2002年2月その5
ガンコママさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 2月23日(土)23時06分45秒

手紙というのはどうでしょう?
(きちんとした手紙でなくても、メモ書きのようなものでもいいと思います)

宛名は『園長先生』と『諸先生方』の連名にしておけば、回し読みして頂けると思います。
お話を聞いてもらった先生から別の先生方に伝わる時に、事実と違って伝わるのを防げ
ますし、「言った」「言わない」でもめることもないですから。

直接先生方とお話しをする前に、まずは自分の方から伝えたいことを書いて渡して
おいた方が説明に時間を割かなくても済みます。
先生側も、事前に下調べして下さるかもしれませんし。


ガンコママさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 2月24日(日)00時13分36秒

うちの場合…
診断名は担任の先生のみにお伝えし、他の親御さんには細かな診断名は公表してません。
娘の状況だけをお話しさせていただいています。
診断名は周囲の理解を得るためには、短時間ではそれほど役にたたないと思われたので。

先生にも診断名だけでなく、娘個人の行動の対応のしかたなどを、折に触れて
手紙を渡してお知らせしたり、相談し合っています。
教育現場で一番知りたいのは、高機能自閉症だからどうすればいいか、ではなく、
○○ちゃん(君)には、××の場合、どのように接すればいいか、ではないかと思います。
診断名だけではきっと何をすればいいか具体的な対応がわからないと思うのです。

対応の仕方をお手紙しても、診断名ばかりにとらわれてしまった担任の先生が、
あくまで自分流のやり方にこだわってしまって、娘が大変辛い思いをした時期がありました。
診断名は一つでも、一人一人違うのですもの。

一度にたくさんのことをお手紙するより、小まめにメモや連絡帳で、近況や困ったときの
対応の仕方をお知らせするのがいいかもしれませんね。
先生とうまく連携がとれていることが一番だと思いますよ。


ガンコママさんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 2月24日(日)10時53分12秒

うちは、入園前に「高機能自閉症」という診断名を園に伝え、特徴を書いたメモを持参して、担任と話をしました。
問題行動のあまりないタイプだったので、それほど大きなトラブルはなく、もうすぐ卒園です。
たまに園の行事で私が園にいったときに、「最近はどうですか?」と担任に様子を聞き、何か問題点が見えた時は、娘とよく話し合ってきました。
たとえば、つい最近「ルーちゃんは、体育の授業の時、体育専任の男の先生の指示に従わないでふざけてしまう」といわれました。
うちに帰ってから、娘の話をきくと、どうやら男の先生は、ルーが列を抜け出すと「こら〜」と笑いながらおいかけてきて、すごく楽しかったようです。
なぜ、体育の授業でふざけてはいけないか...について、親子でじっくりと話しあい、それ以来(といっても、まだ一度しか授業はありませんが)ふざけなくなりました。
先生からの情報収集は大切だと思います。
うちも38人に先生ひとりという、目が行き届かない状況ですので、あまり多くを望まず、家でできることはやりますので、様子を教えてください...という感じでやってきました。
小学校では、もう少し踏み込んで先生とお話していこうと思っています。
小学校には、すでに療育センターが出した診断書、心理の先生の意見書、親が書いたプロフィールノート(まつこさんのところのものを参考にさせていただきました)などを提出しました。


自分の話で恐縮ですが・・・ 投稿者:しのちゃん  投稿日: 2月24日(日)18時57分04秒

久しぶりに、ここへ来ました。しのちゃんといいます。

自閉傾向、言語発達遅滞の小学校一年の娘がいます。現在は、普通クラスです。

去年の娘の髪の毛事件(笑)・・・自分で髪の毛を切ったりして。

あれから、なんとかぼちぼちやって、今学期から通級にも通うことに

なりましたが・・・どうも引っ越す事になりそうで

なんとか情報がほしくてこちらへきました。

お話中、申し訳ないですがよろしくお願いします。

滋賀県の彦根市なんですが

学校情報、通級情報、療育情報(塾、民間の療育関係機関など・・)

よろしくおねがいいたします。

本当に、お話中すみません。


あ、しのちゃん 投稿者:  投稿日: 2月25日(月)07時43分14秒

お久しぶり。
えっ、彦根? せっかく通級できるようになったのに又、転勤なんて辛いね。

>学校情報、通級情報、療育情報(塾、民間の療育関係機関など・・)

