2002年3月その3
すみません 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 3月11日(月)23時48分46秒

絵本、引越し準備で全てしまってました。

ということで、記憶に残っている本だけ書きます。
思い出した本があれば、後日連絡します。

上のお子さんにオススメ。
つちだよしはる作「さみしくなかったよ」
神沢利子作 垂石真子絵「まいちゃんのいちにち」
ロバートマンチ作「ラブ・ユー・フォーエバー」
長新太作「キャベツくん」

下のお子さんにオススメ。

長新太作「こねこのおんぶ」
きたやまようこ作「ぼくとポチのおかしな12人のともだち」「ゆうたはともだち」他多数
中川ひろたか文 村上康成絵「こんにちワニ」

長新太のシリーズは発想が面白いので、お子さんを絵本の世界へ引き込む
のにかなり有効です。


ご近所の児童書専門店 投稿者:  投稿日: 3月12日(火)02時08分21秒

ガンコママさん
洋服と絵本程、好みが分かれるものはない..と良く言われていますが、今、本当に児童書の
専門店が充実したところが多いです。大型書店ではなくて、こじんまりした個人でなさって
いる児童書のお店は、本当に、子どもが遊んで待っていられるように、質の良いおもちゃが
たくさん置いてあるし、私がいつも、お邪魔してるところなどは、親が絵本を選んでいる間、
他の絵本を読んで下さってたり、いろんなおもちゃで遊んで下さってたり、本当に気楽です。
子どもは毎週、遊びに行くのを楽しみにしている位です。
そういう所が最近すごく増えています。娘が小さかったころ、やはり同じように言葉が
出なかったのですが、すがるような思いで、児童書のお店をお訪ねして、事情を話たら
お勧めの絵本を色々と出して下さって、「好きなだけ、お子さんに読んであげて、気に入り
そうだったら、それになさると良いですよ。見るだけ見ていかれても構いませんからね」と
言って下さって。でも、本当に、子どもは気に入ってしまって、3冊程買って帰りましたが、
もう、3年もたつのに、未だに、時々、そのころの絵本も出してきて読んでいます。
今は、3軒位の絵本専門店にお邪魔させて頂いてますが、どこも、同じように親切で
オーナーさんも、孫育てをされているような方々もいらっしゃるので、とっても、ゆったりと
子どもに向かって下さいます。絵本は、手にとってみるのが一番だと思いますので、
ガンコママさんも是非、地元の児童書の専門店をお訪ねになってみられたら如何でしょうか。

全国の児童書の専門店のリストをもっておりますので、もし、お近くでお心あたりが
なければ、おっしゃって頂ければ、お探しします。ご遠慮なく、メール下さい。

5〜6歳のお嬢さんに昨年お勧めして、10人が10人とも、何度も読んで!と
おっしゃったのが、マイケル・グレニエッツの「にじいろのはな」です。
グレニエッツのお話は、子どもたち、結構、どの絵本をとっても、好きみたいです。

お気に入りの一冊になるような絵本に出会えると良いですね。


本は、 投稿者:リンコ  投稿日: 3月12日(火)04時08分51秒

図書館へスパイしにいく。

ぼろぼろのは子どもがよく見てる証拠。


絵本について 投稿者:ガンコママ  投稿日: 3月12日(火)07時52分16秒

たくさんのレス、ありがとうございました。おすすめがいっぱいあってやっぱり
選べないよ〜。(笑)とりあえず、全てメモして後は財布と相談します。

「おおきなかぶ」はやっぱり人気ですね。アニメビデオ大好きのうちの子たちには
ノンタンもとっつきやすいかなと思いました。下の子はまだ集中力がほとんど無い
ので、単純で繰り返しパターンのものが良いようですね。

>地元の児童書の専門店をお訪ねになってみられたら如何でしょうか

>図書館へスパイしにいく。

うちの息子、家では本棚の本をすぐ床にばらまいてしまうので、ちょっと恐い。
寝てるときに抱っこして、ささっとスパイだけでもしてみようかな。
実は近所に小さな絵本の専門店があって、読み聞かせの会なども開いているようで
気になっていたのです。今度思いきって行ってみます。


スパイに行くついでに、 投稿者:かずりん  投稿日: 3月12日(火)10時24分54秒

その絵本を借りてきて読んであげてもいいかも。
絵本ってけっして安い買い物ではないので、どんな物が気に入るかわからないときは、まず借りてきて読んであげて気に入った物を買ってあげるほうが、せっかく買ってきて読んでも興味を示さなかったといって腹をたてることもないです。(笑)

あと、裏表紙を開けたところに書いてある初版年も買うときの参考になりますよ。
昔から読みつがれているものは、やっぱり良いものが多いです。


発達検査について 投稿者:ガンコママ  投稿日: 3月14日(木)22時34分37秒

何か私ばっかり質問してるみたいで申し訳ないのですが、またお願いします。
(他に相談できるところがないのです。)

