2001年12月その2
遅れましたが 投稿者:おく  投稿日:12月 5日(水)14時54分25秒

以前、特殊教室設置のことで悩みを書きました「おく」です。
ずいぶんと遅くなりましたが、お返事くださった方々ありがとうございました。
今日も、そのことで町の教育委員会に出向きました。町としてはできる限りのことをしてくれているようなので、しばらく静観します。内心不安で、どきどきですが・・。
掲示板にくると、みんな悩んだり凹んだりしながらも頑張っているのね。私も頑張るぞーーと励まされてます。
ところで、この冬、私の姉夫婦がオーストラリアに転勤して、子供が現地校に入校します。予算がどうの・・なんて問題なく、英語の話せない子供が一人いれば、サポートの先生が即付くそうです。教育や福祉の面では日本は後進国ですねえ、やはり。


みなさん、ありがとう。 投稿者:はるご  投稿日:12月 5日(水)18時18分41秒

そうですね。踏ん張りどころですね。

>お子さんは自分が男だということはわかっているでしょうか?

わかって納得したい自分と、どうしても納得できない自分がいるようです。
「ともくん、男の子やけね。スリップは着れんよ。女の子だけやけんね。」と言っている時があるかと思うと、「大きくなったらね。きのこ食べてね。(不思議な国のアリスを見てきのこを食べれば大きくなると思っている。)」と言っていたりもするんです。
大きくなったら女の人になるつもりなのかもしれません。
時々言って聞かせてはいるんですが、まだ彼の理解の範疇を超えているようです。

>きれいな布製品が好きなら女性用のハンカチなど色柄がきれいなものを
>下着の代りにできないかなぁ〜。

このアイデア、いただきです。
あとツルツルした触感も最近になって好きになったみたいなので、サテンの布地などで何か作ってもよいかなあと思っています。

>いったん(もちろん場合にもよるけれど)決めたことは、翻さない。
>でないと、お子さんが混乱します。

そうですよね。あまりの抵抗におれそうになってしまいました。
基本中の基本を忘れておりました。
言っていただけて本当によかったです。

>「ブラ・ノート」を作って、そこにしか書いてはいけないことにする。
>せっかくキャッチコピーまで考えてやっていることなら、そのノートには思い切り書かせ
>てあげればどうでしょうか?

目の前にあるものを消すと言う作業はできるし、行ってはいけないところには行かせないもやりやすいのですが、やはり、自分で一生懸命描いているのを止めるのは忍びないです。
「書く分には俺の自由だろ!」と(もし言えるなら)言われそうで・・・。
ただ、「家でだけならいいよ」の指示が入るかどうか・・・。

結局は教える側の力ですよね。
オロオロしたり迷ったりしないで、でーんと構えていられる母にならなくては・・・。
今度のことで身にしみました。
今日は帰ってから、縄跳びの練習と称して外で暗くなるまで遊んでみました。
少しはストレス解消になったかな。

皆さん、本当に親身にアドバイスして下さってありがとうございました。
これからも時々覗いて、勉強させていただきまっス!!


(無題) 投稿者:ちゅうーりっぷ  投稿日:12月 5日(水)22時15分00秒

お久しぶりです。
発達支援センターに通うようになりました。
周3回だから結構忙しい日々を送っています。




にんげんゆうゆう 投稿者:けやき管理人  投稿日:12月 6日(木)07時59分44秒

再放送:(火〜金)午後1:05〜1:34

> 12月5日(水)
>
> NHK教育 19:30 にんげんゆうゆう◇「NHK障害福祉賞」に寄
> せられた手記を紹介しながら、障害とともに生きる人生について聞
> くシリーズ。学習障害のある娘を元気づけようと子供劇団を立ち上
> げた母親が、演劇活動を通じて子供たちがいかに変わっていったか
> を語る。