通級関係は、今の時期、一日でも早く連絡をとった方が良いと思う。
今の通級の先生に、是非転校先でも通級できるようにと書いてもらって、
それを転校先か彦根の教育委員会に。

どこの学校に通級教室があるかも教育委員会に問い合わせれば教えてくれると思うよ。
下記にも載っているけど、この他にもあると思うから。

http://homepage2.nifty.com/cmd1/25siga.html


彦根なら 投稿者:まつこ  投稿日: 2月25日(月)09時21分11秒

http://www.biwa.ne.jp/~kaize/

秋にここの「強度行動障害療育セミナー」に行きました。

とてもよかったです。


何も知らない教師として・・ 投稿者:TTT  投稿日: 2月25日(月)09時32分58秒

TO ガンコママさん

みっきさんのおっしゃる通りだと思います。
その子にあった、個人にあった、対応が一番大切ですよね。

何も知らない教師という立場から・・・
新年度迎えるにあたって・・・

何も知らない教師、予備知識がない教師が、「うちの子がこうした時にはこうしてほしいのですが・・」といわれたらどうするでしょう?
た・ぶ・ん 「そうですか、わかりました」と言いながら『集団生活でそんなわがままは通りませんよ』『それなら、そうならないように教育してあげましょう』ってな風に、親御さんの思いとは別な方向に力が入ってしまうのではかと心配します。何年か前の私も、たぶん、集団生活でそうならないように、みんなで見ていきましょうなんて生徒を巻き込んでしまっていたと思います。

診断名はあまり関係ないとの意見が多いですが、それは、多くの経験を積んだり、多くの子どもたちと接しながら多くのことを学ぶことができた者にいえることであって、何もわからない教師、特に通常学級の教師(少なくとも私の時代の教員免許を取得するための手段に障害児教育に関する必修単位はありませんでしたので・・)にとっては、診断名があって、その子(個)を冷静に見つめることができるということが多いのではないでしょうか。

私が職員に共通理解を求め、対応の仕方をお願いする時も、「□□は、こういった時にこういう風になりやすいので、こんな風に対応していただけるとありがたいです」という一方的なお願いになると、陰のほうから、そんなのうちのクラスの○○だってそうだよ、そんなこと一人一人にできるわけないでしょうみたいなことをいっている教師がいたことがありました。ので、次からは「△△は○○病院で□□という診断を受けています。□□はこういう状態になりやすいのですが、△△はこういう時にこんな風になることが多いようですので、こんな風に対応してください」と言うようにしました。
わからないと、自分のわかること(経験したこと、学習したこと)でしか、物事を判断できなくなりますので、教師にも学習させてあげてください。
そのために、まず診断名とお子さんのの実際の状況、対応の仕方をきちんと伝えていただけたらと思います。

そういえば・・・
 先日は貴重なご意見ありがとうございました。先日、教頭に小学校のほうにいってもらって話を聞いてもらうと共に、春休み中にもう一度学校にきてもらって、本人とマンツーマンで一日(午前中)過ごすことができるよう手はずを整えました。
 


ガンコママさん〜♪ 投稿者:まつこ  投稿日: 2月25日(月)09時50分52秒

>担任の先生も、病院で聞いたことで何か自分に参考になることがあれば
>教えてほしいと言われてます。

頼もしい先生じゃないですか。ワクワクo(^-^)o

最初からパーフェクトな理解を得られるはずもないですし
それに、こっちだって伝えたいこと知ってほしいことを
最初からうまく伝えられはしないだろうし
誤解は気がついたときにとけばいいですし、そうこうしてるうちに
誤解されにくい伝え方ができるようになってくるんじゃないかしら。

それに、なにより、お母さんがお子さんに対してどんな風に感じているのか
先生に伝わっているのといないのとでは、園であった事をどれくらい知らせてもらえるかに
差が出てくると思うのですよ。

トラブルを知らせたらお母さんが不安定になって子どもに悪影響がでるかも

と、先生が思っていればよっぽどの大事しか知らせてもらえないでしょう。

また、「保育時間は私の責任だから」と先生がお考えになって抱え込まれて
ちょっと知らせてもらえれば親には対処法がわかっているのに、
親がしたのと同じ試行錯誤を先生は余裕のない中であみ出さねばならない
と言うことも無きにしも非ずでしょう。

