2001年11月その4
ADDとADHDの違い 投稿者:象屋敷  投稿日:11月15日(木)23時27分01秒

ADDは多動がない注意欠陥障害のことでADHDは注意欠陥他動性障害とのことだと
思いますが確信は持てない。Attention−Deficit/Hyperactivity
DisorderがADHDですのでHyperactivitiyがないのがADD?


ありがと〜 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:11月16日(金)05時24分01秒

>まつこさんへ

 そうですね。
>娘さんの幸せのためにはどうするのが一番いいのか
。。。という事を忘れないようにしとかないと!

>その泥沼は名のある河の神様の仮の姿かもしれませんよ。

 素晴らしい皆様のおかげで、この掲示板でも高価な薬湯札を沢山手にすることが
出来るのですが、(別に、皆さんが「カオナシ」ってワケじゃ〜ないんですよ)
もっとも効果があがるよう、どの薬湯をどのタイミングで使うのか、順番は?
混ぜるのか? 比率は? 等は、私ら夫婦次第。
せっかくいただいた薬湯札を効果的に使えるよう、自身も成長しなくちゃ。。。
と思っています。それにはまず「ポジティブシンキング」ですね。


確か。。。 投稿者:きゃしーきゃっと  投稿日:11月16日(金)05時26分05秒

 「きみはペット」も「KISS」に連載中。
↓で書いた漫画と一緒に読んだ覚えがあります。


ADDとADHDの違い・2 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月16日(金)05時48分15秒

>ADDは多動がない注意欠陥障害のことでADHDは注意欠陥多動性障害とのことだと

そういうことですね。
ADHDは以前、ADDと呼ばれていました。
その後、多動という症状も加えられたので、AD「H」D。注意欠陥「多動性」障害。
現在では、ADHDの中には多動のない不注意だけのタイプもある、ということで
適応範疇を広げる意味合いで「ADD」という名称を使うことがあるようです。

例:『分かっているのにできない脳』 花風社
    ここでは、ADHDはすべてADDと呼ばれています。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ありがとうございます 投稿者:りん  投稿日:11月16日(金)13時13分42秒

象屋敷さん、朝倉玲さん、わかりやすい説明ありがとうございました。
多動がないけれど注意欠陥障害・・・なんかあてはまりそうな気がします。


もう一つ、 投稿者:リンコ  投稿日:11月16日(金)14時40分53秒

英語圏でADHDの概念が普及した時期、正式名称はADDだったんです。だから、そのときに診断を受けた人たちは、「あなたはADDですよ」という告知を受け、「自分はADDなんだ」と理解して納得し、そう名乗るようになったし、その当時に立ち上げられた親の会や本人の会や、設立された専門個人病院や民間療育機関などは、固有名詞に「ADD」という名前が入っているところが多いんですね。(当時は、多動のない人の存在はあまり知られていなかったし、不注意優勢型の人はめったに診断されることはなかったから、彼らのほとんどが多動タイプですが)

その後、専門家の世界で使われる名前が「ADHD」に変えられたけど、「あなたはADDですよ」と言われ、「自分はADDなんだ」と思い、必死で仲間を探し当てて「ドコソコADD助け合いの会」を立ち上げて運営にあたり、知り合いの先生が「ナントカADDクリニック」を開院するのを間近に見てきた人たちからしたら、「いきなり雲の上で名前が変わったってねぇ〜。ぼくには関係ないや」って感じがあるだろうし。

そんな事情から、「ADHD」という名称に反発を感じる人も、中にはいたりするからややこしい。新名称に反発を感じるというよりは、「当事者のニーズから発した変更ではなく、学者同士の話し合いのせいで自分たちが名乗るべき名前が変えられる」という構図に反発してるだけなんですけどね。


皮肉なことに、 投稿者:リンコ  投稿日:11月16日(金)14時59分27秒

名前に「多動」が入っていなくて、「注意欠陥障害」と呼ばれていた時代は、ほとんど多動のある人しか見つかっていなかったのに、「多動のないタイプ」が注目されるようになり、どんどん見つかるようになったころに、名称には「注意欠陥/多動性障害」と「多動」がつけ加えられたんですね。何かイロイロ理由はあるみたいなんだけど。