実証主義 投稿者:まつこ  投稿日:12月 6日(木)11時41分07秒

>小2になったら、もう卒業しようねという期限付きも考えられる。

ああ、そういう手も使ったことがありますよ。何についてだったか忘れたけど。
2001年の12月31日まで、だったら、もっと早く決着がつくな〜。
前にも言ったけど、私はかなり卑怯なので
「2年生になったらやめる」のと「2002年1月1日にやめる」のとどっちにする?
などと、本人に決めさせてしまったりするわけで……(^^ゞ

なんにしても、
キメブラが好きになってしまったお子さんの好みを否定しないであげてね。
たまたま、好きなCMだった、とか色や形が好きだったとかいうことだと思うし
もっと誤解されにくいものにスライドできるといいな〜と思っています。

>「ブラ・ノート」を作って
で、思い出しました。
3年生のころ、自閉ファンタジーが確立してきて
それとともに、授業の方でも「自分で考えたことや観察したことをノートに書く」という課題が
増えてきて……
すると、考えたことをノートに書くと彼の場合授業のことではなくて
国語も理科も社会も算数、図工まで、自閉ファンタジーを
書いてしまうようになってしまいました。
でも、彼は現実と「頭の中のお話の世界」とを混同しているわけじゃない。

それで、「授業中、勉強のノートには勉強の事を書きましょう。
楽しいお話の世界のことは休み時間に自由帳に書きましょう。」というと
すぐにわかってそういうふうにするようになりました。

ところが、なぜそうしなくてはいけないかを説明するのに
「まぜこぜにしたらアカンねん。それぞれの勉強やねんから。(……総合学習はどうしましょう)
国語の勉強は国語ノート、理科の勉強は理科のノート、お話の世界は自由帳にわけとかな。
カレーライスに牛乳とパンと納豆とジャムかけたら、味まずいやろ。」

数日後……給食を全部おかず椀にぶち込んで食べてみる実験を始め……
先生も(太っ腹)「自分が食べられるんやったら好きにしなさい。
そのかわりもしもまずくて食べられないようになったらやめるねんで。」

見るだにおぞましいものをたべていたのですが、とうとう食べられないほどまずいものになり
それ以後、約束どおりまぜなくなったそうです。

家では母が恐ろしくて実験してみると言い出せなかった模様です。


うちも 投稿者:ケリー。  投稿日:12月 6日(木)22時42分13秒

>「カレーライスに牛乳とパンと納豆とジャムかけたら、味まずいやろ。」
>数日後……給食を全部おかず椀にぶち込んで食べてみる実験を始め……

絶対やりそう^^;。この手の理由づけは、使うのやめとこ。


ちなみに…。 投稿者:ペンギン  投稿日:12月 7日(金)08時53分33秒

ウチは、ASの長男(&ワタクシ)は味覚と食感の過敏があるために、味が混ざることを徹底的に拒否。
ぜ〜んぶ混ぜるのは、ADHDの次男が、ひところ盛んにやっていた。できあがった作品はどんなものでも完食を条件にしたら、或る時すごいのができて、それ以来やらなくなりましたよ〜♪


混ぜるとわかる派 投稿者:ひいろ  投稿日:12月 7日(金)10時21分12秒

薬を飲ませたりするとき、ヤ○○トやヨーグルトなどに混ぜるのは
よくある話しだと思いますが、その手はドラくんには絶対ばれました(笑)
なので、薬は薬として認知していただいて飲んでいただいてます。

ごはんの食べ方を見ていても、いわゆる「ばっかり食い」が多いので
口の中で混ざるのは、多分嫌なんだと思います。
・・だから、ごはんにふりかけはかかせないんです(笑)


でもさ。 投稿者:リンコ  投稿日:12月 7日(金)10時36分21秒

牛乳と納豆とジャムはカレーライスにかけられるけど、

パンはかけにくそう。


ちぎって……? 投稿者:まつこ  投稿日:12月 7日(金)10時52分03秒

この一件の後、「私の障害、私の個性。」を読んだらウエンディ・ローソンさんは
食べ物をつぶして練りまぜて食べるの好きだと書いてあった。

この場合、ますます、ものの食べ方を、ノートを内容別に分けて使うべきだということの
説明に使ってはいけないことになる。(T.T)


