2002年4月その1
給食 投稿者:  投稿日: 4月 1日(月)00時23分47秒

食いしん坊のうちの娘は、幼稚園で、自分の分を食べてしまったら、
小食のお友達の給食を「ちょっとちょうだい」とおねだりしたり、
お弁当も、先生のを分けてもらってたようでした。
もう、そのことを聞いた時には、お友達にも、先生にも申しわけなく
ちゃんとお弁当も作ってるのに〜と恥ずかしかったです〜
先生は、「いいんですよ。丁度、ダイエットになりますから..」と
おっしゃって下さったのですが、小学校に行って他のお友達の給食を
欲しがったら、先生は、どのように対応して下さるのかな..と
心配です。家では、自分の分しか食べちゃだめ!と言いうように
しているのですが。

それから、うちも、牛乳は、パックで、飲み終わったあと、
濯いで、それで、お茶を飲むので、コップは持っていかないらしいです。
まつこさんのところは、瓶だとか...
羨ましいです。瓶の牛乳美味しいもの〜
パックの牛乳や飲み物自体を買ったことがないので、
娘は、それ自体、びっくりするかもしれません。
春休み中に、買って、どういう物なのかみせてあげた方が
いいのかなぁ。


リボンさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 4月 1日(月)00時48分59秒

はじめまして。高機能自閉症のひとり娘をもつ母親です。
うちの子は今、小5ですが、やりとりが言葉でできるようになったのは、
小1の終わりごろでした。やりとりと言っても、内容はとてもちぐはぐでしたが。
それまでの7年間は、母親としてはやりきれないほど、コミュニケーションがすれ違って、
やっぱり、リボンさんのように、「子どもがかわいく思えない」こともあったり、
「母親失格」に思えたりもしました。

現在も、以前よりはずい分言語も増えて、やりとりもしやすくなりましたが、
他人から見れば、「???」なことは多いです。

>会話はそれなりに成り立ちますが、どちらかといえば自分のペースで一方的な会話が多いです。
>又独り言も多くて、友達からは「???」と変な目でみられている時もあります。
>ここまではまだいいとして、問題は、突然関係のない事を発するんです。

はい、同じです。
お子さんにはお子さんの頭の中で、何か関連付けがあるんだと思われます。
関連付けを言葉で補うことをしない(できない)ので、一見関係のないことを
話しているように見えるのかも。
あるいは、考えていたことを、突然、言葉として発しただけで、状況とは
関係ないこともあります。
また、あるときは、ある単語の語感が心地よくて、繰り返し言ってみたくなっただけ、とか。
また、あるときは、会話を楽しんでいるつもりで、わざと会話相手の予測を裏切るようなことを
言ってみたりとか。それが、ギョッとするような、たとえば、「○○の足をとってもいい?」
「××君、明日学校をお休みにする。」など言って、反応を楽しんでいたり。
うちの娘はそんな具合に様々です。

たぶん、その「○○」や「××君」は娘にとって、気に入っている存在なんです。
なのに、反対のことを言っているようにしか、周囲にはわかりませんよね。
私のような凡人の母は、周囲を気にするあまり、娘の中でそういうことが起こっているのだろうなと
わかっているつもりでも、何とかもっと普通の会話のキャッチボールができないものかと
度々焦ってしまいます。実際、先日まで、また私が落ち込んでました。A^^;)

ある方からアドバイスを頂き、「単なる言葉遊びには限りなく付き合う、でも、
言ってはいけないこと、してはいけないことは、厳然と(叱るのでなく)、その都度、
説明する。」ということを今、肝に銘じています。

ただ、気になるのは、リボンさんが今、煮詰まった状態になってるのではないかと心配なんですが。
特に幼児だと、お母さんと接する時間が長いので、感情が先に立ってしまうのじゃないかな?
お子さんのケアも大事なんですが、同時に、お母さんの心のケアも大事なんです。
お母さんっていきなり「偉大な母」になれるわけじゃないから、最初から完璧な母親じゃないですもん。
忙しかったり、思い詰めたり、体調が悪かったりしたら、爆発寸前になってしまうこともあるでしょう。
どこかで、心の調節ができるといいんですけど。

そして、下のはるごさんや、かずりんさんのカキコも参考になるんじゃないでしょうか。
リボンさんだけでなく、お子さんと向き合って、時には「もっと母として、
しっかりしなくちゃいけないのに」と思うことは、誰しもあることだろうと思います。
リボンさん独りじゃありませんよ。(*^^*)
そう、ここの過去ログ、全部でなくても、かいつまんでご覧になれば、皆さんが悩んだり、
苦しんだりしてる様子がわかります。

大したアドバイスはできませんが、下のかずりんさんの言葉は私も思わずうなずいちゃいました。

>今は子供に対する課題は超スモールステップ、家のこともめちゃくちゃにならない程度に手を抜いて出来るだけ余裕をもつようにやり始めたところです。

まずここから、はじめませんか?
繰り返し申しますが、リボンさん独りではありませんよ♪


コミュニケーションの問題 投稿者:まつこ  投稿日: 4月 1日(月)10時04分50秒

リボンさん

うちの少年(小4)も高機能自閉症です。5歳というと就学前の難しい時期だと思いますよ。
なまじやり取りできる場面も出てくるから
「ことば」で意志の疎通がはかれそうな気がするのに
実際は意志や感情のやり取りは成立していないことが多くて辛かったです。

それでも、
少年の場合、自分が何をしていてどうすればいいのかや、
状況を総合的に見てわかる力、
聞いたことばの意味をしっかりわかる力が十分に伸びた上に
しゃべりだしたわけではなくて
彼のわかる範囲の状況に反応したり、聞き取れた部分だけで判断したりで
発言・行動していて、決して

根性が曲がっているのではないということを

私が教わっていたので、徹底的に煮詰まらずに済んだことが幸いだったと思います。

>いたずらをしても「どうしてそうしたの?」ときけば「象さんだったから」

で、腹が立つ……わかります。わかります。
でも、お子さんには私がわかるようには、リボンさんの怒りの原因はわからないでしょう。

お子さんの内面の情報を、ことばから読み取ることはちょっとおいといて
赤ちゃんやことばの通じない外国の人にそうするように、
表情や行動を観察することで読み取るようにしたり、

その時、お子さんに伝えたいことがなんなのかを明確にして
それを伝えるのに「ことば」以外にどんな方法があるか、
どんな形で伝えるのが一番子どもに伝わりやすいか工夫してみることも
ちぐはぐやギクシャクをすこしは解消する道になるかと思います。

少年と私の間では、
ことば以外のやり取りの経験が積み重なることで
ことばでのやり取りの芽がはぐくまれた、と実感しています。


リボンさんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 4月 1日(月)10時17分25秒

レスを何度も書きながら、どうしても、自分の文章を読んでは、消してしまうの繰り返しでした。

うちの子は高機能自閉症ともアスペルガーとも言われていますが、やりとりのちぐはぐはあります。
今六歳、今度小学生です。
ここのところ、だいぶ良くなりました。
ひとりごとはほとんどなくなりましたし、関係ない言葉を突然言うことはなくなりました。
会話はちぐはぐなときも多いですが、きちんと会話になることも増えています。
子供は成長しますから、あせらず、見守ってあげてください。
私もこちらで教えていただいたのですが、むやみに叱らないで(子供にはなぜ叱られているのかわからないから)、わかるように、説明をしてあげてください。
年齢とともに、わかるようになる部分も増えていくので、あせらず、ひとつひとつ教えていってあげてください。
うちの場合は、「今は、その話をしていたんじゃないよね」とこっちの話に引き戻したり、場合によっては、「そうか、今ルーはその話がしたいんだね、じゃあ、その話をしよう」と娘の話についていったり。
そういうことをしていました。
このやり方が良いのかどうか、自信はありませんが・・・。
落ち込むことは、多いけれど、お互いがんばりましょうね。