で、「ADD」という言葉の使われかたには、2通りあります。

一つが、多動のないタイプを区別してADDと呼ぶ使い方。
もう一つが、ADDという旧名称を使い続ける使い方。

2つ目の、「旧名称継続」にも、人によって動機はいくつかあります。
一つが、「ADDと言ったほうが通じるから、通りのいい方を使って、即、納得してもらう方が便利ではないか」という理由。「ADHDって何?」と聞き返されて、「あ、ADDのことですよ」と答えたら、「あ、なんだ、ADDのことですか」と言われたり、なんてことが(英語圏では)あるから。

2つ目に、下の書き込みのラストでちょっとふれた、「本人たちの自称名称の変更は、本人主導であるべき。国の名前を、外国や国連なんかが変えるようなことをするのは失礼」という人。

3つ目が、「多動のない人を取りこぼさないようにするには、名前に『多動』は入れない方がいい。それでなくても多動のない人は症状が目立たなくて受診につながりにくいのに。また、多動のある人(特に子どもたち)でも、本人は不注意にだって悩んでいるのに、多動さえおさまってはた迷惑でなくなれば事足れりとされるのはかわいそうだし、危険だ。はた迷惑にならない症状にもケアが必要であることをこれから周囲に啓蒙していかなくてはならない時期に、名前に『多動』が入っていると、(手抜き方向への)誤解をうむ」という考えかたから「ADD」を使う人。『へんてこな贈り物』(インターメディカル社)のエドワード・ハロウェル、ジョン・レイティ両博士はこの考えかたです。この立場の人たちの中には、正式名称の変更を提案している方がけっこういるし、中には正式名称の変更をにらんで実際に積極的に動いている人もいます。


こんにちは 投稿者:おく  投稿日:11月16日(金)15時29分41秒

九月に一度お邪魔させていただきました。五歳と二歳の障害児を持つ母です。
平成八年三月生まれの長男は、来年就学を迎えます。
障害名は自閉症→ADHD→精神発達遅延→なんかわからん・・で現在に至っています。
療育手帳の軽度を持っています。平仮名は読めますが、不器用で書けません。
就学を控え、養護学校の教育相談の先生と話し合い、特殊教室を希望し、教育委員会を三町まわって、一番熱心に話を聞いてくれ「絶対特殊教室を設置します」と請負ってくれた町に引っ越して、就学テストに備えました。(田舎なので近辺に障害児教室がなかった)。
夏休みに息子のことをお願いに行った校長先生も理解ある先生でした。
町も予算を県にあげてくれました。
しかし、今になって県から予算がおりないかも・・と言われてガーン!!です。
県の教育委員会が主催する就学指導の巡回会に出向いて、担当者に涙ながらに訴えましたが「予算がありません。私に権限はありません」の一点ばり。
この先どうなるのかなあ・・とっても不安です。
こういうときは、どこに相談・あるいはお願いすればいいのでしょうか。
なにかご存知の方がいましたら、教えていただけませんか?


Mさん 投稿者:理尚  投稿日:11月16日(金)19時40分03秒

ソーシャルスキル絵カード 4 が納品されました 
家の事務さん ちゃんと 約束通り 予算執行 
以前だと毎回 発注書を出さねばならなんだ・・
次の 5 は いつ?


リンコさん 投稿者:りん  投稿日:11月16日(金)22時53分43秒

>一つが、多動のないタイプを区別してADDと呼ぶ使い方。
>もう一つが、ADDという旧名称を使い続ける使い方。

むむむー。だからややこしかったのか・・・。
参考になりました。ありがとうございます。


o(^-^)o 投稿者:M  投稿日:11月16日(金)23時24分51秒

まいど、おかいあげありがとうございま〜す。

>次の 5 は いつ?

5は、12月の中旬ごろ、遅くても本年中には出るとおもいます。

ところで、
今回の4、色々な場面で使えそう。

自分がしている事、するべき行動を意識化させると共に、1日の流れに見通しを持た
せたいというのがこの教材作成の意図だったのだけど、
考えていた4つの使い方(下記URLの一日の生活の絵カードの項参照)のうち、 
(3)と(4)が面白い。   

