2002年1月その4
なぜ頷けの? 投稿者:まりも  投稿日: 1月25日(金)08時25分22秒

以前、園庭開放で遊ばせることについて相談させていただいた、まりもです。その節は、
アドバイスを有り難うございました。結局、園庭開放で遊ばせるのは、うちの子には
まだ早いように感じられ、有効でないと判断し、親子ともに消耗してしまう前に中止
しました。

また今回どうしたら良いのか、考えあぐねていることがあり、相談させてください。

娘の桃は2才7ヶ月で、自閉傾向があるのかないのか、診る人によって意見が分かれて
いるような状態です。ただ人の意図を読みとる事が苦手であり、逆手バイバイや手遊びで
手の向きが反対になるなど、認知(?)が人と違う所があるようです。
他の子供が近づいてきてコミュニケーションを取ろうとすると、ギュッと目をつぶる、あける、
ギュッとつぶるを繰り返したり(チック?)、興奮すると大声をあげて走り回ったり、日頃から
クルクルまわるのが好き、などという特徴があります。

桃の言語発達は、とてもアンバランスであり、3語文、時に4語文を話し、簡単な絵本
なら暗唱することが出来ますが、頷くことが出来ず、疑問詞が出ません。

疑問詞が出る前には、「りんご?」などと語尾をあげて質問してくる事があると思う
のですが、娘が語尾をあげて質問してきた事は、一度もありません。

またこちらの質問に対しては、答えやすいものとにくいものがあるようです。
「時計は、どれ?」とか「これ、何?」という形の質問は、わりと答えやすいようです。
「カーテン開ける?」などの語尾をあげるだけの質問には無反応な事が多く、重ねて聞く
と、目が泳ぎ、視線があいません。(カーテンという言葉も開けるという言葉も知っている
のに、答える事が出来ません)

語尾をあげるだけの質問でも、決まり切ったものには答える事ができます。
「おしっこ出た?」「出ない」「〜を食べたい?」「〜食べたい!」もしくは
「もう、いいの!」などと答えます。

桃は頷くことがありません。嫌な時は「イヤ」と言いますが、無反応な時は、肯定の意志
表示なのか、言われていることが判らないのか判断がつかず、意志を確認するのに四苦八苦
します。「ジュース欲しい人!」と人という言葉をつけると「はい!」と返事をする事もある
のですが・・・ それから、「大きい」「小さい」「いっぱい」などのような抽象的な言葉も
理解し使っているし、動詞も判るし・・・そんなに抽象的な事が理解できないタイプとも思えない
んですが・・・ それなのに頷くことが出来ないという、この落差はなんなんでしょう?

頷きと疑問文を獲得するためには、どうしたら良いのか、親はどんな援助ができるのか、
教えてください。また、頷きというのは、だいたい何才くらいで獲得されるものなのでしょうか?
言語士から、言語発達のアンバランスさが障害の証拠だ、というような事を言われたのですが、
そういう物なんでしょうか?(2才7ヶ月で頷けない子は、健常児にはいないのかなぁ。
もし仮に居たとしたら、差が激しくなければ障害ではないの?) う〜ん、疑問が渦巻いてます。
どなたか、詳しい方、教えてもらえませんか? また頷き、および疑問文を獲得するために、
我が家はこうしたよ、というお話がありましたら、おきかせください。


なぜ頷けないの? 投稿者:まりも  投稿日: 1月25日(金)08時49分23秒

の、間違いです。↓の題名。よく確認したつもりでも、間違えるなぁ(^◇^;)


まりも様 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 1月25日(金)12時09分44秒

「頷くこと」については、ちょっと前、話題になったのですが、
↓のなかにヒントになりそうなことはないでしょうか。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/0111gatu2.html
http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/0111gatu3.html


親も気をつけます〜 投稿者:  投稿日: 1月25日(金)12時34分48秒

宝島さん

覚え書きまで見て頂いてありがとうございます。
出来ることをしながら、待ってみますね。
又、教えて頂くことも出てくると思いますが宜しくお願いします。

まつこさま

わかりやすく書いて下さってありがとうございました。
お着替えの場面など、毎日の親の姿を見ていることも
彼女の中には、一つの流れとして入っているかもしれません。
お風呂に入る時の脱衣なども、まずは、夫から、しつけなくては(^^;

勿論、私自身もですが...

