2001年10月その7
まつこさん、ぜひ・ぜひ 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月24日(水)12時56分49秒

 言わせてください。
言葉でのコミュニケーションにコリコリに凝り固まっていた、私の固い頭では、
ペンギンさんのせっかくの良いアドバイスも???状態でした。
まつこさんのレスを読んで、すばらしい内容がやっとわかりました。
本当にありがとうございました。


娘の場合。。。 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月24日(水)13時38分52秒

 夜泣きがあるといわれている時期を過ぎても、深夜(2〜3時)に突然「ギャー」と
泣き叫んで泣きやまないことがありました。ひどい時は、1時間近く泣き叫んでました。
色々やっても泣き声はひどくなる一方なので、我が家も「窓という窓は全部すぐに閉め
る」以外には見守ることぐらいしか出来ていません。
泣き出してから、上下のお宅から音が聞こえると、「もうしわけありません」と手を
合わせて心の中で拝んではいるのですが。

 我が家は築25年のおんぼろアパートなので、当然 上下・左右(おそらく他棟にも)響き
渡っていたと思います。「生活音はお互い様」というアパートの雰囲気に助けられてます。
顔を合わせた時に「夕べはご迷惑をおかけしてすみません」と声をかけたり、いただき
もので食べきれない時は負担にならない程度のおすそわけをしたり、「ひどい時には遠慮
せずに言って下さいね」等やってます。ひどい騒音を出しているハズの我が家ですが、
そのせいか、とりあえず、水を下の部屋に漏らしてしまった事以外は、今のところ
クレームはありません。親密でなくてもいいので、良好な人間関係をつくっておくと
(ただきちんと挨拶するだけでも)少し楽になったかな。

 まだ言葉も話せなかった時は、ただ「ギャー」と泣き叫んでいただけだったの
ですが、発語が多くなった現在では、泣き叫びながら色々言葉を言ってます。
その言葉は、日中パニックを起こしている時に言い続けている言葉ばかりなので、
「夢の中でも、日中と同じようにパニックを起こしているのかな」と思ってました。
だから、日中のパニックがなくなれば、この深夜の突然の泣き叫びもなくなるのか
な?と。。。

>基本的には日中のストレスや緊張が原因にあるため、

 なるほど〜、そういうことなんですね。
娘の場合は「レム睡眠関連行動障害」かな?
発語の少なかった2歳半までが一番ピークで、4歳になってからは2回です。
順応性が出てくると減ってくるのかな? 


あっ、でも。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月24日(水)15時46分00秒

『夜驚症』の説明って、すごいですよ。
「はげしい恐怖感・脈拍や呼吸がいちじるしく速くなる・発汗・瞳孔拡大・筋緊張…」とあります。

ノンレム睡眠(深い眠り)の時に起き上がったり歩いたりするのは、『夢中遊行』。

発達障害児って、病名がつかないまでも何らかの睡眠障害があって当然なんでしょうね。
だって、ストレスだらけだもの。


パニックになった時。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月24日(水)16時45分19秒

>要求に応じずにパニックになり収拾がつかなくなった際、
>同じ場所だといつまでもその事に固執してしまうので、環境を変えた方が
>いいんじゃないかと思った時は、本人が嫌がろうが、拒否しようが、
>引きずってでも場所を移動した方がいいのでしょうか。

まず、"パニックを起こした時に親が動揺しない方が早くおさまる"ので、自分がパニくっていてもそのそぶりを見せないように、腹をくくりましょう。
パニックを起こした現場にはパニックの原因があるので、{現場から離す→興奮がおさまるのを待つ→落ち着いたところで言葉かけをする}というのが基本です。
だいたい、暴れている真っ最中は、下手にいじるとひどくなることが多かったりするので、人気のないところに連れて行って無視するのが原則ですが、無視されるとひどくなる・近づくと騒ぐ・移動を拒否するなどの癖がついてしまっている場合は、2〜3回は親の忍耐が必要になるかもしれません。
それから、「ここらで起きそうだと予想しておく/できれば回避する」とか「パニックそのものを減らす」とか「パニック中でも機嫌を直せるグッズや方法を発見して気をそらす工夫をする(←これができれば苦労しない!)」といった努力も必要だと思います。

