2002年4月その2
ついに、本になるのですね 投稿者:カンガー  投稿日: 4月 6日(土)23時01分31秒

ずっと楽しみにしていました。
実現するんですね。
本当にうれしいです。
がんばってくださった皆さん、本当にご苦労様、ありがとうございました。
出版されたら、いっぱい買って、うんと役に立てます!


しゃけさん、私も働いてますよ。 投稿者:はるご  投稿日: 4月 7日(日)01時38分19秒

子供が小学校に入るまではフルタイムでした。
4歳まで通っていた保育園は、しゃけさんの所の無認可保育園のように(認可保育園だったけど)、とにかく、親の傷つくような事は1度も言われた事はありませんでした。
のびのび、前向きな感じで。
お昼寝をできずに、何ヶ月も先生の背中に追われたまま1日をすごしていましたし、慣れてきても事務室のコピー機をいたずらしたり・・・・それでも私に対しても子供に対しても、一言も苦情はありませんでした。
いたずらされないような工夫をしているようではありましたが。
仕事が忙しく、毎日降園時間の6時に間に合わず、走りこんでも一言も文句もいわれず、むしろ、「走ってこなくても、少しくらい大丈夫ですよ。」と気を使っていただき、本当に暖かいところでした。
他の父兄も、登園降園の際、子供とよく遊んでくださり、園の方針が父兄にまで行き渡っているところでした。
ところが、現在の地域に引っ越してきて、市立の保育園に入園すると、状況は一変しましたねえ・・・。
とにかく、毎日苦情苦情です。「昼寝をしない。」「高いところに登って下りてこない。」「園庭の隅でおしっこをする。」「いたずらを叱ると面白がってする。」「白ご飯をまったく食べない。」などなど・・・・。
その度に「お母さん、どうしましょ。」と言われ、「悪い事をするのであれば、遠慮なく叱ってください。」と答える日々。
「他の子がして叱られる事であれば、同じようにこの子だからと許される理由もないので、叱ってください。なかなか、悪い事をやめないとは思いますが、他の子より時間がかかるだけで、いつかは指示が通ると思いますから。」というしかありませんでしたねえ。
園選び、失敗したと思いましたよ。(人数の関係で、ここしか選びようがなかったのですが。)
でも、うちの場合は、前の園である程度の集団行動への適応ができてきていたので、小学校入学前の2年間、小学校へ通うための練習だと思うようにしました。親子共々。
学校は保育園ほど、熱心に身の回りのケアまではしてくれませんものね。
最初は園もかなり困惑していたようですが、卒園するときは、先生方はうちの子に目を移すたび涙を流され・・・あ、もしかして、いなくなるのが嬉しかったのだったりして・・・・。
とにかく、子供の頭をウリウリと撫で回して、皆さん泣いていらしたのですが、息子はまったく反応なしで、申しわけないほどでした。

それにしても、やはり学校に入るとフルタイムの勤務は苦しいですね。
送り迎えもするように学校に言われましたし。(ひとりで帰れるように学校から5分の家に引っ越したのですが。)
私は自分自身が学童に預けるのも躊躇してしまって・・・。
結局、今は、学校の日課表にあわせて、8時30〜1時、8時半〜2時の勤務時間にしてもらってます。

http://www8.ocn.ne.jp/~thething/


re:カエルの子はオタマジャクシ 投稿者:Nave  投稿日: 4月 7日(日)23時01分16秒

出版確定、おめでとうございます!
しかも東京書籍とは、すごい!
絶対、買います。3冊くらい。(家用と保育園用と実家用)
個人的感想としては、表紙のカエルさんのやさしい表情が好きです。


かえるのこは・・・の感想 投稿者:rishou  投稿日: 4月 9日(火)00時31分10秒

Mさま 感想 送ったら 掲示板メンテナンス中と出てしまった

作者さま 出版楽しみにいたしております


ご入園、ご入学の皆様 投稿者:chisato  投稿日: 4月 9日(火)11時06分46秒

この場を借りて『おめでとうございます!!』

新しい一歩を踏み出されたお子さん達に、先日あいだみつをギャラリーで見つけた詩を贈ります。

   『子供へ一首』
   どのような道を
   どのように歩くとも
   いのちいっぱいに 生きれば いいぞ     みつを


その後 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月 9日(火)18時59分22秒

とうとう昨日の朝、園長と険悪になってしまいました。
誰もいない教室に一人で残ろうとするいくらをどうしようかと焦り職員室に
相談に行くと、園長から「もう〜そういうの困るんですよぉ。お母さんが外に
連れてきてもらえますぅ?」と言われ、ブチッと切れてしまいました。
もうこんな園にいられない!!いたくない!!と思いながら逃げるように
門を飛び出してしまいました。
この先もうどうしていいのか分からず、会社に行っても仕事が手につかない状態で
結局早退して前の保育園に行き、担任だった先生に相談してきました。
集団に溶け込むのが苦手ないくらの事を本当によく分かって関わってくれた先生で、
1時間半ほどゆっくり話を聞いてもらい、アドバイスを頂きました。
そこではじめて、園に要求するばかりじゃなく、親の側にも工夫しなければならない
ことがあるんじゃないか・・・という事に気づかされました。
振り返ってみれば私はいつも遅刻ギリギリの行動で気持ちに余裕がなく、
前の保育園でも子どもを押し込むように教室に入れて、猛ダッシュで会社に
向かってました。
とにかく時間に追われてピリピリ、カリカリしてしまってました。
そんな私の態度がいちばんいけなかったのかもしれません。
今まで自分がいかに保育園に甘えっぱなしだったか、全く分かってませんでした。
反省しました。
そのあと、今の園に寄り園長に感情的になってしまったことを謝りました。
園長の方も新年度が始まったばかりでシフトの職員の引継ぎがスムーズに
できておらず、丁寧な対応ができなかったことを詫びてくれました。
保育士さんだって、人間なんですよね・・・
今朝は少し早く家を出て、ちょっとだけ園庭で一緒に遊んであげました。
いくらは泣いていたけど、とりあえず教室に戻ることなく皆と一緒に外で
遊んでくれました。
帰りに先生に様子を聞いてみると、だいぶ安定してきて外遊びにも少しづつ参加する
ようになり、今日はみんなとお散歩に出かけたそうです。
親も子供も、焦らないで少しづつ少しづつ慣れていけばいいんですよね・・・
頑張っていきます。ありがとうございました。