だから、子どもの園での生活をより充実したものにするためにも
情報収集しやすいように、こちらも情報公開して
お互いに「こんなことがあったときにこうしたらこうなりました」というやり取りは
頻繁にしておいて「次に同じことがあったらこうしてみましょう」という作戦会議まで
持っていけると、もう、鬼に金棒、なんでもこい。
三人寄れば文殊の知恵。
子どもは担当の先生に限らず園の職員さんみんなに育まれていますから
話に乗ってくれそうな人にはどんどん
(*^_^*)「ちょっと個性的なんです。よろしくおねがいします〜」でしょう。


必要十分条件 投稿者:まつこ  投稿日: 2月25日(月)10時13分23秒

>診断名があって、その子(個)を冷静に見つめることができるということが
>多いのではないでしょうか。

診断名に引きずられてその子の状態を見誤る危険性もある、
この掲示板の書き込みではそういう経験をしてこられた親御さんが多いということでしょう。

診断名や検査の結果を知らせる必要がないとはだれも言ってないと思いますよ。
それだけでは十分ではない、診断名や検査結果のデータ「ばかり」に振り回されずに
真にその子にあわせた指導や援助を考えて欲しい、ということです。

職員室での他の職員の啓発については、その場にいたことがないのでわかりませんが
ご苦労は察するにあまりあります。
……うちの子の先生がたも板ばさみにしているんだろうな〜と胸が痛みました。すいません。

でも、「障害児だからこうしてほしい」という説明で
「障害はないけどうちのクラスにも同じように対応して欲しい子がいる」となるんなら
より多くのそういう対応が必要な生徒に、どうしたらそういう対応ができるのか
みんなで考える方向に話を向けるわけにはいきませんか。
私はそれをあきらめたくないんですけど。


手紙を書いてみます 投稿者:ガンコママ  投稿日: 2月25日(月)14時04分12秒

娘の自閉症カミングアウト(というほど大げさではないのですが)に
関してたくさんのアドバイスを頂きありがとうございました。
すごく感激しました。

ケロちゃんさんのおっしゃるように、まずは手紙を書いてみようかな
と思います。

私が今まで幼稚園に診断名を言わなかったのは、言葉の遅れがあって
病院に通っていることは伝えてあるし、園から特に問題点のような
ことを言われなかったからですが、まつこさんが書かれているように、
トラブルがあっても先生が抱え込んで、私に言わないだけなのかなと
思うこともありました。

年長さんになると様々な行事が増え、その内容も高度になってきます。
うちの娘がみんなについていくのは今よりもっと大変になるでしょう。
私としてはあまり無理をさせずに、娘の出来る範囲、例えば発表会の
合奏が2曲あったらそのうち1曲だけの参加でもいいと思っています。
でも先生の立場としては、皆平等にやらなければならないとがんばって
しまうのではないでしょうか。その結果先生にも娘にも負担がかかる
ことが心配です。

必ずしも皆と平等でなくてもいいということを伝えるには、やはり
診断名を出したほうがいいのかなと思うのです。
(もちろんがんばって同じようにできるのであれば、それが一番
ですけどね。)

ところがいざ手紙の内容を考えてみると、娘にあった対応という
のを私自身が持ってないことに気づかされました。カンガーさん
の子供さんと同じように、大きな問題行動がないことと言語での
指示がある程度は通ることで、結構いいかげんというかその場
しのぎの対応をしていて、こりゃまずいという感じです。

3月のクラス懇談会の時に手紙を渡そうかなと思うので、それ
までにもうちょっと勉強して、考えをまとめたいです。

みなさんの言われるように最初からパーフェクトなものは
無理でしょうから、少しづつやっていこうと思います。

いつも長々書いてしまってすみません。質問したいことは
まだまだいっぱいあるのですが、私だけがこちらの掲示板
を独占するわけにはいかないので、小出しにしていきたい
と思います。どうぞよろしく。