(3)一つひとつの行動や様子のお話をする。
     →(例)「朝ごはんに、パンとウインナーと目玉焼きと野菜を食べました。」

(4)その状況について思い出したり考えたりしながら説明をする。
     →(例)お母さんと一緒にスーパーに買い物にいきました。

例えば、今まで
「朝ごはん何を食べて来た?」という質問に、
「忘れた。」
としか答えられなかった子が、朝食のパンの絵を見せながら話すと、
「パンと違って、ごはんとみそ汁だった。」
等と言うふうに話してくれたり・・・ね。
言遅の子だけでなく構音の子のフリートーキングのお共?にもお薦めできそう。
上靴に履き替えたり、ランドセルをロッカーに入れたりの細々とした手順まで絵にしてある
のだけど、自分が毎日している事をあらためて絵で確認するという作業が面白い様子。

でも・・・・、この前、
「体操服から服に着替える所は?」
と痛い所を突かれてしまった。
服から体操服に着替える所はあるのだけど、その反対はカードの枚数の加減で省略して
しまっているの。子どもの目はシビア。
そうよねぇ・・・、
着替える為に、毎回、貴重な遊び時間がつぶれている。省略するのはズルイという発想も
当然かも・・。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/ssttukaikata.html


(3)はクリア! 投稿者:みっき  投稿日:11月17日(土)00時30分37秒

>(3)一つひとつの行動や様子のお話をする。
     →(例)「朝ごはんに、パンとウインナーと目玉焼きと野菜を食べました。」

うちの娘が小1だった頃の話。
毎朝、クラスの朝の会で、娘は聞かれもしないのに、我が家の朝食メニューを発表。
「今朝はピザトーストとヨーグルトとキウィを食べました。とても美味しかったです。」
という具合に。
そのうち、クラスの友達が先回りして、うちの娘に「今朝の朝食は何でしたか?」と
朝の会で尋ねるようになったらしい。
学校に用があって、担任の先生にお会いしたとき、「今朝はピザトーストと…(略)だったそうですね」
と言われ、初めて娘がそんなことを発表してることを知るにいたって、顔から火が出そうでした。
クラス中が、うちの朝食を知っている!(笑)

確かに、「朝の会でも、終わりの会でも、自分の思ったことを手を上げて発表しようね」
と言ったのは私だが、何も朝食を発表しなくても…。
その日以来、朝食は手抜きできないどころか、1品増えたことは言うまでもありません。(笑)


本の紹介。 投稿者:ペンギン  投稿日:11月17日(土)10時51分14秒

『−社会性とコミュニケーションを育てるー自閉症療育』   
テンプル・グランディンさんが紹介した、「絵で思考する」という自閉症児の思考方法に沿っ
て、本人の段階に応じて、本人に通じるコミュニケーションを成立させるための技法が詳しく述
べられています。そして、大切なのは社会化を促すこと、とも書かれています。(TEACCHにも採用されているそうです。)

参考までに、目次からいくつか。

コミュニケーションを高める。
○言葉のない自閉症の子どもたちのコミュニケーション能力を高める。
○反響言語のある子どもたちのアセスメントと療育的介入。
○言葉のある子どもたちのコミュニケーションを促進する方法。
○子どもの社会コミュニケーション的やりとりを高める。

社会化を促す。
○子どもの遊びを高める。
○社会的状況の「読みとり」を自閉症の子どもたちに教える。
○環境的援助で柔軟性と自立性を発達させる。
○視覚的コミュニケーション援助を用いて社会行動上の問題を解決する。
○絵を用いた認知的リハーサル:自己コントロールを教えるシステム。

(松柏社刊/Amazonで買えます。)


おくさん 投稿者:ひいろ  投稿日:11月17日(土)13時23分13秒

ひいろです。

>就学を控え、養護学校の教育相談の先生と話し合い、特殊教室を希望し
>教育委員会を三町まわって、一番熱心に話を聞いてくれ「絶対特殊教室を設置します」と
>請負ってくれた町に引っ越して、就学テストに備えました。
>(田舎なので近辺に障害児教室がなかった)。

とありますが、お住まいの近隣のどこにも特殊学級はないという事ですね。
それで、1番親身になってくれた校長のいる学校の近くに引っ越したという事ですよね。

>しかし、今になって県から予算がおりないかも・・と言われてガーン!!です。

以前に確かここで話題なってましたよね。
特殊学級は予算の関係上、すぐには設置できないというような事を。
ちょっとあとで確認します。

現実問題として、これからどうすればいいのかは、おくさんが
「子供をどういった環境におきたいか」によると思いますかので
私には何とも言えませんが、例えば
「親身になってくれた校長にお願いして、そこの学校でできる限りの配慮をしてもらう」
という事はできないでしょうか?校長先生はなんと言っているのですか?
引っ越せる範囲に特殊がない場合は、こういった選択が現実的ではないかと。
特殊学級というのは制度上の事ですから、先生たちが子供の特徴をわかってくれて
受け入れる準備があれば、それは事実上の特殊学級ではないかと思うのですが。