カツカレーには、 投稿者:リンコ  投稿日:12月 7日(金)12時41分44秒

パン、入ってますね(笑) カツの衣に。

あ、ハンバーグカレーやミートボールカレーは、具の中に入ってるか。

あのねあのね、お金がないときは、薄揚げのカレーがおいしいよ。


その後、 投稿者:はるご  投稿日:12月 7日(金)13時23分46秒

少しづつリズム取れそうな気配。
・HPや本は、車のほうにこだわりを持っていけるようにしました。(車のHPを大量にお気に入りに入れ、プリントアウトの仕方・ファイリングの仕方を教えてみました。)
・絵を描く時は、ワコールを止めない。(ただし、自分で書くこと。お母さんやお父さんはマークしか書きません。)
絵がずいぶんうまくなりました。
不器用で、自分のイメージ通りに描けなくてすぐにかんしゃくを起こしていたんだけど、かなり人に見えるようになってびっくりです。
これからどうなるかはわからないけれど。

ところで、うちのトモゾーは分解できるものはすべて分解して食べます。
サンドイッチや、クリームサンドのクッキーも。
ハンバーガーは上から順番です。
ハンバーグはさすがにそのまま食べますが・・・。
でも、白ご飯だけは、保育園の『嫌いなものでも残してはいけません。ふりかけは塩分をとりすぎるのでかけてはいけません。』という素晴らしい教育のおかげで、汁物に入れて食べます。
和でも洋でも中華でもお構いなしです。
ゲッと思うこともしばしば。
汁物がないときは、水やお茶に入れます。
ご飯茶碗ではなく、コップのほうに・・・。
味覚が過敏なのか、鈍感なのか・・・。

『薄上げのカレー』は、どうやって作るんでしょう?
極貧のうちのメニューに加えたい。
ぜひ教えていただきたいなあ。



うっ、薄焼きカレー 投稿者:ひいろ  投稿日:12月 7日(金)14時23分55秒

・・気になる(笑)

ところで
少しだけ残ったカレーにグリンピースを潰したものと混ぜる。
それを少し煮詰めてどろっとした状態にする。
それをワンタンの皮で三角形になるように包んで揚げる。
・・・なんちゃってサモサだよーん♪
カレーが辛口だとお酒のつまみにもいけます。


ひいろさま 投稿者:ケリー。  投稿日:12月 7日(金)15時33分21秒

「うすあげ」カレー^^。

以前どこかで書いた(多分玲さんち)けど、
昔、母が作ってくれた「ちくわカレー」同様、
肉の代わりに「薄上げ」じゃないかな?いいかも。


食べ物じゃなかったら、 投稿者:ケリー。  投稿日:12月 7日(金)15時47分04秒

着るものは?
「パンツはお尻(だけじゃないけど)」「シャツはお腹(だけじゃないけど)」
「靴下は足」「手袋は手」「帽子は頭」「みんな役割が決まってるよ」
でも、おパンツかぶるクレヨン○んちゃんは?ってことになる?

あと、
「(名前)はお父さん、( )はお母さん、( )は君。ごちゃごちゃになったら大変。」
でも、たまにはごちゃごちゃにしてみるのも楽しそう・・・・

あ、一応まじめに考えてます^^;。
だけど、「たとえ話」とか「揶揄」って難しいですよね。


2つ下 投稿者:ケリー。  投稿日:12月 7日(金)15時49分57秒

間違えた。「薄上げ」でなくて「薄揚げ」ですね。


しかも…… 投稿者:まつこ  投稿日:12月 7日(金)16時55分58秒

よく考えたら、辛すぎたカレーには牛乳を少し加えて煮ると辛さを調節できるし
本場のインドではヨーグルトはつき物で、
時によっては甘いジャムを添えることもあるようで……