手順表、絵で描いてみます。

ありがとうございました。


まりもさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 1月25日(金)13時00分54秒

ウチの息子も以前似たような状況でしたが、
発達に伴い自然に習得しました。
知的には障害が無いと思われるので、
絵本の読み聞かせが効果あると思いますよ。


はじめましての皆様、初めまして。 投稿者:M@ROM管理人  投稿日: 1月25日(金)21時37分34秒

おひさしぶり&常の訪問者さま方、ご無沙汰いたしております。    

最近、
特異的言語発達遅滞という診断を受けた子が続けて来室。
それを機に、下記のページを見なおして整理してみました。
う〜ん、
でもこれをやろうと思ったら週1では時間が足りないなぁ・・・。

     < ・・と、たまに現れて、話の流れとは無関係な事をつぶやいて
       去って行くマイペース&傍若無人な管理人であった・・。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/kensyu/kobetusidou.html


ちびくまママさん、腐乱検死体さんへ 投稿者:まりも  投稿日: 1月25日(金)22時11分47秒

TO ちびくまママさん

わざわざ検索をしていただき、有り難うございました。ここの掲示板で、頷きの話題が出ていた記憶があったのですが、検索の仕方が悪かったのか、見逃してしまったのか、辿り着けませんでした。改めて読み返してみて、参考になりました。

桃の場合は、体の協調はそう悪くないようです。自分で階段の上り下りも出来ますし、指先も器用です。ただ赤ん坊の頃から反り返りが強く、心身がリラックスしにくい、という面があります。頷くのは、マネさせればマネできます。ただ自発的な頷きや否定の首振りなどは皆無なんですが・・・

TO 腐乱検死体さん

お返事、ありがとうございます。

>絵本の読み聞かせが効果あると思いますよ。

絵本を読んであげることで、いろいろな文体を理解し、情緒的に成長し、それが頷きを導く・・・という理解でいいでしょうか。
桃にはまだ頷きは出ませんが、絵本は、桃の言葉にとってとても有効だったと感じています。絵本が大好きだったので、読んで欲しがるだけ(最後には、こっちの声が枯れてしまうくらい!)、読んでやっていました。今は少し読み聞かせブームが下火になってきたという感じなのですが、また新しい絵本でも仕入れて読んでやろうかな、と思います。何か、お薦めの絵本とかありましたら教えてください。


絵本の読みきかせは 投稿者:まりも  投稿日: 1月25日(金)22時50分13秒

疑問文を導くのに有効という意味で、腐乱検死体さんは書いてくださったのかしら・・・(アセっ)
読解力がなくて、ごめんなさーい。


一年後が楽しみ 投稿者:まつこ  投稿日: 1月26日(土)10時24分21秒

まりもさん
おこさんは、どんな遊びが好きですか?
いっぱい楽しい遊びをして楽しい時間をたくさんもてるといいんじゃないかと思います。
「子どもはみんなこれが好き」「この年齢、この性別の子はこういう遊び」と
言うことじゃなくて、まりもさんのお子さんが喜ぶ遊び、楽しむ遊びをしっかり楽しむ
お子さんにとって「充実した時間」が成長につながるだろうと感じます。

身の回りに対する興味関心がさほど強くなくて
疑問がなければ疑問文は使わないでしょうし

疑問があっても自分で探索して解決するタイプだと
疑問を他人に尋ねることで解決できることに気がついていない場合もあるでしょう。
他人に尋ねて解決すること自体が高いハードルになる体質(?)ってこともあります。

小さなお子さんが将来その特徴を個性の範囲にするのか
日常生活に支障をきたす障害となるのかは、私にはわかりませんが、

「できないこと」を克服することを生活の中心に据えるより

「世の中の楽しさを知る」「楽しめることを増やす」
「自分の楽しみを一緒に楽しむ人がいると知らせる」つもりで
子どもに関わる方が、(傍目には同じ事をしているように見えても)
親子とも精神的な健康が保てるように思うのですけど……。


まつこさんへ 投稿者:まりも  投稿日: 1月26日(土)12時34分07秒

まつこさん、ありがとう!
まつこさんのコメントを読みながら、泣けてきちゃいました。

>「世の中の楽しさを知る」「楽しめることを増やす」
>「自分の楽しみを一緒に楽しむ人がいると知らせる」つもりで
>子どもに関わる方が、(傍目には同じ事をしているように見えても)
>親子とも精神的な健康が保てるように思うのですけど……。

私も同じように思うのですね。大人が遊んでやるのではなく、桃の遊びに私は参加したいんです。でも、現在通っている通園施設では、先生が主体で、常に先生が指示して子供を動かす、という感じなんです。

桃は、自由にさせていると、とてもいい表情をしてお友達のまわりで遊んでいるんです。でも、先生の指示のもとで、子供同士で手遊びなどをする時は表情も硬くなってしまって・・・指示された動作は出来ても、全然たのしんでない、という感じがするんです。

集団活動に適応できるように、と園の方針なんでしょうが、私としては桃が良い表情を見せてくれることを優先したいんですね。たくさん楽しいという経験を積まなきゃ、心は成長しない、と思うんです。それで、通園施設を退園したいと思ったんですが、障害(頷けないこと、言語の発達がアンバランスな事を理由に)があるのだから今までどおり通った方がよいし、幼稚園に入るまでの一年を通園施設をはなれて過ごすのは感心しない、と言われています。

園には、とても良い先生もいるのですが、先生の中には障害をネガティブに捉えて、何でも障害のせいとして矯正しようとする方もいらっしゃるんです。今は母子通園ですから、私が断固阻止する所は阻止しているのでいいのですが、母子分離になる来年度が不安です。良い先生に当たればよいのですが(でも、先生主導という所は変わらないと思うけど)、スモールステップもあったもんじゃなく強制しようとする人に当たってしまったら最悪です。