ありましたよ 投稿者:ひいろ  投稿日:11月17日(土)13時29分54秒

私は都会なので、心障クラスの増設の事はよく知らなかったので、ほーっと思ったのよねー。
おくさん、下記アドレスの過去ログに載ってます。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/0106gatu2.html


予算は県議会で…… 投稿者:まつこ  投稿日:11月17日(土)14時12分52秒

>一番熱心に話を聞いてくれ「絶対特殊教室を設置します」と請負ってくれた町に引っ越して
>町も予算を県にあげてくれました。

これをクリアしていることが大切です。

後は県議会で予算申請が承認されるかどうかまで誰にも確約はできない、
という建前があるようです。

>県の教育委員会が主催する就学指導の巡回会に出向いて、
>担当者に涙ながらに訴えましたが「予算がありません。私に権限はありません」の一点ばり。
就学指導の巡回相談員は「子どもの状態」に関しての相談を受ける人なので
教育行政方面の情報はつかんでなかったのかもしれないですね。

不安ですよねぇ。こういう、「お役所的」な対応で心労が何倍にもなるんです。

私は、何度も町の担当者と話すうちに
「本当に3月の県予算成立まで、見通しが立たないんじゃ、町の方も困るんじゃないんですか、
その辺の情報は内々に入らないんですか?」と
食い下がったら、ここだけの話、と前置きして
「実は、先日、県のその担当者と友人なんで、たまたま飲み行くことがあって
『お前とこは町全体でのクラス数の増減はないし、大丈夫やろ』とは、いうてました。
でも、私が今ここで確約はできないんです。」…………だそうですよ。

おくさんの場合、
県でもしも、もしも、障級設置が認められなかった場合は
保護者としてできる限りのことをしてこられて
それに答えるといった町の予算で障級・加配教員を約束してもらうのはどうでしょう。

本当に県に申請した町の教育委員会の人が障級増設の可否の感触をつかんでいないのかどうか
もう一度本音のところで確かめてみて、もしも県予算で障級設置されない場合は
町教委はおくさんのお子さんの教育の場をどのように確保する計画なのか
尋ねてみましょうよ。
「確約はできません」だけじゃ、納得できないって。ね。


む、難しい・・、 投稿者:M  投稿日:11月17日(土)20時12分56秒

ハードの話しはパスね。
私は、ソフトで勝負します。 
          < だれと? 

>初めて娘がそんなことを発表してることを知るにいたって、顔から火が
>出そうでした。

ハイジちゃんの担任になりたかったぞ。
内緒で夕食のメニューも聞いて、献立の参考にさせてもらうとか・・。


うちの娘の家、
その母親という人が食にはほんと無頓着で、朝食も超手抜き。
お弁当も作ってもらえなくて中学生ぐらいからずっと自作らしいのだけど、
ごはんとしおこんぶ、ふりかけ、ふ〇っこのお豆さんをつめ込んで一言。
「おぉ、栄養不足満点!!」

あの母親にしてこの娘あり。
                 < うん??
            
しか〜し、
ハイジちゃん、これから悪い人に騙されないように
この世の中のルールとか常識とか悪意の存在とかをしっかりレクチャーしてあげない
といけないね。

  < みっき母さんの実年齢とか他の秘密とか、何の疑いもなく人に話してしまい
    そうだもんねぇ・・・。


12月刊行の本の紹介。 投稿者:ペンギン  投稿日:11月17日(土)20時48分32秒

書名 ぼくのアスペルガー症候群 
   − もっと知ってよぼくらのことを
著者 ケネス・ホール(十歳[当時])
訳者 野坂悦子
出版社 東京書籍
定価: 本体1300円(税別)
発行日 2001年12月15日

みなさま、早速、本屋さんに予約しましょう!←出版社の回し者ではありません。


たった今、 投稿者:M  投稿日:11月17日(土)23時22分32秒

”「カエルの子はオタマジャクシ」絵本化促進委員会”を勝手に立ち上げました。
                < 会員は私ひとりです。

加入希望者にはもれなく下記3つの”権利”が発生します。

(1)下記フォームに感想を送る
           →作者に送信され、その後、出版会社との交渉の資料に
            使われる予定。
(2)知人一名以上に絵本を読んでもらい可能なら上述フォームで感想を送ってもらう。
(3)行き付けの掲示板でこの絵本の事と、この勝手に絵本化促進委員会の活動の事を
   紹介する。