駄目押しに、
は○まるマーケットの司会をしている男性は納豆カレーが大好きだそうで。
今、検索してみたら、「元祖納豆カレーの店」では、
納豆と野沢菜と鰹節をカレーライスにトッピングするのだそうです。

うぅ〜。まいった。


あ、それ・・・ 投稿者:はるご  投稿日:12月 7日(金)18時07分01秒

中辛のカレーに少しだけイチゴジャムを入れると、甘口カレーになるって聞いたことありますよ。
怖くて試したことはないけど。


うん、 投稿者:リンコ  投稿日:12月 7日(金)20時22分24秒

薄揚げを熱湯で油抜きして、網で焼いて、刻んで、肉の代わりに入れます。少しカツオだしを入れるといいみたいです。うちでは、めんどくさいからめんつゆを少ぅし入れます。

うーん、雰囲気としては、カレーうどんやカレーそばのお汁のような味で、でも濃さは普通のカレー。青ネギ入れてみたり、食べるときに七味をふってみたりもします。


分解、 投稿者:リンコ  投稿日:12月 7日(金)20時28分21秒

うちの夫(健常・男・40歳)が、分解して食べるんです。

特に、まんなかにクリームのはさまったクッキーを、わざわざはがそうとして、割れたからってしょげ返るのはやめてほしい……。あと、クリームだけなめて、「甘すぎるっ」と文句を言い、残ったクッキーを食べて「甘味が足りない」と言うのも。ゴボウ天からゴボウを抜き取ろうとして、両手もテーブルの上も煮汁でべたべたにするのも。

それなのに、カレーライスはぐちょぐちょに練り混ぜるのはなぜだ?

あ、それなのに、マカロニサラダのマカロニの中に、ハムのせんぎりを押し込もうとして手をマヨネーズだらけにしていたりするぞ。いいから、マヨネーズのついた手でビールを注ぐなよ……。


カレーに牛乳 投稿者:セサミ  投稿日:12月 7日(金)21時19分47秒

お久し振りにカキコしまーす。
ウチのカレーは隠し味(?)に必ず牛乳がはいるんですが(全員が甘口党)、最近一緒に台所に立っているエルモはそれが当然だと思っていて、ルーを入れると必ず牛乳パックを持って傍にいる。学級の先生に「給食にカレーが出て牛乳投下したらそういうことなので」と伝えてあります。まだ未遂・・実習の時やるかもしれない(ドキドキ)。


薄揚げカレー、 投稿者:はるご  投稿日:12月 7日(金)21時27分19秒

すっごくおいしそう・・・。
ぜひ食べたい。絶対食べたい。
簡単そうだし。
でも、うちの夫はひねりの無いスタンダードなものしか食べないんです。
味付けも教科書どおりでないと「これは○○じゃない!」って言うことが多くて・・・。
・・・アイツがいないときに作ることにしよう。

リンコさんのご主人の食べ方が、うちの息子とよく似ているのでびっくりです。
あ、ビールは飲みませんが。
うちの子のコップやお茶碗はいつも脂ぎってます。


LD関連本とは 投稿者:みっき  投稿日:12月 8日(土)02時47分43秒

ちょっと遠いかもしれないけれど、こんな本を見つけました。

『小さいときから考えてきたこと』 (黒柳徹子 著)
この本の中に、「私ってLDだったの?」の章があります。
黒柳さんが、十数年前に、ある学者が発表した論文の中に、
「エジソン、アインシュタイン、そして黒柳徹子はLDだった」というのを読んで、
自分が大天才と並べられている上に、LDというものを初めて知ったのだそうです。
学者や発達障害の親御さんたちからは、『窓ぎわのトットちゃん』はLDだったと、
本人の知らないところで認識されていたんですね。
それ以後、LD、ADHDのことを自分で調べられたそうです。

中身にはこれ以上触れませんが、よかったら、一読してみてください。
(そんな内容があったとは知らずに買った私、ちょっともうけたような気分♪)