話が何だかズレてしまいましたが、退園するかしないかで揉めていることで、ゆったりと構える事ができなくなっていたんですね。まつこさんのレスを読んで、自分の気持ちをフラットに戻す事ができました。ありがとうございました。


まりもさん 投稿者:M@ROM管理人  投稿日: 1月26日(土)13時49分54秒

>今は母子通園ですから、私が断固阻止する所は阻止しているのでいいのですが、

そうね。
そうやって桃ちゃんのことをしっかり守ってあげながら、先生方のスキルも盗んでね。
きっと、桃ちゃんにプラスになるものも沢山お持ちだと思うし。

ところで、
ちびくまママさんのところに、山形の通園施設のHPの紹介がありました。
私もリンク依頼のメールを出した所で、まだお返事は頂いていないのだけど、
こんな所もあるのだと、まりもさんにも元気を出してもらいたいので、先に
紹介させてもらうね。

http://www09.u-page.so-net.ne.jp/td5/suginoko/


理尚センセ&玲さんへ 投稿者:M@ROM管理人  投稿日: 1月26日(土)14時05分43秒

理尚センセの
「お勉強して あ・そ・ぼ」のコーナーをUPしました。
 これから、どんどんコンテンツも増えていく、期待のコーナーです。
                     < ね、しぇんぱい!

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/kensyu/risyousense.html

朝倉玲さんのHPのADHD児のペアレント・トレーニングのページへのリンクも、
やっとできた。
http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/parent-t/top.htm

どちらも、TOPぺーじからも行けます。

ああ、これで心置きなく遊んで来られる。では、行ってきま〜す。
               < どこ行くの? 〇本橋と〇〇ワー〇ド?            


まりもさんへ 投稿者:ととら  投稿日: 1月26日(土)14時59分14秒

通園施設へ通われて、どれくらいになるのですか?

>桃は、自由にさせていると、とてもいい表情をしてお友達のまわりで遊んでいるんです。でも、先生の指示のもとで、子供同士で手遊びなどをする時は表情も硬くなってしまって・・・指示された動作は出来ても、全然たのしんでない、という感じがするんです。

まだ、あんまり月日がたっていないのであれば、
先生との関係もまだまだ、できていないのかもしれないですね。

桃ちゃんの好きな遊びをいっぱい一緒にして、大人と一緒に遊んで楽しいと
思えるようになれば、大人への期待感も生まれてきて、
次はどんなことをしてくれるんだろう・・・って思えるようになってくると
思います。

そうなってくれば、少しずつでも先生の指示にしたがえると思うのですが。
まだ、先生に対しての気持ちがそこまでになっていないのかも
しれないですね。

それに、通園施設へ通いだして、もし、
まだ、半年とかそれくらいだったら、なおさらのこと、
その場に慣れるとかその場の情報を仕入れることでせいいっぱいで、
何かをみんなと一緒にやろうという気持ちになれていないのかもしれないですね。

そういう意味でも、これから半年後、1年後が楽しみなのでな?
って思いました。

なかなか、そうすぐにいい結果が生まれるものではないので、
少し時間も必要かと・・・・思いました。


Mさま 投稿者:rishou  投稿日: 1月26日(土)15時01分58秒

「お勉強して あ・そ・ぼ」

ありがとうございました  何か うれしいな!!!


同じくMさま 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月26日(土)16時09分33秒

ペアレント・トレーニングへリンクをありがとうございました。m(_ _)m

でもって、お帰りになったときのために、宿題を一つ。(笑)
「お勉強して あ・そ・ぼ」ですが
もう少し本文の入るテーブルを幅狭くした方が
背景の画像とバランス良くなって、読みやすくなるんではないかと思いますです。はい。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


まりもさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 1月26日(土)17時26分13秒

読み聞かせは、単語や表現などの言葉の習得にはもちろん、
会話力や、おっしゃるような情緒の発達も促し、
さらには善悪の習得にも役に立ちます。
もちろん、全て同時期に習得していくのではなく、
それぞれの時期は少々ずれます。
お子さんの発達状況に応じた本選びができれば
どんどん発達していくと思います。


Mさん、ととらさん、腐乱検死体さん 投稿者:まりも  投稿日: 1月26日(土)23時50分38秒

To Mさん

>そうやって桃ちゃんのことをしっかり守ってあげながら、先生方のスキルも盗んでね。
>きっと、桃ちゃんにプラスになるものも沢山お持ちだと思うし。

子供と遊ぶのがとても上手な先生を見ては、しっかりスキルを盗み、下手な先生を見ては、こういう事は絶対しちゃいけないよなー、と自戒し(笑)、通園日は毎回よいお勉強の場です。

Mさんが紹介してくださったHP、さっそくお気に入りにいれました。内容が盛りだくさんなので、何回か読み返して、よく理解したいと思います。有り難うございました。

To ととらさん

>通園施設へ通われて、どれくらいになるのですか?
>まだ、あんまり月日がたっていないのであれば、
>先生との関係もまだまだ、できていないのかもしれないですね。

通園施設に通いはじめて、まだ1年は経ってないです。
先生との関係は、怖がりなどの特徴をよくわかってくれ、スモールステップで接してくれた先生の事はよく憶えていて(接した時間は少なくても)、「○○先生、バイバイ」など相手の挨拶に返答しますし、先生の指示にも、まあ、それなりに従える、という感じです。