紙パックの牛乳 投稿者:カンガー  投稿日: 4月 1日(月)10時26分16秒

それもあるんですね。
うちはどっちなのか、調査したいと思います。
大ママさんのところも小学生ですね。
お互い、いろいろあると思いますが、がんばりましょうね。

うちの子のいく小学校は、学校で給食を作っています。
学校紹介日と校長先生に会いに行ったときに、校長室に運ばれてきたものと二回見ましたが、結構おいしそうでした。
季節の行事の食事を取り入れて、なかなかのものでした。
あと一週間で入学式。
今日から、学校までの道を一緒に歩いて、練習したいと思います。


初めまして 投稿者:KAORU  投稿日: 4月 1日(月)15時15分40秒

現在3歳8ヶ月の超未熟児でうまれた息子の母です。1歳頃から通院していた療育センターの主治医に1ヶ月ほど前に「自閉症の疑いがあります。」と言われました。”自閉症”については全くと言っていいほど知識がなく、映画「レインマン」のイメージしかありませんでしたので???!どうして???という感じでした。息子はとても発達が遅くて心理の発達も数ヶ月前”2歳ぐらいの発達状態”と言われていて言葉もここ1,2ヶ月で単語が増えてきましたがまだまだ、「会話」とはいえないレベルです。でも、すごく明るくてよく笑うし、言葉は少ないなりにも”ままごと遊び”も好きで(男の子ですが)”パニックになった”ということもありません。ただ、一つ気になるのはよく横目で物を見るんです。。。人とすれ違う時やミニカーなどで遊ぶ時など。Drもそんなところが気になるとおっしゃっていましたが。。。先日、もう一度「はっきり自閉症と診断されるんですか?」と訊ねたら「たぶん広汎性発達障害と思います。」と言われました。また、聞きなれない言葉で???になってしまいました。”自閉症”と”広汎性発達障害”ってどう違うのでしょう?最近、こちらでいろいろな発達障害などのことを少し勉強させて頂いていますが(ありがとうございます!)まだ、具体的な訓練(?)などは受けていなくて時々、どう接したらいいのかわからない時があります。今春から幼稚園に入園するのですが、不安が一杯です。おまけに療育センターの主治医もこの四月から突然転勤されたみたいで(さっき聞いたばかりです!もっと色々聞きたかったのに)この先の見通しが全く立たずに足踏み状態です。子供への接し方で気をつけることなどありましたらアドバイスお願いします。


初めて送ります 投稿者:魁周馬のはは  投稿日: 4月 1日(月)16時27分04秒

私は,今16歳の息子が,幼いとき「どもり」でことばの教室にも3年以上通いました。
あのころを思うと大変で,今の姿が嘘のようです。
くちが遅く,気にしていましたが,やがてどもるようになり,パニックだった事覚えています。
皆さん,とにかくいっぱいになら無い様に頑張ってください。
家のこは,今,大相撲へ入門し,背が小さいのでなかなか勝てませんが,逃げるこの多い中,頑張ってやっています。
中学では役員もしました。
人と比べたり,周りに言われたり,自己嫌悪に陥ったり,母親はなりがちです。
1人で悩んでいっぱいになること,これが一番怖いと思います。
話して,吐き出して,助け合っていく事が大切だと思います。
あのときの事が思い出されて,仕方ありません。
小さいとき,そう言う事があっても,子供の限りない可能性を信じてやってください。
何かあったら私で良ければ個人的でもなんでもメール下さい。
リンク入れておきます。ホームページもあります。見てやってください。
えらそうな事言ってすいません。

http://www.hpmix.com/home/kochan/kaisyuuma.htm/


リボンさん、 投稿者:M  投稿日: 4月 1日(月)23時07分33秒

下記のURLの文はもう読まれたかな?
もしまだなら、是非読んでみてくださいね。


わたしも、
みっきさんやまつこさん達と同意見です。

>お子さんにはお子さんの頭の中で、何か関連付けがあるんだと思われます。
>関連付けを言葉で補うことをしない(できない)ので、一見関係のないことを
>話しているように見えるのかも。
>あるいは、考えていたことを、突然、言葉として発しただけで、状況とは
>関係ないこともあります。
>また、あるときは、ある単語の語感が心地よくて、繰り返し言ってみたくなっただけ、
>とか。
>また、あるときは、会話を楽しんでいるつもりで、わざと会話相手の予測を裏切るような
>ことを言ってみたりとか。
>それが、ギョッとするような、たとえば、「○○の足をとってもいい?」
>「××君、明日学校をお休みにする。」など言って、反応を楽しんでいたり。


>なまじやり取りできる場面も出てくるから
>「ことば」で意志の疎通がはかれそうな気がするのに

>その時、お子さんに伝えたいことがなんなのかを明確にして
>それを伝えるのに「ことば」以外にどんな方法があるか、
>どんな形で伝えるのが一番子どもに伝わりやすいか工夫してみることも
>ちぐはぐやギクシャクをすこしは解消する道になるかと思います。

>少年と私の間では、
>ことば以外のやり取りの経験が積み重なることで
>ことばでのやり取りの芽がはぐくまれた、と実感しています。

                < ・・・と、リンクと引用だけでごめんなさい。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/rakugaki/rakugaki-10.html


KAORUさんへ 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 4月 2日(火)01時03分45秒

「広汎性発達障害」というのは英語の"Pervasive divelopmental
Disorder"(通常PDDと略す)という言葉の訳です。
アメリカの精神医学会の診断基準では、典型的な自閉症と
典型的ではないけれど自閉症の仲間である障害をまとめてこう呼びます。

これに対して、「自閉症」という言葉は、少し前までは
典型的な自閉症の場合にしか使わなかったのですが、
最近の研究で、典型的な自閉症と、それ以外の自閉症の仲間とは
別の障害なのではなくて、同じ障害の症状の出方が
違うだけなのだ、と考えられるようになりました。
それで、これらを総称して「自閉症スペクトル障害」、または
単純に「自閉症」、と呼ぶようになってきました。

ですから、「自閉症」と「広汎性発達障害」は多くの場合、
同じことなんですよ。
日本では、診断に統一基準がないので、診断するお医者さんの
好みや考え方によって、「自閉症」と言われたり「自閉傾向」と
言われたり、「広汎性発達障害」と言われたりするようです。

一度「自閉症」という言葉をつかったお医者さんが
「広汎性発達障害」という言葉に直されたのは、
「お子さんは典型的な自閉症ではないから、自閉症と言われても
納得できないかもしれないけれど、このお子さんには自閉症の
子どもへの接し方が役に立つと思いますよ」ということだったのかな、
と思いました。

うちの息子は今度小2になりますが、いつもニコニコしていて
明るく積極的な自閉症児です。
彼も、赤ちゃんの時から典型的な自閉症とはだいぶ違う子どもでしたが、
やはり彼の困難の本質は自閉症であることは間違いないので、
彼と毎日を楽しく過ごすためには自閉症についての知識が大いに役立っています。

自閉症の子どもは、百人いれば百通り、それぞれ特徴が
違うので、具体的な問題に対する対処法でなく、マニュアル的に
「自閉症の子にはこうすれば」っていうアドバイスを
するのはとても難しいとおもうのですが、
とりあえず、入門篇として、わかりやすいサイトがありますので
↓にご紹介しておきますね。

http://www09.u-page.so-net.ne.jp/td5/suginoko/


私信 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 4月 2日(火)07時01分31秒

ガンコママさん、先日の発達検査のメール届きましたか?