そういう知り方って、 投稿者:リンコ  投稿日:12月 8日(土)05時05分01秒

人によっては残酷でもあると思うのですよね。

だから、いくら有名人だからといって、存命の実在の人物の診断名をあれこれ公の場で論じるのには、私は反対なんです(本人が自ら診断を望み、検査を受けた上でカムアウトしている場合は別ですが)。

私はよく、状態像の説明に使うには、故人か、架空の人物を引き合いに出します。ADHDだったら、漆原教授(動物のお医者さん)や「アマデウス」で描かれていたモーツァルト像、多動のないADHDだったら、まつ子さん(まつこさんとは別。「となりの山田くん」のお母さん)とか、LDだったら「女社長」の豆持(キナコの兄)とか、ASだったら、データ少佐とかセヴン・オヴ・ナインとかシャーロック・ホームズとかフランケンシュタインの怪物とか。

アンディ・ウォーホールがASじゃないかとか、エリック・サティがOCDじゃないかとか、ジェイムズ・サーバーが多動のないADHDじゃないかなんてのは、本人が亡くなってて、遺族も外国人ばっかりだろうと思うから言いますが。

幸い、黒柳徹子さんは、「有名人だからってこんな知り方をするなんて」とは感じなかったらしく、その証拠に、他の存命の日本人の著名人に(名前は挙げないものの)それとわかる書き方で言及してますね。


切なくて 投稿者:まつこ  投稿日:12月 8日(土)09時32分43秒

みっきさんご紹介の本、その章だけ立ち読みして(・_*)\ペチ
……切なかったです。

「徹子の部屋」に、息子さんがLDだと言う女優さんが出演された時、
そのお子さんのエピソードを聞いて、「あら、私と一緒だわ、私も……」と
お話になるのを私はTVで見てました。
「ADHDの親御さんの集まりに講演に伺ったこともあって、
そういうお子さんの話もうかがったんですけど、
いえ、私はそういうんじゃなかったんですけどね……あら、ま〜よく似てる」と、
おっしゃっていました。

あの時よりずっと前に、エジソン・アインシュタインと並べて
自分の名前が挙げられている記事を見ていたなんて……

そして、NHKの「変わった子といわないで」を見て……

今回の本の執筆までに大変な葛藤があったと思うのです。

そして、敢えて、エッセイ集にあの章を書いてくださったことに
本当に心から感謝したいと思いました。


私も 投稿者:みっき  投稿日:12月 8日(土)10時42分21秒

自分の知らないところで、勝手に公の場で自分のことを、(占いでもなく)学術的なことで語られていたり、
決め付けられたりするのは嫌だし、そういう知り方は残酷だと思います。
この章を読んで、というより、章のタイトル「私ってLDだったの?」を見ただけでも、意外なショックを
最初に受けられたことは感じました。
LDやADHDをとりあげるとき、有名人の名前をとりあげて書かれる本をよく見かけますが、
○ム・ク○ーズは自分がLDであることを公言していたようですが、他の人は、たとえ故人でも、
決め付けてしまっていいことなんだろうかと常々疑問に思っていました。
だって、有名人といったって、彼らの生育歴までが、誰でも知っている話ではないから、
名前だけで区別されて発表されてることには、違和感を覚えるんです。
だから、このエッセイを読んでいて、学術関係の論文であっても、本人に承諾を得ずに発表しても
いいの?という少し憤りに近い疑問がありました。
これは、私の感想で、内容にはそういうことは書かれておりませんので、念のため。

ただ、そういうことを超えて書かれているこのエッセイは、いろんな意味で考えさせてくれる1章
なので、機会があれば、読んでみてください。
LD関連本とはちょっと遠い…というのは、その意味です。