はるごさん>
小学校になったらフルタイムで働けないかもしれないっていう不安、
正直あります。
お迎えはファミリーサポートを利用できないかななんて漠然と考えては
いますが・・・
でもあまり先のことは考えないようにしてます(^^;)
世の中も少しづつだけど、確実にワーキングママに向かって追い風が
吹いてきてると思うし・・・
まずは何より「今」を充実させることがいちばん大事ですもんねっ。
その先のことは流れに任せて・・・という気持ちです。
仕事、お互いに頑張りましょうね。


めるもさんへ 投稿者:みえ  投稿日: 4月 9日(火)22時26分52秒

「ことばの教室」のこと、教えていただいてありがとうございました。
お礼が遅くなってすみません。


どうするべきかしら 投稿者:くまきち  投稿日: 4月10日(水)09時46分58秒

はじめまして。いつもROMさせていただいております。
3歳半の息子が4月から保育園に通い始めました。
言葉が少し遅くていろいろ心配なところがありますが
まだ医師からははっきりした診断はおりていない状態です。
それどころか「そんなに心配ないんじゃないか」って言われる程度です。
が、毎日一緒にいる母にはそうでもないと感じることもあり
自閉が少し入っているように思います。

今回ちょっと悩むところがあって諸先輩がたにお話をお伺いしたくて・・・。
保育園の方は身辺自立もできているし、ある程度言葉も話せるしということで
加配はつきませんでした。
とにかく初めてのことが苦手で慣れるのに時間がかかる子なのです。
警戒心も強く、身近な人とだったら簡単な会話もできますが(ちょっと一方的ですが)
慣れない人とは母の後ろに隠れてしまったり、目を合わせなかったりします。

で、保育園生活が始まり、今は慣らし保育の時期です。
去年療育センターで母子分離を経験しているので泣き叫ぶことは無かったのですが
朝、登園しても、とにかく園庭に出て行こうとしません。
体験保育等でこれまで何度も保育園には足を運んでおりホールや園庭でもいつも遊んでました。
でも4月からなぜか拒むようになってしまいました。
一日目は母と一緒に外に出たのですがすぐにお部屋にもどってしまいます。
安全基地である母がいないので、大きい集団の中に入るのがこわいのかと思っていました。
でも今朝は一緒に外に出ようと言っても断固拒否で嫌がって出ませんでした。
こんな調子だとお散歩もお昼寝も拒否するんだろうなあってちょっと心配です。
先生には私の思いや心配事も話しており、連絡ノートもつくってくださってます。
「○○くんのペースでゆっくりね」と言われております。
ただあれだけ拒否する理由が集団が苦手なこと意外に何かあるような気がするのです。
ひとり苦手な先生がいて、その先生がおられるからかとも思ったのですが・・・
もしあればそのこだわりをとっぱらってやりたいと思うのです。
息子に聞いても「いややから」で終わってしまいます。(涙)

私は今はただ見守っていればいいのでしょうか。
まだ始まったばっかりでおたおたするのも情けないのですが
このままでいいのかしらと思ったらどきどきしてきていっきに書き込んでしまいました。
長くてすいません。何か経験談でもお話してくださったら嬉しいです。


くまきちさん 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月10日(水)13時50分51秒

下にも投稿しているのですが、同じようなタイプ(集団が苦手)の子供がいます。
前の保育園でのことですが、うちの場合は担任の先生が子供と2人の時間を意識的に取ってくださいました。お昼寝をしないので他の子が寝ている間うちの子だけお気に入りのりかちゃん人形で遊ばせてもらってました。そうすることで先生に心を許し、だんだんと警戒心が溶けて集団に溶け込んでいったようです。
やはり先生との信頼関係ができないとだめみたいなので、無理に集団に入れようとするよりまず個人的に関わってもらう時間を少しでもいいから作ってもらうようにお願いしてみてはいかがでしょうか?
お互い頑張りましょうね。


