一緒にですが)やるようにしました。
かれこれ3ヶ月で、卒業しました。


腐乱検死体 さんのご質問について 投稿者:かのん  投稿日:10月22日(月)21時22分51秒

質問の回答は以下の通りです。どなたか、よろしくお願いします。

1.身辺自立に遅れはありましたか?
   児童相談所での2歳の時の発達検査では、年相応ということでした。
   2歳半の今は、たぶん、普通より遅れていると思います。
   具体的には、オシッコもウンチもオムツ。
   着替えは、やる気がある時は、着脱の容易な衣類なら自分で出来るけれど、
   そういう時は、ほとんどありません。
   食事は、スプーンとフォークと手で自分で食べます。

2.口は小さい方ですか?
   どちらかと言えば、小さい方ですが、普通と言えば、普通のような。

3.小声で話す傾向はありますか?
   小声で話す傾向は、ありません。大声でうるさいと感じる程です。

4.咀嚼運動が弱い傾向はありますか?
   あめ玉をバリバリとすぐ噛んで食べてしまうし、から揚げ等のお肉が大好きだし、
   漬け物やせんべい、スルメも好んで食べるので、弱くないと思います。


かのんさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月22日(月)22時22分33秒

以下、素人からの意見です。

まず、結論から言うと一過性のものと思われます。

1.発語したばかりで、舌を含めた口の筋肉の運動機能が弱い。
2.正確に発音することが、自分の要求を他の人へ伝えるのに
  有効だということを理解していない。
3.言葉を正確に聞き取ろうとする習性が身に付いていない。

状態ではないかと私は思います。

改善するには、以下の対処が適当ではないでしょうか。

1.お子さんと話す時、ゆっくり、はっきり発音するよう気をつける。
2.語彙を増やす。(単語、文法)
3.飴玉を舐めさせる。(チャイナマーブル等なかなか噛めないもの)

本気で発音を綺麗にしたいのなら、ウチのように民間の
訓練機関へ通うという手段もありますが、
お子さんはまだ2歳半なので、そこまでしなくても良い
のではと思います。

添削お願いします。Mさん。(どこまでも他力本願)


1音で話す 投稿者:まりも  投稿日:10月22日(月)23時00分22秒

かのんさんへ

うちの子(2才4ヶ月)の場合、語尾・語頭の1音だけで発音することが多いのですが、
1音で話す約70語のうち、割合で言うと語頭3:語尾1という感じになります。中間の1音
だけで表現するのは、数語しかありません。

うちの子は注意の向け方に問題があります。絵本などで、本人が指さす名称を答えて
やっていても、最初の1、2音の発音が終わる頃には、もう次の絵に視線が移っています。
(語頭1音で喋る事が多いのも納得です。)

しかし、言葉に興味が強くなってくるとともに、語尾1音で話すことも増えてきました。
これは、言葉を教える事を特に意識していない私の言葉にも、本人が注意を向けるように
なったためのように感じます(言葉を教える意識がある時は「そうね、〜だね」と言って
いるが、意識していない時の「〜だ」という言い方は、最初の音を聞き逃してしまうようです)

以前は語頭1音ばかりだったのに、語尾1音が増えて来たなと感じた頃から、1音で話して
いたのが、2音になり、少しずつ正しい発音に近づきつつあるように感じます。

腐乱検死体さんの書かれている「3、言葉を正確に聞き取ろうとする習性」が身について
きたためと思われます。

私が心がけているのは、音に対する興味を育てる事(擬音をたくさん使う、いろいろな音を
楽しんで聞いて経験する機会を作る)、子供が言った言葉は(どんなに無茶苦茶な発音でも)
「そうね、〜だね」と正しい言葉をゆっくり話す、などです。
あと、「そうだね、ボールだね。赤いボール。ちっちゃなボール。かたいボールだね〜」
などと、本人がうまく発音できない言葉をくりかえしたりしています。

専門家ではないので詳しいことは判りませんが、参考になればと思ってカキコしました。


ううっ、 投稿者:M  投稿日:10月22日(月)23時47分03秒

>添削お願いします。Mさん。(どこまでも他力本願)

フランさま、
  知ってるくせにぃ。私が・・・・だって・・。
ここは、大先輩にお願いしよう。
    せんぱ〜〜い!!