昨日、校長先生にお会いしたら 投稿者:大ママ  投稿日: 4月 2日(火)07時28分57秒

給食は、1時に食器を取りにくるので、時間に制限があるので、急いで食べないと・・・
と言われてしまいました
なんと、どんどん小学校生活が不安になる私です

うちの子は、3歳児、中度の知的障害→4歳児、高機能自閉症→5歳児、アスペと
なぜか変化しています
みる先生によって広汎性発達障害とも言われます
おかしいほど、見る先生によって違います


同じ先生でも、 投稿者:かずりん  投稿日: 4月 2日(火)10時00分46秒

その子が発達するにしたがって診断名が変わることもあります。

しょう君は去年の6月ごろの診断では、言語性LDでADHDがボーダーということでしたが、この前の診察ではADHD(今回はボーダーという言葉はなかったです。)と広範性発達障害というふうに言われました。
でも診断名が変わったといっても接し方は別に変わるわけでもないので気にしてないです。

次男のじゅん君は同じ先生に診てもらっていますが診断は自閉症。
いつもニコニコ笑顔ののんびりやさんで、やはり典型的な自閉症とはだいぶ違います。
ちびくまママさんも書いておられましたが、自閉症の知識は彼らと接する際にやっぱり役にたっています。

うちの子供たちが診てもらっている診療所であった自閉症学習会での説明では、自閉症の特徴がある程度以上の数そろっていると「自閉症」、数はそろっていないが同様の特徴があるものを「広範性発達障害」や「非定型自閉症」とよんでいるそうです。


日曜日に聞きに行った講演より 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 4月 2日(火)22時27分34秒

皆様の参考になりますでしょうか。
「医学的側面から見た学習障害とその支援」という講演を聞きにいってまいりました。
そのなかで、“発達障害でみられる診断名の変更”というお話しもあり、その先生は、幼児期・ADHD−>学童期・LD―>思春期・アスペルガー症候群と診断名がかわることもあります、肝炎のように抗体がみつかったから診断名がつくというものではなく、状態で診断名がつきます、その時点での一番の問題点によって診断名がかわります、いつまでもLDだというわけではなく、社会性の問題がでてきたらアスペルガーというように、躊躇無く診断名を変えます、診断名が変わった時には、“仕切りなおす”(勉強しなおしてもらう)ようにしています、とその先生は言われていました。(どの先生でもそうなのかはわかりませんが。)
お花見日和なのに、講演会?と思いながら行ったのですが、行って正解、大変勉強になりました。
もう一つ“教育的禁忌”というのをあげられたなかに、“LD児に対して両親が行う家庭教育”がありました。親が家で勉強をみると、最初は冷静でも、どうしても覗きこむような感じになって、最後は“何回言ったらわかるの?!なんで出来ないの?!”ってことになりがちです。だから同じ部屋にいて、親は別のことをして(ビーズをするとかね)、わからないことがあったら聞けるぐらいにしておいてくださいねってことです。(なんでうちにきたことないのに、わかるの?って思いました)“AS児に対して一発でなんとかしようとすること”というのもあり、こんなことをしても、恐怖とパニックをおこすだけということです。(これはその通りです。)

さて、子どもの“謎のたぬき”も登場してしまいました。
ひょんなところから、「K-ABC」と「WISC-V」を受けました。
検査結果に、正直なところ、びっくりしました。でも、日頃から不思議に思っていたことに思わずが解決しました。
言語性IQと動作性IQがいくらであろうと、明るく楽しく日々すごせればいいのです。
が、思春期の入り口にいるということもあり、体の不調(たぶんこういうのを心身症と言うのでしょうね)になって現れてしまいました。“謎のたぬき”も医療の力をかりることにしました。(といっても経過をみていくってやつ)
言語性IQの高さと得意の継次処理で、みんなは簡単にできることでも、“謎のたぬき”にとっては超・苦手なことを、今までなんとかカバーしてきたようです。勉強より人つきあいで、相当苦労しているようで、小学校にはいったころから、みんなにあわせるのがしんどかったとドクターに言っておりました。検査結果は、検査をして下さったことばの教室の先生が本人に説明して下さっていますし、うちにいろんな本があるので、自分で「非言語性LD」と診断しています。(ドクターは診断名については何もいわれていません)そうそう、K-ABCの勉強をしようと思って買った「長所活用型 指導で子どもが変わる PART2」を読んで、「もっと前にこの本を読んでいたら、楽だっただろうな」と言っておりました。もしよければ、図書館、本屋さんでさがしてみて下さい。



大ママさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 4月 3日(水)01時30分10秒

長男(注意力散漫タイプ)の小学校では、食べてる時間が20分くらいです。
食事の時は特に気が散ってしまう子なので、保育園の時の「1時間」でも
大変だったのにいったいどうなることやら・・と心配したのは1年前のこと。

息子の小学校は給食が終わると昼休みを挟んで掃除の時間になりますが、
一年生は4時間目の授業を削って早めに準備に取り掛かったり、昼休みも
早く食べ終わった子だけが遊べるような状態でしたから、実際には30分くらいは
食べていられたのかな。

もちろん、うちの子は昼休みに遊べたことがほとんどありません。
センター給食なので同じく食器を取りに来る時間がありますが、
ご飯は持参した空のお弁当箱に盛るんです。箸も持参です。
(こちらではそれが当たり前なのですが、一説によると食器洗い機ではご飯粒が
落としきれないからという理由らしい)

で、嫌いな物ばかりの時は時間でお終いにさせてもらっているし、
好きな物の時はお弁当箱に入れてしまって、皆が掃除している横で食べ続けて
いるそうです。(ホコリっぽいだろうな〜☆)

それでも3学期になってからは掃除に参加できることも多くなり、
なんと全部食べられた日もありました。(片手で数えられるけど)

担任の先生が嫌いな物を無理強いしないし、
最後の5分間を「後は残していいからデザートOK」にしてくれたから、
給食の時間が苦痛だと言ったことはありませんでした。
(しっかり食べられないからすぐにお腹が空いてしまうけれど)

担任の先生に心配事を伝えておけば、きっと色々と配慮して下さると思いますよ。
その時には、「家ではこんな時にはこうやっている」というような事もさり気なく
伝えておくことがポイントかなと思います。


余談ですが、息子の学校用のハブラシ、1年経っても新品同様でした。
時間がなくて、ほとんど(全くかも?)食後の歯みがきしてなかったそうです。
でも虫歯にはなってないからいいや♪とか、経済的で嬉しいわ♪とか思う母でした。