うちが通っている通園施設は公的なもので、保育士さんの向き不向き、障害児教育に関心や知識があるなしに関わらず、普通の保育園から順繰りに転勤になってくるという感じで、それぞれのスキルに大変に差があるんですね。

>その場に慣れるとかその場の情報を仕入れることでせいいっぱいで、
>何かをみんなと一緒にやろうという気持ちになれていないのかもしれないですね。

ああ、それはあるかもしれません。確かに、状況判断で力を使い果たしてしまって、楽しめないという感じに見えます。
ただ自由に遊ばせておくと、「Aちゃん」と声をかけながら、その子の後ろを楽しそうについて歩くとか、オモチャの取り合いで「かして」と言うなど、積極的に友達と関わろうとします。他の子の事をよく見ていて、「Bくん、りんご食べた」とか、「お友達、帽子かぶってる」などと言います。

ここまで子供に関心が出てきているなら、先生主導(自由に遊んでいい時間がほとんどなく、すべて先生に管理され、子供同士が触れ合うのも、先生が触れ合う子と方法を決める)でない方がいいんじゃないかな、と思ったんですね。しかし、自分からアクションを起こす分にはいいけれど、相手からアクションを起こされると虚ろな顔になるか、瞬きチックが出るという事もあるし、集団行動は苦手! という雰囲気はアリアリですから、悩むところです。

今の所、退園したら、週一回の親子教室(心理士が指導にあたっている)に通いながら、子育てサークルなどに入って、子供の集団にならしていこうか、と思っているんです。ただ、この親子教室はシステム上、短期間しか通えないようなんです。

どういう進路を取るのがベストなのか、悩んでしまいます。

To 腐乱検死体さん

子供の発達状況をよく観察して、桃にあう絵本を選んでやろうと思います。ありがとうございました。


各種ご利用を推奨 投稿者:まつこ  投稿日: 1月27日(日)09時41分56秒

>ああ、それはあるかもしれません。確かに、状況判断で力を使い果たしてしまって、
>楽しめないという感じに見えます。
>ただ自由に遊ばせておくと、「Aちゃん」と声をかけながら、
>その子の後ろを楽しそうについて歩くとか、オモチャの取り合いで「かして」と言うなど、
>積極的に友達と関わろうとします。
>他の子の事をよく見ていて、「Bくん、りんご食べた」とか、「お友達、帽子かぶってる」などと言います。

うちの子も母子通園をするようになって「観る人」になりました。
それまでは走り回る人。考えるまでに行動する人。だったように思います。

2歳7ヶ月で、通園をはじめて一年にならないのだったら
もうしばらく(半年〜一年)通っても、
その後、保育園・幼稚園に通う期間は充分あるので

通園施設の「整理された環境」で「世の中について情報収集する経験」をつむことも
その先、自由度の高い集団に入るときの土台になるかもしれないと感じました。

知的障害はなくても、世の中の情報を読み取るのに手間隙のかかる子はいて
試行錯誤の果てに世の中が怖くなったり自信を失ったりする場合があるかもしれない。

たしかに母子通園は母親にとって、と〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ってもしんどいので
長期間がんばらなくてもいいシステムの方がいいとは思う。

>週一回の親子教室
いろんなところを観て、いろんな人に出会って、いろんな経験をするのも
きっとプラスになると思いますよ。(*^_^*)


二者択一なんですよぉ〜 投稿者:まりも  投稿日: 1月27日(日)22時31分17秒

>通園施設の「整理された環境」で「世の中について情報収集する経験」をつむことも
>その先、自由度の高い集団に入るときの土台になるかもしれないと感じました。

桃は刺激に過敏ですから、大勢の人間がわさわさいたり、初めての場所では、大声をあげて走り回ったりしがちなんですよね。それを考えると、まつこさんのおっしゃる通りなんですよね。

ただ通園施設の質の問題もあって・・・。
とても良い先生もいらっしゃるんですが、ひどい先生はひどくて、自閉症の子に強制的に課題をやらせたために大パニックを引き起こしながら、「自閉症の子は、パニックを起こすんですよね。これを、何とかしなくちゃいけませんよ、お母さん」というような事を言う方がいらっしゃるんですよ。

そういう先生がいて不安なのと(母子通園でなければ、桃はその先生から相当やられてたと思う)、4月から分離になり、しかも週5日になるんですね。そうなると、健常児(この言葉きらいだけど)と接する機会もほとんど無くなってしまって・・・。

それだったら、もう通園施設を辞めて、心理士の指導がある親子教室に週1回通いながら、子供の集まっている場所へ行って、その他の日を過ごそうか、と・・・。無謀かなぁ・・・。

その親子教室の心理士さんは、たとえ障害があっても、遊びっていうのはすごく大事なんですよ、楽しみながら色んな事に気づいていけるのが一番いいんだ、というお考えの方なんですね。その心理士さんには、桃も1才8ヶ月の頃、お世話になっていて、その時はとても良い的確なアドバイスを頂けたという経験があるんですね。

ただまつこさんが言われる「整理された環境で、情報収集する経験」って、集団生活でうまくやっていくためには、とても大事な事なのかな・・・と。
週1回の親子教室では、量が不足してしまうと思われますか?