でも、最も大切なことは、"どういう場面・どんなキッカケで再現が始まるのか"が分かったら、次に"何を再現しているのか・それで何が言いたいのか"を探って、「再現劇場」を一緒に楽しみながら気持ちを共有し、そこからコミュニケーションが始まっていくことだと思います。
ただ、それぞれの状況に応じて、自分が言おうとしていることに関連する場面を再生しているようなので、全く孤立しているわけではないのでは? それは、安心材料と解釈した方が良いと思います。(きっと、そこのところが古典的な自閉症とは違うので、言語聴覚士さんは「自閉症ではない」と言い張っているのでしょう。)
それで、視覚記憶と聴覚記憶の、どちらを想起しているのかによっても違ってくるんですけど、どちらでしょう? 
例えば、前に「しまじろう・・・」と叫んだ時、『しまじろう』のストーリーの或る場面の映像を思い出したとしたら、しまじろう以外のキャラクターがしまじろうに言ったセリフで自分の気持ちを表わしたことになるでしょう。この場合だと、見ているのは視覚的な記憶なので、その場で発する言葉に気を取られずに、本人が何を思い出しているかを想像すればいい。
でも、言葉の音だけの連想とか言葉の音から連想している場合だと、その場で発した言葉の音から解読すればいい。
・・・慣れてくると、ヤミツキになるカモ〜♪


もしかしたら、 投稿者:ペンギン  投稿日:10月24日(水)16時57分06秒

最初の一回は、本人をそこに置いて、自分の方がさっさと行ってしまう(振りをする)ぐらいのことをやらないとダメかもしれない。
今までどうしてきたのか分からないので、そこで大騒ぎになる可能性も否定できない。でも、親が乗り越えなければならない「恥ずかしさ」と、子どもが覚えなければならない「気持ちの区切り」の、どちらの壁が大きいのか!?というところでしょうね。


ありがとうございます! 投稿者:こーき  投稿日:10月24日(水)18時07分08秒

成る程〜!ストレスかぁ〜!
昨日も、大きなお兄さんたちが来て、一緒に楽しんでいるようだったけど、
彼なりにちょっと気を使っていたのかも〜。
アドバイスを頂くと、自分も落ち着きますね。ちょっと冷静に
判断できそうっていうか。
マット作戦、早速今晩から実行♪
息子さんの寝場所に敷き詰めてみようっと。


就学前検診 投稿者:カンガー  投稿日:10月24日(水)19時04分02秒

とうとう、就学前検診の案内が来ました。
現在の学区の小学校については、情報があるので、だいたい流れがわかっておりますが、3月に転居予定先の学区の小学校で検診を受ける事になりましたので、さっぱり情報がありません。
娘の障害については、学校側に話してありますし、ありのままの娘を見てもらえば良いと思っています。

でも、やはり自閉症の場合、知らない場所で、これから何をするのか、情報のないままでは、娘の負担が大きいように思います。

日本全国同じである訳はないと思いますが、内科検診、歯科検診、眼科検診、面接程度と思っていたら良いでしょうか。
親子分離が一般的ですか?

娘に少しでも、当日の流れ(?)を説明しておいてやりたいと思います。
小学校の校長にお聞きしても、
「検診をして、最後に私の面接があります。そんなに構えることはありませんよ」と教えていただけませんでした。

経験された皆さんは、お子さんに当日のことをどのように説明して、検診を受けましたか?
是非教えてください。


ペンギンさん、ありがとうございました! 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月24日(水)21時48分26秒

 また道をみうしなって逆戻りしないように、ペンギンさんの
アドバイスを まとめて手帳にでも貼っておこうと思います。
み○さんの番組で貧乏を脱出した、たこ焼きやのおっちゃんの様に
毎日読んで、初心を忘れないようにしたいです。

 「再生劇場」って言葉、GOOD!です。
ツボにはまって、笑いを止めるのに苦労しました。
私も良い観客になりたいです。
本当にありがとうございました!


経験は ないけれど。。。 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:10月24日(水)21時52分35秒

>カンガーさん
 
  娘はまだ4歳なので経験はないのですが、私も就学情報を収集しています。
 
 ■「就学の手引き」
    http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/machito-archive/school.html#3

  ↑ このサイト、もうご覧になりましたか? 
  まだなら、ぜひ行ってみてください。「ほほぉ〜。そういうことになってるのか〜。」
  とフムフムです。


カンガーさんへ 投稿者:かずりん  投稿日:10月24日(水)22時02分04秒

うちにも就学前検診の案内が来て、今日小学校に入学届けを提出してきました。
私は去年しょう君で経験しているのですが、まったく初めてのことでさらに情報がまったくないというのは不安ですよね。
うちの小学校は6年の子が新1年を数人づつ連れて行きその後ろを親が付いて歩く(検診の時に聞きたいことがある場合、呼ぶことがあるのでということでした。)形でしたが、他の小学校のお母さん方に聞くと親子分離の所ばかりでしたので、こちらの方が一般的なのだと思います。

検診の内容はカンガーさんの書かれていたものの他に、耳鼻科と聴力検査があったぐらいだったと思います。

しょう君の時には、情報がほとんどない状態でしたので、「もしかするとお母さんと離れてお兄さんやお姉さんが連れていってくれるかもしれないこと」と、「いろんなお医者さんに元気かどうか診てもらったり学校の先生とお話をする」ということを説明した程度でした。
私が見る限りではどの子もみんな不安そうにしているなかで、しょう君は比較的落ち着いていたように思えましたから、前もってある程度説明しておくことは大事だと思います。