親へのカムアウト 投稿者:MAX  投稿日:12月 8日(土)11時16分45秒

はじめまして、自己診断ADDのMAXといいます。
来年の6月に専門医への受診予約済みです。

こちらのBBS、いつもROMしておりました。
皆さんに相談したいことがありまして、思い切って書き込みました。
実は母親にはまだADDのことを言っていないのですが、受診の際の資料作りに
幼少期のことをインタビューしたいのですが、どうやって切り出していいものやら・・・
正攻法で切り出したら「そんなの努力できないいいわけだ」と言われてそれっきりなのは
目に見えているんですよね。
また母親も多分にADDの素質を抱えているので、冷静な話合いなどはまず期待できません。
2人とも衝動性がすごいので、本当に些細なことでいつも大喧嘩になってしまうんです。
実は今も喧嘩の真っ最中でもう1年近く口を聞いておりません。(同居なのに!)

こちらは親御さんが多くいらっしゃるBBSなので、カムアウトした時の母親の気持ちを
理解してくれる方が多いと思いました。

で、こんな調子ですからインタビューはあきらめて、自分の記憶だけで資料を作ったほうが
いいでしょうか?
それか、どんな風に話をしたら冷静に聞いてもらえるんでしょうか?

もちろん私自身で判断しなくてはならないことは承知していますが。
ここ何日間かモンモンとしてしまって。なかなか仕事も手につきません。
すみません、初めてなのに皆さんの意見を求めてしまって。本当にごめんなさい。

PS.私はカレーにはキャラメル一粒とインスタントコーヒー少し入れます。
  たまに割合を失敗してしまいます。(^_^;)


自信のないレスだけど 投稿者:みっき  投稿日:12月 9日(日)01時59分42秒

はじめまして。MAXさん。

>で、こんな調子ですからインタビューはあきらめて、自分の記憶だけで資料を作ったほうが
>いいでしょうか?
>それか、どんな風に話をしたら冷静に聞いてもらえるんでしょうか?

生育歴が詳しくわかればそれにこしたことはないですが、MAXさんはお仕事をもっておられるってことは、
社会人でいらっしゃるのでしょうか。ならば、ある程度ご自分のことを客観的にとらえることは
できるわけですね。
成人になって、自ら受診される方の中には、やはり親の理解が得られない場合や、事情があって
内緒で相談しにこられる場合などもありますし、幼少期のことがわからなくても、
医師の方で事情を察してくれて、それ相応の対応をして下さると思います。(医師にもよるかもしれませんが)
ですので、受診自体は別に問題はなさそうな気がします。

あとは、親御さんへの告知の問題ですよね。
障害を受け入れるのは、本人も周囲の人も同じくらい難しいものだと思います。
どんなに冷静なタイプの人でも、頭で理解するのと、心から受け入れるのとは違うので、
理屈ではわかっても心中複雑、混乱といったところでしょうか。
ましてや、MAXさんのお母様とは、同居でありながら、1年近くも口を聞いてないとは…。
話を切り出すのも難しそうですね。
でも、たとえ喧嘩になりそうでも、ここはぐっとこらえて(お腹の中で数でも数えて)、
冷静に要点を切り出してみてはどうでしょうか。
自分が話したいことの要点を、メモなり、頭の中なり、まとめておいて、
相手が取り乱しても、話さなくてはいけないことは静かに告げる。
たぶん、最初は話し合いにもならないかもしれませんが、大事なことだけは告げておいて、
何度か日をおいて、根気良く話すようにする。
きっと時間がかかることと思います。でも、MAXさんの「これから」がかかっているのだから、
お母様もいつかは理解して下さるのじゃないかと信じているのですが。

私のレスでは、本当に頼りないのですが、まだレスがついてなかったので書いてみました。
私のカキコを読んで、他の皆さんが異論・反論・修正論のレスをつけてくださると
ありがたいです。


MAXさま 投稿者:sara  投稿日:12月 9日(日)13時02分14秒

お母さんへの告知・・・・・
親としての立場から見ると、障害を認めない立場を取るのも、また、愛情からかもしれません。
MAXさんのお母さんの辞書には、障害=生きにくいという言葉しか載っていないのかもしれません。
私も、ようやく障害を認めることが、息子の生きやすさにつながることに気がついたばかりです。

親には、きっと何とかなっていると思えない、思いたい部分があります。
気がつかないフリをしていたい・・・とも。
勝手ですよね。
できれば、時間を上げてください。
いろんな形の愛情があると思うのです。

母子手帳に何かメモしてないでしょうか?