まだ落ち込んでいますが、少しは楽になりました。 投稿者: リボン  投稿日: 4月 3日(水)03時40分58秒

こんばんは、リボンです。
なかなかパソコンの前に座る時間がなくて、返事が遅くなってしまいました。
みなさんいろいろな参考になるお話有難うございます。
みなさんのそれぞれのお子さんの話やアドバイスを読んでいて、悩んでいるのは私だけでは
ないんだよね・・・みんなこうした道を歩いて来ているんですよね。
こうして一人で冷静になると、私自身のイライラを息子に八つ当たりしてたのかなって・・・下の子(9ヶ月の女の子)の世話に付け加え母親の入院・・・父に先立たれて、一人暮らしなため実家に残されている猫の世話(3匹)、そして現在春休みの為幼稚園がないため、一日中一緒・・・部屋の中はドロボーが入ったかのように毎日荒れ放題・・・洗濯をするだけで精一杯というストレス一杯の中で、私自身が自分を見失って息子を追い詰めていたのだと思います。
実際忙しすぎて、子供を寝かしつけてからテレビを見たりパソコンをやろうと思っていても私のほうが先に寝てしまう始末で、一度寝してからこうやって深夜の少しの時間をストレス解消の時間にしています。
この頃、寝顔を見て「ごめんね・・・」と反省するのに、次の朝には又叱ってしまう・・・なんて情けない母親なんだろう・・・
せっかくいろいろアドバイスも頂いて、そのときは心から素直に「そうだよね・・・息子の目線でみてあげなくては」って思うのに
日々慌しい時間の中で段々とイライラしてきて、夕方ごろにはブチ切れてしまう・・・すぐには切り替えれないけれど、明日からはもう少し気楽な気分で生活できるようにしようと思います。
今は頑張ろう!よりも気張らずなんとかなるさ・・ぐらいの気持ちでおおらかに息子に接すれるよにしたいな・・・
みっきさん、まつこさん、カンガーさん、Mさん、どうもありがとう・・・皆さんから沢山の元気をもらいました。
又、時間を見つけておじゃまさせてもらいます。


はるごさま 投稿者:sara  投稿日: 4月 3日(水)07時32分18秒

>もっと、私がしっかりしていれば、やるべき事はたくさんあって、きちんと身につけさせる
>ことができるのだろうになあ・・・・と思うのです。

それは、私もよく考えました。
けれども、そうすると、息苦しいと思うの(お互いに)
子どもが育つには、親のアプローチも必要、
だけど、子ども自身が持っている<必ず発達していく力>もある。
個人的にはね、誰かに教えてもらった答えよりも、
子ども自身が、考えてわかった答えを出す方法のほうが、いいと思うの。
親は、全部を教えようとしないで、どうしたら、わかりやすいか・・・かな

それと、完璧な夕食を作るお母さんより、
手抜きでも、ゆったりしているお母さんのほうが、きっと、子どもは好きだと思うの。
どんどん、手を抜いて・・・その時しかできないことをしましょ♪
(療育ではなく、一緒の時間を楽しんだり)

何かをしたい・・・時は、短い時間で、継続して、ひとつのことを・・・
できれば、しない日を作る。
その方が、お互いにとっていいと思う。
毎日やらなくちゃいけない、って、プレッシャーだし、
「しなくちゃいけない」と思うだけで、顔が・・・(笑)
正々堂々と、しない日を作るのも、長続きするコツかもしれない。
長続きさせる為には・・・から、考えるのもいいと思う。

↑こんなこと考えるの、私だけかな?

http://sara.cside1.jp/minna/hp/index.html


ハイ 投稿者:まつこ  投稿日: 4月 3日(水)10時36分59秒

>こんなこと考えるの、私だけかな?

私もで〜す。

それに

「言われて教わって身につく」ことより
「自分で考えてわかる」経験のほうが少年の底力の元になっている感じがする。

そこで、少年が「自分で考えてわかった、できた」と感じるようなアプローチを
考えるわけです。
手助けや声かけにしても、その方法を少年と相談して決めると感じが変わりました。
相談と言っても二択・三択です。それでも、違います。

例えば宿題をする時、彼は私をとても上手に使います。
自信のないものをする時は手順の一つ一つに確認をとるためにずっと見ていてくれといいます。
少し自信が出てくると集中を持続させるために背後に座って見ていてくれといいます。
(この時<私が>居眠りをすると少年に叱られる)
もっと自信があるときは私が同じ部屋にいないほうがいい。うっとおしいのね。
……
4年の冬あたりから、母ちゃんより学校に居残りして先生を使う方がいい、と気がついて
((^。^;)母ちゃんよりプロの方が教え方がうまいと知った)
学校で宿題をしてくることが増えました。

などと、面白がっている私。これは私の趣味と実益を兼ねているわけです。

一方で、私が気がつかないことで他の人から見れば
「もっとこういうことをやらしたったらええのに」いうことはあるんやろな、
とも思います。

そやけど、私自身が気にならないものや興味のないものを気にするのは難しい。
自分がきらいな料理を美味しく作るのは難しいのと同じ。

だから、はるごさんも基本は自分の気になることが自分の守備範囲ということで
いいんじゃないのかな、と思います。
それ以外で何か気がついたことや周囲に指摘されたことについても
はるごさん自身がそれを「やるべきこと」に採用するかどうか決めていいんだと思う。

そしてそれは「生活」の中にあるものだから、
はるごさん自身の「生活」を損なうものになってしまっては本末転倒。
……なあんて、もうよ〜く感じておられますよね。

リボンさんも大変だ……。赤ちゃんも目を離せない時期じゃないですか。
想像しただけで目が回りそうです。それはイライラしますよ〜。
美味しいもの食べてしっかり眠れるとずいぶん違うんだろうけど
だれも美味しいもの作ってくれないし、ゆっくり寝かせてもくれないしね〜。
体を大切にして下さいね。


リボンさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 4月 3日(水)11時46分59秒

あら〜。これは大変な状況ですね。
煮詰まってしまってもしょうがないですよ。
だから、決してリボンさんが「情けない母親」だからではありませんよ! <きっぱり!
心も体も辛いですもの。

あのね、もしよければ、
ここの管理人の優しいMさんが、「元気になりたいときのひとりごとの部屋」という
掲示板を設置して下さっているんです。
そこで、「しんどいぞーっ!」とかって叫んで(書き込んで)みたらどうかな?
どっかで発散させないと、身が持たないもの。
トップページから「プレイコーナー」へ行って、上記の部屋へいけますよ。

ほんとに体を壊さないようにしてくださいね。


saraさん、まつこさん 投稿者:はるご  投稿日: 4月 3日(水)13時26分35秒

そうですよね。
私って、子供の発達の『可能性』は信じているのだけれど、自ら発達していく『力』は信じていなかったのかもしれない。
目の前で、教えた事でもないことをドンドン吸収していく姿を見てきたのに。
よく考えれば、自分自身もそうでした。
親や先生から教えてもらった事よりも、自分で「あ、そういう事だったのか・・・」と気づいたことのほうが、身についているんですね。
もちろん、習慣で身につく事もたくさんあるけれど。
思えば、ほんとに最初の最初、言葉の遅れを指摘され始め、息子と意思の疎通も計れなかった頃、年子の妹を含め私自身も楽しめるような働きかけをしていました。
とにかく笑って暮らしていきたかった。
(あの時は遊び中心の生活だったからできたのかもしれないけど。)
今は、『学習』という事ばかりが先に立っているのかもしれません。
初心に帰ってみようと思います。
楽しく生活する事を考えてみようかなあ。