今回のじゅん君の場合は、視力検査や聴力検査といったものは検査の内容が理解できない可能性が高いのと耳鼻科検診は耳を触られるのを嫌がるかもしれないこと、幼稚園では何人か検診をしているところを見ると何をするかがわかり落ち着いて検診が受けられることなどを、今日入学届を受け付けてくださった教頭先生にお話してきました。

こんなとこですが、参考になったでしょうか。


就学検診、うちの市の場合 投稿者:宝島  投稿日:10月24日(水)22時57分28秒

わたしの住んでいる市の就学検診は、内科検診と耳鼻科そして聴力検査くらいです。
親はず〜っと付きっ切りです。
知能検査は在園する幼稚園で済ませていますので、当日はやりません。
就学検診当日、欠席した子どもは個人で病院に後日行って、検診を受けるそうです。
集団が苦手だったり、待ち時間が長いとつらい子どもには、後者のほうがいいですね。
ちょっと裏ワザですが・・・。
我が子は聴力検査の意味が理解できず「判定不能」の判を押されてしまいました。
後でかかりつけの耳鼻科に行き、訳を話し時間をかけてゆっくりと検査していただきました。
そこのお医者様が「集団だとどうしてもソワソワして正しく判定できない事があります。」
とおっしゃっていました。集団検診の意味って何??とにかく就学検診から親と教育委員会、そして学校との
戦い(?)が始まる・・・。


教えてください 投稿者:ろくじら  投稿日:10月24日(水)23時36分32秒

息子は自閉症。ADHDの症状があります。
知的発達遅れがかなりひどいので、何考えてるのかわからないのです。
それでも、たいがいのことは受け容れて、親子関係はまあまあうまくいってると思います。
最近困っているのが、わざと悪いことをすること。
叱られる事を待っているような様子。
リンコさんの日記に叱られるときのスリルを求めているとか叱られた刺激が報酬とかっていう
のがあって、なるほどと思いましたが対応に困っています。
確かに、叱ってもまたやるのでエンドレス。無視しているといつしかやめます。
でも、無視しつづけることができない状況が多くて、どーも悪化させているようです。
息子はどんな気持ちだと思います?
どうしたら叱らないですむでしょう。
ちなみに、誉められる事も好きみたいですが、誉められようとする行為はわざとはしません。


いや 投稿者:M  投稿日:10月24日(水)23時52分20秒

>戦い(?)が始まる・・・。

それじゃ、どこかの国と同じような方向に向わない?
21世紀、今後、教育の在り方は間違いなく変っていきますよねぇ。
                  < ねぇ、関係機関各位様
                    
下記、特別支援教育の在り方についての各地教委の見解と理解を確認する方向で、
現時点でのベターな選択をしていくという姿勢を貫くのが有効なのでは?

就学健診自体は、義務ではないはず。だからパスする事も可能。
でも、
「集団では健診が難しい。でも個別なら可能。」
という情報を提供するのも特別支援教育を求める平和的な゛武器”だと思うのだけど。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/13/10/011010.htm


可能ならば、校医さんでね 投稿者:ケロ  投稿日:10月25日(木)00時12分22秒

>就学検診当日、欠席した子どもは個人で病院に後日行って、検診を受けるそうです。
>集団が苦手だったり、待ち時間が長いとつらい子どもには、後者のほうがいいですね。


昨年、自己都合で長男の検診が受けられず、耳鼻科と歯科と内科を個人で受けに行きました。
(聴力検査と視力検査と身体測定は学校の保健室でやりました)
耳鼻科と内科は近所のお医者さんが校医指定だったので「就学前検診で・・・」と記入用紙を
渡すと無料でした。
歯科はちょっと遠い所にある歯医者だったので、近所のところに電話で聞いてみたら
「一般の健康診断として診察料を頂きます」(1500円ほど)と言う事でした。
うちは自閉っ子でないので慣れた医者でなくても平気だから校医指定の歯医者まで行ったん
ですが。

発達検査は別の日だったのですが、親子分離でした。
5人ずつグループを作って、6年生がマンツーマンで手を繋いで連れて行ってくれました。
親は教室で待機でした。


あの季節なのね 投稿者:まつこ  投稿日:10月25日(木)09時55分30秒

私も当時心配で、第一、個別に就学相談をしているのに
「どうして受けなくちゃいけないのか?健診なら療育センターで
毎月受けているのでデーターはある。」
と、通知はがきの「問い合わせはこちらへ」に電話してみた。