明日は下の子の入学式。 投稿者:はるご  投稿日: 4月10日(水)15時36分53秒

うちは特に年子ということもあり、ちょうど同じようなレベルで発育してきました(今は妹が追い越しているのだけれど)。
今まで2人とも同じように育ててきたので、兄の障害についてはまったくといって良いほど理解していないのです。
療育などにもいつも一緒に連れて行っていたのですが、それがあたりまえすぎて、兄に障害があるからとは思っていない。
塾やスイミングなどの習い事をしている友達と同じようにしか考えていないみたい。
上の子は言葉は拙いのですが、対人関係はかなり良好で(積極奇異型になるのかしら)、妹にしてみたら、兄はいたって普通のようです。
ただ、幼稚園(学校の敷地内にある)で、お友達に何か言われたようで、私ではなく夫には時々「ねえ、お兄ちゃんって、ヘンなの?」と聞いたりしているようです。
学校に入学したら、いやでもお兄ちゃんが障害児学級にいる事がわかってしまうのだし、まあ、自然にまかせておこうか・・・と思っていたのですが、何だか、今日になって急に不安になってしまって・・・。
お兄ちゃんは学校でとてもかわいがられていて、2年から6年まで、みんなが知っています。
だから、その「トモゾーくんの妹」もすぐにみんなに知られてしまうと思うのです。
子供達から何かを言われる前に、私の口からこの子に説明した方が良いのかしら。
兄の障害を・・・。
でも、下手な説明をすると兄を蔑んだり、自分自身が傷ついたりするのではないかしら。
皆さんはどうされました?
もしよかったら、経験談、教えてください。
こういう兄のおかげで、療育にいったり、他の人にはできない楽しい経験もたくさんできたし、普通を違って面白くてラッキー!!ぐらいに受け止めてくれると良いのだけれど・・・。
ちなみに、この子ははや生まれのせいもあるのか、同年代の子より精神的には随分幼い気がします。


くまきちさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 4月10日(水)16時51分36秒

うちのじゅん君の幼稚園入園の時の場合です。
じゅん君も、幼稚園入園までに療育で母子分離を1年間経験していて、そのうえお兄ちゃんの送り迎えなどで幼稚園にもなれた状態での入園でした。
それでもやっぱり最初のうちは集団の中に入ろうとせず、階段横のちょっとしたスペースを見つけてそこに座り込んでいたりしていました。
先生に対しても今まで何度も顔を見ている先生達なのにかなり警戒している雰囲気があったそうです。
そんなじゅん君に対して先生はゆっくりと接してくださいました。
最初はじゅん君と先生の一対一のかかわりを多くとってくださり、先生との信頼関係がしっかり出来てから他の子供達の楽しそうな様子を見せて少しずつ中に入れるように援助してくださいました。

じゅん君の場合、先生との信頼関係が出来るのに数ヶ月、友達との信頼関係もなかなか出来ず年中の終わり頃までかかりました。
ところが年長になってから、急に友達を意識しはじめお気に入りの友達のあとをついて遊ぶようになりました。

今年、小学校に入学。
同じ幼稚園の友達は一人もいない状態でのスタートで心配しましたが、特殊学級の先生が一人専属でついてくださり、その先生と周りの子供達の様子を見ながら普通学級での生活を楽しんでいるようです。
幼稚園に入園した頃には全く考えられないぐらいの成長に私自身驚いています。

しゃけさんも書いておられますが、まずは先生との信頼関係を作るのが一番だと思います。
そして先生との連絡をよくとって、お母さんと先生との信頼関係もしっかりと作っていくといいんじゃないかと思います。
子供って良く見ているもので、母親が信頼していない先生にはなかなかなつかないですから。


はるごさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 4月10日(水)17時14分39秒

うちも年子です。(うちの場合は下が特殊学級ですが。)
うちはしょう君にはじゅん君が入学する前に、入学したら特殊学級に入ることは伝えましたが障害のことについては詳しい説明をしていません。
ただ、人よりも苦手なことが多くて、ひとつのことを覚えるのに時間がかかること。
そのために勉強もゆっくりとやらないと覚えられないということを説明しました。

学校でも「ひまわり学級は、それぞれのペースにあわせてゆっくりと勉強するところ」というふうに教えられているようで、しょう君はそれで納得してくれました。

一年生ぐらいだと、障害のことを話すよりもどういうところが苦手だとかわかりやすい説明の方が受け止めやすいのではと思います。


あせらずに・・ですね 投稿者:くまきち  投稿日: 4月10日(水)23時10分21秒

しゃけさん、かずりんさん、お返事ありがとうございました。
そうですよね。まず母の代わりとなる心の安全基地の確保からですよね。
わかっていながらもなんでも障害のせいに思えて余計にあせったりして。
先生ともよく話をして、そこらへんは気をつけてくださっているのです。
でも26人に担任2人なので、付きっ切りというわけにもいかないのですが。

先生に聞くと、途中から外に出て三輪車に乗ったりお砂場で遊んだり
みんなで踊りだしたら一緒に踊ったりしてるそうです。
本人も保育園は楽しいようで、「楽しかったよ」っていつもいってます。
給食も毎日お替りしてるそうです。(笑)

それだけでも今は十分だとダンナにも言われました。
そうですよね。あせっちゃだめですよね。わかっていたはずなのにね。
先生とはこれからもいい関係を保ってやっていきたいと思います。
アドバイスありがとうございました。



あ、 投稿者:リンコ  投稿日: 4月11日(木)11時57分08秒

申し訳ないです。ここの掲示板、特定の団体を名指しで批判するのはNGだったんですよね。

えっと、Mさんお手数ですが、過去ログに入れるときに削除しておいてくださいねー。


くまきちさん 投稿者:まつこ  投稿日: 4月11日(木)12時15分46秒

>ただあれだけ拒否する理由が集団が苦手なこと意外に何かあるような気がするのです。
今まで、「いや」の連発を時期って、ありました?