リボンさん、
大変ですねえ。
ここだけの話。立場は全く違いますが、私も以前、夫が多額の借金を作って行方をくらましてしまったので、すべての生活の責任が私ひとりにのしかかって、どっちにも向けないような状態になった事があります。
柄の悪い借金取りがしょっちゅうやってくる中、仕事では「主婦だからと甘えるな!!」と言われ自宅に仕事を持ち帰り、保育園にはお迎え時間ギリギリに駆け込み、子供たちには笑顔を向け・・・本当に毎日寝る暇も無かった。
でも、きっと終わりはあるはず。(うちも今は貧乏ながらも、家族4人で再スタートを切ってがんばっとります。)
なるべく睡眠、そして、足りない分は食べこんで、1分だけでも深呼吸をする時間を作ってがんばってください。
それに、イライラしているときは怒っていいと思うの。泣いたりしてもいいんじゃないんですか。
私は子供たちに感情剥き出しにしているのです。
こんな事で人は泣くんだ、とか、こんな事で怒るんだとか、これは楽しんでいる顔、これはつらい顔とか、子供なりに受け取ってほしいと思っています。
怒りを押さえて我慢している顔もね。
こんな私・・・もしかして自閉症圏障害の子供の親としては失格かしら(?)

http://www8.ocn.ne.jp/~thething/


リボンさん 投稿者:sara  投稿日: 4月 3日(水)17時51分07秒

これは、みんなにも言えることかもしれない(←私にも)
「無駄なことは、ないんだよ」と。

私も、子どもが5歳の頃、パニック起こしていた時は、同じような対応したし、
言葉で、パニックを収めようとして、ぐるぐるな世界に、子どもと入り込ん出いました。
だけど、その経験から、「そうか」と、得たものもあるし
子どもの方にも、同じことが言えると思うの。
お互い生活のコツを、譲り合うことを、始めたばかりだもの。

いろいろな独り言もあるけれど(突然言う事も)
だけど、ちょっと見方を変えて、
「言っていることの原産地」を探したり、
「どういう意味で使っているのか」探求してみると、おもしろいよ。
パニックになったのは、あれが原因だったのね?とかも・・・

そして、それをえばって、「それはこういう意味なのよ」って、独り占め・・・
多分、旦那さんが犠牲者?
楽しいわよぉ(性格悪いかも?)
旦那さんに、「お前にはかなわない」なんて目をされたら、たまりませんわ(笑)
その頃には、お子さん自身も、「やっぱ、お母さんだよな」なんて、表現しなくても、心の中にはあるはず・・・・

↑こんな人、いるよね?(誰か私もと言って、お願いだから)


うん、うん、 投稿者:はるご  投稿日: 4月 3日(水)17時54分10秒

↓そら、勿論、私もです。

http://www8.ocn.ne.jp/~thething/


お願いきいちゃう 投稿者:恭子  投稿日: 4月 3日(水)18時14分00秒

私も(^^)


2歳9ヶ月の息子のこと。 投稿者:umi  投稿日: 4月 4日(木)21時01分58秒

こんにちは。
ご無沙汰しています。
去年長男の偏食のことなどで書き込みさせていただきました。
よくROMさせてもらっているのですが、書き込みまではなかなか時間ができなくて
新年のごあいさつをと思っていたらもう4月になってしまいました(^^;

みなさんのお話、いつも参考になります。
うちのASD児は2歳9ヶ月になりました。
2歳で診断をもらい、涙、涙の日々を超え(というと大袈裟ですが本当です)、
言葉や遊びなどを教えてきました。
今年の1月頃から発語があり、この2ヶ月で彼の言葉や文章、状況の理解度がぐんと
あがったな、と感じております
(といっても同年齢の子たちにはまだまだ遅れています)。

昨日は生まれてはじめて私のことを「マミー!」と呼んでくれたんです。
(海外在住、旦那はいわゆる「外人」なので会話は今すべて英語にしています)
もう、嬉しいというより、びっくりで。

でももとから数字オタクだったけど、数字に対するこだわりも同時に強くなってきて
独り言で数字を50くらいまで数えてたりするんですが、、、

そこで、というかみなさんにお聞きしたいのですが、お子さんに療育に通わせたりする
ほかに自宅でどんなことをされてるんでしょうか。
うちではカードマッチングやパズル、ごっこ遊びなど「お勉強の時間」として
やらせていますが、下の子(6ヶ月)が生まれてからなかなかうまくいきません。
私が彼に教えていかなくても、彼はいろんなことを学んでいけるのでしょうか。
それとも、言葉以外のこともお勉強させたり、なるべくひとりっきりにさせないように
したり(ひとりで数字で遊ぶのが好き)した方がいいんでしょうか。
どうかアドバイス、お願いします。。。
あー、下のこが起きてしまいました。。。
上に手がかかるのに下のこも負けないくらい手がかかるんです、、、



ケロさん、ありがとうございます 投稿者:大ママ  投稿日: 4月 5日(金)07時17分39秒

どうも、ボーとしている子なので、心配でなりません

umiさん、うちもかなり数字おたくでした・・・でも、アルファベットの方がすごいかな?
2歳頃、社宅の4階へいつも、英語で数字をかぞえてあがっていました
絵本を読んであげているのに、視線はページの数字でした
色々、これから興味が広がっているんでしょうね・・・
楽しみですね
あー、アドバイスにならなくてごめんなさい


自閉症(スペクトル)児への接し方 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 4月 5日(金)08時52分11秒

毎度毎度、同じとこへのリンクで恐縮ですが、
私の言いたいことを全部カバーしてくれている感じの
ところなので、ご紹介しておきます>umiさん

自閉症児療育Q&A

お勉強のことも、その他の接し方についても、
全面的に共感して、自分の子ども(小2)が
小さかった頃に出会いたかったなあ、と思ったサイトです。
特に就学前の自閉症児をお持ちの方は、是非読んでみて
下さいね。


愚痴ってもいいですか? 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月 5日(金)19時00分56秒

いつも愚痴りたい時にだけ突然来てしまってごめんなさい。
4月から公立の認可園に通うことになりました。
加配の申請は通らず、いくらが入った年少クラスは18人で(うち7人が新入園児)保育士の先生が2人ついています。
通い始めて今日で4日目なのですが、以前通っていた無認可園とのギャップが大きくて、本当に辛いです。
いくらは泣いたりぐずったりということはしないのですが、教室にあるおままごとセットが初日からいたく気に入ってしまい、皆が外遊びをしている時でも一人だけ教室に残って遊んでいるそうです。
その他食事はほとんど手をつけずに立ち歩く、歯ブラシをくわえたまま廊下に出て歩き回る、お昼寝をしないでままごとで遊びたがる・・・
今日そのことを園長先生から指摘されました。「先生達が「いくらちゃんがいない」と園内を探し回ったりして彼女のペースに振り回されている。まだまだ様子を見させて欲しいので慣らし保育を後1週間伸ばして欲しい」と。
たかが一週間といえど、フルタイムで仕事をしている私にとって、この申し出は非常にキツイものです。いつもお世話になりっぱなしの義理の家族にまたさらに頭を下げてお迎えに行ってもらわなければいけないのですから・・・いっそう肩身が狭くなります。
前の無認可保育園でも立ち歩いたり、一人で別の部屋に行ってしまったり・・・ということはありました。でも本当に小さいところだったので「探し回る」という状況はなかったし、園庭がないため外遊びはいつも歩いて10分ほどの公園や神社に行っていたので、いくらだけ教室に一人で残る、という状況はありえませんでした。でも今は園庭で遊べるため、逆に子供が勝手に部屋に戻ることも可能なのです。大人数でざわざわしている環境が苦手ないくらには、やはり規模の大きい園は向いていなかったのか・・・と考えてしまいます。
でもそれはある程度想定していたことでもありました。
私にとっていちばん辛いのは、いくらの行動そのものより先生の対応です。無認可園では担任の先生や遅番の先生(ベテランの方)が本当にいくらを可愛がってくれ、こちらが聞かなくても丁寧に今日の様子を教えてくれました。悩んでいることもストレートに相談できたし、適切にフォローしてくれました。
でも今度の先生は2人とも若い人で子供への接し方も受け身という感じだし、とにかく「経験不足」というのが態度にありありと出ています。こちらが聞かなければ何も教えてくれません。むしろもう一つの年少クラスの先生(10年の経験あり)の方が積極的に声をかけてきて気遣ってくれる感じです。
いくらが療育に通っていて丁寧な関わりが必要だということは、ずっと園長先生に申し入れていました。園長先生もSTの先生や前の無認可園の園長さんと情報交換して、それなりにいくらのことを調べてくれていたようですが、それがどうしてこんな経験不足の先生のクラスになってしまったのか、本当に疑問です。
前の園では「この先生ならお任せできる」という安心感が最初からあったから、不安を感じたことはほとんどなかったのに・・・