一年先輩で養護へ行くと決めていた子も
地元校区で受けたことは知っていたけど。一応ね。f(^^;)

すると、
「就学前検診は法律に基づいて
就学する全児童に受けてもらうことになっています。」
といわれた記憶があります。

療育センターは福祉課。(しかも隣の市)
町の教育委員会がじかに責任もってやらんとあかんのだと。

例年、5年生がマンツーマンで誘導するんだと聞いていたので
「それは無理。うちの子の担当になった子に気の毒すぎる。」と言ったら、

今年から、保護者の付き添いにすることになった。というので
「うちは赤ん坊が生まれたばかりで、頼める人もいないので
抱っこしていきます。人が多いのも待つのもならぶのも大変です。
うちの子がパニックおこしたり急に走り出したりしたら
わたし一人では対処できないかもしれない。」と言ったら

優先的に受けられるように配慮します。
ということだったので、引き下がりました。

10/30 144人の子どもとその親とそのきょうだいで
わんさかわんさかの中で検診を受けました。
そしたら、障担(自閉症児指導の達人・少年入学時に転勤)が
ずっとついて、優先的にまわってくださいました。
おわりの方で周りの人の手前、「優先」しにくいムードになった時
先生がついてくださってこれくらいなら並べます、と申し出て
10分ほどは並びました。

身体健康面の検診以外では、次年度一年担任予定の先生(多分)による面談だった。
保護者はそのときだけ室外待機で、受け答えや行動を観察するの。
一人につき、せいぜい3分くらいだったけど、
高校でも入学願書を届けにくる生徒を受け付けるのは
次年度一年担任で、物腰やら人柄を見てるから、いわゆる情報収集だと思う。

:小学校の校長にお聞きしても、
:「検診をして、最後に私の面接があります。そんなに構えることは
:ありませんよ」と教えていただけませんでした。

カンガーさんの娘さんは、事前情報があればずいぶんがんばれるでしょうにねぇ……。

ちゅうことは、反対にそういう配慮があるとないとでは
全然違うんだという証明にもなるわけで。
しっかりトラブッたとしても、娘さんの困難さが学校側にわかった方が
カンガーさんが入学後に求める配慮の意味が受け止めてもらえやすい可能性もあるよ。


(無題) 投稿者:sara  投稿日:10月25日(木)11時36分44秒

就学児検診って、同じ地域でも、10年で変わっていました。
9年前は、内科的検診(アーンしてくらいでした)以下親は別室で
あとは、発達テスト・・・と言うほどのものでもないくらい。
(質問、絵をみて、線路を走るものは?自分の名前・両親くらい)
6年生が何人かで、5−6にんに付き添ってくれました。
他動でどこ行ってしまうかすごーく不安でしたが、何とかなりました。
6年生に「この子どこに行ってしまうかわからない子だから、よろしくね!」と。
その後、お話したい方だけ、校長先生とお話する・・・でした。
別の日でもかまわなかったようです(うちはそうしました)

でも、ここ2−3年で、発達テストもどきは、無くなりました。
(地域内すべてで)
どんどん変わっていきますね。
様子を教育委員会や学校に聞いてもいいかな?と、思いますが。
それだけで、ん?と、向こうが構えることはないと思います。
いろいろな親ごさんがいますから・・・。



皆様 投稿者:カンガー  投稿日:10月25日(木)13時10分53秒

たくさんの情報をありがとうございました。
とても参考になりました。
全国的にかなり近いことをやるようで、安心しました。
何も起きなければ、ラッキーだし、何かあっても、

>しっかりトラブッたとしても、娘さんの困難さが学校側にわかった方が
>カンガーさんが入学後に求める配慮の意味が受け止めてもらえやすい可能性もあるよ。

こう思う事で、落ち込まずにすみそうです。
親が辛い思いをすることは、慣れているし、覚悟も出来ているけれど、いろいろなことがわかってきている娘が「失敗してしまった」という心の傷をつくらないように、それだけが心配です。


ウチは 投稿者:ひいろ  投稿日:10月25日(木)14時13分12秒

行かないつもりです、就学検診(笑)
ウチは現在就学相談の真っ最中なのに、案の定お手紙がきたので電話してみました。
そうしたらあっさりと「受けなくてもいいです」との事。
「配慮しますので、いらして下さい」なんて言葉はなしでしたよ。
大好きな保育園を早退してまで行かせる必要性を感じないので、行かせない事にしました。


なんとか、配慮して欲しい。 投稿者:さくらんぼ  投稿日:10月25日(木)17時00分48秒

うちにも来ました。就学検診。「とうとう来たね、いやだね。」が合い言葉。
先日、地域の小学校の先生から、「普通に受けてくれて、いいんですよ。どうぞみんなと一緒にね。」と声がけされて、「わかりました。」と笑顔で答えておいて、心の中では、「風邪になってやるぞ。」と思っていた。