みなさんは子供さんの発達検査をどのくらいの頻度で受けていますか?
うちの娘は約1年前、高機能自閉症と診断された時以来やっていません。
娘の現在の状況を知るために、そろそろ受けたほうがいいのかなと思う
のですが。

発達検査って親の方が希望して受けるものなのでしょうか。前回検査を
受けた病院には診断以降一度も行ってません。睡眠障害などで薬が必要
になったら出しますと言われただけで、また見せるようにとは言われな
かったのです。現在はその病院から紹介された別の病院で療育を受けて
いますが、そこでも検査の話は出てません。

前回の検査は、何と言う検査なのかも結果の数値も教えてもらっていません。
私が聞かなかったからなのかな。その病院は私の住む地域では一番有名な所
らしいのですが、何だかな〜って感じです。病院って後のフォローは無いの
が普通なんでしょうか?


至急の情報求む。 投稿者:  投稿日: 3月15日(金)19時50分27秒

鹿児島在住の方が急に大阪への転勤が決まったそうです。

お子さんはこの4月に就学。
大阪の特殊教育・障害児への取り組み・親活動等
どんな些細なことでも結構ですので、教えて欲しいとの事です。
詳細はご本人からの書きこみを待って、メールででも教えてあげて
下さいね。


ガンコママさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 3月15日(金)23時36分52秒

>前回の検査は、何と言う検査なのかも結果の数値も教えてもらっていません。
>私が聞かなかったからなのかな。その病院は私の住む地域では一番有名な所
>らしいのですが、何だかな〜って感じです。病院って後のフォローは無いの
>が普通なんでしょうか?

あちらは普通とはちょっと違います。
私からはそれ以上は述べません。

もし発達検査をお望みでしたら、私から良いと思われるところを
お知らせしますので、こちらへメール下さい。


●●●新著案内 投稿者:みりあむ  投稿日: 3月16日(土)14時24分05秒


『平行線』はこちら。


はじめまして 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 3月16日(土)17時03分16秒

はじめまして
謎のタヌキの母でございます
小学3年生の自閉傾向のある子どもがおります
(上の5年生の”謎のタヌキ”もあやしい。
まっ、自閉症スペクトラムという考えかたからいけば、納得できますが・・・)
鹿児島から大阪に引っ越してこられるとか。
私は大阪の北部に住んでおります。少しはお役にたてるかと思います。
LD研究会というのがあって、小中学校の「やる気」のある先生がいろいろ勉強されています。
年に一度、研究発表会もあります。
某医科大学のLDセンターとの連携もあります。
たまたま、うちの3年生は一年生のときに”発見”してもらいました。
一年の担任の先生、ことばの教室の先生ともに、LD学会で発表されるような先生です。
ここに書き込みされてる方々のなかでは、随分理解のある環境にいるかと思います。
現在”ことばの教室”(通ってる小学校の中にあります)で週に一度、通級指導を受けています。
たぶん、よそよりは先進的なので、よく他校(近所だけでなく九州からも)から見学にこられるようです。
うちの子は、そんなときよくモデルでかりだされてるみたいです。
(知らない人がいると緊張して固まってしまう子もいるので)
実は、2年生の時の担任が、”相性”が悪く、いっきょにいろいろなものが噴出し、
”二次障害”(うつ状態、強迫神経症的なもの)がでて、3年生になってから、それに対処すべく投薬をうけています。(薬ってリタリンではないです)
”相性が悪い”と書いてしまえばそこまでですが、2年生の担任にされたことは、
ほんとにどないなってんねん!と思うようなことばかりで、今でも
こんど会ったら、むなぐらつかんでドカ!バキ!とやらんと気がすまないような気持ちです。
(ほんとにやっちゃうかも・・・)
LD学会で発表するような先生が2人いてもこういうことになっちゃうんですから・・・
当然、母の私も、そのころからちょっと”うつ”っぽいです。
どこの学校もそうでしょうが、担任の”あたり”、”はずれ”は大きいです
いきなり長くなってしまいました。
こどもの謎のタヌキも掲示板に遊びにきたいようです
そのときは、またよろしく


2年半ほど前に書いた文の 投稿者:  投稿日: 3月17日(日)12時57分32秒

コピーです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 一部にいると噂に聞く A^^; ××教師は問題外として、
多くのプロの教師たちは、
国語も算数も社会も理科も体育も音楽も図工も家庭科も、
 ”どうすれば みんなが わかり できるようになってくれるのか”
と、日夜、頭を悩ましながら指導に勤しんでいます。

実際、小学校の教師というのは、
一芸に秀でた個性派より、何でもそれなりに器用にこなしてきた”優等生”
タイプの人が多いようで、”できるのが当たり前、だからみんなにも。”
という意識も強いようにも思います。

でも、残念ながら、現実は、
全員が、同じような力を持っている訳でもなく、その教師の
”理想の枠”からはみ出してしまう子は必ずといって良いほど出てくるもの
です。

それでも、
大多数の教師は、途中で指導を投げ出そうとはしません。班競争、意欲づけ
のための個人競争のグラフ、休み時間や放課後の個人指導・・・etc。
それこそ、あの手この手を画策します。