とりあえず、返事は「いや」「しない」「いかない」と決めているんじゃないか、と
思うほど逆らいまくる季節というのがあるように思います。
坊主は3歳頃、少年は5歳頃だったでしょうか。もう、ほんとに疲れました。
おこさん、自分を主張するところまで成長したのかもしれませんよ。


リンコさん、 投稿者:ケロ  投稿日: 4月11日(木)14時28分47秒

このページの一番下、『管理者メニュー』をパスワード空欄のままでクリックすると
自分の投稿だけ編集・削除ができますよ。


Re:(無題) 投稿者:満月  投稿日: 4月11日(木)17時14分01秒

> ……。
> http://www.asahi.com/national/update/0409/013.html

とても重要な問題提起だと思います。
『アスペルガーの館の掲示板』のほうにアップなさることをお勧めします。


心配 投稿者:mio  投稿日: 4月11日(木)17時43分10秒

長男は、高機能自閉症です。
次男は1才6ヶ月です。言葉も「まん、まん」「ぱぱぱ」で、
どこまで理解しているか
わかりません。長男の方が言葉が良く出てて理解していました。
受話器をもって「うっくん、うっくん」と話すマネ、
バイバイ、こんにちはなどをします。
次男は、長男の赤ちゃん期とちがって、人見知り、後追いがありました。
それで安心していたのですが。

1才4か月で歩きはじめ、散歩に連れていくと、
長男と同じように振り向かずトコトコ。
悪夢がよみがえってくるようです。
長男のときは、赤ちゃん期も変わっていましたが、
2才代で特に自閉傾向が強く、言葉の消失がありました。
次男も2才近くなって自閉傾向がでてきて、
やっぱり「自閉」ってことになるのではと心配です。
現在までは、少し遅れ気味の普通の子のよう(長男と比べて)
なのです。
すみません。とりとめなく書いてしまいました。


たびたび聞いてしまってすみません。 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月11日(木)18時47分09秒

今の園は3歳児クラス以降から連絡帳がありません。
(一日のクラス全体の活動を書いたものは毎日掲示されているのですが)
また私は朝も夕方も延長枠で預けているので、担任の先生とは入園式以降ほとんど
顔を合わすことができない状況です。
子供の様子を聞きたくてもその術がありません。
こういう場合は手紙を書くしかないのかなーと思いますが、その場合文面はどんな
感じにしたらいいんでしょうか?

ちなみにいくらは登園の時は大泣きするものの徐々に慣れてきていて、
時々一人で別の部屋に行ってしまうこと以外はさほど問題ないようです。
先生方からは「あまり心配しなくても大丈夫ですよ」とは言われてますが、
漠然とした様子しか伝わってこないのはやっぱり不安なんですよね・・・。


まつこさん、しゃけさん 投稿者:くまきち  投稿日: 4月11日(木)20時00分35秒

まつこさん、お返事ありがとうございます。
「いや」の反抗期は3歳をちょっと過ぎたあたりからありました。
なんでもかんでも「いや」「しない」って・・。
でもこの度の「いや」はやっぱりそれとは違うような気がします。
なんだかよくわかりませんが、とにかくサポート体制だけは整えて
見守っていってやりたいと思っています。

しゃけさん、いくらちゃん慣れてきたようで安心ですね。
連絡帳の件ですが、うちの園も3歳児以降はないのですが
先生にお願いして特別に作っていただきました。
(といっても100均の小さいサイズのただのノートです)
お昼寝の時間があるから、その間にかいてくださるとのこと。
今は慣らしなので私の方が書いているだけです。
もちろんちゃんと読んでくださっていますが。
しゃけさんも先生にお願いしてみてはいかがでしょうか。


くまきちさんへ 投稿者:みっき  投稿日: 4月11日(木)20時51分19秒

>でも今朝は一緒に外に出ようと言っても断固拒否で嫌がって出ませんでした。

>ただあれだけ拒否する理由が集団が苦手なこと意外に何かあるような気がするのです。

この辺りが私にはちょっとひっかかってたんです。
普段接している母親の勘…というのは当たっていることも多いので。

それまで大丈夫だったものが、ほんのちょっとしたきっかけで「イヤ」「ダメ」になることもあります。
園庭に出るのが急に怖くなったのかな? それとも、保育園という環境の変化に敏感になったのかな?

例えば、うちの娘(高機能自閉症)の場合、3歳の頃まで、高いところは平気でした。
ジャングルジムなどでも、どんどん高いところへ登ってしまって、親がヒヤヒヤしてたんですが、
ある日突然、ジャングルジムを嫌がるようになりました。
落ちそうになったという経験は親が見ているかぎりなかったのです。

またあるとき、それまで通っていた公園への道を「イヤ!」と言って、私の手を引っ張って
方向転換をしようとしました。無理に行こうとすると、つないだ手を振り解いて別の方へ走ったり。
原因はとくに思い当たらなかったんですが、何らかの印象を娘なりに感じているのだろうと思いました。

ジャングルジムは今ではさほど怖がりません。道も今は平気です。
大丈夫になったのも突然でした。
突然高さを意識しだしたのが原因なのか、道で何か娘にとって怖いものがあったのか、
当時のことは推測の域をでません。
原因を特定できれば、それに対して対処もできますが、特定できないからといって、
対処できないわけでもありませんよね。

今まだ、園庭に出るのがイヤならば、「イヤ」の気持ちを受け取ってあげていればどうでしょう?