ありがとうございました。 投稿者:MAX  投稿日:12月 9日(日)20時06分56秒

みっきさん、saraさん、レスどうもありがとうございました。

お二人のレスから思ったことは、やはり障害を受け入れるためには、
治療によって生じるプラス要因を一緒に話すことが必要かもしれませんね。

とりあえず様子を見つつ、受診までに話せそうな雰囲気だったら切り出してみます。
恥ずかしながら、今までは「幼少期のインタビュー」が絶対必要、という頭しかなかったもので
すから、すごく悩んでいたんですけど、レスを読んであまり無理することは無いとわかりました。

なので自分の記憶で資料をまとめつつ、受診を待ちたいと思います。
私が受診を迎える頃はもう少し世間でADDが認められているかもしれませんし。
もし診断が出たら、その時に考えようと思います。

みっきさんとsareさんのあたたかいレスで元気が出てきました。本当にありがとうございました。
これからもお話に参加させていただきたいと思っておりますが、その時はよろしくお願いいたします。


親には言ってないなあ。 投稿者:リンコ  投稿日:12月13日(木)09時17分44秒

こんにちは。私は、親には話してないです。診断の目的って治療を受けるためであり、治療の目的は生活の状態を今より良くすることだから、そのためにストレスを増やして今より暮らしにくい状態を作りだすのは目的に適わないと思ったから。

その代わり、なつかしそうに「思い出話」として情報を収集しました。何食わぬ顔して雑談に誘い、「ちいさいとき、いろいろ大変だったでしょう、苦労かけたよねえ」ってなことを言って、いっぱい聞き出しましたね。

あと、私はちいさいときの記憶が非常にハッキリしてる方なので、「ねえねえ、○○銀行(私が保育園に入る前に住んでいた町で利用してたメインバンク)で小学校のお兄ちゃんお姉ちゃんの図画の入選作飾ってなかった?」とか、「ねえねえ、年少さんのとき、××さんちの柿の木に登ったの覚えてる?」とか、そんな話なんかもしましたね。

とりあえずの情報収集が目的なら、情報を何に使うのかなんて話さなくてもできちゃいます。カムアウト自体は、やろうと思ったら、いつでもできちゃうんですよね。何も、情報収集の前でなくたって。私は、まー、そーですねー、10年計画くらいでやろうかな、っと着々と準備を進めてます。

まずは私がだんだん生活を良くしていって、余裕がある状態になって、親に安心してもらうとか、親との関係を良くするとか、そういう所から始めて、その一方で、発達障害とかは意外にありふれたモノで、けっこういっぱいいるんだから、ってことを少しずつ注入〜♪

10年くらい経ったら、たぶん、芸能人でカムアウトしてる人とかも増えてるだろうし、今より楽になると思うんですよねー。


こんなのも、あります 投稿者:みりあむ  投稿日:12月14日(金)01時24分09秒

皆様はじめまして。みりあむと申します。

@カエルプロジェクト関係者ご一同様御中。

「オン・デマンド出版」のリンクを載せておきます。
必ずしも絵本に対応しているとは限りませんが・・ご参考まで。

www.mybookjapan.com/pod/

www.d-pub.co.jp/bwp/

www.honco.net/richiesta/

www.gozans.com/neopub/


ご健闘をお祈りします。



今朝の朝刊に・・・ 投稿者:ばじりこ  投稿日:12月14日(金)09時41分16秒

自閉傾向の子に、ビタミンB6が有効、という記事が載っていました。(読売新聞)
バナナや大豆に多く含まれて、いるそうですが研究によると
音に対する過敏性や言葉の表現のたどたどしさなどが軽減されたとありました。
取りすぎは、手足がしびれたりすることも
あるため、医師に相談してから、とありました。
もう少し詳しい情報をお知りの方、いらっしゃいませんか?