それで、救える子もいます。
「できなかった事が、できるようになった。」
それこそ、教師にとっては最大の喜びです。

でも、
それでも、救えない子もいるわけです。

やがて、
「ここまでやったのに・・・。」
と言う思いがつのってくる教師も出て来ます。

そうなると、
「○○くんがいると、授業が遅れて困る。」
という発想に陥るまでそう時間はかかりません。それまで、良かれと思って
してきた班競争や個人競争も、裏目に出て、○○君を仲間からはじき出し、
「できるか、できないか」
が、いつの間にか、クラスの重要な価値基準になってしまっていた等という
不幸な事態も招いてしまうかも知れません。

そこに、
追い打ちをかけるのが、親御さんからの苦情。
「先生は○○君ばかり見ているそうですね。うちの子も見て下さっているの
 ですか?」

さらに、
異端を認めない横並びの文化風土は、子ども達にも世間並みを求めます。
学校教育においても、ずっと、
自己を主張することよりも、人に合わせる事が、
考えることより、覚えることが、
試すことよりも、まねをすることが求められてきました。

そんな中では、敢えて
”学級崩壊”や”いじめ”ということばを使わずとも、
弱い立場の子、人と変わっている子が意地悪や仲間外れをされるということ
は、当然ありうる話しです。

それらすべてをまる抱えの教師は、
「特別なサービスを必要とする子どもに対しても、適切な援助、介助は、
 ひたすら学級担任の力量にまかされ・・・・
 個別に計画されたカリキュラムを作成する余裕もほとんどなく、
 ただただ、地域の学校の通常の教育環境に放置されること。」
 
って、拗ねてみたくもなるものです。
地域として、学校として、これだけの受け入れ体制があり、ノウハウがありと
いうのではなく、だだ一人の教師の個人的力量に任されてしまうという理不尽
さは、いつしか学校批判、教師不信をも増幅させます。

そんな中でも、きっちり学級経営をやりきっておられるスーパー教師もいるこ
とも一方の事実ではあります。でも、逆立ちしてもそうはなれない私たち大多
数の教師は、拗ねる以外に何ができるのでしょう?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

実態は、
あの頃と、変わっていない? 
いや、確実に変わって来ていますよね?


はじめまして 投稿者:K's  投稿日: 3月18日(月)10時41分06秒

発達検査の話題がでていましたが、うちには5歳の高機能自閉症と診断された男の子がいます
療育センターにて3歳の初診時から、年に2〜3回ほど検査をしていましたが
わたしもなんと言う検査なのか、聞いておりません。ただ、毎回のIQは教えていただきました
私の地域では未就学児は、3ヶ月に1度の診察と心理を交互に年2回のフォロー。
就学児は年1回になるそうです

4歳になって、主治医が変わって1時間もない診察の中で診断名を告げられました
後に、それまでは診断が確定できなかったのか?と聞きましたところ
その通りだという事でした
息子には、親の目に付くこだわりや困ったパニックがありません
何が決め手で、そう診断されたのか、今まで以上にはっきりした症状が見えたのか
主治医から聞きたくても、5月まで予約がとれず悶々としています

どうもふに落ちず、今月都内の個人病院へ診断を受けに行こうと思っています
どういう名称の検査なのか、今度は聞いてから受けようとおもいますが
お医者さまに行くと ついつい聞けなくなってしまったりします


はじめて書き込みさせていただきます。 投稿者:TK  投稿日: 3月18日(月)12時33分37秒

先週国立成育医療センターにて4歳9ヶ月の息子が広汎性発達障害の疑い(いわゆる自閉です、との説明つきでした)と診断されました。住まいが埼玉なのでスクリーニングなどは埼玉県立小児医療センターを紹介してもらい予約を入れましたが6月まで待たされます。4月から幼稚園の年中に入園予定なので園長先生には事情を話しておきました。幸い私(44歳の父)がその幼稚園のOBで園長は私の事を覚えていてくれましたので(40年も前の卒園児を覚えているすごい園長です)超問題児ですが、と説明して通園は問題なさそうです。ことばはかなり遅れているので療育センターなどを捜しているのですが埼玉県はあまりそういう施設がないとのこと。埼玉県北東部での情報をお持ちの方がいらっしゃれば是非教えて戴きたいのですが。よろしくお願い致します。


K's さんへ 投稿者:ガンコママ  投稿日: 3月18日(月)12時51分31秒

うちの娘も現在5歳で、4歳のときに高機能自閉症と診断されました。
1歳半検診で言葉の遅れを指摘されてから、ずーっと保健所や市立の
相談機関でみてもらっていたのですが、個性の範囲で幼稚園に入ったら
伸びるだろうと言われていたのです。4歳で専門の先生を紹介してもら
う時も、「お母さんが心配だったら見てもらいますか?」って感じでし
た。

sさんの息子さんと同じようにうちの娘もこだわりやパニックはほとん
どありませんが、最初の診察ですぐに診断を下されました。後で保健所の
心理の先生から普通1回めで診断はしないんだけどと言われました。