  ”権利”です。 義務ではありませ〜ん。 ヽ(^^ヽ) (ノ^^)ノ
          でも、実現させたいね、絵本!
     絵本のページはここ
      ↓
     http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/book.htm

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/sample0.htm


会員No.2(?) 投稿者:みっき  投稿日:11月18日(日)00時13分22秒

>(1)下記フォームに感想を送る
>          →作者に送信され、その後、出版会社との交渉の資料に
>           使われる予定

すでに、送信済みです。出版を切に願っています。(2)を頑張ってみます。

ペンギンさんへ
アンケートの名前の欄は、HNではありませんが、氏名ではなく、苗字だけですけど、
よかったんでしょうか? 本名全部でなければいけないのなら、再度送信しますが?


そうなんですぅ〜 投稿者:みっき  投稿日:11月18日(日)00時23分18秒

>ハイジちゃん、これから悪い人に騙されないように
>この世の中のルールとか常識とか悪意の存在とかをしっかりレクチャーしてあげない
>といけないね。

ううっ、痛いところを…。まさにそれが悩みの大きな種。
SST絵カードで勉強中です。5もお待ちしております。

> < みっき母さんの実年齢とか他の秘密とか、何の疑いもなく人に話してしまい
>   そうだもんねぇ・・・。

Mさんみたいな人にだったら、一体何をしゃべりだすやら。日常の母のだらしないとこを全部言いそう。
でも、時間経過も助詞もいい加減だから、とんでもない話になる可能性がある。余計コワイ!


絵本ですが.. 投稿者:  投稿日:11月18日(日)00時40分00秒

こんばんは!
絵本拝見させて頂きたく、先日よりHPにお邪魔させて頂いているのですが、
3Pまでは表示されるのですが、4P目からは、×が付いていて、表示されないんです。
私だけかなぁ....
何せPCのこと詳しくないので、もし、どこかをこうすれば、見られます!っていう
アドバイスがあれば、是非、お教え下さい。宜しくお願い致します。


絵本化促進委員会 投稿者:かずりん  投稿日:11月18日(日)07時16分49秒

加入したいのですが、絵本がまだ見られな〜い。(T.T)
栞さんのところと一緒で4ページ目から×がついてて見られないんです。
PC詳しい方、アドバイスを私からもお願いしま〜す。


おそらく、 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月18日(日)07時47分01秒

画像が重いので、容量の少ないパソコンだと、
読み込みきれないのだと思います。

画質も落ちるし、打ち出しては使えなくなるかも知れませんが、
軽〜い物を作ってもよければ、協力しますけど。<ペンギンさんへ


絵本化促進委員会様へ。 投稿者:控え目な絵本作者  投稿日:11月18日(日)08時17分32秒

>4P目からは、×が付いていて、表示されないんです。
もしかしたら、このページは画像が多いので、ダウンロードにものすごい時間がかかるのカモ。

>アンケートの名前の欄
名前は、同一人物が氏名を変えていくつも書いていることを疑われないために書いていただいています。(住所や対象児の欄のチェックボックスがあるのも、そのためです。)
ということで、それほと気にすることはありません。


絵本化促進委員会様へ(その2)。  投稿者:控え目な絵本作者  投稿日:11月18日(日)11時31分12秒

先ほど、構成を変えました。(ついでに、説明も書き加えました。)
これでどうなったか、見てください。

それから、「絵本化促進委員会」という名称を、もう少しカッコ良く(例えば、「カエルプロジェクト」とか)して、協同制作と言うことにいたしませんか? 