通園施設は他との平行通園を許していないため、通園施設を選ぶか、その他の方法を選ぶかという、二者択一なんですよ〜。う〜ん。


うーん 投稿者:ひいろ  投稿日: 1月27日(日)23時04分25秒

まりもさん、はじめまして。ひいろと申します。現在6歳の男の子の母です。

うちの子供の場合の話しですが、幼稚園の年少の半年間は並行通園をさせました。
詳細はウチのサイトの「幼稚園か療育センターか」に書いてあります。

うちの場合は幸運にも、良い環境にめぐり逢えたので幼稚園に編入させてしまったのですが
普通の幼稚園であったら絶対無理だったと思います。
私も療育センターには不満だらけの人だったので(今でもそうです)
お気持ちはよくわかるのですが。

ところで本当に二者択一なのでしょうか?
ウチの地域も療育センターはそう言ってたのですが、実は役所的にはOKだったんですよ。
桃ちゃんに必要な環境であれば、並行通園がとうしてできないのが
一度役所のほうに問い合わせてみてはどうでしょうか?

http://www5c.biglobe.ne.jp/~hii-1701/hp/web/page017.html


できれば 投稿者:ととら  投稿日: 1月28日(月)01時58分06秒

親子教室にも通えたらいいですよね。

週に1度くらいなら、その日は通園施設をお休みしていくというのは、
できないものでしょうか?
(両方とも公的な療育の場であれば、無理ってこともあるかもしれませんが。)

でも、まだ(・・・といってもいいと思うけど)、2歳だしもう少し、
通園施設でがんばってみて、それから、幼稚園や保育所にはいっても、
いいんじゃないかなぁーって思います。

先生の質の問題は、いろいろあると思いますが、
もし、不満がある場合とかは、ちゃんと話合えるような環境が
あればいいですよね。その先生に直接いうのではなく、
もうちょっと話しやすい先生に相談するとか・・・・。

やっと、慣れてきてこれからっていう時かなぁーという気もして、
また、新しいところで桃ちゃんががんばるってことになると、
それはそれで負担かもしれないなぁーと思ったりしました。

いろいろ進路については悩みますよねー。
うちの息子(3歳半)は通園施設に4月から通っていますが、
やっと最近、いろいろ積極的にやれるようになってきたところです。
もう1年はそこでがんばろうと思っていますが、
また、来年の今頃はきっとどうしよう・・・って悩んでいると思います。(笑)

でも、子供のことを一生懸命考えて、親がこれって決めるわけだし、
たぶん、いいと思って行った所が、いいところなんだと思います。
もちろん、子供の状態を考えることが一番ですけれど・・・・。
難しいけど、いい方法がみつかることを願っています。


時間をかけて決めます 投稿者:まりも  投稿日: 1月28日(月)22時40分16秒

To ひいろさん

アドバイスありがとうございました。
役所は、幼稚園と平行通園するのを禁じる規則はない、とのことでした。
親子教室との平行は不可なので、それが残念ですが、3月いっぱいで辞めると決めずに、幼稚園の2歳児クラス(月2回〜4回)に通いながら先行きの事を考えるのもいいかなぁ・・・と、選択肢を広げることが出来ました。もう少し時間をかけて、桃の状態を観察しつつ、ゆっくりと答えを出したいと思います。

To ととらさん

>やっと、慣れてきてこれからっていう時かなぁーという気もして、
>また、新しいところで桃ちゃんががんばるってことになると、
>それはそれで負担かもしれないなぁーと思ったりしました。

ととらさんのアドバイスは、私にじっくり考える時間を与えてくれるようなコメントばかりで、ありがたいです。

ネットをやっていて、本当に良かったなぁ、としみじみしちゃいます(笑)
頷きと疑問文から始まった一連のコメントにレスをつけてくださった方、あらためて有り難うございました。


こんにちわ^−^b 投稿者:城戸まゆこ♪  投稿日: 1月29日(火)15時05分03秒

はじめまして^−^)/私は2歳児の教育について知りたいですT_T
よかったら色々教えてくれたらいいと思っています^−^b返事お待ちしております
m(−、−)m


久々の書き込みだわ。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 1月29日(火)15時45分25秒