私自身は診断については納得しています。診断を受けた4歳の時はちょうど
言葉が増えてきた頃で、それでかえって独りごとや興味のかたよりといった
自閉症の特徴が目立ち始めた時期だった気がします。

>私の地域では未就学児は、3ヶ月に1度の診察と心理を交互に年2回のフォロー。
>就学児は年1回になるそうです

公的機関でちゃんとフォローがあるからいいですね。
私のところは療育センターというものが無いのです。以前計画はあったけれど
予算不足で立ち消えになったと聞きました。

>どういう名称の検査なのか、今度は聞いてから受けようとおもいますが
>お医者さまに行くと ついつい聞けなくなってしまったりします

わたしもそのタイプです。特に最初の診断の時は何の知識もないから、
質問も全然できませんでした。その後はこちらの掲示板や自閉症関係の
ホームページのおかげでいろいろ情報を得ることができましたが、全て
の人がネットを利用できるわけじゃないですよね。お医者さんや公的機関の
人はもっと積極的に情報を伝えて欲しいなと思います。


新版K式発達検査 投稿者:まりも  投稿日: 3月18日(月)19時24分13秒

というのを受けました〜。
そこで、教えていただきたいのですが、3つの領域(言語社会、認知適応、運動(?))の数値の差が、発達のアンバランスさを表すと考えて、間違いないでしょうか? 数値の差は、どれくらいから、アンバランスだと判断されるものなのでしょうか?


感動した〜! 投稿者:ひいろ  投稿日: 3月18日(月)20時12分51秒

実は今日、SSTの4をゲットしました。ドラくん昨夜は睡眠障害で今朝は5時起き。
しかも今日は保育園の帰りに予防接種のおまけまであった。
帰ってきても、もちろん元気がない。でもおやつとごはんはいつも通りに食べ(爆)
お風呂は今日は入らないようにと言われたらしいので
そのまま寝かしちゃえーと思って、パシャマを用意したのだが・・動かない。

なので試しにSSTカードの「パシャマを着る」と「ベットに入る」を見せながら
「今日は疲れているから着替えてお休みしましょう」と2度繰り返したら
ちゃんと自分から動いて洋服脱ぎだして、しかも着替えたらそのまま布団に直行しました。
・・・恐るべしっ!SSTカードの威力。

いやー、実はまだドラには早いかなあと内心思っていたのだけど
すごーくわかりやすかったみたいですわ。
これから我が家はカードにまみれそうですわ。・・それってカード地獄?(爆)


ドラくん、 投稿者:  投稿日: 3月19日(火)07時53分52秒

>なので試しにSSTカードの「パシャマを着る」と「ベットに入る」を見せながら
>「今日は疲れているから着替えてお休みしましょう」と2度繰り返したら
>ちゃんと自分から動いて洋服脱ぎだして、しかも着替えたらそのまま布団に直行しました。
>・・・恐るべしっ!SSTカードの威力。

写真派だって言ってたから、
どうかなと思っていたけど、例え一枚でも二枚でもお役にたてて一安心。
あの絵がO.Kならぴいママさん作成の絵カードもO.Kね、きっと♪


そういえば 投稿者:ひいろ  投稿日: 3月19日(火)09時10分52秒

>写真派だって言ってたから、
>どうかなと思っていたけど、例え一枚でも二枚でもお役にたてて一安心。

そうでしたわ〜・・すっかり忘れてる(笑)なんて親なんだろう。
最近は結構絵も大丈夫です。ひとりで絵本をパラパラしている時もありますし。

>あの絵がO.Kならぴいママさん作成の絵カードもO.Kね、きっと♪

昨日お茶を欲しがった時にコップの絵を見せたら大きくうなづいていたので
こちらも使えそうです。
あっ、更新は昨日お昼には多分できるかと思います。ってドラパパ次第なのよ。


心にのこった言葉・・・ 投稿者:かずりん  投稿日: 3月19日(火)11時17分57秒

昨日、じゅん君の卒園式から帰ってきて生活のしおり(各学期ごとに担任の先生が書いてくださるお手紙)を読んでいたらこんな事が書いてありました。
〜じゅん君のお陰で他の子供たちも自然に優しくできる力を身につけられたし、人それぞれの良さというようなものを見られるようになったと感じられ、成長させてもらったと思います。〜

この言葉がじゅん君の幼稚園生活を、すべてものがたっているように感じました。
じゅん君、良かったね・・・。


昨日の春、明日の春 投稿者:みっき  投稿日: 3月19日(火)13時57分14秒

じゅん君、ご卒園おめでとうございます。
そして、今春、卒園を迎えられた他のお子さん方も、
ご卒園おめでとうございます。
いろんな思いを抱えて、育ててこられた親御さん方にも、
心よりお祝い申し上げます。