長すぎてすみません。 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月 5日(金)19時01分56秒

園長先生からいくらの様子を聞かされて落ち込んで、その後例のごとく独り言を言いながらおままごとに没頭しているいくらを見ていたらむしょうに辛くなって、思わず泣いてしまいました。(その時も私を慰めてくれたのはもう一つのクラスの先生だけでした)
その後どうしても前の園が恋しくなって、立ち寄って懐しい先生の顔を見て「いくらちゃんおかえり〜」と皆に声をかけてもらったら、ますます涙が止まらなくなってしまいました。
子供への関わり方がマンモス園とは全然違うんですよね。とにかくあったかくて。
通っている時はそれが当たり前だと思っていたのに、そうじゃないって転園してはじめて気づきました。
正直、転園したことを後悔してます。前の園に戻りたいです。
無認可の園長先生にそう告げたら「こちらはいつ戻ってきてもらっても構わないけれど、認可に入りたくても入れない人もたくさんいるんだから、もうちょっと様子を見ては・・・」と言われました。
そりゃそうですよね。
認可なら保育料は無認可の半額以下だし、食事は手作りで豪華だし、立派なプールもあるし、遠足などの行事もたくさんあるし・・・
かたや無認可は園庭はないし、教室は狭いし、プールはベランダにビニールプール置いただけだし、食事は仕出弁当・・・
経営も危なくて正直いつ潰れるかわからない状態です。
それが4日で無認可に戻りたい、なんて無謀ですよね。
でもこの先こんな気持ちで子供を預けていくのがしんどいんです。
子供じゃなくて、親の私が慣れないなんて情けないですね(苦笑)
もう自分でも、どうしたらいいのか分からないです。
担任は相談してもらちがあかなそうだし、かといってもう一つのクラスの先生に相談するのは不自然だし、園長には「園の都合」を優先的に説明されてしまうし(子供の安全を最優先に考える以上仕方のないこととは思いますが)・・・
いくらが嫌がらずに通っているなら、それを良しとするしかないんでしょうか。
これから小学校に通うことになったら家庭的な雰囲気で子供を見てもらうなんてできないですもんね。
今のうちに親がこういうドライな関係に慣れておかなくちゃならないのかな・・・
長々と愚痴ってしまいすみませんでした。


しつこくて本当にすみません。 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月 5日(金)19時50分15秒

ヘンな質問ですが、「クラスを変えてほしい」と園長先生にお願いするのはマズイでしょうか?
どうしても今の若い先生には信頼感が抱けないんです。自分のやりたいように動くいくらにただオロオロするばかりの姿が容易に想像できます。彼女の特性を理解して適切な行動ができるよう上手に働きかける・・・なーんてことできそうにありません。
隣のクラスの10年目の先生の方がずっと頼りになりそうな感じです(実際入園式の挨拶の時も、若い先生は「私は経験が浅くて何も分からないので・・・」と言っていたのに対してもう一人の先生は「困ったことがあったら何でも相談してくださいね」と言ってました)
でもやっぱりクラス替えのお願いなんて今の担任に角が立ちますよね。
それに親の希望ではそうそう簡単にクラス替えなんてできないのかしら・・・


しゃけさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 4月 5日(金)23時52分08秒

園との交渉の経験が少々ありますので、よろしければメール戴けませんか?


しゃけさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 4月 6日(土)09時29分42秒

集団で過ごす事が難しい障害ですから、これから先もいろいろあると思います。
集団や環境になれるまで、時間もかかりますし。

お母さんが悩んでいらっしゃるのはよく分かるのですが、
いくらちゃんは楽しそうですか?
子どもが楽しいそうであれば、もう少し様子を見てもいいと思うのだけど。

若くてあまりいろんな事をご存じない先生だと、
不安な気持ちも分かりますが、親のいいぶんをそのまま聞いて下さるという
利点もあったりします。
ベテラン先生だと安心ですが、経験で親を押し切ってしまう場合もありますし。

いずれにしても、子どもの様子をよく見てから、行動された方がいいのでは?


ありがとうございました。 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月 6日(土)13時16分07秒

こくっぱの母さん>
とりあえず保育園に行くことを嫌がることはありません。
むしろ前の無認可の時の方がグズっていました。
でも今は園が楽しいというより、おままごとセット目当てかな(笑)
クラスのお友達がそこにやってくれば拒むこともなく一緒に遊びますが、外遊びの時間に
先生が表に誘っても「いくらちゃんはひとりでおままごとしたいの!」と
言って絶対外に行かないとか、昼食の時に最後に出るヤクルトの方に目がいってしまい、
メインのおかずに2、3口箸をつけただけで「ごちそうさま!」してしまっただとか、
一人だけお昼寝を嫌がって、寝かしつけようとした先生が「目をつぶって10数えてごらん」
と言ったら、10数えたら布団から出ていいのかと勘違いしたらしくとっとと数えて出て
遊びだしてしまっただとか・・・問題視されている行動というのはその程度です。
泣き続けたりとか園を脱走したりとかいう事はありません。
もちろん前の無認可園でもそういうマイペースさはありました。でもその時は担任の
先生が寝る前に2人で人形遊びを少しして本人を満足させてから寝かしつけてくれたり、
食事もいくらが自主的に食べるように言葉かけを工夫してくれたり、とにかく丁寧に
関わってくれたんです。
前の園は障害児保育をしていない所でしたが、いくらに対して「〜されて困る」的な
ネガティブな表現は聞いたことがありませんでした。「今日はいくらちゃんはこんな事が
できたんですよ」とプラス面ばかり教えてもらえました。
いくらに自閉傾向があると打ち明けた時も「あまりその事は気にしない方がいい」と
言ってくださいました。でも決して放っておかれているわけではなく、日々の保育の中で
いくらにはどういう関わり方がベストなのかを細やかに考えてくださっていました。
でもマンモス園でそうした事を求めるのは無理なのかもしれませんね。
ただ私がいちばん納得できないのは、いくらの行動を担任からではなく園長から報告
されることです。「これからのいくらちゃんの対応は児童福祉課と協議して・・・」
という言葉も出てきました。
なんだかいくらが療育に通っていることがかえって今の園の先生達に妙な先入観を
与えているというか、少し皆と違う行動をすると大げさにとらえられているような
気がしてならないんです。
障害児を多く受け入れているから対応に慣れていて分け隔てなく子供を扱ってくれる
だろうということで今の園を選んだのですが、かえって先生方がいくらを「特別な子」
扱いしているように感じてしまいます。
でもやっぱりあのまま無認可園で家庭的な雰囲気のままぬくぬくしていたら、小学校入学
の時にギャップを感じて苦しむのはいくら本人だと思うんです。
年中、年長での転園はクラスにお友達関係が出来上がっていて子供に負担を与えてしまうし
やはり3歳児の今移っておくのがベストな選択だったと・・・
そう思うしかないのかもしれません。
もう少し様子を見るしかないですね。