城戸まゆこ♪様、いらっしゃいませ。

さて、何か困っていることがありますか?
もう少し、具体的に「教えて欲しいこと」を書き込んでいただけると、
いろんな人から情報が集まると思いますよ。


まりも様

遅くなりましたが、うちのこくっぱは、通園施設の集団に入るのに、1年半かかりました。
参考までに。



うわ きれい! 投稿者:rishou  投稿日: 1月29日(火)22時53分37秒

Mさま お忙しいところ ありがとう

うわ きれい!  よみやす〜い!  by 理尚


パニック言語みたいなもの 投稿者:大ママ  投稿日: 1月30日(水)21時48分56秒

皆さん、ありますか?
突然質問してすみません・・・・

ちょっと怒っただけで(私が)「プラレールかう」といいます
最初はおしっこでる→おうちにかえる→いいかげんにして→と色々変化しますが・・・
スイミングのコーチに少し怒られても、駄目と言われても言っているようです
幼稚園の先生にも・・・
もっと適切な言葉に直したいなと思っていますが・・・


こくっぱの母さん 投稿者:まりも  投稿日: 1月30日(水)22時10分05秒

HPのこくっぱ君の紹介のコメントだけを読むと、通園施設へはスムーズに馴染んだように感じていました。やはり、みんなそれぞれに時間をかけて馴染んでいくんですね。レスありがとうございました。


あります 投稿者:みっき  投稿日: 1月31日(木)00時35分21秒

>ちょっと怒っただけで(私が)「プラレールかう」といいます

うちの娘、自分がつまずいて転んでおきながら、「地震だ!」って言うの。
紛らわしいからやめてほしいんですけどね。
私が怒ると、「ごめんなさいっ!」とか。場の雰囲気にはあってるけど、
実は全然ごめんなさいじゃなくて、怒られるのを避けようとしてるだけみたい。(苦笑)

一応、ちゃんとその場で、娘の気持ちを汲んだ上で、訂正してますが。


うちもあります 投稿者:カンガー  投稿日: 1月31日(木)08時45分54秒

たとえば、点字ブロックの上を歩くのが好きなので、点字ブロックの意味を説明して、なるべく上を歩かないように言い聞かせたら、「ルーも目が見えなくなりたい!」→「年とって、目が悪くなりたい!」→「竜宮城で玉手箱もらって、おばあさんになりたい!」などと、一気に(やや癇癪的)しゃべります。
本当に目が不自由が方が、聞いたら、とても不愉快になるだろうなあと私の気持ちも落ち込みます。
ちょっと注意するだけで、そうなってしまうときがあります。
以前、シルバーシートに座りたいと訴えた時(そこしか席が空いていなかった)、
「ここは(窓の絵を見せながら)赤ちゃんをだっこしている人とか、お腹の中に赤ちゃんがいる人とか、お年寄りとか、松葉づえの人とかが座る席だから、ルーも、ママも座れないよ」と説明しました。
遠方の療育の帰りで夜も遅く、かなり疲れていたこともありましたが、ややパニック的な感じで、「ルーも足怪我して松葉づえになりたい!ルー足悪くなりたい!」などと言います。
これも足が不自由な方が聞いたら、どんなに嫌な思いをされるだろうと、私は本当に悲しい気持ちになります。
自分の「〜したい」という気持ちが通らないと、そんなふうに過激な(?)発言をすることがたまにあり、対応に困っています。
本人は自分の意思が通らないことは、仕方ないと理解しているので、何かしゃべることで、自分の気持ちを治めているように見えますが、しゃべる内容をもう少し違う形にもっていけたらなあと思います。


まちがえた 投稿者:カンガー  投稿日: 1月31日(木)12時50分26秒

点字...じゃあないですよね。
うちの最寄りの駅のそばには福祉施設があって、歩行者専用の道路の真ん中などに、ずっと点々と黄色いでっぱりのある印がついています。
駅のホームのものと同じです。
その上を歩くのが好き...という意味です。


ちょっと失礼します。 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月31日(木)13時19分41秒

【点字ブロック】
「本当に目が不自由が方が、聞いたら、とても不愉快になるだろうなあと私の気持ちも落ち込みます。」のはごもっともです。
でも、お子さんに言い聞かすには、まず「点字ブロック」のブツブツの感触が好きなことを十分に認めて、点字ブロックに似た刺激物を見つけてあげた方が、「ここでは我慢しよう」という気持ちを持ちやすくなります。そして、「点字ブロックの上を歩くと、磨り減ったりして目の不自由な人が困る。」と教えたり、「目が見えないのは、タイヘンなことだよ。じゃあ、今、目をつぶって歩いてごらん。」と体験させてみてはどうでしょうか?

【松葉杖】
こちらも、「足が不自由な方が聞いたら、どんなに嫌な思いをされるだろう」と思う前に、本人が松葉杖を使うことのタイヘンさを知らないので、まずは「松葉杖を使うと、足は楽だけれど腕が疲れる」ことを説明した方がいいと思います。それに、足を怪我したら痛いですし…。
これだと、本人が言ったことを認めてしまうような気がしてしまうかもしれませんが、「本人はわからずに、見た目の印象でしゃべっている」わけですから、そこのところの誤まりを指摘して、その後にそういう発言の社会的な意味を教えないと、本人が納得できなくて繰り返すことになります。

確かに、「〜したい」という気持ちが通らないが故の発言ではあっても、本人は意味もわからないで言っているのですから、まずは認知の誤まりからほどいていかないと「不適切な発言をもう少し穏やかにする」という目的に到達できずに堂々巡りになってしまいます。