春になれば、蕾もほころびて、花が咲きますよね。
育て方に少し手をかけなければならない若木ですが、
毎年花を咲かせながら、成長し続けるのを大切に見守ってゆきたいですね。
卒園までの昨日の春、入学に向けての明日の春。
ほんとうにおめでとうございます。

       <今日の春? 今日はゆっくりお休みする春です♪


よかった〜\(^o^)/ 投稿者:まつこ  投稿日: 3月19日(火)16時31分33秒

>・・・恐るべしっ!SSTカードの威力。

ドラ君なら、表現手段に使えることに気がつくのも早そうな気がする。
来年の今頃は「コミュニケーションブック」愛用者だったりして。

こくっぱ君が時計の絵に劇的に反応したのを思い出しました。
あの時もうれしかったなぁ。


名古屋で悲しい記事が新聞に 投稿者:かっぱちゃん  投稿日: 3月19日(火)18時06分37秒

幼稚園の卒園式を欠席して欲しい、修了証書も出せないと園長が言ったそうです。
お子さんは自閉、中程度の発達遅滞だけど健常のクラスに一緒にいたらしいです。
この件でご両親は園に抗議したところ、修了証書は出すけど式はべつの時間にやると
園長が言ったらしく、結局ご両親は指揮を欠席し修了証書ももらってないとのことです。

新聞記事を写したのでご本人を知るわけではないんですが悲しい話です。
こんな形でそのクラスの子達だってきっと不思議に思ったでしょうね。
とにかく残念な記事でした。


教えてください 投稿者:みえママ  投稿日: 3月19日(火)18時20分51秒

耳垢掃除の時はどうも有難うございました。。。

また全然違う件なんですが、
どなたかもし知っているのであれば
是非教えていただきたいと思いまして。。。

どこかのHPで紹介していたのですが(忘れてしまって)
自閉症か知的障害かわからないのですが
絵本にして健常児や他の人達にわかりやすく描いてあった
絵本があったのですが、どなたかご存知ありませんか?
知っていたら教えてくださると嬉しいです。
宜しくお願いします。。。


これかな? 投稿者:みっき  投稿日: 3月19日(火)19時41分39秒

絵本というと…ひょっとして。

「たっちゃんぼくがきらいなの」(岩崎書店)

http://www.ruralnet.or.jp/~NCL/set/26510253.htm


あるいは 投稿者:みっき  投稿日: 3月19日(火)19時53分07秒

こっちかな?

「子どものためのバリアフリーブック」(大槻書店)

http://www.esbooks.co.jp/myshop/haruchan/shelf_id=09


これも、 投稿者:  投稿日: 3月19日(火)20時16分05秒

もうしばらくお待ち下さいませ。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/book.htm


新版K式(京都式)発達検査 投稿者:  投稿日: 3月19日(火)20時20分33秒

それぞれの問題は何歳ぐらいで通過(正答)できるかを標準化してあり、
標準化した尺度のどこに位置するのかをみる検査と言えば良いのかな。

単純に言えば、
7歳の子が通過する問題に正解できればその子は7歳の発達年令はあると言う事ね。。

>3つの領域(言語社会、認知適応、運動(?))の数値の差が、発達のアンバラ
>ンスさを表すと考えて、間違いないでしょうか? 

数値というのは、発達年令と発達指数の事?

元々、個人内差に着目する系統の検査ではないので、WISCのように、
いくらの差があれば有意(意味を持つ)であるといった言い方はしないのではない
かな。


『変光星』の続編が出ました 投稿者:みりあむ  投稿日: 3月19日(火)23時02分53秒

こん○○は。宣伝させてください。


『平行線---ある自閉症者の青年期の回想』はこちら


Mさんへ 投稿者:まりも  投稿日: 3月20日(水)20時32分39秒

新版k式では、個人内差を表す客観的な数値は出ないのですね。ちょっと残念です。
以前STの方に、桃は個人内差が大きく、その差はこれからますます開いてゆくでしょうと言われたんですね。ちょうどその頃、私は桃のアンバランスさが小さくなりつつあると感じていたので、びっくりしたし、納得できなかったんです。

適当な時期に検査を受けてゆき、数値の推移を見れば、私にも客観的な判断が出来るだろうし、納得できると思ったのですが、新版k式では、ダメなんですね。新版k式以外の検査を受けるのは難しいようなので、今は個人内差の事は気にしないでいこうと思います。ふっきれました。Mさん、ありがとう。


いや、新版K式では 投稿者:  投稿日: 3月20日(水)22時02分55秒

個人内差を「数値」で見るには限界があるってことかな。

運動は低年齢の子の項目しかないし、
出る数値は、言語・社会と認知・適応の大きな括りでだけなのでね。

数値ではなく、検査項目のプロフィールで個人の力を見るという事よ。
ちょっと説明が拙かったね。ごめん。
     < いつもはとっても説明上手なんだけど。
               < (ーー;) ほんとう?