普通に受けられれば、いいんだけど、人ごみ嫌い、多動、いろいろあります。
でも、言っても無駄な事は、わかっていました。(どうしてって?そりゃあ、いろんな経験ありますから。)
いろんな意見を言って、けんかするより、風邪になろう。円満解決。このごろ、消極的になりつつ
ある自分を感じます。



私はケンカする予定(笑) 投稿者:ひいろ  投稿日:10月25日(木)17時37分21秒

言わなければいつまでたっても変らないから。
ただ「子供に負担をかけてまではやりたくない」と思ってるだけです。
ただいまデータ収集中です。・・そしてあらゆるところに地雷をしかけている最中です(笑)


夜泣きは睡眠障害の1つなんですね 投稿者:かっぱちゃん  投稿日:10月25日(木)18時26分31秒

いまだ週に2回くらいは夜泣きをしてくれるので慢性睡眠不足。
眠いのに寝られない、寝られないから泣く、パターンはこれ。
泣くから寝られないし、だっこしても背中さすっても受け付けない。
ヒステリックな泣き声が夜中のアパートに響いてます。
寝ていても夢でも見てストレスを感じて泣いてると思ってました。
穏やかな時間を親子で夢見ながらその間すごしてます。
ちゃんと起こしたほうがいいのかな?無理やり起こすのもすごく
大変だったし、かといってしつこく泣き続けられるのも疲れるし。
最近ひたすら無視する作戦にしていますが状態は変わりません。


就学時検診 投稿者:みんみん  投稿日:10月25日(木)19時52分54秒

何か、過去の忌まわしい思い出ですが・・・
3年前の就学時検診の時、小学校の体育館に名前順に並んで席につくのです。その席にはいろんな書類がおいてあって、点呼をとってから、内科やいろいろするんだけれど・・うちの子の席には明らかに人と違う色の名札カードが置いてありました。その、カードの大きさはB5版位だったかな、皆が首からぶら下げて検査に行くのだけれど(親も同伴可だった)カードの色が違うでしょ。どこの人も、何故この子の色は違うの?なんて目でじーっと見るのです。ご丁寧に、その色のカードの人は、面接があるので残って下さいなんてスケジュール表に書いてあるから、将にさらし者状態。何とも言えぬ2〜3時間の事でした。
色の違うカードの子供は、事前に幼稚園でチェック済の子供でしょうが、うちの子供が検診を受けた時は2人だけだったです。
その後は、教育委員会のお呼び出し。いろいろありました。


就学児検診 投稿者:大ママ  投稿日:10月25日(木)21時01分44秒

うちは、6年生が新1年生を5人ずつ連れて、まわるそうです
親が付いてまわってもいいですよ・・・・と言われていますが

内容がよくわからないので、本人に説明ができなくて、私も困っています


さてさて 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月25日(木)22時20分53秒

うちは、1ヶ月先です。<就学時検診

全部、親同伴で町立の病院で一気に行われます。
小さな田舎町なので、全員顔見知り状態。
こくっぱは2年間、他市まで療育施設に通いましたから、お久しぶりのご対面です。
実は今から、とっても楽しみ。
大騒ぎしようが、大騒動になろうが、思いきり堪能してくる予定です。
ありのままのこくっぱを見て欲しいので。


えっ!! 投稿者:M  投稿日:10月25日(木)22時27分37秒

>うちの子の席には明らかに人と違う色の名札カードが置いてありました。

信じられない暴挙!!
そういう理由なら、戦闘宣言も許します。
            < あのねぇ・・・・。

地域、学校によって違うのかもしれないけど、
就学時健康診断時には、まだ次年度担任は決まっていないのが普通だと思うよ。
担任は、新転任者が決まる時期でないと確定できないから。


就学前検診 投稿者:ちびくまママ  投稿日:10月25日(木)23時45分08秒

校長先生が
>「そんなに構えることはありませんよ」
とおっしゃったのは、カンガーさんが「我が子をできるだけ『普通』に
見せようと、準備をする気かも」と勘ぐったからなのかも、と
ちらっと思いました。
実際に、「障害児学級を勧められるのが嫌だから」という理由だけで
検診を欠席したり、我が子を「特訓」する親御さんも
いないわけではないからです。

>ありのままの娘を見てもらえば良い
という、カンガーさんの思いと、
>自閉症の場合、知らない場所で、これから何をするのか、
>情報のないままでは、負担が大きい
という事実とを、もう一度学校にお伝えになってみてはいかがでしょうか。
学校の方針は、学校長によって随分違ってきますが、実務レベルのことは、
よく知らない、という可能性もあるので、教頭先生に聞いてみるとか。