>もしあればそのこだわりをとっぱらってやりたいと思うのです。
>息子に聞いても「いややから」で終わってしまいます。(涙)

無理にとっぱらってしまうことはかえって、逆効果になりかねません。
「イヤ」と言えることも大切なことだから。

まだ3歳ですから、これからの長い道のりを考えて、ゆったり構えてあげてみてくださいね。
お子さんの「イヤ」をお母さんはちゃんと受けとめてくれる、という親子の信頼関係が
今は大切じゃないかな。
園の方にもしばらく様子をみて頂いていたらいいと思いますよ。


 投稿者:くまきち  投稿日: 4月11日(木)22時22分51秒

みっきさん

>それまで大丈夫だったものが、ほんのちょっとしたきっかけで「イヤ」「ダメ」になることもあ ります。

そうなんですよね。そしてその理由は本人のみぞ知るといった感じ。

>園庭に出るのがイヤならば、「イヤ」の気持ちを受け取ってあげていればどうでしょう?
>無理にとっぱらってしまうことはかえって、逆効果になりかねません。
 「イヤ」と言えることも大切なことだから。

なんか肩の力すっと抜けました。
私がはやいとこ何とかしなくちゃなんて思い込みすぎてました。
息子より私の方が新しい環境に緊張してるようですね。

>お子さんの「イヤ」をお母さんはちゃんと受けとめてくれる、という親子の信頼関係が
 今は大切じゃないかな。

大切なことを気づかせてくれて本当にありがとうございます。
なんか泣きそうです。嬉しくて・・・。


リンコさんへ。 投稿者:ペンギン  投稿日: 4月12日(金)08時05分41秒

毎年、この時期は新入学・新学年でお子さんが大変なため、どうしても園・学校関係の話題が多くなるし、お母さん方はそれだけで手一杯なだけだと思いますよ。


すみませ〜ん 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 4月12日(金)08時17分13秒

ペンギンさんのおっしゃるとおりです。
こくっぱ、まわりの期待がわかるらしく、学校でがんばりすぎて、
わずか3日で自家中毒になってしまいました。
自分の体調を考えながら動けないのよね。
今日休めば三連休なので、月曜日には復活できると思うのだけど。

まあ、さっさと学校に無理をするとどうなるか伝えることができたので、
よかったということで。
しかし、福祉大学ってなんなんでしょう?
ああいう考え方のもとで勉強して、福祉の仕事につかないで欲しい気分。
もちろん、学生が皆ああいう考え方にはならないと思うけど。


あの記事は 投稿者:まつこ  投稿日: 4月12日(金)09時31分15秒

紙面で読んで
「福祉」関係者に「福祉」の定義をもう一度よ〜く考えてもいたいもんだとつくづく思ったし、
自分の子どもの将来にも直接響いてくる問題だと思っています。

サッカーの競技場の問題の記事も注目していました。

いろんな分野でご本人たちが勇気を持ってあげた声や行動は
人も世の中も動かすと思います。

くまきちさん
>でもこの度の「いや」はやっぱりそれとは違うような気がします。
そうでしたか。ということであれば、私もみっきさんのおっしゃるのと同じ意見です。

今日、たまたま朝の連ドラを見ていたら
おじいちゃんが「待てば海路の日和あり」やるだけのことをやったら後は「待つ・任せる」
それは「逃げ」ではなく勇気のいることだ、と言いました。


あの記事を 投稿者:みっき  投稿日: 4月12日(金)10時01分50秒

読んだとき、あまりにも呆れて開いた口がふさがらない…どころか、顎がはずれそうでした。
コメントのしようがなくて、あまりにも・・・、あまりにも・・・。
言葉にならない!


はじめまして! 投稿者:大ちゃんママ  投稿日: 4月12日(金)10時29分55秒

うちの子も自閉症です。よくわかります。またのぞきます。


んにゃ、そういう意味じゃなくて。 投稿者:リンコ  投稿日: 4月12日(金)11時31分37秒

決まりは決まりだから、ハッと思い出して守りたくなったの。

このネタ、元の記事に学校の実名が入っちゃってるでしょ?


くまきちさんへ 投稿者:しゃけ  投稿日: 4月12日(金)11時44分55秒

連絡帳を作っていただいたのですか。
たしか26人に2人の先生でしたよね・・・
新年度でそれだけのお子さんを抱えると先生方は
かなり大変な状況だと思うのですが
配慮して頂けてよかったですね(^.^)

ただ私の場合は、そうしたことを頼みづらい状況にあります。
もちろん療育に通っている事は先生方皆さんご存知ですが、
障害児枠で預けているわけではないので・・・
障害があってもなくても、我が子の様子を知りたいという気持ちは
親なら皆あると思うのです。
(特に働いてる場合、子供と接する時間は短いですし)
それをうちだけ“特別扱い”のような形で頼むのは
ちょっと気が引けてしまうんですよね・・・

新しい園に預けて10日弱ですが、いくらはようやく「転園した」
ということが実感として分かってきたらしく「○○(前の保育園の名前)
いきたーい!みーちゃんやしょう君(同じクラスだった子)にあいたーい!」
と出かける前からぐずぐずで、保育園の前では座り込んで大泣きされ
無理やり引きずって早番の先生に渡してる状況です(^^;)
今朝はたまたま担任の先生に会うことができたので
様子を聞いてみたら「確かに登園の時は泣いてるみたいですけど
昼間は全然大丈夫ですよ〜」とにっこり笑顔で
答えられてしまいました(笑)
前の園でも1ヶ月ほど泣かれて大変でしたが、ある日を境に
全く普通に登園できるようになったんですよね。
理由は謎なんですが・・・
皆さんがおっしゃる通り、ホント子供の心境の変化って
突然ですよね(^^;)
もちろん前の園に慣れてからでも、行きたくないと
ゴネる日はたくさんありましたし・・・