Mさん、ちょっと違うよ 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 3月23日(土)07時17分23秒

XX教師ってのは、雨が降ったら学校にこない、テレクラにはまるって人たちのことでしょ
う。
「はずれ」というのはMさんのいわれるようなことじゃないですよ。
昨年度の学年のはじめに、こどもの特性(ラとダの構音の問題、言葉でいろんなことを説
明するのがとっても下手、その結果クラスのお友達とトラブルが多い、そういう時はクー
ルダウンさせて時系列にならべて、どうすればよかったのかな?をしていますってこと)
を検査結果をみせて担任に説明しました。本もお貸ししました。
でも、“相性が悪い”ってのは大変なことで、トラブルがおこると一方的に悪いとされ(状
況説明がとっても下手って言ったのに)、先生に叩かれて青あさをつくってくる、クラス
のみんなの前にたたされ「ぼくは悪い子です」といわされました。こうなると悪循環の見
本のようなことになります。4月は花粉症を押える抗アレルギー剤をのんでいたのですが、
イライラするのはその薬のせいだとクラスの子には説明していますといわれ、ほんとに体
調が悪いときには、そうやってみんなの関心をひこうとしていると言われました。結果、
授業中自傷行為はする、クラスの子への意地悪はする、教科書はやぶる、きらいな給食の
ときはお皿をひっくりかえす…夜は夜で、怖い怪獣がおそいにきて何度もとびおきる…
当然、学校にもいけなくなります。教室にあがる階段がのぼれず、ことばの教室登校をし
ていました。ことばの教室の先生、管理職の先生にはいっていただいて話しあいもしまし
た。でも、昨年度の担任は、家まできて、「それでも学校にくる?」と言い、他の子を叩
いたりするのは、私が子どもに対して虐待をしているからだと言いました。つけ加えると
自傷行為は3ヶ月放置されていたし、給食の件は校長先生から知らされました。
学年がかわり、担任がかわりクラス替えがあって、以前の笑顔がもどれば、それはそれで、
「貴重な体験」だったかもしれません。でも1年間かけて傷つけられた心はそんなに簡単
にもどらないのです。昨年5月からずっと抗うつ剤を服用しています。花粉の季節に期間
限定で抗アレルギー剤を服用するのと違います。毎朝、「薬飲んだ?」と声をかける親の
気持ちからすれば、”どうすれば みんなが わかり できるようになってくれるのか”
と思うゆえの行動なのかは、???です

「あたり」というのは、スーパー教師のことではありません。(そんなんおれへんて)
3年生の担任の先生は、「私もいろいろ勉強させてもらっています」といわれながら手探
りで対応してくださいました。これで「大あたり」です。

いろいろ検査をして、どういう特性、個性を持ってるってわかっても、そして親が勉強し
て家庭できちんと対応ができていても、学校での対応をひとつ間違えば大変なことになる
という例です。
二次障害をひきおこさないために、検査をするSSTをする。
そういうことじゃないですか。


そうか、 投稿者:  投稿日: 3月23日(土)18時06分56秒

辛い思いをしたのね、謎のタヌキくん。
今の担任の先生、今後の担任の先生、ことばの先生、校長先生、みな皆様、
是非ぜひ、これからも謎のタヌキ君の力になってあげてくださいね〜〜!
                 < 声が届くといいな・・。


ごめんなさいねぇ、あれは、
”小学校の一つの実態”でもあるってことね。

言いたかったのは、
教師の”資質云々のレベル”でこの問題を考えるのには限界がある。
ことばを変えれば、
資質や個人的力量に任せられている限り、
そのような実態に陥る危険性はもしかしたら”どの教師にもある”のかも
しれないってこと。

それを前提に、
文部科学省やらどこやらからの模範回答を待つのではなく
今、できる事は何か、
そして、今は、できないことは何か、
それらを整理し、
これぞと思う事から試行していく段階なのではないかと言う事。

ここは、
例えば  子どもの今の状態を   「どう捉えれば良いのか」
     教師、或いは親には   「どう言えば伝わるか」
     その時々の困難には   「どう対処すれば良いか」
     できなければ      「どう工夫すれば可能か」
     根本的には       「どう教えていくべきなのか」

等々の前に進んでいく為の情報交換の場にしたいなと。


初めまして。 投稿者:sizupon  投稿日: 3月23日(土)23時18分11秒

私は、栗山町「ことばを育てる親の会」の会員です。私の息子は3歳の時からことばの教室に通級しております。今年小学4年生になります。もう6年もお世話になっております。実は「親の会」にもホームページがありまして、リンク集を作るのに色々見ておりましたら、こちらのページを見つけました。沢山の情報に嬉しくなりました。そこで、「ことばの発達の学習室」サンを「親の会」のリンク集に載せたいのですが、よろしいでしょうか?
親の会の活動などは、ホームページの方に載せてあります。もし、お時間がありましたら、一度訪れてみてください。

http://oyanokai.hoops.ne.jp/


今回は検査のことを 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 3月24日(日)14時40分32秒