まだ時間があるから、せめて会場の下見だけでもさせてもらえるといいのにね。
当日、早めに行けば、若干心の準備をする余裕があるかもしれませんが。

それで駄目なら、ハガキに「お問い合わせ先」の記載があれば、
そこに電話すれば、母子分離かどうか、検診は何科目くらいか、
くらいのことなら教えてもらえるかもしれません。
なに、理由はなんとでも。「お医者さんを怖がる子どもですので、
少しでも予備知識を与えておいて、安心させてやりたいんです。
学校を、怖いところだと思ったり、キライになっては困りますから」
なーんてね。あ、これ、学校にも使えるかも♪

ちなみに、うちは、就学前検診の時には、既に障級入学が内定して
いましたから、むしろ「学校のお手並み拝見」くらいの
かるーい気持ちで行ってしまいました。

受付で障担が待っていてくれて、帰りに校門を出るまで、
ずっと付き添っていてくれました。
受付順に受ける診察の、1番と2番は、障級の子2人の為に
予め確保してあって、待ち時間が出ないように工夫して
ありました。
早くから来ている人たちを追い越して
部屋に案内されるとき、障担が、並んでいるお母さんたちに、
「検診はわかばの子が優先ですので、よろしくお願いします」と
一言挨拶してくださいました。
もう1人のお子さんはかなり多動が激しいタイプでしたが、
お医者さんの準備がOKになる寸前まで、カーテンをひいた
保健室のベッドの上で飛び跳ねながら待つことが
許されていました。

うちの市の場合は、結局内科だけ(障級でない子も)だったので、
それこそ拍子抜けするほどあっという間に終わってしまいました。

なにも言わなくても、これだけの配慮をしてくれる学校は
そうはないと思います。でも、この学校だって、初めから
そんなことを思いついたわけではないでしょう。
きっと、毎年やっている中での、トラブルや、親からの要望や、
先生の反省が積み重なって、こういうノウハウになっていったのだと
思います。それを思うと、「自分の子には間に合わないかもしれない」ことを
知りながら、敢えて要望を出したり、ケンカ?をしてくださった、
会ったことのない親御さんたちに感謝しなければ、と思いました。

で、私も、校区の学校に働きかけを始めました。
もちろん、息子をそこに通わせるつもりはないのですが、いつまでも
自閉の子を受け容れる土壌のない学校でいてもらっては困りますからね。

カンガーさんが今お考えのことは、決してお嬢ちゃんのためだけでなく
他のお子さんにも役立つことだと思いますよ。
やれるだけのことはやってみて、
「万が一転んだって、ただでは起きないぞ」という気持ちでいきましょう。
学校は、これから、末永く、そして友好的に付き合っていきたい相手ですから。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


「感覚統合訓練」情報。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月26日(金)06時19分50秒

日本感覚統合障害研究会ホームページに、
地域別相談窓口が、掲載されています。


ろくじらさんへ。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月26日(金)07時55分39秒

>最近困っているのが、わざと悪いことをすること。
>叱られる事を待っているような様子。
まず、「叱られている/してはいけないことをやっている」ということが本人に分かっているのでしょうか?
ウチの長男もADHDが合併しているアスペルガー症候群ですが、意思の疎通が全くできなかった頃は、「叱られている」ことが分かっていませんでした。そのうち通りすぎる嵐、という程度の認識しかありませんでした。

>確かに、叱ってもまたやるのでエンドレス。無視しているといつしかやめます。
よくあるケースを、以下にあげます。
まず、叱っている時の人の顔や様子から相手(親)が怒っているということがわからず、むしろその表情などが面白いので、またそれを見たいと思っている。
また、誉める時の顔よりも、叱る時の顔の方が普段の時よりも変化がハッキリわかるので、それを求めている。
それから、誉める時よりも叱る時の方が、相手が真剣でその雰囲気が伝わって来るので、それが楽しいと感じている。
或いは、自分の意思が上手く表現できないので、叱られることで相手を自分に注目させ、それをコミュニケーションを取る手段だと学習してしまっている。

>でも、無視しつづけることができない状況が多くて、どーも悪化させているようです。
>どうしたら叱らないですむでしょう。
やったことが「その場の状況にふさわしくない」ということを、本人に伝える方法を見つけることが先決だと思います。
今のところは、一般的な"叱る"という行為は、本人にとってはそういう意味に受け取れていないのだと思います。


ペンギンさん 投稿者:ろくじら  投稿日:10月26日(金)08時53分48秒

ありがとうございます。
これをすると「ハッ」とさせられるということがわかっているだけで
悪い事とか叱られていることはたしかにわかっていないかもです。
そういうふうに考えた事はなかったので、これからまた考えてみます。