対応が難しいですね。 投稿者:くりん  投稿日:10月22日(月)23時48分35秒

ペンギンさん
>頭の中の再現パターンの順序でないとわからなくなってしまうので、全く同じでなくても自分で決めたパターンの流れに乗せることができれば、混乱は収拾されます。
今まで、何で私にやり直しさせるのか全然分かりませんでしたが、そういうことなんですね。
それと、人が先にやってしまう事以外にも私にやり直しを求める行動があるのですが、それも同じ理由なんでしょうか。
例えばお友達が息子の鞄に触ったり、背中を押したりしたとき「お母さんも触って」といい、私に同じようにするようにいいます。それによって、精神的に落ち着くようなのです。
家庭でも、自分が言おうとおもっていたことを、親が先にいってしまったりすると、私がいったのなら主人に、主人がいったのなら私に「同じようにいって」といってきます。そして、言うまで何度も要求してきます。ただ、あまり言いなりになっては、何でも要求すれば応じるという風に学んでしまうのが心配で時々、わざと「今は、手が放せないから言えないんだよ」と言って、言わないようにすることもあります。これがいいのかどうかはわからないのですが。
こういうのは、自分が予期してないのにされたことだから、嫌がるって言うことなんでしょうか。
息子は、分からないことには必ず何でこうなったかということを、求めるタイプでその気持ちが満たされると(納得できると)大体のことには従ってくれるので、何が何でも言うまでひかないということは、最近ではなくなってきました。
言葉の言い直しの問題は、どうにかコントロールできそうなのですが、行動のやり直しの問題は、他者にも影響する場合があってとても難しいです。
>、「自分がやった」という主体的な達成感が不可欠なお子さんだということは、理解しておいた方が良いと思います。
これが、大事なんですね。このへんを考慮しながら接してみたいと思います。ありがとうございました。


みんみんさんへ 投稿者:くりん  投稿日:10月22日(月)23時56分21秒


はじめまして。みんみんさんご自身もお子さんのこと心配ですね。そんな中、色々お話しいただきありがとうございました。
問題になっているお子さんのお母さんとは、家も近いので悩みなどをお話しし合う仲でもあります。
最初の書き込みには、書かなかったのですが、みんみんさんのお子さんの様子で書かれてあったような、口が遅い、うまく表現できないという部分でもそのお子さんはとてもにていますが、それに加えて落ち着きがなく、よくキャーというような声を出すことがあります。
>息子が噛んだ、ひっかいたという事実のみ、残っています。教師も友達も、何故その行動に至ったのかその過程を辿ってくれません。
そういうことって、確かにあるようです。その子の様子をみていると、喧嘩した場合でも言葉でうまく説明できなかったりするため、子供同士のことなので、どうしても自分の気持ちや行動を言葉でうまく伝えられる子供の方が有利になり、一部始終を見てる人でもいない限りは、かみついた事実だけが残るという感じの様です。お母さんもその辺を気にしているようでした。
しかし、それとは別に、この前息子や、年長のクラスに一人いる自閉症のお子さんへ立て続けにかみつき、そのせいで相手が何かしたわけでもない弱者に対してかみついたという事で、みんなから批判されてしまいました。たぶん家の息子などは、話しかけてもろくにこたえなかったのでしょう。だから噛まれたのかもしれないのですが、他の先生方やお友達はそういうことより、噛んだこと自体を厳しく叱りました。この点も自分の子供に関係することだけに、複雑な気持ちです。

その子のお母さんは、今までは子供は幼稚園がみるものという考えでしたが、今日などはこれ以上問題を起こすようなら、一度病院にいってみようかともいっており、最近ではさすがに参ってしまっているようです。こういう相談の場合、どのような所へするのがいいのでしょうか。
家のように,どうかもっとお友達と関わってくれないものかと思っている親もいれば、関わりの中で、苦労している人もいるのですよね。みんみんさんが、ご家庭で実践されて効果的だったことなども、その子のお母さんに伝えてみようと思います。
ありがとうございました。


おやぁ? 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月23日(火)00時16分09秒

構音障害についてこのHPで記載されてらっしゃるご本人では?