ふむふむ 投稿者:カエルプロジェクト M (きゃぁ、かっこいい!)  投稿日:11月18日(日)11時55分42秒

>先ほど、構成を変えました。(ついでに、説明も書き加えました。)
>これでどうなったか、見てください。

うちのパソコンでは、もともと問題ないから良くわからないけど、
あまり、変わっていないかも。
と言うのも・・、

>4P目からは、×が付いていて、表示されないんです。

他にも部分的に表示されない絵があったとか、
全部読み込むのに3時間もかかったよといった情報も入っているのね。

それから考えると、
一つの画面に画像が多いっていうより、一つひとつのgifファイルそのものが重い
って事かも。700KBもあるのがあった。
大きな画像を縮小表示しているのなら、もともとの画像をりサイズすれば、
その分だけは小さくなるはず。
で、
3分の1ぐらいになるとして・・それでもダイアルアップ環境の人とか、
CPUもHDも、か弱いパソコンの人にはまだつらいのかなぁ・・。

プロジェクトの最初の仕事は、まずは画像軽量化?
その後必要に応じて、画像を圧縮してダウンロードできるように設定する事も、
考えていった方が良いのかも。
   < 控え目な絵本作家さ〜ん、
         そんなんでいかがぁ?

あ、そうだ。ここの訪問者さんにお絵描きプロの方が数名おられたはず。
他に何か良い案はありますか〜〜。


ペンギンさ〜ん 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月18日(日)12時27分40秒

ちょっと軽くした物を作ってみました。
絵本の部分だけですが。
メール下さい。



ちょっと連絡修正 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月18日(日)12時58分26秒

ペンギン様。
メールしました。

それでは。


↓の件。 投稿者:控え目な絵本作者  投稿日:11月18日(日)14時39分37秒

現在、検討中です。

元々は、Web上で参考資料を提示する目的で作ったものですが、出版する方向に修正するとなると、必ずしも「プロジェクトの最初の仕事は、まずは画像軽量化」ではないのではないかとも思います。

とりあえず、困らない程度に画像を減らしてみました。


画像軽量化 投稿者:控え目な絵本作者  投稿日:11月18日(日)15時08分49秒

あっ、まずは接続環境の違いを考えて、画像の数を減らしました。
でも、確かに、バイト数を1ケタ落とさないといけませんね。


画像軽量化実行。 投稿者:控え目な絵本作者  投稿日:11月18日(日)21時02分06秒

もとはと言えば、何気なく作ったものだったので、どんな接続環境・どんな機種でも見れるように書き換えました。(サーバーがコケていたので、現在送信中です。)


絵本見せて頂きました。 投稿者:  投稿日:11月19日(月)00時04分21秒

早速に誰にでも見られる環境を作って頂いてありがとうございました。
ちゃんと最後まで拝見させて頂けました。やっぱり、見せて頂いて良かったです。
お手数をお掛け致しました。ありがとうございました。


カエルプロジェクト様へ。 投稿者:ちょっと強気な絵本作者  投稿日:11月19日(月)08時07分30秒

内輪の関係者だけで訴えていても(出版社への)説得力に欠けるので、何も知らない一般の教員にも見てもらうためのルートを探すつもりです。
「来年から、学習障害・高機能自閉症・注意欠陥障害の児童は普通学級にいて当たり前になるんですよー♪」とでも言って脅かすとか。

とりあえず、現在、受け入れてもらっている方々で先生方に宣伝できる人がいましたら、そっち方面にも広めていただければと思います。


ちょっと強気な絵本作者様へ 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月19日(月)09時25分49秒

>現在、受け入れてもらっている方々で先生方に宣伝できる人がいましたら、
>そっち方面にも広めていただければと思います。

ラジャです。
アンケートのサイトと合わせて、軽量版になったことをMLでまた知らせておきます。(^^)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ちょっと強気な絵本作者様へ(2) 投稿者:象屋敷  投稿日:11月19日(月)14時06分25秒

うちのほうの学校の先生方は「パソコン出来なーい」とおっしゃってますので
絵本のページをプリントアウトしてもっていってもいいですか?
感想は責任を持ってメールでお送りいたしますので。


象屋敷さんへ。 投稿者:ちょっと強気な絵本作者  投稿日:11月19日(月)15時22分22秒

↓の件、了解しました。


作者さま 投稿者:sara  投稿日:11月19日(月)16時21分01秒

入会します!


ありがとうございます 投稿者:かずりん  投稿日:11月19日(月)20時48分42秒

>作者さま

絵本やっと見ることができました。
とってもうれしいです。

ところで、この絵本のことを私が入っている自閉症関係のMLで紹介させていただいてもよろしいでしょうか?

それと幼稚園で入っている絵本サークルの人にも見てもらおうかと思っているのですが、プリントアウトしてもいいでしょうか?
こちらの方は象屋敷さん同様、感想はお送りさせてもらいます。

掲示板過去ログ案内に戻る