まぁ一応配慮が必要な子であることは先生方も分かってくださって
いるので、ある程度は信じてお任せするしかないかなって
思ってます。
気になることがあったら、その都度口頭なり手紙なりで
伝えていくつもりです。
アドバイスありがとうございました。


ちびくまママさんへ 投稿者:KAORU  投稿日: 4月12日(金)23時05分27秒

アドバイスを頂いたのにレスが遅くなって本当に申し訳ありませんでした。ご紹介頂いたHPには早速おじゃましてきました。ひとくちに”自閉症”と言っても、色んなタイプがあるのですね。まだまだこれから勉強していかなければと思います。息子は昨日(11日)幼稚園に入園しました。加配の先生を一人就けて頂けたので、とてもラッキーだったと思います。この頃ママっ子の息子ですが、初日の今日は担当の先生や年長さんたちと一緒に滑り台や砂場で遊んでご機嫌だったみたいです。お迎えに行ったときは私に走りよって抱きついて来ましたが(^_^;)昨日は入園式の後、早速家庭訪問があり、園長先生やクラスの担任の先生など4人の先生が来られてお話をしました。食事の事や着替えのこと、オムツの事など、手の掛かることが多いですが、きちんと話を聞いて頂き「大丈夫です。お任せください」と言って頂き感激しました。人は周りの沢山の人に助けられながら生きているんだなぁって実感しました。通院している療育センターの主治医と心理を診てもらっていた方がいっぺんに、この4月から転勤されて新しい生活に不安も沢山ありますが、生きていることに感謝して何があってもドーンと構えていられる「肝っ玉かあちゃん」目指して乗り越えて行こうと思います。ありがとうございました。


そうだ。 投稿者:リンコ  投稿日: 4月14日(日)00時52分10秒

ケロさん、ありがとう。

ちゃんと削除できました!

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A23194-2002Mar27.html


はじめまして 投稿者:パンジー  投稿日: 4月14日(日)04時09分39秒

現在小学四年になる息子の事で書き込ませていただきます。
少し変わった子だなと感じていましたが、他に内科的な病気があり、長期に渡って入院生活を送っていたので、そのせいだとも考えていました。
しかし先日、神経科のドクターから非言語性学習障害だと診断を受けました。
診断を受けて(その前にWISCの結果は見ていたので)やっぱり学習障害なんだと思うと同時に、非言語性と言う言葉はあまり馴染みがなかったので??っと言う感じでしたが、先生がどのような障害なのか詳しく教えて下さったので、大体は理解できました。
この四月からソーシャルスキルも受けはじめ、感覚統合訓練もはじめました。
一度に色々やって、本人のストレスにならないかと心配していましたが、今のところは両方ともとても楽しく参加でき、本当にありがたく思っています。
私はインターネットでの情報で、うちの子は自閉傾向かなと思っていたので、自閉ではないのかと尋ねると自閉とは違うと言われました。
でも、問題点は似ている気がしています。
どなたか、うちの息子と同じ診断を受けている方はいませんか?
できれば情報交換がしたいので、よろしくおねがいします。


かずりんさん。 投稿者:はるご  投稿日: 4月14日(日)16時02分13秒

アドバイスくださったのに、レス遅くなってすみません。

下の子には、なんとなーく説明してみました。
「ひまわり学級(うちも障害児学級はひまわりというのです!!)は、みんなが楽しく勉強できるようになるためにあるのだよ。」と。
そしたら「じゃあ、お母さん、訓練(作業療法のこと)と同じだね。」といいました。
わかっていないようで、この子なりの解釈はしていたようです。
同じクラスに、新しくひまわり学級に入る子もいるので、少しづつ理解していくのかなあ・・・と思いました。

兄の方は、障害児学級も交流学級も担任がすっかり変わり、しかもどちらも他の学校から転任されてきた先生で、大混乱の真っ最中です。
前の担任からの引継ぎがされていないのか、それとも2年になって少しがんばらせようとしているのか、今までの対応とはまるで違っていて、私自身も混乱しています。
何よりつらいのは、今まであまりなかった自傷・他害の嵐!!
なんと過去の時期を乗り越えたい私です。

http://www8.ocn.ne.jp/~thething/


パンジーさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 4月14日(日)19時57分38秒

診断名は、専門家の中でも、いろいろもめていらっしゃるようです。
うちの長男ハカセは、アスペルガ−症候群+ADHD+LD(字を書くことが難しい)です。

で、うちの主治医は、文字を読む、文字を書く、計算をすることが、
できない場合のみLDと診断しますが、
コミュニケーションに問題がある場合は、自閉症スペクトルのどこかに位置していると
判断されるのです。

うちのハカセと同じかどうかわかりませんが、参考までに。

http://homepage1.nifty.com/kokuppa/


いろいろなこだわり 投稿者: リボン  投稿日: 4月16日(火)03時00分54秒

みなさん、こんばんは!!リボンです。
久しぶりにパソコンに向かえる時間が出来ました。
新学期に入って、少し落ち着きがない我が息子です。
このような掲示板を読んでいると、自閉症を始めとする発達障害は、
本当に一人一人違うもんだな・・って思います。
皆さん、それぞれにいろいろ悩みながらも前向きに頑張っている。
私もクヨクヨばかりしていられないぞって、元気をもらっています