記載されてらっしゃるご本人では? 投稿者:M  投稿日:10月23日(火)08時02分42秒

ただ今、留守にしております。
正確には、
  ただ今から、留守にいたします。。。


皆さん、ありがとうございました。 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月23日(火)08時12分21秒

 娘の発語は全て、オウム返しがずっと続き、気が付くとそのオウム返ししていた
言葉が再現活動・他人へも同様を強制する活動になっているような状況です。
勝ち負け・優劣だけではないのです。
「意味の理解が出来ていないからオウム返しする」ということなので、初期段階では
「理解していないんだな」と思いますが、オウム返しに使っていた言葉でも、同じ
状況で何度も状況に適切な言葉を使い続けていると、「理解出来てるな」とすっかり
判断してしまっていました。「この子は、一つの状況に一つの言葉を組み合わせて、
はめ込みパズルのように覚えていくことでしか言語を獲得出来ないんだな。」と。
あぁ、でも、そうじゃないんですね。
再現活動で発している言葉は、理解出来ていない言葉なんですね。
時々、再現活動以外の言葉が出てきて、「ハッ!」とすることがあるのですが、
それも2〜3ヶ月に1文ぐらい。この「ハッ!」とする言葉だけが理解出来ている
ということになるのでしょうか。

 勝ち負けどころか、○×も理解出来てないかも・・・
線を引く練習で、「この部分は○。この部分は×」とやっていたら、×を沢山
つけて欲しがるし。
言われてみると、誉められること事態を喜んでいるんじゃなくて、これも、
出来た後「上手」「出来たね」「おりこうさん」というう文を言ってもらいたい
再現活動なのかも。
怒られるのも、大きな音や周波数の高い音が苦手なので、怒鳴り声がただイヤ
なだけで、怒られる意味もわかっていないのかな。怒られても懲りずに何度も
繰り返すし、怒られるのをむしろ楽しんでいる様子もあります。

 この再現活動以外にも、何でもすぐルーチンにしたがる活動(この道を通って
ガソリンスタンドに行ったら、次回同じ道を通りガソリンスタンドを通過すると
パニックを起こす等)、状況に適さない内容を話し出したり(駅ビルの見本玩具
の前で、自分が占領できないとパニックを起こした時は、「しまじろう、○×△■〜」
と、ビデオのセリフを大声で怒鳴り、周りの人約30人がひいてしまいました。
動物の話しをしている最中でも、運動会の事を答えたりしますしね。)、何でも
衝動的にモノを取り、他人のモノと自分のものの区別も付いていないことも最近
発覚しました。そう言えば、私が言うべきセリフもよく言うことがあります。
あれは言いなさいと強制してるんじゃなくて、根本的に言葉の意味が分かって
いないので、自分が言う言葉なのか、相手がいう言葉なのかわかっていないって
ことなんですね。落ち着きも集中力もなく、一日中ウロウロだし、玩具や本も
至る所に散乱状態。言葉での要求よりキーキーキャーキャー癇癪を起こしての要求
になりやすく、パニックも多発状態の毎日なので、正直疲れきっています。
それに合わせて、担当の言語聴覚士が「Dr.の診断がそうでも、私はそうでないと
今でも確信しています。私の経験を信じて下さい。」と、自閉症を考慮に入れた
訓練は行ってもらえそうもないし、1ヶ月に1回しかない相談・訓練日だし、
担当の心理療法士には来週話さないといけないし、明日は児童相談所にも行かないと
いけないし。。。あぁ、頭イタ。。。

 「これはAだ」という事を娘がオウム返しし、「そうAよ」と私が同意する。
誉める。そんな毎日を繰り返していたらこの状況。
人はそうやって言葉を獲得していくのだと思っていたのに、娘はそのやり方では
ダメなんですね。
いったい、どう接していけばいいのでしょうか。。。。
娘が生きている存在価値って、いったいなに?