もう一つ。 投稿者:ペンギン  投稿日: 1月31日(木)13時25分46秒

【地震】
おそらく、前庭覚の障害だと思いますが、「自分がバランスを崩してぐらっとした感覚」と「本当に地面が揺れている感覚」が同じだと、本人には区別がつかないことがあります。
私も、子どもの頃は、普通に座っているのにフラッとなって「地震!」とよく言っていました。どうやら違うことが分かった後は、「今、揺れた?」と聞くようになりましたが…。


〜だったらいいのに、という発言 投稿者:  投稿日: 1月31日(木)14時26分05秒

ひょっとしたら、子供は内心そういう発想をしがちなのかもしれないけれど、障害のない子供は思っても、自分の内部で訂正しているのでしょうか。

私(AS)は、10代の半ばぐらいまで、そういう発想をやめることができませんでした。口にはあまり出さなかった(なのであまり訂正もされなかった)のですが、たまに親にぎょっとされたこともありました。
自分が持ってない能力を、ひとが軽視するとかなしい、というような言われた側の経験を積み重ねて、どうして言っては(思っては)いけないのかを時間をかけて、理解していったように思います。

ペンギンさんが既に具体的に書いておられますが、
「それがどんなに大変なことか」ということと、「それを聞いた相手が傷つく」ということが両方想像できて、かつ、理解できてはじめて、納得につながると思いますので、私の事例を考えると、早いうちに取り組まれた方がいいような気がします…。

なんかこの発言自体で読む人が不愉快な気分にならないか心配しています。


怒られたとき 投稿者:まつこ  投稿日: 1月31日(木)15時44分02秒

>もっと適切な言葉に直したいなと思っていますが・・・

例えば、「怒らないで」とか?「いやだ〜!」とか「やめて〜!!」とか?
大ちゃんにとっては「プラレール買う」というのが、そういう意味なんでしょう。

うちも、みっきさんとこと同じで「ごめんなさい」ということばを
謝罪の気持ちの表現ではなくて、自分がなぜ叱られたか、
どうすれば叱られないのかもしらないまま、
母の怒りを静める呪文として唱えていた時期がありました。

で、場の状況や自分が求められている行動がある程度理解できたところで
例えば大ちゃんもルーちゃんもまだ年長さんなのですから
「やだ〜〜〜!!」「〜〜〜したい!!」という気持ちを自分でなんとかするのは
かなり難しいんじゃないかしら。

坊主はわりと聞き分けのいいほうだと思うけれども、
それでもかなり葛藤してますよ。

今のところは
「いやだ」「したい」という気持ちを表現すること自体が
いけないのではない、ということがわかるように、

ひいては「いやだ」「したい」という気持ちを持つこと自体が
いけないのではない、ということがわかるように気をつけながら

気持ちの切り替え方を少しずつ身につけていければいいのかなぁ、と思います。

とはいうものの、私も、この頃少年の本音がどこにあるのかわからなくて
歩み寄らせてばかりいるような気がしています。(ノ_・。)


趣旨と異なってしまいますが・・・ 投稿者:TTT  投稿日: 1月31日(木)16時11分15秒

当初の趣旨と変わってしまいますが、「認識」について

福島学院短期大学教授 庄司他人男 氏の講義を聴いて感じたことがあります。

1 人間の成長は「経験の再構成」として成立する。
2 「経験の再構成」は、「解釈」によってなされる。
  「認識」とは「脳による解釈」である。
3 「経験」は各自に固有で、「解釈」する際には必然的に関わる。
4 「解釈」は何かを感じたり、気付いたりして成立する。
  ※「感じなければわからない」「感じることは考えること」
5 「考える」ことは「イメージ」を動かすことである。
6 「意味(価値や重要性)」は「生きる」ことにつながるときに発生する。
7 ことばの「意味」は個人個人によって非常に違っている。
  ことばの意味はことばによって伝達することはできない。
  しかも、「意味は人間の行動に関わり、生き方に関わる」

抜粋ですが、以下は私なりの解釈です。
何かを「知る」際には、経験によってイメージすることが重要で、経験がなければイメージはできない。つまり、正しく物事を「知る」ということができない。
この経験は、直接体験である必然性はなく(そのほうがよりイメージしやすくなるのはいうまでもありませんが・・)間接体験でもよい。
経験を繰り返すことにより、より具体的なイメージが構成され、更に、イメージをふくらませることができるため、しっかりした解釈ができる。
この解釈が自分にとって「生きる(生活する)」ことにつながるときに、意味が生まれ、記憶となって自分の行動(言動)に結びつく。

自閉的な傾向が強いお子さんにとって、経験→イメージ と結びつくまでにかなりの苦労が予想されますし、時間もかかるでしょうが、何度も何度も経験させることによって、その子なりの解釈ができるのではないでしょうか。

ペンギンさんのおっしゃるように・・・

「生きる」につながるためには、タイムリーである必要性はあると思いますので、「〜になりたい」というような発言がでたときや、そういった場所で経験させる必要はあると思いますが・・・