でも正直子供より私が不安なんです。
前の園のように心から信頼しきれる先生がいないので・・・
父兄もなんだか妙に仲間関係ができあがっているし・・・
いくらも自分も周囲から孤立しているような気がします。
でもいくらはそういう事意識してないけど、私は分かってしまうから・・・
辛いですね。親が登園拒否になりそうです(笑)
とりあえず頑張ります・・・

腐乱検死体さん>
園との交渉についてはもうちょっと様子を見てみますね。
何かあったらお言葉に甘えてメールさせていただきたいと思います。
お心遣い、感謝します(^-^)


しゃけさんへ 投稿者:ととら  投稿日: 4月 6日(土)14時39分15秒

新しいところに行って、今はいろんな不安があると思います。
でも、とりあえず、いくらちゃんもいやがることなく、保育園へ通えているようで、
よかったなぁーって思います。

まだ、たった4日しか行ってないのだから、いろんなことに慣れるとか、
その場の情報を集めることに必死で、いくらちゃんも周りが見えて
いないのではないでしょうか。

今までは、まだ2歳で大人とのかかわりの中で、
成長していく時期だったかもしれないけれど、
3歳になってこれからは、お友だちとのかかわりの中で、
どんどん成長していく時期だと思います。

だから、大きな園でたくさんのお友だちに刺激を受けて、
きっと、今はわがままと思われているような行動も変わってくるような気が
します。
先生(大人)にはないパワーというのを、周りの子供たちが
くれるような気がします。

そういう部分にも期待しながら、これからの保育園生活を見守って
いけるように、先生たちとも相談しながら少し様子を見ては
どうかな・・・・って思いました。


ととらさん 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月 6日(土)15時02分49秒

どうもありがとう(^-^)
なんだか昨日から涙腺が壊れちゃったみたいに泣きっぱなしです。
旦那は精神面では全く頼りにならない人です。
今日も大喧嘩になってしまいました。
自分の中でいろいろ抱え込んで、それがまたストレスになっています。
いけないと思いながらも、子供に当たってしまいます。
昨日はグズグズ言う子供に手をあげてしまいました。大きな声で怒鳴り、今日はモノを
投げてしまいました(本人に向かってじゃないけど)
でもまた月曜から仕事なので、今日明日で気持ちを立て直してまた保育園に行かなきゃ
いけないのですが・・・
幸い前の園が今の園と目と鼻の先で、園長先生に「また辛かったら愚痴こぼしに
来て下さいね」と言ってもらえたのが本当に救いです。

前に進むための掲示板で後ろ向きなことばかり書いてしまいすみませんでした。
もう少し強くなって頑張ります。


しゃけさんへ その2 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 4月 6日(土)15時55分06秒

いくらちゃんが楽しそうで、ほっとしました。

問題視されている行動って、自閉の子なら当たり前の行動だと思うけど・・・。
今の私だったら、「あら、思った通りですわ。ほほほ」という所かな?
3年前は、私も頭を抱えていました。

雰囲気がよく分からないので、あてはまらないかもしれないけど、
「そういうときは、こんなふうにしています」(・・・してください では無い)と、
具体的な方法を伝えられると前向きな話ができると思います。
先生方にいわれっぱなしでも、親がいいっぱなしでも、うまくいかないのよね。
情報交換のできる関係になる事かな?

あと、保護者の中では、普通にしていると浮きます。
パッと見てわからないけど、なんだか違う事をする子どもを持つ親に、
どんな声をかけたらいいか、わからないのが当たり前だと思う。
「うちの子は障害があって」という話をすると、
「え〜、わからないわよ」「○○もできるし、大丈夫じゃない?」「大変だわねー」
という答えが帰ってきたり・・・。
でも何もいわないでいると、「なんて躾の悪い子」と勘違いされたり。

私の場合、啓蒙活動をしているつもりで、いろんな所に参加をしておりました。
啓蒙活動をはじめて、3年経った今、やっと「成長したね」「変わったね」と、
おつきあいでは無い言葉を、かけてもらえる様になりました。
小学校に入学するまでに、一緒に子供の成長を喜んでくれる人が、
ひとりでもいいから、みつかればいいと思うよ。

頑張るよりも、どうやったら楽しめるか(お母さんも子どもも)を探す方が、
長続きすると思うよ。


こくっぱの母さん 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月 6日(土)17時31分37秒

今日は何もする気がなくて家事も子供もほったらかして久々にPCに張り付きです。
旦那は喧嘩して家を出て行ってしまったし(笑)

療育に通っているお子さんが集団生活に慣れる目的で保育園に来る場合、お母さんは
大抵専業主婦ですよね。
でも私の場合は、保育園に預ける目的はあくまでも自分が仕事をしているためです。
これは過去に前例のないことなので、園も少々混乱しているようです。
園長から「お宅は16時半以降の延長保育は必要ないと思っていたんですが・・・
療育からきているお子さんではそういう方いらっしゃらないですし」と困惑気味に
言われてしまいました。
でも私は先月の入園前の説明会で園長先生に全てこちらの事情はお話していたんです。
あくまでも就労目的の入園であり、会社の場所はどこで、勤務時間は何時までだとか・・・
一月も経たないうちにそれはすっかり忘れ去られてしまっていました(^^;)
政府の待機児0政策で定員以上の子供が入所したのに加え、職員の異動があったばかりの
時期で園長先生もバタバタしているのは本当によく分かるんですが・・・
いろいろ説明したのは何だったの!?と言いたくなります。

無認可に預けていた時は、いくらの障害とかを意識したことは全然なかったんです。
こくっぱの母さんがおっしゃるように、マイペースな行動はいくらの個性だと
受け止めているし、先生も普通のお子さんと同じように接してくれていました。
毎日8時〜18時くらいまで子供を預けていましたが、何かトラブルが起きたということは
全く聞いてません。
でも今の園では、いくらが療育に通っているということをやたら強調されてしまうんです。
慣らし保育の延長を頼まれた時、園長からは「16時半からは先生が帰って手薄に
なってしまう。そんな中ではいくらちゃんを確実に見ている体制が整わない」と言われました。
確かに園児は無認可の何倍もいます。でもその分先生の数だって多いでしょう。
先生一人当たりが見る園児の数は認可も無認可もさほど変わらないと思うんですけど。
でもやはり公立だとうるさくなってしまうのは仕方ないのかな。

>先生方にいわれっぱなしでも、親がいいっぱなしでも、うまくいかないのよね。
>情報交換のできる関係になる事かな?