いつも決まったパターンでない要求。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月23日(火)08時22分29秒

>例えばお友達が息子の鞄に触ったり、背中を押したりしたとき「お母さんも触って」
>といい、私に同じようにするようにいいます。
これは、ウチのADHDの次男が一時まったく同じことをよく言っていました。ウチの次男の場合は、自閉ではなく注意の欠陥と社会的認知障害(人の身体的な動きの意味を読み取れない障害)があって、人に触られることはいつも「意外?!!(←!!の部分で衝動的に不適切な反応をしてしまう)」でした。私に再現させることで、突発的な事件だったことが目に見えて分かる経験に置き換えられるので、安心していました。

>自分が言おうとおもっていたことを、親が先にいってしまったりすると、私がいった
>のなら主人に、主人がいったのなら私に「同じようにいって」といってきます。
自分が言おうとしたことを「言われてしまった」、という事実を二人から言われることで"どうしようもない"現実だと自分自身に叩きこんでいるのではないかと思います。(ウチの次男の場合は、普通のADHDなのでここですねます。)

>そして、言うまで何度も要求してきます。
あっさり言ってしまって、「一度だけ!」という制限は必ず守るようにすれば、他人を巻き込むことなく自分の気持ちは納まるので、わりと早目にマイブームが終わると思います。

>分からないことには必ず何でこうなったかということを、求めるタイプでその気持ち
>が満たされると(納得できると)大体のことには従ってくれる
「何でこうなったか」説明や再現を求めて来る時には、必ず認知か注意の障害があるという視点で観察してみれば、どういうことでつまづいているかを発見する手掛かりになるのでは?
今は、「しつこくてかなわない」と鬱陶しいかもしれませんが、これだけいろいろと要求して来るとネタがバレバレになるので、きちんとSOS信号を送ってくれる良い障害児〜♪なんだと思いますよ。


きゃしーきゃっとさんへ。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月23日(火)08時32分20秒

>○×も理解出来てないかも・・・
>いったい、どう接していけばいいのでしょうか
そうそう悲観することはありませんよ〜♪
今現在は、オウム返しの次の段階の遅延エコラリアで、ただただいろんなことを再現して喜んでいるところなので、発している言葉の意味を真に受けずに、意味が分からずにただしゃべっていることを楽しんでいる気持ちを大切にしてあげれば良いのではないかと思います。
よ〜く観察して、意味が理解できているモノ(記号でも何でもかまいません)を探し出し、それを利用していろんな概念を獲得する手助けをしてあげて下さい。

>娘が生きている存在価値って、いったいなに?
周囲の環境にふさわしい受け応えができていないことに存在価値を見出せないのは、非・自閉者の心の「障害」ですよ〜♪


で、そのコツですが。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月23日(火)08時48分05秒

まず、どういう状況で何をしゃべるのか観察します。
⇒人の言葉やモノや出来事の中のちょっとした部分的な要素から、何かを連想している
 ことがわかるはずです。

それは、言葉を教え込む訓練では解決しない問題です。
⇒ウチのアスペの長男の場合は、道路標識と信号だけは意味が分かっていました。
 それを発見した後は、「道路標識と信号」を言葉として使いました。


ありがとうございます。 投稿者:くりん  投稿日:10月23日(火)11時13分12秒

ペンギンさんへ
今まで、息子の行動の理由が、どうしても分からない部分が多くて、次々と謎が解けていく感じです。
>今は、「しつこくてかなわない」と鬱陶しいかもしれませんが、これだけいろいろと要求して来るとネタがバレバレになるので、きちんとSOS信号を送ってくれる良い障害児〜♪なんだと思いますよ。

そのネタが見抜けるような親ならいいんですが、そこが難しいんですね。でも、言われてみれば随分特徴のある行動をするので、見る人が見ればわかりやすい子供なのかもしれません。

>注意の欠陥と社会的認知障害(人の身体的な動きの意味を読み取れない障害)があって、人に触られることはいつも「意外?!!(←!!の部分で衝動的に不適切な反応をしてしまう)」でした。私に再現させることで、突発的な事件だったことが目に見えて分かる経験に置き換えられるので、安心していました。

なるほどって言う感じです。本人にとっては、再現することが安心につながるのですね。
こういう行動をする子供の気持ちがどうしても分からなくて、言葉の言い直しにしても、行動のやり直しにしても、こんな要求にずっと答え続けていたら、そのうちそういうことが癖になり、そうせずには満足しない様になっていくのではという方にばかり考えてしまっていました。

息子は、高機能の広汎性発達障害という診断を受けていますがADHDなどの障害を合わせ持っていることも考えられるでしょうか。細かい部分での違いなどよく分かりません。もっと勉強しないといけませんね。色々と教えていただき、ありがとうございました。