どうやって教えればわかるのでしょう。
とほほ。


ありのままで 投稿者:カンガー  投稿日:10月26日(金)09時31分18秒

私もあれからいろいろ考えました。
6年間という長いおついあいを考えると、どうするのが一番いいのでしょう。
6年って長いですよね。
娘が生まれてから、今までと同じくらいの長さです。

学校とは、けんかしたくないし、できるかぎり、娘のことはわかってほしい。

自然にまかせて、このまま検診を受けることにします。
療育センターやクリニックでは「普通学級」と言われていますが、現場の先生から見たらどうなのか、知りたいところです。
慣れない場所で、どこまでやれるか、親としても知りたいですね。
負担がかかってかわいそうと、今まで守る事ばかり考えてきましたが、普通学級で本当に大丈夫か(検診だけでわかるとも思えないけれど)、そういう部分も含めてちゃんと見てもらった方がいいかもしれません。
そして、検診の結果を前にして、ゆっくり話し合って行きたいと思います。
娘のために、そして後に続く方々のためにも...。

それにしても、

>うちの子の席には明らかに人と違う色の名札カードが置いてありました。

もし当日、こういうことがあったら、けんかしちゃうかもしれないなあ。
「皆と同じ色の名札にしてください!」って職員室に怒鳴り込んじゃうかも...。


ウチの場合。 投稿者:ペンギン  投稿日:10月26日(金)09時49分33秒

(何度も同じことを書いて、すみません。←前から見ている方々に、一言。)

まず、最初は、当時本人が唯一理解していた「信号」を使いました。
{赤だけがついている信号}と{青だけがついている信号}の絵カードを作り、「赤の時は、横断歩道を渡らないこと」を理解しているかどうか確認してから、さしあたり「今やっていることをやめる=止まれ」の合図にしました。この段階では、善悪ではなく、ただ単に「止まれ!」という意味でしかありません。
次に、{×マーク}を理解していることを、
「通行止」の標識などで確認。(ウチの長男は、/も×も一緒で、どっちも「ダメ」で通用した。←こういうところにウルサイ子どもだと、これは使えないでしょう。また、もともと「道路標識」が好きで、道を歩く=「道路標識」を見るだったので、それを利用しました。)
この時点でも、まだ善悪の理解には至っていません、とにかくその行動を「今は・止める」ための記号でした。
それが、「腕バッテン」や「指バッテン」になり、とりあえずこれが出たら「今は・止める」。次が、手をパーにして出す、睨みつける・・・で、現在に至る。
「善悪の理解」は、小3ぐらいになってから。(なにしろ、知的ボーダーだし学習障害もあるので。)


ここを読んで思う事。 投稿者:さくらんぼ  投稿日:10月26日(金)19時37分41秒

私は、めいっぱい就学検診について特別扱いされたい派で、それは、息子が重度自閉症ということもあるのですが、
ここを読んで、特別扱いがいやな派もあることを知りました。
うちの息子にすれば、ほんとうに、名札なんかがあるとすれば、「自閉症。」もしくは、「対人
、環境、過敏症。」とでも書いていて欲しいくらいです。
名札の色が違っていたら、「配慮してくれてるんだ。」なんて、のんきにかまえてしまうかも。

検診の際、配慮してもらうことの難しさは、特別待遇をよろこばない、軽度の障害の親の意見もあるからなのかな。とここを読んでいて思いました。
もちろん、軽度の障害の方からみれば、当然のことだと思います。しかし、うちの場合は。なんて
思います。
ケースバイケースで考えることは、決して、障害者差別には結びつかないと思いますんですが。
いろいろむずかしいのかな。


>さくらんぼさん 投稿者:リンコ  投稿日:10月26日(金)21時57分04秒

点字の読める盲人には点字が必要だけど、弱視の人には拡大文字が、「ろう」の人には手話通訳が必要だけど難聴の人(の一部)には磁気テープが、中途失聴の人、一部の難聴の人には要約筆記が、というように、必要なサービスの種類がちがうというだけのことです。

そして、拡大文字の標識を設置するためには、既存の点字の表示を必ずはがさなければならないわけではないし、

手話通訳者を追い出さなければ磁気テープを導入できない、なんてこともありません(現に、この間私が参加したある勉強会では、磁気テープもあり、手話通訳と要約筆記が両方行われていました)。