全くそうです 投稿者:みっき  投稿日: 2月25日(月)16時15分56秒

>診断名に引きずられてその子の状態を見誤る危険性もある

ハイジがある学年のときの担任の先生は、「自閉症の子どもをみたことがある」らしくて、
娘には自閉傾向があると私がお話ししたときに、「キーワードは何ですか?」とたずねられたの。
「は? キーワード…ですか?」と私。
「キーワードが何かあるはずです。チャンネルを合わせるような何かキーワードが…」と先生。
「??? あのぅ、娘と関わっている内に、先生と独自の関係ができると思いますが??」
ハイジは明るい子なので、突拍子のない関わり方をしにくるけれど、
彼女の目線に立って接して下されば、いろんな発見をするのは間違いないのです。

しかし、その先生、キーワードだのチャンネルだの、家庭訪問や参観や学校で会うたびに、
それをたずねてこられるんです。
ハイジはこだわりが強いわけではないし、パニックも軽く短時間でおさまりますし、
言語面が弱いとはいえ、面と向かって噛み砕いて説明すれば納得もします。
そう話しても、「キーワードがわかるといいんですがねぇ」としかおっしゃらない。
しまいに、参観の後、私のところへ「ね、いつもあんな感じなんですよ」と困り顔でやってきます。
「ね、」ってあなたはいったいどんな関わり方をしたというの?
参観している間、ハイジはノートに落書きしたり、消しゴムをちぎっていたりしてたけど、
先生はハイジの落書きする手を止めただけで、言葉もろくにかけなかったじゃない?
しかし、当時の私は気弱。(笑) 強くいえなかったのが今も心残り。

この先生が担任の1年間は、他のいろんなことも加味して、ハイジは非常に不安定でした。
学校に行っても、自分が何をすればいいのか、皆目わからなかったようでした。
ただ一つ幸いしたのは、クラスの面倒見の良い友達が傍にいてくれたこと。
この友達がハイジをフォローしてくれていたので、学校生活に潤いがあったようです。

診断名だけで全てを見ようとすると、等身大の姿が見えてきません。一人一人違います。
診断名、検査結果などはあくまでも目安で、本人をよく見ていただくことが本当に大切です。


そういえば・・・ 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月25日(月)22時05分51秒

3年生になった初日の5者面談(校長・教頭・担任・学年主任・私)で、
「運動面では、自分の体の位置をすぐに捕らえられない事や、自分と他の距離が掴み難い事もあって、体育の授業で苦手なことが多いです。」という私に、
「○○学校(養護学校)にもいました(えっへん)」という学年主任は、
「鉄棒も跳び箱も縄跳びも、時間をとって沢山させましょう!大丈夫、ご協力いたします!!」と、おっしゃいました。
わたしは、
(担任じゃなくて、よかったぁ・・・)
と思いましたわ^^。

なんか違う方向にいってしまいましたが、
>診断名だけで全てを見ようとすると、等身大の姿が見えてきません。一人一人違います。
>診断名、検査結果などはあくまでも目安で、本人をよく見ていただくことが本当に大切です。
賛成です。
でも、診断名を頼りに勉強していくと、おのずと「一人一人違う」事や「あくまでも目安で本人をよく見る」事がどんなに重要かって事もわかるんだけどな。
もっと、もっと、沢山の人に、より深く、認識してもらえるといいですよね。
頑張りまぁす!


ごめんなさい、 投稿者:ななこ  投稿日: 2月25日(月)23時49分22秒

本題から外れますが・・。

自閉症の子をみたことがある「キーワード・チャンネル」先生や、
養護学校にいたことのある「大丈夫・ご協力」学年主任
のお話を読むと、

かつて、「障害児を積極的に受け入れています」という園で
うちの子を受け持って
「こういうお子さんって、どう接していいかわかんないです〜」と
いきなりおっしゃった先生のほうが、
まだましだったのかな、と思ってしまいました。


確かに 投稿者:朝倉玲  投稿日: 2月26日(火)00時13分11秒

>「こういうお子さんって、どう接していいかわかんないです〜」と
>いきなりおっしゃった先生のほうが、
>まだましだったのかな、と思ってしまいました。

偏った経験で知った顔をする先生よりは
「何も知らないから、いろいろ教えてください。こちらも一生懸命考えて対応していきます」と
言ってくださる先生のほうが、はるかに有望です。(笑)
だから、私は受け入れ経験のある園にはあまりこだわらずに、今の保育園を選びました。
結果として、大当たりでした。(*^_^*)