存在価値 投稿者:リンコ  投稿日:10月23日(火)11時51分57秒

なんて、考えるのは、人間だけじゃないかな。しまうまもはりねずみもみのかさごも桃の木も、存在価値なんて別に考えないけど生まれてきて生きて死んで(枯れて)行く。

私、存在価値なんてなくてもいいから死ぬまでなるべくたのしく生きることに、決めたから。そう思っていれば、リストラされたから自殺、とか、子どもが自立して巣立ったから鬱、とか、定年と同時にたちまちボケる、とかにはなんない気がする。

しまうまやはりねずみやみのかさごや桃の木を見習って生きるのはちょっと日本の環境では難しいですが(しまうまやはりねずみやみのかさごはあまり身近にいないし、桃の木は産地以外には生えてないから)、ねこやすずめを見習って生きることなら私にもできそう。


急がば回れ 投稿者:まつこ  投稿日:10月23日(火)16時23分34秒

自分が教えられなくても自然にわかったことを
少年は、あれもこれもそれもわかっていなかったことに気がついて
今まで自分がしてきたことにはまるで意味がなかったのではないかと
愕然としたことがありました。
全部、無駄だったのか、思いつくことは全部やってきたのにこれでダメなら
わたしはどうしたらいいんだろう……って。

でも、それまでの自分と子どもとの関わりは無駄ではなかった。

きゃしーきゃっとさんと娘さんのこれまでの時間もしてきたことも
全部、生かされます。それは、間違いないです。

娘さんがなにが「わからない」か、見抜く力は
娘さんが「わかりやすいコミュニケーション」を探る力になるんです。

私は言葉でコミュニケーションすることの難しさに疲れて
反動で「言葉」を一時期避けたりしてしまったのだけれど
言葉以外のコミュニケーションが成立・育つにつれて
少年との言葉のコミュニケーションもずいぶんつかえるようになりました。

娘さんは何を手がかりにして世の中を読み解こうとしているのか
それを見抜く手がかりを一番たくさんもっているのはきゃしーきゃっとさんだと思いますよ。
それは、今までの試行錯誤があったからです。自信を持ってくださいね。


ペンギンさん、リンコさん、その他の皆さん、 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月23日(火)17時06分57秒

 ご不快な思いをさせてしまっていたのなら、本当に申し訳ありません。
>周囲の環境にふさわしい受け応えができていないことに存在価値を見出せないのは、
  非・自閉者の心の「障害」ですよ〜♪
>ねこやすずめを見習って生きることなら私にもできそう。
 
 娘のことでは生後5ヶ月から疑問を持ち続け、早くハッキリしたくて、いざ
ラベリングしてもらって「ずっとそうだと思っていたので、ホッと出来た」なんて、
冷静でいたつもりなんですが、Dr.からもらった(診断名という度付きの)眼鏡を
かけると、今まで見えなかったものがクッキリ・ハッキリ急に視界全開で一度に
入ってくることもあり、どうやら私もパニックになっているようです。
今の私にはちょっと難しい宿題。心にそこまで余裕がないから。
でも、宿題をやる意志はあるんですよ。(提出日が遅れても、宿題は受け付けて
くれるのかしら)


続けて書きたいのですが。。。 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月23日(火)17時16分15秒

 娘がパソコンを使う時間になってしまいました。
また明け方にカキコします。
まつこさん、レスありがとうございます。
オフラインにして書き込み、投稿したら、まつこさんのレスが入っているのに
気付きました。では、後ほど。


ありがとうございました 投稿者:かのん  投稿日:10月23日(火)21時48分07秒

腐乱検死体さん、まりもさん、アドバイスありがとうございました。
何だか、ホッとしました。

丁度、今日、ジュースを飲む時にいつもは、「ちょーだい」が言えなくて
「ち」だったり、「い」だったりしたのですが、今日は、はっきりと
「ちょーだい」と言えました。
よく考えれば、ジュースが欲しくて欲しくて、いつも焦って発音して
いたのかもしれません。
今日のは、単なるオウム返しかもしれませんが、徐々に意味も理解して
少しずつ改善されていくのでは、と思えてきました。