サンタが怖い 投稿者:カンガー  投稿日:12月14日(金)09時42分34秒

つい、先日まで、「サンタさんに、欲しいもの頼むんだ〜」とか、「ネックレスと指輪が欲しいんだ。キラキラ光るやつね。」とか、うきうきしていたのに。
一昨日から、急に「サンタさんって何処からお家に入るの?。何時に来るの?。サンタさん来ない方がいいなあ。サンタさん来ない方がいい。」と言うようになってしまいました。

よ〜く考えてみれば、知らない(?)おじいさんが勝手に(?)うちに入ってきて、プレゼントをおいていくというのは、怖いと言えば怖いですよね。
何時に来るのか予測がたたないのも、娘にとっては怖いことなのでしょう。

「うちにはサンタは来ないから大丈夫」と言ってしまうのも、ちょっとどうかなと思うし。
なんて話したら良いのか、途方にくれています。
こっそり買ってあるプレゼントもどうしましょう。
是非、御助言をお願いいたします。


ガンガーさんへ 投稿者:ねこ  投稿日:12月14日(金)10時13分36秒

先日、見たテレビの中で、ある芸能人の子供の頃のクリスマスの想い出に、
靴下を飾った窓の外にプレゼントが付いていて(置いてあって?)感動した!
というのがありました。
そういう感じでも、怖がっちゃうかな?
あまり大したアドバイスでなくてごめんなさい。


うちのサンタは 投稿者:まつこ  投稿日:12月14日(金)10時15分15秒

「今年のクリスマスはアメリカとアフガニスタンで仕事が忙しいから
申し訳ないが自分の代りにプレゼントを用意してくれ」と
サンタからお父さんにメールが来て頼まれた、と言って

欲しいものを聞き出しました。……(^。^;)


カンガーさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月14日(金)11時47分19秒

「ルーちゃんが怖がっているみたいだから、サンタさんに郵便で送ってもらうように頼んだよ」
と言って、
プレゼントを郵送してもらったことにしてはどうでしょう?
でなければ、宅配便。

クリスマス当日の朝、郵便受けに来ることにすれば、
ルーちゃんにもイメージがわいて、怖くないかも?

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ビタミンB6が自閉傾向の子供に有効 投稿者:えぼ  投稿日:12月14日(金)12時58分40秒

ばじりこさんの見た記事を私もみました。以下の記事ですね。

http://www.yomiuri.co.jp/04/20011213ic55.htm

でもどうなんでしょかね。たった4人へのビタミンB6の投与結果だし。
確かに私も期待したいのですが。
今日からうちの子にもバナナな大豆を食べさせないとだめかしら・・・
ところで、投与ってコンビニに売ってるビタミン剤ではだめなんでしょうか?
私もばじりこさん同様に詳しい方がいたら情報をしりたいのですが。


サンタは 投稿者:ひいろ  投稿日:12月14日(金)14時40分13秒

ドラにとっては、とっても恐怖のモノのようです。
クリスマス会があるたびに、おののいて逃げる逃げる。
例え大好きなお菓子をくれても、やっぱりダメ(笑)
今年は3回遭遇する予定だけど、1回目はやはり逃げました。
・・さてさてあと2回はどうかな?


サプリメント 投稿者:おかぴ  投稿日:12月14日(金)14時41分19秒

私もビタミン剤でも・・と思って検索してみたら
市販されている錠剤には2.2ミリグラム(私が見たもの)しか
入っていませんでした。

新聞には100ミリグラムから200ミリグラムと書いてあったので
成人の一日の目標摂取量よりかなり多いようです。

掲示板過去ログ案内に戻る