【シルバーシート】は、実際に席を譲るというようなことを、説明しながら何度か繰り返していけば・・というような気がしますが・・

なお、上記の庄司他人男氏の論説の詳しい内容については、
黎明書房『授業における人間形成のメカニズム』に載っているようです。

PS M@ROM管理人様
 庄司氏の許可を取っていませんので、もし苦情等ありましたら直ちに削除してください。


言葉の裏側はいろいろ 投稿者:みっき  投稿日: 1月31日(木)16時40分11秒

>うちも、みっきさんとこと同じで「ごめんなさい」ということばを
>謝罪の気持ちの表現ではなくて、自分がなぜ叱られたか、
>どうすれば叱られないのかもしらないまま、
>母の怒りを静める呪文として唱えていた時期がありました。

そうです。うちの場合、それが8,9割。あとの1,2割は、言葉でうまく言い表せなかったり、
怒られている理由がわからなくて、とりあえず出た言葉が「ごめんなさい」だと思います。
母が怒っているときは、たまに理性がぶっとんでいることもあるので、この1,2割は
私の対処がまずいんでしょうね。深く反省。。。 (_ _;)

「いやだー」という言葉を覚えたのも遅かったです。幼稚園の頃は、嫌なことがあると、
先生のところへ走っていって、泣いて訴えてましたから、小学校に入ってからですね。
友達との会話をフレーズで覚えて、別のときに自分で使ってみたらうまく会話が合致したことで、
「いやだ」の意味をはっきりつかんだのだと思います。

>とはいうものの、私も、この頃少年の本音がどこにあるのかわからなくて
>歩み寄らせてばかりいるような気がしています。(ノ_・。)

同じく。それに、誘導しているのか、無理強いしてるのか、自分でもわからなくなります。

>おそらく、前庭覚の障害だと思いますが、「自分がバランスを崩してぐらっとした感覚」と「本当に地面が揺れている感覚」が同じだと、本人には区別がつかないことがあります。

あ、なるほど。やっぱり、地震の感覚と区別がついていないんですね。
つまずきから着地までの感覚が地震のそれと同じに感じたんでしょうね。
「地震」という言葉を思いついたのはそういうわけだったんだ。納得。
ありがとうございます。


「ごめんなさい」は、 投稿者:リンコ  投稿日: 1月31日(木)17時11分15秒

今でも、こんなときに出ているようです。<私の場合

自分でどこかに足の指をぶつけた。
隣の部屋で何か荷物が崩れてすごい音がした。
うっかり、自分の冷や奴にしょうゆをかけすぎた。
夫がうっかり、自分の(夫の)ひややっこにしょうゆをかけすぎた。
父が手を滑らせてクリーム入れをテーブルの上に落とした(推定落下距離5.8cm)。
ふくらはぎが攣(つ)った。
缶詰の黄桃がフォークから抜けて、シロップの中に落ち、胸にシロップがかかった。

どれも不適切であり、実家であれば母に厳しく叱られることはわかっているのだけれど、「いやらしいっ。人聞きが悪いから変なときに『ごめんなさい』なんて言わないでよ」と言われると、それに対してふたたびうっかり「ごめんなさい」と出てしまうので、今度は意地になっていると誤解されてしまう(笑)。

結婚して良かった。夫よありがとう。


皆様 投稿者:カンガー  投稿日: 1月31日(木)17時47分47秒

アドバイスありがとうございました。

>ペンギンさん
>「目が見えないのは、タイヘンなことだよ。じゃあ、今、目をつぶって歩いてごらん。」と体験させてみてはどうでしょうか?

これはとても良いアイディアですね。
是非やってみたいです。

>本人は意味もわからないで言っているのですから、まずは認知の誤まりからほどいていかないと「不適切な発言をもう少し穏やかにする」という目的に到達できずに堂々巡りになってしまいます。

おっしゃる通りです。
意味をわからずに言っていると思います。
やはり、もっとわかりやすい形で教える工夫が私に足りなかったと思います。

>縹さん
>「それがどんなに大変なことか」ということと、「それを聞いた相手が傷つく」ということが両方想像できて、かつ、理解できてはじめて、納得につながると思いますので、私の事例を考えると、早いうちに取り組まれた方がいいような気がします…。

はい、繰り返し教えて行きたいと思います。
娘が納得できるように、いろいろ工夫しながら、話をしていきたいと思います。

>まつこさん
>今のところは
「いやだ」「したい」という気持ちを表現すること自体が
いけないのではない、ということがわかるように、

>ひいては「いやだ」「したい」という気持ちを持つこと自体が
いけないのではない、ということがわかるように気をつけながら

>気持ちの切り替え方を少しずつ身につけていければいいのかなぁ、と思います。

あ〜、さすがに見抜かれてしまいましたね。
危ないところでした。
そうですよね、「したい」という気持ちが悪い訳じゃない。
それを表現することもいけないことじゃない。
そこまで押さえ込んでしまうと、いけませんよね。
気をつけます。

皆様、本当にありがとうございました。

掲示板過去ログ案内に戻る