腐乱検死体さん、まりもさんのアドバイスも参考にあせらず、ゆっくり
やっていこうと思います。
本当にどうもありがとうございました。


ペンギンさんへ 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月24日(水)05時30分08秒

 アドバイスありがとうございました。

>今現在は、オウム返しの次の段階の遅延エコラリアで、ただただいろんなことを
>再現して喜んでいるところなので、発している言葉の意味を真に受けずに、意味
>が分からずにただしゃべっていることを楽しんでいる気持ちを大切にしてあげれ
>ば良いのではないかと思います。

 親子2人っきりなので、なんでも「しゃべっていることは、自分に対して
しゃべっているんだ。こたえる人は私しかいないんだ」と、娘の発語全てに
何かしら言葉で反応をしてました。
「子供が発語したら、それに言葉で答える。そうして、発語が楽しい状況に
なれば発語は進む。子供の発語に言葉でこたえてあげないと、発語はなく
なってしまう。」と思いこんでいましたので。
アドバイスを読んで、「あ〜、あの時の事を再現してる。楽しいんだねぇ。
以前は文の一部分だけしかうまく再現出来なかったけど、全文再現出来るように
なったんだね。自分が一部分しか再現出来てないとか、全部再現出来るように
なったとかわかっているのかしら? もしわかっていたとしたら、以前より
もっと楽しいんだろうね。」と思うと顔の筋肉もゆるんで、聞いているだけ
でもいいんだと思えるようになりました。言葉で全て返さなくても、「聞いて
るよ」って表情や動作もコミュニケーションなんですよね。そんな簡単な
事に今頃気付きました。

 娘の発言に全て言葉で付き合う事をやめたら、娘が再現活動を楽しんで
いる様子が良く分かりました。私の言葉での介入なしにどんどん再現活動は
進んでいっているのです。
そうか、本人は意味が分からずにただ再現することじたいを楽しんでるので、
いままで私がやっていたことは、他人にも自分と同じ再現をすることを強制
するという問題行動を結果的に強化していたんですね。

>人の言葉やモノや出来事の中のちょっとした部分的な要素から、何かを
  連想していることがわかるはずです。

 それは単語であったり、文章であったり、状況であったり。
そんなキーワードから、そのキーワードを使った過去の経験を引き出して
(連鎖して)いるようです。
ただ、それを総括的に考えた事がなかったので、娘が理解できている概念
は?と聞かれると、今はまだ、親の方が理解出来ていない状態です。
頭が悪いから、紙に書き出して考えないと無理かも。

 これで、また前に進むことが出来るようになりました。
本当にありがとうございました。 


ちょっと中断します。 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月24日(水)05時38分06秒

 朝の準備の時間になったので、中断します。
ペンギンさんには、パニックの対処で1つ聞きたい事が・・・
まつこさんにもお礼のレスを・・・


教えて下さい。 投稿者:こーき  投稿日:10月24日(水)08時08分42秒

夜中2:30頃、息子さんのパニック発生!
今回のは、突然泣き出し、かかと落としの連打!
時間も時間だし、これでは階下の人にも迷惑がかかってしまう。
なだめて落ち着かそうとするが、これがまた逆効果で更にヒートアップ!
旦那さんと私で布団を下敷きにして、時には裏拳をくらいながらも
じっと耐えてみた。(笑)
ナウシカ風にゆーと「・・・怒りで我を忘れてるんだわ!」って感じです。
(息子さんは王蟲か!?)
散々暴走して気が済んだのか、旦那さんの布団にトコトコ歩いて行き
寝てしまいました。(その間約15分。)
ここの所、頻繁に起きています。
昨日は、兄(小1)の友達たちが来て、随分コーフンして遊んでいたからかな?
その前はセンターの運動会があったし・・・。
原因を追求しとうとしても、なんだか憶測ばかりになってしまう〜。
パニックの対処方法、私も知りたい。
ホント、実は私がパニックです。朝からちょっと疲れてしまった。


きゃしーきゃっとさん 投稿者:まつこ  投稿日:10月24日(水)08時53分07秒

↓のレスでもう充分です。安心しました。ありがとう。


こーきさんの場合。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月24日(水)09時12分33秒

パニックと言うより、「夜驚症」とか「レム睡眠関連行動障害」とか呼ばれているものではないでしょうか?
この違いについては、(医学関係の本によると)「レム睡眠関連行動障害」は夢を見ている状態で異常行動が起きるもの、「夜驚症」はノンレム睡眠(深い睡眠)から突然覚醒する自律神経の変化を伴う発作です。
どちらも、医学的な治療の対象にもなります。でも、基本的には日中のストレスや緊張が原因にあるため、ただ薬を飲ませれば解決するものではないということです。