まぁ、「何も分からないです〜」といって、逃げの一手に走る先生では困りますけれど・・・(苦笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


「光とともに…2」の心に染みる言葉 投稿者:まつこ  投稿日: 2月26日(火)10時25分58秒

父「自閉症は本当に一人一人違うからなぁ。
 原因がまだわからないこともあってか療育方法もいろいろあるよな。
オレもずいぶん本読んだけど(ずら〜っ)
でも結局どんな方法でも光に合わないとしょうがない」

母「私は難しいことはよくわからないから光のことをよく見てくれて
最後に『お母さん大丈夫ですよ』って安心させてくれる先生を信じるの」

先生たちの回想シーン
「お母さん今まで一人でがんばってきたんでしょ?
これからはわたしたちのこと頼ってくださいよ」
「自閉症の原因はお母さんの育て方のせいじゃありません。
どの子も成長する力を持っています。それは絶対信じてください。」
「もう少し様子を見ましょう。簡単にあきらめないで。
光くんにとって安全なことは他の園児にとっても安全なんですよ。」

母「本当にいい先生ばかりだった 私も光も恵まれている」


今日の午後にゲット 投稿者:みっき  投稿日: 2月26日(火)20時13分52秒

どの場面を読んでいても、目頭が熱くなってしまった。
救急で病院に担ぎ込まれた話のところ、胸が痛くて…。
ハイジも風邪で点滴を受けたとき、動くと針がはずれるというので、添え木して包帯ぐるぐる巻いて固定。
それをはずしたくても熱でフラフラしてるから、ハイジは涙ぐんでたっけ。
「今、ハイジはロボットになってるんだよ、かっこいいね〜。少しの間、ロボットね!」
って、笑顔を取り繕って説得したっけなぁ。「ロボット…」って言っておとなしくしてた。

ほんの一瞬目を離したり、手を離したすきに、迷子にしてしまったところも
ハイジが多動でやっぱりよく迷子になったから、感情移入しちゃった。
いろんなことを思い出してしんみりした昼下がりでした。


光とともに… 投稿者:ガンコママ  投稿日: 2月26日(火)22時58分44秒

は、よく話題に出る本ですよね。読んでみたいんだけど、感情移入しすぎて
辛くなりそうでまだ手をだせずにいます。

今週いっぱいダンナが留守なので、家事、育児を放棄してこちらの掲示板
の過去ログを読んでいます。以前に一度チャレンジしたのですが、何しろ
量が多いのとその時はインターネットが常時接続じゃなかったので途中で
挫折しました。今現在ななめ読みですが3分の2くらいは読んだかな。

役立つ情報満載ですね。私が質問しようと思ってた内容もいろいろ出てました。
独り言への対応とか。

明日は幼稚園の保育参観です。ちょっと不安。娘のことよりも2歳の弟のほうが。
一秒たりともじっとしてないんですよ。前回の保育参観は園庭で遊びたがるので
ほとんど見れませんでした。おまけに最近同じくらいの年の子(特にはじめて
見る子)を押したり、たたいたりするようになっているので。

むやみにひとをたたいたりするっていうのも自閉症の特徴にありますか。


それにしても 投稿者:ガンコママ  投稿日: 2月26日(火)23時02分05秒

わたしがいろいろ工夫して作った手料理より、カップ焼きそばのほうが
喜ばれるというのはさみしいものですね。


おたずねします 投稿者:mi-cyan  投稿日: 2月26日(火)23時42分50秒

今度、地方から神奈川県へ転勤します。
障害者にやさしい地区というか、統合教育の進んだ地区を
特殊学級のある小学校などを知りたいのです。
息子中心に引っ越し先を見つけようと思います。
差し迫っている問題として
アスペルガーの息子を今度、幼稚園か保育園に入れたいのですが、
どこかお薦めの所がありましたら教えてください。
療育機関でも結構です。
参考に致しますのでよろしくお願い致します。


神奈川県は広いですよ 投稿者:大ママ  投稿日: 2月27日(水)16時34分09秒

いい所がみつかるといいですね・・・私は千葉県です


〇超〇限〇止療法 投稿者:エボ  投稿日: 2月28日(木)10時45分13秒

幼児〇〇開発センターで実施されている、〇倉〇〇限〇止療法を経験または聞かれた方は
いらっしゃいますか? 自閉症が治ると言われているのですが、?です。
ご存知の方はメールでも構いませんのでお聞かせ願えませんか?