しょっぱなから、随分ヘビーなかつ個人的なことをかいてしまいました。でも、1年たってやっとあの時の事が言葉にできたって感じです。私の心の内をどうぞ皆様お察し下さい。随分、情緒的な混乱があって、“壊れちゃった状態”にありましたが、1年かけてバレンタインデーにチョコを2個!もらってくるまでになりました。ただ2年生のとき全然勉強してないから、お勉強のほうがねえ…
今回は検査のことを。
就学前からお友達とのトラブルはありました。小学校に入ってから???が多くなって、担任の先生(たまたまLDに詳しい)が、「人間にはいろんな能力があるんだけど、どれか一つがへっこんでると、とってもしんどいことがある。テストでわかるんだけど…」といわれ、ITPAを受けました。テストの後で、こういうテストをやって、これは結果のここををみるテストで…と説明してもらいました。上と下の差はあるものの、これだけではどうこう言うものじゃないです、ということでした。ふだん“親子”をやってるだけではわからないことをいろいろ指摘され、ふーん、あの子の世界ってそうなってるのかって妙に感心してしまいました。それからWEBであっちこっちさまよい歩くうちにMさんのHPに辿り着きました。
2年生のとき、いよいよ荒れてきたときWISC-Vをしてもらいました。この時は、テストを横でみせてもらいました。WISC-Vの結果は、夫と私でききにいきました。(でもね、この検査でもコレ!っていうのはでなかったんですよ)
検査をするのは、この子の得意なこと、そして苦手なことを見つけて、それに則して社会にでて困らないように方略をたてるためにするのだと私は理解しています。
継次処理が得意か同時処理が得意か、耳と目ではどちらの情報処理がはやいか。得意な方をいかして、「ほらこうすればうまくいくでしょ」という成功体験を重ねる。
掲示板に書き込みされてる方は、随分早い時点で診断をうけておられるようですね。
ここがへっこんでる言われるだけでなく、そのためにこんなことで困ってるんだ、だからこういう手立てを講じるってとこまで、検査をしてもらったところでするべきだと思います。
LD、ADHD、高機能自閉、アスペルガー…、最近になって注目されてきた分野です。たまたま子どもの通う学校にその方面に明るい先生がおられて私たちは救われました。あっちこっちから「ことばの教室」を見学に来られます。2月には川をはさんだ隣の市から20人ほどこられたそうです。(なんと観光バスで… 予算が余ってたから?)さすがにライブはきついだろうってビデオになりましたが、うちの子がモデルをしました。2年生のときのあの辛い思いをする子がいませんようにと思いから、見学に来られる時のモデルはいつも2つ返事でお受けしております。


sizuponさんへ 投稿者:  投稿日: 3月25日(月)07時41分45秒

>そこで、「ことばの発達の学習室」サンを「親の会」のリンク集に載せたいのですが、
>よろしいでしょうか?

 はい。こちらの方からも、リンクさせていただきますね。
   と、書いていて思い出しました。まだ、いくつかリンク作業が終わっていない
   所があったような・・。もう少しお待ち下さいね。

>親の会の活動などは、ホームページの方に載せてあります。もし、お時間がありましたら、
>一度訪れてみてください。

  はい、さきほど訪問させていただきました。でも、Web絵本に目を奪われて、見入って
  いるうちに時間切れ。
  職場から帰ってから、またゆっくり訪問させていただきますね。


また来ちゃいました。 投稿者:sizupon  投稿日: 3月25日(月)23時06分36秒

リンクの件ありがとうございます。早速、リンクを貼ります。
私の息子(次男)は今年1月に心療内科に行き、LDと診断されました。作文の苦手だった子が冬休みの思い出と言う題で、宿題を出されて帰ってきました。息子がいつもより自信満々で原稿用紙を私に見せてくれました。私は、きっと題名と名前くらしか改訂なんだろうなと思い、見てみると3行も書いてありました。嬉しくて、嬉しくて、今も思い出すだけで、涙が出ます。
小学校の担任の先生とことばの教室の担当の先生の連携により、こんなに文章が書けるようになったのです。感謝しています。
あらっごめんなさい。お礼だけと思っていたのに沢山書いてしました。謎のタヌキの母さんのカキコを読んでいたら、つい書いてしまいました。また、来ますね。

http://oyanokai.hoops.ne.jp/


はじめまして。 投稿者:めるも  投稿日: 3月26日(火)23時07分45秒

今年小2になる男の子の母です。こちらの掲示板は1年半ほど前からROMさせていただいていました。書き込みは初めてなのでかなりドキドキしながら書いています。
息子が年長の時、個人面談の際に担任から学習障害という言葉をはじめてききました。
それからLDについて自分なりにいろいろ調べ勉強して、息子がLDではないかと思っているのですが、まだ診断はしてもらっていません。現在「ことばの教室」に週1回通級しており、そこでWISC−Vを受けました。結果は言語性IQ99、動作性IQ142だったのですが、ことばの教室の先生からは「LD」という言葉は出ず、私のほうからもそのことについては聞きませんでした。実は以前、年長のときに療育センターに相談に行ったときに「学習障害ではないか」と言ったとたん、相談員の方があきれたような、鼻で笑うような態度で「流行ってるんだよねー、学習障害って」とかなんとかおっしゃられたのです。まるでしつけが悪いのを学習障害のせいにしていると思われたようで、すごくいやな気分になりました。そのときは私一人で行ったので子供の様子を見たわけでもないのに。それ以来自分の口からは、言い出せなくなってしまったのです。
Mさんにお聞きしたいのですが、「ことばの教室」では、LDかどうか、もしくはその疑いがあるかどうかということは親に話したりするのでしょうか?WISC−Vの結果だけでは分からないものなのでしょうか?