拡大文字の標識が普及しないのは、点字の利用者の罪ではないし、磁気テープの利用が普及しないのは要約筆記の利用者の罪でもないし。

逆に、拡大文字の標識の設置を求めている人たちは、決して、点字をひっぺがせ! と訴えているわけでもない。


と、 投稿者:リンコ  投稿日:10月26日(金)22時25分16秒

あわてて筒を挿入しました(笑)
軽傷を負った11人はやたら元気で、バスの中で宴会をしています♪

不愉快な思いをされた方、ごめんなさい。


いじわるだけを言って去るのも申し訳ないので、 投稿者:リンコ  投稿日:10月26日(金)22時35分47秒

お詫びに、オススメリンクを紹介しますね。
けっこう有名な文章だから、もう見たことのある方は多いと思うけど、ご存じだった方はお許しを。

http://ehrlich.shinshu-u.ac.jp/tateiwa/1990/971228kt.htm


就学時健康診断 投稿者:理尚  投稿日:10月27日(土)00時37分38秒

これは難しい課題です 暫く書き込みをためらっていました
つくづく 秋は 保護者が 越えなくてはいけない大きな1つの山場なんだなーと 感じています
反対運動があるのも承知していますし しかし 全てのお子さんが 実施されるデーターを個別に取りそろえて提出と言うのも 大変でしょうし・・・

就学時健康診断の時に 色のちがうカードが用意されていたとのこと
驚きました これは人権問題で訴えられかねない事態です
とくべつの配慮が必要なら もっとちがうやり方が有ると思うが・・・

本校では 月末に実施
保護者は控え室で待ち 5年生が付き添う。
事前の情報が有ればそれなりの配慮が出来るが 出たとこ勝負なので 5年生が苦労している場合も有れば しっかりした就学児に救われている5年生もいる
実は 健康診断中に あまりに集団行動がとれなかったり 発達上の問題が有りそうだと どこかの段階で判断されると 私の所にやってくる形に成っている
校長先生との面接の前・・
これは正直言うと結構しんどいお役目だが 誰かが やらないと先生達が不安になって仕舞うので引き受けている

東京の場合は 近くにたくさん学校があるので 他校で実施したとき休んだ子が来たりもする
必ずしも受けた児童が全て入学するわけではないし 欠席した児童がいた場合 別の日を用意したり 他校に入学する場合は データーを相手校に送ったりもする 調整は 保健主任と養護教諭の役目

とりあえず来年度入学予定のお子さんとの 初めての出会いで そこからのスタートなので
保護者としての要望やお子さんの様子を伝えるきっかけにすると良いと思う 
当日 結論めいた物を得ようとか言うのはとうてい無理で(時間的にも)
「相談したいことがある」事を 保護者の側から申し出るのが得策と思う
おそらくは 後日ゆっくり時間を と言うのが一般的な答えだと思うので 当日は あまり構えない方が良いでしょう
実体を知らないと学校側でもが打てないと言うのも事実ですし 
集団で不安になる傾向が強いお子さんを 必要以上に無理をさせることもかわいそうですしね・・・
やはりまとまりませんね 私には難題でした
 
 

 



ねぇ、 投稿者:M  投稿日:10月27日(土)08時01分08秒

理尚しぇんぱい、
 
 ね、そうでしょう。
     < うん? 何が?


リンコしゃん、

交通事故、1ヵ月近くの治療を要する場合も軽傷っていうんだよねぇ。
その11人、やたらに元気そうに騒いでいるようだけど、
「無理はいかんよ。
 痛いものは痛いって訴えて良いんだよ。」
って伝えておいてね。

うん、でもまあ・・・
リンコ氏のこのごろの危険回避力の大幅アップは、
理屈抜きで、私も、うれしいのだ!!


おっと、新たな訪問者さん達には意味不明?
過去ログを探したけどみつからない。
リンコさんちの9月3日の日記を参照してくださいませ。

            さ、週末は(も?)潜伏なのだ!!
            行ってきま〜〜す。

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/010901.htm


ハグマシーン 投稿者:まつこ  投稿日:10月27日(土)08時29分19秒

日本感覚統合障害研究会ホームページへ行ってみました。

ハグマシーン、私も体験してみたいなぁ。
これ、たんぽぽ学級にあったらいいのに。
運動会の後、音楽会の練習が始まって、
昨日は同和参観で「しばてん」という辛く悲しい話に
少年はずっと笑いパニック……。
この頃ぐんと減っていたのに、一昨日・昨日と
はっきりわかるフラッシュバックもあったらしいです。

今日はのんびりしよう……。


ハグマシーン  投稿者:ペンギン  投稿日:10月27日(土)10時25分47秒

"自閉症児・者"と書いてあるからには、大人も入れるのだろうか?
東京に行く用事ができた暁には、社会医学技術学院(東京都小金井市)に寄ることを、真剣に考えている私であった。


はい、でも、 投稿者:リンコ  投稿日:10月27日(土)12時55分29秒

団体旅行のバスって、たいていみんな、おつまみやお酒をたくさん持って乗っているでしょう。そして、車内には、「マイク」がある。

おつまみとお酒とマイクがあったら、どうもこの、下世話な連想しかできませんで(^_^;)

掲示板過去ログ案内に戻る