http://home.att.ne.jp/sea/youjiskc/


RE.おたずねします 投稿者:りょうママ  投稿日: 2月28日(木)12時47分29秒

神奈川県といっても市によって違いますが、どこも療育関係は充実していると思います。私はかつて横浜市にいたのですが地域ごとに療育センターがありました。修学前なら保健所等で場所を教えてもらえますから、まず電話や面接などしてみたらどうでしょうか?住所が決まってないなら小学校入学を視野にいれて登校できる場所を考えた方がいいと思います。地域のセンターで親の会なども紹介してもらえるので本当はそちらの情報のほうが役にたつと思うけど。私も苦労して地方から千葉県に越しましたが、とにかく電話かけまくりました。どこがよいとか悪いとかは主観もあるので運だめしでしたね。でも情報集めはできるだけした方があとに悔いはないと思います。ファイト!!


自閉症が治るかどうかは知りませんが、 投稿者:贅沢姫  投稿日: 2月28日(木)13時19分50秒

「治る」と言えばお客さんが喜んでくれるだろう、治るとお客さんが喜んでくれるだろうという前提で宣伝しているのであれば、自閉児・者は「居ない方が良い」という考え方を前提にしているわけであり、民族浄化、方言札、創氏改名、口話読唇強要、ガス室、ゲイバー爆破、シナゴーグ爆破等と同根です。

内容は見ないで言ってますんであしからず。


それって、 投稿者:ばってんぼう  投稿日: 2月28日(木)14時57分21秒

http://isweb11.infoseek.co.jp/family/ms25/ryoiku/kanri001.html
↑ここで紹介してたとこ?


個人的意見ですが、 投稿者:ガンコママ  投稿日: 2月28日(木)16時01分43秒

下でお尋ねになってた療法、すごく怪しい感じがしました。(面白半分に
ホームページのぞいてみましたが。)

実際どんなことをするのか書いてないし、一回の面接で多動が直ったとか、
そんな簡単なものだったら誰も苦労しないと思うのですが。

エボさん、ご自分でも?と思われるんだったらやめた方がいいんじゃないですか。

こんなこと書いてよかったのかな?不適切な発言だったら削除して下さい。


おや、贅沢姫さま 投稿者:  投稿日: 2月28日(木)20時02分53秒

ここでは、とんとお見受けしないキャラでの登場ですね。
しか〜〜し、
いつものあなた様の、
理路整然とした、一つひとつたたみかけるような発言は何処にぃ?
冷静を装いながらも、実は動揺しておいででせうか?


しかし、
一見、論理の飛躍にも見えるその発言が、
実は、いつものM@冷静管理人とほとんど同じというのも、
妙に悔しいです。 < 又は、嬉しいです。


世の中には 投稿者:  投稿日: 2月28日(木)20時07分38秒

色々な療法が存在するんですね。
個人的には、
それがその子の存在を否定せず、生きて行く為のパワーを培うものである
限りにおいて、それを支持したいです。

例えば、アニマルセラピーなんて言うのがありますが、
セラピーなんて仰々しく考えなくても・・・、
誰でも、好きなものに触れ、あるいは心地よい感覚に浸る事ができれば、
安らぎ、癒されるわけで、
そういう意味でも、小難しい理屈は抜きで大いに賛同したいわけです。

えっと、
そのそのなんとかという療法、

”日本の文化の破壊は、鉛筆の握り方で分かる。
 子どもに箸と鉛筆の握り方を教えていけば、親子の絆が強くなります。
 母親の人間性も育ち、家庭が明るくなってきます。”

という一文がすべてを物語ってはいないでしょうか・・。
この話題は、もうここで打ちきりま〜す。その療法の名も過去ログに入れる
時点で、伏字にしたいと思います。


「光とともに・・・2」 投稿者:ケリー。  投稿日: 2月28日(木)22時42分59秒

ゲットォ〜!
いきなり、表紙から泣かせてくださいまして(;;)
中身はこれから。

掲示板過去ログ案内に戻る