前の園では、そういう関係が完全に出来上がってました。
というか私があえてお願いしなくても、先生がいろいろ工夫してくれて、いくらが
早く園に溶け込めるよう丁寧に配慮してくださいました。
でも今の担任は・・・うーん・・・(-_-;)。
若くても子供の事を知ろう!という熱意のある人だったらいいですが、今度の先生は
顔に「私には何も聞かないでぇ〜〜」っていうのがありありと出てるんですもん(笑)

>私の場合、啓蒙活動をしているつもりで、いろんな所に参加をしておりました。

私の場合仕事があるので、ちょっと難しい面もあるんですが・・・
幼稚園とは違って、父兄同士接する機会も少ないですし。
あと性格的に人見知りなんで、出来上がってる集団の中に入るのはかなり苦手
なんですよね(^^;)
まぁ障害児を多く受け入れてる園なので、父兄にもある程度の知識と理解は
あるとは思いますが・・・

ただ、なんかこれからも「いくらちゃんは療育から来てる子」みたいな目で見られて、
親も子も特別扱いみたいにされていくのかなーと思うとフクザツです。
先日も朝子供を送って門を出た時、私の姿を見た園長が目の色を変えて呼び止めて
「いくらちゃん、ちゃんと職員に渡した!?」と念押しされました。
(もちろん渡したんですけど)
なんかそんなに危なっかしい子に見えちゃうのかな・・・と正直寂しくなりました。
いくらの行動って確かに自閉の典型的パターンかもしれません。
でも健常のお子さんでも入園したばかりなら多少不安定になるものでは?
「市と今後の対応を協議する」ほど重大に騒ぎ立てなくちゃいけないことなのかな??
それこそ担任の先生の裁量で何とかならないのかと思うんですが・・・
あくまでも普通の働くお母さんとして子供を預けたいと思うのは、私のエゴでしょうか?


こうして悩んでたことが、あとで笑い話になるといいんですけどね。


打ち合わせ 投稿者:まつこ  投稿日: 4月 6日(土)18時21分30秒

障担から「新学期のスタートをスムーズにきるために
新しい教室を下見に来ませんか?」と電話があったので
いそいそと行って参りました。

少年は靴箱と交流級5-3の教室と、ひまわり学級(知的)が新設されたのに伴って
場所を移動したたんぽぽ学級(情緒)を確認して、
「これで始業式の準備完了」と、ご機嫌でした。

私は先生と今年度の打ち合わせ。
4年生の3学期から算数と国語を取り出し授業してくださっているのを
研究授業で他校の先生方が見学なさることはあったのですが
私は参観したことがありませんでした。
それで、いっぺん次の参観日はたんぽぽの授業を
お母さんに見ていただきたいと思うのだがどうでしょうか?と先生。

私は「それは、うれしいです〜。見たいです。」といいつつ
(心の声;先生、手ごたえも自信もあるんだ〜よかった〜)
私「でも、参観日でなくてもいつでも来ますけど。」
先生「あ、そうか〜。別の日でもいいですね。」

そこで、ふと、思いつく私。
今年度たんぽぽ学級は中央階段の隣。
参観に来た保護者は皆たんぽぽ教室の前を通って5年生の教室に行く仕組みなのだ。
他の5年生児童が登下校するときに必ずたんぽぽ学級の前をとおるように
先生方が意識的に決めた教室配置……

私「でも参観日に廊下の窓を開け放して、
うちの学校の障害児学級はこんなことやってます、って
他の保護者に宣伝するのもいいですよね。興味のある人もおられると思うんです。
それに、普通学級についていけないドロップアウトしたかわいそうな障害児が
仕方がなく行く惨めなところ、ではなくてきめこまやかな配慮がうけられるところだと
ちらっとでも見てもらえば認識が変わるかもしれないですし。」
先生「あ〜、そうですね。実際、休み時間に遊びに来てて、授業の後の板書なんかを見て
(いいな〜わたしもここで勉強したいな〜)て、いうてた子もいますよ。」
私「でしょうね。うちの子も勉強が苦手だから
ここで面倒見て欲しいという人がでてくるかも。」
(二人・笑)


しゃけさんへ その3 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 4月 6日(土)19時42分27秒

フルタイムで働く事が悪いのでは無いです。
それができない、制度が悪いのです。
家庭の事情はいろいろですから、
障害児がいるから専業主婦しかできないなんて、間違っています。
でも現実は、そうでは無いです。
子どもは親が育てるものだから、自分の子供は自分で面倒見なさいというのが、
日本の姿勢だと思う。
私は、子どもは国の将来を担う大切な宝で、多くの人が関わって、
みんなで育てていくものだと思うのだけど。

後に続く人のためにも、前例は必要。
しかし、前例になる人には、物凄い荒波があります。
これは「現実」だから、覚悟しないといけないと思います。

そんな事を思うので、日常的に頑張るしゃけさんの姿が目に浮かぶのです。
あえて自分で頑張ろうと思わなくても、頑張らざるを得ない。
そんな生活になってしまうから、意識的に楽しい事を探して欲しいなぁと。

療育に行っていると、特別な目で見られます。
これも現実。
それでも、日常的に関わっていると、
理解してくれる人は理解してくれると思う。


カエルの子はオタマジャクシ 投稿者:M@カエルプロジェクト  投稿日: 4月 6日(土)21時05分14秒

「東京書籍」から出版されることになりそうです。

東京書籍と言えば教科書の出版社。

この絵本、是非ぜひ、
スペシャルニーズを持つ子を理解する教科書の役割を担って欲しいな。

感想は下記ページからどうぞ。絵本の作者さんに届きま〜す。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/book.htm


働いてることを 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月 6日(土)22時42分54秒

大変だとか頑張ってるとか重荷に感じたことは一度もないんですよ(^-^)
専業主婦の頃は何もかもひとりで抱え込んで煮詰まって頭ぐちゃぐちゃになって
しまっていたけど、保育士さんにお任せして育児を分担したことで本当に気持ちが
軽くなりました。
手のかかる子を持つと、その子の人生全て母親が背負わなくちゃいけないような
気になるけど(私もそうだったけど)全然そんなことないんですよね。
むしろ多くの人に関わってもらった方が親にとっても子にとってもメリットが
大きいと思うんです。
何よりうちの場合は保育園に入れてものすごく子供が伸びました。
先生やクラスの子の様子を毎日見ているうちに「こういう時はこうすればいい」という
パターンが確実に身についたんでしょう。
以前は他の子におもちゃを取られても寂しそうな顔をするだけだったのに、今では
「これいくらちゃんが使ってるの!」とはっきり主張します。
小さい子に先生口調で「こらこら、あぶないよ〜」としっかり注意したりもします。
ある時、身体の発達が遅くていまだにジャンプが出来ないんです・・・と先生に相談したら
数週間後にはすっかりできるようになってました。
外出するとすぐ「抱っこ、抱っこ」で困っていたのですが、お散歩のとき先生が
「よーいドン!」と掛け声をかけたりして楽しく歩ける工夫をしてくださったら、積極的に
歩いてくれるようになりました。
ボタンかけも箸の使い方も保育園で全部学んできてくれるので、子育てがホント
楽チンです(笑)
私自身、子供と離れて働いて「母親」以外の時間を持つことで、育児では得られなかった
充実感を日々味わってます。
もちろん仕事は楽しいことばかりじゃありません。
でも私にはこの生活が向いているってしみじみ思います。
いろいろあったって断然今の方が幸せです。

障害のある子がいるから専業主婦しかできない、なんて絶対ないです。
もちろんお子さんの程度によると思いますが、いざという時にフォローしてくれる人が
いれば、フルタイム勤務でも充分両立は可能だと思います。
(ちなみにうちの場合療育は義母や義妹、夫に連れて行ってもらってます)
むしろそういう立場のお母さんこそ、外に出て別の世界の空気を吸うってことがすごく
大切な気がするんです。
でもこくっぱの母さんがおっしゃるとおり「できない」と思わせてしまっている世間の
風潮に問題があるんでしょうね。
でも働きたいって意欲があれば、いくらでも何とかなると思います。

掲示板過去ログ案内に戻る