今日は息子の事をいろいろお話したいと思います。
息子が高機能自閉症と診断されたのは、幼稚園へ通うようになって
3ヶ月くらいたったある日、幼稚園から呼び出しを受けたのがきっかけでした。
いつも特定のお友達を、訳もなく叩いたり、嫌がっているのにちょっかいをかける・・・
じっとしていられなくて、こちらの指示が通じないなどなど・・・児童相談所へ一度行かれては?と言う事だった。そして、児相の予約も終えたある日、何気なく家で見ていた
家庭の医学という分厚い本の中の幼児自閉症の所に目が止まった。
息子にあてはまる事が沢山あったからだ・・・
なかなか視線が合わない、いろいろな本人なりのこだわり、パニック、それに付け加え
やはり言葉が遅かった。しかし周りは男の子は言葉が遅いもんだよ、なんて言葉に
そうしたもんだと気にも留めなかった。
じっとしていられないのも主人の子供のときそっくりだと聞けば、そんなもんかなと
またまた気にしなかった。
こだわりも主人の子供のときの話をきくと親譲りなんだろうな・・と気にしなかった。
(ちなみに主人は自閉症ではありません)
一人目の子供って事で、融通がなかなか効かないのも、扱いにくいのも
こんなもんなのかなって感じで育ててきた。
しかし、集団生活でテキメンに飛びぬけて目立っていた。
じっと座って居られなくて、一人ふらふらと暴走していまう。
先生のお話が一人飲み込めない。
身の回りの用意がなかなか出来ない。(ボタンはめなど)
それでも、3月生まれの早生まれだから仕方がないのかなと思っていた。
(あくまで楽観的にそのときは見ていた)
そして、児相での診断で高機能自閉症との事だった。


いろいろなこだわり、パート2 投稿者: リボン  投稿日: 4月16日(火)03時02分09秒

ある道を通ると必ず発する言葉、ちょうちんや床屋さんの回転灯が大好きで
どんなに遠くあっても見つけ出す。などなどのこだわりは
自閉症からきているものだったと初めて分った。
診断を受けると、じゃああの時のあれも・・・って感じで
いろいろと思い出される事が沢山あった。
それからはどれだけ落ち込んだか分からない。
なかなかこの障害を受け止める事が出来なかった。
でも、早いうちからの療育でだいぶ変わってくるときいてから、
前向きになれるようになったと思う。
それからはいろいろは療育機関に相談したり、「おかじ」という
少し霊的に力のある人に、悪い部分をさすってもらうと良くなるという所へ高速で2時間かけて、週末に通いつづけた事もあった。
現在は民間の療育機関で週に1回の勉強をしています。

現在の息子の様子ですが、相変わらず独り言が多いですね。
以前のこだわりがなくなったとほっとしていると、新たなこだわりが勃発する。
車で何度も何度も同じ曲ばかりを聴く。(だから車に乗っている間、ずっとそればかり)
道路の標識が大好きで「あの消火栓の看板の道から通って」「あの進入禁止の看板の前を通って」などと彼の頭の中は標識で一杯なんだと思う。
家でのお絵かきも標識が多い。まっすぐ線が書けないと気に入らないらしく
ほんの5、6ミリずれただけでも上手に書けないとキーキーと怒って
「もうチョコ食べないよ」「もう公園は行かないよ」など関係のないことを
いろいろと言っている。
感覚も敏感ですこし靴の中に砂が入っていようもんなんら、怒りまくる。
肌着のシャツが少しでも出ようもんならイライラする。極めつけは服が濡れるのをとっても嫌います。(どろんこ遊びや雪合戦も嫌いです)
「ぬれた!!!!!」とパニックになって、涙が落ちてより一層に濡れます(^^;)
母、「着替えようか」
子、「嫌!ドライヤーで乾かして!」
母、「だってこんなに濡れてたら着替えたほうが早いよ」
子、「ドライヤーで乾いてから、着替える!!」
などとダダをこねます。
あと、エレベーターでもよくパニックになりますね・・・
自分がボタンを押さないと気が済まないんですよね。
うっかり押してしまうと、「もう一回最初からやる」と玄関からやり直しをさせられます。
このもう一回最初から・・・って言うのに頭を痛めています。
道を歩いていて、つないでいた手が少し離れるだけて「あそこの信号のところからもう一回もう一回!!」車を運転していても、気に入らない道だと「あの道をもう一回」などと何でも原点に戻らないと気がすまないのか、親の方はぐったりです。
「今日は○○だから今度でもいい?」「・・・いいよ」っていう 時もあるけど、内心快く思ってない証拠に変な事を言いまくっています。究極のこだわりはやはりトイレですかね・・・
濡れるのがとっても嫌なので、少しパンツがおしっこで濡れるだけでも「ちびった!ちびった!」となり、いつもの「もう一回最初からやる」となる。当初、「おしっこが出ないよ〜」とパニックの連発でした。
オイオイ!!出てしまったおしっこはもうでないよ!(冷や汗)
今度頑張って上手にやろうねと励ましても、不機嫌なままで息子がトイレに行くのをいつもどきどきしていた。そこで主人が100円ショップで買ったぞうさんのジョウロにお水をいれて、「もうおしっこ出ないから、代わりにぞうさんにしてもらってそれを 流すのでもいい?」「いいよ」という事になり、失敗すると自分から洗面所へジョウロを持参して
にこやかに用を足して帰ってきます。
このこだわりも根気よく付き合ってあげなさいって言われる指導員もいれば
断固あきらめさせるようにしなさい(癖になるので)と言われる指導員の方もいて
悩む時もありますが、今は下の子が出来た事もあって情緒も少し不安定なので
根気よく付き合っております。
これからも、どんなこだわりが出てくるのか分からず
地雷のある道を歩いているような気持ちですが(ちょっとオーバーかな?(^^))
この子の個性と思って、ぼちぼちと気長に息子と一緒に歩いていけたらなって思っています。
皆さんの所はこだわりとかどうですか?
又、いろんなお話聞かせて下さい。
楽しみにしています。
それでは・・・リボン。