それなりに頑張っている証拠とも受け取れますが、もしかしたら"自分の気持ちをうまく表現できないストレス"とか"自分の気持ちを抑えこんでいるストレス"のようなものがあるのではないでしょうか?
もし、"うまく表現できない"のなら、気持ちを表現する手段を考えたり、本人には自覚がないところを第三者が代わりに言ってあげるように心掛けたりする必要がありそう。
また、"受け身になって我慢している"のなら、我慢していることを認めて誉めてあげる必要がありそう。
どちらも、「気持ちを受け留めてもらえた」という安心感が大切なのでは。でも、言葉かけをした時に、本人が抵抗する姿勢をみせることも多いので、ついつい当たらず触らずにしている事柄かもしれません。そういう時は、言う方が仰々しかったり・しつこく追及する姿勢があって、それがイヤなのかもしれない。さりげなくちょこっと言ったり、軽く肩を叩く程度の方が、良いこともあります。

ちなみに、そこまでひどくはありませんが、ウチは三人ともレム睡眠時に大声出して足をバタバタをやりました。(息子たち二人は、私が目撃。私のは全く記憶がなく、家族に言われた。)
ウチは集合住宅ではないので、足バタバタは放っときました。(防音対策として、マットをたくさん敷くというのはダメですか?)


うっ 投稿者:ひいろ  投稿日:10月24日(水)10時29分31秒

>ウチは集合住宅ではないので、足バタバタは放っときました。
>(防音対策として、マットをたくさん敷くというのはダメですか?)

やってました・・いやる正確に言うと今でもやってます(笑)
ガンガンしたらすかざすそこに長座ぶとんを入れる。

>ナウシカ風にゆーと「・・・怒りで我を忘れてるんだわ!」って感じです。
>(息子さんは王蟲か!?)

こーきさんって、面白〜い♪言い得て妙だわ。ウチもそうだったよー。
現在はほとんどないですけど。
ドラの場合は、声をかけたりするともっと泣いてしまう傾向があったので
やっぱり放置していました。
本人ずっと泣いていると「自分は何で泣いてたのか」すらわからなくなってしまい
もっと泣いてしまうという感じでしたねぇ。

ドラの場合は、幼稚園に通うようになったら逆にかなりの確率で
バニックや睡眠障害などはなくなりました。
多分ウチの場合は「外で刺激を受けないとストレスになる」という珍しいタイプなのだと
思います。

>パニックと言うより、「夜驚症」とか「レム睡眠関連行動障害」とか呼ばれているものではないでしょうか?
>この違いについては、(医学関係の本によると)「レム睡眠関連行動障害」は夢を見ている状態で異常行動が起きるもの
>「夜驚症」はノンレム睡眠(深い睡眠)から突然覚醒する自律神経の変化を伴う発作です

うーん、ドラくんはどっちなんだろう?
なんかどっちのパターンもあるような気がする。
幼稚園で少し大きな付加がかかると起こしていたのは「夜驚症」だと思うし
(突然ギャ〜と言って起きてくる。でもそのまま寝てくれる確率も高かった)
普段の睡眠障害は9時頃に寝て、すっきりと夜中の2時頃に起きて朝まで徘徊(笑)
最近は、どっちもほとんどありませんけどね。


ペンギンさん、もう1つ。。。 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月24日(水)12時49分42秒

>他人を巻き込むことがエスカレートすることだけは、阻止したいところです。
>言うのは一回だけに制限したり、それ以外の要求には応じないようにして、
>「人が言いなりになって当然」だと思い込ませないように気をつける必要は
>あると思います。

 もうすでに、そう思いこんでいるフシがあるので、対応を改善したいと
思うのですが、要求に応じずにパニックになり収拾がつかなくなった際、
同じ場所だといつまでもその事に固執してしまうので、環境を変えた方が
いいんじゃないかと思った時は、本人が嫌がろうが、拒否しようが、
引きずってでも場所を移動した方がいいのでしょうか。それとも、その場所
で本人が自己回復するまで無視を決めこむ方がいいのですか?

掲示板過去ログ案内に戻る