そうですねぇ・・・・、 投稿者:  投稿日: 3月27日(水)07時48分43秒

>Mさんにお聞きしたいのですが、「ことばの教室」では、LDかどうか、
>もしくはその疑いがあるかどうかということは親に話したりするのでしょうか?

 検査の結果を参考にして指導を始めて、
 指導しながら様子を見ていき、
 認知のどの部分に弱さがあり、どの部分は強い部分か、だからどんな指導が必要か
 をお話します。

 その疑いがあるかどうかを口に出すかどうかは、親御さん自身がどう捉えておられるか、
 学校ではどんな様子かでケースバイケースかな。
 そうかどうかを気にかけておられ、その可能性もありそうなら医療機関への受診をおすす。 
 
>WISC−Vの結果だけでは分からないものなのでしょうか?

 だけでは、勿論、わからないです。

          < ・・・・・と、今日もここで時間切れです。
                < 今夜からしばらく恒例の春眠に入ります。
                       ではでは・・。


それは辛い 投稿者:まつこ  投稿日: 3月27日(水)10時00分45秒

>相談員の方があきれたような、鼻で笑うような態度で

相談員の方々には、保護者がその不安を言い出すことにどれほどの勇気がいるのか、
もっと知って欲しいですね。
その子どもがどういう子どもであっても、(仮にごく一般的な子どもだとしても)
保護者への心理的支援も仕事のうちだと考えていただきたい。

私は一人の自閉症児の母親ですし、「子どもが検査を受けた」というだけの経験しかありませんが
できること・わかることに比べて、あきらかにとても苦手なことがある子どもと一緒に暮らし、
育てることは、とても大変だということは身にしみています。
ほかの子と比べてある部分に遅れがあるかどうかではなく、
その子の中ででこぼこが大きいということの「暮らしにくさ」を知っている。

お子さんがなんらかの診断名がつく特徴をもつタイプであってもなくても、
その子の特徴にあわせた配慮や工夫を考えることはプラスになるでしょう。

めるもさんと一緒にそういう事を考えてくれる専門家がいるといいんですけど。
「ことばの教室」の先生はLDとは言わなくてもそういう説明はしてくださったの
でしょうか?

>検査の結果を参考にして指導を始めて、
 >指導しながら様子を見ていき、
 >認知のどの部分に弱さがあり、どの部分は強い部分か、だからどんな指導が必要か
 >をお話します。

というような先生なら、今までのこと(下の書き込みの内容)を話して、
その先生の見解をうかがえるのではないでしょうか。

>まるでしつけが悪いのを学習障害のせいにしていると思われたようで、
>すごくいやな気分になりました。
>そのときは私一人で行ったので子供の様子を見たわけでもないのに。
>それ以来自分の口からは、言い出せなくなってしまったのです。

と、腹を割って話すことで、その先生と良い連携が取れるようになるかもしれない。

「心配性で、自分の躾がうまく行かないことを子どもの資質に転嫁したいのでは」と
自分で自分を疑って身動きが取れない辛さは、ここに来ている多くの人が味わうことだと
思います。

そういう事もひっくるめて理解して、一緒に考えてくださる先生と出会えることを
祈っています。

……Mさんほど百戦錬磨の先生にドーンと抱きとめてもらえれば、超ラッキーだけど
そううまく行かないのが現実かもしれない……。
先生との関係をつくるのも、子どもとの関係をつくるのも、試行錯誤かな、と思います。
ねばり強く。


ありがとうございます。 投稿者:めるも  投稿日: 3月27日(水)10時18分30秒

早速お答えくださり、ありがとうございました。ことばの教室には担任の勧めで1年生の2学期から通い始め、息子の認知の弱い部分・強い部分などについてはきちんと説明がありよく指導していただいています。担任にも息子の特性をよく理解していただいて配慮してもらっているので現在の状況に不満はありません。LDかどうかの検査は学校を通じていつでも受けられるシステムがあるらしいのですが、まだ決断できずにいます。
正直に言うと、怖いのかもしれません。はっきりと診断を下されることが。
LDという言葉を知った当初は、息子の言葉の遅さや指示の通りにくさの謎が解けたようで目の前が開けたような気がしたのに、いざとなると躊躇してしまうのです。

掲示板過去ログ案内に戻る