こだわり 投稿者:恭子  投稿日: 4月16日(火)17時41分28秒

リボンさん、初めまして(^^)
我が家のひとり息子(5歳:幼稚園年長)も自閉です。
「こだわり」に付き合うの、疲れますよね(;;)

>あと、エレベーターでもよくパニックになりますね・・・
>自分がボタンを押さないと気が済まないんですよね。
>うっかり押してしまうと、「もう一回最初からやる」と玄関からやり直しをさせられます。
>このもう一回最初から・・・って言うのに頭を痛めています。
同じです。
親だけが付き合って解消することなら、まだいいけど、
他人様を巻き込んでしまうものが、一番キツくないですか?(精神的に)
エレベーターのことがあるから、「デパートへ買物」なんてことも恐怖です(;;)
ボタンの近くに居る人に押されてしまえば、パニックでしょ( -_-)
「自閉なんで、この子に押させてあげて下さい。」って言えれば、楽なのかもしれません。
そういう言葉が、間に合わないタイミングもあるし、、、(エレベーターに近づいた時には、既に↑or↓が押されていたなど。)


はじめまして、こだわりと困りごと 投稿者:べべ  投稿日: 4月16日(火)22時06分58秒

はじめまして。2歳2ヶ月の自閉(診断待ちです)の男の子がいます。言葉の遅れからこちらを知りました。ここの過去ログは読み応えがありますね。
うちもエレベーターのボタンのこだわりに困っています。混んでる時は一台遅らせたりしてます。それから、動物や電車の音真似を実物や写真を見たりすると大声でしてしまうのです。周りがびっくりして引いてしましますね。かなり似てますが、なぜその力を言語習得に向けないんだと思っています。 
でも、一番困っているのは、リトミックや手遊び、読み聞かせを泣いて拒否することです。これから療育センターでやる機会が多そうですが、無理に参加させたほうがいいのでしょうか?いままでも親子サークルとか保健所の教室で苦労してきたのですが。


<こだわり 投稿者:えぼ  投稿日: 4月17日(水)10時46分54秒

 エレベータの種類にもよりますが、押してしまった階のボタンを早押し2,3回以上
連続押下でキャンセルできます。動き出してからでもキャンセル可能です。もっとも安全上、到着直近では不可能ですが。。ご存知だったら失礼しました。
 うちの4歳3ヶ月の子はこだわりはありません。言葉も単語で5つぐらいです。
こだわりがあるのは高機能の子に多いと聞きますがそうなのでしょうか?


異文化交流ですから 投稿者:まつこ  投稿日: 4月17日(水)12時38分02秒

鬼門=エレベーターでいつもパニックなら
できうる限りエレベーターに近付かないことにしたほうがいいと思います。

うちはマンションの7階ですが
誰かほかの人が乗っている時やのってきそうな時(登校時など)は
少年は自分でエレベーターを避けて階段を使うことにしたようです。

>動き出してからでもキャンセル可能です。
そうなんですかぁ〜。知りませんでした。
今度押し間違えた時はやってみます。ありがとう。
でも、自閉症児と一緒のときは「キャンセル」が面白くてやみつきになるとやばいので
止めておこうかな〜。
ことばのあるなしより、感覚の世界から少しずつでてきて周囲の物事が見えはじめると
何がどうなっているのか、少ない手がかりの中から世の中の法則性を読み取ろうとするので
いわゆる「こだわり」というその子独自の決まりごとも見えやすくなるのでしょう。
こだわりを主張しないで心の中で「あれ?どうして??」と混乱している場合もあるそうです。

>動物や電車の音真似を実物や写真を見たりすると大声でしてしまうのです。
お子さん独自の「ことば」だと思います。
「そうね、犬だね〜」とか「ほんと、電車がきたね。」とか
こちらはこちらの「ことば」で受けてあげると、やり取りになるし
周りとのクッションにもなるかと思います。
コミュニケーションやことばの元になる可能性を秘めてると思いますよ。

>リトミックや手遊び、読み聞かせを泣いて拒否
するのなら、無理にさせない方がいいと思います。

バンジージャンプはお好きですか?
私は高いところが嫌いなので絶対にしたくないと思うのですが
もし無理に連れて行かれて後ろから突き飛ばされたら
めちゃくちゃイヤだろうな〜と思うのです。
もし、それをしなくてはならないとしたら
みんながやって大丈夫なところを心行くまで確認したしですし
自分で心を決める時間も欲しいし、
それでも、どうしてもイヤかもしれない。

自閉症児は非自閉者とは違うものを見て違うものを聞いて
違うものを感じていることがあるから、
違う行動をするのは当たり前です。
自然には手に入らない情報を手に入れやすいように手伝って歩み寄ることで
お互いに尊重しあいながら共存することを目指しています。

危険なことや絶対してはいけないことはきっぱりやめさせて
譲らないことも必要ですが
そのためには非自閉側のまあいいかという範囲を広めにしたほうがいいです。
子どものこだわりにこだわって泥沼にはまるとますますしんどくなってしまいます。

子どもが良いパターンや面白いこだわりを持つと
自閉症児の親にしか味わえない楽しみになったりもします。

掲示板過去ログ案内に戻る